2013年11月22日

8-24 The One Where Rachel Has A Baby Part 2

8-24 レイチェルに赤ちゃんが生まれる話 Part 2

 ☆ママにプロポーズを − Part 2☆

Phoebe: Previously on friends.
 全体までのフレンズ。

Rachel: For seventeen hours I’ve been at this. How many centimeters am I dilated?
 もう17時間もこうしてるのよ! 何センチ開いてるんですか?

Dr. Long: Three.
 3センチよ。

Ross: Just three?! I’m dilated three!
 たった3センチ? 僕だって3センチ開いてるよ!

(子供を持とうと話すモニカ夫妻)
Chandler: We talk about having babies someday.
 いつか子供を持つってことを話してきたじゃないか。

Monica: So we’re gonna try?
 それじゃ、やってみる?

Chandler: Right here?
 ここで?

Monica: No, not here. . Maybe here.
 いえ、ここでじゃないけど。・・ここでもいいかも。

(ロスに指輪を渡すゲラー母)
Mrs. Geller: This is your grandmother’s engagement ring, I want you to give it to Rachel.
 これはおばあちゃんの婚約指輪よ。これをレイチェルに渡して。

Ross: Mom, no.
 かあさん、ダメだよ。

Mrs. Geller: This isn’t some girl you picked up in a bar and humped.
 本当に! ロス、彼女はどこかのバーで拾ってやっちゃった子と違うのよ。

(エレベーターに乗り込む男性がフィービーに)
Man: I take it you’re just visiting someone?
 君は誰かをお見舞いに来たんだよね。

Phoebe: Uh huh, yeah.
 ええ、そうよ。

Man: Wanna visit someone else?
 誰か他の人も見舞ってみない?

Phoebe: Yeah, I would like that.
 そうね! それはいいわね。

Phoebe: That’s him.
(男性の部屋を見つけて)彼だわ。

Joey: Great. Go get him.
 よかったな。行ってこいよ。

Phoebe: Or maybe you could go in first.
 まずあなたが行って。

Joey: I’m Dr. Drake Ramoray. I have a few routine questions. Do you sleep with woman and never call them again?
 (男性の病室で)僕はドクター・ドレイク・ラモーレ。きまりの質問をしに来たんだ。君は女性と寝て、二度と電話しない人か?

(レイチェルと相部屋になったジャニス)
Janice: Oh, my God!
 オーマイゴッド!

《病院内の他の空室》

Chandler: Should we tell Rachel there’s an empty private room right next door to hers?
 俺たち、レイチェルに、隣の個室が空いてるよって教えるべきじゃないかな?

Monica: We could, or we could have sex in it.
 そうね。それか、そこでセックスしてもいいわね。

Chandler: Well, let me think about that, while I remove my pants!
 そうだな、パンツを脱ぐ間にそれ考えるよ。

Monica: Okay, mister! Fertilize me!
 (ベッドに横になり)いいわ、あなた! 受胎させて!

(突然隣からジャニスの笑い声が鳴り響く)

Monica: Does that sound like Janice?
 あれジャニスの声みたいじゃなかった?

Chandler: If it’s not, then there’s two of them. And that would mean it’s the end of the world!
 もしそうじゃなかったら、2人いるってことだ。つまりそれは世界の終わりだ。

《レイチェルの部屋》

Monica: Hey!
 ハーイ!

Ross: Hey!
 やぁ。

Chandler: Hi.
 やぁ。

Rachel: Oh, hi.
 あら、ハーイ。

Monica: I can’t believe this is taking so long. How are you doing?
 こんなに長引くなんて信じられないわね。具合はどう?

Rachel: Oh, not bad. Do you know that feeling when you’re trying to blow a Saint Bernard out your ass?
 悪くないわ。お尻からセントバーナード出そうとするってどんなか知ってる?

Chandler: Weirdest thing. Did I hear−Mother of God, it’s true!
 おかしなことなんだけどな、俺、聞こえたような・・(看護師がカーテンをあけジャニスが見える)ああ、神様、本当だったんだな!

Janice: Chandler Bing!
 チャンドラー・ビング!

Chandler: Ja-Janice!
 ジャ・ジャニス!

Ross: Not just Janice, Janice in labor, contracting and everything.
 ただのジャニスじゃないよ。お産しようとしてるジャニスだ。陣痛とかもあるんだ。

Janice: Oh, this should be easy. I have a very wide pelvis. You remember Chandler.
 あら、それは簡単なはずよ。私骨盤が大きいから。知ってるでしょ、チャンドラー。

Chandler: Janice, I didn’t even know you were pregnant! Who’s the unwitting human who’s essence you’ve stolen?
 ジャニス、君が妊娠してるなんて知らなかったよ。何も知らずに君に精力を吸い尽くされてる男は誰?

Janice: It’s you. This is yours.
 あなたよ。これはあなたの子よ。

Chandler: What?!
 なにっ?

Janice: Look how nervous he gets! We haven’t slept together in years!
 この怯えた顔見て! もう何年も寝てないのに! (笑う)

Chandler: That’s funny. Does it-does it hurt? Does the labor hurt?
 おもしろいね。それ痛い? 陣痛、痛い?

《816号室》

Phoebe: Okay, I’ve got one for you, if you had to which one would you rather eat, a seeing eye dog or a talking gorilla?
 ひとつ思いついたわ。どうしても食べなきゃならないってことになったら、盲導犬か、話せるゴリラか、どっちにする?

Cliff: I’d have to say…the talking gorilla, because at least I can explain to him that you’re making me eat him.
 そうだな・・話せるゴリラだ。少なくとも、君に無理強いさせられてると説明できるからね。

Phoebe: Somebody went to college. Wow. . . What is it? I’m sorry.
 さすが大学出ね。ワオ! (クリフの表情が変わる)どうしたの? ごめん。(もたれていたので離れる)

Cliff: No, I’m sorry. It’s just my foot itches like crazy.
 いや、違うんだ。足がかゆくておかしくなりそうなんだよ。

Phoebe: Oh, I’ll get it.
 ああ、わかったわ。(スプーンで掻いてあげる)

Cliff: Wow! I usually get to know a girl a little better before I let her spoon me.
 ワオ! 普通なら、もっとよく知り合うまでは、スプーンで掻いてもらったりしないんだけどな。

Phoebe: Relax, it’s not like we’re forking.
 リラックスして、フォークで突ついたりしないから。

《レイチェルの部屋》

Rachel: Oh, that’s five, Ross. Five women have had five babies! And I have had no babies! Why doesn’t she want to come out?
 ああ、もう5人よ、ロス。5人もの女性が5人の赤ちゃんを産んじゃったわ。そして私はまだよ! どうしてこの子、出てきてくれないの?

Ross: You know what I think it is? I think you’ve made such a nice home for her over the last nine months that she just doesn’t want to leave.
 思うんだけどね、赤ちゃんはこの9ヶ月、君のおなかの中にいてあまりにも気持ちよかったから、出たくないんじゃないかな。

Rachel: Oh. Look at you making up crap for me. Oh, God!
 ああ、もうそんなバカなこと言ってくれちゃって。ああ、もう!

Dr. Long: Twenty-one hours. You’re a hero.
 21時間ね。あなたはヒーローだわ。

Rachel: Doctor, you gotta do something! I think you gotta give me drugs or you gotta light a fire up in there and just smoke it out.
 先生、何とかしてください! 薬かなにかください。それか、火をたいていぶし出して!

Dr. Long: Actually, I think you’re ready to go to the delivery room.
 あなた、もう分娩室に移れるわよ。

Rachel: What?
 えっ?

Dr. Long: Ten centimeters, you’re about to become a mom.
 10センチ開いてるわよ。あなたももうすぐママよ。

Rachel: My God. Okay. . .Ha-ha-ha, beat ya! Sucker!
 ああ、神様。(他の産婦が入ってくる)ハハハ! 勝ったわよ! ダメね!

《816号室:テレビにドクタ・ドレイクが映る》

Cliff: Oh, my God! That’s the doctor who was in my room before!
 なんだこれは! あのドクター、さっきここに来たぞ!

Phoebe: Huh. Okay, Mr. Percocet.
 あら。痛み止め薬の飲み過ぎね。

(Percocet = 痛み止め薬)

Cliff: I’m telling you! The guy from that show was here in my room, asking me all these weird questions!
 本当だよ! あのドラマのあの人がこの部屋に来たんだ。いろいろ変な質問をしてきたんだよ。

Phoebe: Cliff, do you really believe that a character from a TV show was here in your room?
 クリフ、テレビドラマのキャラクターがこの部屋に来たなんて、本当に思ってるの?

(ジョーイが飛び込んでくる)
Joey: Rachel’s having her baby!!
 レイチェルが出産するぞ!

Cliff: That’s him! You know him?
 彼だよ! この人知ってるの?

Phoebe: Okay. Okay. I−Okay umm…this…I-I sent my friend Joey in here to find out stuff about you. Umm you know, if it helps you came off great. A lot better than I’m coming off right now.
 わかった、わかったわよ。これは・・その・・友達のジョーイに、ここに来てあなたのことがいい人かどうか、探ってもらったの。ずっといい人ってことがわかったわ。今の私よりもね。

Cliff: I don’t believe this. You got him to pretend he was some fake doctor?
 信じられない。君は彼にニセモノドクターのふりをさせたのか?

Joey: Fake? Excuse me? Hello?
 偽物だって? もしもし?(テレビ画面を叩く)

Cliff: And then you tried to make me think that I was crazy?
 それなのに君は、僕がおかしいなんて思わせようとしたのか?

Phoebe: You’re right, that was wrong. I’m sorry. I’m so sorry. It’s just that I liked you so much. Can we just, can we just start over?
 その通りよ。悪かったわ。ごめんなさい。本当にごめんなさい。あなたがとても好きだからなのよ。最初からやり直せないかしら?

Cliff: I don’t think so.
 それはできないな。

Joey: Uh, if I may? Umm-umm look, Cliff, you told me a lot of personal stuff about you, right? And maybe-maybe it would if-if would help if-if you knew some personal stuff about her. Uh, she was married to a gay ice dancer. Uh, she gave birth to her brother’s triplets. Oh! Oh! Her-her twin sister used to do porn!
 あー、ちょっといいかな? なぁ、クリフ、君はいろいろ自分のこと教えてくれたよな。彼女のことをちょっと聞いたらどうかな。彼女はゲイのアイスダンサーと結婚してた。それから、彼女は弟の三つ子を産んだ。あ、そうそう、それから彼女の双子の姉はポルノに出たことがある!

Phoebe: Uh Joey, we’re trying to dial down the crazy.
 ジョーイ、おかしなやつに見えないようにしてるのよ。

Joey: Right!
 そうか。

Phoebe: Umm, look, we don’t, we don’t really know each other so it would be really easy to just forget about this, but there seems to be something between us. And I don’t know about you but that doesn’t happen to me a lot.
 ねぇ、私達、お互いのことほとんど知らないんだから、忘れるのは簡単なことよ。でも、私達の間には何かある気がするの。あなたはどうか知らないけど、私にはそんなにあることじゃないの。

Cliff: It doesn’t happen to me either.
 僕にもそうないよ。

Joey: Me, neither.
 俺もだよ。

《分娩室のレイチェル》

Dr. Long: Push. Push. Come on, push for five seconds. 5…4…
 頑張って、頑張って、ほら、5秒力むのよ。 5…4…

Rachel: 3-2-1, oh!!
 (早口で3、2、1! ああ!

Dr. Long: Okay, the next contraction should be in about twenty seconds.
 次の陣痛はきっと20秒で来るわよ。

Rachel: I can’t. I can’t push anymore, I can’t.
 無理よ。もうこれ以上力めない、無理よ。

Ross: Sweetie, you’re doing great.
 レイチェル、君はすごくよく頑張ってるよ。

Rachel: Oh, God, twenty seconds, my ass!!
 ああ、20秒ですって。私のお尻が!

Dr. Long: Here we go! Okay, keep pushing! Wait! I see something.
 行くわよ! いいわね、力み続けるのよ! 待って! 見えてきたわ。

Ross: What? You do? You do? . . Oh, my God!
 えっ? 見える? 見える?(見に行く)オーマイゴッド!

Rachel: Don’t say, "Oh, my God!" Oh, my God, what?
 オーマイゴッドなんて言わないで。オーマイゴッドなに?

Ross: What is that?
 それ何?

Dr. Long: It’s the baby’s buttock, she’s breech.
 これは赤ちゃんのお尻よ。逆子だわ。

Ross: Oh, thank God, I thought she had two heads.
 ああ、神様! 頭が2つあるかと思ったよ。

Rachel: Oh, God. Is she gonna be okay?
 ああ! 彼女は大丈夫?

Dr. Long: She’s gonna be fine. Okay, she’s in a more difficult position so you’re gonna have to push even harder now. Go! Push!
 大丈夫よ。でもよけい難しいから、あなたもっと強く力まないとダメよ。ハイ! 力んで!

Ross: Go!
 頑張れ!

Dr. Long: Rachel, you’re gonna have to push even harder, nothing’s happening!
 レイチェル、もっと強く力まないとだめよ。全然変わらないわよ!

Rachel: I’m sorry, I can’t!
 ごめんなさい、無理よ!

Ross: Yes, you can!
 いや、できるよ!

Rachel: I can’t!
 無理よ!

Ross: Hey! Hey! Come on! You can! I know you can do this! Let’s go!
 ねぇ! ほら、頑張って! できるよ! 君ならできるよ。ほら!

Rachel: I can’t. Please, you do it for me.
 無理よ。お願い、あなたがやって。

Ross: No! Let’s go. One more time! One final push! Ready? 1…2…3!
 ダメだよ。頑張るんだ。もう一回! 最後にもう一回! いいかい? 1…2…3!(力んだ際、ロスが頭突きをされ倒れる)

Dr. Long: Good!
 いいわよ!

Ross: Keep pushing!
 (床から)力み続けて!

Rachel: Are you okay?
 だいじょうぶ〜?

Ross: You have no idea how much this hurts. . Keep going! Keep going!
 これがどんなに痛いか想像もつかないよ。(みんなに睨まれ)頑張って、頑張って!

Dr. Long: Here we go!
 産まれてきたわよ!

Ross: Oh! Oh! She’s upside down but she’s coming! She’s coming!
 ああ、ああ! 彼女上下反対だけど、出てきたよ、出てきたよ!

Rachel: Oh, God!
 ああ、神様!

Ross: Oh! Oh, my God oh! Oh, my God she’s here. . . . Oh, she’s…she’s perfect.
 ああ! ああすごい! すごいよ! 彼女が産まれてきたよ!・・完璧な子だよ。

Rachel: Oh, she’s so tiny. Where’d she go?
 ああ、すごく小さいわ。・・どこへ連れてくの?

Ross: Oh, it’s okay. They’re just-they’re just wrapping her up.
 ああ、大丈夫だよ。くるんでくれるだけだよ。

Rachel: Okay. Well, be careful with her, she’s really tiny.
 わかった。気をつけてね、本当に小さいんだから。

Dr. Long: Here she is!
 ほら来ましたよ!(赤ちゃんをレイチェルに抱かせる)

Rachel: Oh, hey, you. Thanks for coming out of me. . I know. Oh. Yeah. Oh, she’s looking at me. Hi! I know you.
 ああ、あなたなのね。私から産まれてくれてありがとう。・・そうよね、ああ、そうね。あ、私を見てるわ。ハーイ、やっと会えたわね。

Dr. Long: Do we have a name yet?
 もう名前は決まってるの?

Rachel: No, not yet.
 いいえ、まだよ。

Dr. Long: That’s fine, for now we’ll just call her Baby Girl Greene.
 いいわ。じゃあ今はベイビーガール・グリーンと呼ぶわね。

Rachel: Oh, no, Baby Girl Geller-Greene.
 いいえ、ベイビーガール・ゲラー=グリーンよ。

(ロスとレイチェルが見つめ合ってキス)

Rachel: Hello, Baby Girl.
 こんにちは、ベイビーガール。

《レイチェルの部屋:みんなが来る》

Phoebe: Can we come in?
 入っていい?

Ross: Oh, come in.
 ああ、入って。

Phoebe: Hi!
 ハーイ!

Joey: There she is!
 ああ、産まれたな!

Phoebe: Oh, she’s so beautiful.
 わぁ、本当にかわいいわね!

Rachel: Here.
 はい(モニカに赤ちゃんを抱かせる)

Monica: Oh, my God! She’s amazing. Oh, oh, I’m so glad you guys got drunk and had sex!
 ああ、すごい! かわいいわね。ああ、あなた達が酔っ払ってセックスして本当によかったわ!

Chandler: It’s incredible, I mean one minute she’s inside you and then 47 hours later here she is.
 素晴らしいな。さっきまで君のおなかのなかにいたのに、47時間後にはここにいる。

Joey: She looks so real! You know what I mean!
 (赤ちゃんを抱いて)すごく人間っぽいな!(みんなに見られ)意味わかるだろ!

Phoebe: Okay, my turn. My turn. . . Oh! You’re so cute! Oh, I could squeeze your little head! … I won’t.
 ねぇ、私の番、私の番よ。(抱いて)ああ、本当に可愛いわね! ああ、この小さな頭をギューって握りしめられそうね。(見られて)しないけど。

Monica: What’s the matter?
 (レイチェルが泣くので)どうしたの?

Rachel: Oh, nothing I… Sorry, I just can’t stop crying.
 何でもないの。ごめん、ただ泣けてしまうの。

Ross: The doctor says it’s completely normal with all the hormones. Plus, you-you’re sleep deprived.
 ドクターが、ホルモンのせいだから普通のことだって。それに、君は睡眠不足だしね。

Rachel: So? You guys are all sleep deprived. I don’t see you weeping because you put your slippers on the wrong feet. Oh, God.
 そう? みんなも睡眠不足でしょ。あなた達、スリッパの右左間違えたからって泣いてないわよ。ああ・・(さらに泣く)

Joey: What’s the matter now?
 どうしたんだ?

Rachel: I was reliving it.
 思い出したの。

Phoebe: Ohhh.
 ああ。(赤ちゃんをレイチェルに返す)

Chandler: So, do you know what you’re gonna call her yet?
 名前はもう決めた?

Phoebe: Oh, wait a minute, it’s not gonna be Baby Girl? I thought that was so original!
 あら、待って、ベイビーガールじゃないの? 個性的でいいと思ったのに。

Ross: Uh actually, we-we’ve narrowed it down to two names.
 実は、2つまで候補を絞り込んだんだ。

Rachel: Yeah, and you know what? I love them both, so why don’t you just pick one and that’ll be it.
 ええ。そのことだけど、両方とも気に入ったから、あなたがどちらか選んで、そちらにしましょ。

Ross: Wow! Umm, okay uh…everyone…this…is Isabella. . . What?
 ワオ! それじゃ・・みんな、この子は、イザベラだ。(レイチェルが泣き出す)なに?

Rachel: That’s not her name! I’m sorry, she just doesn’t feel like an Isabella.
 それこの子の名前じゃないわ! ごめんなさい。イザベラって感じしないの。

Joey: What was the other one?
 他の名前は何だった?

Ross: Umm, Delilah.
 デリラ。

Rachel: Oh, great! At least she sounds like a biblical whore.
 ああ、いいわね。聖書時代の売春婦みたい。

Ross: So I guess we’re back to uh, Baby Girl.
 それじゃ、またベイビーガールに逆戻りだ。

Phoebe: Yay!
 イエーイ!

Rachel: Well, what are we gonna do?
 それじゃ、どうする?

Monica: It’s okay, honey, you’ll find a name.
 大丈夫よ。いい名前が見つかるわよ。

Ross: Ugh, easy for you to say, you already know what your kids names are gonna be.
 ああ、君はそう言えるよね。君は子供の名前もう決めてるんだからな。

Chandler: You do?
 そうなの?

Monica: Yeah, I’ve had them picked out since I was fourteen.
 ええ。14歳の時から決めてあるの。

Chandler: Oh, no, it’s gonna be named after some snack or baked good, isn’t it?
 ああ、ウソだろ。スナックやお菓子の名前じゃないだろうな?

Rachel: Well, tell us! What are they?
 教えてよ。なんていう名前?

Monica: Umm, okay. If it’s a boy, it’s Daniel.
 ええ、いいわ。もし男の子なら、ダニエル。

Rachel: And if it’s a girl?
 もし女の子なら?

Monica: I don’t want to say.
 言いたくない。

Rachel: Oh, just tell us! We’re not gonna want it!
 いいから教えてよ! 欲しがらないから!

Monica: Okay. It’s Emma.
 わかった。エマよ。

Rachel: Emma! . . See? I don’t want it.
 エマ!(泣き出す)ほらね? 欲しがらないわよ。

Monica: Take it.
 使って。

Rachel: What?
 え?

Monica: It’s clearly an Emma.
 その子はエマだわ。

Rachel: Oh, honey, but you love that name.
 ああ、でも、あなたその名前が気に入ってるんでしょう。

Monica: Yeah, but I love you more. Besides you know, nothing goes with Bing. So I’m screwed.
 ええ、でも、あなたがもっと好きよ。それに、どうせビングになるのよ。もうダメよ。

《レイチェルの部屋:レイチェル1人。ジャニスが来る》

Janice: Yoo-hoo! Aaron Litman-Guralnick would like to say hello to his future bride.
 ハァァァイ! アーロン・リットマン=グラニックが未来の花嫁に挨拶にきましたよ。

Rachel: Ohhh! . . Wow! He kinda takes your breath away, doesn’t he?
 わぁ・・(赤ちゃんを見て恐れる)ワオ・・息を飲む感じの子ね。

Janice: He’s a keeper. How are you feeling?
 素敵な子でしょ。気分はどう?

Rachel: Oh, I’m fine.
 ああ、大丈夫よ。(つらそうに座る)

Janice: Can I just say, I really admire what you’re doing. Just raising her all alone.
 あなたのしてること、尊敬しちゃうわ。1人で育てるなんて。

Rachel: Oh, I’m not doing it alone. I have Ross.
 1人で育てるんじゃないわよ。ロスがいるもの。

Janice: Oh, sure. Now. But what happens when he meets somebody else and gets married?
 ああ、そうよね、今はね。だけど、彼が他の人に出会って、そして結婚したらどうなる?

Rachel: Well, then he gets a divorce, it’s Ross!
 そうしたら離婚するわよ。ロスだもの!

Janice: I’m telling you, Rachel, listen to Janice. They all say they’re gonna be there until they start their real family.
 レイチェル、本当の話、ジャニスの言うこと聞きなさい。そばにいるなんて言うけど、それは本当の家族ができるまでのことよ。

Rachel: Well, I−That’s never gonna happen with Ross.
 それは・・ロスにはそれはないわ。

Janice: Oh, well, that’s what I thought about my first husband, now I’m lucky if my kid gets to spend the weekend with her father and the twins and little Ms. New Boobs.
 私も最初の夫の時そう思ったわ。でも、今では、私の子供が、週末を父親と双子の兄弟と新しいおっぱい女と過ごせればラッキーってとこよ。

Rachel: Really?
 本当?

Janice: I hate to be the one to say it, but honey, you two are on your own.
 言いたくないけど、でも、あなた達は2人きりなのよ。

Rachel: Well… That’s…you know−That’s−We’ve been alone for the last twenty minutes we’re doing okay. Besides you know what? I-I−Maybe we won’t be alone, ‘cause lately I-I−things have been happening between me and Ross, you know? Right before I went into labor, we-we had this kiss. You know? So it might be the…the beginning of something.
 まぁ・・それは・・でも私達この20分間2人っきりだけど大丈夫よ。それにね、私1人じゃないかも。最近、私とロスとの間に何か起きてるのよ。陣痛が始まる前に、キスしたし。何か始まるのかもしれないわ。

(ロスが来る)
Ross: Hey, Janice!
 やぁ、ジャニス。

Janice: Oh, hi!
 あら、どうも!

Ross: Who’s this little guy?
 このちっちゃな子は誰?(見て息を飲む)

Janice: Say hello to Aaron, your future son-in-law.
 アーロンに挨拶して。未来の義理の息子よ。

Ross: No-no. No.
 いやいや、いいや。

Janice: I’m gonna leave the three of you alone.
 3人にしてあげるわね。

Ross: Okay.
 ああ。

Janice: Bye.
 バーイ(出て行く)

Ross: Man! Did you see the kid on that nose?
 ああ! あの子の鼻見た?

Rachel: Uh-huh. . . You know what I was, I was thinking about?
 うん。(ロスはコートを椅子に置く)私が何考えてたと思う?

Ross: Huh?
 ん?

Rachel: Umm…that kiss before we left the apartment. That was some-something, huh?
 あのキスよ。部屋を出る前のあのキス。あれには何かあったわよね?

Ross: Yeah. Yeah, it really was. But we…we gotta be careful. We…we can’t let that happen again, you know?
 ああ、ほんと、そうだよね。でも、僕ら気をつけなくちゃ。またあんなことしないようにしなくちゃ、ね?

Rachel: … Right.
 ・・そうね。

Ross: I mean we don’t want to go down that road do we?
 またあんなことになるのイヤだろう?

Rachel: No! No, of course not. No. That’s why I brought it up. . They didn’t have any sodas?
 そうよ。もちろんそうよ。ええ。だからこの話をしたのよ。・・ソーダなかったの?

Ross: Oh, my God! I’m sorry, I was talking to this nurse, completely forgot.
 あ、しまった! ごめんよ。看護婦さんと話していて、完全に忘れてたよ。

Rachel: That’s all right. . . And so it begins.
 いいのよ。(ロスは出て行く)もう始まってる。

《育児室のエマを見るロス・フィービー》

Phoebe: Is she in there?
 彼女ここにいるの?

Ross: Yeah. She’s putting her down now, that’s her.
 ああ、彼女が今寝かせようとしてるんだ。あの子がそう。

Phoebe: Oh!
 ああ。

Ross: Look at Emma!
 エマを見て!

Phoebe: I just can’t decide who she looks more alike, you or Rachel?
 わからないわ、あなたとレイチェルのどちらに似てるのかしら?

Ross: Oh, what are you kidding? She’s gorgeous, it’s all Rachel.
 なに、冗談だろ? 彼女あんなに美しいんだよ。レイチェル似だよ。

Phoebe: I’m sorry, for the last time, why aren’t you two together again? … No, I know. I know, because you’re not in that place. Which would be fine, except you totally are.
 悪いけど、最後にもう一度。どうしてあなた達結婚しないの? (沈黙)いえ、わかってる、わかってるわ、あなた達はそういう気持ちじゃないのね。それでもいいけど、でもあなたはそういう気持ちじゃないの。

Ross: It’s…it’s complicated, okay?
 複雑なんだよ。

Phoebe: Yeah, that’s true. Yeah, you love her. You always have. You have a child together. There is no right answer.
 ええ、それはそうだけど。あなたは彼女を愛してる。ずっと愛してるわ。そして一緒に子供を持って。正解なんてないのよね。

Ross: Look, we’ve been together. Okay? And then apart, and then together, and then apart, and now we have a baby. … It’s just if-if we got together again and it didn’t work out…I could never do that to Emma. I mean, she-she came into this world thinking everything−. . Oh, that’s…now me. What do they put something in the water in this place? Since Rachel and I, we’re doing really well, right now.
 ね、僕らはつきあった、ね? そして別れた。それからまたつきあって、そして別れた。今度は赤ちゃんができた。もしまた一緒になって、またうまくいかなかったら・・エマにそんなことできないよ。彼女はこの世に生まれてきて・・何もかもが・・(泣き出す)ああ、今度は僕だよ。何だよ、ここの水には何か入ってるんじゃないの? レイチェルと僕は、今うまくいってるから・・。

Phoebe: I know. I know. I know. I know, and if you try to make it more you might wreck it.
 そうね。そうね。わかるわ。でも、もし一緒にやっていこうとしたら壊してしまうかもしれないっていうのね。

Ross: Yeah, exactly.
 ああ、その通りなんだよ。

Phoebe: Right. . . Or you might get everything you’ve wanted since you were fifteen.
 そうね。・・・それか、あなたが14歳の時からほしかったものを手に入れらえるかもしれないのよ。

《レイチェルの部屋:ジョーイが来る》

Joey: Hey. I just saw a woman breast feeding both of her twins at the same time; it is like a freak show up here. . . What’s the matter?
 やぁ。今、双子に両方のおっぱいでお乳やってるとこ見ちゃった。変なショーみたいだったよ。(レイチェルが涙を拭いているので)どうしたんだ?

Rachel: Nothing.
 なんでもない。

Joey: What is it? Hey!
 どうしたんだよ? え?

Rachel: Really it’s nothing. I’m just…
 本当に何でもないの。ただ・・

Joey: Rach, come on, what?
 レイチ、どうしたんだ、何?

Rachel: I’ve just been thinking about how my baby and I are gonna be all alone.
 私と赤ちゃんが2人っきりだなって考えていたの。

Joey: What are you talking about alone? What about Ross?
 2人っきりなんて、何を言ってるんだよ? ロスがいるだろ?

Rachel: Oh, please, he’ll be with his real family, the twins and little Miss New Boobs.
 ああ、だめよ、彼は本当の家族を見つけるわ。双子と新しいおっぱい女よ。

Joey: Okay, how long was I watching that woman?
 え、俺そんなに長い間あの女の人見てた?

Rachel: I’m just saying that, you know, someday Ross is gonna meet somebody and…he’s gonna have his own life. Right?
 私が言ってるのは、ロスも誰かと出会って、そして彼自身の人生を始めるってこと。そうでしょ?

Joey: Yeah, I guess so.
 ああ、そうかもな。

Rachel: I just never thought I would raise this baby all by myself. Pretty dumb, huh?
 自分1人で育てるなんて考えてなかったのよ。本当にバカよね?

Joey: Hey, listen to me, listen to me…you are never ever gonna be alone. Okay? I promise I won’t let that happen.
 おい、聞いて、聞いてくれよ。絶対に1人ぼっちになんかならないよ。ね? 俺がそんなことにならないって約束するよ。

Rachel: Joey. Honey, what would I do without you?
 ジョーイ、ああ、あなたがいなかったらどうしたらいいかわからないわ。(ハグ)

Joey: You don’t have to worry about that, okay?
 そんなこと心配しなくていいんだ、ね?

Rachel: Oh, hon, can you grab me my other box of tissues? They’re right on that chair under Ross’s coat.
 ああ・・ねぇ、そこのティッシュ取ってくれる? その椅子の上、ロスのコートの下にあるわ。

Joey: Sure.
 わかった。

Rachel: Okay.
 お願い。

(ロスのコートを持ち上げると指輪の箱が落ちる。それを拾って開けて見て驚くジョーイ)

Joey: Oh, my God.
 なんてことだ・・

Rachel: Joey?
 ジョーイ?

(ジョーイが振り向くが、たまたま片膝をついていて、手には指輪を持っている)

Rachel: Oh, my God. …… Okay.
 まぁ・・なんてことなの・・・いいわ。

(一方、ロスは、花束を持ってレイチェルの部屋に向かっている)

《掃除道具庫から出てくるモニカとチャンドラー》

Chandler: That was amazing.
 素晴らしかったな。

Monica: I know. Hey, do you realize we may have just changed our lives forever? We may have just started a family. Nine months from now we can be here, having our own baby.
 ほんとね。ねぇ、もしかしたら、私達の人生はこれで変わっちゃったのかもしれないわよね? 私達家族を作ったのかも。今日から9ヶ月後には、私達自身の子供をここで産んでるかもしれないわ。

Chandler: And if not, we got to do it on a bucket.
 もしできてなかったら、またバケツの上でやらなきゃ。




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 02:48| Comment(0) | Season 8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月21日

8-23 The One Where Rachel Has A Baby Part 1

8-23 レイチェルに赤ちゃんが生まれる話 Part 1

 ☆ママにプロポーズを − Part 1☆

《病院:到着したロスとレイチェル》

Ross: All right! Yes!! From home to the hospital in under seven minutes! We did it!!
 よし!(時計を見て)家から病院まで7分以下で来た! やったぞ!

Rachel: Yes, the hard part is truly over.
 (車椅子)そうね、一番大変な部分は終ったわね。

Ross: No, but come on, we’re off to a great start, aren’t we? I knew I’d get you here fast, but this has got to be some kind of a record!
 違うけど、ねぇ、いいスタートを切っただろ。早く来なきゃと思ってたけど、これはちょっとした記録じゃないかな。

(フィービーとモニカがコーヒーを持って現れる)
Phoebe: Oh, you made it!
 あら、着いたのね。

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Monica: How are you doing?
 調子はどう?

Ross: Wait a minute! How-how the hell did you beat us here?
 ちょっと待てよ! いったいどうやって僕らより先に来たの?

Monica: We took a cab. Did you guys walk?
 タクシーで来たのよ。歩いてきたの?

Ross: N… No! We took a cab too, but I did test runs!
 違うよ! 僕らもタクシーで来たのに。テストランもしたのに!

(チャンドラーとジョーイが飲み物を手に現れる)
Chandler: Hi!
 やぁ!

Joey: Hey! You made it!
 ああ、来たな!

Ross: Okay, is there…some kind of magic tunnel to this hospital?!
 なんだよ、この病院への魔法のトンネルでもあるのか?

Rachel: Ross, you stay here and talk, I’m gonna go have a baby.
 ロス、あなたここで話していて、私は赤ちゃん産んでくるから。

Ross: Okay. Okay. . . Umm hi, this is Rachel Green. I’m Ross Geller. We-we called from the car.
 わかったわかった。(病院受付に)どうも、レイチェル・グリーンですが、僕はロス・ゲラー。さっき車から電話しました。

Nurse: Right! We have a semi-private labor room waiting for you. So in just a minute…
 わかりました。準個室を用意しておりますよ。少しお待ちいただければ・・

Rachel: Whoa-whoa-whoa-whoa! I’m sorry, semi-private? We, we asked for a private room.
 ちょっとちょっとちょっと! すみませんけど、準個室ですって? 個室を頼んだんですよ。

Nurse: Yes, I see that here. Unfortunately we can’t guarantee a private room and currently they’re all unavailable.
 ええ、そのようですね。でも、個室を提供できるとは言い切れなくて、今も空いてないんです。

Chandler: Man, if only you’d gotten here sooner.
 ああ、もうちょっと早く着いてれば。

Nurse: I’m sorry. Semi-private rooms are all we have.
 申し訳ありませんが、今は準個室しかないんです。

Rachel: Okay. Just give us a second. Ross!
 そう。ちょっと待って。ロス!(受付から離れる)

Ross: Yeah?
 何?

Rachel: Give her some money.
 お金渡して。

Ross: I really think they’re out of rooms.
 本当に部屋がないんだと思うよ。

Rachel: They’re not!! Ross, they’re just saving them for the important people!! Okay?! What-what if I was the president?!
 違うわよ! ロス、重要な人のために取ってあるのよ! ね? もし、私が大統領だったらどう?

Ross: Well, then we’d be in a lot of trouble, you don’t know where any countries are. . Okay. . . Uh, say, would you umm… Would you mind checking again to see if any umm, private rooms may have opened up?
 もしそうなら大変だと思うよ。君は国の場所も知らないんだから。わかったよ(レイチェルに睨まれ、受付へ行って)あー、すみません・・もう一度、個室がないか調べて(お金を渡して)いただけませんか?

Nurse: This is a hospital.
 ここは病院ですよ。

Rachel: Okay. You know what? I’d have to say I really don’t care for your tone. And this is not the only hospital in this city and we have no problem to−Whoa! . . . Oh, gosh! Whoa!
 (車椅子から立ち)いいわ、ねぇ、あなたのその言い方なんて気にしないわ。街で病院はここだけじゃないんだし、何も問題は・・うわっ!(おなかを押さえ)ああ、痛、うわ!

Ross: What-what?
 どうした、どうした?

Rachel: Ow! Ow! Contraction. . . Ow-ow! Ow-ow!
 (車椅子に座る)痛っ! 痛っ! 陣痛よ・・痛っ! 痛いっ!

Nurse: Would you like to see a semi-private room?
 準個室ご覧になります?

Rachel: Yeah, it couldn’t hurt to look.
 ええ、見ても悪くはないわね。

《病室でチェックを受けるレイチェル》

Dr. Long: Well, you’re only two centimeters dilated and we need to get to ten. It’ll be a while.
 そうね、2センチ広がってるだけね。10センチまで開かないといけないから、まだしばらくかかるわね。

Rachel: Oh, okay.
 はい、わかりました。

Dr. Long: I’ll be back in an hour to check you again.
 1時間ぐらいしたらまた来るわ。

Ross: Thank you.
 ありがとう。

Rachel: Thank you. . Well, I guess we have some time to kill.
 ありがとう。(ドクター出て行く)しばらく時間つぶさないといけないわね。

Ross: Yeah, guess so. Whew! Check these out! . . . Never done this before.
 ああ、そうだね。うわぁ、これ見て(ベッドに横になり台に足を置く)こんなことしたの初めて。

Rachel: Yeah, well, it looks great!
 あら、ほんと、素敵ね。

(他の夫妻が来る)
Man: Thank you very much.
 (看護師に)ありがとうございます。

Woman: Thanks.
 (看護師に)ありがとう。

Ross: Hi! Hi, I’m Ross. I’m here to ruin this magical day for you.
 やぁ、どうも、ロスです。お二人の大事な日を台無しにしちゃって。

Man: Oh, no-no, not at all.
 ああ、いやいやいや、構いませんよ。

Woman: Don’t worry about it.
 気にしないで。

Man: Marc Horger, this is my wife, Julie.
 マーク・ホガー、こちらは妻のジュリーです。

Ross: Hi, Julie.
 どうも、ジュリー。

Julie: Hi.
 ハーイ。

Ross: This is Rachel.
 こちらレイチェルです。

Rachel: Hi!
 ハーイ。

Marc: Oh, hi, Rachel.
 あぁ、どうも、レイチェル。

Rachel: How are you?
 どうも。

Julie: Hi. Is this your first?
 ハーイ、初めての赤ちゃん?

Rachel: Yeah, it is.
 ええ、そうです。

Julie: Well, little Jamie here is our third. So, if you have any questions or you need anything at all, just holler.
 このジェイミーは私達の3番目の子よ。だから、もし聞きたいこととか何かあったら、何でも聞いて。

Rachel: That’s so sweet.
 ご親切に。

Ross: Yeah.
 ほんと。

Rachel: Oh.
 ああ。

Ross: Umm say, I-I opened this earlier but let me give you guys some privacy.
 (カーテンを閉めようとする)えー・・ここさっき僕が開けたんですけど、プライバシーを尊重しますよ。

Marc: No, nonsense! We’re all in this together.
 いや、そんなこと! みんな一緒に経験しよう。

Julie: Yeah, we are going to share every moment of this with you. And I think we’re gonna have some fun.
 そうよ、この時を全部分かち合いましょう。きっと楽しくなるわよ。

Marc: Yeah.
 そうだよ。

Ross: Oh, okay.
 ああ、そうですか。

Marc: Hey! Smile!
 ヘイ! 笑って!(カメラを構える)

Rachel: Oh, no, I really don’t want any−Oh! Thank you. Oh. Oh, Ross…
 あ、いえ、写真は本当に・・(写真を撮られる)ああ、どうも。・・あ、あ、ロス・・

Ross: What?
 なに?

Rachel: Here comes another contraction.
 また陣痛が来たわ。

Ross: Oh. Okay, just breathe.
 ああ、そうか、深呼吸して。

Julie: Oh, honey, I think I’m having one too!
 ああ、私も陣痛がきたわ。(レイチェルと一緒に深呼吸)

Marc: Look at this! There we go!
 見てごらんよ!(写真を撮る)ほぉら!

《待合室のみんな》

Phoebe: Oh, wow, three hours and still no baby. Ugh, the miracle of birth sure is a snooze-fest.
 ああ、もう3時間たってもまだ産まれないのね。ああ、誕生の奇跡って、本当に居眠り祭りね。

Monica: Hey, you wanna see something?
 ねぇ、おもしろいもの見たくない?

Phoebe: Sure! What?
 見たい! 何?

Monica: Umm, this is going to be fun. Watch me freak out Chandler. Honey?
 これはおもしろいわよ。チャンドラーをビビらせるから見てて。(チャンドラーに)ねぇ?

Chandler: Yeah?
 なに?

Monica: Listen uh, I-I’ve been doing some thinking, and I don’t know whether it’s because we’re here or Rachel’s giving birth but umm, I think we should try to have a baby.
 ねぇ、ちょっと考えてたんだんけど、ここにいるせいか、レイチェルの出産のせいかわからないけど、私達、もう赤ちゃんを作ってもいいんじゃないかと思うの。

Chandler: …Okay.
 ・・いいよ。

Monica: What-what’s that now?!
 な・何それ?

Chandler: Okay. I’ve been thinking about it too, and I, I think we’re ready.
 いいよ。俺も考えたんだけど、もうそろそろいいんじゃないかな。

Monica: What?! Are you kidding me?! You-you-you think we’re ready to have a baby now?!
 なんですって? 冗談でしょ? 私達もう子供を持てるって言うの?

Phoebe: Oh, this is fun.
 ほんとだ。おもしろい。

Joey: You’re ready to have a baby? My boy’s all grown up!
 子供を持つ気になれたのか? おまえも成長したなぁ!

Chandler: But you said you were ready too.
 君ももう持てるって言ったじゃないか。

Monica: Yeah, but I was just screwing with you to try to get your voice all high and weird like mine is now!
 ええ、でも、あなたをビビらせようと思って言っただけよ。そうしたらあなたの声が、今の私みたいにひっくり返っておかしくなると思って。

Chandler: Yes, but haven’t you wanted a kid like forever?
 そうだけど、ずっと子供欲しがってたじゃないか?

Monica: Okay, just back off mister! Whoa. . ‘Cause I am ready to have a baby. I just want Joey to be the father.
 いいわよ、ちょっと黙ってて、君! ワオ・・私は子供を持てると思うけど、ただ、おとうさんはジョーイがいいわ。

Joey: What?! Are you crazy?!
 (声がひっくり返る)なにっ?! 気でも狂ったのか?

Monica: That’s it! Right there! Is all I wanted!
 それよ! それ! それが欲しかったのよ!

《レイチェルの部屋》

Marc: I am so sorry. The doctor insisted on closing the curtain for the exam.
 (カーテンを開ける)本当にごめんね。ドクターが検査をするために、どうしてもカーテンを閉めろっていうから。

Rachel: Oh, that’s very−Really very-very okay.
 あら、そんなこと、すごく、本当に本当にいいんですよ。

Marc: Julie’s cervix is dilated a seven centimeters, that’s about four fingers. The doctor let me feel it myself.
 ジュリーの子宮口は7センチ開いてきたって。指4本分だよ。ドクターが、僕にも触らせてくれたんだ。

Julie: Have you felt Rachel’s cervix, Ross?
 レイチェルの子宮口を触ってみたことある、ロス?

Rachel: No, I don’t think we’ll be doing that.
 いいえ、そんなことしませんし。

Ross: We’re not gonna do that.
 (レイチェルと同時に)そんなことしません。

Julie: Well, if you like, you could feel Rachel’s and then feel mine to compare.
 もしよかったら、レイチェルのを触ってから私のを触って比べてみてもいいのよ。

(ゲラー母が顔を見せる)
Mrs. Geller: Am I interrupting?
 お邪魔だった?

Ross: Uh, yes! Thank you.
 ああ、うん! ありがとう!

Rachel: Oh. Oh, wait, no.
 あ、いえ、待って、ダメよ。

Ross: Later.
 後でね。

Rachel: No-no-don’t! Don’t leave me here with these people.
 ダメ、行かないで! この人達と一緒に置いておかないで。

Ross: Oh, uh, I’m sorry.
 あ、ごめんね(出て行く)

Rachel: No, Ross! Ross! Ross! My child has no father!
 ダメよ、ロス! ロス、ロス! 私の赤ちゃんには父親いないわよ!

《廊下で話すロスと母》

Ross: Hi! I’m so glad you’re here, but it’s gonna be a while. I wished you’d called first.
 やあ、来てくれてうれしいよ。でもちょっと待つことになるんだよ。電話くれたらよかったのに。

Mrs. Geller: Oh, that’s all right, I’m coming back later with your father.
 ああ、いいのよ。あとでおとうさんと一緒に来るから。

Ross: Oh, good.
 ああ、よかった。

Mrs. Geller: I actually needed to talk to you before the birth.
 産まれる前にあなたに話したいことがあったの。

Ross: Okay, what’s up?
 そうか。どうかした?

Mrs. Geller: I brought something that I want to give you, assuming of course that you want it.
 私、あなたにあげたい物を持ってきたのよ。もちろん、あなたこれほしいだろうと思って。

Ross: Ma, you’re asking me to marry you?
 ママ、結婚してって言ってるの?

Mrs. Geller: This is your grandmother’s engagement ring, I want you to give it to Rachel.
 これはおばあちゃんの婚約指輪よ。これをレイチェルに渡して。

Ross: Mom, no, come on! Thank you.
 かあさん、ダメだよ。ありがたいけど。

Mrs. Geller: Just hear me out!
 いいから聞きなさい。

Ross: N-no! Okay? We’ve been through this! We’re not gonna get married just because she’s pregnant, okay?
 ダメだよ! いい? それは僕らもう話したんだ。妊娠したからってだけで、結婚したりしないんだよ。ね?

Mrs. Geller: Honestly! Ross, this isn’t just some girl you picked up in a bar and humped. A child should have a family.
 本当に! ロス、彼女はどこかのバーで拾ってやっちゃった子と違うのよ。赤ちゃんには家族が必要なんだから。

Ross: Mom, you know what? I-I can’t deal with this right now. I’m sorry…
 かあさん、ねぇ、今はその話はできないよ、悪いけど・・

Mrs. Geller: Just…think about it. If you don’t, I’ll talk more about humping.
 いいから・・考えてみて。じゃないと、またやったって話するわよ。

Ross: Give me!
 もらうよ!(受け取りポケットに入れる)

Rachel: Hi!
 (顔を出して)ハーイ。

Mrs. Geller: Oh, hi, dear!
 あら、こんにちは!

Rachel: Oh, thank you so much for coming. Ross, get in here!
 来てくださってありがとうございます。ロス、来てよ!(母立ち去る)

《待合室で、みんなに母のことを話すロス》

Ross: She came and dragged me out of the labor room to ask me why I’m not with Rachel.
 かあさんが来て、病室から引きずり出して、どうしてレイチェルと結婚しないのかっていうんだよ。

Phoebe: Yeah. . . Why aren’t you with Rachel?
 そうか・・・どうしてレイチェルと結婚しないの?

Ross: Are you kidding? Look, we’re not gonna be together just because we’re having a baby. Okay?
 冗談だろ? 赤ちゃんが生まれるからって、それで結婚したりしないよ。

Phoebe: But you know what? It just seems that you two belong together.
 でもね、あなた達2人は一緒になる運命っていう感じがするけど。

Ross: Okay, stop it! I can’t deal with this right now. I have to go have a baby.
 いいから、やめて。今そんなこと考えられないんだから。赤ちゃんが生まれるっていうのに。

Phoebe: Right. And with who again?
 そうか。誰との赤ちゃんだっけ?(ロスは立ち去る)

Joey: God. He’s crazy! Why doesn’t he want to be with Rachel?
 ああ、彼おかしいよ。なんでレイチェルと結婚したがらないんだ?

Phoebe: I know!
 そうなのよ!

Joey: I mean seriously, she’s like the perfect woman. I mean I know she turned me down, but if she hadn’t and wanted to be with me, I would take her in my arms and. . . I haven’t bummed you guys out like this in a while, have I?
 マジな話、彼女、完璧じゃないか。彼女にふられたのはわかってるけど、でも、もしそうじゃなくて、俺が彼女とつきあってるんだったら、彼女を腕に抱いて・・(みんなに見つめられているのに気づき)久しぶりにみんなを滅入らせたよな?

《レイチェルの部屋:ロスが戻ると別のカップルが隣に入っている》

Ross: Hey. Who’s that?
 やぁ、あれは誰?

Rachel: New people.
 新しい人達よ。

Ross: What happened to the Disgustingtons?
 あの気持ち悪いカップルはどうなったの?

Rachel: They’re having their baby! It’s not fair, Ross. We got here first! Right after you left they wheeled her off into delivery. Oh, but not before she gave me a nice, juicy shot of little Jamie, just crowning away.
 出産してるのよ! ひどいわ、ロス。私達の方が先に来たのに! あなたが行ってすぐ、分娩室へ行ったのよ。しかもその前に、ジェイミーの頭が出てくる生々しいところを見せてくれたわ。

Ross: Wow! Sorry. So uh, how are the new people?
 ワオ・・かわいそうに。それで、新しい人達はどう?

Rachel: Well, they have uh, some unusual pet names for each other. Including umm, evil bitch and uh, sick bastard. Oh, God, oh! Contraction!
 そうね、なんか、お互い変わったニックネームで呼び合ってるわよ。くそあばずれとか、変態野郎とか。ああ、来たわ、陣痛よ!

Ross: Yeah? Okay. Okay, just breathe.
 そうか、よし、よし、深呼吸して・・

Rachel: Ooh! Ow!!
 ああ・・痛い!

Evil Bitch: Are you looking at her?!
 あの子を見てんの?

Sick Bastard: No!
 違うよ!

Evil Bitch: Don’t you look at her, you sick bastard!
 見るんじゃないわよ、この変態野郎!

Sick Bastard: Honey, I swear! I wasn’t looking at her!
 本当だよ! 見てないよ!

Evil Bitch: She’s in labor! You like that, you sick son of a bitch?
 陣痛がきてるじゃないよ! あれが好きなのか、このビョーキのくそったれが!

Ross: Umm. Umm, I’m-I’m just gonna−
 あー。ちょっとこれを・・(カーテンを閉める)

Evil Bitch: See? See? It was because you were looking, fat pervert!
 ほら見なさいよ! あんたが見てたからだよ、このデブ変態!

Ross: No-no, I’m…I’m sure no one was looking. Just want some privacy.
 いえいえ、誰も見ていませんよね。ただプライバシーがほしかっただけですよ。

Evil Bitch: You miss your girlfriend?
 おまえのガールフレンドが恋しいか?

Ross: Just ignore them.
 (レイチェルに)無視するんだ。

(「変態野郎」がカーテンの向こうからレイチェルを見つめる)

Rachel: Ross.
 ロス。

Ross: What? What?
 なに? どうした?

Rachel: He’s looking at me.
 彼が私を見てる。

Ross: Hey! You wanna live to see your baby?!
 おい! 生きて赤ちゃんに会いたいんじゃないのか?!

Evil Bitch: Don’t you talk to my husband like that, you stupid bastard!
 私の夫にそんな口をきくんじゃないよ! このバカ野郎!

《育児室の赤ちゃんを見るチャンドラーのそばに来るモニカ》

Monica: Oh, good God! If you want a baby so bad just go steal it!
 ああ、もう! そんなに赤ちゃんがほしいなら、1人盗んだら?

(育児室の看護師さんに睨まれ、離れる2人)

Monica: What is going on with you? Since when are you so crazy about babies?
 あなたどうしたのよ? いつから赤ちゃんに夢中になっちゃったの?

Chandler: I’m not crazy about babies. I’m crazy about us.
 赤ちゃんに夢中なんじゃないよ。俺たち2人に夢中なんだよ。

Monica: What?
 え?

Chandler: Look, we’ve always talked about having babies someday. I’m not saying it has to be right now, but I’m starting to think that we can handle it. We’re good. We’re really good.
 いつか子供を持つってことを話してきたじゃないか。今すぐでなきゃって言うんじゃないけど、でも俺は、もう持てるって思い始めてるんだ。僕らはうまくいってる。本当にうまくいってるじゃないか。

Monica: We are pretty good.
 私達本当にいいカップルよね。

Chandler: But nothing has to happen until your ready.
 でも、君の準備ができるまでは、いいんだよ。

Monica: Well, maybe I’m ready now. I mean, it’s a little scary, but maybe it’s right.
 私ももう準備ができたみたい。ちょっと怖いけど、でも、それでいいんだわ。

Chandler: What?! It’s not right! We’re not ready to have a kid now!!
 なに?! よくないよ! 今すぐ赤ちゃんを持つなんて無理だよ!

Monica: What?!!
 えっ?!

Chandler: I’m kidding. This is going to be fun.
 冗談だよ。これはおもしろいな。

Monica: So we’re gonna try? I mean, are we trying?
 それじゃ、やってみる? 私達、子供を持つのね?

Chandler: We’re trying to get pregnant. . You know, I’m not really comfortable doing this in front of the babies. So, when do you want to start trying?
 子供を作ろう。(キス)ねぇ、赤ちゃん達の前では落ち着かないな。それじゃ、いつから始めたい?

Monica: Okay, hold on a sec.
 そうね、ちょっと待って。

Chandler: Period math?
 排卵日の計算?

Monica: Yeah.
 ええ。

Chandler: Yeah.
 そうか。

Monica: Well, we could start trying. Now.
 ねぇ、今がそうよ。たった今。

Chandler: Right here?
 ここで?

Monica: No, not here. . Maybe here.
 いえ、ここでじゃないけど。・・ここでもいいかも。

Chandler: Wait a minute, it’s perfect. We got a lot of time to kill and we’re in a building that’s full of beds!
 ちょっと待てよ。完璧じゃないか。時間はたっぷりあるし、ベッドがたくさんある建物の中にいるんだし。

Monica: And it’s so clean!!
 それにすごくきれいだし!

《自動販売機を揺さぶるジョーイ、通りかかるフィービー》

Joey: Come on, you stupid machine! Come on!
 ほら、このバカな機械め! おい!

Phoebe: Oh, it ate your money?
 お金取られちゃった?

Joey: No.
 いいや。

Phoebe: All right, I’ll see you downstairs then.
 そう。じゃあまた下でね。

Joey: All right.
 わかった。

Phoebe: All right.
 じゃあね。

Joey: Hey, I got one! I got one!
 おぉ、出たぞ! 出た!

《エレベーター前に来るフィービー:足骨折の男性に出会う》

Man: Hi!
 ハーイ。

Phoebe: Hi.
 ハーイ。

Man: Oh, uh, up or down?
 上、下?

Phoebe: Oh, down please. . . I-I hate to be a ball buster, can I just do it?
 下へお願い。(男性はボタンに届かない)あなたの気持ちをくじきたくはないんだけど、私がやりましょうか?(ボタンを押す)

(ball-buster = 男性の自信を失くさせる過酷な要求をする女性)

Man: Could you press up too, please?
 上のボタンも押してくれる?

Phoebe: Sure! I feel so bad for you; I broke my leg once too.
 いいわよ! お気の毒ね。私も足の骨を折ったことがあるわ。

Man: Oh, yeah? How’d yours happen?
 そうなの? 何をしていて折ったの?

Phoebe: Well, it’s a long story. It’s kind of embarrassing. Let’s just say there was a typographical error with a sex manual. . How about you?
 長い話よ。ちょっとカッコ悪いわね。セックスマニュアルに印刷ミスがあったとだけ言っておくわ。あなたは?

Man: Car accident.
 車の事故だよ。

Phoebe: Oh, let me guess some idiot on a cell phone wasn’t paying attention?
 ああ。きっと、どこかのバカが携帯で話していて、脇見運転してたのね?

Man: Yeah. Me. . . Oh, hey, that’s me. . . Hey, uh, I take it you’re just visiting someone.
 ああ、僕がね。(エレベーターの扉が開く)あ、僕のが来た。(乗り込む)君は誰かをお見舞いに来たんだよね。

Phoebe: Uh-huh, yeah.
 ええ、そうよ。

Man: Well, umm, if you have sometime, you know, and maybe you might want to visit someone else…
 そう。もし時間があったら、誰かほかの人を見舞ってもいいんじゃないかな。

Phoebe: Oh, yeah! I-I would like that.
 ああ、そうね! それはいいわね。

Man: I’m in the middle…
 僕は中央の・・(ドアが閉まる)

Phoebe: Wait! What?! No!! Elevator!! No!
 待って! 待って! ダメ! エレベーター! ダメよ!

Joey: Uh, you gotta press the button.
 あー・・ボタン押さないと。

《レイチェルの部屋:同室の2人はいなくなっている》

Ross: The nurse said they’re bringing in another woman.
 看護師さんが、また他の人が入ってくるって言ってたよ。

Rachel: Ugh, is she pregnant yet? She doesn’t need to be. She’ll still have the baby before I do. Oh, Ross, another contraction!
 ああ、その人も妊娠してるの? しなくてもいいのに。どうせ私より先に赤ちゃん産むのよ。ああ、ロス、また陣痛よ!

Ross: Oh, okay. . That’s it. That’s it.
 ああ、わかった・・よしよし・・

(次のカップルが来る)
Woman: Oooh, that sounded like a bad one.
 うーっ! あれは痛そうね。

Rachel: Yeah, it was.
 ええ、痛いわ。

Woman: Mine haven’t been so bad. Oh! Here comes one now. . . Oh, that was a big one!
 私のはそんなにひどくないわ。あっ! また来たわ。・・・(軽くうめく)ああ、今のは大きかった!

《受付で骨折した男性のことを聞くフィービー》

Phoebe: Excuse me? Could you help me with something? The patient I’m looking for has a broken leg and is in a wheelchair. And umm, he’s like early to mid-thirties, very attractive.
 すみません。ちょっと教えてほしいんですけど。足を骨折して車椅子の人を捜してるの。30代半ばで、とっても魅力的な人。

Nurse: I think I know who you’re talking about.
 誰のことかわかると思うわ。

Phoebe: Oh, yay! Great! Okay, what room number is he in?
 ああ、イエーイ! よかった。あの人何号室?

Nurse: I’m sorry, that information is restricted to hospital staff…
 悪いけど、それは病院職員以外の人にはお知らせできませんよ。

Joey: Uh, she’s with me. Dr. Drake Ramoray.
 (近づいてきて)あ、彼女は僕と一緒に来てるんだ。僕はドクター・ドレイク・ラモーレ。

Nurse: Dr. Drake who?
 ドクター・ドレイク誰ですって?

Joey: Ramoray. It’s Portuguese. We need that information; I’m a doctor.
 ラモーレ。ポルトガル人だよ。彼の情報が必要なんだよ。僕はドクターなんだ。

Nurse: A doctor at this hospital?
 この病院のドクターですか?

Joey: Damn it, woman! We’re losing precious time! Now you want this man’s blood on your head?
 もう、君! 貴重な時間を無駄にしてるよ! その男の血で頭を汚す気か?

Phoebe: Hands.
 (ジョーイに小声で)手。

(have (someone’s) blood on your hands = 人の死の責任がある)

Joey: Hands! It is absolutely essential that you tell me what room the man my assistant described is staying in. He’s a patient of mine, I’ve been treating him for years!
 手っ! 僕のアシスタントが言っている男の部屋を知らなければならないんだ。彼は僕の患者で、ずっと診てきたんだ。

Nurse: He’s in room 816.
 彼は816号室よ。

Joey: 816, thank you!
 816だな、ありがとう。

Phoebe: Thank you.
 ありがとう。

Joey: And what is his name?
 それと彼の名前は?

Phoebe: No!
 ダメよ!(ジョーイを引っ張って行く)

《病院の空室に入るモニカとチャンドラー》

Monica: I think we found a place.
 場所を見つけたみたいね。

Chandler: Okay.
 よし・・(2人横になり、キス)

Monica: Umm, wait! Do you want to set the mood a little?
 あ、待って! ちょっと雰囲気を盛り上げない?

Chandler: Okay. Uh, we’ll dim the lights, dim the lights. . Or turn them out all together. Uh, no scented candles. Okay, here. Here we go.
 そうだな。よし、少し照明を落とそう(スイッチを押すと電気が切れる)それか、まっ暗にしようか。あ、香りのキャンドルはないな。よし、これだ、これでいいぞ。(芳香剤スプレーをかける)

Monica: Okay! Okay! Make me sterile, but okay. . . Okay. Let’s hurry−Oh, wait! Do we have a condom? . . Oh, right!
 ちょっと、もういい。不妊になりそう、でもいいわ。(チャンドラーがベッドに上がる)急ぎましょ。あ、待って! コンドームある? あ、そうか。

(看護師がドアを開け電気をつける)

Chandler: Yes, 98.6. You’re gonna be fine.
 よし、98.6度(摂氏37度)。大丈夫だよ。

《816号室に近づくフィービーとジョーイ》

Phoebe: Ooh, this is it! Oh, that’s him! That’s him!
 あ、ここだわ! ああ、彼よ! あの人よ!

Joey: Great! Go get him.
 よかったな! 行ってこいよ。

Phoebe: Wait a second, or maybe you can go in first.
 ちょっと待って。まずあなたが行って。

Joey: He’s not really my type.
 彼は俺のタイプじゃないよ。

Phoebe: No, not you, Dr. Drake Ramoray. You can ask him questions and see what’s he like. People tell doctors everything.
 いえ、あなたじゃないわよ、ドクター・ドレイク・ラモーレが行くの。いろんな質問をして、どんな人かみるのよ。人はお医者さんには何でも話すじゃない。

Joey: But you said he was this great guy!
 でも、彼は素晴らしい人だって言ったじゃないか。

Phoebe: But lately all the guys I meet seem really nice at first, then they turn out to be the biggest jerks.
 でも最近出会う人ってみんな最初はいい人でも、結局は、最悪なやつらだってことになるんだもん。

Joey: You do attract some stinkers.
 本当に変なやつらを呼び寄せてるよな。

《レイチェルの部屋:ドクターの診察》

Rachel: Dr. Long, I’ve been at this for seventeen hours! Three women have come and gone with their babies, you gotta give me some good news! How many centimeters am I dilated? Eight? Nine?
 ドクター・ロング。もう17時間もこうしてるのよ! 3人の女性が来て産んで行ったわ。何かいい知らせをください。何センチ開いてるんですか? 8? 9?

Dr. Long: Three.
 3センチよ。

Ross: Just three?! I’m dilated three!
 たった3センチ? 僕だって3センチ開いてるよ!

Dr. Long: We are moving along, just slowly. Don’t worry, you’re doing great. I’ll be back soon.
 進んではいるのよ。ゆっくりね。心配しないで。あなたはよくやってるわ。私また来るわね。(出て行く)

Rachel: Hey, you know what? I’m not waiting! I’m gonna push this baby out! I’m doing it! I mean it’s what? Three centimeters? That’s gotta be like this!
 ねぇ、もう待たないわよ! 私この赤ちゃんを押し出すわ! やるのよ! なに? 3センチでしょ? それってこれぐらいでしょ?(指で3センチ以上の幅を見せる)

Ross: Actually it’s more like this.
 いや、これくらいだよ(レイチェルの指を押して幅を狭める)

Rachel: Oh, stupid metric system!
 もうバカげたメートル法!

(また別の産婦が連れられてくる)

Doctor: Oh, my. We’re gonna need to take you straight to the delivery room.
 あ、ダメだ。すぐ分娩室に行かないと。

Rachel: Oh, for the love of God!
 ああ、もう勘弁してよ!

《816号室:ドクター・ドレイクが来る》

Joey: Hi! I’m Dr. Drake Remoray and I have a few routine questions I need to ask you.
 やぁ、僕はドクター・ドレイク・ラモーレ。きまりの質問をしに来たんだ。

Man: Really? I’ve been dealing with Dr. Wells.
 本当に? 僕、ドクター・ウェルズに診てもらってるんだけど。

Joey: I know, but I’m a neurologist. And just to be on the safe side, Dr. Wells wanted a more comprehensive overview of you status so he sent me.
 わかってるよ。でも僕は神経科医でね。ドクター・ウェルズは、念のために、君の状態をもっと包括的にみたかったんだよ。それで彼に頼まれたんだ。

Man: Dr. Wells is a woman.
 ドクター・ウェルズは女性だけど。

Joey: That was a test. Good response. All right, full name.
 今のはテストだよ。いい反応だ。(リストを見ながら)よし、フルネームは。

Man: Clifford Burnett.
 クリフォード・バーネット。

Joey: Date of birth?
 誕生日は?

Cliff: November 16th, 1968.
 1968年11月16日。

Joey: Age?
 年齢は?

Cliff: Can’t you figure that out based on my date of birth?
 誕生日からわかるんじゃないの?

Joey: I’m a doctor, Cliff, not a mathematician.
 僕は医者だよ、クリフ。数学者じゃない。

Cliff: I’m 33.
 33歳。

Joey: Okay. And uh, are you married?
 よし。それから、結婚は?

Cliff: No.
 いいえ。

Joey: Oh, really? So, 33 and single, would you say you have commitment issues?
 そうなのか。33歳でシングルか。君は関係を築くことができないのか?

Cliff: Are all the questions this personal?
 質問ってみんなそんなふうに個人的なこと?

Joey: Yes.
 (リストを見て)そう。

Cliff: Well, uh if you must know I’m a widower.
 どうしてもっていうなら、僕は妻に先立たれたんだよ。

Joey: Oh, that’s terrible. I’m-I’m really sorry.
 ああ、それはひどいな。お気の毒に。

Cliff: Yeah.
 ああ。

Joey: Hmm. Do you sleep with women and never call them again?
 えー・・女性と寝て、二度と電話しない人か?

Cliff: No.
 いいや。

Joey: Excellent! Excellent! And uh, finally, are you into any weird stuff, you know, sexually?
 素晴らしい! 素晴らしいね。それじゃ最後に、君は何か変な趣味があるか? セックス関係でだけど?

Cliff: No!
 いいや!

Joey: Oooh, wrong answer.
 あぁあ! それはいけないな。

《816号室の外でフィービーに説明するジョーイ》

Phoebe: What else? What else?
 それから? それから?

Joey: Uh, he’s 33.
 彼は33。

Phoebe: Oh. Ah-uh.
 あぁ、そうなのね。

Joey: A widower.
 男やもめ。

Phoebe: Oh.
 あら。

Joey: He seemed like a stand up guy. Oh, and he’s not into anything weird sexually.
 彼は堂々としたいい男のようだぞ。それから、セックス方面は正常らしい。

Phoebe: Enter Pheebs!
 フィーブス、入ります!(816号室へ向かう)

《レイチェルの部屋:看護師がまた産婦を連れてくる》

Nurse: This room’s available.
 この部屋が空いてます。

Rachel: Okay! Okay, wait! You listen to me! You listen to me! Since I have been waiting four women, that’s four, one higher than the number of centimeters that I am dilated, have come and gone with their babies! I’m next! It’s my turn! It’s only fair! And if you bring in one woman and she has her baby before me I’m going to sue you! Not this hospital, I’m going to sue you! And my husband he’s a lawyer!
 (看護師に)いえ、いえ、待って! 聞いて、聞いてちょうだい! 私が待ってる間に、4人もの女性が、4って言えば、私が広がってる広さよりも1多い数よ、その4人もの人が来て、出産して出てったのよ。今度は私よ! 私の番よ! それが本当でしょ! またあなたが1人でも連れてきて、またその人が先に出産したら、私、あなたを訴えるわよ! 病院をじゃないわよ、あなたを訴えるわよ! 私の夫は弁護士なのよ!

Ross: Uh, Rach…
 ね、レイチ・・

Rachel: You get back on that case, honey!
 あなた準備してよ!

Nurse: I don’t think the next patient is very far along.
 次の産婦さんはそんなに進んでないと思うわ。

Rachel: Okay, well, then bring her in.
 わかったわ、じゃあ入れてあげて。

(次の女性が連れてこられる)
Woman: OH….MY….GOD!!!
 オーマイゴッド!

《レイチェルの部屋:続き》

Janice: I…can’t…believe this!
 信じられない!

Ross: And yet somehow it’s true!
 それでも真実なんだな!

Janice: I mean this is so great! We’re gonna be baby buddies!
 素晴らしいじゃないの! 私たち、赤ちゃん友達よ!(笑う)

Ross: Squeeze your legs together and cover the baby’s ears!
 (レイチェルに)足を閉じて赤ちゃんの耳をふさいで!

Man: Hi, sweetie!
 (枕を持って入ってきて)ハーイ。

Janice: Hi, sweetheart! This is my husband, Sid, I don’t think you’ve met him. Ross, Rachel, this is Sid. I nabbed him a year ago at the dermatologist’s office. Thank God for adult acne, huh?
 ハーイ! こちら私の夫のシドよ。あなた達は会ったことないわよね。ロス、レイチェル、こちらシドよ。皮膚科に行った時に捕まえたの。大人ニキビありがとうってね。

Sid: I still can’t believe it! I’m the luckiest guy in the world!
 まだ信じられないよ! 僕は世界一幸せな男だ!

Ross: Really?
 ほんと?

Sid: What’d he say?
 (ジャニスに)彼何て?

Janice: Oh, you know what? You have to speak very loudly when you’re talking to Sid, because he’s almost completely deaf.
 ああ、ねぇ、シドに話す時は大声で話してね、彼ほとんど耳が聞こえないの。

Rachel: Oh!
 ああ。

Ross: Oh, there you go!
 なるほどね!

Rachel: I get it!
 わかったわ!

Janice: So? Congratulations you two, I didn’t even know you got married.
 それで? お2人さん、おめでとう、あなた達が結婚したなんて知らなかったわ。

Rachel: Oh, we-we didn’t.
 あ、いえ、違うの。

Ross: No-no. We…
 いや、僕らは・・

Janice: What?!
 何?

Ross: Um uh…We’re-we’re just having this baby together but uh, uh that’s all.
 僕らはこの赤ちゃんを一緒に育てるけど、それだけだよ。

Janice: Why?!
 どうして?

Ross: Uh well, umm…we’re just not in that place, you know? But we’re very excited about this.
 あぁ・・僕らはそういう間柄じゃないんだよ。でもこのことはとても嬉しいけどね。

Janice: Oh. Well, then shut me up.
 あら、そう。じゃあ私は黙っとくわよ。

Rachel: Just tell me how.
 そうしてくれる。

Janice: Uh-oh, I feel another one coming.
 あ、あ、私また陣痛が来たみたい。(とんでもない声)




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 01:17| Comment(0) | Season 8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

8-22 The One Where Rachel Is Late

8-22 遅いレイチェルの話

 ☆カモン! ベイビー!☆

《セントラルパーク:ロスが来る》

Ross: Hey! What are you guys looking at?
 やぁ! みんなで何を見てるの?

Joey: Oh, it’s a poster for that World War I movie that I’m in, check it out.
 これ俺が出てる第一次世界大戦のポスターだよ。見て。

Ross: Yeah? Wow! It looks really violent!
 そうなのか! ワオ! すごい激しそうだな。

Joey: Uh-huh! I know. I’m coming soon to a theater near you! I’m in THX! I’m unsuitable for children!
 うん、そうなんだよ。俺、最寄りの映画館でもうすぐ上映されるよ! 俺、THXにいるよ! 俺、子供向けじゃない!

Ross: Now I cannot wait to see this.
 早く見たいよ。

Joey: Yeah, yeah, it’s already generating Oscar buzz.
 ああ、もうオスカー受賞の噂がされてるんだよ。

Phoebe: I started that!
 その噂の元、私よ!

Joey: I thought I did! Oh, hey, guess what? I just talked to my agent. And the premiere is next week and you’re all invited!
 俺かと思ったよ! なぁ、聞いて。エージェントと話したんだよ。プレミアが来週なんだけど、みんな招待されてるよ!

Monica: Are we gonna take a limo?
 リムジンで行けるの?

Joey: Sure! Why not?!
 そうだよ! もちろん!

Monica: I love taking limos when nobody died!
 誰も死んでないときにリムジンに乗れるのっていいわね!

Rachel: Well, obviously I won’t be able to come, for those of you who haven’t checked their calendars today is my due date. Well, you know, I just want to take a moment and thank you guys for how great you’ve been during this time. I really couldn’t have done it without you. And I have loved these last nine months! And even though I am so looking forward to the next part, I am really gonna miss being pregnant.
 私は行けないわよね。今日カレンダーをチェックしてない人のために言うと、今日が私の予定日なのよね。この機会に、妊娠中みんながすごくよくしてくれたことお礼を言いたいわ。あなた達なしではできなかったわ。この9ヶ月って本当に素敵だったわ。次の段階が楽しみだけど、でも、妊娠期間をきっとなつかしく思うわ。

《セントラルパーク:レイチェルがくる》

Rachel: That’s right, still no baby! Come on, people! Please make some room!
 そうよ、まだ生まれないわよ! (カウチのモニカ、ジョーイ、チャンドラーに)ちょっと、みんな頼むわよ! ちょっとあけてよ!

Ross: Uh sweetie, maybe you’d be more comfortable here?
 ねぇ、君こっちの方が居心地がいいんじゃない?(アームチェアから立ち上がる)

Rachel: You. Like you haven’t done enough.
 あなた。まだ親切にして見せたいのね。

Ross: Look, I-I know how miserable you are, I wish there was something I can do. I mean I wish I were a seahorse. . . Because with seahorses it’s the male, they carry the babies. And then also umm, I’d be far away in the sea.
 ね、君がとてもつらいのはわかるよ。僕にしてあげられることがあれば・・もしタツノオトシゴならね・・タツノオトシゴの場合、赤ちゃんを育てるのはオスなんだよ。(睨まれ)それに・・それに、遠い遠い海に行けるし。。

(seahorse - オスが育児囊を持っていてメスが出産した卵を育てる)

(カウチの3人が睨まれ、ずれて席をあける)

Rachel: God. . I have never been so uncomfortable in my entire life!
 ああもう。(座り)こんなにイヤな気分、生まれて初めてよ!

Phoebe: Oh, I know, I’ve been there. I remember toward the end…
 そうよね。私も経験あるわ。最後の頃、私も・・

Rachel: Oh, Phoebe, that’s a great story. Can you tell it to me when you’re getting me some iced tea? . . . Oh, God, get out! Get out!! Get out!! Get out!!
 ああ、フィービー、本当、いい話よね。アイスティーを持ってきてから聞かせてくれる? (おなかに向かって)ああ、もう! 出て! 出て! 出て! 出て!

Chandler: Let’s.
 そうしようか。(全員出て行く)

《モニカ達の部屋:レイチェルが来る》

Chandler: Hey! Did you have the baby yet?
 やぁ! まだ赤ちゃん産んでないの?

Rachel: Do you want me to come over there and sit on you? ‘Cause I’ll do it.
 あなたの上に座ってあげようか? 座ってあげるわよ。

Monica: What are you doing here so early?
 こんなに早くここへ来て、どうしたの?

Rachel: They sent me home from work. They were like, "Start your maternity leave now! Just rest, get ready for the baby." Well, you know what? Screw ‘em! If they don’t want me there, I’ll just hang out with you guys.
 会社で帰らされたの。こんな感じよ「もう産休をとりなさいよ。とにかく休んで、出産の準備をして」って。なによ! あの人達が来て欲しくないっていうなら、あなた達と一緒にいてやるわよ。

Phoebe: Or you can do volunteer work.
 または、ボランティアに行くとか。

(ジョーイの携帯が鳴る)
Joey: Hello?
 もしもし?

Estelle: Joey! It’s Estelle! Great news, I was able to get you and one guest tickets to your premiere.
 ジョーイ! エステルよ! いいニュースよ。あなたと、ゲスト1人分のプレミアのチケットを手に入れたわよ。

Joey: One guest? You told me I can have six tickets!
 ゲスト1人? 6人分のチケットもらえるって言ったじゃないか!

Estelle: Well, I sold four of them on eBay. You’ll be sitting next to HotGuy372.
 4人分eBayで売ったわよ。あなた、「HotGuy372」って人の隣に座るのよ。

(eBay = ネット上の通販・オークション会社)

Joey: Oh, my God. So that’s it?! I only get to bring one guest?
 なんだよもう。1人だけ? 1人しか連れていけないのか?

Estelle: Yeah, what time do you wanna pick me up? . . Hello?
 そうよ。何時に迎えにくる? (電話切れる)もしもし?

Joey: Did you hear that? I only get one extra ticket to my premiere. So somehow I have to pick between you three and Ross.
 今の聞いた? プレミアに1人しか連れて行けないんだよ。君らの3人とロスの中から1人選ばないといけないんだ。

Rachel: What-what about me?
 私はどうなの?

Joey: You said you didn’t want to go.
 君は行かないって言ったじゃないか。

Rachel: I don’t. But I would still like to be acknowledged. Just because I’m pregnant, I’m invisible?
 そうよ。だけど、それでも数に入れてもらいたいわよ。妊娠してるからって、私は見えないわけ?

Joey: Definitely not invisible.
 ものすごく見えてる。

Monica: Well, Ross didn’t care enough to be here, so I think he’s out. You snooze you lose.
 ロスは気にしないわよ。ここにいないくらいなんだから気にしなくていいわ。寝てたら負けなのよ。

You-Snooze-You-lose.jpg
(You snooze you lose)

Chandler: He’s not snoozing, he’s teaching a class.
 やつは寝てるわけじゃない、今講義中だよ。

Monica: Well, then somebody’s snoozing. Joey, not that this uh should affect you at all, but if you were to pick me, I was planning on wearing a sequined dress, cut down to here.
 それじゃ誰か寝てるわよ。ジョーイ、こう言って影響があると思うわけじゃないけど、でももし私を連れてってくれたら、私ここまで(おへそ辺りを指差す)あいた、スパンコールのドレスを来ていくつもりよ。

Chandler: I haven’t seen this dress.
 そんなドレス見たことないぞ。

Monica: Star in a movie.
 映画に出なさいよ。

Phoebe: Joey, you pick who ever you want. Okay? You just listen to your heart. What does it tell you? . . Phoebe, Phoebe.
 ジョーイ、好きに選んだらいいのよ。ね? 自分の気持ちに従ってね。なんて言ってる? ・・フィービー、フィービー。

Joey: Well, uh…I think I want to take Chandler.
 うーん、俺、チャンドラーを連れていきたいな。

Phoebe: Phoebe-Phoebe-Phoebe-Phoebe−Burrrrr!
 フィービー、フィービー、フィービー、フィービー、ビーーーッ!

Chandler: You really want to take me?
 本当に俺を連れてってくれるの?

Joey: Yeah! Yeah! I mean I’m sorry, I wish I can take everybody, but you know, Chandler always supported my career. He’s paid for acting classes and head shots and stuff and. . Well, this will be my way of paying you back.
 ああ! ほんとだよ! ごめんよ、みんな連れていきたいけど、でも、チャンドラーはいつも俺のこと応援してくれた。演技のクラスの料金や、写真代とか払ってくれたし・・。連れて行くことで、お返ししたいんだよ。

Chandler: So you’re never actually going to pay me back?
 それじゃ、本当に返してくれないつもりなんだな?

Monica: Wait, just because he paid for your head shots you’re gonna take him? Joey, I don’t think you’re comprehending just how slutty this dress is!
 待って。顔写真の料金を払っただけで連れていくっていうの? ジョーイ、あなた、私のドレスがどんなにエロイか、わかってないのよ!

Joey: It’s not just the stuff he paid for, I mean it’s-it’s everything. You know? He read lines with me. He-he went with me on auditions when I was really nervous, and then he consoled me after I didn’t get parts that I really wanted. You always believed in me, man. Even, even when I didn’t believe in myself.
 やつが払ってくれたってことだけじゃないんだよ。他にもいろいろあるよ。セリフの練習につきあってくれたし、俺が本当に不安な時はオーディションにつきそってくれたし、本当に出たかったオーディションに落ちた時に励ましてくれたし。いつも俺を信じてくれたよな。俺が自分自身を信じられない時でもな。

Chandler: I always knew you were gonna make it. I’m so proud of you.
 おまえは必ず成功するってわかってたよ。すごく誇りに思うよ。

Joey: Thanks. That means a lot to me.
 ありがとう。本当にうれしいよ。(見つめ合う2人)

Phoebe: Mon, maybe one of these guys wants to wear your dress.
 モン、この2人のうちのどっちか、あなたのドレスを着たいかも。

Joey: I’m gonna go shave.
 ヒゲ剃ってくる。

Chandler: Yeah, well, I’m gonna go spit.
 ああ、そうだ。俺も・・ツバ吐いてくる。(2人とも席を立つ)

Rachel: Oh, I have to pee. If I don’t come out in five minutes it’s because I’ve choked to death on the potpourri stink.
 あ、私オシッコ行ってくる。5分たっても出てこなかったら、あのポプリのせいで息が詰まったってことよ。(バスルームへ)

Phoebe: When she comes out, you hold her nose, I’ll blow in her mouth, and the kid will just right out of her.
 (モニカに)彼女が出てきたら、あなたが鼻を押さえて、私が口から吹き込むわ。そうしたら子供がポンって出てくるわよ。

Monica: She’s over a week late! She gotta have it today, right?
 もう1週間も遅れてるのよ。今日にも産まれるわよ、ね?

Phoebe: I don’t know. I-I think it’s still gonna be a while.
 どうかしらね。まだもう少しかかると思うわ。

Monica: Hmm, care to make it interesting? I’ll bet you that she’ll have it by this time tomorrow.
 うーん、これでお金稼ごうか? 明日のこの時間までに産むって方に賭けるわ。

Phoebe: You’re on!
 のった!

Monica: Okay, how much?
 わかった。いくら?

Phoebe: One hundred thousand dollars!
 100,000ドル!

Monica: How about fifty bucks?
 15ドルでどう?

Phoebe: Fine! I’ll call Zurich and move some money around.
 いいわよ。チューリッヒに電話してお金を動かしてくるわ。

Rachel: All right, who’s turn is it to help me get up!
 (バスルームから呼ぶ声)いいわよ、誰が出るのを手伝ってくれる番なの?

Phoebe: No one’s here! . . Oh, damn it!
 誰もいないわよ! ・・クソッ!

《プレミア:リムジンから降りてレッドカーペットを歩くジョーイとチャンドラー》

Chandler: This is so exciting! It’s so glamorous! People taking our picture. How do I look?
 すごいなぁ! 豪華絢爛だ! みんな俺たちの写真を撮ってるぞ。俺どう?

Joey: A little tall.
 ちょっと背が高い。

Chandler: What?
 なに?

Joey: Do you mind crouching down a little bit, so that I look taller? . . There you go.
 少しかがんでくれないか。そうしたら俺が背が高く見えるだろ? (膝を曲げて歩くチャンドラー)ああ、いいぞ。

Chandler: It’s just so glamorous.
 本当に豪華だ。

《モニカ達の部屋:レイチェルが来る》

Phoebe: Oh, hey, Mon? Rach is here! Ohh, you’re still pregnant. Oh, I’m sorry. I know how uncomfortable you are. You know what? You look great. Yeah, like fifty bucks.
 あら、モン? レイチが来たわよ! ああ、あなたまだ妊娠中ね。あぁ、かわいそうに。つらいのわかるわ。ねぇ、あなた素敵よ。15ドルぐらいね。

Rachel: Oh, I have to go pee. Apparently this baby thinks that my bladder is a squeeze toy.
 ああ、オシッコ行かなきゃ。この赤ちゃん、私の膀胱を握って遊ぶおもちゃだと思ってるんだわ。

squeezetoy.jpg(squeeze toy)

Monica: Damnit! Damnit!! Here’s your fifty bucks!
 もう! クソっ! はい、15ドル!

Phoebe: It’s interesting that you lost. Now, I forget, do you like to lose?
 あなたが負けるなんて興味深いわね。忘れちゃった、あなたって、負けるの好きだっけ?

Monica: Now stop it! Double or nothing that she has it by tomorrow!
 やめてよ! 2倍になるか、ゼロか、明日の今頃までに出産で賭けるわよ!

Phoebe: Fine! You’re on!
 いいわよ、のった!

Monica: Okay.
 オーケー。

Phoebe: Until then, General Grant, why don’t you set up camp right there.
 それまでの間、グラント将軍、ここでキャンプはっていてね(ブラに入れる)

320px-50_USD.jpg
(General Grant アメリカ第18代大統領)

(ロスが来る)
Ross: Hey, is Rachel here? We have a doctor’s appointment.
 やぁ、レイチェルいる? 医者の予約があるんだけど。

Monica: She’s in the bathroom.
 バスルームよ。

Ross: Rach, we gotta go.
 レイチ、もう行かないと!

Rachel: In a minute!!!
 今行くわよっ!

Ross: People ask me why we’re not together, I just don’t know what to tell them.
 みんな、どうして僕らがつきあってないのか聞くけど、何て答えたらいいかわからないよ。

Rachel: All right, all right. Let’s go!
 (出て来て)いいわよ、行きましょ!

Ross: Uh, do you wanna go change first? The doctor’s keeping the office open late for us, but if you hurry…
 まず着替える? ドクターは僕らのために待っててくれるけど、でも急がないと・・

Rachel: No, I’m fine.
 いいえ、いいのよ。(タンクトップでおなかは出している)

Ross: Really? You don’t think that’s a little inappropriate.
 本当? そんな格好でいいのかな。

Rachel: What?
 なに?

Phoebe: Good God, man, don’t anger it.
 神様。ねぇ、怒らせないでよ。

Rachel: Ross, it is 100 degrees outside. For the first time in weeks, I am somewhat comfortable.
 ロス、外は100度(摂氏37.8 度)なのよ。これで今週初めて、心地いいと思ってるのよ。

Ross: Fine! Fine! You know what? Whatever you want. Okay? You’re the mommy.
 わかった、わかったよ。ね、君の言う通りにしよう、ね? 君がマミーなんだからね。

Rachel: Oh, uh-uh, pal! Don’t call me mommy! It’s bad enough you call your own mother that.
 ちょっとやめてよ! 私をマミーなんて呼ばないで! あなたのお母さんをそう呼ぶのだけでもイヤだっていうのに。

Monica: I’m actually with her on this one.
 私もそれには賛成だわ。

《ジョーイのプレミア:映画鑑賞中》

Joey: (onscreen) "I thought I knew who the enemy was, but it was you all along."
 (映画の中で)「敵は誰か知ってるつもりだったが、本当は、ずっとおまえだったんだな」

Joey: Okay, this is it. It’s my big fight scene coming up.
 (チャンドラーに)よし、ここだ。ここですごい戦いのシーンになるんだ(チャンドラーを見ると眠りこけている)

《産婦人科:待っている2人。ロスが指で診察台を叩いている》

Rachel: Ross.
 ロス。

Ross: Yeah?
 なに?

Rachel: Can I ask you something?
 聞いていい?

Ross: Uh-huh.
 うん。

Rachel: When Carol was pregnant with Ben…
 キャロルの妊娠中・・

Ross: Mmm?
 うん?

Rachel: …were you this irritating?
 あなた、今ぐらいいらつく人だったの?

Ross: Wow!
 ワオ!

Rachel: Excuse me?!
 なに?

Ross: Oh, nothing. Nothing! Just uh, you’ve been a little short with me lately. I’m not trying to irritate you.
 いや、何でもない。何でもないよ! ただ、最近君は僕に対して気が短いようだね。君をいらだたせようとしてるわけじゃないよ。

Rachel: Well, then you just must have a natural talent for it.
 そう、それじゃ、それは生まれもっての才能なのね。

Ross: You know what? The doctor will be in soon, why don’t we not speak until then.
 ねぇ、ドクターはもうすぐ来るだろうからさ、それまで黙っていようよ。

Rachel: Okay. … Seriously, breathe louder, Ross! That’s great!
 わかったわ。・・・マジで、呼吸がうるさいわよ、ロス! 最高ね。

Ross: You know, we should probably ask the doctor if she even knows how to deliver a baby that’s half human and half pure evil!
 僕ら、先生に聞くべきじゃないかな。先生、半分人間で半分悪魔の赤ちゃんの出産方法がわかるのかってね!

(ドクター・ロングが来る)
Rachel: Hi, Dr. Long, how are you?
 ハーイ、ドクター・ロング、お元気?

Ross: Oh, you’re nice to her.
 あ、彼女には態度がいいんだ。

Rachel: She has the drugs!
 彼女は薬を持ってるわ!

Dr. Long: We’ll do a quick check.
 簡単にみてみましょうね。

Rachel: Okay.
 はい。(横になる)

Dr. Long: So, eight days late, huh?
 これで8日遅れね?

Rachel: Yeah.
 ええ。

Dr. Long: You must be a little uncomfortable.
 ちょっと不快でしょうね。

Rachel: Eh, just a tad.
 ええ、ちょっと。

Dr. Long: You’re about 80 percent effaced, so you’re on your way. It still could last a little while longer. If you’re anxious there are a few ways to help things along.
 子宮頸部が80%降りてきてるわね。途中まで進んでるわよ。もう少し時間はかかるわね。もし早くしたいというなら、助けになることはいくつかあるわよ。

Ross: Do them!!
 やってください!

Dr. Long: Actually, they’re things you can do. Just some home remedies, but in my experience I’ve found that some of them are very effective.
 実は、あなた方でできることなのよ。家庭でできる療法なの。でも私の経験では、すごく効果的なものもあるのよ。

Rachel: Well, we are ready to try anything.
 すぐにも何でも試したいわ。

Dr. Long: Okay, there’s an herbal tea you can drink.
 オーケー。ハーブティーがあるわ。

Rachel: Okay.
 わかりました。

Dr. Long: You can take some caster oil, there’s eating spicy foods…
 ひまし油を飲んでもいいし、スパイスの効いたものを食べるのも効くわ。

Rachel: Great! We will do all of those.
 いいわね! そういうの全部やるわ。

Dr. Long: …taking a long walk.
 長い散歩とか・・

Rachel: Good. Done.
 いいわね。やるわ。

Dr. Long: And then there’s the one that’s proved most effective: sex.
 それから、最も効果的だと証明されてるのが、セックス。

Ross: You’ve got to be kidding me!
 まさか、それ冗談でしょ!

《プレミア:映画終了の拍手で目覚めるチャンドラー》

Chandler: Good job, Joe! Well done! Top notch!
 よかったぞ、ジョー!よくやった! 秀逸だったよ!

Joey: You liked it? You really liked it?
 気に入った? 本当に気に入った?

Chandler: Oh-ho-ho, yeah!
 ああ、本当だよ!

Joey: Which part exactly?
 ずばりどこが?

Chandler: The whole thing! Can we go?
 全部だよ。もう行こうか?

Joey: Oh, no-no-no, give me some specifics.
 いや、ダメダメ。何かはっきり教えてくれよ。

Chandler: I love the specifics, the specifics were the best part!
 そのはっきりが好きだよ。明確なとこが一番のところだった。

Joey: Hey, what about the scene with the kangaroo? Did-did you like that part?
 なぁ、あのカンガルーが出た場面はどうだった? あの部分気に入った?

Chandler: I was surprised to see a kangaroo in a World War I epic.
 第一次世界大戦にカンガルーがいるなんて驚いたよ。

Joey: You fell asleep!! There was no kangaroo! They didn’t take any of my suggestions! Thanks for coming, buddy. I’ll see you later.
 おまえは寝てしまった! カンガルーなんていなかった! 俺の意見なんて聞いてもらえなかった! 来てくれてありがとう、親友。またな。(立ち去る)

Chandler: Don’t go! I’m sorry. I’m so sorry! . . . Look! This guy fell asleep! He fell asleep too! Be mad at him! . . . Or, call an ambulance.
 行くなよ! 悪かった、本当にごめんよ。(寝ている観客を見つけ)見ろ! この人も眠ってるぞ。彼も眠ってる! 彼にも怒れよ!(観客をよく見て)それか、救急車呼んで。

《セントラルパーク:フィービーとモニカが来る》

Monica: Hey!
 ヘイ!

Ross: Hey.
 やぁ。

Rachel: Hi!
 ハーイ。

Monica: What did the doctor say? Any news on when the baby’s gonna come?
 ドクターは何て? 赤ちゃんがいつ生まれるとかっていうニュースはなかった?

Rachel: No. But she did give us some ideas on how to induce labor.
 いいえ。でも、促進させるための方法はいくつか教えてもらえたわ。

Ross: Yeah, we tried them all. We went for a walk, uh we tried a special tea, caster oil, spicy food nothing has worked.
 ああ、僕らみんな試してみたよ。散歩に行ったし、スペシャルティーも飲んだし、ひまし油も、スパイしーフードも。でも効果なしだ。

Rachel: Well, there is one thing that we didn’t try. But someone thinks that, "That will open up a can of worms."
 一つ試してないけどがあるの。でも、どなたかさんは、「そんなことしたら虫の缶をあけることになる」とか言っちゃって。

Monica: Well, what is it? What is it? If it’s gonna help bring the baby here, like today. I mean, I think you should do it.
 それは何なの? 何なの? 出産の助けになるなら、今日にでもよ、それやるべきよ。

Ross: It’s sex.
 セックスなんだ。

Monica: Do it!
 やりなさいよ!

Ross: Monica!
 モニカ!

Monica: I’m just saying it’s been a really long time for you. I mean, women have needs. Do it, get yours!
 だってあなたにとってすごく長いって言ってるのよ。女性だってそれは必要だわ。やりなさいよ。ものにしなさいよ。

Phoebe: Oh, I-I don’t know about that. No, I think that if the two of you had sex the-the-the repercussions would be catastrophic.
 まぁ。それはどうかなぁ。ダメよ。もし2人がセックスをしたら、その後の影響が恐ろしいわ。

Monica: All right, let’s be practical, if Ross isn’t willing to do it, he’s not the only guy in the world you can have sex with. You can borrow Chandler−Chandler is good!
 わかった、現実的に考えましょ。ロスにその気がないなら、あなたとセックスできる男は他にもいるわよ。チャンドラーを貸してあげる。チャンドラーいいわよ!

Ross: Monica, what is the matter with you?
 モニカ、おまえどうなっちゃってるんだ?

Monica: Nothing. I just want the baby to be born today.
 なんでもない。ただ、今日産まれてほしいだけよ。

Rachel: Why? Why today?
 どうして? どうして今日なの?

Monica: Okay, fine! I keep betting Phoebe that you’re gonna have the baby and I don’t want to lose again!
 わかったわよ! 私フィービーと、もう産まれるって賭けてて、また負けたくないのよ!

Ross: What?! While she’s been going through this hell, you’ve been making money?! You’re betting on your friend staying in this misery?!
 なんだって? 彼女がこんなに苦しんでる時に、それで儲けてるのか? 君は彼女がつらい思いをする方にかけてるのか?(頷くフィービー)

Rachel: I’ll take that bet.
 私もそれに賭ける。

Ross: What?!
 なんだって?

Rachel: Well, I’m miserable here! I might as well make some money out it!
 だって、つらいんだもの! それで稼いだっていいじゃない!

Ross: Can I get some of that action?
 僕も入っていいかなぁ?

Monica: Wait a minute! Now I’m betting against all three of you?
 ちょっと待ってよ! それじゃ私あなた達3人に対して賭けるの?

Rachel: Oh, honey, don’t worry. I really do feel like tomorrow’s the day.
 あら、いいのよ、心配しないで。明日こそは産まれる気がするの。

Monica: Oh, okay!
 そう、じゃあいいわ。

Rachel: (mouths) "No way."
 (声に出さずロスとフィービーに)絶対ない。

《モニカ達の部屋:チャンドラー1人。ジョーイが来る》

Joey: Hey! Sleeping beauty!
 やぁ! 眠り姫!

Chandler: Where have you been?! I tried to call you! I want to talk to you! I still feel so bad!
 どこ行ってたんだ? 電話してたんだぞ。話したかったんだ。本当に悪いと思って。

Joey: Oh no, were you upset? Did you lose sleep?
 ああ、なんだ、怒ってるの? 眠りそこねた?

Chandler: I’m so sorry.
 本当に悪かったよ。

Joey: Uh-huh, look, the only reason I came over here was to settle things between us! Okay? You’ve done a lot for me and my career, I wanted to pay you back by taking you to the premiere but you missed it! Okay, so how much do I owe you?
 そうか。俺たちの間の借りを清算したくて来ただけだ。いいか? おまえは俺の仕事のためにいろんなことをしてくれた。プレミアに連れていくことで返したいと思ったけど、おまえは寝てたからな。それで、俺はいくら借りてるんだ?

Chandler: What?!
 え?

Joey: Give me a number, I don’t want to owe you anything!
 金額を言えよ。何も借りていたくない。

Chandler: You don’t owe me anything, I don’t want you…
 何も借りてないよ。俺は何も・・

Joey: Ah-ah-ah! We’re doing this! Okay, now you got me my first set of head shots. Right, how much were those?
 いやいや! そうするんだ。いいか、おまえは初めての顔写真代を出してくれた。な、あれはいくらだった?

Chandler: I don’t know, five hundred dollars?
 どうかな。500ドル?

Joey: Okay, five hundred dollars. What else?
 よし、500ドルだな。それから?

Chandler: Well, then there was the second set, the infamous “booger” head shots.
 それから、2回目の写真代。あの恥ずかしい鼻くそ写真だ。

Joey: Okay, so that’s another five hundred. Five hundred and five hundred, that’s…
 わかった、それでまた500ドルだな。500ドルと500ドルで・・・

Chandler: You want a calculator?
 電卓欲しい?

Joey: Please!
 頼むよ!

Chandler: Here!
 はい!(渡す)

Joey: All right, what else?
 よし、その他には?

Chandler: Well uh, there was acting classes, stage combat classes, tap classes…
 演技クラスがあっただろ、殺陣のクラス、タップダンスのクラス・・

Joey: Which we’re still keeping under our hats!
 それは秘密にしておく話だろ!

Chandler: Uh then there was that dialect coach who helped you with that play where you needed a southern accent. Which after twenty hours of lessons still came out Jamaican.
 それから、南部なまりの役をする時に備えてつけたコーチもあったな。ジャマイカなまりにしかなってないけどな。

Joey: What the hell are you talking about, "The south will rise again, man."
 何を言ってるんだよ。(ジャマイカなまりで)「南部はまた決起するぞ」

Chandler: Yes, money well-spent!
 ああ、いい金の使い方だ。

Joey: Yeah. Okay, what else? Rent!
 ああ。それから? 家賃か。

Chandler: Okay, two, three years of rent, utilities, food…
 そうだな。家賃2−3年分、光熱費、食料品・・

Joey: Okay. Okay, so I’m writing you a check for… So you fell asleep during my movie. Big deal, all right? How do you clear this thing?
 わかった、わかったよ。それじゃ小切手は・・。おまえ、俺の映画の最中に寝たよな。おおごとだ。な? これは消してしまおうか。(電卓をクリアする)

《ロスの部屋》

Ross: Come on, finish your enchilada.
 早く、エンチラーダ食べちゃって。

Rachel: Ross, I−We tried all the spicy food. It’s not working.
 ロス、私・・私達スパイシーなものは全部食べたわよ。効かないわ。

Ross: Okay, here, have one of these peppers. Oh, ha… Oh, God! So…so hot! . . Oh, my− By the way, you don’t want to touch the pepper and then touch your eye.
 そうか、それじゃ、このトウガラシを食べてみよう・・ああっ、ハーッ! ああ、すごいホット(辛い)! (目をこする)ああ! 言っとくよ、トウガラシを触ってから目を触らない方がいいよ。

Rachel: I am feeling nothing. Speaking of hot, watching you do that really makes me want to have sex with you.
 何も感じないわ。ホットと言えば、あなたがそうしてるのを見ると、セックスしたくなってくるわ。

Ross: Stop it.
 やめろよ。

Rachel: Oh, come on, Ross, why are we wasting our time with this other stuff?! We know what’s gonna work! It’s doctor recommended!
 あら、いいじゃないの、ロス。こんなことで時間を無駄にしなくてもいいじゃない。何が効くかわかってるんだもの。ドクター推奨なのよ!

Ross: I’m sorry, but we have to have some boundaries! My God, I’m dying.
 悪いけど、僕ら限度は保たないと! ああ、死にそう!

Rachel: Oh, come on, Ross, we’ve done it before we’ll do it again, it’ll be a nice way to bookend the pregnancy.
 ああ、なによ、ロス。前にもやったことがあるんだし、妊娠の最後を締めくくるのにいい方法じゃないの。

Ross: This is insane, I’m not gonna make love to you just so that you’ll go into labor.
 どうかしてるよ。陣痛を起こすためだけに愛を交わしたりなんかしないよ。

Rachel: Make love? What are you, a girl?
 愛を交わす? あなた何なの、女の子?

Ross: Always a great way to get in a man’s pants.
 それはまたエッチしたい時にいい手だね。

Rachel: But you will, you will be performing a service. Okay? Just-just think of me as a ketchup bottle, you know you sometimes you have to bang on the end of it just to get something to come out.
 でも、これはサービスよ。ね? ケチャップのボトルのお尻を叩けば、出てくるでしょ。

Ross: I love when you talk dirty to me.
 君のエロトーク素敵だね。

Rachel: Oh, I know it. You’re right. That’s not sexy. Oh…Oh! . .Whoops! Oh, I seem to have dropped my fork. Let me just bend over and get it. . . Oh, God!
 ああ、そうね。その通りだわ。セクシーじゃないわよね。あっ、おっと!(フォークを落とす)あらら、私フォークを落としちゃったみたい。かがんで取ろうっと。(かがんで取ろうとするがかがめない)ああ、もう!

Ross: Okay, enough! This is, this is not going to happen.
 わかった、もういいよ! そんなことしないからね。

Rachel: Come on, Ross! I’m miserable here! Come on! You started this, now you finish it! Come on, wuss, make love to me.
 いいじゃないの、ロス! 私すごくつらいのよ! ねぇ、これ始めたのあなたでしょ、終らせてよ! ねぇ、弱虫! 愛を交わして!

Ross: You know what?
 いいかい?

Rachel: What?!
 何?

Ross: Forget it.
 あきらめろ。

Rachel: Oh, wow! What now, Ross, you’re not gonna talk? How on earth will you ever annoy me? Oh, wait a minute, I know. . . I mean you’d think the damn jalapeno would’ve cleared up your sinuses, but no!! That’s not enough… What are you doing?!
 まぁ、驚いた。何、ロス、話してもくれないの? なんてイヤなことしてくれるの? あ、ちょっと待って、わかったわ。あのトウガラシで鼻が通ったかと思ったら、違うのね、まだ足りなかったのね。(ロスがとびかかってキス)何するのよ?

Ross: I’m getting that baby out of you!
 僕がその赤ちゃんを出してやるよ!(キス)

Rachel: Oh, God!
 ああ、すごい!

Ross: Oh, I know.
 ああ、だよね。

Rachel: Oh, no. No-no! I think my water just broke.
 違うの、そうじゃなくて! 破水したみたい。

Ross: I am good. Okay! Okay! Uh, I got the pillow! I got the bag! You got the keys?
 僕ってすごいな。よし、よし! 枕を持ってくるよ。バッグも! 君、鍵持った?

Rachel: Okay! I got the keys! Okay! Okay!
 いいわよ! 鍵持ったわ! 行くわよ、行くわよ!

Ross: Hey!
 ねぇ!

Rachel: Yeah.
 なに。

Ross: We’re having a baby.
 僕らの子供が生まれるんだね。(ハグ&キス)

Rachel: I didn’t uh, really have time to read this part of the books, but do you think we have time to…
 本のこの部分を読む時間がなかったんだけど、でも、まだ時間あるのかしら・・

Ross: Not so much.
 そんなにない。

Rachel: Okay.
 わかった。

《モニカ達の部屋》

Monica: Two hundred.
 (賭けに負けて払う)200ドルね。

Phoebe: Thank you!
 ありがと!

Monica: That’s it. I’m done. I don’t care when the baby comes, no more betting.
 もういい。もうやめたわ。いつ産まれてくるかなんてもういい。もう賭けない。

Phoebe: Okay.
 わかった。

(電話が鳴る)
Monica: Hello? … Uh-huh. … Uh-huh. … Okay. . . I guess we can bet one more time.
 もしもし? はい・・はい・・わかったわ。(電話を切る)もう一回賭けてもいいかもね。

Phoebe: Is Rachel having the baby?
 レイチェルに陣痛がきたのね?

Monica: How did you know that?! . . Joey! Chandler!! It’s time!
 どうしてわかるのよ!(ジョーイの部屋に向かって)ジョーイ! チャンドラー! 来たわよ!

Phoebe: They’re at the coffeehouse.
 コーヒーハウスに行ってるわよ。

Monica: You know everything!! Oh, wait, double or nothing. I bet you the baby is over seven pounds. . I bet you it has hair. . . I bet you it’s a girl.
 あなた何でも知ってるのね! 待って、2倍かナシか。赤ちゃんが7ポンド以上に賭ける。(フィービーは乗らない)毛が生えている方にかける(乗らない)女の子に賭ける。

Phoebe: We know it’s a girl!
 女の子だってわかってるじゃないの!

Monica: I’ll give you really good odds.
 すごく倍率をよくするから!



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 00:23| Comment(0) | Season 8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。