2013年07月19日

3-22 The One With The Screamer

3-22怒鳴るヒトの話

 ☆レイチェルの勘違い!☆

《モニカ達の部屋》

Rachel: Oh, Phoebe, are you still on hold? I was supposed to call my Dad back like two hours ago.
 あら、フィービー、まだ保留中なの? 私もう2時間前にとうさんに電話するはずだったのに。

Phoebe: Oh, yeah, he clicked on, he said call him as soon as you get a chance, he’s at Flimbees.
 ああ、電話あったわよ。できるだけ早く電話くれって。フリンビーズにいるって。

Rachel: What’s Flimbees?
 フリンビーズって何?

Phoebe: Oh, yeah, that’s the word I use when I can’t remember the real thing.
 ああ、それよ。私がどうしても正確な名前を覚えられないとこなの。

Rachel: Okay. Hang up! That’s it! Come on!
 もういい。電話切って。もうダメよ。

Phoebe: No! Rachel, that’s what they want me to do. My warranty expires tomorrow, if I don’t get through, they’re not gonna fix my crappy, broken phone for free! We cannot let them win! It’s us versus them!
 ダメよ、レイチェル。それが向こうの手なんだから。私の保証は明日で切れてしまうの。ここを通過しないと、私のお粗末な壊れた電話を無料で直してもらえないのよ! やつらの思い通りにさせないわ! 私たちとやつらの戦いよ!

Chandler: Yes!!
 そうだ!

(ジョーイがくる)
Joey: Hey.
 やぁ。

All: Hey.
 ヘイ。

Joey: Uh, listen I gotta double check for tickets tonight. Who-who got what?
 聞いて。今夜のチケット枚数の再確認だけど。誰が何枚?

Chandler, Phoebe, and Rachel: I have one.
 一枚。

Monica: I need two. I’m bringing Pete. My boyfriend. I have a boyfriend now!
 私は2枚。ピートと行くから。私のボーイフレンド。いま私にはボーイフレンドがいるのよ♪

Joey: Two it is. Ross, how about you?
 2枚ね。ロスは?

Ross: Uh, yeah, I ah, I also need two.
 ああ・・僕も2枚。

Monica: Really? Who’s number two?
 ほんと? No.2は誰?

Chandler: Who’s number two? One of the more difficult games sewer workers play.
 「誰がNo.2?」下水業者の難しいゲームのひとつだな。

Ross: Uh, no, it’s-it’s just this person.
 ああ、ただの知りあい。

Phoebe: Like a date type person?
 デートな感じ?

Ross: Yeah, kind of. It’s this woman from work. I hope that won’t be too weird. Will it, Rach?
 まぁ、そんな感じ。職場の女性だ。問題ないよね。ね、レイチ?

Rachel: No. No, not at all, not at all. I actually was gonna bring someone myself, so…
 いえいえ、全然、大丈夫よ。私も一緒に行く人がいるの。

Joey: But you said one ticket.
 でもチケット1枚って言ったよね。

Rachel: I meant, me plus one!
 私プラス1枚って言ったのよ。

Joey: Okay. Did you guys mean you plus one?
 わかったよ。(フィービーとチャンドラーに)君たちもプラス1枚って意味?(ノーという身振り)

Ross: All right, I’ll see you tonight.
 それじゃ、また今夜ね。

Joey: Okay.
 オーケー。

Rachel: Okay, bye-bye!
 オーケー、バイバイ!

Chandler: Bye!
 バーイ!

Monica: Bye-bye!
 バイバイ!(ロスは出て行く)

Rachel: Okay, I need a date!
 さぁ、デート相手探さないと!

Joey: Oh, hey, you guys are finally gonna get to meet Kate!
 そうだ、みんなついにケイトに会ってもらえるよ!

All: Oh!
 ああ!

Joey: And I borrowed some of your cologne. I hope she likes it.
 それから、おまえのコロン借りたぞ。彼女が気に入るといいんだけど。

Monica: Joey, what are you doing?! It’s never gonna happen, she’s seeing somebody.
 ジョーイ、どういう気? 何も起きないでしょ。彼女には他の人がいるんだもの。

Chandler: Yeah, and I don’t have any cologne.
 そうだよ。それに俺コロンなんて持ってないぞ。

Joey: The green bottle next to the shaving cream.
 シェービング・クリームの隣の緑のボトルだけど?

Chandler: Oh! Worm medicine for the duck.
 ああ! あれはダックの虫下しだぞ。

《モニカ達の部屋:劇場に行く準備中》

Monica: Here you go. You can wear this.
 (セーターを渡し)はい、どうぞ。これ着ていいわよ。

Phoebe: Thanks!
 ありがと!

Monica: Uh-huh.
 いいよ。

Phoebe: Okay. Ooh, I’m setting the phone down. . . But I’m still here! Just don’t go anywhere I’m still here. . . Don’t-don’t switch or anything, ‘cause I’m, I’m right here. Just one sec. One sec! One second!! Wait! One second! Just…
 (電話に)さぁ、電話をちょっと置くわよ。でもここにいるわよ! どこへも行かないで、ここにいるわよ。(セーターを着ようとする)切ったりなんかしないでよ。私ここにいるんだから。(頭を袖に通そうとしている)ちょっと待って! ちょっとだけ! ちょっと待ってよ! ちょっと待って!!

Monica: Phoebe?
 フィービー?

Phoebe: What?! Monica, I’m scared!!
 なに?! モニカ! 怖いよ!

Monica: All right. Honey, that’s-that’s a sleeve. Okay?
 はいはい、ねぇ、それは袖よ。いい?

Phoebe: Yeah.
 ああ。

Monica: And we also have speaker phone.
 それに、スピーカーフォンにすればいいのよ。

Hold Voice: Please, stay on the line. Your call is important to us.
 (電話の声)このままお待ちください。お客様の電話は私たちにとって大切です。

Monica: Okay, wait, you gotta hang up ‘cause we’re gonna be late.
 ねぇ、いい? 切らなきゃだめよ。遅れちゃうわ。

Hold Voice: Thank you for your patience, you’re the next caller.
 お待ちいただきありがとうございます。この次おつなぎいたします。

Phoebe: Yes!! Yes!! I’m the next caller! You were gonna have me hang up.
 やったわ! やったわ! 次よ! あなた切らせようとしたわね。

(チックとダックを抱いてチャンドラーが来る)
Chandler: Hey! Can you take a duck and a chick to the theatre?
 なぁ、シアターにダックとチック連れて行ける?

Monica: Of course not.
 とんでもない。

Phoebe: No.
 ダメ。

Chandler: Okay. I just wanted them to hear it from somebody else.
 よし。他の誰かから聞かせてもらいたかったんだ。

《ジョーイの劇場・レイチェルとトミー、ロスとケイリン》

Ross: Hey, hey, Rach!
 やぁ、レイチ!

Rachel: Oh, hi!
 あら、ハーイ!

Ross: Hi!
 やぁ!

Rachel: How are you?
 元気?

Ross: Good.
 ああ。

Rachel: Hey.
 どうも。

Ross: So it looks like we’re the first ones here.
 僕らが最初に着いたみたいだね。

Rachel: Yeah, looks that way. First ones here! Wooo!!
 ええ、そうみたいね。最初に到着! イエーイ!

Ross: Yay!!
 イエーイ!

Rachel: Oh! Tommy, this is Ross. Ross, Tommy.
 ああ、トミー、こちらロス。ロス、こちらトミー。

Tommy: Hey.
 やぁ。

Ross: Hey. Oh, I’m sorry, this is Cailin.
 やぁ。あっ、失礼、こちらケイリン。

(全員一斉に握手しようとして混乱。ようやくみな握手)
Ross: And! Break!!
 はーい! おしまい!

Rachel: Okay, uhh, I think I’m going to run to the ladies room.
 はぁ。私はトイレに行ってくるわ。

Tommy: Okay.
 わかった。

Cailin: I’ll join you.
 私も行くわ。

Tommy: I’ll get our seats.
 席に行ってるよ。

Ross: So uh, well, this-this is uh, this is awkward.
 これは・・これはちょっと気まずいね。

Tommy: Yeah?
 そう?

Ross: Well, you know, ‘cause Rachel and I used to go out.
 いや、ほら、レイチェルと僕は以前つきあっていたから。

Tommy: Oh, I didn’t, I didn’t know that.
 ああ、それは知らなかった。

Ross: Oh! Well, then this is awkward. So what do you uh…
 ああ! それじゃ今気まずいな。それで君は・・

Tommy: I think we’re here.
 僕らここだと思うな。

Ross: Oh! Yeah.
 ああ、そうか。

Tommy: Yeah.
 そうだ。

Ross: Okay. Uh, huh. Excuse me, I’m sorry, I-I think you may be in our seats.
 そうか・・えっと失礼、すみませんが、ここは僕たちの席だと思うんですが。

Man: Umm, no, I don’t think so.
 うーん、いや、違うよ。

Tommy: Can-can we take a look at your ticket?
 チケット見せてもらえます?

Man: Sure.
 いいよ。

Ross: Yep! Yeah, see this says D-13, and uh…
 ああ、そうだ。ほら。D-13だから・・

Man: Oh, well, I thought that ah…
 あっそうですか、私が思ったのは・・

Tommy: Oh, you thought, huh? Yeah, well that didn’t really work out too well for you did it you idiot!! What are you?! A moron!! Huh?! It says D-13! Okay?! Look you’re surrounded by even numbers!! Did that give you some clue?!
 思っただって? ええ?! 思ったって役に立たなかったな、このアホが! なにものなんだ? バカか?! えっ?! D-13と書いてあるだろうが! どうだ?! 周りの番号を見たらどうだ! それでもわからんか!

Man: Uh, the usher told us to come…
 ああ・・案内人がここへ・・

Tommy: Oh! Oh! The usher must be right! What, with all that training they go through! Get out!! Here! . . . Hey, man, you want the aisle?
 そうか! 案内人は正しいに違いないか! やつらがトレーニング受けてるってか! どけ! (チケットを返し)ほらっ!(ロスに)通路側がいい?

Ross: No, I’m good.
 いや、いいです。

《上演後のパーティ》

Chandler: There he is!
 (ジョーイを見て)やぁ、来たぞ!

Monica: There’s our star!
 私たちのスターよ!

Joey: So, so, what did you think?
 それで、どうだった?

Chandler: Almost as good as that play with the two naked girls on the see-saw.
 2人の裸の女の子がシーソーしてた芝居ぐらいよかったぞ。

Joey: I wasn’t in that.
 俺あれには出てない。

Chandler: I know.
 知ってる。

Joey: Oh-oh, hey-hey, Kate! Listen I want you to meet everybody. Everybody, this is Kate.
 あっ、ねぇ、ケイト! みんなに会ってほしいんだ。みんな、こちらがケイト!

Monica: Hi!
 ハーイ。

The Director: Excuse me. Excuse me. Sweetheart! . . Come!
 (割り込み)失礼!失礼!(ケイトに)愛しいきみ!(キス)来て!(立ち去る)

Chandler: So that’s the girl you like.
 彼女がおまえの好きな子だな。

Joey: Yeah.
 ああ・・。

Ross: I’m telling you, this guy Rachel is with is crazy! Okay? He viscously screamed at total strangers! I think he’s bad news!
 本当なんだ。レイチェルが一緒に来てる男は狂ってる! いいか? 彼は見ず知らずの人に恐ろしい勢いで怒鳴ってたんだ。彼はよくない!

Chandler: Wait a minute, wait a minute, you don’t like the guy Rachel’s dating? Well, that’s odd.
 ちょっと待て、ちょっと待て。レイチェルのデート相手が気に入らないって? それは変だな。

《ジョーイとレイチェル、トミー》

Joey: Oh, hey, Lauren. Uh, you guys, this is, this is Kate’s understudy, Lauren.
 あ、やぁ、ローレン。(レイチェル達に)君たち、こちらケイトの代役のローレン。

Rachel: Oh, hi!
 ああ、ハーイ!

Lauren: Hey.
 どうも。

Rachel: Hey. Gosh, you look so familiar.
 どうも。あら、なんか見覚えがあるわ。

Lauren: Oh, yeah! I ran into you in the hallway in your building. It was right after I slept with Joey. He dumped me the next day.
 ええ、そうなの! あなたの建物でお会いしましたわ。ジョーイと寝た直後だったの。翌日振られたのよ。

《モニカ、ピートとケイリン》

Cailin: So. How’d you guys meet?
 それで、どうやって知り合ったの?

Pete: Well ah, the short version is, I ah pursued her for a couple of months, then I gave her a check for 20,000 dollars, and she was mine.
 そうだな、短く言うと、2ヶ月ほど彼女を追っかけて、2万ドルの小切手をあげたら、今や僕のもの。

Monica: Yeah, and in the long version, I dump him for telling people the short version.
 ええ。長く言うと、短いバージョンをみんなに言うから振っちゃうのよ。

《ジョーイ、エステル、モニカ達》

Estelle: Joey, sweetheart, you were fabulous!
 ジョーイったら、あなた最高だったわよ!

Joey: Hey, you guys, this is my agent, Estelle.
 ねぇ、君たち、この人が僕のエージェントのエステル。

Estelle: How do you do. Ooh, you two girls were outstanding! . . Did they have representation?
 初めまして! ああ、あなた達2人、すばらしかったわよ! (ジョーイに)彼女達エージェントいるの?

Joey: No, they-they weren’t in the play.
 いや、彼女達は芝居に出てないよ。

Rachel: We’re not actors.
 私たちは俳優じゃないんですよ。

Estelle: Ooh, what a shame! Because with her face and her chest I could really put something together.
 あらもったいない! 彼女(モニカ)の顔と彼女(レイチェル)の胸があればすばらしいものができあがるのに!

Chandler: Could I borrow it?
 それ借りていい?

《ロスとケイリン》

Cailin: Hi! Remember me?
 ねぇ、私を覚えてる?

Ross: Hi! Yeah! Tommy’s in line for the bathroom and someone just cut in front of him, I think he’s gonna snap.
 やぁ! うん。トミーはバスルームで並んでいて、今誰かが割り込んだから、きっと彼キレるよ。

Cailin: Ross, I’m gonna go.
 ロス、私帰るわ。

Ross: Go? Why?
 帰る? どうして?

Cailin: I don’t know. Could be because I don’t feel like standing around all night waiting for some guy who may or may not scream.
 どうしてかしらね。一晩中どなたかが怒鳴るかどうかを見てる気にはなれないからかしら。

Ross: But-but Cailin, he definitely will scream.
 でも、ケイリン、彼は絶対怒鳴るよ。

Cailin: Good bye, Ross.
 バイバイ、ロス。

Ross: Uh, oh-ho bye.
 ああ、うん、バーイ。

The Director: (entering carrying a newspaper) Here we go, people! (starts reading the review) Boxing Day! The Lucille Lortel Theatre, blah-la-la-la… Ah-ha! Joey Tribbiani, gives an uneven performance, but Mr. Tribbiani is not the worst thing in this production.
 (新聞を持ってきて)さぁきたぞ、みんな! (新聞を読む)ボクシング・デイ! ルシル・ローテル・シアター、なんたらかんたら・・おお! ジョーイ・トリビアーニ、ムラのある演技、だが、この芝居においてトリビアーニ氏はまだ最悪ではない。

Joey: Yes!!! Ha-ha-ha!
 やった! ハハハ!!

The Director: Kate Miller’s awkward and mannered portrayal is laughable. Badda-badda-badda. Ah-ha! Here it is! The direction by Marshal Townend is… . . . . Thank you, boys and girls, you’ve ruined my life. Please, stuff your talentless faces with my Mother’s crab cakes! (starts to leave) Excuse me!!
 ケイト・ミラーのぎこちなく真実みのない芝居はお笑いぐさである。なんたらかんたら・・・あった! ここだ! マーシャル・タウネンによる監督は・・・(黙って読み新聞を投げ捨てる)ありがとう、少年少女よ。僕の人生を台無しにしてくれて! その才能のない顔をうちの母のかにコロッケでいっぱいにしてくれたまえ! 失敬!!(出て行く)

Joey: Anyone mind if I save this?
 (新聞を持ち上げ)これもらっていい?

《モニカ達の部屋》

Monica&Rachel: Hey!
 ヘイ!

Phoebe: Oh, is the play over?
 あら、もう芝居終わったの?

Monica: Yeah. Where were you?
 ええ。どこにいってたの?

Hold Voice: Thank you for your patience, you’re the next caller.
 お待ちいただきありがとうございます。次におつなぎします。

Monica: You were the next caller five hours ago. You must be going crazy.
 あなた5時間前につないでもらえるはずだったじゃないの。頭どうかならない?

Phoebe: Nah. I kept myself busy.
 いいえ。用事みつけてたから(あやとりをしている)

(モニカとレイチェルがそれぞれの部屋に行き、不思議な顔で出てくる)
Phoebe: Oh, okay, yeah. I put your stuff in her room, and her stuff in your room.
 ああ、そうなの。あなたのものを彼女の部屋に、彼女のものをあなたの部屋に移した。

《劇場:ジョーイとケイト》

Joey: Hey! You okay?
 やぁ、大丈夫?

Kate: Fabulous.
 ご機嫌よ。

Joey: Listen, drama critics, they’re nothing but people who couldn’t make it as actors. You know what you should do?
 ねぇ、ドラマ批評家なんて、俳優になれなかった人達だよ。きみ、どうするべきかわかる?

Kate: Become a drama critic!
 ドラマ批評家になる!

The Director: I am hurt! A plague on both your houses!
 僕は傷ついた! 君たち2人の家に疫病を!(立ち去る)

Kate: By the way, he dumped me tonight after he read my review.
 ところで、彼、あのレビューを読んだ後、私を振ったの。

Joey: Oh, classy.
 ああ、さすがだね。

Kate: Yep! I sure know how to pick them, huh? You know I gave up a part on a soap for this!
 そうよ。私見る目があるわよね、ね? 私他の仕事を断ってここに来たのよ。

Joey: Wow! Yeah, I ah, I gave up a job too.
 ワオ。そうか。僕も仕事をやめてこっちにきた。

Kate: Really. What?
 そうなの。何だった?

Joey: Uh, de-clawing cats. Hey, tell you what. Let me walk you home. We’ll stop by every news stand and burn every copy of their Times and the Post.
 猫の爪切り。ねぇ、どう? 家まで送るよ。全部のニューススタンドでタイムズとポストを燃やしてしまおう。

Kate: Why the Post?
 どうしてポスト誌?

Joey: Oh, you didn’t see the Post?
 あ、ポストは見なかった?

Kate: No. You?
 いいえ。あなたは?

Joey: No. Why?
 いや。なんで?

《ケイトの家》

Kate: So you really think those newspapers are just jealous of me?
 それじゃ本当にあの新聞記事は私に嫉妬してのことだと思うの?

Joey: Oh, absolutely! You’re talented and you’re good looking.
 間違いないよ! 君は才能があるし、美人だ。

Kate: Oh, you’re sweet and cute.
 ああ、あなたは優しくてキュートね。

Joey: I know! That’s why they trashed me!. . . Whoa. Wait a minute, wait a minute.
 そうさ! だからボロクソに書かれたんだ! (ケイトがキス)ウワオ。。ちょっと待って、ちょっと待って。

Kate: What?
 なに?

Joey: I don’t get you. I mean, first, you hate me. Then you sleep with me. Then you want nothing to do with me, now you want me again.
 わからないよ。だって、君最初は僕を嫌って、それから寝た。その後つき合う気もなくて、それで今度はこうくる?

Kate: What? So you never went out with an actress before?
 なに? 女優とつき合ったことないの?

Joey: Kate, do you even like me?
 ケイト、第一、僕を好き?

Kate: Of course I do.
 もちろんよ。

Joey: Well so, how come you blew me off? You know? How come you were with him?
 それじゃ、なんで僕に冷たくした? どうして?彼とつきあってたんだ?

Kate: I don’t know! I just, just do this! I always have to pick the like the smartest guy, or-or the most talented guy… Why can’t I just pick someone like you?
 わからない! 私、そうしちゃうのよ! 私いつも一番頭の切れる人とか、一番才能のある人を選ぶの・・どうしてあなたのような人にしないのかしら。

Joey: Thanks.
 ・・・ありがと。

Kate: You know what I mean. I mean, like, the sweetest guy. Joey, you’re just so, you’re so, so…
 言ってる意味わかるでしょ。優しい人ってことよ。ジョーイ、あなたはほんとに、あなたはほんとに・・・(眠りに落ちる)

Joey: Okay. Okay, okay, hey. There we go, let’s get your feet up there. (Looks at her) Good night, Kate. Sweet dreams. (Picks up a garbage can) I’m gonna put this can right here in case you have to hurl.
 よしよし・・さぁ・・(寝かせる)ほら、足をあげて。。おやすみ、ケイト。いい夢見て。(ゴミ箱を置く)吐くといけないから目の前に置いとくよ。

《モニカ達の部屋》

Hold Voice: Please stay on the line. You’re call is very important to us.
 このままお待ちください。お客様のお電話は私どもにとって大切です。

Monica: Pheebs, you’ve been up for 24 hours! Go to sleep, honey. This isn’t healthy.
 フィーブス、あなたもう24時間も起きてるのよ! 寝なさいったら。健康に悪いわ。

Phoebe: No, no, I’m fine, and you know why? ‘Cause of all the riboflavin.
 いえいえ。大丈夫。どうしてかわかる? このリボフラビンのおかげよ。

Joey: Hey!
 やぁ!

Monica: Hey! Didn’t you have that outfit on last night?
 あら! あなた昨日と同じかっこうじゃない?

Joey: Yeah! I stayed at Kate’s, but ah, nothing happened. Hey, Pheebs, where were you?
 そう! ケイトのところに泊まったんだ。でも何もなかった。やぁ、フィーブス。どこにいたの?

Phoebe: I’m so, so, so sorry, Joey. I definitely am gonna see you’re play. I swear you’re play is very important to us, thank you for your patience. You’re play is the next play I’m gonna see.
 本当に本当にごめんね、ジョーイ。私あなたの芝居必ず見るわ。あなたの芝居は私にとって大切です。お待ちくださってありがとうございます。あなたの芝居は次に見ます。

Monica: Anyway, how did it go with Kate?
 それより、ケイトとどうだったの?

Joey: Oh, it was great! Yeah, I walked her home, and it was amazing how much we connected, you know? Then ah, then she passed out. But then she woke up. Yeah? And we stayed up all night talking, and now we’re like totally crazy about each other!
 ああ、すばらしかったよ! 家まで送って、俺たちすごくうちとけたんだよ。それから・・それから彼女眠っちゃったんだ。でも、目を覚まして、それから一晩中話して、今ではもうお互いに夢中だよ。

Monica: Joey, you had "the night!"
 ジョーイ、あなた「2人の夜」を経験したのね!

Joey: What?
 え?

Monica: When two people finally realize their feelings for each other, and they talk for hours, and they learn all about the other person!
 2人がついに互いの気持ちに気づく夜よ。何時間も話して、お互いのことを知るの!

Joey: You think?
 そうかな?

Monica: Did you, like, learn about her family?
 たとえば、彼女の家族のこと聞いた?

Joey: Two brothers, one died!
 2人兄弟がいて、1人は死んでる!

Monica: Yes!!
 それよ!

Joey: Yeah?!
 そう?

Monica: Oh!
 ああ!(ハグ)

《セントラルパーク》

Gunther: This is from the woman at the bar.
 (チャンドラーにカップを持ってきて)これあちらの女性から。

Chandler: Oh!
 おお!(振り返る。ガンターは去ったがすぐ戻ってくる)

Gunther: Sorry. She thought you were somebody else.
 失礼。人間違いだったらしい。

Rachel: What time is it?
 いま何時?

Monica&Ross: One.
 1時。

Chandler: 7:15. Watch doesn’t work.
 7時15分。時計がとまってる。

Rachel: Tommy’s supposed to be here soon, we’re going to lunch.
 トミーがもうすぐ来るわ。ランチに行くの。

Ross: Look. Look, I wasn’t going to say anything to you, but... All right, I don’t think you should be seeing Tommy anymore.
 聞いて。言わないつもりだったんだけど、でも・・トミーとはもう合わない方がいいと思うよ。

Rachel: You don’t?!
 そう?

Ross: No! The guy is mean. I mean, really mean. I think you should stay away from him.
 ダメだ。あいつは意地が悪い。本当にいやなやつだ。あいつには近づかない方がいいと思うよ。

Rachel: Umm, or, maybe, I should stay away from all men.
 うーん、それか、すべての男性に近づかない方がいいのよね。

Ross: No, it’s not just ‘cause I’m jealous. I mean I’m not, I’m not, I’m not jealous, okay? It’s… Look, the guy, he screamed, he actually screamed at this couple sitting in our seats.
 違う、僕はヤキモチで言ってるんじゃないんだ。ヤキモチじゃない。本当だよ。やつは叫んだんだ。僕たちの席に座ってた人たちに向かって怒鳴ったんだよ。

Chandler: Yeah, and at the end of the play, he, he got up you know, and he just started like, banging his hands together!
 なるほど。そして上演後には、彼、立ち上がって、こんなふうに(拍手して)手を叩いていたぞ!

Ross: Okay, fine, fine. You don’t want to believe me? No, that’s fine.
 いいよ、いいよ。わかった。信じないんだね。いいよもう。(出て行く)

Monica: We’re kidding!
 冗談よ!

Chandler: Ross, don’t. Ross!
 ロス、行くなって、ロス!

Monica; Ross!
 ロス!

《セントラルパーク前》

Ross: No one believe me, I’m Mr. Funny to you. Mr. Funny…
 誰も信じないんだ。僕のこと笑うだけで。笑って・・(トミーとぶつかりそうになる)

Tommy: Whoa!!
 うお!!

Ross: Whoa, sorry Tommy.
 わっ! 失礼、トミー。

Tommy: What’s in the cup, Ross?
 カップの中身は何だ、ロス?

Ross: Umm…
 えー・・・。

Tommy: What is in the cup?!
 カップの中身は何だ?

Ross: Okay, it’s coffee.
 ええ、コーヒーです。

Tommy: Ice coffee? Tell me it’s ice coffee!
 アイスコーヒー? アイスコーヒーだと言ってくれ!

Ross: It’s hot…
 ホット・・。

Tommy: Hot coffee!!! You idiot!! You were gonna spill hot coffee all over me, huh?!! What are you just some big, dumb, stupid, doofy idiot, with a doofy idiot hairdo, huh?! Huh?!
 ホットコーヒー!! このバカ! ホットコーヒーを俺にぶっかけるところだったじゃないか、え?! なんだおまえ、この大バカの間抜けのアホのぼけナスめ! 間抜けな頭しやがって、え?! え?!

(ロスは店内のみんなに知らせようと窓を叩くが誰も気づかない)

Rachel: What’s your favorite thing about summertime?
 夏の好きなことってなに?

Monica: Umm, going to the beach. When it stays light real late.
 そうね、日没が遅い日に行くビーチね。

Rachel: Yeah…
 そうね・・。

Tommy: Hey!
 やぁ!

Rachel: Tommy! Say, what’s your favorite thing about summer?
 トミー! ねぇ、夏の好きなところってなに?

Tommy: Ooh, I don’t know. Probably the smell of freshly cut grass.
 そうだな、刈り取ったばかりの草の匂いとか。

Chandler: Oh, that’s a good one.
 ああ、それはいいね。

(あきれて見ているロス)

《劇場:遅刻したジョーイ》

Joey: Sorry! Sorry, I’m late, sorry, I’m late! My duck and my chick and a fight, it was ugly.
 ごめんごめん、遅れてごめん。遅くなった! ダックとチックがケンカして、ひどかったよ。

Stage Manager: Look, we held the curtain for you buddy. Come on, let’s go! Let’s go!
 カーテンをしめて待ってたんだぞ。さぁ、行って行って!

(舞台ではローレンが待っている。ノック)
Lauren: Vic! Where have you been, baby?!
 ビク! どこ行ってたのよ?!

Joey: Where’s Kate?
 (ハグして囁く)ケイトは?

Lauren: She got a job in L.A.
 (囁く)ロサンゼルスで仕事ですって。

Joey: What?!
 え?

Lauren: I’ve been waiting up all night for you. Where have you been? Where have you been? Vic?!
 一晩中待ってたのよ。どこへ行ってたのよ。(応えないジョーイ)どこへ行ってたの、ビク?

Joey: Oh, ahh, go to the window. I’m wanna run down to the truck and show you something.
 ああ・・窓のところへ行って。トラックに行くよ。見せたいものがある。

Lauren: What do you got down there, Vic? What do you got under that tarp?
 そこに何があるというの、ビク? タープの下に何があるの?

Joey: When is she leaving?
 (窓の外側に現れ囁く)いつ発つんだ?

Lauren: Tonight. What are you doing?
 (囁く)今夜よ。何してるのよ?

Joey: I’m coming up!
 いま行く!

《モニカ達の部屋》

Tommy: Hey, mind if I use the phone?
 ちょっといいかな、電話借りても?

Phoebe: Oh, I…
 (まだ保留待ち中)ああ、私が・・

Chandler: Why don’t you use ours across the hall, ‘cause she…has…problems.
 向かい側の俺たちの電話使えばいいよ。彼女は・・問題が・・あるから。。

Ross: Oh-ho, whoa! Sorry, Tommy. I almost spilled this hot coffee on you.
 (コーヒーを持っていたが、トミーとぶつかりそうになる)おっと! ワオ、失礼、トミー。熱いコーヒーを君にかけてしまうところだったよ。

Tommy: Yeah, but you didn’t.
 ああ、でもそうならなかった。

Ross: No, but it’s-it’s-it’s hot!
 ああ、でも・・これは熱い!(トミーは出て行く)

Rachel: Ross, would you just stop it! It’s getting really old.
 ロス、いいかげんにして。もういいわよ。

Ross: I can’t believe no one believes me!
 誰も信じてくれないなんて信じられない!

Phoebe: I do, I believe you.
 私は信じるわよ。

Ross: You do, Pheebs?
 ほんと、フィーブス?

Phoebe: Yeah. But I also believed her when she said I was next.
 ええ。でも私、次につないでくれるって言う(電話を指差し)彼女も信じてるけど。

《チャンドラー達の部屋》

Tommy: Ooh, hey! Hey, there little fella. Mr. Fuzzy-Man, how are you doing? Aww. . . Eww! Oh! Eww! Gross! Idiot!! Stupid little, fuzzy, yellow creature!! Oh look at me, I’m so cute, I’m a little chick who’s disgusting! God, you’re so stupid, how are you not yet extinct!! . . . Quack-quack, quack-quack!! What are you quacking about?! Dumb Donald Dodo!!
 (ヒヨコに気づき)おお、やぁ、ちびすけ。(手に乗せる)ふわふわ君、元気かい? ああ・・(ヒヨコがフンをする)うげっ! わっ! 汚ねっ! アホ! このバカなチビのふわふわ黄色い生き物め! こっち見て、ほんとにかわいいでしょ、小さなチック、気持ち悪い! ああ、本当にアホめが! なんで絶滅しないんだ! (アヒルも現れる)クワッ、クワッ、クワッ、クワッ! 何がクワッ!だっ! バカドナルドめ!

(気づけば全員が立って見ていた)
Chandler: Step away from the duck.
 ダックから離れろ。

Tommy: Ooh, sorry little Mr. Chic-A-Dee, sorry you went doody in my hand! . . Well, I guess we’re not going out anymore. Man!!!
 ああ、これは失礼したね、このヒヨコちゃん! 俺の手にクソしてくれて! (出て行こうとしてレイチェルに)ま、これでデートはなしだよね。クソっ!!!(立ち去る)

《劇場の舞台裏》

Kate: Joey!
 ジョーイ!

Joey: Kate!
 ケイト!

Kate: I’m so glad I caught you. I couldn’t find you before.
 会えてよかったわ。さっきはあなたに会えなくて。

Joey: What’s going on? What’s all this about L.A.?
 どうしたんだ? ロサンゼルスってなに?

Kate: They still want me for General Hospital.
 『ジぇネラル・ホスピタル』に出られることになったの。

Joey: But, but what about us?
 でも、でも・・俺たちのことは?

Kate: Last night was wonderful. But I can’t stay here just for you.
 昨日は最高だったわ。でも、私そのためだけにここにとどまれないわ。

Joey: Well, so, stay for the museums!
 それじゃ・・博物館のためにとどまればいい!

Kate: I’m sorry.
 ごめんなさい。

Stage Manager: Joey, onstage!
 ジョーイ! 出番だ!

Joey: Can you at least stay to the end of the play? I mean, I’ll go to the airport with you, I wanna say good bye.
 せめて、芝居の最後までいてくれないか? 空港まで送っていくよ。お別れを言いたい。

Lauren: Where are you, Vic?
 どこなの、ビク?

Kate: Flight’s in an hour. I gotta go.
 1時間で出発なの。もう行かなきゃ。

Lauren: Vic! Vic! Vic!!!
 ビク! ビク! ビク!!!

Joey: In a minute!!
 (舞台に向かって)今行く!

《舞台》

Lauren: So this is it? Victor?
 これでお別れなの、ビクター?

Joey: Yeah, I guess it is. . . . Listen, I ah, I gotta say good bye, and-and I gotta say it quick ‘cause this is killing me. One thing you gotta know, is that I will never forget you. But, you’ve got things you have to do now, and so do I. And so… I’m gonna get on this spaceship, and I’m gonna go to Blaargon-7 in search of alternative fuels. But when I return, 200 years from now, you’ll be long gone. But I won’t have aged at all. . . So you tell your great-great-granddaughter to look me up. Because Adrienne, baby, I’m gonna want to meet her.
 ああ。そのようだ。(ローレンをケイトと重なるように同じ方角に立たせて)聞いて。お別れを言わなきゃならないが、つらいから手短にするよ。君を決して忘れないこと、わかってほしい。君には君の、僕には僕のやらなきゃならないことがある。そして・・僕はこの宇宙船に乗って(スモークがたかれライトのついたハシゴが降りてくる)ブラーゴン7星へ代替燃料を探しに行くんだ。僕が戻るのは200年後、君はもういなくなっている。でも僕は年を取らないままなんだ。(ハシゴに乗る)だから、君の曾々孫に、僕を探すよう言ってくれ。エイドリアン、彼女に会いたいからね。(ハシゴは上昇する。手を振るジョーイとケイト)

Lauren: So long, Vic!
 さよなら、ビク!

《モニカ達の部屋》

Monica: Phoebe, it’s been two days.
 フィービー、もう2日よ。

Phoebe: Yeah, I know. Oh, good thing it’s one of those 801 numbers. Right?
 ええ。わかってるわ。でも801番号でよかったわよね。

Ross: Phoebe, 800 is toll free, 801 is Utah.
 フィービー、フリーダイヤルは800だ。801はユタの市外番号だよ。

Phoebe: No, no, no, oh no-no-no, it’s has to be 800. ‘Cause all those big companies have 800 numbers, every. . . Yeah, every big Utah-based company has one.
 いえいえいえ、違うわよ。800 よね。大きな会社はどこもみんな800番号を持ってるわよね。(説明書を見る)・・・そうね。ユタにある大きな会社ね。

Rachel: Phoebe!!
 フィービー!

Phoebe: Sorry, I’m so sorry, I will pay you back.
 ごめん。ごめんなさい。お金払うわ。

Chandler: And yet, she’s still not hanging up the phone.
 それでもまだ電話を切らないのか。

All: Hang it up! Hang up the phone!!
 切って! 電話切るのよ!

Phoebe: Fine! Fine! . . . Oh-oh!
 わかった、わかったわよ!(受話器を下ろすと、壊れる)あっらー!

Monica: What?
 なに?

Phoebe: Well, I think I broke it. But that’s all right. Here’s the number you can call.
 うん。私壊しちゃったみたい。でも大丈夫よ。この番号にかければ・・。

Monica: Oh.
 ああ。。

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:
今回のゲスト☆ベン・スティラーさん、
2004年に「ポリーmy love」でジェニファー・アニストンと共演。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 17:18| Comment(0) | Season3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

3-21 The One With A Chick. And A Duck.

3-21 チックとダックの話

 ☆モニカの夢、実現?☆

《セントラルパーク前:モニカがフィービー、レイチェルとローラースケート練習》

Rachel: So who’s idea was it to put everybody in the diner on skates?
 ダイナーの人達みんながスケートなんて誰アイデア?

Monica: Oh, some idiot customer put a suggestion in the suggestion box.
 どっかのバカなお客が提案ボックスに入れたのよ。

Phoebe: Oh, my God, they took my idea!
 まぁ、やったわ! 私のアイデアが通ったのね!

Monica: That was you?!
 あなたなの?!

Phoebe: Yeah! Okay, here you go.
 そうよ、さぁ行くわよ。(モニカをレイチェルの方へ押す)

Gunther: Rachel, I made you a cocoa.
 レイチェル、ココア作ったよ。

(ガンターに気をとられ、モニカをキャッチできず2人で転ぶ)
Phoebe: Oh, my God, are you guys okay?
 まぁ大変! 大丈夫?

Gunther: Are you all right?
 大丈夫?

Joey: Oh, my.
 (店から出てきて)これはこれは!

《チャンドラー達の部屋:ジョーイはドクター刑事クインシーを見ている》

Chandler: Hey.
 やぁ。

Joey: Hey. You know with that goatee you kinda look like Satan.
 ああ。そのヤギヒゲ、サタンみたいだな。

Chandler: Oh, so that’s why the priest threw holy water on me. . . Okay, listen, you have to cheer up! Okay? You should come out with Ross and me. I mean, anything is better than sitting around here crying all day about Kate.
 ああ、だから牧師さんが聖水を投げかけてきたんだな。(ジョーイは無反応)なぁ、元気だせって! ロスと俺と一緒に出かけよう。ケイトのこと思って泣いてるよりはずっといいぞ。

Joey: Hey, I was crying because, because nobody believed Quincy’s theory. Okay?
 違う、俺が泣いてたのは、クインシーの説を誰も信じないからだよ。

(ロスが来る)
Ross: Hey!
 やぁ!

Chandler: Hey.
 やぁ。

Ross: I’m gonna be on TV!!
 テレビに出演するぞ!

Chandler: No way!
 ウソ!

Ross: Yeah! They’re putting together this panel to talk about these fossils they just found in Peru and The Discovery Channel’s gonna film it!
 ほんと! ペルーで見つかった化石について話すのをディスカバリー・チャンネルで放送するんだ。

Chandler: Oh, my God! Who’s gonna watch that?!
 わぁ、すごいな! いったい誰がそんなの見るんだ?

Ross: Thanks. You ready to go?
 どうもありがと。用意できた?

Chandler: Yeah.
 ああ。(2人で出かける)

Joey: Saw a girl with that vest.
 女の子がそのベスト着てるの見た。

Chandler: Thanks.
 ありがと。(言いながら脱ぎ捨てて出て行く)

Anchorwoman: While most of us think of chocolate bunnies and baskets as traditional Easter gifts. Some people insist on giving live chicks as presents. Unfortunately, the sad fact remains that most of these little guys won’t live to see the fourth of July. Because of as a result of improper care, they will be dead.
 たいていはチョコレート・バニーとバスケットが伝統的なイースターギフトとして一般的ですが、中には、生きたひよこをプレゼントする人もいます。残念ながら、ほとんどは、7月4日の独立記念日までも生きることができません。(ジョーイは電話をかけはじめる)適切な世話ができず、死んでしまうのです。

rabbit.jpg(chocolate bunny)

Joey: Yeah, hi. You guys got any of those baby chicks? ‘Cause I was watching this ah, commercial on TV and man, those things are cute!
 (電話で)もしもし、どうも。そちらでヒヨコは売ってる? TVコマーシャルで見たんだけど、めっちゃかわいいね!

《Moondance:ピートが来る》

Pete: Hi!
 やぁ!

Monica: Hi! Hey, Pete you’re back! Hey, check this out.
 あら! 帰ってきたのね! これ見て!(スケートして見せる)

Pete: Wow! Skates!
 ワオ! スケート!(モニカが倒れて来たので受け止める)

Monica: Wow! You’re a lot sturdier that Chandler. He crumpled like a piece of paper. So how was you’re trip?
 ワオ! あなたチャンドラーよりうんとしっかりしてるわね。彼、紙切れみたいに倒れたわよ。旅行はどうだった?

Pete: Well...
 これ・・(袋を差し出す)

Monica: Oh, what’d you bring me?!. . Awww, hotel toiletries from Japan. Oh, these are gonna go in my permanent collection. You want some coffee?
 まぁ、何を持ってきてくれたの? 日本のホテルのトイレタリー用品ね! まぁ!これは私のコレクションで永久保存よ! コーヒー飲む?

Pete: Yeah, sure, that’d be great.
 ああ、いいね。もらうよ。

Monica: Regular or decaf?
 (カウンターへ行って転び起き上がって)レギュラー? デカフェ?

Pete: Ah, which ever is closest.
 近い方で。

Monica: Okay.
 了解。

Pete: So ask me what I did today.
 今日僕が何をしたか聞いて。

Monica: So what did you do today, Pete?
 今日何をしたの、ピート?

Pete: I bought a restaurant and I would like you to be the head chef.
 レストランを買ったよ。君にヘッド・シェルになってもらいたいんだ。

Monica: What?! Oh.
 えっ! わっ(転ぶ)

《モニカ達の部屋》

Monica: Can you believe he just offered me a restaurant?
 レストランだなんて、信じられる?

Rachel: What a jerk! You want me to kick his ass?
 なんてやつなの! 彼のお尻蹴ってあげようか?

Monica: I mean, this has been like my dream since I got my first Easy Bake Oven and opened Easy Monica’s Bakery. I mean I would kill for this job. I mean, I can totally do this job, and God knows I paid my dues. But Pete’s just doing this because he has a crush on me.
 これは、初めてイージー・ベイク・オーブンを手に入れて、イージー・モニカ・ベーカリーを開いて以来の夢なのよ。この仕事をするためなら何だってするわ。私にはできるし、もうずっとこれを目指して頑張ってきたわ。でもピートがこの仕事をさせてくれるのは、私を好きだからよ。

Rachel: And you’re still not attracted to him at all?
 それであなたはまだ彼にぜんぜん魅力を感じないの?

Monica: No. I mean how can I accept a restaurant from him? I can’t. I couldn’t even accept a necklace from Stu Vincent in the seventh grade.
 そう。それで彼のレストランで働ける? できないわ。私は7年の時スチュー・ビンセントがくれたネックレスさえ受け取れなかったのよ。

Rachel: Yeah, but Mon, that’s totally different. He was you’re health teacher.
 そうね、でもモン、あれは全然違うわよ。彼は保健の先生だったもん。

Monica: Oh, please. . . What? Honey.
 まぁ、やめてよ(レイチェルの脇をたたくと痛がる)え? どうしたの?

Rachel: Oh, I am, my side still hurts from when you crashed into me yesterday.
 ああ・・脇がまだ痛いの。昨日あなたがぶつかってきたところよ。

Monica: Oh, God, I’m so sorry.
 あら、ごめんなさい。

Rachel: I know. . . Ow!!
 いいのよ。(モニカがハグ)痛っ!

Monica: Oh, God!
 まぁ大変・・

(ロスが白いスーツ姿で現れる)
Ross: Hey, you guys! Guess what?
 やぁ、君たち! 聞いてくれる?

Rachel: Got a job on a riverboat?
 遊覧船の仕事見つかったの?

Ross: You know what? I didn’t wear this suit for a year because you hated it. Well, guess what? You’re not my girlfriend anymore so...
 いいかい、これをずっと着なかったのは、君が嫌いだったからだ。でもほら、もう君は僕のガールフレンドじゃないんだから・・

Rachel: Oh I see, so this suit is making a point.
 ああ、なるほどね。このスーツではっきりするわけね。

Ross: Right.
 そう。

Rachel: Now that you’re on your own, you’re free to look as stupid as you'd like.
 あなたはもう1人だから、好きなだけバカな格好できるのよね。

Ross: You like it, right?
 (モニカに)君はいいと思うよね?

Monica: Oh, absolutely. I like it even more on you than I did on Colonel Sanders. Ross! Ross! I’m kidding!
 もちろんよ! カーネル・サンダースが着てたときよりいいと思うわ。(ロスが出ていこうとする)ロス! ロス! 冗談よ。

Rachel: Yeah, come here!
 そうよ、戻ってきて!

Monica: What was it you were gonna tell us?
 何を言おうとしてたの?

Rachel: Yeah. Oh! Was it how you invented the cotton gin?!
 そうよ。それ、綿繰り機を発明した時の服?

cottongin.jpg

Ross: Okay, good bye!
 もういい。じゃあね!(出て行く)

《チャンドラーの部屋》

Chandler: So um, after you put the suggestion in the box, how long did it take for the roller skating thing to happen.
 それで、君が提案を箱に入れてから、ローラースケート案が採用されるまでどれくらいかかった?

Phoebe: Umm, about three months.
 うーん、3ヶ月ぐらいかしら。

Chandler: Okay, so I guess that’s about two weeks before the topless thing kicks in.
 そうか。じゃあトップレスが採用されるまでだいたい2週間だな。

(ジョーイが箱を持って帰ってくる)
Joey: Hey!!
 やぁ!

Chandler: Hey!
 おお。

Joey: I got you something! Open it! Open it!
 プレゼントだ。開けてみて、開けてみて!

Chandler: Okay. It’s a chicken.
 よし・・(開けて)これチキンだ!

Joey: It’s cute, huh?
 かわいいだろ!

Phoebe: Whoa-whoa-whoa, you guys, do you know anything about chicks?
 ちょっとちょっとちょっと。あなたたち、チックのことわかってるの?

Chandler: Fowl? No. Women? No.
 ニワトリってこと? 知らない。女の子ってこと? 存じません。

Phoebe: Okay, well they are a huge responsibility, especially at this age. They require constant care. They-they need just the right food, and lots and lots of love.
 いい? これは責任重大よ。特にこんな小さいとね。ずっと世話してないと。適した餌をあげて、たくさんたくさん愛してあげないと。

Joey: Oh, well no problem there.
 ああ、しょれならもんだいないでちゅよねー。

Chandler: Easy Lennie.
 落ち着け、レニー。

(レニーはジョン・スタインベックの小説「二十日鼠と人間」に出てくる、頭の回転は悪いが無邪気な登場人物)

《Moondance》

Pete: So? I mean, have you thought about it?
 それで? 考えてくれた?

Monica: Okay. Here’s the thing.
 ええ。それなんだけど。

Pete: Oh, no, not the thing. I hate the thing. What’s the thing?
 ああ、ダメダメ。この感じはダメ。なに?

Monica: I can’t do it. I’m sorry, I wish I could, but umm, see, you have these feelings for me....
 できないわ。ごめんなさい。できたらいいと思うけど、でもね、あなたの気持ちを思うと・・

Pete: Wait, wait, wait, wait, that’s-that’s what you’re worried about? If that’s the problem, we’ve got no problem.
 待って待って。君が心配してるのはそのこと? だったら問題ないよ。

Monica: Huh?
 え?

Pete: No! I was gonna tell you this over dinner, but I met somebody else, on my trip.
 もうないんだ。ディナーの時に話すつもりだったんだけど、旅行中、ある人に出会った。

Monica: Oh?
 そうなの?

Pete: Her name’s Ann, she’s a journalist. We met on the plane. She asked me if she could finish off my peanuts, I thought she said something else, we had a big laugh. Yeah, I just, I mean, I got tired of waiting.
 彼女はアンといって、ジャーナリストだ。機内で会ってね。僕のピーナツを欲しいっていうんで、僕がそれを勘違いして、2人で大笑いしてね。そういうこと。待ちくたびれたんだよ。

Monica: Oh, that’s great! I mean I’m sorry, but I’m so happy for you. And now I can work for you!
 まぁ。よかった! ごめんなさいね、でもあなたにとってはよかったわ。それにこれであなたのために働くこともできるわ!

Pete: I guess you can.
 そのようだね。

Monica: Oh, my God! Oh, this is incredible! Ohh! . . All right, you know what? I’m just gonna roll right into that office and-and quit!
 ああ、やったわ! 素晴らしいわ。 ああ! (カウンターを出てピートの頬にキス)いいわ、ねぇ、これからスケートでオフィスに行って辞めてくる!

Pete: All right.
 いいね。

Monica: Okay. . . Could you give me a little push?
 よし。ちょっと背中押してくれる?

Pete: Yeah, sure. Good luck!
 ああ、いいよ。頑張って!

Monica: I’m quitting!! Woo-hoo! . . I’m okay!! I’m all right!!
 辞めるわよ! やったー!! (派手にぶつかる音がして)大丈夫! 大丈夫よ!!

Phoebe: Wow! That’s exciting. You went to Japan, made up a woman.
 ワオ。すごいわね。日本に行って、女性をでっちあげね。

Pete: What?
 え?

Phoebe: I’m just saying, this woman, I mean she’s fictitious. No?
 だから、その女性よ。作り話でしょ。違う?

Pete: Why would you say that?
 なんでそんなことを言うの?

Phoebe: ‘Cause you’re still into Monica. So you told her there was somebody else so she would agree to work with you, so ‘cause you figure if you spent a lot of time together, maybe something might happen, and...
 あなたはまだモニカを好き。それであなたは彼女に他に女性がいると言って、あなたのところで働くことに同意させたのよね。一緒にいる時間が長ければ、いつかそういう気持ちになるかもって・・

Pete: You’re good. You’re good!
 君、できるね。すごいよ。

Phoebe: Yeah, no, I’m fairly intuitive and psychic. It’s a substantial gift.
 ええ。そうよ。私って直感が優れてるし、サイキックなの。備わった才能よ。

Pete: Listen, can you promise me that you won’t tell her though?
 ね、彼女に話さないって約束してくれないか?

Phoebe: Absolutely, oh, I promise. Tell her what?
 いいわよ。約束する。何をだっけ?

Pete: Thanks a lot.
 ありがとう。

Phoebe: No, I’m serious. I mean, I’m intuitive, but my memory sucks.
 いえ、本当に。私直感は優れてるけど、記憶力はひどいの。

《チャンドラー達の部屋》

Chandler: Okay, but this is the last time. With a chick-chick here, and a chick-chick there. Here a chick, there a chick, everywhere a chick-chick-chicken.
 よし、これが最後だぞ。(歌う)ここにチック、あっちにチック、ここチックあっチック、どこもかしこもチックチックチッキーーーン♪

Joey: Hey.
 よぉ。

Chandler: Hey.
 やぁ。

Joey: How’s she doing?
 彼女元気?

Chandler: She?
 彼女?

Joey: Well yeah, don’t-don’t you think it’s a she?
 ああ。彼女だって思わない?

Chandler: I don’t know. . . . I can’t tell, what ever it was went back in too quickly.
 わからないな(お尻に息を吹きかけてみてみる)わからないよ。何か見えるけどすぐ引っ込む。

Joey: Well, anyway, I got to go change, I’m ah, meeting some of the cast for drinks.
 とにかく、俺着替えないと。共演の人と会って飲むんだ。

Chandler: Excuse me?
 なんだって?

Joey: What?
 なに?

Chandler: I stayed home from work today while you were at rehearsal so somebody could be here with our chick!
 今日は仕事から帰ってずっと家にいるんだぞ。おまえがリハーサルだから、チックのそばについてたんだ。

Joey: Hey! Who was up from 2 o’clock this morning until 5 o’clock this morning trying to get her back to sleep?
 なんだよ。夜中の2時から朝5時まで、彼女を寝かしつけてたのは誰だと思ってるんだ?

Chandler: You don’t think I get up when you get up?
 おまえが起きた時に俺が起きてないとでも思うのか?

Joey: Oh, here it comes.
 ああ、そう来たか。

Chandler: Yes, here it comes! I’m stuck here all day, and then you come in and spend two seconds with us and then expect to go off gallivanting with your friends? Well I don’t think so mister!
 そうさ、そう来るさ! ずっとここにいなきゃならないんだ。それでおまえは帰ってきたと思ったら2秒で出かけていって友達と遊び回ってくるっていうのか? そうはいかないぞ!

Joey: Hey!! I need to relax! Okay? I was working all day!
 おい! 俺だってリラックスしたいよ。え? 一日中働いてきたんだ!

Chandler: And you don’t think taking care of our chick is work?
 それで、チックの世話は仕事じゃないっていうのか?

Joey: That’s not what I said. Okay, I just meant...
 そんなこと言ってるんじゃない。いいか、俺はただ・・

Chandler: I know what you meant!! . . . You notice that ever since we got this chick, we’ve been fighting a lot more than we used to?
 言いたいことなんかわかってる!! ・・・俺たちこのチキンが来てから、前よりうんとケンカするようになったよな?

Joey: I don’t know, maybe we weren’t ready to have a chick.
 どうなんだろう。俺たち、まだチックを飼うのは早かったかもしれないな。

Chandler: I’ll take her back tomorrow.
 明日返してくるよ。

Joey: Do you think we’ll get our three bucks back?
 3ドル返してもらえるかな?

(ロスが来る)
Ross: Hey!
 やぁ!

Chandler: Hey!
 おお。

Ross: Ohhh, hey! All right, listen, I have that TV thing in like two hours, and I need your help, okay? What do you think?. . .This blue suit, or this brown one?
 (チックに)おお・・。よし、聞いて。2時間後にTVなんだけど、助言してくれ。いい? どう思う? 青いスーツと、茶色いの。(スーツを見せる)

Joey: Well, the brown one brings out your eyes, but your butt looks great in the blue one.
 茶色いのはおまえの目が引き立つし、青いのはおまえの尻が見栄えする。

Ross: Really?
 ほんと?

《モニカ達の部屋》

Rachel: Oww!
 痛っ!(アスピリンのフタを開けようとして中身をぶちまける)

Ross: Wow! That aspirin dance really works!
 ワオ。アスピリンがダンスしてるね!

Rachel: Oww!
 痛っ!

Ross: Oh, my God, is that still...
 大変だな。まだ痛む・・

Rachel: I’m fine, I’m fine.
 大丈夫、大丈夫よ。

Ross: No you’re not.
 大丈夫じゃないよ。

Rachel: Yes, I am!
 いいえ、大丈夫。

Ross: Rach!
 レイチ。

Rachel: Look, I’m fine. Watch. . . Look at that. . . Whoa-whoa!
 ほんと、大丈夫よ。見て。(足でアスピリンを拾う)見てよ、これ。(それを手で取ろうとして転びそうに)わぁ!

Ross: Okay, okay. Look, you have got to go to a doctor! Okay?
 ちょっとちょっと。いいかい、君は医者へ行かないとだめだよ。いい?

Rachel: No. I have got to get ready and go to a dinner at my bosses house. It’s a very big deal, there’s a lot of people there I have to meet.
 ダメよ。ディナーに行く準備しないと。これは大事なディナーなの。会うべき人がたくさん来るのよ。

Ross: And I’m sure you’re gonna make a great impression. Hi! I’m Rachel Green. It’s nice to meet you. . . Come on, you probably have a broken rib!
 そりゃきっとすばらしい印象を与えるだろうね。ハーイ、私はレイチェル・グリーン。初めまして!(足で握手のマネ)ほら、肋骨が折れたかもしれないんだよ。

Rachel: Well, I will go to the hospital tomorrow, it’ll still be broken then.
 それなら明日医者に行くわ。明日でもまだ折れてるわよ。

Ross: Rach...
 レイチ。

Rachel: But you know, I could use a hand getting ready.
 でもほら、片方の手があれば準備できるわ。

Ross: Rachel...
 レイチェル。

Rachel: Look, either help me or go.
 ねぇ、助けてくれるか、帰るかよ。

Ross: Fine. I’ll go.
 わかった。帰るよ。

Rachel: Okay, but before you go, could you help me first?
 ねぇ、行く前にちょっと手伝ってくれない?

Ross: Sure. I’ll help you.
 (時計を見てから)わかった。手伝うよ。

(チャンドラーが走ってくる)
Chandler: Oh, good! Good! Do you guys know how to get a chick out of a VCR?!
 ああ、よかった! 君たち、チックをどうやってビデオデッキから出すかわからない?

《レイチェルの部屋》

Rachel: You know what? I cannot do this with my left hand! Would you please, help me with this too?
 ねぇ? 私これ左手でできないわ。お願い、これも手伝ってくれない?

Ross: Ohh.
 ああ・・(ブラシをなめてイヤな顔をする)

Rachel: Okay. Let’s use this brush.
 あら。。こっちのブラシを使って。

Ross: Okay. This stuff?
 わかった。これ?(アイシャドー)

Rachel: Yeah.
 そうよ。

Ross: All right.
 よし。

Rachel: Careful. Light. Okay, do you know how, just sweep it across the lid. Okay? Just sweep it.
 気をつけて。少しよ。いい? わかってる? まぶたを軽くなでるのよ。いい? なでるの。

Ross: Okey-dokey.
 わかったよー。(まぶたを突く)

Rachel: Oh-ho!
 おっとー!

Ross: Sorry.
 ごめん。

Rachel: Hey! That’s just poking me in the eye!
 ちょっと、今のは目を突いてきたわよ。

Ross: Sorry, I’m sorry. Close, close, close...
 ごめん、ごめんよ。目を閉じて、閉じて・・

Rachel: Okay, just sweep it.
 いい、軽くなでるのよ。

Ross: I’m sweeping...
 なでてるよ。

Rachel: Right.
 そう。

Ross: Sweep, sweep....
 なでてなでて・・

Rachel: Okay, now make it even, ‘cause we don’t...
 いい、平均的にね、だって・・

Ross: What? What?
 なに、なに?

Rachel: We don’t want it to be too much, we want it to be subtle.
 たくさんつけすぎたくないのよ。微妙な感じでいいの。

Ross: No. No, you know you don’t, you don’t wear enough of this. . . What?
 いやいや、まだ十分つけてないよ。・・なに?

Rachel: Since when, since when do you think I don’t wear enough of this?
 いつから・・いつから私が十分つけてないなんて思ってるの?

Ross: Well I, close your eyes, I just think you’re gonna like this a little better, ‘cause, close-close...
 いや、ほら、目を閉じて・・この方が君も気に入るよ。ほら、目を閉じて・・

Rachel: Blow it.
 (ブラシについた余分を)吹いて。

Ross: Sorry. ‘Cause umm, I think this will make you a little more sophisticated.
 失敬。(吹く)ほら、これで君がより洗練された感じになるよ。

Rachel: Sophisticated like a hooker?
 売春婦みたいに洗練されるって感じ?

《セントラルパーク》

Monica: Hey!
 ヘイ!

Phoebe: Hey!
 ヘイ!

Monica: Hey, guess what I’m doing tonight.
 ねぇ、今夜何をするか当ててみて。

Phoebe: What?
 なに?

Monica: I’m checking out the restaurant with Pete.
 ピートとレストラン見に行くの。

Phoebe: Oh, Monica, I am so excited for you.
 ワオ。モニカ、よかったわね。

Monica: I know.
 そうなの。

Phoebe: Ooh, I have to tell you something.
 ああ。あなたに言わなきゃならないことがあるのよ。

Monica: What?
 なに?

Phoebe: But I can’t tell you.
 でも言えないの。

Monica: Okay, but wouldn’t it be easier if you had to tell me something that you could tell me.
 言えることを言わなきゃならないんだったら簡単よね。

Phoebe: Well, sure in a perfect world. But, no, I promised I wouldn’t tell, and I swore to like all my gods.
 うまくいかないのよ。私約束したの。言わないって全部の神様達に誓ったのよ。

Monica: Okay. Does it have to do with Ross and Rachel?
 わかった。それってロスとレイチェルに関すること?

Phoebe: No.
 違う。

Monica: Does it have to do with Joey?
 ジョーイのこと?

Phoebe: No.
 違う。

Monica: Does it have to do with Chandler and that sock that he keeps by his bed?
 それはチャンドラーと彼がベッドに置いてる靴下のこと?

Phoebe: No, but let’s come back to that later!
 違うけど、後でそのことについて話そうね!

《レイチェルの部屋》

Ross: There you go! Good enough for your party, huh?
 ほらできた! 君のパーティにぴったりだよ。ね?

Rachel: Sure. . . Sure, I’ll just sit next to the transsexual from purchasing.
 (鏡を見て)そうね・・そうね・・性転換した購入担当の人の隣に座るわ。

Ross: Okay, come on! All right, I gotta go! So good luck at the party. Okay?
 よし、いいね! じゃあ行かなきゃ。パーティ頑張って。ね?

Rachel: Oh, wait, Ross, could you just stay and help me get dressed?
 ああ、待って、ロス。ドレス着るの手伝ってくれない?

Ross: Sure, okay.
 (時計を見て)ああ、いいよ。

Rachel: Okay. Okay, great! Umm, okay, just turn around.
 オーケー・・よかった。それじゃ、あっち向いて。

Ross: What?
 え?

Rachel: I don’t want you to see me naked!
 裸を見られたくないわ。

Ross: Rachel, I’ve seen you naked a million times. I ate hot fudge off you naked. Remember, I sucked that mini-marshmallow out of your belly button?
 レイチェル、君の裸なんて百万回見てるよ。裸の君の上でホットファッジも食べたくらいじゃないか。覚えてる? 君のおへそからミニマシュマロ吸い取ったの。

Rachel: Yeah, but that was different. You know? I mean, we were, we were going out then, now I think it’s weird.
 ええ、でもあれは話が違うわ。そうでしょ? あの事はつき合ってたんだもの。今は変よ。

Ross: Rach, you know I can see you naked any time I want.
 レイチ、僕は君の裸なんて見たかったらいつでも見られるんだよ。

Rachel: What?
 え?

Ross: All I have to do is close my eyes. See? Woo-hoo!!
 目を閉じるだけだ。ほらね? (目を閉じて)ワオ!

Rachel: Ross! Stop that!
 ロス! やめてよ!

Ross: Ah, I’m sorry.
 おや、失礼。

Rachel: Come on! I don’t want you thinking of me like that any more!
 やめてよね。もうそんなふうに思ってほしくないわ。

Ross: Ahh, sorry, nothing you can do about it. It’s one of my ah, rights as the ex-boyfriend. . . Oop, oh yeah!
 悪いけど、君には何ともできないよ。これは、元ボーイフレンドの特権だからね。(また目を閉じて)ワァオ。イエーイ!

Rachel: Stop it! Cut it out! Cut it out!
 やめてったら。やめてやめて。

Ross: Okay, okay, I’m sorry, it will never happen... Uh-oh! Wait a minute! Wait-wait, now there are a hundred of you and I’m the king.
 わかったわかった。ごめんよ。もうやらないよ(また目を閉じて)おおお!! ちょっと待ってちょっと待って。君が100人いて僕は王様だよ。

Rachel: Ross...
 ロス。

Ross: Come on, would you grow up? It’s no big deal.
 いいじゃないか、オトナになれよ。大したことじゃない。

Rachel: All right. Fine.
 わかったわよ。いいわ。(ローブを脱ぐ)

Ross: Yowzah!!!
 ああぁああ!

Rachel: O-kay!! See what you did, I’m gonna be doing it by myself now. Okay?
 もういいわ。ほらもう。もう自分でやるわ。いい?

Ross: Aww, come on.
 ああ、いいじゃないか。

Rachel: That’s it. . . Ow!!!
 もういい。痛っ!

Ross: Oh, my God!
 大変だ。

Rachel: Oh-ow! Ow! Ow!
 ああっ! 痛い痛い痛い!

Ross: All right. . Look. . . Okay. . Rach?
 大丈夫? ねぇ、いい? レイチ?

Rachel: Ow! Ow!
 痛い!痛い!

Ross: Easy. Easy. You have to go to the hospital. Okay?
 そっとそっと・・本当に病院へ行くべきだよ。ね?

Rachel: Okay, I do.
 わかった。そうする。

Ross: Okay?
 いい?

Rachel: I really do.
 本当にそうする。

Ross: Okay, I’m gonna get your coat and then I’ll put you in a cab.
 よし。じゃあコート取ってくるよ。それから君をタクシーに乗せる。

Rachel: Okay. Oh, wait, wait-wait, you’re not gonna come with me?
 わかった。ねぇ、待って待って、一緒に来てくれないの?

Ross: Of course I am. I just have to make a call.
 (考えてから)もちろん行くよ。ちょっと電話させて。

Rachel: Okay.
 わかった。

Ross: Okay?
 いいね?(出て行く)

Rachel: Thank you. . . Oww!!!! God!
 ありがとう・・・痛ーい!!

Ross: What?! I wh-, what’s wrong?
 (戻ってきて)どうした? どうしたの?

Rachel: I’m sorry, I just can’t go to the hospital looking like this.
 ごめん、ただこの顔で病院へは行けないわ。

《セントラルパーク》

Monica: Does it involve travel?
 旅行に関係ある?

Phoebe: No!
 違う。

Monica: Does it involve clogs?
 靴と関係ある?

Phoebe: Oh, wait, wait. Clogs, or claws?
 あっ、待って待って、靴、それともブツ?

Monica: Clogs.
 靴。

Phoebe: No.
 違う。

Monica: Claws?!
 ブツ?

Phoebe: No.
 違う。

Monica: Okay, so it doesn’t involve Ross or Rachel or Chandler or Joey. But, what about Pete?
 よし。それじゃ、ロスでもレイチェルでもチャンドラーでもジョーイでもないのね。だけどそれじゃ・・ピート?

Phoebe: No!
 (頷きながら)違う!

Monica: What is it?! What about Pete?
 何なの? ピートのなに?

Phoebe: I don’t know! (frantically points at Monica)
 (モニカを指差しながら)わからない!

Monica: Okay, I feel like I’m talking to Lassie. All right, Phoebe would you just tell me!
 もういい。ラッシーとしゃべってるみたい。もういい。フィービー、もう言っちゃって!

Phoebe: I can’t!!
 できないのよ!

Monica: Okay, I gotta go.
 もういいわ、行かなきゃ。

Phoebe: I, but you’re so close! No!
 でももう近いのに! ああ!

Monica: Okay, does it involve something to do with Pete’s computer company?
 よし、それじゃ、ピートのコンピュータ会社の関係?

Phoebe: Oh, just go. You’re never gonna get it!
 ああ、もう行って。あなたには無理。

《チャンドラー達の部屋:チックとテレビを見ている》

Chandler: I know. See, yes. That’s Yasmine Bleeth, she’s a completely different kind of chick. I love you both. But in very different ways.
 そうだよ。ほら見て。あれがヤスミン・ブリース。彼女は全然違うタイプのチックだ。君たち両方愛してるよ。全然違う意味でね。

(ジョーイが来る)
Joey: Hey!
 やぁ!

Chandler: Hey!
 おかえり。

Joey: Ohhh. . . Ahh! What are you doing?! I thought you were gonna take her back to the store today.
 (TVを見て)おお!(チックを見て)ああ! なにしてんの? 今日店に返しに行ったかと思ったよ。

Chandler: I did! But the store wouldn’t take her back! So then I took her to the shelter, and you know what I found out?
 行ったさ! でも店は引き取ってくれなかったんだよ! それで保護施設に連れて行ったんだけど、そこで何がわかったと思う?

(チックに聞かれたくないので、窓際まで移動する2人)
Chandler: If they can’t find a home for her, they kill her! And I’m not gonna let that happen to little Yasmine!
 もしそこで引き取り手が見つからなかったら、殺されるんだ! うちのチビヤスミンをそんな目に遭わせられない!

Joey: Okay, good, good, good, ‘cause, good, ‘cause I was kinda having second thoughts, too.
 よし、よかったよかった、いいんだ。俺も考え直してたとこなんだよ。

Chandler: Okay. And it’s not just chicks, you know? It’s all kinds of other animals!
 よかった。これはチックだけじゃないんだぞ。ほかのどんな動物もそうなんだ!

Joey: That’s horrible! Well, you did the right thing, man.
 それはひどすぎる! いや、おまえはいいことをしたよ。

Chandler: Thanks, I’m glad you see it that way. . . Oh, funny story!
 ありがと。そう思ってくれてうれしいよ。(バスルームからダック登場)ああ、おもしろいだろ!

《ピートのレストラン》

Monica: I don’t believe this! Wow, look at this refrigerator! It’s gigantic! I mean I could live in this thing! I’d be cold, but I’m always cold. Oh, my God, look at these spider burners! I love spider burners.
 信じられない! ワオ! この冷蔵庫見て! 巨大ね! ここに住めるくらいよ! 寒いだろうけど、いつだって寒いんだし。オーマイゴッド! 見てこのスパイダーバーナー! スパイダーバーナー大好きよ!

Pete: So you like it?
 気に入った?

Monica: Oh, it is so perfect. Thank you so much.
 ああ、もう完璧よ。本当にありがとう!(ハグ)

Pete: Oh, you’re welcome.
 ああ、いんだよ。

Monica: Did you just smell my hair?
 今私の髪を嗅いだ?

Pete: No. Uh-huh, no way. What? No.
 いや。いやいや、そんなことしてない。なに?

Monica: Oh, God.
 まぁ・・。

Pete: What?
 なに?

Monica: You still have feelings for me, don’t you?
 あなたまだ私を好きなのね?

Pete: Now, no! I’m just excited about the restaurant, that’s all.
 いや、違うよ。レストランのことで嬉しいだけだよ。それだけだ。

Monica: Pete.
 ピート。

Pete: Okay, I love you. Is that so bad?
 わかったよ。愛してる。そんなにいけないこと?

Monica: No, it’s not bad. It’s not bad at all. It’s really nice.
 いけないんじゃないわ。全然いけないことじゃない。ほんとに素敵だわ。

Pete: Look, the only who stands to get hurt is me. And I’m okay with that.
 聞いて。ここで傷つくとしたら僕だけだ。それでも平気だ。

Monica: You may be okay with getting hurt, but I am not okay with being the one who hurts you. That’s why I can’t take this job.
 あなたが傷つくのが平気だとしても、私は傷つけるのが平気じゃないわ。だからこの仕事はもらえない。

Pete: What?
 なんだって?

Monica: We probably shouldn’t see each other anymore. I’m sorry.
 もう会わない方がいいかもね。ごめんなさい。

Pete: Okay, yeah. I mean... If that’s really what you want, okay.
 わかったよ。もしそれが君の望みだっていうなら・・わかった。

Monica: Okay, bye.
 そうね。じゃあね。(頬にキスするがピートからキスされる)

Pete: I’m sorry things didn’t work out...
 うまくいかなくて残念だけど・・

Monica: Shut up for a second and let me just see something. . . Oh, wow!
 ちょっと黙ってもう一度(キスする)あらまぁ!!(しっかりキス)

《モニカ達の部屋の前》

Rachel: You’d tell me the truth. Right?
 本当のことを言ってよね、ロス?

Ross: Rach, you can’t look fat in an x-ray.
 レイチ、レントゲンで太って見えるわけないって。

Rachel: Okay.
 わかった。

(チャンドラーがダックを連れて出てくる)
Chandler: Okay! Now you stay out here, and you think about what you did!!
 いいか! ここにいるんだ。そして自分がしたことを考えろ!

Ross: That’s a duck.
 それアヒルだ。

Chandler: That’s a bad duck!!! . . How’d the thing go tonight, Ross?
 悪いアヒルだ! ところで今夜のあれどうなった、ロス?

Ross: Oh, it was, nah, well....
 ああ、あれね、いや。

Rachel: What thing? What thing?
 なに、あれって、なに?

Ross: Nothing, there was this thing at the museum. Come on. Easy.
 なんでもないよ。ちょっと博物館であったんだ。ほら、そっと・・(部屋に入る)

Chandler: Okay, now when you come back I hope you remember that, that chick is not a toy!
 いいか、戻ってくる時には、ちゃんとチックはおもちゃじゃないって思い出せよ!

《モニカ達の部屋》

Rachel: What thing? What is this thing?
 あれってなに? あれってなんなの?

Ross: I was kinda, supposed to be on TV tonight for The Discovery Channel.
 僕はちょっと、今夜ディスカバリー・チャンネルの番組に出ることになってたんだ。

Rachel: Oh, my God! Ross, why didn’t you tell me that?
 オーマイゴッド! ロス、どうして言わなかったの?

Ross: Eh, ‘cause I knew that if I told you, you’d make me go, and I knew you needed someone to be with you tonight. Come on. Come on.
 ああ・・だって言えば君は僕を行かせるだろう。でも今夜は誰かそばにいる人が必要だったし。いいんだ。ほら。

Rachel: I cannot believe you.
 信じられない。

Ross: What?
 何が?

Rachel: That is the sweetest thing, I just....
 それ以上優しいことって・・私・・

Ross: . . .. You should get some sleep.
 ・・・君休まないといけないよ。

Rachel: Okay.
 わかった。

Ross: So, I’ll umm...
 それじゃ僕は・・

Rachel: Oh, I’m sorry I spoiled you’re evening.
 ああ、あなたの夜をめちゃくちゃにしちゃてごめんなさい。

Ross: No, that’s, no, as long as you’re okay. So I’ll ah, I’ll see you tomorrow.
 いや、そんなこと・・君が大丈夫なら。。それじゃ、また明日ね。

Rachel: Um-hmm, yeah. . . See ya.
 ええ、そうね。(ロスは出て行った後)じゃあね。

(廊下で、ロスは座り込む。チャンドラーが出てきて)
Chandler: What did you do?
 (ダックの反省会に加わったロスに)おまえは何をやらかしたんだ?

《チャンドラー達のバスルーム》

Joey: What you doing?
 何してんの?

Chandler: Having a swim.
 泳がせてるの。

Joey: What about the chick?
 チックは?

Chandler: Chicks don’t swim.
 チックは泳がないよ。

Joey: Are you sure?
 間違いない?

Chandler: I don’t know. Should we try?
 知らない。試してみる・

Joey: Sure.
 ああ。

Chandler: See, I told you they don’t swim.
 (水に入れ)ほら。言ったろ。泳がないって。

Joey: Wait. Give him a minute.
 待て。1分様子を見よう。

Chandler: No! . . Oh, it’s okay, it’s okay, baby, baby, baby.
 ダメだよ。ああ、大丈夫だよ。大丈夫だよ。ベイビー、ベイビー。ベイビー。

(ジョーイがドライヤーの風を送る)


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 14:32| Comment(0) | Season3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

3-20 The One With The Dollhouse

3-20 ドールハウスの話

 ☆ハートブレイク☆

《モニカ達の部屋》

Chandler: Wait a minute, wait. You’re telling me this actress person is the only woman you ever wanted who didn’t want you back?!
 ちょっと待て。おまえの気持ちに応えてくれなかったのって、その女優が初めてだっていうのか?

Joey: Yeah! Oh, my God! Is this what it’s like to be you?
 そうだよ! あっ、そうか! おまえでいるって、こういうことか?!

Monica: Wow, you’re really crazy about her, huh?
 まぁ。あなた本当に彼女に夢中なのね。

Joey: Oh, you have no idea. And-and when we’re on stage I get to-to kiss her and-and touch her, but then she goes home with the director, and it’s like somebody’s ripping out my heart!
 そうだよ。想像もつかないだろ。ステージに立っているときは、彼女にキスできるし、触れることもできるのに、ステージを降りたら彼女は監督と一緒に帰っていくんだ。もう、ハートをちぎられるようだよ。

Phoebe: Oh, it’s so great to see you feeling like this!
 ああ・・あなたがそんなふうに感じるのを見るなんて、すっごい素敵!

(ロスが来る)
Ross: Hey!
 やぁ!

All: Hey!
 ヘイ!

Ross: Monica, uh Dad called this morning and ah, Aunt Silvia passed away.
 モニカ、今朝、とうさんから電話があって、シルビアおばさんが亡くなったそうだ。

Monica: Yes!! Yes! Yeah, yeah, yeah!
 よし! よし! やった、やった、やった!!

Ross: We were all pretty shaken up about it.
 僕らみんな、大変ショックを受けている。

Phoebe: Wait, am I missing something though? ‘Cause I thought death was supposed to be sad, in a way.
 待って、何かおかしくない? だって人の死って悲しいはずじゃなかった? ある意味だけど。

Ross: Well ah, Aunt Silvia was, well, not a nice person.
 ま、シルビアおばさんは、優しい人ではなかったんだ。

Monica: Oh, she was a cruel, cranky, old bitch! . . And I’m sorry she died. Did Dad say I get the dollhouse?
 もう彼女ったら、残酷で気難しくて、いやな女だったの! 亡くなったことは残念だわ。私、ドールハウスもらえたのかしら?

Ross: You get the dollhouse.
 ドールハウスもらえたよ。

Monica: I get the dollhouse!
 ドールハウスもらえた!

Phoebe: Wow, a house for dolls, that is so cool! When I was kid, I had a barrel.
 ワオ! 人形の家なんて素敵ね! 私は子供の頃、タルを持ってたわ。

Joey: Uh, Pheebs, you had a barrel for a dollhouse?
 フィーブス、タルをドールハウスにしてたの?

Phoebe: No, just a barrel.
 いいえ。ただタルを持ってた。

Monica: You know what, you can play with my dollhouse.
 ねぇ、あなたも私のドールハウスで遊べるわよ。

Phoebe: Really?! Really?!
 ほんと? ほんと?

Monica: Any time you want. You know, when I was younger, all I wanted to do was to play with this dollhouse, but no!! It was to be looked at, but never played with.
 いつでもいいわよ。私が子供の頃、あのドールハウスで遊びたかったけど、でもダメ! 見る物で、遊ぶものじゃないって。

Chandler: My Grandmother used to say that exact same thing to me.
 俺の祖母も同じ事を俺に言ってたよ。

《レイチェルのオフィス:チャンドラーとレイチェル》

Rachel: Hey, Sophie!
 ハーイ、ソフィー。

Sophie: Hey, Rach!
 ハーイ、レイチ。

Chandler: Hey.
 どうも。

Sophie: Hey.
 どうも。

Rachel: Thanks for lunch, Chandler. You know, you didn’t have to walk me all the way back up here.
 お昼ありがとう、チャンドラー。ここまで送ってくれなくてもよかったのに。

Chandler: Oh, that’s-that’s okay, no problem.
 ああ、いいんだよ。全然いい。

Rachel: Honey um, honey, you do realize that we don’t keep the women’s lingerie here in the office?
 ねぇ、わかるでしょ、オフィスには女性下着は置いてないわよ。

Chandler: Yes, I realize that.
 ああ、気がついてるよ。

Rachel: Summer catalogue!
 夏のカタログよ!(手渡す)

Chandler: That’s the stuff!
 これだよ!

(レイチェルの上司ジョアンナが来る)
Joanna: Rachel, I need the Versace invoice. . . Hello! You don’t work for me.
 レイチェル、ベルサーチの送り状がいるんだけど・・あら、あなたここで働いてないわよね。

Rachel: Joanna, this is my friend Chandler Bing. . . Joanna.
 ジョアンナ、こちら私の友人のチャンドラー・ビングです。(チャンドラーに)ジョアンナよ。

Joanna: Bing! That’s a great name.
 ビング! いい名前ね。

Chandler: Thanks, it’s ah, Gaelic, for ‘Thy turkey’s done.’ So ah, I’m gonna go, nice, nice meeting you.
 ありがとう、ゲール語で、「なんじの七面鳥が焼けた」という意味です。それじゃ、帰ります。どうも、会えてよかった。

Joanna: You too.
 こちらこそ。

Rachel: Bye, Chandler.
 バーイ、チャンドラー。(チャンドラー出て行く)

Joanna: So ah, what’s wrong with him?
 彼、なにかあるの?

Rachel: Oh, nothing, he’s just goofy like that, I actually, hardly notice it anymore.
 いえ、何でもないです。ただいつも変なこと言って。もう私なんて気づかないくらいです。

Joanna: Oh no, no-no-no, I mean, is he married, or involved with anyone?
 あら、いえいえ、違うの。彼、結婚してたり、誰かつきあってる人がいる?

Rachel: No!! No! He’s not married, or involved, with anyone!
 いえいえ! 結婚もしてないしつきあってもいません、誰とも!

Joanna: Oh, Rachel, actually, you know what, forget it.
 あら、レイチェル・・そうね、いいわ、忘れて。

Rachel: Well, I’ll ask him for you, if you want me to?
 もしよかったら、彼に聞いてみますけど?

Joanna: Would you? Or, is it just to sad and desperate, and you know, something that Sophie would do?
 そうしてくれる? でも、こんなの哀れで必死っぽくって、ソフィーみたいじゃないかしら。

Sophie: Uh, uh, uh, I am here.
 あの、私ここにいますけど。

Joanna: I know that.
 知ってるわ。

《モニカ達の部屋:ドールハウスを見せている》

Monica: Look at it! Ohhh! Wallpaper’s a little faded, that’s okay. Carpet’s a little loose. Hardwood floors!!
 見てこれ! ああ!! 壁紙はちょっと色あせてるけど、いいわ。カーペットがちょっと緩んでるわね。フローリングの床!

(荷物を持ってやってくる)
Phoebe: Hey!
 ハーイ!

Chandler: Hello.
 ハロー。

Phoebe: Oh! Ooh! Oh, Monica! It’s so beautiful.
 わっ! わぁ! モニカ、すっごいきれいね。

Monica: I know!!!
 そうなの!

Phoebe: So, I’m here, ready to play.
 これで遊びに来たわよ。

Monica: Okay.
 オーケー。

Phoebe: I brought a bunch of stuff for the house, so check it out. Ha-ha.
 この家用にいろいろ持ってきたわよ。見て。ほーら。(陶器の大きな犬を置く)

Monica: What’s this?
 これなに?

Phoebe: That’s a dog, every house should have a dog.
 犬よ。一家に一頭は犬がいないとね。

Monica: Not one that can pee on the roof.
 そんな屋根にオシッコできるような犬じゃなくて。

Phoebe: Well, maybe it’s so big because the house was built on radioactive waste.
 放射能廃棄物の上に建てた家だから大きくなっちゃったのかもよ。

Chandler: And is this in case the house sneezes?
 (ティシュを持って)それでこれは家のくしゃみ用?

Phoebe: No, no, that’s the ghost for the attic.
 いえ違うわ。それは屋根裏のゴーストよ。

Monica: I don’t want a ghost.
 ゴーストなんていらないわ。

Phoebe: Well, nobody wants a ghost. But you’ve got one, because the house is sitting on an ancient Indian burial ground.
 誰でもそうよ。でもいるのよ。古代のインディアンの埋葬跡に建てられた家だからね。

Ross: Wait a minute, the house was built on radioactive waste, and an ancient Indian burial ground? That would never happen.
 ちょっと待てよ。放射能廃棄物の上でなおかつ古代インディアンの埋葬跡って、それはありえないよ。

Phoebe: Okay, obviously you don’t know much about the U.S. government.
 あら、あなたはアメリカ政府のことをあまり知らないようね。

(レイチェルが来る)
Rachel: Hey!
 ハーイ!

All: Hello.
 ハロー。

Rachel: I need to talk to you!
 あなたに話があるの。

Ross: Sure, what’s up?
 ああ、なんだい?

Rachel: Oh, sorry. I meant Chandler.
 あ、ごめん、チャンドラーに言ったの。

Ross: I know. Well, if something comes up...
 わかってるよ。もし何かあれば・・(離れる)

Chandler: Oh, I'm glad you guys are past that little awkward phase.
 よかったね、君たち気まずい時期を通過してくれてうれしいよ。

Rachel: Okay, my boss, Joanna, when you left, she started asking questions about you...
 私の上司のジョアンナが、あなたが帰った後、あなたのこと聞いてきたのよ。

Chandler: Oh-ho, liked what she saw, huh? Dug my action, did she? Checkin’ out the Chan-Chan man!
 なるほど。見たものを気に入っちゃったね? 俺のしたことがよかったんだね? チャンチャンのことチェックしたいって?

Rachel: That was surreal. Okay, what do think? Are you interested at all?
 現実とは思えない。ね、どう思う? 興味ある?

Chandler: Yeah, she seemed cool, attractive. I’ll do it.
 ああ、彼女、落ち着いた感じで、魅力的だよね。よし、会ってみる。

Rachel: Oh, thank you, Chandler. This is so great, she’s gonna love me.
 わぁ、ありがとう、チャンドラー。これはいいわ。彼女私を好きになるわ。

Phoebe: Okay, dinosaur attack!! Quick, everybody into the house!! Ahh-ahh! Ruff! Ruff-ruff-ruff!
 よーし、恐竜来襲よ。早く、みんな家に逃げろ! わーー! ラフラフラフ!!

Monica: Okay, Phoebe, you know what? That-that’s it, that’s it, all right? No dinosaurs, no ghosts, no giant dogs, okay? They’re not the right size, they’re not Victorian, and they just don’t go.
 ねぇ、フィービー、ちょっといい? もういい。もういいわ。恐竜なし、ゴーストもなし、巨大な犬もなしよ、いい? サイズ的に合ってないし、ビクトリア調でもないわ。とにかく合わないもの。

Phoebe: Okay, fine. Come dinosaur, we’re not welcome in the house of no imagination.
 わかった、いいわ。おいで恐竜ちゃん、想像力のない家に歓迎されなかったわ。

Ross: Uh, Pheebs, while we’re hovering around the subject, I just have to say dinosaurs, they-they don’t go, ruff!
 ねぇフィーブス、その話をしてる間に言うけど、恐竜は、ラフラフなんて言わない。

Phoebe: The little ones do.
 チビちゃんは言うんです。

《劇場》

Joey: Hey, Kate!
 やぁ、ケイト。

Kate: Morning.
 おはよ。

Joey: Listen, I ah, went to that restaurant that you were talking about last week...
 ねぇ、先週話したレストランへ行ってみたんだけど・・

The Director: Hey, lovely! Come, talk to me a minute!
 (ケイトに)やぁ! 素敵だね。ちょっと来て、話そう。

Joey: And I ate the food, I had the fish, it was good, yeah. It was good, yeah...
 (1人で)食事したよ。魚食べて、おしかったよ。ああ、よかったよ・・

Lauren: Hi, oh, I’m Lauren, Kate’s understudy.
 ハーイ、私はローレンです。ケイトの代役です。

Joey: Oh, hey! Joey Tribbiani.
 ああ、やぁ! ジョーイ・トリビアーニだ。

Lauren: I know! I’m a big fan of yours.
 知ってます! 私あなたのすごいファンなんです。

Joey: What?!
 えっ?!

Lauren: I used to umm, schedule my classes so I could watch Dr. Drake Ramoray on Days of Our Lives.
 愛の病院日誌のドクター・ラモーレを見られるようにスケジュールを組んでいたんですよ。

Joey: Get out of here, really?!
 ウソだろ、本当に?

Lauren: Absolutely!
 もちろんです!

Joey: Yeah?
 そうなんだ。

Lauren: Oh, but then, they went and dropped you down that elevator shaft.
 ああ、だけどそれからエレベーターシャフトに落ちるなんて・・

Joey: They gave me the shaft all right.
 とんだエレベーターにはめられたよ。

(give someone the shaft = だます、ひどく扱う)

Lauren: Oh, you’re so funny. Listen, umm, what are you doing after rehearsal? Do you want to get a drink, or something?
 (笑)まぁ、あなたったらおもしろいわ。ねぇ、リハーサル後はどうするの? 飲みに行くとかしない?

Joey: Well Ahh, yeah! Yeah, sure, a drink sounds great.
 そうだな・・・(ケイトと監督がキスをしているのを見て)ああ、そうだな。飲みに行こうか。

Lauren: Cool! I-I’ll see you then.
 よかった! じゃあその時に。

Joey: All right.
 わかった。

The Director: All right, it’s time to act, my talking props.
 よし、じゃあ行こうか。話す小道具達!

《モニカ達の家:フィービーが自作ドールハウスを持ってくる》

Phoebe: Hey!
 ハーイ。

All: Hey!
 やぁ。

Phoebe: Look everybody, look at my new dollhouse!!
 みんな見て! 私の新しいドールハウスよ!

Rachel: Wow!!
 ワオ!

Phoebe: Look, look!
 見て見て!(壁が外れて家の中が見える)

Ross: Hey, what’s this?!
 ねぇ、これは何?

Phoebe: Oh, okay, it’s the slide instead of stairs. Watch this.
 あ、それはね、階段の代わりのすべり台よ。見て。(人形をすべらせる)

Monica: It’s very interesting, Phoebe.
 それは興味深いわね、フィービー。

Rachel: What’s this?
 これは何?

Phoebe: The Licorice Room, you can eat all the furniture. And, when guests come over, they can stay on the tootsie roll-away bed.
 甘いもの部屋よ。全部食べられる家具なの。それから、お客さんが来たら、キャンディーの移動ベッドでお休みよ。

Ross: This is the coolest house ever!!
 こんなかっこいい家みたことないよ!

Phoebe: Hey, does anybody want to join me in the aroma room?
 ねぇ、だれかアロマ・ルームで一緒しない?(香を焚く)

Rachel: All right!
 いいわね!

Ross: I would!
 僕も!

Monica: Hey, guys, guys, did you see my new, china cabinet?!
 ねぇ、みんな、みんな! 私の新しい陶器キャビネット見た?

Ross and Rachel: Uh-huh.
 うん。

Phoebe: Watch, watch.
 見て見て。(家の周りライト点灯)

Ross and Rachel: Ooohhhh!!
 おおおおお!!

Phoebe: And, and!
 それからそれから!(家からシャボン玉が吹き出す)

Ross and Rachel: Ahhhh!!
 わぁーーーー!!

(チャンドラーが来る)
Chandler: Hey, my Father’s house does that!
 ああ、うちの親父の家もそうなるぞ。

Rachel: O-o-o-okay, how did it go? Tell me everything.
 そそ、それで? どうだった? 全部話して!

Chandler: Well, the movie was great, dinner was great, and there’s nothing like a cool, crisp New York evening.
 映画はよかったよ。ディナーも最高だった。それに気持ちいいニューヨークの夜ね。

Rachel: Hmm.
 うんうん。

Chandler: Of course, I didn’t get to enjoy any of that, because Joanna’s such a big, dull dud!
 もちろん、俺は全然楽しめなかったけどね。ジョアンナは、つまらない退屈女だ!

《レイチェルのオフィス》

Joanna: Chandler is fantastic!!
 チャンドラーはすばらしいわ!

Rachel: What?!
 え?

Joanna: Oh, God, we just clicked! You know how people just click? Like he came by to pick me up, and I opened the door, and it was just like, click! Did he tell you?
 ああ、もう私たち、カチッと鳴るのが聞こえたわ。わかる? ひらめきよ。彼が迎えに来てくれて、ドアを開けたとき、カチッて! 彼言ってなかった?

Rachel: Oh, I....
 ああ、あの・・

Joanna: Oh, and he’s got such a good heart! Doesn’t he have a good heart?
 ああ、そして彼は本当にいい人なのよね! 彼いい人よね?

Rachel: Oh, I know...
 え、それは私も・・

Joanna: Oh, I know and he’s so sweet! Listen, he said he was going to call, so put him straight through.
 ああ、彼は本当に優しいのよ! 聞いて、彼、電話するって言ってたの。だからすぐつないでね。

Sophie: Isn’t this great?!
 すばらしいですよね!

Joanna: Don’t spoil it.
 ぶちこわさないで。

《劇場》

Joey: Come on, baby, don’t go. Please? What do you say?
 ねぇ、きみ、行かないで、頼むよ。行かないでくれ。

(電話の音)
The Director: Hello. Oh! It’s you. Just ah, just one-one sec. . . I am going to take this call. When I continue, I hope that there will appear on stage this magical thing that in the theatre we call, committing to the moment!
 もしもし。ああ、君か! ちょっと・・ちょっと待って。(ジョーイ達に)この電話出ないといけないから、続きをやるときは、舞台上で一瞬にかけるマジカルな芝居を頼むよ!(出て行く)

Joey: That guy’s like a cartoon. What do you see in him anyway?
 マンガみたいなやつだな。彼のどこがいいんだ?

Kate: He happens to be brilliant. Which is more than I can say for that sweater you’re dating.
 彼は有能よ。あなたがデートしてるセーターの子よりもね。

Joey: Hey, I’m not interested in her sweater! It’s what’s underneath her sweater that counts. And besides, since ah, since when do you care who I’m going out with?
 なに、俺は彼女のセーターに興味があるんじゃないぞ。セーターの下にあるものが大事なんだ。それに、いつから俺がデートしてる相手を気にするようになったんだ?

Kate: I don’t care. Why, do you want me to care?
 気になんてしてないわよ。気にしてほしいの?

Joey: Do you want me to want you to care?
 気にしてほしいと思ってほしい?

Kate: Do you?
 あなたは?

Joey: What?
 ・・は?

The Director: Okay, I’m afraid to say this, but let’s pick it up where we left off.
 (戻って来て)よし、言いたくないが、さっきの続きからやろう。

Joey: Come on baby, don’t go. Please? What do you say?
 ねぇ、きみ、行かないで、頼むよ。行かないでくれ。

Kate: I’ve got no reason to stay.
 残る理由なんてないわ。(ジョーイがキスする)

The Director: Stop!! Stop it! You must stop! You are bad actors! This is a terrible play! I’ll see you in the morning.
 ヤメやめ!! やめろ! ヘタな芝居だな! ひどい芝居だ! また明日!(出て行く)

Kate: I can’t believe we go on in a week.
 あと一週間で上演なのに。。

Joey: Hey, it’s gonna be all right.
 ね、きっと大丈夫さ。

Lauren: Hey! So since we’re getting off early, do you want to go and paint mugs?
 ねぇ、早く終わったから、ペイントマグに行かない?

Joey: What?
 なんだっけ?

Lauren: You know! At the place I told you about last night?
 ほら! 昨日の夜話したでしょう。

Joey: Oh, yeah, with the mug painting. Yeah. I was so listening to that. But ah, you know what, I think I kinda need to work on my stuff tonight.
 ああ、マグにペイントね。ああ、ちゃんと聞いてたよ。でもね、今夜はちょっと芝居のことでここに残るよ。

Lauren: Oh, okay.
 ああ、わかったわ。

Joey: Okay.
 じゃあ。

Lauren: I’ll see you tomorrow.
 明日ね。(キス)

Joey: Okay.
 ああ。

Lauren: Good night.
 おやすみ(出て行く)

Joey: Ah, are you okay?
 (ケイトに)大丈夫?

Kate: Yeah, I guess. Look, what are we gonna do about this scene, huh?
 ええ、まぁね。ねぇ、このシーン、どうする?

Joey: I don’t know.
 わからないよ。

Kate: Well, maybe if it had more heat.
 もしかしたら、もっと情熱的な感じかも。

Joey: How do you mean?
 どういうこと?

Kate: Well, Adrian’s looking for a reason to stay, right? Victor can’t just kiss her, he’s gotta, gotta really give her a reason, you know?
 エイドリアンは残る理由がほしいわけでしょ? ビクターはただキスするだけじゃなくて、もっと、こう・・理由をあげないといけないのよ、わかる?

Joey: Maybe he could slip her the tongue.
 舌を入れるとか?

Kate: Or maybe, maybe he could grab her, and, and, and, and lift her up.
 それとか、彼女をつかんで、そして・・そして、抱き上げてしまうとか。

Joey: Yeah, yeah, and then Adrian, she maybe she could wrap her legs around his waist.
 そうだ、そうだ。そして、エイドリアンは、彼の腰に足を巻き付けるとか。

Kate: And then she could rip off his shirt and kiss his chest, and, and his stomach!
 それから彼のシャツを引き裂いて、胸やおなかにキスをするのよ!

Joey: And then, then he could use his teeth, his teeth to undo her dress, and, and, and bite her!
 それから、やつは歯を使って・・彼女を脱がせて、それからかみつく!

Kate: And then right, right when the scene ends, he could take her with this raw, animal....
 そして、そして・・このシーンが終わったら、彼は彼女のこと、荒々しく獣のように・・

《ベッドルーム》

Joey: Something like that?
 こんな感じ?

Kate: Yeah, that’s pretty much what I had in mind.
 ええ、思い描いてた通りよ。

Joey: Yeah.
 ああ。

《モニカ達の部屋:ロスとモニカ朝食》

(ジョーイが幸せそうに入ってきて、モニカを後ろからハグ)
Ross: Hi.
 やぁ。

Joey: Hey.
 やぁ。(ロスも後ろからハグ)

Ross: It’s a little early to be drinking.
 お酒を飲むには早いよ。

Joey: No-no, things ah, finally happened with Kate.
 いやいや。ついに、ケイトとの間で起きることが起きたよ。

Ross: Ohhhhh!
 おお!

Monica: You’re kidding?! That’s great!
 本当に? すごいじゃない!

Joey: Oh, it was so amazing. After the love making...
 ああ、すごかったよ。愛をかわした後で・・

Monica: Oh my.
 あらあら。

Joey: Yep. I just, I just watched her sleep for like hours, just breathing in and breathing out. And then I knew she was dreaming ‘cause, ‘cause her eyes keep going like this.
 そう、俺はただ、彼女が眠るのを何時間も見てた。息を吐いて、息を吸うところをね。彼女が夢を見てるのもわかった。彼女の目がこんなふうだったからね。(細かくまぶたを震わせる)

(チャンドラーとレイチェルが来る)
Chandler: I’m telling you, Joanna’s got it all wrong. Okay? All I said was, ‘This was fun. Let’s do it again sometime. I’ll give you a call.’
 だから言ってるだろ、ジョアンナの勘違いだよ。いい? 俺はこう言っただけだ。「楽しかった、また会おう、電話するよ。」

Rachel: Oh, gee. I wonder why she thinks you’re going to call her?
 あらら、じゃあどうして彼女は、あなたから電話がかかってくると思ってるのかしら?

Chandler: That’s what you say at the end of a date.
 デートの終わりにはそう言うのが普通だろ。

Rachel: You can’t just say, ‘Nice to meet you, good night?’
 「会えてよかった、おやすみ」とだけ言えないの?

Chandler: To her face? Look, it’s the end of the date, I’m standing there, I know all she’s waiting for is for me to say ‘I’ll call her’ and it’s just you know, comes out. I can’t help it, it’s a compulsion.
 あの顔に向かって? デートの終わりに、俺がこう立っている、彼女が待っているのは、俺が「電話するよ」だとわかっている。そうしたら、ほら、出てきちゃうじゃないか。とめられるもんじゃないよ。抑えられない衝動だ。

Monica: Come on, Rach, when a guy says he’s going to call, it doesn’t mean he’s going to call. Hasn’t it ever happened to you?
 そうよ、レイチ。男が電話するよって言ったって、必ずかけてくるってことじゃないわ。そういうことなかったの?

Rachel: Well, they always called.
 みんなかけてきたわ。

Monica: Hmm, bite me.
 そう。くたばれ。

《レイチェルのオフィス》

Joanna: Did he call?
 彼から電話あった?

Rachel: No. Sorry.
 いえ、すみません。

Joanna: Why?! Why?! He said he’d call. Why hasn’t he called?
 どうして? どうして? 彼かけてくるって言ったのよ。どうしてかけてこないの?

Sophie: Maybe he’s intimated by really smart, strong, successful women.
 もしかしたら、とても賢くて強くて成功した女性ってことで怖じ気づいてるのかも。

Joanna: Sophie, would you please climb out of my butt. Why hasn’t he called, Rachel? Why?
 ソフィ、ご機嫌取りいいかげんにしてくれる? どうしてかけてこないの、レイチェル、どうして?

Rachel: Okay, okay. Umm, well ah, maybe he, maybe he feels awkward because you are my boss.
 そうですね、えー、もしかしたら、私の上司ってことで気まずいとか。

Joanna: Awkward? Why should he feel awkward?
 気まずい? どうして気まずいと思うの?

Rachel: Well...
 それは・・

Joanna: The only person that should feel awkward is you, and you didn’t tell him not to call me, did you?
 気まずいと思うといったらあなたよね、あなた、彼に電話かけるなって言ってないわよね。

Rachel: No. I...
 いえ、私は・・

Joanna: Because if you feel uncomfortable with your friend dating someone you work for, there are always ways to fix...that.
 もし、友達が上司のデート相手で居心地悪いっていうなら、それは何とかする方法が・・

《セントラルパーク:チャンドラー1人、レイチェルが来る》

Rachel: Call her! Call her now!
 (チャンドラーの手から雑誌をひったくる)電話して! 彼女に電話して、今すぐ! 

Chandler: Multiple, so many paper cuts.
 紙で無数に手切った。

Rachel: Why hasn’t he called Rachel? Why? Why? I don’t understand. Why? He said he’ll call. Why? Why? Chandler, I’m telling you she has flipped out, she’s gone crazy!
 どうして電話かけてこないの、レイチェル? どうして? どうして? わからないわ、どうして? 彼電話するって言ったのよ、どうして? どうして? チャンドラー、言ってるでしょ、彼女おかしくなっちゃったわ、もうどうかしちゃってるのよ!

Chandler: Oh, well, give me the phone then.
 ああ、そうかい、電話をよこしたまえ。

Rachel: Come on, this isn’t funny. She thinks it’s my fault that you haven’t called her. You have to call her!
 おねがいよ、笑い事じゃないわ。彼女あなたが電話しないのは私のせいだと思ってるのよ。彼女に電話して!

Chandler: Look, you can’t call somebody after this long just to say, ‘In case you didn’t notice, I don’t like you!’
 なぁ、こんなに時間をあけて電話できないよ。「気がついていないといけないから言うけど、君を好きじゃないよ」

Rachel: Well, then you’re going to have to take her out again.
 じゃあ、もう一度デートして。

Chandler: No!! She’s really dull! And she gets this gross mascara goop thing in the corner of her eye!
 いやだよ! 彼女本当に退屈なんだ! それに彼女、マスカラのダマが目の隅についてるんだよ。

Rachel: I don’t care! I don’t care! You are going to have to take her out again and end it, and end it in way that she knows it’s actually ended. And, I don’t care how hard it is for you, do not tell her that you will call her again!
 知らないわよ! 知るもんですか! あなたは絶対にもう一度彼女とデートして、終わらせるの。彼女にはっきり、おしまいだってわかるように終わらせるの。あなたにとって難しいことか知らないけど、また電話するって言っちゃダメよ。

Chandler: All right! Fine! But it’s just a lunch date, no more than an hour! And from now on I get my own dates, I don’t want you setting me up with anybody ever again!
 いいよ、わかったよ! でも、ランチデートだぞ。1時間以上はなし! そして今後は自分でデート相手見つける。もう二度と君の紹介はいらないからな!

Rachel: That’s fine!
 けっこうよ!

Chandler: That’s just a lot of big talk, you know.
 ちょっと大口たたいてみただけだよ。

Rachel: I know.
 わかってる。

《モニカ達の部屋:誰もいない・ロスが来る》

Ross: Mon?
 モン?!

Monica: I’m in the shower!
 シャワー中よ!

(ロスは異臭に気づき、見るとフィービーのドールハウスから煙)
Ross: Oh, fire! There, there’s a fire! Fire!!
 わっ! 火事だ! か、火事だ! 火事!

(吹き消そうとして無理、コップの水で消そうとして無理、手にもってバスルームへ飛び込む。モニカの悲鳴)

《劇場》

Joey: Hey.
 やぁ。

Kate: Hi.
 ハーイ。

Joey: So I ah, talked to Lauren, kinda told her how things were with us. Did you ah, did you talk to Marshall?
 ローレンと話したよ。俺たち2人のこと話したんだ。君・・君はマーシャルに話した?

Kate: About what?
 何を?

Joey: You know, about what happened with us.
 俺たちに起きたことだよ。

Kate: No. And there’s really no reason he should find out, so ah let’s not make a big deal about it, okay?
 いいえ。特に彼に知らせる理由もないわ。だから、大ごとにしないでね、いい?

Joey: What are you talking about? It was a big deal. I mean, come on, you can’t tell me last night didn’t mean something to you. I was there, you’re not that good an actress.
 何を言ってるんだ? あれは大ごとだよ。ほら、君だって、あれが何の意味もないことだったとは言えないぞ。俺にはわかる。君はそこまでうまい女優じゃないぞ。

Kate: Look umm, I, I was, I was just caught up in the moment. That’s all it was. Joey, I’m sorry you feel bad, but haven’t you ever sleep with a women where it meant more to her than it did to you?
 ねぇ、あれはその場限りのことだったわ。それだけのことよ。ジョーイ、気分を悪くさせたなら申し訳ないけど、でも、あなただって、あなたが思うより相手の女性にとって意味が深いなんてことあったでしょ?

Joey: No.
 いや・・。

Lauren: Hi, Kate!
 ハーイ、ケイト!

Kate: Hi, Lauren.
 ハイ、ローレン。

Joey: Hi, Lauren.
 やぁ、ローレン・

Lauren: Hi, pig!
 ハーイ、最低男!

《モニカ達の部屋》

Ross: Sorry I ah, I scared you in there.
 びっくりさせて、ごめんよ。

Monica: Oh, that’s okay. By the way, I was just checking the shower massager.
 ああ、いいのよ。ところで、私ただシャワーマッサージャーをチェックしてただけだから。

Ross: Yeah.
 ああ。

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey!
 ハーイ。

Monica: I tried to reach you at work. There’s....been a fire.
 勤め先に電話したのよ! ・・火事があって・・

Phoebe: What?! Oh, my... Oh, my God!! What happened?!
 なんですって? まぁ・・まぁ・・・何があったの?!

Ross: Well, we believe it originated here. . .In the Aroma Room.
 きっとここが出火元だと思う。(ポインターで指す)アロマルームだ。

Phoebe: All right. Did everyone get out okay?
 そうなのね。みんなは大丈夫だった?

Monica: Well, the giraffe’s okay. And so is the pirate.
 まぁ、キリン達は大丈夫だった。海賊も。

Phoebe: Oh. What is this?
 ああ。。(ティシュでカバーしてあるものを指して)これは何?

Ross: No, Phoebe, don’t look! You don’t want to see what’s under there!!
 ダメだ、フィービー、見ないで! そこにあるものは見ない方がいい!

Phoebe: Oh, the Foster puppets!
 まぁ! フォスター・パペット達!

《レイチェルのオフィス:チャンドラーとジョアンナがランチデートから戻ってくる》

Chandler: It’s not a big deal. It’s, just it’s right here, and it’s all the time.
 大したことじゃないんだ。そこにある。(目の隅を指差す)いつもある。

Joanna: Well, thanks again for lunch.
 とにかく、ランチありがとう。

Chandler: Yes, this was pleasant.
 ああ、楽しかったよ。

Joanna: It was, wasn’t it?
 ええ、本当にね。

Chandler: The food there was, was great.
 あそこの食事はおいしかった。

Joanna: Wasn’t it?
 本当にね。

Chandler: So take care.
 それじゃ、気をつけて。

Joanna: You too.
 あなたも。

Chandler: Well, this was great. I’ll give you a call. We should do it again sometime.
 いや、楽しかった。また電話するよ。また会おう。

Joanna: Great! I’m looking forward to it. Rachel, any messages?
 素敵! 待ってるわ。レイチェル、何かメッセージは?

Rachel: Sophie’s desk.
 ソフィーの机の上に。

(レイチェルはチャンドラーを追いかけ外で話す)
Rachel: Chandler!! Are you gonna call her!
 チャンドラー! また電話する気?

Chandler: No!
 しない!

Rachel: Chandler!!
 チャンドラー!

Chandler: I’m sorry. Okay? I’m weak, and pathetic, and sorry.
 ごめんよ。ね、俺は弱い、俺は哀れなやつだよ、ごめんね。

Rachel: Okay, you are going to tell her and you’re going to tell her now.
 いいこと、彼女に言いなさい、今すぐ言いなさい。

Chandler: Ahhhh−I’m not gonna call you.
 (オフィスに顔を出しながら)おおお俺はもう電話しない。

Joanna: What?
 え?

Chandler: I’m sorry. I’m-I’m-I’m sorry that I said I was going to when I’m not. Look, this has nothing to do with you, you know? And this isn’t Rachel’s fault. It’s me. I have serious, serious problems when it comes to women. I have issues with commitment, intimacy, mascara goop. And I’m really sorry, it’s just that this is not, this isn’t going to work out.
 ごめんよ。電話しないのにするって言って悪かった。これは君の問題じゃないんだ。レイチェルのせいでもない。これは僕の問題なんだ。僕は女性に関しては、ひどく重大な問題を抱えている。真剣な付き合いとか、深いつきあいとか、マスカラのダマとか・・。本当にごめん。とにかくこれはうまくいかない。

Joanna: Well, this isn’t how I was hoping this would end, but I guess I have to appreciate your honesty.
 ま、こうなるとは望んでいなかったけど、でも、正直に言ってくれてありがたいと思うべきね。

Chandler: Yeah, okay.
 ああ、まぁ。

Joanna: So...
 それじゃ・・

Chandler: Well, this is great! I’ll give you a call! We should do it again sometime!
 いや、これはよかったよ! また電話するよ! また会おう!

《チャンドラー達の部屋:ジョーイ電話中》

Joey: Well, so anyway Beth, what I’m saying is I should’ve considered your feelings before I went home with you that night. I’ve ah, I’ve recently learned what’s it like to be on your side of it, and I’m sorry. So, do you think you can forgive me? . . . Great. Thanks. Okay, bye. . . . Hello, Jennifer? . . . Oh hi, Mrs. Laurio, is Jennifer there? . . Oh, she’s not home, huh? . . . Well, actually I kinda need to talk to you too.
 それで、とにかくね、ベス、俺が言いたいのは、一緒に家に帰る前に、君の気持ちを考えるべきだったと思ってるってことだ。君の立場に立ったらどんなかってことを、最近学んだんだ。申し訳ない。それで、許してくれるかな? ・・よかった。ありがとう。じゃあ。(電話を切り、リストからひとつ消して、また電話をかける)もしもし、ジェニファー? あっ、どうも、ロウリオ夫人。ジェニファーはいますか? ああ、出かけてるんですね・・いや、実はロウリオさんにも話したいことがあるんです。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村


英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 18:50| Comment(0) | Season3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。