2013年10月04日

6-25 The One With The Proposal Part 2

6-25 プロポーズの話 Part2

 ☆チャンドラーのプロポーズ大作戦! Part2☆

《モニカの厨房:前回の続き》

Monica: What uh−What did you−What?!
 な・・なに・・何を・・なに?!

Richard: I still love you. And I know I probably shouldn’t even be here telling you this, I mean you’re with Chandler a guy I really like, and if you say he’s straight I’ll believe you! After seeing you the other night I knew if I didn’t tell you I’d regret it for the rest of my life. Letting you go was the stupidest thing I ever did.
 愛してるんだ。こんなこと言いに来るべきじゃないってこともわかってる。君にはチャンドラーがいる。彼はいいやつだし、彼がストレートだって君が言うなら信じるよ。この前君に会って、今これを君に言わなければ、一生後悔するってわかったんだ。君と別れたのは、僕の最大の過ちだった。

Monica: You know, you’re really not supposed to be back here!
 あなた、本当はキッチンに来ちゃだめなのよ。

Richard: Well, yeah, I’m sorry. I know this is the wrong time and the wrong place but I had to tell you! I wanna spend my life with you. I wanna marry you. I wanna have kids with you.
 ああ、悪かったよ。今は時期も悪いってこともわかってるけど、でも、言わずにいられなかった。君と生涯を共にしたい。君と結婚したいんだ。君との子供を持ちたい。

Monica: Oh, God… Why don’t they put chairs back here?!
 ああ・・なんてこと・・・どうしてここ椅子がないのよ!

Richard: I know this is crazy but am I too late?
 どうかしてるってわかってる。僕はもう遅かったのか?

Monica: What the… Yes, you’re too late! Where was all this three years ago?!
 だって・・ええ、遅いわよ! 3年前はどうだったのよ?

Richard: Well, I know I was an idiot! And I tried to forget you, I really did! You know after we had lunch last year I spent six months in Africa trying to get you out of my head!
 ああ、僕はバカだったよ。君を忘れようとした! 本当なんだ。去年、君とランチした後、君を忘れるためにアフリカで6ヶ月すごしたんだ。

Monica: What were you doing in Africa?
 アフリカで何をしてたの?

Richard: Working with blind kids.
 目の見えない子供達のために働いていた。

Monica: Ohhh! What are you doing to me?! Oh, look, … I’m sorry but umm, this-this-this-this is not going to happen.
 ああ! なんてことをしてくれるの? ああ・・でもね、ごめんなさい、でも、それは・・それは、それはもうダメよ。

Richard: Okay, that’s fine, I’ll walk away. And I’ll never bother you again, but only if you tell me Chandler’s willing to give you everything I am.
 いいよ。だったらいい。僕は諦めるよ。もう邪魔はしない。だけど一つだけ答えてくれ。チャンドラーは、僕が君にしてあげたいと思っているものをくれるのか?

Monica: Well, he is! Yeah, I mean marriage is all he talks about! My goodness, in fact, I’m the one that’s making him wait!
 ええ、そうよ! ええ。彼は結婚のことばかり考えてるのよ。本当に。ほんとのとこ、待ってって言ってるのは私の方なの。

Richard: You are?
 君が?

Monica: Yeah!
 そうよ。

Richard: Why?
 なんで?

Monica: Why? Because of the government.
 なんで? 政府のためよ。

《セントラルパーク》
 
Rachel: Isn’t it incredible?! Monica and Chandler, getting married.
 すっごいことじゃない? モニカとチャンドラーがよ、結婚するなんて。

Phoebe: I know, they’re gonna be so happy together.
 ほんとよね。あの2人幸せになるわね。

Rachel: Oh… I mean two best friends falling in love, how often does that happen?
 ああ。2人の親友が恋に落ちるなんて、よくあることじゃないわよね?

Phoebe: Not that often!
 そうないわよ。

Rachel: No! I’m so happy for them!
 そうよね。ほんとよかったわよね。

Phoebe: Me too! So happy for them!
 そうね。本当によかったと思うわ。

Rachel: I’m so happy and not at all jealous.
 本当によかったって思うわ。ジェラシーなんてないわよ。

Phoebe: Oh, no! No, God, definitely not jealous!
 ああ、ないわよ! 全然よ。まったくジェラシーなんてなし。

Rachel: I mean I’m probably 98% happy, maybe 2% jealous. And I mean what’s 2%? That’s nothing.
 98%ハッピーで、2%ジェラシーって感じかしら。2%なんて、ないも同然よね。

Phoebe: Totally. I’m like 90-10.
 ほんとよ。私は9対1くらいかな。

Rachel: Yeah, me too.
 私もよ。

(ジョーイが船長スタイルで来る)
Joey: Hey, have you guys seen Chandler?
 ねぇ、チャンドラー見なかった?

Rachel: Wh−no, but you know who did stop in here looking for you, Tennille.
 な・・いいえ。だけど、あなたを探しに来た人はいるわよ。テニール。

captain-tennille1.jpg

《ピザショップでピザを食べるモニカとチャンドラー》

Monica: So that marriage stuff that you were saying yesterday, you don’t really believe that, do you?
 昨日言ってた結婚の話だけど、本当にあんなこと思ってるわけじゃないわよね?

Chandler: Sure I do. In fact, I think the whole concept of marriage is unnatural. I mean look at pigs. Let’s take a second here and look at pigs. Pigs don’t mate for life. I mean a pig can have like a hundred sexual partners in a lifetime, and that’s just an ordinary pig not even a pig that’s good at sports!
 もちろん本当に思ってるよ。本当、結婚ってこと自体、不自然だと思うよね。ブタを見ろよ。ちょっとブタってものを見てみろ。ブタは添い遂げたりしない。一生に100頭ぐらいセックスの相手がいるんだ。しかも、普通のブタがだぞ、特にスポーツ得意とかじゃなくてもだ。

Monica: Wait a minute. Are you honestly telling me that-that you may never want to get married?
 ちょっと待って。あなた正直に言って、絶対結婚したくならないって言うの?

Chandler: Well, never say never but you know, probably uh yeah, never.
 絶対とは言わないけど、でもなぁ、そうだな、絶対だな。

Monica: Oh, my God! Then-then-then what are we even doing?! What is this?!
 なんてこというの! そえじゃ、それじゃ私達、いったい何してるの? 私達って何なの?

Chandler: Whoa! Whoa! Whoa! What is all this pressure?! Is this some new kind of strategy? Why don’t you put down your copy of ‘The Rules’, huh, mantrap?!
 おいおい! ちょっと! なんだよこのプレッシャーは? これ新しい手口か何か? 男を捕まえるルールブックとかちょっと置いてくれないか?

Monica: You know what?! I gotta go! Ugh!
 もういい。行くわ。・・ああっ!(出て行く)

Chandler: It’s okay, I got a plan.
 (よそのカップルに冷たい目を向けられ)いいんだ、これもプランのうち。

《セントラルパーク:レイチェル達の話の続き》

Rachel: We’re gonna find love!
 私達って、相手を見つけられるわよ。

Phoebe: Definitely!
 間違いないわよ!

Rachel: Yeah, I’m pretty confident about that. That’s what makes it so easy for me to be 80% happy for Monica and Chandler! It would be nice to have a little guarantee though.
 そうよ。私は自信あるわ。だからモニカとチャンドラーのために80%ハッピーになれるのよ。だけど、ちょっと保証があるといいわよね。

Phoebe: What do you mean?
 どういうこと?

Rachel: Well, you know, some people make deals with a friend, like if neither of them are married by the time they’re 40, they marry each other.
 ほら、友達と約束してる人いるじゃない。40歳になっても独身だったら結婚しようみたいな。

Phoebe: You mean a backup?
 ああ、バックアップね?

Rachel: Exactly!
 それよ!

Phoebe: Yeah, yeah. I got that.
 うん、うん。私にはいる。

Rachel: You do?
 そうなの?

Phoebe: Hm-mmm.
 そう。

Rachel: Who?
 誰?

Phoebe: Joey.
 ジョーイ。

Rachel: Joey?!
 ジョーイ?

Phoebe: Yeah!
 そうよ。

Rachel: Are you serious?!
 本当に?

Phoebe: Yeah, I locked him years ago!
 ええ。何年も前に決めておいたの。

Rachel: Wh… So… If neither of you are married by the time you’re 40, you’re gonna marry Joey.
 そんな・・それじゃ・・もし2人とも40になった時独身だったらジョーイと結婚するの?

Phoebe: Yep, we shook on it. Yeah, but believe me that is not how he wanted to seal the deal.
 そうよ。握手したもの。だけど、ほんと、彼はもっと求めてきたけどね。

Rachel: Oh, seriously?
 まぁ、本当に?

Phoebe: Ohh, yeah. I think his exact words were…
 ええ、そうよ。彼の言葉をそのまま再現すると(舌を鳴らしたりなど)

Rachel: Charming.
 魅力的だこと。

Phoebe: Well, he’s just a backup.
 ま、ただのバックアップよ。

Rachel: Yeah.
 そうね。

《ジョーイの部屋:船長スタイルのジョーイ。モニカが来る》

Joey: Hey, Monica!
 やぁ、モニカ!

Monica: Have you seen Rachel? Or a mirror?
 レイチェル見なかった? それと、鏡とか?

Joey: This is for my boat, pretty cool, huh?
 これはボートのためだよ。かっこいいだろ?

Monica: Yeah, it’s great.
 ああ、いいわね・・

Joey: Whoa-whoa, what’s the matter?! Talk to the captain!
 おいおい、どうしたんだ。キャプテンに話してみろ!

Monica: I’m just having one of those days where you realize you’re in a dead-end relationship!
 私、先の見えない恋愛関係にはまってるってことに気づいたとこなのよ!

Joey: Chandler giving you a hard time, huh?
 チャンドラーだな?

Monica: It’s not like I want to get married tomorrow! It’s just that I-I’d like to believe that I’m in a relationship that’s going somewhere, that I’m not just wasting my time!
 明日結婚したいとか言ってるわけじゃないのよ! 先のある関係の中にいると思いたいじゃない。ただ無駄につきあってると思いたくないのよ。

Joey: Well, you know Chandler.
 チャンドラーのことはよくわかってるだろ。

Monica: No, I don’t know Chandler! Not anymore! It’s like it’s like something’s changed.
 ううん、もうチャンドラーがわからない。わからなくなったわ。何か、変わっちゃったみたい。

Joey: Maybe you changed?
 君が変わったのかも?

Monica: I didn’t change!
 私変わってないわよ!

Joey: Maybe that’s the problem.
 それがいけないのかも。

Monica: What?!
 なに?

Joey: Chandler is a complex fellow, one who is unlikely to take a wife.
 チャンドラーは複雑なやつだ。妻を持つって感じじゃない。

Monica: What does he think? Does he think I’m just gonna wait around for nothing?
 彼何を考えてるの? 彼、私が無駄に待ってるって思ってるの?

Joey: Monica, face it, Chandler is against marriage. And-and always will be!
 モニカ、現実を見ろよ、チャンドラーは結婚に反対だ。これからもそうだよ。

Monica: Well, there’s some people who do want to marry me.
 私と結婚したいと思ってる人もいるのよ。

Joey: There are?
 いるの?

Monica: Yeah! Richard!
 そうよ! リチャードよ!

Joey: R-R-Richard said he wants to marry you?! And-and Chandler’s telling ya how much he hates marriage?!
 リ・リチャードが君と結婚したいって? それなのにチャンドラーは結婚したくないって話をしてるっていうのか?

Monica: That’s right.
 そうよ。

Joey: Chandler loves marriage!!
 チャンドラーは結婚大好きだよ!

Monica: You just told me that he hates marriage! That-that he’s a-a complex fellow who’s unlikely to take a wife! That-that he’s against marriage and always will be!
 あなたたった今、彼は結婚をいやがってるって言ったじゃない! 彼はフクザツなやつで、妻を持つ気はないって。結婚反対で、これからもそうだって!

Joey: You got that from what I said?!
 俺がそう言ったと思ってんの?

《ロスの部屋:ノックの音でドアをあける》

Ross: Rach!
 レイチ!

Rachel: Hey, you!
 ハァイ、ねぇ。

Ross: Hey, come on in.
 やぁ、入って。

Rachel: Oh, thank you. Hey, you know, I’m so sorry to hear about you and Elizabeth.
 あら、ありがとう。そうだ、ね、エリザベスとのこと聞いたわ、残念だったわね。

Ross: Oh, thanks. Yeah, I really thought we’d be able to make it work, but uh, I guess it just wasn’t meant to be.
 ああ、ありがと。うまく行くと思ったんだけどね。違ったみたいだよ。

Rachel: Yeah, love. It’s a tricky business, isn’t it?
 ああ。愛ね。難しいわよね。

Ross: I guess so.
 そうなんだね。

Rachel: So what do you say we make a pact? If you and I are both single by the time we’re 40, we get married. I mean, we know each other, we like each other, and we’ve-we’ve already slept together so you know there’ll be no surprises there! You know what I mean? No, like, "What’s that?!"
 それでさ、私達約束するってのはどう? あなたと私が40歳になってもまだ独身だったら、結婚するの。私たちよく知ってるし、お互い好きだし、もう寝たこともあるだから、ボックリしちゃうこともないじゃない。ほら、「それなに?!」みたいに驚くことないでしょ。

Ross: Right. Ohh! You-you want me to be your backup.
 そうだね。ああ、それって、バックアップのことね。

Rachel: Exactly.
 それよ!

Ross: Oh, yeah, I already have one.
 ああ、それね。もう約束してるんだ。

Rachel: What? Who?
 え? 誰と?

Ross: Phoebe.
 フィービー。

Rachel: Phoebe?! Wait a−but-but she just, she said that Joey was her backup.
 フィービー? 待ってよ。だけど彼女、ジョーイがバックアップだって言ってたわよ。

Ross: Oh, I don’t think so.
 いや、そんなはずはないよ。

Rachel: Ross! I just had a conversation with her, and she said that she and Joey made a deal!
 ロス、今彼女とその話したばかりなのよ。それで彼女、ジョーイと約束したって言ってたわ。

Ross: That’s impossible! I mean we have had a deal for years! We-we-we shook on it, although believe me she wanted to do a lot more than that.
 そんなバカな! だって僕らもうずーっと前に約束したのに。僕ら、握手で約束したんだ。でも、彼女は握手以上のことを望んでいたけどね。

《モニカ達の部屋:チャンドラーが来る》

Joey: Where the hell have you been?!
 おまえ何してたんだよ?

Chandler: I was making a coconut phone with the professor.
 (船長スタイルを見て)教授と一緒にココナツフォンを作ってたんだよ。

Joey: Richard told Monica he wants to marry her!
 リチャードがモニカに結婚を申し込んだんだぞ!

Chandler: What?!
 何だって?

Joey: Yeah! Yeah, I’ve been trying to find ya to tell to stop messing with her and maybe I would have if these damn boat shoes wouldn’t keep flying off!
 そうなんだよ! だからおまえにもうバカなことやめろって言おうと思って探すとこだったんだよ。ただ、このバカなデッキシューズが抜けてしまってさ。

Chandler: My−Oh, my God!
 なんて・・なんてことだよ!

Joey: I know! They suck!!
 そうだよ。ほんと最低だよ。

Chandler: He’s not supposed to ask my girlfriend to marry him! I’m supposed to do that!
 なんで彼が俺のガールフレンドに結婚を申し込むんだよ! 俺がするはずじゃないか!

Joey: I know!
 そうだよ!

Chandler: Well, what… You know what I’m gonna do? I’m gonna go over there and kick his ass! Will you help me?
 もう・・どうしてくれよう。やつのとこへ行って、ケツに蹴りを入れてやる。おまえも手伝ってくれる?

Joey: Look, Chandler, I don’t think us getting our asses kicked is a solution. Okay? Just go and find Monica!
 おい、チャンドラー、それで俺らがケツ蹴られても、何の解決にもならないぞ。だろ? とにかく行ってモニカを探すんだよ!

Chandler: You’re right.
 そうだな。

Joey: Yeah!
 そうだよ!

Chandler: Okay.. I’m gonna get the ring! I’m gonna get the ring! . . I’m gonna go find her and I’m just gonna propose!
 よし。(寝室へ行く)指輪を持ってくぞ。指輪を持ってく・・彼女を見つけて、そして、プロポーズするんだ!

Joey: Okay.
 よし。

Chandler: Okay, great.
 よし、そうだ。

Joey: Dude-dude-dude!
 おいおい、おい!

Chandler: What?!
 なんだ?

Joey: Let me know about that coconut phone, it might great for the boat.
 ココナツフォンのこと教えてよ。ボートに会うかも。

《リチャードの部屋:モニカが来る》

Monica: Hi.
 ハーイ。

Richard: Hi.
 ハーイ。

Monica: I don’t know why I’m here.
 どうして来たかわからない。

Richard: I didn’t ask. You wanna come in?
 聞かないよ。入る?

Monica: I don’t know.
 わかんない。

Richard: Oh, okay. Well, I’ll just leave the door open and go sit on the couch.
 ああ、いいよ。それじゃ、ドアは開けておいて、僕はカウチに座ってるよ。

Monica: Chandler is such an idiot!
 (部屋に入り)チャンドラーは本当にバカなのよ!

Richard: Drink?
 飲む?

Monica: Yeah, I’ll have a scotch…
 ええ。スコッチを・・

Richard: Rocks with a twist? I remember.
 ツィストのロックで? 覚えてるよ。

Monica: Still smoking cigars?
 今も葉巻吸ってるの?

Richard: Uh, no! No! That’s…art! If it bothers you I can put my art out.
 あ、いや。違うよ。それはアートだよ。気になるならアートは消しておくよ。

Monica: No, that’s okay.
 いえ、いいのよ。

Richard: So Monica, let me ask you a question. You know, since we broke up do you ever, think about me?
 それで、モニカ、聞かせてくれ。僕らが別れた後、僕のこと考えたことある?

Monica: Uh yeah, I-I actually I thought about you a couple months ago.
 ええ。2ヶ月ぐらい前に考えたわ。

Richard: Oh, really?
 本当?

Monica: Yeah, but it was because I-I had an eye exam and I don’t like my new eye doctor.
 ええ。でも、目の検査をしたかったんだけど新しい眼科医が嫌いだったからよ。

Richard: Who is it?
 誰?

Monica: Edward Nevsky?
 エドワード・ネブスキー。

Richard: Yeah, he’s no good. Do you ever think about me in a non-eye doctor way?
 ああ、あいつはよくないよ。眼科医ってこと以外で僕のこと考えたことはある?

Monica: No.
 ないわ。

Richard: Ah.
 そうか。

Monica: Because getting over was the hardest thing that I’ve ever had to do. And I never let myself think about you.
 だって、あなたのことを乗り越えるのは人生で一番つらいことだったもの。もう二度とあんなことはしたくないの。

《セントラルパーク:レイチェルが来る》

Rachel: Phoebe! You picked Joey and Ross?! You can not have two backups!
 フィービー! あなた、ジョーイとロスの2人と約束したの? バックアップを2人も持てないわよ。

Phoebe: Of course I can! It’s just good sense to backup your backup! Look, I’ve already lost Chandler!
 もちろん持てるわよ。バックアップのバックアップっていいじゃない。ほら、もうチャンドラーが消えちゃってるのよ。

Rachel: What?!
 なんですって?

(ジョーイとロスがくる)
Joey&Ross: Hey!
 ヘイ!

Joey: Phoebe! We’re both your backup?!
 フィービー、俺たち2人ともバックアップだって?

Ross: Phoebe, how could you do this to me?!
 フィービー、僕にそんなこと、ひどいよ。

Phoebe: I don’t−Look I don’t know what you’re complaining about now. You were both aware of the situation!
 私は・・ねぇ、どうして文句を言うのかわかんないわ。2人ともわかってることでしょ。

Joey: No, we weren’t!
 いいや、わかってないね。

Ross: I was not!
 知らないよ!

Phoebe: Okay, this kind of back talk is not gonna fly when we’re married.
 ねぇ、そんな口答えは結婚した時許されないわよ。

Rachel: Phoebe, you can’t have both of them! You have to pick one.
 フィービー、あなた1人で両方なんてダメよ。どちらかを選ばないと。

Joey: Pick me!!
 俺にしてよ!

Ross: No! Pick me! I don’t want to end up an old maid!
 ダメだよ。僕にして! 僕、オールドミスになりたくない。

Phoebe: All right, well, let’s see, Ross is a good father, but Joey has a boat−This is hard!
 わかったわ。そうね・・ロスはいい父になるけど・・ジョーイはボート持ってるし・・難しいわ。

Joey: This is crazy! Hey, look, I wanna switch to Rachel!
 こんなのおかしいよ! なぁ、俺、レイチェルにするよ。

Ross: Ooh, I wanna switch to Rachel too!
 いや、僕もレイチェルにしたい!

Phoebe: No, wait! Just−Okay−Just wait! You guys! Wait, you guys! Don’t make any rash decisions, okay? Just remember my promise, when we get married, three times a week.
 ダメよ、待って。ちょっと待ってよ。ねぇ、待って。慌てて決めちゃだめよ、ね? 私の約束思い出して。結婚したら、週に3回よ。

Rachel: Oh, God, Phoebe!
 まぁ、もう、フィービーったら!

Phoebe: I’m talking about massages.
 マッサージの話よ。

Rachel: Oh.
 ああ。
(レイチェルの見えないところでジョーイとロスにそうじゃないと言うフィービー)

Rachel: Okay, you know what?! I know-I know how to settle this! All right, here, this is what we’re gonna do! I’m gonna write Joey on one napkin and I’m gonna right Ross on the other napkin and we are going to pick one! And that person is going to be our backup! Okay?
 いいわ。ねぇ、どうしたらいいかわかったわ。ほら、こうするのよ。このナプキンに、ジョーイって書くわよ、そしえ、もう一枚に、ロスって書く。そして、一枚選ぶのよ。そしてその人がバックアップになるの。いい?

Joey: Okay, that’s fair.
 ああ、それなら公平だな。

Ross: All right.
 いいよ。

Phoebe: Good!
 いいわ。

(2枚のナプキンを左右わからないようにして)
Rachel: Pick one.
 選んで。

Phoebe: Left! . .Thank you.
 左! (受け取って)ありがと。

Rachel: You’re welcome.
 どういたしまして)

Phoebe: Ross!
 (読む)ロス!

Rachel: Joey! We should just switch.
 (読む)ジョーイ! ・・交換しましょ。

Phoebe: Yeah, absolutely!
 ええ、そうね!

Joey: Yeah.
 そうだな。

《リチャードの部屋》

Monica: I missed this apartment! Now, this is a grown-up’s apartment! You know, I-I should be with a grown-up, do you know what I mean?!
 この部屋、なつかしいわ。これが大人の部屋よね。私は大人とつきあうべきよね。意味わかるでしょ?

Richard: Yeah! You’re saying, you need to be with someone more mature. Maybe someone with, a license to practice medicine. Or a mustache.
 わかるよ。君のいいたいこと・・君はもっと大人とつきあうべきだ。誰か・・医師免許のある男とかね。または、ヒゲとか。

Monica: You know, let’s face it, I’m not a kid anymore! I-I need to be with someone who-who wants the same things that I do! I mean coming to my place of work and telling me that you love me, I want that! Talking about pig sex over lunch, I don’t want that!
 ね、現実的に見て、わたしはもう子供じゃないわ。私と同じものを求める人と一緒にいるべきよ。私の職場へ来て愛してるって言ってくれるみたいな。そういうのがいい! ランチの時にブタのセックスの話なんていらないのよ!

Richard: I think that’s fair.
 それはもっともな話だ。

Monica: Fair? Please, don’t even talk to me about fair! Fair would’ve been you wanting to marry me back then! Or fair would’ve been Chandler wanting to marry me now! Believe me, nothing about this is fair! Nothing! Nothing! Nothing! Nothing! Nothing! Nothing! Nothing!
 もっとも? もっともだなんて私に言わないで! もっともな話だったら、あの時あなたが結婚を申し込んでくれるのよ。もっともな話だったら、チャンドラーが今結婚を望んでくれるのよ! 本当に、何もかもがもっともな話じゃないのよ。何も! 何も! 何も! 何も! 何も! 何も! 何も! 何も!

Richard: It’s okay! Shh! Hey. Hey. Shhhh.
 わかったよ。シーッ・・・ね。ね・・(ハグ)シー・・・。

Monica: Nothing. . . I don’t kn−Umm. I don’t know. Umm…
 何も。(リチャードを見上げ)私・・わからない。。

Richard: I know.
 わかってる。

Monica: You know, I-I… I have to figure…some st−You know, some stuff before I can…
 ね、考えないと・・私、その・・その前に考えないと・・

Richard: Yeah, I understand. Take as much time as you want. . Ten, even twenty minutes if you need it. I’ll be here. Not smoking.
 ああ、わかるよ。好きなだけ時間をかけてくれていいよ。10分とか、20分でも、必要なだけ・・。ここにいるよ。葉巻は吸わずにね。

《時間経過:リチャード1人。ノックの音に、葉巻を消してドアをあける》

Richard: Chandler.
 チャンドラー。

Chandler: Where is she? I’m not scared of you!
 彼女はどこだ? 君なんて怖くないぞ!(部屋に入って見回す)

Richard: She’s not here and please come in.
 彼女はここにはいないよ。・・どうぞ入って。

Chandler: Scotch on the rocks, with a twist, on a coaster? Ha-ha, Monica! Monica!
 スコッチのオンザロック。ツィスト付き。コースター使用。ハハハ! モニカ! モニカ!

Richard: Okay, she was here, but she left.
 ああ、彼女はここに来たよ。でももういない。

Chandler: Well, where did she go?
 彼女どこへ行ったんだ?

Richard: Well, she said she had to think things over.
 考えたいって言ってたよ。

Chandler: Oh, my God, I can’t believe this! thought…I thought you were a good guy.
 なんてことだ。信じられない! 君はいい人だと思ったのに。

Richard: Oh, hey, look, nothing happened.
 おい、ちょっと、何かあったわけじゃないぞ。

Chandler: Nothing happened? Nothing? So you didn’t tell my girlfriend that you love her?
 何もないって? 何も? 彼女に愛してるって言わなかったか?

Richard: Well, all right, one thing happened.
 ああ、そうだね、一つは起きたな。

Chandler: You know what? I can’t believe this! Do you know what you did? My girlfriend is out there thinking things over! You made my girlfriend think!!
 ああ、信じられない。何をしてくれたんだ? 俺のガールフレンドがどこかで、考えてるんだ。君が、俺の彼女に考えさせたんだ!

Richard: Well, I’m sorry.
 ま、悪かった。

Chandler: And what does she have to think about? I love her!
 彼女が何を考えなきゃならないんだ! 俺は彼女を愛してる!

Richard: Well, apparently I’m willing to offer her things that you are not.
 君が与えようとしないものを、僕は喜んで提供したいということだな。

Chandler: But I am willing to offer her all those things. This was just a plan, you know? A way to throw her off course so that when I offered her all these things, she’d be surprised!
 だけど俺はそういうものを与える気でいるんだ。これはプランなんだよ。彼女をその考えから遠ざけておいて、そして俺が申し込む、そして彼女が驚く!

Richard: Well, if it helps, it worked very well.
 そうか、それじゃ、すごくうまくいってるようだな。

Chandler: It was working until you showed up, you big tree! I mean, this isn’t fair. You had your chance with her! You had your chance and you blew it! And this is my chance and I am not going to blow it because we are meant for each other! And this is all just been one stupid mistake! I was gonna propose tonight.
 君が現れるまではうまくいってた。この大男! こんなのずるいじゃないか。君には君のチャンスがあった! チャンスがあったのに、ダメにしたんだ。そして今度は俺のチャンスで、それをダメにするつもりはない。俺たちは一緒になる運命だ。これはバカな間違いなんだよ。今夜プロポーズするつもりだったのに。

Richard: You were gonna propose?
 プロポーズするつもりだったのか?

Chandler: Yeah, I even got a ring. Did you get a ring?
 ああ。指輪もちゃんと持ってる。(見せる)指輪持ってる?

Richard: No, I don’t have a ring! You go get her, Chandler. And can I give you a piece of advice? If you do get her, don’t let her go. Trust me.
 いいや。指輪は持ってないよ。つかまえてこい、チャンドラー。アドバイスさせてくれ。つかまえたら、もう離すな。本当にな。

Chandler: You know, Richard…you are a good guy.
 リチャード、おまえ、いいやつだな。

Richard: I know. I hate that!
 わかってるよ。いやになるよ。
(チャンドラーは出て行き、指輪を置き忘れたことに気づいてすぐ戻り、リチャードから受け取って再び出て行く)

《モニカ達の部屋の前:チャンドラーがくるとジョーイがいる》

Joey: Dude!
 おい!

Chandler: I can’t talk to you now, I gotta find Monica!
 今おまえと話してられないんだ。モニカを見つけないと!

Joey: She’s gone.
 彼女行っちまったぞ。

Chandler: What?
 えっ?

Joey: She’s gone. She had a bag and she left.
 行っちゃったんだよ。バッグを持って、出てったんだ。

Chandler: What are you talking about?
 それ何の話なんだよ?

Joey: She was all crying. She-she said you guys want different things, and that and that she needed time to think.
 彼女すごく泣いて。おまえ達、求めてるものが違うって。そして、考える時間がほしいって。

Chandler: Well, why didn’t you stop her?! Why didn’t you just tell her it was a plan?!
 なんで止めてくれなかったんだ? おまえ、これはプランだって言ってくれなかったのか?

Joey: I-I did! I told her everything, Chandler! But she wouldn’t believe me.
 言ったよ! 全部説明したよ、チャンドラー。だけど、彼女、信じてくれなかったんだ。

Chandler: Well, where… Where did she go?
 それで・・彼女はどこへ行ったんだ?

Joey: To her parent’s I think. And she said you shouldn’t call her. But if I were you, I would.
 両親のとこだと思う。電話するなって彼女は言ってたけど、俺なら、電話するよ。

Chandler: I can’t believe I ruined this.
 こんなめちゃめちゃにしてしまったなんて信じられない。

Joey: I am so sorry, man.
 本当に残念だよ、なぁ。。

(チャンドラーが部屋に入ると、キャンドルが灯った中にモニカが立っている)

Monica: You wanted it to be a surprise.
 あなたはサプライズにしたかったのね。
(チャンドラーが振り向くとジョーイがニッコリして出て行く)

Chandler: Oh, my God.
 オーマイゴッド・・

Monica: Chandler… In all my life… I never thought I would be so lucky. . . As to…fall in love with my best…my best… There’s a reason why girls don’t do this!
(片膝立ちになり)チャンドラー・・これまでの人生で・・・こんなにラッキーなことになるって思わなかった・・親友と恋に落ちて・・・落ちて・・(涙)女の子がやらない理由があるのよ!

Chandler: Okay! Okay! Okay! Oh, God, I thought… . . Wait a minute, I-I can do this. . . I thought that it mattered what I said or where I said it. Then I realized the only thing that matters is that you, you make me happier than I ever thought I could be. And if you’ll let me, I will spend the rest of my life trying to make you feel the same way. . .Monica, will you marry me?
 わかった!(ひざまずく)わかった、わかったよ。ああ!・・俺は思ってた・・待って待って、ちゃんとするから・・俺は思ってた。君に何て言うか、どこで言うかが大事だって。でも気づいたんだ。大事なのは、君が幸せにしてくれるってこと、こんなに幸せになれるとは想像もつかなかったくらいに。そして、君がそうさせてくれるなら、俺はこの先一生、君を、同じくらい幸せにしたい。(指輪を出し)モニカ、結婚してくれる?

Monica: Yes. . . I knew you were likely to take a wife!
 イエス!(キス)やっぱり、あなたも妻をもらうような人だったのね!(ハグ)

Joey: Can we come it yet?! We’re dying out here!
 (部屋の外から)もう入っていい?! 俺たちここで待ちこがれてるんだけど!!

Monica: Come in! Come in! . . We’re engaged!!!
 入って! 入って! (ジョーイ、レイチェル、フィービーがくる)私達婚約したわ!!

(グループハッグ)
Rachel: Oh, this is the least jealous I’ve ever been!
 ああ、こんなにジェラシーがないの初めてよ!

Phoebe: Oh, no, wait, no, this is wrong! Ross isn’t here!
 あっ、ダメよ、待って、これはいけないわ。ロスがいない!

Monica: Oh…
 ああ・・

Rachel: Oh, hell, he’s done this three times! He knows what its about!
 ああ、もういいわよ。もう3回もしてるのよ。彼なら知ってるわよ。

Joey: Yeah!
 そうだな。(グループハグ)

《モニカ達の部屋:モニカとチャンドラーが踊っている》




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*
このプロポーズ、泣けますよね・・(T_T)

このブログを始めた時は、先の長さにクラクラしました。
まだしてますが・・
いくらやっても、半分にも満たない!みたいな
先の遠さでしたけど・・・

まさか、モニカとチャンドラーのこのプロポーズの
ところにたどりつくとは!
驚きです。

本当にこんな兄弟姉妹みたいなあたたかい友達がほしいですね。
*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*
posted by らんち at 01:34| Comment(0) | Season 6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月03日

6-24 The One With The Proposal Part1

6-24 プロポーズの話 Part1

 ☆チャンドラーのプロポーズ大作戦! Part1☆

《モニカ達の部屋》

Ross: God, that is the most beautiful engagement ring ever!
 ああ! こんなきれいな婚約指輪見たことないよ。

Rachel: Yeah? Well, you should know. You’ve bought like a billion of them.
 そう? あなたならわかるわよね。山ほど買ってるもんね。

Ross: Yeah, you didn’t get one.
 ああ。君はもらってないよね。

Chandler: Okay, well, tonight’s the big night.
 よし、今夜はいよいよだぞ。

Phoebe: Yeah!
 そうね!

Joey: Hey, listen, how are you gonna ask her?
 なぁ、どうやって申し込むつもり?

Chandler: It is going to be perfect. I am taking her to her favorite restaurant. I’m going to get her a bottle of the champagne that she really loves; therefore knows how expensive it is. Then when the glasses are full, instead of proposing a toast I’m just gonna propose.
 完璧なものになるぞ。彼女のお気に入りのレストランに連れていくだろ、それから、彼女が本当にすきなシャンパンを注文する。だからどんなに高いか彼女はわかるわけだ。それをグラスについだら、乾杯をいう代わりに、プロポーズするんだ。

Rachel: Ohh…
 ああ!

Joey: That sounds perfect!
 完璧だな!

Chandler: Yeah.
 ああ。

Joey: You’re gonna mess it up let me do it.
 どうせ失敗するから、俺にやらせろ。

Chandler: I’m not gonna mess it up.
 失敗したりしないよ。

Phoebe: If she says no, can I have the ring?
 もし彼女がノーって言ったら、指輪もらっていい?

Chandler: She’s not gonna say no.
 ノーって言わないよ!

Phoebe: If!
 もし!

(モニカが来る)
Monica: Hey!
 ヘイ!

Ross: Hey!
 やぁ!

(あせって指輪を口に入れるフィービー)
Chandler: Hey!
 ヘイ!

Phoebe: Hey, Monica.
 あら、もにか。(モニかは自室へ行く)

Chandler: Give me it!
 (フィービーに)返してくれ!

Phoebe: It’s gone.
 なくなっちゃった。

Chandler: Phoebe!
 フィービー!

(受け取ったときモニカが出てきたので焦って口に入れるチャンドラー)
Joey: Hey!
 やぁ!

Chandler: Hi, Monica.
 やー、もにか。(モニカはバスルームへ)

Phoebe: We’re practically kissing.
 (チャンドラーに)キスしたと同じね!

《セントラルパーク:レイチェルが来る》

Rachel: Hey!
 ハーイ!

Chandler: Hey!
 ヘイ!

Joey: Hey, Rach!
 やぁ、レイチ!

Rachel: Are any of you guys free tonight? My boss is hosting this charity event for underprivileged kids and the more people I bring, the better I look. So, Monica? Chandler?
 あなた達今夜空いてない? 上司が恵まれない子達のためのチャリティ・イベントをやるんだけど、大勢連れてった方が見栄えがいいのよ。モニカ、チャンドラー?

Chandler: Well, Monica and Chandler can’t go. We’re going to dinner, remember?!
 モニカとチャンドラーは行けないだろ。俺たち今夜はディナーじゃないか、忘れた?

Rachel: Oh, my God, I’m so sorry.
 ああ、そうだった、ごめん、ごめん。

Monica: What’s the big deal?
 大したことじゃないじゃないの。

Chandler: I just get mad when Rachel doesn’t remember where we’re going.
 俺たちが出かけることレイチェルが忘れてるから怒っちゃった。

Joey: Where are you going?
 どこ行くの?

Rachel: How about you guys?
 (フィービーとジョーイに)あなた達は?

Phoebe: Open bar?
 飲み放題?

Rachel: I think so.
 そうだと思うわよ。

Phoebe: I can do that for the kids.
 子供達もために行くわ。

Joey: Hey, you know what? I’ll come too. I’m making money now. It’s about time I give something back.
 なぁ、俺も行くよ。稼げるようになったんだしな。世の中に返さないとな。

Chandler: Well, you could also give back the money you owe me.
 おまえ、俺にも返してくれていいんだぞ。

Joey: Okay. Have a benefit.
 ああ、恩恵にあずかれ。

(ロスが来る)
Ross: Hey!
 ヘイ!

Rachel: Hey! Ross, listen, can you come to a charity event tonight?
 ねぇ、ロス、今夜、チャリティ・イベントに来られない?

Ross: Oh, no, I have plans with Elizabeth.
 ああ、今夜はエリザベスと予定があるんだ。

Chandler: Oh, so you’re already doing your part for the kids.
 ああ、それじゃあなたはもう子供達のために何かしてるのね。

Ross: I’m sorry, it’s just one of our last nights together before she leaves for camp−to be a counselor!
 悪かったね。彼女と過ごせる夜も残り少ないんだよ。彼女がカウンセラーになるためのキャンプに行くんでね!

Monica: Ross, let me ask you a question. All jokes aside, where is this relationship going?
 ロス、聞かせて。冗談抜きにして、彼女とはどういうつきあいをしていくの?

Chandler: Wait a minute, all jokes aside? I didn’t agree to that!
 ちょっと待てよ。冗談抜き? それは賛成できないな。

Monica: Do you really see this as a long-term thing?
 本当に彼女と長くつきあえるの?

Ross: I don’t know.
 わからないよ

Phoebe: You know, you are 12 years older than her.
 ねぇ、あなたは彼女より12歳年上なのよ。

Ross: Wait a minute, does-does everyone feel this way?
 ちょっと待って、みんなそういうふうに思っていたの?

All: Yeah! Yeah, sort of. I’m sorry.
 ええ。まぁね。悪いけど。

Ross: Uh−Wow! Uh, I thought you guys were just making jokes, I had no idea. You know, you guys are wrong. Uh yes, there is a chronological age difference but I never notice it. You know why? Because she is very mature. Besides, it doesn’t really matter to me what you guys think. I mean, I’m the one dating Elizabeth, not you!
 そうだったのか。ただ冗談を言ってると思ってたよ。知らなかった。だけど、君たちは間違ってるよ。確かに、年数としては差があるけど、気にならないんだよ。どうしてかっていうと、彼女は、とても大人なんだよ。それに、君たちがどう思うかは問題じゃないだろ、エリザベスとデートしてるのは僕で、君たちじゃない。

Joey: That’s not what she said last night.
 昨夜、彼女の言った話とは違うな。

Rachel: See? Now, he could date her.
 ほらね? 彼が彼女に似合ってるって感じ。

《モニカ達の部屋:練習するチャンドラー》

Chandler: Will you marry me? . . Will you marry me? . . Hey, you marry me! . . . What’s going on little elves?
 結婚してくれる? 結婚してください? おい、俺と結婚しろ! (ジョーイ、レイチぇエル、フィービー、ロスが嬉しそうに来る)なんだい、いたずら妖精達?

Joey: It’s the big night! We wanted to wish you good luck!
 今夜いよいよじゃないか! 応援したくてさ!

Ross: Yeah, yeah, you have the ring?
 ああ、そうだよ。指輪は持った?

Chandler: Yeah, right here in my pocket. . . .Pheebs?
 ああ、このポケットにちゃんと。(フィービーがハグし、ポケットから抜く)フィーブス?

Phoebe: Oh! Oop!
 あら、おっと!(返す)

Chandler: Okay, now will you guys get out of here? I want this is to be a surprise and she’s gonna know.
 さぁ、みんな、出てってくれる? サプライズにしたいのに、気づかれちゃうよ。

Ross: Yeah-yeah, you guys. Get out of here!
 そうだよ、君たち、出て行かなきゃ!

(モニカが自室から出てくる)
Monica: Hi, guys.
 あら、みんな!

Chandler: You look beautiful.
 きれいだよ。

Monica: Oh, thank you! . . What’s going on?
 あら、ありがとう。(みんなが意味深に見つめるので)どうなってるの?

Rachel: We’re just really…very excited about this charity event that we have to go to.
 私達ただ、ほんと、すごく、チャリティ・イベントに行くのがうれしくて。

《チャリティ・イベント》

Phoebe: Here.
 (飲み物を渡し)ハイ。

Rachel: Oh! Thank you!
 あら、ありがとう!

Phoebe: So now what’s going on here?
 それで、どうなってるの、ここ?

Rachel: Uh well, uh this is a silent auction. They lay out all the stuff here and then you write down your offer and then the highest bid gets it.
 これは記名式のオークションよ。いろいろ紹介されてるから、出せる金額を書いて、一番高く書いた人が落札できるのよ。

Phoebe: No, I know what a silent is. I meant, what’s going on with your hair?
 いえ、そんなのわかってるわよ。私が言ったのは、あなたの髪型のこと?

Rachel: Uh, wh-why?
 えっ、どうして?

Phoebe: No! It’s nice!
 別に! 素敵ね!

(レイチェルの上司が来る)
Mr. Thompson: Nice to see you, Rachel.
 よくきたね、レイチェル。

Rachel: Oh, hi!
 あら、どうも!

Mr. Thompson: So glad you brought someone.
 ご友人を連れてきてくれてうれしいよ。

Rachel: Someone? I brought people. Mr. Thompson, this is Phoebe. Phoebe, this is Mr. Thompson. He’s the head of my department.
 友人? たくさん連れてきましたよ。ミスター・トンプソン、こちらフィービーです。フィービー、こちらミスター・トンプソン。かれは私の部署の部長なの。

Phoebe: Oh, hi.
 あら、どうも(握手)

Rachel: And I also brought my friend Joey…
 それに友人のジョーイも連れてきてますよ・・

Joey: Oh!! Shrimp toast!
 わお!シュリンプトースト!(走っていく)

Rachel: Well, you know, I-I don’t know where he is.
 あら、どこかしら、わかんなくなっちゃったわ。

Mr. Thompson: Well, I hope you’re gonna bid on some things, Rachel.
 とにかく、なにかに入札してくれると嬉しいね、レイチェル。

Rachel: Well, you know what? Actually, I was about to bid on this lovely trip to Paris.
 ええ、実は、私、この素敵なパリの旅行に入札しようと思うんですよ。

Mr. Thompson: Ohh, nice choice.
 ああ、いい選択だね。

Rachel: Yeah.
 ええ。

Mr. Thompson: Good luck.
 落とせるといいね。(立ち去る)

Rachel: Thank you. . .Okay, twenty dollars.
 ありがとうございます・・・よし・・20ドルっと。

《エリザベスの部屋:ノックして部屋に引きずり込まれるロス》

Zoe: Shut the door! Shut the door!!
 ドア閉めて! 閉めて!

Ross: What’s-what’s going on?
 なに、どうしたの?

Elizabeth: The guys across the hall are throwing water balloons at us.
 向かいの男の子達が水風船をぶつけてくるの。

Ross: Oh, you have to call the police! That’s what I did to the kids in my building!
 ああ、警察に電話しなきゃ! 僕も子供達にやられた時そうしたよ。

Elizabeth: No, it’s a water balloon fight! We started it!
 いえ、これは水風船戦争なの。私達からしかけたのよ。

Ross: Oh! Listen, I, I just stopped by to see if you wanted to see this play tonight. Umm, it’s supposed to be excellent. The director is the same…
 そうか。ねぇ、君、今夜芝居を見に行かないかと思って、ちょっと寄ってみたんだ。いい芝居らしいんだ。監督は・・

Elizabeth: Who drank all the Kamikazes?
 (友達に)誰がカミカゼ飲んじゃったの?

burstshots.jpg

Sarah: Nobody! We put them in here!
 誰も! ここに入れたのよ!(水風船に入れたものを大はしゃぎで飲む)

Elizabeth: You want some?!
 (ロスにも吹きかけ)あなたも飲む?

Ross: No! Okay! Okay! Okay, look, can I, can I just-just talk to you for a second?
 いや! ちょっとちょっとちょっと! いい? ちょっと、ちょっと話したいんだけど!

Elizabeth: Yeah, sure.
 ええ、いいわよ。

Ross: Uh, so this play umm, what do you think? It’s-it’s gotten great reviews! You know the uh…
 この芝居のことなんだけど、どう? すごく評判がいいんだよ。ね・・

(ドアがあき、男性が水風船アタックをしてくる)
First Dorm Guy: Attack!
 アターック!

Second Dorm Guy: Put your balloons down!
 武器を下ろせ!

The Girls: You put your balloons down!!
 そっちが武器をおろせ!

First Dorm Guy: You put your balloons down!!
 そっちが武器を下ろせ!

Ross: Everybody put their balloons down!!! Now this is a nice suit!!
 みんな水風船を下ろせ! これはいいスーツなんだぞ!

《チャリティ・イベント。結果発表》

Mr. Thompson: Our next item is the romantic trip to Paris. . It goes to Emil Alexander with a high bid of $2,300.
 次の品は、パリへのロマンティックな旅です。こちらは・・エミル・アレキサンダー氏により、2,300ドルにて落札されました。

Rachel: Ugh! So close!
 ああっ! 惜しかった!

Phoebe: Hey, you guys! Look!
 (ドリンク大量にもってくる)ほら、ねぇ、見て!

Joey: Hey!
 おお!

Phoebe: I got me some drinks!
 お酒いっぱい持ってきちゃった!

Rachel: What are you doing?
 あなた何してるのよ?

Phoebe: Open bar!
 飲み放題でしょ!

Mr. Thompson: And finally, our biggest item of the night, the 22-foot gentleman’s day sailer sailboat. The winning bid was a whopping $20,000!
 そして最後に、今夜の最大の物件は、22フィートのセイルボートです。落札額は、驚きの20,000ドル!

Joey: I won! That was my guess!
 俺当たったぞ! 俺の書いた額だ!

Rachel: What?! What?! What?!
 なに? 何? なに?

Joey: I guessed 20,000!
 俺20,000って書いたんだ!

Rachel: Joey! It is an auction! You don’t guess, you buy!
 ジョーイ! これオークションなのよ! 当てるんじゃないのよ。買うのよ!

Joey: What?! I don’t have 20,000!
 なんだって? 俺20,000ドルも持ってないぞ!

Mr. Thompson: Congratulations on your new boat, Joey Tribbiani!!
 新しいボートを手にいれられて、おめでとうございます、ジョーイ・トリビアーニ!

(立ち上がって喜ぶジョーイ)
Rachel: Joey! Sit down!
 ジョーイ! 座って!

Phoebe: Forget her! You enjoy this!! Wow!
 そんなの気にしないで! 楽しむのよ! ワオ!

《レストラン:チャンドラーが胸ポケットの指輪の所在を確認している》

Monica: What are you doing?
 何してるの?

Chandler: One nation, under God. Indivisible with liberty and justice for all. I remembered it. . . The champagne is here.
 [神の下の分割すべからざる一国家である共和国に、忠誠を誓います]、忠誠の誓い、思い出してたんだ。シャンペンが来たよ。

(One nation..... for all アメリカの忠誠の誓いのセリフ)

Monica: Are you okay?
 あなた大丈夫?

Chandler: Yes! Yes! I’m good! Are you good? Are you good? Is everything−are you−are you perrr-perfect?!
 もちろん! 大丈夫だとも! 君は大丈夫? 大丈夫? なにもかも・・君、君、完璧?

Monica: Yeah. I’m okay. I’m actually−I’m a little cold, can I have your jacket?
 ええ。大丈夫・・だけどちょっと・寒いわ。あなたのジャケット借りていい?

Chandler: Oh, yeah. . Uh, no, you can’t have my jacket! Because then I would be cold! If you thought that you were going to be cold, you should’ve brought your own jacket. But uh, other than that, are you okay? Are you okay?
 ああ、いいよ・・(ポケットの指輪を思い出し)あ、ジャケットは貸せないよ。だってそうしたら俺が寒いだろ。君寒くなると思ったら、自分のジャケットもってこなきゃ。だけど、それ以外は大丈夫? 大丈夫?

Monica: Are you sure you’re okay?
 あなた、本当に大丈夫?

Chandler: Yes! I’m fine. In fact I’ve been fine for a long time now and I think, the reason is you.
 ああ、俺は大丈夫だよ。実際、こんなに長い間順調だなんて、君のおかげだよ。

Monica: Oh, that’s sweet!
 まぁ! 優しいのね。

Chandler: Okay, umm, before I met you I had really little life and I couldn’t imagine growing old with…
 ああ・・君に出会う前は、ちっぽけな人生だった。そんなふうに年を取っていくなんて・・

Monica: Oh, my God!
 オーマイゴッド!

Chandler: I know, but just let me say it.
 うん、だけど最後まで言わせてくれ。

Monica: Oh, my God, Richard.
 オーマイゴッド! リチャード。

Chandler: What?! I’m Chandler! Oh, that’s Richard!
 え? 俺はチャンドラーだよ! (振り返り)あっ、リチャード!

Monica: Oh, God, maybe he won’t see us. Richard!
 ああ・・でも私達に気づかないかもね。(大声で)リチャード!

Richard: Monica! Chandler!
 モニカ! チャンドラー!

Chandler: Hey-hey, hey! . . I don’t know why I did that!
 やぁ、どうも!(彼をハグ)なんでこんなことしたかワカラナイ。

Monica: Hey, it’s good to see you!
 会えてうれしいわ!

Richard: You too, you let uh, your hair grow long.
 僕もだよ。君、髪が伸びたね。

Monica: Yeah−Oh, that’s right. You, you always wanted me to. Hey, I see you got your mustache back.
 ええ、そうなの。あなた長い髪が好きだったわね。あなたはまたヒゲを生やしたのね。

Richard: Well, my nose got lonely.
 ああ、鼻が寂しがってね。

Chandler: And uh, you don’t have a mustache which is good. I’m Chandler. I make jokes when I’m uncomfortable.
 (リチャードの連れの女性に)君はヒゲがなくてよかった。僕はチャンドラー、居心地悪いと冗談を言う癖で。

Richard: Oh, I’m sorry. Lisa, Monica, Chandler. We used to date.
 あ、悪かった、リサ、モニカとチャンドラーだ。僕らは昔つきあってたんだ。

Chandler: Richard! No one supposed to know about us! See I, did it again.
 リチャード! 僕らのこと誰にも話すことないだろ! ・・ほら、またやっちゃった。

Monica: Chandler, wh-why don’t we sit down?
 チャンドラー、座りましょうよ。

Chandler: Yeah, I’ll sit down.
 ああ、座るよ。

Monica: It’s good to see you
 会えてよかったわ。

Maitre'd: You’re table’s ready, sir.
 (リチャードに)テーブルがご用意できました。

Richard: Oh. Good to see you guys.
 ああ。じゃ、会えてよかった。

Chandler: Yes.
 ええ。

Maitre'd: Or if you prefer, this table is available.
 (モニカ達の隣を指し)もしよろしければ、こちらのテーブルでもよろしいですよ。

Richard: That might be fun.
 それは楽しそうだな。

《チャリティ・イベント》

Rachel: What were you thinking?!
 何考えてたのよ!

Joey: I didn’t know it was an auction!
 オークションだなんて知らなかったんだもん。

Rachel: Wh?!
 え?

Joey: I figured, take a guess, help a charity, free boat!
 当てたらチャリティになって、ボートがタダ!

Rachel: Why would a charity give away a free boat?!
 どうしてチャリティでボートがタダになるのよ!

Joey: I don’t know! Charity?
 わかんないよ。チャリティだから?

Rachel: Ugh!
 もうっ!

Phoebe: Well, just buy the damn boat!
 それじゃ、そのボート買っちゃえばいいじゃん!

Rachel: Phoebe, don’t you think you’ve had enough to drink?
 フィービー、あなたもう十分飲んだんじゃない?

Phoebe: I’m just helping the kids!
 私は子供達を助けてるのよ!

Rachel: How is you drinking helping the kids?
 あなたがお酒を飲むのがどうして子供を助けることになるのよ?

Phoebe: Because the more I drink, the less there is for the kids to drink.
 私がたくさん飲めば飲むほど、子供が飲む分が減るじゃん。

Mr. Thompson: Mr. Tribbiani.
 トリビアーニさん。

Joey: Oh, hi!
 ああ、どうも!

Mr. Thompson: Your generous contribution brings us a big step closer to building the youth center.
 あなたのおかげで、ユース・センターを立てる目標にまた一歩近づけました。

Joey: Just out of curiosity, how-how much is that boat worth?
 ちょっと聞いておきたいんだけど、あのボートは本当はいくら?

Mr. Thompson: I think it was valued at 19,000
 あれは19,000ドルの価値があると思いますよ。

Joey: Hey, I was pretty close. Uhh, so bad news. Umm, I can’t buy the boat, I don’t have any money.
 (レイチェルに)すごい惜しかったよな。(トンプソンに)ああ、残念なお知らせだけどね、ボートは買えないよ。そんなお金持ってないもん。

Rachel: Joey! Joey, good one!
 (笑い出し)ジョーイ、ジョーイったら。おもしろいわ!

Mr. Thompson: That’s good. Very good!
 いや、おもしろい、おもしろかった!(立ち去る)

Joey: So uh listen, I think I’m gonna take off now.
 それじゃあ・・俺はもう帰るよ。

Rachel: Hey! You can’t leave, Joey! You agreed to buy that boat, all right?! That is a contract! And plus if you leave, my boss is gonna kill me!
 ちょっと! 帰るなんてダメよ、ジョーイ! あなた、買うって言ったのよ、わかる? これは契約よ! それにあなたに逃げられたら、私上司に殺されるわ!

Joey: Well, what am I gonna do, Rach?! I don’t have that kind of money!
 だってどうしたらいいんだよ、レイチ? そんなお金持ってないぞ!

Rachel: I know. Okay. Okay. Okay. All right. All right, this is what we’re gonna do, we are gonna go to the next highest bidder, and we are just gonna let them buy it, and then you’re just gonna pay the difference.
 わかってる。そうね、そうね・・・わかった。わかったわ。こうするのよ。次に高い入札をした人を見つけて、その人に買ってもらうの。そして差額はあなたが払うのよ。

Joey: Okay.
 わかったよ。

Rachel: Okay.
 よし。

Joey: Look, I don’t know why the kids need a youth center anyway! You know? They should just watch TV after school like I did and I turned out fine!
 なぁ、なんで子供達にユース・センターが必要なのかわからないよ。俺みたいに、学校が終ったらただテレビ見てりゃいいんだよ。俺ちゃんと育っただろ。

Rachel: Not great.
 大したものにはなってないけどね。

《モニカ達のいるレストラン》

Monica: And so, we’re hiding in the bathroom.
 それで私達、バスルームに隠れてたの。

Richard: And-and then I sneak out and before Monica can her parents come in.
 そして僕は抜け出したんだけど、モニカが出て来る前に、彼女の両親が入ってきちゃったんだよ。

Monica: So I hide in the shower and the next thing you know they’re going at it right on the bathroom floor.
 それで私はシャワールームに隠れたんだけど、それから2人はバスルームで始めちゃったのよ。

Lisa: Oh, my God!
 まぁ、なんてこと!

Chandler: I got a good one, I got a good one! I once walked in on both my parents making love to the same guy.
 俺もおもしろいのあるよ。おもしろいのあるよ。俺、一度、両親が同じ男とやってるとこに出くわしたことがあるよ。(シーンとなる)

Richard: It’s so great seeing you guys again. I’d like to make a toast. Uh, as a poet once said, "In the sweetness of friendship, let there be laughter and sharing of pleasures for in the dew of little things the heart finds it’s morning and is refreshed."
 君たちにまた会えて本当にうれしいよ。乾杯させてくれ。こういう詩がある。「美しい友情の中で、友に笑い、喜びを分かち合うおう。小さなしずくの中に、心は夜明けを見、力を得るのだから」

Monica: Oh.
 まぁ。

Chandler: What?!
 ・・は?

《モニカ達の部屋にロスがいる。モニカ達が帰ってくる》

Ross: Oh, my God, you guys!!
 ああっ! 君たち!!

Chandler: Before you say anything, have we got a story for you! Guess who we bumped into at dinner!
 何か言う前に、こっちから話がある。レストランで誰に会ったと思う?

Ross: Who?
 誰?

Chandler: Richard!
 リチャード!

Ross: What? A-ohh! Oh.
 えっ? ああ!・・おお・・。

Monica: I thought you were going out with Elizabeth.
 エリザベスとデートじゃなかったの?

Ross: Yeah, I was but uh, she was a little busy with a water balloon fight.
 ああ。だけど、彼女、水風船戦争で忙しくてね。

Monica: Oh, Ross, sometimes grown-ups have commitments they just can’t get out of!
 ああ、ロス。大人って時には、抜けられない用事があるものよ。

Ross: You know, maybe she is too young for me. You know, when I was over there and she was running around with her friends, I felt like I was a baby-sitter. I finally started to see what you guys were talking about. I don’t know what to do.
 やっぱり、彼女は僕には若すぎるのかもしれない。あそこに行ったら、彼女、友達と走り回ってて、ベビーシッターしてるみたいな気になったよ。ついに僕も、君らがいう意味がわかったよ。どうしたらいいんだろう。

Monica: Why don’t you just weigh out the good stuff about the relationship against the bad stuff. I mean that’s what I did when I first started. . . (looks at Chandler and pauses) weighing stuff.
 その関係でのいいこととと悪いことを秤にかけてみればいいのよ。私もそうしたわよ。初めて・・(チャンドラーを見て)秤にかけた時。

Ross: Okay umm, bad stuff. Well, I’m 12 years older than she is.
 そうだな。悪いこと。僕は12歳年上だ。

Monica: If the school finds out you’re fired.
 大学に見つかればクビになる。

Ross: Hmm.
 うん。

Monica: She’s leaving for three months.
 彼女、3ヶ月いなくなる。

Chandler: For camp!
 キャンプでね!

Ross: Okay, good stuff. Umm, well, she’s-she’s sweet and pretty and…
 よし。いいこと。そうだな、彼女は優しくて可愛くて・・

Monica: Look, Ross, the only question you need to ask is, "Do you see a future?" I mean like do you see yourself marrying her? Oh, my God! You did it already! You married her, didn’t you?!
 ねぇ、ロス、あなたが考えてみなきゃいけないのは、「この先が見えるか?」ってことよ。たとえば、彼女との結婚を思い描ける? まぁ、なんてことなの! あなたもう結婚しちゃったのね?

Ross: No! No! I…didn’t do that. It’s just… Okay, honestly no. I don’t, I don’t see a big future with her.
 いや、違うよ! そんなことしてない。うん・・正直いって、いや、彼女との将来を思い描けないよ。

Monica: Okay, well, I think…that’s your answer.
 そう。それじゃ、それが答えなのよ。

Ross: I’ve got to talk to her. Ugh, I hate this part.
 彼女に話さないと。ああ。これがイヤなんだよな。

Chandler: Hey, you have to forget about Elizabeth. I mean if you’re not careful you may not get married at all this year!
 なぁ、エリザベスのことは忘れろ。気をつけないと今年は結婚ができないぞ。

《チャリティ・イベント》

Joey: Rach! Rachel! Okay, the next highest bidder is at table one.
 レイチ、レイチェル! 次の入札者は、1番テーブルだぞ。

Rachel: Oh, great!
 わかった。

Joey: Oh, and uh the guy who got the Paris trip is at table four.
 それから、パリ旅行をゲットしたのは、4番テーブルだ。

Phoebe: Oh, okay.
 あ、わかった。

Rachel: Why do you care about the guy who won the Paris trip?
 パリ旅行を落札した人があなたに何の関係があるのよ?

Phoebe: It’s a trip for two! Excuse me. . .Excuse me, is the person who won the Paris trip at this table?
 2人分の旅行なのよ。失礼。(4番テーブルへ行く)失礼、パリへの旅行を落札された方いらっしゃいます?

Emil Alexander: That was me.
 僕だよ。

Phoebe: Oh. Enchante.
 あら。(フランス語で)初めまして。

《1番テーブルへ行くジョーイとレイチェル》

Joey: Uhh, excuse me, is there a Mr. Bowmont at this table?
 失礼、こちらに、ボーモントさんはいらっしゃいます。

Mr. Bowmont: That’s me.
 私だよ。

Joey: Ahh, yes.
 ああ、そうですか。

Rachel: Oh, well, hello. This is your lucky day, Mr. Bowmont. The gentleman day sailer as just become available again and I believe that you made a bid of $18,000.
 どうも、こんにちは。今日はラッキーですよ、ボーモントさん。ボートは落札できることになりましたよ、あなたは18,000ドル入札なさいましたね。

Joey: You-you have to pay that! It’s not just a guess.
 それ、払わないといけないんだよ。当てるんじゃないよ。

Rachel: Okay. Okay.
 (ジョーイに)いいから。いいから。

Mr. Bowmont: I was actually relieved I didn’t win the boat. My wife would’ve killed me.
 実は落札できずにホッとしてるよ。女房に殺されてしまうからね。

Rachel: Ohh…
 ああ・・

Joey: Are you kidding me?! She’s gonna love this boat!
 冗談でしょう? 彼女きっとこのボートすごい気に入りますよ。

Rachel: Y-Yeah! What-what is your wife’s name?
 そうですよ! 奥様のお名前は?

Mr. Bowmont: It’s Pam.
 パムだよ。

Rachel: Pam! Oh, God, okay, just imagine this, "The Pam."
 パム! ああ、素敵、考えてみてください、「The Pam」。

Joey: Aw-awww!
 あああ!

Mr. Bowmont: I don’t think she’d like that.
 彼女が喜ぶとは思えないね。

Rachel: Okay, uh-uh imagine this, "The Mr. Bowmont."
 そうですか、それじゃ、想像してみてください「The Mr. Bowmont」。

Joey: Oooooh…
 おおお!

Mr. Bowmont: I don’t think so, dear.
 それはどうかな?

Rachel: Okay, look, let me paint you a little picture. . .All right, you are setting sail up the Hudson! You’ve got the wind in your h−arms! You-you get all that peace and quiet that you’ve always wanted! You get back to nature! You can go fishing! You can−you get one of those hats and have people call you captain, and then when you’re old, Cappy.
 いいですか、こう、想像してみましょうよ(隣に座る)いいえすか、ハドソン川へ船を出すんです。風があなたのか・・(髪がないので)腕をなでる! ずっとほしかった平安と静けさを得るんです! 自然に帰るのよ。魚釣りもできるし、あなたは帽子をかぶって、みんなはあなたをキャプテンと呼ぶの。年を取ったら、キャッピーって呼ばれるのよ。

Mr. Bowmont: What the hell, it’s for a good cause! All right!
 かまうもんか、いいことになるんだし。よし、買おう!

Joey: No way! It’s mine!!
 ダメだ! 俺のだ!

Rachel: What?! What?!
 は? なに?

Joey: All that stuff you just said? I want that!
 君の言ったのを聞いたら欲しくなったもん。

Rachel: But Joey, you don’t have $20,000!
 ジョーイ、20,000ドルも持ってないでしょ!

Joey: Who cares?! I-I’ll make payments, whatever it takes, I want the Mr. Bowmont!!
 かまうもんか! なんとかして払うよ。ミスター・ボーモントが欲しい!

《モニカ達の部屋:ジョーイとフィービーが来る》

Joey: Oh, my God, you’re back!
 ああ! 帰ってきたんだな!

Phoebe: Oh, let me see it! Let me see your hand!
 ああ、見せて、手を見せてよ!(チャンドラーが必死で合図)

Monica: Why do you want to see my hand?
 どうして手を見たいの?

Phoebe: I wanna see what’s in your hand. I wanna see the trash.
 手に何があるか見たいの。そのゴミ見たいわ。

Joey: Yeah.
 ああ。

Phoebe: Eww! Oh, it’s all dirty. You should throw this out.
 うわっ! みんな汚いわね。捨てた方がいいわよ。

Monica: Okay.
 わかったわよ。

Chandler: What did you guys just do?!
 なんてことしてくれるんだよ?

Phoebe: What happened?
 何があったの?

Chandler: Richard was there so I couldn’t do it!
 リチャードがいて、できなかったんだよ。

Joey: What?! Noooo…
 なんだって? あああ・・。

Chandler: I’m gonna do it tomorrow you know, and-and surprise her, but now you’ve ruined it!
 明日にするんだよ。そして彼女を驚かせたかったのに、君らのせいでもうダメだよ。

Joey: We didn’t ruin it!
 ダメにしてないよ!

Chandler: Who walks into a room and asks to see a person’s hands?!
 誰が、部屋に入ってきていきなり手を見せてって言うんだよ?!

Phoebe: Well, a palm reader, a manicurist, a hand doctor…
 そうね、手相見る人でしょ、ネイル・アーティスト、手の医者・・

Joey: Glove salesman!
 手袋のセールスマン!

Phoebe: Good one! Yeah.
 それいいわね、うん。

Chandler: This is terrible. What am I going to do?
 ひどいよ。どうしたらいいんだ。

Phoebe: Look, she only suspects something, okay? She doesn’t know for sure, so just throw her off the track.
 ねぇ、なんかおかしいな、ぐらいに思ってるだけよ。はっきり知ってるわけじゃないから、気をそらせばいいのよ。

Chandler: That’s right, I can throw her off. I can make her think marriage is the last thing on my mind.
 そうだな。気をそらせばいいんだ。俺が結婚を嫌がってると思わせたらいいんだ。

Phoebe: Yeah! Yeah! Convince her that-that you’re scared of commitment!
 そう、そうよ! 真剣な約束みたいなこと怖がってるって思わせればいいんだよ。

Chandler: I can do that, I’ve had 30 years of practice.
 それならできるぞ。俺はそれ30年やってきてるからな。

Joey: Hey, being you is finally gonna pay off!
 おお! おまえでいることがついに報われるな!

(モニカが来る)
Monica: I had to go all the way to the basement because some idiot keeps stuffing the trash chute with pizza boxes!
 どっかのバカがダストシュートにピザの箱を詰まらせてたから、地下まで行かなきゃならなかったわ。

Joey: That guy’s still doing that?!
 まだそういうことするやつがいるのか!

(レイチェルが来る)
Rachel: Hey! Oh, my God! You’re here, let me see your hand!!
 ねぇ! オーマイゴッド! いたのね! 手を見せて!

Phoebe: No, you’re too late!!! She already took out the trash!!!
 ダメなの、遅かったのよ。彼女、もうゴミ捨てちゃったのよ。

《エリザベスとの別れ話を終えて歩くロス》

Ross: Wow! I have never had such a healthy break-up! She was such a grown-up about it! She didn’t seem too immature for me! Did I just make a huge mistake?
 (心の中)ワオ・・こんなに気持ちいい別れは初めてだよ! 彼女の態度はすごい大人だったな。彼女、僕にとって子供過ぎるなんてことないな。。別れたのは大間違いだったかな?

Elizabeth: Ross! Wait!
 (窓から)ロス! 待って!

Ross: Elizabeth, thank God! I was just thinking about…
 エリザベス、よかった! 僕、今考えてたんだけど・・

Elizabeth: You suck!!
 あなた、サイテー!

Ross: What?! . . . Okay, breakup’s still on!
 へ?(水風船をぶつけられびしょ濡れ)いいよ、別れようね!

《セントラルパーク:窓の外を見ているチャンドラー》

Chandler: Okay, okay, here she comes!. . .How do I look? Do I look like a guy who doesn’t want to get married?
 よし、よし、彼女来たぞ。(ジョーイの隣に座り)俺どう見える? 結婚したくなさそうな男に見える?

Joey: Yeah! And also, a little like a French guy. I never noticed that before.
 ああ。それに、フランス人にも見えるな。今まで気づかなかったな。

(モニカが来る)
Monica: Hi, guys!
 ハーイ!

Joey&Chandler: Hey!
 ヘイ!

Monica: What are you up to?
 何してんの?

Chandler: Oh, just hanging out, talking about uh, websites. Yeah, we saw this really interesting website about marriage and how totally unnecessary it is and how its just a way for the government to keep tabs on you.
 ああ、ただのんびりしてただけ。ネットで見た話とかさ。うん、結婚についておもしろいサイト見つけてさ。結婚が不要かって話でさ、そもそも結婚ってのは政府が人を管理するためにやってる制度だってさ。

Joey: Yeah, Big Brother.
 ああ、まったくだよ。

Monica: Well, that’s a little crazy. Although I am, you know, glad to hear that you’re branching out on what you look at on the Internet.
 それはおかしな話ね。でもまぁ、ネットで見る幅が広がったって知って嬉しいわ。

Chandler: Yeah, well… You know, it just got me thinking though, why would anybody ever want to get married, huh?
 ああ、まぁね。でもそれ見て考えたよ。なんでみんな結婚したいかねぇ?

Monica: Why?! To celebrate your relationship! To solidify your commitment! To declare your love for one another to the world!
 どうしてかって? 2人の関係をお祝いするためじゃない。2人の結びつきを固めるためよ。互いの愛を世界に表明するのよ。

Chandler: Eh…
 あー・・。

Monica: Okay, well, that’s good to know.
 そう・・あ、聞いてよかったわ。

(トラックがバックする音)
Joey: The Mr. Bowmont’s here!!!
 Mr. Bowmont が来た!

《モニカの勤務先の厨房》

Waitress: Hey, Monica, there’s a customer who wants to complement the chef, should I let him in?
 ハーイ、モニカ。お料理が気に入ってシェフに挨拶したいってお客さんが来てるわよ。来てもらっていい?

Monica: Sure, I love this part!
 ええ、それ大好き!

Waitress: Come on in.
 (客に)入って。

Richard: Hi!
 ハーイ。

Monica: Richard!
 リチャード!

Richard: Actually, I’m not here to complement the chef.
 実は、料理のことで来たんじゃないんだ。

Monica: Oh, that’s okay. I hate when people come back to complement the chef. Like I have nothing better to do! So what’s up?
 ああ、いいのよ。挨拶に来られるの好きじゃないの。他には何もできることがないみたいじゃない。それで、どうかした?

Richard: Well, it was great seeing you the other night.
 いやぁ、この前は会えて本当によかったよ。

Monica: Oh, good to see you too. Did you come down here to tell me that?
 ええ、私も会えてうれしかったわ。・・それを言うために来たの?

Richard: No! I came here to tell you something else. . . Came here .. to tell you I still love you.
 違うよ。言いにきたのはそのことじゃない。言いたいのは、君を今も愛してるってことだ。




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 22:50| Comment(0) | Season 6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月02日

6-23 The One With The Ring

6-23 指輪の話

 ☆ポールは泣き虫☆

《モニカ達の部屋:指輪のカタログを見るチャンドラー》

Chandler: Pheebs, can you help me pick out an engagement ring for Monica? I can’t figure this out! It’s so hard! Should I get her a Tiffany cut or a Princess cut or a−ah-ah! Paper cut!
 フィーブス、モニカに贈る婚約指輪を選ぶの手伝ってくれない? わかんないよ! 難しすぎる! ティファニーカットがいいのか、それともプリンセスカット? (紙で手が切れ)あっ!あっ! ペーパーカット!

Phoebe: Now, have you told anyone else?
 ねぇ、誰かにこのこと話した?

Chandler: No, I don’t want to tell anybody else because I don’t want Monica to find out.
 いや、モニカに知られたくないから、誰にも話す気はないんだ。

Phoebe: You told me.
 私に話したじゃない。

Chandler: Well, it’s because I trust you, you’re one of my best friends, and you walked in on me when I was looking at ring brochures.
 それは、君を信じてるし、君は親友の1人だし、それに君いきなり入ってきて、俺が指輪のカタログ見てるとこ見られちゃったしね。

Phoebe: Yeah, well, once again not knocking pays off. I only wish you hadn’t been on the toilet.
 そうね、ノックしないで入ってくるのがまた報われたわ。トイレに入ってるとこだけは入っていきたくないけど。

Chandler: Me too.
 俺も。

(ジョーイとロスが来てカタログを慌てて隠すチャンドラー)
Joey: Hey.
 やあ。(冷蔵庫を開ける)

Chandler: Hey.
 ヘイ。

Phoebe: Hey! So Chandler, wanna go to the coffeehouse?
 ねぇ、チャンドラー、コーヒーハウス行かない?

Chandler: Oh, all right.
 ああ、いいよ。

Phoebe: Yeah, coffeehouse.
 ええ、コーヒーハウスね。

Ross: Oh, perfect, we were just gonna see if you wanted to go.
 ああ、ちょうどいい。君たちが行かないかなと思って来たんだ。

Chandler: Oh, well, we don’t because we got…the…other pl-place.
 ああ、いや、俺たちはいや、俺たちは別のとこ行くんだ。(2人出て行く)

Ross: How rude.
 感じ悪いな!

Joey: Oh, I’m sorry. You wanna bite?
 ああ、ごめん。(ピザを差し出し)食べる?

《セントラルパーク》

Phoebe: So how are things going with Paul?
 ポールとはどうなの?

Rachel: Good. Although you know, he-he’s a private guy. You know, I wish I could get him to open up a little bit, share some feelings.
 順調よ。でもね、彼は自分をさらけ出さないのね。ちょっと心を開いて、気持ちを話してくれたらって思うんだけど。

Phoebe: That’s easy! You just have to think of him as a-as a jar of pickles that won’t open.
 簡単よ! フタが開かないピクルスの瓶だと思えばいいのよ。

Rachel: So what are you saying; I should run him under hot water and bang his head against a table?
 それじゃ何、彼を熱いお湯にくぐらせて、テーブルに頭ぶつければいいの?

Phoebe: No, that’s what you do when you want to get the truth out of someone.
 違うわよ。それは、誰かに本当のことを白状させる時の方法よ。

(ポールが来る)
Paul: Hi, honey.
 やぁ、ハニー。

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Phoebe: Watch this.
 (レイチェルに)見てて。

Rachel: Okay.
 わかった。

Paul: How are you?
 (レイチェルに)元気?

Phoebe: Hey, Paul!
 ハーイ、ポール!

Paul: Hi, Phoebe.
 ハーイ、フィービー。

Phoebe: So how are things going with you?
 調子はどう?

Paul: Can’t complain.
 特に問題ないね。(フタを開けてやったという身振りのフィービー)

(ロスが来たのを見て、早く行きたいポール)
Paul: Come on.
 (レイチェルに)行こう。

Rachel: Okay.
 わかった。

Paul: Hey!
 (ロスに)やぁ!

Ross: Hi!
 ハーイ!(握手)

Paul: Ross!
 ロス!

Ross: Great to see you!
 会えてよかったです!

Paul: Ross, good to see you too!
 ロス、こちらこそだよ!

Ross: How you doing?
 元気ですか?

Paul: Good. Bye!
 いいよ。じゃあ!

Ross: Okay! You take care!
 ええ! 気をつけて!
(2人とも顔を背けていやな顔)

Ross: Hey, Pheebs, what-what was the deal with you and Chandler blowing us off before?
 ね、フィーブス、さっきの、君とチャンドラーが僕らを避けたのは何だよ?

Phoebe: Yeah! That was so weird, huh?
 ああ、あれ、変だったわよね?

Ross: Phoebe, why did you do it?
 フィービー、なんであんなことしたの?

Phoebe: I didn’t do it! It was Chandler! He’s… He’s mad at you!
 知らないわよ。チャンドラーよ。彼が・・彼、あなたに怒ってるのよ。

Ross: What?! Why?!
 え? 何を?

Phoebe: Please, I think you know why.
 何言ってんの。知ってるでしょう。

Ross: I can’t think of anything.
 思い当たることないよ。

Phoebe: Come on, Ross, you’re a paleontologist, dig a little deeper.
 ロスったら! 古生物学者でしょ。もっと深く掘り下げなさいよ。

Ross: Wait a minute, is it because Joey and I didn’t invite him to that Knicks game a couple of weeks ago?
 ちょっと待てよ。もしかして、2週間くらい前、ジョーイと僕がニックスのゲームに誘わなかったから?

Phoebe: Do you think that’s something that he’d be mad at you for?
 そういうことで彼怒ると思う?

Ross: I guess it could.
 怒るかも。

Phoebe: Well, then I think that’s it.
 それじゃきっとそれよ。

Ross: Well, if he’s angry, he really shouldn’t just cover it up. I wish he would just tell me the truth.
 もし怒ってるなら、それを隠さないでほしいよ。本当のこと言ってくれたらいいのに。

Phoebe: Oh, if that’s what you want you then you really should run his head under hot water and bang his head against a table.
 ああ、本当のこと言わせたいなら、彼を熱いお湯にさらして、テーブルに頭ぶつけることよ。

《ジョーイの部屋:レイチェルとポールが出かけるところ》

Paul: Honey, I made a reservation at China Garden, is that okay?
 ねぇ、チャイナ・ガーデンを予約しておいたけど、それでいい?

Rachel: Yeah, that’s great. But first, wait, talk to me, talk to me. Tell me about your day.
 ええ、いいわね。でも、その前に、ねぇ、話して、何か話して。今日はどうだったとか。

Paul: It was fine.
 よかったよ。

Rachel: Okay. Hey, what are you thinking? What are you thinking right now?
 そう。ねぇ、何を考えてる? たった今、何を考えてるの?

Paul: I’m thinking that you are looking really fine in that dress.
 君がそのドレスとても似合って素敵だって思ってるよ。

Rachel: Yeah, that’s great, Paul, but, you know, I wanna know what. . . Wow, those are really great! I just wanna know what, what is behind this-this strong, silent exterior. You know, they say that still waters run deep and I wanna swim in yours.
 ええ、それはいいわね、ポール、でもね、私が知りたいのは(ポールの胸に触れて)ワオ! これ本当に素敵ね。私が知りたいのは、この、強くて静かな外見の内側のことよ。ねぇ、内面には深く水が流れているって言うじゃない。そこで泳ぎたいわ。

Paul: Are you talking about having sex?
 それって、セックスのこと?

Rachel: No, Paul, I don’t know anything about you! You know, like-like your childhood! Tell me about your childhood!
 違うのよ、ポール。あなたのこと何も知らないんだもの! ね、あなたの子供の頃のこととか! 子供の頃のこと話して。

Paul: Normal.
 普通だよ。

Rachel: Okay, well, then how about puberty! Come on, that’s always a painful time! You know, your friends invite you to a slumber party and then they stick your hand in warm water while you’re sleeping so that you pee in your sleeping bag.
 そう。それじゃ、思春期はどう? ねぇ、その頃っていろいろつらいものよ! ね。友達のパジャマパーティに行ったら、友達が眠ってるあなたの手を温かい水につけて、それで寝袋にオシッコしちゃったみたいな。

Paul: Nope! That never happened to me!
 いいや。そういうことはなかったよ。

Rachel: Well, you’re lucky you never met that bitch Sharon Majeski. Anyway, umm… The rest of your life, you know ? Any regrets?
 あのクソシャロン・マジェスキに出会わなくてラッキーね。とにかく・・その他の人生とか、何か後悔することは?

Paul: Nope.
 ないね。

Rachel: All right, Paul, you know, I’m not asking for a lot here. Okay? Just give me something. Anything!
 そう。ポール、ねぇ、とんでもないことを頼んでるんじゃないのよ、ね? 何か言ってくれないかしら。何でもいいのよ。

Paul: Okay.
 わかったよ。

Rachel: Okay.
 ええ。

Paul: Okay.
 よし。

Rachel: All right.
 いいわよ。

Paul: When I was six years old.
 6歳の時だった。

Rachel: Hm-mmm.
 うん。

Paul: I wanted a big wheel. And instead my parents got me this little plastic chicken that you hop around on. It was embarrassing; kids made fun of me. That was a pretty tough year.
 僕は三輪車が欲しかったんだ。なのに両親はプラスチックのチキンのついたホッピングを買ってくれてね。恥ずかしかったよ。子供達にからかわれたんだ。あれは本当につらい年だった。

Rachel: That’s-that’s great! See? I already feel like I know you a little better! Thank you. Okay, come on. Now we can go eat. Let’s go.
 それはすごいわね! ほらね! 私ちょっとあなたを知った気分よ。ありがとう。それじゃ、食事に行けるわ。行きましょう。

Paul: It was horrible. They called me chicken boy.
 ひどかったよ。みんなに、チキン・ボーイと呼ばれたんだ。

Rachel: Oh!
 まぁ!

《時間経過:泣きじゃくるポール 》

Paul: And in fifth grade I got into a fight. Well, it wasn’t really a fight. Richard Danville bit me on the nose and, and I feel down. I still have a little scar right here, you can see it.
 それに5年生のときケンカしたんだ。ケンカとは言えないな。リチャード・ダンヴィルが鼻にかみついてきて、僕は倒れたよ。まだここに傷がある。見えるだろう。

Rachel: Yeah. Yeah, I-I-I see the scar. Listen, Paul, I think this is really great that-that you know, you shared your feelings. It’s really, it’s beautiful, but umm, what do you say we go share some food?
 ええ、そうね。傷が見えるわ。ねぇ、ポール、気持ちを分かち合えて本当によかったわ。本当に、素敵。でもね、今度は出かけて食べ物を分かち合わない?

Paul: Oh, I couldn’t eat now.
 ああ、今は食べる気になれないよ。

Rachel: What?! Wait! What are you talking about?! You love their Kung Pao Chicken!
 え? 待って、何を言ってるの? あなた、コンパオチキン、大好きじゃないの!

Paul: Chicken? Chicken boy!
 チキン? (自分を指差し)「チキン・ボーイ」(泣き出す)

Rachel: My God, I’m sorry! I’m sorry! I didn’t mean to do that!
 ああ、ごめんなさい、ごめんなさい、そんなつもりじゃなかったのよ。

《宝石店でフィービーと指輪を見るチャンドラー》

Chandler: Nothing! This is the nine millionth ring store we’ve been to, and I can’t find the perfect ring! Ugly ring! Ugly ring! Ugly ring! . . It’s a beautiful selection.
 全然だめだ! 900万ものお店を見て回ったけど、これだっていいう指輪は見つからない! 醜い指輪! 醜い指輪! 醜い指輪!(店の男性と目が合う)美しいコレクションです。

Phoebe: Okay, so maybe you don’t get her a ring. Maybe you-maybe you do something different. You know ? Maybe you get her an engagement bracelet, you know ? Or an engagement tiara? Or−ooh! An engagement Revolutionary War musket!
 それじゃ、指輪をあげるのはやめたら? 何か違うものあげたらいいんじゃないの? 婚約ブレスレットはどう? それとか、婚約ティアラは? それか・・あ、そうだ! 婚約の革命戦争マスケット銃なんていいじゃない!

Chandler: You know, I’m so glad I picked you to help me with this.
 いやぁ、君に選ぶのを手伝ってもらうことにしてよかったよ。

Phoebe: Huh? Can you just imagine getting down on one knee and handing her this gorgeous piece of weaponry?
 どう? ひざまずいて、彼女にこのゴージャスな武器を渡すとこ想像つく?

Chandler: Yeah, I’m gonna stick with the ring. Oh, this one’s nice! I like this one! Sir? Uh, kind sir? Can I see this one?
 いや、指輪にしとくよ。(別のカウンターへ移動して見る)ああ! これいいじゃないか! これ気に入ったよ! すみません、お願いします、これ、見せてもらえます?

Phoebe: Wait a minute, no, this is, this is the reason you brought me. Okay? I know how to haggle. So let me handle this from here on out.
 ちょっと待って、ダメよ。これこそ、私が来た理由なのよ、いい? 私、値切り方わかるの。ここからは私に交渉させて。

Male Jeweler: Can I help you?
 何かご希望のものがおありですか?

Chandler: Uh-yeah, yes. I would like to see that ring please.
 ああ、ええ。このリングを見せてもらいたいんだけど。

Phoebe: Or not, whatever.
 それかやめるか。どっちでも。

Male Jeweler: This ring is from the 1920s, it’s a one and a half carat diamond with sapphires on either side.
 これは1920年代のもので、1,5カラットダイヤモンド、両側にサファイヤをあしらっております。

Chandler: Sir, can I ask you to umm, could you…hold out that ring and ask me to marry you?
 すいませんが、お願いできるかな。あなた、その指輪を持って、俺に結婚を申し込んでみてくれる?

Male Jeweler: Okay. . Will you marry me?
 いいですよ・・・結婚してくれますか。

Chandler: Oh, my God, that’s it, that’s the ring! How much is it?
 (感動)オーマイゴッド。これだ、この指輪だよ! これいくら?

Phoebe: Chandler, I-I will handle this! . . How much is it?
 チャンドラー、これは私が話すわよ。(店の人に)いくらなの?

Male Jeweler: 8,600.
 8,600ドルです。

Phoebe: We will give you $10.
 10ドル払うわ。

Male Jeweler: Are you interested in this ring?!
 この指輪をお気に召されたのではないのでしょうか?

Chandler: Yes! Yes, but I can only pay $8,000.
 ああ、気に入ったよ。だけど、8,000ドルしか払えないんだ。

Male Jeweler: Okay, I can let it go for eight.
 そうですね、8でもいいですよ。

Phoebe: We stand firm at $10.
 絶対10ドルよ。

Male Jeweler: How would you like to pay?
 お支払い方法は?

Chandler: Uh, credit card. Oh, no! No-no, but I left my credit card with Joey. . . Okay, I’ll go get it. You guard the ring.
 クレジットで。あ、いけない。いやいや、ジョーイに預けたままだよ。(フィービーに)取りに行ってくるから、この指輪見といて。

Phoebe: Okay. . . Listen, I’m sorry about before. Do you have anything here for $10.
 わかった。(店の人に)ねぇ、さっきはごめんね。ここで10ドルのものってない?

Male Jeweler: Yes, I have these two rather beautiful $5 bills.
 そうですね。わたくし、まぁきれいな2枚の5ドル札を持っております。

Phoebe: I’ll give you $1 for them.
 それ1ドルで買うわ。

《セントラルパーク:ロスとジョーイ》

Ross: Hey, remember how Chandler and Phoebe blew us off yesterday?
 ね、チャンドラーとフィービーが僕らを昨日避けたの覚えてる?

Joey: No.
 いや。

Ross: Remember? You-you were eating pizza.
 覚えてるだろ! 君はピザ食べてた。

Joey: Yeah.
 ああ。

Ross: Okay. Well, apparently Chandler’s angry at us for not getting him a ticket to that Knicks game a couple of weeks ago.
 ね、どうやら、チャンドラーは、2週間前、ニックス戦に誘わなかったのを怒ってるらしいんだ。

Joey: Oh, we’re supposed to just get him a ticket?! That guy is always mooching off of us!
 なんだ、俺たち、やつの分のチケットを買うべきだったっての? やつはいっつも俺たちにねだるんだからな。

Ross: Yeah! Anyway, I-I still think we should try to patch things up, you know ? Like uh, maybe we could get him to get tickets to another Knicks game and invite him.
 そうだよ。とにかく、なんとかしなきゃな。だろう? 例えば、またニックス戦のチケット買って誘うとか。

Joey: Oh, wow, that’s a great idea! And I still have his credit card.
 ああ、ワオ。それはいい考えだな! それに俺、やつのクレジットカード持ってるぞ。

Gunther: Here you go.
 (レシートを渡す)はい。

Ross: Oh.
 ああ。

Joey: Hey-hey-hey-ho-ho, I got this one. Here you go. . .You know, I gotta tell ya, sometimes I just−I don’t get Chandler. You know, me and him do stuff all the time without you and you don’t get all upset.
 おいおい、いいよ、これ払っとくよ。ほら。(チャンドラーのカードをガンターに渡す)なぁ、ほんと、時々俺チャンドラーがわからないよ。なあ。俺と彼とで、いつも君抜きでいろんなことしてるけど、君は全然怒らないのになぁ。

Ross: All the time?
 いつも?

Joey: All the time!
 いっつもさ!

《モニカ達の部屋:レイチェルが来る》

Rachel: Oh, my God! Oh, my God!!
 もう参ったわ、もう参ったわよ!!

Monica: Still crying?
 まだ泣いてるの?

Rachel: Like a little girl. I know. I know. I know. This is all my fault. I wanted him to open up. But God, I didn’t know that I was gonna unleash this-this weepy, clingy, moist monster!
 小さな女の子みたいにね。わかってる、わかってるわよ。全部私のせいよ。彼に心を開いて欲しかった。だけどああ、こんなに泣いてくっついてくるメソメソモンスターを解き放つことになるなんて知らなかったんだもの!

Monica: You know, I only know of two surefire ways to shut a man up. And one of them is sex.
 確実に男を黙らせる方法が2つだけ知ってるわ。一つは、セックスね。

(surefire =成功確実な)

Rachel: What’s the other one?
 もう一つは?

Monica: I don’t know, I’ve never had to use the other one. I’m just saying, you know, if we’re having sex, he’s not gonna be talking.
 知らない。試したことないから。私に言えるのは、セックスしてる時は、男ってしゃべらないってことよ。

Rachel: Oh, that’s right. You’re the talker.. . Anyway uh, great idea! Umm, I gotta go to the store. I told him that I would buy him some more tissues.
 ああ、そうね。あなたはおしゃべりだもんね。とにかくそれはいいアイデアね。じゃ私お店に行ってこなくちゃ。彼に、ティッシュ買ってくるって言ってあるの。

Monica: Oh, we have some…
 あら、それならうちに・・

Rachel: No, you don’t!
 いえ、ないのよ!

《宝石店:フィービーがあれこれ重ねて試着している》

Phoebe: Okay, umm, I’d also like to try on the tiara. Oh, yeah. Okay. What do you think, too much?
 いいわ、今度はあのティアラをつけてみたいわ。ああ、いいわね。うん。どう思う? つけ過ぎ?

Male Jeweler: A tad.
 ちょっと。

Phoebe: Okay. Then, take the tiara back and let me hold the musket again. . Something’s missing. It’s not… Okay, oh, let me see the ring my friend picked out.
 わかった。それじゃ、ティアラを戻して、またマスケット銃を持たせてくれる。(持って鏡を見る)何か足りないわね・・何か・・あ、そうだ。私の友達が選んだ指輪を見せてくれる。

Male Jeweler: Where’s the 1920s princess cut ring.
 (他の店員に)1920年のプリンセスカットの指輪はどこ?

Female Jeweler: I just sold it to that gentleman.
 あれがあの男性にたった今売りましたよ。

Phoebe: Oh, my God!! Wait, no! . . . .No! What?! Help me! Let me out! Now!
 なんてことを! 待って、ダメよ! (追いかけたのでシャッターが下りて閉じ込められる)いやよ、なに? 助けて! ここから出して、すぐ!(マスケット銃を向ける)

《ジョーイの部屋:泣いているポール、チャンドラーが来る》

Paul: Rachel?
 レイチェル?

Chandler: No. How are you, Paul?
 いや、元気、ボール?(カードを探す)

Paul: Okay. Chandler, did your dad ever hug you?
 元気。チャンドラー、君のとうさんは、君をハグしてくれた?

Chandler: No, did he hug you?!
 いいや。彼、君をハグした?

Paul: No! No! It’s just that, my dad never did. I miss my dad.
 いや。いいや。私の父は絶対ハグをしてくれなかったんだ。父が恋しい。

Chandler: Well, you can see my dad in Vegas kissing other dads.
 俺のとうさんが、よそのとうさんにキスしてるとこなら、べガスで見られるよ。

Paul: Hey, Chandler?
 なぁ、チャンドラー?

Chandler: Yeah?
 ああ?

Paul: Would you…….Would you hug me?
 君・・君、ハグしてくれないか?

Chandler: I’m a little busy here, Paul.
 今ちょっと忙しいんだよ。ポール。

Paul: That’s exactly what my dad used to say!
 それがまさしく、私の父が言ったセリフだ!

Chandler: Okay, a quick one. Come on, hug it out. . .Oh, hey! There you go. . .Okay.
 わかった。簡単にな。来いよ、ハグしよう。(きついハグ)おおっ! おい! はいはい。。(まだ終らない)もういいよ。

Paul: Five more seconds.
 あと5秒。

Chandler: Okay!
 いいよ!(離れる)

(ジョーイが来る)
Joey: Hey!
 ヘイ!

Paul: Joey!
 ジョーイ!(言ってハグするというより抱き上げる)

Joey: Whoa-whoa-hey-hey! Hi, Paul, is it?
 ウワオ、ウワ・・ヘイヘイ! やぁ、ポール、だったよね?

Chandler: Do you have my credit card?
 おまえ俺のクレジットカード持ってない?

Joey: Yes, it’s in my… In…in my pocket. . . My back pocket! My back pocket!
 ああ、おれの・・おれのポケットに・・(抱かれたジョーイのポケットを探すチャンドラー)後ろのポケットだよ。後ろのポケット!

Chandler: Thank God!
 (カードを出し)助かった!

Joey: Oh, hey, listen, I got us tickets to a Knicks game tonight.
 あ、なあ、おい、ニックスの今夜のチケットがあるんだよ。

Chandler: Oh, I can’t go.
 ああ、俺は行けない。

Joey: Come on! It’ll be fun! Me, you, and Ross, and… Paul, probably…
 何だよ。楽しいぞ! 俺と、ロスと、それから、ポールもかな。

《宝石店:フィービーが他の指輪を持って待っている》

Phoebe: Chandler, I found the perfect ring.
 チャンドラー、完璧な指輪を見つけておいたわ。

Chandler: Oh, that’s uh, that’s pretty nice but I’m gonna go with the one I picked first.
 ああ、それは・・それはいいね、だけど、俺は最初に選んだやつでいくよ。

Phoebe: Oh, my God, Chandler, the one you picked is gone. It’s over!
 ああ、チャンドラー、あなたが選んだのは、なくなっちゃったの。もうおしまいよ!

Chandler: What?
 え?

Phoebe: Some guy bought it. I’m sorry. I tried to stop it but they put me in jail!
 買ってっちゃった人がいるのよ。ごめんなさい。止めようとしたんだけど、檻に入れられちゃったのよ!

Chandler: They put you in jail?
 檻に入れられた?

Phoebe: The little jail between the doors!
 そこのドアの間の小さな檻。

Chandler: Phoebe, I asked you to guard the ring!
 フィービー、あの指輪を見ててって頼んだじゃないか!

Phoebe: I know, I’m sorry! But you know, this ring is better! Monica never even saw the other ring.
 わかってる。ごめんね! でもね、この指輪の方がいいわよ。モニカは他の指輪のことは知らないんだし。

Chandler: Yeah, but when he proposed to me with the ring I got goose bumps.
 ああ、だけど、彼があの指輪を持ってプロポーズをして見せたとき、鳥肌がたったんだよ。

Phoebe: Maybe it was the guy.
 もしかしてあの人のせいかも。

Chandler: It was the ring!
 指輪だ!

《セントラルパーク:ジョーイが来る》

Ross: Hey! So uh, was he excited about the tickets?
 やぁ! それで? 彼はチケット喜んでた?

Joey: No! He blew us off!
 いいや! 彼は行かないって!

Ross: What?!
 なんだって!

Joey: I know!
 そうなんだよ!

Ross: I can’t believe it. Can I tell you something? I’m a little mad at him now.
 信じられないな。言っていい? もう彼には腹が立ってきたよ。

Joey: Can I tell you something? Me too.
 俺も言っていいか? 俺もだ。

Ross: You know what? He didn’t want to talk to us about being angry, well, maybe we don’t talk to him at all!
 なぁ、怒ってることを話そうとしないなら、僕たちも彼とまったく話すのをやめよう。

Joey: Ooooh! Freeze him out.
 おおお! 仲間はずれだな。

Ross: That’s right!
 そうだよ!

Joey: I like it!
 それいいな!

Ross: Eh? We’ll show him!
 だろ? どうなるか見せてやるんだ。

Joey: From now on, it’s gonna be Joey and Ross, best friends. . .Okay! We’re gonna be the new Joey and Chandler.
 これからは、親友・ジョーイとロスだ。(握手)よーし! 俺たちは、新しい「ジョーイとチャンドラー」だ。

《ジョーイの部屋:レイチェルが戻る》

Rachel: Hi. I’m back.
 ハーイ。戻ったわよ。

Paul: Hey! I have so much more to tell you, I’ve written it all down!
 やぁ! まだ君に話すことがたくさんあるよ。みんな書き出してみたんだ!

Rachel: Ah, that’s great. No, actually that’s… That’s great! That’s really great! You know, I gotta tell you, writing, I mean writing, gets me uh, gets me kinda hot.
 わぁ、それはいいわね。いえ、実際それって・・いいわね! 本当にいいわ! ねぇ、思うんだけど、書く事って、ね、書いてるってことで、なんか私、ホットになってきちゃった。

Paul: Wait! Wait! Listen! Listen to this! You know what I wanted to be when I was that age?
 待て待て! 聞いて、これを聞いてくれ。(ページをめくり)この年に僕が何になりたかったかわかる?

Rachel: A lover?
 恋人?

Paul: A surfer.
 サーファーなんだ。

Rachel: Oh, yeah, surfer?
 ああ、そう、サーファー?

Paul: I wanted to be one with the waves, you know ?
 波と一つになりたかったんだよ。

Rachel: Okay, hold on real quick, hold on a second let me just uh, get a little more comfortable here. Wait, now wait a second, this isn’t too revealing, is it?
 そう。ほんのちょっと待って。ちょっとだけ待ってね、私ちょっと・・(カウンターに座り胸のボタンを外す)もうちょっとくつろぎたいから・・待って。ちょっと待って、これってちょっと出しすぎかしら?

Paul: No. What ever happened to that little dude. So full of dreams…
 (目もくれず)いや。この小さな子に起きたことはというとだね、夢にあふれた・・

Rachel: I don’t care about the little dude! I can’t! I cannot listen to anymore of this! You know, the only person who would want to listen to this is a mental health professional! And then it’s only because they get paid $100 an hour! Do you know how much money I could’ve made listening to you? $2,000! And do you know when I figured that out? While you were talking!
 その小さな子のことはもうどうでもいいわ! もう無理! もうこれ以上聞いてられない! これを聞きたいと思うのは、メンタルヘルスのプロだけよ。それも、1時間に100ドルもらえるからよ! あなたの話をこれだけ聞いて、私いくらぐらいもらえたはずかわかる? 2,000ドルよ! いつそれを計算したと思う? あなたが話してる間によ!

Paul: What?! I can’t believe you’re trying to stifle me! When just 14 hours ago we figured out that that is exactly what my mother was trying to do to me!
 なんだって? 信じられない。君まで僕を抑え込もうとするなんて! 僕が14時間前に話したよね、それはまさしく母が僕にしようとしたことだ。

Rachel: Oh… I’m sorry. I… I-I don’t mean−I didn’t mean to stifle you. I… This is all just a little overwhelming.
 ああ、ごめんなさい。そういう・・あなたを抑え込むようなつもりじゃなくて、ただ私、もうこのすべてが、もういっぱいいっぱいで、圧倒されちゃったのよ。

Paul: Oh, Rachel, I’m so sorry. I didn’t mean to overwhelm you. It’s just that, when those gates open, you… Hard to close them. But they are closed now. Believe me.
 ああ、レイチェル、ごめんよ。君を圧倒させてしまうつおりはなかったんだ。ただ一度心を開いてしまったら・・・(我慢)閉じるのが難しくて。。でももう閉じたよ。大丈夫。

Rachel: I’m so glad, I’m so glad you shared. And I’m glad that you’re done. What do you say we umm…
 嬉しいわ。分かち合ってくれて嬉しいわ。そして、もうそれが済んで嬉しいわ。じゃあ私達、ね・・

Paul: I would really like that.
 それはいいね(キス)

《レイチェルの寝室》

Paul: That was…so good.
 もう・・すごく・・よかった・・(泣き出す)

《モニカ達の部屋:気に入らない指輪を持っているチャンドラー》

Phoebe: Hey.
 ハーイ。。

Chandler: I can’t believe I let you talk me into buying this stupid gumball machine looking ring!
 君に言われるままに、こんなバカなガムボールマシンみたいな指輪買っちゃうなんて信じられないよ!

Phoebe: It’s not a stupid gumball machine looking ring! It’s a beautiful ring!
 バカなガムボールマシーンみたいな指輪じゃないわよ! 美しい指輪だわ!

Chandler: No, it’s not! When I looked at the other ring I could see Monica’s face when I gave it to her, you know ? And I could see her saying yes. When I look at this ring, all I see is a ring! Unless I look at it really closely and then I can see my own eye. . . Look, this is the most important thing I’m gonna do in my life. I wanna make sure it’s perfect.
 いや、ダメだよ。あの指輪を見たとき、それを渡した時のモニカの顔が思い浮かべることができたんだよ。それに、彼女がイエスって言ってくれるところも見えたんだ。この指輪を見ても、ただの指輪でしかないんだよ。ただ、すごく近くから見ると、自分の目が見えるんだけどね。(近くから覗いて笑い出す)なぁ、これは、俺の人生で一番大事なことなんだよ。完璧にしたいんだよ。

Phoebe: Okay. There may be a way that we can get the other ring back. ‘Cause I heard the guy tell the jeweler where he was going to propose. So maybe we can get him to trade rings or something.
 そうね。もしかしたら、あの指輪を取り戻せるかもしれないわよ。買った人がどこで彼女にプロポーズするか聞いたから、指輪を交換してって頼めるかもよ。

Chandler: I can’t do that.
 そんなことできないよ。

Phoebe: Well, you certainly can’t give her that stupid gumball ring.
 だけど、あのバカみたいなガムボールっぽい指輪はあげられないんでしょ。

《そのレストラン》

Phoebe: There he is!
 あ、あの人よ。

Chandler: Okay, and he hasn’t proposed yet because she has no ring on her finger.
 よし、彼女の手に指輪が無いとこ見ると、プロポーズはまだだな。

Phoebe: Wow! You’re good! After this, we should solve crimes.
 ワオ! すごいわね。これが済んだら犯罪も解決しようね。

Chandler: Yeah! Okay, go, go, go get him.
 だな。よし、行って行って! 彼連れてきて。

Phoebe: Oh, okay. . . Excuse me, sir? Could you come with me please? You have a phone call.
 わかった。(男性に近づき)すみません、こちらに来ていただけます? お電話です。

Customer: Who is it?
 だれから?

Phoebe: It is your office.
 あなたの会社からですよ。

Customer: Do you know who at my office?
 会社の誰かわかる?

Phoebe: John?
 ・・ジョン?

Customer: Oh, John! Great!
 ああ、ジョンね、わかったよ。

Phoebe: There he is.
 (チャンドラーに)連れてきたわよ。

Chandler: Hi! Hi. Okay, there was a slight mix-up at the jewelry store, the ring you’re about to propose with was supposed to be held for me. So, I’m gonna need to have that back. But, in exchange I’m willing to trade you this beautiful, more expensive ring.
 やぁ、どうも。あのですね、あの宝石店でちょっとした手違いがありまして、あなたがプロポーズで渡そうとしてる指輪、僕が買うはずだったんですよ。それで、それを取り戻したくてですね、それで、この美しくて、もっと高価な指輪と交換していただけませんか。

Phoebe: Wow! I would trade.
 ワオ! 私なら交換するわ。

Customer: It is beautiful, but I’m gonna use this one. Now, if you’ll excuse me.
 きれいだね。だけどやっぱり僕はこれにするよ。じゃ、失礼。

Chandler: No-no! This is my fiancee, and her heart was set on that ring. You don’t want to break her heart now, do you?
 いやいや、こちら僕のフィアンセなんですが、彼女はこの指輪と心に決めてしまってるんですよ。彼女のこと悲しませたくないですよね?

Phoebe: Yeah, do you want to break a dying woman’s heart?
 そうよ。あなた、死んで行く女を悲しませたいの?

Customer: You’re dying?!
 君、死ぬの?

(フィービーが咳き込む)
Chandler: Yeah, she’s dying… of a cough, apparently.
 ああ、そう。彼女はどうやら咳で死ぬんだよ。

Phoebe: Yes, and it is my dying wish to have that ring. See, if I’m not buried with that ring then my spirit is going to wander the nether world for all eternity…
 そうよ。この指輪が欲しいというのが死に際の願いなのよ。ね、だからこの指輪をつけて埋葬されなかったら、私の魂は天国へ行けず永遠にさまよって・・

Chandler: Okay, that’s enough, honey!
 わかった、もういいよ、ハニー。

Customer: I don’t know. . Let me see the ring.
 どうしようかな・・その指輪を見せて。

Chandler: Great! Okay, here.
 よかった! はい、どうぞ。

Customer: All right.
 わかったよ。

Chandler: Thank you. Thank you. Thank you! . .And you are about to marry a wonderful man!. . .Hey! I’m marrying a dead woman!
 ありがとう、ありがとう、ありがとう! (男性のガールフレンドに)あなたは素晴らしい男性と結婚しようとしてますね!(驚く女性、怒る男性)いや、僕は死にいく女性と結婚しようとしてるんだから。

《ジョーイの部屋;ロスとジョーイ。チャンドラーが来る》

Chandler: Guys? . . I’ve got something important to tell ya. . Guys? . . Guys?! . . I’m gonna ask Monica to marry me.
 なぁ(無視される)大事な話があるんだ。(無視してTVを見る2人)君たち?(TVを見続ける2人)君たち、なぁ、俺、モニカに結婚を申し込むことにしたんだ。

Joey: I think we gotta end the freeze out.
 (ロスに)仲間はずれやってる場合じゃなさそうだな。

Ross: Wait a minute, is this, is this for real?
 ちょっと待て、これ、これって、本当の話?

Chandler: Yeah, check out the ring.
 ああ。指輪を見てくれ。

Joey: Oh, my God!!
 オーマイゴッド!!

Ross: So you two are really serious!
 それじゃ君たち2人って本気だったんだな!

Chandler: Yep, pretty much.
 ああ、本当にね。

Ross: You-you’re gonna get married?! I mean… We’re gonna be brothers-in-law! Come here!
 君らが結婚するのか! 僕ら、義理の兄弟になるじゃないか! 来て!(ハグ)

Joey: And-and-and-and, and we’re gonna be friends again!
 そんでそんでそんで! 俺たちまた友達に戻れるよ!

Chandler: Hey−What?
 (ハグしたが)ヘイ、なんだって?

Joey: Oh, it’s water under the bridge, forget it!
 もう過ぎたことだよ、忘れろ!

Chandler: Okay! I was gonna wait till uh, it was official, you know? But I got so excited I just had to tell you guys because you’re my best friends.
 よし!(ハグ)正式に決まるまで黙っていたかったんだ。だけど、もう嬉しくて、君たちは親友だから、話したかったんだよ。

Joey: I think I’m gonna cry!
 俺泣きそうだよ。

(レイチェルが来る)
Rachel: Ugh! No more crying! Please! I just dumped one cry baby, I’ll dump you too!
 もうっ! 泣くのはもういいわよ! 勘弁して! 1人泣き虫を振ったとこなんだから。あなたもフルわよ。

Chandler: I’m gonna ask Monica to marry me.
 俺、モニカに結婚を申し込むことにした。

Rachel: Oh, my God! Oh, my God! Oh, Chandler!! (Hugs him.) You guys are gonna be so happy!
 なんてこと、なんてことなの! ああ、チャンドラー!(ハグ)あなた達すごい幸せになれるわよ!

Chandler: I know.
 そうだよね。

Joey: Where’s all the tissues?!
 ティッシュがないよ!

《ジョーイの部屋:続き》

Chandler: Check out the ring.
 指輪見て。

Rachel: Oh! Nice! One and a half carat easy.
 ああ! 素敵ね! 1,5カラットはあるわね。

(フィービーが来る)
Phoebe: Hi.
 ハーイ!

Ross: Hey-hey, Pheebs!
 ヘイヘイ! フィーブス!

Phoebe: Yeah?
 んん?

Ross: Chandler’s gonna ask Monica to marry him!
 チャンドラーがモニカに結婚を申し込むんだ!

Phoebe: Oh, I know, I helped pick out the ring.
 ああ、知ってるわ。私指輪選び手伝ったのよ。

Ross: You told her before you told us?
 (チャンドラーに)君、僕らより先に彼女に話したのか?

Chandler: Well, she walked in when I was looking at the ring brochures. You can understand that, right?. . . Guys? Guys?
 いや、指輪のカタログを見てる時に彼女が急に入ってきてさ。わかってくれるだろ、ね? (無視される)ねぇ、君たち?、ねえ?




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 19:58| Comment(0) | Season 6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。