2013年12月27日

10-11 The One Where the Stripper Cries

10-11 泣いたストリッパーの話

 ☆ゴージャスすぎるストリッパー☆

《セントラルパーク:モニカとジョーイが来る》

Joey: Hey, guys!
 なぁ、みんな!

Monica: Hey, let me tell them!
 ねぇ、私に言わせて!

Joey: Sure.
 いいよ。

Monica: Joey is gonna be a celebrity guest on a game show!
 ジョーイが、クイズ番組にゲスト出演するの!

Phoebe: Great!
 すごい!

Ross: Really? Which one?
 本当? どの番組?

Monica: Ohh! Fish, seaweed, a sunken ship.
 ああ! 魚、海藻、沈没船。

Ross: Things you find in the ocean. You're gonna be on "Pyramid"!!
 海で見つかるもの。「ピラミッド」に出演するのか!

Joey: Yeah.
 ああ。

Monica: Oh, that was our favorite game show ever!
 もうこれ、大好きな番組よ!

Ross: Except for "Match game"...
 「マッチゲーム」もね。

Monica: Or "Win, Lose or Draw".
 それに「勝ちか負けか引き分けか」とかね。

Chandler: What did I marry into?
 俺なんてやつと結婚しちゃったんだ?

Joey: Would you guys wanna come down tomorrow and watch me tape the show?
 君らも明日一緒に来て、番組の録画見る?

Monica: Oh, I can't. We're throwing Phoebe a bachelorette party.
 ああ、できないの。フィービーのバチェラロッテ・パーティなのよ。

Phoebe: Yeah. Sorry, boys, this ride's closing.
 そうなの。ごめんね。男子禁制よ。

Ross: Oh, and Chandler and I have this stupid college alumni thing. I can't believe you get to meet Donny Osmond.
 チャンドラーと僕は大学の同窓会なんか行かなきゃならないんだ。君がダニー・オズモンドと会えるなんて信じられないよ。

Joey: Seriously?
 本当?

Ross: Yeah-huh!
 もちろんだよ!

Monica: Ross and I always wanted to be Donny and Marie.
 ロスと私はいつもドニーとマリーになりたかったのよね。

Chandler: You guys just keep getting cooler and cooler.
 君ら、ますますかっこ良くなってくるよ。

Monica: Yeah, we used to perform for our family and friends.
 そうよ。私たち、家族や友達の前で歌ったものよ。

Rachel: Oh, God, that's right. I blocked that out.
 ああ、そうだったわね。記憶から消してたのに。

Monica:"I'm a little bit country"...
 (歌い出す)「I'm a little bit country♪」



Ross: "...and I'm a little bit rock 'n' roll"!
 「and I'm a little bit rock 'n' roll!」

Chandler: I'm leaving you.
 (モニカに)別れよう。

《大学の同窓会に来たロスとチャンドラー》

Ross: So weird to see all these people again.. Oh, my God, look. There's Jeffrey Klerik.
 みんなに久しぶりに会うなんて奇妙な感じだな。ああ、見て、ジェフリー・クラリクだよ。

Chandler: Who?
 誰?

Ross: He was roommates with John Rosoff. He went out with Andrea Tamborino. She dumped him for Michael Skloff.
 ジョン・ロスオフのルームメイトだった人。アンドレア・タンバリーノとつきあってた。マイケル・スクロフに乗り換えられたんだよ。

Chandler: Did I go to this school?
 俺もこの大学に来てた?

Ross: Hey, there's Missy Goldberg. You gotta remember her.
 あ、ミッシー・ゴールドバーグだよ。彼女は覚えてるだろ。

Chandler: Sure, nice.
 ああ、いいね。

Ross: Dude, you're married to my sister.
 おい、君は僕の妹と結婚してるんだぞ。

Chandler: You're right, by saying “nice,” I'm virtually licking her.
 そうだな、「いいね」って言っただけで俺は彼女をなめたことになるんだ。

Ross: Hey, I hear she's single again. You think I should ask her out?
 なぁ、彼女はまた独身になったらしいよ。誘ってみようかな?

Chandler: Are you asking permission to break the pact?
 あの協定を破ってもいいか聞いてるのか?

Ross: Yes, please.
 ああ、頼むよ。

《1987年のロスとチャンドラー》

Ross: Hey. Hey, check out the flyers for the band. I made them on a Macintosh in the computer room!
 なぁ、バンドのチラシを作ったから見てよ。コンピュータ室のマックで作ったんだ。

Chandler: Awesome! The name really stands out.
 すごいな! 名前がすごく目立ってるよ。

Ross: Thanks to a little something called "Helvetica Bold 24 point"!
 フォントはヘルベチカ、24ポイントの太字のおかげだ!

Chandler: Man, we're gonna rock that Asian student union!
 ああ、俺たちアジア学生会館で弾けるぞ!

Missy: Hey, guys!
 ハーイ!

Chandler: Hey!
 やぁ!

Ross: Hey, Missy.
 やぁ、ミッシー。

Chandler: You know, our band is playing on Friday.
 僕らのバンド、金曜日に演奏するんだ。

Ross: Yeah, yeah. You should come check us out. We're called "Way/No Way!".
 そうなんだよ。君もぜひ見に来てよ。「ありだよ/まさか」っていうバンドなんだ。

Missy: No way!
 まさか!

Chandler and Ross: Way!
 ありだよ!

Missy: Right. I'll be there.
 そう。行くわ。(立ち去る)

Chandler: Fresh!
 ナウい!

Ross: Boss!
 イケてる!

Chandler: Mint!
 斬新!

Ross: She's gone.
 もう行っちゃったよ。

Chandler: I know it. You know, I'm totally gonna ask her out.
 わかってるよ。俺、絶対彼女を誘うよ。

Ross: Dude, I was gonna ask her out.
 おい、僕が誘いたいと思ってたのに。

Chandler: I said it first, bro.
 俺が先に言いだしたんだ。

Ross: Well, I thought it first, Homes.
 僕が先に思いついたんだ、ホームズ。

Chandler: Look, if you date..
 いいか、もし君がデートしたら・・

Ross: Woha! Wait... What are we doing? What we have is too important to mess it up over some girl. I mean, we can get laid anytime we want.
 おい、待てよ。僕ら何をしてるんだ? 女の子のために僕らの間柄を壊すなんてダメだよ。僕ら、女の子と寝るなんていつでもできるんだから。

Chandler: Totally. I had sex in high school.
 まったくだな。高校の時に経験済みだから。

Ross: Me too. I'm good at it.
 僕もだよ。うまいんだから。

Chandler: All right, I'd say we make a pact. Neither of us will go out with Missy Goldberg.
 そうだな。それじゃ協定を組もう。ミッシー・ゴールドバーグとはつき合わない。

Ross: You got it.
 わかった(握手)

Chandler: All right, so that's Missy Goldberg, Phoebe Cates and Molly Ringwald, who neither of us can go out with.
 よし、それじゃ、ミッシー・ゴールドバーグ、フィービー・ケイツとモリー・リングワルドとはデートなしな。

Phoebe_Cates (54).jpg
(Phoebe Cates)
molly-ringwald-then-3.jpg
(Molly Ringwald)


Ross: Those are the pacts!
 協定だ!

Chandler: Oh, and Sheena Easton. But we probably couldn't get her anyway.
 ああ、それとシーナ・イーストンもな。でもまぁ彼女は無理だろうけど。

Ross: Oh, oh... maybe not you!
 ああ、君はね!

《現在の同窓会の2人》

Chandler: Well, I officially give you permission to break the pact.
 正式に、協定を破ることを許可するよ。

Ross: Thank you. . All right, here I go. Hey, remember how scary it used to be going up to girls in college?
 ありがとう(握手)よし、じゃあ行くぞ。なぁ、大学の時、女の子に声かけるの怖かったよな?

Chandler: Your hands are shaking.
 おまえ、手が震えてるぞ。

Ross: I know, and I can't stop sweating.
 そうなんだよ。汗がとまらないよ。

《ピラミッド収録》

Voice: Five! Four! Three! Applause!
 5、4、3、拍手!

Donny Osmond: Yeah! Welcome. It is Soap Opera week here on Pyramid. Let's meet our contestants. First, Gene Lester is a database specialist. He's gonna be playing with "Days of Our Life's" star Joey Tribbiani! . . And over here, we have Henrietta Cherry.
 どうもこんにちは! 今週のピラミッドはメロドラマウィークです。参加者の方はこちら。まずジーン・レスターは、データベース・スペシャリスト。彼には「愛の病院日誌」のジョーイ・トリビアーニと組んでいただきます。(TVに映るジョーイ)そしてこちらは、ヘンリエッタ・チェリーです。

Joey: I know it could be intimidating for regular people to be around celebrities but relax, I'm just like you. . Only better looking and richer.
 (ジーンに囁く)一般の人がセレブに囲まれて緊張するだろうけど、でもリラックスして。俺も君と同じなんだから。俺の方が見た目がよくて金持ちってだけ。

Donny: She’ll be playing with the star of "General Hospital" Leslie Charleson. . Welcome everybody. Good luck to all of you. Let's play Pyramid. All right? Now... we flipped a coin before the show, Gene, you won the toss, so you're gonna start. Which category would you like?
 彼女には、「ゼネラル・ホスピタル」のレスリー・チャールソンと組んでいただきます。みなさん、ようこそ。がんばってくださいね。プラミッドを開めましょう。いいですね。あらかじめコイントスで決めた通り、ジーン、あなたから。どのカテゴリーがいいですか?

Gene: I'll take "You crossed the line".
 「一線を越えた件」にします。

Donny: “You crossed the line.” Joey, describe for Gene these things that have lines. Give me 20 seconds on the clock, please. Ready? Go!
 「一線を越えた件」ですね。ジョーイ、出てくる言葉をジーンに説明してください。20秒ありますからね。レディ? ゴー! 

Joey: Uhm... okay. It's a store, like a supermarket. . . Oh! I see-I see what I did. Yeah, okay, okay, uhm... I'm writing in my...
 (問題は「スーパーマーケット」)よし。これは店で、スーパーマーケットみたいな。(ブザーが鳴る)ああっ! あ、そうか、わかった。(次の問題は「ノート」)よし。私はこれに書いています。。

Gene: Diary.
 日記。

Joey: No, more like a notebook... Damn it! .. Oh, if I'm building an house, the plan isn't called the 'shmoo-print'... Can't do that either? Woha... hey. . . In high school, I once had sex with a girl right in the middle of the...
 いや、もっと何かノートみたいな。。(ブザー)クソッ! (次の問題は「青写真」)家を建てるときの設計図のことを、○○写真って・・(ブザー)それもダメ? ああ、そうか・・(次の問題は「フットボール場」)高校で、一度ここの真ん中でセックスしたことがある。

Gene: Cafeteria?
 カフェテリア?

Joey: Yeah! But that is not what they're looking for. . . OOOH!
 そうだ! でも、今の答えはそれじゃないんだ。(時間切れ)あああ!

《モニカ達の部屋、フィービーのバチェラロッテ・パーティ》

Phoebe: Thank you so much for this.
 (レイチェルに)本当にパーティありがとう。

Rachel: Oh, do you like it?
 ああ、気に入ってくれた?

Phoebe: Oh, my God, it's all so elegant. When's the dirty stuff starting?
 ああ、もう本当に上品ね。エロい部分はいつ始まるの?

Rachel: What?
 え?

Phoebe: You know, the strippers, and the guys dancing, and you know, pee-pee's flying about.
 ストリッパーが来て、踊って、ほら、あれが出て来ちゃうやつよ。

Rachel: Pheebs, I... There isn't gonna be any “flying about”! We actually thought we were a little too mature for stuff like that.
 フィーブス、そんな出て来ちゃうのなんてないわよ。もうそんなことする年じゃないでしょ。

Phoebe: Oh, okay. I see what you're doing. That's fine. This is all there is, just tea, uh, okay. Hmmmm... Raunchy!
 ああ、そういうことね、わかったわ。いいのよ。お茶だけなのよね。わかった。うんうん、みだらね!

Rachel: Seriously, Pheebs, it's not gonna be that kind of a party.
 本当よ、フィーブス、そんなパーティじゃないのよ。

Phoebe: Really? So this is... this is my big send off into married life? Rachel, this is the only bachelorette party I'm ever gonna have! I've got a big wad of $1s in my purse! Really? I mean, really? It's just tea?
 本当に? それじゃ、これが私の結婚前の大きなイベント? レイチェル、私の一生に一度のバチェラロッテ・パーティなのよ。1ドル札の束を用意してきたのに! 本当に? 本当にホント? お茶だけなの?

Rachel: Nooo! Phoebe, of course there is more! I mean, I'll just go and talk to Monica and get an ETA on the pee-pee's!
 違うわよ! フィービー、もちろんもっとあるわよ! ちょっとモニカと話して出て来ちゃうやつが何時頃着くか見てくるわね。

(ETA = estimated time of arrival)

《ピラミッド収録》

Donny: Now, Gene, I must remind you, you need all six of these to stay in the game, all right? Describe for Joey things you find in your refrigerator.
 さて、ジーン、いいですか。あなたはこれを全部答えないといけませんよ。ジョーイに、冷蔵庫にあるものを説明してください。

Joey: Ahaha, they might as well just give us the points.
 アハハ! これじゃ点はもらったも同然だな。

Donny: Give me twenty seconds on the clock. Ready? Go!
 20秒ありますからね。レディ? ゴー!

(問題は「クリーム」)
Gene: You put this in your coffee.
 コーヒーに入れるもの。

Joey: A spoon. Your hands. Your face!
 スプーン。手。顔!

Gene: It's white!
 白いもの!

Joey: Paper. Snow. A ghost!
 紙。雪。幽霊!

Gene: It's heavier then milk!
 ミルクより重い!

Joey: A rock. A dog. The Earth.
 石。犬。地球。

Gene: Pass!
 パス!

(問題は「マヨネーズ」)
Gene: You put this on a sandwich.
 これはサンドイッチに使う。

Joey: Salami. Anchovies. Jam!
 サラミ。アンチョビ。ジャム!

Gene: It's white!
 白い!

Joey: Paper. Snow. A ghost!
 紙。雪。幽霊!

Gene: It's made from eggs!
 卵でできてる!

Joey: Chickens?
 チキン?

Gene: Pass!
 パス!

Joey: Oh!
 ああ!

(問題は「ケチャップ」)
Gene: You put this on a hamburger!
 これはハンバーガーにつける!

Joey: Ketchup!
 ケチャップ!

Gene: Yes!
 よし!

Joey: Relish!
 付け合わせ!

Gene: Stop!
 もういい!

Joey: Oh.
 あぅ。

Donny: Oh, time's up! Well, Joey, you were. . almost on a roll there.
 はい、時間です! ジョーイ、ちょっと・・調子が出てきましたね。

Joey: Yeah.
 ああ。

Donny: Gene, you're gonna have a chance to go to the Winner’s Circle in the second half. But right now Henrietta, you are going to the Winner Circle to try your luck for ten thousand dollars, right after this. Don't go away.
 ジーン、後半にまたウィナーズ・サークルに入るチャンスがありますからね。でも、まずはこの後、ヘンリエッタ、あなたがウィナーズ・サークルに入って1万ドルをかけて闘っていただきます。チャンネルはこのままで。

Stage Manager : And we're out!
 ハイ、休憩です!

Joey: Oh, so we didn't win. But it's fun to play the game, right?
 ああ、勝てなかったけど、ゲームが楽しいよな?

Gene: I got a kid starting college. I've to get surgery on my knee, you just lost me ten grand!
 子供が大学に行き始めたんだ。僕は膝の手術をしなきゃならないし。君のせいで1万ドル取り損ねた!

Joey: Oh, wow! I'm so sorry, okay. I promise, we'll do better next time!
 うわぁ・・ごめんよ。今度はきっとうまくやるから!

Gene: Well, I will, because I won't be playing with you.
 僕はね。次は君と組まないから。

Joey: Hey, you know, some of those are pretty hard! Like why would there be a ghost in my fridge? . . . Yeah!
 だけどさ、今のは難しかったよな! うちの冷蔵庫に幽霊が入ってるわけがないっての! な!

《大学の同窓会のロスとチャンドラー》

Ross: So, Saturday night!
 それじゃ、土曜の夜にね!

Missy: I'd love to!
 喜んで!

Ross: Great!
 よかった!

Missy: So how come it took you so long to ask me out?
 どうして、今まで誘ってくれなかったの?

Ross: Oh, well, uh, this is gonna sound kinda silly, but, do you remember my roommate Chandler Bing?
 ああ、バカみたいに聞こえると思うけど、僕のルームメイトのチャンドラーを覚えてる?

Missy: Sure, he was in your "band"?
 ええ、あなた達、なんちゃてバンドやってたのよね?

Ross: It's been sixteen years, but the air quotes still hurt.
 16年も前のことだけど、なんちゃってには傷つくよ。

Missy: Sorry.
 ごめん。

Ross: That's okay. Uh, anyway, well, he and I both really liked you a lot, uhm, but we didn't want anything to jeopardize our friendship, so we kinda made a pact, that neither of us could ask you out!
 いいんだ。とにかく、彼と僕は君のことがすごく好きだったから、友情を壊さないように、君を誘わないって協定を作ったんだよ。

Missy: Really?
 本当に?

Ross: Yeah, why?
 うん。どうして?

Missy: Well, Chandler and I used to make out. A lot!
 だって、チャンドラーと私はキスしたわよ。たくさん!

Ross: You did?
 そうだったの?

Missy: Yeah. We'd go to the science lab after-hours!
 ええ。放課後。科学教室でね。

Ross: And on my turf?!
 僕の場所で?!

《モニカ達の部屋:フィービーのバチェラロッテ・パーティ》

Monica: Hey, where is this guy? It's been over an hour.
 ねぇ、その人まだなの? 1時間たつわよ。

Rachel: Well, he's coming from Jersey. He said he would get here as fast as he could.
 だってジャージーから来るのよ。できるだけ早く来るって言ってたわ。

(ノックの音)
Monica: Who is it?
 どなた?

Man: It's the police!
 警官だよ!

Rachel: Uh! The police!
 ああ!警官ですって!

Phoebe: Oh!
 まあ!

Man: That's right, it's officer Goodbody.
 その通り。グッドボディ警官だ!

Monica: What's the matter, officer? Has someone been bad?
 どうかしたの、おまわりさん? 誰か悪いことした?(ドアを開けると若くない背の低い警官)

Roy, the male stripper: Whoo, that's a lot of stairs!
 フーッ! すごい階段だな!

《モニカ達のパーティ:続き》

Roy: Ooh, boy. You should warn people there's no elevator. I should not have had that Mexican food for lunch.
 うー! エレベータがないって言っといてくれよ。昼にメキシカンを食べちゃいけなかったな。

Monica: Are you gonna be okay, officer, uhm,...
 大丈夫、おまわりさん・・

Roy: Goodbody!
 グッドボディだ!

Monica: … If you say so.
 ・・好きにして。

Roy: So where's the young lady who I'm supposed to take downtown?
 それで、俺がいいとこへ連れてくお嬢さんはどの子?(モニカがフィービーを指差す)

Phoebe: Oh, God!
 ああ、もう!

Roy: All right. Somebody show me where to plug in my box, and we'll get this party started! Whaaaa... Over here? All right.
 よし。それじゃこれ電源入れて、パーティを始めるぞ。(CDプレイヤーをセット)ここだな?よし。

Phoebe: Rachel?
 レイチェル?

Rachel: Yeah?
 なに?

Phoebe: Are you kidding?
 冗談でしょ?

Rachel: All right. Look, we did not know that you wanted a stripper so we went to the phonebook and we got the first name we could find.
 だけど、あなたがストリッパーが見たいとは思わなかったから、慌てて電話帳を見て、最初に見つけたのが彼だったのよ。

Phoebe: How old’s your phonebook?
 何年まえの電話帳?

Monica: Oh, my God, this man is gonna get naked in my apartment!
 ああ、やだ、あの人が私の部屋で裸になるなんて!

Phoebe: Oh, God, no. I don't wanna see him take his clothes off.
 ああ、いやだ。あの人が服脱ぐとこなんて見たくないわ。

Roy: Are you talking about me?
 俺のことを言ってるのか?

Monica: Oh, no! I mean, obviously we want to see you take your clothes off! You big piece of eye candy.
 いえ、違うわよ! もちろんあなたが服を脱ぐところが見たいわ! 見た目が素敵ですもんね。

Roy: Okay. Okay, ladies, can I have your attention, please?
 よしよし、お嬢さん方。こっちを見てくれるかい?

Phoebe: Oh, yeah.
 ああ、ハイ。

Roy: Did someone call for the long arm of the law? . . I should warn you, I have a concealed weapon! .. I hope you're familiar with the states penal code. Okay, okay. Enough teasing. Now for some pleasing!
 警官の助けが欲しいかい? 言っておくが、俺は武器を隠し持っているぜ! 君ら刑法には詳しいだろうな。よし、からかうのは、これくらいでいいだろう。お楽しみの時間だぞ。

(音楽に合わせて踊り出すが、フィービーの反応にショックを受けてやめる)

Roy: Whoa, whoa, whoa. . . She cringed!
 おいおい、おい!(音楽を止めて)彼女嫌がってる!

Phoebe: This is how I look when I'm turned on!
 私ってその気になった時こんな顔なのよ。

Roy: You were talking about me before! Look, I don't need this! I'm outta here. Where's my hat? Look, I've been in this business for a long time.
 さっき、俺のことを言ってたんだな! 結構だよ! もう帰るぞ。俺の帽子はどこだ?(取りに行く)俺はずっとこの仕事をしてきたんだ。

Phoebe: Shocking.
 ショック!

Roy: Now if you just pay me my three hundred dollars, I'll be on my way.
 いいから300ドルくれ、そうしたら帰るから。

Phoebe: Three hundred dollars, are you kidding?
 300ドルって、冗談でしょ?

Rachel: No, that's okay. Let me just get my check book.
 いえ、いいのよ。小切手取ってくるわ。

Phoebe: No, you're not gonna pay him. He didn't do anything.
 いえ、払わなくていいのよ。彼何もしてないのに。

Roy: Didn't do anything? I took a bus all the way from Hoboken. I climbed, I don’t know, like, a billion stairs. It's not like I can take them two at a time!
 何もしてないだって? ホーボーケンからバスで来たんだぞ。10億段かってくらい階段を上がってきた。一段飛びなんかできないんだからな!

Phoebe: I don't care. We're not paying you 300 dollars for this.
 知らないわよ。こんなことで300ドル払わないわよ。

Roy: Well, look - it's not my fault if you're too uptight to appreciate the male form in all it's glory.
 いいか、男盛りのこの体のありがたみをわからないのは、君がおカタいからだろ。

Phoebe: Oh, yeah, okay. I'm uptight. Yeah, that's why I don't want to watch a middle aged guy dance around in what I can only assume is a child halloween costume!
 ああ、そうなの。私がカタいのね。だから私、中年のおじさんがハロウィーンの子供用コスチュームを着て踊るとこなんて見たくないのよね。

Roy: I may have borrowed this from my nephew, but let me assure you, what's underneath is all man.
 確かにこれは甥から借りてきたけど、でも、この下にあるのはちゃんとした男だぞ。

Phoebe: I'm sorry, did you say “all man” or “old man”?
 ごめんなさい、男って言った、それとも老人?

Roy: Oh, you're mean.
 ああ、意地悪だな。

Monica: Uh, look, officer. uhm, Sir.
 あー、ねぇ、おまわりさん、ねぇ。

Roy: Damn it. Oh! .. Big surprise! The hunk of beef has feelings.
 クソッ。ああ、驚いたか! 肉のかたまりでも感情はあるんだ。(泣く)

《ピラミッド収録》

Donny: Okay, Henrietta, you've picked “Jack and Jill Went Up the Hill.”
 それじゃヘンリエッタ、「坂を登るジャックとジル」を選びましたね。


(Jack and Jill Went Up the Hill = マザーグース。ルイ16世とマリー・アントワネットの失脚のパロディという解釈もある。また、 “Every Jack has a Jill” = 割れ鍋に綴じ蓋という使い方もあり、単なる童謡というだけではない )

Joey: My friend Rachel has a kid. I totally know nursery rhymes!
 (ヘンリエッタに囁く)友達のレイチェルには子供がいるから、童謡はよく知ってるんだ!

Donny: Joey, describe these things associated with the United States congress. . . Give me 20 seconds on the clock please. Ready? Go!
 ジョーイ、合衆国議会に関する事柄を説明してください。20秒ですからね。レディ? ゴー!

(問題は「立法府」)
Joey: Oh, .. uh... uh... pass. . Pass. . Pass.
(Henrietta is looking very confused) (Next word: "Addendum" 4 seconds remaining)
Okay, the little thing that hangs down at the back of your throat.
 ああ、あー・・パス。(次は「円形の広間」)パス。(次は「議事妨害」)パス。(次は「補遺」)よし、喉にぶら下がっている小さいもの。

Henrietta: Uvula!
 のどびこ!

Joey: Oh, then pass.
 ああ・・それじゃパス。(時間切れ)

Donny: Okay... Henrietta, you didn't get all the points you needed, so that means, Gene, you are going to the winner’s circle to try for ten thousand dollars! And you're gonna be going there with Joey Tribbiani.
 それじゃヘンリエッタ、必要なポイントが得られませんでしたから、ジーン、あなたが1万ドルをかけてウィナーズ・サークルに挑戦してもらいます。ジョーイ・トリビアーニと組んでいただきますよ。

《大学の同窓会:男性達と話すチャンドラーに話しかけるロス》

Ross: You made out with Missy Goldberg. How could you do that, after you promised me?
 君、ミッシー・ゴールドバーグとキスしたのか。どうしてそんなことができるんだ、約束したのに!

Chandler: Excuse me. . . That didn't make us sound gay at all.
 (話していた人達に)失礼。。(ロスに)俺たちゲイに見えるったらないよな!

Ross: You broke the pact!
 協定を破ったのか!

Chandler: Ross, that was 16 years ago.
 ロス、16年も前のことだぞ。

Ross: That doesn't matter. We're talking about the foundation of our friendship.
 そんなこと関係ないよ。僕らの友情の根本の話をしているんだ。

Chandler: I believe the foundation of our friendship was unfortunate hair. All right, look, if we're really gonna do this, it's not like you never broke one of the pacts.
 俺たちの友情は哀れなヘアスタイルに基づいてると思うね。本当にそんなことを言うのか。君が協定を破らなかったってわけでもないのに。

Ross: I didn't.
 破ってないよ。

Chandler: Oh, really?
 本当か?

Ross: No.
 ない。

Chandler: Oh, really!?
 本当か?

Ross: NO!
 破ってない!

Chandler: Adrienne Turner!!
 エイドリアン・ターナー!

Adrienne: Yes?
 はい?(背後にいた)

Chandler and Ross: Hey, Adrienne.
 やぁ、エイドリアン。

Ross: I never did anything with Adrienne Turner.
 エイドリアン・ターナーとは何もしてないよ。

Chandler: Oh, please. And you knew how much I liked her.
 よく言うよ。俺が彼女をどんなに好きだったか知ってるだろう。

Ross: I don't know what you're talking about.
 何の話かわからないけど。

Chandler: Really? Remember that big party freshman year?
 そうか? 1年の時のパーティ忘れたか?

《大学時代のパーティの場面》

Present Chandler's voice: A week before Christmas vacation? I do. You had some visitors.
 クリスマスの休みの1週間前? 俺は覚えてる。君に来客があっただろ。

(モニカとレイチェルがロスを尋ねて来ている)

Monica: I can't believe we’re at a real college party! I have to pee so bad.
 本物の大学のパーティに来てるなんて嘘みたい! オシッコしたくなっちゃった!

Rachel: This is so awesome. College guys are so cute.
 すごいわね。大学生ってすごく可愛い。

Monica: Hey, you've got a boyfriend!
 ちょっと、あなたにはボーイフレンドがいるでしょ!

Rachel: I know. But if some guy who looks like Corey Haim wants to kiss me tonight, I'm so gonna let them!
 ええ、でも、今夜、コリー・ハイムみたいな人が迫ってきたらキスさせちゃうわ!

corey-haim-very-80s-sm.jpg
(Corey Haim = 1971年生まれの俳優)

Monica: Look, there's Chandler. You know, that stupid friend of Ross' who said I'm fat. You know, I've already lost 4 pounds!
 見て、チャンドラーよ。私のこと太ってるって言った、ロスのバカな友達よ。私4ポンド減ったのよ!

Rachel: It... You can so totally tell.
 そ・・よくわかるわ。

Monica: I KNOW!
 でしょ!

Rachel: Well, let's see. Maybe he knows where Ross is. . . Hey, how's it going.
 ね、ロスがどこにいるか知ってるかもしれないわ。・・(チャンドラーに歩み寄り)どーも。元気?

Chandler: Aren't you...?
 君は・?

Rachel: Yeah, Rachel. And this is Ross' sister, Monica. We met at Thanksgiving.
 ええ、レイチェルよ。それにロスの妹のモニカ。サンクスギビングで会ったでしょ。

Chandler: Right. . So how're you doing?
 だな。元気?

Rachel: Bitchen.
 いかす。

Chandler: Hi, Monica.
 やぁ、モニカ。

Monica: Hi, Chandler. It's really nice to see you. NOT.
 どうも、チャンドラー。あなたに会えてうれしく・・ないわ!

Chandler: Okay. I'll see if I can find Ross.
 そう。ロスがいないか見て来るよ。(立ち去る)

Monica: Oh, my God, Rach. Bean bag chairs.
 うわぁ、レイチ、ビーズクッションよ。

Rachel: Oh.
 ああ。

Monica: Do not let me sit in one of those. We'll be here for days.
 あれに座らせないでよ。帰れなくなるわ。

(チャンドラーが、ロスがエイドリアンとキスをしているのを目撃)

Ross: Listen, Adrienne, you can't tell Chandler about this.
 ねぇ、エイドリアン、このこと、チャンドラーに話さないでよ。

Adrienne: Oh, believe me, Ross, I won't be telling anybody about this.
 だいじょうぶよ、ロス、こんなこと誰にも言わないわ。

Ross: Cool!
 嬉しいな!(キス再開。涙のチャンドラー)

《現在の大学同窓会》

Ross: I didn't know you knew about that.
 知ってたなんて知らなかったよ。

Chandler: Well, I did. And it hurt. . That's when I wrote the song "Betrayal In The Common Room".
 ああ、知ってた。傷ついた。あの時、「休憩室での裏切り」っていう歌を作ったんだ。

Ross: Man, I... I'm sorry.
 なぁ、悪かった。

Chandler: Look, it was a long time ago.
 もう昔の話しだよ。

Ross: So, eh. I made out with Adrienne, and you made out with Missy. Well, I guess we're even.
 それじゃ・・僕はエイドリアンとキスをして、君はミッシーとキスした。おあいこだな。

Chandler: Hm huh..
 そうだな。

Ross: We are even, right?
 あいこだろ?

Chandler: Just one more thing. I was so pissed at you that night that I wanted to get back at you. So I thought, “Who does Ross like the more than anybody?”
 あと一つあった。あの夜、おまえに本当に腹が立ったから、仕返ししたくて、思ったんだ。「ロスが一番好きな人は誰か?」

Ross: … What did you do to my mom?
 ・・・僕のママに何をしたんだ?

Chandler: Not her!
 違う!

《大学時代のパーティ:踊っているモニカとレイチェル》

Rachel: I am so drunk.
 すっごい酔っ払った。

Monica: That's weird. I've had the same number of beers as you and I don't feel anything at all.
 変なの。私も同じだけ飲んだけど、何も感じないわ。

Chandler: So you girls having fun?
 君たち、楽しんでる?

Monica: For your information, ass munch, I've lost four pounds. Maybe even five with all the dancing.
 言っておきますけど、私4ポンドもやせたんですからね、バカ。こうして踊ってるから、5ポンドかもしれないわよ。

Pizza guy: Somebody order a pizza?
 (部屋に入り)ピザ頼んだ人?

Monica: Oh, thats me!
 あ、私よ!(走って行く)

Rachel: I am so not gonna do good on my SATs tomorrow.
 明日の大学入試適性試験はひどいでしょうね。

Chandler: Well, maybe if you go to school here next year we can totally hang out.
 この大学に来れば、全然一緒に遊べるよ。

Rachel: Oh, yeah. There is a plan. Why don't I just start taking my smart pills now.
 ああ、それもありね。今ここで賢くなる薬を飲もうか。

Chandler: Well, maybe you can get in on a beauty scholarship.
 美人奨学金で入れるかもね。

Rachel: Oh, what a line. (“Oh, my God!”)
 まぁ、なんてセリフ。(「オーマイゴッド」と声は出さない)

Chandler: So where are you applying to?
 それで、どこの入試受ける?

Rachel: Oh, well, you know, I think it's kinda really important that I go somewhere where there's sun, so I'm sort of. . . Hey!
 そうね、大事なのは、よく日が当たって・それから・・(チャンドラーがキス)ちょっと!

Chandler: I'm in college, and I'm in a band.
 俺は大学生だぞ。それにバンドもやってる。

Rachel: …Yeah, okay.
 ・・・そうね。いいわ。(キス再開)

《モニカ達の部屋:泣いているストリッパー》

Roy: What's the matter? You never saw a 50-year-old stripper cry before?
 どうかしたか? 50歳のストリッパーが泣くのを見たことないのか?

Phoebe: You know, it's fine. We'll pay you.
 ねぇ、いいわ、払うわよ。

Roy: No, no, you're right. Who am I kidding? I should have hung up that breakaway jockstrap years ago. What am I gonna do? I mean, this has been my life for thirty two years. Taking my clothes off in front of people is all I know.
 いやいや、君の言う通りだ。まったくだよな。あんなパンツをはくストリッパーはとっくにやめとくべきだったよ。どうしたらいいんだ? 32年もこれをやってきたんだ。人前で服を脱ぐことしか知らないんだ。

Rachel: No, wait. No, there's gotta be something else that you can do. I mean, what skills do you have?
 いえ、待って。何か他にもできることがあるはずよ。何か特技は?

Roy: I don't know. I can make my pecs dance. I can pick up a dollar bill with my butt cheeks. I can go to that special place inside me where I feel no shame.
 どうかな。胸筋ダンスだな。尻で1ドル札を拾うこともできる。恥知らずになれる。

Rachel: So maybe something in an office.
 オフィスワークができるかもね。

Phoebe: Or you could.. you could teach stripping. You know, share your gift. Pass the torch.
 それか、ストリップを教えるのよ。あなたの才能を人に分けるの。バトンを渡すのよ。

Roy: You know, actually, that's not a bad idea. I could do it out of my apartment. I don't think my mom would mind.
 そうだな、それは悪くない。うちの部屋でできるし。ママも気にしないだろう。

Phoebe: There you go. Okay. You think you're gonna be okay?
 ほらね。それじゃ、あなたもう大丈夫?

Roy: Yeah, yeah, yeah... This is so weird. I mean, you never know when it's gonna be your last dance. And I didn't even get a chance to finish it.
 ああ、ああ。変な感じだな。最後のダンスだなんてわからないもんだ。それを終らせることもできなかった。

Phoebe: …… Finish it!
 ・・・最後までやって。

Roy: What?
 え?

Phoebe: Your last dance. Do it for us.
 あなたの最後のダンス。やってみせて。

Roy: Really?
 本当に?

Rachel: Really?
 本気?

Phoebe: Yeah, yeah. He deserves to do the thing he loves one last time.
 ええ、ええ。好きな仕事を最後にやるべきだわ。

Roy: Okay, all right. Get ready, ladies!
 わかった。よし。用意はいいか、お嬢さん方!

Phoebe: Okay.
 いいわよ。

(ダンス開始。袖をちぎって投げたりしながら、踊る)

Phoebe: Oh, this is so hot! . . . Oh, no, no, no, don't stop!
 セクシーね!(彼が膝に座ってしまう)ダメダメ、やめちゃだめよ。

Roy: Have to.
 無理だ。(息切れ)

《ピラミッド収録》

Donny: Well, welcome to the Winner’s Circle. Joey, Gene, you guys ready?
 ウィナーズ・サークルへようこそ。ジョーイ、ジーン、用意はいいかい?

Joey: Yeah.
 ああ。

Gene: Sure.
 いいよ。

Donny: Okay. Give me sixty seconds on the clock, please... Ready, GO!
 よし。では60秒ですからね。レディ、ゴー!

Gene: Oak, Maple. Elm. Birch...
 オーク。かえで。楡。白樺。

Joey: I-I-I don't know. Types of trees?
 何だろう・・・木の種類?(正解)

Gene: Uhm... Buenos días. Enchilada. Por favor.
 (「スペイン語」)ブエノスディアス。エンチラーダ。ポーファヴォー

Joey: Oh, I'm so sorry. I don't know any Spanish words.
 ああ、ごめんよ。スペイン語は知らないんだ。(正解)

Gene: A match. A candle.
 (「燃えるもの」)マッチ。ろうそく。

Joey: Things that go "tssst" when you put them out.
 消すと「チーッ」っていうもの。

Gene: A torch. A bonfire. . . Uhm, your pee...
 たいまつ。かがり火。・・・・あー。。オシッコ。

Joey: Things that burn.
 燃えるもの。(正解)

Gene: “I’d like to go for a walk.” “Scratch my belly”.
 (「犬が言うこと」)「散歩に行きたい」「おなか撫でて」

Joey: Dude, dude, I think you're losing it.
 おいおい、負けるぞ。

Gene: Uhm, “I have fur.” “I like to bark.”
 あー・・「毛が生えてる」「吠えるの好き」

Joey: Oh, oh, oh... What a dog says.
 あ、あ、あ! 犬が言うこと。(正解)

Gene: Pepperoni...
 ペパロニ。

Joey: Pizza toppings. Next!
 ピザのトッピング! (正解) 次!

Gene: Cindy Crawford. Christie Brinkley. Heidi Klum. Claudia Schiffer.
 (「スーパーモデル」)シンディー・クロフォード。クリスティ・ブリンクリー。ハイジ・クラム。クラウディア・シファー。

Joey: Oh, oh, oh...
 あー・・あー・・あー。

Gene: Christie Turlington. Kate Moss.
 クリスティ・ターリントン。ケイト・モス。

Joey: Girls Chandler could never get?
 チャンドラーには手の届かない子達?

Gene: Supermodels!
 スーパーモデルだよ!

Joey: Where?
 どこ?(見回す)

《モニカ達の部屋:モニカ1人。ロスとチャンドラーが来る》

Ross: Hey. Where's Rachel?
 やあ。レイチェルは?

Monica: She and Phoebe took the stripper to the hospital.
 彼女とフィービーはストリッパーを病院へ連れてったわ。

Ross: Did you know Chandler kissed Rachel?
 君、チャンドラーがレイチェルにキスしたって知ってた?

Monica: What? When was this?
 えっ? いつの話?

Ross: Nineteen Eighty Seven. The weekend you guys visited me at school.
 1987年。君たちが大学へきた週末だよ。

Monica: Oh, my God! That's wild!
 驚いた! すごいわね!

Chandler: Yeah, but it was, like, a million years ago, so it doesn't matter.
 ああ。でも、ずっと昔の話だ。何でもないよ。

Ross: Well, it matters to me.
 僕には何でもなくない。

Chandler: Why?
 どうして?

Ross: Because... the night you kissed Rachel was the night I kissed Rachel for the very first time.
 だって・・君がレイチェルとキスしたのは、僕が初めてレイチェルにキスした夜だからだよ。

Chandler: You kissed her that night too?
 君もあの夜、彼女にキスしたのか?

Monica: Two guys in one night? Wow, I thought she became a slut after she got her nose fixed.
 一晩で2人の男と? ワオ。彼女がふしだらになったのは鼻の手術後かと思ってたわ。

Chandler: Seriously, where did this happen?
 マジで、どこで起きたんだ?

Ross: Okay, after you told me she was passed out in our room, I went in there to make sure she was all right. She was lying on my bed, all buried in peoples' coats. Well, I went to kiss her on the forehead, you know. But it was so dark, I accidentally got her lips. I started to pull away, but then I felt her start to kiss me back. It was only for a second, but it was amazing. And now, now I find out that you kissed her first.
 君が、彼女が僕らの部屋で寝てしまったって言うから、彼女が大丈夫か見に行ったんだ。彼女は僕のベッドで、みんなのコートに埋もれて寝てた。僕は彼女の額にキスをしたんだ。でも、とても暗くて、ついクチビルにキスしてた。やめようとした時、彼女からキスを返してきたんだ。数秒だったけど、素晴らしかった。それなのに、君が先にキスしたって言うのか。

Chandler: Oh, wait, what bed did you say she was on?
 ちょっと待てよ。彼女、どのベッドに寝てたって?

Ross: Mine.
 僕のだよ。

Chandler: I'm pretty sure I put her on my bed.
 俺は俺のベッドに寝かせたよ。

Ross: No, she was definitely on my bed.
 いや、絶対僕のベッドにいた。

Chandler: Why would I kiss a girl, and then put her on your bed?
 なんで俺がキスした女の子を君のベッドに寝かせるんだよ?

Ross: Well, then who was on my bed?
 それじゃ、誰が僕のベッドにいたんだよ?

Monica: Oh! Oh, oh!
 ああ! あぁ! ああ!

Ross: No! No, no!
 嘘! 嘘だ、嘘!

Monica: YES!
 そうよ!

Ross: You were under the pile of coats?
 君、コートの山の下にいたのか?

Monica: I was the pile of coats!
 私がコートの山よ!

Ross: Oh, MY GOD!
 なんてことだ!

Monica: You were my midnight mystery kisser?
 あなたが、深夜の謎のキスの相手?

Ross: You were my first kiss with Rachel?
 君がレイチェルとのファーストキス?

Monica: You were my first kiss ever?
 あなたが私のファーストキス?

Chandler: What did I marry into?
 俺、何者と結婚しちゃったんだ?

《1987年の大学パーティ:一人踊るモニカ》

Monica: Oh, crap!
 (疲れてビーズクッションに座り込む)ああ、クソっ!







にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 03:05| Comment(0) | Season 10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月26日

10-10 The One Where Chandler Gets Caught

10-10 チャンドラーが見つかっちゃった話

 ☆チャンドラー空白の45分☆

《セントラルパーク》

Monica: Mmh... this cake is amazing!
 んー! このケーキすごいわ!

Rachel: My God, get a room.
 何なのもう。部屋でも取ったら。

Monica: I would get a room with this cake. I think I could show this cake a good time.
 このケーキとなら部屋取りたいわ。楽しいわよきっと。

Phoebe: If you had to, what would you give up, food or sex?
 もしどうしても諦めなきゃいけないなら、どっち? 食べ物か、セックスか?

Monica: Sex.
 (即答)セックス。

Chandler: Seriously, answer faster.
 その返事早過ぎ。

Monica: Oh, I'm sorry, honey. But when she said “sex,” I wasn't thinking about sex with you.
 あら、ごめんなさい。でも、彼女が「セックス」って言った時、あなたとのセックスって気がしなかったのよ。

Chandler: It's like a giant hug.
 (フィービーに)でっかいハグみたいだ。

Phoebe: Ross, how about you. What would you give up, sex or food?
 ロス、あなたは? どっちを諦める? セックスか食べ物か?

Ross: Food.
 食べ物。

Phoebe: Okay, how about... uhm... sex or dinosaurs?
 わかった、それじゃ、セックスか恐竜か?

Ross: … Oh, my God. It's like Sophie's Choice.
 ・・・オーマイゴッド・・「ソフィーの選択」みたい。

Rachel: Oh, God. What about you, Joe? What would you give up, sex or food?
 もう。あなたは、ジョー? 何を諦める? セックスか食べ物か?

Joey: Uhm... oh... I don't know, it's too hard.
 あー・・わからないよ。難しすぎる。

Rachel: No, you gotta pick one.
 ダメよ。選ばなきゃ。

Joey: Oh... food. No, sex. Food. Sex. Food. Se-I don't know. Good God, I don't know, I want girls on bread.
 ああ・・食べ物。いや、セックス。食べ物。セックス。食べ物。セ・・わからないよ。ああ、どうかな。パンの上に女の子欲しい。

《セントラルパーク:窓際の席に座るレイチェルとフィービー》

Rachel: You gotta see these latest pictures of Emma.
 この最近のエマの写真見てよ。

Phoebe: Oh, how cute!
 まぁ、可愛い!

Rachel: Yeah.
 ええ。

Phoebe: Oh, she looks just like a little doll.
 まあ、この彼女、まるでお人形みたい。

Rachel: Oh, no, no. That is a doll.
 ああ、違うわよ。それは人形よ。

Phoebe: Oh, thank God, 'cause that thing's really creepy. . . Look, there's Chandler.
 ああ、よかった。これ本当に気味悪いもの。(外を見て)見て、チャンドラーよ。

Rachel: Oh. Who’s the blonde? She's pretty.
 あら。あのブロンドは誰かしら? 可愛いわね。

Phoebe: Oh! He's having an affair.
 まぁ! 彼、浮気してるわ。

Rachel: He's not having an affair.
 浮気してるんじゃないわよ。

Phoebe: You know, I'm always right about these things.
 私こういうことはいつも当たるの。

Rachel: No, you're not. Last week, you thought Ross was trying to kill you.
 いえ、違うわよ。先週なんか、ロスがあなたを殺そうとしてるって言ってたじゃない。

Phoebe: Well, I'm sorry, but it's hard to believe that anyone would tell a story that dull just to tell it. . . See, there's something going on with them. Look, he's getting into the car with her.
 悪かったわよ。でも、あんなつまらない話をただ話したいだけの人がいるなんて信じられないもん。(外を見て)ほら、あの2人何かあるわよ。ほら、彼、彼女と一緒に車に乗るわよ。

Rachel: Oh, that doesn't mean anything.
 ああ、別に意味ないわよ。

Phoebe: Oh, yeah? Well, let's see. . Okay, duck down.
 あらそう?じゃあ見てみましょうよ(携帯を出す)よし、かがんで。(窓枠の下に隠れて、電話をかける)

Chandler: Hello.
 もしもし。

Phoebe: Oh, hi, Chandler. It's Phoebe. Um... I know that Monica is working today so I was wondering if you wanted to come to the movies with me and Rachel.
 あ、ハーイ、チャンドラー。フィービーよ。モニカ今日は仕事でしょ。だから、私とレイチェルと一緒に映画はどうかなと思って。

Chandler: Oh, uh... I have to work too. Yeah, I'm stuck here at the office all day.
 ああ、いや・・俺も仕事なんだ。ずっと会社に詰めてるんだよ。

Phoebe: Oh, well, it's a shame that you miss the movie 'cause we were gonna see, you know, either "Liar Liar" or "Betrayal", or... "An Affair To Remember".
 ああ、そうなの。残念だわ。私たち「ライアー・ライアー」か「裏切り」か「めぐり逢い」を見ようと思ってたのに。

Chandler: Those are all really old.
 みんな古い映画じゃないか。

Phoebe: Okay, then maybe it'll be, uh...
 それじゃ、あれはどう、あー・・

Rachel: "Dude, Where's My Car?"
 (囁く)「おい、車はどこだ?」

Phoebe: What?
 は?

Rachel: They're in a car...
 2人は車の中なのよ。

Phoebe: Okay. Well, talk to you later, okay? Bye.
 (チャンドラーに)いいわ。じゃあまたね、バーイ。

Rachel: Jeez.
 ああ。

Phoebe: Okay, quick. We gotta find a cab and follow them.
 急いで。タクシー捕まえて後をつけるわよ。

Rachel: Oh, yeah, okay. Let me just grab my night vision goggles and my stun gun.
 ああ、そうね。私は暗視スコープとスタンガン持って行くわ。

Phoebe: I got them.
 (バッグを叩いて)持ってるわよ。

《モニカ達の部屋:チャンドラーが戻る》

Chandler: Hi.
 やぁ。

Monica: Hey. Hi, sweetie. Hey, you smell like perfume and cigarettes.
 ハイ、おかえり。あら、あなた、香水とタバコの匂いがするわ。

Chandler: I was in the car with Nancy all day.
 一日中、ナンシーと一緒に車に乗ってたから。

Monica: Nancy doesn’t smoke.
 ナンシーはタバコ吸わないわよ。

Chandler: Well, at least the perfume’s not mine. Be thankful for that.
 少なくとも香水は俺のじゃないんだから、喜んで。

Monica: So? What do you think of the house?
 それで? 家を見てどう思った?

Chandler: It’s perfect. It’s everything we’ve been looking for.
 完璧だよ。求めてた通りだ。

Monica: Isn’t it? And what about the amazing wanes coating and the crown molding and the dormer windows in the attic?
 でしょう? あの素晴らしい腰壁の塗装とか天井の枠板とか、屋根裏の屋根窓とか、見た?

Chandler: And the wiggle woms and the zip zorps! …What were the things you said?
 うねうね虫とかぴゅんぴゅん棒とか! 今君が言ったもの何?

Monica: Don’t you love the huge yard?
 あの広い庭気に入ったでしょう?

Chandler: And the fireplace in the bedroom.
 それに寝室の暖炉とかね。

Monica: And Nancy said that it's really underpriced, because the guy lost his job and has to move in with his parents!
 ナンシーが、これは本当に相場から見て安いの。持ち主が職を失って、両親と同居しなきゃならなくて!

Chandler: This is bringing out a lovely color in you.
 その話で君楽しそうだね。

Monica: So.. do you think we should get it?
 それで、これ買うべきかな?

Chandler: I don’t know. What do you think?
 どうしよう。君はどう思う?

Monica: I think we should.
 買うべきよ。

Chandler: I do too.
 俺もそう思う。

Monica: This is huge.
 これは大変なことよ。

Chandler: I know.
 そうだな。

Monica: How bad you wanna smoke, right now.
 今すごくタバコ吸いたいでしょう。

Chandler: I don’t know what you mean, giant, talking cigarette. Oh, by the way, Phoebe called just as I was getting into Nancy’s car. So if she asks you, I was at work all day.
 どういう意味かな、巨大な話すタバコさん。ああ、ところで、ちょうどナンシーの車に乗ろうとした時、フィービーから電話があったんだ。だから彼女に聞かれたら、俺は一日仕事だったからね。

Monica: Gotcha. When do we tell them about this?
 わかった。これいつみんなに話す?

Chandler: We don’t. Not until it's a hundred percent. I mean, why upset everybody over nothing?
 話さないよ。確実だとわかるまでは。決まってないのに無駄に動揺させることないだろ?

Monica: Okay. Right. Oh, my God, that is gonna be so hard.
 わかったわ。ああ、きっとすごく大変よ。

Chandler: I know. Good luck with it.
 だよな。がんばってくれよ。

《ジョーイ達の部屋》

Ross: I just can’t see Chandler cheating.
 チャンドラーが浮気だなんて考えられないよ。

Rachel: I’m telling you guys, we followed them out to a house in Westchester. They went in for, like, forty-five minutes and then they came out looking pretty happy.
 本当なのよ。ウェストチェスターの家まで追跡したんだから。2人は45分くらい家の中にいて、すごく幸せそうな顔して出てきたわ。

Joey: Chandler? Forty-five minutes? Well, something is not right. I just can’t believe he would do this to Monica.
 チャンドラーが? 45分? 何かがおかしいぞ。俺はモニカがそんなことするって信じられない。

Ross: I know, and with the baby coming?
 だよね。それに赤ちゃんも来るのに?

Phoebe: So, should we tell her?
 それで、彼女に言うべき?

Ross: I don’t know. Phoebe, if one of us saw Mike with another woman, would you want us to tell you?
 どうかな。フィービー、もし僕らの誰かが、マイクが他の女性と一緒にいるのころを見たら、君、話してほしい?

Phoebe: Why? Who’d you seen him with?
 どうして? 誰と一緒にいたの?

Ross: No one, I’m just saying if we..
 誰も。僕はただ、もし・・

Phoebe: Tell me what you know!!
 (ロスをつねる)知ってることを言いなさい!

Ross: No one! Nothing! Mike’s a great guy. It was hypothetical!
 (悲鳴をあげる)誰も! 何でもない! マイクは素晴らしい人だよ。これはたとえ話だよ!

Phoebe: All right. . He is a good guy. You’re right, he wouldn’t cheat.
 そうよ。彼はいい人よ。そうね、彼は浮気なんかしないわ。

Ross: Believe me, if I did see with someone, there’s no way I...
 (みんなに)ほんと、もし誰かと一緒にいるとこなんか見たって、話せるわけが・・

Phoebe : Who did you see him with?
 (またつねる)彼が誰と一緒だったっていうのよ?!

《モニカ達の部屋:4人が来ると、モニカは掃除機の掃除をしている》

Rachel: Oh, look at her. So happy.
 ああ、彼女を見て。幸せそう。

Monica: If only there were a smaller one to clean this one.
 もし、これを掃除できるもっと小さいのがあればね。

Joey: Hey, is uhm... is Chandler here?
 ねぇ、あの・・チャンドラーは?

Monica: No, he’s picking up dinner. Why? What’s up?
 いないわ。食事を買いに言ったの。どうして? 何かあった?

Phoebe: Well, look, whatever happens, we’re here for you, and we love you.
 ねぇ、何があったとしても、私たちがついてるわ。愛してるわよ。

Monica: …All right..
 ・・そう。

Ross: We think Chandler might be having an affair.
 チャンドラーが浮気をしてるみたいなんだ。

Monica: What?
 えっ?

Rachel: Phoebe and I saw Chandler with a blonde woman today outside on the street. And then we followed them to a house in Westchester.
 フィービーと私、外でチャンドラーがブロンドの女性と一緒のところを見たのよ。それから私たち後をついていって、ウェストチェスターの家に行くところを見たの。

Phoebe: They went in together. So sorry.
 一緒に入って行ったの。残念だわ。

Monica: Oh, my God. Oh, my God, that’s awful. What did you think of the house?
 なんてことなの、なんてこと、ひどいわ。・・家のことはどう思った?

Phoebe: What?
 え?

Joey: Monica, you understand what we are saying, right?
 モニカ、俺たちが言ってることわかってるよな?

Monica: Yeah, sure. I mean, I'm devastated, obviously.. Did you think the neighborhood was homey?
 ええ、わかってるわ。ショック・・・近所の雰囲気はよくなかった?

(チャンドラーが戻る)
Chandler: Hey.
 やぁ。

Joey: You son of a bitch!
 おまえこのクソ野郎!

Chandler: Is it me, or have the greetings gone downhill around here?
 俺のせいか、それともこのあたりじゃ挨拶が転がり落ちたのか?

Monica: Phoebe and Rachel saw you with Nancy today. And... they think you're having an affair.
 フィービーとレイチェルが、あなたがナンシーと一緒のところを見たんですって。それで、あなたが浮気してるって。

Rachel: Who's Nancy?
 ナンシーって誰?

Ross: What's going on?
 どうなってるんだ?

Monica: Okay, all right, you guys, you'd better sit down, This is . . This is pretty big.
 ねぇ、みんな。座ってきいて。これは一大事なの。

Chandler: Yeah. . . I'm not having an affair. Nancy is our realtor.
 ああ・・・浮気をしてるんじゃない。ナンシーは不動産業者だ。

Joey: I knew he couldn't be with a woman for 45 minutes!
 やっぱり彼が45分ってのはありえないよ!

Phoebe: Why do you have a realtor?
 どうして不動産業者と会ってるの?

Monica: She has been showing us houses outside of the city.
 郊外の家を見せてもらってるの。

Joey: What?
 えって?

Rachel: Are you serious?
 本気で言ってる?

Monica: When we found out that we're gonna get this baby, Chandler and I started talking and we decided that we didn't want to raise a kid in the city.
 赤ちゃんを迎えることになって、チャンドラーと私、この街中で子供を育てたくないって話し合ったの。

Phoebe: So you're gonna move?
 だから引っ越すの?

Ross: Oh, my God.
 なんてことだ。

Joey: Shouldn't we all vote on stuff like this?
 そんなの多数決で決めるべきだろ?

Rachel: What is wrong with raising a kid in the city? I'm doing it. Ross is doing it. Sarah Jessica Parker is doing it!
 街で子供を育てて何が悪いの? 私はやってるわ。ロスもやってる。サラ・ジェシカ・パーカーもやってるわよ!

Monica: And that's great for you guys, but we want a lawn and a swing set.
 あなた達にはそれがいいんだけど、私たちは、芝生やブランコが欲しいの。

Chandler: And a street where our kids can ride their bikes and maybe an ice-cream truck can go by.
 それに、子供達が自転車で走り回ったり、アイスクリーム売りのトラックが通っていったり。

02_JunFarms_IceCream_12.jpg073010_dog_ice_cream_truck_1.jpg

Ross: So you wanna buy a house in the 50's?
 50年代の家を買いたいのか?

Phoebe: Have you thought about what you would be giving up? You can't move out of the city. What if you want Chinese food at 5 am? Or a fake Rolex that breaks as soon as it rains? Or an Asian hooker sent right to your door?
 それで何を失うか考えた? 街から出るなんてできないわよ。朝5時に中華が食べたくなったらどうするの? 雨が降ったらすぐ壊れるニセロレックスは? 家まで来てくれるアジア売春婦は?

Ross: You know what? If you wanna look for a house, that's okay.
 いや、家を探したいなら、そうしたらいいさ。

Joey: No, no, it's not, don't listen to him. . I'm gonna thump you.
 いやいや、ダメだよ。こいつの言うことを聞くな。(ロスに)殴るぞ。

Ross: It's okay, because they have to get it out of their system. Okay?. . But you're gonna realize, this is the only place, you wanna be.
 いいんだよ、自分でわからないといけないんだ。ね?(モニカ達に)でも、そのうち気づくよ。君らがいたいのはここだってね。

Chandler: … Actually, we already found a house we love.
 ・・・実は、俺たちもう気に入った家を見つけたんだ。

Ross: What?
 なに?

Monica: And about an hour ago, we made an offer.
 そして1時間くらい前に、買いたいって言ったの。

Chandler: …Bet you wish I was having an affair now, huh?
 ・・浮気だった方がよかったと思ってるんだろ?

Ross: You put an offer on a house?
 買いたいって言ったのか?

Monica: It's so sweet. It really is. It has this big yard that leads down to this stream. And then there's these old maple trees.
 すごく素敵なの。本当なのよ。小川に続く庭があるの。それに、古いメープルの木があるのよ。

Phoebe: Oh, again with the nature. What are you, beavers?
 ああ、また自然とか言っちゃって。何なの、ビーバー?

Chandler: I know this is really hard, and we're really sorry.
 つらいのはわかるよ。本当にごめん。

Joey: Is this because I come over here without knocking and eat your food? .. Because I can stop doing that. . I really, really think I can.
 俺がノックもなしに来て食べ物を食うからか?(冷蔵庫のそばに行き)やめられると思うぞ。本当にできると思う。

Chandler: You know that's not the reason, Joe.
 そんなことのせいじゃないよ、ジョー。(ハグ。その後冷蔵庫から物を出して食べるジョーイ)

Monica: We think if you saw it, you'd understand. You guys were there. It is beautiful, isn't it?
 見れば、きっとわかってくれると思うわ。(レイチェルとフィービーに)あなた達は行ったのよね。いい家だったでしょ?

Rachel: Yeah, it is.
 ええ、いい家だった。

Joey: What the hell are you doing?
 何を言ってるんだ?

Rachel: Well, it is, all right? When we were out there today, all I kept thinking was: “I can't believe Chandler is screwing this woman, but, man, this would be a nice place to live!”
 でも、そうだったわ。今日行ったとき、ずっと思ってたの。「チャンドラーがあんな人と浮気してるなんて信じられない、それにしても、こんなところに住んだらいいだろうな」って。

Phoebe: Yeah, but so is this.
 ええ、だけどこの家もいいわ。

Ross: Yeah. I mean, if you moved there, you have to leave here. I mean, how can you leave this place?
 そうだよ。そこへ引っ越すってことは、ここを離れるってことだぞ。ここを離れるなんでできるのか?

【エピソード1-1 The One Where Monica Gets a New Roommate☆マンハッタンの6人☆思い出】

Rachel: Come on, Daddy, listen to me. It’s like, all of my life, everyone has always told me, 'You're a shoe. You're a shoe, you're a shoe, you're a shoe.'. And today I just stopped and I said, 'What if I don't wanna be a shoe? What if I wanna be a- a purse, you know? Or a- or a hat. No, I don't want you to buy me a hat, I'm saying that I am a ha. . . It's a metaphor, Daddy.
 ねぇ、パパ聞いて。私のこれまでの人生ではいつも言われ続けてきたのよ。いつも決めつけられてきたのよ。でも今日私は思ったの、私は靴じゃなくてバッグがいいとか思ったらどうするの。それか、帽子だったら? 例えばの話よパパ!!

Ross: You can see where he'd have trouble.
 通じてないようだね(そのたとえでは伝わりにくいよというニュアンス)

Rachel: Well, maybe I'll just stay here with Monica.
 ええ、ここでモニカと暮らすこともできるかも

Monica: Well, I guess we've established who's staying here with Monica...
 どうやらモニカのルームメイトが決まったみたいね。

【エピソード1-18 The One With All the Poker☆ポーカーゲーム必勝法☆の思い出】

Ross: Your money is mine, Greene.
 君の金は僕のものだ、グリーン。

Rachel: You're fly is open, Geller.
  前が開いてる、ゲラー。

Phoebe: You guys, you know what I just realized? 'Joker' is 'poker' with a 'J.' Coincidence?
  ねぇ、今気がついたんだけどね。Joker って、Poker をJにしたのよね。Coincidence (偶然)?

Chandler: Hey, that's...'joincidence' with a 'C'.
 あっ、それはjoincidence をCにしたんだよ。

【エピソード1-7 The One With The Blackout ☆マンハッタンが真っ暗!☆の思い出】

Phoebe: Eww, look. Ugly Naked Guy lit a bunch of candles.
 うぇー! 見て! 裸のブ男がキャンドルに火をつけた!
(みんなで覗いて、見ていて顔をしかめる)

Rachel: That had to hurt!
 あれは痛いわ!

【エピソード3-9 The One With All the Footballの思い出】

Phoebe: Hey, it’s your Thanksgiving too, you know, instead of watching football, you could help.
 ねぇ、あなた達のサンクスギビングでもあるのよ。フットボール見てないで、手伝ったら?

The Guys: We know.
 そうだね(動かない)

Monica: Okay, Rachel, you wanna put the marshmallows in concentric circles.
 ねぇ、レイチェル、そのマシュマロ、同心円に並べたいわよね?

Rachel: No, Mon, you want to put them in concentric circles. I want to do this.
 ううん、モン。同心円に並べたいのはあなた。私がしたいのは、これ。(モニカの鼻の穴にマシュマロをつめる)

Monica: Every year.
 (それを鼻から吹き飛ばして)毎年これ。

【エピソード5-8 - "The One With the Thanksgiving Flashbacks☆それぞれの感謝祭☆の思い出】

Joey: I know! It's stuck!!!
 そうなんだよ! 取れない!

Phoebe: Step. How did it get on?
 (手を引いて)段差よ。どうしてそうなったの?

Joey: I put it on to scare Chandler!
 チャンドラーを驚かそうと思ってつけたんだ!

Phoebe: Oh, my God! Monica's gonna totally freak out!
 なんてこと! モニカが逆上するわよ!

Joey: Well, then help me get it off! Plus, it smells really bad in here.
 ああ、取るの手伝ってくれよ! それにこの中すごく臭いよ。

Phoebe: Well, of course it smells really bad. You have your head up a turkey's ass. . . Oh, Monica.
 そりゃひどい匂いするわよ。頭をターキーのお尻に入れてるんだもの。(モニカが鍵をあける音がするので慌ててジョーイの頭を押さえてターキーがお皿の上にあるふり)あ、モニカよ。

Monica: Hey, did you get the turkey … Oh, my God! Oh, my God! Who is that?
 ねぇ、あなたターキを・・・きゃあ! なんなのなんなの! ・・それ誰?

Joey: It's Joey.
 ジョーイだよ。(起き上がる)

【エピソード4.12 - "The one With the Embryos☆チャンドラーの仕事は何?☆の思い出】

Monica: I got it. How about, if we win, they have to get rid of the rooster?
 わかった! じゃあ、もし勝ったら、そっちは雄鶏を処分するってのは?

Rachel: Ooooh, that’s interesting.
 おおおお! それは興味深いわね。

Chandler: If you win, we give up the birds.
 よし、待て! もし君らが勝ったら、鳥達は諦める。

Joey: Dah!!
 ダーっ!!

Chandler: But if we win, we get your apartment.
 でももし俺たちが勝ったら、この部屋をいただく。

Joey: Ooh!
 おおお!

Monica: Deal!
 よし!

(時間経過)

Ross: What was Monica’s nickname when she was a field hockey goalie?
 「陸上ホッケーでゴールキーパーだったモニカのニックネームは?

Joey: Big fat goalie.
  ビッグ・ファット・ゴーリー!

Ross: Correct. Rachel claims this is her favorite movie...
 正解。レイチェルの表向き好きな映画は・・

Chandler: Dangerous Liaisons.
 危険な関係!

 正解。本当の好きな映画は・・

Joey: Weekend at Bernie’s.
 バーニーズ あぶないウィークエンド!

Ross: Monica categorizes her towels. How many categories are there?
 モニカはタオルをいろいろ区分けしている。いくつのカテゴリーがあるか?

Joey: Everyday use.
 普段用。

Chandler: Fancy.
 ファンシー。

Joey: Guest.
 ゲスト用。

Chandler: Fancy guest.
 ファンシー・ゲスト用。

Ross: Two seconds…
 2秒。

Joey: Uhh, 11!
 あーっ・・・11!

Ross: 11, unbelievable, 11 is correct.
 11。信じられない! 11で正解。

(時間経過)

Ross: Chandler was how old when he first touched a girl’s breast?
 チャンドラーが初めて女の子の胸に触ったのは?

Rachel: 14?
 14?

Ross: No, 19.
 違う。19。

Chandler: Thanks, man.
 ありがとさんだね。

Ross: Joey had an imaginary childhood friend. His name was?
 ジョーイは子供の頃想像上の友達がいた。彼の名前は?

Monica: Maurice.
 モーリス。

Ross: Correct, his profession was?
 正解。彼の職業は?

Rachel: Space cowboy!
 スペース・カウボーイ!

Ross: Correct. What is Chandler Bing’s job?
 正解! チャンドラー・ビングの職業は?

Rachel: Ow...Oh, Gosh.
 ああ、どうしよう。

Ross: 10 seconds, you need this or you lose the game.
 10秒。これに答えないと負けになる。

Monica: It’s umm, it has something to do with transponding.
 えー・・何か送受信するようなことよ。

Rachel: Oh-oh-oh, he’s a transponce−transponster!
 あ、あ、あ、彼は・・送受信・・送受信スター!

Monica: That’s not even a word.
 そんな言葉ないわよ!

(ロスが時計を見せる)
Monica: Nooooo!!!!!
 ノーーーーー!!!

(時間経過:ジョーイとチャンドラーが犬に乗って来る)

Rachel: You know what? You are mean boys who are just being mean!
 あなたたち! あなた達って、意地悪よね、意地悪してるのよね!

Joey: Hey, don’t get mad at us! No one forced you to raise the stakes!
 おい、俺たちに怒るなよ! 誰も君に無理矢理賭けをあげさせてないからな。

Rachel: That is not true. She did! She forced me!
 そんなことないわ。彼女よ! 彼女が無理矢理させたのよ!

Monica: Hey, we would still be living here if you hadn’t gotten the question wrong!
 ちょっと、あなたがあの問題間違えてなかったら今も私たちここに住んでるわよ!

Rachel: Well, it was stupid, unfair question!
 あんなのバカげた無茶な問題よ!

Ross: Don’t blame the questions.
 問題のせいにするな!

Chandler: Would you all stop yelling in our apartment. You are ruining moving day for us.
 俺たちの部屋でどなるのやめてくれよ! 引っ越しの日が台無しだよ!

【エピソード5-15 The One With The Girl Who Hits Joey☆チャンドラーが結婚宣言?!☆の思い出】

Ross: Chandler!!! Chandler!!! Chandler, I saw what you were doing through the window! Chandler, I saw what you were doing to my sister! Now get out here!
 チャンドラー! チャンドラー! チャンドラー、窓からおまえがしてること見たんだぞ! チャンドラー! 妹にしてるのを見たんだぞ! 出てこい!(ドアは開いたがチェーンのため入れない)

Chandler: Wow! Listen, we had a good run. What was it? Four? Five months? I mean, that's more than most people have in a lifetime! So, good-bye, take care, bye-bye then!
 うわ! 楽しかったな。どれだけ? 4? 5ヶ月? たいていの人の一生分だよな! ということで、さよなら、元気でね、それじゃバイバイ!

Monica: Hey, Ross. What's up bro?
(ドアを開け)どうした、にいさん?

Ross: What the hell are doing?..
 おまえはいったい何をしてるんだ?!(チャンドラーを追いかける)

Rachel: Hey, what's-what's going on?!
 ちょっと、どうしたの?

Chandler: Well, I think, I think Ross knows about me and Monica.
 (モニカの後ろに隠れてレイチェルに)多分、ロスが俺とモニカのことを知ったんだな。

Joey: Dude. He's right there.
 おい! やつがそこにいるんだぞ!

Ross: I thought you were my best friend, this is my sister! My best friend and my sister! I-I cannot believe this!
 僕の親友だと思っていたのに。妹なのに! 僕の親友と妹が! 信じられない!
 
Chandler: Look, we're not just messing around. I love her. Okay, I'm in love with her.
 なぁ、俺たちはただ遊んでるんじゃないんだ! 愛してるんだ。な、彼女を愛してる。

Monica: I'm so sorry that you had to find out this way. I'm sorry, but it's true, I love him too.
 こんなふうに知ることになってもうしわけないわ、ごめんね。でも、そうなの。私も彼を愛してるの。

Ross: My best friend and my sister! I cannot believe this.
 (嬉しい)僕の親友と妹が! 信じられないよ!(ハグ)

【エピソード6-6 The One On The Last Night☆最後の夜は荒れ模様☆の思い出】

Monica: Well, this is the last box of your clothes. I’m just gonna label it, "What were you thinking?"
 これであなたの服は全部よ。「何考えてんの?」って書いておくわ。

Rachel: Funny, because I was just gonna go across the hall and write that on Chandler.
 あらおかしいこと。私は廊下の向こうへ行って、チャンドラーにそう書くつもりだったのよ。

Phoebe: Ok, you guys, I don’t mean to make things worse, but umm, I don’t want to live with Rachel anymore.
 ねぇ、あなた達、これ以上事態を悪化させたくはないけど、でも、もうレイチェルと住むのはイヤだわ。

Monica and Rachel: What?!
 えっ?

Phoebe: You’re just so mean to each other! And I don’t want to end up like that with Rachel. I still like you!
 だってあなた達本当に意地悪なんだもの! 私レイチェルとそんなふうになりたくないもの。まだ好きだから。

Rachel: Well, Phoebe, that’s fine because I’m not moving.
 フィービー、いいわよ。私引っ越さないから。

Monica: Whoa-whoa-whoa, Phoebe you gotta take her. Y’know, I-I-I said some really bad stuff about her, but y’know Rachel has some good qualities that make her a good roommate. She gets tons of catalogs and umm, she’ll fold down the pages of the things she thinks that I’d like.
 ちょっとちょっとちょっと、フィービー、連れてってよ! 本当に悪いって言ったけど、でも、レイチェルもいいルームメイトっていえるところもあるのよ。彼女はたくさんカタログを持ってて、私が気に入りそうなものは端を折っておいてくれるわ。

Phoebe: What else?
 それから?

Monica: When I take a shower, she leaves me little notes on the mirror.
 シャワーを浴びてる時、鏡にメッセージを少し書いてくれるの。

Rachel: Yeah, I do. I-I do, do that.
 ああ、それはそうね。それはやる。

Phoebe: That’s nice. I like having things to read in the bathroom.
 それはいいわね。バスルームで読み物があるのはいいわ。

Monica: When I fall asleep on the couch after reading, she covers me over with a blanket.
 カウチで本を読んでて眠ってしまうと、毛布をかけてくれるわ。

Rachel: Well, you know, I don’t want you to be cold.
 それはまぁ、寒いといけないから。

Monica: And when I told her that I was gonna be moving in with Chandler, she was really supportive. You were so great. You made it so easy. And now you have to leave. And I have to live with a boy!!
 それに、チャンドラーと一緒に暮らすって言った時、心から応援してくれた。あなたは最高よ。楽にしてくれたわ。そして出て行かなきゃいけないなんて!(泣き出す)そして私は男の子と住むのよ!(レイチェルの膝に座る)

(時間経過:空っぽの部屋を見るモニカ)

Chandler: Hey.
 やあ・・。

Monica: She really left.
 本当に行っちゃったわ。

Chandler: I know.
 そうだね。

Monica: Thank you.
 ありがとう。

Chandler: No problem, roomie.
 どういたしまして、ルーミー。

Monica: Can I ask you a question?
 ちょっと聞いていい?

Chandler: Sure.
 ああ。

Monica: What the hell is that dog doing here?
 あの犬いったいここで何をしてるの?(大きな白い犬が目の前に)

【エピソード1-9 The One Where Underdog Gets Away☆感謝祭の大騒動☆の思い出】

Chandler: Little toast here, ding ding. I know this isn't exactly the kind of Thanksgiving that all of you planed, but for me, this has been really great, you know, I think because it didn't involve divorce or projectile vomiting. Anyway, I was just thinking if you'd gone to Vail, and if you guys'd been with your family, if you didn't have syphilis and stuff, we wouldn't be all together, you know? So I guess what I'm trying to say is that I'm very thankful that all of your Thanksgivings sucked.
 ささやかに乾杯だ。いい? みんなが望んだサンクスギビングじゃないことはわかってるけど、僕にとっては、最高だ。離婚や威勢良く吐き出すこととは縁がなかったからね。とにかく、もし君がヴェイルに行っていたら、もし君が家族と過ごしていたら、それにもしおまえが梅毒かなんか持ってなかったら、僕ら一緒に過ごしてないわけだよね? だから、つまり言いたいのは、みんなのサンクスギビングがダメになったことに感謝してるよ。

All: That's so sweet. Thank you.
 素敵。ありがとう。

Ross: And hey, here's to a lousy Christmas.
 ああそうだ。クリスマスもダメにしよう。

Rachel: And a crappy New Year.
 それからニューイヤーもね。

Chandler: Here, here!
 そうだそうだ!

《現在のモニカ達》

Rachel: You can't move. You just... you just can't.
 引っ越しなんてダメよ。とにかく・・とにかくダメよ。

Joey: Rachel's right. This is where you guys belong.
 レイチェルの言う通りだ。ここがおまえらの家だよ。

Phoebe: Yeah, you don't wanna live in Westchester. That's like the worst of the Chesters.
 そうよ。ウェストチェスターなんてダメ。チェスターの中でも最悪よ。

Ross: You know, sometimes when I'm alone in my apartment, I look over here and you guys are just having dinner or watching TV or something, but it makes me feel better. And now when I look over, who am I gonna see? The Gottliebs, the Yangs? They don't make me feel so good.
 部屋に一人でいる時、ここを見ると、君らが食事をしていたりTVを見ていたりするのが見えることがあって、なごむんだ。いなくなったら、どこを見たらいいんだ? ゴットリーブさんか、ヤンさんか? 見たって嬉しくないぞ。

Rachel: Yeah. So don't move, okay? Just stay here and... maybe close your blinds at night.
 そうよ。引っ越ししちゃダメよ、ね? ここにいて。そして・・夜はカーテンを閉めたら。

Ross: Hey.
 (レイチェルに)おい。

(電話が鳴る)
Chandler: Hello? It's Nancy. They responded to our offer.
 もしもし?(モニカに)ナンシーだよ。回答があったらしい。

Monica: And?
 それで?

Chandler: … Okay, thanks... They passed. They said they wouldn't go a penny under the asking price.
 (電話に戻り)・・わかりました。ありがとう。・・(電話を切る)ダメだったよ。言い値を下げないって。

Monica: We can't afford that.
 それじゃ買えないわ。

Chandler: I know.
 ああ。

Monica: Well, there you go.
 そうなのね。

Joey: I'm really sorry, you guys.
 残念だったな、2人とも。

Ross: Yeah. I'm sorry too. I'm even more sorry that that phone call didn't come before I told you about looking through the window.
 ああ。残念だったね。窓から見てるって言う前に電話かかってこなかったのが、もっと残念だけど。

Rachel: Yeah. Well, we're gonna let you be alone.
 そうね。じゃ、2人にしてあげましょ。

Phoebe: You're gonna be okay?
 (モニカに)大丈夫?

Monica: Yeah, we'll be okay.
 ええ、大丈夫よ。

Ross: Love you guys.
 愛してるよ。(モニカにキスをして、フィービー達と共に出て行く)

Joey: You know, I'm really sorry I wasn't more supportive before.
 応援できなくて、悪かったな。

Chandler: That's okay, we understand.
 いいよ。わかってるから。

Joey: And about this Nancy thing... If you're not sleeping with her, should I?
 それからナンシーって子だけど、君が寝てないなら、俺行こうか?(ナンシーの番号を受け取って出て行く)

Monica: I know there'll be other houses, but it's just so... I love that one so much.
 他にも家はあると思うけど・・でも、あの家が本当に好きだったわ。

Chandler: Yeah.. Well, it's a good thing we got it then.
 ああ。それじゃ、買えてよかったな。

Monica: What?
 えっ?

Chandler: We got the house.
 家を買えるんだ。

Monica: Oh, my God!
 オーマイゴッド!

Chandler: I just didn't want to tell you in front of them.
 みんなの前で言いたくなかったんだ。

Monica: Oh, my God. My God. We've got the house!
 ああ、どうしよう。家を買えるのね!

Chandler: We're getting the house. . We're getting the house.
 家を買えるんだ。(ハグ)家を買えるんだよ。

Monica: And a baby.
 赤ちゃんもね。

Chandler: We're growing up.
 俺たちも大人になったなぁ。

Monica: We sure are.
 本当ね。

Chandler: So who's gonna tell them?
 それで、どっちがみんなに話す?

Monica: Not it.
 私イヤ。

Chandler: Not it. Damn it!
 俺イヤ。クソッ!

《セントラルパーク:4人にプレゼントを渡すモニカとチャンドラー》

Monica: Rachel, this is yours.
 レイチェル、これはあなたに。

Rachel: Aah. Why? What are these for?
 ああ! どうして? これは何のため?

Chandler: You'll see.
 今にわかるよ。

Monica: All right, everybody open them.
 じゃあ、みんな開けて。(みんなが開く)

Rachel: Ooh. Oh, wow this is so beautiful!
 うわぁ。(マフラー)ああ。きれいね!

Phoebe: Oh. These are the ones I was looking at in the store!
 ああ。(イヤリング)これお店でいいなと思ったのよね!

Monica: I know.
 そうよね。

Ross: I love this!
 これすごくいいよ!(セーター)

Joey: A meatball Sub? Thanks!
 ミートボールサンド?! ありがと!

Ross: Seriously, you guys, what's going on? What are these for?
 本当に、これ何? これはどういうことでもらえたの?

Chandler: Well, I didn't know how to tell you before, but... We got the house.
 この前は何て言ったらいいかわからなかったんだけど、でも、家買えることになったんだ。

Monica: Enjoy!
 楽しんで!(2人走って出て行く)

Joey: What did they say?
 なんて言ってた?







にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ




posted by らんち at 13:41| Comment(0) | Season 10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月25日

10-9 The One With the Birth Mother

10-9 産みの母の話

 ☆ウソは真実のはじまり?☆

《セントラルパーク:モニカとチャンドラーが来る》

Chandler: Hi!
 やぁ!

Ross: Hey!
 やあ!

Monica: Hey!
 ヘイ!

Chandler: We're just here to say goodbye. We're off to Ohio.
 出かけるって言いにきただけなんだ。オハイオに行くよ。

Phoebe: Oh, right! Your adoption interview!
 ああ、そうね! 養子の面接ね!

Monica: Yep, we're gonna meet the lady who could be carrying our baby.
 そうよ。私たちの赤ちゃんのお母さんになるかもしれない人に会うの。

Joey: I can't believe it. When you guys come back, you're gonna have a baby! That is so weird.
 信じられないな。おまえ達、帰ってくる時は赤ちゃんがいるなんてな! 変な感じ。

Chandler: And so incorrect.
 間違ってるし。

Monica: She's only a couple of months pregnant. She liked our application but who knows if she's gonna like us.
 まだ妊娠2ヶ月なのよ。書類を見て私たちを気に入ったけど、実際には気に入らないかも。

Ross: Come on, she's gonna love you guys!
 そんなことないよ、きっと気に入られるよ。

Chandler: Uhm, thank you, but we're really trying not to get our hopes up.
 ありがとう。でも、あまり期待しすぎないようにしてるんだ。

Monica: And a lot could still get in our way.
 何があるかわからないもの。

Chandler: Yeah. I mean, this girl could decide against adoption or she could like another couple better..
 そう。養子に出すのをやめるかもしれないし、他のカップルをもっと気に入るかも。

Phoebe: What are you gonna name the baby?
 なんて名前にするつもり?

Chandler: I can develop a condition in which I talk and talk and no one hears a word.
 話しても話しても誰も何も聞いてないっていう状況を作り出せるんだ、俺。

Joey: But just think, okay? What if everything goes right? What if this woman does pick you guys?
 でも考えてみろよ。何もかもうまくいったら? 君らを選んだら?

Monica: Oh, my God. She's gonna pick us!
 ああ、どうしよう。彼女私たちを選ぶ!

Chandler: So we're standing firm on the “not getting our hopes up”?
 「期待し過ぎない」ってのはどうなった?

Monica: You know, I know that things could still go wrong, but if they don't? If this works out, we're gonna have a baby, Chandler. A baby!
 ねぇ、うまくいかないかもしれないけど、でももしそうじゃなかったら? もしうまくいったら、赤ちゃんを持てるのよ、チャンドラー。赤ちゃん!

Chandler: Yes, but...
 ああ、だけど・・

Monica: Oh, my God, it's gonna WORK! We're gonna make it work! I'm gonna be a mummy and you're gonna be a daddy! All right, I'll see you suckers. I'm gonna get me... A BABY!
 ああ、どうしよう、いまくいくわ! 私たちうまくやるのよ! 私はマミーになって、あなたはダディになるのよ! よし、またね、お調子者さん達! 私、赤ちゃんをもらってくるわ!(出て行く)

Chandler: Oh, screw it, I'm gonna be a daddy!!
 ああ、もういいや! 俺はダディになるんだ!

《セントラル:入り口でフィービーが女性と立ち話》

Rachel: Hey, who's Phoebe with?
 (ジョーイに)ねぇ、フィービー、誰と話してるの?

Joey: I'm wanna say “Someone I'm gonna have sex with.”… Hey!
 「俺がセックスする相手だ」って言いたいね。(フィービーに)ヘイ!

Phoebe: Hey.
 ハーイ。

Joey: So... who's your friend?
 あの人誰?

Phoebe: Oh, that's Sarah. No, no. Don't you get any ideas, okay? No, I'm not setting you up with any more of my friends!
 ああ、サラよ。ダメダメ。変な考え起こさないでね。私の友達はもう紹介しないからね!

Joey: OW, why, why, why?
 えっ、なんでなんで、なんで?

Phoebe: Because you'll date her once, sleep with her, and then forget she exists!
 だって一度デートして寝たら、もう存在さえ忘れるのよ!

Joey: Oh, name one friend of yours that I did that with.
 君の友達にそんなことしたか、名前を言ってみろ。

Phoebe: Mandy.
 マンディ。

Joey: Mandy, huh? Uh... really hot blonde, big boobs?
 マンディねぇ? すごいセクシーなブロンドで巨乳の子?

Phoebe: No.
 違う。

Joey: Might be why I don't remember her, huh?
 だから覚えてないんじゃないか?(レイチェルにウィンク)

Rachel: Do you think I'm someone else?
 私のこと誰かと間違えてるの?
 
Joey: Okay, I may not have treated your friends well in the past. But I have grown up a lot, really. Honest, Rach?
 わかったよ、昔はそんなことがあったかもしれない。でも、俺は随分成長したんだ。本当だよ、な、レイチ?

Rachel: Well, believe it or not, it's true. I mean when Joey and I were together, he was wonderful. He was thoughtful and mature. And for the one week that we went out, he didn't sleep with anybody else.
 信じられるかどうか知らないけど、本当よ。私とつきあってた時、彼は素晴らしかったわ。優しくて大人だった。つきあったのは1週間だけど、浮気はしなかったわ。

Joey: Growth!
 (自分を指差して)成長!

Phoebe: Fine, I'll give you her number.
 わかったわよ。彼女の番号あげるわ。

Joey: Okay, thank you. And I promise you I will not forget this one.. Mandy.
 よし、ありがとう。この子のことは忘れないって約束するよ。・・マンディね。

Phoebe: SARAH!
 サラ!!

Joey: Sarah.
 サラ・・。

(ロスが来る)
Ross: Hey!
 やぁ!

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Ross: Hey, you guys, I need some fashion advice.
 なぁ、君たち、ファッションのアドバイスくれよ。

Rachel: Oh!
 ああ!

Ross: How does this look?
 (ベレー帽をかぶり)どう?

Rachel: Well, it's a little low. Pick up a little… A little bit more…A little bit more… There you go! …… Now throw it away.
 かぶり方が深すぎるわ。ちょっと上げて・・もうちょっと・・・もうちょっと(従って上げていくと帽子が宙に浮く)ハイ、捨てて!

Ross: Come on! This looks good.
 なんだよ! これいいだろ。

Rachel: Ross, please, trust me. I buy 30 fashion magazines a month. Now, I don't know who's running for president or who that NATO guy is, but I do know that you have to get as far away as you can from that hat.
 ロス、お願い私を信じて。月に30冊もファッション雑誌を買ってるのよ。大統領が誰か、NATOの理事長が誰か知らないけど、でもその帽子はやめといた方がいいってことはわかってるわ。

Ross: Damn it! I have this date tomorrow night, and I have to look cool!
 くそ! 明日の夜デートなんだ。かっこ良くしていかないと!

Phoebe: Well, you know, if you want fashion help, Rachel and I are going shopping tomorrow. You're more than welcome to come with us, huh?
 そうね、ファッション関係で助けてもらいたいなら、レイチェルと私が明日買い物に行くから、あなたも一緒に来たら?

Ross: Really? That would be great. I mean, I have to do something, she kinda teased me about how I dress.
 本当に? それは嬉しいな。何とかしないといけないんだ。彼女に着てるものをからかわれたことがあってさ。

Joey: I can see why, nice shirt!
 見れば納得だ。いいシャツだ!

Ross: You're wearing the same shirt.
 君、同じシャツ着てるじゃないか。

Joey: Stupid Gap on every corner!
 (見比べて)くそギャップ、店が多すぎるんだよ!

(Gap = アメリカ最大の衣料品小売店)

《養子縁組エージェンシー:モニカ達が案内されてくる》

Agency guy: Please, make yourselves comfortable and I will back in a moment with Erica.
 どうぞ、おくつろぎください。エリカと一緒にすぐ来ます。(立ち去る)

Monica: Okay, thank you.. Well, this is it. Are you Okay?
 わかりました。ありがとう。(チャンドラーに)いよいよね。大丈夫?

Chandler: Yeah. It’s just weird, you know. It's like. "Hi, I'm Chandler. May I have the human growing inside you?"
 ああ。でも変な感じだな。「ハーイ、僕はチャンドラー。君の中で育ってる人間もらってもいい?」みたいな。

Monica: You’re gonna be great.
 きっとあなたは大丈夫よ。

Chandler: You're gonna be great.
 君も大丈夫だよ。

Monica: Well, obviously.
 そりゃそうよ。

(エリカを連れてくる)
Agency guy: Monica, Chandler. I'd like you to meet Erica.
 モニカ、チャンドラー。エリカをご紹介しますよ。

Monica: Hi. It is so, so nice to meet you.
 ハーイ。お会いできて本当に本当にうれしいわ。

Erica: Hi.
 ハーイ。

Chandler: Thank you so much for agreeing to see us.
 僕たちに会ってくださってありがとうございます。

Erica: Hi.
 ハーイ。

Agency guy: I'll let you get acquainted.
 自由にお話しください。(出て行く)

Chandler: Okay.
 わかりました。

Erica: So, it's Monica and Chandler. I only know you as “File CRW33815-D.”
 モニカとチャンドラーなのね。私は「ファイルCRW33815-D」としか知らないけど。

Chandler: That's what our friends call us.
 友達からもそう呼ばれます。

Erica: Gosh, you know, you're just such an amazing couple. It's.. kind of intimidating.
 ああ、あなた方って素晴らしいカップルよね。気後れしちゃうわ。

Monica: I don't know about that.
 それはどうかしら。

Erica: You're kidding me? I mean, it's enough that you are a doctor. But on top of it, you're married to a reverend?
 何を言ってるの? (チャンドラーに)あなたがお医者様だっていうだけでも十分なのに、その上、あなた牧師さんと結婚されたなんて?

Chandler: I don't think that's exactly...
 それは何かが・・

Monica: Let her finish, doctor.
 彼女の話聞きましょう、ドクター。

《セントラルパーク》

Phoebe: Hey!
 ハーイ!

Joey: Hey.
 やぁ。

Phoebe: Oh, my friend Sarah had a great time last night.
 サラが、昨日の夜楽しかったそうよ。

Joey: Yeah..
 ああ。

Phoebe: Yeah, so you're gonna call this one back?
 ええ。あなたまた電話するんでしょう?

Joey: No.
 いいや。

Phoebe: What are you talking about? Sarah's great!
 何を言ってるのよ? サラは素敵な子よ!

Joey: Oh, really? You know what your “great” friend did? We're out to dinner, okay?… We're getting along, having a really nice time. I was thinking she was really cool. And then, out of nowhere...
 そうか? 君の「素敵な」友達が何をしたかわかるか? 俺たちは食事に行った。仲良くなって(デート場面)楽しくやってたんだ。彼女本当にいいなって思ってた。でもその時、突然・・・

(サラがジョーイのフライを取って食べる)

Phoebe: That’s it? That’s why you won’t go out with her again? So, she took some fries, big deal!
 それだけ? それであなたはもう彼女とデートしないっていうの? フライをちょっと取ったからってなによ!

Joey: Hey, hey, look! It’s not about a few fries. It’s about what the fries represent.
 おいおい! フライだけの話じゃないんだ。フライが表すものだよ。

Phoebe: What?
 なによ?

Joey: All food!!
 食べ物全部だ!

Phoebe: I’m sorry, I can’t believe I set you up with such a MONSTER!
 悪かったわね、そんな怪物と会わせちゃったなんて信じられないわ!

Joey: Hey, hey, hey, hey. Look. I take a girl out, she can order whatever she wants! The more, the better! All right? Just don’t order a Garden salad and then eat my food! That’s a good way to lose some fingers!
 おいおい、いいか。女の子達は、俺と出かけたら、何を頼んだっていいんだ。たくさん頼むほどいい! わかる? 野菜サラダだけ頼んでおいて、俺の食べ物を取るなっていうんだ! 指を食われるぞ!

(レイチェルが来る)
Phoebe: Oh!
 あっ!

Rachel: Hi.
 ハーイ!

Phoebe: Thank God you’re here. Listen to this.
 あなたが来てよかったわ。これ聞いて。

Rachel: What?
 なに?

Phoebe: Joey and my friend were out last night and having dinner and she reaches over and takes a few of his fries...
 ジョーイと私の友達が昨日一緒に食事をして、彼女が彼のフライを少し取って・・

Rachel: Oh! Oh, no!
 まぁ、それはダメよ!

Phoebe: What? You know about the plate thing?
 えっ? あなた知ってるの?

Rachel: Oh, yeah, yeah. Joey doesn’t share food. I mean, just last week we were having breakfast and he had a couple of grapes on his plate and ...
 ええ、知ってるわよ。ジョーイは食べ物を人にあげる気はないの。先週なんて、朝食の時、彼のお皿にグレープがあって・・

Phoebe: You wouldn’t let her have a grape?
 (ジョーイに)あなた彼女にグレープをあげなかったの?

Rachel: Oh, no! Not me! Emma!
 いいえ、違うの、私じゃないのよ、エマによ!

Joey: JOEY DOESN’T SHARE FOOD!
 ジョーイは食べ物をあげない!!

Phoebe: Well, I still think that it’s a stupid reason not to call someone again. You are calling her, okay? And if you need to, then just get an extra plate of fries for the table.
 でもやっぱりそんな理由でデートしないなんてバカげてるわ。電話しなさいよね? 必要なら、余分にフライを一皿頼めばいいじゃないの。

Joey: …… I like that! A sharing buffer. Yeah. I’ll order some extra fries. Maybe a plate of onion rings. Yeah. And a shrimp cocktail. And some Buffalo wings. Maybe an individual pizza, huh? And some mozzarella sticks. . . What were we talking about?
 ・・・それはいいな! 分け合いゾーンね。よし。余分にフライを頼むぞ。オニオンリングもいいな。うん。シュリンプ・カクテルも。それから、手羽の唐揚げも。それからめいめいにピザも頼むか。それからモッツァレラスティックも。(嬉しそう)・・何の話だっけ?

《ショッピングに来たロス、レイチェル、フィービー》

Phoebe: This place is awesome!
 ここ素敵ね!

Ross: You know what? We should just go. I’m not gonna find anything here. This stuff is ridiculous.
 ねぇ、僕はもう行くよ。ここにはいいものがないよ。バカみたい。

Rachel: Ah, this place is great!
 (服をたくさんかかえて)ああ、ここって最高ね!

Phoebe: Wow!
 ワオ!

Ross: Rach, come on, I’m not gonna wear any of this. . Nothing silver.
 レイチ、やめろよ。僕、こんなの着ないよ。こんなシルバーなんて。

Rachel: Why?
 どうして?

Ross: Okay? Nothing with hair! And nothing with padlocks on it!
 いいかい? 毛のついたものも! それに錠がついてるものも!

Rachel: Ross, look, I know that some of this stuff is out there, but I mean, come on, look at this, look at this sweater! I mean, this is just beautiful!
 ロス、ねぇ、多少変なのもあるけど、でも、ほら、これ見てよ。このセーターみて。本当にきれい!

Ross: Wow, this is really soft. . . Three hundred and fifty dollars?
 ワオ・・これ本当に柔らかいね・・350ドル?!

Rachel: Yeah, down from seven hundred. You’re saving like, two hundred bucks.
 そうよ。700ドルから値下げよ。200ドルくらいお得なのよ。

Ross: Both logic and math are taking a serious hit today.
 理論的にも数学的にもばっちりだ。

Phoebe: Hey, check this out. It’s totally you!
 (レザージャケットを持ってくる)ねぇ、これ見てよ! あなたらしいわよ!

Ross: Wow!
 ワオ!

Phoebe: Yeah!
 でしょ!

Ross: Wow. Actually this looks like pretty good! Yeah.. “Boys will be boys”?
 (着てみる)ワオ・これはすごくいいね! うん。(鏡に映して背中の文字に気づく)「Boys will be boys」?

Phoebe: What? They will be!
 なに? その通りじゃん。

Ross: All right, that’s it, I’m getting out of here.
 もういいよ。僕はもう帰る。

Rachel: No, no, no, no! Ross, wait! Come on! All right, you know, there’s other stuff here. There’s some nice shirt, look at these nice pants...
 ダメダメダメダメ! ロス、待って。ねぇ、他にもいろいろあるわよ。素敵なシャツとか、このパンツを見てよ。

Ross: Uh, actually these might look pretty good on me.
 ほんと、これは僕によく合いそうだな。

Rachel: Yes, they will! You know what you should do? Just go take a walk, all right? I know your size and I’m... I’m gonna pick up some really good stuff for you.
 そうよ。合うわよ! こうしたらどう? 行って散歩してくるのよ、ね? あなたのサイズ知ってるし、私が何かいいものを選んであげるわ。

Ross: Really?
 本当に?

Rachel: Yes! And I know what looks sexy on guys. Please, just wear what I suggest, and she’s gonna go nuts for you.
 ええ! セクシーに見える物もわかってるし。お願い、私の勧めた通りに着てみて。彼女絶対あなたを気に入るから。

Ross: So, you’re saying, uh, if I wear these pants I might be getting into hers?
 それじゃ、もし僕がこのパンツを履いたら、僕彼女のパンツに入れる?

Rachel: Why do men keep talking to me like this?
 (フィービーに)どうして男ってこういうこと言うの?

《エリカと話すモニカとチャンドラー》

Chandler: So, the fact that I am a doctor, and my wife’s a reverend, that’s important to you?
 それじゃ、僕が医者で妻が牧師だということが、大事なポイントですか?

Erica: Yeah, I read some great applications, but then I thought “Who better than a minister to raise a child?”
 ええ、いろいろな応募資料を見ましたけど、「牧師に育てられるほどいいことがあるかしら?」って思ったんです。

Monica: Amen.
 アーメン。

Erica: Plus, I thought the baby would be in good hands with a doctor!
 それに、お医者さんの手の中なら、赤ちゃんも安心でしょ!

Monica: Uh, good hands. . Healing hands.
 (チャンドラーの手を握り)ああ、いい手ですよ。癒しの手です。

Erica: Reverend, can I ask? Does the bible say anything about adoption?
 牧師さん、聞いてもいい? 聖書では、養子に出すことについて何か言ってる?

Monica: It says, “Do it!” “And behold, she did adopt unto them a baby. And it was good.”
 「せよ!」と書いてあります。「ほら見よ! 彼女は赤子を預けた。よきことであった」

Erica: Wow.
 ワオ。

Chandler: Yeah, wow.
 ええ(モニカに驚きの目を向け)ワオ。

Erica: I was wondering you both have such serious jobs. . Would you have time to take care of a baby and your flock?
 お2人とも重大なお仕事をお持ちですけど、赤ちゃんと教徒の人々のお世話をする時間があるの?

Monica: Oh, no. You know, my flock is good, I mean, yeah. My flock pretty much takes care of themselves at this point. Good flock. Flock, flock, flock.
 ああ、いえ、教徒達はいい人達で、今のところ、自分たちのことは自分たちでできるの。いい教徒達で。教徒、教徒、教徒。

Erica: Being a doctor, that must take up a lot of time.
 お医者さんだなんて、すごく時間をとるでしょう。

Chandler: Not for me it doesn’t.
 僕にはそうでもないですよ。

Agency guy: So, how’s everything going in here?
 (戻ってきて)それで、いかがですか?

Erica: We’re great, I think I may have asked all my questions.
 順調よ。聞きたいことはみんな聞いたわ。

Agency guy: Good. Do you have any question for Erica?
 よかった。エリカに何か質問はありますか?

Chandler: Yeah, actually. So, you read a file that you liked and you gave the agency the serial number and they contacted us?
 ええ、あります。あなたは資料を読んで、気に入った番号をエージェンシーに渡して、それで連絡がうちに来たわけですか?

Agency guy: Yes, our system assures total anonymity. We’re very proud of it.
 そうです。匿名性を大事にしております。大変誇りに思っています。

Chandler: You should be. You’re really on top of stuff.
 そうでしょうね。トップクラスですよ。

Agency guy: Well, then if there’s nothing else, then the two of us should talk.
 (エリカに)それじゃ、他になにもなかったら、2人で話しましょうか。

Erica: Actually, I don’t think we have to.
 いえ、その必要はないと思うわ。

Monica: We don’t?
 そう?

Erica: Yeah, when I read about you two, I was pretty sure I wanted you, but I just thought we should meet face to face.. I've made my decision. I choose them.
 ええ、あなた達の資料を読んだとき、これでいいと思ったけど、一度会ってみたかっただけなの。(エージェントに)決めたわ。この人達にします。

Monica: Oh, my God, this is great! This is so great! .. Did you hear that?
 オーマイゴッド! すごいわ! なんて素敵!(モニカに)あなた聞いた?

Chandler: Yeah, I did.
 ああ、聞いたよ。

Monica: Hey, thank you. Thank you so much. You are so going to Heaven!
 ありがとう。本当にありがとう。あなたは天国へ行くわよ!

《ジョーイ達の部屋:買い物から戻るレイチェルとフィービー》

Rachel: We got some really great stuff!
 本当にいい物買えたわね!

Phoebe: Yeah, yeah, but I am not sure about some of the bras I got.
 ええ、でも、ブラのうちいくつか疑問なのがあるわ。

Rachel: Oh! Really? Do you wanna try some of them on for me?
 あら、そうなの? 私が試してみましょうか?

Phoebe: Oh! okay. Wait, are we in Joey's imagination?
 ああ、ありがとう。待って、私たち、ジョーイの想像の世界にいる?

Rachel: . . Oh, no. I took one of Ross' bags by mistake, and one of mine is missing.
 (バッグの中を見て)ああ、しまった。ロスのバッグを持ってきちゃったわ。私のが一つないし。

Phoebe: Oh, well, Ross probably has it. You can get it from him later.
 ああ、じゃあロスが持ってるのよ。後で交換すればいいわ。

《セントラル:女性向けセーターを来たロスが来る》

Ross: So? What do you think?
 (ジョーイに)これ、どう思う?

Joey: I think we’re not wearing the same shirt anymore.
 俺たちのシャツはもう同じじゃないみたいだな。

Ross: Yeah. Yeah. Rachel picked it out for me. She told me to trust her and you know what? I'm glad I did. I turned quite a few heads on my way over here.
 そう、そうなんだよ。レイチェルが選んでくれたんだ。信じろって言われたけど、信じてよかったよ。ここに来るまで、みんなに振り向かれたよ。

Joey:Dude, I really don't think you should be wearing that.
 おい、そんなの着ちゃダメだぞ。

Ross: Oh, I see. Somebody is afraid of a little competition with the ladies?
 ああ、わかったぞ。女性達を取られそうで恐れてるな?

Joey: Looks like someone is the ladies!!
 誰かさん自身が女性みたいだけどな!

Ross: You're just jealous because you couldn't pull this off. Yeah, now if you'll excuse me, I have a date. . See? All eyes on me!
 こんなの着れないからヤキモチやいてるんだな。じゃ、失礼して(立ち上がり)僕はデートがあるから。(みんなに見られて)ほらな? みんな僕を見てる!

《オハイオのモニカとチャンドラー》

Chandler: We are not signing those papers.
 この書類にサインはできないぞ。

Monica: Why not?
 どうして?

Chandler: It's wrong. They made a mistake. They think we're somebody else.
 間違ってるよ。間違いなんだから。俺たちを別人だと思ってる。

Monica: God works in mysterious ways.
 神様はミステリアスなのよ。

Chandler: You have gotta stop!
 それやめろ!

Monica: But she liked us.
 でも気に入ってくれたのよ。

Chandler: She likes Doctor Chandler and Reverend Monica.
 彼女はドクター・チャンドラーと、モニカ牧師が気に入ったんだよ。

Monica: Well, if you think about it, I am kind of like a Reverend. I mean, as a chef, I serve God, by feeding the hungry and poor.
 考えてみれば、私は牧師みたいなものよ。シェフとして、私はおなかをすかした人や貧しい人に食事を出すことで、神に仕えてるのよ。

Chandler: Your Veal Chop is $34.95!
 君んとこの仔牛肉は34.95ドルじゃないか!

Monica: Come on, Chandler, I just.. I think we have been given an opportunity. I mean, the mistake has already been made. They’re writing up the paper right now.
 ねぇ、チャンドラー、私たちはチャンスを与えられたのよ。もう間違いは起こっちゃったのよ。もうあの人達は書類にサインしてるわ。

Chandler: But we are not the one she chose! How can you feel okay about this?
 でも、俺たちは彼女が選んだ人達じゃない! どうしていいと思えるんだ?

Monica: Because.. We may not be who she thinks we are but no one will ever love that baby more than us.
 だって・・・私たちは彼女が思ってる人とは違うかもしれないけど、私たちほどその赤ちゃんを愛せる人はいないわ。

Chandler: I know..
 わかるよ。。

Monica: I mean, who knows how long it's gonna take for someone else to give us a baby? What if, what if no one ever picks us?
 また他に私たちを選んでくれる人が現れるまで、どれだけかかるかわからないでしょ? もし、誰にも選ばれなかったらどうするの?

Chandler: Oh, honey..
 ああ、ハニー。。

Monica: Please.. please, we are so close.
 お願い、お願い・・もうすぐそこまできてるのに。

Chandler: Monica, I want a baby too. But this woman is giving away her child. She deserves to know who it's going to.
 モニカ、僕も赤ちゃんは欲しいよ。でも、あの人は子供を手放そうとしてるんだぞ。誰に渡すのか知る権利がある。

Monica: Okay, you’re right.
 わかったわ。その通りね。

Chandler: So, we'll tell the truth. And who knows, maybe she'll like us for us.
 それじゃ、本当のことを言うよ。それでも気に入られるかもしれないだろ。

Monica: Maybe she will. Uh! Why couldn't I have been a Reverend?
 そうかもね。ああ、どうして私牧師じゃないの?

Chandler: You're Jewish.
 君、ユダヤ教だろ。

Monica: Technicality!
 細かいこと言って!

《レストラン:ジョーイとサラのデート》

Waiter: A garden salad for the lady.
 野菜サラダでございます。

Joey: Oh, that looks great! Good ordering!
 ああ、おいしそうだね。いい注文だ。

Waiter: Seafood platter for the gentleman and extra fries. Enjoy!
 シーフードの大皿と、もう一皿フライでございます。お楽しみを!

Sarah: Mmm, those fries look delicious.
 んー、フライおいしそうね。

Joey: Oh, I didn't know you liked French fries. Help yourself! What's mine is yours.
 ああ、フレンチフライが好きとは知らなかったよ。どうぞ取って。俺の物は君のものだよ。

Sarah: Oh, wow, are those stuffed clams?
 (フレンチフライを食べた後)ああ、それはスタッフド・クラムね?

Joey: Uh.. yes, they are my stuffed clams. . . How about those fries though, huh?
 ああ、そうだよ。これは俺のスタッフド・クラムだよ。(サラが手を伸ばすので)それより、このフライはどう?

Sarah: They are delicious.
 おいしいわ。(フライを食べたがまた蛤に手を伸ばす)

Joey: You are beautiful, you know that?
 (取られるのを遮って手を取り)君は美しいね、知ってる?

Sarah: Oh, that is so sweet..
 ああ、優しいのね。

Joey: Okay, then. . . Now look what you did!!
 それじゃいいね。(サラに取られまいとしていて、皿ごと落としてしまったジョーイ)ほら見ろ、君のせいだ!

Sarah: What? What is the matter with you?
 え? どうしたのよ?

Joey: I don't like it when people take food off of my plate, okay?
 人が俺の皿から食べ物を取るのは嫌いなんだよ!

Sarah: But you just said, "What's mine is yours"?
 でも、あなたさっき言ったじゃない、「俺のものは君のものだ」って?

Joey: Well, I didn't mean it!
 本気じゃない!

Sarah: Fine. Sorry, I didn't think it was that big a deal.
 わかったわよ。ごめんなさいね、そんなおおごととは思わなかったわ。

Joey: I'm sorry, I'm overreacting. Okay, It's just when it comes to food, I have certain rules, okay? I mean, there are things you do..and you know, things that you don't do.
 ごめんよ、おおげさだったよ。食べ物のことに関しては、ルールがあるんだよ。(落とした料理を拾う)ほら、していいことと、いけないことがあるってことだよ。(拾ったものを食べる)

《デートで建物に入ってきたロスと女性》

Girl: Wow, this place looks great.
 ワオ・・ここ素敵なところね。

Ross: Oh! You are gonna love it! And I'm so glad, we're finally doing this.
 ああ、きっと君、気に入るよ。(上着を脱ぎながら)ついにデートに来られてうれしいよ。

Girl: Me too!
 私もよ(上着を脱ぐ)

Ross: Here. . So this was fun.
 ほら。。(上着を脱ぐ彼女を手伝ったが、その後2人同時に、同じセータを着ていることに気づき、そろって上着をまた着る)楽しかったよ。(左右に分かれて出て行く2人)

《レストランのジョーイとサラ》

Joey: I really am sorry about, you know, before. I just want to make sure you know that I really do like you.
 さっきのこと、本当にごめんよ。ただ、君のこと好きだってわかってほしいよ。

Sarah: Sure, just not as much as clams.
 ええ、まぁハマグリほどではないけどね。

Joey: Well, stuffed clams.
 いや、スタッフド・クラムだよ。

Waiter: Chocolate torte for the lady. Cheesecake for the gentleman.
 (デザートを持ってくる)チョコレート・トルテをお嬢さまに。チーズケーキを紳士に。

Joey: Uh, excuse me, sir. There seems to be some sort of red crap on my cheesecake.
 ちょっと、すいません。何か変なものが、俺のチーズケーキにかかってるんだけど。

Waiter: Yes, that's a raspberry coulis.
 ええ、ラズベリー・ソースでございます。

Joey: I’m so stupid, ordering cheesecake, trying to be healthy.
 俺ったら本当にバカだな。ヘルシーとか思ってチーズケーキなんか頼んで。

Sarah: Oh, my God!
 (デザートを食べ)おいしい!!

Joey: Oh, all right, I'll just have what she's having instead.
 それじゃ、これじゃなくて、俺も彼女と同じのをもらうよ。

Waiter: Oh, I'm sorry, sir. That was our last piece.
 ああ、申し訳ありません。あちらが最後の一つだったんです。

Sarah: Mmmm! Mmm! . . . Oh, no! This is work. I should call in. Can you excuse me?
 (おいしそうに)んー!んーっ!(ポケベルが鳴る)あ、いけない。仕事だわ。電話しないと。ちょっと失礼していい?

Joey: Oh, yeah, sure. No problem.
 ああ、いいよ。うん、どうぞ。(サラのデザートに手を伸ばす)

Sarah: What are you doing? I thought you don't share food.
 何をしてるの? 食べ物は分けないんじゃなかったの?

Joey: Sure I do.. Coulis?
 いや、分けるよ。(チーズケーキを差し出し)ソースは?

Sarah: No. If I can't have your clams, you can't have my dessert. This is a two-way street.
 いらない。あなたのクラムを私がもらえないなら、あなたも私のデザートを食べちゃだめよ。お互い様よ。

Joey: Really?
 本当に?

Sarah: Really. Now this all better be here when I come back.
 本当よ。私が戻った時、減ってないようにしてね。

Joey: Yeah, of course. I can control myself.
 ああ、もちろんだよ。我慢できるよ。

(サラは立ち去る。斜めに座ってトルテを避けるが落ち着かずイライラするジョーイ)

Joey: Stop staring at me! . . . Just a tiny little . . . Oh-oh!
 (トルテに)じっと見るな! ・・・ちょっとぐらいいいか。(一口食べる)おっと!

(時間経過し、サラが戻るとデザートはなくなり、口の回りチョコレートだらけのジョーイ)

Joey: I'm not even sorry.
 悪かったとも思わない。

《オハイオのモニカとチャンドラー》

Erica: Hi!
 ハーイ!

Agency guy: Hey.. So, these are the preliminary forms for an open adoption. There's a lot to go over, but I'll explain everything as we go through it.
 どうも。こちらが養子縁組みのために用意した書類でございます。いろいろたくさんありますが、やっていきながら説明いたしますので。

Monica: I-Is... Is that a picture?
 それ・・それ写真なの?

Erica: Yeah. It's a sonogram they took of the baby last week. I thought you might want to see it.
 ええ。先週撮った超音波の写真よ。あなた方も見たいかと思って。

Monica: Look, doctor!
 見て、ドクター!

Chandler: Look, before we sign anything, we really have to talk.. We're not who you think we are.
 何もサインしないうちに、話をしたいんです。我々は、思われている者じゃありません。

Agency guy: I don't understand.
 どういうことかわかりませんが。

Chandler: The agency must have made some mistake. My wife is not a reverend and I'm not a doctor.
 エージェンシーで何か間違いがあったようです。妻は牧師ではないし、僕はドクターじゃないです。

Erica: What?
 え?

Agency guy: That's impossible.
 そんなはずはない。

Chandler: I could perform an operation on you and prove it if you'd like.
 もしお望みなら手術して証明しますよ

Agency guy: I have to check your file. Excuse me.
 ファイルを確認してきます。失礼(出て行く)

Erica: So who are you?
 それじゃ誰なの?

Chandler: Well, our names really are Monica and Chandler. We're from New York.
 僕らの名前はモニカとチャンドラーで、ニューヨークから来ました。

Monica: Yeah, but the important thing to know about us, is how much we would care for this little baby.
 私たちを知っていただくことで肝心なことは、私たちがすごくこの子を(写真を指して)愛しているかってことです。

Erica: So you lied to me before?
 それじゃさっきは嘘をついたの?

Monica: Well, we... "bore false witness"... See? I could be a reverend.
 そうね、私たち「偽証を立てました」・・ほらね? 私も牧師になれるかも。

(bore false witness = マルコによる福音書14章56節 For many bare false witness against him, but their witness agreed not together.)

Erica: I can't believe this.
 信じられない。

Monica: But we were hoping that since we told you the truth that you still might consider...
 本当のことを言っても、私たちのことを考慮にいれてくれるかもしれないと思って・・

Erica: Giving you my baby? You think I'd give you my child after this?
 私の赤ちゃんを渡すって? こんなことの後でそんなことすると思う?

Monica: Well, you don't have to decide right now, but if you could just look at our file...
 今すぐ決めなくても・・私たちのファイルも見てもらえれば・・

Erica: I don't want to look at your file! This is over.
 あなた達のファイルなんて見たくないわ。もうおしまいよ。(出て行く)

Chandler: Erica, wait!
 (追いかけて)エリカ、待って!

Erica: I have nothing to say to you.
 (廊下を歩いて行きながら)話すことはないわ。

Chandler: You have every reason to be upset. We did lie. But only because we've been waiting and trying to have a baby for so long. And we don't know how long it's gonna be before we can get another chance again.
 怒るのももっともだ。僕らは嘘をついた。でも、僕らはずっと子供を欲しいと思って待っていたからなんだ。また他のチャンスを待ったら、どれだけかかるかわからないんだ。

Erica: Why don't you ask the reverend to pray on it?
 じゃあ牧師さんに祈ってもらえば?

Chandler: Erica, please. Just consider us. Ask them to see our file. Our last name's Bing. My wife's a chef and I'm in advertising.
 エリカ、頼むよ。僕らのこと考えてみて。僕らの資料を頼んでみて。僕らの名字はビング。妻はシェフで、僕は広告業界で働いている。

Erica: Oh, yeah. I actually liked you guys. But it doesn't matter, because what you did was wrong.
 ああ、そう。本当にあなた達のこと気に入ってたのに。でも、関係ないわ。あなた達のしたことは間違ってる。

Chandler: But you did like us. And you should. My wife's an incredible woman. She's loving and devoted and caring. And don't tell her I said this but the woman's always right. I love my wife more than anything in this world. And I.. It kills me that I can't give her a baby. I really want a kid. And when that day finally comes, I'll learn how to be a good dad. But my wife.. she's already there. She's a mother.. without a baby.. Please?
 でも、僕らを気に入ってくれたんだろ。そのはずなんだよ。僕の妻は素晴らしい女性なんだ。愛情深くて一生懸命で優しいんだ。これは彼女に言わないでほしいんだが、彼女はいつも正しい。この世界の何よりも彼女を愛してるんだ。彼女に赤ん坊を与えてあげられなくて、とてもつらいんだ。本当に子供がほしい。その日が来たら、僕もいい父親になるようがんばるよ。でも、妻は、彼女はもう親なんだ。彼女は子供ができる前から母なんだ。頼むよ。。

《モニカのところへ戻るチャンドラー》

Chandler: You still want that baby?
 君まだあの赤ちゃん欲しい?

(喜んでチャンドラーに飛びつきハグ)

Monica: God bless you, Chandler Bing!
 神の祝福を! チャンドラー・ビング!

《セントラルパーク:上着を着たロスが入って来る》

Ross: Turns out this sweater is made for a woman.
 このセータは女性向けだったよ。

Joey: So, why are you still wearing it?
 それで、なんでまだ着てるんだ?

Ross: Because it's soft. Hey, so how was your date?
 柔らかなんだ。なぁ、デートはどうだった?

Joey: Ooh. Not so good.
 ああ、あんまりよくなかったよ。

Ross: Well, looks like it's just the two of us tonight, huh, buddy?
 それじゃ今夜は僕ら2人だけみたいだね?

Joey: Yeah, and you know what? We could do a lot worse.
 そうだな。でも、まだマシな方だよな。

(握手。その後ロスがジョーイのマフィンを取る)

Joey: JOEY DOESN'T SHARE FOOD!
 ジョーイは食べ物を分けない!!(慌てて返すロス)






にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 00:09| Comment(0) | Season 10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。