2013年10月29日

7-24 The One With Chandler and Monica’s Wedding Part 2

7-24 チャンドラーのモニカの結婚式 Part 2

 ☆ベスト"フレンズ"ウェディングーPart 2 ☆

《モニカ達の部屋のバスルーム:前回の続き》

Rachel: Oh, my God!
 オーマイゴッド・・

Phoebe: I know! Monica’s gonna have a baby! Hey, can this count as her something new?
 ね! モニカは赤ちゃんを産むんだわ! ねぇ、これってサムシング・ニューにならないかしら?

(something new = something 4 の一つ)

Rachel: Oh, my God!
 オーマイゴッド!

Phoebe: Hey, do you think this is why Chandler took off?
 ねぇ、このせいでチャンドラーはどっか行っちゃったのかしら?

Rachel: No, she had to have just taken that test because I took out the trash last night.
 いいえ。彼女このテストをしたばかりよ。私昨日の夜そのゴミ箱空にしておいたもの。

Phoebe: Oh, God, this is turning into the worst wedding day ever! The bride is pregnant. The groom is missing. And I’m still holding this.
 ああ、神様・・これって史上最悪の結婚式になっちゃいそうわ。新婦は妊娠、新郎は行方不明。そして私はまだこれを持ってる。(検査薬を捨てる)

Rachel: Okay, Phoebe, we cannot tell anyone about this.
 ねぇ、フィービー、このこと誰にも話しちゃダメよ。

Phoebe: Right.
 そうね。

Rachel: Okay?
 いい?

Phoebe: Yeah, okay. Hey, wait. Do you know what kind of birth control she was using?
 ええ、わかったわ。ね、待って。彼女ってどういう避妊方法だったのかな?

Rachel: No. Why?
 いいえ。どうして?

Phoebe: Just for the future, this is hardly a commercial for it.
 将来のためよ。これは商売にはならないわね。

《ジョーイの部屋:電話を切るロス。レイチェルとフィービーが来る》

Rachel: Anything?
 何かわかった?

Ross: No! I talked to Joey on the set, he hasn’t heard from him. I-I-I talked to Chandler’s parents again!
 いいや。スタジオにいるジョーイと話したとこだけど、彼にも連絡はないそうだ。チャンドラーの両親ともまた話したよ。

Phoebe: You told them he was missing?
 彼がいないって言っちゃったの?

Ross: No! I made it seem like I was just calling to chat. Pretty sure, they both think I’m interested in them.
 いいや。ただ話がしたいように見せかけたんだ。間違いなく、2人とも僕が彼らに気があると思ってるよ。

Rachel: All right, we’ve got to tell her he’s gone.
 もういい。もう彼女に言うしかないわ。

Ross: No! Hey! Hey! We can’t!
 ダメだよ! 待って待って! 話しちゃダメだよ!

Rachel: Ross, she’s gonna start getting ready soon!
 ロス、彼女もうすぐ用意を始めちゃうのよ。

Ross: Well, can’t you at least stall her a little? I’ll-I’ll go back to some of the places I went last night.
 だけど、少なくともちょっと彼女をとめておけないか? 昨日行ったところをもう一度回ってみるよ。

Rachel: All right, well, how much time do you need?
 わかったわ。どれくらい時間がほしい?

Ross: Well, how much time before she absolutely has to start getting ready?
 用意をするのに絶対これだけ必要って時間までどれくらいある?

Rachel: One hour.
 1時間よ。

Ross: Give me two.
 2時間くれ。

Rachel: Then why do you ask?!
 じゃあ何で聞くのよ?!(3人廊下に出る)

Ross: Okay, wish me luck.
 よし。幸運を祈っててくれ。

Phoebe: Okay. I’m going with you.
 ねぇ、私も一緒に行く。

Ross: Why?!
 なんで?

Phoebe: Ross, you’re tired. You’ve been looking all night. And clearly you suck at this.
 ロス、あなたは疲れてるわ。一晩中探して歩いたんでしょう。それに明らかにあなた探すのヘタよ。

Rachel: All right, I’ll see you guys later.
 わらったわ。じゃあまた後でね。

Phoebe: Okay. Wait, do you know how you’re going to stall her?
 ええ。待って、あなた、どうやって彼女を引き止めるかわかってる?

Rachel: I’ll figure something out.
 何か考えるわ。

Phoebe: All right. Good luck.
 わかった。頑張って。

Rachel: Thanks.
 ありがと。

《モニカ達の部屋:レイチェルが戻る》

Monica: Hey! Okay, so I thought we’d start with my make up and then do my hair.
 あら! ねぇ、まずメイクアップをして、それから髪をセットしようと思うの。

Rachel: Okay uh, but before you do that. I-I, I need you to talk to me.
 そうね。でもその前に、私、話したいことがあるの。

Monica: About what?
 何を?

Rachel: Umm… I’m never gonna getting married!
 ええ・・(泣き出す)私絶対結婚できないんだわ!

Monica: Yeah, you will! The right guy is just around the corner! Okay, are we done with that?
 いいえ、できるわよ! 運命の相手はすぐそこにいるのよ。さぁ、これでもういい?

Rachel: No, Monica! I’m serious! Oh, maybe I should just forget about it. Become a lesbian or something.
 いいえ、モニカ! 私真剣なの! ああ、もう諦めたほうがいいのかもね。レズビアンか何かになろうかしら。

Monica: Any woman would be lucky to have ya.
 あなたとつきあえる女性は幸せね。

Rachel: Well, maybe it would make me feel better if I slept with Joey.
 もしかして、ジョーイと寝たら気分が晴れるかしら。

Monica: Rachel! You okay?
 (立ち上がって)レイチェル! 大丈夫?

《ジョーイの撮影スタジオ》

Joey: Excuse me, Aaron? . . Hi! Umm, I have a little problem with the schedules. Originally, I wasn’t supposed to work today, and I have this wedding that I really have to be at. It’s my best friend’s, and I’m officiating so I really can’t work past four.
 すみません、アーロン? ・・どうも。このスケジュールでちょっと問題があるんです。もともと、今日は仕事がないはずだったんで、僕は結婚式に出席することになってて、これ本当に行かないといけないんです。友達の結婚式で、僕が司祭を務めるんですよ。だから本当に4時までしかここにはいられないんです。

The Director: Joey, you gotta stay until the end. We can’t stop filming just for you. It’s not like it’s your wedding.
 ジョーイ、終わりまでいてもらわないと困るよ。君のために撮影を止めることはできないよ。君の結婚式ってわけじゃないだろ。

Joey: I’m having surgery!
 手術なんです!

The Director: What?!
 えっ?

Joey: Yeah, I-I just made up the stuff about the wedding because I didn’t want you to worry about me. But, I’m having surgery today.
 ええ、心配させたくなかったんで、結婚式があるなんて言いましたけど、本当は今日手術なんです。

The Director: What kind of surgery?!
 なんの手術?

Joey: Transplant.
 移植です。

The Director: But you’re supposed to work on Monday.
 だけど、君、月曜日も撮影があるんだよ。

Joey: Hair transplant.
 髪の移植です。

The Director: But you’re not bald.
 でも君、禿げてないじゃないか。

Joey: It’s not on my head.
 頭じゃないんですよ。

The Director: Look, Joey, there’s nothing I can do. Besides, you’re probably gonna be out by four anyway. We’ve just got one short scene. It’s just you and Richard, and God knows he’s a pro. You’ll be fine. . . . Morning, Richard.
 なぁ、ジョーイ、なんともしてあげられないよ。それに、どっちにしても4時には終るかもしれないよ。短いシーンがあるだけなんだから。君とりチャードの2人だけのシーンだし、それにリチャードはプロだ。大丈夫だよ。・・(立ち去り、リチャードに出会う)おはよう、リチャード。

Joey: Hey! You’re here! Great! Great! Great! Let’s get going, buddy, we’ve got a scene to shoot!
 やぁ! 来たね! よかった、よかった、よかった! 始めようよ、ね、シーン撮らなきゃ!

Richard: I’m wearing two belts.
 俺、2本ベルトしてる。

Joey: Are you drunk?
 酔ってるのか?

Richard: No!
 いいや!

Joey: Yes, you are!
 いいや、酔ってる!

Richard: All right.
 まぁね。

《チャンドラーのオフィス》

Ross: So this is your office?
 ここが君のオフィスなのか?

Chandler: How did you guys find me? I knew I should’ve hid at the gym!
 どうしてここだとわかったんだ? やっぱりジムに隠れるべきだったな。

Phoebe: What the hell are you doing?!
 いったい何してるのよ?!

Chandler: Panicking! And using the Internet to try to prove that I’m related to Monica. How is she?
 パニクってるんだよ! そしてネットを使って、モニカと親戚関係だって証明できないか調べてる。彼女はどうしてる?

Ross: She’s fine. She doesn’t know you’re gone. And she doesn’t have to know, okay? Now come on, we’re going home.
 大丈夫だよ。おまえがいなくなったことは知らない。知る必要もない。いいな? さぁ、行こう。帰るんだ。

Chandler: No! No! No! I can’t do that!
 いやいやいや! もう無理だ!

Phoebe: Why not?!
 なんで?

Chandler: Because if I go home, we’re gonna become the Bings! I can’t be the Bings!
 もし帰ったら、俺たちはビング家になる! ビング家にはなれない!

Ross: What’s wrong with being the Bings?
 ビング家の何がいけないんだ?

Chandler: The Bings have horrible marriages! They yell. They fight. And they use the pool boy as a pawn in their sexual games!
 ビング家はひどい結婚生活になるんだ。怒鳴る。ケンカする。そしてプール掃除のボーイをセックスゲームの駒にするんだ!

Ross: Chandler, have you ever put on a black cocktail dress and asked me up to your hotel room?
 チャンドラー、君、黒のカクテルドレスを来て僕をホテルに誘ったことある?

Chandler: No.
 いいや。

Ross: Then you are neither of your parents!
 じゃあ君は両親とは全然違うじゃないか!

Chandler: It’s not just their marriage! I mean, look at yours. Look at everybody’s! The only person that can make marriage work is Paul Newman! And I’ve met me; I am not Paul Newman. I don’t race cars! I don’t make popcorn! None of my proceeds go to charity.
 両親の結婚だけじゃないんだ! 君を見ろよ。みんなを見てみろよ! 結婚がうまくいってるのは、ポール・ニューマンだけだ! そして、俺は俺を知っている。俺はポール・ニューマンじゃない。カーレースもしない! ポップコーンを作ったりもしない! 寄付もしない!

(Paul Newman = 二度目の結婚を全うした)

Phoebe: But look Chandler, right now no-one has a lower opinion of you than I do. But I totally believe you can do this.
 だけど、チャンドラー、たったいま、あなたに対する評価、私より低い人はいないけど、それでも私、あなたにはこれができると思うわ。

Chandler: I want to. I love her so much, but I’m afr…It’s too huge.
 そうしたいよ。彼女のことはすごく愛してるけど・・でも俺は怖・・これは大きすぎるよ。

Ross: You know, okay. You’re right. It is huge. So why don’t we take it just a little bit at a time? Okay? Umm, forget getting married for a sec; just forget about it. Can you just come home and take a shower? That's not scary, right?
 そうか、わかった。そうだな。大きすぎる。だったら、一緒に、少しずつ進めていったらどうだ? ね? 結婚ってことはちょっと忘れるんだ。忘れろ。とにかく家に帰って、シャワーを浴びることはできるだろ? それなら怖くない、な?

Chandler: Depends on what you mean by "we."
 何を「一緒に」するかどうかによるけど。

《モニカ達の部屋:モニカをひきとめているレイチェル》

Rachel: The nights are the hardest. But then the day comes! And that’s every bit as hard as the night. And then the night comes again…
 夜が一番つらいのよ。でもそれから昼間になる。その一瞬一瞬が夜と同じくらいつらいの。そしてまた夜がくる。

Monica: The days and nights are hard! I get it! Okay? Look umm, Rachel, I’m sorry! I have to start getting ready! I’m getting married today!
 昼も夜もつらい! わかったわ、ね? レイチェル、悪いけど、私もう用意始めなきゃならないの。今日結婚するのよ!

Rachel: I know. At dusk. That’s such a hard time for me.
 そうよね。夕暮れ時よ。それこそが私にはつらい時なの。

Monica: I’m gonna go put my make-up on, we have to be at the hotel in an hour!
 もうメイク始めないと。あと1時間でホテルに着いてないといけないのよ。

Rachel: Okay. But wait!
 わかったわ。でも待って!

Monica: What?!
 何?

Rachel: Let’s go to lunch.
 ランチに行きましょうよ。

Monica: I can’t go to lunch!!
 ランチなんて行けないわよ!

Rachel: Right.
 そうか。

(モニカはバスルームへ。レイチェルは転んで見せる)

Rachel: Oh, good God! I’ve fallen down!
 ああ、大変! 私転んじゃったわ!

Monica: What’s going on?
 どうなってるの?

Rachel: Okay. Alright. . Honey, listen. When I tell you what I’m about to tell you, I need you to remember that we are all here for you and that we love you.
 いいわ。わかった。(立ち上がる)ねぇ、聞いて。これから言うけど、忘れないで、私達みんなそばについてるし、あなたのこと愛してる。

Monica: Okay, you’re-you’re really freaking me out.
 ちょっと、ねぇ・・本当に怖くなってくるんだけど。

Rachel: We can’t find Chandler…‘s vest. We can’t find Chandler’s vest.
 私達、見つけられないの、チャンドラー(フィービーがドアを開けて、見つかった合図をする)のベスト。チャンドラーのベストが見つからないのよ。

Monica: How can that be?! Oh, wait! Wait! Are you, are you serious?!
 どうしてそんなことが起きるの? ああ、待って、待って! それ本当に本当?

Phoebe: Found the vest! I mean we’re gonna have to keep an eye on it, you know, make sure we don’t lose it again…
 ベスト見つけたわ! でも見はっておかないとね。また失くすことのないようにね。
 
Rachel: Oh!
 ああ!

Monica: Oh, wow! Okay. Don’t scare me like that, okay? I mean for a minute there I was like, "Oh, my God! The worst has happened!"
 ああ、もう! ああ。驚かさないでよ。頼むわよ。一瞬、もう「ああ、もうダメ! 事態は最悪!」みたいになったわ。(バスルームへ)

《ホテルの一室:ビング元夫妻とフィービー》

Phoebe: So-so you two were married, huh? What happened? You just drift apart?
 それで、あなた達って結婚してたのよね? どうなったの? 愛が消えた?

(レイチェルとモニカ母が来る)
Mrs. Geller: Here comes the bride.
 花嫁登場よ。
(花嫁姿のモニカが来る)

Phoebe: Oh, my God, Monica!
 まぁ、すごいわ、モニカ!

Monica: I wanna wear this everyday.
 これ毎日着たいわ!

Rachel: You look so beautiful.
 すごくきれいよ。

Monica: I’m so happy for me.
 私もすごく嬉しいわ。

(電話が鳴り、レイチェルが出る)
Rachel: Hello?
 もしもし?

Joey: Hey! Did Chandler show up yet?
 やぁ! チャンドラーは戻ってきた?

Rachel: Yeah, we got him back. Everything’s fine.
 ええ。連れ戻したわ。何もかも順調よ。

Joey: Damn it!
 くそっ!

Rachel: What? Why? Where are you?
 なに? どうして? あなたどこなの?

Joey: I’m still on the set!
 俺まだスタジオなんだよ!

Rachel: Joey! The wedding is in less than an hour!
 ジョーイ! 結婚式まで1時間もないのよ!

Joey: I know! I’m sorry! The guy’s drunk, they won’t let me go until we get this.
 わかってるよ! ごめん! あいつは酔っ払ってるし、これが終るまでは帰らせてくれないんだ。

Rachel: Oh, my God! I’m gonna have to find another minister.
 まぁ、なんてことなの! 誰か神父さん探さなきゃ。

Joey: No! No, I’m the minister! Alright, look-look, put them both on the phone, I’ll marry them right now.
 ダメ! ダメだよ! 俺が神父だよ! いいか、そうだ、あの2人を電話に出してくれ。今すぐ結婚させるよ。

Rachel: Ugh! Joey, I have to go.
 もうっ! ジョーイ、もう切るわよ。

Joey: Hey! Don’t you hang up on me! I’ll marry you and me right now! I have the power!
 おい! 俺の電話を切るなんて! 今すぐ君と俺と結婚するぞ! 俺には権限があるんだ!(電話を切られる)

《ホテル、チャンドラーの部屋》

Ross: There you go. You put on a tuxedo! Now that wasn’t so scary, was it?
 ほらできた。タキシードを着たぞ! な、そんな怖いことじゃなかっただろ?

Chandler: No.
 ああ。

Ross: I’m telling you, just a little bit at a time.
 だから言ってるだろ、少しずつだよ。

Chandler: Yeah, okay. Well, what’s the next little bit?
 ああ、わかったよ。それで次の少しは何?

Ross: Getting married. . . Okay. Okay. You can, you can do that too! Just like you’ve done everything else!
 結婚する。(パニクるチャンドラー)よしよし・・これもできるから! ここまでやってこれたのと同じようにね!

Chandler: Yeah. You’re right. Hey, I-I can do that.
 ああ、そうだな。そうだ。ああ、できるさ。

Ross: Yeah.
 そうだよ。

Chandler: Okay, excuse me for a minute. (Starts to leave)
 わかった。ちょっと失礼するよ。(出て行こうとする)

Ross: Wh−Hey−Whoa-whoa, where, where you going?!
 えっ、ちょっと、おいおい、どこへ行くっていうんだ?

Chandler: Ross, I am not gonna run away again! I just want to get a little fresh air.
 ロス、また逃げたりしないよ。ちょっと新鮮な空気を吸いたいだけだよ。

Ross: Okay.
 わかった。

Chandler: Okay.
 うん。

《廊下:出てきてタバコに火をつけるチャンドラー》

Chandler: Oh, fresh air!
 ああ! 新鮮な空気!

(レイチェルとフィービーの近づいてくる声が聞こえ、焦って部屋に隠れる)

Phoebe: Wait! Maybe, maybe you’re overreacting! You do that, you know.
 (レイチェルに)待って! もしかしたらあなた騒ぎすぎなのかもよ。あなたそういうことあるじゃない。

Rachel: Well Phoebe, we gotta do something! You know. I mean there’s no way Joey’s gonna make it in time. So I’m gonna go through the hotel and see if there’s any other weddings going on.
 でもフィービー、何かしないと! ジョーイはもう絶対間に合わないのよ。ホテルを見て回って、他にも結婚式がないか見てみるわ。

Phoebe: Okay. Oh, but don’t tell them Monica’s pregnant because they frown on that.
 わかった。ああ、でも、モニカが妊娠してることは言っちゃだめよ。イヤな顔されるかも。

Rachel: Okay.
 わかった。

Phoebe: Okay.
 じゃね。

(2人は立ち去り、立ち聞きしていたチャンドラーが驚いた顔で出てくる)

《ホテル内で別の結婚式を見つけたレイチェル》

Rachel: Anastassakis Papasifakis wedding, excellent! . . . Congratulations. . Mazel Tov! . . . Hi! Oh, great hat. Listen, umm, I need you to perform another wedding. Can you do that?
 アナスタサキスとパパシファキスの結婚式。最高ね! (新郎新婦に)おめでとうございます。ご幸運を! (神父に)ハーイ、ああ、素敵な帽子! 聞いてください、他にも結婚式を執り行っていただきたいんですけど、できませんか。

(Mazel Tov = Good luck のヘブライ語)

The Rabbi: I don’t know. Are they Greek Orthodox?
 それはどうかな。お二人はギリシャ正教会信徒かね?

Rachel: Yeah! Yeah. They’re…they’re-they’re my friends, uh, Monica Stephanopolis. And uh, and Chandler Acidophilus.
 ええ、そうです。その・・2人は私の友達なんです。モニカ・ステファノポラス。それと、チャンドラー・アシドフィラスです。

《ホテルの一室:両家の両親とフィービーがいる。ロスが来る》

Ross: Hi! (To Mrs. Bing) Hi! (Mr. Bing starts rubbing his arm.) Hi. Has umm, anyone seen Chandler?
 ハーイ!(ビング母に)どうも。 (ビング父がロスの手を撫でる)ハーイ。誰か、チャンドラー見なかった?

Mr. Geller: I thought he was with you.
 おまえと一緒じゃなかったのか。

Ross: He-he was with me umm, we’re playing a little game, you know? Hide and seek.
 彼は一緒にいたんだけど、あー・・僕らちょっと遊んでいて・・ほら、かくれんぼさ。

Mr. Geller: You can’t ask us, son, that’s cheating.
 私達に聞いちゃダメだぞ。ズルしちゃだめだ。

Ross: ...You’re right, thanks for keeping me honest, dad.
 ・・そうだね。ありがとう、僕を正直者でいさせてくれて・・。

Mrs. Geller: Well, he better not come by here. He can’t see the bride in the wedding dress.
 ここに来てもらっちゃいけないわね。彼はウェディングドレス姿の花嫁を見ちゃダメなんだから。

Mrs. Bing: As I recall when we got married, I saw the groom in the wedding dress.
 思い出すわね。私達が結婚した時、私、新郎のウェディングドレス姿を見たわ。

Mr. Bing: But that was after the wedding, it’s not bad luck then.
 でもあれは結婚式の後だ。だから悪いことじゃない。

Mrs. Bing: Honey, it isn’t good luck.
 ハニー、いいことでもないわよ。

(モニカが来る)
Ross: Oh, my God! Monica!
 オーマイゴッド! モニカ!

Monica: I know! Hey, how’s Chandler doing?
 でしょう! ねぇ、チャンドラーは大丈夫?

Ross: Great. He’s doing great. Don’t you worry about Chandler. . . Uh Phoebe, can I see you for a second?
 大丈夫だよ。彼はちゃんとやってる。チャンドラーの心配はいらないよ。・・フィービー、ちょっと話せる?

Phoebe: Yeah!
 ええ。(2人廊下へ出る)

Phoebe: What’s going on?
 どうしたの?

Ross: Chandler’s gone again!
 チャンドラーがまたいなくなったんだ!

Phoebe: Oh, my God! Why would you play hide and seek with someone you know is a flight risk?!
 まぁなんてことなの! あなた、どうして、逃げるかもしれない人とかくれんぼなんてしたのよ?!

《ジョーイの撮影スタジオ》

Joey: Aaron! You gotta let me go. The guy’s hammered!
 アーロン! もう帰らせてくれ。彼は酔っ払ってるんだよ!

The Director: I’m sorry Joey, as long as he’s here and he’s conscious we’re still shooting.
 悪いな、ジョーイ。彼がここにいて意識がある限り、撮影は続けるよ。

(リチャードの部屋へ行ってみると、リチャードは長い剣でステーキを切ろうとしている)

Richard: You wouldn’t happen to have a very big fork?
 君、でっかいフォークを持ってたりしないかね?

Joey: So I uh, I just talked to the director. That’s it, we’re done for the day.
 えー・・今、監督と話したんですけどね、おしまいですよ。今日はもう終わりです。

Richard: Well, have we finished the scene?
 そうか、俺たち、撮影済んだ?

Joey: Yeah! You…you were wonderful.
 ええ! あなた素晴らしかったですよ。

Richard: As were you.
 君もね。

Joey: So I got your car, it’s right outside.
 それで、車用意できましたよ。すぐ外にいます。

Richard: Thank you. You’re welcome.
 ありがとう。どういたしまして。(立ち上がろうとしたがふらついて寝る)

Joey: No-no-no! We gotta go! Come on! Here we go.
 ダメダメダメ! 行かないと! ほら、行きますよ(リチャードを肩に担ぎ上げる)

Richard: Is that my ass?
 (ジョーイのお尻を見て)これ俺のお尻?(担いで出て行くジョーイ、担がれながらお酒のボトルを掴んで行くリチャード)

《ホテルの廊下:チャンドラーを探すロスとフィービー》

Ross: There he is!!
 見つけたぞ!

Chandler: What?
 なに?(ロスがタックルする)

Phoebe: Hey! Oh!
 ちょっと! ああ!

Ross: You’re not getting away this time, mister! Unless you want that ass kicking we talked about!
 もう逃がさないぞ、ミスター! 例のお尻蹴り上げられたいか!

Chandler: Ross!
 ロス!(起き上がろうとする)

Ross: Hi-Yah!! I’m serious! You’re not walking out on my sister!
 ハイヤーッ! (奇声をあげられ、横になったまま見上げるチャンドラー)僕は真剣なんだぞ! 僕の妹を置いて行かせはしない!

Chandler: That’s right! I’m not!
 (立ち上がり)そうだよ。行かないよ。

Ross: Then where the hell have you been?!
 じゃあいったいどこへ行ってたんだよ?

Chandler: I know about Monica.
 モニカのこと知ってるんだ。

Phoebe: You know?!
 知ってるの?

Ross: What?
 え?

Chandler: Yeah, I heard you and Rachel talking.
 ああ。君とレイチェルが話してるのを聞いたんだ。

Ross: What?! What?! Talking about what?!
 何? 何? 何を話してたんだ?

Chandler: You don’t know?
 おまえ知らないのか?

Ross: Know what−If somebody doesn’t tell me what’s going on right now…
 知るって何を・・誰か、何のことかいますぐ話さないと・・

Phoebe: What? You’ll hi-yah?
 何よ? 「ハイヤーッ」?

Chandler: Monica’s pregnant.
 モニカが妊娠したんだ。

Ross: Oh, my God. Oh, my God! And you’re…you’re not freaking out?
 オーマイゴッド。。オーマイゴッド! そしておまえ・・おまえはパニクってないの?

Chandler: Well, I was! Then I went down to the gift shop because I was out of cigarettes…
 ああ、パニクったさ。でも、下のギフトショップへ行ったんだ、タバコが切れたもんだから・・

Phoebe and Ross: Cigarettes?!!
 タバコ?!

Chandler: Big picture, please! So I was in the gift shop, and that’s when I uh, saw this. . . Yeah, you know what? I thought anything that can fit into this, can’t be scary.
 今その話かよ、頼むよ! とにかくギフトショップに行って、これを見たんだ(I ハートマーク New York と書いた赤ちゃんの服を見せる)・・こんなものに入っちゃうものが、怖いわけないよな。

Phoebe: Well, you obviously didn’t see Chuckie 3.Child's Play3
 どうやらあなたはチャッキー3を知らないようね。

Chucky12Box.jpg(Chuckie 3 = Child's Play3)

Chandler: But come on, look at how cute and small this is! So I got it to give Monica, so she’d know I was okay.
 だけどほら、見ろよ、このちっちゃくて可愛いこと! それで、これをモニカにあげようと思って買ったんだ。これで、俺が大丈夫だってわかるだろ。

Ross: Dude.
 おまえってば!(ハグ)

(ゲラー父が通りかかる)
Mr. Geller: Way to go son! I knew you’d find him!
 よくやったな! 見つけられると思ってたぞ!

《結婚式:左右に両親の腕をとり歩いてくるチャンドラー》

Mr. Bing: Our little boy is getting married.
 私達の坊やが結婚するなんて。

Mrs. Bing: Oh, look at you! So handsome!
 ああ、見てこの子ったら! 本当にハンサムよ!

Chandler: You look beautiful mom. . . You look beautiful too, dad. I love you both. . . I’m so glad you're here.
 きれいだよ、かあさん(咳払いをする父)きれいだよ、とうさん。2人とも愛してる。(父にキス)来てくれて嬉しいよ(母にキス)

(1人祭壇に近づくチャンドラー)
The Rabbi: Are you Chandler?
 あなたがチャンドラー?

Chandler: Are you Joey?
 君はジョーイか?

(ロスがフィービーとレイチェルの腕をとり歩いてくる)

Ross: Huh. This is nice.
 ああ、これはいいな。

Phoebe: What?
 何が?

Ross: I’ve never walked down the aisle knowing it can’t end in divorce.
 離婚にはならないってわかっててここを歩くの初めてだよ。

(モニカが両親の腕をとり歩いてくる)

Mrs. Geller: Oh, I wish your grandmother had lived to see this.
 ああ、あなたのおばあちゃまが生きてこれを見ててくれたらね。

Monica: She’s right there.
 おばあちゃんそこにいるわよ。

Mrs. Geller: Not that old crone, my mother. . Congratulations, darling.
 あのしわくちゃ婆さんじゃないわよ。私の母。(立ち止まってキスをし)おめでとう。

Mr. Geller: We love you, sweetheart.
 愛してるよ、スイートハート。(キスをして座る)

(祭壇手前で出会う2人)
Chandler: You look beautiful. Is this new?
 きれいだよ。それ新しいの?(ドレス)

Monica: Not now.
 今はやめて。

Chandler: Okay.
 オーケー。

Monica: Who's this?
 (神父を見て)この人誰?

The Rabbi: I am Father Karabasos.
 私は神父、カラバソスです。

Chandler: He’s Greek Orthodox.
 (モニカの耳に)彼はギリシャ正教会の人だ。

Rachel: As are you.
 (囁く)あなた達もね。

The Rabbi: Let us begin. Dearly beloved…
 始めましょう。親愛なるみなさま・・

(兵士姿のジョーイが来る)
Joey: That’s my line! . . . I can take it from here, thanks. . . . Dearly beloved, I’m sorry I’m a little late. You may be confused by this now, but you won’t be Memorial Day weekend 2002. Well, let’s get started before the groom takes off again, huh? . . . We are gathered here today, to join this man and this woman in the bonds of holy matrimony. I’ve known Monica and Chandler for a long time, and I can not imagine two people more perfect for each other. And now, as I’ve left my notes in my dressing room, we shall proceed to the vows. Monica?
 それは俺のセリフだ!(走ってきて神父に)ここからは俺がやるよ。ありがとう。・・・親愛なるみなさま、遅れてすみません。これを見て混乱してるかもしれないけど、でも戦没将兵追悼記念日2002じゃないからね。それじゃ、また新郎が逃げ出さないうちに始めようか。(モニカショック)私達はいまここに、この男とこの女の神聖なる結婚の結びつきを祝うために集いました。僕はモニカとチャンドラーを昔から知ってますが、この2人以上に、お互いにぴったりな人はいません。それでは、メモを楽屋に忘れてきちゃったし、誓いの言葉に進みたいと思います。モニカ?

Monica: He took off?
(レイチェルからメモを受け取りながら)彼逃げたの?

Rachel: Go on! Go on.
 早く、早く誓いの言葉!

Monica: Chandler, for so long I…I wondered if I would ever find my prince, my soul mate. Then three years ago, at another wedding I turned to a friend for comfort. And instead, I found everything that I’d ever been looking for my whole life. And now…here we are…with our future before us…and I only want to spend it with you, my prince, my soul mate, my friend. Unless you don’t want to. You go.
 チャンドラー、ずっと長い間、私は、私の王子様、ソウルメイトを見つけられるのかしらと思ってきました。そして3年前、別の結婚式で友達に慰めを求め、その結果、これまでずっと探してきたすべてを見つけました。そしてこうしてここにいる私達・・私達の将来を前にして、それを共に過ごしたいのは、あなただけよ、私の王子様、私のソウルメイト、私の友達。。あなたがイヤじゃなかったらだけどね。どうぞ。

Joey: Chandler?
 チャンドラー?

(ロスがメモを渡そうとするが)
Chandler: No, that’s okay. Monica, I thought this was going to be the most difficult thing I ever had to do. But when I saw you walking down that aisle I realized how simple it was. I love you. Any surprises that come our way, it’s okay, because I will always love you. You are the person I was meant to spend the rest of my life with. You wanna know if I’m sure?
 いや、いいよ。・・モニカ、これは僕が今までにしてきたことの中でも一番難しいことだと思っていた。でも、ここへ歩いてくる君を見たとき、なんて簡単なことなんだろうと思ったよ。愛してる。この先、どんなことが起きようと、大丈夫だ。だって、いつまでもずっと愛してるから。君は、僕の今後の人生をずっと一緒にすごすべきただ1人の人だ。僕の気持ちを知りたい?(キスをする)

Joey: You may now kiss the bride. So, I guess by the powers vested in me by the state of New York and the Internet guys, I now pronounce you husband and wife. Oh, wait! Do you take each other?
 (慌てて)花嫁にキスをしてよろしい。それじゃ、ニューヨークとインターネットの人によって授けられた権限により、2人を夫と妻と宣言する。あっ、待って。お互いを夫婦と認め誓うか?

Chandler: I do.
 誓います。

Monica: I do.
 誓います。

Joey: Yeah, you do!
 ああ、誓うよな!

Ross: Rings?
 指輪は?

Joey: Oh, crap! Okay−uh…uh let’s-let’s do the rings.
 あっ。クソっ! よし、それじゃ・・指輪の交換をしよう。

(チャンドラーはロスから、モニカはレイチェルから指輪を受け取り、互いの指にはめる)

Joey: We good? Yeah? Good? Once again, I pronounce you husband and wife. . .Now kiss her again.
 いい? 大丈夫? いい? ・・もう一度、2人を夫と妻と宣言する。・・さぁ、もう一度キスして。

Chandler: I love you. And I know about the baby.
 (キスをしてから)愛してるよ。それから、赤ちゃんのこと知ってるからね。

Monica: What baby?
 赤ちゃんって何?

Chandler: Our baby.
 俺たちの赤ちゃんだよ。

Monica: We have a baby?
 私達赤ちゃんがいるの?

Chandler: Phoebe found your pregnancy test in the trash.
 フィービーが、君の妊娠検査薬をゴミ箱から見つけたんだよ。

Monica: I didn’t take a pregnancy test.
 私妊娠検査してないわよ。

Chandler: Then…who did?
 じゃあ・・誰がしたんだ?

(フィービーとレイチェル)

Phoebe: Look at them. And they’re gonna have a baby.
 見てあの2人。それに赤ちゃんも生まれてくるのね。

Rachel: Uh-huh.
 そうね。



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:51| Comment(0) | Season 7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月28日

7-23 The One With Chandler and Monica’s Wedding Part 1

7-23 チャンドラーのモニカの結婚式 Part 1

 ☆ベスト"フレンズ"ウェディングーPart 1 ☆

《セントラルパーク》

Monica: Do you realize this is probably the last time we’ll all be here in the coffee house as six single people?
 このコーヒーハウスに独身6人として集まるのはこれが最後かもしれないのよね。

Phoebe: Why?! What’s happening to the coffee house?! . . Oh!
 どうして? このコーヒーハウスどうかなっちゃうの? (気づく)ああ!

Chandler: Yep! From now on its gonna be the four of you guys and me and the mrs. The little woman. The wife. The old ball and chain.
 そうだな! これからは、君たち4人と、俺とその奥さんだ。小さな夫人。ワイフ。昔ながらの妻。

(ball and chain = 足かせと重り。転じて「妻」)

Monica: Old?
 昔ながらの?

(old = 古い・年を取ったなどの他に、「なじみの」などの意味もあり、年を取っていることを表現しているとは限らないが、年を取ったという意味に限定してとらえて苦情をいうモニカ)

Chandler: The young, hot ball and chain.
 若くてセクシーな妻。

Monica: Much better.
 だいぶよくなった。

Rachel: Op! We gotta go!
 (時計を見て)あっ、私達もう行かなきゃ!

Ross: Oh, where are you guys going?
 え、君たち、どこへ行くの?

Monica: We’re gonna pick up the wedding dress, then we’re gonna have lunch with mom.
 ウェディングドレスを受け取りに行って、それからかあさんと一緒にランチなの。(ジョーイが立ち上がる)

Ross: Ah. Joey, you’re-you’re having lunch with my mom?
 あ、ジョーイ。君もうちのかあさんと一緒にランチなのか?

Joey: No, I-I just heard lunch. But, yeah, I can go. Sure!
 違うけど、ランチって聞いたから。でも、いいや、行ってもいいよな、うん!(みんなで出て行く)

Ross: You know what? Actually I’m kinda glad they’re leaving ‘cause uh, I need to talk to you about something.
 (チャンドラーに)なぁ、みんなが出てってくれてよかったよ。実は、君に話したいことがあったんだ。

Chandler: What’s up?
 どうした?

Ross: Well, this uh, this may be a little awkward.
 うん、これはちょっと気まずいかもしれないけど。

Chandler: Listen, if you want to borrow money, its kind of a bad time. I’m buying dinner for 128 people tomorrow night.
 なぁ、もし金を借りたいっていうなら、今はタイミング悪いぞ。俺は、明日の夜128人に食事をごちそうしようっていうんだからな。

Ross: No, its…Its not that. Umm, now what I’m going to say to you, I’m not saying as your friend. Okay? I’m-I’m saying as it as Monica’s older brother.
 いや、そういうことじゃないよ。これから言うけど、その間は、友達として言うんじゃないから。いいね? これは、モニカの兄として言いたいんだ。

Chandler: But you’re still my friend?
 だけど、友達だよな?

Ross: Not for the next few minutes.
 これからの数分は違う。

Chandler: During this time…are you, are you still my best man?
 その間・・その間もまだ俺の付き添い人?

Ross: Nope.
 違う。

Chandler: Do I still call you Ross?
 ロスって呼んでもいい?

Ross: Okay! You guys are getting married tomorrow, and-and I couldn’t be more thrilled for both of you. But as Monica’s older brother I-I have to tell you this. If you ever hurt my little sister, if you ever cause her any unhappiness of any kind, I will hunt you down and kick your ass! . . . What? I’m-I’m-I’m serious! . . . Come−Hey! Dude! Stop it! Okay? I’m-I’m not kidding here!
 いいから! 君らは、明日結婚する。僕にとってこんな嬉しい事はないよ。だけど、モニカの兄として、これは言っておきたい。もし、君が、僕の妹を傷つけたり、不幸な目に遭わせたりしたら、僕はどこまでも君をおいかけて、お尻を蹴り飛ばしてやるからな。(チャンドラーが笑う)なに? 真剣に言ってるんだぞ。(さらに笑うチャンドラー)おい! ちょっと! やめろよ! 冗談で言ってるんじゃないぞ!

Chandler: Hey, I hear what your saying, okay? And, thanks for the warning.
 なぁ、話はわかったよ。な? 忠告ありがとう。

Ross: No problem.
 いいんだ。

Chandler: So are we…friends again?
 それじゃ・・もう友達?

Ross: Yeah.
 ああ。

Chandler: Okay. . . You won’t believe what Monica’s older brother just said to me!
 そうか。・・・信じられないぞ、モニカの兄が言ったことったらさ。

《モニカ達の部屋》

Rachel: What are you doing, Mon?
 何をしてるの、モン?

Monica: I’m making a list of all the things that are most likely to go wrong at the wedding. Now, that way I can be prepared.
 ウェディングに関して、起きては困るけど起きそうなことをリストアップしてるの。そうすれば、備えられるでしょ。

Phoebe: What are they?
 どういうこと?

Monica: Well, so far I have uh, my bridesmaids' dresses won’t get picked up, my veil gets lost, or I don’t have my something blue.
 そうね、まず、ブライズメイドのドレスの引き取り忘れ、私のベール紛失、それとか、サムシング・ブルーの用意忘れ。

Rachel: Hey! Those are all the things I’m responsible for!
 ちょっと、それって全部私の仕事じゃないの。

Monica: I had to go with the odds, Rach.
 確率で考えないとね、レイチ。

(ジョーイが来る)
Joey: Hey! You guys! Remember that audition I had a while ago and didn’t get the part?
 やぁ! ちょっと前に俺が受けて落ちたオーディションあるだろ、覚えてない?

Rachel: The commercial?
 コマーシャル?

Joey: No!
 違う。

Phoebe: That play?
 あのお芝居?

Joey: No!
 違う。

Monica: That other play?
 もう一つのお芝居?

Joey: No!
 違う。

Phoebe: The movie?
 映画?

Joey: Yes!!
 それ!

Phoebe: Oh!
 あぁ!

Rachel: The one about the pilot and his dog who flies planes?
 パイロットと、彼の飛行機操縦ができる犬の話?

Joey: No. But man, that one hurt. No, this is the one about the soldiers who fight in World War I!
 違うけど、ああ、あれは残念だったよ! そうじゃなくて、第一次世界大戦で戦った兵士の話だよ。

Phoebe: Oh, yeah! Back then, you know, we called it the Great War. It really was!
 ああ、あったわね! あの頃は、世界大戦争と呼んだものよ。まったく大きな戦争だったわ。

Joey: Well, anyway, the guy they wanted backed out and now they want me! I start shooting today!
 とにかく、決まってたやつが役を降りてしまって、俺に出てくれっていうんだ! 今日から撮影開始なんだよ!

Phoebe: Congratulations!
 おめでとう!

Rachel: Oh, that’s great!
 すごいじゃない!

Monica: Wait! Wait! Wait! You can’t start today! Today’s the rehearsal dinner!
 待って待って待って! 今日始めるなんてダメよ! 今日はリハーサル・ディナーなのよ。

Joey: Oh, no, I’ll be done by then.
 ああ、その頃には終ってるから大丈夫だよ。

Monica: Oh. Well then way to go, you big movie star!
 あら、そうなの。それじゃ、頑張れ、素敵なムービー・スター!

Joey: I know! All right, I’ll see you guys over there! I’m off to fight the Nazis.
 だよな! よし、じゃあ、会場で会おう。ナチスと戦ってくるぞ!

Rachel: Oh, wait Joey! We fought the Nazis in World War II, not World War I.
 あら待って、ジョーイ! ナチスとは第二次世界大戦で戦ったのよ。第一次世界大戦じゃないわ。

Joey: Whoa! Okay. Yeah, well, who-who was in World War I?
 おお! そうか。それじゃ、第一次世界大戦ではどこと戦ったの?

Phoebe: Go ahead.
 (答えがすぐ出てこないレイチェルに)どうぞ。

Rachel: You’re gonna be late! Go! Go!
 遅れちゃうわよ! 早く行って行って!(ジョーイでて行く)

Monica: Who did we fight in World War I?
 第一次世界大戦ではどこと戦ったのかしら?

Rachel: Mexico?
 メキシコ?

Phoebe: Yes! Very good.
 そうよ! よくできました。

《ジョーイの映画撮影スタジオ:小道具のウェストポーチにクッキーを入れるジョーイ》

The Assistant Director: Hey, Joey! We’re ready.
 やぁ、ジョーイ! 準備できてるよ。

Joey: Yeah! Me too.
 ああ! 俺もだよ。

The Assistant Director: Richard? We’re ready for you. (Richard approaches.) Joey Tribbiani? This is Richard Crosby, he’s playing Vincent.
 リチャード? 準備できてるよ。(リチャードが近づいてくる)ジョーイ・トリビアーニ、こちら、リチャード・クロスビー、ヴィンセント役だ。

Joey: I’m doing my scenes with you?
 俺、あなたと共演なんですか?

Richard: Nice to meet you, Joey.
 初めまして、ジョーイ。

Joey: Wow! I can’t believe this! This is incredible. I mean, you just won an Oscar!
 ワオ! 信じられないな。すごいよ。あなた、オスカーを受賞したばかりですよね!

Richard: No, I didn’t.
 いや、受賞してないよ。

Joey: I think you did.
 受賞したでしょう。

Richard: I think I lost. Three times.
 いや、しなかった。これで3度目だ。

Joey: Uh…Cookie?
 あー・・・クッキーはどう?(ポーチから出す)

The Director: Okay! We’re about an hour away from getting the scene lit. So uh, if you guys don’t mind, can we run it a couple of times?
 よし! 撮影まであと1時間ぐらいだ。それじゃ、2回ぐらいやってみないか?

Richard: Yeah, sure.
 ああ、いいよ。
 
The Director: Okay, all right. Let’s do it. And…Action!
 よし、じゃあやってみよう。・・・アクション!

Joey: We have to find the rest of the platoon!
 俺たち、残りの隊員を探さないと!

Richard: Forget the platoon! The platoon is gone!
 隊のことは忘れろ! もう手遅れだ!(ツバが飛ぶ)

Joey: What?!
 なんだって?(顔を拭う)

Richard: The platoon is dead! Face facts, Tony!
 隊員はみな死んだ! 現実を見るんだ、トニー!

Joey: So what are we gonna do?! We have no reinforcements! No-no, food!
 それじゃ俺たちどうするんだ? 応援は来ない。食べ物もない!(顔を拭う)

Richard: No, we still have food in the basement! I saw potatoes and some dry pasta!
 いや、地下に食べ物はあるぞ。ポテトとパスタがあるのを見た!(ツバが飛び、顔を拭うジョーイ)

The Director: Hang on a minute! Joey, you keep touching your face. Is something wrong?
 ちょっと待ってくれ! ジョーイ、君、顔をぬぐってばかりいるが、どうかしたか?

Joey: No. Nope, I uh…I th−I thought it might be kind of a cool character thing. You know? He’s uh, he’s a face toucher.
 あー、いや。俺は・・そんなキャラクターはどうかと思って。ね、こいつは、顔を触る癖があるやつなんだよ。(背後でリチャードが首を振る)

The Director: I don’t think so. Let’s take it back to Richard’s last line. . Action!
 それはダメだな。リチャードの最後のセリフから行こう。・・アクション!

Richard: We may not have any weapons, but we still have food. In the basement I saw potatoes and some dry pasta, and a few tins of tuna!
 俺たちには武器はないかもしれないが、食べ物はある。地下で、ポテトとパスタがあるのを見た。それにツナの缶もあった!(顔を拭うジョーイ)

《モニカ達の部屋:リハーサル・ディナーに行くところ》

Monica: Honey, we gotta go!
 ねぇ、もう行かないと!

Chandler: Okay. Here’s a question you never wanna have to ask. My dad just called and wanted to know if he could borrow one of your pearl necklaces.
 わかった。でも、絶対聞きたくなかったことを聞かなきゃならないんだ。父親から電話があって、パールのネックレスを借りられないかってさ。

Monica: Did he say what kind of neckline he's wearing?
 どういう襟なのかは聞いた?

Chandler: No.
 いいや。

Monica: Well, I've only met him once. But I'm guessing plunging?
 彼には一度しか会ってないけど、きっと胸が大きくあいてる襟ぐりよね?

Chandler: Yeah, he's more of a if-you've-got-it-flaunt-it kind of father.
 ああ、彼は「持ってるものは見せびらかす」タイプの父親だな。

Monica: I don’t have anything like that, but let me go see if Rachel does.
 私はそういうのは持ってないけどレイチェルに聞いてみるわ。

Chandler: Yes, include more people in this.
 ああ。いろんな人に聞いてみてくれ。

Monica: Hey, do you realize that at this time tomorrow we're gonna be getting married?
 ねぇ、気がついてる? 明日の今ごろ、私達は結婚してるのよ。

Chandler: Wait a minute! I have a date tomorrow night.
 ちょっと待てよ。明日の夜はデートなんだけどな。

Monica: I just, I can’t believe that we made it!
 ここまで無事に来られて、ウソみたい。

Chandler: Well, you don’t have to sound so surprised.
 そんなに驚くことないだろう。

Monica: I’m sorry but. . Nothing.
 ごめん。でも・・・なんでもない。

Chandler: What?
 なんだよ?

Monica: Well, honestly, ever since we got engaged I have been waiting for something to.. to flip you out.
 正直言って、婚約して以来何か起きるんじゃないかと思ってたの。何か・・あなたがおかしくなっちゃうみたいな。

Chandler: Honestly? Me too.
 正直言って、俺もだよ。

Monica: Really?
 ほんと?

Chandler: Yeah. You know, I keep thinking that something stupid is gonna come up and I’ll go all…Chandler. But nothing has.
 ああ。何かバカな考えがわいてきて、チャンドラーらしくなるんじゃないかって。でも、そうはならなかった。

Monica: Ohh, I’m so glad. Thank you so much for staying so calm during this. I mean it’s really, it’s made me stay calm. . .I could've been worse!
 ああ、うれしいわ。これまで、落ち着いていてくれて本当にありがとう。おかげで私も落ち着いていられたわ。・・・これまだマシな方なのよ。

Chandler: Okay. I’ll be right there.
 よし、俺もすぐ行くよ。

(モニカが出て行き、チャンドラーがコートを取ってでかけようとすると電話が鳴り、留守電の応答が始まる)

Monica: Hi! If you’re calling before Saturday, you’ve reached Monica and Chandler. But if you’re calling after Saturday, you’ve reached Mr. and Mrs. Bing! Please leave a message for the Bings!
 ハーイ、もし電話くれてるのが土曜日以前だったら、こちらモニカとチャンドラーです。でも、もし、電話くれてるのが土曜日以降だったら、こちら、ミスター&ミセス・ビングよ! ビング家にメッセージをどうぞ!

(びびりスイッチが入ったチャンドラー)

《リハーサル・ディナーで出迎えるモニカとチャンドラー》

Monica: Hey, Maureen! Gosh! Hey uh, Chandler? This is my cousin Maureen.
 あら、モウリーン! (ハグ)ああ! ねぇ、チャンドラー、こちら、私のいとこのモウリーンよ。

Chandler: We’re the Bings.
 僕らビング家だ。

(フィービーとレイチェルが来る)
Rachel: Hi! Oh, you guys look so beautiful!
 ハーイ! あなた達、すごく素敵よ!

Chandler: Mr. and Mrs. Bing!
 ミスター&ミセス・ビングだからな!(立ち去る)

Ross: Wow, Monica! Hey, just so you know I had my uh, older brother chat with Chandler.
 わお! モニカ! ・・なぁ、言っておくけど、僕は兄としてチャンドラーに言っておいたからね。

Monica: What is that?
 何を?

Ross: Well I…I told him that if he ever hurt you I would hunt him down and kick his ass! . . . What?! What?! What is the matter with everybody?! I am serious! I would kick his ass!
 ほら、もしやつが君を傷つけたりしたら、とっつかまえてお尻を蹴ってやるって言ったんだよ!(モニカ達女性3人笑い出す)なに? なんだ? みんなどうなってるんだ? 真剣なんだぞ! お尻蹴ってやるから!

Phoebe: Ross, please! My make-up!
 ロス、頼むわよ! ああ、お化粧が・・!

(チャンドラー母に出会うチャンドラー)

Chandler: Hi.
 ハーイ。

Mrs. Bing: Chandler!
 チャンドラー!

Chandler: Mom. Thanks for wearing something.
 かあさん。ありがとう、何か着ててくれて。

Mrs. Bing: Oh, honey! This is so exciting! I thought we screwed you up so bad this day would never come. Oh, and just think. Soon there’ll be lots of little Bings.
 ああ! ねぇ、私本当に嬉しいのよ。私たちあなたをメチャクチャにしちゃって、この日を迎えられないかと思ったわ。ああ、考えてみてよ。すぐ、ちっちゃなビング達が生まれてくるのよね。
(びびるチャンドラー)

Joey: I can't believe I have to back to work and get spit on again.
 また仕事に戻ってツバはきかけられなきゃならないなんて、もう信じらんないよ。

Phoebe: Well, you're lucky, the people who spit on you are famous.
 あなたはラッキーよ。ツバはきかけてくる人が有名人なんだもの。

Joey: Who spits on you?
 誰にツバ吐かれたんだ?

Phoebe: I don't want to talk about work.
 仕事の話はしたくないわ。

(モニカとゲラー両親が近づいてくる)

Monica: Mrs. Bing? Here, these are my parents umm, Judy and Jack Geller.
 ミセス・ビング? こちら、うちの両親で、ジュディと、ジャック・ゲラーです。

Mrs. Geller: It’s lovely to meet you.
 お会いできてうれしいわ(握手)

Mr. Geller: So are you his mother or his father?
 (握手)それじゃあなたは、彼のおかあさん、それともおとうさん?

Mrs. Geller: Jack!
 ジャック!

Mr. Geller: What?! I’ve never seen one before!
 何だよ? 会ったことがないんだからさ。

Monica: Dad! There’s Ross, why don’t you go talk to him?
 とうさん! あっちにロスがいるわよ。彼と話してきたら?

Mr. Geller: I didn’t even have a chance to act as though I’m okay with it!
 (妻と立ち去りながら)平気だってフリするチャンスもなかったじゃないか!

(ビング父が来る)
Mr. Bing: Hello, all!
 ハッロー、みなさん!

Chandler: Hi…dad.
 ハーイ・・とうさん。

Monica: Hi, Mr.Bing.
 ハーイ、ミスター・ビング。

Mr. Bing: Nora!
 ノラ!

Mrs. Bing: Charles.
 チャールズ。

Monica: It-it’s so great to see you both here.
 お二人にお会いできてうれしいわ!

Mr. Bing: Yes! Although, I think we may be seeing a little too much of some people. Aren’t you a little old to be wearing a dress like that?
 そうね! ちょっと過ぎた人もいるみたいだけど。(元妻に)あなた、そんなドレスを着るにはちょっと年取り過ぎじゃない?

Mrs. Bing: Don’t you have a little too much penis to be wearing a dress like that?
 あなたはそんなドレスを着るにはちょっとペニスついてるじゃない?

Chandler: Oh, my God!
 ああ、もう!(モニカと2人立ち去る)

《ゲラー夫妻とロス》

Mr. Geller: Of course you can kick his ass, son.
 もちろんおまえは彼のお尻を蹴ってやればいいんだよ。

Mrs. Geller: You could kick anyone’s ass you want to.
 あなたは蹴りたかったら誰のお尻でも蹴っていいのよ。

Ross: Thanks, you guys.
 ありがとう、2人とも!

《モニカとレイチェル》

Monica: Oh, Rach! Rach! Umm hey, could you do me a favor and would you talk to Chandler’s dad and try to keep him away from Chandler’s mom?
 あ、レイチ、レイチ! ねぇ、お願いがあるのよ。チャンドラーのおとうさんと話して、おかあさんから引き離してみてくれない?

Rachel: Yeah! But I don’t know what he looks like!
 わかったわ。でも、彼ってどんな人かわからないわ。

Monica: He is the man in the black dress.
 彼は黒いドレスを着た男の人よ。

Rachel: Man in the black dress…. . . Hi! I’m Rachel! I’m a friend of Monica and Chandler’s!
 黒いドレスの男・・・(黒いドレスの女性に勘違いして話しかける)ハーイ、私はレイチェル、モニカとチャンドラーの友達よ。

Woman: I’m Amanda.
 私はアマンダ。

Rachel: Oh, I get it! A…man…duh!
 ああ! なるほどね! あ、マンだ!

Ross: Can I have everyone’s attention please? I’m uh; I’m Ross Geller.
 (グラスを叩いて)みなさん、ちょっと聞いていただけますか? 僕は、ロス・ゲラーです。

Mr. Geller: Doctor Ross Geller.
 ドクター・ロス・ゲラー。

Ross: Dad…dad, please! As I was saying umm, I’m Dr. Ross Geller. Uhh, and I’m the best man. And uh, this marriage is doubly special for me umm, because not only is the groom my best friend but uh, the bride is my little sister. And, she’s the greatest sister a guy could ask for. So if you’d all please join me in raising a glass to the, the couple we’re here to celebrate. . To the Bings.
 とうさんったら・・頼むよ。さっき言ったように、僕はドクター・ロス・ゲラー、付き添い人です。この結婚は、僕にとって二重に特別なものです。新郎が親友だというだけでなく、新婦が僕の妹なんです。彼女は考えられる最高の妹です。それじゃ、みなさんどうかグラスをあげていただいて、このカップルを祝っていただけたらと思います。(みんなグラスをあげる)ビング家に!

All: To the Bings!
 ビング家に!
(みんな乾杯するが、さらにびびりが募るチャンドラー)

《モニカ達の部屋》

Monica: All right, I’m gonna go steam my wedding dress, okay? Who wants the responsibility of making sure nothing happens to it?
 さぁ、私はウェディングドレスにスチームをかけるわね。問題なくやる責任を追いたい人いる?

Rachel: I’ll do it.
 私がやるわ。

Monica: Who wants it? Anybody?
 誰かいる? 誰もいない?

Rachel: I said I’ll do it!
 私がやるって言ったじゃない。

Monica: Nobody wants to do it? All right, I’ll do it myself.
 誰もやりなくないのね? いいわ。自分でやるわ。

Rachel: Monica! I’m not gonna screw it up!
 モニカ! 私ちゃんとできるわよ。

Monica: You know what? You’re right, I’m sorry. Actually you were a big help tonight. Yeah, and thanks for putting my grandmother in the cab and making sure she got to the hotel safely.
 ねぇ、そうよね、あなたの言う通りだわ。ごめんね。実際、今夜は本当に助かったわ。ええ、私のおばあちゃんをタクシーに乗せてちゃんとホテルまで安全に送り届けてくれてありがとう。

Rachel: Well, of course that is what I’m here for!
 もちろんよ。そのために私はいるんだもの。

Monica: Okay. Sorry.
 ええ。悪いわね。(バスルームへ行く)

Rachel: Ugh! What grandmother?
 もうっ!(フィービーに)おばあちゃんって?

《ジョーイの部屋:ロスが来る》

Joey: Hey! Where have you been?
 よぉ! どこ行ってたんだ?

Ross: Oh, taking my parents back to the hotel.
 両親をホテルへ送ってきたんだ。

Joey: Oh.
 ああ。

Ross: What? Are you going back to work?
 なんだ、仕事に戻るのか?

Joey: Yeah.
 そうだよ。

Ross: Nice shades.
 カッコいいサングラスだね。

Joey: Thanks. Yeah, I figure if I wear these in my scenes at least I won’t get spit in the eyes, you know?
 ありがと。撮影のときサングラスをしてたら、少なくとも目にはツバが入ってこないと思ってさ。

Ross: And if I remember correctly, Ray Ban was the official sponsor of World War I!
 それに僕の記憶が確かなら、レイバンは第一次世界大戦の公式スポンサーだったよな。

Joey: Great! All right. I’ll see you later.
 よかった! さぁ、じゃあまたな。(出て行こうとする)

Ross: All right. . Hey, where’s Chandler?
 ああ・・なぁ、チャンドラーはどこ?

Joey: Uh, I think he’s in Rachel’s room. See ya.
 ああ、レイチェルの部屋にいると思うよ。じゃあな(出て行く)

Ross: Chandler? . . . Chandler?
 (レイチェルの部屋へ行き)チャンドラー?(いないので出てきて)チャンドラー?(バスルームも見るがおらず、カウンターのメモを見つけて読む)

《モニカ達の部屋:ノックに応えてレイチェルがドアを開ける》

Ross: Hey!
 やぁ。

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Ross: Is uh, is Monica here?
 モニカはいる?

Rachel: She’s steaming her dress, why? What’s up?
 彼女はドレスにスチームをあててるわ。どうしたの? 何かあった?

Ross: I think Chandler’s gone.
 チャンドラーが消えたみたいなんだ。(メモを見せる)

Rachel: What?!
 なんですって?

Ross: He left that.
 それが残してあった。

Rachel: "Tell Monica I’m sorry." . . Oh, my God!
 (メモを読む)「モニカにごめんって伝えて」・・なんてことなの!

Phoebe: What’s up? . . . "Tell Monica I’m sorry." . . Tell her yourself!
 どうしたの?(レイチェルがメモを渡す)「モニカにごめんって伝えて」・・自分で言いなさいよ!

《モニカ達の部屋前の3人》

Phoebe: Oh, my God! Chandler just left though!
 なんてことなの! チャンドラーがどっか行っちゃったなんて!

Rachel: Yeah, but, maybe it’s not what we think. Maybe it’s tell Monica I’m sorry I drank the last of the milk.
 ええ、でも、違うかもしれないわよ。もしかしたら、これはモニカにミルク全部飲んじゃってごめんなさいっていうことかもしれないわ。

Phoebe: Or maybe he-he was writing to tell her that-that he’s changed his name, you know? Tell Monica I’m Sorry.
 それか、彼は名前を変えたってことをメモで伝えてるのかもしれないわよ。俺は「ごめん」だってモニカに伝えてっていう意味かもしれないわ。

Ross: I think it means he freaked out and left!
 僕は、あいつ怖くなって行ってしまったんだと思うよ!

Phoebe: Don’t be so negative! Good God! Isn’t it possible that Sorry is sitting in there right now?!
 そんなネガティブになっちゃダメよ! もう! ごめん君が、今そこにいるかもしれないじゃないの!

Rachel: Okay. Phoebe, I-I think Ross is right. What are we gonna do?
 ねぇ、フィービー。ロスの言う通りだと思うわ。どうしよう?

Ross: Look−Okay, I’m just gonna−I’m gonna have to go find him and bring him back! Okay? You-you make sure Monica does not find out, okay?
 よし・・そうだ、僕は・・僕はとにかく彼を捜して連れ戻してくるよ。ね? 君たちは、モニカに気づかれないようにしてくれ。いいね?

Phoebe: Okay, but if you don’t find him and bring him back, I am gonna hunt you down and kick your ass!
 わかったわ。だかど、もし彼を見つけて連れ戻さなかったら、私があなたのこと取っ捕まえてお尻を蹴ってやるからね!

Ross: I will, I will find him.
 きっと、きっと見つけてくるよ。

《ジョーイの映画撮影スタジオ》

Richard: Hey, Joey, could you uh, go through these lines with me?
 なぁ、ジョーイ、このセリフのところ、一緒にやってみてくれないか?

Joey: Oh, man! They-they just redid my make-up!
 なんだよ。メイクアップ直したばかりなのに。

Richard: Just the last two pages.
 最後の2ページだけ。

Joey: Alright.
 わかったよ。

Richard: "I found the picture!"
 「写真を見つけたんだぞ!」

Joey: "Picture? What picture?"
 (台本で顔をカバーしながら)「写真? 何の写真だ?」

Richard: "The picture of my wife I found in your pack." . . . Could you uh, could you lower your script?
 「俺の妻の写真が、おまえのカバンの中にあるのを見つけたんだ」・・ちょっと、君、台本を下げてくれないか?

Joey: I don't want to.
 下げたくない。

Richard: I need to see your face so I can uh, play off your reaction.
 君の顔を見て、反応を見ながらやらないと。

Joey: Okay, look, I know you’re a great actor, okay? And you play all those Shakespeare guys and stuff…
 わかった、ああ、あなたは偉大な俳優だってことはわかってます。ね? あなたはあのシェイクスピアとかをいっぱい演じてきた人だ。

Richard: Oh, thanks.
 ああ、ありがと。

Joey: But you’re spitting all over me, man!
 だけど、あなたは俺にツバをはきかけまくりなんだよ、もう!

Richard: Well, of course I am!
 もちろんそうだよ!

Joey: You know you’ve been spitting on me?!
 俺にツバかけてるの知ってたの?!

Richard: That’s what real actors do! Annunciation is the mark of a good actor! And when you enunciate, you spit!
 本当の俳優はそうなんだよ! はっきり言うのがいい俳優の特徴なんだ。はっきり発音すれば、ツバも出る!

Joey: Wow! Didn’t know that.
 ワオ! それは知らなかった!

Richard: Great!
 そうさ!

Joey: Thanks! Okay-okay check it out! "Picture? What picture?" . . . Eh?
 ありがとう! よし、それじゃ、これ見て!「写真? 何の写真だ?」(ツバを吐く)どう?

《セントラルパーク:カウンターのガンターに聞くロス》

Ross: Gunther, have you uh, have you seen Chandler?
 ガンター、君、チャンドラー見なかった?

Gunther: No. No, I haven’t seen him.
 いいや。見てないよ。

Ross: Oh, damn!
 ああ、くそ!

Gunther: He’s getting married tomorrow, right?
 彼って明日結婚するんだよね?

Ross: Yes. Yes. Don’t worry. Everything’s fine. We’ll uh, we’ll see you tomorrow at the wedding.
 そう。そうだよ。心配しないで。何もかもうまくいってるから。それじゃ、明日結婚式でね。

Gunther: I wasn’t invited.
 僕は招待されてない。

Ross: Well, then, we’ll-we’ll see you the day after tomorrow. . . Mom?! Dad?! What-what…what you guys doing here?!
 そうか、それじゃ、あさってまた会おう・・(窓際の席にいる両親に気づく)かあさん、とうさん? こ・・ここで何をしてるの?

Mr. Geller: Well, you kids talk about this place so much, we thought we’d see what all the fuss is about.
 お前達がいつもこのこの話をしてるから、いったいどんなところか見に行こうってことになったんだ。

Mrs. Geller: I certainly see why the girls like coming here.
 どうして女の子達がくるのかわかったわ?

Ross: Why?!
 どうして?

Mrs. Geller: The sexy blonde behind the counter.
 カウンターにいるあのセクシーなブロンド君よ。(ガンターに手を振る)

Ross: Gunther?!
 ガンター?!

Mr. Geller: Your mother just added him to her list.
 かあさんは、彼をリストに加えたとこだよ。

Ross: What? Your-your list?
 なんだって? リスト?

Mrs. Geller: Yeah, the list that−of people we’re allowed to sleep…
 ああ、ほら、寝てもいいっていう・・

Ross: Yes! No-no! I know, I know what the list is!
 わかってる! やめて! リストが何かってことはわかってるよ。

Mr. Geller: Come on, sit down. Have a cup of joe.
 ほら、来て座りなさい。コーヒー飲んで。

Ross: No. No, dad, I can't. I'm sorry. Look, if you see Chandler, could you just tell him that I’m looking for him?
 いや、とうさん、だめなんだよ。悪いけど。ね、もしチャンドラーに会ったら、僕が探してたって伝えてくれる?

Mr. Geller: And if you see Rita Moreno, let her know I’m looking for her.
 おまえも、もしリタ・モレノにあったら、私が探してるって伝えてくれ。

ritamoreno.jpg(Rita Moreno = 女優・ダンサー)

《ジョーイの映画撮影スタジオ》

The Director: Action!
 アクション!

Richard: I found the picture!
 写真を見つけたぞ!

Joey: What picture?!
 何の写真だ?!

Richard: The picture of my wife, in your pack!
 おまえのカバンの中に、俺の妻の写真があったんだ!

Joey: You went through my personal property?
 俺の持ち物を見たのか?

Richard: Why do you have a picture of Paulette in your pack?!
 なんで、ポーレットの写真がおまえのカバンの中にあるんだ?

Joey: . . Because Vincent, we were lovers. . For two years!
 ビンセント、それは、俺たちが愛し合ってるからだ。・・・もう2年もな!

The Director: Cut! Wonderful!
 カット! すばらしい!(ジョーイ達はタオルで顔を拭く)

Joey: Great scene, yeah?
 素晴らしいシーンだったよね?

Richard: Oh, you’re awesome! And, in that last speech? You soaked me.
 ああ、君は素晴らしいよ! それにあの最後のセリフでは、もう俺もグッショリだ。

Joey: Thanks a lot.
 ありがとう!

The Assistant Director: Here’s your call sheet for tomorrow.
 これ、あしたの予定表だから。

Joey: Oh, I’m-I’m not working tomorrow.
 ああ、俺は明日は仕事ないはずだっただろ。

The Assistant Director: You are now.
 いいや、今はもう違う。

Joey: No! No! I can’t! You gotta get me out of it! I’ve got plans! (Spits.) Important plans!
 ダメダメ! できないよ! 俺なしでやってくれよ! 俺にはプランがあるんだ(ツバはきまくり)大事なプランが!(ADは立ち去る)

《モニカ達の部屋:翌朝》

Rachel: Ross said there’s still no word from Chandler.
 (ドアを閉めながら)ロスが、まだチャンドラーと連絡つかないって。

Phoebe: Oh, man.
 ああ、なんてこと。

Rachel: Oh, but he did say that they found the grandmother wandering down fifth avenue.
 あ、だけど、彼、5番街をさまよってるおばあちゃんを見つけたんだって。

Phoebe: Okay. Well, there’s one down.
 わかった。それじゃ一つは解決ね。

(モニカが寝室から飛び出してくる)
Monica: I’m getting married today!!! . . . I think I just cracked a rib. But I don’t care because today’s my wedding day! My day is finally here!!
 今日私結婚するのよ!(つまづいて転び、立ち上がって)あばらにヒビが入ったいたいだけど、でもいいわ、だって今日は私の結婚式なんだもの! ついに私の日が来たのよ!(寝室へ戻る)

Phoebe: You know she might not even notice he’s gone.
 ねぇ、もしかしたら、彼がいないってことに気づかないかもね。

Monica: I’m gonna start getting ready!
 (また出てきて)用意を始めるわよ!(寝室へ戻る)

Rachel: God! Don’t−We can’t let her start getting ready! This is too awful! Oh, God, but wait, she’ll be in the gown and then he won’t show up and then she’s gonna have to take off the gown…
 ああ! 用意を始めさせるわけにはいかないわ! こんなのひどすぎる! ああ、神様・・でも、だめよ、彼女がドレスを着て、それでも彼が現れなかったら、彼女はドレスを脱ぐしかなくなって・・

Phoebe: Shhh! Stop it! Stop it, Rachel! You can’t do this here!
 シーッ! やめて、やめて、レイチェル! ここで動揺しちゃダメよ!(2人バスルームへ)

Rachel: I’m sorry. I’m sorry. It’s just…It’s just so sad!
 ごめんなさい。ごめんなさい。だって・・もう・・本当に哀しいわ!

Phoebe: Yeah, but you’ve got to pull yourself together! Monica can’t see you like this! Then she’ll know something’s wrong!
 ええ、でも、しっかりしてくれなくちゃ! モニカにあなたのそんな姿見せられないのよ。何かおかしいって気づいちゃうわよ!

Rachel: I know. I know. Oh, God. There’s no tissue! Can you grab me some toilet paper?
 そうよね。そうだわ。ああ、神様・・ティッシュがないわ! トイレットペーパー取ってくれる?

Phoebe: Yeah. Oh, that’s gone too. This is Monica’s bathroom, right?!
 ええ。あら、そっちもないわ。ここってモニカのバスルームよね?

Rachel: Oh!
 ああ!

Phoebe: No-no! I-I…I found one.
 あ、あっ! ひとつ見つけた。

Rachel: Okay.
 そう。。

(フィービーはゴミ箱からティッシュを拾って渡す)

Rachel: Oh, thank you! . . Oh, God! . . Can I have another one?
 ああ、ありがとう・・・ああ、神様(捨てて)もう一枚くれる?

Phoebe: Sure. Do you need some floss?
 ええ(ゴミ箱を探す)フロスほしい?

Rachel: Oh, God, I just cannot imagine what is gonna happen if Chandler doesn’t show up!
 ああ、どうしよう・・もしチャンドラーが現れなかったらいったいどうなっちゃうの?

Phoebe: Oh, here’s a whole bunch.
 ああ、ここにたくさんあった。

Rachel: Oh, I mean she’s gonna be at the wedding waiting for him and people will be whispering, "Oh, that poor girl." You know? Then she’ll have to come back here and live all alone.
 ああ、彼女はこれから結婚式に行って、彼を待って、みんなが囁き出すのよ。「ああ、かわいそうな子」って・・そしてここに戻って1人で暮らすのよ。

Phoebe: Oh, my God!
 オーマイゴッド!!

Rachel: What?
 何?

Phoebe: There was a pregnancy test in the garbage, and it’s positive. Monica’s pregnant. . So I guess she won’t be totally alone.
 ゴミ箱の中に妊娠検査薬があったわ。そして結果は陽性よ。モニカは妊娠してるのよ。・・それじゃ、完全に1人っきりでもないんだわね。

《次回に続く》

Joey: Next time on Friends..
 (ジョーイの声)次回のフレンズは・・

(ジョーイの部屋)
Rachel: We've gotta tell her.
 もう彼女に話すしかないわ!

Ross: No, we can't.
 いいや、ダメだ。

Rachel: She's gonna start getting ready soon.
 彼女もうすぐ用意を始めちゃうのよ。

Ross: Can't you at least stall her a little?
 少なくともちょっと彼女をとめておけないか?

(モニカ達の部屋)
Rachel: I'm never gonna married.
 私絶対結婚できないんだわ。

(撮影スタジオ)
The Director: We've just got one scene with you two, and God knows Ricard is a pro.
 君ら2人の1シーンだけだ。それにリチャードはプロだ。

Joey: Are you drunk?
 (リチャードに)酔ってるのか?

Richard: No!
 いいや!

Joey: Yes, you are!
 いいや、酔ってる!

Richard: Alright.
 まぁね。

(式場)
Monica: How's Chandler doing?
 チャンドラーは大丈夫?

Ross: Great.
 大丈夫。

Rachel: Where are you?
 (電話)どこにいるの?

Joey: I'm still on the set.
 まだ撮影セットにいるんだ。

(モニカ達のバスルームで)
Phoebe: This is turning into the worst wedding ever.
 これって史上最悪の結婚式になっちゃいそうだわ。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:36| Comment(0) | Season 7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月27日

7-22 The One With Chandler’s Dad

7-22 チャンドラーのパパの話

 ☆パパはキャスリーン・ターナー☆

《モニカ達の部屋:ロスが来る》

Ross: Hey!
 やぁ!

Monica: Hey!
 ハーイ。

Ross: Hey uh Mon, I saw the Porsche parked out front, can I get the keys? Thought I’d take that bad boy out for a little spin.
 なぁ、モン、ポルシェが前に駐車してあるよね。鍵借してくれる? あいつをちょっと転がしてきたいなと思ってさ。

Rachel: Wait a minute! You let Ross drive the Porsche and when I ask you, you say you’re the only one who’s allowed to drive it.
 ちょっと待って!(モニカに)あなた、ロスにポルシェ運転させるの? 私には、あれを運転できるのは自分だけだって言ってたじゃないの。

Monica: Yeah, well he’s my brother! And plus he drives so slow he could never hurt it.
 そうだけど、にいさんなのよ。それに、彼はすごいゆっくり運転だから、傷つくことないもの。

Ross: It’s a car, Monica! Not a rocket ship!
 あれは車なんだぞ、モニカ! ロケットじゃないんだ。

Monica: Whatever, Ross! Just replace the bulbs in the brake lights after you’re done.
 なんとでも言って、ロス。運転したら、ブレーキランプの電球変えておいてね。

(ジョーイが来る)
Joey: Hey!
 ヘイ!

Ross&Phoebe: Hey!
 ヘイ!

Joey: Saw the Porsche out there Mon, lookin’ good. When do I get to take that baby out again?
 ポルシェが置いてあるな、モン。いいねぇ。今度はまたいつ、あの子貸してくれるの?

Rachel: You let Joey drive it?!
 ジョーイにも運転させたの?

Phoebe: I’ve never driven it! Okay? Not once! Okay, once. Okay, I drive it all the time.
 私は運転したことないわよ! 一度も! いえ、一回は。いいわよ、しょっちゅう運転してるわ。

Monica: Nice work, everybody! So much for the you know, "You can drive it, but don’t tell Rachel" plan!
 みんなさすがね! 「運転してもいいけど、レイチェルには内緒」のプラン通り!

Rachel: Wow! I can’t believe you lied to me.
 まぁ! 信じられない、私にウソをついてたなんて。

Phoebe: Okay, I can fix this! Okay, Monica, Rachel thinks all you can talk about is the wedding.
 いいわ、私に任せて! ね、モニカ、レイチェルは、あなたは結婚式のことしか考えられないと思ってたのよ。

Monica: Great! Well, Rachel, the reason why I won’t let you drive the Porsche is because you’re a terrible driver. There! That wasn’t about the wedding.
 結構ね! レイチェル、あなたにポルシェを運転させなかったのは、あなたの運転がひどいからよ。ほら! 結婚式以外のことよ。

Ross: Look, Rach, if-if you want to go for a ride in the Porsche, I’ll be glad to take you for a quick spin around the block.
 ねぇ、レイチ、ポルシェに乗りたいんだったら、僕、喜んで君を乗せてこの辺りを走るよ。

Joey: Yeah, you got a couple hours?
 ああ、2時間くらいあいてる?

《セントラルパーク:髪が立ったロスが来る》

Ross: Whew! That was a brisk ride!
 ヒュー! 気持ちいいドライブだったよ!

Rachel: Take the top down, did ya?
 ルーフを下ろしたのね?

Ross: Only way to fly.
 飛ぶといったらこれだよね。

(The Only way to fly = Western Airlinesのスローガン)

Rachel: Come on, Ross. Give me the keys! Monica does not know what she’s talking about! I am an excellent driver!
 ねぇったら、ロス! 鍵をちょうだい! モニカはわかってないのよ! 私は運転がうまいのよ。

Ross: You’re fast and irresponsible. That adds up to a bad driver.
 君はスピードを出すし、無責任だ。つまり、ひどいドライバーだ。

Rachel: Well, in High School, that added up to head cheerleader.
 高校では、それはつまり、チアリーダーのトップなのよ。

(近くを通りかかった女性がロスを見て微笑む)

Ross: Did you see the look that girl just gave me? Huh? She must’ve seen me cruising in the bad boy.
 あの子が俺を見たあの目、見ただろ? 僕があいつを運転したのを見てたんだな。

Rachel: I think she’s checking out your beehive, Ross.
 あなたのそのハチの巣を見てたのよ、ロス。

Ross: What?! . . Give-give me a brush.
 何だって?(頭に手をやる)ブラシ貸して!

Rachel: Give me the keys!
 鍵貸して!

Ross: No way!
 とんでもない!

Rachel: Well, no brush!
 じゃあブラシ貸さない。

Ross: Fine! You know what? It doesn’t matter, because, if I remember correctly, there is a comb on the floor of the bathroom.
 いいよ。貸してくれなくてもいいよ。記憶が確かなら、バスルームの床にクシが落ちてたから。(バスルームへ行く)

(ロスの持ち物からキーを見つけ出し、ついでにお金も見つけて取る。不審な目で女性に見られる)

Rachel: Alimony.
 (女性に)扶養料なの。

《モニカ達の部屋》

Monica: Chandler, we still haven’t gotten an RSVP from your dad.
 チャンドラー、あなたのおとうさんからの出欠の返事がまだなのよ。

(RSVP = (仏)Répondez s'il vous plaît「ご返事願います」)

Chandler: Oh! Right. Umm, maybe that’s because I didn’t send him an invitation.
 ああ、それね。招待状を送ってないからかもな。

Monica: Chandler! He’s your father; he should be at the wedding.
 チャンドラー! あなたのおとうさんなのよ。結婚式には来てもらわなきゃ。

Chandler: I don’t even know the man. Okay? We’re not that close. I haven’t seen him in years.
 父のことはわからないんだよ。親しくない。何年も会ってないんだ。

Monica: What are you gonna do when he finds out he wasn’t even asked?!
 招待さえされてなかったって知られた時、あなた、どうする気なの?

Chandler: He doesn’t have to know! It’s not like we run in the same circles. I hang out with you guys, and he stars in a drag show in Vegas.
 彼が知るなんてことないよ。住む世界が違うみたいな感じだよ。俺は君たちと一緒の世界、彼は・・べガスでゲイ・ショーの主役をはってるんだ。

Phoebe: Ooh, I think I wanna trade circles.
 ああ、住む世界交換してみたいかも。

Chandler: Trust me, you don’t want him there either. Okay? Nobody is gonna be staring at the bride when the father of the groom is wearing a back-less dress.
 ほんと、君だって、いてもらいたくないはずだよ。新郎の父親が背中のあいたドレスを着てたら、誰も花嫁見ないぞ。

Monica: So what! As long as he’s not wearing a white dress and a veil I don’t care.
 それが何? 白いドレスを着てベールをつけてない限り、気にしないわ。

Phoebe: Okay, I think I need to do some shopping.
 あーっと、私、買い物に行かなくっちゃ。(出て行く)

《ポルシェに乗り込むレイチェル》

Rachel: Ahhh! Ooh, nice!
 ああ! (座り)ウー! ナーイス!

(突然ロスが、ボンネットに体を投げるように飛び乗ってくる)

Rachel: My God!
 ああ、びっくりした!

Ross: What do you think you’re doing?!
 (フロントガラス越しに)いったい何をするつもりなんだ?!

Rachel: Just washing the windshield.
 ワイパーかけようかなーって。(突然ワイパーが動いて慌てるロス)

Ross: There is no way I am letting you drive this car! So why don’t you just hand over the keys?
 僕がこの車を運転させると思ったら大間違いだぞ! いいから早く鍵を返して。

Rachel: Oh.
 あらら。(キーをさす)

Ross: No, ah-ah-ah! Do not start this car! . . . Okay! Okay! I will give you twenty bucks if you get out of this car right now. . Hey!
 ダメだ! あっあっあっ! エンジンかけちゃダメだぞ!(エンジンをかけるレイチェル)よし! よし! もしエンジンを切ってくれたら、20ドルあげるから・・(お金がないことに気づく)おい!

Rachel: Look, Ross, if you’re so freaked out, just get in the car!
 ねぇ、ロス、そんなに心配だったら、車に乗ればいいじゃないの。

Ross: With you?! Yeah, right!
 君と? ああ、いいね!(乗らない)

Rachel: All right.
 わかったわ。(走り出す)

Ross: Okay! Okay! Okay!
 わかった! わかった! わかった!(後部座席に乗る)

Rachel: What are you doing?! Get in the front!
 何してるのよ? 前に来なさいよ!

Ross: In the death seat?!!
 死の席にか?!

Rachel: Oh!
 もう!(走り出す)

《セントラルパーク》

Jake: Hey, guys!
 やぁ、どうも!

Joey: Hey!
 ヘイ!

Phoebe: Hey, sweetie!
 あら、あなた!

Jake: Ready to go?
 もう行ける?

Phoebe: Yeah! Sure! Ooh, I left my purse up at Monica’s. I’ll be right back.
 ええ! だけど、バッグをモニカのところに置いてきちゃった。すぐ戻るわ。

Jake: Wait a minute!
 ちょっと待って?

Phoebe: What? . . . Oh. . Ooh. . Whoa! That one kept going.
 何?(キス) おお・・うう! ウワオ! このキス後を引くわね。(出て行く)

Joey: So! You and Phoebe, huh? How long have you been going out?
 君とフィービー、いいね。つきあってどれくらいになる?

Jake: Over a month.
 1ヶ月ちょっと。

Joey: Wow! Maybe uh, maybe you and I ought to get to know each other a little better.
 そうなんだ! 俺たち、ちょっとお互い知り合った方がいいんじゃないかな。

Jake: Sure, I’d like that.
 ああ、それはいいね。

Joey: So uh, what’s your name?
 それで、名前は?

Jake: It's Jake.
 ジェイクだよ。

Joey: Joey. . Hey, Jake, do you like the Knicks?
 ジョーイだ(握手)なぁ、ジェイク、ニックスは好き?

Jake: Yeah, big fan.
 ああ、すごいファンだよ。

Joey: Me too! There’s a game on Tuesday, do you wanna go?
 俺もだよ! 今度の火曜日にゲームがあるけど、見に行く?

Jake: Yeah, that would be great! Let me make sure I’m not doing anything Tuesday.
 ああ、それはいいな! 火曜日の予定を確認してみるよ。(床に置いたバッグの中を見るとき、レースの下着を履いているのが見える)

《モニカ達の部屋:モニカが寝室から出てくる》

Monica: Here!
 はい!(旅行カバンをチャンドラーの前に置く)

Chandler: What’s this?
 これ何?

Monica: It’s your suitcase. We’re going to Las Vegas.
 あなたのスーツケース。ラスベガスに行くのよ。

Chandler: Are you serious?! I mean like eloping?! No more stupid wedding stuff?! No more these flowers or these flowers or these flowers−Think of the money we’ll save!! . . We’re not eloping. I love the flowers. Can our wedding be bigger, please?
 本気で言ってる? 駆け落ちするの? もうバカげた結婚式なし? あの花にするこの花にするその花にするっていうのはもうなし? どんだけ節約になるか! ・・・駆け落ちじゃないよね。俺は花が大好き。もっと結婚式盛大にしようよ。

Monica: We’re going to Las Vegas to see your dad. It’s time you two talked, and I want to get to know my father-in-law.
 ラスベガスへ、あなたのおとうさんに会いに行くの。もう話してもいい頃よ。それに私も義理のおとうさんとお知り合いになりたいもの。

Chandler: When we went over this, I won!
 その話は前にしたろ。それで俺が説得したのに。

Monica: No, you didn’t. Oh and honey, just so you know, now that you’re marrying me, you don’t get to win anymore.
 いいえ、できてません。ねぇ、言っておくけど、あなたこれから私と結婚するんだから、あなたの思い通りになることなんて、もう、ないから。

Chandler: Look, forget it, okay? I don’t want to go. I don’t want to see him. I don’t wanna.
 なぁ、やめようよ、な? 行きたくない。会いたくないんだ。イヤなんだ。

Monica: Chandler, look, I-I know that your dad embarrassed you. I know…
 チャンドラー、ねぇ、おとうさんが恥ずかしかったっていうのはわかってるわ。私・・

Chandler: No-no, all kids are embarrassed by their parents, you’d have to come up with a whole new word for what I went through. When I was in High School, he used to come to all of my swim meets dressed as a different Hollywood starlet. You know it’s hard enough to be fourteen. You’re skinny. You’re wearing speedos−That your mom promised that you would grow into! And you look up into the stands and there’s your dad cheering you on dressed as Carmen Miranda. He was wearing a headdress with real fruit that he will later hand out to your friends as a healthy snack!
 いいや。誰でも親には恥ずかしい思いをすることはあるよ。俺の経験を語るには、完全に新しい言葉が要るんだ。高校の時、水泳競技会のたびに、違ったハリウッドの若いスターの格好でやってきたんだ。14歳の頃なんて恥ずかしいことだらけだ。痩せっぽちなのに、母親にそのうち合うようになるなんて言われて、スピードなんか着てさ。そして観覧席を見ると、父親がカルメン・ミランダの格好で応援してるんだ。本物のフルーツで飾った帽子を被って、後で、健康にいいとか言いながらみんなに配るんだぞ。

d0081024_18315761.jpg(Carmen Miranda)

Monica: Hey, the point is that he was at every one of your swim meets and he was there cheering you on! Okay? That’s a, that’s a pretty great dad.
 ねぇ、大事なのは、競技会のたびに応援に来てくれたってことじゃないの、ね? すごい素敵なおとうさんじゃない。

Chandler: He had sex with Mr. Garibaldi!
 彼はミスター・ギャラバルディとセックスしたんだぞ。

Monica: Who’s Mr. Garibaldi?
 ミスター・ギャラバルディって誰?

Chandler: Does it matter?!
 そこ重要?!

Monica: Chandler, you’re not fourteen anymore. Okay? Maybe it’s time that you let that stuff go. If your father’s not at your wedding…you’re gonna regret it for the rest of your life.
 チャンドラー、もう14歳じゃないのよ。ね? もうそういうのにこだわるのはやめてもいい頃よ。おとうさんに結婚式に来てもらわなかったら、あなた、今後ずっと後悔するわよ。

Chandler: Yeah, o-okay, but I’m just doing this for you.
 ああ・・わかったよ。だけど、君のためにやるんだからな。

Monica: Yes!
 やった!

Chandler: So I really never get to win anymore?
 ところで本当に俺の思い通りになることってないの?

Monica: How much did you ever really win before?
 今までに思い通りになったことある?

《セントラルパーク:ジョーイが来る》

Joey: Pheebs!
 フィーブス!

Phoebe: Hey!
 あら!

Joey: Listen, you know how uh, when you’re wearing pants and you lean forward I check out your underwear?
 なぁ、ズボンをはいてる人が前屈みになった時、俺が下着をチェックするの知ってるよな?

Phoebe: Yeah!
 ええ!

Joey: Well, when Jake did it I saw that…he was wearing women’s underwear!
 ジェイクが前屈みになった時、女物の下着をはいてるのが見えたんだ!

Phoebe: I know. They were mine.
 そうよ。あれは私の。

Joey: Oh. . . No! No, wait, that’s weird!
 そうか。・・いや、いや、待てよ、変だよ!

Phoebe: No, it’s not! We were just goofing around and I dared him to try them on.
 うん、そんなことないわよ。ただふざけて、私が彼に着てみろって言ったの。

Joey: That’s weird!
 変だよ!

Phoebe: I’m wearing his briefs right now.
 私も彼のブリーフを今はいてるわよ。

Joey: That’s…kinda hot.
 それはなんか・・セクシーじゃん。

Phoebe: I think so too. And that little flap? Great for holding my lipstick.
 そうでしょ。あの前の合わせのとこあるじゃん? 口紅入れとくのにいいわね。

Joey: Yeah, I wouldn’t know about that.
 ああ・・それは知らなかったな。

Phoebe: And! You know what Jake says? That women’s underwear is actually more comfortable. And he loves the way the silk feels against his skin.
 それにね! ジェイクが言ってたんだけど、女性の下着の方が着心地がいいって。それに、シルクの肌触りが気に入ってるのよ。

Joey: Yeah, well, next thing you know, he’ll be telling you that your high heels are good for his posture!
 そうか。気がついたら、ハイヒールは姿勢にいいとか言いだすぞ。

Phoebe: There is nothing wrong with Jake! Okay? He is all man! I’m thinking even more than you.
 ジェイクは何も問題ないわよ。彼は男らしいのよ。あなたより男らしいんじゃないかと思うわ。

Joey: Oh, yeah, he looked like a real lumberjack in those pink lacies.
 ああ、そうだよな、やつはあのピンクのレースの履いて、木こりみたいに男らしいよな。

Phoebe: I’m just saying that only a man completely secure with his masculinity could walk around in women’s underwear! I don’t think you could ever do that.
 私が言ってるのは、男らしさに完全に自信のある人だけが、女性の下着を着られるってことよ。あなたにはできないでしょうね。

Joey: Hey! I am secure with my masculinity.
 おい! 俺は自分の男らしさに自信があるぞ。

Phoebe: Okay, whatever.
 ああ、はいはい。

Joey: You’ve seen my huge stack of porn, right?
 俺の山積みのポルノ見たことあるよな?

《レイチェル運転のポルシェ:ロスは助手席》

Rachel: God. I forgot how much I love driving. I have got to get my license renewed.
 ああ、私運転が好きだってことを忘れてたわ。免許証更新しなくっちゃ。

Ross: You don’t have a valid driver’s license−Okay, that is it! Pull over right now!
 君、免許証失効してるのか! よし、もういい! 今すぐ車を止めるんだ!

Rachel: Oh, Ross, you’re so tense! You just gotta relax, okay? Just need to relax, all right? Just need to relax…
 もう、ロスったら。あなたって本当に堅苦しいんだから。リラックスしてよ、ね? リラックスするのよ。いい? リラーックス・・(両手をハンドルから離す)

Ross: What-what are you doing?! Are you−Okay, that’s not funny! Just stop horsing around!
 なな・何をしてるんだ?! 君は・・いいか、笑い事じゃないぞ! もうふざけるのはやめるんだ!

Rachel: I am not horsing around, okay? I am Porsche-ing around.
 ふざけてなんかいないわよ。私はポルシェってるだけ。

(パトカーのサイレンがなる)

Rachel: Uh-oh.
 あら、やだ。

Ross: Okay, stay calm. Nothing is going to happen to you, you are not in that much trouble.
 よし、落ち着くんだ。何も悪いことはおきない。そんなにひどいことにはならない。

Rachel: Really? You think so?
 本当? そう思う?

Ross: I was talking to myself! You’re going down!
 自分自身に言ってたの! 君はもうオシマイだよ!

《ジョーイの部屋:バスルームから出てきたジョーイが、レイチェルの下着の一つを選んで自室へ戻る》

《ラスベガスの4 Queens bar:チャンドラーとモニカが席でショーを待っている》

A Waiter in Drag: Has someone taken your order yet?
 もう注文はお済みかしらっ?

Monica: Uh oh yeah, she did. Uh, he did. . She? .. I’m-I’m sorry I’m new. I don’t…
 ああ・・ええ、彼女に。いえ、彼に。(チャンドラーに)彼女? (ウェイターに)ごめんなさい。こういうとこ初めてで私・・

Waiter in Drag: Hm-mmm?
 そう?

Chandler: Yeah, I just ordered a beer!
 ああ、俺はビールを頼んだぞ!(テーブルを叩く)

Waiter in Drag: You’re straight. I get it.
 ストレートね、わかったわよ。

Monica: I still say that if we had called your dad we could have gotten better seats.
 あなたのお父さんに電話すれば、もっといい席に着けるんでしょうに。

Chandler: No! No! I don’t want him to know we’re here yet! I’m not sure I’m ready for that. And besides, he’s not gonna be too happy to see me either.
 イヤイヤ! 俺たちがここに来てるってこと、まだ知られたくないんだ。まだ心の準備ができてないんだよ。それに、俺に会ってもそう喜ばないと思うし。

Monica: Why not?!
 どうして?

Chandler: I don’t know if I’ve told you this, but he’s kinda tried to get in contact with me a lot over the last few years.
 君には言ってなかったかもしれないけど、彼はこの数年、俺と何度も連絡をとろうとしてたんだ。

Monica: What?!
 なんですって?

Chandler: Yeah, he’s made phone calls, written letters, he even came to New York, but I always said I was too busy to see him. It’s all very "Cats in the Cradle." I don’t want to get into it. . . Here we go.
 ああ。電話をかけてきたり、手紙を送ってきたり、ニューヨークまで来たりもしたんだ。でも俺はいつも忙しいとか言ってきた。"Cats in the Cradle"みたいな、ああはなりたくないなみたいな・・・(ショーが)始まった。

(Cats in the Cradle = ずっと忙しいと言って息子の相手をしてこなかった父、息子はそれでも、大きくなったらパパみたいになると言い続けていた。やがて、独り立ちした息子を訪ねようとしたが、忙しいと断られた。確かに自分のように育った・・みたいな歌)



Announcer: Ladies and gentlemen, please welcome the incomparable Helena Handbasket!
 レディース&ジェントルマン! 歓迎をお願いします、類い稀なる、ヘレナ・ハンドバスケット!

(舞台に登場するのはキャスリーン・ターナー)

Helena: Hello, darlings.
 ハーイ。みなさん。

Chandler: And there’s daddy!
 あれが俺のおやじ!

《警官にとめられたポルシェの2人》

Rachel: Okay. Switch places with me! Switch places with me! Come on! I’ll go under, you go over!
 ねぇ、場所代わって! 場所代わって! お願いよ! 私下から行くから、あなた上から来て。

Ross: Yeah, I’ll get right on that.
 ああ、それはいいね。

Rachel: Oh, come on, Ross!!
 もう、早く、ロス!(ロスの足を持ち上げて無理矢理移動しようとする)

Ross: No, Rach! Come on! No-no! Yeah, I’m sure we won’t get arrested for this.
 ダメだよ、レイチ、ほら! ダメダメ! これで逮捕されるんじゃないか。

(警官が来る。セクシーになるレイチェル)
Rachel: Hi, officer, was I going a little too fast?
 あら、おまわりさん。私ったら、速過ぎたかしら?

Ross: Oh, my God.
 オーマイゴッド。。

Policeman: Can I see your license, please?
 免許証見えてもらえますか?

Rachel: Oh, yes, absolutely! You know, it’s weird uh, but I had a dream last night that I was stopped by a policeman. And then he uh…well I probably shouldn’t tell you the rest.
 ああ、はい、もちろん! ねぇ、変なんだけど、昨日、おまわりさんにとめられる夢を見たのよね。それから彼は・・ま、この先は話すのやめておくわ。

Policeman: Your license?
 免許証は?

Rachel: Yes. Here you go, Officer uh, Handsome.
 はい。(渡す)どうぞ。お名前は・・ハンサムさんかしら。

Policeman: That’s Hanson.
 ハンソンです。

Rachel: Oops sorry, my mistake.
 あら、ごめんなさい。私の間違いね。

Ross: Dear Lord!!
 なんてことを!

Policeman: Wow!
 ワオ!

Ross: Here it comes.
 ほら来たぞ。

Policeman: This is a great picture.
 この写真は素敵だな!

Rachel: Really?! You think so? You know, I had just rolled right out of bed.
 そう? そう思う? そんなの、寝起きの写真よ。

Policeman: Yeah? You look phenomenal.
 そう? 君すごく素敵だよ。

Ross: Well, she should, it was taken ten years ago!
 そりゃそうだよ、10年前の写真なんだから!

Rachel: You know, you’re probably wondering about the old date on there.
 ねぇ、その古い日付を気にしてらっしゃるのかしら。

Policeman: Yes, I am.
 そうだよ。

Rachel: Yeah.
 そうなの。

Policeman: You’re an Aquarius, huh?
 君は水瓶座なんだね?

Rachel: I bet you’re a Gemini.
 あなたはきっと双子座ね。

Policeman: Nope.
 いいや。

Rachel: Taurus?
 牡牛座?

Policeman: Nope.
 いいや。

Rachel: Virgo?
 乙女座?

Policeman: Nope.
 いいや。

Rachel: Sagittarius?
 射手座?

Policeman: Yep.
 そう。

Rachel: I knew it! I knew it, ahh….
 やっぱりね! やっぱりだわ。ああ・・。

Policeman: Well, I tell you what…
 いいですか・・

Rachel: Yeah?
 はい?

Policeman: You’re not gonna speed anymore, right?
 今後はもうスピード違反しませんね?

Rachel: I won’t speed.
 しません。

Policeman: And you promise you’ll get this taken care of right away?
 それと、免許証の件はすぐきちんとするって約束しますね?

Rachel: I promise.
 約束する。

Policeman: And in the meantime you better let him drive. Does he have a license?
 それと同時に、彼に運転させた方がいいから。彼は免許証ある?

Rachel: Yeah!
 ええ。

Policeman: Can he handle the stick?
 彼、マニュアル操作できる?

Rachel: Oh, well…
 ああ、まぁ・・

Ross: I can handle the stick!!
 できます!

《4 Queens Club:ヘレナが歌っている》

Helena: I feel pretty. Oh so pretty. I feel pretty and witty and…
 私可愛いでしょう、とっても可愛いでしょう。私可愛いくて、賢くて・・そして(マイクを客席に)

All: Gay!
 (マイクを向けられ)ゲイ!

Monica: That can’t be your father.
 彼があなたのおとうさんだなんてありえない。

Chandler: Believe me, I’ve been saying that for years. . . Oh, my God!
 俺も長年そう言い続けてきたよ・・うわ、なんてことだ!

Monica: What?
 なに?

Chandler: That’s Mr. Garibaldi playing the piano.
 あのピアノを弾いてるのは、ミスター・ギャラバルディだ。

Helena: For I’m loved by a pretty wonderful boy! . . . Hello! And welcome to the show. I see some of our regulars in the audience. And a couple of irregulars.
 (歌)だってかわいい素敵な彼に愛されたから!(拍手)ありがとう! そしてようこそショーに! 普段通りのお客様と・・中には普通じゃないお客様もいらっしゃてるわね。

Chandler: He’s coming into the audience. He’s coming into the audience.
 彼は観客達の中へ入ってくるぞ。観客達の間へ歩いて来る。

Monica: Relax! You’ll be fine. . . Oh much better. You’re invisible now.
 落ち着いて! 大丈夫よ(テーブルのライトを消すチャンドラー)ああ、いいわね。これでもうあなた見えないわよ。

Helena: Where are you from?
 (男性客に)どこから来たの?

Guy: Bakersfield.
 ベイカーズフィールド。

Helena: I’m sorry?
 ごめんなさい?

Guy: Bakersfield!
 ベイカーズフィールド。

Helena: No-no, I heard! I’m just sorry.
 いえいえ、聞こえてたわよ。聞いてごめんなさいって言ったの。

Chandler: It can’t happen like this. Okay? I’ll meet you back at the hotel.
 こんなふうに起きるのはダメだよ。な? ホテルの裏で会おう(出て行こうと立ち上がる)

Helena: Oh, look, a standing ovation already! So early in the show. Oh, turn around honey; let me see your pretty face.
 (チャンドラーを後ろから見て)あら、見て。もうスタンディングオベーション? すごく早いわね。ねぇ、こっちを向いて、かわいい顔を見せて。(ゆっくり振り返るチャンドラー。驚くパパ)

Monica: Can we have our drinks, please?! Waiter…uh, tress!
 私たちに飲み物貰えるかしら? お願い、ウェイター・・トレス・・!

《セントラルパーク:ジョーイが来る》

Joey: Hey, Pheebs!
 やぁ、フィーブス!

Phoebe: Hey!
 あら!

Joey: Check it out. . . Huh? How much of a man am I?!
 これ見てよ。(ウェスト端を下ろして女性下着を見せる)な? 男らしいだろ?

Phoebe: Wow! Nice! Manly and also kind of a slut.
 ワオ! 素敵じゃない! 男らしいし、それにあばずれっぽくて。

Joey: You know, I’m beginning to see what Jake was talking about.
 ジェイクの言ってる意味がわかってきたよ。

Phoebe: Uh-huh.
 あらそう。

Joey: The silk? Feels really good!
 シルクだけど、本当に気持ちいいよな。

Phoebe: Huh.
 うん。

Joey: Yeah! And-and things aren’t as…smashed down as I thought they were gonna be.
 ああ! それに想像していたほど、つぶされる感じじゃないんだな。

Phoebe: That’s great, Joe!
 いいわね、ジョー!

Joey: Yeah! And you have so many more choices than you do with men’s underwear!
 ああ! それに、男の下着よりうんといろんな種類から選べるしな。

Phoebe: Uh-huh.
 そうよね。

Joey: Bikini, French cut, thong! And-and the fabrics! You’ve got cotton, silk, lace! And you know what I’ve always wondered about?
 ビキニだろ、フレンチカット、Tバッグだろ! それに素材も! コットン、シルク、レース! それにいつも不思議に思ってたのは何だと思う?

Phoebe: Hmm?
 なに?

Joey: Pantyhose! You know? The way they start at your toe and go all the way up to here… … I should go take these off, shouldn’t I?
 ストッキングだよ! あのつま先からずーっとここまで伸びる感じが・・(履くジェスチャーをしていたが)これ脱ぐべきだよな?

Phoebe: I think it’s important that you do.
 脱がなきゃ大変だと思うな。(脱ぎに行く)

《4 Queens Club:続き》

Helena: So what’s your name?
 それで・・お名前は?

Chandler: Chandler.
 チャンドラー。(モニカの隣に座る)

Helena: Chandler? What an unusual name! You must’ve had terribly fascinating parents.
 チャンドラー? なんとも変わった名前ね! きっと魅力的なご両親なんでしょうね。

Chandler: Oh, they’re a hoot.
 ああ、おかしな人達だよ。

Helena: And who is your friend?
 こちらのお友達は?

Monica: I’m-I’m Monica.
 私はモニカ。

Helena: Monica! Where are you from?
 モニカ! どちらからいらしたの?

Monica: New York.
 ニューヨーク。

Helena: I’m not very fond of New York. Queens, I like. . . Ooh, what is this sparkle something, honey, huh?
 ニューヨークはあんまり好きじゃないわね。クイーンズよ、好きなのは。(指輪を見て、その手を持ち上げ)おお! このきらめくものは何なの? ほら?

Chandler: Actually Monica and I are engaged.
 実は俺、モニカと婚約したんだ。

Helena: Really? Congratulations. When’s the big day?
 本当に? おめでとう! お式はいつなの?

Monica: In…in two weeks.
 2週間後です。

Helena: I see. Well, I wish you both a lifetime of happiness. . . So you’re bald?
 そうなの。そう。永遠の幸せを祈るわよ。・・(他の男性客に近づき)それで、あなたはハゲ?

Chandler: Wait! Wait! We’d really love it if you could be there.
 待って、待って! 来てもらえたら、俺たち本当にうれしいんだけど。

Helena: Really?
 本当?(モニカが頷く)

Chandler: I know it would make me happy, ma’am.
 来てもらえたら幸せに思うよ、ママ。

Helena: Well, I wouldn’t miss it for the world. Oh! I’m getting all misty here! You’d think I was having my legs waxed or something.
 何に代えても行くわよ。ああ! なんか湿っぽくなっちゃったわ。脚のワックス脱毛したわけじゃないわよ。(舞台に戻る)

Monica: You okay?
 (チャンドラーに)大丈夫?

Chandler: Yeah. Thanks for making me do this.
 ああ。来させてくれてありがとう。

Helena: Before we go on with the show, I just want to say to the bride and groom how lucky they are to have found each other. In every life, a little rain must fall. Fortunately, in my life… It’s raining men!
 ショーを続ける前に、あちらの新婦と新郎のために、互いに出会えた幸せにお祝いを言いたいわ。誰の人生にも、雨が降ることはある。幸い、私の人生には・・(長靴にショートパンツ、傘を持ったダンサー達が登場、歌い出す)男が降ってくる!

The Chorus Line: Hallelujah!
 ハレルヤ!

Helena: It’s raining men!
 男が降ってくる!

The Chorus Line: Amen!
 アーメン

Chandler: When I was growing up I…played the one on the far left.
 俺も昔は、一番左で踊ってたよ。

《ロスが運転するポルシェ》

Rachel: You know what? Remind me to introduce you to someone!
 ねぇ、何か紹介したいのを思い出したんだけど!

Ross: Who?
 誰を?

Rachel: Fourth gear!!
 4速ギア!

(パトカーにとめられる)

Ross: What?! What does he want?! I wasn’t doing anything!
 なに? 何がいけないっていうんだ? 何もしてないじゃないか!

Rachel: Well, maybe he saw your hand slip briefly from the ten and two o’clock position.
 もしかしたら、10時10分の位置から手が一瞬ずれたのを見られたのかもよ。

Ross: Maybe it’s, uh Sergeant Sagittarius coming back to flirt some more!
 射手座の彼がまたいちゃいちゃしに来たのかもな!

Rachel: It’s a different guy!
 違う人よ!

Ross: Good evening, officer.
 (警官に)こんばんは、おまわりさん。

Policeman: Do you know how fast you were traveling back there?
 君、今走ってたスピード、自分でわかってるのか?

Ross: Ah, no. I don’t, but it could not have been more than sixty.
 あ、いや。わからないけど60マイル(96.5km/h)以上は出てなかったと思いますよ。

Policeman: You’re right. It was 37.
 その通り。37マイルだ。(59.5km/h)

Ross: I mean you’re not gonna give me a ticket for driving too slow, are you?
 まさか、ゆっくり走ったからって違反キップ切ったりしませんよね。

Policeman: That’s right.
 切る。

Ross: You know, officer, uh…I had the weirdest dream last night…
 おまわりさん、昨日、すごくおかしな夢を見たんですよね。

Rachel: Oh, my God!
 オーマイゴッド!

Policeman: Your license, please.
 免許証見せて。

Ross: You don’t-you don’t want to hear about my dream, Officer…Pretty?
 ・・夢の話、聞きたくないのかな、お名前は、プリティさん?

Policeman: It’s Petty. . . I’ll be right back with your ticket.
 ペティだ。(免許証を受け取り)チケットを持ってすぐ来るから(パトカーへ)

Rachel: . . You have a son!
 ・・あなた、息子がいるのよ!

Ross: I know. I know.
 わかってる、わかってるよ。

《セントラルパーク:ジョーイが下着を脱いで戻ってくる》

Phoebe: Feel better?
 気分よくなった?

Joey: Yeah! Much! Listen uh, not that I’m insecure about my manhood or anything, you know, but I think I need to hook up with a woman like right now.
 ああ。うんとね。なぁ、自分の男っぷりに自信がなくなったとかいうんじゃないけど、今すぐにでも女の子探してこないと気がすまない感じでさ。

Phoebe: Yeah, I understand.
 ええ、わかるわ。

Joey: Yeah! Okay! . . . Hey! Hi!
 ああ、じゃあ!(店内にいた女性客に近寄る)やぁ、どうも!

Woman: Hi!
 ハーイ。

Joey: You know, you look familiar. Do I know you from somewhere?
 ねぇ、君なんか見たことがある気がするな。どこかで会ったっけ?

Woman: I don’t think so.
 知らないわ。

Joey: Oh! Maybe it’s because I’m on television. I’m an actor on Days of Our Lives.
 ああ! じゃあ僕がテレビに出ているからかな。「愛の病院日誌」に出ているんだ。

Woman: Wow!
 ワオ!

Joey: Yeah.
 ああ。

Woman: Really?!
 本当に?!

Joey: Hm-mmm.
 そう。

Waitress: $4.50 please.
 4ドル50お願いします。

Joey: Oh, let me get this. . . . These are for you.
 ああ、僕が払うよ。(お金を出そうとして、赤い下着も一緒に出してしまう)・・これ、君に。



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 01:48| Comment(0) | Season 7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。