2013年07月13日

3-16 The One The Morning After

3-16 あの日の次の朝の話

 ☆恋の行方(後編)☆

《前回のシーン回想》

Joey: Previously on Friends.
 (声のみ)前回までのフレンズ。

Ross: I mean, I don’t feel like I even have a girlfriend anymore.
 なんかもう、僕にはガールフレンドがいるって気がしなくなってきたんだよ、レイチェル。

Rachel: You want me to just quit my job so that you can feel like you’ve got a girlfriend?
 あなた私に仕事を辞めてほしいの? そうすればガールフレンドがいるって気になれるっていうの?

Ross: Is this about Mark?
 マークのせいか?

Rachel: Oh, my God.
 オーマイゴッド。。

Ross: Okay, it’s not, it’s not.
 ああ、違うんだ、違うんだね。

Rachel: Oh, my God. I cannot keep having this same fight with you Ross! Look, maybe we should take a break.
 オーマイゴッド。。もうこんなケンカばかり繰り返してられないわ、ロス! ねぇ、私たち、離れるべきかも。

Ross: Fine, you’re right. Let’s ah, let’s take a break, let’s cool off, okay, let’s get some frozen yoghurt, or something..
 わかった、わかったよ。いいよ。その通りだ。ちょっと離れて、頭を冷やそう、いいね? フローズン・ヨーグルトか何か買ってきて・・(出て行こうとする)

Rachel: No. A break from us.
 違うわ。別れるって意味よ。

(ロスは黙って出て行く)

《モニカ達の部屋:レイチェルとマーク》

Rachel: Then, we had this big, stupid fight, and I said I wanted to take a break, I don’t want to take a break.
 それから大げんかになって、バカげたケンカよ。それから私が別れようとか言って・・別れたくないのに。

Ross: I’ve been thinking, this is crazy, I mean don’t, don’t you think we can work on this?
 (電話)考えてたんだけど、こんなのおかしいよ。こんなこと、僕ら話し合ってなんとかできないかな?

Mark: Hey, what do you want to drink?
 ねぇ、何か飲む?

Ross: Who’s that?
 (電話)今の誰?

Rachel: Nobody.
 (電話)何でもないわ。

Ross: Is that Mark?
 (電話)今のマーク?

Rachel: Umm, honey, look he just came over to....
 (電話)えっと、ね、聞いて。彼はちょっと来て・・

Ross: Yeah! Got it!
 (電話)そうか、わかったよ! (電話を切る)

《フィリー》

Chloe: Hey, come dance. What are you, married? ‘Cause that’s okay.
 ねぇ、踊りましょ。なんなの? 結婚してるとか? しててもかまわないわよ。(ロスとクロエのキス)
《回想終わり》

ーー翌朝ーー

《モニカ達の部屋:モニカがブレンダーでジュースを作っている》

Monica: Hey.
 おはよ。

Rachel: Hey.
 はーい。

Monica: How’s the big anniversary dinner?
 昨日の大事な記念日ディナーはどうだった?

Rachel: Well, we never actually got to dinner.
 私たちディナーまでいけなかったの。

Monica: Ohhh, nice.
 おお! いいじゃない。

Rachel: No, we kinda broke up instead.
 違うの。そうじゃなくて、別れちゃったのよ。

Monica: What?!
 なんですって?!(ブレンダーのフタをせずスイッチを押してしまう)

Rachel: God, Monica, it’s on the ceiling.
 まぁ・・モニカ、天井についたわ。

Monica: That’s okay, this is more important than fruit ,, on my ceiling! You broke up?!
 いいのよ。それよりこっちの方が大事だわ。天井のフルーツより! 別れたって?

Rachel: Yeah, but it’s okay, because when Ross left Mark came over.
 ええ。でも大丈夫。ロスが出てってからマークがきて・・

Monica: Oh, no!!
 まさか!

Rachel: No.
 いえ。

Monica: Rachel, you and Mark?!
 レイチェル、あなた、マークと?

Rachel: No, no-no, it’s okay, calm down. Mark and I talked, and I realized how much I love your stupid brother. And, yeah, we got our problems, but I really want to make it work.
 違う、違うの。大丈夫、落ち着いて。マークと話して、あなたのバカな兄さんをどんなに愛してるかってことに気づいたの。問題はあるけど、でもなんとか乗り越えたいわ。

《ロスの部屋:目が覚めたロス》

Chloe: Morning!
 おはよ!
(びっくりして起き上がるロス)

《ロスの部屋:留守電チェックするロス》

Rachel: Hi, it’s me. I’ve been trying to reach you all night. I feel awful. Please, Ross, you gotta know there is nothing between me and Mark. This whole break-up thing is just stupid.
 (留守電)ハーイ、私よ。一晩中あなたに電話をかけてたの。最悪な気分だわ。お願い、ロス、わかってね、私とマークは何でもないわ。別れるなんて、バカげてるわ。

Ross: Yeah!!
 そうだ!

Rachel: Eh, I’m just so sorry I put you through it. And, I you know, I don’t want to get back together over a machine.
 (留守電)こんなことになってごめんなさい。それでね、私留守電でやり直ししようって話したくないわ。

Ross: Na-huh.
 そうだ。

Rachel: So, I love you.
 (留守電)愛してる。

Ross: I love you.
 愛してるよ。

Rachel: And you know what, I’m gonna, I’m gonna go to bed now, but ah, on my way to work tomorrow morning, I’m gonna stop by around 8:30.
 (留守電)これからベッドに入るけど、でも、明日仕事に行く途中、8時半頃、そちらに寄るわ。

Ross: Okay.
 わかった(あわてて時計を見る)

Rachel: Bye.
 (留守電)バーイ。

(時計は8時半)
Ross: Chloe, Chloe how’s it coming?!!
 クロエ! クロエ、支度どう?

Chloe: Hey, what kind of puppy do you think I should get?
 ねぇ、どんな子犬かったらいいと思う?

Ross: Umm, oh, hey, I don’t know. How about a big one?
 あー、どうかな。大きなのはどう?

Chloe: But my apartment is so...
 でもうちの部屋はとても・・

Ross: Well then a small one!! Listen, let’s, we kinda have to get going!
 それじゃ小さいの! 聞いて、もう行かないと!

Chloe: Wait! Where’s my shoes?
 待って! 私の靴は?

Ross: You, you sure you need shoes? Okay.
 きみ・・きみ、靴要る? わかった・・(探す)

Chloe: Do I know why we’re rushing?
 どうして急いでるの?

Ross: Yeah, you know the girlfriend I told you about last night? Well it turns out she ah, she wants to get back together with me. Oh, I found it!!
 昨日話した僕のガールフレンドいるだろ? 彼女が、結局やりなおしたいっていうんだ。あっ!あった!

Chloe: That’s so great for you guys!
 すごい、よかったじゃん!

Ross: Yeah!
 ああ。

Chloe: You must be so happy!
 めっちゃうれしいでしょう!

Ross: Yes, yes I am, one of the many things I’m feeling. Well....
 ああ、ああうれしい。そのほかいろんなこと感じてるけど。。

Chloe: Good luck, with your girlfriend.
 がんばって、彼女と!

Ross: Oh, thank you. Hey, hey. Rachel!!!!
 ああ、ありがと。さぁさぁ・・(ドアを開けるとレイチェル)レイチェル!!

Rachel: Hi. Ohhh, you got my message.
 ハーイ。ああ、メッセージ聞いてくれたのね。

Ross: Yeah, oh hey, you are right on time.
 ああ、きみ、時間ぴったりだね。

Rachel: So what do you say? Can I be your girlfriend again?
 それで、どう? 私またあなたのガールフレンドでいい?

Ross: Yes, you can, very much.
 ああ、もちろんもちろん。

(クロエは玄関ドアの後ろから親指をあげてみせる)
Ross: Ahhhh!!
 (クロエの手を見てあせってレイチェルをハグ)ああ!

《モニカ達の部屋:モニカは天井にモップかけ、フィービーがくる》

Phoebe: Hey!
 ハーイ。

Monica: Hey.
 ヘイ。

Phoebe: Hey, why are you mopping your ceiling?
 なんで天井にモップかけてるの?

Monica: Oh, there’s banana on it.
 バナナがついちゃったの。

Phoebe: Wow, I have the spirit of an old Indian women living in mine.
 まぁ。うちの天井にはインディアンの女性の魂が住んでるわ。

Monica: So then you know?
 それを知ってるわけなの?(うなずくフィービー)

Phoebe: The mailman was downstairs, so I brought up your mail.
 下で郵便屋さんに会ったから、あなたの郵便物持ってきたわよ。

Monica: Oh, good. Thanks.
 ああ、よかった。ありがと。

Phoebe: Now what is Fabutec?
 このファブテックってなに?

Monica: Okay, all right. Don’t judge me too much. Okay? Um, but I saw this info-mercial, and um, I swear to you I have never-ever bought anything on TV before, except for this mop. But there was this stuff on leg waxing, it just, it looked so amazing....
 批判しないでね、いい? TV通販を見たのよ。今まで絶対絶対TVを見て買っちゃったことないのよ、このモップ以外はね。でも、足の脱毛にっていうのがあったのよ、それがすばらしそうで・・

Phoebe: Waxine!!
 ワクシーンね!

Monica: Yes! Have you seen it?
 そう!! 見たことある?

Phoebe: Oh, it’s incredible! I so want to be a Waxine girl.
 もう、すばらしいわよね! 私ワクシーンガールになりたい!

Monica: I know!!
 そうよね!!

Phoebe: God. Do you think it really doesn’t hurt? ‘Cause how can they do that?
 ああ・・本当に痛くないと思う? だって、どうしてそんなことできる?

Monica: Hello! Organic substances recently discovered in the depths of the rain forest!
 もしもし? 最近熱帯雨林の奥地で見つかった天然素材よ!

Phoebe: They have the best stuff in there.
 最高の素材を使ってるのよね。

《チャンドラー達の部屋:打ち明けているロス》

Chandler: Oh, my God! Oh, my God!
 オーマイゴッド! オーマイゴッド!

Joey: Yeah. We figured when we couldn’t find you, you’d gone home to make up with Rachel. Which is probably what you should have done. Huh?
 ほんとだよ。おまえがいなくなったから、俺たち、レイチェルとやり直してるのかと思ったよ。ほんと、そうすべきだったんだぞ。

Ross: You think?! God, I’m in hell. I mean what, what am I gonna do? Rachel’s all like, ‘I love you and, and let’s work on this.’ And all I can think about is, ‘What is she gonna do? What is she gonna say?’ when I tell her what I did.
 そう思う?! ああ、もう地獄だ。どうしたらいいんだ? レイチェルは、「愛してる、なんとか乗り越えましょう」って言ってくれたのに、僕のしたことを話したら「彼女はどうするだろう?」「彼女なんていうだろう」それしか考えられない。

Chandler: Well, before we answer that, I think we should address the more important question. How dumb are you?
 それに答える前に、もっと重要な質問をしたいと思う。おまえ、なんてバカなんだ?

Ross: What?! Look, we’re trying to rebuild a relationship here, right? How am I supposed to do that here, without being totally honest with each other?
 なにが? 僕らは、関係を築き直そうとしてるんだ、そうだろ? 互いに完全に正直にならずにできると思うか?

Joey: Look, Ross look, I’m on board about this totally honesty thing, I am, just not about stuff that’s gonna get you in trouble.
 聞け、ロス。正直になるってことには全面的に賛成だ。ただ、それで自分が困るようなことなら話は別だ。

Chandler: He’s right. Nobody’s gonna benefit, and you’re just gonna hurt her.
 やつの言う通りだ。誰のためにもならないじゃないか。彼女を傷つけるだけだぞ。

Joey: Yeah, and there won’t be a relationship left to rebuild.
 そうだぞ。そして、築き直す関係そのものが消えてなくなるぞ。

Ross: Yeah, but don’t you think....
 ああ・・だけど君たち・・

Chandler: All right, look, if you absolutely have to tell her, at least wait until the timing’s right. And that’s what deathbeds are for.
 よし、じゃあどうしても彼女に話すっていうなら、少なくとも、時を選べ。そのために死の床ってもんがある。

Ross: Yeah, okay.
 ああ、そうか。

Joey: All right, okay, now, we just have to make sure she doesn’t find out some other way. Did you think about the trail?
 よし、じゃあ、彼女がこれを知ってしまわないようにしないといけない。おまえ、その経路を考えたか?

Ross: What trail?
 なんの経路?

Joey: The trail from the woman you did it with to the woman you hope never finds out who did it! You always have to think about the trail!
 やっちゃった相手のコと、絶対にそれを知ってほしくないコとの間の経路だよ! いつもその経路のことを考えなきゃだめなんだよ!!

Ross: Oh, I don’t think there’s any trail.
 ああ。そんな経路はないと思うよ。

Chandler: Okay, okay-okay, ah, Chloe works with that guy Issac. Issac’s sister is Jasmine. And Jasmine works at that message place with Phoebe. And Phoebe’s friends with Rachel. And that’s the trail, I did it!
 よし、いいか、クロエはアイザックってやつと一緒に働いている。アイザックの姉はジャスミンだ。ジャスミンはフィービーと同じマッサージ店に勤めてる。フィービーはレイチェルと友達。経路がつながったぞ! やったね俺!

《モニカのベッドルーム》

Phoebe: After applying the Waxine and linen strips to leg number one,
 第1の足にワクシーンを塗って布を貼ったあと、

Monica: Did that!
 やったわよ!

Phoebe: Grasp one of the linen strips by its ‘easy grab tab’ and pull it off in one quick pain free motion.
 「簡単つまみタブ」で布をつかみ、痛みのない素早い動作で引きはがす。

Monica: Okay. . Ow!!!!! Ow-oh-oh!
 オーケー。(はがす)あうっ!イタタ!!

Phoebe: Was it not pain-free?
 痛みないんじゃないの?

Monica: No. It was painful. Oh, my God , they should call it Pain-zine, now with a little wax.
 あるわよ。痛みでいっぱいよ。オーマイゴッド! ワクシーンじゃなくて、イタジーンにするべきよ。ワックス入りのね。

Phoebe: Huh, well, the girls in the satin nighties on the commercial don’t seem to think it’s that bad.
 CMに出てたサテンのネグリジェの子、そんなに痛そうじゃなかったわよ。

Monica: That’s because their nerves are probably deadened from being so stupid. But hey, you know, if you don’t believe me, please, by my guest.
 それはあの子達あんまりバカで神経死んじゃってるのよ。でも、私を信じないんなら、どうぞ、やってみて。

Phoebe: Ow-ow-ow-ow! Oh, my God!!!
 (はがす)イタ、イタ、イタ、イタ! オーマイゴッド!!

Monica: Now, are you glad we didn’t start with the bikini strips?
 ほら、ビキニラインから始めなくてよかったでしょ?

《コピー店》

Ross: Chloe? Hi..
 クロエ? ハーイ。

Chloe: Is this about me taking your watch?
 時計取ったこと?

Ross: You took my watch?
 僕の時計取ったの?

Chloe: I’m sorry, I do that.
 ごめん。私やっちゃうんだ。

Ross: Just you keep it. Listen, did you, did you tell anyone about us?
 持ってていいよ。ねぇ、君、僕らのこと誰かに話した?

Chloe: Oh no. I feel it isn’t really anybody’s business, you know.
 ううん。そんなの他の人には関係ないことでしょ。

Ross: Exactly. So you didn’t, didn’t mention anything to Issac, right?
 その通りだ。じゃあ君、アイザックにも話してないね?

Chloe: Oh, I tell Issac everything.
 ああ、私アイザックにはなんでも話すの。

Ross: You tell, of course you do. Issac. Hey, Issac. Issac, hi! You know we haven’t actually met...
 もちろんそうだよね。(アイザックに)アイザック、ねぇ、アイザック、アイザック、どうも。初めて会ったよね。

Issac: You dog!
 しょうもない男!

Ross: Yes, I suppose I am a dog. But Issac, see, I happen to have a girlfriend.
 ああ、僕はしょうもない男だ。だけどアイザック、僕にはガールフレンドがいるんだ。

Issac: Oh, right, that Rachel chick from the coffee place.
 ああ、そうそう、コーヒーハウスのレイチェルってコね。

Ross: Yeah, that’s the one. Listen, I don’t want to hurt her.
 ああ、その子だ。聞いてくれ、彼女を傷つけたくない。

Issac: Oh, hey, man I know, doesn’t matter how much we love them, monogamy is too cruel a rule.
 ああ、そりゃそうだ。どんなに愛してるかってことは全然関係ない。一夫一婦ってのはひどいルールだぜ。

Ross: Yeah. Listen, can you keep this information to yourself?
 ああ、聞いてくれ、このこと誰にも話さないでくれる?

Issac: Aw, no problem dude. You know, we got to look out for each other. We’re the same, you and me.
 ああ、いいよ。俺たち互いに助け合わなくちゃな。同じなんだからな、おまえと俺。

Ross: Actually, no, we’re not.
 いや、実際、違う。

Issac: Yeah, we are.
 いや、一緒。

Ross: No, we’re not.
 いや、違う。

Issac: Yeah, we are.
 いや、一緒。

Ross: No, we’re not.
 いや、違う。

Issac: Okay, we’re not.
 ああ、違う。

Ross: Right.
 そう。

Issac: But, we are.
 でも一緒。

Ross: Fine. I just need to know that you’re not gonna tell your sister.
 もういいよ。君がねえさんに言わないでくれるって確認したかったんだ。

Issac: I can promise not to tell her again.
 約束するよ、もう2度と話さないって。

《フィービーの店:ジャスミンと話すロス》

Ross: Jasmine?
 ジャスミン?

Jasmine: Uh-huh.
 ええ。

Ross: We met at Phoebe’s birthday party, I’m Ross Geller.
 フィービーのバースデーパーティで会ったよね。僕はロス・ゲラー。

Jasmine: You did a bad thing!
 あなた悪いことした!

Ross: Yes, I did.
 ああ、そうだ。

Jasmine: Very bad!
 すごく悪い!

Ross: Very bad.
 すごく悪い。

Jasmine: Very, very bad.
 すごくすごく悪い!

Ross: I’m agreeing with you. Did you, listen, did you happen to tell Phoebe yet?
 まったく賛成だよ。ね、君もしかして、フィービーに話した?

Jasmine: No.
 いいえ。

Ross: Okay, Jasmine, please, please don’t. I love my girlfriend very much, and I want more than anything to just work it out with her. Okay?
 そうか、ジャスミン、お願い、お願いだから話さないでくれないか。僕、ガールフレンドをすごく愛してるんだ。何よりも、彼女とうまくやっていきたいんだ。頼むよ。

Jasmine: All right.
 わかった。

Ross: Thank you, thank you.
 ありがとう、ありがとう。

Jasmine: But you should probably talk to my roommate, because I told him and he knows Phoebe too.
 でも私のルームメイトに話した方がいいわよ。私彼に話したし、彼レイチェルを知ってるから。

Ross: Who’s your roommate?
 君のルームメイトって?

《セントラルパーク》

Ross: Gunther! Gunther, please tell me you didn’t say anything to Rachel about me and the girl from the copy place.
 ガンター! ガンター! 頼むよ、君レイチェルにコピー店の子と僕のこと話してないよね?

Gunther: I’m sorry. Was I not supposed to?
 悪かったね。話しちゃいけなかった?

(がっくりして振り向くと窓際の席にレイチェル)

《モニカのベッドルーム:剥がす2人》

Monica: Ow!
 イタッ!

Phoebe: Oh!!
 イタッ!

Monica: Ow!! Ow!!
 イタッ! イタッ!

Phoebe: Ow!!!
 イタッ!

Monica and Phoebe: Ow!!!!!!! Ow-ow-ow-ow!
 イタッ! イタッ! 痛ーーーい!!

(チャンドラーとジョーイがフライパンややかんを持って走ってくる)

Phoebe: We’re all right.
 大丈夫よ。

Monica: It’s okay, it’s okay.
 平気。平気。

Phoebe: We’re all right.
 大丈夫。

Monica: We were just waxing our legs.
 私たち、ただ脱いてただけ。

Chandler: Off?!!
 足を?

Phoebe: For your information, this happens to be a pain like no man will ever experience.
 言っておきますけど、これは男には経験のない痛みなのよ。

Chandler: Yeah, well I don’t think you can make that statement, unless you’ve been kicked in an area that God only meant to be treated nicely.
 そんなこと言えないんじゃないか。君らは、神がやさしく扱うように作ったあのエリアを蹴られた経験なんてないんだから。

Joey: Yeah, I think that women just have a lower threshold of pain than men, that’s all. I mean, come on, it’s just a little wax.
 そうだよ。女性は痛みに対する耐性が男より低いと思うな。それだけのことさ。だってたかがワックスだろ。

Phoebe: Oh yeah? Come here.
 あらそう? 来て(ジョーイの腕にワックスを塗り布を貼る)

Chandler: Oh, that’s mature.
 ああ、オトナだね。

Joey: Okay, fine, so now what, I just pull it off?
 ああ、いいさ。それでなに? これを剥がせばいいの?

Phoebe: Uh-huh.
 そうよ。

Monica: That’s right.
 その通り。
(ジョーイは剥がし、痛みの声を我慢する)

《モニカの部屋:レイチェルとロスが帰ってくる》

Ross: Come on, Rachel, come on! Talk to me! Please!!
 頼むよ、レイチェル、頼むよ! 話してくれ! 頼むよ!

《モニカのベッドルーム:レイチェル達の声が聞こえる》

Rachel: I can’t talk to you. I can’t even look at you right now!
 話したくない。あなたを見たくもない!

Monica: What?
 なに?

Chandler: Nothing, nothing.
 何でもない、何でもないよ。

Monica: Rachel said everything was okay.
 レイチェル大丈夫だって言ってたのに。

Phoebe: What are they talking about?
 あの2人なに話してるの?

Ross: Rachel?
 レイチェル?

《ロスとレイチェル》

Rachel: Just get away from me!
 あっちへ行ってよ!

Ross: No, it was a mistake! I made a mistake! Okay?
 いやだよ。あれは間違いだった。僕が間違っていたんだ。

Rachel: A mistake?! What were you trying to put it in? Her purse?!
 間違い? 何を間違えてそうなったの? バッグにでも入れるつもりだった?

《モニカのベッドルーム》

Phoebe: Whe-where did he put it?!
 な・・どこに入れちゃったの?

《ロスとレイチェル》

Rachel: Ross, you had sex with another woman!
 ロス、あなた他の女とセックスしたのよ!!

《モニカのベッドルーム》

Monica: Oh, my God.
 オーマイゴッド・・

Phoebe: Oh, I knew something had to be wrong, because my fingernails did not grow at all yesterday.
 ああ・・なにかがおかしいってわかってたわ。昨日一日、爪が全然のびなかったもの。

Chandler: Yeah, well, I guess they had a fight, and he got drunk....
 ああ・・あの2人ケンカしたんだな。それでやつは酔っぱらって・・

Monica: Oh!! . . You guys knew about this and you didn’t tell us?!
 もうっ!(2人の頭を叩く)あなた達、知ってて私たちに何も言わなかったわね?!

Chandler: He has sex, and we get hit in our heads.
 やつがエッチして、俺たちが頭叩かれる・・。

《ロスとレイチェル》

Rachel: You know what, I want you to leave! Get outta here!
 ねぇ、帰ってちょうだい。出てって!

Ross: No!!
 イヤだよ!

Rachel: Just get out! Now!!
 出てって! 今すぐ!

Ross: No!! No!! I wanna stay. I wanna talk about this.
 イヤだ。イヤだ! ここにいる。話し合いたい。

Rachel: Okay! All right! How was she?
 そう! いいわよ! 彼女どうだった?

《モニカのベッドルーム》

Chandler: Uh-oh.
 おっと。

《ロスとレイチェル》

Ross: What?
 なに?

Rachel: Was she good?
 彼女よかった?

《モニカのベッドルーム》

Joey: Don’t answer that.
 そんなの答えるな。

《ロスとレイチェル》

Rachel: Come on, Ross! You said you wanted to talk about it, let’s talk about it!! How was she?
 言いなさいよ、ロス! 話したいって言ったでしょ、話しましょうよ! 彼女どうだったのよ?!

Ross: She was...
 彼女は・・

《モニカのベッドルーム》

Joey: Awful! Horrible!
 ひどい! 最悪!

Chandler: She was not good. Not good.
 よくなかった。よくなかった。

Joey: She was nothing compared to you.
 君と比べたら何でもない。

《ロスとレイチェル》

Ross: She, she was different.
 彼女は君とは違う。

《モニカのベッドルーム》

Joey: Ewwwww!
 うーっ!

Chandler: Uh-oh.
 あう!

《ロスとレイチェル》

Rachel: Good different?
 違ってよかった?

Ross: Nobody likes change.
 誰も変化は好きじゃない。

(新聞でロスを叩くレイチェル)
Ross: What? Okay, okay, okay, okay.
 えっ? オーケー、オーケー、オーケー。。

《モニカのベッドルーム》

Phoebe: Should we do something?
 私たち何かするべき?

Chandler: Yeah, never cheat on Rachel.
 ああ。絶対レイチェルを裏切るな。

《ロスとレイチェル》

Ross: I’m sorry, okay, I’m sorry. I wa-I was disgusted with myself, and this morning I was so, I was so upset and then I got your message and I was so happy, and all I wanted was to get her out of my apartment as fast as possible.
 悪かったよ。ね、悪かった。自分でもイヤになるよ。今朝は本当に気が動転して、それで君のメッセージを聞いてうれしくて、ただ早く彼女を部屋から出したい一心だった。。

Rachel: Whoa!! Whoa, whoa, wait a minute. What time did your little friend leave? . . Oh, my God. She was there? She was still there? She was in there, when I was in there?!
 ちょっとちょっとちょっと! ちょっと待って。その彼女って、いつ出てったの? (答えられないロス)オーマイゴッド・・彼女そこにいたの? 彼女まだいたの? 私が行った時、彼女まだいたっていうの?!

(ロスは自ら新聞を彼女に渡し、叩かれる)
Ross: Listen. Oh hey, hey, the important thing was that she meant, she meant nothing to me!
 聞いて、ね、大事なことは、彼女なんて僕にはなんの意味もないってことだ。

Rachel: And yet she was worth jeopardizing our relationship!!
 それでも私たちの関係を危機にさらすくらいの価値があるのよね!!

(新聞を投げ、モニカのドアに当たってビックリするモニカ達)

Ross: Look, I didn’t think there was a relationship to jeopardize. I thought we were broken up.
 いい? 僕は、危機にさらす関係ってものがあるとも思えなかった。僕ら別れたと思ったんだ。

Rachel: We were on a break!
 距離を置いただけよ!

Ross: That, for all I knew would, could last forever. That to me is a break-up.
 僕にわかるのは、それは永久に続くかもしれないってことだ。だったらそれは別れたのと同じだ。

Rachel: You think you’re gonna get out of this on a technicality?
 あなたそういう細かいことを言って逃れるつもり?

Ross: Look, I’m not trying to get out of anything, okay. I thought our relationship was dead!
 そんな逃れるつもりなんてなにもないよ。僕らの関係は死んでしまったと思ったんだ。

Rachel: Well, you sure had a hell of a time at the wake!
 あら、とんでもないお通夜をしたようね!

《モニカのベッドルーム》

Joey: You know what, I don’t think we should listen to this anymore.
 なぁ、これ以上聞いてちゃいけないんじゃないか?(ドアを開けようとする)

Monica: What, what are you doing? You can’t go out there.
 何をする気? 出ていけないわよ。

Joey: Why not?! I’m hungry.
 なんで? 腹減ったよ。

Monica: Because they’ll know we’ve been listening.
 私たちが聞いてたってわかっちゃうじゃない。

《ロスとレイチェル》

Rachel: God! And to have to hear about it from Gunther!!
 ああ! しかもそれをガンターから聞くなんて!!

Ross: Come on! Like I wanted him to tell you, I ran all over the place trying to make sure that didn’t happen!
 彼から聞かせたくなんてなかったよ。そういうことが起きないようにって、走り回ったんだ。

Rachel: Oh, that is so sweet. I think I’m falling in love with you all over again.
 あらまぁ、優しいこと。私もう一度あなたに恋しちゃいそう。

《モニカのベッドルーム》

Chandler: You know what, I think we can go out there. I mean they have more important things to worry about.
 なぁ、出ていっていいんじゃないか? あの2人俺たちのことよりもっと大事なことがあるよ。

Joey: Yeah, we’ll be fine.
 ああ、そうさ。大丈夫だよ。

《ロスとレイチェル》

Ross: Look Rachel, I wanted to tell you, I thought I should, I-I did, and then Chandler and Joey convinced me not to.
 ねぇ、レイチェル、僕だって話したかったんだ。話すべきだと思った。でも、チャンドラーとジョーイが話すなって言ったんだ。

《モニカのベッドルーム》

Chandler: Wax the door shut, we’re never leaving, ever.
 ワックスでドア封鎖しろ。ここを絶対に出ていかない。絶対。

(フィービーが電話をしている)
Phoebe: Hi, it’s Phoebe. Listen, someone’s gonna have to take my 9:00 with Mr. Rehak, ‘cause it’s like 9:15 now, and I’m not there.
 どうも、フィービーですけど。ね、私の9時のお客さんのリハックさん誰か代わってくれないかしら。もう今9時15分だけど、私そこにいないから。

《ロスとレイチェル》

Ross: Don’t you realize none of this would’ve ever happened if I didn’t think at that same moment you weren’t having sex with Mark?
 君がマークとセックスしてると思わなかったら、こんなことは起きなかったってこと、わかってくれないか。

Rachel: All right. Let’s say I had slept with Mark. Would you have been able to forgive me?
 あらそう。じゃ、マークと寝たとしましょう。あなた私を許せる?

Ross: Yes, I would.
 ・・ああ。許せる。

Rachel: You’d be okay if you knew that Mark had kissed me, and been naked with me, and made love to me?
 もしマークが私にキスしたと知っても、そして彼が裸で私と一緒にいても、愛しても、それでも大丈夫?

Ross: Yes.
 ・・ああ。

Rachel: You knew that our hot, sweaty, writhing bodies were....
 私たちの熱い体が汗を流し、燃える体が・・

Ross: La-la-la-la-la-la-la-la-la-la! Okay, okay, yeah, I would have been devastated but, I would still want to be with you. Because it’s, I mean it’s you.
 (耳をふさぐ)ラララララララララ・・・! わかった、わかったよ。そりゃひどく落込むよ。でも、それでも僕は君といるよ。だって、相手は君なんだもの。

《モニカのベッドルーム》

All: Ohhhhh!
 ああ!

《ロスとレイチェル》

Ross: What? Come on, Rach, tell me what you’re thinking?
 なに? レイチ、今何を考えてる?

Rachel: I’m thinking, I’m gonna order a pizza.
 考えてるの・・ピザ取ろうかって。

Ross: Order a pizza like, ‘I forgive you?’
 ピザとって許すって感じ?(にらむレイチェル)

《モニカのベッドルーム》

Joey: Oh man, pizza? I like pizza. . . Put olives on the pizza.
 なんだって、ピザ? ピザ好きなのにな・・(テレパシー送るふり)ピザにオリーブを・・・

Phoebe: We could eat the wax! It’s organic.
 ワックス食べられるじゃん! オーガニックよ!

Chandler: Oh, great, food with hair on it.
 すばらしいね。毛のついた食べ物。

Phoebe: No, not the used wax.
 違う、使ったワックスじゃないわよ。

Chandler: Because that would be crazy?
 使ったやつだったら変ってこと?

《ロスとレイチェル》

Ross: Hey, can I, can I get in on that? Because I’m kinda hungry myself.
 ねぇ、僕も・・僕も一緒にいい? 僕もおなかすいた感じ。

Rachel: Fine. (on phone) Hi! Yes, I’d like to order a large pizza.
 わかったわよ。(電話で)どうも、ラージピザをひとつ頼みたいんだけど。

Ross: No anchovies.
 アンチョビなしで。

Rachel: With ah, extra anchovies.
 アンチョビ追加で。

Ross: That’s okay, I’ll just pick them off.
 いいよ。よけてたべるから。

Rachel: Yeah, and could you please chop some up and just put it right there in the sauce?
 そう。それで、こまかく刻んでソースに混ぜちゃってくれる?

(ピザを食べている2人)
Ross: You can have the last piece, if you want.
 最後の欲しかったら食べていいよ。

Rachel: Well, I should think so. You slept with someone.
 もちろんそうよね。あなた他の人と寝たんだものね。

《モニカのベッドルーム:ワックスをなめている》

Phoebe: They’re gonna get through this, aren’t they?
 あの2人元通りになれるわよね?

Chandler: Yeah, come on, it’s Ross and Rachel, they’ve got too.
 ああ、そうさ。だってロスとレイチェルだぞ。そうならないと。

Monica: What if they don’t?
 もしそうならなかったら? (沈黙)

Joey: You think I need a new walk?
 俺新しい歩き方にした方がいいと思わないか?

Chandler: What?
 は?

Joey: Well, you know, I’ve been walking the same way since high school. You know, how some guys they walk into a room and everybody takes notice? I think I need a ‘take notice’ walk.
 いや、ほら、高校の時から同じ歩き方だからさ。時々、部屋に入ってきただけで、人の注目を浴びるやつっているだろ? 俺も、「気づかれる歩き」ってやつがほしいな。

Chandler: Are you actually saying these words?
 おまえそれ本当にしゃべってんの?

《ロスとレイチェル》

Ross: What, now you’re not even talking to me? Look Rachel, I-I’m sorry, okay? I’m sorry, I was out of my mind. I thought I’d lost you, I didn’t know what to do. Come on! Come on, how insane must I have been to do something like this? Huh? I don’t cheat, right? That’s not me, I’m not Joey!
 なに? もう話してくれないの? ねぇ、レイチェル、悪かった、ね、本当に悪かった。どうかしてたんだ。君を失ったと思ってた。どうしていいかわからなかったんだ。頼むよ、頼む。こんなことするなんて、僕がどんなにおかしくなってたかってことだよ。ね? 僕は裏切る奴じゃない。だろ? 僕のすることじゃない。僕はジョーイじゃないんだ。

《モニカのベッドルーム》

Joey: Whoa-ho-ho! . . . Yeah, okay.
 おいおいおい! ・・・そうだな、まいいか。

Monica: Hey. It’s three in the morning. They don’t know that I’ve come home yet. You notice how neither one of them are wondering where I am?
 ねぇ、夜中の3時よ。あの2人私が帰ってきてること知らないのよ。2人とも、私のこと心配しないのね?

Phoebe: Yeah, you know, people can be so self-involved.
 そうね。人って自分の事しか考えられないものなのね。

《ロスとレイチェル》

Ross: You know what, you know what, I’m-I’m not the one that wanted that, that break, okay. You’re the one that bailed on us. You’re the one that, that ran when things got just a little rough!
 レイチェル、別れるってことを言いだしたのは君だよ、そうだろ。君が僕ら2人の関係を放り出したんだ。ちょっと大変になったからって、逃げ出したのは君の方だよ。

Rachel: That’s....
 それって・・

Ross: That’s what?!
 それってなに?

Rachel: That is neither here nor there.
 どうでもいいわ。

Ross: Okay, well here we are. Now we’re in a tough spot again, Rach. What do you want to do? How do you want to handle it? Huh? Do you wanna fight for us? Or, do you wanna bail? Look, I, I did a terrible, stupid, stupid thing. Okay? And I’m sorry, I wish I could take it back, but I can’t. I just can’t see us throwing away something we know is so damn good. Rachel, I love you so much.
 でも僕らはまたここにいる。こうしてまた難しいことになってる、レイチ。どうしたい? これをどうする? 僕らのために闘う? それとも、放り出す? ねぇ、僕は本当にひどいことを、バカなことをした。本当に悪かった。なかったことにしたいけど、そうできない。だけど、僕ら2人は最高なのに、それを捨て去るなんてできない。レイチェル、本当に愛してるんだ。(キス)

Rachel: No! Ross!! Don’t! You can’t just kiss me and think you’re gonna make it all go away, okay? It doesn’t work that way. It doesn’t just make it better. Okay?
 イヤよ、ロス! やめて! キスして過ぎ去ったことにはできないわ。いい? そういうことじゃないの。そんなことでよくならない。わかる?

Ross: Okay, okay, okay.
 わかった、わかった、わかった。

Rachel: I think you should go.
 もう帰って。

Ross: What?
 え?

Rachel: I really think you need to go now.
 本当に、もう帰ってほしいの。

Ross: Okay, okay. This morning you said there was nothing so big that we couldn’t work past it together...
 ねぇ、今朝君は、僕らに乗り越えられないことなんてないって言ったよね。

Rachel: Yeah, what the hell did I know!
 そうね、何も知らなかったものね!

Ross: Look, look, there’s got to be a way we can work past this. Okay, I can’t imagine, I can’t imagine my life without you. Without, without these arms, and your face, and this heart. Your good heart, Rach, and, and....
 聞いて、僕らこれを乗り越える何か手段があるはずだよ。ね、考えられないよ。君なしの人生なんて考えられない。この腕、この顔、君のハートなしで・・君の優しいハート。レイチ・・

Rachel: No. I can’t, you’re a totally different person to me now. I used to think of you as somebody that would never, ever hurt me, ever. God, and now I just can’t stop picturing with her, I can’t, it doesn’t matter what you say, or what you do, Ross. It’s just changed, everything. Forever.
 ダメ。無理よ。私にとって、あなたは別の人になってしまった。あなたは、私を絶対傷つけない人だと思ってた。絶対によ。ああ。でも今はあなたがあの人と一緒のところを思わずにはいられない。・・無理だわ。あなたが何を言っても、何をしてくれても。ロス、もう変わってしまったのよ。何もかも、永遠に。

Ross: Yeah, but this can’t be it, I mean.
 だけど、こんなことってありえないよ。

Rachel: Then how come it is?
 じゃあなぜこんなことに?

《モニカのベッドルーム》

Phoebe: They’ve been quiet for a long time.
 ずいぶん長い間静かよね。

Joey: Maybe she killed him?
 やつを殺したかな?

Chandler: Let’s go.
 行こう。

(レイチェルはカウチで寝ている。ロスはいない。ジョーイは妙な歩き方)

Chandler: Is that your new walk?
 それがおまえの新しい歩き方?

Joey: No, I really have to pee.
 違う。オシッコしたいの。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:46| Comment(0) | Season3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

3-15 The One Where Ross and Rachel Take A Break

3-15 別れようというロスとレイチェルの話

 ☆恋の行方(前編)☆

《モニカ達の部屋》

Joey: Hey, how much will you give me to eat this whole jar of olives?
 ねぇ、このビン入りオリーブ全部食べたらいくらくれる?

Monica: I won’t give you anything, but you’ll owe me 2.95.
 なにもあげないわよ。2ドル95払って。

Joey: Done.
 わかった。

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey. I need an atlas! I need an atlas!
 ねぇ! 地図がいる!地図がいる!

Monica: Why? Do you have a report due?
 なんで? 宿題の提出?

Phoebe: I have a date with this diplomat I met while I was giving free massages outside the U.N. and, I don’t know where his country is.
 国連の前で無料でマッサージしてる時に出会った外交官とデートなの! でも彼の国がどこなのかわからなくて。

Monica: Okay, let’s start with the at the U.N.
 国連の前でってとこから話しましょうか。

Phoebe: Oh!! It’s my new thing. I figure "Bodies at peace make peace."
 ああ、それね、最近始めたの。「心地よい体は平和の源」と思ってね。

Monica: Wow! You might just get the first Nobel prize in rubbing. So what country is this guy from?
 ワオ! マッサージ部門での初のノーベル賞受賞かもね! それで、彼ってどこの国の人?

Phoebe: ..... There’s a ‘g’ in there.
 ・・・(?)・・名前に「g」 があった。

Monica: Where’s that?
 どこにあるの?

Phoebe: In your atlas!
 あなたの地図の中!

Monica: I don’t have an atlas.
 地図持ってないわ。

Phoebe: Oh.
 あら。

Monica: Oh, but wait I do have a globe. Hold on.
 あ、地球儀ならあるわ。ちょっと待って。

Joey: So Pheebs, what’s this guy like?
 フィーブス、どんな感じの人?

Phoebe: Umm, well, he’s very dashing, you know? And umm, very, very sophisticated, and he doesn’t speak any English, but according to his translator, he totally gets me.
 うーん、かっこいいのよ。それから、とってもとっても洗練されてて、英語は全然しゃべれないけど、通訳の人によると、私を大好きなの。

Monica: Okay, here you go.
 あったわ。ほら。

Phoebe: What is this?
 これなに?

Monica: It’s a globe. . And a pencil sharpener.
 地球儀よ。・・それと鉛筆削り。

(チャンドラーが来る)
Chandler: Hey, anybody need anything copied? I’m going down to the Xerox place.
 誰か、コピーしてほしいものない? コピー屋に行くんだけど。

Monica: Oh, no thanks.
 いいえ、ないわ。

Chandler: Okay listen, just give me anything I can make two of.
 いいか、何かコピーできるものをくれ。

Monica: Well, if you don’t have anything to copy, why are you going down there?
 何もコピーするものがないんなら、なんでそこ行くのよ?

Joey: Yeah, are you just going down there to gawk at that hot girl with the belly button ring again?
 おまえまた、へそピアスのあのホットな女の子をボーッと見るために行く気?

Chandler: Yeah! You wanna come?
 ああ! おまえも行く?

Joey: Yeah!
 ああ!

《ゼロックス店》

Chandler: Come on, Chloe! Finish up with your customer first. Come on, Chloe! Come on, Chloe!!
 頼む、クロエ! 先に接客終われ! 頼む、クロエ! 頼む、クロエ! 頼む、クロエ!

Issac: Can I help you?
 いらっしゃいませ?

Chandler: Uh-oh.
 あっと・・。

Joey: Uh, you know what? We’re having second thoughts about our copying needs. And we’ll need a little more time to think about it.
 ああ、あのね、俺たち、コピーするかどうか考え直してるから、ちょっと時間かかるよ。

Issac: Chloe, switch with me, there’s some guys here that got a crush on you.
 クロエ、代わってくれ。おまえ目当てのやつらが来てるぞ。

Chandler: Okay, that hurt us.
 あらら。カッコ悪。

Chloe: Hi, guys. I haven’t seen you since this morning.
 どうも! 今朝会ったわね。

Chandler: Well ah, ........you know.
 いやぁ、まぁ。

Chloe: Hey, what are you guys doing tomorrow night?
 ねぇ、明日の夜何してる?

Joey: Both of us?
 俺たちふたりとも?

Chloe: Maybe. Does that scare you? . . . Relax. It’s just Issac’s D.J.-ing at The Philly. You should come.
 かもね。びびる? (2人おろおろ)落ち着いて。アイザックがフィリーでDJするのよ。来ない?

Joey: We’ll be there.
 行くよ。

Chloe: Great. I’ll ah, see then.
 よろしい。じゃあその時にね。

Chandler: All right, rock on.
 よし。いただきだぜ!(言って恥ずかしくなって顔を隠す)

《通り:セルゲイと歩くフィービー》

Mischa: He’s says that walking with you makes this strange city feel like home.
 あなたと歩いていると、この知らない街もふるさとのように感じる。とのことです。

Phoebe: Me too. Although this city is my home, so. So that’s dumb what I said, don’t tell him I said that. Just, you make something up. . . . Nice. . . Thank you. This is me. Here.
 私もよ。でもここは私のふるさとだけどね。だからバカみたいだから言わないでいいわ。なんか上手に言っといて。(ミーシャが何か言うと、セルゲイがフィービーの手にキス)素敵。(ミーシャに)ありがと! ・・私の家よ。ここなの。

Mischa: Your eyes are very pretty.
 「あなたの目がとてもかわいい」

Phoebe: Thank you, very much! Oh! . . Thank you!
 (ミーシャに)うれしいわ、ありがとう! あっ! (セルゲイに)ありがとう!

Mischa: He would like to kiss you.
 彼は、あなたにキスしたいです。

Phoebe: Okay, you know what, you don’t have to do that now. (Mischa translates that to Sergei) No-no-no-no!! Not him, you don’t! . . . The moment’s over.
 ねぇ、ここは何もしなくていいわよ。(ミーシャがそれをセルゲイに通訳しようとしたので)違う違う違う! 彼のことじゃないわ。あなたよ。・・・しらけちゃったわ。

(キスをするセルゲイとフィービー)
Phoebe: Oh.
 おお。

Mischa: Oy!
 「おい!」

《モニカ達の部屋:地球儀を見ている》

Phoebe: See, there it is, right there.
 ほら、ここにあるわ。ここよ。

Monica: Wow! It’s small.
 ワオ。小さいわね。

Phoebe: Yeah. But Sergei said it took the Germans six weeks to get all the way across it.
 ええ。でもセルゲイは、ドイツ軍が横断するのに6週間かかったって。

Monica: So you had fun, huh?
 それで、楽しかったのね?

Phoebe: Yeah. Except for, you know when you’re on a date and you’re getting along really great but the guy’s translator keeps getting in the way.
 ええ。でもほら。わかるでしょ? デートしてすごく楽しんでいても、相手の通訳がしょっちゅう割り込んでくるの。

Monica: No.
 わかんない。

(ロスが来る)
Ross: Hey.
 やぁ。

Phoebe and Monica: Hey.
 ヘイ。

Ross: What is ah, Rach in her room?
 レイチェルは? 部屋にいる?

Monica: Oh no, she’s still at work, but she told me to tell you to call her.
 いいえ。彼女まだ仕事よ。電話ちょうだいって。

Ross: Oh what?! Is she gonna cancel on me again?! How can she do this? Doesn’t she know it’s our anniversary?
 なんだって? またキャンセルされるのか? どうしてこんなことできる? 僕らの記念日だって知らないのか?

Monica: All right, Ross, this is the extent of my knowledge on the subject. Call Rachel.
 いい? ロス、これが私の知ってるすべてよ(メモを見せて)レイチェルに電話して。

Ross: What’s that on the bottom?
 一番下にあるのなに?

Monica: Oh that’s my doodle of a ladybug, with a top hat. She’s fancy.
 それはてんとう虫の落書きよ。かわいいのよ。

《会社で電話に出るレイチェル》

Rachel: Hello.
 もしもし。

Ross: Hey, honey.
 やぁ。レイチェル。

Rachel: Oh, hi.
 あら、ハーイ。

Ross: Hey, what’s going on?
 ねぇ、どうなってる?

Rachel: Well, there was a disaster in shipping and I’ve got to get this order in. Honey, I’m so sorry, but it looks like I’m gonna be here all night.
 それが、大変なの。商品送付でトラブルがあって、私はそのオーダーを通さないといけないの。ねぇ、本当にごめんなさい。でも一晩中ここにいなきゃならない感じなの。

Ross: What, do you, well, how about I come up there?
 なんだって? それじゃ・・じゃあ僕がそっちへ行こうか?

Rachel: No-no-no, no, honey please, I’ve got, I’ve just have so much to deal with.
 ダメダメダメ。お願い。こっちで精一杯なの。

《モニカ達の部屋》

Phoebe: Anyway, I’m going out with Sergei again tonight. Could you come and be the translator’s date? So that when we, it’s time for our alone time, you two could split off. You know, he’s really, he’s kinda cute.
 とにかく、今夜もう一度セルゲイと出かけるんだけど、あなた通訳さんのデートとして来てくれない? そうすれば、私たちが2人きりになりたい時、あなた達がいなくなるでしょ。ね? 彼は本当にキュートって感じよ。

Monica: Yeah, well kinda cute, like really kinda cute, or kinda cute like your friend Spackle-Back Larry?
 うーん。キュートって感じって、本当にキュートって感じなのか、それとも、スパックル・バック・ラリーみたいなキュートって感じ?

Phoebe: Hey, don’t call him that! His name is Spackle-Back Harry!
 ちょっと。彼のことそんなふうに言わないで。彼の名前はスパックル・バック・ハリーよ!

《セントラルパーク:チャンドラーとジョーイ》

Chandler: Hey, you know what? Maybe we should get going. I mean what time did Chloe say we should be there?
 なぁ、もう行った方がいいんじゃないか? クロエは何時に来ればいいって言ってたっけ?

Joey: Uh, 10:30.
 10時半。

Chandler: What time is it now?
 今何時?

Joey: 4:30.
 4時半。

Chandler: Yeah, all right, so we’ll hang out.
 そうか。じゃあここで時間つぶそうか。

Joey: Yeah. Hey, remember when she brought up that thing about the three of us?
 ああ。なぁ、彼女が俺たち3人でみたいなこと言ってたの覚えてる?

Chandler: Yes. Vividly.
 ああ。鮮明に。

Joey: She was kidding about that, right?
 冗談だよな。

Chandler: Yeah, I think so. . . Yeah, I think so...
 ああ。そうだよ。(考え込む)ああ。そうだよ。

Joey: God, that would be weird if that situation presented itself tonight, huh?
 ああ。今夜そんなことが起きたら変だよな?

Chandler: Yeah. Yeah, I mean, what, what would we do?
 うん。うん。そうなったらどうしよう?

Joey: Dude, I don’t know.
 知るもんか。

Chandler: She was kidding.
 彼女はふざけただけだよ。

Joey: Yeah.
 ああ。

Chandler: But you know what? Just in case, maybe we should have come up with a set of ground rules.
 でもさ、念のために、基本ルールを決めておかないか?

Joey: Yeah, for sure. Okay. Probably want the first thing to be, never open your eyes. You know? Because you don’t want to be doing something and then look up and see something you don’t want to be seeing.
 ああ、そうだな。よし、まず第一に、絶対目を開けない。だろ? だって何かしていてふと見たら、見たくないものを見てしまうなんていやだろ。

Chandler: Yeah. Good call, nice one. Hold it!! Hold it! What if me eyes are closed, and, and my hand is out there....
 ああ。それいいな、うん。ちょっと待てちょっと待て! もし目を閉じていて、それで手が・・ほら・・

Joey: Ah!! Okay! Eyes open at all times! Oh, hey, how do we decide where we... you know, each would, , you know, , , be?
 ああっ! そうだな。目はいつも開けておく! おい、それと、俺たちどうやって決める? その俺たちどっちが・・その・・わかるだろ?

Chandler: Right. Right. Well, you know, we could flip for it.
 そうだな、そうそう。コインで決めたらどうだ?

Joey: Yeah, I guess, but like what’s heads and what’s tails?
 ああ、そうだな。でも、どっちが表でどっちが裏?

Chandler: Well, it you don’t know that, then I don’t want to do this with you.
 おい、おまえそれもわからないなら、おまえとするのイヤだ。

《レイチェルのオフィス》

Rachel: No, no, no, I’m looking at a purchase order right here and it clearly states that we ordered the Rivera bikini in a variety of sizes and colors. And.... What does it matter, what I’m wearing?! Can I please speak to your supervisor? . . Thank you. . . We’re holding.
 (電話で)いえいえいえ、私は今ここに注文書を持ってますけど、リベラ・ビキニのいろんな色とサイズを頼んでるのは明らかです。それで・・・私の着てるものが何の関係があるんですか? スーパーバイザーの方と話せます? どうも。(ソフィーに)保留よ。

(ロスがバスケットを持ってくる)
Ross: Hi!
 やぁ!

Rachel: Oh!! My God, what are you doing here?
 まぁ! なに? 何してるの?

Ross: Well, you said you couldn’t go out so....
 君が出られないっていうから、ほら(バスケットの中を見せる)

Sophie: You brought a picnic, oh, what a boyfriend. That’s it. On Monday I start wearing make-up.
 ここでピクニックなのね! なんてボーイフレンドなの。決めた。月曜日から化粧しようっと。

Rachel: Ross, honey, this is very nice, but, but I-I got a crisis.
 ねぇロス、すごくうれしいけど、でもここ大変なの、クライシスなの。

Ross: Yeah, but I got couscous!
 ああ、でも僕が持ってきたのはクスクス

Rachel: Honey, honey, I’m sorry, I know it’s our anniversary but I told you on the phone I don’t have time to stop.
 ねぇ、本当にごめんなさい。私たちの記念日ってわかってるけど、電話でも言ったでしょ、私時間がないのよ。

Ross: Okay, you don’t have to stop, I’m invisible, I’m not here.
 いいよ、それでも。僕は透明だよ。ここにいないよ。(キャンドルに点火)

Rachel: But I don’t, hmm... Oh, who approved that order?! . . Well there is no Mark Robbinson in this office. . . Get me Mark on the phone!
 でも私は・・(電話で)えっ、その注文は誰が承認したんですか? こちらには、マーク・ロビンソンってものはいませんけど(ソフィーに)マークに電話して!

Sophie: I love Mark. . . Do you know Mark?
 マーク大好き! (ロスに)マーク知ってる?

Ross: Yeah!!
 ああ!

Rachel: Well, let me just check that with what I got here, all right. See, 038 is not the number for this store, 038 is Atlanta. And I...
 私がここに持ってるものと照らし合わせてみましょうか。038は店番号じゃないですよ。038はアトランタで、それで・・(ロスがコショウをガリガリうるさい)

Ross: Pepper?
 こしょうかける?

Rachel: None for me.
 いらない!

Ross: Okay, sorry, whew.
 それは失敬!

Rachel: I’m sorry, as I was saying the store number is wrong, and I’m sorry but that’s... Oh, my God!!
 (電話)失礼。さきほども言いましたように、店番号が間違っていて、申し訳ないけど(火があがっているのに気づく)まぁ大変!!

Ross: Okay. Oh yeah. Oh yeah.
 ああ、大丈夫、はい、はい。(水をかけて消す)

Rachel: Excuse me, I’m sorry, I’m gonna have to call you back, I’ve got a Shemp in my office. . . What are you doing?
 ちょっとすみません、かけ直します。うちのオフィスにおかしな人が来たもんですから・・(電話を切り、ロスに)何してるの?

Shemp = コメディアン)

Ross: I’m sorry. But hey, oh, somebody’s off the phone, how about a glass of wine by the fire, I can get it going again.
 ごめんよ。でも、ほら、電話終わったんなら、火のそばでワインなんかどう? もう一回火をつけてさ。

Rachel: Ross, you’re not listening to me, I don’t have time to stop.
 ロス、聞いてないの、時間がないのよ。

Ross: Come on, Rach, you don’t have what, ten minutes?
 なんだよ、レイチ。時間がないって、10分もないっていうの?

Rachel: I don’t have ten minutes!!
 10分なんてないわよ!

Ross: What? (to Sophie) Sophie, does she have ten minutes?
 なに? (ソフィーに)ソフィー、彼女10分もないのかな?

Rachel: Hey, Ross!!! I told you I don’t!
 ちょっと、ロス! 時間ないって言ってるでしょ!

Ross: Don’t yell at me okay, this is the most I’ve seen you all week.
 どならないでくれよ、今週これが一番長く君といる時間なんだぞ。

Rachel: Look, I cannot do this right now, okay? I’ve got a deadline. Would you just go home, I’ll talk to you later. (storms out)
 いい? こんなことしてる時間ないのよ。締め切りがあるの。とにかく帰って。後で話しましょう(出ていく)

Ross: Yeah, but wait...
 だけどちょっと・・

Rachel: Good bye!
 さよなら!

(不機嫌にその辺のものをバスケットに放り込むロス)
Sophie: Actually, that’s our three hole punch.
 その3穴パンチ、ここのだけど。

《モニカ達の部屋:ロス1人、レイチェルが帰ってくる》

Ross: Hey.
 やぁ。

Rachel: Hi. Look, about what happened earlier...
 ハイ。ねぇ、今日のことだけど・・

Ross: No, hey, well, I completely understand. You were, you were stressed.
 いや、いいんだよ。ほんと、わかってるから。君は疲れてるんだよね。

Rachel: I was gonna give you a chance to apologize to me.
 私はあなたがあやまるチャンスをあげたんだけど?

Ross: For what? For letting you throw me out of your office?
 何を? 君に僕を部屋から追い出させたことを?

Rachel: You had no right coming down to my office. Ross. You do not bring a picnic basket to somebody’s work! Unless maybe they were a park ranger!
 私のオフィスにくる権利ないのよ、ロス! 人の職場にピクニック・バスケットを持ってきちゃダメなのよ。パークレンジャーじゃあるまいし!

Ross: Yeah, well excuse me for wanting to be with my girlfriend on our anniversary. Boy. what an ass am I!
 そうか、恋人と記念日を祝いたいと思って悪かったね! まったく僕はなんてバカなんだろうね!

Rachel: But I told you, I didn’t have the time!
 でも時間がないんだって言ったでしょ!

Ross: Yeah, well, you never have the time. I mean, I don’t feel like I even have a girlfriend anymore, Rachel.
 でも君は絶対時間がないじゃないか。なんかもう、僕にはガールフレンドがいるって気がしなくなってきたんだよ、レイチェル。

Rachel: Ross, what do you want from me? You want me, you want me to quit my job so you can feel like you have a girlfriend?
 ロス、どうしろっていうの? あなた私に仕事を辞めてほしいの? そうすればガールフレンドがいるって気になれるっていうの?

Ross: No, but it’d be nice if you'd realize, it’s just a job!
 いいや。でも、気がついてくれたらうれしいよ、そんなのたかが仕事じゃないか。

Rachel: Just a job?
 たかが仕事?

Ross: Yes.
 そう。

Rachel: Ross, do you realize this is the first time in my life I’m doing something I actually care about? This is the first time in my life I’m doing something that I’m actually good at. I mean. if you don’t get that...
 ロス、これは私が初めて気に入ってやってることだって、気がついてる? 私の人生で初めて、自分が得意だと思えることをやってるのよ。それをわかってくれないのなら・・

Ross: No, hey, I get that, okay, I get that big time. And I’m happy for you, but I’m tired of having a relationship with your answering machine! Okay, I don’t know what to do anymore.
 いや、わかってるよ。よくわかってる。よかったと思うよ。だけど、君の留守電とのつきあいにはもううんざりだよ。もうどうしていいかわからないよ。

Rachel: Well, neither do I!
 私もわからないわよ!

Ross: Is this about Mark?
 マークのせいか?

Rachel: Oh, my God.
 オーマイゴッド。。

Ross: Okay, it’s not, it’s not.
 ああ、違うんだ、違うんだね。

Rachel: Oh, my God. I cannot keep having this same fight over and over again, Ross, no, you’re, you’re, you’re making this too hard.
 オーマイゴッド。。もうこんなケンカばかり繰り返してられないわ。ロス、あなた、あなたはもう・・どんどん難しくしてるのよ。

Ross: Oh, I’m making this too hard. Okay, what do you want me to do.
 ああ、僕が難しくしてるのか。わかったよ、どうしてほしいんだ?

Rachel: I don’t know, I don’t know. Look, maybe we should take a break.
 わからない、わからないわよ。ねぇ、私たち、離れるべきかも。

Ross: Okay, okay, fine, you’re right. Let’s ah, let’s take a break, let’s cool off, okay? Let’s get some frozen yogurt, or something..
 わかった、わかったよ。いいよ。その通りだ。ちょっと離れて、頭を冷やそう、いいね? フローズン・ヨーグルトか何か買ってきて・・(出て行こうとする)

Rachel: No. . . A break from us.
 違うわ。別れるって意味よ。

(ロスは黙って出て行く)

《フィリー・クロエの話を聞く2人》

Chloe: And the advances in collating in the past five years, I mean we just got in an X-5000, you know. The X-5000 makes the X-50 look like a T-71.
 それで比較したら、この5年間の進歩っていったらもう。うちX-5000を入れたんだけど、そうしたらX-50がT-71に見えるっての。

(チャンドラー達は退屈しているようす:ロスが来る)
Chloe: Hey, it’s the dinosaur guy. . . Hi, Ross.
 あっ、恐竜のおにいさん。ハーイ、ロス。

Ross: Oh, hi, Chloe.
 あっ、ハーイ、クロエ。

Chloe: I want you to meet some friends of mine. . . This guy is my hero, he comes in with some stuff he wants it blown up 400%, we said we don’t do that, and he says you gotta. And you know what, we did it. And now anytime anybody wants 400, we just say ‘let’s Ross it!’
 友達を紹介するわ(チャンドラーとジョーイの前に連れてくる)この人は私のヒーローなの。彼、400%の拡大コピーをしたいって言ってきたんだけど、うちはそれやらないって言ったの。でもいるからっていわれて、それで、できたのよ。それ以来うちでは、誰か400%にしたいってことになったら、「ロスしよう!」って言うのよ。

Chandler: And that’s the only color that comes in.
 ようやく話に変化がついてきたね。

Issac: Yo, Chloe, do you have a quarter for the condom machine?
 おい、クロエ! コンドーム・マシンに入れるコインない?

Chloe: Oh!
 もうっ!(立ち去る)

Chandler: So, what are you doing here? I thought tonight was your big anniversary dinner.
 おまえここで何やってるんだ? 今日は記念の特別なディナーじゃなかったのか?

Ross: Yeah, little change in plans. Ahh, we’re gonna break-up instead.
 ああ。ちょっと計画変更でね。別れることになった。

《レストラン:フィービーとセルゲイ、モニカとミーシャ》

Monica: Oh, and I can also speak a little French. Voulez-vous coucher avec moi ce soir? Why? What did I say?
 それと私少しフランス語話せるのよ。(フランス語:ミーシャが笑う)なんで?私何言った?

Mischa: Well, you just asked if I wanted to go to bed with you tonight.
 今、きみは、今夜きみと一緒にベッドに行きたいか聞いたんだよ。

Monica: Oh my God! No wonder I get such great service at Cafe Maurice.
 まぁそうだったの?! だからカフェ・モーリスですごいサービスがよかったのね。

Phoebe: Knock, knock, knock, knock, hi. Um, could you please tell Sergei that um, I was fascinated by what Boutros Boutros Ghali said in the New York Times.
 (テーブルを叩きながら)ノック、ノック、ノック、ノック! ハーイ。セルゲイに、ニューヒョークタイムスでブトロス・ブトロス=ガーリの言ってたことには感動したって伝えてくださる?

Phoebe: You didn’t say Boutros Boutros Ghali.
 (ミーシャの通訳後)今ブトロス・ブトロス=ガーリって言わなかったじゃない。

Mischa: Boutros Boutros Ghali. He says he was, too.
 (セルゲイにその言語で)ブトロス・ブトロス=ガーリ(セルゲイの言葉を通訳して)彼もそうだったと。

Phoebe: Interesting.
 興味深いわ。

Mischa: So I was wondering....
 (モニカに)それで、どうかなと思うんですが・・

Phoebe: Okay, ah, before you get all talky again, umm, could you also please tell Sergei that I really like his suit.
 ちょっと、そちらでおしゃべり始めちゃう前に、セルゲイに、スーツがすごく素敵って伝えてくださる?

Mischa: Eh, he said, thank you very much, he thinks you look very pretty tonight, your hair, golden like the sun. . . So you're a chef?
 (セルゲイの言葉を早口で伝える)えっと彼は、ありがとう、君も今夜とてもかわいいよと、君の髪は、太陽のように金色だと。(モニカに)それで、シェフですって?

Monica: I’m also thinking about opening up my own restaurant.
 自分のレストランを開きたいなと思ってるの。

Mischa: Oh, really.
 ああ、ほんとに。

Phoebe: Monica, can I talk to you behind my menu, please. . . What are you doing?
 モニカ、ちょっとメニューに隠れて話せるかしら?(メニューに隠れて)なにしてるのよ?

Monica: Well, I was having a conversation.
 なにって、会話してたんだけど。

Phoebe: Yeah, but Mischa is so interested in you, that Sergei and I haven’t been able to say two words to each other.
 そうね。でも、ミーシャはあまりにもあなたに興味津々で、セルゲイと私は二言ぐらいしか話せてないんですけど。

Monica: What do you want me to do? Just sit here silently while you three have a conversation?
 私にどうしてほしいの? 3人がおしゃベリしている間、ただ黙ってここに座ってろっていうの?

Phoebe: That would be great. Thank you.
 そうしてくれるとうれしいわ。ありがと。

《モニカ達の部屋:レイチェル1人・電話が鳴る》

Rachel: Hello!
 もしもし!

Mark: Oh, hi. It’s Mark.
 ああ、どうも。マークだけど。

Rachel: Oh.
 ああ。

Mark: What? Is it my breath?
 なに? いけなかった?

Rachel: No! Sorry, I just thought you were somebody else. Hi!
 いえ、ごめんなさい。ほかの電話を待ってたもんだから。ハーイ。

Mark: Hi. Well, look, I was just gonna leave a message, isn’t tonight your, your big anniversary dinner?
 ハーイ。メッセージ入れようかと思ってたんだけど、今夜って大事な記念日のディナーじゃなかったっけ?

Rachel: Yeah. Well, umm.....
 ええ。そうね。

Mark: Rach, are you okay?
 レイチ、大丈夫?

Rachel: Yeah, I’m fine.
 ええ。大丈夫よ。

Mark: You wanna talk, I mean I can come over?
 話したいんなら、僕行こうか?

Rachel: No! Really, no, please, please, that’s, that’s okay.
 いいえ。本当にいいの。いいの。大丈夫。

Mark: All right, all right, I’m coming over, and I’m bringing Chinese food.
 よし、わかった。行くよ。中華料理持って行くよ。

Rachel: Oh, yeah, I’m not, I’m not hungry.
 ああ、いえ、私おなかすいてないの。

Mark: It’s for me.
 僕が食べるんだ。

Rachel: Oh. Okay, bye.
 ああ、そう。わかった。

《フィリー》

Joey: So what are you gonna do?
 それで、どうするんだ?

Ross: What can I do? One person wants to break-up, you break-up.
 なにができる? 別れたいって言ってるんだ。別れるしかないだろ。

Chandler: Hey, no way! Come on, this is you guys, call her and work it out.
 何を言ってるんだよ。おまえたち2人なんだぞ。電話してなんとかしろよ。

Ross: Oh, come on, we just had this huge fight, all right, don’t I have to wait a while?
 そんなこと・・今大げんかしたばかりなんだ。少し時間をあけるだろ?

Chandler: Hey, this isn’t like swimming after you eat, pick up the phone!!
 おい、泳いですぐ食べるなって話じゃないんだぞ。電話かけてこいって!

(ロスは電話をかけに行く)
Chandler: You know that whole swimming thing is a myth.
 あの水泳の後・・って話には根拠はないんだぞ。

Joey: Yeah, tell that to my Uncle Lenny.
 そうか、レニーおじさんにそう言ってくれよ。

Chandler: Why? What happened to him?
 なんで? その人に何があったの?

Joey: Nothing, he’s just really believes in that.
 別に。ただそれを固く信じてる。

《モニカ達の部屋:レイチェルとマーク》

Rachel: Oh, and then, we got into this big, stupid fight. I just, it was awful. I told him he treats me like a park ranger, or something. Oh, and then I told him I wanted to take a break, I don’t want to take a break.
 それから大げんかになって、バカげたケンカよ。最悪。彼が私をパーク・レンジャーみたいに扱ったとかなんとか・・。それから私が別れようとか言って・・別れたくないのに。

Mark: Wow. I’m sorry. Eggroll?
 ああ、大変だったね。エッグロールいる?

Rachel: No. . . And then I called him, and he wasn’t there.
 いらない(一つ取る)・・それから電話したんだけど、出ないの。

Mark: Well, then he’s, he’s probably just, out.
 そうか、きっと彼、出かけてるんだよ。

Rachel: Oh, thank you that’s very helpful, I’m glad you came over.
 ああ、ありがとう。すごく助かったわ、来てくれてよかった。

(電話が鳴る)
Rachel: Hello.
 もしもし。

Ross: Hi! It’s me.
 やぁ。僕だよ。

Rachel: Hi! Oh, I’m so glad you called.
 ハーイ! ああ。よかったわ、電話くれて。

Ross: Really? I’ve been thinking, this is crazy, I mean don’t, don’t you think we can work on this?
 ほんと? 考えてたんだけど、こんなのおかしいよ。こんなこと、僕ら話し合ってなんとかできないかな?

Mark: Hey, what do you want to drink?
 ねぇ、何か飲む?

Ross: Who’s that?
 今の誰?

Rachel: Nobody.
 何でもないわ。

Mark: Is it okay if I finish the apple juice?
 このアップルジュース飲んじゃっていいかな?

Ross: Is that Mark?
 今のマーク?

Rachel: Umm, honey, look he just came over to....
 えっと、ね、聞いて。彼はちょっと来て・・

《フィリーのロス》

Ross: Yeah! Got it! (slams the phone down, and walks back to the bar.)
 そうか、わかったよ! (電話を切ってバーに戻る)

Chloe: Hey, dinosaur guy, look at you, so sad. Come dance.
 ヘイ、恐竜のお兄さん、どうしたの。悲しそうね。踊りましょうよ。

Ross: Ah, that’s okay, thanks.
 いや、いいよ。ありがと。

Chloe: Hey, you don’t have to smile. You just have to dance.
 なに、いいのよ、笑わなくても。ただ踊ってれば。

Ross: Look, I don’t feel like dancing, I feel like having a drink. Okay?
 いや、踊る気分じゃないんだ。飲みたい気分だなんだから。

Chloe: Oh, okay. Hey, two beers.
 ああ、わかった。ビールふたつちょうだい。(ロスのとなりに座る)

《レストラン:フィービー・モニカ達》

Mischa: And the vet said it was time. And so from half a world away, while my Mother held the phone to his ear, I said good bye to my dog,. In seven languages.
 (モニカに)それで獣医が、もう時間だって。世界の反対側からですよ、うちの母が電話を彼の耳に当ててくれたので、7ヶ国後で、私の犬にさようならを言いましたです。

Monica: Oh. . . Could I have a tissue?
 まぁ・・・(フィービーに)ティシュくれる?

Phoebe: Oh, yeah, sure. I just hope you, hope you don’t accidentally suck it up through your nose and choke on it.
 ああ、どうぞ。鼻から吸い込んじゃって喉につまらないといいわね!

(セルゲイがミーシャに何か言う)
Mischa: Sergei, would like to apologize for my behavior tonight.
 (フィービーに)セルゲイが、私の今夜の態度をお詫びしたいそうです。

Phoebe: Well, tell him, apology accepted.
 そう。彼に、いいのよって言ってくれる。

Mischa: Oh, he’s unbelievable. I mean for the first time in three years someone wants to actually want to talk to me, but do you think he would let me enjoy that? No!! . . You silly diplomat, why don’t you learn some English, Sergei?
 (セルゲイに通訳してからモニカに)もう、信じられないことです。この3年間で初めて誰かが私と話そうとしてくれてるのに、彼は私にそれを楽しませてくれるか? ノー! (セルゲイに)もうバカな外交官です。英語を勉強したらどうです、セルゲイ?

Phoebe: Excuse me, but umm, isn’t he paying for your dinner?
 失礼だけど、彼がこのディナー代を払うじゃないの?

Monica: Hey, the man’s dog just died.
 ちょっと! 彼の犬が亡くなったのよ!

(セルゲイとミーシャがケンカする)
Mischa: I have just resigned my post. Would you care to accompany me to the Rainbow Room? I have diplomatic coupons.
 今仕事を辞めましたです。私とレインボー・ルームへ行きませんか? 外交官クーポンを持ってるんです。

Monica: It would be my pleasure. . . My guy has coupons. Your guy can’t even say coupons.
 喜んで! (フィービーに)この人はクーポン持ってるのよ。あなたの彼はクーポンって言うこともできないわよね。(立ち去る)

Sergei: Uh, plate?
 えー・・・(皿を持ち上げ)皿?

Phoebe: Plate! Yes, plate.
 皿! そうよ、皿。

Sergei: Plate. Plate. Plate.
 皿。皿。皿。

Phoebe: See, we don’t need them.
 ほらね、あの人たちがいなくても大丈夫。

Sergei: Plate?
 (カップを持ち上げ)皿?

Phoebe: Yeah.
 そうね。

《フィリー:With or Without You がかかっている》


(With or Without You : U2)

Ross: I like this song.
 この曲好きなんだ。

Chloe: Well, you’re practically dancing already. Why don’t you just do it over here?
 あら、あなたもう踊ってるじゃない。あっちで踊りましょ。

Ross: Oh, no.
 いや、いいよ。

Chloe: What are you, married? ‘Cause that’s okay.
 なんなの? 結婚してるとか? しててもかまわないわよ、

《モニカ達の部屋:レイチェル1人》

Rachel: Oh, be home, be home, be home, be home, be home, be home. Be home. Be home, be home, be home. Oh, you’re not home.
 (ロスに電話をする)ああ、家にいて、家にいて、家にいて、家にいて、家にいて。ああ、家にいて、家にいて、家にいて、家にいて、家にいて。ああ。いないのね。

《フィリー;ロスとクロエがダンス》

Chloe: Still no smile?
 まだ笑顔になれない?(キス・・やがて応えるロス)

《セントラルパーク:セルゲイがAmerican Pieを歌う》


Sergei: Touchet, touchet, Miss Americccan pie. Ameri-ccan.
 バイバイ・アメリカン・パイ・・(フィービーに発音して聞かせる)あめりかぁんぱい。

Phoebe: Ameri-can.
 あめりぃくぁん。

Sergei: Ameri-ccan.
 あめりかぁん

Phoebe: Ameri-can. You know it’s a very hard language. Let’s do it again.
 あめりかぁん。すごい難しい言語よね。もう一回歌いましょ。

Sergei: Everybody!!
 みんな一緒に!!(歌い続ける)

☆おしまい・・つづく☆


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.
さて。
 次回は、全エピソードの中でも一番の難関です。
 いつものように笑って見てられませんので・・・
 明日中にアップできるか、まだとりかかってもいないので、心配ですが。
 今回のも、ああ、そんなことぐらいで・・とか、
 少し譲れば・・とか、わかるわ・・とか思ってしまいました。
 感情移入しすぎないよう、頑張ります。
*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.
posted by らんち at 01:28| Comment(0) | Season3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月11日

3-14 The One With Phoebe’s Ex-Partner

3-14 フィービーの元パートナーの話

 ☆フィービーの歌がCMに!☆

《セントラルパーク:みんな歌を聞いている》

Singer: ‘Cause every time I see your face, I can’t help but fall from grace. I know.....
 だってあなたの顔を見ちゃうの、そのたびバカな子になっちゃうの

(fall from grace = バカなことをして嫌われる・堕落する)

Joey: Wow! This girl is good.
 ワオ! この子うまいな!

Phoebe: Oh-ho yeah! A song with rhyming words. Oo, I never thought of that before.
 あらそう。韻を踏んで歌ってるからかしら。初めて知ったわ。

Chandler: I like her.
 俺も気に入ったよ。

Phoebe: Why? Because she can sing and play guitar and do both at the same time?
 なんで? 歌えるしギター弾けるし、おまけに両方いっぺんにできるから?

Chandler: Well, that’s pretty much all I’m looking for from these people.
 ま、こういう人達にはまさしくそれを期待するよね。

Monica: Look at you. All jealous.
 あなたったら! ジェラシーね!

Ross: Yeah, Pheebs, come on, you two have completely different styles. You know, she's more... you know, and you’re more...
 そうだよ、フィーブス、なんだよそれ。君たちスタイルが全然違うじゃないか。彼女はもっとほら・・(肩を動かし踊る)ね、君はこう・・(フィービーの冷たい目)・・。

Singer: … beside me.
 私のそばにー♪(拍手)

Phoebe: Okay, see, see, everyone else is happy she’s done.
 あ、ほら! ほかの人達は歌が終わって喜んでるわよ。

Singer: Okay, my next song’s called: Phoebe Buffay, What Can I Say. I Really Loved When We Were Singing Partners, And I Shouldn’t Have Left You That Way.
 次の歌は、「フィービー・ブッフェ、なんて言ったらいいかしら、パートナーだった頃は最高だったわ、あんなふうに別れるんじゃなかった」

Phoebe: Oh, no, one of those ‘look for the hidden meaning’ songs.
 あらやだ。よくある、隠された意味を見つけろってやつね。

《セントラルパーク》

Singer: Hey, Phoebe.
 ハーイ、フィービー。

Phoebe: Hey, Leslie. How’d you know I’d be here?
 あら、レスリー。どうしてここにいるってわかったの?

Leslie: I ran into Vlad at the place where they sell the big fish, and he said you played here a lot, so umm....
 大きな魚売ってるところでブラッドに出会って、あなたがここで歌ってるって聞いたの。

(big fish = 大きな魚・重要な実力者)

Chandler: All right, listen, I have to go to the bathroom, but if the place with the big fish comes up again, I’d like know whether that’s several big fish or just one big fish.
 よし、いいか。俺はトイレに行くけど、また大きな魚の話が出てきたら、それは数匹か一匹だけか、後で教えてくれ。

Joey: So ah, Phoebe tells us you write jingles.
 (レスリーに)フィービーから、CMソング作ってるって聞いたけど。

Phoebe: Actually I said she abandoned me to write jingles.
 ていうか、CMソングを書くために私を捨てたのよね。

Joey: Ah, anything we might of heard of?
 (レスリーに)俺たちが知ってるようなのある?

Leslie: Ah, yeah, umm. . Home is never far away..
 そうね・・(歌う)マイホームはそんな遠くない♪

Monica, Ross, and Joey: Home is Home Star stew.
 (一緒に歌う)マイホームは ホームスターシチュー♪

Leslie: Yeah, but, I don’t do that anymore. I got kinda sick of it, and then I couldn’t come up with anything good, so they fired me.
 そうなの。でももう今はやってないの。なんかイヤになってきちゃって、そうしたらいい歌もできなくなって、クビになっちゃったのよ。

Phoebe: Hmm, bummer.
 あら、がっかりね。

Leslie: Well, you know, I was just, umm, I was just thinking and just hoping, that umm, maybe you’d want to get back together?
 ね、私ちょっと…考えたんだけど、そうなったらいいなって…また一緒にやりたいと思わない?

Phoebe: No. But thanks.
 いいえ。でもありがと。

Leslie: Aw come on, Phoebe, would you just think about it?
 あらそんなこと言わないで、フィービー。考えてみてくれない?

Phoebe: Okay. No, but thanks.
 わかった。イヤよ。でもありがと。

Leslie: Okay, ah, see ya, Pheebs.
 わかったわ・・・またね、フィーブス。

Joey: Wow, that was kinda brutal.
 ワオ! あれはキツかったよな。

Phoebe: Well okay, let this be a lesson to all of you, all right. Once you, once you betray me, I become like the ice woman, you know. Very cold, hard, unyielding, you know, nothing, nothing can penetrate this icy exterior. . . Can I have a tissue, please?
 あらそう。みんなもこれでわかるわよね。一度裏切られたら、私は氷の女になるのよ。極めて冷たく厳しい頑なな女よ。何物もこの氷を溶かすことはできないのよ! (モニカに)ティッシュくれる?

Monica: Yeah, sure.
 はい、どうぞ。

《セントラルパーク:トイレ前で待つチャンドラー》
Gunther: Someone in there?
 誰か入ってる?

Chandler: No. This is just part of a dare devil game that I play called ‘wait until the last moment before I burst and die.’
 いや。これは命知らずのゲームだ。名づけて「破裂して死ぬ直前まで待て」

(ドアが開く)
Chandler: Jeez, man did you fall..(sees it’s a beautiful woman coming out of the men’s room) Hi! So ah, did you, did-did-did you fall high?
 もうほんとにいったい君は天国から・・(出てきた女性を見て) ハーイ、降りてきた?

(did you fall from heaven? というジョークがある。続く言葉は、「顔から落ちたみたいにめちゃくちゃ」・「天使みたい」など)

Woman: Someone was in the ladies' room, I couldn’t wait. I left the lid up for you though.
 女性用がふさがってて、待てなかったから。でもフタは開けといたわよ。

(ガンターが来る)
Chandler: You know what Gunther, go ah, go ahead, I’m-I’m talking to ah. . . . This is the part where you say your name.
 ガンター、先にどうぞ。俺は話してるから、この・・(女性に)君が名乗るとこだよ。

Woman: Ginger.
 ジンジャー。

Chandler: Ginger. I’m talking to Ginger, so....
 ジンジャー。僕はジンジャーと話してるから。

Ginger: Don’t you have to use the bathroom?
 トイレ行かなくていいの?

Chandler: Nope, nope, I’d just ah, I’d rather talk to you. . . Yes, I do. Yes, I do have to go to the bathroom.
 いや。いいんだ。君と話してた方が・・ いや、行きたい。トイレ行きたい。(ノック)

Gunther: Someone in here.
 入ってます。

《セントラルパーク:みんな帰ろうとしている》

Phoebe: Where’s Chandler?
 チャンドラーは?

Joey: Ah, he can’t make it, he said he had to go back to his job and ... Whoa-oh!
 ああ、やつは行けないんだ。仕事に戻らないといけなくて・・ウワッ! (ジンジャーを見てコートの陰に隠れる)

Ginger: Joey? Joey Tribbiani?. . .Joey, I can see you, okay? You’re hiding behind the coats.
 ジョーイ? ジョーイ・トリビアーニ? (なおも隠れているジョーイ)見えてるわよ。コートの後ろに隠れてるでしょ。(あきらめて帰る)

Joey: Close one.
 危なかった。

《レイチェルのオフィス:マークが荷物をまとめている》

Ross: Hi.
 やぁ。

Rachel: Hi, sweetie!
 ハーイ、ロス。

Ross: Hello.
 はろー。

Mark: Hi, Ross.
 どうも、ロス。

Ross: Yeah, huh.
 ああ、どうも。

Rachel: I’ve got some bad news.
 残念なニュースなの。

Ross: What?
 なに?

Rachel: I can get a quick bite to eat, but then I have to come back up here.
 食事には行けるけど、すぐ済ませてここに戻らないといけないの。

Ross: Come on, sweetie! You’ve had to work late every night for the past two weeks, what is it this time?
 そんな! この2週間毎日残業じゃないか。今回は何があった?

Mark: Actually, it’s kinda my fault. I quit today.
 実は、僕のせいなんだよ。今日、辞めるんだ。

Ross: But work comes first! (to Mark) Oh, hey, but that’s sad about you though, what happened? What happened? Burn out? Burn all out, did ya?
 (レイチェルに)でも仕事第一だよね。(マークに)だけど君のことは残念だよ。何かあった? 何があったのかな? 燃え尽きた? 完璧に燃え尽きちゃった?

Rachel: No, he’s leaving for a better job.
 違うのよ。彼もっといいところに転職よ。

Ross: Oh well, that’s great, so I guess this is ah, this is good bye then. Huh? . .Good bye.
 それはすごいね。それじゃ、これでお別れなんだね。さよなら。

Mark: Okay, then.
 はい、どうも。

Ross: Okay.
 どうも。

Rachel: Well, we’re gonna miss you around here.
 ああ、寂しくなるわ。

Mark: Yeah, me too. So, see ya on Saturday.
 ああ、僕もだよ。・・それじゃ、土曜日に。

Rachel: Yeah, you bet.
 ええ、またね。

《モニカ達の部屋:モニカとフィービーがウィジャボード中、ポケベルが鳴る》

Phoebe: Oh.
 ああ。(ポケベルを鍋に入れてフタをし、オーブンに入れる)

Monica: You know, those are a delicacy in India.
 それって、インドの珍味よね。

Phoebe: Yeah, that was Leslie calling again to see if we can get back together. That’s the twentieth time today! And good luck, Leslie!
 レスリーが、また一緒にやれないかって、またかけてきてるの。今日これで20回目よ。頑張ってねレスリー!

Monica: Wow, she must have hurt you pretty bad, huh?
 まぁ! 彼女相当ひどくあなたを傷つけたみたいね。

Phoebe: Well, yeah. You know, we were best friends, ever since we were little, our Moms worked on the barge together.
 そうよ。私たち、親友だったのよ。小さい頃、私たちのママが荷船で働いてたの。

Monica: Oh, you two must have been so cute running around on a barge.
 まぁ。あなた達2人とも、荷船の上で走り回るかわいい少女だったんでしょうね。

Phoebe: You never run on a barge!
 荷船の上で走ってはいけません!

(ジョーイが来る)
Joey: Hey.
 やぁ。

Phoebe and Monica: Hey.
 ハーイ。

Joey: Is ah, is Chandler around?
 チャンドラーいないの?

Monica: No, umm, he met some girl at the coffee house.
 いないわよ。彼、コーヒーハウスで女の子と知り合ったの。

Joey: Oooh.
 へぇ!!

Monica: Yeah, Ginger something.
 そうなの。ジンジャーなんとかって。

Joey: No. No, no, ah, are you sure it wasn’t something that sounded like Ginger, like ah, Gingeer?
 ウソウソ! 間違いない? ジンジャーに似たような・・ジンジアーじゃなかった?

Monica: No, it was Ginger. I remember, because when he told me, I said, (singing) ‘the movie star.’
 いえ。ジンジャーだったわ。だって私聞いた時、「ザ・ムービースター」って歌っちゃったもん。

Ginger = Gilligan's Island というシットコムの登場人物)

Joey: Oh, man. That’s the girl I was hiding from. When she finds out he’s my roommate, she’s gonna tell him what I did.
 ああもうなんだよ。俺、その子から隠れたんだぞ。もし俺がルームメイトだってわかったら、彼女、俺が何をしたか話すだろうな。

Monica: Well, what did you do?
 何をしたのよ?

Joey: What, oh, oh, oh, no, no, I can’t, I can’t tell you that, it’s like the most awful, horrible thing I’ve ever done my whole life.
 いや、ダメダメダメダメ。それは言えないよ。これまでで最低の恐ろしいひどいことなんだよ。

Monica: You know what, don’t tell us. We’ll just wait until Chandler gets home, because it’ll be more fun that way.
 いいわよ、話してくれなくて。チャンドラーが帰ってくるのを待つわ。その方がおもしろいだろうし。

Joey: All right!! Okay, it was like four years ago. Okay, Ginger and I had gone out a few times, and then this one weekend, we went up to her Dad’s cabin. Just me, her, and her annoying little dog Pepper. Well, that night, I cooked this really romantic dinner....
 わかったよ! 4年ぐらい前のことだよ。ジンジャーと俺は何回かデートした後、週末に彼女のおとうさんの別荘へ行ったんだよ。俺と彼女と、それから彼女のうるさい犬のペッパーとでね。その夜、俺はすごくロマンティックなディナーを用意して・・

Monica: You gave her food poisoning!
 彼女を食中毒にしちゃったのね!

Joey: I wish. After dinner, me, her, and Pepper all fell asleep in front of the fire. I woke up in the middle of the night and I saw that the fire was dying out. So, I picked up a log and threw it on. Or, at least what I thought was a log.
 そうならいいよ。食事の後、俺と彼女とペッパーは、暖炉の前で眠ってしまったんだ。夜中に目が覚めると、火が消えていまそうだった。それで、薪を投げ入れたんだ。少なくとも、俺は薪だと思ったんだ。

Phoebe: Oh, my God!! You threw Pepper on the fire!
 なんてことなの!! あなたペッパーを火に投げ入れたのね!

Joey: I wish. See, I guess another thing I probably should’ve told you about Ginger is that she kinda has a ah, artificial leg.
 そうならいいよ。他にジンジャーについて言わなきゃいけないことがあるんだけど、それは・・彼女は・・義足なんだ。

Monica: Oh, my God! Joey, what did you do after you threw her leg on the fire?
 なんてこと! ジョーイ、あなた、彼女の足を火に投げ入れちゃってからどうしたの?

Joey: I ran!!
 逃げたさ!

《通り:チャンドラーとジンジャーがキス》

Chandler: Well, that’s the best kiss I’ve had with anybody I’ve ever met in a men’s room.
 男子トイレで出会った人としたキスでも最高だね。

Ginger: Actually, me too.
 ほんと、私にとってもよ。

Chandler: Op, foot in a puddle, foot all in a puddle.
 おっ! 足が水たまりに入ってしまってる。足がすっぽり水たまりに。

Ginger: Oh, damn, I hate that.
 ああ、もう。いやだわ。

Chandler: Yeah, we’re gonna have to get you out of those shoes.
 靴脱がないと。

Ginger: Oh, don’t worry about it.
 あら、心配しなくていいのよ。

Chandler: No, really. You’re gonna freeze.
 いや、ダメだよ。冷えてしまうよ。

Ginger: No, I’m not.
 いえ、冷えないわよ。

Chandler: You’re not? What do you got a bionic foot?
 冷えない? なに、君の足、バイオニックフット?

Ginger: Some day, maybe.
 いつかはそうなるかもね。

《ロスのベッドルーム:ロスが笑う》

Rachel: Funny book?
 本がおもしろい?

Ross: Hmmm. Oh, no, no, I just thinking about something funny I heard today. Umm, Mark, Mark saying ‘I’ll see you Saturday.’
 んー。いやいや、今日、おかしなことを聞いたもんだからね。うん。マークが、「じゃあ土曜日に」って。

Rachel: Yeah, at the lecture, I told you that last week, you said you didn’t mind.
 ええ、講義を受けるから。先週言ったでしょ。あなた構わないって。

Ross: Oh, no, no, no, it’s-it’s not the lecture I mind, umm....
 ああ、いやいや、講義を受けることはいいんだよ・・

Rachel: Oh, please tell me it’s not because I’m going with Mark.
 お願いだから、マークと行くせいだとは言わないでね。

Ross: Well...
 そりゃ・・

Rachel: Oh, my God!!! Ross!!
 ああもう! ロスったら!!

Ross: Well, I’m sorry, but ah, look, if you’re not working with him anymore, why do you have to do stuff with him?
 だって悪いけどね、でも、彼ともう一緒に仕事していないなら、なんで彼と何かしなきゃいけない?

Rachel: Because, he’s my friend.
 だって彼は友達よ。

Ross: Okay, but do you really need another friend?
 そう、でも、本当にほかにまだ友達が必要?

Rachel: Okay, well if I stop playing with Joey and Chandler, can I play with Mark?
 じゃあ、もしジョーイやチャンドラーと遊ぶのやめたら、マークと遊んでもいいの?

Ross: Is that funny? Am I supposed to be laughing?
 それおもしろい? 僕笑うとこなわけ?

Rachel: I don’t know, you thought ‘See you Saturday’ was funny. Look honey, Mark is in fashion, okay? I like having a friend that I can share this stuff with. You guys would never want to go to a lecture with me.
 知らないわよ。あなた「じゃ土曜日に」で笑える人なんでしょ? ねぇ、聞いて。マークはファッション関連の人よ。その関係のことを話せる友達がいると嬉しいわ。あなた達はこんな講義になんて絶対行かないでしょ。

Ross: Pa-haa!! I would love to go with you.
 はっ! ぜひとも行きたいよ。

Rachel: Really!?
 ほんと?

Ross: Yeah, hey I-I have clothes, I even pick them out. I mean, for all you know I could be a fashion..... monger.
 そうさ。僕だって服は持ってるし、選ぶんだよ。もしかしたら、ファッション評論家にだってなれるかも・・

Rachel: Okay. Honey, I would love for you to go with me. . . What?
 わかった。一緒に来てくれたらうれしいわ。(ロスが心配そうな顔)なに?

Ross: What should I wear, now I’m all nervous.
 何着ていこう・・不安になってきた。

《モニカ達の部屋:フィービーがポケベルを見ている》

Monica: You know, they say a watched pot never beeps.
 ねぇ、やかんを見つめてると鳴らないっていうわよ。

(本当は、watched pot never boils = 待っていると沸かないものだ)

Phoebe: It’s just you know, been a couple of hours, and she hasn’t called. Not that I even care, I don't.
 たださ、この2時間ぐらい鳴らないから。別に気になるわけじゃないのよ。全然。

Monica: Why don’t you just call her? You obviously want to.
 あなたからかけたら? そうしたいんじゃないの。

Phoebe: You think you know me so well.
 私のことよくわかってるみたいに。

Monica: Don’t you wanna?
 かけたくないの?

Phoebe: Yeah.
 かけたい。

Monica: Okay, so I do know you.
 ほら、私あなたのことわかってるのよ。

Phoebe: That’s what I said.
 だからそう言ったじゃん。

Monica: Well, so?
 それじゃ・・

Phoebe: I can’t. I can’t. She dumped me. I totally trusted her and then one day it was like, ‘Okay, bye Pheebs’ gone. You know what the saddest part is, when we were playing together, that was like the most fun I’ve ever had in like all my lives.
 できない。できないわ。私完全に信じてたのに、ある日突然、「それじゃ、バーイ、フィービー」それでおしまいよ。なにが悲しいって、私たち一緒にプレイしてた頃が、一番幸せだったってことよ。どの転生のときよりもね。

《セントラルパーク:レスリーが歌っている》

Leslie: My favorite shoes, so good to me. I wear them everyday. Down at the heel, holes in the toes. Don’t care what people say. My feet’s best friends, pals to the end. With them I’m one hot chicky. Though late one night, not much light, I....
 (歌)お気に入りの靴、私にピッタリ。毎日履いて、踵はすり減りつま先に穴があいてる。人が何て言おうと、私の足の親友よ。最後まで友達よ。これを履けば私はホットな女の子。でもある晩、暗かったから

(フィービーが来て一緒に歌いだす)
Phoebe: I stepped in something icky.
 (歌)なにか変なもの踏んじゃった。

Phoebe and Leslie: Sticky shoes, sticky shoes, always make me smile. Sticky shoes, sticky shoes, next time I’ll.... avoid the..... pile.
 (歌)ベタベタ靴、ベタベタ靴、いつもニッコリさせてくれる。ベタベタ靴、ベタベタ靴。今度からカーペットは避けなきゃね。

《講義中》

Lecturer: We’re beginning to see a lot of layering of sheer fabrics and colors. For instance a sheer navy blouse over a pink....
 薄い素材やいろんなカラーの重ね着がよく見られるようになりました。例えば、薄いネイビーカラーのブラウスをピンクの・・

Ross: I’m really glad we came. . . You’re so pretty. . . I love you.
 2人で来られて本当にうれしいよ。君は本当にかわいいね・・・愛してる。

Rachel: Oh.
 ああ。(ロスの口を手でふさぐ)

《セントラルパーク》

Phoebe: Smelly cat, smelly cat, what are they feeding you? Smelly cat, smelly cat, it’s not your fault.
 (歌)スメリーキャット、スメリーキャット、何を食べさせてもらってんの? スメリーキャット、スメリーキャット、あなたのせいじゃないよ。

Leslie: Wow, that’s great.
 ワオ。いい曲ね!

Phoebe: Oh, yeah?
 そう?

Leslie: You know, you could totally sell this. It’d be perfect for like umm, a kitty litter campaign.
 ねぇ、これ絶対売れるわよ。そうね、たとえば猫のトイレのコマーシャルにぴったりよ。

Phoebe: A jingle? No, no-no-no, no.
 コマーシャルソング? ダメダメダメ、いやよ。

Leslie: Why not? You could make a ton of money.
 どうして? すごいお金になるわよ。

Phoebe: Okay, well if I was in this for the money, I’d be a millionaire by now, you know. You just got to get out of that jingle head sweetie.
 私が、これでもうけようと思ってたら今頃はもう億万長者よ。あなたったら、もうコマーシャルソングのことは忘れて。

Leslie: Aw, you’re right, you’re right. I’m sorry.
 ああ、そう、そうだったわね。ごめんね。

Phoebe: That’s okay. All right, I’m gonna play song now.That’s really, really sad. It’s called Magician Box Mix Up.
 いいのよ。じゃあ歌うわね。悲しい悲しい歌なの。タイトルは、「こんがらかったマジシャン・ボックス」

《講義》

Lecturer: ....oversized bracelets, oversized earrings, oversizing of accessories in general are very popular now.
 大きめのブレスレット、大きめのイヤリングなと、一般的に大きめのアクセサリーが、今は人気があります。

(ぐっすり眠っていたロスが目を覚ましてビックリした声をあげ、笑いが起こる。レイチェルは不機嫌)

《チャンドラー達の部屋:モニカが来る》

Monica: Hi!
 ハーイ!

Chandler: Hey.
 やあ。

Monica: Oh, can I borrow this? My milk’s gone bad.
 (ミルクを)これ借りていい? うちの悪くなっちゃったの。

Chandler: Oh, I hate that. I once had a thing of half and half, stole my car.
 ああ、それイヤだよな。うちもクリーム牛乳が悪くなった時は俺の車盗んでったよ。

Monica: So umm, how was your date with Ginger?
 それで・・ジンジャーとのデートはどうだった?

Chandler: Great. It was great. She’s ah, she’s great, great looking, great personality, she’s greatness.
 よかったよ。実によかった。彼女はいいよ。見た目もいい、性格もいい。彼女はすばらしいよ。

Monica: Sounds like she’s got the ah, whole package.
 聞いた感じじゃ、彼女って完璧みたいね。

Chandler: Joey told you about the leg, huh?
 ジョーイから足のこと聞いたんだな?

Monica: Uh-huh.
 まぁね。

Chandler: Oh God, it freaked me out. Okay, I know it shouldn’t have, but it did. I mean I like her, I don’t want to stop seeing her, but every so often it’s like ‘Hey, you know what? Where’s your leg?’ I mean I’m the smallest person in the world aren’t I? I’m the smallest person in the world.
 ああ! 俺パニクっちゃうよ。そんなのおかしいってわかってるけど、ダメなんだ。彼女が好きだし、つきあいたいけど、でも、しょっちゅう、「なぁ、君の足はどこ?」とか思ってしまって。俺って、世界一ちっさい人間だよな? 世界一ちっぽけな人間だよ。

(ジョーイが自室から出てくる)
Joey: Morning.
 おはよ。

Chandler: Actually, he’s the smallest person in the world.
 いや。ホントはこいつが世界一ちっさい人間だな。

Joey: Heard about the leg burning, huh?
 足燃やしたこと聞いたんだな。

Chandler: It came up.
 その話出たさ。

Joey: Listen, I ah, I know it’s a long shot but, by any chance did she find that funny?
 なぁ、そんなわけないかと思うけど、でももしかして彼女、おもしろいと思ってないかな?(あきれるモニカ達)

(long shot = 大胆で望み薄い企て)

《モニカ達の部屋》

Ross: So I nodded off a little.
 そりゃ少しはウトウトしたけど・・。

Rachel: Nodded off!! Ross, you were snoring. My father’s boat didn’t make that much noise when it hit rocks!
 ウトウト?! ロス、あなたイビキかいてたのよ。父のボートが岩にぶつかった時だってあんな大きな音じゃなかったわよ。

Ross: Come on! Forty-five minutes! Forty-five minutes the man talked about strappy backed dresses.
 勘弁してよ。45分だよ! 45分も、背中がストラップのドレスの話をするなんて。

Rachel: Okay, how about four hours in a freezing museum auditorium listening to Professor Pitstains and he’s ‘Hey everybody! Remember that thing that’s been dead for a gazillion years? Well, here’s a little bone we didn’t know it had!’
 あら、じゃあ4時間も、凍えるような講堂でピッツテイン教授の話を聞いたことはどうなの? 「やぁ、諸君! 何億兆年も前に死んだアレのこと覚えてるかね? あれには、こんな小さな骨があったんだ!」

Ross: First of all, it’s Professor Pitain! And second of all, that little bone proved that, that particular dinosaur had wings, but didn’t fly.
 まず第一に、彼はピテイン教授! 第二に、あの小さな骨のおかげで、あの恐竜には翼があったが、飛べなかったということが証明されたんだ!

Rachel: Okay, see now, what I just heard: blah-blah-blah, blah-blah-blah-blah-blah, blah-blah-blah.
 ねぇ、聞いてよ。あれは私の耳には、「ほにゃらら、ほにゃーほにゃーほにゃー、ほにゃらららー!」

Ross: You know what, 100 million people went to see a movie about what I do, I wonder how many people would go see a movie called, Jurassic Parka.
 いいかい、10億もの人が、僕の研究しているものに関する映画を見に行ったんだ。ジュラシック・パーカーなんて映画を、どれだけの人が見に行くだろうね!

Rachel: Oh, that is so...
 まぁ! そんなの・・

Ross: No-no-no, a bunch of out of control jackets take over an island.
 いやいや、どうだろうね、群れたジャケットが暴走して島を乗っ取る!! なんてね!

Rachel: You know, if what I do is so lame, then why did you insist on coming with me this morning? Huh? Was it so I just wouldn’t go with Mark?
 ねぇ、そんなに私のしてることがつまらないなら、どうして今朝一緒に行くなんて言いはったの? マークと行かせないため?

Ross: No. I... I wanted to be with you. I don’t know, I feel like lately, I feel like you’re slipping away from me, you know. With this new job, and all these new people, and you’ve got this whole other life going on. I-I-I know it’s dumb, but I hate that I’m not a part of it.
 違うよ。一緒にいたかったんだ。なんていうか、最近、君が僕から離れていく気がして。新しい仕事、新しい職場の人達、君には全然違う新しい世界ができただろ。バカみたいだってわかってるけど、でも僕がそこに関わってないのがイヤなんだ。

Rachel: It’s not dumb. But, maybe it’s okay that you’re not a part of it. You know what I mean? . . . I mean it’s like, I like that you’re not involved in that part of my life.
 バカみたいなんかじゃないわ。でもきっと、、あなたがそこに関わってなくてもいいのよ。わかる?(ロスはわからないという顔)あなたが関わっていない世界を持ってることが気に入ってるの。

Ross: That’s a little clearer.
 それで少しはっきりしたかな。

Rachel: Honey see, it doesn’t mean that I don’t love you. Because I do. I love you, I love you so much. But my work, it’s for me you know, I’m out there, on my own, and I’m doing it. And it’s scary but I love it, because it’s mine. But, I mean is that okay?
 ねぇ聞いて。それって、私があなたを愛してないってことじゃないの。だって愛してるもの。すごく愛してるわ。でも、私の仕事は私だけのものなの。私は外へ出ていって、私だけのことをしているの。怖いけど、でも好きなの。私の世界なんですもの。それでかまわない?

Ross: Sure, I-I-I...
 もちろんさ・・・(ハグするが、「ノー!」と声に出さず言う)

《チャンドラー達の部屋:チャンドラーとジンジャー》

Ginger: You're thinking about my leg aren’t you?
 私の足のこと考えてるんでしょ?

Chandler: No. No. Actually I forgot, what is the deal with that again?
 いやいや。ほんと、忘れてたよ。なんのことだっけ?

Ginger: It’s okay if it bothers you. Really. I mean the only thing I need to know is: ‘How much it bothers you?’ because I don’t like wasting my time. Am I wasting my time?
 気になるなら気になるでいいのよ。ほんと。私が知りたいのは、ただ、それだけ気になるかってことなの。だって私、時間を無駄にしたくないもの。私は時間を無駄にしてる?

Chandler: No. No. I don’t think so.
 いやいや、そんなことないよ。

Ginger: It’s just like anything else, you just have to get used to it.
 これも他のことと同じで、慣れの問題なのよ。

(2人キスし始めるが、ジンジャーがチャンドラーの第3の乳首に触れ)
Ginger: What’s that?
 これなに?

Chandler: That’s-that’s my nubbin.
 それは・・それは俺の・・ナブン。

(nubbin = 小さな穂・できそこないの野菜)

Ginger: What’s a nubbin?
 ナブンってなに?

Chandler: It’s kind of ah, a third nipple kind of thing.
 これはつまり・・3つめの乳首みたいなものだよ。

Ginger: You have three nipples?
 3つ乳首があるの?

Chandler: Well, you know two regulars. And ah one that barely qualifies as... Ahh, what?
 いや、2つは普通のだよ。それともう一つはほとんど意味のない・・(ジンジャーが避けて立ち上がる)あ? どうした?

Ginger: Nothing. I, I just remembered I have to leave.
 なんでもないの。ただ行かなきゃならないこと思い出して。

Chandler: You ah,, you have to leave, now? How come?
 え・行くの? 今? どうして?

Ginger: Ah well, it’s nubbin. Nothing! Umm. I’ll see you later. Okay.
 ああ、それはナブン、いえ、なんでもない! またね、じゃ!(逃げ出す)

《セントラルパーク:レスリーが来る》

Phoebe: Oh, I thought you weren’t coming. What? Where were you?
 あら、もう来ないかと思ったわ。なに? どこ行ってたの?

Leslie: Come here, come here. . . Okay, don’t get mad, okay?
 こっち来て、こっち・・・ね、怒らないでね、いい?

Phoebe: Okay, don’t give me a reason to get mad, okay?
 あら、怒らせないでね、いい?

Leslie: I played Smelly Cat for the people at my old ad agency, they went nuts.
 以前の私の広告代理店の人達に、スメリーキャットを聞いてもらったの。そしたらみんな気に入っちゃって!

Phoebe: No, look, I told you that I didn’t want you to try and sell it, and you just, you big fat did it anyway. God, you know what? I think five years ago I probably would’ve done anything to play with you but, I can do it by myself. And if I can’t trust you then just forget it.
 ダメよ。売ろうとするのやめてって言ったでしょ。なのにあなたったら、図々しいわよ。売ろうとしたなんて。もう、なんなの? 5年前だったら、あなたとプレイするためだったら何だってしたかもしれないけど、今は自分でできるわ。あなたを信じることができないなら、もうおしまいよ。

(big fat = あつかましい)

Leslie: No, no, I don’t want to forget it.
 いや、いやだわ。終わりにするなんて。

Phoebe: Okay, you know what? You have to choose. All right? If the most important thing on the planet to you is this cat poopy thing then, okay, you can have Smelly Cat, but we won’t be partners. So what’s it gonna be?
 聞いて、どっちかよ、いい? あなたにとってそのトイレのことがこの世で一番だいじだっていうなら、いいわよ、スメリーキャット売ればいいわ。でも、そうしたら私たちはもうパートナーじゃない。どうする?

《モニカ達の部屋:TVで猫のトイレのCM》

Commercial: Problem odor in the litter box? Don’t change your kitty, change your kitty litter.
 (TV:スメリーキャットが流れる中)猫のトイレの匂いでお困りですか? 猫を取り替えないで、トイレを変えましょう。

(モニカがTVを切る)
Monica: Sorry, Pheebs.
 残念だったわね、フィーブス。

Joey: Yeah. You okay?
 ああ。大丈夫?

Phoebe: Yeah. I actually am, yeah. Because you know, life’s gonna had you all kinds of stuff. You know, you learn your little lessons and hopefully you grow. Wanna hear a new song?
 ええ。ほんと、大丈夫よ。だって人生にはいろんなことがあるわよ。ね、そこから学んで、成長できたりするのよね。新しい歌聞く?

Joey: Yeah.
 うん。

Monica: We’d love to.
 聞きたいわ。

Phoebe: Okay. ‘Jingle bitch screwed me over! Go to hell jingle whore! Go to hell Go to hell. Go to hell-hell-hell.’ That’s all I have so far.
 わかった。(歌)CMソングのアマにはひどいメにあった! CMソング売りめ、地獄へ行け! 地獄へ行け地獄へ行け! 行け行け地獄へ!(歌終わり)今のところここまでよ。

《モニカ達の部屋:時間経過、チャンドラーが来る》

Chandler: Well, hello!
 やぁ、みんな!

Joey: Where have you been?
 どこ行ってたんだ?

Chandler: The doctor.
 病院。

Ross: Is everything okay?
 大丈夫か?

Chandler: Oh yes! Just had me a little nubbin-ectomy. Yep! Two nipples, no waiting.
 ああ、大丈夫! ナブン切除をしてもらってきた。そうさ! 乳首ふたつで、もうモテモテだ。

(-ectomy = 切除術)

Monica: Wow! It’s like Rachel in High School.
 ワオ! 高校の時のレイチェルみたいね。

Rachel: What?!!
 なんですって?

Monica: Come on! I was kidding! It was such an obvious joke!
 いいじゃん! 冗談よ。わかりきった冗談じゃん!

Chandler: That was an obvious joke. And I didn’t think of it. Why didn’t I think of it? The source of all my powers. Oh, dear God, what have I done!
 わかりきった冗談。それ考えてなかった。なんで考えなかったんだろ? あれは俺のパワーの源だったんだ。ああ神様、俺なんてことしちゃったんだろ。

☆おしまい☆

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 02:49| Comment(0) | Season3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。