2013年09月08日

5-24 The One In Vegas

5-24 べガスでの話 Part 2

 ☆恋人たちのべガス Part 2☆

(前回の回想)

Rachel: Previously on Friends.
 前回までのフレンズ

Chandler: Hey!
 (電話)ヘイ!

Joey: Don't come out here.
 (電話)ここへ来るなよ。

Monica: You can not tell Chandler, okay? I ran into Richard
 チャンドラーにいは言わないでね、いい? リチャードに会っちゃったの。

Phoebe: Which Richard?
 どのリチャード?

Monica: My ex-boyfriend, Richard.
 元彼のリチャードよ。

Chandler: Oh, this is the worse thing that can happen on an anniversary ever!
 ああ! こんなのアニバーサリーに起きそうなこととして最悪だよな!

Phoebe: Oh, good! All right, so you decided to tell him about the Richard thing. . . Oh no.
 ああ、よかった! それじゃリチャードのこと話すことにしたのね。

Chandler: You can not see him ever again.
 もう彼に会っちゃダメだ!

Monica: You can't tell me what to do.
 私にどうしろなんて言えないわよ。

Chandler: That's funny, because I think I just did.
 そりゃおかしいな。俺いま言ったよな!

Joey: I have found my identical hand twin.
 俺の双子の手を見つけた!

Chandler: What's an identical hand twin?
 双子の手って何だ?

Joey: It's a guy with my identical hands! I'm gonna be a millionaire.
 俺と同じ手を持ったやつがいるんだよ! 俺は百万長者になれるんだ!

Monica: Yay!!
 イエーイ!(カジノではしゃぐモニカを見るチャンドラー)

Rachel: You actually thought I wanted to have sex with you?
 ほんとに私があなたとセックスしたがってると思ったの?

Ross: No.
 いいや。

Ross: You know, last night was embarrassing for you too.
 昨日は君だって恥ずかしかったはずだよ。

Rachel: I just don't embarrass that easily.
 私はそんなに簡単に恥ずかしいなんて思わないもの。

(ここまで前回)

《カジノ:レイチェルとロスが到着》

Ross: I think the check in is that way.
 チェックインはあっちみたいだよ。

Rachel: Ahh.
 ああ。

(男の子がレイチェルを指差して笑う)
Rachel: Hello! . . Ohh, kids love me.
 ハロー! ああ、子供って私が好きなのね。

Phoebe: Hey!
 ハーイ!

Ross: Phoebe!
 フィービー!

Phoebe: You guys are here! Yay!
 着いたのね! イエーイ!

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Phoebe: What? Did you go to a costume party? Let me guess, umm Pancho Villa? And you're Bob Saget.
 何なの? コスチューム・パーティに行ってきたの? 当てるわよ、(レイチェルに)えーと、パンチョ・ビリャ? そしてあなたは(ロスに)ボブ・サゲット。

pancho.jpg(Pancho Villa = メキシコの革命家)
bobsaget.jpg(Bob Saget = ドラマ「フルハウス」に出演の俳優)

Rachel: Pancho Villa?
 パンチョ・ビリャ?

Phoebe: Yeah!
 ええ!

Rachel: What are you talking about, Pheebs? . . I don't… Oh, my God, you drew on me?!
 何を言ってるのよ、フィーブス?私は・・(コンパクトを出して見る)オーマイゴッド!! 私に落書きしたの?!

Ross: Hey, you wet my pants!
 君は僕のズボンを濡らしたじゃないか!

Phoebe: Whoa, what kind of party was this?
 ワオ! どんなパーティよ?

Rachel: Ross, I have been walking around like this since the plane! I can−you have so crossed a line.
 ロス、私、空港からこの顔で歩き回ってきたのね! もう・・あなた完全にこれはやりすぎよ。(立ち去る)

Ross: Rach! Wait! The men's room is that way.
 レイチ! 待って! 男性用トイレはこっちだよ。

(フィービーの遊んでいたスロットマシーンに座った女性が当てる)
Phoebe: Ugh!
 もうっ!

Ross: What?
 なに?

Phoebe: That's like the third time that lady's won on a machine I was playing.
 私が賭けてたスロットであの女の人が勝ったの、もう3回目ぐらいよ。

Ross: Oooohhh, I'll bet she's one of those people.
 ああぁ! もう、あんな人間がいるんだよ。

Phoebe: M-M-Mole people?
 (聞き間違い)も・・もぐら人間?

Ross: What? No-no, a lurker.
 はい? いや、ラーカーだよ。

Phoebe: Oh. What's a lurker?
 ラーカーって何?

Ross: Okay, when you're playing a machine and it hasn't paid out, a lurker waits for you to give up and then…
 スロットがなかなか当たらなくて、プレイしてる人があきらめるのを待ってるんだよ。そして・・

Phoebe: Kills you?
 殺すの?

Ross: No. They swoop in and steal your jackpot.
 違うよ。そこにすわって当てるんだよ。

Phoebe: Oh!
 まぁ!

Ross: Uh-hmm.
 そう。

Phoebe: How do you know about this?
 どうして知ってるの?

Ross: My nana used to do it. That's how she paid for all my dance−karate lessons.
 おばあちゃんがやってたんだ。そのお金で僕のダンス・・カラテ教室代を払ってくれたんだ。

Phoebe: Dance karate?
 ダンスカラテ?

Ross: Yes, it's a deadly but beautiful sport.
 そう。恐ろしくて、でも美しいスポーツなんだ。

(バスルームから戻るレイチェル)
Rachel: It won't come off!
 落ちない!

Ross: What?!
 えっ?

Rachel: It won't come off!
 落ちないのよ!

Ross: Oh, my God! Rach-Rach, are-are-are you sure?
 そんな! レイチ、レイチ、本当?

Rachel: No, actually I took it off then I drew it back on.
 ううん、実はね、取れたんだけど、もう一度描いたの。

(ジョーイが来る)
Joey: Hey-hey-hey, you made it!
 ヘイヘイ! 来てくれたね!

Ross: Joey!!
 ジョーイ!

Joey: All right! Hey-hey!
 よーし! 来たな。

Rachel: Hi!!
 ハーイ!

Joey: Who's your friend? He's hot!
 (ロスに)この人おまえの友達? ハンサムだね!

Ross: Thanks, man.
 ありがと!

Rachel: Hi.
 ハーイ!

Ross: Hey, listen, I uh, talked to Chandler, sorry about the movie.
 なぁ、チャンドラーから聞いたよ。映画のこと、残念だったな。

Joey: No, don't be sorry. I don't need it anymore. I found my identical hand twin!
 いや、いいんだよ。もう必要ないんだ。俺はふたごの手を見つけたんだよ!

Ross: Your what?
 何だって?

Joey: My identical hand twin! The person whose hands are exactly like mine! This thing is a gold mine!
 俺のふたごの手だよ! 俺とまったく同じ手を持った人だよ! 金のなる木だよ!

Ross: What?! That's not gonna make you any money!
 なに? そんなことでお金なんてもうからないぞ。

Joey: Okay. Well, if that's how you feel about it, fine! None of you get to live with me in my great big hand-shaped mansion! Except you, Pheebs. You can live in the thumb.
 いいよ。そう思うならそれでいいさ! 誰も俺の手の形の邸宅に住まわせないからな! 君は違うよ、フィーブス。君は親指に住んでいいよ。

《カジノのモニカ:荷物を持ったチャンドラーが近づく》

Monica: All right baby, come on! Yes! Yes! I am on fire!
 いいわよ、ベイビー、来なさいっての! やった! やった! 私ったら絶好調!!

Chandler: See you later, Mon.
 じゃあな、モン。

Monica: Wait, Chandler, what are you doing?!
 待って、チャンドラー、何してるの?

Chandler: What does it look like? I'm going home.
 どう見える? 帰るんだよ。

Monica: What? Wait! Why? Chandler! Chandler! Wait! I’m sorry, I was just playing for one second! I was trying to find you to tell you that, look, if you don't want me to see Richard again, I won't! He means nothing to me!
 えっ? 待って! どうして? チャンドラー! チャンドラー” 待って! ごめんなさい。ちょっと遊んだだけなのよ! あなたを探したのよ。ね、もしあなたがイヤなら、もうリチャードに会わないわ。ホントよ! 私にはもう何の意味もないわ!

Chandler: Come on! I was there! I know he's the love of your life.
 何を言うんだ! 俺は見てきたんだぞ! 彼が君のすべてだって知ってるんだ。

Monica: Not any more.
 もう違うわ。

Chandler: Really?!
 本当?

Monica: Really! All right? Let's forget about this going home stuff and celebrate our anniversary. . . Okay, this is empty.
 本当よ! いい? 帰るなんて言わないで、アニバーサリーを祝いましょう。(彼のバッグを持つ)あら、これ空じゃない。

Chandler: Yeah, I wanted to make a dramatic scene, but I hate packing.
 ああ、効果的演出をしたかったけど、荷造りが面倒でさ。

《ブラックジャックのテーブル:女性がディーラーをしている》

Joey: Uhh, hey. Where's the other guy?
 ねぇ、もう1人の男の人は?

The Woman Dealer: Which guy?
 どの人?

Joey: He's kinda tall, dark hair, hand looks exactly like this. . See?
 背が高くて、髪は黒くて、俺とまったく同じ手の人。(手を見せ)ほら。

The Woman Dealer: I don't know about the hands, but the guy that was here before me just went to the restroom.
 手のことは知らないけど、私の前にここにいた人はトイレに行ったわよ。

Joey: Okay! . . How you doing?
 そうか!(立ち去りかけて振り返り)元気?

The Woman Dealer: Very busy.
 すごく忙しい。

Joey: Right! Okay.
 そうか。じゃ。

《ロスとレイチェルがいる部屋》

Ross: Yes, hello. I have a question. Umm, I used your pen to draw on my friend's face. . . . A beard and a mustache. . . Thank you. . No, she didn't think so. . . . I know! It's like . . anyway, umm well, make-up didn't cover it and we've tried everything to get it off and nothing's worked. What-what do we do? . . . Yeah. . Uh-huh. . Yeah. . Oh! Okay. . . Okay, thank you! . . Yeah, it's not coming off.
 はい、どうも。聞きたいことがあるんです。そちらのペンを使って友達の顔に描いたんですよ・・・口ひげと顎ヒゲ。(笑)ありがとう・・いや、彼女はそう思ってないですね・・・でしょう?! もうこれは・・(我に返り)とにかく、メイクをしても隠せないし、いろいろ試したんだけど何をしても消えないんですよ。どうしたらいいでしょう? ・・ええ・・はい・・ええ。。ああ! わかりました・・はい、どうもありがとう! (電話を切り)うん。落ちないって。

Rachel: What?! What else did he say?
 えっ?! その人、他になんて言ってた?

Ross: Umm, he said he thought I was funny. So. . . Okay, look-look umm, let's just go downstairs, we'll have some fun, and you will forget all about it.
 僕のことおもしろいって。それで・・。ね、とにかく下へ行って楽しもうよ。そしてこんなこと忘れるんだよ。

Rachel: Ross, no! There is no way I am leaving this room looking like this!
 ロス、いやよ! こんな顔して部屋を出られるわけがないわ!

Ross: Oh, come on! Rach, it's-it's not that bad.
 そんなことないって! レイチ、そんなひどくないよ。

Rachel: Ross, I am a human doodle!!
 ロス! 私、顔が落書きボードなのよ!

Ross: Look, just because some idiot drew on your face doesn't mean you shouldn't have any fun! Okay? And besides, hey-hey-hey no one is even gonna look at you. Okay? This is Vegas! Hello! There are tons of other freaks here! . . There are tons…of…freaks here. No other. No. Come on! No one will notice, I swear!
 ね、どっかのバカに落書きされたからって、楽しめないわけじゃないよ! ね? それに、誰も君を見たりしないって。ね? ここはべガスなんだ。だろ? おかしな人は他にもいっぱいいるよ! ・・・おかしな人はいっぱいいるよ。「他にも」はなし。なし。ね! 誰も気づかないって。絶対!
(2人で出て行く)

《時間経過:戻ってくる2人》

Ross: Okay, there was some staring and pointing.
 うん。ジロジロ見る人とか指差す人がいたね。

Rachel: Okay, I need a, I need a drink!
 もう、飲み物がほしい!(冷蔵庫を見る)

Ross: Oh, hey you know, they-they really overcharge you for that stuff. . But who cares?! Because it's all on me! . . That is, one big drink!
 あっ、ねえ、それはほら、すごく高いよね。・・だけど構うもんか! 全部僕が払うんだもんね!(レイチェルがたくさんミニボトルを出す)それはすごい量だね。

Rachel: Macadamia nut?
 マカダミアナッツは?

Ross: Umm… Wow! That's-that's some pricey nut!
 ワオ! すごい高いな!

Rachel: Hm-mmm!
 あっそう。(缶を開ける)

Ross: Really like those Macadamia nuts, huh?
 相当マカダミアナッツが好きなんだね?

Rachel: Nope!
 全然!(加えては吹き飛ばす)

《カジノのフィービー》

Phoebe: Get out of here, you lurker! . . Go on! Get!
 あっちへ行ってよ、ラーカー! 行って! 行け!

(チャンドラーとモニカが来る)
Chandler: Hey, Pheebs!
 やぁ、フィーブス。

Phoebe: Ohh! You made up!
 ああ! 仲直りしたのね!

Monica: Yeah, I couldn't be mad at him for too long.
 ええ。彼にはいつまでも怒ってられないの。

Chandler: Yeah, she couldn't live without the Chan Love.
 そう。彼女はチャンの愛なしでは生きていけないんだよ。(キス)

Phoebe: Ohh, get a room.
 ああ・・部屋とって。

Monica: We have one.
 あるわよ。

Phoebe: I know. Use it.
 知ってる。使って。

《男性トイレ:ふたご手の人が手を洗っている》

Joey: Oh-oh-oh, yeah! That's right, you take good care of those babies!
 ああ、そうそう! そうだね。その子達はよく手入れしないとね!(ペーパータオルを渡す)

Joey's Hand Twin: Excuse me?
 なんです?

Joey: It's me, Joey!
 俺、ジョーイだよ!

Joey's Hand Twin: Do I know you?
 知ってましたっけ?

Joey: Joey!
 (手を見せ)ジョーイ!

Joey's Hand Twin: Oh-ho, yeah. Yeah, the hand guy.
 ああ、わかった。手の人ね。

Joey: Okay, so what are we going to do about this hand twin thing?!
 それで、このふたごの手で何をする?

Joey's Hand Twin: Nothing.
 何も。

Joey: Look, you and I have been given a gift. Okay? We have to do something with it. Like-like, hand modeling! Huh? Or-or magic! And you know, NASA's gonna wanna talk to us!
 いいかい、この手は授かり物なんだよ。わかる? これで何かしなきゃダメだ。例えば、手のモデルとか! それかマジック! それにNASAだって話を聞きにくるかも!

Joey's Hand Twin: I have to get back to…
 もう行かないと。(出て行こうとする)

Joey: Whoa! Whoa! Whoa! Whoa-whoa! We could have our own show! You know, we could clap our hands together, people will love it! Huh? And-and-and I wrote a song for us! . . This hand is your hand! This hand is my hand! Oh, wait, that's your hand! No, wait, it's my hand!
 おいおいおい! ちょっとちょっと! 俺たち2人でショーができるんだぞ! 2人で手を叩くとか。みんな喜ぶぞ! え? それに、歌も作ったんだ。(歌う)この手は君の手! この手は僕の手! あ、待てよ、それは君の手だった! いや待て、僕の手だ!

(元歌です)

Joey's Hand Twin: That's okay.
 けっこうだよ。(出て行く)

Joey: But you haven't even heard the chorus!
 でもまだコーラスのとこ聞いてないじゃん!!

《ロス達の部屋》

Rachel: Oh, my God, I'm starting to look like my great aunt, Muriel.
 (鏡を見て)まぁ。私、ミュリエルおばさんに似てきた。

Ross: All right. You know what? We don’t have to go downstairs! We can bring Vegas up to us! All right, come on, come on, we'll play some blackjack. Here we go. . 13.
 よし、そうだ。下へ行くことないよ! べガスをこっちへ持ってくればいいんだよ! よし、ほらほら。ブラックジャックをしよう。さぁいくぞ・・・13。

Rachel: Hit me!
 もう一枚。

Ross: Oohh, 23. . . Which is what we play to at this casino! You win 10 dollars!
 ああ、23だ。(負けだが、睨まれて)ってのは僕らのカジノでは勝ちだね! 10ドル勝ち!

Rachel: I bet 20.
 私20ドル賭けたわ。

Ross: Right!
 そうだった!(払う)

《クラップスをするモニカとレイチェル》

Monica: A new pair of shoes for the Chan-Chan man! . . Yes!
 チャンチャンに新しい靴を! (ダイスを転がす)やった!!

Chandler: Yes! I've-I've never seen a roll like this in my life!
 よし! あんなふうにダイスを転がすの生まれて初めて見たよ!

Monica: That's right, baby! Okay, what do I want now?
 そうよ、ベイビー! さぁ、次は何を出したい?

Chandler: Okay, ah umm, ah, a 8. Ah, a 6?
 よし、えーっと・・あー、8。いや、6?

Monica: Pick a number! That is your only job!
 数字決めて! それだけでいいんだから!

Chandler: 8. 8!
 8。8!

Monica: Thank you!
 ありがと!

Chandler: If you get this one, we buy everybody here a steak dinner!
 もしこれを当てたら、みんなにステーキをおごるぞ!

All: Yay!!
 イエーイ!

The Croupier: 8!
 8!

Monica: Yes!
 やった!

All: Yay!!
 イエーイ!

Monica: We're not really gonna buy these people steak dinners are we?
 (チャンドラーに)私たち本当にこの人達にステーキおごらないわよね?

Chandler: Noo!
 もちろん!

Monica: Okay, good! Okay, what do I want now?
 よかった! じゃあ、次は何?

Chandler: Ahh, ooh, try a hard 8.
 ああ・・・うー・・ハード8いってみよう。

Monica: What?
 なに?

Chandler: Two fours.
 4を2つ。

Monica: Okay.
 わかった。

The Croupier: 8!:
 8!

A Drunken Gambler: Don't you let her go! You're a lucky guy!
 (チャンドラーに)彼女を手放すなよ! おまえはついてるな!

Chandler: Thank you, Mister Drunken Gambler! Okay, you get this and uh, we get the biggest suite in the place! . . Wait-wait-wait-wait! We, get the biggest suite in the place.
 ありがとう、酔っぱらいギャンブラーさん! よし、今度勝ったら、ここで一番大きいスイートに泊まろう!(みんな喜ぶ) 待て待て待て! 僕ら(自分たち2人をさして)が、ここで一番大きいスイートに泊まる。

Monica: All right, biggest suite in the place. Come on!
 いいわ。ここで一番大きなスイートね。来い!(ダイスを転がす)

Chandler: Yes!! I love you! I can't even remember what we were fighting about!
 よし! 愛してるよ! 何でケンカしたのかさえ思い出せないよ。

Monica: Oh, that's because I had lunch with Rich−Me neither! Okay, what do I want now?
 ああ、それは私がお昼をリチ・・私も思い出せない! さぁ、次はなに?

Chandler: Another hard 8.
 もう一回ハード8。

Monica: Hard 8?! We should call it easy 8!
 ハード8? イージー8でいいわよ!

Chandler: Okay, okay, I tell you what. You roll another hard eight, and we get married here tonight.
 よし、いいかい。もし君がもう一度ハード8を出したら・・俺たちここで今夜結婚しよう。

Drunken Gambler: Go! Come on! Roll!
 行け! 早く! 転がせ!

All: Roll-roll!!
 転がせ! 転がせ!

Monica: Shut up!! It just got interesting!
 黙って! 今おもしろくなってきたとこよ!

《カジノ・続き》

Monica: What did you just say?
 今なんて言った?

Chandler: You roll another hard eight and we get married here tonight.
 もう一度ハード8を出したら、今夜ここで結婚しよう。

Monica: Are you serious?!
 本気で言ってるの?

Chandler: Yes! I love you! I've never loved anybody as much as I love you.
 ああ! 君を愛してる! こんなに人を愛したことないよ!

Monica: I've never loved anybody as much as I love you.
 私もこんなに人を愛したことないわ。

Chandler: Okay, so if an eight comes up, we take it as a sign and we do it! . . What do you say?
 よし。それじゃ、8が来たら、それをサインとして、結婚しよう! どう?

Monica: Okay!
 いいわ!

Chandler: Okay! Come on! Let's go! All right!
 よし! さぁ! 行くぞ! よーし!

(モニカが転がし、一つ台から落ちる)
Chandler: Okay! That's a four! And where-where's the other one?
 よし! それは4だな。もう一つはどこだ?

Drunken Gambler: It went under the table.
 テーブルの下に落ちたよ。

Monica: Nobody move! Okay, you look that way. I'll look this way!
 誰も動かないで! (チャンドラーに)あなたは、そっちを見て。私はこっちを見る!

Chandler: All right! . . . Here it is! Here it is!
 よし! あったぞ! ここにある!(テーブルの足にひっかかって斜めになっている)

Monica: That could be a four or a five. It's your call.
 それは4とも5とも言えるわね。あなたが決めて。

Chandler: It's a four.
 4だよ。

Monica: I think so too.
 私もそう思うわ。(キス)



《スロットをするフィービー》

Phoebe: Oh, well, lost again. . . That's it! You and me, outside!
 ああ、また負けたわ。(ラーカー婦人が座る)これまでよ! 外へ出なさい!

The Lurker: I don't want to see you lose a chunk of that pretty blond hair!
 そのきれいなブロンドの髪を失うとこ見たくないんだけど!

(軽く叩き合う2人。ガードマンが来るのに気づいて)
Phoebe: Be cool! Okay, lady, your lurking days are over!
 何でもないフリして。(ガードマン通過)いいこと? あなたのラーカー人生はもう終わりよ!

The Lurker: What?!
 なんですって?

Phoebe: Yeah, from now on everyone you lurk, I'm gonna lurk first! You move on to someone else, I'm gonna be one step ahead of you, every single time! And then I'll be on your ass every hour of every day till Monday, because that's when I go home. When do you leave?
 そうよ。これからは、あなたが潜む先々へ私が先回りするわよ! 誰か別の人のところへ行ったら、私が一歩先に行きますからね! あなたのことずっと見はってるわよ。ずっと毎日、月曜日までね! その日に私帰るから。あなたはいつ帰るの?

The Lurker: Also Monday.
 私も月曜日。

Phoebe: What time? Maybe we can share a cab!
 何時? 一緒にタクシー乗れるかも!

《ロス達の部屋:ブラックジャックをする2人》

Rachel: Hit me. . . Hit me. . . Hit me. . . Hit me. . . Hit me. . . Hit me. . . Hit me.
 もう一枚。もう一枚。もう一枚。もう一枚。もう一枚。もう一枚。もう一枚。

Ross: We need more cards.
 カードが足りないよ。

Rachel: Yeah, and also we need more umm, drinks. Hold on a second. . Whup, okay. . . Hello! Vegas? Yeah, we would like some more alcohol, and you know what else? We would like some more beers. Hello? Ohh, I forgot to dial!
 そうね、それに飲み物ももっとほしいわね。ちょっと待ってよ・・(ふらつく)うわっ、よし・・(電話を取り)もしもし、ベガス? もっとアルコールが欲しいのよ。それからね、もっとビールが欲しいわ。もしもし? あら! ダイヤルするの忘れてたわ!

(ノックの音)
Ross: That must be our alcohol and beers!
 きっとアルコールとビールだ!(ドアを開ける)

Joey: Hey!
 ヘイ!

Ross: Ohh, it's Joey! I love Joey!
 ああ、ジョーイだ! ジョーイ大好き!

Rachel: Ohh, I love Joey! Joey lives with a duck!
 ああ、私もジョーイ大好き! ダックと住んでるジョーイ!

Joey: Hi!
 ハーイ!

Rachel: Hey!
 ヘイ!

Joey: Look-look-look, you guys, I need some help! Okay? Someone is going to have to convince my hand twin to cooperate!
 聞いてくれよ、助けがいるんだ! いい? 俺のふたごの手の人に協力してくれるように説得してほしいんだ!

Ross: I'll do it. Hey, whatever you need me to do, I'm your man. . . Whoa-oh-whoa! Are you, are you okay?
 僕がやるよ。ね、君が必要なことなら何でもするよ。僕に任せて(椅子のないところに座り)うわっ! うわ! きみ、大丈夫?

Joey: Yeah! I'm fine! Thanks! . . . Hey, Rach, how you doin'?
 ああ、大丈夫! ありがと!(出て行こうとして立ち止まり)ヘイ、レイチ、元気ぃ?

Rachel: I'm doin' good, baby. How you doin'?
 元気よ、ベイビー。あなたは元気ぃ?

Joey: Ross, don't let her drink anymore!
 ロス、これ以上飲ませるな!

Ross: Ohh, here's that Macadamia nut!
 わーい、マカダミアナッツ見つけた!(口に入れる)

Rachel: Ohhh!!
 おお!

Ross: Nope! Something else.
 違った! 何か別物だ。

Rachel: Oops! All right, so what do you want to do now?
 あらま! さぁ、今度は何をする?

Ross: I wanna get out of the room! You know, I…I really miss downstairs.
 部屋から出たいよ! すっごく下が恋しいよ。

Rachel: Okay, you know what? There's only one way I'm leaving this hotel room.
 そう。じゃあね、一つだけこの部屋から出る方法があるわ。

《カジノを腕を組んで歩くロスとレイチェル》

Ross: Well, hello! I'm Ross!
 (黒い鼻、ネコヒゲを描いて)ハロー! 僕はロスだよー!

Rachel: Good luck to ya!
 頑張ってねっ!

Ross: Excuse me sir, you've got a little something.
 ちょっと失礼、あなた何かついてますよ(大笑)

Rachel: Wow!
 (裸の彫像を見て)ワオ!

Ross: Hello!
 (彫像におじぎ)ハロー!

Rachel: Hello!
 (彫像におじぎ)ハロー!

Ross and Rachel: (bowing) Hello!
 (彫像におじぎ)ハロー!

《スロットマシンのフィービー:諦めたフリをして、ラーカーがコインを入れたところでフィービーがレバーを下ろすと当たる》

Phoebe: I won! I won! I finally won!
 勝ったわ! 当たったわ! ついにやった!

The Lurker: I won! That was my quarter!
 私が当てたのよ! 私のコインだったのに!

Phoebe: Fine! Here! Take a hike, toots!
 わかったわよ! ほら(コインを渡す)もう行って、おねえさん!

(take a hike = 行け。去れ。)

The Lurker: Excuse me, sir! This lady played my quarter, this is my money.
 (ガードマンに)ちょっとすみません! この人が私のコインでプレイをしたのよ。私のお金よ。

The Security Guard: Is that true, miss?
 本当ですか?

Phoebe: Sells drugs to kids.
 (こっそり)子供にドラッグを売ってる。

The Security Guard: What?!
 は?

Phoebe: She sells drugs to kids.
 彼女は子供にドラッグを売ってるのよ。

The Lurker: It was my quarter!
 あれは私のお金よ!

The Security Guard: Was it her quarter?
 彼女のお金だったんですか?

Phoebe: How about we talk about this over dinner?
 それについては、食事をしながら話し合わない?

The Security Guard: Okay, lady, you're out of here.
 もういい、お嬢さん、出て行ってください。(腕をつかむ)

Phoebe: No! No, you can't arrest me! No!! I won't go back! I won't go back to that hell hole!!
 イヤ! いやよ! 私を逮捕なんてさせないわよ! いや! 戻らないから! またあんな地獄へ行くのはいやよ!

The Security Guard: I'm just taking you outside!
 外へ出てもらうだけですよ!

Phoebe: Oh, okay.
 ああ、ならいいわ。

《ギフトショップのモニカとチャンドラー》

Monica: Okay, come on, I can't get married until I get something old, something new, something borrowed, and something blue.
 いい? ね、結婚するには、何か古いもの、新しいもの、借りたもの、それから何か青いものがないと。

Chandler: Okay, all right, all right, all right! Okay! Okay, here's something, here's something blue and new.
 よし、いいぞ、いいぞ、いいぞ! よし!(青いセーターを取る)よし、これで、何か青くて新しいものだ。

Monica: You're so efficient. I love you!
 効率いいわね! 愛してるわ!

Chandler: Let's go!
 行こう!

Monica: No-no-no! We need something old!
 ダメダメ! 何か古いものがいるわ。

Chandler: Ohh, great, I have condom in my wallet I've had since I was twelve.
 ああ、いいね。財布に12歳の時から入ってるコンドームがあるよ。

Monica: That'll work!
 それ使えるわ!

Chandler: I don't think so.
 使えるとは思えないよ。

Monica: Okay, now we just need something borrowed!
 さぁ、次は、何か借りたものよ!

Chandler: Here, just…take this.
 ほら、これを持っていくんだ。(セータをこっそり渡す)

Monica: That's stealing!
 泥棒じゃないの!

Chandler: No, we'll-we'll bring it back! Just put it under your dress.
 違うよ。後で返すんだ。ドレスの下に入れて。

Monica: Ohh.
 (ドレスの下に入れて妊婦みたいになる)ああ!

Chandler: Okay, one thing at a time.
 はい。一度にひとつずつ進もうね。

《ブラックジャックのテーブル:例の人がディーラー》

Joey: Ahhh!
 (座って)ああ!

Joey's Hand Twin: Are you gonna play?
 プレイしますか?

Joey: No-no, I don't really have any money. Not yet, anyway…
 いいや。もうお金がないから。いまはまだ、ないからね。

Joey's Hand Twin: You can't sit here if you're not gonna play.
 プレイしないなら座らないでください。

Joey: Ooh-ho-ho!
 (少しお金を出してプレイしつつ、手を見せて)おーほほぉぉ!

(フィービーがテーブルにつく)
Phoebe: Hello. My name is Regina Falangie. I'm a businesswoman in town on business. Would you like to see my card? Ooh, what did I do with my Filofax? I must've left it in conference room B.
 こんにちは、私はレジーナ・ファランジ。この町で働く女性よ。私の名刺見る? あら、システム手帳がないわ。きっと会議室Bに忘れてきたのね。

Joey's Hand Twin: 14.
 (ジョーイに)14。

Joey: Hit me! . .
 もう1枚。

Phoebe: Oh, my God! May I just say that you two gentlemen have the exact same hands! They're identical! Now, I've never seen anything like that in the business world.
 オーマイゴッド! あなた方お2人、同じ手をお持ちじゃありませんか! 瓜二つだわ。仕事の上でもそんなの見たことありませんわ。

Joey's Hand Twin: Stop it!
 やめてください!

Joey: Uhh, Ms. Falangie, may I ask you a question as an impartial person at-at this table?
 ミス・ファランジ、このテーブルにいる公平な立場として、お答えいただけますか?

Joey's Hand Twin: Please stop it!
 頼むからもうやめて!

Joey: Wouldn't you pay good money to see these identical hands showcased in some type of a uh, entertainment venue?
 エンターテインメントの世界で、こんな瓜二つの手を見るために、大金を支払われます?

Joey's Hand Twin: If you leave now, I will chop off my hand and give it to you!
 すぐどっか行ってくれたら、この手を切り取ってあなたにあげますよ!

(ガードマンが来る)
The Security Guard: Didn't I just throw you out of here?
 (フィービーに)外へ出てってもらいませんでしたか?

Phoebe: No, you threw out Phoebe. I'm Ms. Regina Falangie. Falangie!
 いいえ。あなたが追い出したのはフィービー。私はレジーナ・ファランジ、ファランジ!

The Security Guard: Come on, lady!
 来なさい、お嬢さん!

Joey's Hand Twin: Please, please take him too.
 お願い、頼むからこの人も連れてって。

Joey: Me?! Oh, come on, man! You can't do this! Come on! . . I'm your hand twin!!
 俺?! もう、何だよ! こんなことするなんて! おい!(追い出される)ふたごの手なのに!

《チャペル:モニカとチャンドラーが来る》

Chandler: Hello! One marriage please!
 こんにちは! 結婚ひとつお願いします!

Monica: Yep, we wanna get married!
 そうよ! 結婚したいの!

The Attendant: Well, there's a service in progress. Have a seat.
 ただいま結婚式が行われてますので。お座りください。

Chandler and Monica: All right.
 わかりました。(座る)

Chandler: Dum! Dum-dum-dum! Dum! Dum! Dum! Dum-dum-dum!
 ダーン、ダダダン、ダンダン、ダン、ダダダンダン!



Monica: What are you doing?
 何してるの?

Chandler: Oh, that's The Wedding March. Does, does that freak you out?
 結婚行進曲だよ。聞いて怖くなった?

Monica: No, only because that's the graduation song.
 いいえ。だってそれ卒業の時の歌よ。

(本当の結婚行進曲が聞こえてくる)


Chandler: Okay! This is it! We're gonna get married!
 (立ち上がる)よし! いよいよだ! 結婚するぞ!

Monica: Are you sure you wanna do this?
 本当にいいのね?

(その時チャペルのドアが開き、ロスとレイチェルが出てくる)

Ross: Hello, Mrs. Ross!
 ハロー! ミセス・ロス!

Rachel: Hello, Mr. Rachel!
 ハロー! ミスター・レイチェル!

(2人ともモニカ達には目もくれず出て行く)

Rachel: Wait! . . Okay!
 待って・・こっちね。。
(左右に分かれて立ち去る2人。呆然と見送るモニカとチャンドラー)




*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.
 こういうのを、cliffhangerというのですね。
 「持続的緊張感で終わるエピソード」ですって。
 どうなる、ロスとレイチェル、モニカとチャンドラー?
 宙づりのまま、シーズン6へ持ち越し!
*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ



posted by らんち at 02:56| Comment(0) | Season 5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月07日

5-23 The One In Vegas

5-23 べガスでの話 Part 1

 ☆恋人たちのべガス Part 1☆

《モニカ達の部屋:電話に出るフィービー》

Phoebe: Hello? Hey, Joey!
 もしもし。あら、ジョーイ!

(グラディエーターの衣装を着たジョーイ)
Joey: Hey, Pheebs! Listen, uh can you do me a favor? I forgot the pin number to my ATM card. Can you get it for me?
 やぁ、フィーブス! なぁ、頼みがあるんだけどいい? キャッシュカードの暗証番号を忘れちゃったんだよ。見て来てくれない?

Phoebe: Sure! Where is it?
 いいわよ! どこにあるの?

Joey: Uh, I scratched it on the ATM machine down on the corner.
 角のATMの機械に書いてあるんだよ。

Phoebe: Ohh! So you're 5639?!
 ああ! じゃあ、あなたが 5639 だったの?!

Joey: That's it! Thanks, Pheebs!
 それだよ! ありがと、フィーブス!

(チャンドラーが来る)
Chandler: Hey!
 やあ。

Phoebe: Ooh, do you want to talk to Chandler?
 (電話)あっ、チャンドラーと話す?

Chandler: Is that Joey?! Let me talk to him!
 ジョーイなのか? 話させてくれ!

Joey: No! Because he didn't believe in my movie! Which is a big mistake because it is real! Real!
 イヤだね! 俺の映画を信じてくれなかったんだから! 大間違いなんだよ、映画は本当だからな! 本当の話だ!

Chandler: You know what? I have been trying to apologize to him all week! If he's not gonna let me do it on the phone, I'm gonna go down there and do it in person.
 この一週間ずっと謝ろうとしてきたんだ。やつが電話で話してくれないなら、行って直接謝るよ。

Joey: Uhh Pheebs, I heard that. Can you put him on?
 フィーブス、今の聞こえたよ。やつと代わってくれる?

Phoebe: Yeah!
 (電話)ええ!

Chandler: Hey!
 やぁ!

Joey: Don't come out here!
 ここへ来るなよ!

Chandler: No-no-no-no, I've supported you one hundred percent and I want to prove that to you in person!
 いやいやいやいや、おまえのことは100%支持してるよ。行って直接それをしめしたいんだ。

Joey: I got that! I forgive ya! Don't come out here!
 わかったよ! 許すから! ここへは来るなよ!

Chandler: Forgive me? You haven't been taking my calls in a week!
 許す? この一週間話してくれなかったじゃないか?

Joey: Well, I'm totally over it, Chandler. Friends forever! Don't come out here!
 ああ、でももう終わったことだ、チャンドラー。永遠に友達だ! 来るなよ!

(客がジョーイに声をかける)
A Tourist: Would you mind doing a picture with us?
 一緒に写真撮ってくれない?

Chandler: Uh, what was that?
 今のなんだ?

Joey: Uh, Entertainment Tonight. Yeah, okay so, good talking to you and don't come out here. All right.
 エンターテイメント・トゥナイトだよ。ああ、じゃあ話せてよかったよ。来るなよ。じゃ。(電話終わり)

《モニカ達の部屋:フィービーが来る》

Phoebe: Monica! I'm sorry I'm late! Monica?
 モニカ! 遅れてごめんね! ・・モニカ?(モニカの寝室へ行く)

(モニカが帰ってくる)
Monica: Phoebe? . . Oh, Phoebe, I'm so sorry. Have you been here long?
 フィービー? ああ、フィービー、ごめんね。だいぶ待った?

Phoebe: It's okay. What the hell took you so long?
 いいのよ。なんでこんなに遅くなったの?

Monica: Okay, you can not tell Chandler, okay? I ran into Richard.
 チャンドラーにいは言わないでね、いい? リチャードに会っちゃったの。

Phoebe: Which Richard?
 どのリチャード?

Monica: The Richard.
 あのリチャードよ。

Phoebe: Richard Simmons?! Oh, my God!
 リシャード・シモンズ? すごいじゃない!

220px-RichardSimmonsSept2011.jpg(Richard Simmons = ダイエット・コーディネーター)

Monica: No! My ex-boyfriend Richard! You know the tall guy, mustache?
 違うわよ! 私の元彼のリチャードよ! ほら、背の高い、ヒゲの。

Phoebe: Oh! Okay, that actually makes more sense. So how was it?
 ああ、わかった。その方がしっくりくるわね。それでどうだった?

Monica: It was, it was really nice. We started talking and I-I ended up having lunch with him.
 すごくよかったわ。ちょっと話して、それからお昼を一緒したの。

Phoebe: That is so weird! I had a dream that you'd have lunch with Richard.
 変な感じ! 私あなたがリチャードとお昼食べる夢みたのよね。

Monica: Really?
 本当に?

Phoebe: But again, Richard Simmons. Go on.
 でも、リチャード・シモンズだけどね。続けて。

Monica: The strange part was, he was really nice, umm and he looks great, but I didn't feel anything at all!
 それがおかしいんだけど、彼はすごく優しかったし、素敵だったけど、何も感じなかったのよね。

Phoebe: Ooh! So now why can't we tell Chandler?
 まぁ! それじゃどうしてチャンドラーに話しちゃだめなの?

Monica: Because it would totally freak him out and tomorrow's our anniversary. I just don't want anything to spoil that.
 彼すごく動揺しちゃうし、明日は私たちのアニバーサリーなのよ。それをダメにしちゃいたくないの。

Phoebe: Oh, I can't believe you guys lasted a whole year!
 ああ、あなた達が1年続いてるなんてウソみたいね!

Monica: I know.
 そうなのよ。

Phoebe: Wow! I owe Rachel 20 bucks!
 ああ! 私レイチェルに20ドル払わないと。

Monica: What?
 えっ?

Phoebe: On a totally different bet.
 全然違う賭けよ。

(チャンドラーが来る)
Chandler: Hey!
 やぁ!

Monica: It's almost our anniversary!
 もうすぐアニバーサリーね!

Chandler: I know. Can you believe it? One year ago today I was just your annoying friend Chandler.
 だよね。信じられる? 1年前の今日、君にとって俺はただのうるさい友達のチャンドラーだったんだよね。

Phoebe: Awww! Now you're just my annoying friend Chandler.
 ああ! あなたは今も私のうるさい友達のチャンドラーよ。

Chandler: Huh.
 そっか。

Monica: I got you a present!
 プレゼントを用意したのよ!

Chandler: Oh, but it's not 'til tomorrow!
 ああ、だけど明日だよ。

Monica: I know, but you have to open it today!
 そうだけど、今日開けてほしいの!

Chandler: Okay.
 わかった。(開けるのに手こずる)

Monica: Okay! There you go! It's two tickets to Vegas!
 オーケー!(奪って自分で開ける) 開けるわよ! べガス行きのチケット2枚!

Chandler: Wow!
 ワオ!

Monica: For this weekend! Oh, gosh, it would be perfect, we get to see Joey plus we get to start our anniversary celebration on the plane. We can call it out plane-aversary.
 この週末よ! ああ! 完璧よ。ジョーイに会えるし、私たちのアニバーサリーが、飛行機の上で始まるのよ。これをプレイナバーサッリーと言う!

Chandler: Do we have to?
 そうしなきゃダメ?

Monica: No.
 ・・いいえ。

Chandler: Okay, this is great, but Joey said he didn't want any of us out there.
 これはいいな。でも、ジョーイは来てほしくないって言ってたんだ。

Monica: Oh, he just doesn't want us to go through any trouble. Think of how excited he'll be when we go out and surprise him! Plus, we get to have our own, Anna-Vegas-ry! Anna-vada-versary!
 彼はただ私たちに迷惑かけたくないってだけよ。行って驚かせたらどんなに喜ぶか考えてみて。それに、私たちもアニベガスリーよ! アネバダサリー!(ラスベガスはネバダ州)

Chandler: Yeah, I think we should see other people.
 俺たち、他の人と付き合うことにしようか。

Monica: But we can go, right?
 行けるわよね?

Chandler: Yes.
 うん。

Monica: Okay!
 やった!

Chandler: It's a great idea.
 すごくいい案だよ。

Phoebe: Okay, I'm gonna go too!
 よし! 私も行くわよ!

Chandler: You know Pheebs, it's kinda our anniversary.
 でもフィーブス、これは俺たちのアニバーサリーだからさ。

Phoebe: Oh, please, you are not gonna ditch again like you did with London.
 ちょっと、またロンドンの時みたいに私を置き去りにしないでよね。

Monica: Ditch you? Phoebe, you were pregnant with the triplets!
 置き去り? 三つ子妊娠中だったんじゃないの!

Phoebe: Uh-huh, great story! I'm going!
 ハイハイ、いい話ね! 私は行く!

(レイチェルとロスが来る)
Rachel: Hi!
 ハーイ!

Phoebe: Hey!
 ハーイ!

Ross: Hey!
 やぁ。

Phoebe: Hey, you guys, listen, this weekend we're all gonna go to Las Vegas to surprise Joey! Including me!! You wanna go?!
 ねぇ、聞いて! この週末、ラスベガスへ行ってジョーイを驚かせるのよ! 私も行くの! あなた達も行く?

Rachel: Well, I guess I could take a couple days off work.
 そうね、2日くらい休めるけど。

Phoebe: Of course you can take a couple days off work because this trip includes me!
 もちろん2日くらい休めるわよ。だって私も行くんだもん!

Rachel: Oh, no, wait a minute, wait, I've got a presentation tomorrow. I can't miss that.
 あ、ダメ、ちょっと待って。私明日プレゼンテーションがあるから、それは抜けられないわ。

Ross: Oh, I've got tickets to the Van Gogh exhibit! I've been waiting like a year for this. So Rach, why don't you and I could fly out together Saturday.
 あっ、僕はゴッホのチケットがあるんだよ。これを見たくて1年位待ったんだ。それじゃレイチ、君と僕とで、土曜日に一緒に行こうか。

Rachel: That sounds great.
 それはいいわね。

Ross: Yeah? All right. I'll call the airlines.
 ね? よし、チケット予約するよ。(電話をかける)

Rachel: Okay. Yeah, that would be nice actually, to have the apartment to myself for a night.
 わかった。そうだ、この部屋を一晩独り占めってのもいいわね。

Phoebe: Oh, yeah, so you can walk around naked.
 そうね。あなた裸で歩き回れるわよ。

Rachel: No! So I can be by myself. You know? Have a little alone time.
 違うわよ! 1人になれるってこと。1人の時間を持つってことよ。

Phoebe: Naked alone time.
 1人で裸の時間よ。

Rachel: No! Phoebe, just because I'm alone doesn’t mean I wanna walk around naked. I mean, you live alone, you don't walk around naked.
 違うわ。フィービー、1人だからって、裸で歩き回るわけじゃないわ。あなた1人暮らしだけど、裸で歩き回らないでしょ?

Phoebe: Uh-huh! Why do you think it takes me so long to answer the door?
 あら! あなたが来た時、私が出てくるのが遅いのはなぜだと思うの?

《べガスへの機内》

Phoebe: So, so far is this trip to Vegas better or worse than the trip to London?
 これまでのところ、べガスへの旅行とロンドンへと、どっちがいい?

Chandler: So it's pretty much the same, Pheebs.
 同じだよ、フィーブス。

Phoebe: Okay, what about after I give you these candies?
 それじゃ、このキャンディーをあげるわ。これでどう?

Chandler: Yeah, I guess it's a little better now.
 うん。ちょっとこっちがよくなった。

Phoebe: Ah-ha! Okay, Las Vegas 1, London 0! I'll be right back.
 やった! それじゃ(ノートを出して記録)ラスベガス、1。ロンドン、0! すぐ戻るわ(席を立つ)

Chandler: Happy plane-aversary.
 ハッピー・プレナバーサリー!

Monica: Aww! I love you!
 ああ! 愛してる!

Chandler: Can I give you a present now?
 今プレゼント渡していい?

Monica: Okay!
 いい!

Chandler: Okay! . . . Oh, man! Don’t tell me I did this!
 よし! ・・・ああっ! 違うと言ってくれ!

Monica: I love the "I forgot the present" fake out!
 「プレゼント忘れたんだ」ごっこ大好き!

Chandler: How do you feel about the, "I really did forgot the present, please forgive me" not fake out?
 「本当にプレゼント忘れちゃったんだ、お願い許して」ごっこじゃないってのはどんな感じ?

Monica: Oh, that's okay. Don’t worry about it, you can give it to me when we get back.
 ああ、いいのよ。心配しないで。帰ってからくれたらいいわよ。

Chandler: Ohh, this is the worse thing that can happen on an anniversary ever!
 ああ! こんなのアニバーサリーに起きそうなこととして最悪だよな!

(フィービーが戻る)
Phoebe: Oh, good! All right, so you decided to tell him about the Richard thing.
 ああ、よかった! それじゃリチャードのこと話すことにしたのね。

Chandler: What-what Richard thing?
 リチャードのことってなんだ?

Phoebe: Oh, no.
 あーしまった。

Chandler: What Richard thing?
 リチャードのことってなんだ?

Phoebe: Simmons! Go with Simmons!
 (モニカに)シモンズ! シモンズの線で行け!

Monica: Okay, I umm, I ran into Richard yesterday and he asked me if I wanted to go for a bite and I did. The only reason I didn't tell you is because I knew you'd get mad and I didn't want to spoil our anniversary.
 実は昨日リチャードと出くわして、食べに行かないかって言われて、行ったの。あなたに話さなかったのは、あなたが怒ると思って、アニバーサリーを台無しにしちゃいたくなかったのよ。

Chandler: I'm not mad.
 怒ってなんかないよ。

Monica: Really?!
 本当?

Chandler: Oh, yeah! Yeah, so you-you bumped into Richard! You grabbed a bite! It's no big deal.
 ああ! リチャードにバッタリ会ったんだろ! 一緒に食べた。大したことじゃないさ。

Monica: Great!
 よかった!

Phoebe: Okay, London 1…
 オーケー・・ロンドン、1。

《モニカ達の部屋:裸になってみるレイチェル》

Rachel: Oh! Look what happened! . . Huh, check me out! I'm in my kitchen…naked! I'm picking up an orange. I'm naked! Lighting the candles, naked, and carefully.
 まぁ、見てこれ! (心の中で)ふーん・・これはどうよ。キッチンで・・裸! オレンジを取ったりして。裸で! キャンドルを灯したり・・裸で! 気をつけて・・。

《ロスの部屋:窓からレイチェルを見て》

Ross: Oh, my God! That's Rachel naked! I can't look at that! I am looking at this. Okay, vivid colors, expressive brush strokes−Unless she wants me to be looking at that. She knows I'm home. She knows I can see her. What kind of game is she playing? I think maybe someone's lonely tonight. Oh-ho, Dr. Geller! Stop it! You're being silly! Or, am I?
 (心の中で)オーマイゴッド! レイチェルが裸だ! 見ちゃダメだ! 僕はこれ(本)を見るぞ。うん、鮮やかな色、素晴らしい筆の表現力・・・彼女が見せたいんだとしたら話は別だな。彼女、僕が家にいることは知ってるんだ。ここから見えることもわかってる。いったい何をしたいんだ? きっと寂しいんだな。ああ、ドクター・ゲラー! やめろって! バカだな・・・そうかな?

《モニカ達の部屋:裸で歌うレイチェル》


Rachel: Love to love you, baby! Ow! Love to love you, baby! Ow!. . . Love to love you, baby! Ow! . . Darn it! . . Ugh.
 Love to love you, baby! Ow! Love to love you, baby! Ow! (ノックの音)Love to love you, baby! Ow! (バスローブを羽織る。ノックの音再び)もうっ!(のぞいて)ああっ!(ドアを開けると、ロス)

Ross: Hey.
 ヘイ。

《モニカ達の部屋:続き》

Ross: May I come in?
 入っていい?

Rachel: Uh, yeah, if you want to.
 ええ、そうしたいならどうぞ。

Ross: Do you want me to?
 入ってほしい?

Rachel: Yeah, sure?
 ええ、いいわよ。

Ross: So do I. Okay Rach, before anything happens . . I just want to lay down a couple of ground rules. This is just about tonight. I don't want to go through with this if it's going to raise the question of "Us." Okay? I just want this to be about what it is!
 僕もだよ。オーケー、レイチ、何か起きる前に(コートを脱ぐ)基本ルールを言っておきたい。これは今夜限りだ。「僕ら2人」に関しての疑問が起きたらイヤだからね。いい? ただ成り行きに任せたい。(靴を脱いで蹴る)

Rachel: And um, what-what is that, Ross?
 何なの、ロス?

Ross: The physical act of love.
 愛を体で表現することだよ。

Rachel: What?! Are you crazy?
 はっ? おかしいんじゃないの?

Ross: Oh, so-so you weren't trying to entice me just now with your-your nakedness?
 え。じゃあ、裸で僕を誘ってたんじゃないの?

Rachel: Oh, God, you saw me?! Oh!
 まぁ! 私を見たのね?! もう!

Ross: You weren't trying to entice me with your nakedness.
 君は裸で僕を誘っていたんじゃないんだね。

Rachel: No!! No! You thought, you actually thought I wanted to have sex with you?! Oh, my..
 違う! 違うわよ! あなた、本当に私があなたとセックスしたがってると思ったの? もう・・!

Ross: No! No! . . No! . . No-no-no-no.
 いや。いーや。(コートを取り)違うよ・・(靴を拾い)違う違う違う・・

シーザーズ・パレス・3人到着》

Phoebe: Hey, you guys wait! Guys! This place is so much better than London! Okay? This lady dressed like Cleopatra gave me a coupon, 99 cent steak and lobster dinner. Huh!
 ねぇ、待って! ここはロンドンよりうんといいわよね! ね? クレオパトラのかっこうをした女性が、クーポンをくれたのよ。99セントでステーキとロブスターのディナーだって! どう?

Monica: Phoebe, you don't eat animals.
 フィービー、あなたお肉食べないじゃない。

Phoebe: For 99 cents, I'd eat you. . Okay, I can totally settle down here. It's got everything I could ever want, including Joey! Look! Oh! Look! Hi!
 99セントだったらあなただって食べるわよ。さぁ、ここに落ち着いちゃうわよ。私が欲しいものみんな揃ってるわ、ジョーイも!!(旅行者と写真を撮るジョーイを見つける) 見て! まぁ、見て! ハーイ!

Chandler: Oh, my God.
 オーマイゴッド・・

Phoebe: Hey! Joey! . . Hey! Hey!! Wow!
 ハーイ、ジョーイ!! (ジョーイはパニック)ねぇ、ねぇ! ワーオ!

Joey: Hi!
 やぁ。

Chandler: Love your condoms, my man.
 そのコンドームいいな。

Joey: What-what are you guys doing here? I thought I told you not to come.
 ここで何をしてるの? 来ないでって言ったのに。

Phoebe: Why are you dressed as a gladiator?
 どうしてグラディエーターのかっこうしてるの?

Joey: Uhh, because I'm shooting a scene right now. Yeah, I uh, I play a gladiator. Uh, you know what? Hold-hold on a second. . . Can we cut? Yeah, my-my friends are here, I'm gonna take a little break.
 あー・・今撮影中なんだよ。ああ、グラディエーターの役なんだ。えーと・・ちょっと待ってて。(誰かに)カットいい? 友達が来たからね、ちょっと休憩するよ。

Monica: Who are you talking to?
 誰に言ってるの?

Joey: The uh director. Uhh, her. . All right, all right, it's not a gladiator movie. I work here.
 ディレクターだよ。えー・・彼女。(指差された女性は立ち去る)いいよ、もういい。グラディエーターの映画なんかじゃない。ここで働いてるんだ。

Chandler: Why?! What happened?!
 なんで? 何があったんだ?

Joey: Well, the movie got shutdown because they ran out of money, so I'm working here 'til it starts up again, if it ever does.
 資金がなくて、映画は今ストップしちゃってるんだ。それで、再開するまで、ここで働いてるんだ。再開すればの話だけど。

Monica: I'm so sorry.
 残念だったわね。

Joey: Look, I'm sorry I didn't tell you. . I'm sorry, man.
 なぁ、言わなくて悪かったよ。(チャンドラーに)ごめんよ。

Chandler: No-no, that's okay, apparently there's a new policy where we don't have to share everything with everybody.
 いやいや、いいんだ。どうやら、みんなに何でも話すことはないっていう新しいポリシーができたらしいからな。

Monica: I knew you were not okay with that.
 やっぱり怒ってたのね。

Phoebe: So you're a gladiator! Wow!
 それであなたはグラディエーターなのね! ワオ!

Joey: Yeah, what-what's going on?
 ああ。それで、どうしたの?

Phoebe: Monica had lunch with Richard.
 モニカがリチャードとランチしたのよ。

Joey: Dawson?!
 ドーソン?!

(Richard Dawson = 俳優・コメディアン)

Phoebe: Noo! But that would've been so cool!
 違うわよ! だけど、そうだったら素敵よね!

Chandler: No! Her boyfriend, Richard!
 違う! ボーフレンドのリチャードだ!

Monica: It meant nothing! Okay? After all this time, how can you not trust me?
 何でもないのよ! いい? これだけつきあってきて、どうして私を信じられないの?

Chandler: When you go lunching with hunky mustache men and don't tell me about it!
 魅力的なヒゲ男とランチに行っても言わない時にはそうなるね!

Monica: You're right. I'm sorry. I should've told you.
 その通りね。ごめんなさい。言うべきだった。

Chandler: Thanks.
 ありがと(ハグ)

Joey: Aww, there we go.
 ああ、それでいい。

Phoebe: I love Vegas!
 べガス大好き!

Monica: I promise you, next time I absolutely will tell you.
 約束するわ。今度行く時はあなたに言う。

Chandler: Next time?
 今度?

Joey: Ooh, so close.
 ああ、惜しかった。

Chandler: There's not gonna be a next time! You can not ever see him again!
 今度はない! もう彼に会っちゃダメだ!

Monica: I can not see him? I mean, you can't tell me what to do!
 彼に会っちゃダメ? 私にどうしろなんて言えないわよ。

Chandler: That's so funny, because I think I just did!
 そりゃおかしいな。俺いま言ったよな!

Monica: Oh, you know what? If you're gonna be acting like this all night, I really, I don't even want to be around you.
 あら、そう? ずっとそんな態度でいるなら、本当にあなたと一緒にいたくもないわ。

Chandler: Fine with me!
 結構だ!

Monica: Fine! Happy Anniversary!
 いいわよ! ハッピー・アニバーサリー!!

Joey: Whoa! Whoa! Guys! Please! Come on! Come on! This is obviously just a big misunderstanding.
 おいおい! ちょっと! 頼むよ! なぁ! こんなのただの誤解だろう?

Monica: No, it is not!
 いいえ、違うわよ!

Chandler: What are you talking…
 おまえは何を言って・・

Joey: Hey-hey, don't look at me! I just work here!
 おいおい! 俺に言うなよ! 俺はここで働いてるだけだぞ!(立ち去る)

《べガス行き別の機内》

Rachel: Okay umm, Ross? I'm-I'm really warm, so I'm going to be taking off my sweater. Now, I'm just letting you know that this is not an invitation to the physical act of love.
 ねぇ、ロス、ちょっと暑いから、このセーター脱ぐわね。言っておくけど、これは愛を体で表現するお誘いじゃありませんからね。

Ross: Yep! That's hilarious!
 そうですか! おもしろいね!

Rachel: I'm sorry. I'm done. I'm done.
 ごめん。気が済んだわ、もういい。

Ross: You know, last night was embarrassing for you too.
 君にとっても昨日は恥ずかしいことだったんだよ。

Rachel: No, not really. But you know I just don't embarrass that easily.
 いいえ。別に。私はそんなに簡単に恥ずかしいなんて思わないもの。

Ross: What?! You totally get embarrassed!
 なに? あれは完全に恥ずかしいことだっただろ!

Rachel: No, I don't! Ross, I think I'm just a more secure person than you are.
 いいえ。違うわ。ロス、私はあなたより気持ちが安定してるの。

Ross: Is that so?
 そうなんだ?

Rachel: Yeah.
 ええ。

Ross: Hey, lady! I don't care how much you want it! Okay?! I am not gonna to have sex with you in the bathroom!
 (大声で)ちょっと、お嬢さん! 君がどんなに望んだって、僕は君とバスルームでセックスなんてしないからね!(椅子に沈み込むレイチェル)

《チャンドラーのホテルの部屋》

Joey: Hey, you know, in Roman times this was more than just a hat.
 (グラディエーター帽子を持って)なぁ、ローマ時代、これはただの帽子じゃなかったんだぞ。

Chandler: Really?
 ほんとか?

Joey: Yeah, sure! Sure! They would uh, they would scrub the floors with it! They would use it to get the mud off their shoe. And sometimes underneath the horse would get dirty so they would stick it right…
 ああ、そうさ! これは床を磨くのに使ったんだ。靴の泥を落とすのにも使えたし。それに、馬の腹が汚れた時にもこうやって・・

Chandler: Joey, I uh! I can't believe this is how I'm spending my anniversary.
 ジョーイ・・ああ・・アニバーサリーなのに、こんなことしてるなんて信じられないよ。。

Joey: All right well, I'll take you someplace nice then. Look! A guy tipped me a hundred bucks today.
 ああ、それじゃどこかいいとこへ連れてってやろうか。なぁ、今日チップで100ドルくれた人がいたんだ。

Chandler: Whoa!
 ワオ!

Joey: Yeah-yeah, he was playing blackjack for like an hour and he won $5,000. Can you believe that? $5,000!
 ああ。1時間ブラックジャックをやって5,000ドル勝ったんだって。信じられるか? 5,000ドルだぞ!

Chandler: You know, if I won $5,000 I'd join a gym, you know build up my upper body and hit Richard from behind with a stick!
 5,000ドル勝ったらジムに入って、上半身を鍛えて、リチャードを後ろから棒で突くね。

Joey: Wait a minute! Why don't I do what that guy did? I'll take this $100 and turn it into $5,000! And then I'll turn that into enough money to get my movie going again!
 ちょっと待てよ! 俺もそいつと同じことをすればいいじゃないか! この100ドルを持っていって、5,000ドルにすればいいんだ! そうしたら、映画を続けられるだけ増やせばいいんだ!

Chandler: Good luck!
 幸運を祈るよ!

Joey: Chandler! I don't need luck. I have thought this through!
 チャンドラー! 運なんていらないよ。ちゃんと考えたんだから。

Chandler: I see.
 わかったよ。

《バーのモニカとフィービー》

Monica: Thank you.
 (バーテンダーに)ありがとう。

Phoebe: Thanks.
 (バーテンダーに)ありがとう。

Monica: I can't believe this! This is like the worst night ever!
 信じられない! 最悪の夜よ!

Phoebe: You know, Monica, you had a minor setback in your relationship with Chandler. Big deal! It's only Chandler. . . I am so sorry.
 ねぇ、モニカ、チャンドラーとちょっとうまくいかなくなったってだけのことよ。そんなに大ごと? たかがチャンドラーじゃない。・・(睨まれ)すっごく悪かった!

Monica: This is crazy! I mean, it's such a stupid argument. I don't even wanna see Richard again.
 こんなのどうかしてるわよ! バカげたケンカだわ。リチャードとまた会いたいわけでもないのに。

Phoebe: So go fix it! Go find Chandler! He's probably up in your room! Tell him that you're sorry and that you love him.
 それじゃなんとかしてきなさいよ! 行ってチャンドラーを探しなさい。あなた達の部屋にいるんじゃないの。謝って、愛してるって言うのよ。

Monica: You're right, Phoebe. You're right. Thank you!
 その通りだわ、フィービー。そうね。ありがとう!

Phoebe: Sure! Yeah! Las Vegas, number one!
 そうよ! いえーい! ラスベガス、ナンバーワン!!

《カジノを歩くモニカ》

Monica: Anybody lose this?
 (チップを拾って)誰か落とした?

The Croupier: Coming out. Place your bet. . . Dice are out. . . Yellow 11! Pay the front line!
 来て、賭ければいいよ。サイコロ投げて。(女性が投げる)イエローの11! (モニカのチップ2枚になる)パスラインの支払い!

スクリーンショット 2013-09-06 18.52.26.png
(このゲームはクラップス。パスライン(=front line)にかけて7か11が出ればその場で勝ち・・という掛け方もある。らしい)

《機内:乗客がレイチェルに声をかけるところ》

Guy: So uh, I'm on my way back to the bathroom.
 (レイチェルに)これからバスルームへ行くんだけど。

Rachel: Yeah, all right. All right! Just keep walking! All right?
 ああ、そう。けっこうね。歩き続けて、どうぞ。

(ロスが喜んでいるので、復讐に出るレイチェル、前の席の男性の後頭部にキスをして)
Rachel: Ross! What are you… I'm sorry sir. I just, I think he just really likes you.
 ロス! あなたったら何を・・ごめんなさいね、彼あなたがすごく好きみたい。

《時間経過・・ロスも復讐》

Ross: Hey! You know that teacher who had a baby with her student?
 (隣の男性に)ねぇ、生徒の子供を妊娠しちゃったって話聞いた? (レイチェルを指差す)

《時間経過:レイチェルの復讐ーロスに水をかける》

Ross: What the? What…
 何を? 何・・

Rachel: Hi!
 (フライトアテンダントに)ハーイ。

The Flight Attendant: Miss? May I help you?
 はい? 何かごいりようですか?

Rachel: Yes, I'm sorry. Do you have any extra pants? Umm, my friend seems to have had a little accident.
 ええ、悪いけど、ズボンかなにかないかしら? 友達がちょっと困ったことになっちゃったみたいで。

《カジノのジョーイ》

Joey: Can I change a hundred?
 100ドル チップにして。

Blackjack Dealer: Changing one hundred! . . Good luck sir.
 100ドル入ります! 幸運を。

Joey: Thanks. That's right.
 ありがとう(100ドル分賭ける)よし!

Blackjack Dealer: 13.
 13。

Joey: Hit me! . . Oh, man! . . Wait!
 もう一枚! ・・ああっ!! ・・(ディーラーの手を見て)待て!

《チャンドラーのホテルの部屋》

Joey: Chandler! You are not gonna believe this! I have found my identical hand twin!
 チャンドラー! 信じられないことが起きたぞ! 俺の双子の手を見つけた!

Chandler: What?
 は?

Joey: My identical hand twin!
 俺の双子の手だよ!

Chandler: What's an identical hand twin?
 双子の手って何だ?

Joey: It was incredible! Chandler, the dealer's hands were exactly like mine! It-it was like looking at my hands in a mirror!
 すごいんだよ! チャンドラー、ディーラーの手が俺の手と全く同じなんだ! 俺の手を鏡で見てるみたいなんだよ!

Chandler: Are you sure you weren't looking at your hands in a mirror?
 おまえの手を鏡で見てたんじゃないのか?

Joey: Don’t you see what this means?! I can forget about that stupid movie. I'm gonna be a millionaire!
 意味わかんない? もうあんな映画なんかどうでもいいんだよ。俺は百万長者になれるんだ!

Chandler: How?
 どうやって?

Joey: Look, I don't have it all worked out yet, but it's gotta mean big money! Come on! Identical hands!
 まだそれはちゃんと考えてないんだけど、だけどこれは大金になる! だろ! 双子の手だ!

Chandler: Again I must go back to, how?
 また戻るけど、どうやって?

Joey: This is Vegas, man! People will pay to see freaky stuff! Okay, how much would you pay to see this hand twice? Huh?
 ここはべガスだぞ! みんな奇妙なものを見るためなら金を出すんだよ! この手を2回見るためにいくら払う? え?

Chandler: You know, I-I can't really put a price on that, Joe.
 ・・ほんと、それに値段はつけられないよ、ジョー。

Joey: Hey, are you un-supporting me again?
 なぁ、また俺を応援しない気?

Chandler: No! No! I support you 100%! I just didn't, I didn't get it right away. You know now I'm caught up! Identical hand twins! It's a million-dollar idea!
 いや、違うよ! おまえを100%応援してる! ただ、すぐわからなかっただけだ。今わかったから! 双子の手だな! これはすごい大金になるアイデアだぞ!

(ジョーイが部屋を出ようとするとフィービーが来る)
Phoebe: Hey!
 ヘイ!

Joey: Pheebs!!
 フィーブス!

Phoebe: Yeah?
 なに?

Joey: I found my identical hand twin!
 俺の双子の手を見つけた!

Phoebe: Ohh, you are so lucky! . . Hey! So, where's Monica? Did you guys make up?
 まぁ! あなたって最高についてるわね! (ジョーイは喜んで出て行く)ねぇ、モニカは? あなた達仲直りした?

Chandler: No!
 いいや!

Phoebe: But she just came up here!
 だって彼女、今ここへ来たでしょ!

Chandler: That was Joey!
 あれはジョーイだ!

Phoebe: I wonder where she is. That is so weird.
 どこへ行ったのかしら。変ね。

Chandler: Yeah, well, she's probably talking to Richard.
 ああ、きっとリチャードと話してるんだよ。

Phoebe: Would you stop that! Do you wanna know the first thing she said when she came back from her lunch with Richard? She didn't feel anything for him. She loves you!
 やめなさいよ! 彼女がリチャードとのランチから帰ってきて最初に何て言ってたか知りたい? 彼に何も感じなかったのよ。あなたを愛してるのよ!

Chandler: Really?
 ほんと?

Phoebe: Yes! Now, she feels terrible! She really wants to make up! You gotta find her.
 ほんとよ! 彼女は今最悪な気分でいるのよ! 本当に仲直りしたいのよ。彼女を探しなさいよ。

Chandler: Okay.
 わかった(出て行く)

Phoebe: Good. I should really start wearing hats!
 よかった。(ジョーイの帽子をかぶって)ホント、私帽子かぶるべきね!

《カジノ:モニカを探しにきたチャンドラーだが、楽しそうに賭けているモニカを見てUターンする》

《機内:眠り込んだレイチェルを見てアイデアが浮かんだロス。時間経過・・着陸し、フライト・アテンダントが乗客を見送る》

The Flight Attendant: Welcome to Las Vegas. . . Enjoy your flight?
 ラスベガスへようこそ・・・(ヒゲを描かれた顔のレイチェルに)フライトはお楽しみいただけました?

Rachel: Yes, I did. Thank you very much. It was excellent.
 ええ。ありがとう。快適だったわ。

The Flight Attendant: I hope you had a nice flight.
 (ロスに)よいフライトでしたでしょうか。

Ross: Ohh, it was the best!
 最高だったよ!

 


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 01:35| Comment(0) | Season 5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月06日

5-22 The One With Joey's Big Break

5-22 ジョーイ大ブレイクの話☆

 ☆ジョーイ悲願の大ブレイク!☆

《セントラルパーク:レイチェルが目をパチパチ。ジョーイがウィンク》

Ross: What's going on?
 何してるんだ?

Rachel: Well, my eye is a little itchy.
 何か目がかゆいの。

Joey: Uhhh, mine too! Yeah.
 (勘違いに気づき)あー・・俺も!

Monica: Wow! It's really red! You should go see my eye doctor.
 まぁ! 真っ赤よ! 眼科に行かなきゃ。

Rachel: Richard? I'm not gonna go see your ex-boyfriend!
 リチャード? あなたの元彼のとこなんて行かないわよ。

Chandler: Oh, Richard. That's all I ever hear, Richard, Richard, Richard!
 ああ、リチャード。そればっかだよ、リチャード、リチャード、リチャード!

Monica: Since we've been going out, I think I've mentioned his name twice!
 あなたと付き合い始めてから、彼のことを話したのは2回だと思うわよ!

Chandler: Okay, so Richard, Richard!
 そう、それじゃ、リチャード、リチャード!

Monica: It's not Richard! Okay? It's this new guy and he's really good.
 リチャードじゃないわよ! 新しい眼科見つけたの、いい先生よ。

Rachel: Well, I'm sorry I'm not going to an eye doctor!
 悪いけど、眼科には行かないわよ!

Ross: Oh, God. Here we go!
 ああ、ほらきた!

Chandler: What?
 なにが?

Ross: Anytime anything comes close to touching her eye or anyone else's she like freaks out. Watch! Watch!
 自分のでも自分のじゃなくても目に近づくってだけで、パニックになっちゃうんだよ。ほら、見て!(目に指を近づける)

Rachel: Ross! Come on! That's all right! Fine--Okay, I have a weird thing about my eye. Can we not talk about it please?
 ロス! やめて! いいわよ、わかったわよ。そうよ。私は目に関しては変なのよ。その話やめてくれない?

All: All right, fine.
 わかったわかった。

Monica: Hey, Rach, remember that great song, Me, Myself, and I?
 なぁ、レイチ、あの歌いいわよね、「ミー, マイセルフ, アンド アイ!」(これ以降みんな「アイ」のとき目に指を近づける)

(Me, Myself and I というタイトルの曲はいくつかありましたが、ここにあげますYouTubeのPVでは、"I"と歌う時、レイチェルが嫌がりそうな感じに目を見開いてみせるので、とても妥当という感じです)


Rachel: Monica! Come on!
 モニカ! やめてったら!

Ross: Hey, does anybody want to get some lunch? All those in favor say aye?
 ねぇ、誰かお昼食べに行く? 行かなアイ?

(All those in favor say aye? = 行く人!(答えが「イエス」の人!))

Rachel: Ross! Stop it! Come on!
 ロス! やめて! やめてよ!

Chandler: How much did I love The King and I?
 本当に好きだよ、「キング アンド アイ」!(王様と私)
 
Rachel: Chandler!
 チャンドラー!

Joey: Me too! Me too! Me too!
 俺も俺も!俺も!(ただ目を突く)

Rachel: Just stop it! Come on!
 とにかくやめてったらもう!

Chandler: You okay there, man?
 (ジョーイが痛がるので)大丈夫か、おまえ?

Joey: Yeah, I got too excited!
 はしゃぎすぎた。

《モニカ達の部屋》

Ross: All right, I gotta go. I'm taking Ben to the park.
 さぁ、行かなきゃ。ベンを公園に連れていくんだ。

Phoebe: Ohh, give him a kiss for me!
 ああ! 私の分もキスしてあげてね!

Ross: All right, bye!
 わかった、バーイ!

Monica&Phoebe: Bye!
 バーイ!

Ross: Later!
 じゃあね!(出て行く)

Phoebe: I am so sorry you got caught in the middle of that. I didn't mean to be so out there. I am furious with him!
 巻き込んじゃって本当にごめんね。あからさまにしたくなかったんだけど。彼には本当に頭にきちゃうのよ!

Chandler: Wow! Umm, calm down.
 わお・・・落ち着いて。

Phoebe: I'm trying, but man that guy can push my buttons!
 そうしたいんだけど、あの人には我慢ならないのよ!

Monica: Why are so mad at him?
 なんでそんなに怒ってるの?

Phoebe: Look, I don't wanna talk about it. Okay?
 話したくないのよ、いい?

Monica: Well, it just seems that…
 ええ、ただなんていうか・・

Phoebe: You wanna be on my list too? Keep talking! Has anyone seen my list by the way?
 あなたも私のリストに載りたいの? 言ってればいいわ! ところで私のリスト見なかった?

Chandler: Uh, no, Pheebs. What's it look like?
 いいや、フィーブス。どんなの?

Phoebe: Uh, it's a piece of paper and it says, "Ross" on it.
 ロスって書いてある紙切れよ。

Joey: Hey. I just got off the phone with Estelle and guess what. I got the lead in a movie!!!!!!
 ヘイ・・今エステルと電話で話してたんだけど、何だったと思う? 映画の主役の仕事だ!

Chandler: You got the lead in a movie? That's amazing! What's the movie about?!
 映画の主役? すごいじゃないか! どんな映画?

Joey: It's called Shutter Speed, it's really cool! Yeah, umm, I meet this girl in the subway and we fall in love in like a day, right? And then, she disappears… But I find out where she lives and when I get there this like old lady answers the door and I say, "Where's Betsy?" Right? And she says, "Betsy's been dead for 10 years."
 「シャッタースピード」っていって、すごいいかしてるんだ! 地下鉄で女の子と出会って、あっという間に恋に落ちる。そして彼女は消えてしまうんだ。でも俺は彼女の家を探し出すんだけど、行くとおばあさんが出てきて、俺がこう言う「ベッツィはどこに?」 すると彼女が言うんだ「ベッツィは10年前に死んだよ」

Phoebe: Ooh-oh, chilling!
 うぅー! ゾッとするわね!

Joey: And the best part is, we're filming in the desert outside Vegas! And you know what that means, buddy!
 それに、最高なのは、べガス近くの砂漠で撮影するってことなんだよ!(チャンドラーに)意味わかるよな、相棒!

Chandler: Yeah, I know that means, buddy!
 ああ! わかるぞ、相棒!

Joey: Road trip! Yeah, we can rent a car! I just have to be there by Tuesday!
 ロード・トリップ! ああ、車を借りてさ! 火曜日までに着けばいいんだからさ。

Phoebe: Oh, wait, my grandmother's dead.
 あっ、そうだ! おばあちゃんは死んだわ!

Chandler: Well, uh, we can talk about that too, Pheebs.
 あー・・そのことについて話してもいいよ、フィーブス。

Phoebe: No! No, her cab! She probably won't be using it. You can drive it to Las Vegas.
 違うの! そうじゃなくて、おばあちゃんのタクシーよ! もう使わないだろうから、あなた達べガスへ行くのに使っていいわよ。

Joey: All right! Thanks, Pheebs!
 やった! ありがとう、フィーブス!

Chandler: Whoa-whoa-whoa, what are we going to do about my job?
 おいおいおい、俺の仕事はどうなるんだよ?

Joey: Oh umm, not go.
 ああ・・休め。

Chandler: All right, great, road trip, baby! . . This okay with you?
 よし、いいぞ、ロード・トリップだぞ、ベイビー!(モニカに)行ってもいい?

Monica: Chandler! You don't have to ask for my permission. You can go.
 チャンドラーったら! 私の許可なんていらないのよ。(小声で)行ってよし。

Chandler: Right.
 そう。

Monica: Hey, Rach, come on! We're gonna be late for the eye doctor appointment!
 ねぇ、レイチ、早く! 眼科の予約に遅れちゃうわよ!

Rachel: All right! Let's get this over with! Ugh! . . . Ohhh! No! Look what I did! . . Oh, I mean, look at this mess! I mean, we're probably gonna have to clean this up! Y'know? We're gonna have to reschedule!
 わかったわ! 済ませてしまいましょ、もうっ!・・(テーブルの上のシリアルの箱を落とし、中身が床に散らばる)ああ! 見てこれ、私ったら! ああ・・こんなになっちゃって(踏んで歩く)これ掃除しなきゃいけないわよね。予約を変更してもらわなきゃ・・

Monica: No. If you thought this mess is going to bother me, you are wrong! All right, let's go Blinky! . . Chandler!!!!
 ダメよ。こんなものぐらい私が気にすると思ったら大間違いよ。さぁ、行くわよ、マバタキちゃん!(出てからすぐ戻ってチャンドラーに必死声で)チャンドラー!

《セントラルパーク:地図を見るジョーイ。フィービーが来る》

Phoebe: Oh, hey, Joey! What's up?
 ああ、ジョーイ! どうしたの?

Joey: I can't decide which route to take to Vegas. Hey, you've traveled a lot, right?
 べガスへの道だけど、どっちルートで行くか決まらないんだ。あ、君ってあちこち行ってるよね?

Phoebe: Yeah, I've been around.
 ええ、いろいろとね。

Joey: Okay, so-so which route should I take the northern route or the southern route?
 そうか、それじゃ、北回りか南回りか、どっちの道を行ったいいかな?

Phoebe: Ooh, if you take the northern route there's a man in Illinois with a beard of bees.
 ああ! 北回りで行くと、イリノイでミツバチヒゲの人を見られるわよ。

inflatable_beard_of_bees.jpg
(beard of bees = 女王バチを顎のしたにくっつけることでハチが群がる。そのヒゲ状に止まったハチを見せるショー的なもの。写真は、それを模したコスチューム。空気を入れてふくらませるんですって)

Joey: Great! Problem solved!
 それいいな! 問題解決!

Phoebe: But on the southern route there's a chicken that plays tic-tac-toe.
 だけど南回りで行くと、三目並べするチキンがいるわよ。

tictactoe.jpg(tic-tac-toe)

Joey: Well, back to square one.
 元に戻った。

Phoebe: Oh, I know a way that you can decide! All right, I'm gonna ask you a series of questions and you answer as quickly as you can.
 あっ、決める方法があるわよ! いい? いくつか質問をするから、できるだけ素早く答えるのよ。

Joey: Yes!
 イエス!

Phoebe: Good, but wait. Okay, all right, here we go. Now I want you to relax. Take a deep breath. Clear your mind. Which do you like better peanut butter or egg whites?
 よろしい。でも待て。いい、行くわよ。まず、リラックスして。深呼吸して。頭を空っぽにして。ピーナツバターと卵白のどっちが好き?

Joey: Peanut butter!
 ピーナツバター!

Phoebe: Which would you rather be a fireman or a swimmer?
 消防士か水泳選手、なるならどっち?

Joey: A swimmer!
 水泳選手!

Phoebe: Who would you rather sleep with Monica or Rachel?
 寝るならモニカ、レイチェル、どっち?

Joey: Monica. Oh… huh, I always thought it would be Rachel.
 モニカ。あ。・・いつもはするならレイチェルと思ってたけどな。

Phoebe: No thinking! No thinking! Tie or ascot?
 考えない! 考えない! ネクタイかアスコットタイか?

Joey: Ascot!
 アスコット!

Phoebe: North route or south route?
 北回りか南回りか?

Joey: North route!
 北回り!

Phoebe: Bam! There you go! Huh?
 ほら! 答え出たでしょ?

Joey: Wow! That was incredible! Beard of bees, here I come!
 ワオ! すごいな! ミツバチヒゲ! 待ってろよ!

(ロスが来る)
Ross: Hey!
 ヘイ!

Phoebe: Oh, this guy again.
 ああ、またこいつか。

Joey: Hey, man, what's up?
 やあ、どうかした?

Ross: Uhh, not much. You guys want to see a movie tonight?
 特にないけど・・今夜映画見に行かない?

Joey: Sure, what do you want to see?
 いいよ。何を見たいんだ?

Ross: I don't know, umm…
 何がいいかな・・

Joey: Oh, I know how we can decide. Phoebe, show him your game!
 決め方わかるぞ。フィービー、さっきのやり方見せてあげて。

Phoebe: Umm, no thank you.
 いえ、結構よ。(カウチに移る)

Ross: What's with her?
 彼女どうかした?

Joey: I don't know. But hey, I know we can decide. Okay, I'm gonna ask you questions and you answer real quick. Okay?
 知らない。でもさ、どうやるかわかるよ。いいか、質問するから、すぐに答えるんだぞ。いい?

Ross: Okay.
 わかった。

Joey: What do you like better action or comedy?
 アクションかコメディどっちが好き?

Ross: Action.
 アクション。

Joey: Who would you rather sleep with Monica or Rachel?
 もし寝るとしたらモニカかレイチェル、どっち?

Ross: Dude, you are sick.
 (返事無理)おまえおかしい。

Joey: Oh, I'm sorry. I forgot you had that whole Rachel thing.
 ・・(考えてから)あ、ごめん。おまえとレイチェルのこと忘れてたよ。

《眼科:ドクターを待つ2人》

Rachel: Oh, my God! What does that thing do?
 オーマイゴッド・・これ何?(何かの機械を指して)

Monica: Oh that's an eye removal machine.
 ああ、それは目を取り除く機械よ。

Rachel: All right, I'm outta here!
 もういい、帰る!

Monica: I'm kidding! I'm kidding!
 冗談、冗談よ!

(ドクターが来る)
The Doctor: Hi, Rachel!
 やぁ、レイチェル!

Rachel: Hey!
 ハーイ。

The Doctor: I'm Dr. Miller. Monica told me you were a little nervous, but don't worry everything's gonna be just fine.
 私hあドクター・ミラー。モニカから聞いたけど、ちょっと怖いんだってね。でも心配しないで、大丈夫だから。

Rachel: So we're done then!
 それじゃ終了ね!

Dr. Miller: Almost! But first, we gotta start.
 もうちょっとでね! でもまず、始めないとね。

Rachel: Okay.
 オーケー。

Dr. Miller: This is a glaucoma test.
 緑内障のテストをするよ。

Rachel: Uh-huh.
 ハイ。

Dr. Miller: Sit down.
 座って。

Rachel: Okay.
 はい。

Dr. Miller: Put your chin here. Now, you'll feel a small puff of air in each eye.
 顎をここに置いて。さあ。それぞれの目にエアを一吹きかけるからね。

Rachel: What?!
 なんですって?!

Monica: A small puff of air, now, come on!
 エアをちょっと一吹きよ。ほら、しっかり!

Dr. Miller: Here we go.
 さぁ行くよ。

Rachel: All right.
 わかった。

Dr. Miller: 1…2…3!
 1、2、3!(とびのくレイチェル)

Rachel: I'm sorry. All right, I'll just stay in here this time. Okay.
 ごめんなさい。今度はじっとしてるわ。オーケー。

Dr. Miller: Ready?
 いい?

Rachel: Uh-huh.
 ええ。

Dr. Miller: 1…2…
 1、2・・

Rachel: I'm sorry.
 (逃げて)ごめんなさい。

Monica: You know what, I'm gonna hold her head.
 私、頭を押さえてましょうか。

Dr. Miller: That's okay.
 いいよ。

Monica: Okay.
 わかったわ。

Rachel: Okay.
 オーケー。
 
Dr. Miller: 1…2!
 1、2・・

Rachel: I'm sorry.
 (また逃げて)ごめんなさい。

Dr. Miller: You know what? You're young. You probably don't have glaucoma.
 そうだな、君は若い。緑内障にはなってないだろう。

Rachel: Oh… Oh! Okay, it was very, very nice to meet you, sir. . . Ow! Hey! What are you doing?! Are you crazy!
 わー! それじゃ、本当にお会いできてよかったわ。(目を素早く診るドクター)キャア! ちょっと! 何するのよ! おかしいんじゃないの?!

Dr. Miller: Okay. You've got a small, minor infection in that left eye. I want you to take these drops three times a day for a week and you'll be as good as new.
 よし。左目がちょっとした感染症にかかってるね。この目薬を日に3回、一週間さすんだよ。そうすればよくなるから。

Rachel: Yeah, no, I don't-I don't put things in my eye.
 ああ・・ダメ。私、目に何か入れるのダメなの。

Dr. Miller: Okay then, I guess we'll see you back here in three months.
 ああ、そう。それじゃ、3ヶ月後にまた来てください。

Rachel: Great!
 よかった!

Dr. Miller: And I'll fit you for a glass eye.
 ガラスの目を入れてあげましょう。

Rachel: Okay, just give me the damn drops!
 わかったわよ! その目薬ちょうだい!

Monica: Dr. Miller? . . P E C F D.
 ドクター・ミラー? (片目を覆って)P E C F D。

Dr. Miller: Very good, Monica! You know where they are.
 大変よろしい、モニカ! どこにあるかわかってるね。

Monica: I sure do! And you don't get one!
 もちろん!(引き出しからペロペロキャンデーを取り、レイチェルに)あなたはナシ!

《セントラルパーク》

Rachel: You know, I-I gotta tell you, those eye drops are a miracle. My eye is a 100% better.
 ねぇ、ほんと、あの目薬って奇跡ね! もう目がカンペキよ!

Monica: They're still in my coat.
 まだ私のコートのポケットの中だけど。

Rachel: Damn!
 クソ。

(チャンドラーが来る)
Chandler: Hey!
 やぁ!

Joey: Hey! You ready to go?
 ヘイ! もう行ける?

Chandler: Yeah, listen, how cold is it going to be there? Do I need a coat or will all these sweater vests be enough? . . . . What?
 うん。なぁ、そこってどれくらい寒いかな? コートがいるかな。それとも、このベストだけで十分?(ベスト3着ぐらい見せる・・モニカがじっと見るので)なに?

Monica: I love you.
 愛してる。

Joey: Man, I wish Ross was coming with us! You know? I'm gonna miss him!
 ああ、ロスも一緒に来たらいいのにな! いないと寂しいよ。

Phoebe: Thanks a lot! I just got that jerk out of my mind!
 ありがとね! せっかくあいつのこと忘れたとこだったのに!

Chandler: Hey, so where are we staying? Is the movie putting us up in a big hotel suite?
 (ジョーイに)なあ、どこに泊まるの? 映画のおかげでスイートに泊まれる?

Joey: Uh no, not really. It's an independent film you know? So we don't have a real big budget. I figured I'd just stay in your room.
 いや、そうじゃないよ。自主制作の映画だからさ。予算がないんだよ。だから俺はおまえの部屋に泊まろうかなってさ。

Chandler: I see, but once you get your first paycheck you'll be springing a big hotel suite, right? I mean, lead in a movie, they must be paying you a lot?
 そうか。だけど、ギャラが出ればスイートに移れるよな? だって、映画の主役なんだから、ギャラはたっぷりじゃないか?

Joey: Oh, yeah! Check this out! For every dollar Shutter Speed makes, one penny of it goes right in Joey's pocket.
 そうだよ! いいか聞けよ。「シャッタースピード」で1ドル入るたびにジョーイのポケットに1ペニーってわけだ!

Chandler: So you don't get paid unless the movie makes money?
 それじゃ映画が金にならない限り、おまえには何も入ってこないってのか?

Joey: Did you not hear the plot of the movie? "She's been dead for ten years." I'm gonna be a millionaire!
 映画のあらすじ聞いてなかったのか?「彼女は10年前に死んだ」だぞ。俺は100万長者になるぞ!

(ロスが来る)
Ross: Hey!
 やぁ!

Joey: Hey!
 おお!

Ross: I just wanna say good-bye to you guys and to see if you guys will place a little bet for me, huh? Twenty bucks on black 15.
 君たちを見送りたくてさ。それから、僕のためにかけてくれる? 黒の15に20ドル。

Joey: You got it!
 了解!

Ross: All right!
 よし!

Chandler: All right, bye-bye, now!
 よーし、じゃあバイバイ!

Phoebe: Bye!
 バーイ!

Rachel: Bye, you guys!
 バーイ!

Joey: Bye-bye!
 バイバイ!

Monica: I wanna say good-bye at the car!
 車まで見送るわ!

Chandler: Okay!
 オーケー!

Joey: Anybody want to say good-bye to me at the car?
 誰か俺のこと車まで見送らないの?

Rachel: Oh, honey, I'll say good-bye to you at the car if you don't mind the pus.
 ああ、私が見送るわよ。私のこの膿みが気にならなければだけど。

Joey: See ya!
 じゃあな!(出て行く)

Rachel: Wait a minute! The puss is good! It means it's healing!
 待ってよ! 膿みはいいのよ! 治ってる証拠よ!(追いかけていく)

Ross: Hey, Pheebs, what 'cha reading? . . . Pheebs? Hello? . . Phoebe? Phoe-Phoebe! . . Come on!
 やぁ、フィーブス。何読んでるの? (無視される)フィーブス? もしもし?(近寄ってのぞく)フィービー? (本に顔を隠して逃げるフィービー)フィービー? フィー・・フィービー! ちょっと!(本を奪う)

Phoebe: Oh, I'm sorry. I didn't see you there.
 あら、ごめんなさい。いるって知らなかった。

Ross: Phoebe, are you, are you mad at me, or something? 'Cause if you are, please tell me what it is I did!
 フィービー、僕に怒ってるかなんか? もしそうなら、僕が何をしたか教えてよ!

Phoebe: Well, if you don't know I can't help you.
 あなたにわからないなら、助けられないわね。

Ross: Well, I don't know.
 わからないよ。

Phoebe: Well, I can't help you.
 救いようがないわ。

Ross: Well, whatever it is I'm-I'm very, very sorry. Okay?
 何をしたんであれ、とにかく、本当に本当にごめんよ。いい?

Phoebe: Apology accepted.
 謝罪は聞いたわ。

Ross: Okay. So we're, we're good?
 そう。それじゃ、もういいんだね?

Phoebe: Uh-huh.
 ええ。

Ross: All right. I'll uh, I'll see you later, okay?
 よかった。(立ち上がる)それじゃまたね、いいね?

Phoebe: Bye, fat ass.
 バーイ、デカケツ。

Ross: ALL RIGHT!! Phoebe, now, come on! Will you please tell me what it is I did that mad you so mad at me!
 もういい! フィービー、頼むよ!! 何に対して怒ってるのか、頼むから言ってよ!

Phoebe: I don't know! I don't remember!
 わからない! 覚えてないもん!

Ross: If you can't remember, can't we just forget about this?
 ・・覚えてないなら、このこと忘れてくれない?

Phoebe: Oh no, I am mad at you. I know that much. But, I am sorry about the "fat ass" thing. Because you actually have a very sweet little heinie.
 それはダメよ。あなたに怒ってるの。そのことは間違いないわ。でも、「デカケツ」はごめんなさい。あなたのはかわいい小さなお尻よ。

《車内のジョーイとチャンドラー》

Joey: Man, I'm getting pretty tired. You're might have to take over soon.
 ああ、すごい疲れたよ。あと少しで代わってくれよな。

Chandler: We've been driving for a half-hour, and you haven't looked at the road once.
 30分走っただけだよな。その間一度も道路を見てないよな。

Joey: Don't worry, it's out there! . . I think I just need lunch.
 心配するな、そこにちゃんとあるから! 昼飯にしたいな。

Chandler: Yeah.
 ああ。

Joey: You wanna eat? My treat!
 食べる? (20ドル出す)俺のおごりだ!

Chandler: Isn't that Ross's money?
 それロスの金じゃないのか?

Joey: Yeah. Okay. Ross's treat! Where do you wanna eat?
 ああ。わかったよ。ロスのおごり! どこで食べる?

Chandler: I don't know.
 わからん。

Joey: Ooh, hey, I know how we can decide! All right, uh, I'm gonna ask you a bunch of questions and then you have to answer real fast. Okay? So uh, clear your mind Clear it right out! Clear it out! Clear!
 あ、そうだ。どうやって決めるかわかったぞ。いいか、おまえにいくつか質問するから、すぐに答えるんだぞ、いいか? それじゃ、頭を空っぽにして。空っぽだ! 空!

Chandler: Okay!
 わかった。

Joey: Okay, uhh, would you rather be too wet or too dry?
 よし、そろじゃ、濡れすぎと乾きすぎどっちがいい?

Chandler: Too dry.
 乾き過ぎ。

Joey: Do you believe in ghosts, yes or no?
 幽霊信じるか信じないか?

Chandler: No!
 信じない。

Joey: Is this movie gonna be my big break?
 この映画は俺の大ブレイクになるか?

Chandler: No!
 ならない!

Joey: What?!
 なに?

Chandler: Yes.
 なる。

Joey: Dude, you said, "No!"
 おまえ「ならない」って言った!

Chandler: I also said, "Yes!"
 「なる」とも言った。

Joey: You don't think this is going to be a big break for me?
 おまえこれが俺の大ブレイクになると思わないっていうのか?

Chandler: No! Ahhh!!!
 ならない! わーっ!

Joey: I don't believe this!
 信じられない!

Chandler: Look, Joe, I just, I just don't want to get your hopes up real high, you know?
 なぁ、ジョー、ただ俺はおまえに、あまり期待しすぎてほしくないんだよ。

Joey: What are you talking about?! I'm the lead in a movie!
 何を言ってるんだよ? 俺は映画の主役なんだぞ!

Chandler: They're not even paying you! This doesn't even sound like a real movie!
 ギャラも払われないんだぞ! 本当の映画かどうかもわからない感じじゃないか!

Joey: Y'know what? I don't need this! Okay? I don't know why you're dumping all over my big break.
 そんなの聞きたくない! いいか、なんで俺の大ブレイクを信じないんだよ。

Chandler: Joe, I don't think this is going to be your big break.
 ジョー、これがおまえの大ブレイクになるとは思えないんだよ。

Joey: Is that why you're on this trip, huh? Make me feel like a loser? 'Cause if it is, I'll tell ya, I-I-I'd rather be alone.
 そんなこと言うために一緒に来たのか? ダメだって思わせたいのか? もしそうなら、1人で行った方がいい。

Chandler: Oh, you don't want me on the trip?
 俺に一緒に来てほしくないっていうのか?

Joey: Not if you're gonna be like this!
 そんなことを言うならな!

Chandler: All right, I'll tell ya what, the next time you ask me a question like that I'll lie.
 そうか。じゃあ言うけど、今度聞かれたらウソを言うさ。

Joey: Yeah! I don't want you on the trip!
 そうか! じゃあ一緒に行きたくない!

Chandler: All right, fine! Fine! Why don't you pull over? I'll get out right now!
 わかったよ。もういい! じゃあ車とめろよ! すぐ降りてやる。

Joey: Fine! Get out!
 わかったよ! (車止める)降りろ!

Chandler: You're not actually supposed to stop on the bridge.
 橋の上でとめちゃダメだ。

Joey: Get out!!
 降りろ!

Chandler: All right!!. . . Wait! Wait, there's no sidewalk! Yeah, I'm gonna die here.
 わかったよ!(降りる)待て! 待てよ! 歩道がないぞ! ああ、ここで死ぬんだな。

《セントラルパーク》

Ross: Okay, are you mad at me because my hair gel smells?
 じゃあ、僕の髪のジェルのせいで怒ってる?

Phoebe: No.
 違う。

Ross: Are you angry at me because I said your handwriting is childlike?
 それじゃ君の書いた字が子供みたいって行ったから怒ってる?

Phoebe: No, that made me feel precious.
 違う。あれはすごくうれしかった!

Monica: Oh, I know! Umm, is it because he's always correcting people's grammar? Whom! Whom! Sometimes it's who!
 あ、わかった! いつも人の文法をただすから? 「Whom!」「Whom!」って。「Who」でいい時だってあるのよ!

Ross: Yeah? Sometimes it's…
 そう? 時々(こぶし同士ぶつけるアレをやる)

Rachel: Oh, did you beat him at a board game? He turns into such a baby when he starts to lose.
 あっ、ボードゲームで彼を負かした? ロスって負けそうになると子供みたいになるもんね。

Ross: Okay, I'm the baby.
 そうだよ、僕は子供だよ。(目に指を近づける)

Rachel: Eh! Stop it!
 いや! やめてよ!

(チャンドラーが来る)
Chandler: Hey!
 ヘイ・・

Monica: Chandler! What are you doing here?
 チャンドラー! 何してるの?

Ross: Hey!
 ヘイ!

Chandler: Joey kicked me out of the car on the George Washington bridge!
 ジョージ・ワシントン橋でジョーイに車から降ろされた。

All: Why?!
 なんで?

Chandler: I don't know! He went crazy! You know, we were playing that game where you-you ask a question and you answer it really fast.
 知らない! おかしくなったんだよ! 質問をしてすぐ答えるっていうあのゲームをやってたんだよ。

Phoebe: That game should not be played without my supervision.
 あのゲームは私が監督しないとダメなのよ。

Chandler: Well, I don't know what made him so mad, you know? All I said was that uh, I didn't think this wasn't gonna be his big break, that this movie wasn't going to do anything for him, and that uh, y'know it didn't sound like a real movie--Okay, he should've pushed me off of the bridge.
 何をそんなに怒ってるのかわからないんだよ。俺はただ、これがやつの大ブレイクになるとは思えないって、本当の映画とも思えないからうまくいかないって言っただけなんだよ・・・ああ、橋で下ろされるのももっともだよな。

Phoebe: What's in the bag?
 その袋は何が入ってるの?

Chandler: Oh, I figured you guys would all be mad at me. So I got you some gifts that I found on the side of the road. Who wants the teddy bear with one leg?
 ああ、これは、君たちが俺に怒るかなと思ってさ、道で贈り物拾ってきた。足が1本のテディベア欲しい人?

Phoebe: I do!
 欲しい!

《モニカ達の部屋:目薬をさすレイチェル》

Rachel: Okay.
 いくわよ・・(目から離れたところで目薬)

Monica: Not, even close.
 近くさえない。

Rachel: Okay, then y'know what? Help me! I need help! I can't do this!
 そう、じゃあ助けてよ! 助けて! できない!

Monica: Okay! All right! Let's do it!
 わかった。いいわ。やりましょ。

Rachel: All right!
 よし。

Monica: Sit down.
 座って。

Rachel: All right.
 ええ。

Monica: Put your head back.
 頭を後ろに。

Rachel: Yes!
 ハイ!

Monica: All right.
 よし。

Rachel: Okay.
 オーケー。

Monica: Now, open your eyes.
 目を開いて。

Rachel: Okay, they are.
 うん。はい。(閉じたまま)

Monica: How many fingers am I holding up?
 今指を何本あげているか?

Rachel: Four.
 4本。

Monica: Oh, my God, I was thinking four.
 すごーい! 4本って思ってたのよね!

Rachel: Really?!
 ほんとぉ?!

Monica: Yes! All right, y'know what? Why don't we start with a practice run? Okay?
 そうよ! じゃあさ、練習から始めようか。ね?

Rachel: Okay!
 わかった!

Monica: No drops!
 落とさないから。

Rachel: Great!
 いいわ。

Monica: Okay.
 オーケー。

Rachel: Okay.
 オーケー。

Monica: On three, 1…2…3! Now my pillow's all wet!
 3で行くわよ。1、2、3! (レイチェルが逃げる)クッションが濡れたじゃん!

Rachel: Well, well, you said it was practice!
 練習って言ったじゃん!

Monica: Then why did you move?!
 じゃあなんで動くのよ!

Rachel: Because I knew you were lying!
 ウソだってわかってたもん!

Monica: All right, come here!
 もういい、来なさい!

Rachel: What are you? Monica!! Stop it!! Oh, my God! Stop it!
 何を?! モニカ! やめて! ちょっと! やめてよ!(床の上で押さえ込まれる)

Monica: I am going… I'm going--Turn it over! . . I'm… I am going to get these drops in your eyes.
 あなたを・・あなたを・・仰向けにさせるのよ! 目薬さしてやる!

Rachel: Oh, my God! You really are freakishly strong! Monica! Stop it!
 もうなんなの! 恐ろしい力ねあなた! モニカ! やめて!(両手で押さえて目薬をくわえてしずくを落としているモニカ)

Monica: Damn! It's empty!
 クソっ! 空っぽ!

Rachel: Wow, y'know if Joey and Chandler walked in right now, we could make a fortune!
 ああっ。もしジョーイとチャンドラーが今ここに入ってきたら、すごい儲かるわよね。

《モニカ達の部屋:電話が鳴る》

Phoebe: Ooh that is definitely Chandler, Joey, or Ross. Or-or Rachel!
 それは絶対チャンドラーからよ。それかジョーイ。それかロス。レイチェルかも!

Monica: Hello? It's Joey. I'm so glad you called! Chandler told me what happened. Y'know he's really upset about it.
 もしもし。(フィービーに)ジョーイよ! (ジョーイに)電話くれて嬉しいわ。何があったかチャンドラーに聞いたわ。かなり動揺してたわよ。

Joey: Not as upset as he's gonna be when he finds out what I did with his sweater vests!
 自分のベストがどうなったか知ったらもっと動揺するよ。

Monica: What did you do to his sweater vests?
 彼のベストどうしたの?

Joey: Let's just say there's a well-dressed pack of dogs in Ohio. Hey, Monica, listen is-is Phoebe there? I gotta ask her something about the car.
 オハイオにはおしゃれした犬達がいるってことだよ。なぁ、フィービーそこにいる? 車のことで、彼女に聞きたいんだ。

Monica: Yeah, she's here. Hold on a second.
 ええ。いるわよ。ちょっと待って。

Phoebe: Hey, dude!
 ハーイ!

Joey: Hey, Pheebs! Listen, this wooden box keeps sliding out from under the seat. What-what is it?
 やぁ、フィーブス! なぁ、椅子の下で滑り回ってる木の箱があるんだけど、これ何?


Phoebe: Oh, that's my grandma. And thanks Joey she's having a really great time.
 ああ、それ、おばあちゃんよ。ありがとう、ジョーイ。彼女楽しんでるわ。

(チャンドラーが来る)
Chandler: Is that Joey? Is that Joey? Let me talk to him! I wanna talk to him!
 それジョーイ? ジョーイ? 代わって! やつと話したいんだ。

Phoebe: Okay, Joey? Chandler's here, he was wondering… Okay, I guess he ran out of change.
 ジョーイ? チャンドラーが来たわ。彼が・・(切れる)お金がなくなったみたいよ。

Chandler: Y'know, he won't even talk to me. How am I going to apologize to him if he won't even talk to me?
 俺と話そうともしてくれないんだ。話そうともしなかったら、どうやってあやまったらいいんだ?

Monica: Well, maybe you should send him something. So that when he gets to Las Vegas he'll know that you're sorry.
 何か送ったら? 彼がラスベガスに着いたら、あなたが謝ってるってわかるじゃない。

Chandler: That's a good idea. I wonder where I could get a basket of porn…
 それはいいな。・・バスケットいっぱいのポルノどこに行けばあるかな。

Phoebe: No, don't-don't say I'm sorry with porn!
 ダメよ! ポルノでごめんなさいはダメよ。

Chandler: Really?
 そう?

Phoebe: Y'know what you should send him? A cartoon of cigarettes. 'Cause that why he could trade it for protection. No. That's prison.
 何を送ったらいいかってうと、タバコ1カートンよ。それなら身の安全とも引き換えにできるし。。違った、それは刑務所だった。

(ロスが来る)
Ross: Okay, Pheebs, I know how we're going to figure this out. Okay, clear your mind and answer the first thing that comes into your head. Okay?
 よし、フィーブス、どうやって見つけるかわかったよ。いいかい、頭を空っぽにして、最初に頭に浮かんだことを答えて、いい?

Phoebe: Uh-hmm.
 わかった。

Ross: What do you like better flora or fauna?
 植物と動物ではどっちが好き?

Phoebe: Fauna.
 動物。

Ross: Who would you rather be Simon or Garfunkel?
 サイモンかガーファンクル、なるならどっち?

Phoebe: Garfunkel.
 ガーファンクル。

Ross: Why are you mad at me?
 なんで僕に怒ってるの?

Phoebe: You said I was boring--Ohh!
 私が退屈だって言ったから。・・・ああ!

Ross: When did I say you were boring?!
 いつ僕が君を退屈だって言った?

Phoebe: Oh, my God, I remember now! We were playing chess!
 オーマイゴッド! 今思い出したわ! 私たちがチェスしてた時よ!

Ross: Phoebe! You and I have never played chess!
 フィービー! 君と僕は一度もチェスなんてしたことないよ。

Phoebe: Oh, come on! Yes, remember that time on the frozen lake? We were playing chess, you said I was boring, and then you took off your energy mask and you were Cameron Diaz! . . . Okay, there's a chance this may have been a dream.
 何いってるのよ! したわよ。あの凍った池の上でのことよ。私たちチェスをしていて、あなたが、私のこと退屈だって言って、それからあなたがエネルギーマスクを外したら、あなたはキャメロン・ディアスになって・・・。あのね、これって、夢だったかもしれないわね。

《目的地についたジョーイ》


Joey: Hey-hey! Stanley! Hey-hey! You're leading man is here! Let's get to work.
 やぁ! スタンリー! よぉ! 君の主役が来たぞ! 始めよう!

Stanley: Umm, slight change of plans. We've shut down.
 あー、ちょっとした変更があってね。もうやめだ。

Joey: Wh-what?! Why?!
 なんだって? なんで?

Stanley: It's a money thing, we don't have any.
 金の問題だよ。ないんだ。

Joey: You're kidding right?
 冗談だろ?

Stanley: No.
 いや。

Joey: What?!
 ええ?!

Stanley: It-it's probably just temporary. We're hoping to get some more money soon, so if you could just uh, hang out.
 なんとかなるかもしれない。金がすぐ入ってくることを祈ってるが、それまでまぁ待っててくれ。

Joey: Uh, hang out?! How long?
 待ってろって? いつまで?

Stanley: I don't know. A week? Maybe two? The money will turn up! People will always wanna invest in movies! Hey, you're not rich, are you?
 わからないな。1週間かな? 2種間かもな。金はなんとかなるよ! みんな映画に投資するの好きだからな。なぁ、君は金持ちじゃないよな?

Joey: No!
 じゃない!

Stanley: Eh, worth a shot. Look, Joey, let me know where you're staying, okay?
 ああ、聞いてみたまでさ。どこにいるか知らせてくれ、いいな?

(撮影助手が近づいてくる)
The Grip: Hey, pal, are you Joey Tribbiani?
 やぁ、君。君、ジョーイ・トリビアーニ?

Joey: Yeah.
 ああ。

The Grip: These got left for you.
 これ君にって。
 
Joey: Thanks. . . Congratulations on your big break.
 ありがと。(カードを読む)大ブレイクおめでとう。(みんないなくなる)

《モニカ達の部屋:電話が鳴る》

Monica: Hello?
 もしもし?

Joey: Hey, Monica, it's Joey!
 やぁ、モニカ、ジョーイだ。

Monica: Hey, Joey! Aww, you remembered even though you're a big star!
 あら、ジョーイ! ああ、大スターになっても私のこと覚えててくれたのね!

Joey: Aw, come on! It'll be years before I forget you!
 あー、何言ってんだよ! もうしばらくは覚えてるよ!

Monica: Joey, what's it like on a movie set, huh? Do you have a dressing room? Do you have a chair with your name on it?
 映画セットはどんな感じ? あなたの楽屋はあるの? あなたの名前いり椅子もある?

Joey: Uh, well yeah-yeah, I've got all of that going on. Yeah, listen uh, I want you to make sure you tell Chandler that he couldn't have been more wrong! Uh-oh! I gotta go Monica, my uh, my sushi's here!
 ああ、そういうの全部あるよ。なぁ、チャンドラーに、とんでもない間違いだったぞって必ず言っといてくれよ。あっ、モニカ、もう行かなきゃ。俺のスシが来た。

《ラスベガス・シーザーズバレス》

Joey: Sorry about that. Thanks for waiting. Okay! Everybody smile! . . . Okay, thanks a lot! Enjoy your stay at Caesar's! We hope it's toga-rific! . . . Kill me. Kill me now.
 (顧客家族に)悪かったね、待っててくれてありがとう。さぁ、みんな笑って!(並んで写真)オーケー、どうもありがとう! シーザーでの滞在を楽しんで! うんと楽しんで! (家族は立ち去る)殺して。今すぐ殺して。

(toga-rific = terrific の変形造語。toga = トーガ。古代ローマのゆるやかな衣服)

《モニカ達の部屋》

Ross: Hey, Rach, can you pass me the TV Guide?
 ねぇ、レイチ、TVガイドとってくれる?

Rachel: Yep!
 ええ!

Monica: Go!!
 行け!

(ロス・チャンドラー・フィービーがレイチェルを床に押さえつける)
Rachel: What?!! Stop it! Stop it! Oh my God!
 なに? やめて! やめてよ! オーマイゴッド!!

Monica: Okay! Okay! Okay! . . We'll see you in about 3 or 4 hours.
 オーケー! オーケー! オーケー! (取り押さえられたレイチェルに目薬をさす)3時間か4時間後にまたね。

Rachel: Oh!
 ああっ!



*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.

 なんていい友達!!


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.
 はぁ。毎日1エピソードアップはきついです。
 知らないうちに日が過ぎていきます。
 でも理由はないけど・・頑張っております。
posted by らんち at 00:50| Comment(0) | Season 5 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。