2013年12月16日

9-24 The one in Barbados Part 2

9-24 バルバドスの話 Part 2

 ☆運命のカリビアン・ナイト Part 2☆

《バルバドスの朝:まだベッドの中のモニカ達》

Chandler: Oh, isn't this nice? It's so quiet, I could just lie here all day.
 ああ、いいねぇ。すごく静かで、一日中寝ていたいよ。

Monica: Oh, I know.
 ええ、そうね。

(レイチェルが部屋に飛び込んでくる)
Rachel: Open your drapes! Open your drapes!
 カーテンを開けて! カーテン開けるのよ!

Chandler: So glad we've got adjoining rooms!
 続き部屋で、本当によかったよ!

Monica: The sun is out!
 晴れてきたのね!

Chandler: Hey! Remember when I had corneas?
 ああ! 角膜がなくなっちゃったよ。

Monica: Okay, listen, you go down to the pool and reserve the chairs, and I'll get the magazines and the lotion.
 ねぇ、あなたはプールへ行って椅子を確保、私は雑誌とローションを持って行くわ。

Chandler: Ladies? Ross's speech is in 45 minutes.
 お嬢様がた? あと45分でロスのスピーチが始るんだよ。

Rachel: No!
 やだ!

Monica: Damn it!
 クソ!

Ross: Walls are pretty thin, guys!
 (声だけ聞こえる)壁が薄いんだよ、君たち!

《ロスのスピーチ中》

Ross: “Then we have to await the data from recent MRI scans and DNA testing…”
 「我々は、MRIとDNA検査のデータを待つほかありません・・」

Rachel: Look at that woman sitting by the pool getting tan. She’s all leathery and wrinkled. I'm so jealous!
 (窓の外を見て)プール脇に座って日焼けしてるあの女の人見てよ。レザーみたいな皮膚になってシワだらけ・・・ああ、私も行きたい!

Ross: “Finally, factoring the profusion of new species recently discovered: Giganotosaurus. Argentinosaurus…”
 「最後に、最近たくさん発見された種類の分析として:ギガノトサウルス、アルゼンチノサウルス・・」

Chandler: Not to mention Coldsaurus.
 (隣の古生物学者に)「コールドザウルス」も言うまでもないよね。(冷たい目で見られる)

Ross: “In much the same way that Homo ergaster is now thought to be a separate species from Homo erectus…”
 「同じように、ホモ・エルガステルも、今では、ホモ・エレクトスとは別の種であるとされています。」

Joey: Erectus?
 (レイチェルが笑うので)エレクトス?

Rachel: Homo.
 (首を振り)ホモ。

Joey: Right.
 だよね。

《時間経過》

Ross: “In a very real way, we can bring the Mesozoic Era into the 21st century.” … Thank you!
 「現実的に、中生代を21世紀に運び込むことができるのです」・・・ありがとう!

(拍手、みんなから絶賛の声)

Ross: Oh, thanks, guys!
 ああ、ありがとう、みんな!

Man with a bow tie: I thought... it was wonderful!
 これは・・すばらしかったですよ!(握手)

Ross: Oh!
 ああ!

Man with a bow tie: Jarvis Oberblau, Cornell. . I mean, the ideas you put forth, and, and from someone so young and...
 コーネル大学のジャービス・オバーブロウです。あなたの提示された考察、そのあなたがこんなに若くて・・(タメイキをつき、うっとり)

Ross: Okay, now we're just holding hands!
 ええ・・今は僕ら手を握り合ってるだけになってますよ。

Rachel: All right! Well, uh... we're gonna hit the beach?
 よかったわ、それじゃ・・(モニカに)ビーチに行かない?

Monica: Yeah!
 ええ!

Rachel: That was really great!
 (ロスに)素晴らしかったわよ!

Ross: Oh, thank you so much!
 ああ、本当にありがとう!

Joey: Yeah, and so funny!
 ああ、それにおもしろかったよ!

Rachel: Oh!
 ああ。

Joey: Take it easy.
 じゃあな。

Ross: Okay, all right. Thanks. Well, excuse me?
 ああ、わかった、ありがと。それじゃ、ちょっと失礼するね。

Phoebe: Yeah.
 ええ。

(チャーリーの側へ行き、声をかける)
Ross: Hey! … Well?
 やぁ・・・どうだった?

Charlie: You were incredible!
 素晴らしかったわ!

Ross: Yeah?
 そう?

Charlie: You blew them away!
 みんな感動してたわよ!

Ross: Oh, I can't tell you how great it was to look at the crowd and see your face! I mean... uh, did you know you were mouthing the words along with me?
 ああ、大勢の人の中で君の顔を見たときどんなに嬉しかったか! 君、自分が僕と一緒に口を動かしてたのに気づいてた?

Charlie: I was not!
 ウソよ!

Ross: No, it's okay! It made me feel like a rock star!
 いや、ホントだよ。ロックスターみたいな気分だったよ。

Charlie: Oh, my God! I'm your groupie!
 あら、やだ! 私あなたのグルーピーみたいね!

Ross: Hey, I’d better not found you naked in my hotel room! . . Look, I took it too far!
 ねぇ、僕の部屋に裸で現れないでね。・・・(チャーリーが引いた)はしゃぎ過ぎたよね。

《モニカ達2人、フィービー達2人が外から戻る》

Monica: I can't believe it's raining again! So what are we gonna do today?
 また雨だなんて、信じられない! 今日はこのあと、どうする?

Mike: They have a game room downstairs! Ping pong and stuff.
 下に、ゲームルームがあったよ。ピンポンとか。

Monica: Ping pong? Honey, they have ping pong! Let's play!
 ピンポン?(チャンドラーに)ねぇ、ピンポンだって! やりましょうよ!

Chandler: I don't think so!
 イヤだよ。

Monica: Why not?
 どうして?

Chandler: Because you know how competitive you get. And while I say it's cute, others disagree, and I'm lying!
 君が熱くなり過ぎるってわかってるからだよ。それでも僕はキュートだって言うけど、みんなは反対するし、第一ウソだし。

Monica: I'm not always that bad!
 いつもそんなにひどいわけじゃないわよ!

Chandler: Oh, yeah? What happened when we played last time?
 あ、そう? 前回やったときどうなった?

Monica: I punched you.
 あなたを殴った。

Chandler: And...?
 それから?

Monica: ... Phoebe...?
 フィービーも。。

Phoebe: ... And...?
 それから?

Monica: I clunked your heads together.
 あなた達2人の頭をぶつけた。

《ジョーイとチャーリーの部屋》
(スノーケルをつけて、一人で遊んでいるジョーイ。チャーリが来る)

Charlie: Hey! There you are!
 ハーイ。ここにいたのね!

Joey: Hey! Listen. As soon as it stops raining we have got to go snorkeling! Some kid told me about the sea turtle. And if you blow bubbles in its face, it chases ya!
 やぁ! 雨がやんだらすぐ、スノーケリングに行こうよ! 聞いたんだけど、ウミガメがいて、その顔に泡を吹きかけると、追いかけてくるんだって!

Charlie: I'm sorry, I can't! I'm running a discussion group all afternoon.
 ごめんなさい、行けないわ。午後ずっと討論会なの。

Joey: Oh... oh, but that's okay, I'll find someone else to do it.
 ああ、そうか。でも、いいよ。誰か探すから。

Charlie: I feel so bad! I haven't seen you this whole trip and especially last night...
 本当に悪いわ! この旅行中あなたとちっとも一緒にいなくて、特に昨日は・・

Joey: Hey! Don't worry about it! It was fine! I ended up having the best time with Rachel! I just felt bad for you, stuck in that room, working on Ross's speech.
 いや、気にするなよ! 大丈夫だから。レイチェルと楽しんだからさ。ただ、君がかわいそうだと思うだけだよ。ロスのスピーチの手伝いで閉じこもってさ。

Charlie: Actually, it turned out to be a lot of fun!
 でも実際、すごく楽しかったの。

Joey: Oh! Oh, well! At least we're both having fun!
 ああ、そうか。それじゃ少なくとも2人とも楽しんだんだな。

Charlie: Yeah. . . Is it weird that it's not with each other?
 ええ。私達一緒にいないなんて、変じゃない?

Joey: Yeah!
 そうだよな。

Charlie: I think we need to talk.
 私達、話し合わないといけないわね。

Joey: Yeah, I think we do. . . About what?
 ああ、そうだな。・・・何を?

《ゲームルーム:モニカ達4人が入ってくる》

Monica: Come on, you guys, it'll be fun!
 ねぇ、やりましょうよ、楽しいわよ!

Phoebe: All right, all right... I'll play if we don't keep score!
 わかった、わかったわよ。点をつけないならやってもいいわよ。

Monica: But then how do we know who wins?
 でもそれでどうやって、誰が勝ったかわかるのよ?

Phoebe: Nobody wins!
 誰も勝たなくていいの!

Monica: So, we're just four losers... Super!
 それじゃ、4人ともが負けってことなの。すっごい!

Mike: I'll play ya!
 僕がプレイするよ。

Monica: Okay!
 やった!

Phoebe: Mike, you don't know what you're doing!
 マイク、あなた、自分が何をしてるか、わかってないのよ。

Chandler: She gets crazy! This scar? That’s from Pictionary!
 彼女、必死になり過ぎるんだぞ! この傷見て(自分の額を指差す)ピクショナリーやった結果がこれだよ!

pictionary.jpg
(Pictionary = ボードゲーム)

Mike: You wanna volley a bit for a serve?
 (モニカに)サーブは軽くいっておこうか?

Monica: Sure, if you want to.
 ええ、そうしたいならどうぞ。

(ピンポン開始。マイクが点を取る)

Monica: Aww!
 ああっ!

Mike: Oh, by the way, I'm awesome!!
 ああ、ところで、俺、最高だから。

Chandler: Oh, dear God, there's two of them!
 ああ、なんてことだ。2人いた。

Mike: Wanna make it more interesting?
 もっと楽しくしようか?

Monica: How much were you thinking?
 いくらにするつもり?

Mike: Ten bucks a game?
 1ゲーム10ドル?

Monica: Make it fifty!
 50ドル!

Mike: I'll make it a hundred!
 100ドルでもいい!

Monica: One thousand...
 1,000ドル!

Chandler: Okay!
 もういい!

Mike: We’ll flip to see who goes first. You got a quarter?
 どっちから始めるか、コインで決めようか。コインある?

Phoebe: Monica, you call it.
 (コインを出し)モニカ、コールして。

Monica: Heads! No, Tails! Heads!
 表! いや、裏! 表!

Phoebe: Tails!
 裏!

Monica: Ow, what are the chances!
 ああ、こんなことってある?

(ゲーム開始:モニカが得点)

Monica: Ha! My point!
 ハッ! 点取ったわ!

Mike: Oh, no! I don't think so! You know, according to standard table tennis rules if at any time a player uses his non racket bearing hand to touch the playing surface he or she forfeits the point.
 あ、いや、ダメだね! 卓球のルールによれば、プレイヤーがラケットを持っていない方の手でテーブル表面に触れた場合、彼もしくは彼女は、ポイント失効だからね。

Phoebe: He was a lawyer!
 彼、弁護士だったのよ!

《レイチェルの部屋:天気予報を見ているレイチェル》

Alexandra Steele: ... All these coasts having beautiful weather. In New York, it's 72 and sunny!
 この海岸沿いはみんないいお天気です。ニューヨークは22度、晴れています。

Rachel: Oh! Weather bitch! . . . It’s open! . Hi, Joe!
 もうっ! このお天気女!(ノックの音)開いてるわよ! あら、ジョー!

Joey: Hey...
 やぁ。

Rachel: What, is everything okay?
 何、どうかした?

Joey: Uh... Charlie and I broke up.
 ああ・・チャーリーと俺、別れたんだ。

Rachel: No, why?
 ウソ・・・どうして?

Joey: Oh, well, she said we have nothing in common.
 ああ、彼女が、俺たちには共通点が何もないって。

Rachel: Oh, that's crazy!
 まぁ、そんなのおかしいわよ!

Joey: No, it's not, we have nothing in common!
 いや、そんなことないよ。俺たちなんにも共通点ないよ。

Rachel: ... Yeah, that’s true.
 ・・ええ、その通りね。

Joey: I mean, she should be with someone like... Ross! You know what I mean, he uses all those big words too! Man, smart people are dull!
 彼女は誰か・・・ロスみたいなやつとつき合うべきなんだよ。わかるだろ。やつも、ああいう難しい言葉使うからな。ああ、頭のいいやつらってつまんないよな!

Rachel: What, hey!
 まぁ、何よ!

Joey:Okay, Rach! . . . I feel so stupid, you know? Why... why do I keep going after the wrong girls?
 はいはい、レイチ。・・・俺、本当にバカみたいだよな。なんで、いつも叶わない相手を好きになっちゃうんだ?

Rachel: W-What are you, what are you talking about?
 何・・何を言ってるの?

Joey: Come on, I mean, there's you, then there's Charlie, and it's like... What the hell is my problem? I just… Oh!
 わかるだろ、君だろ、それからチャーリーだよ。なんだか・・。俺ってどうなってるんだろう? ほんと・・ああ!(ベッドに仰向けになる)

Rachel: Okay... uh... maybe you're not always going after the wrong girl.
 そうかな。。いつも叶わない相手とは限らないかもしれないわよ。

Joey: I'm telling you, Rach, Charlie is not right for me!
 (起き上がる)本当、レイチ、チャーリーはダメだって。

Rachel: Yeah, I'm not talking about her.
 彼女のことを言ってるんじゃないわ。

Joey: Well, then, who? The waitress I went out with last month?
 それじゃ誰のこと? 先月デートしたウェイトレス?

Rachel: You know? Forget it!
 いえ、もういいわ。

Joey: No, no, no, no! Who, who are you talking about?
 いやいやいやいや! なに、誰のことを言ってるんだよ?

Rachel: No, I don't, I actually don't know who I'm talking about! So!
 いいえ、何も言ってないわ。私も誰のことを言ってるのかわからない! ね!

Joey: Okay! All right, well... I'm gonna see if I can get a room for the night and I'll... I'll see you later!
 そうか。わかったよ。じゃあ、今夜の部屋、空いてないか聞いてくるよ。じゃあ、またな。

Rachel: Yeah, sure!
 ええ、わかった。

(部屋を出てから、レイチェルの言葉の意味に気づき、部屋に戻るジョーイ)

Joey: You like me?
 俺を好き?

Rachel: Okay, let's not make a big thing about this.
 ねぇ、たいしたことじゃないのよ。

Joey: It's a huge thing!
 おおごとだよ!

Rachel: Not working with me, Joe! Here's the thing. Lately, I have been having thoughts. Musings, if you will.
 聞いてないわね、ジョー。あのね、最近、ちょっと考えてたのよ。思ってたっていうか。

Joey: Well, for how long?
 いつから?

Rachel: Only like a month!
 まだ1ヶ月ぐらいよ。

Joey: A MONTH??!
 1ヶ月?!

Rachel: What the... Dial it down! . .Listen, Okay, and maybe they're crazy thoughts, but sometimes I do, I have, I've been thinking about... you know, us! . . Okay, dial it up a little!
 なに・・ちょっと落ち着いて! ねえ、いい?おかしな考えかもしれないけど、でも、時々、考えてたのよ・・私達のこと!(ジョーイは落ち着いている)ちょっとは興奮して!

Joey: Oh, you’re right. Okay. I just have one question!
 ああ、そうだな。うん。ただ、一つ聞きたいんだよ。

Rachel: Shoot!
 どうぞ。

Joey: What the hell are you doing??
 いったい何をしてるんだよ?!

Rachel: I don't know, I'm not trying to do anything, it's just, we have such a good time when we're together, you know. I mean, aren't you just a... little curious? What that would be like?
 わからないわよ。何かしようとしてたんじゃないのよ。ただ、私達一緒にいる時、すごく楽しいでしょ。ちょっと、好奇心わかなかった? もしそうなったらって、思ったことない?

Joey: Uh, am I curious? I mean, I am as curious as... as... George!!
 好奇心わかないかって? もちろん、わいたよ・・ジョージぐらい!

Rachel: Who...?
 誰?

Joey: CURIOUS GEORGE! You know, the monkey, and the guy with the yellow hat!
 好奇心いっぱいジョージだよ! あのサルだよ、黄色い帽子の!

curious-george.jpg
(Curious George = おさるのジョージ・ひとまねこざる)

Rachel: Oh, yes, of course, I remember him!
 ああ、うん。もちろん覚えてるわ。

Joey: Yeah, he had a paper route.
 ああ、彼は地図の紙を持ってたよね。

Rachel: Yeah, he did! Oh, see, this is what I'm talking about!
 ええ、そうよね! ああ、ほらね、これよ、私が言ってるのは!

Joey: No, I know, yeah. I know we're great. But, Rach, no, this... this can't happen!
 ああ、わかるよ。俺たち一緒だと楽しいのはわかってる。でも、レイチ、ダメだよ。

Rachel: But can it just happen a little bit?
 でも、ほんのちょっとだけならどう?

Joey: …NO, NO! It can't happen at all!
 (揺らぐが)ダメ! ダメだよ。ちょっとでもダメだよ!

Rachel: But why, why not?
 でもどうして? どうしてダメ?

Joey: Because... look, no one wants this to happen more than me, okay? I have gone over this moment in my head a hundred times and not once did I ever say no! I couldn't do it to Ross!
 どうしてって・・俺ほどこれを望んでたやつはいないんだぞ。頭の中で、この瞬間が100回は経験したけど、ノーとは絶対言ってない! でも、ロスのためにできない!

Rachel: But that wasn't gonna stop you before!
 でも以前はそれ関係なかったじゃない。

Joey: I know, I know! But I've thought about it a lot since then, and it just wouldn't be right... I'm sorry!
 わかってる、そうだよな。でも、あれからたくさん考えたんだよ。よくないんだよ。ごめんよ。

Rachel: I'm sorry, too! . . Oh, God! I shouldn't have said anything!
 私もごめんなさい。ああ、何も言わなきゃよかった!

Joey: NO! No, no, no, no! Hey! Hey, we'll be fine! Li... hey, like you said, no big deal!
 いや! いやいやいや! なぁ、俺たちは大丈夫だよ。君が言ったみたいに、たいしたことじゃない!

Rachel: It's not a big deal!
 たいしたことじゃないわよね!

Joey: NO BIG DEAL!
 たいしたことじゃない!

Rachel: It's so not a big deal!
 全然たいしたことじゃないわよ!

Joey: Yeah! I'll see ya later! All right, hey!
 ああ! じゃあまたな! よし、な!

Rachel: Okay, great.
 ええ、わかったわ。

(部屋を出た後、戻ろうか迷い、ドアにもたれるジョーイ。レイチェルがドアを開ける)

Rachel: Okay…AH!
 ねぇ・・きゃあ!
(もたれていたジョーイが仰向けに倒れ、慌てて立ち去る)

《ピンポン続行のモニカとマイク》

Monica: Ooh! I'm sorry! I think, I THINK, that may have missed the table!
 あらぁ! ごめんなさいね! 私思うんだけど、今のはテーブルを外したわね!

Mike: Oh, do you?
 ああ、そう?

Monica: Ah, yeah!
 ええ、そう!

Mike: Do you?
 ああ、そう?

Monica: Ah, yeaaah!
 ええ、そう!

Mike: DO YOU?
 ああ、そう?

Monica: AH YEAAAAH!
 ええ、そう!!

Chandler: Do you really find this attractive on him?
 (フィービーに)君、本当に彼に魅力を感じるの?

Phoebe: Oh, yeah! Are you telling me you... you're not even... a little turned on by Monica, right now?
 ええ、そうよ! あなた、今のモニカを見て、全然その気にならないっていうの?

(モニカを見ると、腕で顔の汗を拭き、脇の匂いを嗅いでいる)

Chandler: I think this is the first time in our marriage that I've felt like the more attractive one.
 結婚して初めて、俺の方が魅力的だと思うよ。

Phoebe: All right, come on, Mike. You can beat her! Knock that dog off her head!
 よぉし、頑張って、マイク。彼女に勝てるわよ! あの犬蹴飛ばして!

(マイクが得点)

Monica: Oh, damn it!
 ああっ、くそっ!

Phoebe: I sleep with him!
 私彼と寝てるのよ!

Mike: Game, point!
 ゲームポイント!

Monica: Don't get too cocky! Remember I won the last one! Oh, by the way, how did that feel, losing to a girl?
 あんまりいい気にならないでね! さっきは私が勝ったのよ! そういえば、女の子に負けるって、どんな気分?

Mike: You know, you should really look in a mirror before you call yourself that.
 女の子だなんて言う前に、鏡見た方がいいよ。

(やがてマイクが得点)

Monica: NO, NO, NO!
 やだ、やだ、やだ!!

Mike: And that's how it's done!
 ご覧の通り。

Chandler: Okey-dokey. You've each won a game and I've lost what's felt like a year of my life. So everybody goes home a winner.
 はいはい。君たち、一回ずつ勝ったし、俺は1年かと思うほどの時間を失った。みんな勝ちってことで、もう帰ろう。

Monica: Best out of three?
 3回戦で行く?

Mike: That's what I'm thinking.
 僕もそう思ってた。

Chandler: Should I use my invisibility to fight crime or for evil?
 俺って透明人間? 正義のために使うか悪に使うかどうしよう?

Monica: Serve the ball, chump!
 サーブして、チャンプ!

Mike: “Serve the ball, chump.”
 (モニカのマネで)「サーブして、チャンプ!」

Phoebe: Okay, Mike, better comebacks, Mike, better comebacks.
 マイク、言い返せるじゃん、マイク、できてきたわよ。

《ホテルのバー:ロスとジャービス》

Mr. Oberblau: I'm just saying, I have a cabin in the Adirondacks if you ever want to get away from the city, well, that'd be … just nifty!
 本当ですよ、アディロンダック山地に山小屋があるので、もし田舎へ行きたいとかお思いの時は来ていただければ・・きっと素敵!

Ross: Ooh, well. Ah, I’ve kind of got a lot on my plate right now, not that I wouldn't love a weekend in the country with a strange man.
 ああ、いやぁ。今のところ、とても忙しいんですよ。知らない人と山小屋に行くのがいやっていうわけじゃないですけどね。

Woman: Jarvis?
 (近寄ってきて)ジャービス?

Mr. Oberblau: Oh, you're back... This is my wife, Nancy.
 ああ、戻ったのか。こちら、妻のナンシーです。

Ross: Get Out!
 冗談でしょ!

(チャーリーが近づいてくる)
Charlie: Ross, can I talk to you for a minute?
 ロス、ちょっと話せる?

Ross: Yes, please! . . . So, what's going on?
 ああ、助かった! (離れて2人で座る)それで、どうかした?

Charlie: Uh, well... Joey and I broke up.
 ええ、あのね、ジョーイと私、別れたの。

Ross: Oh, my God, wh-what happened?
 えっ? そんな・・何があったの?

Charlie: Joey is a great guy, but we're just... so different! I mean, during your speech he kept laughing at “Homo Erectus”!
 ジョーイは素敵な人よ。でも、私達、違い過ぎるの。だって、あなたのスピーチの間に、彼、「ホモ・エレクトス」って聞いて笑ったのよ!

Ross: I knew that was him!
 やっぱりあいつだったんだな!

Charlie: Anyway I just, um, I think it's for the best.
 とにかく、私、その方がいいと思ったの。

Ross: Hey. Hey, you okay?
 ね、君、大丈夫?

Charlie: I guess. There was um. . . There was another reason that I thought it was time to end it with Joey. I started to realize that I was having feelings for someone else.
 まぁね。実は・・他にも、ジョーイと別れた方がいいって思う理由があるの。私、他に好きな人ができたって、気づいたの。

(他の古生物学者が声をかけてくる)

Paleontologist: Okay, Geller. Last day of the conference, you know what happens to the keynote speaker.
 いいかい、ゲラー。カンファレンスの最終日だ。基調講演者には何が起きるかわかってるよね。

Ross: Oh, professor Clerk, we're kind of in the middle of a conversation, here.
 ああ、クラーク教授、今、話しているところなんですよ。

Charlie: Yeah, can you guys just throw him in the pool later?
 そうなの。プールに投げ込むのは、後にしてもらえないかしら?

Professore Clerk: Or we could throw you both in now!
 それか、今すぐ2人とも投げちゃうかだね!

Ross: Okay, gentlemen! Please! Aren't we a little old for this? I mean, we're scientists, all right? We're academics. And most importantly I... you-you will have to catch us first. . . GO, GO, GO!
 (立ち上がる)いいですか、みなさん! お願いですよ、もういい年なんだから。僕ら、科学者じゃないですか、ね? 学者ですよ。それに何より、捕まえられないでしょ!(走り出し、チャーリーに)走れ走れ走れ!

《ピンポンをしているモニカとマイク:超退屈なチャンドラー達》

Mike: Okay, so it's a tie again, 41 to 41.
 よし、これでまたタイだ。41対41。

Chandler: Okay, look! Enough is enough!
 よし、なぁ! もうたくさんだ!

Monica: No, I just have two more points to beat him!
 ダメよ。あと2点取れば、彼に勝てるのよ!

Chandler: Monica, that was also true an hour ago! I mean, please, look at you! Your hand is blistered, you can barely stand, your hair is inexplicable! Okay, you've already proven you are just as good as he is, now we've missed our dinner reservations, so now let's just go upstairs, order room service, take a shower and shave your head!
 モニカ、1時間前からそうだよ! 頼むよ、自分を見てみろよ。手にはマメができて、立つのもやっと、髪なんか説明不能だ! いいか、君はもう彼と同じくらいうまいってことは証明しただろ。食事の予約もパァだ。もう部屋に戻って、ルームサービスを頼んで、シャワーを浴びて、君の頭剃っちゃおう!

Monica: I can't just walk away! I've put in four hours!
 ここで引き下がれないわよ! 4時間も戦ってきたのよ!

Chandler: But...
 でも・・

Monica: Look! You knew this about me when you married me! You agreed to take me in sickness and in health. Well, this is my sickness!
 ねぇ! 結婚した時からわかってたことでしょ! 病める時も健やかなる時も一緒でしょ。いまは病んでる時よ!

Chandler: What about the obsessive cleaning?
 過剰な掃除はどうなんだ?

Monica: That's just good sense!
 あれは長所よ!

(ゲーム再開。モニカが、テーブルに手をぶつける)

Monica: Aww!
 ああぁ!!

Chandler: You okay?
 大丈夫?

Monica: No, no, no. Honey, I'm Okay. Shake it off! . . . Oh, no! No shaking, no shaking! Ooh! Ooh! Oh, my God! I can't play!
 いえいえ、大丈夫よ。振り払えるわ。(手を振る)ああ、ダメ! 振っちゃダメ、振っちゃダメ! ああ、あああ! ああ、ダメよ、プレイできない!

Mike: So you forfeit?
 それじゃ棄権?

Phoebe: Mike wins?
 マイクの勝ち?

Monica: I can't believe it! I lost!
 信じられない! 負けたわ!

Chandler: No, you didn't.
 いや、負けてないよ。

Monica: What?
 え?

Chandler: Because I'm gonna play for ya.
 俺が君の代わりにプレイするよ。

Phoebe: You can't do that!
 そんなのダメよ!

Mike: Oh, it's okay. I don't care which of them I beat.
 ああ、いいよ。あの2人のうちどっちを負かしたって同じだ。

Phoebe: Okay, we're taking that paddle home, mister.
 オーケー、そのラケット持ち帰りましょうね、あなた。

Monica: Honey, you don't have to do this.
 ねぇ、あなた、そんなことしなくてもいいのよ。

Chandler: Yes, I do. Now, I may not understand why you have to win so badly, but if it's important to you then it's important to me, because I love you.
 いや、する。そこまで勝ちたい気持ちは理解できないかもしれないが、君がそんなに大事だっていうなら、俺にとっても大事だ。君を愛してるからね。

Monica: But … you suck!
 でも・・・あなたヘタじゃん!

Chandler: You're welcome, sweetheart. . . All right, Mike, let's get this over with. Sudden death. Whoever wins this point, wins.
 どういたしまして、スイートハート。(マイクに)よし、マイク、これを終らせよう。サドンデスだ。ポイントを先に取った方の勝ち。

Mike: Okay.
 わかった。

(ゲーム開始)

Monica: Oh, my God! You're good!
 驚いた! あなた上手じゃないの!

Phoebe: It's like watching porn!
 ポルノ見てるみたい。

(チャンドラーが勝つ)

Chandler: And that's how it's done!
 ご覧の通り。

Monica: Oh, my God. Oh, my God. That was so amazing! When did you. . . Hold on! I almost forgot. . . Loser! . . When did you stop sucking?
 なんてことなの、なんてことなの! 素晴らしかったわ! あなたいつ・・ちょっと待って、忘れるとこだったわ(マイクに)負ーけ!(チャンドラーに)いつから上手になったの?

Chandler: I never sucked, I actually didn't want you to know how good I was!
 最初からうまいよ。上手だってことを知られたくなかったんだ。

Monica: Why?
 どうして?

Chandler: I don't know.
 どうしてかな。

Monica: This is so great! Now we can enter into doubles tournaments!
 すごいじゃないの! 私達、ダブルスでトーナメントやれるわよ!

Chandler: That's why!
 それがイヤだからだ!

《逃げている2人:木の陰に隠れているチャーリーにカクテルを持っていくロス》

Charlie: Thanks!
 ありがと!

Ross: Hi.
 ああ。

Charlie: Are they still looking for us?
 まだ探してるのかしら?

Ross: Yeah. The bartender said that they split up into two search parties. The herbivores and the carnivores. Oh, look out.
 ああ。バーテンダーが言うには、2手に別れて探してるそうだ。草食系と肉食系だって。あっ、気をつけて。

(探している学者3人が通り過ぎ、チャーリーをハグして隠れるロス)

Ross: I don't think they saw us.
 見つかってないみたいだな。

Charlie: I don't think they did. . . Um, so, I started to say you something earlier, um. . . There was another reason I realized it was time to end it with Joey. I kind of realized I was starting to have feelings... for someone else.
 見つかってないと思うわ。・・えー、それで・・さっき私が言おうとしてたことだけど・・。他にも、ジョーイと別れた方がいいと思った理由があって、他の人を好きになり始めてたからなの。

Ross: Oh. Can I... can I ask who?
 ああ。僕・・誰か聞いていい?

Charlie: I think you know.
 あなた知ってると思うわ。

Ross: I think I know too, but I've been really wrong about this stuff in the past, so...
 僕もわかったかと思うけど、でも、こういうことですごい間違ったことがあって・・

(チャーリーがキス。途中でとめるロス)

Ross: I'm sorry... we... we can't.
 ごめんよ。できないよ。

Charlie: All right, all right.
 わかった、わかったわ。

Ross: I mean, you just went out with my best friend, you know, and I just think it'd be a really really bad idea. . . . . Or-or not! I mean. .
 君は、僕の親友とつきあったばかりで、だから、これはよくないと思うんだ・・・でもいいかな、やっぱり・・(キスをする)

(ジョーイが通りかかり、2人のキスを目撃。レイチェルの部屋へ戻りノックする)

Rachel: What? . . . Oh..
 (ドアを開けて)なに?(黙ってキスをするジョーイ)まぁ。。





にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.
ついにシーズン9が終わりました!
*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.

posted by らんち at 00:10| Comment(0) | Season 9 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月15日

9-23 The one in Barbados Part 1

9-23 バルバドスの話 Part 1

 ☆運命のカリビアン・ナイト Part 1☆

《セントラルパーク:ジョーイが来る》

Joey: Hey! I'm all packed and ready to go!
 ハーイ!荷物はつめたし、準備万端だぞ!

Ross: Oh, that's right! . . Daddy and uncle Joey are going on a trip today. We're going to a conference in Barbados, right?
 ああ、そうだな!(エマに)ダディとジョーイおじさんは旅行に行くからね。バルバドスで会議があるからね〜。

Joey: Mmh-mmh.
 ああ。

Ross: Can you say Barbados?
 (エマに)バルバドスって言えるかな?

Joey: Barbados.
 バルバドス。

Ross: Okay, I gotta say. I mean, it means so much to me that you guys are coming all the way over there to hear me do my speech! UH! And I have a surprise, uh... I had to pull some strings but I was able to get everyone passes to the entire conference! That's right! .. This babies will get you into all the paleontology lectures and seminars.
 (皆に)ねぇ、聞いて。みんなが遠くまで僕のスピーチを聴きに来てくれるのは、本当に嬉しいよ。ああ、それから、サプライズがあるんだよ。ちょっと手を回して、みんなの分の会議のパスを用意してもらったんだ。そう!(パスを皆に配る)これで、みんな古生物学の講義やセミナーに出席できるんだよ!

Rachel: Do you have anything that will get us out of them?
 何か、それを免れる方法はないの?

Phoebe: I think David would probably wanna hear a few lectures.
 デビッドは講義に少し出席したいだろうと思うわ。

Ross: Oh, right, because he's a scientist!
 ああ、そうだね、彼は科学者だもんね。

Phoebe: No, no, because, you know, he's been in Minsk for eight years. If he gets too much direct sunlight, he'll die.
 いえ、違うの、ほら、彼って8年もミンスクにいたでしょ。直射日光をたくさん浴びたら死んでしまうわ。

《バルバドスのホテル》

Charlie: Wow! This place is beautiful!
 ワオ! 素敵なところね!

Ross: Look at all these paleontologists!!
 あの古生物学者達を見て!

Joey: I know, there are gonna be some pasty folks by the pool tomorrow!
 そうだな。明日プールの回りは、青白いやつばっかだろうな。

(女性が近づいてくる)
Woman: Oh, my God, I can't believe you're here! Doctor Geller, I'm such a huge fan! I can't wait for your keynote speech.
 まぁ、なんてことなの! あなたに会えるなんて! ドクター・ゲラー、私、すごいファンなんです! 早く基調講演を聞きたいです!

Ross: Wow! This is very flattering, uh...
 ワオ! これはうれしいな・・

Woman: I would love your autograph.
 サインしていただけますか。(ノートを渡す)

Ross: Uh, uh... Sure! Uhm... "Dear..."
 ああ、いいよ! えーと・・「親愛なる・・」

Woman: Sarah.
 サラ。

Ross: "... Sarah. I dig you", Uh? "Doctor Ross Geller".
 「・・サラ。君を発掘したよ」ね? 「ドクター・ロス・ゲラー」

Sarah: Thank you so much!
 ありがとうございます!

Ross: Yeah, oh, and Sarah... I'd like to introduce you to my colleague, uh, Professor Wheeler, and this is Joey Tribbiani.
 いいえ。それから、サラ、紹介させて。こちら、ウィーラー教授、こちらはジョーイ・トリビアーニ。

Sarah: Are you a paleontologist?
 (ジョーイに)あなたも古生物学者なの?

Joey: No, God, no! No! No no, I'm an actor. You'd probably recognize me from a little show called "The Days of Our Lives".
 違うよ! やだな、違う違う! 俺は俳優だよ。「愛の病院日誌」できっと見たことがあると思うけど。

Sarah: I'm sorry, I don't own a TV.
 ごめんなさい、私、テレビは持ってないので。

Joey: You don't own a TV? What's all your furniture pointed at??
 テレビないの? それで家具はどこを向けておいてるわけ?

《セントラルパーク》

Monica: All right, I'm gonna go pick up a few things for the trip.
 さぁ、私も、旅行の準備をしてこなくちゃ。

Phoebe: Oh, I should go, too. Oh, now... tomorrow do you guys wanna share a cab to the airport or should Mike and I just meet you there. . . Mike?? Who's Mike?
 ああ、私も行かなくちゃ。ねぇ、明日だけど、空港までタクシー一緒に乗っていくか、それとも、マイクと私はあっちで会う?(皆が驚いて見る)マイク? マイクって誰?

David: Mike is your ex... uh... boyfriend!
 マイクは、君の元・・彼だよね。

Phoebe: That's right! Oh, yeah... Well, I've totally forgotten about him! Ah! That's-That's... a blast from the past!
 そうね! ああ、そうね。ああ、彼のことすっかり忘れてたわ。これは昨日から来た恋人ってやつね!

(Blast from the Past = 1999年の映画)

David: It's Okay. Ho-honest mistake.
 いいんだよ、うっかりしたんだよね。

Phoebe: Really, it doesn't mean anything. I mean, you know, Monica refers to Chandler as Richard all the time!
 本当よ、何も意味はないの。ほら、モニカだって、チャンドラーのこと、いつもリチャードって言ってるのよ!

Chandler: She does?
 彼女が?

Monica: Let's get you out of here!!
 もう行きましょ!(フィービーと外へ)

《セントラルパーク前》

Monica: Well, at least you took me down with you!
 あなたと一緒に引き摺り下ろしてくれたわね。

Phoebe: I'm so sorry!! I just... I keep thinking about Mike! I'm crazy about David, and we're having so much fun together. Why-Why do I miss Mike? That's-that's gonna go away, right?
 ごめんなさい! 私・・ずっとマイクのこと考えちゃうのよ。私、デビッドに夢中なのに、一緒にいてすごく楽しいのに。どうして私マイクが恋しいの? これ、そのうち消えるわよね?

Monica: I guess, in time.
 きっとね、そのうち。

Phoebe: Yeah.
 そうよ。

Monica: I mean, my feelings for Richard are certainly gone.
 私のリチャードに対する気持ちは完全に消えたわ。

Phoebe: You just did it again. Chandler, your feelings for Chandler are certainly gone!
 またやったわよ、あなた。チャンドラーよ。あなたのチャンドラーに対する気持ちは完全に消えたのよ。

《セントラルパーク内のチャンドラーとデビッド》

David: Boy, Phoebe's still pretty hung up on that Mike, huh?
 ああ、フィービーはまだマイクのことすごく気にしてるんですよね?

Chandler: I wouldn't read too much into it.
 僕はそういうの深読みしないから。

David: Still, you know, a girl calls you by your ex-boyfriend's name, that-that's not a good thing, right?
 それでも、ねぇ、彼女に、元彼の名前で呼ばれるってのは、よくないですよね?

Chandler: David, let me stop you there. Because I think I see where this is going. I'm not very good at giving advice. So if you want advice, go to Ross, Monica, or... Joey, if the thing you wanna advice about is pizza toppings or burning sensation when you pee.
 デビッド、ちょっとそこでストップ。その話の先は想像つくけど、僕はアドバイスは苦手なんだ。アドバイスが欲しいなら、ロスとか、モニカ、それか、もしピザのトッピングについてとか、オシッコする時焼けるように痛いときなら、ジョーイに相談するといいよ。

David: Sorry, I just... I wish there was something I could do, you know? Well, you know Phoebe...
 すみません、ただ僕・・何か僕にできることがあればと思うんですけどね? あなたはフィービーをご存知だし・・

Chandler: Seriously, we're gonna do this?
 マジで、これ続けるの?

David: Why did Phoebe and Mike break up?
 どうしてフィービーとマイクは別れたんですか?

Chandler: Oh, because his penis was too big. . . I'm sorry, that's the kind of thing I do. . They broke up because Mike didn't want to get married. Hey, what if you just let Phoebe know you'd be open to marriage?
 ああ、彼のペニスが大き過ぎたからだよ。・・・悪い、俺ってこういうヤツなんだよ。。あの2人は、マイクが結婚したくないって言ったから別れたんだよ。そうだ、君は結婚する気があるってことをフィービーにわからせたらどうかな。

David: That's great! That's great! I-I'll propose to her!
 それはいい! それはいいな! 僕・・彼女にプロポーズしよう!

Chandler: I didn't mean now.
 今そうしろなんて言ってない。

David: Why not? It's brilliant! Goodbye, Mike, we'll see you at the wedding, fella! . . Thank you, Chandler. Sincerely.
 どうして? これは素晴らしい! サヨナラ、マイク、結婚式で会おう! ありがとう、チャンドラー、本当にどうも。

Chandler: Well, you're welcome! Glad to help.
 どういたしまして。助けられて嬉しいよ。

David: How do you think I should propose?
 どうやってプロポーズしたらいいかな?

Chandler: David, I'm pretending to read here!!
 デビッド、本を読むフリしてるんだからさ!

《バルバドスのホテル、部屋にいるジョーイ》

Joey: Yeah! How you doing? Yeah, all right!
 (帽子を被って鏡に向かい)いいね! 元気ぃ? ああ、いいな。

(チャーリーがバスルームから出てくる)

Joey: Hey, hey! You said you're gonna wear a thong, where's the thong?
 なになに? 君、Tバッグをつけるって言ったじゃないか。Tバッグは?

Charlie: I didn't mean a thong... I meant thongs...
 (笑)Tバッグっていう意味じゃないのよ。Tストラップのサンダル。

Joey: You really should have been more clear about that!
 そういうことははっきり言ってくれないと!

(ノックの音。開けるとロス)
Ross: Hey!
 やぁ!

Joey: Hey!
 やぁ!

Ross: You're never going to guess who I just saw downstairs!
 今僕が下で誰を見たか、絶対当てられないよ!

Joey: Oh! ah! eh... Britney Spears!?
 ああっ! えーと・・ブリトニー・スピアーズ?

Ross: Yeah, she never misses these conferences! . . No, I just saw Dr. Kenneth Schwartz!
 ああ、彼女は絶対こういう会議にくるよね! 違うよ、今、ドクター・ケネス・シュワルツを見たんだ!

Charlie: Oh, my God!
 まぁ、すごい!

Ross: I know!
 でしょ!

Charlie: Did you talk to him?
 彼と話した?

Ross: Yeah... what am I gonna say to Kenneth Schwartz?
 ああ、僕がケネス・シュワルツに何を言えっていうの?

Joey: You could say: "Hey, Kenny, how come you're not Britney Spears?"
 こういえばいいじゃん「やぁ、ケニー、なんで君はブリトニー・スピアーズじゃないんだ?」

Ross: You ready to go?
 (チャーリーに)君、もう行ける?

Charlie: Yeah!
 ええ。

Joey: You're gonna go now? I thought we could hang out?
 君、もう行くの? 一緒にゆっくりできるかと思ったんだけど。

Charlie: Oh, I can't... I have seminars all day. And I promised Ross I would look at his speech.
 ああ、ダメなの。一日中セミナーがあるのよ。それに、ロスのスピーチを見るって約束したの。

Ross: Yeah.
 ああ。

Charlie: But maybe we could have dinner later? Out on the balcony? It will be romantic.
 でも、後でディナーは一緒にできるわよね? バルコニーでどう? きっとロマンティックよ。

Joey: Will you wear a thong?
 君、Tバッグつける?

Charlie: I will if you will.
 あなたがつけるならね。

Joey: You got yourself a very weird deal!
 変な条件だな!(見つめ合う2人)

Ross: I'm good, I have dinner plans.
 僕はいいよ。僕は夕食、予定があるから。

Charlie: So you gonna be okay?
 それじゃ、あなた、大丈夫?

Joey: Yeah, yeah. I've got tons of stuff I could do. I'm gonna hit the beach, go swimming...
 ああ、大丈夫。できることはいっぱいあるよ。ビーチに出て、泳いで・・

Ross: Uh, Joe, have you looked outside?
 あー・・ジョー、外見てないの?

Joey: No, why? . . . . Oh, man!
 ああ、なんで?(ロスがカーテンを開けると土砂降り)ああ、何だよ!

《セントラルパークのモニカとチャンドラー》

Monica: Wow! That Mike thing was interesting! I don't know what's gonna happen with Phoebe and David.
 ああ! あのマイクの件は興味深いわよね。フィービーとデビッドはどうなるのか、わからないわ。

Chandler: I do! David is going to propose to Phoebe.
 俺はわかるぞ! デビッドは、フィービーにプロポーズするんだ。

Monica: What? Why?
 えっ? どうして?

Chandler: Because, we were talking about ways that he could beat Mike and I told him that Phoebe wanted to get married.
 どうしてって、マイクに勝つためにはどうしたらいいかって話して、フィービーは結婚したいんだって俺が言ったからだよ。

Monica: Chandler, we have talked about this. You are not supposed to give people advice! Now couldn't you have made some sort of inappropriate joke?
 チャンドラー、前に言ったじゃないの。あなたは人にアドバイスしちゃダメなのよ! 何が非常識なアドバイスとかして逃げられなかったの?

Chandler: I did! A penis one! Look, just so I know, what was so wrong about what I said?
 したよ! ペニスのやつ! ああ、聞いておきたいんだけど、俺の言ったことの何がそんなに悪かった?

Monica: They've only been going out for a few weeks. And Phoebe is completely hung up on Mike! She'll say "No", David's heart will be broken, it will be too hard for them to recover from and then Phoebe will end up alone again.
 あの2人は、まだ数週間しかつきあってないのよ。そしてフィービーは、マイクのことをひきずってる。彼女は断るわよ。デビッドはショックを受けて、2人はそれを乗り越えられない。フィービーはまた一人ぼっちになっちゃうのよ。

Chandler: Man, that's some bad advice!
 ああ、それはひどいアドバイスだな!

《バルバドスのホテル:みんなが到着》

Rachel: Alright, I don't wanna alarm anybody, but Monica's hair is twice as big as it was when we landed!
 ねぇ、みんなを驚かせたくないけど、でもモニカの髪はここに着いた時の2倍になってるわよ。

Monica: Okay. When I go places with high humidity, it gets a little extra body, okay?!
 そうよ、私は湿度の高いところに行くと、髪が膨らむのよ。わかった?

Chandler: That's why our honeymoon photos look like me and Diana Ross!
 だから俺たちのハネムーンの写真は俺とダイアナ・ロスが並んでるみたいなんだよな。

diana_ross.jpg(Diana Ross)

Joey: Come on, I'll show you guys where to check in.
 来いよ、チェックインの受付はこっちだぞ。(男性達が行く)

Monica: Oh, honey, can you make sure we get a King size bed?
 ねぇ、あなた、私達の部屋はキングサイズのベッドにしてよね?

Phoebe: Oh! David, get one for us too! Oh, oh, and see if they have a heart-shaped one! And with mirrors on the ceiling!
 あ、デビッド、私達にも! それと、ハートの形のベッドがないか聞いてね! それと、天井の鏡も!

Monica: And make sure our room isn't next to theirs.
 (チャンドラーに)この人達の隣の部屋にしないでね!

Rachel: Ooh! You guys are so lucky you are here with people. You know, it's just such a romantic place. That's all, I just wish I could share that with a guy.
 ああ! あなた達は、一緒に来る人がいてラッキーね! こんなにロマンティックなところなんだもん。それを、私も分かち合える人がいたらよかったわ・・(ジョーイを見る)

Phoebe: Not Joey.
 ジョーイはだめよ。

Rachel: Not Joey, no, I was just lusting after Chandler.
 ジョーイじゃないわよ、ええ。私はチャンドラーを求めてただけよ。

Monica: Yeah, right!
 あらそう。

《チャンドラーとデビッド》

David: So, I'm proposing to Phoebe tonight.
 僕は、今夜フィービーにプロポーズするんです。(指輪を見せる)

Chandler: Tonight?! Isn't an engagement ring supposed to have a diamond?
 今夜?(指輪を見て)婚約指輪って、ダイヤモンドがついてるもんじゃない?

David: That's one-seventieth of a carat. And the clarity is uh... is quite poor.
 0.1カラットだ。クラリティは・・・かなり低い。

Chandler: Nice! . . . Monica, can I talk to you for a sec?
 いいね!(モニカのところへ行って)モニカ、ちょっと話せる?

Monica: Okay!
 わかった。

Chandler: David is gonna propose to Phoebe tonight!
 デビッドは、今夜フィービーにプロポーズする気だ!

Monica: See what happens when you give people advice? I hope you told him not to?
 ほら、あなたが人にアドバイスするとこういうことになるのよ。やめろって言ったんでしょうね?

Chandler: That would be advice!!
 それアドバイスじゃないか!

Monica: Okay, fine. I'll handle this. . . . Phoebe?
 わかったわ、私が何とかする・・(フィービーのところへ行く)フィービー?

Phoebe: Yeah?
 なに?

Monica: I need to talk to you.
 話があるの。

Phoebe: Are you leaving "The Supremes"?
 スプリームスを脱退するの?

(The Supremes = ダイアナロスのいたグループ)

Monica: Okay, my husband just gave your boyfriend some very bad advice. Look, David is gonna propose to you tonight.
 ねぇ、私の夫が、あなたのボーイフレンドに、ひどいアドバイスをしちゃったの。それでデビッドは今夜あなたにプロポーズする気よ。

Phoebe: Wow, really? That's fantastic!
 ワオ・・本当に? それ素敵じゃない!

Monica: What? Are you serious? You wanna marry him? Wha... What about Mike?
 え? それ本気? あなた彼と結婚したいの? マイクはどうなの?

Phoebe: Oh, Okay, you want me to marry Mike? All right, well, let's just gag him and handcuff him and force him down the aisle, okay? I can just see it: "Mike, do you take Phoebe..."
 ああ、いいわよ、私がマイクと結婚したらいいの? それじゃ、彼にさるぐつわをかませて、手錠をかけて、祭壇までひきずっていくのね? そしてこうなるのね、「マイク、汝はフィービーと・・」(手で自分の口をふさいで「イヤだ! イヤだ!」)

《ホテルのロスの部屋、チャーリーにスピーチを聞かせるロス》

Ross: “− imaging, we can in a very real way, bring the Mesozoic Era into the 21st century.”
 「−これにより、実際に、我々は中生代を21世紀へ運び込むことができるのです。」

Charlie: It's great. You're gonna be the hit of the conference.
 素晴らしいわ。あなたこの会議の目玉になるわね。

Ross: Oh, and you know what, it will be even better tomorrow, because I won't be constantly interrupted by Joey checking to see if they put chocolates on my pillow yet.
 ああ、それに、明日は今日よりよくなると思うよ。だって、枕にチョコレートがあるか、何度もジョーイが確かめにきて、中断させられることもないからね。

(ノックの音。ロスが開けると、ジョーイ、チャンドラー、レイチェルが来る)

Joey: Hey, guys!
 やぁ!

Ross: The chocolates aren't here yet.
 チョコレートはまだ来てないよ。

Joey: Damn it!
 クソッ!

Charlie: Ross just read me his speech. It's fantastic!
 ロスが今スピーチを聞かせてくれたの。素晴らしいのよ!

Chandler: Oh, is it on the computer? Because I'd love to give it a read.
 ああ、それはパソコンに入ってるの? 読ませてもらいたいな。

Ross: If you want to check your email, just ask.
 メールチェックしたいなら、そう言えよ。

Chandler: What? . . May I?
 何が? ・・・見ていい?

Rachel: What's with the rain, Geller? I mean, when I signed up for Dino Week, nobody said anything about it being monsoon season.
 この雨は何よ、ゲラー? ここに予約を入れた時、誰もこんな嵐の時期だなんて言わなかったわよ。

Charlie: Actually the wet season is June to December.
 実際、雨期は6月から12月よ。

Rachel: It's not the time, Charlie.
 そういうことじゃないの、チャーリー。

Chandler: Oh, no, no, no, dear God, no!
 (PCを見て)ああ、ダメダメダメ! やめて、ああ!

Joey: Oh, what, did someone outbid you for the teapot? . . Oh! Secret teapot?
 何だよ、誰かにティーポットを落札されちゃったのか?(睨まれ)秘密のティーポット?

Chandler: Your computer, I don't know what. . . Everything's gone!
 君のパソコンだけど。。何が起きたのか・・全部消えちゃったよ!

Ross: Wha... what do you mean?
 ど・・どういう意味?

Chandler: It must be a virus. I think it erased your hard drive.
 きっとウィルスだ。ハードディスクを消してしまったみたいだ。

Ross: What? Oh, my God. What did you do?
 何だって? なんてことだ。何をしたんだ?

Chandler: Someone I don't know sent me an e-mail and I opened it.
 知らない人からのメールがきていて、それを開けたんだ。

Ross: Why, why would you open it?
 なんで、なんでそんなの開けたんだ?

Chandler: Well, it didn't say "This is a virus"!!
 だって、「これはウィルス」って書いてなかったからだよ。

Ross: What did it say?
 何て書いてあったんだ?

Chandler: “Nude” … “Pictures of Anna Kournikova.” I'm so sorry.
 「ヌード・・」(睨まれ)「アンナ・クルニコワの写真」て書いてあった。ごめんよ。

(Anna Kournikova = 1981年生まれのテニスプレイヤー)

Ross: What... what am I gonna do? My speech is gone, Chandler!
 これ・・どうしたらいいんだ? スピーチが消えてしまったんだぞ、チャンドラー!

Chandler: It's not gone! I mean, I'm sure you printed out a copy. You have a hard copy, right?
 消えてないだろう! だって、印刷しただろう。プリントアウトがあるだろう?

Ross: No, I don't!!
 いや、ないよ!

Chandler: …… Well, you must be pretty mad at yourself right now.
 ・・・それじゃ・・今おまえ、自分にすごく腹が立ってるだろうな。

《時間経過:何をしてもダメと諦めた様子》

Chandler: I just feel awful.
 本当に申し訳ないよ・・。

Ross: Yeah, you should! Nude pictures of Anna Kournikova? I mean, she's never even won a major tournament!
 ああ、本当だよ! アンナ・クルニコワのヌード写真? 大きなトーナメントで優勝したことさえないのに!

Chandler: Well, I tried Billy Jean King, but... you know, you and Monica have the same "I'm gonna kill you" look. I can usually make it go away by kissing her.
 いや、ビリー・ジーン・キングが欲しかったんだけど・・(睨まれ)なぁ、君とモニカって、同じ「殺してやる」っていう目をしてるな。彼女には、キスして許してもらうんだけど。(睨み続けるロスにキスをしようとするフリ)

(Billy Jean King = 1943年生まれのテニスプレイヤー)

Ross: Get out! . . . I can't believe this. I can't believe this is happening. I have to give the keynote speech tomorrow! Okay? I have to stand up in front of all these people. What am I gonna say?
 出てけ!(チャンドラーは出て行く)信じられない。こんなことが起きるなんて信じられない。明日基調講演をしなきゃならないのに! だろ? みんなの前に立たなきゃならないんだ。そして何を言うんだ?

Joey: I could teach you a speech that I memorized for auditions.
 オーディション用に覚えたスピーチを教えようか。

Ross: I don't think that your monologue from Star Wars is gonna help me right now, Joe!
 スター・ウォーズの独白は今役に立たないと思うよ、ジョー!

Charlie: Ross, we can solve this. I just heard your speech. We can recreate it! We've got all night!
 ロス、なんとかできるわよ。あなたのスピーチを聞いたばかりだもの。もう一度作れるわ。一晩あるんだもの。

Ross: What, you really think we can do that?
 え、本当にそんなことができると思う?

Charlie: Oh, wait, Joey and I are supposed to have dinner.
 あ、待って・・ジョーイと私はディナーの予定があったわ。

Joey: Hey, don't worry about that! I mean, Ross needs you! You know, Rachel and I will stay and help any way we can.
 いや、そんなこと心配するなよ。ロスには君が必要だろ。レイチェルと俺も、ここにいて何かできれば手伝うよ。

Rachel: Ugh.
 あぅ。

Ross: All right, okay, let's do it. Uh, well, I know we start by discussing the shortcomings of carbon dating. Um, and then, then I move on to what is clearly the defining moment of the Mesozoic Era, the breakup of Pangaea, hello! And then, there's the... eh... there's the overview of the Triassic.
 よし、わかった・・やろう。最初はまず、炭素年代測定の欠点について論じたんだよね。それから、中生代を確定する時期についての話に移って行く。パンゲア大陸の分裂によってね。そうだよね。それから・・えーと・・三畳紀の概観について述べると・・

Joey: Oh, oh! Any chance any of this happened in a "Galaxy far, far away"?
 あ、そうだ、それって、「遥かな遥かな銀河の彼方」で起きたことじゃない?(睨まれ、レイチェルと出て行く)

《モニカ達のホテルの部屋:チャンドラーが来る》

Monica: Well, I hope you're happy! Phoebe is going to say "Yes" to David. See, that's what happens when you meddle in people's lives!
 あなたは満足かしら。 フィービーはデビッドにイエスって言うつもりよ。人の人生におせっかいすると、こういうことになるのよ。

Chandler: Phoebe is going to say "yes"? That's, that's great!
 フィービーが了承するっていうのか? それ、いいじゃないか。

Monica: No, it's not, because she's still in love with Mike!
 いいえ、よくないわ。だって彼女はまだマイクを愛してるんだもの。

Chandler: And there's not chance that will work?
 それがうまく行くことはなさそうなのか?

Monica: No, I called him. It's not gonna happen.
 いいえ、彼に電話してみたの。ダメだった。

Chandler: Ooh! Meddler! Meddler!
 ああ! おせっかい! おせっかい!

Monica: Well, if you hadn't meddled to start with, then I wouldn't have had to go in there and meddle myself. Now, no matter how much we meddle, we will never be able to un-meddle the thing that you meddled up - in the first place!
 あなたが最初におせっかいしてなければ、私もおせっかいせずに済んだのよ。こうなったら、どれだけおせっかいしたって、あなたが最初の時点でおせっかいしたことの、取り消しにはならないのよ。

Chandler: This vacation sucks!!
 ・・・このバケーション、最悪!

《ホテル内ラウンジ・レイチェルとジョーイ》

Joey: Hey, hey, hey! Don't mind if I do!
 (トレイを持ったウェイターを呼び止め)おいおい、それもらうよ!

Waiter: I'm sorry, sir, these are for the pharmaceutical convention.
 すみませんが、これは、薬剤師の方々の会合用です。

Joey: Hey, Rach, you feel like going to a convention?
 なぁ、レイチ、会合に行く気ない?

Rachel: We can't. We're not pharmacists!
 ダメよ。私達薬剤師じゃないもの。

Joey: I know we're not, but Frank Madaio and Eva Trorro... womba...
 (テーブルへ行って名札を取る)俺たちは違うけど、でもフランク・マデイオと、エヴァ・トロロ・・ウンバ・・

Rachel: Kate Miller?
 (別の名札を取り)ケイト・ミラーは?

Joey: Kate Miller, it is.
 ケイト・ミラー、それだな。(名札をレイチェルの胸に貼り付ける)

Rachel: And... that's the most sex I'm gonna have this weekend.
 これが、この週末唯一のセクシーな事件ね。

Joey: Well, in that case should I make sure it's on real good?
 そうか、それじゃあ、気持ちいいようにしっかりしないとな。(ぺたぺた貼る)

Rachel: Thank you.
 ありがと。

《ロスの部屋:チャーリーはベッドに座り、ロスは歩き回りながらスピーチを考える》

Charlie: And then, and then you said that thing about, about bringing the Mesozoic Era into the 21st century.
 それから、あなたが、中生代を21世紀に運び込むって話に持っていくのよ。

Ross: Yeah, that's it?
 ああ。それだけ?

Charlie: Yeah.
 ええ。

Ross: Oh, my God, we did it! . . This is amazing, thank you, thank you so much. . .That's a pretty necklace.
 ウソみたいだな、やったね! (チャーリーの隣に座る)これはすごいな。ありがとう、本当にありがとう。(近くで目が合い困る)それは・・素敵なネックスレスだね。

Charlie: Thank you.
 ありがとう。

Ross: Hey, what do you say we celebrate? Champagne?
 ねぇ、お祝いをしようよ。シャンパンはどう?

Charlie: Oh, yeah! Oh, this is such a cute picture of Emma. And is this your son?
 ええ、いいわね。・・ああ、このエマの写真、すごくかわいわね。こっちはあなたの息子さん?

Ross: Yeah. That's Ben, my son from my first marriage.
 ああ。それはベン、僕の最初の結婚の時の息子だよ。

Charlie: Your first marriage?
 あなたの最初の結婚?

Ross: Yeah.
 ああ。

Charlie: You're married more than once?
 あなた1回以上結婚してるの?

Ross: No.
 いいや。(乾杯)

《薬剤師の会合にいるレイチェルとジョーイ》

Joey: Well, who knew? Pharmacists are fun.
 知らなかったな? 薬剤師も楽しいな。

Rachel: I know, that old lady at the end was ready to take you home.
 そうよね。あの端の年取った女性、あなたを家に連れて帰るつもりよ。

Joey: Not enough pills in the world, Rach. What about you, you're the single one, seen anybody in there you like?
 世の中に薬が足りないんだな、レイチ。君はどうなんだ。君はシングルだろ。誰か気に入ったやつを見つけなかった?

Rachel: Well, let's see. There was a really big guy that I was talking to, with the really nice breasts.
 ええ、そうねぇ・・。すごく大きな男性と話していたんだけど、本当に素敵な胸なの。

Joey: But what about back home, anything going on there? Anybody you like?
 それじゃ、家の方ではどうなの。何もないの? 誰か好きな人は?

Rachel: …… No.
 ・・・いいえ。

Joey: There is. You like someone. Tell me who it is. Who is it?
 いるんだな。誰か好きなんだな。誰なんだ。誰?

Rachel: No.
 いやよ。

Joey: Tell me who it is.
 誰か言えよ。

Rachel: Joey!
 ジョーイ!(逃げるが追いかけられる)

Joey: Come on, who? Who do you like? Tell me. You're not getting away that easy. Who do you like, who?
 いいじゃないか、誰? 誰が好きなの? 言えよ。簡単には逃がさないぞ。誰を好きなの、誰?

Rachel: Joey, come on! It doesn't matter, you know? It's not like anything's gonna happen.
 ジョーイ、もういいの。いいのよ。何か起きるってわけじゃないんだから。

Joey: What? Why not? Rach, who can you not get?
 なに? どうして? レイチ、君が落とせない人なんているのか?

Rachel: Oh! … Okay. Okay, you really wanna know who it is?
 まぁ・・いいわ、わかった。本当に、誰か知りたいのね?

Joey: Yeah, who is that?
 ああ、誰なんだ?

Rachel: Do ya?
 本当に知りたい?

Joey: Yeah.
 ああ。

(ロスとチャーリーが部屋から出てきて出くわす)
Ross and Charlie: Hey!
 ハーイ!

Charlie: I just left you a message! Ross and I were gonna go grab a bite, but now that you're here, maybe we can go have that dinner.
 (ジョーイに)いまあなたにメッセージを残したところよ。ロスと私は食べにいこうとしてたんだけど、でも、あなたが来たなら、約束の食事をしましょうか。

Joey: Right, of course. Hey, did you guys finish the speech?
 そうだな、もちろん。あ、君たち、スピーチはできたの?

Ross: Yep, we got it, we got it. Thank you so much.
 ああ。できた、できたよ。(チャーリーに)本当にありがとう。

Charlie: I had a great time.
 楽しかったわ。

Ross: Yeah.
 ああ。

Joey: All right, hey, look, and this isn't over, because I really wanna know who...
 (レイチェルに)よし、いいか、まだ終わりじゃないからな。本当に誰か知りたいんだからな・・

Rachel: Later! Later.
 後で! 後で。

Charlie: So, shall we?
 それじゃ、行きましょうか?

Joey: Yeah.
 ああ。(2人立ち去る)

Rachel: Okay. See you, bye.
 それじゃ、またね、バーイ。

Charlie: Bye.
 バーイ。

Ross: Good night.
 おやすみ。

Joey: Night.
 おやすみ。

Ross and Rachel: Okay, good night!
 (取り残された2人、気まずく)それじゃ、おやすみ。

《レストラン:モニカとチャンドラー、フィービーとデビッドが近くのテーブル》

David: Uh, Phoebe, uh, I have something I wanna say. You're an amazing woman, and the time we spent apart was unbearable. Of course the sanitation strikes in Minsk didn't help!
 フィービー、えー・・話したいことがあるんだ。君は素晴らしい女性だ。離れていた時は本当につらかった。当然、ミンスクの衛生設備も助けにならず・・

Phoebe: Sure. Okay, yeah.
 そう、わかった、ええ。

David: But well, now that we're together again, I don't ever want to be apart. So, to that end...
 でも、また僕らは一緒になった。もう二度と離れたくない。だからそれを終らせるために・・

(デビッドが指輪を出すのと同時に、マイクが現れる)

Phoebe: Oh, my God, Mike!
 オーマイゴッド・・マイク!

David: It's David, actually.
 デビッドだよ。ほんと。

Phoebe: No, Mike's here.
 違うの。マイクが来てる。

David: Oh, hi, Mike!
 (振り返って)ああ、どうも、マイク!

Mike: Hi, David. Chandler. Monica...Oh!
 やぁ、デビッド。チャンドラー。モニカうわっ!

Monica: IT'S THE HUMIDITY!
 湿気のせいよ!

Mike: Hi, Phoebe.
 やぁ、フィービー。

Phoebe: What are you, what are you doing here?
 あなた、あなた・・ここで何をしてるの?

Mike: I have a question I need to ask you.
 君に聞きたいことがあるんだ。

David: I have a question I was kinda gonna ask her myself.
 僕も今聞こうとしてたことがあるんだ。

Mike: Yeah, I understand, but before you do, she really needs to hear this.
 ああ、わかるよ。でも、その前に、彼女はこれを知る必要があるんだ。

David: Okay, would you care for my seat as well?
 わかったよ。じゃあ僕の席に座りたい?

Mike: Actually, yeah, that'll be great.
 それは、ああ、それは助かるよ。

David: Well, that's fair, you've had a long trip.
 ああ、それもそうだよね、君、長旅だったしね。(席を譲ってさまよい、モニカ達のところへ行く)

Mike: Phoebe, I love you. I mean, I missed you so much these last few months and I thought we were apart for a good reason, but then I suddenly realized that there was no reason good enough to keep me from spending the rest of my life with you. Now, I don't actually have a ring...
 フィービー、愛してる。この数ヶ月、本当に君が恋しかったよ。僕らは理由があって別れたと思っていたよ。でも、君と今後の人生を一緒に過ごさない理由なんてないってことに、急に気づいたんだ。今は、指輪も持っていないけど・・

David: I have a ring.
 僕は指輪持ってるぞ。

Chandler: I wouldn't brag too much about that thing, big guy.
 あの指輪だったら、そんな自慢しない方がいいぞ、君。

David: Phoebe, will you marry me?
 フィービー、結婚してくれる?

Phoebe: ……No!
 (笑顔)・・・・いいえ。

David: Uhm... Ha ha!
 (覗き込んできて)ハハハ!

Phoebe: I love you. But I never needed a proposal from you. I just needed to know that we were headed somewhere, you know, that we had a future.
 愛してるわ。でも、あなたにプロポーズをしてほしいっていうんじゃないの。私は、私達の関係が、行き着く先があると知りたかったの。私達に将来があるって。

Mike: We can have any future you want.
 君の欲しいものは何でも持てるんだよ。(手を取り見つめ合う)

David: Okay, well, I’m gonna take off.
 それじゃ、僕はもう行くよ。

Phoebe: David, I'm so sorry, I'm sorry.
 デビッド、本当にごめんなさい。ごめんなさい。

David: Just so I know, if I had asked first...
 聞きたいんだけど、もし僕が先に聞いていたら・・

Phoebe: Yeah, I might have said yes, but that would have been wrong.
 ええ、イエスって言ってたかもしれない。でも、それは間違ってるわ。

David: Please, you don't have to explain. I mean, perhaps if I hadn't gone to Minsk things would have worked out for us. And I wouldn't have ruined my career, or lost that toe to frostbite. It was a good trip.
 いいんだ。説明しなくていいんだよ。ミンスクに行ったりなんかしなければ、僕らはうまくいっていたかもしれない。そして僕のキャリアも台無しにならなかっただろう。それに凍傷でつま先なくしたりもしなかった・・・いい旅だったよ。(立ち去る)

Mike: Is it okay if I hug you now?
 (フィービーに)ハグしていい?

Phoebe: Oh, yes!
 ええ!(ハグ・キス)

Monica: Because of our meddling! All right?
 私達のおせっかいのおかげよ! いい?





にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 03:20| Comment(0) | Season 9 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月14日

9-22 The one with the donor

9-22 ドナーの話

 ☆求む! 精子提供者☆

《セントラルパーク:ジョーイがチャーリーをマッサージ》

Charlie: Oh! That feels so good!
 ああっ! 本当に気持ちいいわ!!

Rachel: Oh, lucky me! Coffee and a live sex show!
 (コスモポリタンを読みながら独り言)ああ、ラッキーね。コーヒーとライブのセックスショーだなんて。

Charlie: I'm sorry, what?
 ごめんなさい、何て?

Rachel: Oh... Oh, I'm sorry! I'm not... I was just-I was just reading to Emma.
 あ、いえ、ごめんなさい。ただ私、エマに読み聞かせてただけよ。

Charlie: From... Cosmo??
 コスモポリタンから?

Rachel: Yeah, yeah... It's... “Climax Your Way to Better Skin".
 ええ、そうよ。「より美しい肌の頂点を目指して」

Charlie: So, I have to go shopping today, which is my least favorite thing, I'm so bad at picking out clothes!
 (ジョーイに)私今日ショッピングに行かなくちゃいけないんだけど、これがイヤなのよね。洋服を選ぶの、すごく苦手なの。

Joey: So you need someone who knows fashion, to tell you what looks good.
 それじゃ、誰かファッションに詳しくて、何がいいか見てくれる人がいるってことだな。

Rachel: Not me, not me, not me, not me, not me!
 (雑誌の下に顔を隠して)私はイヤよ、私はイヤ、私はイヤ、私はイヤ、私はイヤ!

Joey: Oh, hey, Rach!
 あ、そうだ、レイチ!

Rachel: Yeah?
 なに?

Joey: Maybe you could take Charlie shopping.
 君がチャーリーをショッピングに連れていったらどう?

Rachel: Oh, well...
 ああ、そうねぇ・・

Charlie: I'm sure you have better things to do.
 (レイチェルに)もっと他にしたいことがあるわよね。

Joey: Are you kidding? Rachel loves to shop! And she has great taste! Yeah, she's the one who taught me, you don't wear white after labour day and that you always, always, always have to put on underwear when you're trying on clothes.
 冗談だろ? レイチェルは買い物が大好きなんだよ。それにすごく趣味がいいんだ。彼女、労働者の日の後に白を着ちゃダメとか、それから、試着する時は必ず必ず、下着をつけてなきゃダメとか、教えてくれたんだ。

Charlie: If you have the time, I'd really appreciate the help.
 時間があるなら、本当に助けてもらえたら嬉しいわ。

Rachel: Okay, yeah. Let's-Let's shop!!
 そうね、いいわよ。買い物行きましょう!

Joey: Okay, you're gonna come back with some very classy clothes... And some slutty lingerie, SLUTTY!
 (チャーリーに)よし、それじゃ、すごく上品な服を買ってくるんだよ・・(レイチェルに)それとスケベなランジェリーな、スケベなやつ!

(フィービーが携帯で話しながら入ってくる)
Phoebe: Okay, great! All right, bye! . . . Pain in the ass!! . .That's off, right?
 わかった、いいわね! ええ、バーイ!(電話を切って)うるさいわね! ・・切れてるわよね?

Joey: What's the matter, Pheebs?
 どうしたんだ、フィーブス?

Phoebe: Oh... Mike's sister just invited me to a party tonight, he's gonna be there. And she was like "Oh, don't worry! I asked him. He's totally okay with seeing you!". So now I have to go so he'll think that I'm totally okay with seeing him!
 ええ・・マイクの妹が、今夜のパーティに来てって。彼も来るのよ。そして彼女ったら、「心配しないで、私彼に聞いたの、彼、あなたに会っても全然大丈夫ですって」だって。これで私、行って、彼に会っても全然平気だって見せなきゃならないわ!

Rachel: Which you're not, because you've totally hung up on him!
 でも平気じゃないのよね、だって、全然忘れてないもんね。

Phoebe: Exactly!
 その通りよ!

Rachel: And you're gonna want him to eat his heart out so you're gonna have to look fabulous!
 そして彼が、素晴らしく素敵なあなたを見て、悔しくて死にそうになれば、あなたも嬉しいわよね。

Phoebe: … I didn't even think about that! Aaargh, sexual politics!!
 そんなこと考えつきもしなかった! ああっ! セクシャル政策!

Rachel: Hey, Pheebs, I'm-I'm taking Charlie shopping, why don't you come and I'll help you find something.
 ねぇ、フィーブス、私、チャーリーとショッピングに行くのよ。あなたも来たら? 私が何か見つけるの手伝うわ。

Phoebe: Okay, that'll be great!
 いいわね、それはいいわ!

Joey: Oh, isn't that nice? The three of you, trying on slutty lingerie together.
 ああ、これはいいね! 君たち3人が一緒に、スケベなランジェリーを試着するんだ。

Rachel: That's not what we're gonna do!
 そんなことしに行くんじゃないわよ。

Joey: Why would you ruin it, who was that hurting?
 なんでぶち壊すんだよ。構わないじゃないか。

《ドクター・コネリーのオフィス:待っているモニカ達2人》

Chandler: Wow! Fortunately, she has a very pretty face!
 (女性の生殖器、胎児等の絵を見て)ワオ! 可愛くてよかったな!

Monica: Oh, I still can't believe this! My uterus is an inhospitable environment? I was trying so hard to be a good hostess!
 ああ、まだ信じられないわ! 私の子宮が歓迎しない環境だなんて。私いつもいいおもてなしができるように頑張ってるのに!

Chandler: Oh, I can't believe my sperm have low motility because, let me tell you, when I was growing up they sure seem to be in a hurry to get places!!
 ああ、俺の精子がのろまだなんて信じられないよ。だってな、昔から、あいつら本当に大急ぎで出てきてたのに!

(ドクター・コネリーが来る)
Doctor Connelly: Hi, there.
 やぁ、どうも。

Chandler&Monica: Hi.
 どうも。

Doctor Connelly: I'm sorry there wasn't better news from your test last week but I wanted to talk to you about your options.
 先週のテストの結果でもっといいことを言えたらよかったんだが、とにかく、あなた方の選択肢について話したいと思うんですよ。

Monica: Okay.
 ええ。

Doctor Connelly: Well, first of all, even though your chances of conceiving through natural means aren't great, you never know! So, keep having sex on a regular basis.
 まず第一に、通常の手段で妊娠の確率は低いとは言っても、断定はできないんですから、これまで通り、子作りをしていただけたらと思います。

Chandler: Oh, damn it!
 ああ、クソッ!

Monica: Don't worry, after a while you’ll tune it out.
 (ドクターに)心配しないで、しばらくすれば、気にならなくなるから。

Doctor Connelly: Okay, given your situation, the options with the greatest chances for success would be surrogacy, or insemination using a sperm donor.
 あなた方の状況ですと、一番成功確率が高いのは、代理母、または、精子提供者による受精です。

Monica: …Okay.
 ・・そうですか。

Doctor Connelly: And, of course, if you feel that neither of those is right for you, you could always adopt.
 そして、もちろん、どちらも合わないとお考えなら、養子を迎えることもできます。

Chandler: Is that a hint? Because we love you, Doctor Connelly but we don't think we'd want you to be our child! . . Wow, talking about an inhospitable environment!
 それってほのめかしてる? あなたのことは好きですよ、ドクター・コネリー。でも、僕らの子供にはしたくないな。・・・(冷たい目で見られ)ワオ・・これが歓迎されない環境だね。

《セントラルパーク:レイチェルが来る》

Rachel: Hi! Okay, you're ready to go pick up Phoebe and go shopping?
 ハーイ!(チャーリーに)もう行ける? フィービーを迎えにいってショッピングに行くわよ。

Charlie: Oh, yeah! Let's do it!
 ええ! 行きましょう!

Joey: All right, have a good time.
 よし、楽しんできて。(キス)

Rachel: Not gonna find any clothes in there!
 そこでは服は売ってないわよ!

(ロスが来る)
Ross: Hey, you guys!
 やぁ、君たち!

Rachel: Hi.
 ハーイ!

(ロスが来る)
Ross: Guess who's up for keynote speaker at the National Paleontology Conference?
 国際古生物学会議で基調講演をするのは誰だと思う?

Charlie: Umh... Chris Bailey?
 あー・・クリス・ベイリー?

Ross: Yeah, right! What was last time he made a submission for an abstract?
(he and Charlie laugh, then Joey starts laughing too without any reason)
Well, why are you laughing?
 そうだよね、彼が摘要の提出期限を守ったことがあった? (チャーリーとロスが笑う。一緒に笑い出したジョーイに)どうして君は笑ってるの?

Joey: Just seeing what it'd be like to be a paleontologist... it's fun, yeah!
 古生物学者だったらどんな感じかと思ってね。おもしろいよ、うん。

Charlie: So you're up for keynote speaker! Who's making the decisions?
 それじゃ、あなたは基調講演者の候補なのね! 誰が決定するの?

Ross: Professor Sherman, yeah. I’m meeting with him today.
 シャーマン教授だよ。今日会うことになってるんだ。

Charlie: He's a pretty tough guy to impress.
 彼の気持ちを動かすのは難しいわよ。

Ross: Yeah, well... I think I know how to dazzle him.
 ああ、でもまぁ、目くらましをすることができるさ。

Rachel: Oh... you're not gonna do a magic trick, are ya?
 まぁ・・あなた、手品とかするつもりじゃないでしょうね?

Ross: Tsz... NO!
 んな・・・まさか!(隠れて手品の旗を袖から出す)

(チャンドラーが来る)
Chandler: Hey, guys!
 やぁ、みんな!

Ross: Wait a minute, you guys. Oh, I wanna ask you something. I may get to speak at this paleontology convention and if I do, I'd love for you guys to come and hear me.
 ちょっと待って、みんな。君たちに聞きたいことがあるんだ。この古生物学会議でスピーチをするかもしれないんだけど、もしそうなったら、君たちに聞きに来てもらえたらうれしいんだけど。

Chandler: I think I can safely say that we all have family issues, work stuff and/or are sick.
 ここは安全に、俺たちみんな、家の用事とか、仕事があるとか、病気とかだって言っておくよ。

Ross: It's in Barbados.
 バルバドスであるんだけど。

Chandler: But you come first!
 でも、君が何より大事だ!

Rachel: I'm there!
 私も行く!

Charlie: We'll see you, guys!
 それじゃ、またね、みんな!

Joey: Bye.
 バーイ。

Rachel: Bye, see ya.
 バーイ、またね。

Chandler: Okay.
 オーケー。

Joey: All right. So how did it go at the fertility clinic?
 それで、不妊治療の病院どうだった?

Chandler: Not as much fun as last time. Apparently you only get porn if you're giving a sperm sample.
 前回みたいには楽しくなかったよ。精子サンプルを取らないときはポルノを見せてもらえないんだ。

Ross: So what did the doctor say?
 それで、医者はなんて?

Chandler: Well... there's surrogacy, but Monica has dreamt her whole life of carrying a child, she has felt that watching a surrogate would be... too hard for her.
 それが・・代理出産って案があるけど、モニカは子供を産むことを夢見てきたんだから、代理母を見てるのは彼女にはつらいだろうと思うんだ。

Joey: So you're ruling out surrogacy?
 それじゃ、代理出産ってのはナシなんだな?

Chandler: Yeah.
 ああ。

Joey: So, I don't have to learn what that means?
 それじゃ、その意味わかってなくてもいいんだな?

Chandler: Aside from adoption the only other choice is insemination, so... we're talking about sperm donors.
 養子を取ること以外でいうと、人工授精だから、精子提供者を探さないといけなくなる。

Joey: Enough said, I'm there for you, man. Where is she, upstairs?
 それで十分だ。俺がついてるぞ。彼女はどこだ、部屋か?

Chandler: Ah-ha!
 アーハ!(ジョーイを止める)

Ross: How do you feel about all this?
 どんな気持ちだ?

Chandler: I wish there was an easier way for us to have a child but I don't think there is one.
 もっと簡単に子供を持つ方法があればと思うけど、そんなのはないみたいだ。

Joey: Come on, Ross, be a good guy. Step up and do it!
 おい、ロス、いいヤツだろ。進み出て、やれ!

Ross: What? . . . What? NO! I am not going to give them Ben!
 何を?(ジョーイが耳打ちする)なに?! ダメ! ベンをあげたりしないぞ!

《シャーマン教授の部屋:説明するロス》

Ross: The data we are receiving from MRI scans and DNA testing of these fossils are - are staggering.
 MRIとDNAテストの結果から得られた、この化石の年代は、驚くべきものでした。

Professor Sherman: Mmm-mm.
 ふむ。

Ross: I mean, we've been accepting Leakey's dates as a given, but if they're off by even a hundred thousand years or so then you can - you can just throw most of our assumptions, you know, right in the trash. . . . So-so what I am saying is - is is that . . . is that the repercussions could be huge! I mean, not just in paleontology, but if-if you think about it, in evolutionary biology, uh, genetics, geology, uh, I mean, truly the mind boggles!
 (ノートを読む)リーキーの出した年代というのは当然とされてますが、でも、もし100万年の誤差としても、我々のさまざまな推測を捨て去ることになります。(ノートを捨て去る)ですから・・僕が言いたいのは・・(ノートを拾って読む)この影響は大きなものがありますよ。古生物学だけじゃなくて、考えてみると、進化生物学も、遺伝学も、地質学も、本当、とんでもないことになりますよ!

(夢中になって話していたが、見るとシャーマン教授は眠っている)

Ross: Oh, that's not what you want.
 あら。これは気に入らなかったみたいね。

《買い物に来たレイチェル、フィービー、チャーリー》

Shop assistant: Incentive For Men?
 男性用コロンはいかが?

Phoebe: Oh, I'll take some of that.
 あ、私それつけてもらうわ。

Rachel: Pheebs, that's for men!
 フィーブス、男性用よ。

Phoebe: No, I know, this way when I go to the party later Mike will know I am over him cause I'm gonna smell like another guy. Yeah. . . Okay. Oh good, I'm dating a Russian cab driver. . Seriously, does anyone buy this? I smell like beets.
 ええ、わかってるわ。これでパーティに行けば、他の男の匂いがするってことで、マイクに、もう彼を忘れたと思わせることができるじゃないの。はい。(スプレーをかけてもらって)オーケー、いいわ、私まるでロシアからきたタクシードライバーとつきあってるみたい。ほんと、こんなの買う人いるの? ビーツみたいな匂いなんだけど。

Charlie: So, you know what, I really like those jackets with the shoulder pads on them. Where do you think those would be?
 それじゃ、ねぇ、肩パッド入りのジャケットが好きなんだけど、どこにあるかしら?

Rachel: On Melanie Griffith in "Working girl". I think what you want is over here.
 「ワーキング・ガール」のメラニー・グリフィスが着てるわよ。あなたにいいのは、こっちにあると思うわ。

(Working Girl = 1988年の映画)

Charlie: See, I told you I needed someone! Oh, you know, by the way, as a "thank you", I would really love to take you out.
 ほらね、私には誰かが必要なのよ! ああ、ねぇ、ところで、お礼に、あなたとお出かけしたいわ。

Rachel: Really?
 ほんと?

Charlie: Yeah! Actually Joey and I are going to the movies tonight, wanna come?
 ええ! ジョーイと私は今夜映画を見に行くんだけど、あなたも来ない?

Rachel: Oh, I can't. Because I-I've seen them.
 ああ、ダメなのよ。だって、私もう見ちゃったから。

Charlie: You've seen all the movies...
 あなた、映画全部見たの。

Rachel: Yeah! I'm a big fan! Of the movies, you know. Motion pictures. The Talkies!
 そうよ! 私は大ファンなの。映画のね。動画っていうかトーキー?

Phoebe: Hey, Rach, will you come with me to a dressing room?
 ねぇ、レイチ、試着室に一緒に行ってくれない?

Rachel: Sure!
 ええ。

Phoebe: Okay!
 ね。

Charlie: Wha, you know, maybe we can do something else!
 ねぇ、何か他のことをしてもいいんじゃないかしら。

Rachel: You know, that depends on what it is! I've done a lot of stuff.
 そうね、それは何をするかによるわね! 私はほとんど何でもしちゃってるから。

《試着室に来たフィービーとレイチェル》

Phoebe: So what were you doing out there, do you not like Charlie?
 あなた、何をしてるの、あなた、チャーリーが好きじゃないの?

Rachel: She's okay, I just don't get a really good vibe from her!
 彼女は別にいいけど、なんとなく、雰囲気的によくないのよ。

Phoebe: Why?
 どうして?

Rachel: I don't know, you know, just the way she waltzed in here all smart, and tall! You know, and just swept Joey off his feet. I mean, nobody else has a chance!
 どうしてかな、私達の間にするっと入り込んできて、賢くて背が高くて! そしてジョーイをさらっていっちゃって。他の人にもチャンスをあげなさいっての。

Phoebe: Who else?
 他の人って?

Rachel: Anybody! You, me, you know, Monica's mom...
 誰でもよ。あなたとか、私とか、モニカのママとか・・

Phoebe: You like Joey?
 あなた、ジョーイが好きなの?

Rachel: Shhhhh! Phoebe! All right, look. I have a little thing for him.
 シーッ! フィービー! ねぇ、ちょっとそういう感じがあるのよ。

Phoebe: Oh, my God!
 なんてことなの!

Rachel: It's just physical and I have it totally under control, okay? It's just, when I see them together, sometimes I just get a little jealous!
 体だけのことなのよ。ちゃんと気持ち抑えてるし。ただ、2人が一緒にいるのを見ると、ちょっとヤキモチやいたりするのよ!

Phoebe: Uh, wow! Isn't it ironic that he liked you and now you like him?
 まぁ! 皮肉なものよね、彼があなたを好きだったのが、今度はあなたが彼を好きだなんて?

Rachel: I get it!
 わかってるわよ。

Phoebe: All right, as long as it is under control, you know, you can't do anything about it, he's already dating her, and she is a nice person, that wouldn't be right.
 ねぇ、抑えていかなきゃ、何もしちゃダメよ、彼はもう彼女とつきあってるんだから。彼女はいい人だし、間違ってるわ。

Rachel: I know, I know, so it is just not a big deal.
 わかってる、わかってるわ。たいしたことじゃないのよ。

Phoebe: Yeah.
 そうね。

Rachel: So can we keep this between us?
 このことは誰にも言わないでね?

Phoebe: Sure!
 ええ。

Rachel: Okay, great, because I gotta get out of here, the smell of beets is killing me!
 よかった。じゃあここ出るわ。あなたのそのビーツの匂いで死にそう!

(レイチェルが出ようとすると、隣の試着室からチャーリーが出てくる)

Phoebe: Any chance Charlie has a deaf twin?
 チャーリーに、耳の聞こえない双子がいるとかってことない?

《モニカの部屋:チャンドラーが男性を伴って帰ってくる》

Monica: Hi, honey!
 ハーイ、あなた!

Chandler: Hey! Look, I brought a friend for dinner, this is Zack, from work!
 やぁ、ほら、食事に同僚を招待したよ、ザックっていうんだ。

Monica: Oh, of course, it's so nice to see you again, Zack!
 あら、どうも、また会えてうれしいわ、ザック。

Zack: You too.
 こちらこそ(握手)

Chandler: You guys haven't actually met before, but, boy! You're both polite! .. Go to have a seat Zack, and I'll get you a beer.
 君たち会うの初めてなのに、2人とも礼儀正しいね。あちらで座って、ザック。ビールを持ってこよう。

Monica: I got it.
 私が。

Zack: Thanks.
 ありがとう。

Chandler: So, Zack's pretty nice, huh?
 (モニカに)ね、ザックっていい感じだろ?

Monica: Yeah, I guess.
 ええ、そうね。

Chandler: So, how would you like to have a baby that's half yours and half his!
 それじゃ、君と彼との子供を持つ気はない?

Monica: …Excuse me?
 ・・なんですって?

Chandler: Well, we're talking about sperm donors and Zack may be the guy! I mean, look, he's intelligent, he's healthy, he's athletic, I mean, he is "sperm-tastic"!
 精子提供者の話だよ。ザックがいいんじゃないか! 彼は頭もいいし、健康だし、運動もできる。つまり彼は「精子晴らしい」よ!

Monica: Chandler, this is crazy! What did you even say to him! "Come up, meet my wife! Give us your sperm"!
 チャンドラー、どうかしてるわよ! 第一彼に何て言ったのよ!「来てうちの妻に会ってみて! 精子ちょうだい」?

Chandler: No, I invited him to dinner so you could get a chance to get to know him! You know, if we go through a sperm bank you never meet the guy, get to check him out.
 違うよ、夕食に誘っただけだよ、彼を知ることができるだろう。精子バンクを通したら、そいつをよく知ることはできないからな。

Monica: Chandler!
 チャンドラー!

Chandler: I'm telling you, he's great! I mean, even if my sperm worked fine, I'd think he'd be the way to go!
 本当だって、やつはいいやつだよ。たとえ俺の精子がちゃんと働いたとしても、彼のを使いたいくらいだよ。

Monica: I'm not going to be a part of this! You can't just bring some random guy at home and expect him to be our sperm donor!
 私、関わりたくないわよ。適当に人を連れてきて、精子提供を頼むなんてできないわよ!

Chandler: Okay!
 わかったよ!

Monica: Uh!
 そう!

Chandler: Zack!
 ザック。(ビールを持っていく)

Zack: Thanks! Do you have a coaster? I don't wanna make a ring.
 ありがと。コースターある? コップの跡がつくとイヤだから。
(これを聞いて急に興味を持つモニカ)

Monica: Tell me about yourself, Zack!
 あなたのこと教えて、ザック!

《試着室の前で話し合うレイチェルとフィービー》

Rachel: Oh, God, do you think she heard? It would be so bad if she heard!
 ああ、どうしよう。彼女聞いたかな? もし聞いてたら最悪よ!

Phoebe: Well, maybe she didn't hear! Okay, I'm gonna go into that dressing room, you stay in here and I'll talk and see if you can hear me.
 もしかしたら聞いてなかったかも。じゃ、私あの試着室に行ってみる。あなたはここに残って、私が何かしゃべるから聞こえるかどうかみて。

Rachel: Okay, great!
 わかった。いいわ!

(チャーリーがいた試着室に入るフィービー)

Rachel: Oh, thank God, I can't hear a word that you're saying!
 ああ、よかった! あなたの声、全然聞こえないわ!

Phoebe: I didn't say anything yet!
 (顔を出して)まだ何も言ってないわよ。

Rachel: Well, get back in there and talk!
 (顔を出して)じゃあ戻って話してよ!

Phoebe: I'm Rachel. It's so annoying when I put Emma on the phone to talk with my friends.
 (試着室内で)私はレイチェル。私がエマを電話に出させて、友達と話をさせるのって、うっとおしいわよね。

Rachel: What!?
 (出てきて)なんですって?

Phoebe: Well, some things are just hard to say to your face.
 (出てきて)だって、面と向かって言いにくいこともあるわよ。

Rachel: Okay, well, I heard that! Which means that she heard it too!
 とにかく、聞こえたわよ! ってことは、彼女も聞いたんだわ!

Phoebe: Ooh! We have a problem.
 ああ! これは問題だわ。

Rachel: Oh! What are we gonna do?
 ああ、どうしよう?

(奥の試着室から女性が出てきて声をかけてくる)

Stranger: Just be honest with her.
 正直に話すことね。

Rachel: Oh, my God!
 あぁ、もう、なによ!

Stranger: And it is annoying when parents put their baby on the phone.
 それに、親が赤ちゃんを電話に出させるのは確かにうっとおしいわ。

Rachel: All right! Enough out of you!
 わかった! もういいわよ!

《ジョーイの部屋:電話が鳴る》

Joey: Hello?
 もしもし?

Ross: Joey! Hey, I need to talk to Charlie. Is she there?
 ジョーイ! やぁ、チャーリーと話したいんだけど、そこにいない?

Joey: No. no... eh... she went shopping with Rachel. Why? What's up?
 いや。彼女はレイチェルとショッピングに行ってるんだ。なんで? どうした?

Ross: I'm meeting with professor Sherman about my being the keynote speaker...
 僕、シャーマン教授と、基調講演について話しにきてるんだけど。

Joey: Oh! How's it going?
 ああ、調子はどう?

Ross: It could be better! He, uhm... he fell asleep!
 最悪だよ! 彼は・寝ちゃったんだよ!

Joey: What!? But I already bought my ticket to Bermuda!
 なに? でも、もうバミューダ行きのチケット買っちゃったのに。

Ross: Barbados.
 バルバドスだよ。

Joey: Fine, I'll rent a car and drive. Ross, you have to get that job!
 わかったよ。じゃあ車借りて行くよ。ロス、絶対選ばれてくれよ!

Ross: What am I supposed to do? He's out cold! In fact he was just talking in his sleep before and evidently he wants someone named Fran to spank him harder.
 どうしたらいいんだよ? 彼は意識もないんだぞ! さっきなんて、寝言で、フランっていう人にもっときつく叩いてほしいって言ってたんだよ。

Joey: Well, just wake him up!
 とにかく起こせよ。

Ross: I can't! If he realizes that I'm the one that put him to sleep, I won't get the job!
 できないよ! 僕の話で寝たってことに気がついたら、選ばれないよ!

Joey: Uh! That's a tough one. Oh! Wait a minute, this happened to me before! Yeah, I was auditioning for a play and the producer fell asleep and... no.. wait a minute... it was me who fell asleep. Yeah, I mean, hey, Shakespeare, how about a chase scene once in a while!?
 ああ、これは困ったな。ああ、ちょっと待て。以前、俺にもそういうことがあったぞ。ああ、オーディションの時だったけど、プロデューサーが寝てしまって・・あれ・・待てよ・・・寝ちゃったのは俺だったよ。ああ、そうだよ。シェークスピア、たまには追跡シーンとか入れてくれよ!

《モニカ達の部屋》

Monica: Hey, guys! Dinner's ready!
 ねぇ、あなた方、お食事の用意ができたわよ!

Zack: Oh! I'm gonna go wash up first. . . Thanks!
 ああ、手を洗いに行ってくるよ。(チャンドラーがバスルームを指差す)ありがと!(立ち去る)

Chandler: So what do you think? I want that guys genes for my kid! Those eyes, those cheekbones!
 それで、どう思う? 俺は、あいつの遺伝子の子供が欲しいよ。あの目、あの頬骨!

Monica: Okay, there's enthusiastic and there's just plain gay!!
 ちょっと、熱心ね。ただのゲイってことかしら!

Chandler: You don't like him.
 彼を好きじゃないのか。

Monica: I think he is fine! But we don't know anything real about him. I wish we could get more information.
 彼はいいと思うわよ。でも、実際彼のことは何も知らないんだもの。もっと情報があればと思うけど。

Chandler: All right! Just follow my lead!
 わかったよ。じゃあ俺に従って。

(ザックがバスルームから戻り、みんなテーブルにつく)

Zack: You guys have such a great place here.
 ここは素敵な部屋だね。

Chandler: Oh! Thanks, I'm crazy about our place. Hey! speaking of crazy... do you have a history of mental illness in the family?
 ああ、ありがとう、僕はこの部屋がおかしいくらい好きだよ。ああ、おかしいといえば、君の家族には、精神病とかの人っている?

Zack: Um, no. Although, I did have an uncle who voted for Dukakis.
 あー・・いいや。でも、デュカキスに投票した叔父がいますけどね。

(Michael Dukakis = 1933年生まれの政治家)

Chandler: That's really not the kind of thing we are looking for, Zack.
 そういうことを聞いてるんじゃないんだよね、ザック。

Zack: Okay.. So eh. . tell me, how did you guys meet.
 (困った顔)そう・・それじゃ・・君たちって、どうやって知り合ったの?

Monica: Oh, friends first, drunk in London, you know the story. I've got a better question for you. Do you or any of your blood relatives have diabetes?
 ああ、最初は友達で、ロンドンで酔っ払って、そんなところよ。もっといい質問があるわ。あなたとか、親戚の人とかに、肥満の人いる?

Zack: …No.
 ・・・いいや・・。

Monica: Heart Disease? Alzheimer’s? Gout?
 心臓病は? アルツハイマーは? 痛風は?

Zack: You guys don't have people for dinner a lot, huh?
 君たち、あんまり人を食事に招かないでしょ?

Monica: We're just making conversation.
 ただの話題作りと思って・・。

Zack: Yeah, well. Okay. I heard a joke today. It's pretty funny...
 ああ、そうか。それじゃ、今日、ジョークを聞いたんだけど、とてもおもしろくて・・

Chandler: You know what's not funny? Male Pattern Baldness.
 おもしろくない話があるよね? 禿げ頭だよ。(モニカがザックの頭をチェックしてチャンドラーにOKサインをしてみせる)

Zack: Okay, listen, you guys have shown a lot of interest in me tonight and I'm flattered and... and quite frankly a little frightened. Can we just talk about something else?
 そう。ね、君たち、僕に興味を持ってくれるのはいいけど・・正直言ってちょっと怖いよ。何かほかの話をしない?

Monica: Sure!
 いいわよ!

Chandler: All right.
 いいよ。

Zack: Ravioli's delicious!
 ラビオリはおいしいよ!

Chandler: I noticed you were enjoying that Ravioli with a beautiful set of teeth. Did you have braces as a child?
 君、そのラビオリを美しい歯で楽しんでいるようだね。子供の頃、歯列矯正した?

Zack: No, I didn't.
 いや、してないよ。

Monica: Yes!!
 やった!(チャンドラーとハイタッチ)

Chandler: We're teeth people, Zack!
 僕ら、歯が好きでね、ザック。

《試着室から戻るレイチェルとフィービー》

Rachel: All right! Let's just do it. Let's just go over there and see if she heard.
 いいわ、とにかくいってみましょ。行って、彼女が聞いたかどうか確かめましょう。

Phoebe: Good plan.
 いいわね。

Rachel: Okay. . . Wha...? where? Where are you going?
 オーケー・・(フィービーは遠ざかって行く)な? どこへ、どこへ行くのよ?

Phoebe: Oh! I'm sorry, Rachel, I don't have time for your childish games, okay? I still have to go find something incredible to wear so I can beat Mike at "who's more over who"!
 あら、ごめんなさいね、レイチェル、私、子供のお遊びにつきあってる暇はないのよ。私は、何かすばらしいドレスを見つけて、「どっちがどっちを乗り越えたか」っていう戦いでマイクに勝つんだから。(立ち去る)

Rachel: Hey, hi! Hey, where've you been?
 (チャーリーに)ハーイ、ねえ、どこにいってたの?

Charlie: Oh! trying on clothes.
 ああ、試着してたのよ。

Rachel: Oh! Wi... in the dres... in the dressing room!? Well, that's so weird! Phoebe and I were just trying on clothes in the dressing room. Gosh, it's just such a small world!
 あら、じゃ・・その・試着室に? まぁ、それは変ね。フィービーと私も試着室で試着してたのよ。ああ、世間は狭いわね。

Charlie: Rachel, I heard you two guys whispering.
 レイチェル、あなた達がこっそりしゃべってたの聞いたのよ。

Rachel: Oh, God. You did. You heard. Okay, listen, let me explain.
 ああ、そうなの、聞いたのね。わかったわ、ね、説明させて。

Charlie: No! There's nothing to explain. I heard you. Phoebe likes Joey.
 いいのよ! 説明することなんてないわ。聞いたんだもの。フィービーがジョーイを好きなんでしょう。

Rachel: …… Yeah.
 ・・・ええ。

Charlie: It's just... I don't understand it. I mean, Phoebe likes Joey and then she comes here to buy a dress to impress another guy?
 ただ・・わからないのよね。フィービーはジョーイを好きで、それなのに他の人を気を引くためのドレスを選ぼうとしてるわけでしょ?

Rachel: Yeah! That's Phoebe. That's Phoebe. You know, she just wants them all! It's like she's a nympho!
 ええ、それがフィービーよ。そういう人よ。彼女はすべてが欲しい人なの。ちょっと彼女、色情狂みたいな。

Charlie: Wow!
 ワオ・・

Rachel: Yeah...
 そうよ・・

Charlie: You know, by the way. I heard you tell her not to do anything. Thanks for sticking up for me. You are such a nice person.
 ところで、あなた、何もしないように言ってくれたわね。私のためにありがとう。あなたは本当にいい人ね。

Rachel: I try...
 努めてるわ。

《シャーマン教授のオフィス:まだ眠っている教授》

(ドアをふさいでいるシャーマン教授の椅子を回って出ようとしたが、結局シャーマン教授の膝に座って、起こしてしまう)

Ross: Oh, my God! You really want me to be the keynote speaker? Thank you!
 (膝の上に座ったまま)ああ、本当に?! 本当に僕に基調講演スピーチをさせてくれるんですか? ありがとう!(ハグ)

Prof. Sherman: You're welcome.
 ・・・どういたしまして・・(ロスが再びハグ)

《セントラルパーク:クッキーを食べているジョーイ》

(セクシーな黒いドレスのフィービーがジョーイの前に立つ)

Joey: Wow! You look...... stop-eating hot! Which is like the highest level of hotness!
 ワオ・・・君・・(クッキーを置く)食べるのやめるくらいホットだよ! それは最高レベルだぞ。

Phoebe: Are you sure? Because I'm really dreading going to this party.
 本当に? でも私、このパーティに行くのがすごく怖いの。

Joey: Then don't go!
 じゃあ行くなよ。

Phoebe: Mike knows I'm coming, and if I don't show up he'll think it's because of him! And I don't want to lose face! That's a very serious thing in my culture.
 マイクは、私が来ると思ってるのよ。もし私が行かなかったら、彼のせいで来ないと思われるのよ。そんなの、面目まるつぶれよ! 私の文化では、これは深刻な問題よ。

Joey: All right, then you go to that party and you pretend to be over Mike. And afterward you come to my place and I'll get you good and drunk!
 それじゃ、パーティに行って、マイクのことは乗り越えたフリをしてこい。それが終ったら、うちへ来い、酔っ払わせてやる!

Phoebe: You got it! Okay. But not on the wine that you made, okay? Because I just don't want to go back to the emergency Room.
 わかった! いいわ。でも、あなたの作ったワインはもうやめてね。だってまた救急にかけこみたくないから。

《セントラルパークの前:店から出てきたフィービー》

Phoebe: David?
 (デビッドを見かける)デビッド?

David: Phoebe! Hi!
 フィービー! やぁ!

Phoebe: Oh, my God!
 まぁ、驚いた!(ハグ)

David: Wow, you look unbelievable.
 ワオ・・君、信じられない美しさだよ。。

Phoebe: Yeah. What-what are you doing here?
 ええ。あなたは、ここで何をしてるの?

David: Well, I'm back from Minsk. Permanently.
 僕はミンスクから戻ったんだよ。完全にね。

Phoebe: What happened?
 何があったの?

David: Well, remember how I was trying to achieve the positronic distillation of subatomic particles?
 亜原子粒子の陽電子蒸留を達成しようとしてきたのは覚えてるよね?

Phoebe: Yeah?
 ええ。

David: Well, after eight years of research I discovered that it can't be done.
 8年間のリサーチの結果、できないことがわかった。

Phoebe: Well, it's great that you're back! How are you?
 まぁ、でも、あなたが戻ってきてよかったわ! 元気?

David: Good, good. Life is good...
 元気だよ、元気。順調だよ。

Phoebe: Good!
 よかった。

David: Ah, well, I-I'm seeing someone.
 ああ、それに僕はつきあってる人がいるんだ。

Phoebe: Oh, good for you.
 ああ、よかったわね。

David: Yeah. She's also a scientist, so she's very smart and pretty and... well, it's actually because of you, really, that we're together, I mean, I saw what you had with that Mike guy, and I just said "Boy, I want that".
 うん。彼女も科学者でね。彼女はすごく頭が良くてかわいくて、それというのも、実は君のおかげなんだよ。君とマイクっていう人のことを見て、「ああ、僕もああいうのがほしい」って思ったんだ。

Phoebe: Mike and I broke up.
 マイクとは別れたわ。

David: You're kidding me. Because I'm not seeing anybody, I just totally made that up.
 冗談でしょ。僕は誰ともつきあってなんかないよ。今のは作り話。

Phoebe: Really?
 本当?

David: Yeah, I don't know why, I'm sorry, I guess I just didn't want to lose face.
 ああ。どうしてだろう、ごめんよ。多分、面目を保ちたかったんだろうな。

Phoebe: I understand. Yeah. Okay, so then okay. So we're both living in New York, not seeing anyone. That's so not like us!
 わかるわ。それじゃ、ええ、そうね、そうしたら、私達2人ともニューヨークに住んでて、誰ともつきあってない。そんなの私達らしくないわね。

David: Yeah, I know. Well... this is probably a stupid question, seeing that you look like that, but do you have some place that you need to be right now?
 ああ・・そうだよね。君のそのドレスから考えて、これは愚かな質問かもしれないけど、でも、君はこれからどこかへ行かなきゃいけないの?

Phoebe: Well…… no.
 そうね・・・いいえ。

David: Do you wanna get a drink?
 何か飲みに行く?

Phoebe: I'd love to.
 喜んで。

David: Great.
 よかった。

Phoebe: Okay.
 行きましょ。

David: Do you smell beets?
 君、ビーツの匂いしない?

Phoebe: All right, stay upwind of me.
 そうだわ。風上にいて。

(チャーリーとレイチェルがフィービー達を見かける)

Charlie: Hey, there's Phoebe! Is that Mike she's with?
 あら、フィービーよ。あの人がマイク?

Rachel: No, that's David.
 いいえ。あれはデビッドよ。

Charlie: There's a third guy?
 3人目の人がいるの?

Rachel: Tip of the iceberg.
 氷山の一角よ。

《モニカ達の部屋》

Zack: I'm gonna take off now. You're gonna let me go home, aren't you?
 僕はもう帰るよ。帰らせてくれるよね?

Chandler: You sure you don't wanna stick around a little longer?
 本当に、もうちょっとゆっくりしていかない?

Zack: No, no, I should get home, I'm kinda tired.
 いや、いや。もう帰らないと。疲れたしね。

Chandler: Are you just tired now? Or are you always tired? Because that could be a sign of clinical depression.
 今ちょっと疲れただけ? それとも、いつも疲れてる? ウツの兆候かもしれないから・・。

Zack: No, it's just tiring having to figure out the age at which all my grandparents died. I'll see you tomorrow.
 違う。祖父や祖母達みんなの死んだ年を考えるのに疲れただけだよ。また明日。

Chandler: Okay. . . I think we've found our sperm!
 わかった。(ザックは帰る)俺たちの精子を見つけたぞ!

Monica: Does seem pretty perfect.
 本当に完璧みたいね。

Chandler: Yeah, you think so, well? Should I ask him?
 ああ、君もそう思うだろ? 彼に聞いてみる?

Monica: … No.
 ・・・いいえ。

Chandler: Why not? Just because his great-grandmother was obese, our kids are gonna get that from you anyway!
 どうして? ひいおばあさんが肥満だから? 僕らの子は君の遺伝子でどうせ太るよ。

Monica: No, that's not it. It's just that when we were asking him all those questions before, I just... I just realized I don't care if he's the most perfect guy in the world... he's not you.
 違うの。そうじゃないの。彼にいろいろ質問をしていた時に気づいたの。彼が世界一完璧な人だとしても、彼はあなたじゃない。

Chandler: Yeah, he's better!
 そうだよ、俺よりいいよ!

Monica: No, he's not. And if I can't get pregnant with you, then I don't want to get pregnant by... him or anyone else.
 いいえ、違うわ。あなたの子を妊娠しないんだったら、ほかの誰の子も妊娠したくないわ。

Chandler: Really? Are you sure?
 ウソ・・本当に?

Monica: Yeah, I'm sure.
 ええ、本当に。

Chandler: Thank God, because I don't wanna do this either. You know, I was just doing because I thought that was what you wanted to do. You know, I'm the husband, I'm supposed to... bring the sperm.
 ああ、よかった。実は俺も気が進まなかったんだ。でも、君がそうしたいかと思ってたんだ。俺は夫なんだからね、精子を届けるのが役目だろ。

Monica: That is so sweet. I love you.
 優しいのね、愛してるわ(キス)

Chandler: So you know this leaves us with...
 そうすると、俺たちにできるのは・・

Monica: Adoption.
 養子ね。

Chandler: How do you feel about that?
 それについてはどう思ってる?

Monica: I think I feel okay about it. Actually I think I feel really good about it.
 私はそれでもいいと思ってる。実は、それってすごくいいと思ってるわ。

Chandler: Me too. I wanna find a baby that needs a home and I wanna raise it with you. And I wanna mess it up in our own specific way.
 俺もだよ。家が必要な赤ちゃんを見つけて、君と育てたいよ。僕ら独自の方法でめちゃめちゃにしちゃうんだ。

Monica: So this is it, we're really gonna adopt?
 それに決まりなのね。私達、養子を受け入れるのね?

Chandler: Yeah.
 ああ。

Monica: Oh, my God, we're gonna be parents!
 ああ、すごいわね、私達、親になるのね。

Chandler: We are gonna be great parents.
 私達、素敵な親になれるわよ!

Monica: And it could be soon. I mean, think about it: right now, somewhere out there our baby could be being conceived.
 もうすぐかもしれないのよ。考えてみれば・・(窓の外を見る)今にも、その赤ちゃんができているのかもしれないわ。

Chandler: Wait, if we're lucky, and we're really really really quiet, we may be able to hear the sound of a condom breaking!
 待てよ、もし運が良ければ、そして、すごくすごくすごく静かにしてれば、コンドームが破れる音が聞こえるかもしれないよ!(ハグしながら外を見つめる)

《ザックのオフィス》

Chandler: Hey, Zack!
 やぁ、ザック。

Zack: Hey, Chandler.
 やぁ・・チャンドラー。

Chandler: Look, I just wanted to apologize for last night. I got the feeling we made you a little uncomfortable.
 昨日のことを謝りたくてさ。君をちょっと居心地悪くさせちゃったんじゃないかと思って。

Zack: No, you didn't.
 いや、そんなことないよ。

Chandler: Really?
 ほんと?

Zack: No, you did.
 ああ、そうだった。

Chandler: My wife and I have some boundary issues, you know, sometimes we ask inappropriate questions. We're working on it.
 妻と僕は、ちょっと出過ぎたところがあってね。時々、あり得ないことを聞いちゃうんだ。改めてるところだよ。

(妊娠中の秘書が、ザックに書類を届ける)

Jeanette: Here are the boards for Friday's pitch.
 金曜日の絵コンテよ。(ザックに渡して、すぐ出て行く)

Zack: Oh, thank you.
 ああ、ありがとう。

Chandler: You wouldn't know if Jeanette's planning on keeping her baby, would ya?
 ジャネットって、子供手放す気あるかどうか、知らないよね?







にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 18:09| Comment(0) | Season 9 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。