2013年07月10日

3-13 The One Where Monica and Richard Are Friends

3-13 モニカとリチャードが友達になる話

 ☆モニカの恋、再び...☆

《レンタルビデオ店:モニカが返しにくる》

Monica: Hi.
 (カウンターにビデオを出す)ハイ。

Clerk: Six dollars, please.
 6ドルです。

Monica: Six? I just had it for one night. It’s three.
 6ドル? 一晩借りたのよ。3ドルよ。

Clerk: Eight o’clock is the cut-off and.. aww, it’s 8:02.
 8時までですよ。そして今は・・ああ、8時2分だ。

Monica: You know, in a weird way, you have too much power. Look, you’re gonna have to help me out here, ‘cause I only have three.
 あなたって、妙にパワーがあるわね。ねぇ、助けてくれないかな、私3ドルしか持ってないの。

Richard: I can help with that.
 僕が助けられるよ。

Monica: Oh, my God. Richard?. . Hi!
 オーマイゴッド・・リチャード?(振り向く)ハーイ!

Richard: Hi!
 やぁ。

Monica: Wow! Your lip went bald. . .Thanks.
 ワオ。あなたのクチビル、ハゲちゃったのね。(お金を払ってくれたので)ありがと。

Richard: So, you look great.
 きれいだよ。

Monica: Right.
 そうよね。

Richard: No, you do. You just...
 いや、本当だよ。ただ・・

Monica: What?
 なに?

Richard: You’ve got panties stuck to your leg.
 足にパンティがくっついてる。

Monica: That’s because I-I was just grabbing some things out of the dryer, and it’s static cling. Or maybe it’s just that God knew I’d be running into you and saw an opportunity.
 ドライヤーからいろいろ出したからだわ。静電気でくっついたのよ。それか、神様があなたに出会うってわかってて、こんなことしたのかもね。

Richard: It’s good to see you.
 会えてうれしいよ。

Monica: It’s good to see you, too.
 私も会えてうれしいわ。

(ハグ、モニカの背中にもストッキングがあるのを見つけるリチャード)

《レンタルビデオ店:つづき》

Monica: You see that guy? He’s in classics now, but you know, as soon as we leave he’s going straight to the porn.
 あの人見た? 今は古典的なの見てるけど、私達がいなくなったらすぐポルノコーナーに行くわよ。

Richard: He’s gonna go up to the counter with Citizen Kane, Vertigo, and Clockwork Orgy. This is nice.
 カウンターへ「市民ケーン」と「めまい」と「時計じかけのオレんち乱交パーティ」を持っていくんだろうな。(2人で笑ってから)いいね。

Monica: Yeah.
 そうね。

Richard: I missed this.
 懐かしいよ。

Monica: Me too.
 私も。

Richard: So, you wanna get a hamburger or something?
 それじゃ、ハンバーガーでも食べに行く?

Monica: Oh, um, I don’t know if that’s a good idea.
 あら、それはよくないと思うわ。

Richard: Oh. Look, just friends, I won’t grope you. I promise.
 いいじゃないか。友達なんだ。まさぐったりしないよ。約束する。

Monica: No, I just I think that it’s too soon.
 そうじゃなくて、早すぎると思うの。

Richard: No it’s not too soon, I had lunch at a eleven.
 そんなことないよ。僕は昼食が11時だったんだ。

《モニカ達の部屋:チャンドラーがハーシーズのチョコボトルを持っている》

Chandler: Yeah, baby!
 よーし、ベイビー!

Ross: What are you doing?
 なにやってるんだ?

Chandler: Making chocolate milk. Do you want some?
 チョコレートミルク作ってんだよ。ほしい?

Ross: No thanks. I’m 29.
 いらない。29歳なんだぞ。

Rachel: Oh, my God, I gotta go to work!
 大変! もう仕事行かなきゃ。

Ross: Oh, sweetie, when do you think you’re going to get off tonight?
 あ、ねぇ、今日は何時ぐらいに仕事終わりそう?

Rachel: Oh, I don’t know, honey. It could be really late.
 ああ、わからない。すごく遅いと思うわ。

Ross: Oh, come on, not again.
 なんだよ、また?

Rachel: I know. I’m sorry. Look, I’ll make a deal with you, okay?
 そうなの、ごめんね。ねぇ、こうしない?

Ross: Hmm.
 なに?

Rachel: Every night that you’re asleep before I get home from work...
 私が帰ってくる前にあなたが寝てしまっていたら・・

Ross: Yeah.
 うん。

Rachel: I will wake you up in a way that’s proved very popular in the past.
 以前すごく好評だった方法で起こしてあげるわ。

Ross: Now, if you need to stay late, I want to be supportive of that.
 じゃあ、遅くなるのも悪くないじゃないか。

Rachel: Right.
 そうね。

(フィービーがローラーブレードを持ってやってくる)
Phoebe: Hi.
 ハーイ。

All: Hey.
 ヘイ。

Joey: Look at you. Since when do you roller blade?
 なにそれ、いつからローラーブレード始めた?

Phoebe: Oh! Since tomorrow. I met this really cute guy in the park and he like you know, jogs, and blades, and swims, and so you know, we made a deal that’s he’s gonna teach me all sorts of jock stuff.
 明日からよ。すごいキュートな人に出会ったんだけど、彼ジョギングとかローラーブレードとか水泳とか好きなのよ。それで、彼にそういうスポーツを教えてもらうことにしたの。

Ross: And what are you going to do for him?
 それで君は彼に何をしてあげるんだい?

Phoebe: I’m going to let him.
 教わってあげるの。

Ross: Okay.
 なるほど。

Joey: Cool.
 いいね。

Monica: Morning.
 おはよ。

All: Hey.
 おはよ。

Rachel: Somebody got in late last night.
 昨日遅かったじゃない、誰かさん。

Monica: Yeah, well, I ran into Richard.
 ええ。リチャードとばったり会ったの。

Rachel: When did this happen?
 いつ?

Monica: Oh, um, around 8:02. We talked for a little while, and then um, we went out for an innocent burger.
 えっと、8時2分頃よ。ちょっと話して、それでハンバーガーを食べてきただけ。罪もないことよ。

Phoebe: Oh, there’s no such thing as an innocent burger.
 ハンバーガーを食べて罪がないなんてあり得ないわ。

Ross: So, are you gonna see him again?
 それで、また会う気なの?

Monica: Tomorrow night.
 明日の夜ね。

Rachel: Monica, what are you doing?
 モニカ、何をしているの?

Chandler: Well, she spent the last six months getting over him, and now she’s celebrating that by going on a date with him.
 彼女これまで6ヶ月かけて彼を吹っ切ったから、今そのお祝いに彼とデートしてるんだよ。

Monica: It’s not a date, okay? I’m just gonna teach him how to make lasagne for some pot luck dinner he has.
 デートじゃないわよ。彼が開くっていうポットラックディナー用のラザニアの作り方を教えてあげるだけだわ。

Joey: Well, you might wanna make a little extra, because you know, you’ll probably be hungry after the sex.
 余分に作った方がいいんじゃないの? だってほら、セックスの後はおなか減るだろ。

Monica: We’re not gonna have sex! Okay, nothing’s changed here. He still doesn’t want children and I still do, so that’s why we’re just gonna be friends.
 セックスなんてしないわよ! いい? 何も変わってないのよ。彼は子供がほしくないし、私は欲しい。だから私達、ただの友達ってこと。

Ross: Naked friends.
 裸のつきあいのね。

《チャンドラー達の部屋:レイチェルが来る》

Rachel: Hey.
 ハーイ。

Joey: Hey.
 よぉ。

Rachel: Do you have any ice?
 氷ある?

Joey: Check the freezer. If there’s none in there, then we’re probably out. Are you just getting in from work? It’s late.
 フリーザー見てみて。もしなかったら、もうないんだ。今帰ってきたとこ? 遅いなぁ。

Rachel: Yeah, I know. I had the greatest day though. I got to sit in on the meeting with the reps from Calvin Klein. I told my boss I liked this line of lingerie, she ordered a ton of it. How was your day?
 ええ。そうなのよ。でも今日は最高の日だったわ。カルバン・クラインからの営業マンと一緒にミーティングに参加したんだけど、私がそのランジェリーのラインを気に入ったって上司に話したら、彼女いーっぱいオーダーしたのよ。あなたはどうだった?

Joey: I discovered I’m able to count all of my teeth using just my tongue.
 俺は、自分の舌だけで歯が何本あるか数えられるって発見したんだよ!

Rachel: Hmm. . . Umm, why do you have a copy of The Shining in your freezer?
 そう。ねぇ、どうしてフリーザーにシャイニングが入れてあるの?

Joey: Oh, I was reading it last night, and I got scared, so.
 ああ、昨日の夜それ読んでたんだけど、怖くなってさ。

Rachel: But you’re safe from it if it’s in the freezer?
 でもフリーザーに入れれば大丈夫なの?

Joey: Well, safer. You know, I never start reading The Shining, without making sure we’ve got plenty of room in the freezer, you know.
 ああ、少しはましだよ。俺はシャイニングを読む前に、フリーザーに空きがあるか必ず確かめるんだ。

Rachel: How often do you read it?
 そんな何回も読んだの?

Joey: Haven’t you ever read the same book over and over again?
 同じ本を何回も何回も読んだことない?

Rachel: Well, umm, I guess I read Little Women more than once. But I mean that’s a classic, what’s so great about The Shining?
 そうね、私はリトル・ウーマン(若草物語)は何回か読んだわ。でも、あれは古典よ。シャイニングのどこがそんなにいいの?

Joey: The question should be Rach, what is not so great about The Shining. Okay? And the answer would be: nothing. All right? This is like the scariest book ever. I bet it’s way better than that classic of yours.
 レイチ、問題はそうじゃなくて、シャイニングのどこがよくないかだよ。わかる? 答えは、よくないとこはない・だよ。これほど怖い本はないね。君のその古典よりずっといいよ。

Rachel: Okay. Ah, well, we’ll just see about that, okay. I will read The Shining, and you will read Little Women.
 わかったわ。じゃあそれ確かめましょうよ。私はシャイニングを読むし、あなたはリトル・ウーマンを読むのよ。

Joey: All right, you got it.
 よし、わかった。

Rachel: All right?
 いいわね?

Joey: Okay.
 オーケー。

Rachel: Okay.
 オーケー。

Joey: Ah, now Rach, these ah, these little women.
 でもレイチ。このリトル・ウーマンだけど・・

Rachel: Yeah.
 なに?

Joey: How little are they? I mean, are they like scary little?
 どれくらい小さいの? 怖いくらい?

《セントラルパーク:フィービーがボーイフレンドと一緒に来る》

Phoebe: Um, Chandler, Ross, this is Robert.
 チャンドラー、ロス、こちらロバートよ。

Chandler: Oh, hey.
 やぁ!

Robert: Hi.
 ハーイ。

Ross: Hey.
 ヘイ。

Phoebe: You’ve have lipstick right here. That’s okay, it’s mine, we just kissed.
 (ロバートに)あなた口紅がついてる。(ロス達に)いいのよ、私のだから。さっきキスしたの。

Ross: Oh.
 ああ。

Chandler: So ah, isn’t a bit cold out for shorts?
 (ロバートに)短パンではちょっと寒くない?

Robert: Well, I’m from California.
 いや、僕はカルフォルニアから来てるから。

Chandler: Right, right. Sometimes you guys just burst into flame.
 そうだよね。君たちって時々燃え上がったりするんだよね。

(ロバートが足をあげたため、チャンドラーから見えてしまった)
Chandler: I’m up! I’m up, I’ve gotten up now! Anybody ah, want anything?
 (慌てて立ち上がり)立ち上がるぞ! 立ち上がる! 今、立ち上がらないといけない! 誰か、何か欲しくないか?

Phoebe: I’ll have coffee.
 私はコーヒーもらうわ。

Robert: Yeah, me too.
 ああ、僕も。

Ross: Yeah, make that three.
 そうだね。僕も。

Chandler: Okay Ross, why don’t you come with me?
 よし、ロス、おまえも一緒に来て。

Ross: Okay. . . What ah, what is the matter with you? What’s going on?
 わかったよ・・・(カウンターへ行き)どうしたんだよ。なにやってるんだ?

Chandler: Robert’s coming out.
 ロバートは自分をさらけ出してる。

Ross: What, what do you mean, what? Is he gay?
 何? どういう意味だ? え? ゲイってこと?

Chandler: No. He.....he’s coming out of his shorts.
 違う。彼が・・彼がパンツから出てきてる。

Ross: What?!
 なんだって?

Chandler: The man is showing brain.
 男が脳みそ見せてる。

Ross: Are you sure? . . Hold on. . . I’m sorry, you guys, that was a coffee and a....
 本当に? ちょっと待てよ。(カウチへ行って)ごめん、君たち、コーヒーと?

Robert: Coffee.
 コーヒーだよ。

Ross: Okay.
 わかった。

Robert: We could write it down for you?
 紙に書こうか?

Ross: No, no, that won’t be ah, won’t be necessary.
 いやいや、その必要はないよ(言いながら前屈みになって、見えることを確認)

Chandler: Well?
 どうだった?

Ross: Yeah, yeah, yeah!
 ああ、ああ、ああ!

Chandler: What do we do? What do we do?
 どうする? どうする?

Ross: Well, I suppose we just try to not look directly at it.
 そりゃ・・直視しないように努力するしかないだろう。

Chandler: Like an eclipse.
 日食みたいだな。(ロス頷く)

《モニカ達の部屋:リチャードにラザニアを教えている》

Richard: So when people complement me on my cooking tonight, what do I say?
 それで、みんなが僕の料理をほめてくれたら、何て言おうか?

Monica: You say ‘Thank you very much,’ and then you buy me something pretty. Come on, we’re gonna put our hands in this bowl, and we’re gonna start squishing the tomatoes.
 「ありがとう」って言って、そして私になにか可愛いもの買ってくれたらいいのよ。こっち来て。このボールに手を入れて、トマトをつぶすのよ。

Richard: Oh, this feels very weird.
 わ。これはなんとも変な感じだな。

Monica: You touch people’s eyeballs every day and this feels weird.
 人の目玉を毎日触ってるのに、これが変だっていうの?

Richard: Yeah, well, sure, I touch them, but I spent years learning not to squish them. . . . That’s my hand.
 ああ、そうだな。でも、僕は何年も、それをつぶさないようにと学んできたんだよ。・・・それは僕の手だよ。

Monica: Oops.
 あら。

Richard: Okay.
 オーケー。

Monica: Gotta keep squishing.
 つぶさないと。

Richard: The tomatoes are squishing.
 トマトがつぶされてく。

Monica: Okay.
 そうね。

Richard: Op.
 おっと。

Monica: Oh, gosh, you got some on your shirt.
 あら、シャツに飛んだわね。

Richard: Yeah.
 ああ。

Monica: Hold on a second, just put a little club soda on it. Get to it right away. It should umm, be.....
 ちょっと待って。ソーダをちょっとかけて・・すぐにやれば・・(沈黙)

Richard: What?
 どうした?

Monica: Umm, you’ve got some on your pants.
 ええ・・Gパンにも飛んでるわ。

Richard: I’ll just throw them out.
 捨てちゃうよ。

《セントラルパーク:ジョーイは本を読んでいる》

Joey: These little women. Wow!
 この子たちもう! ワオ!

Chandler: you're liking it, huh?
 気に入ったんだ?

Joey: Oh, yeah! Amy just burned Jo’s manuscript. I don’t see how he could ever forgive her.
 ああもう! エイミーがジョーの原稿を燃やしてしまったんだ。彼、彼女のこと許すかな?

Ross: Umm, Jo’s a girl, it’s short for Josephine.
 ジョーは女の子だぞ。もとはジョセフィンだ。

Joey: But Jo’s got a crush on Laurie. . Oh. You mean it’s like a girl-girl thing? ‘Cause that is the one thing missing from The Shining.
 でもジョーはローリーのこと好きなんだぞ。ああ、女の子同士ってやつ? それはシャイニングには欠けてた要素だよな。

Chandler: No, actually Laurie’s a boy.
 違うよ。ローリーは男だ。

Joey: No wonder Rachel had to read this so many times.
 (混乱して)レイチェルが何度も読むわけがわかったよ。

(フィービーとロバートが来る)
Phoebe: Hey!
 ヘイ!

Chandler: Hey.
 やあ!

Ross: Hey! How’d the basketball go?
 やぁ、バスケットどうだった?

Phoebe: Oh, okay, I learned how to shoot a lay-up, a foul shot, and a twenty-three pointer.
 ええ、私レイアップのシュートの仕方と、ファウルショットと、23ポインターを習ったわ。

Chandler: You mean a three pointer?
 3ポインターじゃなくて?

Phoebe: Oh, I get more because I’m dainty.
 私は上品だから多いのよ。

Robert: So um, is there a phone here, I can check my messages?
 ここ電話あるかな? メッセージチェックしたいんだけど。

Phoebe: Yeah, in the back. Do you want a quarter?
 ええ、裏にあるわよ。コインいる?

Robert: Oh, no thanks. I always carry one in my sock.
 ああ、大丈夫。靴下の中にあるんだ。

(ロバートが足をあげたのでまた見てしまい、避けたいチャンドラーはジョーイにもたれる)
Joey: What are you doing? . . Get back over on your side of the... Hello!! . . Hi, I’m Joey, we haven’t met.
 なにやってんだよ? (チャンドラーを押し返す)自分の場所に戻れよ・・(見た)ハロー!(ロバートに)やぁ、僕はジョーイ。はじめましてだね。

Robert: Ah, good to meet you. Robert.
 ああ、はじめまして。ロバートだ。

(ロバートは立ち去り、男性3人は笑い出す)
Phoebe: What? . . What? You guys, what is going on? Do you not like Robert? Why are you laughing?!
 なに? なに? あなた達、何なの? ロバートがきらいとか? なに笑ってるのよ?!

Ross: Calm down. There’s no reason to get testy.
 落ち着けって。たまげただけだよ。

(いっそうはげしく笑い出す男性3人)(testy(イラつく) - testicle(睾丸)のダジャレ)

Phoebe: You guys!! Come on!
 あなた達! なによ?!

Chandler: We're sorry, we're sorry. It just seems that Robert isn’t as concealed in the shorts area, as one may have hoped.
 ごめん、ごめん。ただ、ロバートが短パンまわりを隠しておいてくれないもんだからさ。俺たちが望むほどにはね。

Phoebe: What do you mean?
 どういうこと?

Robert: Hey.
 (戻ってくる)ヘイ。

Phoebe: Hey.
 ハーイ。

Joey: Robert, could you ah, ha, pass me those cookies?
 ロバート、いいかな、えっと・・その・クッキー取ってくれる?

Robert: Sure.
 ああ。
(また足をあげたので、フィービーも目撃しショック)

《モニカ達の部屋:モニカがリチャードと電話中》

Monica: So, how’d the lasagne go over? . . . Really?! Good. So you owe me three pretty things. . . . Yeah, I’ve been thinking a lot about you too. . . . I know. It’s hard this whole platonomy thing. . . . It’s a word!
 それで、ラザニアはどうだった?・・ ほんと? よかった。それじゃ可愛いもの3つ買ってくれなきゃね。・・・ええ、私もあなたのことずっと考えてるわ。・・・そうね。つらいわよ、この精神恋愛法・・そういう言葉よ!

(platonomy = platonic + -nomy(..学、..法)で「精神恋愛法」にしてみた)

(ノックの音)
Monica: Yeah, I do think it’s better this way. . . Yeah, we’re being smart . . . Yes, I’m sure.
 ええ、この方がいいんだと思うわ。・・ええ、私達うまくやってるのよ・・ええ、確かよ。(ドアを開けるとリチャード)

Richard: You really sure?
 本当に確か?

Monica: I’ll call you back. (starts kissing him)
 かけなおすわ。(電話を切り、キス)

《モニカのベッドルーム》

Monica: So we can be friends who sleep together.
 一緒に寝る友達ってことで。

Richard: Absolutely, this will just be something we do, like racquetball.
 その通り。これで行こう。ラケットボールするような感じだな。

Monica: Sounds smart and healthy to me. So um, just out of curiosity, um, do you currently have any other racquetball buddies?
 賢くてその上ヘルシーって感じよね。それで・・ちょっとした好奇心だけど、他にもラケットボール友達はいるの?

Richard: Just your dad. . . Although that’s actually racquetball. You know, I do have a blind date with my sister’s neighbor next Tuesday.
 君のとうさんだけだよ。・・・本当にラケットボールだけど。ただ、今度の火曜、妹の近所の人とブラインドデートはするんだよ。

Monica: Oh.
 あら。

Richard: Do you want me to cancel it?
 キャンセルしてほしい?

Monica: No! No!
 いいえ!(押す) いいえ!

Richard: Okay.
 オーケー。

Monica: ‘Cause if you did that means you’d be canceling it for me, and we’re just friends.
 だって、そんなことしたら私のためにキャンセルすることになるでしょう、私達ただの友達なのに。

Richard: Exactly.
 その通り(押し返す)

《セントラルパーク:ロバートとフィービー》

Robert: Hey.
 やぁ。

Phoebe: Hey. Oh! Don’t sit down!
 ハーイ。あっ、座らないで。

Robert: Ready to go to the batting cage?
 バッティングセンターもう行く?

Phoebe: Yeah, you bet. And first, here’s a gift.
 ええ。でもその前に、プレゼントがあるの。

Robert: Oh! Wow! Hey!
 ワオ! (プレゼントを見て)ヘイ!

Chandler: Stretchy pants! Why, those are the greatest things in the world! If I were you I would wear them every day, every day!
 ぴったりパンツ! それって世界一だよね。俺だったら、毎日毎日身につけるね!

Robert: Jeez, thank you really. . that is so nice. But um, to be honest, I don’t think I can wear these, they’re so tight, I feel like I’m on display. I’m sorry.
 ああ・・本当にありがとう。すごくうれしいよ。でも、正直言って、僕こういうのはダメなんだよ。とてもタイトだろ、なんか展示されてるみたいでさ・・ごめんよ。

Phoebe: That’s all right, I'll figure....
 いいのよ。私・・なんとか・・(出て行く・・ジョーイが来る)

Robert: Hey!
 (ジョーイに)やぁ!

Joey: Hey! How’s it going?
 やぁ! (ロスに)調子どう?

Ross: Good.
 いいよ。

Joey: Hey, Rach, how you doing with The Shining?
 なぁ、レイチ、シャイニング進んでる?

Rachel: Oh, Danny just went into room 217.
 ああ! ダニーが217号室に行ったとこよ。

Joey: Oooh, the next part’s the best! When that dead lady in the bathtub...
 おおお! 次のシーンは最高だぞ! 死んだ女性がバスタブに・・

Rachel: Oh, no, meh-nah-nah-nah, come on, you’re gonna ruin it!
 ダメダメダメ! (耳を塞ぐ)ナナナナー! 頼むわよ、台無しになるじゃん!

Joey: All right. I’ll talk in code. . . Remember when the kid sees those two "blanks" in the hallway?
 わかったよ。暗号で行く。(ロスとチャンドラーに)覚えてるだろ? 子供が廊下でふたりの○○を見るとこ?

Chandler: Hmmm, that’s very cool.
 ああ。あれはすごいよな。

Joey: Oh, all "blank", and no "blank" makes "blank" a "blank-blank". Oh, no-no-no, no, the end when Jack almost kills them all with that "blank", but then in the last second they get away. Aww!
 ああ、あの○○! それに○○がないから○○が○○ー○○でな。いやいやいや、最後にはジャックが○○で殺しそうになるけど、どたんばで逃げるんだよな、ああ!

Rachel: Joey! I can’t believe you just did that!
 ジョーイ! 信じられない! そんなことしちゃうなんて!

Chandler: I can’t believe she cracked your code!
 ウソだろ。暗号を解いたなんて・・

Rachel: All right, okay, Laurie proposes to Jo, and she says no, even though she’s still in love with him, and then he ends up marring Amy.
 いいわよ。ローリーがジョーにプロポーズするけど彼女は断るのよ。本当は愛してるのにね。それで彼はエイミーと結婚するのよ。

Joey: Hey! Mine was by accident! All right, the boiler explodes and destroys the hotel, and kills the dad.
 おい! 俺の場合はたまたまじゃないか! いいよわかった。ボイラーの爆発でホテルは破壊されるし父親は死ぬんだ。

Rachel: Beth dies.
 ベスが死ぬ。

Joey: Beth, Beth dies?
 (超ショック)ベス・・・ベスが死ぬの?

Rachel: Um-hmm.
 そう。

Joey: Is that true? If I keep reading is Beth gonna die?
 ほんと? このまま読み続けたら、ベス死んじゃう?

Chandler: No, Beth doesn’t die, she doesn’t die. Does she Rachel?
 いいや。ベスは死なない、死なないよ。ね、レイチェル?

Rachel: What?!
 え?

Ross: Joey’s asking if you’ve just ruined the first book he’s ever loved that didn’t star Jack Nicholson?
 ジョーイがジャック・ニコルソンが出演しない本を初めて気に入って読んでて、それを台無しにしちゃうのかなってこと。

Rachel: No. She doesn’t die.
 いいえ。彼女死なないわ。

Joey: Then why would you say that?!
 じゃあなんであんなこと言ったの?

Rachel: Because, I wanted to hurt you.
 ・・それは・・意地悪したかったからよ。

(ロバートが戻ってくる)
Robert: Oh, there they are! I dropped my keys.
 ああ! あった! キーを落としちゃってね。

Rachel: Oh, my....
 (見ちゃった)あらやだ・・

Robert: Got ‘em.
 見つけたよ。

《モニカ達の部屋:レイチェル読書中。モニカが帰ってくる》

Monica: Hi.
 ハーイ。

Rachel: Sorry. I’m sorry.
 (驚いて悲鳴をあげる)ごめん、ごめんね。

Monica: You would not believe my day! I had to work two shifts, and then to top it off, I lost one of my fake boobs. . . in a grill fire.
 もう信じられないわよ。今日私は2シフトしなきゃいけなかったのよ。そのうえ、ニセモノおっぱいを一つなくしちゃったの。(胸が焼け焦げた服を見せる)グリルの火でね!

(レイチェルはただニコニコしている)
Monica: What are you smiling at?
 なに笑ってるの?

Rachel: I’m sorry, I was just thinking you’re day could still pick up.
 ごめん、ただ、あなたの一日もまだ持ち直せると思って。

Monica: Yeah, right.
 ああそうでしょうね。

(ベッドルームではリチャードがバラだらけにして待っていた)
Richard: Hello.
 ハロー。

Monica: I love this friend thing!
 友達でいくのって最高!

《セントラルパーク》

Phoebe: Listen, Robert’s gonna be here any second so, could one of you just tell him?
 聞いて。もうすぐロバートが来るの。だからあなた達、話してくれない?

Ross: Oh.
 おぉ。。

Phoebe: Please, right now, no, every time I see him it’s like ‘Is it on the lose?’ ‘Is it watching me?’
 お願い! ほんと。もう私、彼を見るたびに、「いまも放置?」「私を見てる?」って。

Chandler: We can’t tell him, you can’t go up to a guy you barely know and talk about his.... stuff.
 俺たちには言えないよ。そんなに知らない人に向かってできないよ、そんな話・・。

Ross: He’s right. Even if it’s to say something complementary.
 その通りだよ。たとえ褒めるようなことでもね・・

(ロバートがくる)
Robert: Hey!
 やぁ!

Phoebe: Hey.
 ヘイ。

Robert: So you ready for the gym? They’ve got this new rock climbing wall, we can spot each other.
 もうジム行ける? ロッククライミング用の壁ができたんだ。僕らお互いを確認しあえる。

Phoebe: No, I can spot you from here.
 いえ。私ここからあなたを確認できてる。

Robert: What?
 え?

Phoebe: Okay, listen Robert...
 聞いて、ロバート。

Ross: Hey, don’t we have to...
 (チャンドラーに)おい、僕たち行かないと・・

Chandler: Yeah, we got, um-hmm.
 ああ、そうそう・・。(2人席を外す)

Phoebe: Umm, I think you’re really, really great...
 あなたは本当に本当に素敵な・・

Robert: Oh, God! Here we go again. Why does this keep happening to me? Is it something I’m putting out there? Is this my fault? Or am I just nuts?
 ああもう! またこれだよ。どうしていつもこうなるんだ?(足を広げる)それって僕が何か差し出してでもいる感じ? 僕のせい? それとも、たまたま?

(nuts = testicle)

Phoebe: I-I-I-I-I don’t know, I don’t know what to say.
 わっ・・わからないわ。なんて言ったらいいか。

(ガンターがかたづけに来る)
Gunther: Hey, buddy? This is a family place. Put the mouse back in the house.
 (ロバートに)ちょっと、君。ここは家族連れも来るところだ。ネズミさんしまっといて。

(ロバートは見下ろして初めて気づく)

《ロバートのベッドルーム:モニカがバラやワインを用意している》

Monica: Ow!
 (バラをくわえて)イタっ!

(リチャードとブラインドデート相手の声が聞こえてくる)
Richard: Really?! Well, it’s just like everyone else’s apartment. It’s got rooms, walls, and ceilings.
 本当? いや、みんなの部屋と同じだと思うよ。部屋と壁と天井があって。

Richard’s Date: Well, I just wanted to see where you live. Now, give me the tour.
 あなたの住んでるところを見たいのよ。さ、案内して。

Monica: Oh, my God! Oh, my God!
 オーマイゴッド! オーマイゴッド!(必死でかたづける)

Richard: This is the living room.
 ここがリビング。

Richard’s Date: Impressive.
 素敵ね!

Richard: All right. This is the kitchen.
 よし、こちらがキッチン。

Richard’s Date: Oh, that’s real pretty. Wait a minute, don’t I get to see the bedroom?
 まぁ、いいわね。ちょっと待って、ベッドルームは見せてもらえないの?

Richard: The bedroom. Well it’s pretty much your typical... bedroom.
 ベッドルームね。普通の典型的な・・(ドアをあけて気づきすぐ閉める)ベッドルームだよ。

Richard’s Date: We’re still on this side of the door.
 部屋に入ってないけど。。

Richard: Um-hmm.
 そうだね。

Richard’s Date: Yeah, I didn’t get to see it.
 ええ、見せてもらってないわ。

Richard: Oh, shoot! Maybe next time. Thanks for a lovely evening.
 ああ、残念、またこの次に。(あくび)今夜は楽しかったよ、ありがとう。

《ベッドルーム内:モニカはベッドに隠れリチャードはベッドに座る》

Monica: So um, who was she?
 えー、あの人は誰?

Richard: Oh, that was the blind date that I told you about, she called and switched it to today.
 ああ、あれはこの前話したブラインドデートの相手だよ。今日に変更になったんだ。

Monica: Did you like her? And I’m just asking as a friend, because I am totally fine with this.
 彼女のこと気に入った? 友達として聞いてるんだけど。全然平気よ。

Richard: Well, you seem fine.
 うん、平気に見えるね。

Monica: Okay, you know what, I’m not fine, I’m not. I mean, how can I be fine hearing you come in with her, she wants to see your bedroom.... You know what? What if we’re friends who don’t see other people?
 (カバーの下から出てくる)わかった、だめよ。平気じゃない。平気なはずがないわ。あなたが彼女と一緒に帰ってきて、彼女はあなたのベッドルームを見たがって・・・ねぇ、私達、ほかの人とは会わない友達ってことでどうかしら?

Richard: You mean like exclusive friends?
 お互い限定の友達?

Monica: Why not?! I mean, this has been the most amazing week. Would it be so terrible? Even if we were friends who lived together. Or maybe someday, friends who stood up in front of their other friends, and vowed to be friends forever.
 いけない? 今週ずっと最高だったわ。そんなにひどいかしら? 友達だけど一緒に暮らしてるとかは? いつか、友達だけどほかの友人みんなの前に立って、永遠の友情を誓うとかは?

Richard: Wow. You know we’re back where we were. Honey, I would love to do all that, but nothing’s changed.
 僕ら、もといたところに戻ってしまったね。ね、君のいう通りのことしたいけれど、僕ら何も変わってない。

Monica: That’s not true, you don’t have a mustache.
 そんなことないわ。あなたヒゲがないもの。

Richard: Okay, okay, one thing’s changed. But we still want different things and we know how this is gonna end.
 オーケー。一つ変わったね。でも、僕ら違うものを求めていて、これがどうなるか、わかってるよね。

Monica: You know what? I gotta walk out of here right now, ‘cause getting over you is the hardest thing that I have ever had to do. I don’t think I could do it again.
 ねえ? 私いますぐここを出て行かなきゃ。あなたを吹っ切るのって、人生で一番難しいことだったの。もう一度あれをやるなんて無理。

Richard: I know I couldn’t. So....
 そうだな。わかるよ・・

Monica: How about one last game of racquetball?
 最後のラケットボールしましょうか?

(キス、リチャードがモニカを抱き上げ、ベッドへ)
Monica: Watch the thorns!
 トゲに気をつけて!

Richard: Ow!!
 イタっ!

《モニカ達の部屋:ジョーイが来る》

Rachel: What?
 どうした?

Joey: Beth is really, really sick.
 (泣き顔っぽく)ベスがすごくすごく病気。

Rachel: Awwww.
 ああ・・・。

Joey: Jo’s there, but I don’t think there’s anything she could do.
 ジョーもいるけど、でも、何もできることがないみたい。

Rachel: Joey?
 (ハグ)ジョーイ?

Joey: Yeah.
 うん。

Rachel: Do you want to put the book in the freezer?
 その本フリーザーに入れておきたい?

Joey: Okay.
 (うなずく)うん。

Rachel: Okay.
 わかった。(フリーザーに入れる)

おしまい☆
posted by らんち at 01:08| Comment(0) | Season3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

3-12 The One With All The Jealousy

3-12 ジェラシーばっかりの話

 ☆ジェラシーで大混乱☆

《モニカ達の部屋:レイチェル初日で靴を選択中》

Rachel: Okay. Hey. Umm. Does everybody hate these shoes?
 (バスタオル姿で靴を見せにくる)ねぇ、この靴ダメかな?

Chandler: Oh, yeah, but don't worry. I don't think anybody's gonna focus on that as long as your wearing that towel dress.
 ああ、心配しないで。そのタオルドレスを着てる限り、誰も靴気にしないから。

Rachel: Tell him.
 (ロスに)言っといて。(立ち去る)

Ross: It's her first day at this new job. Your not supposed to start with her!
 今日、初出勤なんだよ。からかうんじゃないの!

Chandler: All right. I suppose I can wait a day. Hey, what are you doing Friday?
 わかったよ。明日ならいんだな。なぁ、金曜日の予定は?

Ross: Why?
 なんで?

Chandler: I need you to come to this bachelor party for my weird cousin Albert, you know, he's the botanist.
 俺のイトコのバチェラーパーティに来てくれよ。ちょっと変わったやつでアルバートっていうんだけど、植物学者なんだ。

Ross: Oh, God! Botanists are such geeks.
 ああもう! 植物学者ってほんとオタクなんだよな。

Chandler: Yeah. Is that a dinosaur tie?
 ああ・・それ、恐竜ネクタイ?

Ross: Hmm? Oh, yeah.
 これ? そうだよ。ぎゃおー!

(フィービーがバッグをたくさんぶらさげて来る)
Phoebe: Morning. Rach, I'm here with the purses!
 おはよ! レイチ、バッグ持ってきたわよ!

Chandler: It must take you forever to find your keys.
 それじゃ鍵を探すのに相当な時間がかかるな。

Rachel: Thank you, thank you, thank you, Pheebs.
 ありがと、ありがと、ありがとフィーブス!

Phoebe: Your welcome, oh, please want one with the turtles.
 いいのよ。ねぇお願い、カメさんのがいいでしょ。

Rachel: No, no, no, no turtles scare me. I don't need that today.
 ダメダメダメ。カメは怖いのよ。今日はダメ。

Ross: Honey, just relax, it's gonna be fine. Hey, umm,. why don't I come down there and I'll take you out to lunch?
 おちついて、レイチェル。うまくいくよ。ねぇ、僕そっちへ出かけていって、ランチ一緒しようか?

Rachel: Oh honey, thank you, but Mark's taking me out.
 ああ、ありがとう、でもマークが連れてってくれるって。

Ross: Mark is that ah, the same Mark that helped you get the job?
 マークって、あの仕事探しで助けてくれたマークと同じマーク?

Rachel: Yeah, it's kinda like a 'good luck on your first day' sort of thing. . . Is this actually a lunchbox?
 ええ。「初日頑張って」っていう意味なのよ。(フィービーに)これってランチボックス?

Phoebe: No, it's a purse. And there's a thermos in it.
 いいえ。それはバッグよ。中に魔法瓶入ってるの。

Rachel: Oh.
 ああ。

Chandler: Hey, so can you make it on Friday?
 (ロスに)なぁ、金曜日来られる?

Ross: What? Oh yeah, yeah I think so. Why am I invited to this again?
 え? ああ、行けると思うよ。だけど何で僕が行くんだっけ?

Chandler: Well, apparently Albert has no friends. He's very excited about the bachelor party though. I think actually the only reason he's getting married is so he can see a stripper.
 ああ、アルバートは友だちがいないらしい。でもバチェラーパーティに大興奮さ。きっとやつはこのパーティでストリッパーが見たくて結婚するんだな。

Phoebe: A stripper at a bachelor party, that is so cliche. Why don't you guys get a magician?!
 バチェラーパーティでストリッパーね。それって本当にありがちよね。マジシャンでも呼んだらいいのに。

Chandler: Well, if the magician can open my beer with his but cheeks, then all right.
 マジシャンが俺のビールをお尻で開けてくれるんだったらいいけどね。

《チャンドラー達の部屋:ジョーイ電話中》

Ross: She's having lunch with him, lunch with him. You should have seen the hug she gave him when she got the job. And, and, and, he's really good looking. . . What am I gonna do?
 彼女があいつとランチに行くんだって! ランチだって! おまえに、あの仕事が決まったって聞いたときの二人のハグを見せたかったよ。それにそれにそれに、やつは本当にハンサムなんだ。どうしよう?

Chandler: Don't do anything. Keep it inside. Learn how to hide your feelings! Don't cry out loud.
 何もするな。心に秘めとけ。感情を隠すことを学べ! 騒ぐな!

Joey: Yes! Guess who's in an audition for a Broadway musical?
 (電話を終えて)やった! ブロードウェイ・ミュージカルのオーディション受けるの誰だと思う?

Chandler: I want to say you but, that seems like such an easy answer.
 おまえだって言いたいけど、それじゃ簡単すぎるよな。

Joey: It is me! It's a musical version of Tale of Two Cities. So I think I'm gonna sing "New York, New York," and ah.. oh, "I left My Heart in San Francisco."
 俺なんだよ! 二都物語のミュージカルバージョンなんだ。だから俺は「ニューヨーク・ニューヨーク」を歌おうかな。それと・・「思い出のサンフランシスコ」にしよう。

Ross: Joey, I don't think you get to pick the cities.
 ジョーイ。おまえが二都を選ぶんじゃない。

Joey: What?
 え?

Ross: Mr. Dickens gets to pick them.
 ディケンズさんが選ぶことだ。

Joey: Who?
 だれ?

Chandler: I'll get you the Cliff Notes.
 要約本を買ってきてやるよ。

Joey: The what?
 なんだって?

Chandler: The abridgment.
 短縮本だよ。(でかけようとする)

Joey: Oh, okay. (to Ross) The what?
 ああ、わかった。(ロスに)なんだって?

《レイチェルのオフィス》

Mark: Then the style number, and the invoice number, and the shipping date. Good. Any questions so far?
 それから、スタイル・ナンバー、そして送り状ナンバー、それから送付日。よし。何か質問は?

Rachel: Yeah. What kind of discount do we get?
 ええ、私たちはディスカウント受けられるの?

Mark: Twenty percent.
 20パーセント。

Rachel: Oh!! I love this job! . . Wow! My first call.
 ああ! この仕事大好き!(電話がなる)ワオ! 初めての電話よ!

Mark: Here, let me. . .Rachel Green's line, how may I help you?
 僕が出よう。レイチェル・グリーンの番号です。どういったご用件でしょう?

Ross: Hi, is Rachel there?
 どうも。レイチェルはいますか?

Mark: And who may I say is calling?
 どなたか聞いても?

Ross: This is Ross?
 ロスです。

Mark: Ross of.....
 ロスというと・・

Ross: Of Ross and Rachel.
 ロスとレイチェルの。

Mark: Oh, hi. It's, it's Mark.
 ああ、どうも、マークです。

Ross: Oh, hey, hey Mark.
 ああ、どうも、マーク。

Mark: Hey, hold on a second.
 ちょっと待って。

Ross: Okay.
 オーケー・

Rachel: Hi, honey!
 ハーイ。ロス!

Ross: Hi! What's ah, what's Mark doing answering your phone?
 やぁ! マークは、君の電話に出ちゃって何をしてるの?

Rachel: Oh, he's just goofing around.
 ああ、彼はちょっとここでふざけてただけよ。

Ross: Ohhhhh, yeah, that's, that's funny. Why ah, why isn't he goofing around in his own office?
 ああ、そうか。それはおもしろいね。なんで、なんで彼は自分のオフィスでふざけてないんだ?

Rachel: Honey, this is his office too. I told you we're Joanna's two assistants.
 あら、ここは彼のオフィスでもあるのよ。私達2人ともジョアンナのアシスタントだって言ったじゃない。

Ross: Why does Joanna need two assistants, how, how lazy is she?
 ジョアンナって人、2人もアシスタントが要るなんて、怠け者?

Rachel: Oh! Oh, my God! What did I just do?
 まぁ! 大変だわ! 私何をしちゃったのかしら?

Ross: What?
 え?

Rachel: I think I just shipped 3,000 bras to personnel. Honey, I gotta go. . . Mark, I need you!
 私いま、3,000個のブラを人事に送った気がする。もう切るわね。マーク! 助けて!

Ross: Okay, bye-bye.
 わかったよ。バイバイ。(怒って受話器を電話にぶつける)

Rachel: Ow! Ross!!
 アウ! ロス!

Ross: Oh, oh, I'm, I'm, I'm sorry sweetie, I was just trying to ah, I'm dialing another number.
 あっ、ごめん、ごめんよ。僕はただ・・他に電話かけようとしてたんだ。

《Moondance:モニカ後片付けをしている》

Jeannine: All right, I just got changed in thirty seconds so you can be alone with him. You'd better go for it.
 さぁ、私30秒で着替えてあげたわよ。彼と2人っきりになれたんだから、がんばりなさいよ。

Monica: Please, I'm not going for anything.
 何言ってんの。私何も頑張らないわよ。

Jeannine: Well, if you don't, I will.
 あなたが行かないなら、私が行くわよ。

Monica: Would you please go?
 もう帰ったら?

Jeannine: Night, Mon. Night, Julio.
 おやすみ、モン。おやすみ、フリオ。

Julio: Adios.
 アディオス!

Monica: Look Julio, someone left their book here.
 見て、フリオ。誰か本を忘れてるわ。

Julio: Actually, that is mine.
 ああ、それは俺のだよ。

Monica: Oh yeah, what are you reading?
 ああ、そうなの。何を読んでるの?

Julio: Flowers of Evil, by Baudelaire. Have you read it?
 ボードレールの「悪の華」だよ。読んだことある?

Monica: Have I read it? No, are you enjoying it?
 私が読んだかですって? いいえ。よかった?

Julio: I thought I would, but the translation's no good.
 いいだろうと思ったんだが、翻訳がよくない。

Monica: Your a poet and you don't know it.
 あなたは詩人なのにわからなかったのね。

Julio: Actually I ah, I am a poet.
 実は俺は詩人なんだ。

Monica: Oh, then you do know it. So what kind of things do you write about?
 あら、じゃあ本当に知ってるのね。それで、どんなことを書くの?

Julio: Things that move me. The, the shadow of a tree, a child laughing, or this lip.
 感動したことさ。木の陰、笑う子供、このクチビル。

Monica: Mine? Right here?
 私の? これ?

Julio: I can write an epic poem about this lip.
 このクチビルについて。叙事詩がかけるね。

Monica: How would that go? Well, it didn't rhyme, but I liked it.
 どんなふうになるの? (キス)韻を踏んでなかったけど、でも気に入ったわ。

《ジョーイのオーディション》

Joey: You've got to pick a pocket or two. Boys, you've got to pick a pocket or two..........
 スリの一つや二つやらなきゃダメだぞ、子供たち、すりの一つや二つやらなきゃダメなんだー。

Director: Lovely, just lovely.
 すばらしい。本当にすばらしい。

Joey: Really? Thanks.
 本当? ありがとう。

Director: Listen Joey, we definitely want to see you for the callback on Saturday.
 聞いてくれ、ジョーイ。土曜日にぜひ、もう一度来て見せてもらいたい。

Joey: Excellent, I'll be there.
 よかった! 来ますよ。

Director: Okay, and listen, don't forget to bring your jazz shoes for the dance audition.
 よし。その時は、ダンス・オーディションのために、ジャズシューズを忘れないようにな。

Joey: Ahhh! My ah, my agent said it wasn't a dancing part.
 ああ・・うちのエージェントは、ダンスはないと言ってましたが・・

Director: Joey, all the roles got to dance a little. But believe, me with your dance background it'll be a piece of cake.
 ジョーイ、どの役でも少しはダンスがあるよ。でも、君の実力なら、そんなの簡単だから心配しないで。

《チャンドラー達の部屋:チャンドラーがジョーイの経歴書を読んでいる》

Chandler: "Three years of modern dance with Twyla Tharp! Five years with the American Ballet Theatre?!
 タイラ・タープのもとでモダン・ダンスを3年?! アメリカン・バレー・シアターで5年?!

twyla.jpgTwyla Tharp)

abt3.jpg(American Ballet Theatre)

Joey: Hey, everybody lies on their resume, okay. I wasn't one of the Zoom Kids either.
 誰だって経歴書にウソは書いてるよ。ズーム・キッズの一員でもなかったさ。

the-zoom-kids-pbs.jpg(ズーム・キッズ)

Phoebe: Well, can you dance at all?
 それで、少しは踊れるのか?

Joey: Yeah, I can dance, you know.
 ああ、踊れるよ。(踊って見せるが・・)

Chandler: Oh no, no, no, no.
 オー、ノーノーノーノーノー!

Phoebe: What, what is that?
 それなに?

Joey: Sure, it looks stupid now, there's no music playing.
 そりゃ、今は音楽がないからバカみたいに見えるんだよ。

(電話がなる)
Chandler: All right, I have to get that, but no-no. (answering phone) Hello? . . . Hi! Yeah listen, I'm, I'm in need of a stripper and I was told that you do that. . . Let me ask you this, what, what do you do for the extra hundred? . . . So would I, would I have to provide the grapes?
 電話出るけど・・それはダメだぞ(電話で)もしもし。・・どうも。ストリッパーが必要なんだけど、君がやってくれるのって・・・聞きたいんだけど、100ドル上乗せで何をするの?・・・それじゃ、グレープを出せばいいの?

(モニカが来る)
Monica: Hi!
 ハーイ。

Phoebe: Oh, how was last night with Julio, senorita?
 あっ、昨日、フリオとどうだった、セニョリータ?

Monica: It was so amazing, he is so sexy, and smart, which makes him even sexier. Oh, gosh, I gotta tell you this. Last night, we were fooling around and all of a sudden he stops to write a poem.
 すばらしかったわ。彼ってセクシーで、賢くて、だからよけいセクシーで。そうだ、聞いて。昨日の夜、いちゃついていたら、彼、突然やめて詩を書き始めたの。

Joey: Get out! I couldn't stop if a meteor hit me.
 冗談だろ! 俺は隕石が降ってきてもやめないぞ。

Chandler: Okay, we have our stripper. A miss Crystal Chandelier.
 (電話終えて)よし、ストリッパーが見つかったぞ。ミス・クリスタル・シャンデリアだ。

Joey: Well sure, you name a kid that, what do you expect them to grow up to be?
 そりゃ、そんな名前じゃな。いったい将来何になってほしくてそんな名前つけるんだろな?

Monica: Anyway um, when he left he forgot to take the poem with him. Now, I am like totally dense about poetry, but I think it's pretty good, all right. Check it out.
 とにかく、彼、その詩を忘れていっちゃったの。私、詩のことは全然わからないけど、でも、いい感じだと思うのよ。ほら、読んでみて。

Joey: The Empty Vase. Translucent beauty...
 空っぽの花瓶。透明な美しさ・・

Chandler: To yourself. Hey-hey-hey, you know what? That's pretty good.
 黙って読め。(読み終えてモニカに)おいおい、なぁ、これすごくいいじゃん。

Monica: Oh, good, I think so too. Pheebs?
 ああ、よかった。私もそう思うの。フィーブスは?

Phoebe: Oh, yeah.
 ああ、そうね。

Monica: Oh, I'm so glad you guys like it. Yay! All right, I gotta go to work.
 あなた達も気に入ってよかった。イエーイ! じゃあ、仕事に行かなきゃ。(詩を取ろうとする)

Joey: Whoa, I'm not done.
 ダメ、まだ読み終わってない。

Monica: All right, just give it back to me when you're through. See you guys.
 いいわ。読み終わったら返してね。じゃあね。(出て行く)

Chandler: Bye-bye.
 バイバイ。

Phoebe: Oh, my God, oh, my God! Poor Monica!
 オーマイゴッド! オーマイゴッド! かわいそうなモニカ!

Chandler: What, what, what?!
 なんだなんだなんだ?

Phoebe: What?! He was with her when he wrote this poem. Look, (reading) "My vessel so lovely, with nothing inside. Now that I've touched you, you seem emptier still." He thinks Monica is empty, she is the empty vase!
 なんだって? 彼これを書いた時、モニカと一緒にいたんでしょう。ほら、「私の花瓶、とても美しく、中には何もない。私が触れたいまもなお、きみはからのまま。」彼はモニカが空っぽだと思ってるのよ。彼女が空っぽの花瓶なのよ!

Chandler: You really think that is what he meant?
 本当にやつはそういう意味で書いたと思う?

Phoebe: Oh, totally. Oh, God, oh, she seemed so happy too.
 ええ。完璧よ。ああ、かわいそうに。本当に幸せそうだったのに。

Joey: Done.
 読んだ。

《レイチェルのオフィス:机の上はロスからの贈り物でいっぱい》

Mark: Do you have the, the Ralph Lauren file?
 ラルフ・ローレンのファイルある?

Rachel: Oh, yeah, sure, it's umm...
 ええ、あるわよ。ここに・・(ぬいぐるみからラブストーリーのテーマが流れる)

love_bug.jpg

Mark: Wh-what's that?
 それ何?

Ross: It's from Ross, it's a love bug.
 ロスからの贈り物で、ラブ・バグなの。

Mark: Wow! Somebody wants people to know you have a boyfriend.
 ワオ。どなたかは、君にはボーイフレンドがいるってみんなに知ってもらいたいんだね。

Rachel: Oh no, no-no-no, that's not, not, not, what he is doing. He's just, he's just really romantic.
 あら、いえいえ、違うのよ。そういうことじゃないの。彼はただ、本当にロマンティックなのよ。

(赤ストライプスーツの男性が入ってくる)
Man: Ah, excuse me, are you Rachel Green?
 すみません、あなたがレイチェル・グリーンさん?

Rachel: Yes.
 ええ。

Man: One, two, three...
 ワン・ツー・スリー・・

Barbershop_Quartet21.jpg(barbershop quartet)

Quartet: Congratulations on your first week at your brand new job! It won't be long before you're the boss. And you know who will be there to support you?! Your one and only boyfriend...
 (歌)おめでとう、新しい職場での最初の週! 君がボスになる日も近いよ。君を支える人は誰かわかるよね? 君のただ1人のボーイフレンド・・

The Bass Barber: It's nice to have a boyfriend.
 ボーイフレンドがいるっていいよね。

Quartet: Your loyal loving boyfriend Ross, Ross!
 君を忠実に愛し続けるボーイフレンド、ロス、ロス!

《モニカ達の部屋》

Ross: I'm hurt! I'm actually hurt, that you would think that I would send you any of those things out of anything other than love. Hurt! Hurt!
 傷ついた! 僕は実際傷ついたよ! 僕は純粋に愛から贈り物をしただけなのに、君はそんなこと言うなんて! 傷ついた! 傷ついた!

Rachel: All right, Ross!! I get it!!
 わかったわよ、ロス、わかった!

Ross: I mean my God...
 ああ、神よ。

Rachel: You're hurt!
 あなたは傷ついた!

Ross: Can't a guy send a barbershop quartet to his girlfriend's office anymore?!!
 もうバーバーショップカルテットを恋人に送っちゃいけないのかぁ??

Rachel: Oh, please! Ross! It was so obvious! It was like you were marking your territory. I mean, you might as well have just come in and peed all around my desk!
 もう勘弁してよ、ロス! 見え見えよ! まるで自分のテリトリーにマーキングをしたようなものよ。会社にやってきて、私の机の周りにオシッコかけて歩いたのと同じよ!

Ross: I would never do that!
 そんなことしない!

Rachel: Look, I know what's going on here, okay, Mark explained it all to me. He said this is what you guys do.
 いい? どういうことかわかってるのよ。マークが全部説明してくれたわ。これは男がやることだって。

Ross: Yeah? well if, if, if Mark said that, than Mark's an idiot.
 そうかい。それじゃ、マークがそう言うんなら、マークがバカなんだね。

《セントラルパーク:ロス・チャンドラー・ジョーイ》

Joey: Mark's a genius!
 マークは天才だね。

Ross: Why?! How?! How is he a genius?
 なんで? どこが? どこが天才なの?

Chandler: Look, don't you see what's happening here? Instead of hitting on her right away, he's becoming her confidant. Now he's gonna be the guy she goes to, to complain about you.
 おまえ何が起きてるかわからないのか? 彼女にすぐ言いよる代わりに、彼女の相談相手になってるじゃないか。今じゃやつは、彼女がおまえの愚痴をいう相手になっているんだ。

Ross: What am I gonna do?
 僕はどうしたらいい?

Chandler: Well, why don't you send her a musical bug? Oh, no, you already did that. All right. Look, you're gonna have to go there yourself now, okay? Make a few surprise visits.
 そうだな。彼女に音楽入りの虫を送ったら? いや、それはもうやったんだな。よし、それじゃ、おまえが自分で行くんだな。いきなり訪ねていくんだよ。

Ross: I don't know, you guys.
 それはどうかなぁ・・

Chandler: All right, fine. Don't do anything. Just sit here and talk to us, meanwhile she is talking to him about you. And he's being Mr. Joe Sensitive, and she starts thinking 'Maybe this is the guy for me, because he understands me.'
 いいよ。じゃあ何もするな。ここに座って、俺たちと話してろ。その間に彼女はやつにおまえのことを話してる。そしてやつは、理解ある男ってことになって、彼女は「もしかしてこの人が私には合ってるのかも。だって私を理解してくれる」と思い始める。

Joey: And before you know it, she's with him. And you'll be all, 'Ohh, man!' And he'll be all, 'Yes!' And us, we'll be like, 'Oh, dude!' And pretty soon you'll be like, 'Hi,' and, and, and, 'I can't go, Rachel and Mark might be there.' And we'll be like, 'Man, get over it! It's been four years!!'
 そして気がついたら、彼女はやつとつきあってるんだ。そしておまえは、「ああ、もう!」。そしてやつは、「よっしゃ!」。 そして俺たちは、「ああ、おまえってば」。 それからすぐ、おまえは、「ハーイ」。そしてそれから、「行けないよ。だってレイチェルとマークがそこにいるかもしれないー」。そして俺たちは「しっかりしろ! もう4年もたつんだぞ!」

Chandler: He paints quite a picture, doesn't he?
 やつの未来図、わかりやすかったな。

《レイチェルのオフィス》

Woman: Here's the Shelley Segal stuff from December.
 (マークに)シェリー・シーガルの 12月分よ。

Mark: Wait, I've got something for you. (kisses her)
 待って。僕にも君に用があるよ(キス)

Woman: Mark!!
 マーク!

Mark: It's okay, Rachel knows.
 大丈夫だよ。レイチェルは知ってるし。

Woman: Yeah, but even so.
 ええ、でもやっぱり・・。

(ロスが近づいている)
Mark: I can't help it, I'm just, I'm just crazy about you.
 がまんできないよ。君に夢中なんだよ。

Rachel: Oh! That is so sweet!
 まぁ! 本当に甘々ね。(席を外しコーヒーを取りにいく)

Mark: Okay, okay. I know I'm being Mr. Inappropriate today, but it's just so tough, I mean see you walking around and I just wanna touch you and hold you. Come on, no one's around. Just kiss me.
 わかってるよ。今日はここでは不適切なやつになってる。でも、これは難しいよ。君がそばを歩き回ってるのを見たらもう、触りたいし抱きしめたくなるよ。おいで、誰もいないんだ、キスして。

Ross: All right, that's it!! Get off her!
 もういい! そこまでだ! 彼女から離れろ!

Mark: What is going on?
 何をいってるんだ?

Ross: What's going on?! I'll tell you what's going on!!
 「何をいってるんだ」? 言ってやろうじゃないか!

Rachel: Ross!
 (戻ってきて)ロス!

(ようやく別の女性がキスの相手と気づき)
Ross: I have been down in your store for twenty minutes trying to get a tie! What do I have to do to get some service?! . . . Hi, Rach.
 君の店でネクタイを買おうとして20分もいたが、どうしたらここのサービスを受けられるっていうんだ! (レイチェルに)ハーイ、レイチ。(手を振り払うレイチェル)

《ジョーイのオーディション》

Director: Joey. Joey Tribbiani. Listen, Joey, I got a problem, I just got a call from my dance captain, he's having a relationship crisis and can't get out of Long Island.
 ジョーイ。ジョーイ・トリビアーニ。聞いてくれ。問題発生だ。私はダンスキャプテンから呼ばれてね。彼、恋人とトラブってロング・アイランドを出られなくなってるんだ。

Joey: So, does that mean the audition is off?
 それじゃ、今日のオーディションは延期?

Director: Listen Joey, seeing as you've got the most experience, I want you to take these dancers and teach them the combination.
 いや、ジョーイ。君は一番の経験者だ。君からほかのダンサー達に振り付けを教えてほしいんだ。

Joey: What?!
 えっ?!

Director: Come on, Joey, it's easy. You know, it's hand, hand, head, head, up, pas de bourree, pas de bourree, big turn here, rond de jambe, sissone, sissone, slide, step, step, step, and jazz hands!
 大丈夫だよ、ジョーイ。簡単なんだ。ほら、ハンド、ハンド、ヘッド、ヘッド、アップ、パルドブレ、パルドブレ、ここでビッグターン、ロンデジャン、セソン、セソン、スライド、ステップ、ステップ、ステップ。そしてジャズハンド!

Joey: It's ah, steppity-step and jazz hands.
 ステッピティステップ。そしてジャズハンド。

Director: Have fun.
 楽しんで。(出て行く)

Joey: Bye.
 バーイ。

《モニカ達の部屋:モニカが花瓶にリボンをつけている:フィービーがくる》

Phoebe: Hey!
 ハーイ。

Monica: Hey.
 ハーイ。

Phoebe: What are you wrapping?
 何を包んでるの?

Monica: Oh, look what I got Julio.
 ああ、見て。フリオによ。

Phoebe: Yeah, it's a vase.
 ああ。花瓶なのね。

Monica: Yeah, just like the one in the poem.
 ええ。あの詩のようにね。

Phoebe: Well, not exactly like the one in the poem.
 ま、あの詩のそのままではないわね。

Monica: What do you mean?
 どういうこと?

Phoebe: Remember how you said you were really dense about poetry?
 あなた、詩には本当にうといって言ってたわよね。

Monica: Yeah.
 ええ。

Phoebe: Oh.
 ああ(モニカをハグ)

《Moondance》

Monica: So! I'm just an empty vase, huh?
 (フリオに)私が空っぽの花瓶ですって?

Julio: What?
 え?

Monica: You know, so I don't read as many important books as you do, and I don't write trick poems that seem to be about one thing but are actually about something else. And you know what, I get excited about stupid stuff, like when my People magazine comes on Saturday, and the new Hold Everything catalog. But that does not mean that I'm empty, I care about things. I care about my friends and family. You have no right to make that kind of judgment about me. You don't even know me...
 私は確かにあなたみたいにいろいろ難しい本を読んだりしないわ。それに、隠れた意味があるようなややこしい詩も書かない。バカげたことで興奮したりするわよ。ピープル誌が土曜日に発売されたとか、ホールド・エブリシングの新しいカタログが出たとかね。でも、それで私が空っぽっていうことにはならないわ。私はいろんなこと気にかけてる。友だちのこととか家族のこととか気にかけてるわ。あなたには私を批判する権利ないわよ。第一私を知りもしないで・・

peoplecover_205x273.jpgPeople magazine.. なんとMatthew Perry)
( Hold Everything はチェーン店のようです)

Julio: Whoa, whoa, whoa, the poem is not about you.
 おいおい、あの詩は君のことじゃないよ。

Monica: What?
 え?

Julio: The Empty Vase is not about you. My baby preciosa. You make me so sad that you would think this.
 空っぽの花瓶は君のことじゃない。僕の大事なベイビー。そんなこと思うなんて、すごく悲しいよ。

Monica: I'm sorry, my friend Phoebe...
 ごめんなさい、友だちのフィービーが・・

Julio: No, it's about all women. Well, all American women. You feel better now?
 違う、これはすべての女性のことだよ。いや、すべてのアメリカの女性のことだ。気分はよくなった?

Monica: Oh, yeah.
 ええ、そりゃもう。

《ジョーイのオーディション》

Director: All right, let's do it!. . . No, no, no. What was that?
 さぁ、いってみようか! (ジョーイの指導によるダンス)ノーノー! なんだこれは?

Joey: I know, it was the best I could get out of them.
 いや、彼等にはこれが精一杯でしたよ。

Director: Well, people!
 いや、みんな!

Joey: People, people, people.
 みんなみんな、みんな!

Director: Let's try it again, and this time everybody watch Joey. Show them how it's done. Count it off.
 もう一度やってみようか。今回は、みんなジョーイを見るんだ。(ジョーイに)みんなに見せてやってくれ。(ピアニストに)頼むよ。
(ピアノが始まると、走って逃げていくジョーイ)

《セントラルパーク:チャンドラーとレイチェル》

Rachel: So ah, did you have fun at the bachelor party last night?
 それで、昨日のバチェラーパーティ楽しかった?

Chandler: Oh, yeah, yeah! Look what I got, look what I got. See, she's fully dressed, right?
 ああ、楽しかったよ! ほら、これもらったんだ!(ペンを見せる)ほら、この人きちんと服着てるだろ?

Rachel: Right.
 そうね。

Chandler: And then you click it and, uh-oh, she's naked. And then, and then you click it again and she's dressed. She's a business woman, she's walking down the street, she's window shopping, and whoa-whoa-whoa, sh-she's naked!
 そしてクリックすると、おお! 彼女裸だ! そしてまたクリックすると、服着てる。彼女はビジネスウーマンだ。通りを歩いてく。ウィンドウショッピングだ。そして、おっおっおっ! ほら裸!!

51atWYIFK5L._SY355_.jpg(Amazon.comにて発見)

(ロスが来る)
Ross: Hi.
 ハーイ。

Rachel: Hello.
 どうも。

Chandler: You know what, I'm, I'm gonna spend some alone time with the pen.
 俺さ、向こうで1人でペンを楽しんでくるよ。

Ross: I'm sorry, I was an idiot.
 ごめんよ。僕がバカだった。

Rachel: A big idiot.
 本当に大バカね。

Ross: A big idiot. Just you have to realize is, this whole Mark thing is really hard for me.
 本当に大バカだった。わかってくれるかな、マークに関わることが僕にはとてもつらいんだ。

Rachel: Honey, why is it hard? We've been together for almost a year now.
 まぁ、どうしてつらいの? 私達ほとんど1年もつきあってるのよ。

Ross: Well, I was with Carol for, like, eight years. And I lost her. And now, if it's possible, I think I love you even more. So, it's hard for me to believe that I'm not gonna, well, that someone else isn't gonna take you away.
 ほら、僕はキャロルと8年ぐらい一緒にいたんだ。だけど失った。そして今、こう言っていいなら、君をもっと愛してる。誰も君を奪っていきはしないって信じることが・・僕には難しいんだよ。

Gunther: Let it be me! Let it be me!
 それを僕に! それを僕に!

Rachel: Honey, that's very sweet. It just seems to me though, that if two people love each other and trust each other, like we do, there's no reason to be jealous.
 ね、本当にうれしいわ。だけどね、2人の人が私達みたいに愛し合って、信じ合ってるなら、ヤキモチやくことなんてないんじゃないかしら。(キス)

Ross: I gotta get going. Bye, Chandler.
 もう行かなきゃ。バーイ、チャンドラー。

Chandler: Oh, okay, Ross. Listen, this pen is kinda getting boring, so can you pick me up some porn?
 ああ、ロス、聞いて、このペンちょっと飽きてきたから、何かポルノ買ってきてくれる?

Rachel: Where you going?
 どこ行くの?

Ross: Oh, I've got to go pick up Ben. We've got a play date this afternoon.
 ああ、ベンを迎えに行くんだよ。それから子供達を遊ばせに行くんだ。

Rachel: Ohh, with who?
 あら、誰と?

Ross: Oh, just this woman that I met last night at the party.
 ああ、昨日のパーティで会った女性だよ。

Rachel: There was a woman at the... The stripper?!
 女性なんて昨日・・・(気づく)ストリッパー?

Ross: Yeah.
 ああ。

Rachel: You have a play date with a stripper?!
 ストリッパーと遊びに行くの?

Chandler: Man, I gotta get a kid.
 ああ、子供持たなきゃな!

Ross: Ah, yeah, yeah. Umm, we started talking after she you know, did her thing. And it turns out she's got a boy about Ben's age, so we're gonna take them to a gym-boree class. Is that okay?
 ああ、そうなんだよ。彼女の仕事が終わってから話してたら、彼女ベンと同じくらいの男の子がいるってわかってさ。それで、一緒に子供達を幼児教室に連れていくんだ。

Rachel: Sure, is she married?
 そうなの。彼女結婚してるの?

Ross: Ah, no.
 いや。

Rachel: Oh.
 あら。(イライラしている様子)

Ross: Are you jealous?
 ヤキモチやいてる?

Rachel: No, I, you know, I don't see why she has to play with you, that's all. I mean doesn't she have any, you know, other stripper moms friends of her own?
 いいえ。ただどうして彼女があなたと遊ぶのかなって。それだけよ。彼女ストリッパー仲間の友だちとかいないわけ?

Ross: You are totally jealous.
 君、ヤキモチやいてるんだね。

Rachel: I'm not jealous. All right? This is about, umm, people feeling certain things, you know, about strippers. And you know, and um, I...
 ヤキモチじゃないわよ。いい? これはあることがらを感じる人の話で、ほら、ストリッパーについてよ。それでほら・・

Ross: Honey, I love you, too.
 僕も愛してるよ。

Rachel: Ugh. Wait, wait, wait.
 うーっ。待って待って待って。

Ross: What?
 なに?(キス)

Ross: Huh.
 はぁ・・(出て行く)

Rachel: Well, there's a kiss he won't forget for a few hours, you know.
 しばらくは忘れられないキスだったわよね。

Chandler: Yeah. Either that, or you just turned him on and sent him off to a stripper.
 ああ。それか、君はやつに火をつけておいてストリッパーの元に送り出したんだ。

《Moondance》

Man: Is there a Julio here?
 フリオはいる?

Julio: I am Julio.
 俺がフリオだ。

(バーバーショップ・カルテット)
Man: Mister Pretentious, you think there's no one finer, well, but your poems are unpublished, and you work in a diner.
 ミスター・うぬぼれさん、自分より優れた人はいないと思ってさ、でも君の詩は出版されてもいないんだよね。そしてダイナーで働いてさ。

Quartet: You're no God's gift to women, that's all in your head. You are just a butt-munch.
 君は神から女性への贈り物ではないようだね、みんなアタマの中だけのこと。君はただの最低男。

(butt-munch = idiot, jerk, despised male)

Bass Singer: No one likes a butt-munch.
 みんなが嫌う最低男。

Quartet: And you're also bad in bed!.
 それにベッドでも最悪!

(ニコニコ手を振るモニカ)


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 01:04| Comment(0) | Season3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月08日

3-11 The One Where Chandler Can’t Remember Which Sister

3-11 どの妹かわからないチャンドラーの話

 ☆バースデイ・キッス☆

《モニカ達の部屋:ジョーイがカードトリック披露》

Joey: Okay, pick a card, any card. . . All right. Now memorize it. Show to everybody. Got it?
 じゃ、カード選んで。どれでもいいから。(モニカが取る)よし。覚えて。みんなに見せて。いい?

Monica: Um-mm.
 うん。

Joey: All right. Give it back to me. . . . 5 of hearts.
 よし。それを返して。(カードを見てからデッキに戻す。考えるフリをしてから)ハートの5。

Ross: Real magic does exist.
 本当にマジックってあるんだね。

Rachel: Wow. Amazing.
 ワオ。スバラシイわね。

Monica: Wow. Joey, how do you do it?
 わぁ・・ジョーイ。どうやって?

Joey: I can’t tell you that.
 それは言えないよ。

(天井から大きな足音が聞こえる)
Ross: Ah, somebody’s at the door on the ceiling.
 誰か天井をノックしてるぞ。

Rachel: That’s our unbelievably loud upstairs neighbor.
 上の階の人、信じられないほどうるさいのよ。

Monica: He took up the carpet, and now you can hear everything.
 カーペットを外したもんだから、もう何もかも聞こえてくるの。

Phoebe: Why don’t you go up there and ask him to ‘step lightly, please?’
 行って「静かに歩いてくださらない?」って言ってくればいいじゃないの。

Monica: I have, like five times, but the guy is so charming, that I go up there to yell and then I end up apologizing to him.
 もう5回くらい言いにいったわよ。でも、その人あまりにもチャーミングなの。文句を言いに行って、結局あやまって帰ってきちゃうのよ。

Phoebe: Ooh, that is silly. I’ll go up there, I’ll tell him to keep it down.
 まぁ。そんなのバカげてるわ。行ってくるわ。静かにするよう言ってくる。(出て行く)

Monica: All right, be my guest.
 いいわ。お願い。

Rachel: Good luck.
 頑張って。

Joey: All right, all right, all right, all right, all right, you really wanna know how I did it, I’ll show ya. When you handed me back the card, what you didn’t see was, I looked at it so fast that it was invisible to the naked eye. . . . I just did it. . . I just did it, again. Here, I’ll slow it down so that you guys can see it.
 わかった、わかった、わかったよ。どうやるのか本当に知りたいなら、見せるよ。カードを返してくれた時、君らにはわからなかったけど、俺は素早くカードを見たんだ。あまりにも速いから、肉眼ではわからないんだよ。(やって見せる)今やったよ。(もう一度)また今やった。ほら、スローでやって見せるよ。(スローモーションでやって見せる)

All: Oh, I got it.
 ああ、わかった。

(フィービーが上の階をノックする音が聞こえる)
Phoebe: Yeah, look, I was with my friend downstairs and we hear everything …
 聞いて! 友だちと下の階にいたんだけど、ここの音が何もかも聞こえて・・
 
Guy: You are so beautiful!
 君、すごくきれいだね。

Phoebe: Oh, thank you.
 あら、ありがと。

《モニカ達の部屋:チャンドラーが来る》

Chandler: Hey, anybody got a length of rope about six feet long with a little noose at the end?
 なぁ、誰か、6フィートぐらいの長さで、端に輪っかのついたロープもってない?

Monica: Honey, what’s the matter?
 なぁに、どうしたの?

Chandler: I just saw Janice.
 ジャニスを見たんだ。

All: Oh.
 ああ。。

Chandler: Yeah, she was at Rockefeller Center skating with her husband, she looked so happy. I almost feel bad for whipping that kid’s pretzel at them.
 ああ。ロックフェラーセンターで夫とスケートしてたんだ。すごい幸せそうだった。頭にきて子供のプレッチェルをぶつけそうになったよ。

Joey: Man, I remember the first time I saw that girl Katherine, after we broke up. She was just walking with her friend Donna, just laughing and talking. God, it killed me.
 ああ。俺もキャサリンと別れた後で出会ったのを覚えてるよ。友だちのドナと笑って話しながら歩いてたんだ。もう、つらかったよ。

Chandler: Yes, but you ended up having sex with both of them that afternoon.
 でもおまえその日のうちに2人とセックスしたじゃないか。

Joey: Sorry, I just, any excuse to tell that story.
 アハハ。それを話すきっかけだったからさ。

Ross: Hey, Chandler, there’s a party tomorrow, you’ll feel better then.
 チャンドラー、明日パーティ開くから、それで気が晴れるさ。

Chandler: Oh, you know what, I’m gonna be okay. You don’t have to throw a party for me.
 いや、そんな、俺は大丈夫だよ。俺のためにパーティなんて開いてくれなくても。。

Monica: It’s Joey’s birthday.
 ジョーイのバースデイだ。

Chandler: Oh, well then, if anybody should have a party, it should be him.
 ああ、そういうことなら、やつのパーティを開くべきだよ。

(上の階からフィービーの声)
Monica: Sush!! I cannot believe she is still up there.
 シーッ。ウソみたい。まだ上にいたなんて!

Chandler: Okay, well, he totally screwed up the punch line. You know, it’s supposed to be arrghh-eh og-errigh.
 やつはオチを外したな。めちゃめちゃだよ。

《フォーチュネタ・ファッション》

Mr. Kaplan: How’s that coffee coming, dear?
 コーヒーはあるかね?

Rachel: Yeah, right away, Mr. Kaplan.
 はい、いますぐ。ミスター・カプラン。

Mr. Kaplan: I’m not supposed to drink coffee, it makes me gassy.
 コーヒー飲んじゃいかんのだけどね。ガスがたまるんでね。

Rachel: I know.
 そうですね。

Mr. Kaplan: I’ll bet your thinking, ‘What’s an intelligent girl who wants to be in fashion, doing making coffee?’ Eh?
 ファッション関係の仕事をしたい知的な女性がコーヒーなんて作って何してるんだろうって思ってるんだろうね?

Rachel: Op.
 あら。

Mr. Kaplan: Eh?
 ああ?

Rachel: Oh, you got me.
 まぁ、当たりですわ。

Mr. Kaplan: Well, don’t think I haven’t noticed your potential. Well, I’ve got a project for you that’s a lot more related to fashion. How does that sound?
 君の能力に気がついていないと思いなさんな。君のために、もっとファッションに関わるプロジェクトを用意したよ。どうかね?

Rachel: Oh, that sounds great.
 まぁ、素晴らしいですわ。

Mr. Kaplan: Come on over here, sweetheart.
 こっちに来て、ほら。

Rachel: Oh, thank you so much, Mr. Kaplan. Thank you so much.
 まぁ、ありがとうございます、カプランさん、本当にありがとうございます。

Mr. Kaplan: I need these hangers separated ASAP. You’re welcome.
 (クローゼットをあけると絡まったハンガーでいっぱい)このハンガーを大至急わけて欲しいんだ。(大ショックのレイチェル)礼はいいよ。

(ASAP = as soon as possible)

《Moondance:モニカとレイチェル》

Rachel: Oh, God, I hate my job, I hate it, I hate my job, I hate it.
 ああ。今の仕事キライ。キライ。今の仕事キライ。いやなのよ。

Monica: I know, honey, I’m sorry.
 わかるわ。つらいわね。

Rachel: Oh, I wanna quit, but then I think I should stick it out. Then I think why would such a person stay in such a demeaning job, just because it’s remotely related to the field they’re interested in?
 ああ、辞めたい。でも、ここで頑張るべきだって思うの。でも、自分が興味のあることにほんの少しでも関わってるといっても、だからって自分をおとしめてまで働くべきなのかって思うのよ。

Monica: Gee, I don’t know, Rach. Order up!! I got a Yentl soup, a James Beans, and a Howdy, hold the Doody!
 (まさにその状況で働いているので、にらんでから)さぁね、知らないわ、レイチ。オーダーあがったわよ! イェントルスープ、ジェイムス・ビーンズ、それからハウディ・ドゥディよ!

(イェントルスープは愛のイェントルからかな?
 ジェイムス・ビーンズは不明。
 Howdy-Doody という番組(主人公キャラ名)。さらに、
 howdy = howdy-doody = how do you do のくだけた言い方
 でも、doody = うんち なので、
 Howdy, hold the Doody = 「おっす、うんちつかめ」??)


Rachel: Oh, honey, come on, I’m sorry, I didn’t.... I don’t mind paying my dues, you know? It's just how much am I gonna learn about fashion by walking Myra, the arthritic seamstress, to the bathroom?
 あら、モニカ、ごめんなさい。そういうつもりじゃ・・。下積みならいいのよ。ただ、関節炎にかかった裁縫担当のマイラさんのトイレに付き添うことで、どれだけファッションを学べるのよって・・。

(近くに座っていた男性が笑う)
Rachel: Hi! Is my misery amusing to you?
 あら! 私のミジメな仕事がおもしろい?

Guy: I’m sorry, I was just ah....
 いや、ごめん、ただ・・(笑い出す)

Rachel: It’s not funny. This is actually my job.
 おもしろくないわよ。これが私の仕事なのよ。

Guy: Oh, believe me, I’ve been there. I had to sort mannequin heads at that Mannequins Plus.
 ああ、信じて、僕も同じだったから。僕も、マネキン・プラスにいた頃、マネキンの頭を分けてたことがあるんだ。

Rachel: Oh well then, so I’m just going to go back to talking to my friend here. And you can go back to enjoying your little hamburger.
 あらそうなの。じゃ、私は友だちとのおしゃべりに戻るから、あなたも、ハンバーガー楽しんで。

Guy: Ah, just one other thing.
 あ、それともう一つ。

Rachel: Yes?!
 なに?

Guy: I ah, I work at Bloomingdale’s and I might know of a job possibility, if your interested.
 僕、ブルーミングデールズで働いているんだけど、もし興味があるなら、仕事紹介できるかもしれないよ。

Rachel: Do you want my pickle?
 ・・・・ピクルス食べる?

《チャンドラー達の部屋:ジョーイのパーティ》

Gunther: Hey, guys.
 (モニカとフィービーに)やぁ、君たち。

Monica: Hey Gunther. Hi. You’re going out on a date with the noisy guy upstairs?
 ハーイ、ガンター。(フィービーに)あなた、上の階のうるさい人とデートに行くの?

Phoebe: Well, he’s very charming.
 だって彼すごいチャーミングよ。

Monica: I know, he’s too charming, but if you two start going out, then it’s just gonna make it so much harder for me to hate him.
 わかってるわ。チャーミング過ぎよね。でも、あなた達がつき合ったら、あの人を嫌いになるのがすごく難しくなるじゃないの。

Phoebe: Well, you’re just gonna have to try.
 ま、頑張って。

Monica: Joey, where are the Jell-o shots?
 ジョーイ、ジェロショットどこ?

jellyShot.jpgJell-o Shots = アルコール入りゼリー)

Joey: I don’t know, Chandler is supposed to be passing them around...
 知らないよ。チャンドラーが配る担当だけど・・

(チャンドラーはセラミック犬の口にゼリーの容器をあてている)
Joey: Chandler!
 チャンドラー!

Chandler: Hello-dee-lo!!
 ハローリロー!

Ross: Oh, somebody’s feeling better.
 おや、誰かさんは機嫌が直ったみたいだね。

Monica: Stick out your tongue.
 舌を見せなさい。

Chandler: Take off your shirt!
 シャツを脱ぎなさい。(舌を見せる。緑。)

Monica: Oh, my!!
 まぁ!!

Joey: Oh, my God! How many of these things did you have? These are pure vodka.
 なんだそれは! おまえこれいくつ食べたんだ? これそのまんまウォッカだぞ!

Chandler: Yeah, Jell-o just like Mom used to make.
 ああ、このジェローママが作ったのと同じー。

(レイチェルがくる)
Rachel: The most unbelievable thing happened to me today.
 (ロスに)今日、すっごい信じられないことが起きたの!

Ross: Hi!
 やぁ!

Rachel: Hi! So I’m out having lunch at Monica’s and this guy starts talking to me, and it turns out he works for a buyer at Bloomingdale’s and there happens to be an opening in his department. So I gave him my phone number and he’s gonna call me this weekend to see if he can get me an interview!
 ハーイ。今日、モニカのところでランチしてら、男の人が話しかけてきたの。その人、ブルーミングデールズで働いていて、彼の部署で空きがあるんですって! それで私、電話番号渡したの。面接受けられるか確認して、こんどの週末、電話くれるんですって!

Ross: Wow!
 ワオ!

Rachel: I know!
 でしょ!

Ross: What, so this guy is helping you for no apparent reason?
 それじゃその人はこれといった理由もなく君を助けてくれるわけ?

Rachel: Uh-huh!
 そうよ。

Ross: And he’s a total stranger?
 それでその人は全然知らない人?

Rachel: Yeah! His name is um, Mark something.
 そうよ! 名前はマークなんとかって。

Ross: Huh. Sounds like Mark Something wants to have some sex.
 ふん・・そのマークなんとかはエッチしたいんだな。

Rachel: What!?
 なんですって?

Ross: Well, I’m just saying, I mean why else would he just, you know, swoop in out of nowhere for no reason.
 だから、それ以外に、そいつがいきなり理由もなく現れるわけがないって言ってるんだよ。

Rachel: To be nice.
 親切なのよ。

Ross: Hey, Joey. Are men ever nice to strange women for no reason?
 なぁ、ジョーイ。男が理由もなく女性に親切にするか?

Joey: No, only for sex.
 いや。セックスしたいだけ。

Ross: Thank you. . . So did you ah, did you tell Mark Something about me?
 ありがと。(レイチェルに)それで、君はそのマークなんとかに僕のことを話した?

Rachel: I didn’t have to, because I was wearing my ‘I heart Ross’ sandwich board and ringing my bell.
 その必要はなかったわ。私、「I ハートマーク Ross」って看板持ってベル鳴らしてたから。

Ross: Uh-huh.
 あっそう。

(ジョーイの妹達がやってくる)
Joey’s Sisters: Joey!!! Happy Birthday!!
 ジョーイ! ハッピーバースデー!!

Joey: Hey!! Hey-hey-hey!
 おーおーおーおー!!

Chandler: Okay, how many of that girl are you seeing?
 なぁ、君にはあの子何人に見える?

Monica: How hammered are you? Huh? These, these are Joey’s sisters.
 どんだけ酔っぱらってるの? ジョーイの妹達じゃないの!

Chandler: Hi Joey’s sisters!
 ハーイ。ジョーイの妹達!

Phoebe: Hey!
 (クッキーに)ヘイ!

Cookie: Hey. What are we drinking over here.
 ヘイ。何飲んでんの?

Phoebe: Well, I have ah, vodka and cranberry juice.
 えっと、ウォッカとクランベリージュース。

Cookie: No kidding. That’s the exact same drink I made myself right after I shot my husband.
 冗談! それはまさしく、私が夫を撃った直後に作ったドリンクと同じだわ。

Phoebe: Wow. Okay, I don’t know how to talk to you.
 ワオ・・あなたにどうやって話すのかわからないわ。

(チャンドラーと妹達)
Sister 1: What ‘cha doing?
 なにしてんの?

Chandler: Oh, I’m taking my ex-girlfriend off my speed dialer.
 ああ、俺はね、元彼女の短縮登録を消してんの。

Joey’s Sisters: Oh!!
 まぁ・・。(同情の声)

Chandler: No-no-no-no, no, it’s a good thing. Why must we dial so speedily anyway? Why must we rush through life? Why can’t we savor the precious moments? Those are some huge breasts you have.
 いやいやいや。これはいいことなんだ。なぜ俺たちは、そう急いでダイヤルしなきゃいけないんだ? 俺たちはなぜ、生き急ぐんだ? 俺たちはなぜ、大切な一瞬一瞬をゆっくり味わえないんだ? これはまた巨大な胸だね、君。

(ロスとモニカ)
Ross: Hi.
 やぁ。

Monica: Hi.
 ハーイ。

Ross: Yeah. So um, I-I heard about this ah, Mark guy that ah, Rachel met today.
 それで・・レイチが今日会ったっていうマークってやつのこと聞いたんだけど。

Monica: Isn’t that great?
 すばらしくない?

Ross: Oh yeah! So ah, kinda pretty, pretty good. He sounds like a nice, good guy.
 ああ、そうだね。すごくすごくいい感じだよ。その人、優しくていい人みたいだね。

Monica: Oh, he is. And he is so dreamy. I mean, you know what, when he left I actually used the phrase, ‘Hummina-hummina-hummina.’
 ええそうよ。それに夢みたいに素敵。だってね、彼が出てったあと、私実際、ほにゃーってなっちゃったもん。
 
Ross: That’s excellent.
 それはすばらしい・・・

《モニカ達の部屋:女性3人とロス》

Ross: So, he’s just a nice guy. You really think this Mark doesn’t want anything in exchange for helping you?
 つまり彼はただいい人なわけだ。君は本当に、このマークって人が、君を助ける代わりに何も求めてないって思うんだ?

Rachel: Well, I assume I’ll have to take showers with him, but you know, that’s true of any job.
 そうね、彼と一緒にシャワー浴びなきゃいけないかもしれないけど、でも、それが仕事ってもんでしょ。

(チャンドラーが来る。二日酔い)
Monica: How you feeling?
 気分はどう?

Chandler: Well, my apartment isn’t there anymore, because I drank it.
 俺の部屋はなくなったよ。俺が飲んじゃったからね。

Phoebe: Where’d you get to? We lost you after you opened up all the presents.
 どこ行っちゃってたの? あなたプレゼント全部あけた後、いなくなったじゃん。

Ross: Yeah.
 そうだよ。

Chandler: Yeah, I ended up in the storage room, and not alone.
 ああ。俺物置にいたよ。1人じゃなかったんだ。

All: Woooo hoooo!!!
 ヒューヒュー!!

Chandler: Ow, no ‘woo-hooing,’ no ‘woo-hooing.’
 アウ・・ヒューヒューなし! ヒューヒューなし!

Phoebe: Why, what happened?
 なんで? 何があったの?

Chandler: Ah, I fooled around with Joey’s sister. Well, that’s not the worst part.
 あー・・俺、ジョーイの妹といちゃついてしまった。しかも、さらに悪いことに・・

Monica: What is the worse part?
 まだ何かあるの?

Chandler: I can’t remember which sister.
 どの妹か覚えてないんだ。

Ross: You see what men do! Don’t tell me men are nice! This is men!!
 (レイチェルに)ほら、これが男だよ。男って優しいとか言うな!(チャンドラーを指差して)これが男だ!

《モニカ達の部屋:続き》

Monica: Are you insane? I mean Joey is gonna kill you, he’s actually going to kill you dead.
 アタマどうかしちゃった? ジョーイに殺されるわよ。彼本当に、あなたを殺しちゃうわよ。

Chandler: Okay! You don’t think I thought of that?
 ああ! それ考えてないと思うのか?

Phoebe: How can you not know which one?
 どの子かわからないなんてあり得る?

Rachel: I mean, that’s unbelievable.
 信じられない!

Monica: I mean, was it Gina?
 ジーナだった?

Ross: Which one is Gina?
 ジーナってどの子?

Rachel: Dark, big hair, with the airplane earrings.
 黒くてでっかい髪型で飛行機のイヤリングして・・

Monica: No, no, no, that’s Dina.
 違う違う、それはディーナよ。

Chandler: You see? You can’t tell which one is which either, dwha!!
 ほらな! どの子がどの子か君らだってわからないじゃないか! ほぉら!

Phoebe: We didn’t fool around with any of them. Dwha! Dwha!
 私達どの子ともいちゃついてないもん! ほぉらほぉら!!

Chandler: Veronica. Look, it’s got to be Veronica, the girl in the red skirt. I definitely stuck my tongue down her throat.
 ヴェロニカ! ヴェロニカに違いない。赤いスカートの子だ。俺間違いなくその子にディープキスした。

Monica: That was me.
 それは私。

Chandler: Look, when I’ve been drinking, sometimes I tend to get overly friendly, and I’m sorry.
 ・・酒飲むと、フレンドリーになり過ぎることがあって、ごめんよ。。

Monica: That’s okay.
 いいわよ。

Rachel: That’s all right.
 いいのよ。

Ross: That’s okay.
 いいんだ。(みんなびっくりして見る)

(ジョーイが怒ったようすでやってくる)
Joey: Can I talk to you for a second?!
 (チャンドラーに)ちょっと話したいんだが。

Ross: Hey, Joey.
 やぁ、ジョーイ

Rachel: Hey.
 ハーイ。(みんなチャンドラーから離れる)

Joey: Come on!!
 来い!

Chandler: Why can’t we talk in here? With witnesses.
 ここで話せないか? 証人達と一緒に。

Joey: I just got off the phone with my sister.
 今妹と電話終わったとこだ。

Ross: Ah, which, which one?
 えー、どの子?

Joey: Mary-Angela.
 マリー・アンジェラだ。

Ross: Mary-Angela.
 マリー・アンジェラね。

Joey: Yeah.
 ああ。

Monica: You know, which one was she, again?
 どの子だったっけ?

Joey: Why don’t you ask Chandler, ‘cause he’s the one that fooled around with her. She told me you said you could really fall for her. Now, is that true? Or are you just getting over Janice by groping my sister?
 チャンドラーに聞けよ。彼女といちゃついたんだからな。おまえ彼女にまじで好きみたいに言ったんだってな。なぁ、本当なのか? それとも、ジャニスを吹っ切るために妹に手出ししたのか?!

Chandler: It’s gotta be the first one.
 そりゃ、先に言った方に違いないよな。

Joey: Really? That’s great! You and my sister, sitting in a tree.
 本当か?! それはいい! おまえと俺の妹が、木の下でっ!

lovebirds.jpg
(Two Little love birds という歌がある。
  "Two little love birds sitting in a tree: K-I-S-S- I-N-G.."
 もうひとつ、子供達がはやしたててからかう歌もあったらしい。
 "○ and ○ sitting in a tree: K-I-S-S- I-N-G
 First comes love, then comes marriage, then comes baby in a baby carriage")


Chandler: Yep, I’m in a tree.
 ああ。俺は木の下。

《モニカ達の部屋》

Rachel: Did he call? Did Mark call?
 彼から電話あった? マークから電話あった?

Monica: No, honey, I’m sorry, but the weekend’s not over yet.
 ないわ、残念だけど。でも、まだ週末は終わってないわよ。

Rachel: Oh. . . Oh, my God, is that Phoebe?
 ええ・・(上の階から笑い声が聞こえる)あらまぁ! あれフィービー?

Monica: I guess they’re back from their date.
 デートから戻ったみたいね。

(音楽が聞こえる)
Rachel: Music. Very nice.
 音楽ね。いいじゃない。

(あやしい声が聞こえる)
Monica: Oh, my God!
 オーマイゴッド!

Rachel: So, how are you?
 (焦る)それで、元気?

Monica: I am good. I finished my book.
 元気よ。本読み終えたわ。

Rachel: Oh, yeah, what’s it about?
 あらそう? 何の本?

Monica: I don’t remember. Do you wanna take a walk?
 覚えてない! 散歩行く?

Rachel: Yeah, I do.
 行く行く!(2人出ていく)

《チャンドラー達の部屋:ロスが手紙を読んでいる》

Ross: "Dear Mary-Angela. Hi. How’s it going? This is the hardest letter I’ve ever had to write." What the hell’s a matter with you? How do you think Joey’s going to react when he finds out that you blew off his sister with a letter?
 「親愛なるマリー・アンジェラ。ハーイ。元気してる? これほど難しい手紙は初めてです」・・おまえいったいどうなってるんだ? 手紙で妹を振ったなんてことがジョーイにわかったら、どうなると思ってるんだ?

Chandler: Well, that’s the part where you tell him that I moved to France. When actually I’ll be in Cuba.
 その時はおまえからジョーイに、俺はフランスに行ったと伝えてくれ。実際は俺はキューバだ。

Ross: All right, look, look, you’ve got to do this yourself, okay? In person. At least you know her name. You just go to the house and you ask for Mary-Angela, okay? When which ever one she is comes to the door, you take her for a walk, you let her down easy.
 いいか、自分で話さないといけないことだ、いいか? 直接だ。少なくとも名前はわかってるんだから、家に行ってマリー・アンジェラに話したいって言えばいいじゃないか。どの子だろうと、玄関に出てきてくれたら、一緒に出かけてやんわり話すんだ。

Chandler: What if Mary-Angela comes to the door and I ask for Mary-Angela?
 もしマリー・アンジェラが玄関に出てきて、俺がマリー・アンジェラをって言ったらどうなるんだ?

Ross: Where in Cuba?
 キューバのどこ行く?

《ジョーイの実家:ノックするとジョーイが出てくる》

Chandler: Joey, what-wh-wh-wha-wh-wha-wh-wha-wh-wha-what are you doing here?
 ジョーイ! なななななな・・何をしてるんだ?

Joey: Waiting for my Grandma to finish my laundry. What about you?
 おばあちゃんが俺の洗濯してくれてるのを待ってる。おまえは?

Chandler: I’m here to see Mary-Angela.
 俺は・・マリー・アンジェラに会いにきた。

Joey: You are so the man! . . Now look, listen, listen, you got to be cool, ‘cause my Grandma doesn’t know about you two yet, and you do not want to tick her off. She was like the sixth person to spit on Mussolini's hanging body. Yeah.
 おまえってやつは! (招き入れる)なぁ、聞いて。クールに頼むぞ、おばあちゃんはまだおまえ達のこと知らないからな、怒られたくないだろ? ぶらさがったムッソリーニの死体にツバ吐いた6人目みたいな人だからな。

Chandler: Where’s Mary-Angela?
 マリー・アンジェラは?

Joey: She’s right in there.
 ここにいるよ。

(部屋に入ると全員いる)
Joey’s Sisters: Hey, Chandler!
 ハーイ、チャンドラー!

《セントラルパーク》

Rachel: I can’t believe Mark didn’t call. It’s Sunday night, and he didn’t call.
 マークが電話くれないなんて信じられない。日曜の夜なのに、まだかかってこない。

Ross: Bummer.
 がっかり。

Rachel: Yeah, right. Look at you, you’re practically giddy.
 ええ、そうよね。もう見てよ。あなたったら、本当有頂天じゃないの。

Ross: No, I’m genuinely sorry the Mark thing didn’t work out. Look, Rach, I want only good things for you.
 違うよ。マークの件でうまくいかなくて本当に残念に思っているよ。ねぇ、レイチ、僕は君にはいいことだけが起きてほしいと思ってるんだから。

Monica: Wait a minute, why don’t you just call Mark. I mean, who says you have to sit here and wait for him, you’ve got to make stuff happen.
 ちょっと待って。あなたからマークに電話したらいいじゃないの。どうしてあなたここで座ってまってないといけないの? あなたからことを起こせばいいのよ。

Ross: But, you, you don’t want to seem too pushy.
 でも、そんな強引にしたくないだろ。

Monica: Honey, it’s not pushy, he gave her his home number.
 (ロスに)強引じゃないわよ。だって彼は家の番号をくれたんだもの。

Ross: What, he gave you his home number? As in like, to, to his home?
 なに? 彼、家の番号を君に渡したのか? それって、家にかかるって意味?

Rachel: Yeah, and you don’t mind if I call, because you only want good things for me.
 ええ。あなたは気にしないわよね。だってあなた私にいいことだけ起きてほしいと思うんだもんね。

Ross: That’s right, good things, that is what I said.
 そうだよ、いいことだけね、そう僕は言ったよね。

Rachel: Hello, Mark? Hi, it’s Rachel Green. . . Oh, no, don’t you apologize. . . Yeah, I’ll hold. . . He left my number at work, but he was helping his niece with her report on the pioneers.
 (電話で)もしもし、マーク? ハーイ、私レイチェル・グリーンよ。・・あらやだ、あやまらなくていいのよ。・・ええ。待つわ。(モニカとロスに)彼、会社に私の番号置いてきちゃったんですって。それでいま彼は、姪の開拓者たちのレポート手伝ってるんですって!

Ross: That is so made up!
 そんなのでまかせだ!

Rachel: Yeah, oh, my God, tomorrow! That, no, it’s perfect. Oh, God, thank you so much. Great! Bye! . . I got the interview!
 (電話で)ええ・まぁ、本当に? 明日! それは・・いえ、完璧よ。ああ。本当にありがとう。素敵。バーイ。(電話を切って)面接よ!

Monica: Yay!
 イエーイ!

Ross: There you go.
 やったね。

Rachel: He even offered to meet me for lunch tomorrow to prep me for it.
 彼、明日ランチにまで誘ってくれて、面接の準備助けてくれるんですって。

Monica: Oh, that is amazing!
 まぁ、すごいじゃないの!

Ross: Yeah, well, if I know Mark, and I think I do, I’d expect nothing less.
 ああ。マークを知ってる者としては、それくらいはしてくれるってわかってたよ。

Rachel: I got to figure out what I’m going to wear.
 何着ていくか決めなくちゃ。

Ross: High collar and baggy pants say, "I’m a pro."
 ハイネックとバギーパンツで「私はプロよ」って感じになるよ。

(このロスのセリフそのものが、何を着たらいいか考えたという
 ブログ記事のタイトルになっているのを見かけました。)


Rachel: Yeah! Right! Okay, I’ll see you guys later. Woo hoo!
 ああ、そうね! じゃ、また後でね。やったー!(出て行く)

Ross: You go get them. . . What did I do to you? Did I hurt you in some way?
 頑張ってきて! (モニカに)僕がおまえに何をした? なにか悪いことした?

Monica: What?
 なに?

Ross: ‘Why don’t you call him?!’ Well, thank you very much! You know, now he is going to prep her, you know prep her, as in what you do when you surgically remove the boyfriend!
 「あなたから電話したらいいじゃないの」?! ほんとありがたいよ! 彼はレイチェルに面接の準備をさせるんだ。準備をさせる! 外科的にボーイフレンドを取り除くようなもんだよ!

Monica: Are you crazy?!
 アタマおかしいんじゃないの?!

Ross: Am I! Am I! Am I out of my mind! Am I losing my senses!! This dreamy guy is taking my girlfriend out for a meal.
 僕が? 僕が? 僕アタマおかしくなった? 僕理性を失った? その素敵な男が僕のガールフレンドを食事に連れていくっていうのに。

Monica: Ross! This isn’t even about you! I mean, this is about Rachel and something wonderful happening for her. You know, even if you’re right, what if he wants to sleep with her, does that mean he gets to?
 ロス! これはあなたの問題じゃないのよ! これはレイチェルの問題で、すばらしい事が起きようとしてるのよ。もしあなたが正しいとして、彼が彼女と寝たいと思ってるんだとしても、そうなるってことじゃないでしょ?

Ross: No.
 ああ。

Monica: Don’t you trust her?
 彼女を信じられないの?

Ross: Well, yeah!
 いや、信じてるよ。

Monica: Then get over yourself! Grow up!
 じゃあしっかりしなさいよ! 大人になって!

Ross: You grow up.
 (すっかり小さくなって)おまえが大人になれよ。

《ジョーイの実家》

Chandler: This tiramisu is excellent. Did you make it Mary-Angela?
 このティラミス素晴らしいね。君が作ったの、マリー・アンジェラ?

Joey’s Grandmother: No! I did!
 いいえ! 私よ。

Chandler: Well, it’s, it’s yummy. So Mary-Angela, do you like it?
 ああ、おいしいな。マリー・アンジェラ、これ好き?

Joey’s Grandmother: Of course! It’s her favorite.
 もちろんよ! 彼女の大好物よ。

Chandler: So um, Mary-Angela, what’s your second favorite?
 そうか・・マリー・アンジェラ、2番目の好物は?

Joey’s Grandmother: More of Grandma’s tiramisu.
 おばあちゃんのティラミスをもっとよね。

Chandler: Would you just please....give me the receipt ‘cause this is great. It’s top notch.
 頼むからちょっと!・・・レシピいただけませんか、これすごくおいしくて、最高だから。

Joey’s Grandmother: That dies with me.
 私お墓まで持っていくわ。

Chandler: So will I.
 俺もそこへ行きそう。

Joey’s Sister: Excuse yourself, and go to the bathroom.
 ちょっと抜け出して、バスルームへ来て。

Chandler: Oh, no-no-no I was just squinting. That doesn’t mean anything.
 あ、いやいやいや、僕はちょっと目を細めただけで、意味はないんですよ。

Joey’s Sister: Just do it.
 (耳元で)いいから来て。

Chandler: Will you excuse me, I have to um.....
 ちょっと失礼しますよ。ちょっと・・(部屋を出る)

《ホールで:チャンドラーに後ろからおそいかかる妹》

Chandler: Hey!
 うわっ!

Joey’s Sister: Finally, I thought we’d never be alone. Can I just tell you something, I have not stopped thinking about you since the party.
 ついにきたわ! 絶対2人になれないかと思ったわ。聞いてくれる、パーティからあなたのことばかり考えてたわ。(キスする)

Chandler: Look, I may have jumped the gun here. . . Um, I just got out of a relationship and I’m not really in a, in a commitment kind of place.
 聞いて。僕は早まったかもしれない・・あー・・最近別れたばかりで、僕はまだ、真剣な交際をするつもりはないんですよ。

Joey’s Sister: So? Me neither! God, Mary-Angela was right. You do have the softest lips.
 それで? 私もよ! ああ、マリー・アンジェラの言う通りだわ。あなたってほんと柔らかいクチビルね。

Chandler: Ahhhh, you’re not Mary-Angela?
 ああぁぁ・・あなたマリー・アンジェラじゃない?

Joey’s Sister: No, I’m Mary-Theresa.
 違うわよ。私はマリー・テレサよ。

Chandler: This is so bad. If-if you’re not Mary-Angela, then-then who is?
 これは大変だ・・君がマリー・アンジェラじゃないなら、どの人?

Mary-Angela: I am!
 私よ!

Chandler: Oh,it's so bad.
 ああ、これは大変だ。

Mary-Angela: Joey!!!
 ジョーイ!!

Chandler: No Joey! No Joey! No Joey! Joey!
 ジョーイ呼ばない! ジョーイ呼ばない! ジョーイ呼ばない!

(ジョーイが来る)
Joey: What’s going on?
 どうしたんだ?!

Chandler: You’re it! Now run and hide!
 (肩にタッチ)ハイ、鬼! さぁ、逃げろ隠れろ!

Mary-Theresa: It’s no big deal. Chandler was just kissing me because he thought I was Mary-Angela.
 大したことじゃないわよ。チャンドラーは私がマリー・アンジェラかと思ってキスしたのよ!

Joey: What?! How could you do that, how could you think she was Mary-Angela?
 何だって?! どうしてそんなこと・・どうしてマリー・アンジェラと間違えたりするんだ?

Chandler: I wasn’t sure which one Mary-Angela was. Look, I’m sorry okay, I was really drunk, and you guys all look really similar.
 マリー・アンジェラがどの子かわからなかったんだ。本当に悪かったよ。すごく酔っぱらってて、それに君たちみんなすごく似ていて・・

Joey’s Sister: I say, punch him, Joey.
 ぶん殴って、ジョーイ。

All: Yeah! Punch him!!
 そうよ! 殴るのよ!

Chandler: You know what, we should all calm down because your brother’s not going to punch me. Are you?
 いや、落ち着いてくれないか、ジョーイは俺をなぐらないと思うよ。(ジョーイに)殴る?

Joey: Well, that is usually what I would do. But I just never thought you’d be on the receiving end of it. How could you do this?!
 ああ、普通はそうする。けど、まさかおまえを殴ることになるとは思わなかったよ。おまえ、なんでこんなこと?

Chandler: Joey, if you wanna punch me, go ahead, I deserve it. But I just want you to know that I would never soberly hurt you or your family. You’re my best friend. I would never do anything like this ever again.
 ジョーイ、殴りたければ殴ってくれ。文句はいえないよ。でも、これだけは聞いてくれ。シラフだったら絶対におまえの家族を傷つけるようなことはしなかった。おまえは俺の親友だ。こんなこと、二度としないよ。

Cookie: So what. I say, punch him.
 それが何よ。殴ってやるべきよ。

All: Yeah! Punch him! Punch him!
 そうよ! 殴れ! 殴れ!

Joey: No! No! No! No, I’m not going to punch Chandler.
 いやいやいやいや、俺はチャンドラーを殴らないよ。

Cookie: I’ll do it.
 私がやる。

Joey: No, you won’t. Look, he knows he did a terrible thing and I believe him, he’s sorry. But, you’ve got one more apology to make, all right? You’ve got to apologize to Mary-Angela.
 いや、ダメだ。ほら、やつはひどいことをしたってわかってる。悪かったと思ってるって、俺は信じるよ。でも(チャンドラーに)おまえは謝らないとな。そうだろ? マリー・アンジェラに謝るんだ。

Chandler: Okay, absolutely!
 ああ、もちろんだ!

Joey: All right.
 よし。

Chandler: You’ve got it.
 わかった。(まだマリー・アンジェラがどの子かわからない)

Joey: Cookie, now you can punch him!
 クッキー、殴ってやれ!

Chandler: What?!
 え?(握りこぶしが近づいてくる)

《ロビー:待っているロス、レイチェルが来る。》

Rachel: Hey!
 あら!

Ross: Hi!
 ハーイ。

Rachel: What are you doing here?
 こんなとこで、どうしたの?

Ross: Ah, you know, this building is on my paper route so I...
 ほら、このビルは新聞配達のルートなんだよ。それで・・(花を渡す)

Rachel: Oh.
 まぁ。

Ross: Hi. (kisses her)
 ハーイ(キス)

Rachel: Hi.
 ハーイ。

Ross: How did it go?
 どうだった?

Rachel: Oh, well, the woman I interviewed with was pretty tough, but you know thank God Mark coached me, because once I started talking about the fall line, she got all happy and wouldn’t shut up.
 ええ、面接の女性は厳しい感じだったけど、でも、マークに教えてもらってたおかげで、秋のラインについて話し始めたら、彼女ご機嫌になって話がつきなかったわ。

Ross: I’m so proud of you.
 君が誇らしいよ。

Rachel: Me too!
 私もよ!

Ross: Listen, I’m ah, I’m sorry I’ve been so crazy and jealous and, it’s just that I like you a lot, so...
 ねぇ、おかしいくらいヤキモチやいてごめんよ。それというのも君を本当に好きだから・・

Rachel: I know.
 わかってる。

Ross: Yeah?
 そう?

Rachel: Yeah.
 ええ。

(マークが来る)
Mark: Rachel?
 レイチェル?

Rachel: Yeah. Hi Mark!
 はい・・あら、マーク!

Mark: Hi. I just talked to Joanna, and she loves you. You got it, you got the job.
 やぁ、ジョアンナと話したんだけど、君を気に入ってたよ。君は採用になったよ。

Rachel: Oh, I did?
 まぁ、本当?!

Mark: Yes.
 ああ。

Rachel: Oh, my God!!
 (ロスに)まぁすごい!!(振り返ってマークとハグ)

Ross: Congratu!! -lations-lations.
 おめ・・(ハグできず)でとう・・でとう・・。

《モニカ達の部屋》

Monica: So ah, Phoebe, how was your date?
 それでフィービー、デートどうだった?

Phoebe: Oh, well, you know.
 まぁね、ほら、わかるでしょ。

Monica: Yeah, I do know.
 ええ、わかるわ。

Phoebe: Ick, you were eavesdropping.
 やだ! 盗み聞きしてたの?

Rachel: Eavesdropping. Pheebs, the ceiling tiles were falling down.
 盗み聞き? フィーブス、天井のタイルが落ちてきたわよ。

Phoebe: Oh, I’m sorry. But I really like this guy. And I think he really happens to like me.
 あら、ごめんなさい。でも、彼のことほんとに好きよ。そして彼も私を好きなのよ。

(上の階からベッドのきしむ音と声)
Ross: Maybe he’s just jumping on a pogo-stick and really likes it?
 もしかして彼ホッピングでジャンプしてて、すごく気に入っちゃってるのかな?

razor-airgo-pogo-stick.jpg

(女性の声も加わる)
Ross: Maybe the pogo-stick likes it too?
 もしかしてホッピングも彼を好きなのかな?

Joey: All right, that’s it! He cannot do this to Phoebe. This guy is going to get the butt kicking of a lifetime! . . But, is he a big guy?
 ああもうダメだ。こんなことフィービーにするなんて。(立ち上がる)やつめ、人生最大の蹴りをケツにくらわせてやる。(立ち止まり振り返って)でも、そいつでっかい?

Ross: Ah, we’ll all go. Come on.
 僕らも行くよ。(チャンドラーに)行こう。

Phoebe: Thanks you guys! Thank you.
 ありがとう、みんな、ありがとう。

Chandler: Don’t worry.
 心配するな。

Phoebe: God, I hope they kick his ass!
 もう。みんなでお尻けとばしてほしいわ。

Rachel: Honey, I’m sorry.
 残念だったわね。

Monica: You know, if it’s any consolation, he really did sound like he was having more fun with you.
 でも、なぐさめになるかわからないけど、彼、あなたといた時の方がずっと楽しそうだったわよ。

(上の階をノックする音)
Guy: May I help you?
 なにか?

(怒る3人の声、でも男性の一言でみんなおとなしくなる声)終わり。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 00:51| Comment(0) | Season3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。