2013年07月16日

3-19 The One With The Tiny T-shirt

3-19 ちっちゃなTシャツの話

 ☆億万長者とデート!☆

《セントラルパーク:ガンターがレイチェルにコーヒーを出している》

Gunther: Here you go.
 はいどうぞ。

Rachel: Thank you.
 ありがと。

Gunther: Say, Rachel, I was wondering if you’d like to go to a movie with me sometime. As my lover! Too out there. Maybe you’d just like to ah, get something to eat with me sometime? As my lover.
 (心の声)そうだ、レイチェル。どうかな、もしよければ、僕とそのうち映画にでも。恋人として。 ・・あからさまだな。よかったら、僕と何か食べにいかない? 恋人として。

(マークが来る)
Mark: Hi!
 やぁ!

Rachel: Hi! All right, let’s go shopping!!
 ハーイ、じゃあ、ショッピング行きましょうか!

Mark: Um, you know, before we go ah, there’s something I need to say.
 うん、その前に、ちょっと話があるんだけど。

Rachel: Oh, okay.
 あら、なにかしら。

Mark: I’ve kind of had this ah, this crush on you. But since you were with Ross, I didn’t do anything about it. But, now that you’re not, I’d really like to ask you out sometime. So that’s-that’s what I’m doing, now.
 僕、君を好きっていうか、そういうことなんだ。でも君にはロスがいたから、何もしなかったんだけど、もう今は違うよね。それで君をデートに誘いたいと思って。それで、今そうしてるんだけど。

Rachel: Wow! Umm....
 ワオ・・。

(店の奥から物が割れる派手な音がする。皆がそちらを見ると、ガンターが出てくる)
Gunther: I dropped a cup.
 ・・カップ1個落とした。

《モニカ達の部屋の前》

Pete: So you know, that’s why, within a few years, that voice recognition is gonna be pretty much standard on any computer you buy. You know, so you could be like-like, ‘Wash my car.’ ‘Clean my room.’ It’s not gonna be able to do any of those things, but it’ll understand what you’re saying.
 それで、あと数年のうちには、コンピュータの音声認識が一般的になるよ。だから、たとえば、「車を洗え」とか「部屋を掃除しろ」とかね。それをできるってわけじゃないけど、でも言われたことを理解はできるんだ。

Monica: Oh, this was so great.
 ああ、楽しかったわ。

Pete: Yeah, it was.
 うん、そうだね。

Monica: All right then. . . Bye.
 それじゃあね・・(ピートがキスしようとするのをかわして)バーイ。

(部屋に入るとチャンドラー、フィービー、ロスがいる)
Monica: Hello, people who do not live here.
 こんにちは、ここに住んでいない人達!

All: Hi! Hello!
 やぁ、おかえり!

Monica: I gave you a key for emergencies!
 鍵を渡したのは緊急時のためよ。

Phoebe: We were out of Doritos.
 ドリトスがなくなっちゃったわよ。

Ross: Hey, how’d the date go with Mr. Millionaire?
 億万長者とのデートはどうだった?

Chandler: Mr. Millionaire, new from Snooty Playthings! Third wife sold separately.
 億万長者、最高のおもちゃ!3番目の妻は別売り!

Monica: He’s great! I mean we have such a good time together! He’s so funny, and so sweet, and I’m not attracted to him at all!!
 彼って最高! 一緒にいると本当に楽しいの。彼はおもしろくて、優しくて、それでも私は全然惹かれないの。

Ross: Still?!
 まだ?

Monica: No!! It’s driving me crazy. I mean every other way he’s like the perfect guy, he has everything. Plus, he actually has everything.
 そうなの! どうかなりそう。彼って本当に完璧な人よ。何もかもそろってる。それに、彼って本当に、何でも持ってるの。

Chandler: Life-sized Imperial Storm Troopers from Sharper Image?
 実物大のシャーパーイメージ製の帝国軍ストーム・トルーパー持ってる?

Monica: Two.
 2つ持ってる。

Chandler: Wow!! Can Joey and I put them on and fight?
 ワオ! ジョーイと俺それ着て戦っていい?

(ジョーイが歌って踊りながら入ってくる)
Joey: Oh, mommy! Oh, daddy! I am a big old baddy! Oh, mommy! Oh, daddy! I am a big old baddy!
 おお、ママ! おお、パパ! 俺は偉大な悪党だ! おお、ママ! おお、パパ! 俺は偉大な悪党だ!(歌って踊りながら出て行く)

Ross: I guess he must've gotten the part in that play.
 たぶん、ああいう芝居の仕事が決まったんだな。

Monica and Phoebe: Oh.
 ああ・・。

Chandler: Yeah, either that, or Gloria Estefan was right. Eventually, the rhythm is going to get you.
 そうだな。それか、グロリア・エステファンの言う通り、「リズムは君を虜にする」だな。



《劇場》

The Director: Joe. How’s it going?
 ジョー、元気?

Joey: Good. Hey.
 ああ。(共演の女性に)やぁ。

Kate: Hi.
 ハーイ。

Joey: Oh, so you’re playing Adrienne, huh?
 君がエイドリアンだね?

Kate: Yes. Are you one of the retarded cousins?
 そうよ。あなたは頭のおかしないとこの1人?

Joey: Oh, no. Ah, I'm playing your husband, Victor. I’m Joey Tribbiani.
 いや、違うよ。僕は君の夫のビクター役だ。僕はジョーイ・トリビアーニ。

Kate: Hi, nice to meet you. Kate Miller.
 あら、初めまして。ケイト・ミラーよ。

Joey: So the ah, play’s pretty great, huh?
 この芝居はすばらしいよね?

Kate: Oh, yeah. I love Jennifer Benbarry’s work. She’s so brilliantly incisive when it comes to deconstructing the psyche of the American middle class.
 ええ、ほんと。ジェニファー・ベンバリーの作品は大好きよ。彼女はアメリカ中流階級の心理を解体批評にかけては見事に的を得てるわ。

Joey: Oh, forget about it. She rocks!
 そんなことより、彼女サイコー!

Kate: Where do I know you from?
 あなたどこで見たのかしら?

Joey: Dr. Drake Ramoray. Days of Our Lives. Voted most datable neurosurgeon by Teen Beat.
 ドクター・ドレイク・ラモーレだろ。「愛の病院日誌」。Tean Beat で、最もデートしたい神経外科医に選ばれた。

Kate: No, that’s not it. So, you’re a soap actor? Well, this must be pretty exciting for you, being in a real play, hmm?
 ううん、そうじゃないわね。それじゃあなたメロドラマ俳優なのね。本物の芝居に出られて、うれしいでしょ。

Joey: Hey, I’ve done plays before. I’m a serious actor.
 おい、俺だって芝居はやったことがある。俺は実力派役者だ。

Kate: That infomercial! For the milk carton spout thing! You’re-you’re the guy who doesn’t know how to pour milk!!
 TV通販ね! ミルク・カートンの注ぎ口! あなた、ミルクの注ぎ方がわからない人ね。

Joey: See, I actually can pour milk, but I got you believing that I couldn’t. Now, see, that’s acting.
 いや、注ぐことはできるんだよ。でも、できないように見せてる。ほら、そこが演技だよ。

Kate: Right, at the end, you choked on a cookie.
 そうね。それで最後に、クッキーを喉につまらせてたわね。

Joey: Yeah, that was real.
 ああ、あれは本当だった。

《セントラルパーク》

Phoebe: Wow! I cannot believe Mark asked you out.
 まぁ! マークがあなたを誘ってきたなんて!!

Rachel: I know.
 そうなのよ。

Phoebe: What, so what are you gonna tell him?
 それで、あなたどう返事するの?

Rachel: Well, I told him I would think about it, but I’m gonna tell him no.
 ええ・・考えてみるって答えたんだけど、やっぱり返事はノーね。

Phoebe: Huh.
 そうか。

(ガンターが自分がいってみようと近づいてくる)
Rachel: I mean I think I’d say no to anybody right now. . . Oh, but it was so strange. I mean, I’m standing there with this charming, cute guy, who’s asking me to go out with him, which I’m allowed to do, and I felt guilty. You know, like I’d be cheating on Ross or something.
 今は誰に対してもノーって言いそうな感じよ・・(ガンターが素早く向きを変えて立ち去る)ああ、でも本当変な感じ。チャーミングで素敵な人と一緒にいて、その人が誘ってきてるっていうのに、そして私それにこたえていいのに、なのに罪悪感を感じるのよ。まるでロスを裏切ってるような。

Phoebe: Wow. So, okay, maybe that means that, you’re not over Ross yet and you have issues with your father.
 まぁ、そうなんだ。それは、あなたがロスをまだ忘れてないってことと、それからお父さんとの関係に問題があるのかもね。

Rachel: I don’t have any issues with my Father.
 ・・私、父との間に問題はないわよ。

Phoebe: Okay, so it’s probably just the Ross thing then.
 そう。それじゃロスのことだけね。

《チャンドラー達の部屋》

Joey: I hate this woman!! I hate her! She told everyone in the company about that infomercial, and now they all keep asking me to open their drinks. Okay, and whenever I can’t do it, they’re all like-like laughing at me.
 あの女大嫌いだ! 彼女大嫌い! みんなにTV通販のことしゃべってくれて、今じゃみんなが飲み物を開けてくれって頼みにくるんだ。それで、俺が開けられないと、みんなで笑うんだ。

(ロスが来る)
Ross: Hello.
 やぁ!

Chandler and Joey: Hey!
 おお。

Ross: So Rachel called. Wants to see me. Going over in a minute.
 レイチェルから電話があったんだ。会いたいって。今から行くんだ。

Joey: Wow, what-what do you think she wants?
 ワオ。なんだろうな?

Ross: Well, maybe the crazy fog has lifted and she realizes that life without me.... a-sucks.
 そうだな、もしかしたら、このおかしなもやが晴れて、彼女は気づいたのかもね。僕なしの人生が・・最悪って。

Chandler: It’s possible. You are very lovable, I’d miss you if I broke up with you. . . . I was just trying to be supportive.
 それはあり得るね。君ってすごくかわいいから、もし別れたら寂しくなっちゃうよ。(ロスににらまれて)ただ応援したくてさ。

Ross: Then be supportive like a guy.
 男らしく応援してくれ。

Chandler: If I broke up with you, I’d miss you.
 (低い声で)もし君と別れたら寂しくなっちゃうよ。

《モニカ達の部屋:レイチェル1人。ロスが来る》

Ross: Hi.
 やぁ。。

Rachel: Hi!
 ハイ!

Ross: You ah, wanted to see me?
 何か・・用なんだって?

Rachel: Yeah. Ahh, here’s a box of your stuff.
 そうなの。えっと・・これ、あなたの荷物。(箱を渡す)

Ross: What?!
 えっ?!

Rachel: Oh, you know, it’s just like hats and a shirt and CD’s. Just sort of stuff that you’ve left here.
 ほら、あなたの帽子とかシャツとかCDとかよ。あなたがここに置いていったもの。

Ross: What are you doing? Are you trying to hurt me or something?
 どういうこと? 僕を傷つけたいか何か?

Rachel: No. Ross, it, it just seems that you know, it’s time we you know, move on. I mean, don’t you think?
 違うわよ、ロス。だってほら・・私たち、先に進まないと。ね、そう思わない?

Ross: Yes.
 思うよ。

Rachel: Yeah.
 そうでしょ。

Ross: Yes, I do.
 ああ、そうだ。

Rachel: Good.
 よかった。

Ross: Yeah, I really do. . . Hey! This was a gift?!
 ああ、本当にそうだ(箱を見る)おい! これはギフトだぞ!

Rachel: Ross, you got that for free from the museum gift shop.
 ロス、それって博物館のギフトショップで無料でもらったものでしょ。

Ross: It’s still a gift! I got it from the gift shop!
 だけどギフトだ! ギフトショップでもらったんだもの。

Rachel: Okay, all right, give me the mug! I’ll keep the mug.
 わかった、わかったわよ。ちょうだい、そのマグは私が持ってるわよ。

Ross: No!! You know-you know don’t do me any favors. In fact, where’s the rest of my stuff?! Huh? Like-like my umm. . . Hey, this book is mine!! And-and-and, and that T-shirt you sleep in? I’d like that back too. Yes, I do.
 いいよ! そんな・・そんな何も親切にしてくれなくたっていいよ。それどころか・・他の僕の物は? え? たとえば・・たとえば・・おい! この本は僕のだ! それから・・それから・・それから、君が寝る時着ているTシャツは? あれも返してもらいたいね。そうだ、返して!

Rachel: You know how much I love that T-shirt! You never even ware that T-shirt!
 あなた私がどんなにあのTシャツを好きか知ってるじゃないの! あのTシャツ着ないくせに!

Ross: I’m just trying to help you, "move on."
 「先へ進む」のを手伝ってるだけですけど。

Rachel: Oh, you are a petty man. You are a petty, petty....
 まぁ、あなたって、ちっぽけな男ね。あなたってちっぽけなちっぽけな・・

Ross: Petty...
 ちっぽけな・・

Rachel: Petty petty...
 ちっぽけなちっぽけな(自分の部屋へ行く)

Ross: Petty petty...
 ちっぽけなちっぽけな

Rachel: Small...
 ちっちゃな

Ross: Small...
 ちっちゃな(レイチェルがTシャツを持って戻ってくる)

Rachel: You are so just doing this out of spite.
 あなた、ただ意地悪でこうしてるだけじゃないの!

Ross: Ah, no, no, no!!
 いえいえいえ!

Rachel: Huh?
 え?

Ross: I’m gonna wear this all the time! I love this shirt!!
 これからはこれをいっつも着ます! このシャツ大好き!

relax.jpg

Rachel: You have not worn that T-shirt since you were 15!! It doesn’t even fit you anymore!
 15の時以来着ていないくせに! もう着ることだってできないくせに!!

Ross: Oh, yeah-yeah-yeah-yeah...
 ああ、そうですかそうですかそうですかー!

Rachel: Yeah-yeah-yeah!!
 そうですそうですそうですー!

Ross: Oh-oh, okay, okay! If you don’t mind I’m gonna take the rest of my stuff, and relax, in my favorite shirt. You have a pleasant evening.
 ああそう、いいよ。(セーターを脱いで、‘Frankie says relax’と書いた小さすぎるTシャツを着る)よろしければ、僕のほかの物も持って行きます。楽しい夜を!(ドアを開けっ放しで帰って行く)



《セントラルパーク》

Phoebe: So, you’re like a zillionaire?
 (ピートに)あなたって、兆万長者って感じよね?

Chandler: And you’re our age. You’re our age.
 それで俺たちと同年代。俺たちと同年代!

Phoebe: You know what? You should like, you should buy a state and then just name it after yourself.
 ねぇ? あなた、州を買って自分の名前つけたらいいのよ。

Pete: Like Pete Dakota?
 ピート・ダコタみたいに?

Phoebe: Yeah, or, or, or, Mississ-Pete.
 そう! それか、それか・・ミシシッピート!

Joey: Oh, oh, I got it! Pete-Chicago.
 あっ、俺も思いついたぞ。ピート・シカゴ。

Chandler: That’s not a state, Joe.
 それ州じゃないぞ、ジョー。

Joey: Oh, and Mississ-Pete is?
 なに、それじゃミシシッピートは州か?

Pete: I got to go. So ah, I’ll see you guys later.
 もう行かなきゃ。まあ、またね、みんな。

All: Okay.
 じゃあね。

Chandler: You’re our age!
 君は俺たちの年!

Pete: So are we on for tomorrow?
 (モニカに)それじゃ、明日も会えるね?

Monica: Absolutely! Now, get out of here you!! . . . . Okay, I’m running out of places I can touch him! Look, is there something wrong with me? I mean, why am I only attracted to guys where there’s no future? Either they’re too old, or they’re too young. And then there’s Pete who’s-who’s crazy about me, and who’s absolutely perfect for me, and there’s like zip going on! I mean, seriously, does it sound like something’s wrong with me?!
 もちろんよ! (キスをかわしてピートの頭をなでて)さぁ、行きなさい!(ピートは帰り、みんなと話す)もう触れる場所がなくなってきたわ。ねぇ、私って何かおかしいの? 私ってどうして、将来のない男ばっかりに惹かれるの? 年を取りすぎてたり若すぎたり。そして今度はピートが現れて、私に夢中なのに、私にとって完璧なのに、何ともならない! 私って、本当に、何かおかしいのかしら?

(zip = 無)

Phoebe: Yeah, kind of.
 まぁ、そんな感じね。

《劇場》

Kate: Happy?! Is that what I’m supposed to be, Vic? Happy?
 幸せ? 私はそうであるべきなの、ビク? 幸せ?

Joey: Well, why don’t you tell me what you’re supposed to be! Huh? Because I sure as hell can’t figure it out! I talk to you, and nothing. You look at me, and it’s nothing. . . . Nothing.
 どうあるべきなんて、君が言えよ。え? 僕にわかるわけもない。僕が話しかけても、そこには何もない。君が僕を見ても、何もない。(キス)何もない。

The Director: Tasty! I’m really starting to feel like you guys have a history, it’s-it’s nice.
 味があるね! 君たちにこれまでの過去があるって気がしてきたよ。いいね。

Kate: I have a question about this scene.
 この場面で質問なんですけど。

The Director: Yes?
 なに?

Kate: Well, I don’t understand why Adrienne’s attracted to Victor.
 エイドリアンがビクターに惹かれる理由がわからないんですけど。

The Director: Peel the onion. First of all, he’s good looking.
 深く読め! まず第一に、彼は見た目がいい。

Joey: Yeah.
 そうさ。

Kate: I think my character’s gonna need a little bit more of reason than that.
 私のキャラクターには、それ以上の理由がいると思います。

Joey: Oh, hey, how about this one. Ah, it’s says so in the script! You know ah, I don’t know why my character likes you either, I mean it says in the script here that you’re a bitch.
 ああ、そうかい。じゃあこれはどうだ? 台本に書いてあるからだ! 俺のキャラクターが君を好きな理由もわからないよ。だってこの台本に君はクソ女って書いてあるのにね。
 
Kate: It doesn’t say that in the script.
 そんなこと台本に書いてないわよ。

Joey: It does in mine!
 俺の台本には書いてある!

《チャンドラー達の部屋の前:ロスとチャンドラー》

Chandler: I can blow-dry it. I can put gel on it. It doesn’t matter, I still wind up with this little cowlick-y thing on the middle part of my head. It’s so annoying. Does it bug you?
 ドライヤーで乾かすこともできる。ジェルをつけることもできる。それは問題じゃないんだ。ただ(頭のてっぺん後ろを触って)このあたりの立ち毛はどうにもならない。本当にやっかいだよ。おまえこれに悩まされない?

(cowlick = 額の立ち毛)

Ross: You bug me.
 おまえに悩まされるよ。

(モニカ達の部屋から、レイチェルとマークが出てきて、無言で立ち去る)
Chandler: Is there any chance you didn’t see that?
 もしかして、いまの見なかったなんてことないよな?

《チャンドラー達の部屋:チャンドラーはTVを見、ロスはドアに貼り付いている》

Chandler: Ross! You gotta stop! Okay?! You can’t just stare through the peep hole for three hours! You’re gonna get peep-eye!
 ロス! やめろって! いいか? 3時間も覗き穴を見てるもんじゃない! 覗き目になるぞ!

Ross: I knew it! I knew it! I always knew she liked him! You know, she’d say no, but here we are! Right? We just broke up, first thing she does!
 やっぱりだ! やっぱりだ! 彼女はやつを好きだってわかってたんだ! 違うって言ったけど、ほら見ろ! 別れたばっかりなのに、まずこれだよ!

Chandler: You didn’t just break up.
 別れたばっかりじゃないだろ。

Ross: Hey, it’s been like three weeks!
 おい、3週間だぞ!

Chandler: You slept with somebody three hours after you thought you broke up. I mean bullets have left guns slower!
 おまえ終わったと思った3時間後には他の人と寝たじゃないか! 銃弾だっておまえより遅いって感じだよ。

Ross: Here they come, here they come. Oh-ho, if she kisses him goodnight, I’m gonna kill myself, I swear. I can’t, I can’t watch this. . . . Come on, date over! Date over! Uh-oh, here we go, she’s going in.
 来たぞ。2人が来た。ああ! もし彼女がおやすみのキスをしたら、僕は死ぬ! 絶対だ・・見てられない・・(目をそむけたが、すぐまた覗く)デート終わり! ほら、デートは終わり! ああ! よし、彼女部屋に入るぞ。

Chandler: Okay.
 よし。

Ross: She’s going in. Wait! He’s going in! He’s going in!! The door’s closed! I, I can’t see anything with the door closed!!
 彼女部屋にはいる。待て! やつも入るぞ! 彼も入っていく!! ドアが閉まった! ドアが閉まってちゃ何も見えない!

Chandler: And the inventor of the door rests happily in his grave.
 ドアを発明した人も草葉の陰で喜んでるよ。

Ross: Okay, I have to do something. I mean, I have, I have to stop it!
 よし、何かしなくちゃ。なにかして、止めなくちゃ!

Chandler: Stop what?!
 何を止めるんだよ?!

Ross: I don’t know, but I ah, I have the feeling that my being there will do it. I’ll go over and I will borrow something. Juice!! I need juice!!
 わからないけど、僕があっちに行けば止められる気がする。行って何か借りよう・・ジュースだ! ジュースがほしい!

(出て行こうとするロスにしがみついて止めるチャンドラー)
Chandler: No!! You can’t!!
 ダメ! ダメだ!

Ross: Look, they must be stopped!
 いや、止めないと!

Chandler: I am your friend, and I am not gonna let you do this!! . . . You are surprisingly strong!
 俺はおまえの友達だ。これはさせられない。(チャンドラーを背負ったまま進んで行こうとするロス)おまえおそろしく強いな!

Ross: I need juice! People need juice!!
 ジュースがいる! 人にはジュースが必要なんだ!

Chandler: Look, man!
 聞いてくれよ。

Ross: People need juice!
 人にはジュースがいる!

Chandler: Listen to me!!
 聞けったら!

Ross: Juice, I need...
 ジュースが・・僕は・・

Chandler: She’s moving on! Okay, if it’s not this guy, it’s gonna be somebody else! And unless you’re thinking about subletting my peephole, you are gonna have to get used to the fact that the relationship is over! Okay, man? It’s over.
 彼女は先に進もうとしているんだ! いいか、あいつじゃなかったとしても、他の男かもしれない。おまえはうちの覗き穴をまた借りしたいか知らないが、おまえ達の関係は終わったんだってことを受け入れるしかないんだ。いいか? 終わったんだ。

Ross: Yeah, okay.
 ああ、わかった。

Chandler: Okay.
 よし。

Ross: It’s just I miss her so much.
 だけどすごく彼女が恋しいんだ。

Chandler: I know.
 わかるよ(ロスの頭をなでる)

《モニカ達の部屋》

Mark: Why do all your coffee mugs have numbers on the bottom?
 君達のマグカップはどうして全部、裏にナンバーがついてるの?

Rachel: Oh. That’s so Monica can keep track. That way if one on them's missing, she can be like, ‘Where’s number 27?!’
 ああ、それはモニカの追跡用よ。もし足りなかったら、彼女はこうよ。「私の27番はどこ?」

(マークがキスをしてくる)
Rachel: You know what?
 ねぇ、ちょっといい?

Mark: No. And I don’t think I’m gonna want to.
 いや。よくない。

Rachel: I can’t do this.
 私できないわ。

Mark: Yep. Yep, that’s what I didn’t want to know.
 そう、それを聞きたくなかった。

Rachel: Well, oh, Mark, I’m doing this for the wrong reasons, you know? I’m just doing it to get back at Ross. I’m sorry, it’s not very fair to you.
 マーク、私、こうしてる理由が間違ってるわ。ロスに仕返しするためにこうしてるのよ。ごめんなさい。こんなのあなたに悪いわ。

Mark: Ah! Fair, schmair! You know? Look, if you want to get back at Ross, I am here for you. Really? No-no, I say-I say, I say we get back at him right on this couch. Right here!
 悪くなんかないさ! いいかい? ロスに仕返ししたいなら、どうぞ僕を使って。本当だよ。さぁ、このカウチで一緒に仕返ししよう。ここでほら!

(fair schmair -- 公平なんてどうでもいい。
 "schm−"言葉の頭につけて、「どうでもいい」)


Rachel: Oh, God. I’m sorry about this.
 ああ。。ごめんなさいね。

Mark: That’s okay.
 いいんだよ。

Rachel: You sure?
 本当?

Mark: Yeah. I can just go home and get back at him by myself.
 ああ。帰って1人でやつに仕返しするよ。

《ホテルのパーティ:モニカとピート》

Spokeswoman: ...has become the penicillin of the twenty-first century. And so today, this hospital is about to take major steps toward leading that revolution. It is truly ironic, on one hand consider the size...
 これは21世紀のペニシリンです。こうしてこんにち、この病院は改革への大きな一歩を踏み出すことになりました。これは皮肉でもあります。一方ではサイズを考慮し・・・

Pete: Hey, can I ask you something?. . . Where are we?
 (モニカに)ねぇ、一つ聞いていいかな? 僕らはどういうところに来ている?

Monica: Well, with all these doctors and nurses, I’m gonna say, "Midget Rodeo."
 そうね。このお医者さん達と看護婦さん達からして、「小さい人のロデオ」

Pete: Just tell me the truth.
 本当のこと言って。

Monica: Okay. You know, I don’t think I told you this, but umm, I just recently got out of a really serious relationship.
 わかったわ。これは言ってなかったと思うけど、私、最近まで、本当に真剣な交際をしていたの。

Pete: Oh, yeah. Wasn’t that like a year ago?
 ああ、それ1年くらい前だよね?

Monica: So I did tell you. Okay, you know, that really isn’t the thing. Umm, the thing is that, right now I’m just in a place in my life where I need to focus on me. You know what I mean?
 あら、話したのね。わかったわ。本当はそれじゃないのよね。うーん・・問題は・・私は今、人生で、自分自身に専念すべきところに来ているのね。わかるかしら?

Pete: Oh, yeah. I know that.
 ああ、わかるよ。

Monica: I so wanna be attracted to you.
 本当にあなたに惹かれたいんだけど。

Pete: But you’re not. Okay, good.
 でも違うんだね。わかった、いいよ。

Monica: I’m sorry.
 ごめんね。

Pete: You know what, don’t be. This is not, don’t be, ‘cause it’s not so bad.
 いいんだよ。悪くない。いいんだ。そんな悪くないから。

Monica: It’s not?
 悪くない?

Pete: Yeah. I know I’m no John Bon Jovi, or someone who find attractive. I just, I think, you know, that you might end up feeling differently.
 ああ。僕はジョン・ボン・ジョビとか、魅力的なやつじゃないってわかってる。ただ、きっと君の気持ちは変わると思う。

Monica: Well, um, look I don’t want this to come out wrong, but ah, you seem awfully confident for a guy I just told I wasn’t attracted to.
 まぁ・・悪くとって欲しくないんだけど、たった今惹かれないって言われたばかりにしては、すごく自信があるのね。

Pete: Yeah, stupidly charming isn’t’ it? Well, listen, let’s, you wanna get something to eat? This place is kind of depressing.
 ああ。バカみたいにチャーミングだろ? さて。どこか食べに行く? ここって気が滅入るよね。

Spokeswoman: And the man who made all this possible... Mr. Peter Becker.
 そして、これらのことを可能にした人物、ミスター・ピーター・ベッカー!

Pete: One second.
 (モニカに)ちょっと待ってね。(速やかにテープカットと写真撮影を終え、モニカと出て行く)

《チャンドラー達の部屋:チャンドラー1人》

Chandler: I don’t think this town is big enough for both of us to relax in. . . Draw!!
 (リクライナーに座って)この町は俺たち2人がくつろぐには狭いようだな。・・引け!(バーを引いて椅子を倒す早業で西部劇ごっこ遊びをしているらしい)

(ジョーイが来る)
Chandler: I wasn’t doing anything. . . Uh-oh, what did she do now?
 何もしてなかったよ。(ジョーイは黙って物をぶつける)おっと。今度は彼女何をしたんだ?

Joey: Just because she went to Yale drama, she thinks she’s like the greatest actress since, since, sliced bread!
 イェールの演劇部を出たからって、自分で偉大な女優だと思っているんだ。

(the best thing since sliced bread = すばらしくよいものだと思われるもの。たいていは、実際以上に)

Chandler: Ah, Sliced Bread, a wonderful Lady MacBeth.
 ああ、偉大な女優といえば、レディ・マクベスね。

Joey: God, I just, I hate her! I hate her!! With her, ‘Oh, I’m so talented.’ and ‘Oh, I’m so pretty,’ and ‘Ooh, I smell so good.’
 ああもう、とにかく彼女が嫌いだ! 嫌いだ! 彼女はもう「ああ、私って本当に才能があるの」「ああ、私って本当にかわいいの」「ああ、私ってすごくいい匂い」

Chandler: I think somebody has a crush on somebody.
 誰かさんは誰かさんに恋をしているようだな。

Joey: Hey, Chandler, can we please stay focused on my problem here?! You know?
 おい、チャンドラー、話そらさずに聞いててくれよ。

Chandler: I’m talking about you. You big, big freak.
 おまえの話をしてるんだよ。このばかちんが。

Joey: Oh. Oh. You’re out of your mind.
 ああ。・・ああ? おまえどうかしてるよ。

Chandler: Hey, you have done nothing but talk about her for the last 48 hours! If you were in a school yard you’d be pulling her pigtails and pushing her down now!
 おまえこの48時間、彼女の話しかしてないぞ。もしここが学校の校庭なら、おまえは今ごろ、彼女の髪を引っ張ったり押し倒したりしてるさ。

Joey: Oh, yeah?! Then how come I keep thinking about her in all these sexual scenarios and stuff, huh?!
 ああそうかい? それじゃなんで俺は彼女とのエッチな想像ばっかりしてるんだ、え?

《劇場》

Kate: Happy?! Is that what I’m supposed to be Vic? Happy?
  幸せ? 私はそうであるべきなの、ビク? 幸せ?

Joey: Well, why don’t you tell me what you’re supposed to be! Huh? Because I sure as hell can’t figure it out! I talk to you, and nothing. You look at me, and it’s nothing. . . . Nothing.
 どうあるべきなんて、君が言えよ。え? 僕にわかるわけもない。僕が話しかけても、そこには何もない。君が僕を見ても、何もない。(前回より情熱的なキス)何もない。

The Director: You guys make me fly! High! Okay, we’re gonna pick it up here, tomorrow.
 君たち、僕はぶっ飛んだよ! 高く!! よし、明日この続きをやろう。

Kate: Well, that was ah...
 (ジョーイに)今のは・・

Joey: Better?
 よくなった?

Kate: Yeah! Yeah, it was definitely an improvement. Good night.
 ええ! ええ、ほんと、進歩したわ。おやすみ。

Joey: Ah, Kate?
 ケイト?

Kate: Yeah?
 なに?

Joey: You ah, you forgot your shoes.
 君、靴を忘れてるよ。

Kate: I’m probably gonna need those, huh?
 あら。私これがいるわよね。(笑いながら立ち去る)

Joey: Hey, listen you ah....
 ねぇ、もし

Kate: Hmm?
 え?

Joey: ...feel like getting a cup of coffee?
 よかったら、コーヒーでもどう?

Kate: Umm.
 うーん。

The Director: Kate?
 ケイト?

Kate: Yep.
 ええ。

The Director: You ready to go?
 もう行ける?

Kate: Yeah.
 ええ。

The Director: Very nice. Very nice.
 (ジョーイに)よかったよ。すごくよかった。(立ち去る)

Kate: So umm, I’ll see you tomorrow, huh?
 それじゃ・・また明日ね。

Joey: Yeah, yeah, sure, goodnight.
 ああ、そうだね。おやすみ。

《モニカ達の部屋》

Phoebe: Hey! Why isn’t it Spiderman? You know like Goldman, Silverman...
 (チャンドラーに)ねぇ! なんでスパイダーマンさんっていないの? ゴールドマンとかシルバーマンみたいに。

Chandler: ‘Cause it’s-it’s not his last name.
 だって、それ、名字じゃないもの。

Phoebe: It isn’t?
 違うの?

Chandler: No, it’s not like, like Phil Spiderman. He’s a spider, man. You know like ah, like Goldman is a last name, but there’s no Gold Man.
 違うよ。たとえばフィル・スパイダーマンなんていないよ。彼は、スパイダー・マンだよ。ゴールドマンは名字だけど、ゴールド・マンはいないだろ。

Phoebe: Oh, okay. There should be Gold Man!
 ああ、そうなのね。でも、ゴールド・マンもいるはずよね!

(レイチェルが来る)
Rachel: Hey!
 ハーイ。

Monica: Hey, Rach, how was work?
 あ、レイチ、仕事どうだった?

Rachel: Oh, great. Although I did sit down where there wasn’t a chair.
 よかったわ。椅子のないとこに座っちゃったけど。

Monica: By the way, Ross dropped by a box of your stuff.
 ところで、ロスが来てあなたの箱を置いてったわよ。

Rachel: Oh, well, I guess I had that one coming. I’m just gonna throw it out, it’s probably just a bunch of shampoo and... (she opens the box and stops)
 ああ、そうなの。そりゃ、そう来るわよね。捨てればいいわ。多分、シャンプーとか・・(箱の中を見て無言)

Monica: Something wrong?
 どうかした?

Rachel: No. Nothing.
 (中に入っていたのは例の"RELAX"Tシャツ)いえ、なんでもないの。

《チャンドラー達の部屋》

Chandler: So, ahh, what kind of powers would Gold Man have?
 それじゃ、ゴールド・マンはどういうパワーを持ってるんだ?

Phoebe: Okay well, he would turn things to gold.
 そうね、彼は物をゴールドに変えてしまえるのよ!

Chandler: What about things that are already gold?
 既にゴールドになってるものは?

Phoebe: Ahh, his work is done.
 おお! 彼のなせる技よ。

Chandler: Okay, let’s play my game now.
 よし、じゃあ今度は俺のゲームしよう。

Phoebe: Okay. All right, you yellow-bellied-lily-livered-Draw!! . . . Yeah, it's fun.
 いいわよ。よし、この根性なしの弱虫め引け! ・・ ほんと楽しいわね。


*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.
"Frankie says Relax" というタイトル、映画
『ラブソングができるまで』の中でも使われています。
Huge grant が歌う
 "Don't write me off"





にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 14:27| Comment(0) | Season3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月15日

3-18 The One With The Hypnosis Tape

3-18 催眠テープの話

 ☆愛さえあれば年の差なんて!☆

《セントラルパーク:ジョーイが1人で笑い出す》

Monica: What’s so funny?
 何がそんなにおかしいの?

Joey: Oh, nothing, no. It’s an acting exercise, I’m practicing my fake laugh.
 いや、なんでもないよ。演技の練習で笑ってるんだ。

Monica: Oh.
 ああ。(ニセ笑いをしてみる)

Joey: What? What’s so funny?
 なに? 何がそんなにおかしいの?

(タバコをくわえたチャンドラーが来る)
Gunther: Oh, no-no, no-no-no, there’s none of that in here.
 あっ、ダメダメダメ、ダメですよ。ここではダメです。

Chandler: Oh, come on, man! At least let me finish this last one.
 もう、なんだよ! この一本だけ吸わせてくれよ。

Gunther: Okay, but only if you give me a drag.
 わかりました。それをちょっと吸わせてくれたらいいですよ。

Chandler: Okay.
 よし。

Gunther: Oh, dark mother, once again I suckle at your smokey teat.
 (チャンドラーのタバコを深々と吸って)おお、闇の母よ。またそなたの煙る乳首を吸ってしまった!

Chandler: No-no, why don’t you hold on to that one.
 (返すガンターに)いや、もういいよ。それにしがみついてて。

(カウチ横に座ってタバコをくわえるとレイチェルが取る。またくわえるとレイチェルが取る)
Chandler: Okay, that’s like the least fun game ever.
 これはまた最低な楽しさのげーむだな。

Rachel: Well, I’m really sick of your smoking, so I brought something that is going to help you quit.
 あなたのタバコにはもううんざりなの。だから、いいものを持ってきたのよ。これでやめられるわ。

Chandler: Oh. Nope, that patch is no good.
 ああ。(受け取ったカセットをニコチンパッチのように腕に貼り付けると落ちる)ダメだ。このパッチは効かないよ。(ジョーイとモニカがニセ笑いを披露する)

Rachel: Come on, it’s a hypnosis tape. This woman at work used it for two weeks straight and she hasn’t smoked since.
 やめて、これは催眠テープなのよ。会社の女性がこれを2週間聞いて、それ以来吸ってないのよ。

Ross: Pffhah.
 ふん!

Rachel: What’s your problem?
 なにか問題?

Ross: Nothing, it’s just that hypnosis is beyond crap.
 別に。ただ、催眠なんて嘘っぱちだね。

Rachel: Ross, I watched you get hypnotized in Atlantic City.
 ロス、アトランティックシティに行った時、あなた催眠にかかったじゃないの。

Ross: Hey, that guy did not hypnotize me! Okay?
 いや、あいつの催眠になんてかかってない!

Rachel: Oh right, ‘cause you always pull your pants down at the count of three and play "Wipe Out" on your butt cheeks.
 ああ、そうよね。あなたは、3つ数えるといつもパンツを下ろして、お尻で「ワイプ・アウト」を演奏するもんね。

(Wipe Out はベンジャーズの演奏で知られる曲↓こちら)


Phoebe: All right, you know, forget hypnosis. The way to quit smoking is you have to dance naked in a field of heather, and then bath in the sweat of six healthy young men.
 いいこと。催眠なんて忘れて。タバコをやめたいなら、ヘザー畑で裸で踊って、6人の健康な若い男の汗のお風呂に入るのよ。

Chandler: Or what my Father called "Thursday Night."
 それを俺の父は「サーズデイ・ナイト」と呼ぶね。

《セントラルパーク:ロスがレイチェルにカップを渡す》

Ross: Here you go.
 はいどうぞ。

Rachel: Oh, you know what, I didn’t want cinnamon on this.
 あっ、ねぇ、私これにシナモンは入れたくないの。

Ross: Sorry.
 失敬。(手で上の方をすくい取るロス)

(フランクが来る)
Frank: Hi!
 やぁ!!

Phoebe: Oh, my God!!
 あらまぁ!!

Frank: Hi!
 ハーイ。

Phoebe: Frank! Hi!
 フランク、ハーイ!

Frank: How are you?
 元気?

Phoebe: What are you doing here?
 どうしたの?

Frank: Oh, you know, I would’ve called but I lost your phone number and then ah, my Mom locked me out of the house so I couldn’t find it. And then, I tried to find a pay phone, and ah, the receiver was cut off. So...
 ああ、電話しようかと思ったんだけど、電話番号なくしちゃってさ。おふくろには家から閉め出されて探し出せなかったんだよ。それで公衆電話を探したんだけど、受話器がもげててさ。

Phoebe: What happened?
 何があったの?

Frank: Ah, oh, the ah, vandalism.
 あー・・公共物破壊行為。

Phoebe: But, also, what happened between you and your Mom?
 だけど、あなたとおかあさん、何があったの?

Frank: Well, we got into a fight ‘cause she said I was too immature to get married.
 ああ、ケンカしたんだ。俺が結婚するには早すぎるって言うからさ。

Phoebe: You're getting married?!
 結婚するの?!

Frank: Oh, yeah!
 ああ、そうなんだ!

All: Wow!
 ワオ!

Phoebe: My little brother’s getting married!!
 私の弟が結婚する!!

Frank: Oh, I knew you’d be so cool about this. All right, ah, hey, do you want to meet her?
 ああ、やっぱり君ならそう言ってくれると思ったよ。よし、ねぇ、彼女に会いたい?

Phoebe: Do I?
 私が会いたいかって?

Frank: Do you?
 会いたい?

Phoebe: Yeah, I do, yeah.
 ええ、会いたいわ。

Frank: Okay, cool, all right, she just ah, parking the truck. I’m gonna, I’m gonna get my ah, my fiancee, man!
 よかった。よし、わかった。彼女今トラックを駐車してるとこだから。もうすぐ、俺の婚約者がくるぜ!

Chandler: You know, I would’ve bet good money that he’d be the first one of us to get married.
 な、彼が最初に結婚するにたくさんお金賭ける。

Phoebe: Yeah, isn’t it fantastic?
 ねぇ、すばらしくない?

Monica: Yeah, ah, but Pheebs, don’t you think he’s a little young to get married?
 そうね。でもフィーブス、彼結婚するには若すぎると思わない?

Phoebe: What, he’s 18.
 なに? 彼は18よ。

Ross: Exactly, it’ll be illegal for him to drink at his own bachelor party.
 そうだよ。バチェラーパーティでお酒を飲んだら違法なんだぞ。

Joey: Yeah, or-or to get a hooker.
 そうだな。それとか、売春婦を買ってもな。

Chandler: Always illegal, Joe.
 いくつでも違法だ、ジョー。

Frank: Hey! Hey! This is my fiancee, Mrs. Knight.
 ねぇねぇ!! 俺のフィアンセ、ミセス・ナイト!(彼女にフィービーを教える)

Alice: You know, it’s funny, um, Frank told me so much about you, but you're not how I pictured you at all.
 (フィービーに挨拶)まぁ、おかしいわね、フランクからあなたのことはいっぱい聞いてるけど、あなたは想像とは全然違うわ。

Phoebe: Yeah, I’m a big surprise.
 ええ。私は意外性の人なのよ。

Monica: So, how did you guys meet?
 それで、あなた達どこで知り合ったの?

Frank: Well um, I was in Mrs. Knight’s, I mean Alice, sorry, Alice, I always do that. I was in her Home Ec class.
 俺はミセス・ナイトの・・いや、アリス、ごめん、アリス。いつも間違っちゃうんだ。彼女の家庭科のクラスで会ったんだ。

Alice: And he was my best student.
 彼は一番の生徒だったの。

Frank: Yeah, she was my best teacher.
 ああ。彼女は僕の一番の先生だったよ。

Alice: Ohhh.
 おお・・(2人抱き合い激しいキスへなだれ込む)

Chandler: If that doesn’t keep kids in school, what will?
 それで生徒がちゃんと出席しないなら、他に手はない。

Ross: And so now you guys are gonna be married?
 それで、君たちは結婚するんだって?

Alice: Yeah. You know, we talked about just living together, but um, we want to have kids right away.
 ええ。最初は一緒に住むことを話し合ったんだけど、でもね、すぐ子供が欲しいと思って!

(みんなショック)
Rachel: Oh, my God!! Great!
 オーマイゴッド!! 素敵ね。

Phoebe: Wow, kids. Frank, are you sure you’re ready for that?
 ワオ。子供ね・・フランク、あなた本当にいいの?

Frank: How hard can it be? You know, I mean, you know, babies, you know, who doesn’t want babies right? And besides you know, I never had a Dad around, and ah, now-now I always will, ‘cause you know, it’ll be me. Right?
 何も難しいことはないだろ? だってほら、赤ちゃんだよ。誰だって赤ちゃん欲しいだろ? 俺は父親がそばにいなかったからさ。そうなれば、いつもそばにいるようになるよ、だって俺が父親だもんね?

Alice: You know, I mean, really we do realize that there’s an age difference between us.
 そりゃね、年の差があるってことは本当にわかってるんだけどね。

Phoebe: Oh good! Okay. ‘Cause you were acting like you didn’t.
 ああ、よかった! そうなのね。だってあなたわかってないみたいに見えたから。

Alice: Oh no, but when it comes to love, what does age matter?
 あら、いいえ。でも、愛ってことになったら、年なんて関係ないわよね?(2人ふざけてうなった後また激しいキスになだれ込む)

《チャンドラの寝室:催眠テープの流れる中寝ているチャンドラー》

Hypnosis Tape: You are falling fast asleep. Deeper. Deeper. Deeper. You are now completely asleep. You don’t need to smoke. Cigarettes don’t control you. You are a strong, confident woman, who does not need to smoke. A strong, confident woman.
 あなたは深い眠りに落ちます。深く、深く、もっと深く。あなたはもう完全に眠りの中です。あなたにタバコは必要ありません。タバコはあなたをコントロールできません。あなたは、強く、自信にあふれた、タバコなどいらない女性です。強く、自信にあふれた女性・・

《Moondance:レイチェルがランチに来ている》

Monica: And you know what? I just realized, in the last year I’ve only gone out with two guys, Richard and Julio. You gotta help me out here, you gotta set me up, you gotta get me back in the game.
 それでね、私気がついたんだけど、この1年、私、リチャードとフリオの2人しかつきあってないのね。助けてよ、誰かと引き合わせて。私を復活させてよ。

Rachel: Well, that shouldn’t be a problem. I mean I work in fashion and all I meet are eligible straight men.
 そうね、簡単よね。私はファッション業界で働いてるんだから、会う人みんな、年頃のストレートの男よね。

Monica: Pete, can I get you something else?
 (別の客に)ピート、他に何かいります?

Pete: Yeah, a slice of cheesecake and-and a date if you’re giving them out.
 そうだな。チーズケーキと、それから、もしよければ1回デート。

Monica: Haven’t we covered that topic?
 もうその話は済んだじゃない?

Pete: Hmm, come on, you just said to her that you….
 なんだよ、君たった今彼女に・・

Monica: Aww, the only reason you want to go out with me because my blond wig, and the big boobs, and the fact that I serve you food.
 あなたが私とデートしたいって思うのは、このブロンドのかつらと、このでかいおっぱいと、それからあなたに食べ物を提供してるからよ。

Pete: Well, if that were true, I’d be dating my Aunt Ruth. And the two times we went out were just plain awkward. . . Come on, you think she should go out with me, don’t you?
 もしそれが本当なら、僕はルースおばさんとデートしてるさ。2回デートしたけど、ただひたすら気まずかった。(レイチェルに)ね、君は、彼女僕とデートすべきだと思うよね?

Rachel: Well, I mean, are you sure you want to go out with her? I mean that ain’t a pretty picture in the morning, you know what I mean. That wig all in disarray, and boobs flung over the night stand, you know.
 そうね、でも本当に彼女とデートしたいの? 朝見たら美しくはないわよ。わかるでしょ。かつらは乱れて、おっぱいはナイトスタンドにひっかかってるわよ。

Monica: I mean really, think about it.
 ほんとよ。考えてもみて。

Pete: Ho-ho, I will.
 はは。考えてみるよ。

《チャンドラー達の部屋:ロスとジョーイに話すフィービー》

Phoebe: No, I know, I know, that this is Frank’s life. You know, I don’t want to be all judgmental, you know, but this is sick, it’s sick and wrong!
 わかってるわ、わかってるの、フランクの人生よね。ただ批判的になんてなりたくないけど、でも、こんなの変よ。変で、間違ってる。

Ross: Pheebs, what, is it the age thing?
 フィーブス、ひっかかってるのは年のこと?

Phoebe: No-no, oh, I’m fine with the age thing you know, until it starts sticking its tongue down my little brother’s throat!
 違うの。年のことはいいのよ。彼女が弟の口に舌を入れなきゃね!

Joey: Pheebs, he seems to enjoy it.
 フィーブス、彼は楽しんでるみたいだったぞ。

Phoebe: But, I mean, do you think he’s gonna enjoy it when he’s up to his elbows in the diapers from all the babies they have to have right away?! This is not fair to Frank, and it’s not fair to the babies, and you know what, it’s not good home economics.
 でも、すぐに子供を持って、赤ちゃんのおむつに埋もれてしまってもまだ楽しめると思う? フランクにとってよくないわ。赤ちゃんにとってもよくないわ。そして家庭科にとってもよくないわ。

Joey: Well, have you told him how you feel?
 どう思ってるか、彼に話した?

Phoebe: Yes. Not out loud.
 ええ。声に出してはないけど。

Ross: Pheebs, if you don’t tell him, soon he’s gonna be married, and then you’re gonna hate yourself.
 フィーブス、もし話さなかったら、もうすぐ彼結婚しちゃって、そうしたら君、後悔して自分をイヤになるぞ。

Phoebe: Yeah, but if I do tell him, then he’s gonna hate myself. I mean look at him and his Mom. I can’t. . . . But, you guys can. Please, you gotta talk him out of it.
 そうよね。でも、もし話したら彼が私をイヤになるわ。だって、彼と彼のママを見て。ムリよ。・・・でも、あなた達ならできるわ。お願い、彼を説得して。

Ross and Joey: No-no-no-no-no.
 ダメダメダメダメダメ!

Phoebe: Come on, you guys, you have nothing to lose, I have everything to lose. Do you want me to lose everything? Everything?!
 お願いよ! あなた達失うものないじゃん! 私はすべて失っちゃうのよ。すべて失ってほしい? すべてよ?!

Ross and Joey: No.
 いいや。

Phoebe: Okay, I’m gonna go get Frank.
 よかった。フランク連れてくるわ。

Joey: So, we’re walking down the street and I turn to you and I say, “Hey, let’s go hang out at Totally Nude Nudes,” remember? And then, and then, you turn to me and say, “Nah, let’s just hang out at your place.” Well, that was a nice move, dumb ass.
 な。俺たちな、通りを歩いていて、俺がおまえの方を向いて「完全完璧ヌードの店行こう」って言ったよな。覚えてる? そしておまえが俺の方を向いて言ったんだな、「いや、おまえの部屋でのんびりしよう」ってな。いい考えだったのな、あほたれ。

《モニカ達の部屋》

Rachel: I think you should definitely go out with this guy.
 あの人とデートに行くべきよ。

Monica: Nah, he doesn’t do anything for me.
 だめよ。彼のことなんとも思わないもの。

Rachel: Monica, last Saturday night, what happened on Walker: Texas Ranger?
 モニカ、先週の土曜日の夜、テキサス・レンジャーのウォーカーに何が起こった?

(ウォーカーは炎のテキサス・レンジャーの主人公)

Monica: Well, umm, Walker was looking for this big bus load of kids…. All right, I get your point.
 ウォーカーは、子供達が乗った大きなバスを探していて・・・。わかった。言いたいことわかったわよ。

Rachel: All right.
 よろしい。

(チャンドラーがくる)
Chandler: Hi.
 やぁ。

Monica: Hey.
 ハーイ。

Chandler: You know, I forgot the combination to this about a year ago? I just carry it around. You got any Chap Stick?
 1年くらい前からこの鍵の番号わからないんだよね。でもとりあえず持って歩いてるんだ。リップクリーム持ってない?

chapstick.jpg(Chap Stick)

Monica: Uh, yeah.
 ああ。あるわよ。

Rachel: Hey, how are those tapes working out for you?
 ねぇ、あのテープどう? 効いてる?

Chandler: You know what, pretty good.
 それがね、すごくいいよ。

Rachel: Yeah?
 そう?

Chandler: Good! I haven’t smoked yet today, I feel great, and-and-and confident, that is a stunning blouse!
 いい! 今日吸ってないし。気分はいいし、それにそれに、自信が・・そのブラウス素敵!!

Rachel: Thank you.
 ・・ありがと。

Monica: Here you go.
 はい、どうぞ。(Chap Stick渡す)

Chandler: Thanks
 ありがと。

Rachel: Hey, Mon, let’s give Pete a chance Come on, he was funny, he seems really nice, and that check thing was adorable.
 ねぇ、モン、ピートとつきあってみなさいよ。彼っておもしろいし、いい人そうだし、それに小切手のことだって可愛いじゃん。

Chandler: What check thing?
 小切手のことって?

Monica: As a joke, this customer at work who has a crush on me gave me a $20,000 tip. His number is on the check, he just did so I’d call him.
 冗談よ。うちに来るお客さんが私を好きになって、2万ドルのチップをくれたの。彼、小切手に番号書いてたから、電話してみるわ。

Chandler: Pete Becker. Pete… Is this him?
 (小切手を見て)ピート・ベッカー。ピート・・(カバンから雑誌を出して見せる)その人この人?

Monica: That’s Bill Clinton.
 それビル・クリントンじゃん。

Chandler: Who’s he hugging?
 彼がハグしてる相手だよ。

Monica: Oh, my God! That’s Pete! But why is Bill hugging Pete?
 オーマイゴッド! ピートだわ! でもなんでビルがピートをハグしてるの?

Chandler: This guy invented Moss 865! Every office in the world uses that program!
 この人Moss865を開発した人だよ! 世界中の会社でこのプログラム使ってるよ!

Rachel: We use it!!
 うちの会社で使ってるわよ!

Chandler: There you go!!
 ほら!

Rachel: Oh, my God, Monica’s gonna go out with a millionaire.
 オーマイゴッド! モニカが億万長者とデートする!

Monica: I’m not gonna go out with him.
 私は彼とデートしないったら。

Rachel: Oh, my God, I can’t believe this is a real $20,000 check, oh, this is just so exciting.
 オーマイゴッド! 信じられない。これ本物の2万ドルの小切手。ああ、興奮する!

Monica: Or incredibly offensive.
 またはとんでもない侮辱。

Rachel: Oh, yeah, sure, that too.
 ああ、そうそう、そうね。

(チャンドラーがリップクリームをたっぷり塗ってティッシュで余分を取る女の子っぷり)
Chandler: What?
 (呆然として見つめるモニカとレイチェルに気づいて)なによ?

《チャンドラー達の部屋:フランクに話すロスとジョーイ》

Ross: All we’re saying is don’t rush into anything.
 僕らが言いたいのは、何も急ぐことはないってことだ。

Joey: Yeah, come on, think about it. You’re 18, okay, she’s 44, when you’re 36, she’s gonna be 88.
 そうだよ。考えてもみろ。君は18だ。ね、彼女は44歳。君が36になると、彼女は88だぞ。

Frank: What, you don’t think I know that?
 なに? 俺がそれを知らないとでも?(間違いをあきらめるロス)

Joey: Look, the point is, there’s a lot of women out there you haven’t even had sex with yet!
 聞いてくれ。言いたいのは、世の中にはまだ君がセックスしたことのない女性達がいっぱいいるってことだよ。

Ross: Yeah, he-he’s right, he’s right. This is your time you know, yeah, you’re young, you’re-you’re weird, chicks dig that.
 そうさ。彼の言う通りだよ。その通り。君にとっていい年頃なんだ。若くて、おかしな子で、女の子にもてもてだぞ。

Frank: Okay, but isn’t sex better when it’s with one person that you really, really care about.
 オーケー、だけど、セックスって、本当に本当に好きな人とする方がよくない?

Joey: Yeah, in a poem maybe.
 ああ、詩の世界ではね。

Ross: No, the man’s right, that’s what I had with Rachel.
 いや。彼の言う通りだよ。レイチェルとそうだった。

Frank: You don’t have it anymore?
 彼女もう今はいないの?

Ross: No, I ah, I slept with someone else.
 ああ。僕・・他の人と寝たんだ。

Frank: Okay, so wait, all right, so how does that make things better?
 そうか、待って、それで何かよくなった?

Ross: It didn’t.
 いいや。

Frank: Okay, so what you used to have with Rachel, is what I’ve got with Alice.
 オーケー。君とレイチェルにあったものが、今アリスと俺にあるものなんだ。

Joey: Now, wh-what, what is that like?
 なに、それ、どんな感じ?

Frank: It’s so cool man, it’s so, it’s just ‘cause being with her is so much better than like not being with her.
 すっごくいいよ、ほんと。もう、だから、彼女と一緒にいるのは、ずっといいんだ。彼女と一緒にいないよりずっと。

Ross: Yeah, yeah.
 そう、そう。

Joey: Why can’t I find that?
 なんで俺はそれを見つけられないんだ?

Ross: Don’t ask me, I had it and I blew it!
 僕に聞かないでくれ。それを台無しにしちゃったんだ。

Joey: Well, I want it!
 俺もほしいよ!

Frank: You can have it!
 君にもみつかるよ!

Joey: I don’t know, maybe I can’t. I mean, maybe there’s something wrong with me.
 そうかな・だめかもな。俺、何かおかしいのかもな。

Ross: Oh, no! No!
 そんなことないよ!

Frank: It’s out there man! I’ve seen it! I got it!!
 きっとあるよ! 俺は見つけたんだ。手に入れた!

Joey: Then you hold on to it!!
 それじゃ放すなよ!

Frank: All right, man!!
 そうするよ!

Joey: All right, congratulations, you lucky bastard!
 よし、おめでとう、このラッキー野郎め!

《チャンドラー達の部屋:時間経過フィービーが来ている》

Phoebe: You’re Frank’s best man?!
 あなたがフランクの付き添い人?!

Joey: I couldn’t help it, their love is so pure.
 だってあの2人の愛はすごく純粋なんだもん。

Phoebe: Well then, (to Ross) what about you?! Huh?!
 それで?(ロスに)あなたは? え?

Ross: I’m the ring bearer.
 僕は指輪を渡す役。

(フィービーがショックを受けている向こうをチャンドラーがシャワーあがりでバスタオルで胸まで隠して頭もタオルで包んで通る。ジョーイは首をかしげて見ている)

《フィービーの部屋:アリスがくる》

Phoebe: Hi! Oh, Alice, hi! Thanks. I’m so glad you could come, ‘cause I’ve got a real umm, Home Ec emergency.
 ハーイ、アリス、ありがとう。来てくれてうれしいわ。家庭科緊急事態なの。(テーブルクロスにマスタード色のシミ)

Alice: Oh, my God, who died on this?!
 あらまぁ大変! ここで誰か死んだの?

Phoebe: Yeah, I know. It’s a real mustard-tastrophe. Can you help me?
 そうなのよ。マスタード異変が起きたの。助けてくれる?

Alice: Absolutely. Okay, first we’ll start with a little club soda and salt, and then if that doesn’t work we can go back to…
 もちろんよ。まずソーダ水と塩をつけて、それでも効かなかったら、まず・・

Phoebe: You know what, forget it. It’s ruined.
 ねぇ、もういいわ。それはダメになっちゃったのよ。

Alice: Oh, no-no, never say that. If we can’t get it out then we can cut around the stain, add a little lace, you make a stylish throw.
 ダメダメ、そんなこと言わないで。もし落ちなかったとしても、シミの周りで切り取ってレースをつければ、素敵なカバーができるわよ。

Phoebe: Or instead, maybe you could just not marry my brother Frank.
 それかまたは、あなたが弟のフランクと結婚しないでいてくれるか。

《ピートのオフィス:TV会議中》

Pete: Okay, that’s great, but can we make it smaller? Can we make it fit on the head of a pin? I love when we make things fit on the head of a pin.
 よし、それはいいな。でも、それをもっと小さく出来ないか? ピンの先につけられるくらいにできないか? ピンの先に取り付けられるほど小さいものがとにかく好きなんだ。

All: Got it. Yeah, all right. Yeah, okay.
 わかりました。そうですね。了解しました。

(インターコム)
Secretary: You have a Miss Monica Geller here.
 モニカ・ゲラーさんがいらしてます。

Pete: Uh, absolutely, yeah, send her in. . . Hi.
 わかった。通してくれ。(入ってきたモニカに)やぁ。

Monica: What the hell is this?
 (小切手を見せ)これはいったい何?

Pete: Hang on a sec. . . I’ll talk to you in the morning. . . I’m sorry, what?
 ちょっと待って。(会議の相手に)また朝話そう。(モニカに)ごめん、なに?

Monica: Seriously, what is this supposed to mean?
 マジで、これ、どういうことなの?

Pete: Well, you know, I never know how much to tip.
 それはきみ、どれだけチップを渡したらいいかわからなくて。

Monica: You’re supposed to double the tax. Not double the tax of Romania. I mean, what’s-what’s the deal? Are you, are you trying to buy me? Is this the way you get girls to go out with you?
 税金の2倍程度よ。ルーマニアの税金の2倍じゃないわよ。どういうことなの? 私を買うつもり? あなたこうしてデート相手を見つけるの?

Employee: Umm, I’m still here.
 えー、まだ繋がってます。

Pete: You’re taking this all wrong. Because, if I didn’t leave you that tip, you wouldn’t have come down here, we wouldn’t be having this argument, and there wouldn’t be this ah, heat between us.
 (モニターオフ)君は間違ってるよ。だって、このチップを置いてこなかったら、君はここに来てなくて、僕らは言い争うこともない。僕らの間にこうした熱が発生することもなかった。

Monica: What?!
 え?

Pete: Come on, you gotta admit that our relationship is ah, is hitting a new level now. ‘Cause you used to be like the chef, and I was the customer, and now we’re like this-this couple that fights.
 そうだろ、僕らの関係は新しいレベルにきてるって認めるしかないよね。これまでは君はシェフで、僕は客に過ぎなかったのが、今はこうしてケンカしてるカップルだ。

Monica: Okay, umm, you’re a loon.
 わかったわ。あなたおかしいわよ。

Pete: Look, forget the check, okay. I like you. I think you’re great. Come on, what do you say?
 ほら、小切手は忘れて。(破り捨てる)君が好きだ。君は素晴らしいと思う。ねぇ、どう思う?

Monica: I don’t know.
 わからないわ。

Pete: Why not?
 どうして?

Monica: ‘Cause I don’t want to encourage this kind of behavior.
 だって、私こんな行為を認めたくないもの。

Pete: One meal! That’s all I’m asking for. Please? We go out, we eat, and if you don’t have a good time, I give you ten grand, we call it even.
 食事一回だけ! それだけだよ。頼むよ。でかけて、食事して、それで楽しくなかったら1万ドル払うよ。それでチャラ。

《フィービーの部屋:帰ってきて電気をつけカウチに座る》

Frank: Hi. . . Wait, no! Just put the mail down. It’s-it’s me!
 (カウチの衣類の下から出てきて)やぁ。(ビックリして飛び上がるフィービー)待って。その郵便下ろして。俺だよ。

Phoebe: Okay. Whoa, sorry. Why were you just like all in the dark?
 ああ、わかった。ごめん。なんでそんな暗いところにいたの?

Frank: Oh well, um, your, your laundry just smelled so good, that I thought I’d curl up in it. Is that all right?
 ああ、洗濯物が気持ちよくていい匂いだったから、中で丸まってた。いけなかった?

Phoebe: Oh, yeah, sure. So, how was your day?
 ああ、いいのよ。それで、今日はどうだった?

Frank: Oh, well just probably the worst one since I’ve been alive.
 ああ、多分生きてきた中で最悪の日だ。

Phoebe: What umm, what happened?
 何があったの?

Frank: Umm, Alice ah, she ah, called it off.
 ああ、アリスが結婚しないっていうんだ。

Phoebe: Oh, no. Did umm, did she say why?
 あら、まぁ。どうしてか聞いた?

Frank: Uh, no, not really, just that I was too young, you know, but I don’t see how I could all of the sudden be too young, ‘cause I’m older than I was when we first got together.
 いや、はっきりしない。ただ、俺が若すぎるっていうんだ。でもわからない。なんで突然若すぎるんだ。つき合い始めた頃より年とってるのに。

Phoebe: Yeah, yeah, no, I don’t, I don’t know. But, you know what, maybe it’s just all for the best?
 ええ、そうね。わからないわね。でもね、それが一番いいんじゃないのかしら。

Frank: Yeah, if the best is like unbelievable pain!
 ああ。一番ってのが信じられないほど苦しいものならね。

Phoebe: Oh, sweetie, oh. (hugs him)
 ああ、かわいそうに。(ハグ)

Frank: You know, I just was finally happy, you know. For the first time in my life! After my Dad left me, and then, and then getting arrested for stealing those birds, and then, and then the whole punctured lung thing! I can, it’s still really hard to take deep breaths in cold weather, but with Alice all that stuff kinda went away. And now it’s, and now it’s gone and I don’t know why!
 やっと幸せになれたと思ったのにだよ。人生で始めてだよ。おやじが行ってしまって、それから鳥を盗んだからって逮捕されて、それから、肺に穴があいてだよ。今でも寒いときは深呼吸ができないんだ。でも、アリスと一緒ならそういうことも消えてった。それがいま、いなくなっちゃって、そしてどうしてかわからない!

Phoebe: Uh, well, I can tell you why. It’s, it’s because of me. But, you know what, I only did it because I love you. Okay?
 えっと・そうね、私どうしてかわかるわ。それは私のせいなの。でも、ね、あなたを愛してるからなのよ。わかる?

Frank: What?
 なに?

Phoebe: Umm, well I, I kinda had a little chat with Alice, and I sort of made her see why you two shouldn’t be together, you know. And you’re gonna see it to, one day, you really, really will.
 えっとね、アリスとちょっとお話したのね。それで、あなた達が結婚するべきじゃないって彼女を説得したみたいな感じかしら。あなたもいつかわかるわ。本当にきっとわかるわ。

Frank: Wait a minute, wait, this is because of you?
 ちょっと待って、待って。君のせい?

Phoebe: Okay.
 そう。

Frank: Well, you, wait no, my Mother didn’t want us to be together, but the worst thing she ever did was tie me to the porch.
 君が・・待ってよ・・いや、俺の母親だって俺たちの結婚は反対したけど、でも最悪俺をポーチに縛っただけだ。

Phoebe: Okay, but.
 そう、でも・・

Frank: Wait, you know what, I came to you because I thought you’d understand! Oh no!! You know, I would storm out of here right now if-if I had some money, or a place to go…
 待って。ねぇ、ここへ来たのは、君ならわかってくれると思ったからなのに! ああなんだよ! ・・(出ていきかけて)今すぐここを出てってやる。もしお金があって行くところがあれば・・。

《モニカ達の部屋:デートに行くモニカ》

Rachel: Oh, my God! The millionaire’s here!
 オーマイゴッド! 億万長者が来る!

Chandler: Oh, my God!
 オーマイゴッド!(跳ね踊り回る)

Monica: Guys, please, I’m just gonna have dinner with him. Okay?
 みんな、頼むわよ。ただディナーに行くだけよ。いい?

Chandler: Okay, okay, just because he buys you dinner, does not mean you owe him anything.
 わかったわかった。彼が食事をおごってくれたって、何も負担に思うことないんだからね。

Monica: I know!!
 わかってる!

Chandler: Okay, then get the lobster!
 オーケー。それじゃでっかいエビ捕まえてきて!

Monica: Hey!
 (ドアをあけピートに)ハーイ!

Pete: Hi.
 やぁ!

Rachel&Ross: Hi!!
 ハーイ!

Joey: Hey, how much cash you got in your pocket right now?
 ねぇ、今ポケットにいくら持ってる?

Monica: And that’s why, I’m not inviting you in for a drink. Bye.
 こういうふうだから、飲み物には誘わないわよ。(でかける)バーイ。

All: Oh-no-no-no-no….
 あ、まってまって・・(ドア閉まる)

Monica: So, where do you want to go?
 それで、どこへ行くの?

Pete: Hey, you like pizza?
 ピザは好き?

Monica: Oh, that’s sounds great.
 ああ、いいわね。

Pete: I know a great little place.
 すごくいい小さな店を知ってるんだ。

《ローマのレストラン》

Pete: You’re, hey, you’re not paying for the pizza!
 ねぇ、君はピザ代を払うことないんだよ。

Monica: Oh, come on, it’s only fair, you paid for the flight. Now is, is that enough lire?
 あら、いいじゃない。公平でしょ。あなたは飛行機代を払ったんだし。これだけのリラで足りる?

Pete: Ahh, I’d throw another thousand on that.
 ああ、もう1000リラ足さないと。

Monica: Why, how much is that?
 そうなの、これでいくら?

Pete: That’s about 60 cents.
 それだと60セントだね。

《チャンドラー達の部屋:深夜》
(ジョーイが部屋から出てきて、大きすぎるAVユニットにぶつかる)
Joey: Every night!!
 毎晩だよ!

(トイレに行こうとしてチャンドラーの催眠テープに気づく)
Hypnosis Tape: You do not need to smoke. Cigarettes don’t control you. You are a strong, confident woman, who does not need to smoke. A strong, confident woman, who does not need to smoke.
 あなたにタバコは必要ありません。タバコはあなたをコントロールできません。あなたは、強く、自信にあふれた、タバコなどいらない女性です。強く、自信にあふれた、タバコなどいらない女性・・

《フィービーの部屋:フランク1人。フィービーが来る》

Phoebe: Hey, Frank. Look, okay, I know that you think I did like this totally evil thing, but I so didn’t. There’s someone here who can explain this better than I can.
 ねぇ、フランク。聞いて。私のしたこと、あなたは本当にひどいことだと思ってるってわかってるわ。でも、そうじゃないのよ。それを私よりうまく説明してくれる人を連れてきたわ。

Alice: Hi, Frank.
 ハーイ、フランク。

Frank: Hi, Mrs. Knight.
 ハイ、ミセス・ナイト。

Alice: Phoebe’s right, Frank. I know it’s hard to hear, but it would’ve been wrong to go through with it. I-I-I was being selfish, even though we, we want the same things right now, in the future we may not. . . . Is that it, is that what it is?
 フィービーの言う通りよ、フランク。こんなこと、聞くのはつらいってわかってる。でもこのまま進むのは間違ってるのよ。私は自分勝手だったわ。今は私たち、同じことを望んでいるけど、将来はわからない。(フィービーに)こうよね、これでいい?

Phoebe: Yeah, but not just that.
 ええ。でもそれだけじゃないわよ。

Alice: Right, not just that. Umm, even though we love each other as much as we do, nonetheless…
 そう、それだけじゃないわね。・・私たちこんなにも愛し合ってるけど、それでも・・

Phoebe: Nonetheless.
 それでも。

Alice: Nonetheless. Umm, you’re too young to, to really know what you want.
 それでも・・・・あなたは求めているものを決めるには若すぎるのよ。(キス)

Phoebe: That’s right, exactly. . . All right, it’s a good bye kiss, that’s good. Bye-bye. . .Okay, no, the important thing is that you see what I’m saying, you know, just you know, this is clearly wrong. . . Okay, I’ve decided I’m gonna let this happen! Okay, can I just get my purse? Okay, all right, good.
 その通りよ。・・お別れのキスね。それはいいわよ。バイバイ(フランクがアリスを抱き上げカウチに移動)いえ、大事なことは私の言ったことをわかってくれて・・・それで・・これは明らかに間違ってる。そう・・私がこうさせるって決めたのよ。もういい、バッグだけ取らせて・・(あきらめ)わかった、もういいわ(出て行く)

《チャンドラーの寝室:ヒプノテープが流れる》

Hypnosis Tape: Cigarettes don’t control you. You are a strong, confident woman, who does not need to smoke.
 タバコはあなたをコントロールできません。あなたは、強く、自信にあふれた、タバコなどいらない女性です。

(ここからジョーイの声に代わる)
Joey: Joey’s your best friend. You want to make him a cheese sandwich everyday. And you also want to buy him hundreds of dollars worth of pants.
 ジョーイはあなたの親友です。あなたは毎朝、チーズサンドイッチを作ってあげたくなる。それから、あなたは彼に、何百ドルもするパンツ買ってあげたくなる。

(チャンドラーが目覚めてカセットデッキを見つめる)

☆おしまい☆

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 13:02| Comment(0) | Season3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月14日

3-17 The One Without The Ski Trip

3-17 5人で出かけたスキー旅行の話

 ☆5人のスキー旅行!☆

《セントラルパーク:ジョーイとチャンドラー》

Joey: Can I see the comics?
 マンガ見せて。

Chandler: This is the New York Times.
 これはニューヨークタイムズだぞ。

Joey: Okay, may I see the comics?
 わかったよ。マンガ見せていただけますか?

(モニカとフィービーが来る)
Monica: Guys. I thought you were taking Ross to the game?
 あなた達、ロスとゲームに行くんじゃなかったの?

Chandler: We are. He’s meeting us here.
 行くよ。ここで待ち合わせだ。

Monica: No! Rachel is meeting us here.
 ダメよ。レイチェルと私たちここで待ち合わせよ。

Phoebe: Oh, come on, they can be in the same room.
 あら大丈夫よ。ここで会ってもいいじゃん。

Joey: Yeah, you should've been there last night.
 昨日の夜の様子を見せたかったよ。

Phoebe: Why? What happened now?
 なんで? 何があったの?

Joey: Well, Ross was hanging out over at our place, Rachel comes over to borrow some moisturizer from Chandler....
 ロスが俺たちの部屋にいたんだけど、レイチェルがチャンドラーの保湿剤を借りに来て・・

Chandler: Yeah, you, how hard is it to say "something"? Rachel came over to borrow something.
 おい! 「なにか」って言うのがそんなに難しいか? レイチェルが「なにか」借りに来たんだ。

Joey: Anyway! Her and Ross just started yelling at each other.
 とにかく。彼女とロスが怒鳴り合いになってさ。

Phoebe: Wait. Why was he yelling at her? He’s the one who slept with someone else.
 待って。なんで彼が彼女に怒鳴れるわけ? 彼が他の人と寝たんじゃないの。

Joey: Well, I guess he says that because they were on a break when it happened, that she should have forgiven him by now.
 だけどやつは、それは別れてる間のことだって、だからもう許してくれたっていいって言うんだよ。

Phoebe: Whoa!! He is so unreasonable! God, although I think I understand what he means. Oh, my God, this is like 60 Minutes. Okay, when, when, at first you’re really mad at that pharmaceutical company for making the drug and then you know, you just feel bad for the people because they needed to make their hair grow.
 まぁ! そんなの無茶よ。もう! でも彼の言いたいことはわかるわ。ああもう・・まるであのドキュメンタリー見てるみたいね。最初は薬を作ってる製薬会社に頭に来ちゃうんだけど、でもそれから、髪を生やしたい人達に悪いような気がしてきちゃうのよね。

60 Minutes = ドキュメンタリー番組)

Chandler: You know what this is like? This is like when my parents got divorced. Man, I hope Ross doesn’t try to kidnap me after Cub Scouts.
 これに似たこと知ってる? 俺の両親が離婚した時みたいだよ。ああ、ボーイスカウトの帰りにロスにさらわれたらどうしよう。

Phoebe: You know, I had a dream where Ross and Rachel were still together, they never broke up. And we were all just like hanging out, and everyone was happy....
 わたし夢を見たのよ。ロスとレイチェルはまだつきあってて、別れてなんかないの。それで私たちみんな一緒で、幸せで・・。

Joey: I had the same dream!
 俺も同じ夢見た!

Phoebe: Yeah, and nobody slept with that Xerox girl.
 うん、誰もコピー屋の子と寝てないのよ。

Joey: Oh, I had the opposite dream.
 ああ、俺のは正反対の夢だ。

Chandler: You know what, maybe it’s gonna be okay, I mean it’s been a week.
 もしかしたら大丈夫かもな。もう1週間になるんだし。

Joey: Yeah, I mean it’s never taken me a week to get over a relationship.
 そうだよ。俺は別れた後、忘れるのに1週間もかかったことないぞ。

Monica: It’s never taken you more than a shower to get over a relationship.
 あなたシャワー1回で忘れるじゃないの。

(レイチェルが来る)
Monica: Okay, let’s go!! Let’s hit the road!!
 さぁ、行きましょ! 出かけるわよ!

Rachel: Hey!
 ハイ!

Monica: Let’s get the show on it!
 行きましょう!

Rachel: Okay, let me just get a cup of coffee.
 ええ、ちょっとコーヒー1杯飲ませて。

Monica: Oh, Rachel, I know the best coffee house and it’s so close.
 レイチェル、すごくおいしい店が近くにあるのよ。

Rachel: Closer than here?
 ここより近いの?

Phoebe: Oh, hey, look, I found coffee! Okay, let’s skedaddle.
 あっ、ほら見て。コーヒー見つけたわ(飲み残し)ほら、さっさと行くわよ。

Rachel: Pheebs, I’m not just gonna drink somebody’s old coffee.
 フィーブス、誰かの飲み残しなんて飲まないわよ。

Phoebe: Okay, Your Highness.
 わかりました、殿下。

(ロスが来て気まずい雰囲気)
Phoebe: (imitating Ross) Um, Rachel I’m really sorry. (imitating Rachel) That’s okay, Ross. Do you wanna get back together? (imitating Ross) Yeah, okay. (in her normal voice) Did anyone else hear that?!
 (ロスのマネで)レイチェル、本当にごめんよ。(レイチェルのマネで)いいのよ、ロス。やり直しましょうか?(ロスのマネで)ああ、そうしよう。(普通の声で)みんな今の聞いた?

《チャンドラー達の部屋:レイチェルが来る》

Rachel: Is he here?
 彼来てる?

Chandler: No.
 いや。

Rachel: Oh. Here’s your moisturizer. Hi!
 そう。はい、保湿液。ハーイ!

Monica and Phoebe: Hey!
 ハーイ。

Rachel: You guys are gonna love me! Okay, check it out, Thursday night, five tickets, Calvin Klein lingerie show, and you guys are coming with me. . . Okay, I said that out loud right?
 みんな私を好きになるわよ!いい、聞いて。木曜日の夜、カルバンクラインのランジェリー・ショーのチケット5枚あるの! みんな一緒に行きましょ。(みんな沈黙)私いま声に出していったわよね?

Chandler: Yes, yes, it’s just that we ah, we kind of already made plans with Ross.
 うん。聞いたよ。ただ俺たち、もうロスの予定があるんだ。

Rachel: Oh, well, okay. Well, there you go.
 あら、そうなの。わかったわ。

Phoebe: No, it’s just that he got this new like home theater dealy, and he wants you know, wants us to check it out.
 なんかね、新しくホームシアターを入れたんですって。それを見てほしいのよ。

Rachel: Hm-mm.
 そう。

Chandler: Yeah, he’s really excited about it too. He even recorded showtimes on his answering machine.
 ああ。彼すごい喜んでて、ショータイムを留守電に入れてるくらいだ。

Rachel: Oh!
 まぁ。

Monica: We’re sorry, honey.
 ごめんね、レイチェル。

Rachel: Oh, it’s okay.
 あら、いいのよ。

Joey: Rach, it’s, it’s ah, it’s not that we don’t want to, really. . .Are we talking models in their underwear?
 レイチ、行きたくないわけじゃないんだよ。ねぇ、それってモデルが下着って話?

Rachel: And heels.
 ヒール履いてね。

Joey: Ross did ask us first, and we set that night aside.
 (チャンドラーに行きたいと目で訴えるが却下され)ロスが先に誘ってきて行くって決めてしまったからさ。

Rachel: No, hey, come on, you know? If he asked you first, that’s only fair.
 あら、いいのよ。ほんと。彼が先に言ってきたんだもの。当然よ。(出ていく)

Phoebe: Oh, boy, do I feel bad!
 ああ、ほんと、イヤな気分だわ!

Joey: Oh, yeah.
 ほんとだよな。

Monica: Very bad.
 すごく悪いわ。

(チャンドラーがタバコに火をつける)
Phoebe: Chandler, what are you doing?!
 チャンドラー! 何してるのよ!

Monica: Chandler!!
 チャンドラー!

Chandler: Oh, my God!
 (自分でも驚いたフリ)なんてこった!

Joey: You’re smoking again?!
 また吸い始めたの?

Chandler: Well, actually, yesterday I was smoking again. Today, I’m smoking still.
 実は、吸い始めたのは昨日で、今日も吸い続けてると。

Phoebe: Why would you start again after chewing all that quitting gum?
 禁煙ガムをあんなにかんでやめたのに、なんで?

Chandler: Look, I’m telling you this is just like my parents divorce, which is when I started smoking in the first place.
 だからさ、これは両親が離婚した時みたいなんだよ。俺が始めてタバコを吸ったのもその時だったんだ。

Monica: Weren’t you nine?!
 9歳じゃなかった?!

Chandler: Yeah. I’m telling you something, that first smoke after nap time....
 そうだよ。始めて吸った、昼寝の後の一服・・。

(ノックの音)
Chandler: Oh that’s great, with my luck, that’s gonna be him.
 おお、いいね。俺はついてる。きっと彼だ。

Phoebe: Him? Him, Ross?
 彼って? 彼ってロス?

Chandler: Nope, hymn 253, His Eyes Are On The Sparrow! When my parents got divorced is when I started using humor as a defense mechanism.
 いや。ロスじゃなくてゴスペルの253番、一羽のスズメ! ・・・両親が離婚した時から、俺は自己防衛でジョークを言うようになってね。(ドアをあけるとレイチェル)

Rachel: Hi! Uhh, do you guys have plans for the weekend? Because I have my sister on hold, and she said that we could use her cabin for the weekend and go skiing. Huh? I’m asking you first, right?!. I mean I’m playing by the rules.
 ハーイ。今度の週末は予定ある? 妹と電話中なんだけど、彼女の別荘をスキー旅行に使っていいっていうの。どう? 私が先に誘ってるわよね? ルールに沿ってるでしょ。

All: Absolutely, yeah!
 ほんと、間違いなく。

Rachel: Chandler! You’re smoking? What are you doing?!
 チャンドラー! タバコ吸ってるの? 何してるのよ?!

Chandler: Hey, shut up!! You’re not my real Mom!!
 黙れ! 君は俺のほんとのママじゃない!

《ロスの部屋:チャンドラーは開けた窓際で喫煙中》

Joey: Hey, can you close that window, Chandler? My nipples can cut glass over here!
 チャンドラー、窓を閉めてくれないか? 俺、乳首でガラスが切れそうだよ。

Phoebe: Wait. Really?! ‘Cause mine get me out of tickets.
 待って、本当? 私のは違反チケット逃れたわよ。

Ross: Look, you guys, I just wanna say, I really, really appreciate you spending this time with me. It’s been a pretty hard time right now, so I just wanna say thanks.
 みんな聞いて。今僕と一緒にいてくれて、本当に本当に感謝してるよ。とてもつらい時だから、ありがたいと思ってる。

Chandler: Can somebody else hug him? I have to stay by the window.
 誰かハグしてやって。俺は窓のそばにいなきゃいけないから。

Ross: Oh, hey, hey, huh? How about this weekend we have a laser disc marathon okay, and maybe a tournament on my new dart board? Huh, huh? What do you think? Two days of darts, it’ll be great!
 あ、そうそう、今度の週末、レーザーディスクマラソンなんてどう? そしてダーツのトーナメントもね! どう? どう思う? (アイリッシュアクセントで)ダーツ三昧の二日間、すっばらしいぞ。

Joey: It’ll be great for next weekend.
 その次の週末にいいと思うよ。

Ross: No, no, no, this weekend guys!
 いやいや、今度の週末だよ、みんな!

Joey: It’ll be great for next weekend. I mean, it’ll be grrreat.
 その次の週末にいいよ。きっとすっばらしいよ。

Ross: What’s going on?
 なにかあるの?

Phoebe: Well, we were um, sort of invited to go skiing, you know, Rachel’s sister’s cabin.
 実はスキーに誘われてるっていうか、ほら、レイチェルの妹の別荘にね。

Ross: So, for the whole weekend?
 それじゃ、週末いっぱい?

Monica: We’re really sorry, but um, she did ask us first.
 ごめんね。でも、彼女が先に誘ってきたから。

Ross: Yeah, that’s okay, I mean if you guys all have to go away for the first weekend I’m alone by myself, you know, then I totally, totally understand.
 ああ、いいんだよ。みんなで行かなきゃっていうんならね。僕が1人ぼっちになってしまった最初の週末だけどね。いいよ、よくわかるよ。

Phoebe: You know what, I can stay, I’m gonna stay. ‘Cause the last time I went skiing I was to afraid to jump off the chair lift, I just went round and round.
 ねぇ、私残れるわ。残るわよ。前にスキーに行った時、リフトから降りるのが怖くてグルグル回ってたもん。

Joey: Uh, Pheebs, we kinda need you to drive everybody up there in your grandmother’s cab, but you know what? I’ll stay.
 フィーブス、君はおばあちゃんのタクシーの運転してみんなを連れてかなきゃだろ? 俺が残るよ。

Monica: No! I’ll stay. He’s my brother.
 ダメよ。私が残るわ。私のにいさんだもの。

Ross: What, a pity stay?
 なに? 哀れんで残るの?

Monica: No! We’re gonna have fun. We can make fudge!
 違うわよ。楽しみましょうよ。やわらかアイス作りましょ!

Ross: Pity food? You know what, that’s okay, all right? I don’t need any of you to stay, okay? Nobody stays.
 哀れみフード? いいよ、大丈夫だよ。君たち誰も残らなくていいよ。いい? 誰も残らなくていい。

Chandler: Well, then, I might as well offer to stay.
 そうか、じゃあ俺も残るって言おうか。

《フィービー運転のタクシー:助手席レイチェル・3人後部》

Joey: Hey, does anybody else feel bad about Ross?
 なぁ、ロスに悪いって思わない?

Monica: Why? Do you think he’s still mad at us?
 なんで? 彼まだ怒ってると思う?

Chandler: Well, he’s probably more mad since you called him this morning to borrow his goggles.
 そりゃ、朝になってゴーグル貸してくれなんて電話したらよけい怒るよな。

Joey: What? Mine aren’t tinted.
 なにが? だって俺の色つきじゃないんだもん。

(チャンドラーがタバコに火をつける)
Phoebe: Chandler!!
 チャンドラー!

Chandler: What?
 なに?

Phoebe: What does the sign say?
 そこに何て書いてある?

Chandler: Beam me up, Jesus.
 テレポーテーションして、イエス様。

("Beam me up" はスタートレックでテレポートする時に言う)
beammeup.jpg

Phoebe: No, the ‘No Smoking’ sign. There’s no smoking in my Grandmother’s cab.
 違うわよ、「禁煙」って書いてあるでしょ。おばあちゃんの車ではタバコ禁止よ。

Chandler: Okay, well, then, I have to go to the bathroom.
 そうか。じゃあ、トイレ行きたい。

All: Oh!
 もう!

Phoebe: Please!
 勘弁してよ。

Monica: No, Chandler, no! No unscheduled stops. You can go when we stop for gas.
 ダメよ、チャンドラー、ダメ! 予定にない停車はなしよ。ガソリン補給の時に行けばいいわ。

Chandler: Oh, come on, there’s a rest stop right up there! Come on, I really have to go.
 なんで、いいじゃないか。すぐそこに休憩所がある。なぁ、ほんとに行きたいよー。

Joey: Oh, now I have to go!!
 もう! 俺が行きたくなったじゃないか!

《休憩所》

Chandler: Here we go. Okay, brace yourselves.
 (急停車を予測して)ほら来たぞ、つかまれ。

Monica: What?
 なに?

Rachel: Okay.
 オーケー。

Monica: Ow!
 (知らないのでぶつかった)痛!!

Phoebe: Aren’t you gonna go?
 (降りようとしないレイチェルに)行かないの?

Rachel: No. Thank you.
 行かないわ。

Monica: No, Rachel never pees in public restrooms.
 レイチェルは公衆トイレではしないのよ。

Rachel: Well, they never have any paper in there, you know. So my rule is ‘no tissue, no tushy.’ . . . Well, if everybody’s going.
 こういうところには絶対トイレットペーパーがないでしょ。私のルールは「紙なしお尻なし」・・でもみんな行っちゃうなら・・(車を降りる)

Phoebe: No, you know what, don’t close it (Rachel slams the door shut locking themselves out.) ‘cause the... keys...are in there.
 ダメっ! ねぇ、閉めないで!(レイチェルはドアを閉めてしまう)・・キーが中に・・。

Chandler: Oh, no-no-no-no-no-no!!
 ああ、ダメダメダメダメダメ!

Joey: What’s going on?
 なんだよ?

Chandler: My lighter’s in there!
 ライターが車の中だよ!

《その後の休憩所:チャンドラーは排気管にかがみ込んでいる》

Chandler: Damn! The tailpipe’s not hot enough to light this!
 くそっ! 排気管の熱じゃ火がつかない。

Joey: Relax, okay, I can get this open. Anybody got a coat hanger?
 落ち着けって。俺が開けるよ。誰かハンガー持ってない?

Chandler: Oh I do! Op, no, wait a minute, I took it out of my shirt when I put it on this morning.
 おお、持ってるぞ! あ、ダメだ、待ってくれ、今朝シャツから外してしまったんだった。

Monica: So, if you’re parents hadn’t got divorced, you’d be able to answer a question like a normal person?
 ねぇ。もし、ご両親が離婚してなかったら、普通の人みたいに返事できてたかしら?

Joey: Look, I just need a wire something to jimmy it. Oh hey, one of you guys give me the underwire from your bra!
 なぁ、こじあけるためのワイヤがいるんだよ。そうだ、君たち、ブラのワイヤをくれ!

Monica&Rachel: What?!
 えっ?

Joey: Come on! Who has the biggest boobs?
 いいじゃないか。誰のおっぱいが一番でかい?

Monica: Please!!
 ちょっと!

Joey: Whoever has the biggest boobs, has the biggest bra, therefore has the biggest wire.
 一番でかいおっぱいの子のブラが一番でかい、ということは一番でかいワイヤになるだろ。

The Girls: No, not getting my bra!
 ダメよ。私のはダメ。

Joey: If you wanna get back in the car, we need the wire, your call.
 車に戻りたいなら、ワイヤがいる。どうするんだ?

Phoebe: Okay, Monica’s are the biggest.
 いいわ。モニカのが一番でかい。

Monica: These tiny, little non-breasts?! Please, it’s gotta be Rachel.
 このちっぽけな小さいペチャパイが? 冗談でしょ、大きいのはレイチェルよ。

Rachel: What, no, no, no, mine are deceptively small. I mean, I actually sometimes stuff my bra.
 なに? 違うわよ違う違う。私のは見た感じより小さいのよ。だって時々詰めてるくらいだもの。

Monica: All right then, your bra would still be big.
 そうなの、じゃあブラは大きいじゃん。

Rachel: No, I stuff outside the bra.
 いえ。ブラの外側に詰めてるの。

Chandler: Ladies, let’s just compromise, okay? Phoebe, Rachel, take off Monica’s bra.
 君たち、妥協しようじゃないか、いいね? フィービー、レイチェル、モニカのブラを取って。

Phoebe: All right, forget it, never mind, you can have mine.
 いいわ。もういい。私のを使って。

Rachel: Thank you.
 ありがと。

(チャンドラーがタバコの箱を投げる)
Rachel: Chandler, what are you doing? There is a trash can right there.
 チャンドラー、何してるの? あそこにゴミ箱あるでしょ。

Chandler: Well, I thought if I littered, that crying Indian might come by and save us.
 もしゴミを捨てたら、嘆きのインディアンが来て助けてくれるかもしれないじゃん。

(ゴミや公害をなくしてキレイにしようというキャンペーンのようです)


Phoebe: Okay, there.
 (ブラを渡す)はい、どうぞ。

Joey: Thank you, Phoebe, that is very, very generous.
 ありがと、フィービー。すごいすごい気前がいいね。

Chandler: Okay, now let’s decide who has the nicest ass.
 よし、じゃあ今度は一番いいお尻を選ぼうか。
 
Joey: And there you go!
 はいできた!

All: Oh, yeahhhhh!!!
 おお、よーし!!

(みんな車に乗り、チャンドラーはタバコに火をつける)
Monica: Chandler!!
 チャンドラー!

Chandler: At least let me smoke it to the good part.
 少しは吸わせてくれ。

(good part = 一部分)

(フィービーは車をバックで出そうとする)
Phoebe: Okay. . . Oh, no!
 行くわよ。(少し動いてエンジン停止) オーノー!

Rachel: What, what’s it, what’s going on?
 え? 何なの? どうしたの?

Phoebe: Yeah, this has happened before.
 うん、前にもこんなことあったわ。

Rachel: So you know how to fix it?
 そうなんだ。どうやって直すかわかるのね?

Phoebe: Yep. Put more gas in.
 うん。ガソリン入れれば。

《キャロルの部屋:ロスが来る》

Carol: Hi!
 ハーイ!

Ross: Hey.
 どうも。

Carol: Hey, what are you doing here?
 どうしたの?

Ross: Well, oh just ah, I was just wondering, when you and I split up, did you get the tape that was half the last episode of M*A*S*H and half the hostages coming home?
 ああ、ただちょっと・・僕ら別れた時、半分マッシュの最終回で半分は人質が帰ってくるやつ持ってった?

Carol: Ah yeah, but now it’s Susan and me in Mexico and the hostages coming home.
 ええ。でも今は半分スーザンと私のメキシコ旅行で半分人質が帰ってくるやつよ。

Ross: Where’s Ben?
 ベンは?

Carol: He’s sleeping.
 寝てるわ。

Ross: Ahh. Ooh, is this a ah, is this a bad time?
 ああ。(ディナーの用意を見て)ああ、これはタイミング悪かった?

Carol: Umm, yeah, actually, Susan’s gonna be home any minute, it’s kind of an anniversary.
 ええ、まぁ。スーザンがもうすぐ帰ってくるの。記念日なのよ。

Ross: Oh! I thought you guys got married in January?
 そうなんだ! でも結婚したのは1月だったよね?

Carol: A different kind of anniversary.
 それとは違う記念日よ。

Ross: Ah! Oh.
 ああ! おぉ・・。

Carol: So!! Anyway...
 それで? とにかく・・

Ross: Umm, candles, champagne.. Yeah, anniversaries are great. ‘Cause you know, love lasts forever, you know. Nothing like it in this lifetime, money in the bank, so Rachel and I broke up.
 うーん。キャンドルにシャンパン。うん、記念日っていいよね。だって、愛は永遠にってね。人生にこれほど確かなものはないよ。ところでレイチェルと僕は別れたんだ。

(※It's money in the bank. (銀行に預けたように)まったく安全な投資だ.)

Carol: Oh, God, Ross I am so sorry.
 まぁ、ロス、かわいそうに。

Ross: Yeah, well.
 ああ、まぁね。

Carol: You know what? I want to talk to you about this so much, but we should probably do it when we could really get into it, are you free for dinner tomorrow night?
 ねぇ? それについてぜひ話したいと思うんだけど、じっくり話せる時の方がいいと思うのね。明日の夜、ディナーでっていうのはどう?

Ross: Oh yeah, I’d love that.
 ああ、いいね。ぜひそうしたいよ。

Carol: Oh! Me too.
 そう、私もよ。

Ross: I guess it all started when Rachel got this new job.
 これはレイチェルが新しい仕事についたことから始まったと思うんだ。

《休憩所:フィービーが電話している》

Phoebe: Okay, yeah. . . Triple A can pick us up.
 ええ、そう。(モニカとレイチェルに)トリプルAが来てくれるって。

Rachel: Great!
 よかった!

Phoebe: Yeah, what town are we near?
 ここはなんていう町の近く?

Monica: Freemont. West-Westmont, ah Westburg?
 フリーモント。ウェスト・・ウェストモント! ・・ウェストバーグ?

Phoebe: Why are you answering? Do you know at least what route we’re on?
 なんで答えるの? せめて何号線かわかる?

Rachel: Yeah, we are definitely on Route 27.
 27号線よ。間違いない。

Phoebe: Okay. . . We are at a rest stop on Route 27. Okay. (to Rachel) There is no Route 27. . . Okay, either 93 or 76?
 わかった。(電話で)27号線の休憩所よ。わかった。(レイチェルに)27号線なんてないって。・・93か76号線だって。

Rachel: I don’t know, I’m sorry, I always slept in the back when we drove up here.
 わからないわ。ごめんね。車で来る時いつも後ろで寝てるの。

Phoebe: Okay. . . Hey, can you send somebody up and down 76 and check every rest stop, and, and also 93? . . Okay! . . Yeah, no, they don’t do that.
 わかった。(電話で)ねぇ、誰か来てもらって、76号線の休憩所全部見てくれないかな。それと93号線も・・わかった!(電話切る)ダメだった。来てくれない。

Rachel: Ugh, okay, well, somebody will come and save us.
 うーっ。でもきっと誰か来て助けてくれるわ。

Monica: Who? I mean, have you seen a car come by here in the last hour and a half? I think we should call Ross, maybe he can get a car and come pick us up.
 誰が? この1時間半の間に一台でも車見た? もうロスを呼ぶしかないと思うわ。車を見つけて来てくれるかもしれない。

Rachel: No! No, I am not getting in a car with Ross, we will just have to live here!
 ダメよ! 私はロスと一緒の車になんて乗らないわ。私たちここで・・・住めばいいのよ!

Phoebe: But it's so cold..
 でも寒い。

Rachel: No, you guys, I am not getting in a car with him, you’ll have to think of something else.
 いやよ。私は彼と一緒の車には乗らない。何か他の手を考えて。

Phoebe: Oh, good, oh, Joey and Chandler are back.
 あ、よかった、ジョーイとチャンドラーが帰ってきたわ。

(ジョーイはチャンドラーに肩を貸している)
Monica: So the going for help went well?
 助けを呼びに行ってどうだった?

Joey: Oh yeah, Smokey Joe here got half way to the highway and collapsed.
 ああ、この喫煙ジョー君は高速まで行くまでももたなかったよ。

Chandler: I have the lung capacity of a two year old.
 俺の肺は2歳児なみなんだ。(タバコに火をつける)

Monica: Then why are you smoking?
 じゃあなんでままたタバコ吸うのよ?

Chandler: Well, it’s very unsettling.
 だって不安だもん。

《キャロルの部屋:ロスはディナーに手を出している》

Ross: ....right? Right? I mean it’s pretty unbelievable you know, I mean they just took off, took off without even looking back. You know, I don’t need them, huh, I’ve got you guys now as friends, you and Susan.
 そうだろ? 信じられないよね。行っちゃったんだよ。振り向きもせずに行っちゃったんだ。いいさ。やつらはもういなくてもいいよ。君達がいるもんね。君とスーザンね。

Carol: Ah, Susan will be so pleased.
 まぁ、スーザンがすごく喜ぶわ。

(ロスのポケベルが鳴る)
Ross: 717? Where’s 717? Hey, you’ve have more of these for Susan, right?
 717? 717ってどこだろう? (スーザンの分を食べてしまって)これまだスーザンの分あるんだよね?

Carol: No. But it’s okay, I’ll just put out pickles or something.
 いいえ。でもいいのよ。ピクルスでも出しておくわ。

《休憩所:電話が鳴り、フィービーが取る》

Phoebe: Ross, thank God.
 (ささやき声)ロス。助かったわ。

Ross: Pheebs? What, why are you whispering?
 フィーブス? なんで小さな声?

Phoebe: I ate a bug.
 虫食べちゃったの。

(レイチェルが近づいてくる)
Monica: Hey, Rach, the tampons here are only a penny. Let’s stock up.
 ねぇ、レイチ、ここタンポンが安いわよ。買いだめしよ。(2人立ち去る)

Phoebe: Listen, Ross, we ran out of gas, and we don’t know where we are, so we can’t get a tow truck.
 聞いてロス、ガソリンなくなっちゃったの。なのにどこにいるかわからなくて、牽引も頼めないの。

Ross: Oh, now you want a favor?
 おや。今度は僕にお願い?

Phoebe: Yes, please.
 そう、お願い。

Ross: Well, oh, I’m sorry your car broke down, Pheebs, but I’m a little too busy with some of my real friends right now, but please call to let me know you got home safely, okay?
 そうなんだ。車が動かなくなってかわいそうだね、フィーブス。でも、僕はちょっと忙しいんだよね。今、本当の友達と一緒なんだ。でも、無事に帰れたら教えて、いいね?

Carol: Phoebe, hang on a second. . . Here, take my car, go pick up your friends.
 (電話を横取りして)フィービー、ちょっと待ってね。(キーをロスに渡して)はい、私の車使って。友達を迎えにいってあげて。

Ross: No, I’m not gonna pick them up.
 いや、僕は迎えになんて行かない。

Carol: Listen, we both know you’re gonna do it ‘cause you’re not a jerk. Okay? So you can either sulk here for a half hour and then go pick them up, or save us both time and sulk in the car.
 聞いて。わかってるのよ。あなたは結局行く人だわ。イヤな奴じゃないもんね、そうでしょ? だったらここで30分むくれてから迎えに行くより、時間を節約して走りながらむくれて。

Ross: No, Rachel doesn’t want me to....
 いや、レイチェルは来てほしくないと・・

Carol: Look, I am sorry that Rachel dumped you ‘cause she fell in love with that Mark guy, and you are the innocent victim in all of this, but don’t punish your friends for what Rachel did to you.
 いい? レイチェルがマークって人を好きになったからってあなたを振ったのはかわいそうだったと思うわ。あなたは罪のない被害者よね、でも、レイチェルがあなたにしたことで友達まで罰するのはやめて。

Ross: Yeah, you’re right.
 ああ、その通りだね。

Carol: Phoebe, hang on a second Ross wants to say something. . . What? . . . You slept with someone else?!
 (電話で)フィービー。ちょっと待って、ロスに代わるわ・・なんですって?・・(ロスに)あなた他の人と寝たの?!

Ross: We were on a break!!! Okay!! . . We were, we were..., yeah. Where are you? I’ll find you.
 僕ら別れた後だったんだ! もう。(電話で)僕ら、僕らは・・ああ、いまどこ? 探すよ(電話終了)

Carol: You slept with another woman?
 他の人と寝たの?

Ross: Oh, you-you’re-you’re one to talk.
 あ、きみ・・きみ、それ話す?

《休憩所:ジョーイが地面に木を並べている》

Joey: Okay, done.
 よし、できた。

Monica: What’s ‘pleh’?
 [PLEH]ってなに?

Joey: That’s ‘help’ spelled backwards so that the helicopters can read it from the air!
 [HELP]だよ。スペルを反対に並べたんだ。これでヘリコプターから読めるだろ?

Monica: Huh. What’s "doofus" spelled backwards?
 ふーん。[doofus](間抜け)を逆に並べたら?

(ロスが来る)
Rachel: Op, op, car! Car!! . . Ugh!!!
 あっ! 車よ! 車! (ロスと気づいて)うーっ!!

Phoebe: Oh, it’s Ross on one of his drives!
 まぁ! ロスったらドライブしてたのね?!

Chandler and Joey: Hey!!
 やぁ!

Phoebe: Hi!
 ハーイ!

Rachel: What is he doing here?!
 彼ここで何してるの?

Ross: He is saving your butt. Unless of course I’m stepping on some toes here, in which case I could just mosey on, I’ve got plenty of people to help on the Interstate.
 彼は君達を助けにきたんだ。もちろん、僕が来て気分が悪いっていうんなら、ぶらついて帰るからいいよ。幹線道路は助けてほしい人がいっぱいいるからね。

(step on some toes = 人の感情を害する・怒らせる)

All: No! Come on!
 ダメだよ。頼むよ!

Rachel: All right!! Fine! Fine.
 わかったわよ! いいわよ、いいわよ。

(ロスが通る時ジョーイのサインを踏んでバラバラに)
Joey: Arrrghh!!
 あーっ!

Chandler: Oh no, now it’s not gonna make any sense!
 あらら。これで意味がなくなっちゃったな!

Phoebe: You guys, what, what do we do about Ross who drove all the way up here? What do we do? Just like send him back and we’re then gonna go skiing?
 (チャンドラーとモニカに)ねぇ、こんな遠くまで来てくれたロスのことどうするの? どうする? ただ帰らせて私たちだけスキーに行くの?

Chandler: Oh, this is horrible, it’s just horrible.
 ああ。それはひどい。あんまりだよ。

Joey: Guys, do you think we should ask Ross to come along?
 なぁ、ロスも一緒にって誘うべきだと思う?

Monica: I know, what about Rachel? I mean how are we even gonna ask her?
 そうだけど、レイチェルは? レイチェルにそんなこと頼める?

Rachel: Ask me what?
 私に何を頼むって?

Monica: Umm, if ah, it might be okay if Ross came skiing?
 えー・・もし・・もしかしてロスもスキーに来ていいかって・・?

Chandler, Phoebe, and Joey: No, I wasn’t gonna ask you that, no.
 いやいや、そんなことは頼めない。

Rachel: You guys are unbelievable. No! He cannot come.
 あなた達、信じられない。ダメよ。彼はダメ。

Ross: Excuse me?
 なんだって?

Chandler: It’s horrible.
 最悪だ。

Ross: Oh, please, can’t I come to your special, magical cabin?
 ああ、お願い、僕も君のスペシャルマジカル別荘に連れてってくれない?

Rachel: Why would you even want to come Ross? You’re a horrible skier.
 どうしてあなたが来たいなんて思うのよ、ロス? スキーへたくそなのに。

Ross: Oh-oh, hitting me where it hurts, my ski skills.
 うぅっ! イタいとこを突かれた。僕のスキーの腕・・。

Monica: Here we go again.
 また始まったわ。

Joey: I can’t handle this, you guys.
 俺の手には負えないよ、君たち。

Chandler: You know, what, I can handle it, handle’s my middle name. Actually it’s the ah, middle part of my first name.
 いや、俺にはできるぞ。対処するってhandle だろ、Chandler だから俺の名前に入ってるんだ。

Ross: All right, Pheebs, your cab’s ready.
 よし、フィーブス、車動くようになったよ。

Rachel: All right, let’s go!
 よかった、行きましょ。

Ross: You’re welcome.
 礼はいいよ。

Rachel: Oh, I’m sorry, were you speaking to me or sleeping with someone else?
 あらごめんなさい、私に話してたの、それとも他の人といたしてたの?

Ross: We were on a break!
 あれは別れた後のことだ!

Rachel: You know, Ross, why don’t you put that on your answering machine!
 ロス、留守電メッセージそれにしたら?

Ross: Hey-hey, it’s valid okay? And I’m not the only one who thinks so, Monica agrees with me.
 おいおい、これは確実なことだ。いいか? しかも、そう思ってるのは僕だけじゃない。モニカも賛成してくれたんだ。

Rachel: What?!
 なんですって?

Monica: I don’t know.
 わからないわ。

Ross: That’s what you said last night.
 昨日そう言ったよね。

Monica: What I said was that I understood. Joey’s the one who agreed with you!
 私が言ったのは、わかるってことよ。賛成したのはジョーイよ。

Ross: Okay.
 そうか。

Rachel: Really, Joey?
 ジョーイ、本当なの?

Joey: ... What?
 ・・なに?

Phoebe: You know what? But there is no right or wrong, here.
 ねぇ、だけど、いいも悪いもないんじゃないの?

Rachel: No, I think it’s very obvious who’s wrong here.
 いいえ、誰が悪いか明らかだと思うわ。

Ross: Obviously not to Joey.
 ジョーイにはそうじゃないようだよ。(みんなジョーイに注目)

Joey: ... What?
 ・・なに?(かわいそう)

Ross: Look, both, Joey and Monica feel the same way that I do. No-no-no-no.
 いいか、ジョーイもモニカも僕と同じように思ってるってことだ。いやいやいや・・

Chandler: Guys, guys, guess who I am?!
 みんな、みんな! これ誰だと思う?(踊りだす)(かわいそうすぎ)

(ちらっと見たが、ケンカ続行)

Phoebe: Hey! Hey! Hey! Hey!! Hey!!! Look what you’re doing to Chandler!! . . . Yeah, look, we know this is really, really hard for you guys. Okay? . . You don’t, all right, you don’t have to love each other, okay? You don’t, you don’t even have to like each other much right now. But please, you have to figure out a way to be around each other.
 ちょっとちょっとちょっと!! あなた達、自分がチャンドラーに何をしたか見なさい!(チャンドラー踊り止む) あなた達にとって、とってもとってもつらいことだってのはわかるわ。ね? いいわよ、お互い愛し合えとは言わないわ。今はお互いそう好きじゃないってことでもしかたがない。でも、お願いだから、2人が一緒にいられる方法を見つけてくれないかな。

Joey: Yeah, and not put us in the middle.
 そうだよ。俺たちを巻き込まないでくれ。

Phoebe: Yeah, otherwise, I mean that’s, that’s, that’s just it for us hanging out together. You know, is that what you want? . . . Can you be civil?
 そうよ。そうでないと・・私たちみんなで一緒にいられなくなっちゃう。そうしたいの? 普通にしてくれない?

Rachel: Yeah.
 ええ。

Ross: I can.
 できるよ。

Phoebe: Okay. Good, all right, let’s get back in the car, ‘cause it’s freezing, and my chest is unsupported.
 わかった。いいわ。じゃあ、車に戻りましょう。すごい寒いし、私の胸はいま支えを失ってるのよ。

Joey: Oh what, wait, wait a second, I mean, what are we doing? Who’s going with who?
 ちょっと、待ってちょっと待って。どうするんだ? 誰が誰と一緒に行く?

Ross: Look, you guys, you guys should go. . . No, I’m, you, you planned this all out, and I don’t want to ruin it, so you guys should just go.
 いや、みんな、君たちだけで行ってくれ。いや、いいんだ。君たちで計画を立てたことだ。それをぶちこわしたくないよ。君たちだけで行って。

Joey: Come on, man, you drove all the way up here.
 それはないよ、おまえここまで来てくれたのに。

Ross: No, no, really, I’ve got to take the car back anyway, I’m spending all day tomorrow with Ben, It’s fine, okay? Just go. No guilt, I promise.
 いやいや、ホントにいいんだ。車を返さないといけないし、明日は一日ベンと過ごすんだ。本当にいいんだよ。行って。悪いと思わなくていいよ。ほんとだ。

Rachel: Thank you.
 ありがとう。

Monica: All right, we’ll call you when we get back.
 いいわ。じゃあ、帰ってきたら電話するわね。

Ross: Okay.
 わかった。

Phoebe: Maybe we can like go to a movie or something.
 じゃあ映画でも行きましょうね。

Ross: Okay.
 わかった。

Phoebe: Or, or the rodeo!!
 あっ! それか、ロデオとか!

Ross: That would be great.
 それは楽しそうだね。

Phoebe: Okay!
 そうね!

Chandler: I was being Shelley Winters from The Poseidon Adventure.
 俺はポセイドン・アドベンチャーのシェリー・ウインタースをやってたんだ。

Poseidon Adventure = 1972年の映画。シェリー・ウインタースは、半分沈んだ船の中で、元水泳選手だったということで潜っていって大事な役目を果たす)

Ross: I know!
 わかってたよ!

(みんな車に乗り、走り去る)
Phoebe: Bye!!!
 バーイ!!

(ロスは車を出そうとするが、バッテリー上がり)

《キャロルの部屋:ロスが来る》

Carol Ross!
 (寝ていた様子)ロス!

Ross: Hi! Sorry I’m late. Were you sleeping?
 やぁ。ごめんね、こんな遅くに。寝てた?

Carol: Ah, no!!
 いいえ。

Ross: Oh, great! Listen, I had to get you a whole new battery. I got you the best one I could, ‘cause that’s not where you want to skimp.
 ああ、よかった。聞いて。バッテリーを交換しなきゃならなかったんだ。僕に買える一番いいのにしたよ。こんなところでケチりたくないからね。

Carol: You’re a genius, Ross.
 あなたは最高ね、ロス。

Ross: Yeah, it came to about $112, but what the hell, just call it an even 110?
 ああ。112ドルだったけど、いいさ、切り捨てて110ドルね?

Carol: Okay, I’ll pay you tomorrow.
 わかったわ。明日払うわね。

Ross: Okay.
 わかった。

Carol: Okay, bye!!
 じゃあ、バイ!

Ross: So they ah, they all took off, it was pretty hard watching them go, you know?
 それでみんな、みんな行っちゃったよ。行っちゃうのを見てるのはすごくつらかったよ。

Carol: Yeah, okay, bye.
 ええ、そうね、バーイ(すごい早さでドアを閉め電気を消し寝室へ戻る)

Ross: So I’m gonna take off then!
 (まっ暗な中、ドアの外から聞こえる声)それじゃ、もう行っちゃうよー。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 02:49| Comment(0) | Season3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。