2013年08月15日

4-24 The One With Ross’s Wedding Part II

4-24 ロスの結婚式の話 Part 2

 ☆ロスの結婚式 ー Part 2

Joey: Previously on Friends..
 (声のみ)前回までのフレンズは・・

(モニカ達の部屋:イギリス出発前)
Ross: I can’t believe you’re not gonna be there!
 君が来てくれないなんて信じられないよ。

Rachel: I know.
 そうなの。

Ross: Why-why can’t you take a couple of days off?
 どうして2日くらい休みが取れないの?

Rachel: Because, I can’t! Ross.
 できないのよ、ロス。

Ross: This is my wedding.
 僕の結婚式なんだよ。

(会場を見に来たロスとエミリー・モニカ)
Monica: So I can’t wait to see it you guys are getting married.
 早くあなた達の式場を見たいわ。

Ross: Emily’s parents got married here.
 エミリーの両親がここで結婚式をあげたんだよ。

Emily: It's the most beautiful place you’ll ever see. It’s right over… . . Oh, my God!
 見たこともないようなきれいなところよ。すぐそこ・・・まぁ、なんてことなの!

Ross: The only thing I understand is postponing it is not an option.
 僕にわかってるのは、延期なんて選択肢はないってことだけだ。

Emily: I tell you, this wedding is not gonna happen.
 言っとくけど、もう結婚式はないわよ。

Ross: If you don’t love this, then we’ll do it in any other place at any other time. Really, it’s fine.
 もしこれが気に入らないなら、ほかのどこでも、いつでもいいんだよ、本当だ。いいんだよ。

Emily: It’s perfect.
 完璧よ。

(モニカ達の部屋のレイチェルとフィービー)
Rachel: I'm going to London.
 ロンドンに行くわ。

Phoebe: What?!
 何ですって?

Rachel: It's not over until someone says, "I do."
 「誓います」って言うまでは終わりじゃないわ。

Phoebe: I do! I do! I do! Rachel, no!
 誓います! 誓います! 誓います! レイチェル! ダメよ!

《ウォルサム邸》

Housekeeper: The Waltham Residence.
 ウォルサム宅でございます。

Phoebe: Hi, is this Emily’s Parents’ house?
 どうも。そちら、エミリーのご両親の家?

Housekeeper: This is the housekeeper speaking. And by the way, young lady, that is not how one addresses a person on the telephone. First one identifies oneself and then asks for the person with whom one wishes to speak.
 手伝いのものでございますけれども、いいですか、お嬢さん、それは電話で人をたずねる方法として正しくありませんよ。まず、名乗って、それから、話したい相手を頼むのです。

Phoebe:This is Phoebe Buffay. I was wondering, please, if-if it’s not too much trouble, please, umm, might I speak to Miss Emily Waltham, please?
 こちらフィービー・フッフェでございます。どうでしょうか、お願いしますが、もしよろしければお願いなんですが、エミリー・ウォルサムさんとお話できるかしら、お願いします。

Housekeeper: Miss Waltham is at the rehearsal dinner. And it’s not polite to make fun of people. Goodbye.
 ミス・ウォルサムはリハーサル・ディナーに出ております。そして、人をバカにするのは礼儀に反しますよ、さよなら。

Phoebe: No no no, I’ll be nice, I swear!!! Could you just give me the number for where they are?
 ダメダメだめ! ちゃんとするから! ほんと!みんながいるところの電話番号教えてもらえない?

Housekeeper: I’m afraid, I’m not at liberty to divulge that information.
 残念ですが、そのようなことをお知らせするわけにはまいりません。

Phoebe: Ok, somebody is on their way to ruin wedding, okay? And I have to warn somebody, alright. So if you don’t give me that number then I’m going to come over there and I'm gonna kick your snooty ass all the way to New Gloukenshire. . . Hello? Hello? Oh, she knew I could kick her ass.
 ある人がそっちへ向かっているのよ、結婚式を台無しにされちゃうわ。誰かにそれを忠告しないといけないの。だから、もしその電話番号を教えてくれないなら、私が直接そっちへ行って、あなたのその気取ったお尻、グロッケンシャイアまで蹴飛ばすわよ・・・もしもし? もしもし? ああっ、あいつ私に蹴られるってわかったわね。

(Gloukenshire = 適当にありそうな地名を言ったと思われます)

《リハーサル・ディナー会場》

Monica: Hey.
 ハーイ!

Ross: Hi. Mom. Dad.
 やぁ、かあさん。とうさん。

Mrs. Geller: Sweetheart. Oh, sorry, we're late, my fault. I insisted on riding the tube.
 ロス、ごめんね、遅れて。私のせいなのよ。あれに乗りたいって言いはったもんだから。

Mr. Geller: Judy, the kids..
 ジュディ、子供の前だぞ。

Mrs. Geller: Jack, that’s what they call the subway.
 ジャック、あれって地下鉄のことよ。

Mr. Geller: Ohh, I thought that you....
 ああそうか。私はてっきり・・

Ross and Monica: Dad, dad. We got it!! We Got It!!!
 とうさん! とうさん! わかった! わかったから!!

Emily: Ohh, here comes my dad and stepmom. Mister and Misses Geller, this is Steven and Andrea Waltham.
 あ、私の父と継母が来たわ。おとうさん、おかあさん、こちらスティーブンとアンドレア・ウォルサムです。

Mr. Waltham: Hello. Hello. How do you do? How do you do? Very nice to meet you. Darling it’s the Gellers. . . Darling, it’s the Gellers. . . She’s very self-involved. I should never have married her.
 どうも、どうも。初めまして。初めまして・・お会いできてうれしいですよ。(妻に)ねぇ、ゲラーさんだよ。きみ、ゲラーさんだよ。・・(みんなに)自分のことしか頭になくてね。結婚するんじゃなかったよ。

Mrs. Waltham: Sorry, what?
 え、なに?

Mr. Waltham: It’s the Gellers, darling.
 ゲラーさんだよ、きみ。

Mrs. Waltham: Where?
 どこに?

Mr. Waltham: Well, that’s one and that’s another one.
 あれと、もう1人あっち。

Mrs. Waltham: Lovely to meet you.
 お会いできてうれしいわ。

Mr. Waltham: Terribly nice of you to offer to pay for half the wedding.
 結婚式費用を半分もっていただけるなんて、本当にありがたいよ。

Mr. Geller: Oh, forget it. The hell with tradition, we’re happy to do it.
 なんでもないですよ、伝統がなんだ、喜んで払いますよ。

(hell with it = forget about it
 イギリスの伝統では花嫁の父が費用を払う)


Mrs. Geller: We know how expensive weddings can be. Besides this may be the only wedding we get to throw.
 結婚式ってお金がかかりますものね。それに、うちでは結婚式はこれきりかもしれませんしね。

Monica: Ha ha, a joke that’s funny in all countries.
 ハハ・・どこの国でも笑えるジョークよね。

《チャンドラーとジョーイ》

Waiter: Sir?
 いかがですか?

Joey: What’s in it?
 それなに入ってんの?

Waiter: Goat cheese, watercress, and pancetta.
 ヤギのチーズ、クレソン、パンチェッタでございます。

Joey: That’s not food...No... Everything's different here...I want to go home. I...I miss my family. I miss the coffee house. I can’t even remember what Phoebe looks like.
 そんなの食べ物じゃない。いやだ・・(チャンドラーに)ここは何もかも違う。もう帰りたい。家族が恋しいよ。コーヒーハウスが恋しい。フィービーの顔が思い出せないよ。

Chandler: Joey, it’s been three days, okay? You're just a little homesick, Okay. Would you just try to relax. Just, just enjoy yourself.
 ジョーイ、たった3日だぞ。ちょっとホームシックになってるだけだ。いいな。ちょっとリラックスしろ。ただ楽しめ。

Joey: You're different here too. You're mean in England.
 おまえもここでは違う。おまえイギリスでは意地悪だ。

《ゲラー家のテーブル》

Mr. Geller: What the hell!!!
 なんだこりゃ?!

Ross: what’s up, Dad?
 どうした、とうさん?

Monica: What's the matter?
 どうかしたの?

Mr. Geller: This bill for my half of the wedding. It’s insane.
 結婚式費用のうちの分だよ。こんなの、どうかしてる。

Mrs. Geller: How can it be so much? The receptions at their house.
 どうしたらそんな額になるの? 披露宴はあちらのお宅でするのに。

Mr. Geller: Flowers, liquor, re-carpet first floor? New guest bath, landscaping. I’m paying to remodel this guys house. I’m gonna give that son on a bitch, a piece of my mind.
 花代、酒代に、2階のカーペット張り替え? 来客用浴室、庭の整備。あいつの家の改築費用を支払わされるのか。あのやろう、一言言わせてもらうぞ。

(give one a piece of my mind = 正直な気持ちを言う)

Ross: Dad, dad, please. Look I don’t want anything to upset Emily tonight. Alright, she's had a hard enough couple of days as it is. Now here, here, let me go talk to him, okay?
 とうさん、とうさん、頼むよ。今夜エミリーを困らせたくないんだ。いい? この2日間大変だったんだから。ほら、僕が話してくるから、ね?

Mr. Geller: And you tell him no one takes advantage of the Gellers.
 誰にもゲラーにつけこませたりしないと言うんだぞ。

Mrs. Geller: Ooh, Jack.... Sometimes I forget how powerful you can be.
 ああ、ジャック! あなたってすごく頼もしいのよね。(キス)

Monica: And I’m going to go get drunk.
 私は酔っ払ってこよっと。

《ニューヨークの空港》

Rachel: Ooh, ooh, ooh,ooh,ooh. Hi.
 あっ、あっ、あっ。ハーイ。

Ticket Agent: Hello.
 ハッロー♪

Rachel: Hello. Umm, when is your next flight to London?
 ハッロー♪ ロンドンへの次のフライトはいつ?

Ticket Agent: There’s one leaving in thirty minutes.
 30分後に出発するのがございます。

Rachel: Ohh, good.
 ああ、よかった。

Ticket Agent: And I do have one seat left.
 1席残っておりますよ。

Rachel: Ohh, thank you, thank you, thank you.
 ああ、ありがとう、ありがとう、ありがとう。

Ticket Agent: The last minute fare on this ticket is twenty seven hundred dollars.
 直前のご購入は2,700ドルでございます。

Rachel: Ohh, I just don’t think I have enough left on my credit card.
 ああ・・クレジットカードの限度が大丈夫かしら。

Ticket Agent: Well, you can split it with another credit card.
 カードを何枚かに分けてもいいですよ。

Rachel: Ohh, okay, how about five. Ohh, thank you.
 ああ、そうね、じゃあ5枚でどうかしら。ああ、ありがと。

Ticket Agent: I’m just going to need to see your passport.
 それでは、パスポートを拝見いたしますが。

Rachel: Okay, you know what? I don’t have it, but I can tell you exactly where it is on my night stand, and...okay. But you know what? I have my drivers license and I have a twenty.
 ・・ねぇ、今持ってないけど、でもナイトスタンドの上のどこにあるかはっきり言えるわ。いい? 免許証ならあるし、それから、20ドルあるわよ。(すべて突き返される)

《リハーサルディナー会場》

Ross: Look, face it, my father is not going to pay for the build-in barbecue and believe me, you can kiss you gazebo goodbye. Now I might be able to get you the new lawn.
 いいですか、あきらめてください。父はビルトイン・バーベキューの分なんて払いませんからね。それに、あずまやにはお別れいってくださいね。新しい芝代ぐらいは払えるかもしれませんけどね。

Mr. Waltham: Ahh, then you have to give us the lawn ornaments.
 だったら庭のオーナメントも払ってもらいたいね。

lawnornament.jpg(lawn ornament = 庭用の飾りのものいろいろ)

Ross: I go back there with lawn ornaments, he’s gonna laugh in my face.
 そんなもの払うって言って戻ったら、僕が父に笑われますよ。

Mrs. Waltham: Will you say something, Steven?!
 なんとか言いなさいよ、スティーブン!!

Mr. Waltham: Don’t take that tone with me. . . All-all right, you can.
 私にそんな口の聞き方をするな。(睨まれ)・・・いや、どうぞ。

《モニカ達の部屋:レイチェルが駆け込んでくる》

Rachel: Hi, Pheebs.
 ハイ、フィーブス。

Phoebe: Oh, thank god. Oh, you changed your mind. Oh, look I know you probably want to be alone, and you don’t want to talk about it, that’s fine. I just want you to know, I think you are doing the right thing and...
 ああ、よかった! 考え直してくれたのね。ね、1人になりたいかもね。話したくないならいいのよ。ただ言っておくけど、戻ってきたのはいいことよ。

Rachel: Bye, Pheebs.
 バイ、フィーブス(駆け出して行く)

Phoebe: Wait!! Where are you going?! What are you doing?! No!! Wait!! God!! Why am I always pregnant when she does that?!
 待って! どこ行くのよ?! なにしてんの?! だめよ、待って! ・・ああ! 彼女があんなことするとき、なんで私いつも妊娠してるの?

《リハーサルディナー会場:チャンドラーのスピーチ》

Chandler: I’d like to toast, Ross and Emily. Of course, my big toast will be tomorrow at the wedding, so this is kind of my little toast or Melba toast, if you will. . . Okay. I've known Ross for a long time. In fact, I knew him when he was going out with his first girlfriend. And I thought things were going to work out for him..Until the day he over-inflated her. . . Ohh, Dear God..
 ロスとエミリーにトースト(乾杯)をさせてください。もちろん、明日の結婚式が本番のトーストになるので、今日は小さいトーストというか、メルバトーストというか・・(誰も笑わない)・・ロスとは長い知りあいです。実際、僕は、彼の初めてのガールフレンドも知ってます。うまくいくかと思ってました。彼女のおなかが大きくなってしまうまでのことですけど・・(気まずい)・・ああ。どうしよう。(会場内で電話が鳴る)
スクリーンショット 2013-08-11 20.55.27.pngメルバトースト


Mrs. Waltham: Hello, Waltham Interiors.
 もしもし、ウォルサム・インテリアです。

Phoebe: Oh, hi, Mrs. Waltham. I need to speak with ether one of the best men, or Ross’ sister Monica.
 あ、どうも、ミセス・ウォルサム。私、付添人か、ロスの妹のモニカと話したいんです。

Mrs. Waltham: Who is this?
 誰なの?

Phoebe: Oh, I’m Phoebe Buffay. I’m one of Ross’s best friends.
 あ、私はフィービー・ブフェ、ロスの親友です。

Mrs. Waltham: Well, if you’re on e of Ross’s best friends, why aren’t you here?
 ロスの親友だっていうなら、なぜここに来てないの?

Phoebe: Yeah, um, I can’t fly. I’m having my brother’s babies.
 ええ、飛行機に乗れないんです。弟の子供を妊娠中なものだから。

Mrs. Waltham: Oh, am I on the radio?
 まぁ。これラジオ?

Phoebe: No..umm, can I talk to one of them? It’s very very important.
 いいえ。誰かと話せませんか? とっても大事なことなんです。

Mrs. Waltham: No, I’m bored of you now. I’m going to cut you off.
 いいえ。つまんないから、もう切るわ。

Phoebe: Oh!
 まあ!

Chandler: I’m sure we’re all very excited that Ross and Emily are getting married at Montgomery Hall. I mean to think, my friend getting married in Monty Hall. . . Oh, come on!! Monty Hall!! Lets make a Deal!! Come on, you people!! All right, forget it!! Congratulations, Ross and Emily.
 ロスとエミリーがモンゴメリーホールで結婚式だなんて、すごくうれしいですよね。友達が、モンティ・ホールで結婚だなんて・・(沈黙)・・なに、頼むよ! モンティ・ホール! レッツ・メイク・ア・ディール! どうなの、みんな! いいよ、もういい! ロスとエミリー、おめでとうございます。
makeadeal.jpg
レッツ・メイク・ア・ディールというゲームショーが、モンティ・ホールで行われていた)

Joey: Hey, best man number two, Joey Tribbiani. Now I’m not good with the jokes like Chandler here. But ahh, I just want to say congratulation to the happy couple. I first met Ross in this coffee house back home...Home...New York City...Where everybody knows my name. Well, anyway, I love you guys. But not as much as I love America. . . Can we please, go home now?
 どうも、2人目の付添人、ジョーイ・トリビアーニです。チャンドラーみたいにジョークはうまくないですけど、ただ、この幸せなカップルにおめでとうと言わせてください。ロスと初めて会ったのは、故郷のコーヒーハウスでした・・・故郷・・ニューヨーク・シティ・・みんなが僕の名前を知っている・・・いや、とにかく、みんな愛してるよ。・・でもアメリカほどじゃない・・(チャンドラーに)もう帰ろうよ、お願い。

Felicity: Are you going home? I was hoping to get to know you better.
 もう帰るの? あなたのこともっと知りたいと思ってたのに。

Joey: I’m not going anywhere, sweetheart.
 どこへも行かないよ、素敵なきみ。

《時間経過:モニカとチャンドラー》

Monica: I was laughing.
 私は笑ったわよ。

Chandler: Out loud?
 声に出して?

Monica: Well, I didn’t want everyone to think I was stupid.
 ま、バカだと思われたくはなかったのよ。

Chandler: So how are you doing?
 ・・それで、調子どう?

Monica: My mother’s driving me crazy, but Ross is getting married. I’m happy. I’m not going to let anything spoil that.
 母の言うことにはどうかなりそうだけど、でも、ロスが結婚するんだもの。嬉しいわ。この幸せは何にも壊されないわ。

Drunk Man: I just want to say that Ross is a wonderful young man.
 (モニカに話しかけてくる)ロスは素晴らしい若者ですな。

Monica: Well, thanks, we like him.
 ええ、ありがとう。私たちも好きなんですよ。

Drunk Man: My god!! You must have been a teenage when you had him.
 なんてことだ! 君が彼を産んだ頃はティーンエイジャーだったんだろうね。

《両家の親達》

Mr. Geller: There’s no way in hell, I’m paying for it.
 私がこんなの払うわけがない。

Ross: Look, we're down to just one point. Could we please, maybe just settle it after the wedding?
 問題をひとつに絞りましょう。お願いです、これは結婚式の後で話し合いませんか?

Mr. Geller: All-right fine, but I just want to say, I’m not paying for your wine cellar. You thieving, would-be-speaking-German-if-it weren’t-for-us, cheap little man.
 いいさ、わかった。でも、これだけは言っとくぞ。ワインセラーになんか払わんからな! この盗人の、本当はドイツ人じゃないのかーのケチな小男め!

《モニカとチャンドラー》

Chandler: The guy was hammered, okay? There’s no way, you look like Ross’ mother.
 あいつは酔っ払ってるんだ、な? 君がロスのおかあさんに見えるわけないだろう。

Monica: Then why would he say it?
 じゃあなんで彼はそう言ったのよ?

Chandler: Because he’s crazy. Okay? He came up to me earlier and thanked me for my very moving performance in Titanic.
 頭がいかれてるからだよ。ね? さっき俺に近寄ってきて、タイタニックでの感動的な演技に感謝するって言われたんだからな。

(タイタニックの映画は複数ありますが、このエピソードが放送されたのは1998年5月、レオナルド・ディカプリオ版タイタニックは1997年12月公開なので、このおじさんはチャンドラーをディカプリオと言ったということでしょうか。^^)

Monica: Oh, my mother’s right. I’ll never get married.
 ああ。母の言う通りよ。私は絶対結婚できないんだわ。

Chandler: You know what? That is....Who wouldn’t want you?
 そんなの・・・誰だって君とつきあいたいさ。

Monica: Ohh, Please! I’m a single mom, with a thirty year old son!!
 もう何いってるのよ! 私は30歳の息子がいるシングル・マザーなのよ!

《ホテルのチャンドラーの部屋:ロスが飛び込んでくる》

Ross: I’m getting married today!! Whoo-hoo!!
 今日結婚するぞ! わーい!

Chandler: Morning, Ross.
 おはよ、ロス。

Ross: I’m getting married, today!!
 今日、結婚するんだ!

Chandler: Yeah, you are!!
 そうだな!

Ross: Ahh, whoo-hoo!!
 やー! わーい!(出ていく)

Monica: Do you think he knew I was here?
 (ふとんから顔を出して)気づかれたかな?

《ホテル・チャンドラーの部屋:続き》

Chandler: Well, I’ve-I’ve never done that with you before.
 君とは初めてだったな。

Monica: Nope.
 そうね。

Chandler: So, ahh, how are ya? How ya...How ya... You okay?
 それで・・調子どう? その・えー。元気?

Monica: Yep, yep...You?
 うん。うん。 あなたは?

Chandler: Oh, yes...Yes..Uh-huh, You?. . . We did you.
 ああ、うん。いい。きみは?・・それはもう済んだな。

Monica: Well...I’d better get going.
 それじゃ・・もう行くわね。

Chandler: Oh, okay, absolutely.
 ああ、そうだな。

Monica: Could you not look?
 見ないでくれる?

Chandler: I don’t want to look.
 見たくないさ!

《ロンドン行き機内:レイチェルの隣はヒュー・ローリー

Rachel: Oh.
 ああ・・(膝をリズミカルに叩き続ける)

Passenger: Ahh, ahh, excuse me.
 あの・ちょっと失礼。

Rachel: Yeah?
 はい?

Passenger: If you’re planning on doing that throughout the entire flight. Please tell me now. So that I could that a sedative...or maybe slip you one.
 それをフライト中ずっとやるつもりならそう言ってくださいます? そうしたら鎮静剤飲みますから。それか、あなたにこっそり飲ませるか。

Rachel: It’s just, I’m ahh, I’m kind of excited. I’m, ahh, going to London to ahh, tell this guy that I love him...
 私その、私もうワクワクしちゃって。私、ロンドン行くんですよ。行って、ある人に愛してるって言ううの・・(彼はヘッドホンを見せつけてから、それをつける)

《ホテルの部屋:電話が鳴っているところへジョーイが来る》

Joey: Hello?
 もしもし?

Phoebe: Hey, were the hell have you been?!
 ちょっと、いったい、どこ行ってたのよ?

Joey: Hey. I spent the night out. I met this cute bridesmaid. She is so...
 やぁ! 外泊したんだよ。花嫁の付き添いの子がすっごいかわいい子でさ。彼女ってすごく・

Phoebe: I don’t want to hear about her!!
 そんな子の話聞きたくないわよ!

Joey: Ahh, Pheebs, you know you’re still my number one girl.
 ああ、フィーブス、君が俺のナンバーワンってわかってるだろ。

Phoebe: No! No, we have an emergency. Okay? Rachel’s coming to London.
 違うのよ、そうじゃなくて、緊急事態なの。いい? レイチェルがロンドンに向かってるの。

Joey: Oh, great!!!
 わお、いいじゃん!

Phoebe: No it’s not great. No, she’s coming to tell Ross that she loves him.
 よくないのよ! 彼女、ロスに愛してるって言いに行ったの。

Joey: But, he loves Emily.
 でもやつはエミリーを愛してるんだぞ。

Phoebe: I know that!!! You have to stop her!! She’s going to ruin the wedding!!
 わかってるわよ! 彼女を止めなきゃだめよ! 結婚式がめちゃめちゃになっちゃうわ。

Joey: Okay.
 わかった。

Phoebe: Okay, so I’m done my part, okay? It’s your responsibility now. The burden is off me, right?
 それじゃ、私の義務は果たしたわよ。いいわね? あとはあなたの責任よ。私の重荷は下ろしたわよね?

Joey: Right!
 そだね。

Phoebe: So tell me about this girl.
 それじゃ、その女の子のこと聞かせて。

《ホテルの部屋:チャンドラーがバスルームから出てきたところ》

Joey: Hey. Have you seen Monica?
 な、モニカに会わなかった?

Chandler: I’m not seeing Monica.
 モニカとつきあってなんかないぞ。

Joey: What?
 は?

Chandler: What?
 え?

Joey: Look, we’ve got to find her. Phoebe just called!! Rachel’s coming to tell Ross she loves him!!
 なぁ、彼女を探さないといけないんだ。フィービーから電話があったんだよ。レイチェルがロスに愛してるって言いにくるんだってさ!

Chandler: Oh, my god!
 大変じゃないか!

Joey: I know! That’s why we got to find Monica!! You know where she is?
 そうなんだよ! だからモニカを探してるんだ! どこにいるか知らない?

Chandler: No!! Okay!! What’s with the third degree?! Why don’t you just shine a light in my eyes?!
 知らないったら! いいか! なんだ、拷問か? 目をライトで照らすってか!

(third degree = 取り調べ的拷問)

《ロンドン行き機内:レイチェルが事情を話している》

Rachel: ...And so then I realized. All this stuff I had been doing, proposing to Joshua, lying to Ross about why I couldn’t come to the wedding, was all just a way of...
 それで気がついたの。私がしてきたいろんなこと、ジョシュアにプロポーズするとか、結婚式に来られないことでロスにウソついたりとか、それはみんな私の・・

Passenger: Oh, oh oh!! I’m sorry, can I interrupt? You know, I just want to say..that you are a horrible, horrible person.
 もう、もう、もう!! 悪いけどちょっといい? ちょっと言いたいんだけど、君って、本当にひどいひどい人間だな。

Rachel: Pardon me?
 なんですって?

Passenger: You say you love this man, yet you’re about to ruin the happiest day of his life. I’m afraid I have to agree with you friend Pheebs.. This is a terrible, terrible plan.
 君はその人を愛してるというが、でも君はその人の人生最高の日をぶちこわそうとしてる。悪いけど、そのフィーブスって人に賛成だね。君のしようとしてるのは、最悪なことだよ。

Rachel: But he has to know how I feel!
 だけど彼だって私の気持ちを知らないと!

Passenger: But why? He loves this...this Emily person. No good can come of this.
 なんで? 彼はそのエミリーって人を愛してるんだろう。言ってもいいことは何もないよ。

Rachel: I-I think your wrong.
 あなたは間違ってるわ。

Passenger: Oh-no. . . And by the way, it seems to be perfectly clear that you were on a break.
 いいえ。 ・・・ところで、あれはあきらかに、別れた後のことだね。

《チャペル:モニカと、母達》

Mrs. Geller: Oh, my God! It’s like a fairyland.
 まぁ、素敵! おとぎの国みたいね。

Mrs. Waltham: I know, it’s horrible, isn’t it?
 そうね、ひどいわよね。

Monica: Well, I love it. I only hope my wedding looks this good.
 すばらしいわね。私の結婚式もこんなに素敵だったらいいな。

Mrs. Geller: I just hope...
 私はただ・・

Monica: You can let some of them go by!
 それはやりすごしてくれたらいいわよ!

(ジョーイが来る)
Joey: Pisst, Monica. Alright, we really need to start looking out for Rachel. I’ll cover the front door. You watch that big hole at the back of the building and I got Chandler covering Ross.
 な、モニカ。いいか、もうそろそろレイチェルに気をつけないといけないぞ。俺は表の入り口を見張る。君はこのビルの裏の大きな穴に気をつけててくれ。チャンドラーはロスをカバーする。

Monica: Why would I care where Chandler is? You know uhh...You know, sometimes I don’t even like Chandler.
 チャンドラーがどこにいるか、なんで私が気にするの? 私・・彼のことなんて好きじゃないことだってあるわ。

Joey: Okay.
 ・・・オーケー。

《ロスとチャンドラー》

Ross: I do. I do. I do.
 ・・誓います・・誓います・・誓います。

Chandler: Oh, yeah, you're right. It’s the second one.
 ああそうだな、おまえの言う通りだ。2番目だな。

Ross: Right?
 だろ?

《入り口を見はっているジョーイ:フェリシティが来る》

Felicity: Hello, Joey.
 ハロー、ジョーイ。

Joey: Hey, Felicity.
 やぁ、フェリシティ。

Felicity: Umm, I thought about you all day.
 あなたのこと一日中思ってたわ。

Joey: Yeah?
 そう?

Felicity: Um-hum. Talk New York to me again.
 ええ。またニューヨークなまりして。

Joey: Forget about it. How you doin?
 なに言ってるんだよ。元気?(キス)

《チャペル:両家のケンカ》

Mrs. Geller: There’s nothing to discuss. We’re not paying for your wine cellar.
 話すことなどないわ。ワインセラー代など払いませんからね。

Mr. Waltham: You-you have to meet me in the middle here.
 真ん中で板挟みになっている私のことも考えろ。

Mr. Geller: Hey, you keep pushing me on this, my foot's going to meet the middle of your ass.
 おい、これ以上しつこく言うなら、この足がおまえのケツの真ん中に飛ぶぞ。

Ross: Dad!!
 とうさん!

Emily: What-what’s going on?!
 なに、どうなってるの?

Ross: Nothing, nothing. Everything's under control.
 なんでもない、なんでもないよ。みんなうまくいってる。

Mr. Waltham: You want a piece of me, sir? Is that what you're saying? You want a piece of me?
 ケンカ売ってるんですか? そういうこと? ケンカ売ってる?

Ross: Okay! Okay! That’s it!! Parents!! Parents!! Back away!! All right, this is our wedding day! From now on everyone gets along, and if I hear one more word. NO GRANDCHILDREN! That’s right!!
 オーケー、オーケー、ここまで! みんな、みんな、下がって! いい? 今日は結婚式なんだ。ここから先はみんなうまくやって。もしこれ以上何か言ったら、孫は見られないからね! そう!

Mr. Geller: Okay, okay.
 わかった、わかった。

Mr. Waltham: Sorry, old boy, sorry. Sorry. Sorry. . . I could kill you with my thumb, you know.
 悪かった、ね、悪かった、悪かった、悪かったよ。(立ち去りながら)親指1本で殺してやれるぞ。

Emily: What was all that about?
 なんだったの?

Ross: It was...This disagreement over. . . My god. You...you look beautiful.
 あれは・・意見の相違が・・・うわぁ・・きれいだよ。

Emily: Oh. . . Oh! You were not meant to see me before the wedding. It’s bad luck.
 あら。。あっ! あなた結婚式前に私を見ちゃだめなのよ。縁起が悪いわ。

Ross: You know what, I think we’ve had all the bad luck we’re gonna have.
 もう悪いことは全部起きたと思うよ。

(ジョーイがキスをしている横のドアからレイチェルが勢いよく入ってきたが、チャペルでキスをしているロスとエミリーを見て立ち止まる。エミリーが立ち去り、ロスがレイチェルに気づく)

Ross: My God. Rachel! You're here. I can’t believe it. What happen? Why are you here?
 ああ・・レイチェル! 来てくれたんだね。信じられないよ。どうしたの? どうしてここに?

Rachel: Well, I just came. . . I just needed to tell you. . . Congratulations.
 私・・私、ただ、どうしても言いたくて・・・おめでとう。

《結婚式:音楽は"Tired old souls" 。ミセス・ウォルサムの電話が鳴る》

Mrs. Waltham: Hello, Waltham Interiors.
 もしもし、ウォルサム・インテリア。

Phoebe: Mrs. Waltham. Hi. It’s Phoebe again. Can I please, please, please talk to one of the best men? This is going to be the last time I promise.
 ミセス・ウォルサム、どうも、またフィービーです。お願い、お願い、お願いだから、付添人と話させていただけません? これが最後ですから、約束します。

Mrs. Waltham: Joey, there’s a girl on the phone for you.
 ジョーイ、あなたにって女の子よ。(ジョーイと並んで歩き出す)

Joey: Oh, great!! Hello.
 おお! やった! もしもし。

Phoebe: Joey? It's Phoebe. Did you stop Rachel?
 ジョーイ? フィービーよ。レイチェルをとめられた?

Joey: No, but it’s okay. She just came in and gave him a hug, that's it.
 いや、でも大丈夫だったよ。彼女来て、ただハグしただけだったよ。

Phoebe: So nothing got ruined?
 それじゃ何もだめになってないのね?

Joey: No.
 うん。

Phoebe: Oh, that’s so great! Oh. So what’s going on now?
 まぁ! よかった! それで今は何が起きてるの?

Joey: Ah, I’m-I’m walking down the aisle...Still walking. . .And now I’m at the front with Ross. It’s Phoebe. . . He looks pretty mad. Uh...I’d better go.
 えー・・今、祭壇に向かって歩いてる。まだ歩いてる・・今ロスの前にきた。(ロスに)フィービーだよ。(電話)すごく怒ってるよ。切らなきゃ。

Phoebe: No!! wait, wait, wait!! Oh, please, hold it up so I can listen.
 だめ! 待って待って待って! お願い、そのまま持ってて、そうしたら聞いてられるわ。(ジョーイは電話をロスの後ろに掲げて持つ)

《通路を歩いてくるモニカとチャンドラー》

Chandler: What we did last night was....
 昨日俺たちがしたことって・・

Monica: Stupid.
 バカだったわ。

Chandler: Totally crazy stupid.
 まったくバカげてるよ。

Monica: What were we thinking?
 何考えてたのかしらね?

Chandler: I’m coming over tonight though, right?
 でも今夜行くけど、ね?

Monica: Oh, yeah. Definitely.
 ええ、もちろん。

《Bride Begins が流れ、エミリーが父と歩いてきてロスの隣に立つ》

Minister: Friends. Family. We are gathered to celebrate here today the joyous union of Ross and Emily. May the happiness we share with them today be with them always. Now Emily, repeat after me. I, Emily...
 友人たち、家族たちよ。私たちは、ロスとエミリーが結ばれる喜びの日に集いました。私たちが本日分かち合う幸せが、いつも2人とともにありますように。さぁ、エミリー、私の後に続けて。私、エミリーは・・

Emily: I, Emily...
 私、エミリーは、

Minster: Take thee Ross...
 汝、ロスを

Emily: Take thee Ross...
 汝、ロスを

Minster: As my lawfully wedded husband, in sickness and in health, till death parts us.
 法により結ばれた夫として、病めるときも健やかなるときも、死が2人を分かつまで添い遂げることを誓います。

Emily: As my lawfully wedded husband, in sickness and in health, until death parts us.
 法により結ばれた夫として、病めるときも健やかなるときも、死が2人を分かつまで添い遂げることを誓います。

Minster: Now Ross, repeat after me. I, Ross...
 ではロス、私に続けて。私、ロスは

Ross: I, Ross...
 私、ロスは

Minister: Take thee, Emily...
 汝、エミリーを

Ross: Take thee, Rachel... Emily. Emily.
 汝、レイチェルを・・・エミリー。エミリー。

Minister: Uhh...Shall I go on?
 (エミリーに)あー・・・続けます?


*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:
ヒュー・ローリーが拳を口にあてるのは、どういう意味か
調べたところ、爆発する感情を抑えるしぐさのようでした。
叫びたいのを我慢して代わりに拳を噛んだ・・みたいな。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:
 ついにここまで来ました。。
 ここまで来られるとは思ってなかったんですが、
 やめられないとまらない感じでもあります。
 シーズン5は好きなエピソードが多いので楽しみです♪
*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:
posted by らんち at 02:42| Comment(0) | Season 4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月14日

4-23 The One With Ross’s Wedding Part I

4-23 ロスの結婚式の話 Part 1

 ☆ロスの結婚式 ー Part 1☆

《チャンドラー達の部屋:モニカが飛び込んでくる》

Monica: Guys, hurry up! The flight leaves in four hours! It could take time to get a taxi! There could be traffic! The plane could leave early! When we get to London, there could be a line at customs! Come on!!
 急いで! あと4時間で私たちの便が出るのよ! タクシーがすぐつかまらないかもしれないでしょ! 渋滞するかもしれないでしょ! 飛行機が早く出るかもしれないでしょ! ロンドンに着いたら税関で並ぶことになるかもしれないでしょ! 早く!(出て行く)

Chandler: Six-hour trip to London. That’s a lot of Monica.
 ロンドンまで6時間の旅。モニカがいっぱい。

《モニカ達の部屋》

Monica: Passport, check! Camera, check! Traveller’s checks, check!
 パスポート、チェック! カメラ、チェック! トラベラーズチェック、チェック!

Rachel: Who are you saying "check" to?
 「チェック」って誰に言ってんの?

Monica: Myself. You know for remembering to pack a thing. You do a good thing, you get a check! . . . My mom does it, I never realized it was weird.
 自分によ。荷物を忘れないようにね。ちゃんとやったら、チェック! ・・・かあさんがやってたわ。変だって気づかなかった。

Phoebe: Yeah, my mom used to put her head in the oven. Actually, she only did it the one time. But it's pretty weird.
 私のママはオーブンに頭入れてたわよ。実際は一回だけだけどね。あれもすごい変よ。

(ロスが来る)
Ross: Hey!
 やぁ!

Monica: Hey!
 ハーイ!

Ross: Hey! Are you ready yet?
 用意できた?

Monica: Yep! You got the tickets?
 ええ! チケット持った?

Ross: Oh! Got ‘em right here, check!
 ああ! (胸を叩いて)ここに入れたよ、チェック!

《チャンドラー達の部屋》

Joey: It’s all London, baby! Here we go.
 ロンドンだぜ、ベイビー! 行くぞ!

Chandler: You got your passport?
 パスポートあるか?

Joey: Yeah, in my third drawer on my dresser. You don’t want to lose that. . . . Ohh!!
 ああ。俺のタンスの3番目の引き出しだよ。失くしたくないからな。 ・・・あっ!

Chandler: There it is.
 気づいたか。

《モニカ達の部屋》

Monica: Okay, if you need the vacuum, it’s in my closet on the left-hand side. Ah, the garbage bags are next to the refrigerator…
 掃除機が必要になったら、私のクローゼットの左側にあるからね。それから、ゴミ袋は冷蔵庫の隣の・・

Phoebe: Okay, okay, but Rachel’s gonna be here too, can’t I just ask her this stuff?
 わかったけど、レイチェルもここにいるんだから、彼女に聞けばいいんじゃないの?

Monica: Yeah, okay, give that a try!
 そうね、試してみて!

(チャンドラーとジョーイが来る)
Chandler: All right! Let’s do it!
 よし、行こうぜ!

Joey: Woo-hoo!!
 ウーフー!

Ross: Yeah, cheerio!
 イエーイ! じゃあな!

Joey: London, baby!
 ロンドンだぜ、ベイビー!

Chandler: Okay, ‘cause that’s not gonna get annoying.
 いいよな、それうるさくないよな。

Joey: London, baby!!
 ロンドンだぜ、ベイビー!

Chandler: Hey, you know what? I was wrong.
 なぁ、俺が間違ってたよ。

Ross: Well, we’re all here! I guess we should get going!
 よし、みんな揃ったな。出かけよう!

Phoebe: Ohhh, I wanna come over there and give you a hug and wish you luck on your wedding, but I don’t−can’t get up.
 ああ! そっちへ行ってハグして、結婚式楽しんでとか言いたいけど、動けないわ。

Ross: Oh, I’ll-I’ll come hug you.
 ああ、僕が行ってハグするよ。

Phoebe: Great! Yeah, could you bring me the newspaper?
 よかった! じゃあ新聞持ってきてくれる?

Ross: Yeah.
 ああ。(新聞を渡してハグ)

Phoebe: Oh, have a great wedding!
 ああ、いい結婚式をね!

Ross: Thanks.
 ありがと。

Phoebe: Hey, Chandler I wanna hug you too!
 ねぇ、チャンドラー、あなたもハグしたいわ。

Chandler: Hey!
 ああ!

Phoebe: Oh, great! You might as well bring me my book, it’s on the counter in your apartment.
 よかった! ついでに私の本持ってきてくれる? あなたの部屋のカウンターにあるから。

Chandler: Oh.
 ああ。(出て行く)

(レイチェルが部屋から出てくる)
Ross: So, we’re off.
 それじゃ、僕ら行くよ。

Rachel: Have fun!
 楽しんでね!

Ross: Thanks! . . I can’t believe you’re not gonna be there!
 ありがと。(ハグ)君が来てくれないなんて信じられないよ。

Rachel: I know.
 ええ。

Ross: So-so come! Why don’t you come?
 それじゃ、来なよ! 来てよ!

Rachel: What?!
 え?

Ross: To London! Come to London. Please? It’d mean so much to me.
 ロンドンだよ! ロンドンへ来てよ、頼むよ。僕にとって大事なことなんだよ。

Rachel: Yeah, well, I gotta work, I’m sorry.
 ええ。仕事があるのよ、ごめんね。

Ross: Why-why can’t you take a couple of days off?
 2日ぐらい休みを取ればいいじゃないか。

Rachel: Because, I can’t! Ross, I told you, no. I can’t.
 できないのよ、ロス。言ったでしょう、できないの。

Ross: This is my wedding.
 僕の結婚式なんだよ。

Monica: All right, you know what? Now we really are late! Let’s go! Let’s go! Let’s go!!
 さぁ、遅れてるわよ! 行くわよ! 行くわよ! 行くわよ!

Ross: Fine. You’ll-you’ll watch it on video when we get back.
 わかったよ。じゃあ帰ってきたらビデオを見たらいいよ。(立ち去る)

Chandler: Here you go Phoebe! Here you go Phobo! Phewbedo! Phaybobo.
 (本を持って戻ってくる)ほら、フィービー、ほら、フィーボー、フィービボー! フェイボボー!

Phoebe: You.
 (ハグを待っているチャンドラーの頭をなでて)こいつったら!

Ross: All right, let’s go! Bye, Pheebs!
 さぁ、行くよ! バーイ、フィーブス!

Joey: Bye, Pheebs!
 バイ、フィーブス!

Joey: London baby!!
 ロンドンだぜ、ベイビー!

(レイチェルが見送りドアを閉める)
Phoebe: Oh, do you need a hug? You don’t have to bring me anything!
 ああ・・ハグしてほしい? 何も持ってこなくてもいいわよ。

《ロンドン・マリオットの前:ビデオを撮るジョーイ》

Joey: Chandler, do something! Come on! Do something!
 チャンドラー、何かして。 ほら! 何かして!

Chandler: I am, I’m ignoring you.
 してるよ。おまえを無視してる。

Joey: Okay, here! I wanna be the on camera guy. All right, first stop, Westminster Abbey.
 よし、ほら!(ビデオカメラを渡す)撮ってくれ。よし、まず最初はウェストミンスター寺院だ。(ポップアップ地図を広げる)

Chandler: Oh, what the hell is that?
 わ。なんだそりゃ?

Joey: It’s London, baby! All right, the hotel’s here. . . Wait. No, we wanna go… No. I know. . . I’m gonna have to go into the map.
 ロンドンだぜ、ベイビー! よし、ホテルがここだろ・・いや、待てよ・・ダメ。そうだ。地図に入ろ。(地図を地面に置いて上に立つ)

Chandler: Okay, if you see a little version of me in there? Kill it!
 よし、そこに小さなバージョンの俺がいるだろ? 殺してくれ!

Joey: I got it! Here we go.
 わかった! いくぞ。(地図を広げたまま歩き出す)

Chandler: Okay. Listen-listen, we’re not gonna have to walk this way the entire time, are we?
 おい、ちょっとまてよ、ずっとそんなふうに歩かなくてもいいだろ?

Joey: Shhh! . . Man, you made me lose it!
 シーっ! ・・ほら、またわからなくなったじゃないか!

《通り:エミリーが結婚式直前の混乱を告げている》

Emily: And that was all before 10 o’clock. The caterer rang and said it was going to be Chicken Kiev instead of Chicken Tarragon. And then the florist phoned to say there aren’t any tulips. Oh, and the cellist has carpel tunnel syndrome. We’re not gonna be…
 それが10時前のことよ。ケイタリング屋さんから電話があって、タラゴンチキンじゃなくて、チキンキエフにするって言ってきたの。それからお花屋さんからの電話では、チューリップがないって。そしてチェリストが、手根管症候群になったって。私たちもう・・

(Chicken Kiev = ウクライナ起源のチキンカツ風料理
 Chicken Tarragon = タラゴン(エストラゴン・キク科植物)ソースのチキン料理)

Ross: Whoa-whoa-whoa! Emily, honey, okay?
 おいおい! エミリー、(タイムアウトのジェスチャー)いい?

Emily: Well, up yours too!
 なによ、そっちこそ、くそったれ!

Ross: What?! No! No! That’s-that’s time-out!
 は? 違うよ、これはタイムアウトってことだよ。

Emily: Sorry.
 ごめん。

Ross: Sweetie, you gotta relax. Everything’s gonna be great, okay? Come on. Come on.
 ね、リラックスして。何もかもうまくいくよ、ね? ほら。

Monica: Chicken Kiev?
 チキン・キエフ?

Ross: Um-hmm! Doesn’t that sound delicious at the last minute?
 ああ。それも土壇場でおいしくなさそうになってきた?

Monica: Yeah, you know, but something like salmon which would be so much more elegant than the chicken. And, you wouldn’t have to worry about the salmonella. . So, I can’t wait to see it you guys are getting married.
 そうね。サーモンとか、チキンより優雅な感じの方がよくないからしら。それに、サルモネラの心配しなくてもいいし。・・あなた達が結婚式をあげるところ早くみたいわ。

Ross: Yeah. Yeah. Yes, this place is beautiful. Emily’s parents got married here.
 そうそう、そこはすごくきれいなとこなんだ。エミリーの両親がそこで結婚したんだよ。

Emily: I still can’t believe they’re tearing it down. It's the most beautiful place you’ll ever see. It’s right over… Oh, my God!
 まだ信じられないわ、取り壊してしまうなんて。見たこともないくらいきれいなところよ。すぐそこ・・・(もう取り壊しが始まっていた)なんてことなの!

Monica: It’s nice.
 素敵ね。

Emily: Oh. Oh.
 ああ、ああ!

《チャペルの中》

Emily: Oh. Oh, my God. How can this be happening? What are we going to do?
 ああ、なんてことなんでしょ。どうしてこうなるの? どうなってるの?

Ross: It’s all right! Everything’s gonna be all right.
 大丈夫だよ、何もかもうまくいくって。

Emily: How’s it gonna be all right?!
 どうやってうまくいくのよ?

Ross: Uh-huh, I see that.
 ああ、そうだね。

Monica: Okay, I talked to the guy with the shovel and I found out what happened.
 シャベル持った人と話して、どうなったか聞いてきたわ。

Ross: What? What?
 なに、何だって?

Monica: They torn it down a few days early.
 取り壊しが数日早まったんですって。

《ウェストミンスター寺院》

Joey: All right! Westminster Abbey! Hands down, best Abbey I’ve ever seen. Hey! Okay. What do you think of the Abbey, Chandler?
 いいぞ! ウェストミンスター寺院だ! 参りました。これまでで一番の寺院だね。ヘイ! (カメラを構え)この寺院についてどう思う、チャンドラー?

Chandler: I think it’s great. It’s great. You know, they’re thinking of changing the name of this place.
 すばらしいと思うよ。な、みんな、ここの名前を変えようと思ってるんじゃないかな。

Joey: Really? To what?
 ほんと? 何に?

Chandler: To "Put the Camera Away!!!"
 「カメラどけろ!」に。

Joey: Man, you are Westminster Crabby.
 もう。おまえってばウェストミンスター不機嫌じいさんだな。

《モニカ達の部屋》

Phoebe: Oh. Oh.
 (起き上がろうとしている)あっと。

Rachel: Oh, honey! Don’t get up! What do you need?
 あら! 起き上がらないで! 何がほしいの?

Phoebe: Oh, no. Oh, nothing.
 ああ、いえ、いいのよ。

Rachel: Come on! I am here to take care of you! What do you need? Anything.
 なにいってるの。あなたの世話をするためにいるんだから! 何がほしいの? なんでもいって。

Phoebe: Okay, I have a wedgie.
 わかった。下着が食い込んでる。

Rachel: Okay, that is all you.
 そう。ご自分で。

Phoebe: So-so, what do you want for lunch?
 それで? お昼はどうする?

Rachel: Oh, I don’t know. I guess we have to eat.
 ああ、どうしようかな。食べなきゃだめよね。

Phoebe: Yeah, I do. What’s the matter?
 ええ、私は食べる。どうしたの。

Rachel: I’m just bummed about the way I left things with Ross. I shouldn’t have lied to him about having to work. He seemed so mad at me.
 ロスとのやりとりでへこんだわ。仕事に行かなきゃってウソをつくんじゃなかったわ。怒ってたみたい。

Phoebe: Don’t be so hard on yourself. If someone I was still in love with was getting married…
 気にすることないわよ。まだ愛してる人がもし結婚するってことになったら・・

Rachel: Still in love with?!
 まだ愛してる?!

Phoebe: Yeah!
 ええ。

Rachel: I’m not in love with Ross!
 私ロスを愛してなんかないわよ!

Phoebe: Oh. No. No. Good! Yeah, me neither.
 あら、そうか。よかった。そう、私もよ。

Rachel: Phoebe, I’m not going to Ross’s wedding because he is my ex-boyfriend and that would be really uncomfortable. Not because I’m still in love with him! I mean, hey, you know, I like Ross as much as the next guy, you know? Clearly I have feelings for him, but feelings don’t mean love! I mean, I still have loving feelings for Ross. Yeah! But, I have, I have continuing feelings of love, but that doesn’t mean that-that I’m still in love with him. You know? I-I have sexual feelings for him, but I do love him−Ohh! Oh, my God! Oh, my−why didn’t you tell me?!!
 フィービー、ロスの結婚式に行かないのは、元恋人の結婚式に出席なんて気まずいからよ。まだ彼を愛してるからじゃないわ! そりゃ私ロスのこと人に負けないくらい好きよ。明らかに私彼に気があるわよね、でも、気があるって愛してるってことにならないわよ! まだロスを愛しい気持ちはあるけどね、そうよ。でも、恋愛感情は続いてるけど、それはまだ愛してるってことにならないでしょ、ね? 彼に対してセクシーな気持ちってのもあるけど、でも、私は彼のこと愛していて・・・えっ! なんてことなの! まぁ・・なんで言ってくれなかったのよ!

(as much as the next guy = ほかの人にまけないくらい)

Phoebe: We thought you knew!
 みんな知ってると思ってたわよ!

Rachel: We?!
 みんな?

Phoebe: Yeah, we all know! We talk about it all the time!
 ええ。みんな知ってるわよ! みんないつもそのこと話してるわ。

Rachel: You all know? Does Ross know?
 みんな知ってるの? ロスも知ってる?

Phoebe: Oh ,no, Ross doesn’t know anything.
 いいえ、ロスは何にも知らないわ。

Rachel: Oh, I can not believe you didn’t tell me!
 ああ、言ってくれないなんて信じられない。

Phoebe: Because we thought you knew!! It’s so obvious! God, that would be like telling Monica, "Hey, you like things clean."
 だって知ってると思ったわよ! 丸わかりだもの! そんなのモニカに「ねぇあなたってキレイ好きね」って言うようなもんよ。

《ロンドンの公園:おみやげの屋台》

Joey: Hey!
 やぁ!

The Vendor: So, what are you guys in the market for? We’ve got uh, scarves, tulip post cards...
 何をお探しですか? スカーフ、チューリップのポストカードとかありますよ。

Joey: Check this out? Huh? Yeah. That’s the stuff. What do you think?
 これ見てよ。どう?(イギリス国旗のついた大きな帽子を見せる)ああ、これだね。どう思う?

Chandler: Well, I’m not gonna have to buy that, "I’m with stupid" T-shirt anymore.
 それなら、俺は「バカ同行」っていうTシャツ買わなくてもいいな。

Joey: Well, I like it. Here you go.
 気に入ったよ。はい。(お金を払う)

Chandler: All right, look, you’re not really gonna buy that, are you? Don’t you think you’ve embarrassed me enough for one day?
 おい、いいか、それ本当に買わないよな? もう今日一日分俺に恥ずかしい思いさせたと思わないか?

Joey: Oh, I embarrass you?
 あ? 俺が恥ずかしい思いさせた?

Chandler: How can I answer that when I’m pretending I don’t know you?
 どうやって答えるんだ、俺は今他人のフリしてるのに?

The Vendor: He’s just jealous. You’ll fit right in. All Londoners wear them!
 彼はうらやましいんだよ。よく合ってるよ。ロンドンッ子はみんなそれをかぶってる!

Chandler: Oh, really? Then how come no one here anywhere is wearing one?
 ああ、ほんと? じゃあなんでこのあたりで誰もかぶってる人がいないんだ?

The Vendor: They’re all tourists.
 みんな観光客だからだよ。

Chandler: All right, look, if you insist on wearing that, in public, you know, you’re gonna spend the rest of the afternoon all by yourself.
 いいか、もしそれをどうしても人前でかぶるっていうなら、この後は自分1人でいってくれ。

Joey: Oh yeah?. . If you’re gonna make me choose between you and the hat, I choose the hat.
 ああそうか(帽子をかぶる)おまえかこの帽子かどっちか選べっていうなら、俺は帽子を選ぶよ。

The Vendor: Good choice.
 いい選択だ。

Joey: Thanks.
 ありがと。

Chandler: Okay, look, all right, that’s it, okay? I’m out of here. I am not going to be embarrassed anymore!
 そうか、わかった。そうなんだな。俺はもう行く。これ以上恥かかされてたまるか!(つまづいて売っている花に突っ込む)

《ホテル、ロスの部屋:エミリーが来る》

Emily: Hello?
 ハロー?

Ross: Hey! I just spoke to your dad, and you know what? He seems to think we’ll be able to find a new place for the wedding.
 やぁ! 今君のおとうさんと話したんだよ。それでさ、結婚式のできる場所を他に見つけられるって考えてるみたいだったよ。

Emily: We don’t have to.
 そんなことしなくてもいいのよ。

Ross: Whoa-whoa-what? You found a place?
 え、なに? 見つけたの?

Emily: No. But, Monica and I were talking, and-and I was so upset about the hall being knocked down, and she suggested that we just put the wedding off for a bit.
 いえ。モニカと話したんだけど、取り壊しで動揺してたけど、でも彼女が、結婚式をちょっと延期したらどうかって。

Ross: She said what?
 彼女が何て言ったって?

Emily: She said, "If I’m not gonna be happy getting married somewhere that we find in a day, well then we should just postpone it."
 もし、あと一日で探した場所で結婚式をあげるってことで満足できないようだったら、延期するべきだって。

Ross: Postpone it? Emily, do you think Monica realizes how much our parents spent on this wedding? Do you my sister’s teeny-tiny little brain comprehends that people took time out of their lives to fly thousands of miles to be here, huh? This isn’t right.
 延期する? エミリー、この結婚式にうちの両親がどれだけ費用をかけたか、モニカにわかってると思う? みんなが忙しい中、時間をさいて何千キロも飛んできたってこと、あの妹の小さな小さな脳みそで理解できてると思う? (話しながら履いたズボンが後ろ前)これは間違ってる!

Emily: I realize that people are going to be disappointed. But, I’m sure they’ll come back when we can do it right.
 みんながっかりするってことはわかるわ。でも、ちゃんとやるときみんなまた来てくれると思うわ。

Ross: I can’t ask people to do that. Would you ask people to do that?
 僕はそんなことみんなに頼めない。君はそんなこと頼めるの?(ズボンを持った手を差し出す)

Emily: Don’t you point your pants at me! . We have no choice! Anywhere that’s half-decent would’ve be booked months ago, Ross, don’t you understand? This is our wedding I’m talking about.
 ズボンで私を指差さないで! 選択の余地はないわ! ちょっとでもましなところは、もうとっくに予約されてるもの。ロス、わからないの? 私たちの結婚式の話をしてるのよ。

Ross: The only thing I understand is postponing it is not an option. This is when we’re getting married.
 僕にわかってる唯一のことは、延期は選択肢にないってことだ。予定通り結婚式をあげるんだ。

Emily: So what are you saying? It’s now or never?
 それじゃなに? 今か、なしかってこと?

Ross: No. I’m saying it’s now.
 いいや。今って言ってるんだ。

Emily: Or?
 それか?

Ross: There’s no ‘or’ in mine. What is wrong with these pants?!!
 僕には、「それか」はない! (また後ろ前)このズボンどうなってるんだ!

Emily: It’s not the pants. It’s you that is backwards. And if, and if you don’t understand how important this is to me, well then, perhaps we shouldn’t get married at all!
 ズボンじゃないわよ。後ろ向きなのはあなただわ。これがどんなに大事なことか、あなたにわからないっていうなら、それじゃ、結婚なんてやめた方がいいわよね!(出て行く)

Ross: No, wait! Emily! No, wait, stop! Emily, please−
 いや、待って! エミリー! 待って、待ってエミリー、ちょっと・・(ファスナーがひっかかって痛みにうめいて崩れ落ちる)

《モニカ達の部屋》

Phoebe: Hey!
 ハーイ!

Rachel: Hi.
 ええ。

Phoebe: So, did shopping make you feel any better about Ross?
 ショッピングで少しは気が晴れた?

Rachel: Manhattan does not have enough stores.
 マンハッタンのお店が足りない。

Phoebe: Well, I think I can help you get over him.
 彼のこと乗り越えるの手伝うわ。

Rachel: You can?
 ほんと?

Phoebe: Yeah. I just need you to bring me some photos of Ross.
 ええ。ロスの写真を持ってきてほしいの。

Rachel: Okay.
 わかった。

Phoebe: And a small piece of chocolate.
 それと、チョコレートと。

Rachel: Okay.
 わかった。

Phoebe: And a glass of tepid water.
 それからコップに冷たくないお水ね。

Rachel: Ooh, is this one of those things where you throw it in a bag with some graveyard dirt and hang it from a north-facing tree?
 ああ、これって、お墓の土と一緒に袋に入れて、北向きの木に吊るすあれ?

Phoebe: Uh, only if you have the hiccups too. Yeah, the pictures are for you, the chocolate and water is for me. I just didn’t feel like getting up. Okay, I’m gonna show you a picture of Ross. Okay? And you’re going to remember all of the bad things about him. All right? Really focus on his flaws.
 うーん、もしシャックリも出てるならね。その写真はあなたのためだけど、チョコレートと水は私用よ。立ちたくなかったから。さぁ、ロスの写真を見せるわね。いい? あなたは、彼の悪いところ全部思い出してね、わかった? 欠点に注目するのよ。

Rachel: I can do that. I certainly did it when we were going out.
 できるわ。つきあってたころ、それきっちりやってたから。

Phoebe: Okay. Umm, before we get started, I just wanna say for the record that I love Ross, I think he’s such a great guy. Here. . . Okay, now, close your eyes. And imagine that you’re with Ross. Okay? And imagine that you’re kissing him. And you’re running your hands all over his body. And then you run your hands through his hair, but oh! Gross! It’s some kind of grease, it’s−uck! Hah?
 オーケー。始める前に言っとくけど、私はロスが大好きよ、あの人はすばらしい人だと思うわ。はい。(写真を渡す)いい? じゃあ、目を閉じて。ロスと一緒だと思ってみてね。いい? キスしてるところを思い描いて。そしてあなたは手を彼の体じゅうにすべらせて・・それから、手が彼の髪をなでて・・でも、うわっ! 気持ち悪い! 何このアブラ! やだ! ・・どう?

Rachel: I don’t know, his uh, his hair never bothered me that much. And you know, it was always more crunchy than it was greasy.
 どうかなぁ。彼の髪がそんなにいやだったことないのよ。それにね、あの髪はアブラっぽいというより、パリパリしてるの。

Phoebe: Okay, this will be harder than I thought. Umm, let’s try some uh, aversion therapy.
 ああ、思ったより難しいわね。じゃあ、嫌悪療法をやってみましょ。

Rachel: Okay.
 わかった。

Phoebe: Okay?
 いい?

Rachel: All right.
 いいわ。

Phoebe: So uh, now look at the picture…
 それじゃ、この写真を見て・・

Rachel: Okay.
 オーケー・・

Phoebe: All right, and umm…
 いいわね。それで・・(写真を取ると同時に頭を叩く)

Rachel: Ow!
 イタっ!

Phoebe: Okay, how do you feel now?
 オーケー、今はどう感じる?

Rachel: Well, I like you less!
 あなたを嫌いになりかけてる!

《チャンドラー達のホテルの部屋:ジョーイが帰ってくる》

Joey: Hey.
 ヘイ。

Chandler: Hey.
 ヘイ・・(ジョーイの帽子を見る)

Joey: Oh. Sorry!
 おぉ。(帽子を取って)悪かったね。

Chandler: No-no-no, you know what? I really shouldn’t have said that you were embarrassing me, I mean that really wasn’t cool. And if it makes you feel any better, I’ve had a really lousy day.
 いやいやいや、な、あんな、恥をかかされたなんて、言うべきじゃなかったよ。あれはよくなかった。これで気分が軽くなるか知らないが、あの後本当につまらなかったよ。

Joey: Me too.
 俺も。

Chandler: Yeah?
 そう?

Joey: Noo!! I’ve had the best day ever! Dude, check this out!
 いいや!! 最高の日だったよ! なぁ、これ見て!(ビデオを見せる)

(モニカが来る)
Monica: Hey!
 ヘイ!

Joey: Sh-shh-shh!
 シーッ!(モニカも見るように手招き)

(ビデオ画面)
Joey: Okay, so say hi to my friend and tell him that you like the hat.
 (ビデオ)よし、それじゃ僕の友達に挨拶して、この帽子好きって言って。

Fergie: Okay, so umm, what’s your friend’s name?
 (ビデオ)オーケー。それじゃ・・その人の名前はなに?

Joey: Oh, Chandler.
 (ビデオ)チャンドラー。

Fergie: Hi, Chandler!
 (ビデオ)ハーイ、チャンドラー!

Chandler: That’s… That’s was…
 これって、これって・・

Monica: Oh, my God!
 オーマイゴッド!

Joey: That’s Fergie, baby!!
 セーラ妃だよ、ベイビー!

Fergie: Joey says you don’t really like his hat, but I think it’s kinda dashing.
 (ビデオ)彼の帽子が好きじゃないってジョーイから聞いたけど、これってけっこうおしゃれだと思うわ。

Chandler: How did you? How? How?
 どうやって? どう? どう?

Joey: Well, I was trying to figure out how to get to Buckingham Palace, right? So, I’m in my map and-and…(Ross enters) Hey!
 バッキンガム宮殿へはどう行くのか調べてたんだよ。それで、地図の中に入って・・(ロスがくる)ヘイ!

Monica: Hey!
 あら!
 
Ross: Hi. I understand you had a little talk with Emily.
 やぁ。君、エミリーと話したということだけど。

Monica: Yes, I did! And you are welcome!
 そうよ。お礼はいいのよ!

Ross: Am I?! And was it your idea to postpone the wedding?!
 そうかい?! そして、結婚式を延期するってのはおまえの考えなのか?!

Monica: Umm…
 うん。

Chandler: I’m gonna go to the bathroom.
 バスルームに行ってるから。

Joey: Wait up!
 待って!(2人ともバスルームへ走る)

Ross: Hey-hey, since you’re the ‘fix-it’ lady, here’s a pickle, what do you do when the bride says she doesn’t want to have the wedding at all?
 解決ねえさんだってことなら、この問題はどうする? 花嫁が、結婚式したくないって言ったら?

Monica: She said that?!
 彼女そう言ったの?

Ross: Yeah.
 ああ。

Monica: Why?!
 なんで?!

Ross: I don’t know, I told her it was stupid to put off the wedding just because the hall was gone and she, like, flipped out.
 知らないよ。式場がなくなったからって結婚式を延期するなんてバカげてるって言ったら、キレちゃったって感じなんだよ。

Monica: Oh, my God. You’re even dumber than I am!
 なんてことなの。あなたって私よりバカね!

Ross: Excuse me?
 なんだって?

Monica: Ross, how long have you been planning this wedding?
 ロス、この結婚式のプランを練った期間はどれくらい?

Ross: I don’t know. A month?
 どうかな。1ヶ月?

Monica: Emily has probably been planning it since she was five! Ever since the first time she took a pillowcase and hung it off the back of her head. That’s what we did! We dreamed about the perfect wedding, and the perfect place, with the perfect four-tiered wedding cake, with the little people on top. But the most important part is that we had the perfect guy who understood just how important all that other stuff was.
 エミリーはきっと、5歳の時から考えてるわよ! 初めて枕カバーを外して頭の後ろにかけた時からね。私たちはそうなのよ! 完璧な結婚式を夢見るのよ。完璧な場所、小さな人が乗った4段重ねの完璧なケーキ。(泣き出したのでバスルームからティッシュが飛んでくる。それを受け取ってモニカに渡すロス)だけど一番大事なのは、こういうことがどんなに大事かってことをわかってくれる完璧な男の人がいるってことなのよ。

Ross: I had no idea. And that-that pillowcase thing, I thought you guys were just doing The Flying Nun.
 知らなかったよ。それにあの枕カバーかぶるやつ、あれは「フライング・ナン」ごっこかと思ってたよ。

(Flying Nun = 1970年まで放送していたシットコム。白いキャップをかぶった尼僧が空を飛ぶ)


Monica: Sometimes we were.
 そういうときもある。

Ross: Come on. You gotta help me figure out what to do. Okay?
 きて。どうしたらいいか、一緒に考えてくれ、いい?

Monica: All right.
 わかった。

Ross: Come on.
 行こう。(2人出て行く)

Chandler: That was pretty intense, huh?
 今のはかなり真剣だったな。

Joey: Yeah. Hey, I hope Ross didn’t think that we just went in there because we were uncomfortable being out here!
 ああ。・・ここにいたら気まずいからあっちへ行ってたってことが、ロスに気づかれてないといいけどな。

Chandler: I hope he did!
 気づいててほしいね!

《モニカ達の部屋:電話に出るフィービー》

Phoebe: Hello.
 もしもし。

Joey: Hey, Pheebs! It’s Joey!
 やぁ、フィーブス! ジョーイだ!

Phoebe: Hey, Joey! Hey! Ooh! Ooh! I just saw someone that looks just like you on the subway. And I was gonna go over and say ‘hi!’ but then I figured, he doesn’t care if he looks like you.
 まぁ、ジョーイ! わぁ! 地下鉄であなたに似た人を見たばかりよ。声かけようかと思ったんだけど、考えてみたら、その人にしてみたら、あなたに似てたからって何って感じよね。

Joey: That just cost me four bucks. But uh listen, I just called to see how the chick and the duck are doing.
 今ので4ドルかかった。ねぇ、チックとダックがどうしてるかなと思ってかけたんだ。

Phoebe: Ohh, they’re having a great time with their Aunt Phoebe! Aunt Rachel hasn’t been helpful at all. So, do you miss me?
 ああ、あの子達なら、フィービーおばさんと楽しくやってるわよ! レイチェルおばさんは助けになってないけどね。ね、私が恋しい?

Joey: Kinda, but I’ve just been having way too much fun.
 まぁね、でもここで楽しんでるから。

Phoebe: So you’re not homesick yet?
 それじゃまだホームシックにならない?

Joey: No, I don’t think so.
 いや、なってないよ。

Phoebe: All right, the seven of us miss you.
 そう。私たち7人はあなたが恋しいわ。

Joey: Who’s seven?
 7人って誰?

Phoebe: You know, me, Rachel, the birds, the babies…
 私でしょ、レイチェルと、鳥達、赤ちゃん達・・

Joey: Ahh, the babies miss me?
 ああ・・赤ちゃん達も俺を恋しがってる?

(モニカ達の部屋にノックの音)
Phoebe: Ooh, the pizza guy’s here!
 あ、ピザが来た!

Joey: What? You ordered pizza without me?!
 えっ? 俺抜きでピザ頼んだの?!

Phoebe: Yeah. But you know we were thinking about you, you know, we ordered the Joey Special.
 ええ。でも、あなたのこと思ってたから、ジョーイ・スペシャルを頼んだのよ。

Joey: Two pizzas?!
 じゃあピザ2つ?!

Phoebe: Yep! Okay, gotta go, talk to you later.
 そう! それじゃ切るわね、またね。

Joey: Wait, well, where did you get it from?!
 待って待って! どこで頼んだ?(もう切れている)

(ジョーイはテレビをつけ、シットコム、Cheersの再放送を見てホームシックになる)

《取り壊し中のチャペル》

Emily: Monica, why have you brought me here of all places?!
 モニカ、なんのために私をここにつれてきたの?

Monica: You’ll see.
 見ればわかるわ。

Emily: I tell you, this wedding is not gonna happen.
 言っとくけど、もう結婚式はなしよ。

(ロスが電源を入れると、あちこちにライトが灯る)
Emily: Oh God.
 まぁ・・・。

Ross: Okay? But-but imagine a lot more lights, okay? And-and you know fewer bricks, and-and-and flowers, and candles…
 どう? でももっとたくさんのライトがあると思って、いい? それから、レンガはもっとなくなって、それから、花と、そしてキャンドルと・・

Monica: And the musicians, look, they can go over here, okay? And the chairs can face this way, and. . . You go.
 それにミュージシャンよ、彼等は、ここになるの、ね? そして椅子はこっちがわを向いて・・(ロスに)どうぞ。

Ross: But-but, if you don’t love this, then we’ll do it in any other place at any other time. Really, it’s fine, whatever you want.
 でも、もしこれが気に入らないなら、ほかのどこでも、いつでもいいんだよ。本当だ、いいんだ、君のしたい通りにしよう。

Emily: It’s perfect.
 完璧だわ。

Ross: And, I don’t know, if it starts to rain…
 それから、そうだな、もし雨が降ってきたら・・

Emily: Well, then we’ll get wet.
 みんなで濡れたらいいわ。(キス)

Monica: Oh. And I don’t even have a date.
 ああ・・。私にはデートの相手さえいないのよね。

《モニカ達の部屋:レイチェルが自室から声をかける》

Rachel: Pheebs?
 フィーブス?

Phoebe: Yeah?
 なに?

Rachel: Do you remember where the duck food is?
 ダックのご飯どこにあるか覚えてる?

Phoebe: Yeah, it’s in the guys’ apartment under the sink. Why?
 ええ。あの子たちの部屋のシンクの下でしょ、どうして?

Rachel: Because I’m going to London.
 (荷物を手に)ロンドンに行くから。

Phoebe: What?! What do you mean you’re going to London?
 えっ?! どういうこと、ロンドンに行くって?

Rachel: Yeah, I have to tell Ross that I love him. Now honey, you take care, you don’t have those babies until I get back.
 ロスに、愛してるって言わなきゃ。気をつけてね、私が帰ってくるまで赤ちゃん産まないで待っててね。

Phoebe: Rachel, you can’t go! Ross loves Emily!
 レイチェル、行っちゃダメよ! ロスはエミリーを愛してるのよ!

Rachel: Yeah, I know, I know, I know he does. But I have to tell him how I feel! He deserves to have all the information and then he can make an informed decision.
 ええ、わかってる、わかってるわ。でも、私がどう思ってるか言わなきゃ! 彼は全部知って、それから決断をする権利があるわ。

Phoebe: That’s not why you’re going! You’re going because you hope he’s gonna say, "Yeah, I love you too, Rach. Forget that British chippy."
 そうじゃないでしょ! あなたはただ、「ああ、僕も愛してるよ、レイチ、イギリス女のことなんかどうでもいい」って言ってくれるの期待してるでしょう!

Rachel: Ohh−Do you think he will?!
 ああ、彼そう言うかな?

Phoebe: No! Because he’s in love with the British chippy! Look, Rachel, if you go, you’re just gonna mess with his head and ruin his wedding! You know, it’s too late! You missed you’re chance! I’m sorry, I know this must be really hard, it’s over.
 言わない! だって彼はあのイギリス女と愛し合ってるのよ! ねぇ、レイチェル、行ったって、ただ彼を混乱させて、結婚式を台無しにするだけよ! ね、遅かったのよ。チャンスをのがしたの。かわいそうだけど、つらいだろうけど、もう終わったのよ。

Rachel: You know what? No. It’s not over until someone says, "I do."
 ・・・いいえ。「誓います」って言うまでは終わりじゃないわ。(出て行く)

Phoebe: I do! I do! I do! . . I do! . . Oh, like I can really chase you. I’m carrying a litter.
 誓います! 誓います! 誓います!(追いかける) 誓います! 追いかけられるわけないじゃん。おなかに赤ちゃんたち抱えてるのに。



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 16:29| Comment(2) | Season 4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月13日

4-22 The One With The Worst Best Man Ever

4-22 最悪な付添人の話

 ☆消えた指輪の行方☆

《セントラルパーク:フィービーがバスルームから戻ってくる》

Phoebe: That’s like the tenth time I’ve peed since I’ve been here!
 ここに来てからトイレに行くの10回目って感じ!

Monica: That’s also the tenth time you've told us.
 あなたがそう言うのも10回目ね。

Phoebe: Yeah, oh, I’m sorry, it must be really hard to hear! I tell you, it’s a lot easier having three babies play "Bring in 'Da Noise, Bring in 'Da Funk" on your bladder! I’m so sick of being pregnant! The only happiness I get is from a cup of coffee, which of course is decaf, ‘cause−Oh! I’m pregnant!
 あら、悪かったわね、本当に聞くの大変でしょうね! 3人の赤ん坊に膀胱の上でタップダンスされる方がよっぽど簡単よね! 妊娠にはもううんざり! 唯一の幸せはこのコーヒーなのに、それももちろんデカフェなのよね。妊娠中だから!

("Bring in 'Da Noise, Bring in 'Da Funk" = ブロードウェイミュージカル)

Ross: Pheebs, you want a cookie?
 フィーブス、クッキー食べる?

Phoebe: Thank you so much.
 (泣)ありがとう!

Rachel: So uh, Pheebs, honey, how are those mood swings coming?
 ね、フィーブス、妊娠中は気分が不安定っていうけどどう?

Phoebe: I haven’t really had any yet.
 それまだ経験してないのよね。

《チャンドラー達の部屋:ロスが来る》

Ross: Hey, guys!
 やぁ、きみたち!

Chandler&Joey: Hey.
 ヘイ!

Ross: All right, here’s the ring.
 さ、リングだ。

Chandler: Yes! Yes! A thousand times, yes!
 わかった! わかった! 1000回、わかった!

Ross: So uh, any ideas for the bachelor party yet?
 バチェラーパーティの案はなにかある?

Joey: Whoa-whoa-whoa! Before you start handing out wedding rings and planning bachelor parties, don’t you have to decide who your best man is gonna be?
 おいおいおい! 結婚指輪渡したりバチェラーパーティの計画の話の前に、誰が付添人になるか決めなっきゃだめだろ?

Chandler: Oh, it’s awkward. It’s awkward. It’s awkward.
 あ、これはまずい、これはまずい、これはまずい。

Ross: I sort of already asked Chandler.
 もうチャンドラーに頼んだっていうか。

Joey: What?! He got to do it at your first wedding!
 え? 最初の結婚式でもやったじゃないか!

Ross: Joey, I figured you’d understand. I mean, I-I’ve known him a lot longer.
 ジョーイ、わかってくれるかと思ってたよ。彼の方がつきあいがうんと長いんだ。

Joey: Come on, Ross! Look, I-I don’t have any brothers. I’ll never get to be a best man!
 なんだよ、ロス! 俺には兄弟がいないんだ。それじゃ俺、絶対付添人になれないじゃないか。

Chandler: You can be the best man when I get married.
 俺が結婚する時付添人やれるだろ。

Joey: …. I’ll never get to be a best man!
 ・・。絶対付添人になれないじゃないか!

Ross: Wait-wait, so, you get to be my best man twice, and I don't get to be yours at all?
 待て待て。それじゃ、君は2回も僕の付添人をやったのに、僕は君の付添人になれないのか?

Chandler: Oh, no, you−yeah, of course you get to be my best man.
 いやそれは・・ああ、もちろん、君が俺の付添人だよ。

Joey: What about me?! You-you just said I could!
 俺はどうなんだ? たった今俺にするって言ったじゃないか!

Chandler: I’m not even getting married! Okay, this is a question for science fiction writers!
 どうせ俺は結婚しないんだろうが! これはSF作家に聞いてるようなもんだ。

Joey: I can’t believe you’re not picking me.
 俺にしてくれないなんて信じられない。

Ross: Hey, how can it not be me?!
 おい、どうして僕じゃないんだ?

Chandler: I’m not even… I’m not even…
 俺は第一・・・俺は第一・・。

Ross: All right, you know what, that’s it. From now on, Joey, I want you to be my best man.
 わかったよ。もういい。これからは、ジョーイ、君が僕の付添人だ。

Joey: Yes! . . Shame about you, though.
 よし! (チャンドラーに)残念だったな。

《モニカ達の部屋》

Phoebe: Stop it!
 (赤ちゃんに)やめて!

Monica: What?
 どうした?

Phoebe: One of the babies is kicking.
 赤ちゃんの1人が蹴ったの。

Monica: I thought that was a good thing.
 それっていいことじゃないの。

Phoebe: It’s not kicking me, it’s kicking one of the other babies. Oh! Don’t make me come in there!
 私を蹴ってるんじゃなくて、他の赤ちゃんを蹴ってるの。もう!(服の中を覗いて)そっちへ行くわよ!

(ジョーイが来る)
Joey: Hey!
 やぁ!

Monica: Hey!
 ヘイ!

Joey: Do you guys have, like, a big bowl I can borrow?
 なんか、大きいボール借りられるのある?

Monica: Yeah, there’s one right under the cabinet.
 ええ、そのキャビネットの下にあるわよ。

Joey: Thanks.
 ありがと。

Monica: Why do you need it?
 何に使うの?

Joey: Oh, we’re having a big party tomorrow night. Later!
 ああ、明日の夜パーティがあるんだ。じゃあな!

Rachel: Whoa! Hey-hey! Are you planning on inviting us?
 ちょっと、ねぇ! 私たちも誘ってくれるの?

Joey: No, later.
 いいや。じゃあ。

Phoebe: Hey!! Get your ass back here, Tribbianni!!
 ちょっと! そのケツここへ戻せ、トリビアーニ!

Rachel: Hormones!
 (ジョーイに)ホルモーン!

Monica: What Phoebe meant to say was umm, how come you’re having a party and we’re not invited?
 フィービーが言いたいのは、どうしてパーティをやるのに私たちを招待しないかってことよ。

Joey: Oh, it’s Ross’ bachelor party.
 ああ、ロスのバチェラーパーティなんだ。

Monica: So?
 それで?

Joey: Are you bachelors?
 君ら独身男?

Monica: No!
 いいえ。

Joey: Are you strippers?
 君らストリッパー?

Rachel: No!
 いいえ。

Joey: Then you’re not invited.
 じゃあ招待しない。

Rachel: All right, fine! You’re not invited to the party we’re gonna have either.
 いいわよ。じゃあ私たちが開くパーティにも招待しないわよ。

Joey: Oh-whoa, what party?
 うわお!なんのパーティ?

Rachel: Well umm…
 それは・・

Monica: The baby shower for Phoebe!
 フィービーのためのベビーシャワーよ!

Joey: Baby shower. Wow! That so doesn't sound like something I want to do! Later!
 ベビーシャワー。ワオ! そりゃ俺が行きたい感じ全然しないな! じゃ!

Phoebe: I can’t believe I’m gonna have a party! This is so great! A party! Yay!! . . . I don’t know why.
 パーティなんてウソみたい! すごいわ!(興奮) パーティ!!(大興奮)イエーイ! (泣き出す)自分でも謎。

《セントラルパーク》

Joey: This is what I’ve got going for the party so far, liquor wise. Get a lot of liquor.
 今のところ、パーティについて決めたことのは酒のことだ。たくさん用意する。

Ross: Great. Great.
 いいね、いいね。

Joey: Okay, now uh, in terms of the invite list, obviously I’ve got you, me, and Chandler and I’m gonna invite Gunther because, we’ve been talking about this pretty loud.
 よし、じゃあ、招待リストに関してだけど、もちろん君、俺、そしてチャンドラーと、ガンター。これだけ大声で話してるからね。

Gunther: I’ll be there.
 行く。

Joey: All right−oh! Listen, I know this is your party, but I’d really like to limit the number of museum geeks that are gonna be there.
 よし、あ、それから、君のパーティだってことはわかってるけど、でも、博物館のオタク達を呼ぶ人数は絞りたいんだ。

Ross: Yeah. Tell you what, let’s not invite any of the anthropologists, okay, just the dinosaur dudes!
 ああ、それじゃ、人類学者は呼ばないでおこう。恐竜関連の連中だけだ!

Joey: Okay! We’ll need a six-pack of Zima.
 よし。それじゃ、Zimaを6パック。

(Zima = 炭酸アルコール飲料だが、アルコールを含んでいない、または、飲酒検査にひっかからないなどの噂があった)

(チャンドラーが来る)
Chandler: Hey, guys, what are you doing?
 よぉ、何してるんだ?

Ross: Oh, just planning my bachelor party with my best man.
 ああ、僕の付添人と、バチェラーパーティの計画を立ててるだけだよ。

Chandler: Yeah, well, good luck trying to top the last one.
 ああ。前回のを超えるもになるといいね!

Ross: Yeah, see, I don’t think it’s gonna that difficult considering this one won’t be taking place in the basement of a Pizza Hut.
 ああ、それは難しくないと思うよ。今回のは、ピザハットの地下ではやらないからね。

Chandler: Oh, I’m Ross. I’m Ross. I’m too good for the Hut; I’m too good for the Hut.
 おお、僕はロス、僕はロス。ピザハットなんかじゃ合わないね、ピザハットなんかじゃ合わないね。

Ross: Look, I gotta go pick up Ben. Everything so far sounds great, Joey. Just remember to keep it on the mellow side, okay? Just a couple of guys hanging out playing poker, no-no strippers or anything, okay?
 ベンを迎えに行かないと。いまのところ順調だよ、ジョーイ。穏やかな感じに頼むよ、ね? 2人の男がポーカーでもする感じだ。ストリッパーはなしで、いいね?

Joey: You got it.
 了解!

Ross: Okay, see you later.
 よし、じゃあまた。(出て行く)

Chandler: See ya. Have fun planning your mellow bachelor party.
 じゃあな。(ジョーイに)穏やかなバチェラーパーティの計画楽しめよ。

Joey: Well, there’s gonna be strippers there. He didn’t say anything about no strippers.
 ストリッパーは呼ぶぞ。やつはストリッパーなしとは言ってないからな。

Chandler: He just said, "No strippers."
 たった今、ストリッパーなしって言ったじゃないか。

Joey: Oh, I chose not to hear that.
 ああ、それは聞かなかった。

《モニカ達の部屋:ショッピングしてきたモニカ》

Monica: Look what I got! Look what I got! Look what I got! Can you believe they make these for little people?
 買ったの見て!買ったの見て!買ったの見て!(レザージャケットとカウボーイ風)こんなの小さい子用に作るなんてウソみたいね。

Rachel: Little village people.
 小さなビレッジピープルね。

Monica: Okay, look at this one. This is my favorite.
 ほら、これ見て! これが私のお気に入りなの(ピンクと白のドレス)

Rachel: Oh, that is so sweet!
 まぁ、なんてかわいらしいの!

Monica: I know! Phoebe is gonna love dressing them in these!
 でしょ! フィービーはこれを着せるの喜ぶわよ!

Rachel: Huh. Except, Phoebe’s not gonna be the one that gets to dress them.
 はぁ。でも、これを着せるのは、フィービーじゃないのよね。

Monica: Because she’s not gonna get to keep the babies.
 彼女は子供を育てないものね。

Rachel: Oh, my God! We are throwing the most depressing baby shower ever!
 ああ、なんてこと! こんな気の滅入るベビーシャワーするの初めてよ!

Monica: Wait a minute! Unless, we give her all gifts she can use after she’s done being pregnant. Like-like umm, regular coffee, Tequila.
 ちょっと待って! みんな出産後に使えるものをあげればいいじゃない! 普通のコーヒーとかテキーラとか!

Rachel: Oh, and somebody can get those leather pants she’s always wanted!
 ああ、それに誰か、彼女がほしがってたレザーパンツをあげたらいいわね!

Monica: Oh, she’s gonna love that!
 ああ、彼女きっと喜ぶわ!

《モニカ達の部屋:フィービーのベビーシャワー》

Phoebe: What the hell is this?! What, did you actually thought it would make me feel better to give me stuff that I can’t use for another two months?! This sucks! Oh!! All right, what’s my next present?!
 いったいこれ何なのよ! あと2ヶ月も使えないようなものくれて、私が気分よくなるとでも思ったの? 最低! ああ! もういい、次のプレゼントは?!

All: I don’t have anything.
 なにも持ってきてないわ(みんな後ろにプレゼントを隠す)

《チャンドラー達の部屋:バチェラーパーティ終わり》

Ross: Hey, listen, man, about the stripper…
 なぁ、ジョーイ、ストリッパーのことだけど・・

Joey: Yeah?
 うん?

Ross: Good call!
 よくやった!

Chandler: Okay, a little announcement, a little announcement. I’ve decided that my best man is, my best friend Gunther!
 よし、ちょっとお知らせ、ちょっとお知らせ。俺の付添人は、親友のガンターに決めた!

Gunther: What’s my last name?
 僕の名字は?

Chandler: Central Perk?
 ・・・セントラルパーク?

Gunther: Thanks for not marrying Rachel.
 (ロスに)レイチェルと結婚しないでくれてありがと(出て行く)

Joey: Oh-whoa-wait, Gunther. Don’t-don’t forget your shirt.
 おいおい、待って、ガンター。シャツを忘れるな。(シャツを受け取りガンターは帰る)

Ross: Hey-hey, what are those?
 おい、それはなに?

Joey: Oh, little party favors, check it out! ("Ross Geller, Bachelor Bash 1998")
 ああ、パーティのおみやげだよ、見て!(ロス・ゲラー バチェラーパーティ 1998と書かれたTシャツ)

Ross: Wow! Yeah!
 ワオ! いいね!

Joey: Oh-oh!("Best Man Joey Tribbianni")
 おっ!おっ!(背中側を見せる。(付添人ジョーイ・トリビアーニ、という文字とジョーイの写真)

Chandler: Okay, okay, a little announcement, I just want everyone to know that the position of my best man is still open! And uh, so is the position of the bride.
 よしよし、ちょっとお知らせ。みんなにお知らせしたいんだけど、付添人のポストは空いてるからね! それと(ストリッパーに)花嫁のポストもね。

The Stripper: Great!
 けっこうね!

Ross: Smooth man. Yeah, you got some chili on your neck. Well, I just want to say, thanks everyone, this-this was great. And hey! See you guys Monday morning. Thanks, Joey.
 うまいね! 首にチリソースがついてるぞ。じゃ、みんな、ありがとう! 楽しかったよ。それからみんな!(博物館の人へ) また月曜の朝会おう! ありがと、ジョーイ。

Joey: Oh, hey, don’t forget your shirt.
 あ、おい、シャツを忘れるなよ!

Ross: Oh, thanks!
 ああ、ありがと!(受け取り、すぐ箱に戻して立ち去る)

Joey: Okay, hey, museum geeks, party’s over. Okay. Wave bye-bye to the nice lady. There you go. Back to your parent’s basement. All right. . . . Come on, boys, come on out! Here you go. All right.
 よし、それじゃ博物館のオタクさんたち、パーティはおしまいだ。ね。素敵な女性に手を振って。ハイハイ。実家の地下室へ戻ってってね。よし・・(部屋の鍵をあけ、ダックとチックを出してやる)ほら、おいで、おいで。ほらほら、よし。

The Stripper: Ohhh, look at the little birdies! Are those yours?
 まぁ、この鳥さんたち! あなたの?

Joey: Yeah!
 ああ!

The Stripper: Wow, I didn’t know they let you keep chickens and ducks as pets.
 ワオ。ニワトリやアヒルがペットになるとは知らなかったわ。

Joey: Oh, yeah-yeah. And I got the duck totally trained. Watch this. Stare at the wall. . . Hardly move. . . Be white.
 ああ。このアヒルはちゃんと訓練してあるんだ。見てて。(ダックに)壁を見つめろ。・・ほとんど動くな。・・白になれ。

The Stripper: You are really good at that. So uh, I had fun tonight, you throw one hell of a party.
 本当にじょうずなのね。・・それじゃ、今夜は楽しかったわ。素敵なパーティだったわね。

Joey: Oh, thanks. Thanks. It was great meeting you. And listen, if any of my friends gets married, or have a birthday, or a Tuesday…
 ああ、ありがと。会えてよかったよ。また友達が結婚するとか、誕生日だとか、それか火曜日だとか・・

The Stripper: Yeah, that would be great. So I guess umm, good night.
 ええ、うれしいわ。それじゃ・・おやすみ。

Joey: Oh, unless you uh, you wanna hang around.
 あ、それか、よかったらゆっくりしていけば。

The Stripper: Yeah?
 そう?

Joey: Yeah. I’ll let you play with my duck.
 ああ。ダックと遊べるよ。

《ジョーイの寝室。目を覚ますと1人》

Joey: Hey. . . stripper!
 ヘイ!・・(名前知らない)ストリッパー!・・(見ると指輪がない)

《チャンドラー達の部屋》

Joey: The stripper stole the ring!! The stripper stole the ring!! Chandler! Chandler, get up! Get up! The stripper stole the ring!
 (チャンドラーの部屋のドアを叩き)ストリッパーに指輪盗まれた!ストリッパーに指輪盗まれた! チャンドラー! チャンドラー! 起きろ! 起きろ! ストリッパーが指輪盗んでった!

Chandler: What?
 なに?

Joey: The ring is gone!
 指輪がない!

Chandler: Ugh. Just a sec, give me a minute to wake up for this−Ah-ha-ha!! You lost the ring! You’re the worst best man ever!
 うー。ちょっと待て。目を覚ますから・・アハハ! 指輪なくしやがって! 史上最低の付添人だな!

Joey: Dude, this isn’t funny! What am I gonna do?! I go to sleep last night, everything’s cool! I wake up this morning, the stripper’s gone and the ring is gone!
 おい、笑い事じゃない! どうしよう?! 昨日寝ようとしてたときには何ともなかったんだ! 今朝起きたら、ストリッパーはいなくなって、指輪もない!

Chandler: You slept with the stripper?
 ストリッパーと寝たのか?

Joey: Of course!!
 もちろんだ!

《セントラルパーク:モニカとレイチェル話し中・フィービーが来る》

Phoebe: Hi, guys.
 ハーイ。

Rachel&Monica: Hi! Phoebe.
 あら、フィービー、ハイ。

Phoebe: I-I wanted to apologize if I, you know, seemed a tad edgy yesterday at my shower. It’s just the hormones, you know.
 昨日のシャワーの時、ちょっとピリピリしてるように見えたなら、あやまりたいと思ってたの。ホルモンのせいなのよ。

Rachel: No, we…
 いえ、私たち・・

Monica: Hormones.
 ホルモンよね。

Rachel: …hormones, yeah.
 ホルモンよね、そうね。

Phoebe: Anyway, I just wanted to say thank you, it was just, it was so sweet.
 とにかく、ありがとうって言いたかったの。本当にうれしかったわ。(モニカ達はびびっている)

Monica: Wow, you seem to be doing so much better. That’s great. how are things going?
 ワオ・・だいぶ気分がいいようね。よかったわ。調子はどう?

Phoebe: Good. You know−no-no, okay, it’s-it feels like everything’s been about me lately, so what’s happening with you?
 いいわ。ね、なんか、最近私のことばっかりみたいよね。それより、あなた達はどう?

Rachel: Oh, well, actually we were just talking about me not going to Ross’s wedding.
 ああ・・。私たち、ロスの結婚式に私が行かないことについて話してたの。

Phoebe: Oh!
 ああ。

Rachel: It just might be too hard, given the history and all that…
 つらすぎるかなって。これまでのこととかいろいろ考えて・・

Phoebe: Wow! This reminds me of the time when I was umm, living on the street and this guy offered to buy me food if I slept with him.
 ワオ。それを聞いて思い出したわ。路上生活してた頃、ある男が、もし寝たら食べ物を買ってくれるって言ったの。

Rachel: Well, how is this like that?
 えー・・それのどこが似てるの?

Phoebe: Well, let’s see, it’s not really, like that. Because, you see, that was an actual problem. And yours is just like, you know, a bunch of you know high school crap that nobody really gives you know…
 そうね、似てないわね。ほんと、そんなふうじゃない。だって、ね、あれは実際に問題だったもの。そしてあなたのは、ただの高校生のたわ言よね。誰も気にしないわ。

Rachel: I’m-I’m sorry, I guess I just thought that…
 ご・ごめんね。ただちょっと私・・

Phoebe: All right, here come the water works.
 はいはい、また泣きだした。

《チャンドラー達の部屋》

Joey: Ugh! I don’t know what I’m gonna do! I called the company that sent and they don’t care! Then I called 911 and they yelled at me. If this isn’t an emergency, then what is?
 ああ・・どうしたらいいんだ? 彼女の会社にも電話をしたけど、気にもかけないんだ! 911にかけたら怒鳴られた。これが緊急事態じゃなくていったい何なんだ?

(ロスが来る)
Ross: Hey, guys!
 やぁ!

Chandler&Joey: Hey!
 ヘイ。

Ross: I just wanted to thank you again for last night, what a great party! And the guys from work had a blast. You know, one of them had never been to a bachelor party before. And-and another one had never been to a party before, so…
 昨日の夜のこともう一度お礼が言いたくてさ。楽しいパーティだったよ! それに職場のやつらもすごく楽しんでた。あのうちの1人はバチェラーパーティに出たことがなくてさ。そしてもう1人は、パーティに出たことがないってさ。

Joey: So uh, hey, that uh, that wedding ring, huh? Man, that’s nice!
 それで・・ああ、あの結婚指輪だけど。あれ、いいな!

Ross: Yeah, right?
 ああ、だろ?

Joey: I was uh, I was thinking I might pick one of those babies up for myself. Where might one get one of those?
 思ったんだけどあんなの俺も欲しいなって。どこへ行けば手に入る?

Ross: That ring? When my grandmother first came to this country, that ring and the clothes on her back were all she had with her.
 あの指輪? 僕の祖母が初めてこの国に来たとき、背中にしょってた荷物は、あの指輪と洋服だけだったんだ。

Chandler: So you might say that the ring is irreplaceable.
 そうすると、代わりのものなんてないって言えるわけだな。

Ross: Oh, absolutely! It has been in my family for generations, and every bride who has worn it has lived a long and happy life.
 ああ、その通りだよ! 代々うけつがれてきて、あの指輪を身につけた花嫁は、幸せに長生きしたってことなんだ。

Chandler: So you might say, it’s a magic ring.
 そうすると、魔法の指輪って言えるわけだな。

Joey: Yeah, the stripper stole it.
 ・・ああ。・・ストリッパーが盗んだよ。

Ross: My-my ring? My-my wedding ring? The-the stripper stole my wedding ring?! H-how?! How could this all happen?!
 ぼ・僕の指輪を? 僕の結婚指輪を? ストリッパーが僕の指輪を盗んだ? どうして? どうしてそんなことが起きるんだ?

Chandler: Well, I think it all started when you said, "Hey Joey, why don’t you be my best man."
 そうだな、おまえが「ジョーイ、君が僕の付添人になってくれ」って言ったところから始まったんだと思うな。

Ross: All right-all right, fine! I-I’m gonna call the cops!
 わかった、わかった、いいよ! 警察に電話する。

Joey: Dude, I screwed up, you don’t have to turn me in!
 おい、俺がドジだったけど、警察に突き出すことはないだろう!

Ross: Not on you! On the stripper!
 おまえじゃない! ストリッパーだ!

Joey: Oh, yeah, I already did that! They said they’re gonna look into it right after they solved all the murders.
 ああ、それならもうかけたよ。すぐに調べてくれるって。殺人事件全部解決したら・・。

Ross: Okay, well, we’ll call the company that sent her!
 そうか、じゃあ、彼女の会社に電話しよう!

Joey: I did that too! They wouldn’t give me her real name or her number. They said, "If I bothered them again they’d call the police." I said, "If you talk to the police, you tell them I’m missing a ring!"
 それもかけた! 彼女の本名や電話番号は言わないっていうんだ。そして「またうるさくいってきたら、警察に電話する」って言うから、「警察と話すんなら、指輪待ってるって伝えてくれ!」って言ったんだ。

Ross: So what, Joey? Wh-wh-what? What are you telling me? That there’s nothing we can do? How could this happen?!
 それじゃなに、ジョーイ、え? どういうこと? 何もできることがないっていうのか? どうしてこうなるんだ?!

Joey: Look, Ross, I am so-so sorry. I-I-I…
 ロス、本当に本当に悪かったよ。俺・・

Chandler: Well, what if we just ah, called her, used a fake name, and had her come to my office?
 そうだな、また電話して、ウソの名前使って、彼女をうちの会社に来させたら?

Joey: Oh, that sounds like fun, but we’ve got a ring to find!!
 そりゃ楽しそうだな、でも、指輪を見つけなきゃ!

《モニカ達の部屋》

Monica: Here’s your tea Phoebe.
 フィービー、紅茶よ。

Phoebe: It’s so good. . Oh, thanks.
 すごくおいしい。。ありがとう。

Rachel: Good.
 よかった。

Monica: I’m so glad you liked it.
 気に入ってくれてよかったわ。

Phoebe: Oh!
 あぁ!

Monica: What?!
 なに?

Rachel: What?! She made the tea!
 なに? 紅茶を作ったのは彼女よ!

Phoebe: Oh! No, I-I think I just had a contraction.
 あっ、違うの。陣痛がきたと思う。

Rachel: You what?
 なんですって?

Monica: Oh, my God!
 まぁ、大変だわ!

Phoebe: Yeah, I thought I had one a couple of minutes ago, and now I know that was definitely one.
 数分前にもそうかと思ったんだけど、今回は間違いないわ。

Monica: Wait, you can’t have the baby here! I mean I haven’t sterilized it since the guys moved out!
 待って、ここで赤ちゃん産んじゃダメよ! あの人達が出てってからまだ消毒してないんだから!

Rachel: Okay. It’s okay. We’re gonna be okay. You know what? It’s okay. I’m gonna, I’m gonna, I’m gonna boil some water and just rip up some sheets!
 大丈夫、大丈夫よ。ね、大丈夫よ。私・・私は・・お湯を沸かすわ。それから、シーツを裂けばいいのよ!

Phoebe: No. It’s all right. It’s probably false labour. They said that, that can happen near the end, just somebody get the book.
 いえ、大丈夫よ。きっと偽陣痛だわ。妊娠の終わり頃にそういうのがあるんだって。誰か本取って。

Monica: Rachel, get the book! The book!
 レイチェル、本取って! 本!

Rachel: Okay! . . . Okay! Here!
 わかった! (取ってくる)はい!

Monica: The Bible?!
 聖書?!

Rachel: I don’t know!
 わかんない!!

《チャンドラーのオフィス》

Joey: All right, okay, this is great, uh, Chandler, you get behind the desk. And-and when she comes in hopefully, she won’t recognize you because. . Well, why would she? Uh, okay, and then you buzz Ross and I. . . You be Mr. Gonzalez, and I’ll be uh, Mr. Wong.
 よし、これでいいぞ・・えー、チャンドラー、おまえは机の向こうに行ってろ。それから、彼女が来た時、きっとおまえに気づかない。どうしてかっていうと・・・どうしてだ? あー・・よし、そしておまえがロスと俺をブザーで呼ぶ・・(ロスに)おまえはゴンザレス、俺は・・ウォン。

Ross: Diverse.
 多様性だね。

(ノックの音)
The Stripper: Anybody call for security?
 誰かセキュリティ呼んだぁ?

Chandler: You be cool.
 (ロスに)冷静にな。(ドアを開け、みな彼女に背を向ける)

The Stripper: Okay, which one of you guys is Gunther Central Perk? Hey, Joey?
 どの人がガンター・セントラルパーク? ・・あら、ジョーイ!

Ross: Where’s my ring? My dead grandmother’s wedding ring? Where is it? Where is it?
 僕の指輪はどこだ? 僕の死んだおばあちゃんの結婚指輪だよ! どこなんだ? どこだ?

Chandler: Way to be cool, man.
 落ち着けったら。

The Stripper: What’s he talking about?
 何の話してるの?

Joey: There was a ring, in a box, on my nightstand. After you left, it was gone!
 指輪があったんだ。俺のナイトスタンドの上に、箱に入ってな。君が帰ったあと、なくなってたんだ!

The Stripper: Wait, you guys think I stole some ring?
 待ってよ、私が盗んだっていうの?

The Guys: Yeah!
 ああ!

Ross: We know you took so just-just save yourself the time and confess!
 君が盗ったことはわかってるんだ。さっさと告白しろ!

The Stripper: Okay, who are you? The Hardy boys? Look, I don’t need to steal some stupid ring, all right? I make $1,600 a week doing what I do. Any of you guys make that?
 まぁ、なにさまなの? ハーディ・ボーイズ? いい? そんな指輪なんか盗む必要ないもん。私、この仕事で週に1,600ドル稼いでるのよ。あなた達それだけ稼げる?

(Hardy Boys = 小説を元にしたTVシリーズ。かっこいい兄弟が探偵として活躍する)

Chandler: Marry me.
 結婚して。

《チャンドラー達の部屋》

Joey: I don’t get it! It was in my room all night! If she didn’t take it, and I didn’t take it; and you didn’t take it, then who did? . . . Shh! We’re trying to think!
 わからないよ! 一晩中俺の部屋にあったんだ! 彼女が盗ってなくて、俺も盗ってなくて、おまえ(チャンドラー)も盗ってなくて、だったら誰なんだ?(ダックが「クワッ」)シーっ! 考えてるとこんだんだ。(ロスとチャンドラーはハッとしている。やや遅れてジョーイも気づきダックを指差しうろたえる)

《モニカ達の部屋》

Rachel: I still don’t get how you know when it’s false labour.
 あれが偽陣痛だなんて、あなたよくわかったわね。

Phoebe: Well, do you see any babies?
 だって赤ちゃん生まれてないでしょ?

Monica: How do you feel?
 気分はどう?

Phoebe: Okay, I guess. I mean… I don’t know. It’s just, I guess I know it’s going to be over soon, so...
 オーケーって感じ。・・なんていうか、もうすぐ終わるってわかってるから、だから・・。

Rachel: But isn’t that a good thing? I mean, you said you were sick of this.
 でも、それっていいことなんじゃないの? もううんざりって言ってたじゃない。

Phoebe: I know. It’s just, you know, usually when you’re, when you’re done with the pregnant thing, you know, then you get to do the mom thing. I’m gonna be you know, sitting around in my leather pants, drinking Tequila.
 そうだけど。普通は、妊娠が終わったら、今度はママをやるわけじゃない? 私はただレザーパンツを履いてテキーラを飲むだけなのよね。

Monica: Some moms do that.
 そういうママもいるわよ。

Phoebe: Okay, that’s even sadder. Look, I know, I know what I got myself into, you know. It’s just that now that they’re in me it’s like, it’s like I know them, you know. It’s not gonna be easy when these little babies have to go away.
 それよけい悲しい。わかってるの。自分で決めたことだってわかってるのよ。ただ、この子達私の中にいて、知ってるって感じで。この子達が行っちゃうなんて、私には簡単じゃないわ・・。

Monica: I know, sweetie. But it’s not like you’re not gonna have anything. You’re gonna have nieces and nephews, and some ways that’s even better.
 わかるわ。でも、何も残らないわけじゃないわよ。姪や甥ができるんだもの。その方がいいことも多いわ。

Phoebe: Yeah, okay.
 まぁそうね。

Rachel: No, really. Really, Pheebs, you’re not gonna be the one worrying about saving for college, or yelling at them when they’re bad, you know. Or deciding to put them on Ritalin when they just won’t calm down. You know?
 いえ本当よ、フィーブス。大学に行く費用を貯金する心配したり、悪いことしたからって怒鳴ったりしなくていいのよ。それとか、子供達が静まらないからって薬飲ませるのかとか決めなくてもいいのよ。ね?

(Ritalin = 鬱病や子供の過敏症対処に使う薬)

Monica: You’re gonna be the one they’re gonna come to when they wanna run away from home, and the one they talk to about sex.
 あなたは、この子達が家から逃げ出したいときに行くところになるのよ。そして、セックスについて話せる相手になるのよ。

Rachel: And you just get to be cool Aunt Phoebe!
 そしてあなたはクールなフィービーおばさんになるのよ!

Phoebe: Cool Aunt Phoebe. I am pretty cool!
 クールなフィービーおばさん・・。私とってもクールよ!

Monica: Oh.
 そうよ。

Rachel: And you know what else? Oh, my God, are they gonna love you.
 それにまだあるわよ。ああ、もう、この子達、本当にあなたを大好きになるわ。

Phoebe: They are gonna love me.
 この子達私を大好きになるわ。

Rachel: Oh!
 そうよ!

Phoebe: Thanks, you guys! Again.
 ありがとう、あなた達。今回も。

Monica: Oh, sweetie!
 ああ、フィービー!(ハグ)

Phoebe: You’re the best. Thanks. Oh!
 あなた達って最高ね! ありがと・・・あう!

Monica and Rachel: What?!
 なに?

Phoebe: Just kidding. Ahh!
 冗談よ。・・あっ!

Rachel: What?!
 なに?

Monica: Oh, my God!
 大変!!

Phoebe: Got you again. You're so easy!
 またひっかかった。単純ね!

《獣医の待合室》

Joey: If anything should happen to him…
 もしやつに何かあったら・・

Ross: Joey! The vet said it’s a simple procedure.
 ジョーイ! 獣医さんは簡単な手術だって言ってたじゃないか。

Joey: So! Things can go wrong! You don’t know! What if he doesn’t make it?!
 それが? うまくいかないことだってある! わからないじゃないか! もしうまくいかなかったら・・?!

Chandler: He will, Joe.
 大丈夫だよ、ジョー。

Joey: Yeah, but what if he doesn’t? He’s such a good duck.
 もしそうじゃなかったら? やつは本当にいいアヒルなのに。

(With that we go into a little flashback about the guys’ memories of the duck. The first one is Joey playing with him in the bathtub and drying him off. Then it’s Chandler sitting on his couch after they moved into the girls apartment, and Chandler reading to him in bed, and him watching Baywatch when all they had was the canoe and the duck was in a bucket of water. Then we see Ross eating some cereal and the duck watching him. He takes a lamp and moves the duck off of the table. Then it’s Chandler shooing them out of the bathroom in the girls’ apartment, Joey revealing their disco cubby hole in the entertainment-center, then Chandler playing Hide-and-Go-Seek with them, and it’s concluded with various scenes with the duck flapping it’s wings. And the guys staring into the distance in remembrance of the duck.)
(ダックの思い出:ジョーイがお風呂で泳がせている。チャンドラーが20号室へ移った後一緒にカウチに座っている。ベッドで本を読んであげている。カヌーの中で、犬に乗せたTVでベイウォッチを見ているそばでダックがバケツの水につかっている。それからロスがシリアルを食べているのを、ダックがテーブルで見ていて、ロスはランプでダックをそっと遠ざける。チャンドラーが20号室のバスルームへついてきたダック達を追い立てている。あのAVユニットの中にいるダック達。チャンドラーがダック達とかくれんぼをしている。そんな思い出にふける3人)

Joey: I’m so worried about him, you know?
 めっちゃ心配だよ!

The Doctor: Somebody lose a ring?
 指輪をなくした人?

Ross: Oh, my God! Thank you! Thank you so much!
 ああ助かった! ありがとう、本当にありがとう!

Joey: H-h-h-how’s the duck?
 アヒルはどうですか?

The Doctor: He’s doing just fine, he’s resting now, but you can see him in a little bit.
 大丈夫ですよ。今は休んでいますが、もう少ししたら会えますからね。

Joey: Ohh, great! Oh, hey, listen, Ross, thanks for being so cool about this.
 ああ、よかった! ・・あ、なぁ、ロス、冷静でいてくれてありがとう。

Ross: No, that’s all right.
 いや、いいんだよ。

Joey: No, it’s not. I mean, you-you made me your best man and I totally let you down!
 いや、よくないよ。付添人にしてくれたのに、がっかりさせちゃって!

Chandler: Hey, come on, it’s not your fault.
 いや、なに言ってるんだ、おまえのせいじゃない。

Joey: Yeah, it is! You wouldn’t have lost the ring, right? You know what? Ross, you were right from the start. He should be your best man.
 いや、そうだよ。おまえだったらなくさないよ、だろ? なぁ、ロス、おまえは最初から正しかったよ。彼がおまえの付添人になるべきだ。

Chandler: No, you should.
 いや、おまえだよ。

Joey: Don’t argue with me…
 そんなこと言うな。

Ross: Hey! Hey! Hey! I get to choose my best man. I want both you guys.
 おいおいおい! 付添人を選ぶのは僕だ。・・君たち2人ともやってくれ。

Chandler&Joey: Really?
 ほんと?

Ross: Hey, both you guys should be up there with me. I mean, you two are-are my… I mean, I’m lucky to have just one good…
 だって、君たち2人ともそこにいてほしいよ。だって、君たち2人は僕の・・ほら、いい友達1人だってラッキーなのに・・・

Chandler: Thanks, man.
 ありがと。

Joey: I gotta go check something over here.
 俺なんかここの見とく。(泣)

Chandler: What a baby.
 まるで子供だな(泣)

Ross: Total wuss!
 泣き虫だな(泣)

《水浴びするダック》

 おしまい。



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


posted by らんち at 16:30| Comment(0) | Season 4 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。