2013年07月22日

3-25 The One At The Beach

3-25 ビーチでのできごとの話

 ☆渚でロスとレイチェル..☆

《セントラルパーク》

Chandler: So ah, your first sexual experience was with a woman?!
 それじゃ、最初の性体験は女性と?

Bonnie: All right, I was 15, it was my best friend, Ruth, and we got drunk on that hard cider, and then suddenly, I don’t know, we were, we were making out.
 そうね、15歳の時よ。相手は親友のルースで、私たちハードサイダーを飲み過ぎて、いきなり、なんだか知らないけど、キスしてたのよ。

(アメリカでは発泡リンゴジュースをサイダーといい、アルコール分0.15%を超えるサイダーはハードサイダーという)

Chandler: Tell it again. . . Seriously.
 もう一回聞かせて。・・・・マジで。

《カウンターのモニカとレイチェル》

Rachel: I mean, is that woman capable of talking about anything else but sex?
 あの人セックスの話以外できないのかしら?

Joey: Yeah, sure. Well you know, earlier she was talking about geography.
 ああ、そうだね。でもさっきは地理の話してたよ。

Monica: Joey, she was listing the countries she’s done it in.
 ジョーイ、あれは、セックスした場所をリストアップしてたんじゃないの。

Joey: I think we all learned something.
 学ぶところはあったぞ。

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey, you guys! Look what I found! Look at this! That’s my Mom’s writing! Look.
 ねぇ、みんな! これ見つけたの、見て! 私のママが書いたのよ! 見て!

Chandler: Me and Frank and Phoebe, Graduation 1965.
 (読む)「私とフランクとフィービー、卒業式:1965」

Phoebe: Do you know what that means?
 その意味わかる?

Joey: That you’re actually 50?
 君が実は50歳ってこと?

Phoebe: No-no, that’s not, that’s not me Phoebe, that’s her pal Phoebe. According to her high school yearbook, they were like B.F.F. Best Friends Forever.
 違うの、そうじゃなくて、それはこのフィービーじゃなくて、彼女の友達のフィービーなの。卒業アルバムによると、3人はB.F.F. だったみたい。・・・「Best Friends Forever」よ。

All: Oh!
 あぁあ!

Rachel: That is so cool.
 素敵ねぇ。

Phoebe: I know! So this woman probably could like have all kinds of stories about my parents, and she might even know like where my Dad is. So I looked her up, and she lives out by the beach. So maybe this weekend we could go to the beach?
 でしょ! だからこの女性はきっと、私の両親のいろんなことを知ってるわよね、それにもしかしたらパパがどこにいるか知ってるかもしれないわ。彼女ビーチに住んでるの。この週末みんなで行けないかしら?

All: Yeah! Yeah, we can!
 ああ、いいね、行ける!

Bonnie: Shoot! I can’t go, I have to work!
 残念! 行けないわ。仕事なのよ。

Ross: That’s too bad.
 残念だな。

Rachel: Ohh, big, fat bummer.
 ああ、ほんとガッカリ!

Phoebe: So great! Okay! Tomorrow we’re gonna drive out to Montauk.
 よかった! よし、それじゃ明日はみんなでモントークへドライブね!

Joey: Hey, Bonnie had sex there!
 ヘイ、ボニーはそこでセックスしたぞ!

《セントラルパーク前:モニカとチャンドラーがみんなと待ち合わせ》

Monica: Would you look at them. I'm ever gonna find a boyfriend again, die an old maid.
 (通りすがりのカップル)見てあの人達。もう二度とボーイフレンド見つけられないわ。独身のままで死ぬのよ。

Chandler: You’re not gonna die an old maid, maybe an old spinster cook.
 独身のままで死ぬなんてことないよ。独身コックさんとしてだよ。

(maid=処女という意味もあるが、spinster(独身女性)と同義語でもある)

Monica: Thanks!
 ありがと!

Chandler: Hey now besides, if worst comes to worst, I’ll be your boyfriend.
 なぁ、それにさ、最悪の場合、俺がボーイフレンドになるよ。

Monica: Yeah, right.
 (笑)ええそうね。

Chandler: Why is that so funny?
 なんでそんなにおかしい?

Monica: You made a joke, right? So I laughed.
 冗談でしょ? だから笑ったの。

Chandler: Ha-ha-ha. A little to hard. What am I not ah, boyfriend material?
 ハハハ。笑い過ぎだよ。なんだよ。俺ってボーイフレンドにはなれないやつ?

Monica: No. You’re Chandler. You know, Chandler!
 違うけど、あなたはチャンドラーだもの。でしょ、チャンドラーよ!(叩く)

Chandler: Okay, so we’ve established my name, and hit me. But theoretically you know, I mean say we weren’t friends, say it’s a blind date. I show up at your door, and I’m like “Hey, nice to meet, ya. Hey, oh-hey.”
 そうか。俺の名前がはっきりして、そして叩いたな。でも、理論的に言ってだよ、もし友達じゃなかったとして、ブラインド・デートだったとして、君の家に現れてだよ、そしてこんなふうに、「ヘイ、初めまして、ヘイ、ヘイ!」って・・

Monica: Well, I’d probably be scared of a guy using a fake voice.
 そのウソ声で怖くなるわね、きっと。

Joey: Hey!
 やぁ!

Monica: Oh, hey! Oh good, you brought food!
 あら! よかった! 食べ物持ってきてくれたのね!

Joey: No, it’s just my luggage.
 いや、ただの荷物だよ。

(フィービーが運転してくる)
Chandler, Monica, and Joey: Hey!!
 ヘイ!

Joey: Woo-hoo! All right! Yeah!
 やったね! よーし!

Phoebe: Oh, I am having the best karma this week. First, I find this woman who knew my parents, and then my client with the fuzzy back gives me his beach house.
 今週はベストな運気だわ。まず両親を知ってる人を見つけた。そして今度は。背中の毛深いお客さんがビーチハウスを貸してくれた。

Ross: Yeah? What about ah, that bike messenger you hit?
 そう? じゃあ君に轢かれたバイクメッセンジャーはどうなの?

Phoebe: Oh, I wasn’t talking about his karma.
 あら、私あの人のこと話してないわ。

(レイチェルがくる)
Rachel: Hey!
 ヘイ!

Chandler: Hey!
 ヘイ!

Joey: Hey-hey, check out the hat!
 おぅおぅ、彼女の帽子を見てよ!

Chandler: What a minute, I know that hat! I was taken aboard that hat! They did experiments on me! I can’t have children!!
 待って! あれ知ってるぞ! 俺はあの帽子に乗せられたんだ! そして実験をされたんだ。もう子供が持てない!

Monica: Seriously, where did you get the hat?
 それよりマジで、その帽子どうしたの?

Rachel: Ross gave it to me.
 ロスがくれたの。

Ross: Yeah, I think she looks good.
 そう。彼女素敵だよ。

Rachel: Oh, thank you.
 ありがと。

Chandler: Buy it for you, or win it for you?
 買ったの、それとも何かで当たったの?

Rachel: Well excuse me, my fashion-impaired friends, I am here to tell you that hats are back.
 悪いけど、ファッションに鈍いご友人がた、帽子の流行は帰ってきてるのよ。

Phoebe: And this time, they’ve ganged up to form one giant, super hat.
 そして今回は、どっと集まって巨大なスーパーハットになったのね。

《ビーチハウス(土砂降り》

Ross: Go, go, go!
 早く早く早く!

Rachel: Oh yeah, now everybody wants to be under the hat!
 まぁ、ここにきてみんなこの帽子の下に入りたがるのね!

(家に入ると、家中の床が砂)
Phoebe: Oy!!
 あらまぁ!

Monica: What’s with all this sand?
 この砂なんなの?

Phoebe: Oh, yeah, Bob said there might be flood damage.
 ボブが、洪水のダメージ受けてるかもって言ってたわ。

Ross: Yeah, either that, or he has a really big cat.
 それか、大きな猫を飼ってるかだな。

《もう1人のフィービーの家》

Phoebe Sr: Well, yes, it’s kind’ve an unusual house. It has umm, three beautiful bedrooms and ah, no baths. But you know, the ocean is right there.
 ええ、ちょっと変わった家なんですよ。きれいなベッドルームは3つありますが、お風呂がないんです。でも、海は目の前ですよ。

Phoebe: Knock, knock, knock.
 コン、コン、コン。

Phoebe Sr: Ah, oh, hang on a second. . . Come in, come in. . . All right, so think about it, and call me back.
 あ、ちょっと待ってくださいね。(フィービーに)入って、入って。(電話)はい、それでは、考えてみていただいて、またお電話ください。(電話切る)

Phoebe: Are you ah, Phoebe Abbott?
 フィービー・アボットさん?

Phoebe Sr: Ahh, yes.
 ええ、そうよ。

Phoebe: Surprise, Phoebe Abbott! I’m your best friend's daughter!
 ビックリでしょ、フィービー・アボット! 私はあなたの親友の娘よ!

Phoebe Sr: You’re Irwin’s daughter?!
 アーウィンの娘さん?

Phoebe: No, I-I mean your-your old best friend, here. Lily, from high school. Remember?
 いえ、あなたの古い親友のことよ。ほら(写真を渡す)リリー、高校の時の。覚えてる?

Phoebe Sr: Oh gosh, Lily, yes. Of course I remember Lily. I... Then you must be?
 あらまぁ・・リリー、ええ、もちろん覚えてるわ。それじゃあなたは・・?

Phoebe: Phoebe. . . Phoebe. Phoebe, yeah. She named me after you I guess.
 (自分を指差し)フィービー。(相手を指差し)フィービー。フィービー、イエーイ。きっとあなたから名前をつけたのね。

Phoebe Sr: Uh-huh. Wow! Well, look! There’s Frank.
 そうね。ワオ! そうね・・見て、フランクよ。(写真を指差す)

Phoebe: Yes!! Yes! Yes! Yes!! That’s my Dad, that’s Frank! Yeah! I’m sorry I’m getting all flingy.
 そう! そう、そう、そうよ! それが私のパパ、フランク! そうよ! ごめんなさい。私、大騒ぎね。

Phoebe Sr: Take it easy--if you want, there’s cookies on the counter, or, or--sangria! I can make sangria!
 落ち着いて・・もしよかったら、カウンターにクッキーがあるわ。あ、それかサングリア! (立ち上がり)サングリア作りましょうか!

Phoebe: No-no, sorry. Cookies are good, thanks.
 いえいえ、いいの。クッキーでいいわ。ありがとう。

Phoebe Sr: Oh.
 あら。

Phoebe: Well, so, umm, anyway umm, I’ve been, I’ve been looking for my father, and umm, have you heard from him, or seen him?
 それじゃ・・とにかく、私ずっと父さんを捜してたの。なにか聞いたりしてない? 父さんに会ったりとかは?

Phoebe Sr: Oh, no, I-I’m sorry, I guess I lost track of everybody after high school.
 いえいえ、ごめんなさい、もう高校の人達とは交流がないのよ。

Phoebe: Oh, okay. Well, so tell me everything about my parents. Everything.
 ああ、そうなんだ。それじゃ、私の両親のこと全部話して。なにもかも!

Phoebe Sr: Oh, well. You know we were always together, in fact the other kids had a nickname for the three of us.
 そうね。私たち、いつも一緒だったの。実際、3人にあだなまであったわ。

Phoebe: Oh, what? What was it?
 そう、何? 何ていうの?

Phoebe Sr: The three losers. Oh, poor Lily. Oh, you know, I heard about what happened, that must have been just terrible for you, losing your mother that way.
 3ダメ人間よ。ああ、かわいそうなリリー。何があったか聞いたわ。(フィービーは冷蔵庫に貼ってあった写真に気を取られて、ポケットに入れる)あなたにはつらかったでしょうね。おかあさんをあんなふうに失って。

Phoebe: Yeah, no, it was great.
 ええ、いえ、すばらしかったわ。

《ビーチハウス:みんな退屈》

Joey: Hey, you know what a really good rainy day game is?
 な、雨の日にすごくいいゲーム知ってる?

Monica: What?!
 なに?

Joey: I mean naked game. Strip poker, we should totally play strip poker.
 裸ゲームだよ。ストリップ・ポーカーだ。絶対これするべきだよ。

All: No, no!
 ダメ、ダメ!

Monica: Are you crazy?!
 どうかしてるんじゃない?

Joey: Come on! When you go away, you-you have to play, it’s like a law!
 いいじゃん! どっかへでかけたら、ストリップ・ポーカーしなきゃ! 法律みたいなもんだ!

Rachel: All done!
 (モニカのネイルが)できた!

Monica: Aww, thank you.
 わぁ、サンキュー!

Rachel: Okay, who’s next?!
 さぁ、次は誰?(ロスと目が合う)

Ross: No! . . No way!
 いやだよ! (目で訴えるレイチェル)絶対ダメ!

Rachel: Come on, please?! I’m bored! You let me do it once before.
 いいじゃない、お願い! 退屈なんだもの! 一度させてくれたじゃない。

Ross: Yeah, well, if ah, if that’s the rule this weekend... No!
 まぁ、もしそれがこの週末のルールだっていうなら・・(レイチェルが来る)ダメ!

Rachel: Yes!
 いい!

Ross: Get away! Stay away!
 来るな! 近寄るな!

Rachel: Take it like a man, Ross!
 男らしくあきらめろ、ロス!

Ross: No! . . No!
 ダメ! (逃げて、追いかけられる)ダメだって!

Rachel: Oh, come on!
 もう、いいじゃん!(2人走り回る)

Chandler: Big bullies!!
 でっかいいじめっ子だ!

Ross: Ow! Ow! Oh, no-no-no!
 アウ! ダメ! ダメダメダメ!(カウチで取っ組み合う2人)

(フィービーが帰ってくる)
Phoebe: Oh, hey!
 ハーイ、みんな!

Chandler&Ross: Hey!
 やぁ!

Phoebe: Oh, so, how are we doing?
 みんなどうしてた?

Chandler: Bored and bored!
 退屈で退屈で!

Joey: Hey, you know what naked card game is never boring?
 なぁ、裸のカードゲームは絶対退屈じゃないって知ってる?

All: No!!
 ダメ!

Monica: So what’s Phoebe like?
 フィービーってどんな人?

Phoebe: I’m kind, caring, and sweet. What’s Monica like?
 私は優しくて、思いやりがあっていい人よ。モニカは?

Monica: Ah no, the other Phoebe, the one you went to go see.
 いえ、違うの、もう1人のフィービーのことよ。あなたが会いに行った人。

Phoebe: Oh, I think she knows where my Dad is.
 ああ、彼女、私の父さんのこと知ってると思うわ。

Joey: What?
 え?

Rachel: Really?!
 本当?

Monica: Oh well, where is he?!
 それじゃ、彼はどこなの?

Phoebe: She was acting, she was pretending like she hasn’t heard from him on years, but I found this picture on her fridge, and look! Isn’t this what he would look like now?
 彼女は知らないフリをしてるの。何年も音沙汰がないみたいに。でも、この写真が冷蔵庫に貼ってあったの。見て! 彼って今ならこんな感じだと思わない?

Monica: Totally familiar.
 ほんと、そんな感じ。

Rachel: Oh, yeah.
 ええそうね。

The Guys: Yeah!
 ああ!

Monica: Well, why would she lie to you?
 でもどうしてあなたにウソをつくの?

Phoebe: I don’t know, but we’re having dinner tomorrow night, so I figured, she’s gonna tell me then. You know maybe she just wanted to give him time to, buy me presents, I don’t know! So, you’re all bored?
 わからないけど、明日ディナーを一緒にすることになってるの。だから、その時に言ってくれるんじゃないかな。彼女は、とうさんに時間をあげたかったんじゃないかな。ほら、私にプレゼントを買うとか、わかんないけど! それで、みんな退屈してたの?

All: Oh!!
 ああ!

Chandler: Yes!
 そうだよ!

Phoebe: All right, I’m gonna close my eyes and point to someone, and you, whoever I point has to come up with something fun for us to do, and we have to do it.
 わかった。じゃあ、目を閉じて誰か指差すから、指差された人は、何か楽しいことを提案するのね。で、私たちはそれをやらなきゃダメなの。

Joey: Okay, all right.
 よし、わかった。

Phoebe: Okay.
 オーケー。

Joey: Fan out! Fan out!
 広がって、広がって!

(真ん中に鳴って目を閉じる)
Phoebe: Okay. . . Ooh, you know we could just do this.
 オーケー(回転し始める)ああ、これやっててもいいわね。(止まるとチャンドラーを指している)

Chandler: Okay, umm, we all have to play strip poker.
 よし。えっと、みんなでストリップ・ポーカーをする。

Joey: OH, YES!!!!!
 やった!!!

《時間経過》

Monica: Strip Happy Days Game?
 ストリップ・ハッピー・デイズ・ゲーム?

Joey: Yeah, well, I couldn’t find any cards, so it was either this or Strip Bag Of Old Knitting Stuff.
 トランプとかは見つからなかったんだよ。これじゃなかったら、編み物道具で遊ぶしかないけど。

Ross: Okay, "Fonzie gives you two thumbs up, collect two cool points." Yeah.
 よし。「フォンジーから、OKサイン2つ。クールポイント2点ゲット」よーし。

Phoebe: Monica, if you get five cool points, you get to make somebody take off one item of clothing. It hasn’t happened yet, but we’re all very excited.
 モニカ、もしクールポイントが5点たまったら、誰かの服を脱がせられるのよ。まだたまってないけど、ワクワクよね。

Ross: Okay, come on! Daddy needs a new pair of electromagnetic microscopes for the Prehistoric Forensics Department! . . Okay. "Take Pinky Tuscadero up to Inspiration Point, collect three cool points"!! Yeah! Which gives me five, and let’s see who is gonna lose their clothes. Ummmm, I think I pick our strip poker sponsor Mr. Joey Tribbianni.
 よーし、こい!(さいころに息を吹きかけ)先史科学捜査部のための電子顕微鏡が2つ必要なんだ! (みんなに変な目で見られ、黙ってさいころを転がし進める)よし、「ピンキー・タスカデロをインスピレーション・ポイントへ連れていく。クールポイント3点ゲット!」よし!これで5ポイントたまったぞ。じゃあ誰が最初に服を脱ぐのかな? うーん、そうだ。ストリップ・ポーカー提案者の、ミスター・ジョーイ・トリビアーニ!!

The Girls: Woo-hooooo!!!!
 ウーフーーー!!

Joey: All right, relax. It’s just a shoe.
 いいよ、落ち着けって。靴だけだぞ。

All: Wooooo!!!!
 ウーーー!!

《時間経過》

Rachel: Okay. "Your band is playing at Arnold’s. Collect three cool points." Which means, I have five, and that means I get Joey’s boxers!
 オーケー。「アーノルドでバンド演奏することになりました。クールポイント3点ゲット」ということで5点になったから、つまりジョーイのボクサーいただき!

Joey: Fine. Gang up on me! I got you all, right where I want you.
 いいよ。みんなでよってたかって! でもみんな俺のやりたかったことやってるもんね。

Phoebe: Come on, take them off!!
 ほら、早く脱いで!

Joey: Actually, you know, it’s kinda cold, so how about I keep my boxers on, and give you all a peek at the good stuff?
 でもさ、寒いんだよね。ボクサーはつけたままで、みんなが覗いていいモノ見るってことでどう?

Rachel: All right, I’m gonna make more margaritas!
 さて! 私はもっとマルガリータ作るわよ(残りをロスのグラスに注ぐ)

Ross: Whoa, hey! What are doing? Trying to get me drunk?
 おいおい、何をするんだ? 僕をよわせる気?

Rachel: I’m just making margaritas.
 マルガリータを作るだけよ。

Ross: Okay.
 オーケー。

Monica: I think I’ll help her out. . . What is going on here?
 手伝うわ。(席を立ってレイチェルのそばで)どうなってるのよ?

Rachel: What?!
 何が?

Monica: You painting his toenails?
 彼の足の爪を塗るって?

Rachel: Oh, come on!
 なんでもないわよ!

Monica: Chasing him all around the room?
 部屋を追いかけ回して?

Rachel: Monica, please!
 モニカ、勘弁して!

Monica: He’s totally flirting with you too.
 彼も完全にノッてたじゃないの。

Rachel: He is, isn’t he? I don’t know, I don’t know, I mean, maybe it’s just being here at the beach together or, I don’t know. But it’s like something...
 そうだったわよね? わかんない、わかんないけど! でも、こんなビーチに来てるせいかしら、何かこう・・(ボニーが来てさえぎられる)

Bonnie: Hey!
 ヘイ!

Ross: Hey! Hi, Bonnie!
 やぁ! ボニー!

Bonnie: Hi! My boss let me off early, so I took the train.
 ハーイ! 上司が早く帰らせてくれたの。それで電車で来たのよ。

Ross: Oh.
 ああ。

Bonnie: What are you guys doing?!
 みんあで何してるの?

Joey: We’re playing Strip Happy Days Game!
 ストリップ・ハッピー・デイズ・ゲームしてるんだ!

Bonnie: Cool! I’ll catch up!
 いいわね! 私も混ぜて!(セーターを脱ぐ)

《翌朝》

Chandler: So, you still don’t think I’m boyfriend material?
 まだ俺のことボーイフレンド対象外だと思ってる?

Monica: Huh?
 え?

Chandler: I saw you checking me out during the game last night.
 昨日ゲームの時俺をチェックしてるの見てたけど。

Monica: You didn’t even take off your pants.
 パンツさえ脱いでないじゃないの。

Chandler: Yeah, well, lucky for you.
 ああ。君は運がよかったね。

Monica: What?
 は?

Chandler: I don’t know.
 自分でも謎。

(2階から降りてきて)
Rachel: Well! Is everybody else having just the best time?!
 はい! みんなは楽しんでるの?

Phoebe: Shhh! Shhhh! Joey’s asleep.
 シーッ、シーーッ! ジョーイが寝てるのよ。

(ジョーイが寝ていて、首下は砂に覆われているが、砂は人魚の形で、胸もある)
Phoebe: After he passed out, we put the sand around him to keep him warm.
 眠ってしまったから、寒くないように砂で覆ってあげたのよ。

Rachel: Well, I assume the ah, happy couple isn’t up yet. Did you guys hear them last night?
 あのハッピー・カップルはまだ寝てるんでしょうね。昨日あの人達の声聞いた?

Chandler: Oh, yeah, I don’t know what they were doing, but at one point sea turtles actually came up to the house.
 ああ。何をしてたのか知らないけど、でも一度ウミガメがここまで来たぞ。

(ロスとボニーが降りてくる)
Ross: Good morning.
 おはよ。

All: Hey.
 ヘイ!

Bonnie: Hey! How did everybody sleep?
 ヘイ! みんなよく眠れた?

Rachel: Oh, great.
 ええ、ほんと。

Monica: Like a log.
 ぐっすり。

Ross and Bonnie: Us too.
 同感。

Rachel: I’m going for a walk.
 散歩に行くわ。

Ross: Good morning. Nice breasts by the way.
 (目を覚ましたジョーイに)おはよ。いい胸だね。(胸を見て喜ぶジョーイ)

《ポーチ:レイチェル読書中:ボニーがくる》

Bonnie: Hey, what happened to you?
 ヘイ! どうしたの?

Rachel: Oh, ah nothing. I just felt like hanging out here and reading.
 いえ、何でもないのよ。ただここでのんびり本を読んでいたいなって。

Bonnie: Oh, the water was so great! We jumped off this pier and my suit came off.
 海はすごくいい感じよ! 突堤から飛び込んで水着が外れちゃったわ。

Rachel: Oh, sorry I missed that.
 あら、見られなくて残念だったわ。

Bonnie: Yeah, Joey and Chandler sure are funny.
 ええ、ジョーイとチャンドラーは本当におもしろいわね。

Rachel: Oh-ha-ha!
 ええ、ハハハ。

Bonnie: I think I brought back half of the beach in my hair. It was so much easier when I used to shave my head.
 髪に山ほど砂が入ってしまったわ。髪を剃ってた時は本当に簡単だったけど。

Rachel: You know, I gotta tell ya, I just loved your look when you were bald.
 ねぇ、言わせてもらうけど、あなたがスキンヘッドにしてた時、本当に素敵だったわよ。

Bonnie: Really?!
 ほんと?

Rachel: Oh!
 そうよ!

Bonnie: Because I think about shaving it all off again sometime.
 私も、またそのうち、剃ろうかなって思ってるの。

Rachel: Really?!
 そうなの?

Bonnie: Yeah!
 ええ!

Rachel: I mean you definitely should do that.
 そうするべきだと思うわ!

Bonnie: You know what, I should do it.
 そうよね、そうするべきよね。

Rachel: Yeah!
 そうよ!

Bonnie: Yeah, thank you Rachel, you are so cool.
 そうだわ。ありがとう、レイチェル、あなたってクールね!

Rachel: Awww, stop. Come on. Now go shave that head!
 あら、やめてよ。ほら、剃ってきたら!

Bonnie: All right.
 そうね。

《ビーチハウス内:時間経過。ご機嫌斜めのフィービー》

Joey: What’s the matter, Pheebs?
 どうしたんだ、フィーブス?

Phoebe: She cancelled! My namesake cancelled on me!
 キャンセルされた! 私の名前の元の人にキャンセルされた!

Joey: What?!
 なんだって?

Phoebe: Yeah, she claimed she had to go out of town suddenly. She’s avoiding me, she doesn’t want to tell me where my father is. She knows, and she won’t tell me.
 そうなの。突然、町へ行かなきゃならなくなったっていうの。私を避けてるのよ。私の父さんがどこにいるのか言いたくないんだわ。知ってて言わないのよ。

Rachel: Aww Pheebs, that sucks!
 まぁ、フィーブス、それはひどいわ!

Phoebe: Yeah, well, don’t “Aww Pheebs, that sucks!” me yet.
 そう、そうよ。「まぁ、フィーブス、それはひどいわ」はまだ早いわよ。(出て行く)

Chandler: Where are you going?
 どこ行くんだ?

Phoebe: Well, she’s out of town. So, there’s gotta be something in her house that tells me where my father is.
 外出してるわけでしょ。家の中に、父さんがどこにいるのかわかる何かがあるに違いないわ。

Ross: Uh, Pheebs, some people call that breaking and entering.
 フィーブス、それを人は不法侵入と言うよね。

Phoebe: Well, are any of those people here?!
 そう言う人がここにいるの?

All: Oh, no!! No, no!
 いえいえ、いない、いない!

Phoebe: Okay, look I-I-I do something nice, okay? I’ll-I’ll fill her ice trays.
 いいわよ。私、何かいいことをしてくるわよ、いいでしょ? 製氷皿に水入れてくるわ。

(スキンヘッドボニーが来る)
Bonnie: Hey, everybody!
 ハーイ、みんな!

All: Wow!!
 ワオ!

Ross: Wh-haa-haa! Look what you did!
 うわ、わっ! 見て、きみったら!

Bonnie: You wanna touch it?
 触りたい?

Ross: No, but it, but it’s great.
 いや。でも、素敵だよ。

Bonnie: Come on, touch it!
 いいから、触って!

Ross: Okay. . . You can feel all the bones in your skull.
 わかった・・(触る)頭の骨を全部触れるよ。

《ポーチ》

Ross: Hi.
 ハーイ。

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Ross: I was having a little chat with ah, Bonnie, and ah, guess what? She happened to bring up you know, who was behind the um, whole head shaving idea, and now, who was it? Oh, that’s right, that’s right, it was you!
 ボニーとちょっとおしゃべりしたんだけどね、何があったと思う? たまたま彼女が言ったことなんだけど、頭を剃る件で背後に誰かいたみたいなんだよね。誰だったっけ? そうそう、そうだ、君だって!

Rachel: That was her idea, I just gave her a nudge.
 彼女のアイデアよ。私はちょっと背中を押しただけ。

Ross: She said you gave her the razor!
 カミソリを渡したそうじゃないか!

(ボニーが来る)
Bonnie: Hey.
 ヘイ!

Rachel: Hey!
 ヘイ!

Bonnie: So, anyone up for a midnight dip in the ocean?
 夜中の海に入りに行かない?

Ross: Ahh, no, I’m good.
 ああ、いや、僕はいいよ。

Bonnie: Okay, I’ll see you in a bit.
 わかった。それじゃ後でね。

Ross: Okay, have fun! Wooo!!
 わかった。楽しんでね! ウー!

Rachel: Come on, see, she doesn’t look that bad.
 ほら、見てよ。そんな悪くないじゃないの。

Ross: You can see the moonlight bouncing off her head! What the hell were you thinking?!!
 月の光が頭で跳ね返ってるんだぞ! 何考えてるんだ?

Rachel: I don’t know.
 わかんない。

Ross: You don’t know?! Rach, you balded my girlfriend!
 わからない? レイチ、君は僕のガールフレンドを坊主頭にしたんだぞ!

Rachel: All right! Ross, do you think it’s easy for me to see you with somebody else?
 わかったわよ! ロス、あなたが他の人と一緒にいるところを見ても私が平気だと思うの?

Ross: You know, hey! You’re the one who ended it, remember?
 だって君! 君が終わりにしたことじゃないか?

Rachel: Yeah, because I was mad at you, not because I stopped loving you!
 そうよ。でもそれはあなたに怒ったからで、愛するのをやめたからじゃないわ!

Ross: You still love me?
 僕をまだ愛してる?

Rachel: No.
 いいえ。

Ross: You still love me.
 まだ僕を愛してるんだ。

Rachel: Oh, y-yeah, so, you-you love me!
 え・・ええ、それが? あなただって私を愛してるじゃない!

Ross: No, nnnnn. What does this mean? What do you, I mean, do you wanna, get back together?
 いいや。うーーん・・それどういう意味? 君、それって、戻りたいと思ってる?

Rachel: No! Maybe! I, I don’t know. Ross, I still can’t forgive you for what you did, I can’t, I just, but sometimes when I’m with you I just, I feel so...
 いいえ! そうかも! わからない。ロス、まだ私、あなたのしたことを許せないのよ。無理。でも、ただ、あなたといると、ただ私・・

Ross: What?!
 なに?

Rachel: I just, I feel, I just...
 私が感じるのは・・ただ・・

Ross: What?
 なに?

Rachel: I feel...
 私・・(2人キス)

(チャンドラーとジョーイが話しながら来る)
Chandler: No!! I don’t care! I’m not, I’m not gonna playing one-on-one strip poker with you for practice!
 イヤだ! 知るか! ストリップ・ポーカーの練習に一対一でおまえとプレイしたりしないぞ!

Joey: But I made cards!!
 でもカード作ったのに!

Rachel: Well! Good night. I’m going upstairs.
 それじゃ、おやすみ。2階に行くわ。

Joey and Chandler: Good night.
 おやすみ。

Joey: Wanna play strip poker for practice?
 (ロスに)ストリップ・ポーカーの練習する?

《フィービー・アボットの家》

(窓から侵入していて、お尻がひっかかって焦るフィービー)
Phoebe: Ow! My ass. Okay. Okay. Oh, shhh!
 あっ、お尻が! よし。。よし。あっ、シーっ!

(ウィンドーチャイムが鳴ったりして、あせりながら冷蔵庫にたどりつくが、フィービー・アボットがハンガーを手にやってくる)

Phoebe: No! No!! It’s me! It’s me! I-I didn’t want to make any noise!
 やめて! 私、私よ! 物音たてたくはなかったのよ!

Phoebe Sr: Then don't break in!!
 じゃあ忍び込まないで!

Phoebe: I’m sorry.
 ごめんなさい。

Phoebe Sr: What are you doing here?!
 何してるの?

Phoebe: I-I, came to fill your ice cube trays.
 あなたの製氷皿に水を入れに・・

Phoebe Sr: What?!
 は?

Phoebe: Umm, okay, okay, look. I took this picture from your fridge. Okay, because I know that this is my father. Yeah, this is Frank Buffay and you are standing right there next to him. Now, look, I deserve to know where I came from. All right? So if you can help me find my father then you should! Otherwise, you’re just mean! So, just tell me the truth!
 いいわ、わかった。見て、この写真を冷蔵庫から持ってったの。だってこの人私の父親だってわかってるもん。そうよ、これはフランク・ブフェで、あなたはその隣に立ってるじゃない。ねぇ、私には、自分がどういう人間なのか知る権利があるわ。でしょ? 私の父を探すの手伝ってくれないっていうのか知らないけど、手伝ってくれるべきよ。そうでなかったら、意地悪よ! だから本当のこと教えて!

Phoebe Sr: All right. The man in the picture is Chuck Mangione.
 わかったわ。その写真の人はチャック・マンジョーネよ。

Phoebe: My father is Chuck Mangione?
 私の父親はチャック・マンジョーネ?

Phoebe Sr: No, no, that’s just Chuck Mangione. I sold him a house last year. And I’m very sorry, but I really don’t know where your father is, and that’s the truth.
 いえいえ、それはただのチャック・マンジョーネ。去年彼に家を売ったのよ。ごめんなさい。本当にあなたのお父さんの居場所は知らないの。それは本当よ。

Phoebe: Oh.
 ああ。

Phoebe Sr: But umm, you’re right. I think that a person should know where they come from. Which is why I ah. . . ah. . . Okay. I’m your mother.
 でも、あなたの言う通りね。あなたは自分のこと、知る権利があるわ。だから私・・・。いいわ、私があなたの母なの。

Phoebe: Heh?
 へ?

Phoebe Sr: You know, I wanted to tell you yesterday, but I just, you know, felt all floopy, and...
 昨日言いたかったのよ。でも、私・・ほら・・わけわかんなくて・・

《ポーチ:時間経過》

Joey: I’m telling you, you guys are totally getting back together!
 だから、おまえ達は絶対元に戻るべきだって!

Ross: That’s not true! Her, she doesn’t even know what she wants! Rachel’s still mad about the whole thing.
 そんなことないよ! 彼女自身がどうしたいかわからないっていうんだ! レイチェルはまだあのことを怒ってるんだ。

Chandler: Okay, then you gotta back away, all right? You don’t need that kind of hurt. Take it from a guy who’s never had a long term relationship......
 だったら、ここは引き下がるべきだよ、な? またあんなふうに傷つくことないよ。俺の意見を聞け。これまでに一度も長いつきあいさえしたことのない俺の・・。

Ross: I know, but ahhhhhh!! I really wanna go up there and finish that kiss!
 わかってるよ、だけど、ああ!! 上がっていって今のキスの続きがしたい!

(ボニーがくる)
Bonnie: Hey!
 ヘイ!

Chandler: Ahhhh!
 ああ!

Bonnie: You guys, the water’s great. You should really go in.
 みんな、海は最高だったわよ。みんなも行くといいのに。

Chandler: Oh, ahh, no thanks, I just had an M&M.
 ああ、いいよ。M&Mを食べたとこだから。

Bonnie: Okay, well, good night.
 わかった、じゃ、おやすみ。

Ross: Good night.
 おやすみ。

Bonnie: Don’t be too long.
 (ロスにキスして)早くきてね。

Ross: Okey-dokey!
 了解だよ!

Chandler: There is not one hair on that head.
 頭に毛1本もないな。

Ross: Hey, it’ll grow back, right? And she-she’s really fun, and she’s cool, and-and I’m finally moving on. You know? I mean getting over Rachel was so, , , you know? You know, and I’m finally feeling sane again. And now if I go up there, and-and I kiss her, and, God I wanna kiss her, and-and-and it doesn’t work out, right? Do I really wanna put myself through that again?
 また毛は生えてくるよ。そうだろ? それに彼女は本当に楽しいし、クールだし、それに、僕はようやく前に進んだんだよ。だろ? レイチェルのこと乗り越えるのは、本当に・・うーーっ・・・。それでようやくまともになってきたんだ。それでまた彼女のところへ行って、キスして・・ああ、本当に彼女にキスしたいよ! それでもうまくいかなかったら? 本当にまたあんなことをやりたいか?

Joey: So let me get this straight. If you go with Bonnie tonight, you’re doing the smart, healthy thing and moving on.
 じゃあまとめさせてくれ。もし今夜ボニーのところへ行けば、おまえは賢く、健康的に、前に進めるっていうわけだ。

Ross: Yeah.
 ああ。

Joey: Right? And you go with Rachel, Bonnie’s free tonight?
 だろ? それでもしレイチェルのもとへ行ったとしたら、ボニーは今夜あいてるんだよな?

《ロス達とレイチェルの部屋の間・どっちへ入るか迷うロス》

Ross: Hi.
 (一方のドアをあけて)ハーイ。

《ビーチハウス:ノックの音にモニカが応える》

Chandler: Hi there.
 (変な声で)やぁ、きみ。

Monica: That’s that weird voice again.
 また変な声してるじゃん。

Chandler: Okay! Okay! Let me try it again, you’re gonna wanna date this next guy, I swear!
 わかった、わかったよ! もう一度やらせて。この次はデートしたくなるからホント!

(モニカがドアをしめ、ノックの音でもう一度開けると、チャンドラーは膝立ち)
Chandler: Hi! I’m Dorf! Your date for the evening. . . Oh, come on! Dorf on dating, that’s good stuff!!
 ハーイ、僕はドーフ! 今夜のデート相手だよ! (モニカは立ち去る)なんだよ、ほら、ドーフがデートだよ。おもしろいのに!

dorf.jpgTim Conway



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
英語 ブログランキングへ


posted by らんち at 18:36| Comment(0) | Season3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月21日

3-24 The One With The Ultimate Fighting Champion

3-24 ウルティメット・ファイティング・チャンピオンの話

 ☆格闘技は男の美学?!☆

《セントラルパーク》

Chandler: Do you think that there’s a town in Missouri or some place called Sample? And ah, as you’re driving into town there’s-there’s like a sign, and it says “You’re in Sample.”
 ミズーリかどっかに、サンプルって地名があったりしたらどう? それで車でその町に入るときの看板はこうだ。「You're in Sample」("urine sample"に聞こえる)

(urine sample = 尿サンプル)
Newport.jpg(You're in.. という看板は見つかりませんでしたが、映画か何かで見たことがあるような気がします)

(モニカが来る)
Monica: Hey.
 ハーイ。

All: Hey!
 やぁ!

Rachel: How’d it go with Pete?!
 ピートとどうだった?

Joey: Tell us!
 話して!

Monica: You’re not gonna believe this. Okay, so I go over there..
 信じられない話よ。向こうへ行ったら・・

《相席希望の男性:ロビン・ウィリアムズビリー・クリスタル

Billy Crystal: I’m sorry. Ex-excuse us. I’m sorry, it’s a little crowded. Do you mind if we...  
 すみません、失礼します。すみませんけど席がいっぱいなので、もしよかったら・・

Robin Williams: Yeah, could you scooch?
 ええ、席をあけてもらえます?

Billy: Yeah, move over just a little bit.
 そう、ちょっとあけていただけますか。

(みんなつめて座り席をあける)
Robin: Keep on scooching.
 つめてつめて。

Monica: So guys, listen, I go over there, and umm...
 それでね、聞いて、向こうへ行ったら・・

Robin: Why? Why?! What’s wrong with me?!
 どうして? どうしてなんだ? 何がいけないんだ?

Billy: What’s the matter?
 どうしたんだ?

Robin: I have a feeling… I, my wife is sleeping with her gynecologist.
 妻が、産婦人科医と寝ているような気がするんだ。

(みんなモニカの話よりこっちに興味がひかれる)
Billy: How do you know?
 どうしてわかるんだ?

Robin: Well, you know, he’s got access.
 だってきみ、彼は接触しやすいだろ。

Billy: I know.
 そうか。

Robin: You know, it’s that feeling you get, you know?
 わかる、あの感じ、わかるだろ?

Billy: Like when you go bowling and you know you’re in somebody else’s shoes?
 ボーリングに行って誰か人の靴を履いてしまった感じ?

Robin: That’s the one.
 それだよ。

Phoebe: All right, so, so you went to Pete’s...
 それで、ピートのところへ行って?

Ross: What happened?
 どうなった?

Monica: I...
 私が・・

Robin: Why is this happening to me?! I don’t know, maybe it’s my wound.
 どうしてこんなことが起きるんだ? もしかしたら、傷のせいかな。

Monica: Forget it.
 (気になって話せない)もういいわ。

Billy: So it’s-it’s not heeled yet?
 それじゃ、まだ治らないのか?

Robin: No-no, it’s oozing, oozing. . . Could you pass me the cream? Is there any−Oh, there’s the cream.
 いやいや。もうジクジクしてジクジクしちやって。(レイチェルに)クリーム取ってくれる? クリームは・・ああ、あった。

Billy: Thomas, this is gonna be hard, but I wanted it to come from me, and nobody else.
 トーマス、これはつらい話だが、でも、他の誰かじゃなく、僕から聞いてほしい。

Robin: What is it, Tim?
 何なんだ、ティム?

Billy: It’s me, I’ve been sleeping with your wife.
 僕なんだ。僕が君の奥さんと寝ているんだ。

Joey: So you’re the gynecologist?
 じゃあ君が産婦人科医?

Billy: Hey, I’m trying to have a private conversation! Is that okay?!
 ちょっと、プライベートな話をしているんだけど。いい?

Robin: Ooh. . Can I have a napkin, please? Could you please hand me a napkin? Would you--Give me this thing, all right!! Enough! . . . And you are no longer my friend! We are finished! Nada!! No more! You are a bastard for doing this!! Get away from me!!
 (泣き出す)ああ・・(レイチェルに)ナプキン取ってくれる? 頼むからナプキンくれる? もう、それをくれっ!! もうたくさんだっ! おまえはもう友達じゃない! もうおしまいだ! ダメ! もうダメ! こんなことしてくれてくそったれめ! 近寄るな!(出て行く)

Billy: Thomas, come back here!
 トーマス、戻ってきてくれ!(出て行く)

(みんな呆然としている)
Phoebe: So Monica, what were you gonna tell us?
 それでモニカ、話なんだった?

Monica: I have no idea.
 ・・何だったっけ。

《セントラルパーク;続き》
Rachel: So, come on, what was the big news Pete wanted to tell you, Mon?! Or should I say Mrs. Monica Becker?
 それで、ピートが話したかったビッグ・ニュースって何だったの、モン? それともこうかな? ミセス・モニカ・ベッカー?

Phoebe: No-no-no oh, keep your name, don’t take his name.
 ダメダメダメ! あなたの名前を残して。彼の名前になっちゃダメよ。

Monica: He didn’t ask me to marry him.
 結婚の申し込みじゃなかったの。

All: Ohh.
 ああ。

Phoebe: Well then definitely don’t take his name.
 じゃあ絶対彼の名前になっちゃダメ。

Monica: He wanted to tell me he’s going to compete in some ultimate fighting competition thingy.
 彼の話っていうのは、なにかウルティメット・ファイティングとかいう格闘技に出たいってことだったの。

The Guys: Pete?!
 ピートが?!

Rachel: Why?! What is it?
 どうして? それなに?

Monica: I don’t know exactly. It’s-it’s sorta like wrestling.
 よくわからないの。レスリングみたいなものらしいわ。

Phoebe: Oh?!
 ん?

Monica: Yeah, but without the costumes.
 でもコスチュームなしね。

Phoebe: Oh.
 ああ(がっかり)

Joey: And it’s not fake, it’s totally brutal.
 それってウソじゃないんだぞ。本当に残酷なんだ。

Chandler: Yeah, it’s two guys in a ring, and the rules are: “There are no rules.”
 そうだよ。2人がリングにあがるだろ、そこにあるルールは「ルールなし」だ!

Monica: You can like, bite, and pull people’s hair and stuff?
 それじゃ噛んだり、髪を引っ張ったりとかしていいってこと?

Ross: Yeah, anything goes, except eye-gouging and fish-hooking.
 そうだよ。目突きと釣り針以外は何でもありだ。

Monica: What’s fish hooking?
 釣り針って?

Ross: Huh, what’s fish hooking... Thanks man, that would have been really hard to describe. What is that taste?
 「釣り針って?」って・・(ジョーイが指をロスの口に入れて横に引っ張る)ありがと、ジョーイ、難しい説明せずにすんだよ。・・・なに、この味?

Joey: What? My hands are totally clean, I just gave the duck a bath.
 なんだよ。俺の手はきれいだぞ。ダックをお風呂にいれたところだもん。

《チャンドラーの会社:ミーティング》

Doug: So thanks for the warm welcome. It’s good to have you guys on my team, and I come to play. I hope you do too. Now, let’s go out there and get them! Huh? And remember, there is no ‘I’ in team.
 あたたかい歓迎をありがとう。君たちとチームで仕事ができてうれしいよ。みんなも同感だといいんだが。それじゃ、仕事にとりかかろうか! それから、いいか、チームに個人はないからな。

Chandler: Yes, but there’s two in martini, so everybody back to my office.
 その通り。でもマティーニにオリーブは2つ。それじゃみんな僕のオフィスに来て。

(two in martini ってなんでしょう。調べたところ、オリーブ2つ主義の人も3つ主義の人もいましたが、地域によるものもあるようす。愛と平和を象徴するとか思う人もある様子)

Doug: You! Chuckles! What’s your name?
 きみ! おふざけ君! 名前は?

Chandler: Oh it’s Bing, sir. I’m sorry , I was just ah...
 あ、ビングです。失礼しました。ただちょっと・・

Doug: No-no, I heard what you said, funny. I like funny. This team is about hard work, but it’s also about having fun. Good to have you aboard, Bing!
 いやいや、聞こえたよ。おもしろいね。おもしろいのはいいね。一生懸命働き、しかも楽しくいこう。チームにきてくれてよかったよ、ビング!(チャンドラーのお尻を叩く)

《モニカの部屋:ロスが電話で予約を取っている》

Ross: That’s right, Ryder. Wynona Ryder for six. . . Thank you. . . Yeah, we have the reservations.
 (電話で)そう、ライダー。ウィノナ・ライダーで6人。・・ありがとう(電話を切って)よし、予約取れたよ。

Rachel: Yes!!
 やった!

Chandler: All right buddy, way to go!
 いいぞ、よくやった!(ロスのお尻を叩く)

Ross: Dude, what are you doing?
 おい、何するんだ?

Chandler: Thank you! Today, my boss kept slapping my butt and he was acting like it was no big deal.
 そうだろ! 今日、上司が何かと俺のお尻を叩いて、それがなんでもないことのようなんだよ。

Phoebe: Yeesh, what’d you do about it?
 いやだ!それであなたどうしたの?

Chandler: Well, I didn’t do anything. I didn’t want to be the guy who has a problem with his boss slapping his bottom.
 何もしてないよ。上司がお尻を叩くからって気にするやつになりたくないんだ。

Monica: I gotta tell ya, I think it’s okay to be that guy.
 言っとくけど、そういうやつになってもいいと思うわよ。

Joey: Yeah, maybe it’s like you know, that jock thing. You know how football players pat each other after touchdowns.
 もしかして、体育系のことじゃないか。フットボールの選手がタッチダウンの後に互いをたたきあうだろ。(ロスのお尻を叩く)

Rachel: You know, I don’t understand guys, I mean I-I would never congratulate Monica on a great stew by you know, grabbing her boob.
 私にはわからないわ。たとえモニカがすばらしいシチューを作って褒めたくても、モニカのおっぱいつかんだりしないわ。

Chandler: Yeah, I know, for a really great stew you just you know, stick your head in between them.
 そうだな。本当に素晴らしいシチューだった場合は、頭をおっぱいの間に突っ込むよな。

Monica: Okay, can we please go eat?
 さぁ、食事に行きましょ。

Joey: Yeah. What are we getting?
 ああ。何を食べる?

Monica: Anything but stew.
 シチュー以外なら何でも。

Ross: All right so, Chandler, from now on, don’t give your boss a chance to get you. You know, just ah, don’t turn your back to him.
 チャンドラー、これからは、上司にチャンスを与えるな。背中を向けないことだよ。

Joey: Yeah, or you can teach him a lesson. You know? What you could do is you could rub something that smells really bad on your butt, all right? Then, when he goes to smack ya, his hand will smell. Now what could you rub on your butt that would smell bad?
 ああ。それか、身をもって学ばせるんだよ。どうするかっていうと、なにかひどい匂いのものをお尻に塗るんだよ。それで彼が叩くと、彼の手が臭くなる。問題は、臭い匂いの何をお尻に塗るかだな。

Chandler: What if Joey was president?
 もしジョーイが大統領になったらどうなるだろう?

(フィービーとレイチェルが残る)
Phoebe: Umm, hey Rach, can I ask you something?
 ねぇ、レイチ、ちょっと聞きたいんだけど。

Rachel: Yeah.
 なに?

Phoebe: Okay, you can totally say no, but umm, would it be okay with you if I set Ross up on a date?
 気にせず断っていいからね。ロスに女の子紹介してもいい?

Rachel: Oh, ah with who?
 あら。誰を?

Phoebe: Umm, my friend, Bonnie. She just always thought Ross was really cute, and now that you two aren’t together, she asked if I could set it up, but if you’re not cool with it...
 私の友達のボニー。彼女いつもロスをキュートだなって言ってたんだけど、もうつきあってないってことで、紹介してくれないかっていうの。でもあなたがイヤなら・・

Rachel: Oh-oh-oh, which one is Bonnie again?
 ボニーってどんな子だったっけ?

Phoebe: You remember her from my birthday party two years ago. She’s yeah, like, average height, medium build, bald...
 2年前の私の誕生日に来た子よ。彼女は・・普通の身長で、普通の体型で、坊主頭で・・。

Rachel: Oh! That’s fine.
 ああ! いいわよ。

Phoebe: Great! Okay, good for you!
 よかった! よく言ったじゃん!(レイチェルのお尻を叩く)

《ピートのジム》

Hoshi: You are iron. You are steel! Let me ask you something, how come when I call your computer support line, I have to wait an hour and a half?
 おまえは鉄だ! おまえは鋼鉄だ! 聞きたいんだけど、君のところのコンピュータ・サポート・ラインの電話、どうして1時間半も待たされるんだ?

Pete: I told you, we’re adding new operators all the time. Could we concentrate on my training?
 言ってるだろ。新しいオペレーターを次々に増やしてるんだよ。トレーニングに集中してくれないか?

Hoshi: It’s just hard when I know I have e-mail I can’t get!
 来てるとわかってるメールが受け取れないって大変なんだよ!

(モニカが来る)
Monica: Hi!
 ハーイ!

Pete: Monica! Hi, honey.
 モニカ! やぁ。

Hoshi: All right, on the table. On the table.
 よし、テーブルに乗って。テーブルに。

Monica: Hey, umm, so listen umm, my friends were telling me a little about this ah, ultimate fighting thing and it, well it sounds really dangerous. I-I don’t want you to get hurt, ‘cause I kinda like you.
 ねぇ、聞いて。友達が、そのウルティメット・ファイティングについて言ってたんだけど、すごく危険そうじゃない。あなたに怪我してほしくないわ。あなたが好きって感じだから。。

Pete: Oh, believe me, I don’t want to get hurt either. I’m being smart about this. See these guys? They’re the best trainers in the world. And Hoshi here used to be a paid assassin. . . A house painter! He used to be a house painter.
 ああ、大丈夫、僕だって怪我はしたくないよ。その点は賢くやってるんだ。この人達を見て。世界一のトレーナー達なんだ。そしてこのホーチーは元殺し屋だった。(ホーチーが中国語で怒る)塗装業! 以前は塗装業だったんだ。

Monica: Promise me you’ll be careful.
 約束して。気をつけるって。

Pete: I promise.
 約束するよ。

Monica: Hey, are we still on for tonight?
 今夜のデートはありよね?

Pete: Yeah.
 ああ。

Monica: Okay, good, ‘cause umm, well maybe we could have a little workout of our own...
 よかった。私たちの運動をしたいから。

Hoshi: No! No boom-boom before big fight!
 ダメ! 試合の前はブンブン禁止!

Monica: How ‘bout just a boom?
 じゃあ「ブン」だけなら?

《セントラルパーク:フィービーとボニー:レイチェルが来る》

Rachel: Well, that was depressing, I think I just bought a soft pretzel from one of the kids from Fame. Ready to go to the movies?
 ねぇ、気の滅入る話よ。プレッツェル買ったんだけど、屋台の子はフェームに出てた子だわ。もう映画行ける?

フェーム = スターを夢見る若者の映画)

Phoebe: Um-hmm. Oh wait! This is Bonnie.
 ええ。あっ、待って。この子がボニーよ。

Bonnie: Hi!
 ハーイ!

Rachel: This is Bonnie? . . This is Bonnie? . . You’re Bonnie?
 この子がボニー? この子がボニー? あなたがボニー?

Bonnie: I can show you an ID if you want?
 もしご希望ならID見せましょうか?

Rachel: Oh no, I’m sorry, you look a lot different from the last time I saw you.
 いえ、いいの。ごめんなさい。前に会った時と全然違うから。

Bonnie: Oh yeah, well I just started wearing bras again.
 ああ、私ブラをつけ始めたからね。

Rachel: Oh, that must be it.
 ああ、そのせいね。

Phoebe: Well, I hope you have fun tonight.
 (ボニーに)じゃ、今夜、楽しんでね。(2人出ていく)

Bonnie: Thanks! You too.
 ありがと! あなたもね!

《セントラルパーク前》

Rachel: You said she was bald.
 彼女坊主頭って言ったじゃないの!

Phoebe: Yeah, she was bald, she’s not now.
 ええ。彼女は坊主頭だったけど、今は違うわね。

Rachel: How could you not tell me that she has hair?
 彼女今は毛があるってどうして言ってくれなかったの?

Phoebe: I don’t know, I hardly ever say that about people.
 どうしてって・・私人のことほとんど言わないもの。

Rachel: Ohh, well, this is just perfect!
 ああ、もう完璧じゃないの!

Phoebe: Well, I’m sorry, I thought you said it was okay.
 ごめんね。いいって言ったと思ったんだけど。

Rachel: Yeah, I said what was okay when I thought she was some weird bald chick. I mean, you know, that girl has hair got all over head!
 そりゃ、坊主頭の変な子だと思うからオーケーって言ったのよ。頭じゅうに毛があるじゃないの!

Phoebe: Well, maybe it won’t work out. Maybe Ross won’t like her personality.
 でもまぁ、うまくいかないかもよ。ロスは彼女の性格を好きにならないかも。

Rachel: Why, does she have a bad personality?
 そう、彼女性格悪いの?

Phoebe: Oh no, Bonnie’s the best!
 いえいえ、ボニーは最高よ!

《チャンドラーの会社》

Doug: Bing! Read your CompuTech proposal, a real home run. . . Ooh. Barely got you that time, get over here! Come on. . . Oh yeah! Good one. That was a good one. Keep at it, team.
 ビング! 君のコンプ・テックの提案書を読んだぞ。あれはいい。(お尻を叩こうとするが逃げられる)おっ、かすったぞ。ここへ来い! よーし!(お尻を叩く) よし、いいぞ。この調子でいってくれ、チームの諸君。(立ち去る)

Chandler: What is with him?
 (同僚に)彼どうなってる?

Phil: With him? You’re is favorite. You’re his guy!
 どうって? 彼は君が好きなんだよ。君はお気に入りだよ!

Stevens: We never get smacked.
 僕らは叩かれたことがない。

Chandler: Well, that’s not true. He smacked you once.
 それは違うだろ。一度君を叩いてた。

Phil: Not on purpose, he ricocheted off you and got me.
 わざとじゃない。君を叩いて跳ね返っただけだ。

Stevens: I’m telling you, I need some smacks. I got a kid starting Dartmouth in the fall.
 ほんと、僕も叩かれたいよ。子供がダートマスに行くんだ。

Doug: Dartmouth? Who went to Dartmouth? Dartmouth sucks. You go to Dartmouth, Bing?
 (再び登場)ダートマス? 誰がダートマスへ行くんだ? ダートマスはつまらん。おまえダートマス行くか、ビング?

Chandler: No, sir.
 いいえ。

Doug: There you go.
 ほらな!(お尻を叩く)

《ウルティメット・ファイティング会場》

Ross: Hey!
 ヘイ!(ポップコーンとドリンクの大きなカップを持っている)

Monica: God, Ross, what is that?
 まぁ、ロス、それなに?

Ross: Yeah, it’s the Ultimate Fighting Combo. Yeah, I saved thirty cents, plus I get to keep the cup. Yay!!
 ウルティメット・ファイティング・コンボだよ。セットで30セント安くなって、カップはもらえる。イエーイ!

Announcer: From New York City, New York! Appearing in his Ultimate Fighting Championship debut! He’s known for his confrontational business style. Ladies and Gentlemen, introducing Pete Becker!!
 ニューヨーク州、ニューヨーク・シティから、ウルティメット・ファイティング・チャンピオンシップにデビュー! 立ち向かっていくビジネススタイルで知られています、みなさん、紹介しましょう、ピート・ベッカー!!!

(ピート入場)

Monica: I love you, Pete!!!
 愛してるわ、ピート!

Announcer: And his opponent, from Huntington Beach, California! He’s a 300 pound street fighter, Tank Abbott!!!!
 対するは、カルフォルニア州ハンティントンビーチから! 300パウンドのストリートファイター、タンク・アボット!!!

Monica: Pete! Pete!! That guy’s pretty huge!
 ピート! ピート!! 相手は大男じゃないの!

Pete: Don’t worry, Hoshi taught me how to use an opponent’s strength and weight against him.
 心配しないで。ホーチーは相手の強さと体重を利用する方法を教えてくれた。

Ross: Well, then that guy is in serious, serious trouble. All right! You go get him! Let’s go!
 そういうことなら、あの男は重大な重大な問題に直面することになるぞ。よし、やっつけろ! 行こう!

Referee: Here we go, gentlemen, here we go! . . Are you ready? . . . Are you ready? . . . Let’s get it on!!
 さぁ行くぞ、ジェントルマン、行くぞ! (タンク・アボットに)用意はいいか?(ピートに)用意はいい? では試合開始!!

(ピートはあっさりかつぎ上げられ、リングフェンスに押しつけられる)
Pete: Uh-oh.
 おっと!

《試合会場。破れたピートに歩み寄るモニカ》

Monica: Hey! It’s me. Monica! Can I just tell you how proud I am of you.
 ヘイ! 私よ。モ・ニ・カ! 言わせて、あなたを誇りに思うわ。

Pete: It would be nice after hearing 20,000 people chant “You suck!”
 2万人もの人に「へたれ」って叫ばれた後でそう聞くとうれしいね。

Monica: I mean, I-I thought you were nuts at first, but you-you did it. And now you can just look back at this thing with no regrets.
 最初はどうかしてると思ったけど、でもやり遂げたわね。これで後悔なく振り返ることができるわ。

Pete: What, look back?
 振り返る?

Monica: Well, you’re not gonna get going, are you?
 まだ続ける気ではないわよね?

Pete: Well, let me ask you a question. Am I the Ultimate Fighting Champion?
 じゃあちょっと聞くけど、僕はウルティメット・ファイティング・チャンピオン?

Monica: Well, no. But...
 いえ、違うけど・・

Pete: Well, I’m not gonna stop until I’m the Ultimate Fighting Champion.
 僕はウルティメット・ファイティング・チャンピオンになるまではやめない。

Monica: That guy stood on your neck until you passed out!
 あの男は、あなたが気を失うまであなたの首の上に立ってたのよ!

Pete: Let me tell you a story. When I set out to create Moss 865, do you think it just happened overnight? No. There was Moss 1, that burnt down my Dad’s garage, there was Moss 2 that would only schedule appointments in January, and 862 others that I learned from, just like I learned from this fight, never to let a guy stand on my neck.
 聞いてくれ。Moss 865を作ろうとしたとき、一晩でできたか? 違う。Moss 1は父のガレージを燃やしてしまった。Moss 2は1月の予定を入れられただけ。そしてほかの862 の失敗から、この試合と同じく、首根っこをつかまれて自由を奪われてはいけないと学んだんだ。

Monica: You didn’t know that already?
 それ知らなかったの?

Pete: Look, I’m gonna get better. Okay? I promise you.
 ね、もっと強くなるから。いい? 約束する。

Monica: Okay, just get a lot better. Fast.
 わかった。うんと強くなって。早くね。

Pete: Oh, one other thing. Hoshi thinks that you being ringside may have affected my concentration.
 それからもう一つ。ホーチーは、君がリングサイドにいて僕の集中の妨げになっているそうだ。

Monica: Yeah. That was the problem.
 ええ。それ問題だったわよね。

《モニカ達の部屋のバルコニー》

Monica: Hey.
 ハーイ。

Ross: Hey! How long until Pete’s fight?
 やぁ。ピートの試合もうすぐ?

Monica: Oh, about five minutes. Right now they’re interviewing his opponent. Apparently he trains by going to Iran and pulling the arms off thieves.
 あと5分くらいかしら。いまは相手のインタビューよ。イランに行って泥棒の腕を引き抜くための練習をしてるんですって。

Ross: Hot dog?
 ホットドッグは?

Monica: Four, please. I’m really nervous. Thank you.
 4つちょうだい。ほんとに不安なの。ありがと。

Phoebe: So Ross, how umm, how did it go with Bonnie?
 それで、ロス、ボニーとどうだった?

Ross: Oh! I gotta tell you, I-I wasn’t expecting to like her at all, I mean, I actually wasn’t expecting to like anyone right now, but she’s really terrific.
 ああ、そうそう、彼女を好きになるとは思ってなかったんだけど、実際、今は誰も好きにならないと思ってたんだけど、でも彼女最高だね。

Phoebe: Ohh, that’s too bad!
 あらー。残念だわ。

Ross: No, I-I’m saying I liked her.
 いや、彼女が気に入ったって言ってるんだよ。

Phoebe: Yeah, you know what, there are other fish in the sea.
 ええ。世の中には女はいっぱいいるわ。

Ross: Pheebs, I think she’s great. Okay? We’re going out again.
 フィーブス、彼女は素敵だと思うよ。いい? またデートするんだ。

Phoebe: Okay, I hear you! Are you capable of talking about any thing else?
 わかった、聞いてるわよ。ほかのことも話せないわけ?

Chandler: Hey! Which one’s my turkey burger?
 やぁ! 俺のターキー・バーガーはどれ?

Ross: Ahh, the one next to my foot. Sorry.
 ああ、僕の足下のやつ。(無い)ごめん。

Joey: Hey, the fight’s starting!
 (室内から)試合が始まるぞ!

Ross: Okay, we’ll be right in. . . So ah, did your boss try to slap you again today?
 わかった。今行くよ。(チャンドラーに)それで、上司は今日もまたお尻叩いてきた?

Chandler: Nine times! Okay, I had to put on lotion! But, it’s gonna be okay, because as of tomorrow I’m conducting an experiment, and if all goes as planned, my butt will be smack free.
 9回も! もうローション塗らないといけないよ。でも、これからは大丈夫。明日ある実験をしてみるよ。それが計画通りにいけば、もう叩かれないはずだ。

Joey: Fight’s over!
 (室内から)試合終了!

《チャンドラーの会社》

Chandler: Excuse me, Doug? . . . Hey there, sports fan!!
 失礼します、ダグ?(気づかれない)ヘイ! スポーツファン!!

Doug: Bing! You got those numbers for me?
 ビング! 計算書は出してくれたかね?

Chandler: No, I ah, I didn’t do them.
 いえ。やりませんでした。

Doug: Oh, you forgot?
 え、忘れたのかね?

Chandler: No, no I just ah, didn’t do them. Instead, I ah, hung out with some friends and had a couple of beers so I certainly don’t deserve any praise, verbal or otherwise.
 いえ。ただやらなかったんです。友人と遊んで、ビールを飲んでました。だからお褒めいただくことはないです。言葉でも・・それ以外でも・・。

Doug: Well, I got tanked myself last night. Pretty dicey drive home, Tappan Zee Bridge never looked smaller. . . That’s okay, you’re still my number one guy! (slaps him on the butt) Bing!
 そうか、私も昨日はしこたま飲んだよ。運転して帰るのは危なかったよ。タッパン・ジー・ブリッジがあんあに小さく見えたことはないね。いいさ。君はそれでも私のNo.1だ、(お尻を叩く)ビング!

tappanzee.jpgタッパン・ジー・ブリッジ

Chandler: Doug!!
 ダグ!

Doug: Hmm.
 んん?

Chandler: I’m a little bit uncomfortable with the that way you express yourself.
 私はあなたのその表現にちょっと困っておりまして。

Doug: Oh, is it the swearing? I mean, is it the constant swearing? Because I gotta tell you, if it is, you can just... kiss my ass!
 ああ、ののしることかね? いつもののしることだろ? だったら言うけどな、俺のケツにキスしやがれ!(笑)

Chandler: No, no. It-it’s not about the swearing, it’s more about ah, the way, that you ah, occasionally, concentrate, your enthusiasm on my buttocks.
 いえいえ、ののしることじゃないんです。その、時々ですね、あなたの熱意を注がれることがですよ、私のお尻に、

Doug: Oh?
 ああ?

Chandler: Oh, and don’t get me wrong, I appreciate the sentiment. It’s just that I, I have a rather, sensitive posterior, and ah, besides, it’s making all the other guys jealous.
 いや、誤解しないでください、お気持ちはありがたいんです。でも、どちらかというと、後ろの方が敏感でして、それに、ほかの連中がおもしろくないようですし。

Doug: Well, say no more. You know, it takes guts to bring this up. Bing! You’re okay.
 そうか。もう言うな。言うのは大変だったろ。ビング! 大丈夫だ!

Chandler: Okay.
 はい。(出て行こうとする)

Doug: Ha! Ahhhhhhh!
 ハッ!!(叩くふり)あああ!(笑う)

Chandler: Ahhhhh!
 あああ!(出て行く)

《セントラルパークの前》

Phoebe: Okay. Would you rather live in the shirt pocket of a sweaty giant, or inside his shower drain?
 汗っかきのジャイアントのシャツのポケットか、彼のシャワーの排水口の中かどっちに住む?

Rachel: Oh, my God! Phoebe, look, it’s Ross and that girl.
 (セントラルパーク内を見て)オーマイゴッド! フィービー、見て! ロスと彼女よ。

Phoebe: No! No! Look at that! It’s a line of ants! They’re working as a team!
 ダメダメ! こっち見て! アリの列よ! チームワークよ!

Rachel: Phoebe!
 フィービー!(店内を見る)

Phoebe: Right, oh yeah. Wow, oh, it looks like Ross is breaking up with her. Uff, I hope he lets her down easy. Let’s go.
 そうね。ああほんと。ワオ。ロスは彼女と別れようとしてるみたいね。ああ、優しくやってくれるといいけど。いきましょ。

Rachel: Come on, Phoebe, look at that! They are not breaking up, look at them. Okay, that’s, you know what that is? That is a, that is a second date, that’s what that is! Look at that, she just put her hand on his thigh...
 なによ。フィービー、見てったら。別れようとなんてしてないわ。ねぇ、あれわかる? あれは2度目のデートよ。そうだわ。ねぇ見て。彼女彼のふとももに手を置いたわ。

Phoebe: Oh, no! That really is nothing, she is very sexually aggressive.
 あら、あんなの何でもないわよ。彼女はセックスには本当に積極的なのよ。

Rachel: Ohh! Phoebe, this is all your fault! Now he loves her, he’s gonna marry her, and this is all your fault.
 ああっ!! フィービー、あなたのせいよ! 彼は彼女を好きになって、結婚して、そうしたらあなたのせいよ!

Phoebe: You said it was okay!
 いいって言ったじゃない!

Rachel: You said she was bald!!
 坊主頭って言ったじゃない!

Phoebe: Was!! was, was, was, was, was!!
 だった! だった、だった、だった、だった、だった!

Rachel: Phoebe, we can’t, we just can’t just let it happen! Okay, we have to do something! We have to break them up! Okay? Just go in there and like, shave her head! You owe me one bald girl!!
 フィービー、だめよ、そうはさせないわ。いい? 何かしなくちゃ。別れさせるのよ! いい? 入っていって・・・彼女の頭を剃るのよ! あなた私に坊主頭の責任があるわよ!

Phoebe: Okay, first of all, breathe. Second of all, I don’t get it. Aren’t you the one that decided that you didn’t want to be with Ross?
 いい? まず第一に、深呼吸して。第二に、わからないわ。ロスとつきあうのをやめたのはあなたじゃない?

Rachel: Yes.
 そうよ。

Phoebe: Well, isn’t he your friend? Don’t you want him to be happy?
 じゃあ彼はあなたの友達じゃないの? 幸せになってほしくないの?

Rachel: Yes.
 なってほしい。

Phoebe: So?
 それで?

Rachel: I just you know, I didn’t expect him to be this happy so soon. Ufff. Ooo-ooh!
 ただ・・こんなのは予期してなかったわ。こんなに幸せに、こんなにすぐなるなんて。(歩道に座る)

Phoebe: . . . . Oh, no.
 (並んで座る)あ、いけない!

Rachel: What?
 なに?

Phoebe: Oh, we killed them all.
 まぁ、みんな殺しちゃったわ。

Rachel: Oh!
 まぁ!(2人立ち上がってお尻を振り払う)

《ピートのジム:ピートは体じゅうギプス》

Pete: It’s okay, it’s not as bad as it looks, it’s a precaution. Ah, I’m not supposed to move my spine.
 大丈夫だよ。見た目ほど悪くないんだ。念のためでね。背骨を動かしてはいけないんだ。

Monica: Please tell me you’re stopping now.
 お願い、もうやめるって言って。

Pete: I’m fine! I’d fight tonight, if they’d let me. See, this circle I’m marking off here? This is my Zone of Terror.
 大丈夫だよ! 今日だって、許してくれれば出場したかった。(体を回す)ほら、この輪があるだろ、これが僕の恐怖ゾーンだ。

Monica: You are insane! You-you gotta give this up!
 あなたどうかしてる。もうこれはやめないと!
 
Pete: I can’t until I’m the ultimate fighter. I will do it. I’m telling you, the day will come when children will argue over who will win a fight, me or Superman. Now, I’m not saying I could beat Superman, but you know, kids are stupid.
 ウルティメット・ファイターになるまではやめない。続けるよ。子供達が、僕がスーパーマンかどっちが強いか言い争う日がいつか来る。いや、僕がスーパーマンに勝つとは言わないが、ほら、子供ってバカだから。

Monica: Sit down. All right? Please, just listen to me. You are terrible at this! Okay? You are the worst ultimate fighter ever! Ever!!
 座って。いい? お願いだから聞いて。あなたはこの格闘技ぜんぜんダメよ。いい? あなたはウルティメット・ファイターとして最低よ。最低!

Pete: You know I have a torn rotator cuff, a hairline fracture in my right forearm, and a severely bruised Adam’s Apple, but that really hurt.
 回旋腱板ってやつが裂けてて、右の二の腕にヒビが入っていて、のど仏はひどいアザだが、でも今のはきつかった。

Monica: Well then, you know what? I care about you too much to watch you hurt yourself like this. So if you have to do this, then you’re gonna have to do it without me.
 それじゃ・・ねぇ聞いて。あなたが好きだもの、こんなふうに痛めつけてるあなたを見てられない。もしこれを続けるというなら、私なしでやっていって。

Pete: Well, if you’re asking me to quit, then you’re asking me to be someone I’m not. I’ve got to do this.
 僕にこれをやめろというなら、別の人になれというのと同じなんだ。これはやめられない。

Monica: Then I’ve gotta go. Bye.
 じゃあもう行くわ。さよなら。(キスをして出て行く)

Pete: Monica?
 モニカ?

Monica: Yes?
 なに?

Pete: Could you leave a note? ‘Cause I’m on a lot of pain killers now, and I don’t know if I’ll remember this tomorrow.
 メモ残しておいてくれる? 痛み止めをいっぱい飲んでいるから、明日このことを覚えてるかわからないよ。

《チャンドラーの会社:ミーティング》

Doug: So, in conclusion, the lines all go up, so I’m happy. Great job team! Tomorrow at 8:30. . . Phil! Nice job. . . Stevens! Way to go! . . . Goldberg, you maniac! I love ya! . . Bing! Good job, couldn’t have done it without you.
 というわけで、結果として、(グラフの)ラインは上向き、私は幸せと。よくやったぞ、みんな! 明日も8時半だ。(みんな部屋を出る)フィル! よくやったな!(お尻を叩く)スティーブンス! この調子だぞ!(お尻を叩く)ゴールドバーグ、このマニアックめ、愛してるぞ! (お尻を叩く)ビング、よくやったな! 君なしではできなかったことだ。(握手)

Chandler: Thank you, sir.
 ありがとうございます。

Stevens: Oh, excuse me. I forgot my briefcase, you know, by accident.
 (戻ってきて)失礼します。ブリーフケースを忘れたもので。ついうっかり。

Doug: Of course, you did. Forgot something else too, you bastard! . . . Well, what about you? You’re not feeling left out or anything are you?
 もちろんうっかりだな! ほかにも忘れてるんじゃないか?この野郎!(お尻を叩く)(チャンドラーに)さて、おまえはどうだ? 何か取り残された感じか?

Chandler: No. No, not at all, that’s-that’s ridiculous.
 いえいえ。そんなことありません。そんなバカな。

Doug: Everybody else got one, and you want one too. Don’t you?
 みんなやられてるんだ、おまえもやってほしいんだろ、な?

Chandler: Ye-ye-yeah, yes, I do!
 え、ええ、はいそうです!

Doug: Now get on out of here, you! (smacks him on the butt)
 さぁ、これでどうだ、ほら!(お尻を叩く)

《モニカ達の部屋:みんあピートの試合を見ている》

TV Announcer: Pete Becker is circling the ring now. It looks like, he’s just trying to feel him out. Oh, Bruiser is just...
 ピート・ベッカーはリングを回っております。次の手を探っているようです。おおっ! ブルーザーが・・

Chandler: Run! Run you crazy, rich freak!
 逃げろ! 逃げろ! このおかしな金持ち野郎!

Rachel: Oh, I can’t watch this.
 ああ、もう見てられない。

Joey: Check it out, he’s winning! Pete’s winning!
 見て見て! 彼が勝つぞ、ピートが勝つ!

Monica: Really?!
 ほんと?

Joey: No-o-o!!
 うそだよ!

TV Announcer: Uh-oh, Bruiser has Becker on the canvas and is going for his favorite area.
 おっと! ブルーザーはベッカーをマットに沈め、お気に入りの場所を攻めております。

All: Oh! Oh!
 うわっ! うわっ!!

Phoebe: Wait, if that’s his favorite area, why is he being so mean to it?
 待って、お気に入りなら、どうして意地悪するの?

Ross: Well, this is ironic. Of your last two boyfriends, Richard didn’t want to have kids, and from the looks of it, now Pete can’t.
 これは皮肉だね。君の最近のボーイフレンドのうちリチャードは子供がほしくなくて、そして今見た感じだと、ピートは子供持てそうにないよ。

All: Ohh!!
 (テレビを指差して)うわーっ!!



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 19:21| Comment(0) | Season3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月20日

3-23 The One With Ross's Thing

3-23 ロスのアレの話

 ☆フィービーはどっちも好き!☆

《チャンドラー達の部屋》

Joey: Hey, wouldn't be cool if our duck and chick had a little baby? We could call it Chuck.
 ダックとチックに子供ができたらいいよな。チャックって名前にするんだ。

Chandler: Or... Dick.
 それか、ディック。

(ロスが来る)
Ross: Hey.
 やぁ・・

Chandler and Joey: Hey.
 おお。

Ross: Listen, I-I need a favor. Umm, I was in the shower, and as I was cleansing myself, I ah, I-I, well, I felt something.
 聞いてくれ。頼みがあるんだ。シャワーを浴びて、体を洗っていたら・・何か感じたんだ。

Chandler: Was it like a sneeze only better?
 くしゃみみたいでそれよりいいやつ?

Ross: No, no, I mean, like, a thing on my body.
 違う違う。体に何かあるんだ。

Joey: What was it?
 何だ、それ?

Ross: Well, I don't know, it's-it's kinda in a place that's not... It's not visually accessible to me. And I was hoping maybe you guys could-could help me out.
 それがわからないんだ。その場所が・・僕には見えないところなんだ。それで、君たち助けてくれないかなと思って。(パンツをおろし始める)

Chandler and Joey: Whoa!!!
 うわっ!

Chandler: No!!
 やめろ!

Ross: Come on, you guys. It's no big deal!
 頼むよ君たち。大した事ないだろ。

Chandler: Whoa-hey-ah!! . . . Huh.
 わーっ! (見て)ハァ。(結局2人で覗き込む)

Ross: What is it? Is it a mole?
 なんなんだ? ほくろ?

Joey: No, it's too wrinkly to be a mole.
 ほくろにしてはシワがある。

Ross: Well, eww. What? Is it a pimple?
 え、じゃあ何? 吹き出物?

Chandler: No, it's... fancier than a pimple. Look Ross, why don't you just go see a…
 いや。吹き出物より変わってる。なぁ、ロス、見てもらった方が・・

(レイチェルが入ってくる)
Rachel: Hey guys! What's...
 ねぇ、あなた達! なに・・(絶句)

Chandler: Okay, well, it's definite, two more weeks of winter.
 そうだな。間違いなくあと2週間で冬だな。

Ross: Ahhh.
 ああ。

Joey: Yeah, right.
 そうだな。
(レイチェルは後ずさりして出て行く)

《セントラルパーク:フィービーがデート相手を連れてくる》

Phoebe: Okay, and then this is the coffee house. This is where I play my music.
 ここがコーヒーハウスで、私はそこで演奏するのよ。

Vince: Good deal.
 そりゃいいね。

Phoebe: Yeah, and these are my friends. People, this is Vince, Vince, the people.
 ええ。そしてこちらが私の友達。みんな、こちらヴィンス。ヴィンス、こちらみんな。

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Chandler: Hey!
 やぁ!

Vince: Hey!
 どうも!

Phoebe: Vince is a fireman.
 ヴィンスは消防士なの。

Rachel: Wow! Have you ever rescued anyone from a burning building before?
 ワオ! 燃えるビルから人を救ったことあるの?

Vince: 98 hot saves, highest in the force.
 98人。署で一番なんだ。

Chandler: Well, you know, if Joey and I played with matches we could get you up to an even hundred.
 それじゃ、ジョーイと俺が火遊びしたら、100人ちょうどにしてあげられるね。

Vince: Fire safety is not a joke, son.
 火元保全は笑い事じゃないよ、きみ。

Chandler: You're right, I know.
 その通りです、ハイ。

Vince: Look, I gotta go. I'm on call tonight. See you Saturday.
 (フィービーに)ね、もう行かなくちゃ。今夜は出勤なんだ。(キス)土曜日にね(去る)

Phoebe: Okay.
 わかった。

Rachel: Wow, he's cute, Pheebs! But I thought you just started dating that Kindergarten teacher.
 ワオ。キュートね、フィーブス! でもあなた幼稚園の先生とデートしてたんじゃなかった?

Phoebe: Oh, Jason? Yeah, uh-huh, we're seeing each other tonight.
 ああ、ジェイソン? ええ、彼とは今夜会うわよ。

Rachel: What-Pheebs?! Two dates in one day? That's so unlike you.
 なに、フィーブス?! 一日に2人とデート? あなたらしくないわね。

Phoebe: I know, I know! I'm like playing the field. You know? Like, juggling two guys, I'm sowing my wild oats. You know? This kind of like, you know, oat-sowing, field-playing juggler.
 そうなのよ! なんか遊んでるって感じ? 男2人を手玉に取ってって感じ? 遊びまくってるのよ。ね? はめを外して遊んでる手玉取りみたいな。

Joey: So Pheebs, do they know about each other?
 それでフィーブス、彼等はそのこと知ってるの?

Phoebe: Does a dog's lips move when he reads? . . . Okay, no they don't.
 犬が何か読む時クチビル動く? (みんなわけわからない顔なので) いいえ、知らないわ。

(ロスが来る)
Ross: Hey guys!
 やぁ、みんな!

Joey: Hey.
 やぁ。

Rachel: Hi!
 ハーイ。

(ロス、ジョーイとチャンドラーはカウンターへ)
Joey: Well?!
 それで?

Chandler: Okay, how'd it go at the doctor's?
 医者行ってどうだった?

Ross: Well, he said there's definitely nothing to worry about, it's totally benign.
 それが、ぜんぜん心配することはないっていうんだ。良性のものだって。

Joey: What is it?!
 何なんだ?

Ross: He couldn't even tell me! He said it was just some sort of skin abnormality. And the worst thing is he said, he said, without being able to identify it, he was reluctant to remove it.
 彼にもわからないんだ! 皮膚の異常だって言うんだ。最悪なのは、何かわからない以上、切り取るのはいやだと言うんだ。

Chandler: You know what? You should go to my guy. Because when I went in there with my third nipple, he just lopped it right off. You know? So I guess I'm lucky. I mean not as lucky as people who were born with two nipples.
 それじゃあさ、俺が行ったとこへ行けよ。俺の3つ目の乳首の時、あっさり切り取ってくれたからな。運がよかったよ。ま、もともと乳首が2つの人ほどじゃないけどな。

Ross: At least they knew what yours was. You know? Yours had a name.
 少なくともおまえの場合は何かわかってるよな。名前がある。

Joey: Oh! Maybe they'll name yours after you! You know, they'll call it, The Ross. And then people would be like, "Awww, he's got a Ross."
 そうだ。おまえの名前をつけられるかもしれないぞ。な、ロスって名前になるんだ。それでみんな、こんな感じだ。「ああ、やつにはロスができちゃったんだって」

Ross: Yeah, that'd be cool!
 ああ・・それはいいね。

(カウチの方ではモニカが店の奥から戻ってくる)
Monica: Pete's breaking up with me.
 ピートが私と別れる気よ。

All: What?!
 えっ?!

Monica: I just checked my messages, and he said that when he gets back from Atlanta, we need to talk.
 留守電チェックしたの。そうしたら彼が、アトランタから帰ったら話があるって。

Rachel: And?
 それで?

Monica: Well that's it. People never say `We need to talk' unless it's something bad.
 それだけよ。「話がある」なんて悪い話しかありえないわ。

Joey: Whoa, that doesn't necessarily mean that he's breaking up with you.
 いや、そんなの、別れるって話とは限らないよ。

Monica: Really?!
 そうなの?

Joey: Yeah, maybe he just cheated on you.
 ああ。もしかしたら、浮気してたって話かも。

《通り:フィービーがジェイソンとデート》

Jason: ...and I know I'll never get rich doing it, but I gotta tell you, it's pretty cool knowing that you're making a difference in a kid's life.
 この仕事で金持ちにはなれないってわかってるけど、でも子供達の人生に影響を与えているって、すごいことだよ。

Phoebe: That is so great! Oh, I... Oh, my God!
 本当にすごいわよね!ああ、私・・(車が燃え始めたのを目撃)あら大変!

Jason: Whoa!
 うわっ!

Phoebe: Oh, my God!!!
 オーマイゴッド!!

Jason: Ahh-ahh, we'd better call the fire department!
 ああっ! 消防署に電話しないと!

Phoebe: No! No!
 だめ、だめよ!

Jason: No, no?
 だめ? だめ??

Phoebe: Well, we don't need a fireman, we need, like, a good mechanic. . . Oh, my God, here they come! Well, we gotta get out of here!
 消防士は必要ないわよ・・必要なのは・・メカニックよ・・(サイレンの音)オーマイゴッド! もう来るわ! もう行きましょ!!

Jason: W-w-w-wait! Why?!
 まま・・待って、どうして?

Phoebe: Well look, if I wanted to see a fireman, I would date one. Okay?
 いい? 私が消防士に会いたいときはデートする時よ、いい?(走り去る)

《ロス、病院》

Ross: That's all it is, a third nipple. You know? Just your run-of-the-mill third nipple. You know? You can take it off. Just slice that baby right off!
 それだけのことです、3つ目の乳首。ありきたりの3つ目の乳首ですよ。ね? 取ってしまってください。さらっと取っちゃってください!

(run-of-the-mill = 普通の,(月)並みの,平凡な)

Dr. Rhodes: Take your shirt off, and let's see what we're dealing with here. . . . What are you doing?
 じゃあシャツを脱いで。それを見せていただきましょう。(ロスがパンツをおろすので)何をしてるんだ?

Ross: Just showing you my run-of-the-mill-slice-it-right-off third nipple.
 切り取られるありきたりの3つ目の乳首を見せるだけですよ。

Dr. Rhodes: Well, that's not a third nipple.
 いやそれは、3つ目の乳首じゃないな。

Ross: No?
 違う?

Dr. Rhodes: First of all, it's on your ass.
 まず第一に、それは君のお尻にある。

Ross: Well then, what is it?!
 それじゃ、何なんです?

Dr. Rhodes: Wait a minute, hold it. Johnson! Will you come in here a moment?
 待ってくれ。そのまま。(隣室に声をかける)ジョンソン! ちょっと来てくれないか?

Dr. Johnson: I'm with Hamilton!
 ハミルトンと一緒ですが。

Dr. Rhodes: He's good with weird things, bring him in too.
 彼は変なものに詳しいから、彼も連れてきて!

《セントラルパーク》

Monica: I gotta go water Pete's plants. You know what? If he's gonna break up with me, maybe I won't water his plants.
 ピートの鉢植えに水をあげに行かなくちゃ。・・ねぇ? 彼が私と別れるっていうんなら、水をあげに行くのやめようかな。

Chandler: Well, if he's gonna break up with you, maybe Joey and I should water his plants. If you know what I mean.
 そうだな。もし別れるっていうんだったら、ジョーイと俺が行って水やってこようか。意味わかるだろ?

Joey: Or, we could go over there and pee on them.
 それか、俺たちが行って、オシッコかけてくるとか。

Phoebe: I can't take it! You know? I'm just, always afraid one of them is gonna catch me with the other one. It's making me crazy.
 もうこれ以上無理よ! わかる? どっちかに見つかるんじゃないかって 怖くてしようがないのよ。もうどうかなりそう。

Rachel: Well, honey, then why don't you break up with one of them?
 それじゃあ、どちらかと別れたら?

Phoebe: Uh.
 うん。

Joey: Whoa-whoa-whoa. What ah, what happened to playing the field?
 おいおいおい。遊びまくる話はどうなったんだ?

Phoebe: Well, it just, it doesn't feel like playing anymore, it feels like work. It's like I'm working in the field.
 それがもう、遊んでるって感じじゃなくなっちゃったのよ。仕事みたい。はめを外して仕事してるみたい。

Rachel: So, Pheebs, pick one of them.
 それじゃフィーブス、どっちか選ぶのね。

Monica: Yeah. Which one do you like more?
 そうよ。どっちの方が好き?

Phoebe: Well, Vince is great, you know `cause, he's like a guy, guy. You know? He's so burly, he's so very burly.
 そうね。ヴィンスは素敵よ。彼は、男って感じ。わかる? 彼ってすごくたくましいの。彼・・とってもたくましいのよ・・

Joey: Okay, good, so there you go. Go with Vince.
 うん、いいね。じゃあそれでいいじゃん。ヴィンスでいけ。

Phoebe: Yeah, but Jason's really sensitive.
 そうね。でもジェイソンはすごく繊細なの。

Chandler: Well, sensitive is important, pick him.
 繊細なのは大事だぞ。彼にしろ。

Phoebe: Yeah.
 そうね。

Joey: Oh, sure, go with the sissy.
 そうか。じゃあ女々しい方でいけ。

Phoebe: Jason is not a sissy.
 ジェイソンは女々しくないわよ。

Joey: Oh, no-no-no-no, I meant Chandler.
 いや違う違う。チャンドラーのことだよ。

《病院のロス:大勢がロスを見に来ている》

Ross: You know, I have dinner plans!!
 あのですね、ディナーの予定があるんですけど!

Dr. Rhodes: Thank you so much for coming on such a short notice. Ladies and gentlemen, I've-I've been practicing medicine for twenty-three years, and I'm stumped.
 いきなり集まってもらって、ありがとう、みなさん。23年この分野でやってきましたが、これには参りました。(うつぶせになっているロスのブランケットを外す)

All: Whoa.
 (覗き込んで)うわぁ・・。

《ピートの部屋》

Monica: Okay, this is the den. All right, check this out. Lights! (the lights turn on automatically, but are very bright) Whoa! All right. Less lights! Bad lights! Lights go away! (they dim) Oh, see? You just need to find the right command.
 ここが彼の部屋よ。これ見て。ライト!(照明がつくがまぶしい)ワオ! レス・ライト! バッド・ライト! ライト行っちゃえ! (少し暗くなる)ほら見た? 適切なコマンドがわかればいいのよ。

Ross: Yes, and the dimmer switch.
 そうだね、(実はロスが照明を落とした)それと、このコンとロールスイッチとね。

Joey: Whoa! For a rich guy he's got, that's a pretty small TV.
 ウワ、 金持ちにしては、小さなテレビだな。

Monica: No-no-no, that's a video-phone. But hey guys, you're not supposed to be here, so please, do not touch anything.
 違うのよ。それはビデオフォンよ。でもみんな、ここに来てちゃダメなんだから、何も触らないでね。

Chandler: IKEA! This is comfortable.
 (カウチに座って)IKEA! 気持ちいいね。

(レイチェルとフィービーが別の部屋から来る)
Rachel: This place is amazing.
 ここって驚きよね。

Phoebe: God, that is the nicest kitchen.
 もう! 最高のキッチンね。

Monica: I know.
 そうなの。

Phoebe: No! But it's the nicest kitchen, the refrigerator told me to have a great day.
 そうじゃなくて! 最高に優しいキッチンよ。冷蔵庫がいい一日をって言ってくれたわ。

Joey: Look at this! A millionaire's checkbook.
 これ見ろよ! 億万長者の小切手帳だ。

Monica: Joey, put that down! (the phone rings) Oh, my God! It's Pete. Okay, get out!! How the hell do you answer a video-phone!
 ジョーイ。それ元に戻して。(電話が鳴る)あら大変。ピートよ。みんな出てって! どうやったら・・ビデオフォンに出るのかしら。(モニターつく)

Pete: Monica?
 モニカ?(みんな隠れる)

Monica: I guess that's how.
 あれでいいのね。

Pete: Hey, Monica, how's it going.
 やぁ、モニカ。元気?

Monica: Oh, it’s good! It's umm, it’s good, just here watering the plants.
 ええ、元気よ。元気。鉢植えに水あげに来たのよ。

Pete: Well, don't forget that ficus over there by Rachel.
 そう、レイチェルのそばにあるイチジクも忘れないで。

Rachel: Ahh... Chandler's on the couch!!
 ああ・・(立ち上がって)チャンドラーもカウチにいるわ!

Pete: I see him, you guys are just the worst hiders ever.
 見えるよ。君たち隠れるのこの上なくヘタだな。

All: Hey, Pete.
 やぁ、ピート。

Joey: Hi, how you doing?
 どうも。元気?

Monica: Ahh, Pete, the other day when you said you needed to talk, umm, just so I know, is it good news or bad news.
 ねぇピート。この前話があるって言ってたわね。聞いておきたいんだけど、いい話、悪い話?

Pete: Oh, it's good news. No, it's definitely good news. Hold on a second, I have another call. Hey, how's it going?
 ああ、いい話だよ。間違いなくいい話だ。ちょっと待って。他に電話が入った。やぁ、元気?

Monica: Oh, no-no-no, it's still me.
 あら、ダメよ。まだ私よ。

Pete: Ah, no it's not. I've got picture-in-picture here. . . Yeah. . . Yeah, okay. I'm gonna have to call you back later. . . Monica? You. I'm gonna have to call you back.
 あ、いや違うんだ。こっちでは2画面になってるんだ。(他の相手に)ああ。・・・そう、じゃあまたかけ直すよ。・・モニカ? 君にかけ直すよ。

Monica: Oh, oh, okay umm, so I'll see you soon.
 あっ、わかったわ。それじゃまたね。

Pete: Okay, I love you.
 わかった。愛してるよ。

Monica: I love you.
 愛してるわ。

All: I love you. We love you, too.
 愛してる! 僕らも愛してる!!

Monica: Okay. Well, it's good news. It's good news.
 よし。いい話なのね。いい話なんだわ。

Chandler: So, what do you thing the good news is?
 それじゃあ、いい話って何だろう?

Joey: Wow! Look at this! He wrote a check for 50,000 dollars to "Hugo Lindgrens Ring Design. Oh, sorry, what do you think the good news is?
 (小切手帳を見て)ワオ! 彼「ヒューゴ・リングレン・リング・デザイン」ってとこに50,000ドルの小切手切ってるよ。(みんな驚いている)・・・あ、ごめん。いい話ってなんだと思う?


Monica: Oh, my.
 まぁ・・・。

Rachel: Monica's gonna marry a millionaire!!!
 モニカが億万長者と結婚するっ!!

Ross: Hey, you gotta get Mom on the phone. Call Mom! Call Mom!
 かあさんに電話で知らせなくちゃ。かあさんに電話! かあさんに電話!

(ピートのかあさんに電話つながる)
Pete's Mom: Hello.
 もしもし。

Monica: And that's Pete's Mom.
 ピートのおかあさんよ!(全員が隠れる)

《モニカの家》

Rachel: Mon, you definitely have to make it a theme wedding, and the theme could be, “Look How Much Money We’ve Got!” You know, I mean you could put, you could put money in the invitations! You could have like little money place settings. And ah, you could start with a money salad! I mean it’ll be dry, but people will like it.
 モン、絶対テーマ・ウェディングにするべきよ。テーマは「見て!こんなにお金持ち!」ね? 招待状にお金入れるのよ! テーブルの飾りもお金にするの。お金サラダで始めるのよ。乾燥してるけど、みんな気に入るわよ!

Monica: Would you stop? We’ve only been going out a couple of weeks, I mean we don’t even know if he’s gonna propose.
 もうやめて。まだつきあって2週間よ。まだ彼がプロポーズするのかもわからないのよ。

Chandler: Yes, but this is Pete. Okay? He’s not like other people, on your first date he took you to Rome. For most guys that’s like a third or fourth date kinda thing.
 そうだけど、相手はピートだぞ。普通の人とは違う。初めてのデートでローマへ行った人だろ。普通の男にとって、そんなの3回目か4回目のデートだ。

Monica: Well, if that’s what it is, then it’s-it’s crazy.
 もしそうだとしたら、そんなのどうかしてるわよ。

Ross: Monica’s right. We’re talking about getting married here. Okay? She-she can’t just rush into this.
 モニカのいう通りだよ。結婚するって話だぞ。そんな急いでできることじゃない。

Rachel: Oh, what do you know! You married a lesbian!
 もう。あなたに何がわかるの。レズビアンと結婚した人が!

Phoebe: All right. I gotta go. I have to break up with Vince.
 さあ、もう行くわ。ヴィンスと別れなきゃ。

Chandler: Oh, so you’re going with the teacher, huh?
 ああ、じゃあ先生に決めたんだな?

Phoebe: Yeah, I like Vince a lot, you know? But, it’s just Jason’s so sensitive, you know? And in the long run, I think sensitive it’s just better than having just like a really, really, really nice body . . . Jason! Definitely Jason! Okay, wish me luck!
 ええ。ヴィンスは好きだけどね。ジェイソンはとっても繊細なのよ。長い目で見たら、繊細であるってことは、本当に本当に本当にいい体ってことよりいいのよね(ボーッと思い浮かべる)ジェイソン! ジェイソンに決まりよ! 幸運を祈ってね。

All: Good luck!
 グッドラック!

Rachel: Oh, my God!!! . . . Sorry, I was just imagining what it’d be like to catch the money bouquet.
 (突然手を挙げて叫ぶ)オーマイゴッド!!! ごめん。お金ブーケをつけとる想像しちゃった。

《消防署》

Phoebe: Excuse me. Umm, is Vince here?
 すみません、ヴィンスはいますか?

Fireman: Oh sure. Vince?!
 ああいるよ。ヴィンス!

Vince: Yo!!
 おお!(ポールを滑り降りてくる)

Phoebe: Wow! I didn’t know you guys actually used those.
 ワオ! ああいうのを使ってるとは知らなかったわ。

Vince: So, what’s up?
 何かあった?

Phoebe: Umm, wow. This-this isn’t gonna be easy. Umm, I don’t think we should see each other anymore.
 うーん・・ああ。これは簡単なことじゃないわ。。えっと・私たちもうつきあわない方がいいと思うの。

Vince: Uh-huh. G-good deal.
 ああそう・・それはいいね。

Phoebe: I’m sorry.
 ごめんなさい。

Vince: No, no it’s okay. It’s just that ah, I thought we had something pretty special here. And you know I felt like you were someone I could finally open up to. There’s so much in me I haven't share with you yet.
 いや、いいんだ。ただ僕ら2人には特別なものがあると思ってた。君には、心を開くことができると思ってたんだ。君と分かち合ってないことがまだいろいろあって・・

Phoebe: Oh, my God, I didn’t…
 オーマイゴッド・・私は・・

Vince: I’m sorry, I can’t talk. I’m gonna go write in my journal.
 (泣き出す)ごめん。話せないよ。日記に書いてくる。(立ち去る)

Phoebe: Wait-wait-wait! Wait!!
 (追いかけ)待って待って待って! 待って!

《セントラルパーク》

Phoebe: I’m telling you, if you want to take care of that thing, you should go to my herbal guy.
 だから、それをなんとかしたいなら、私の知ってる薬草の専門の人のところへ行くべきよ。

Ross: Thank you, but I want to remove it Pheebs. I don’t want to make it savory.
 ありがと。でも、僕はこれを取ってほしいんだよ、フィーブス。これをデザートにしてもらいたくない。

(savory = オードブルやデザートに出す辛口料理)

Monica: You know, when girls sleep with guys with weird things on their body, they tell their friends about it.
 ねぇ。女の子は、寝た男性に何か変な物があったってわかると、それ友達にしゃべるわよ。

Ross: Give me this.
 それちょうだい(フィービーからカードを取って立ち去る)

(レイチェルが来る)
Rachel: Hi! Okay, don’t be mad at me, but I couldn’t resist.
 ハーイ! 怒らないでね。でも買わずにいられなかったわ。

Monica: Brides magazines?
 結婚情報誌?

Rachel: Yes, and I know that you’d say no if he asked you, but I’m sorry; how great would you look walking down the aisle in this Donna Karan.
 そうよ。彼に申し込まれても断るってわかってるけど、でもごめんね。ほら、このダナ・キャランを着て結婚式ってどんなに素晴らしいか・・

Phoebe: Oh, you so would! Oh, you should get that anyway. . . Well, for clubbing.
 わぁ、いいでしょうね! ああ、とにかくもう買っちゃえば。(2人に見られて)だって、ほら、クラブに行けばいいじゃん。

Monica: It is so weird. I know what I said, but uh, this morning, I was lying in bed I was imagining what it would be like to say yes. I know it’s a little sudden, and it’s a little rushed, and it’s totally not like me to do something like this, but it doesn’t mean I can’t. Right? I mean, I’m crazy about Pete, and I know that we want the same things, and when I thought about saying yes, it made me really happy.
 すごく変な感じよ。確かにそう言ったけど、でも今朝ベッドに横になってて、イエスって言うことを想像しちゃったわ。急だってわかってるし、突然のことで全然私らしくないえkど、でも、ダメってことじゃないわよね、でしょ? だって私ピートが大好きだし、同じ物を求めてるわけよね。イエスって返事をするって考えてみたら、とても幸せだった。

Rachel: Oh, my God.
 オーマイゴッド・・。

Monica: I know. . . I need more pie.
 そうなの・・・もっとパイ食べよ。

Phoebe: Hey, Mon, if you do get married, can I bring two guests?
 ねぇ、モン。もし結婚するとしたら、私2人ゲスト連れてっていい?

Rachel: You didn’t break up with that fireman?
 消防士さんと別れなかったの?

Phoebe: No, that was my way of telling you. Well, it turns out he’s incredibly sensitive, he keeps a journal and he paints. He even showed me charcoal drawings that he drew of me.
 そうなの。これが私の報告方法よ。だって彼すごく繊細な人だったの。日記をつけてるし、絵も描くのよ。木炭画で私を描いたのを見せてくれたの!

Rachel: Wow!
 ワオ!

Phoebe: Yeah. Well, he’d prefer water colors, but you know, he has easy access to a lot of charcoal.
 そうなの。彼は水彩画の方が好きなんだけど、でもほら、彼、木炭が手に入りはすいでしょ。

Monica: So then, you're gonna dump Jason?
 それじゃ、ジェイソンと別れるのね?

Phoebe: Well, yeah, because I have to break up with someone, and…. Okay, so Jason is sensitive, but now, so’s Vince. Plus, Vince has the body, you know? So… It’s really just about the math.
 ええ、そうね。だって誰かとは別れなきゃだものね。そう。ジェイソンは繊細(指を1本立てる)、でもヴィンスもそう(もう一方の手の指を1本立てる)。そしてヴィンスはいい体。ね? (指をもう2本立てる)だから、これはもう算数の問題ね。

《ジェイソンの部屋・ノックするフィービー》

Phoebe: Jason?
 ジェイソン?

Jason: Yeah, come on in.
 ああ、入って。

(上半身裸のジェイソン。逞しいのでぼっとなるフィービー)
Jason: So Phoebe, you ah, sounded kinda serious on the phone, is ah, is anything wrong?
 それで、フィービー。電話の時なにか深刻そうだったけど、何か問題があった?

Phoebe: Nah-ha!
 いいえ!

《薬草の人のところ》

Guru Saj: You must be Ross.
 あなたがロスですね。

Ross: Hi.
 やぁ。

Guru Saj: I am Guru Saj.
 私は導師・サージです。

Ross: Listen, I got to tell you, I’ve never been to a guru before, so...
 あのですね、言っておきますけど、こういうところ初めてなんです。

Guru Saj: Well, relax. If it makes you feel better, I’ve attended some of the finest medical schools in Central America. Well then, let’s take a look at this skin abnormality of yours. Come on, have a seat. (looks at it) Eh, huh. As I suspected, it’s a kundus!
 いや落ち着いて。これを言うと気が楽になるかもしれないが、私は中央アメリカで一番の医学学校に行ったんですからね。それでは、あなたの皮膚に起きた異常というのを見てみましょう。さぁ、座って。(見る)おお。思った通り。これは、クンダスですね。

Ross: What’s a kundus?
 クンダスってなんです?

Guru Saj: I don’t know, what’s a kundus with you? . . . Please, lie down! I’ve got a salve that ought to shrink that right up.
 さぁね。あなたにとってクンダスは何ですか?(冷めた目のロス)さぁ。横になって! この軟膏ですぐ小さくなりますよ。

Ross: I guess it’s worth a try.
 試してみる価値はあるでしょ。

Guru Saj: Oh sure, we should see results−Whoa!! Clearly not the way to go!!
 ああ、そうですよ。結果を見れば・・・ウワオ! これは見るからによくない!

Ross: What?! What?!
 なに? なんです?

Guru Saj: We appear to have angered it.
 どうやら、私たちは怒らせてしまったようだ。

Ross: We?! We angered it?!
 私たち? 私たちが怒らせた?

Guru Saj: Oh, I think I see the problem. And I’m afraid we’re gonna have to use a much stronger tool. . . Love.
 ああ。問題がわかったと思いますよ。残念ながら、もっと強いツールが必要です。・・・愛です。

Ross: Oh, God!
 ああもう!!

Guru Saj: Ross, there is absolutely no way this is going to come off unless you start to…
 (患部の上の方で手をぐるぐる動かす)ロス、これは絶対取れてきませんよ、もしあなたが・・

Ross: Ow!!
 痛いっ!!

Guru Saj: Oops.
 おっと!

Ross: What was, what was that?
 何? 何ですか?

Guru Saj: Well, it’s gone.
 いや、取れましたね。

Ross: What?! How’s that?
 えっ? どうやって?

Guru Saj: It got caught on my watch.
 時計に引っかかったんですね。

Ross: Hey!
 ヘイ!(喜ぶ)

《ピートの部屋:デートから戻った2人》

Pete: Lights. . . Uh, romantic lights.
 ライト。・・・ロマンティック・ライト。

Monica: Ooh, nice.
 ああ、素敵ね。

Pete: So ah, there was this thing I wanted to talk to you about.
 それで、君に話したいっていってたことだけど。

Monica: Oh, right! I completely forgot about that.
 ああ、そうね。そのことすっかり忘れてたわ。

Pete: Well, I’ve been doing a lot of thinking, and I look at my life…
 いろいろ考えてきたんだけど、僕の人生を見て・・

Monica: Yeah?
 ええ。

Pete: And I feel like I’ve conquered the business world, and I feel like I’ve conquered the intellectual world, and now I have the most beautiful woman in the world.
 ビジネス界で成功を収めたと思う。そして、知性の分野でも成功してきた。そして今では、世界一美しい女性も手に入れた。

Monica: Wow.
 ワオ・・。

Pete: There’s one thing missing.
 一つ足りないものがある。

Monica: What’s that?
 それはなに?

Pete: It’s time for me to conquer the physical world.
 肉体的世界を征服するんだ。

Monica: Okay.
 そうなの。

Pete: Monica, I want to become the Ultimate Fighting Champion.
 モニカ、ウルティメット・ファイティング・チャンピオンになりたいんだ。

Monica: You wanna what?!
 何になりたいですって?

Pete: I want to become the Ultimate Fighting Champion! It’s the most intense physical competition in the world, it’s banned in 49 states!
 ウルティメット・ファイティング・チャンピオンになりたいんだ! 格闘界でももっとも激しいもので、49州で禁止されている。

Monica: What are you talking about?
 なんの話なの?

Pete: Okay, my trainer, Hoshi, is teaching me a combination of Jeet Kune Do and Brazilian street fighting, I’ve even had my own octagon training ring designed.
 僕のトレーナーのホーチーは、ジークンドーとブラジルのストリートファイトのコンビネーションを教えてくれている。八角形のトレーニングリングも注文で作ったんだ。

Monica: And I suppose you used a ring designer for that.
 それをリング・デザイナーに作らせたんでしょうね。

Pete: Yeah. Monica, I want you there in the front row when I win. I want you close enough to smell the blood. What do you think?
 そう。モニカ、僕が勝つところを、一番前で見ていてほしい。血の匂いがわかるほど近くにいてほしいんだ。どう?

Monica: My parents will be so happy.
 ・・・両親が喜ぶわ。

《セントラルパーク:フィービー歌っている。ヴィンスがいる》

Phoebe: “Crazy underwear, creeping up my butt. Crazy underwear, always in a rut. Crazy underwear…” . . . Oh No! What is he doing here? All right, just keep playing, just keep playing. You’ll get through this; you’ll be fine. . . . . Okay, thank you. And, as always no one talk to me after the show.
 (歌)おかしな下着、お尻をあがってくる。おかしな下着、いつもはまってる。おかしな下着・・(ジェイソンが入ってきたのを見る・・心の声)まぁ大変! 彼何をしてるの? いいわ。歌い続けるのよ。とにかく歌うの。なんとかなるわ。大丈夫よ・・(歌おうとするが言葉にならない)はい。ありがとう。いつものように、ショーの後は話しかけないでね。

Jason: Hey. I was…
 (歩み寄り)やぁ、僕・・

Phoebe: Hey!
 あらっ!

Jason: .. passing by and I saw that you were playing tonight, it’s kinda cool seeing you up there.
 通りかかって、君が演奏してるのを見たんだよ。君が歌ってるのを見るなんて素敵だよ。(キス)

Vince: Whoa! Hey-hey! What’s going on here? Who is this guy?
 うわっ! おいおい! 何してるんだ? この人だれ?

Phoebe: I don’t know, he just started kissing me. Get him! Get him, Vince!
 知らないわ。この人キスしてきたのよ。つかまえて、つかまえて、ヴィンス!

Vince: What?!
 え?

Jason: What?!
 なに?

Phoebe: Yeah, okay, I’ve been dating both of you, and it’s been really horrible. ‘Cause you know it’s been a lot of fun, for me. Umm, but I like you both, and I, and I didn’t know how to chose, so... I’m sorry, I’m just, I’m terrible, I’m a terrible person. I’m terrible.
 ええ、そう。私あなた達2人とデートしてたの。ほんとにひどいわよね。だって、私は楽しかったもの。でも、2人とも好きで、決められなかったの。ごめんなさい。私ってひどいわね。私はひどい人間よね。私ひどい。

Vince: Phoebe, Phoebe relax, it’s okay. I mean, we never said this was exclusive.
 フィービー、フィービー、落ち着いて。いいんだよ。だって、まだそんな約束をしたわけじゃないし。

Jason: Yeah, and neither did we. Give yourself a break.
 そうだよ。僕らとしてもそうだ。そんなに責めないで。

Phoebe: Really?!
 ほんと?

Jason: Yeah. I mean you know, we haven’t been going out that long. Come on, we haven’t even slept together yet. Huh.
 ああ。だって、そんな長いつきあいでもないし。ね。まだ寝てもいないんだよ。

Vince: You haven’t?
 まだなの?

Jason: You have?
 寝たの?

Phoebe: Okay, this is none of my business.
 あら、それは私関係ないわ。(離れる)

Jason: I-I can’t believe this! You-you’ve slept with him?!
 信じられないよ! 彼と寝たの?

Phoebe: Well, I made you a candle light dinner in the park.
 でも私あなたとは公園でキャンドルライトのディナーをしたわ。

Jason: You know Phoebe, I’m gonna make this real easy for you.
 フィービー、これは、僕が簡単にしてあげるよ。(出て行く)

Phoebe: Well, that could’ve been really awkward.
 (ヴィンスに)まぁこれは、気まずいわよね。

Vince: You made him a candle light dinner in the park?
 彼と公園でキャンドルライトのディナー?

Phoebe: Yeah, but I-I-I-I can do that for you, I’m gonna do that for you.
 ええ。でも、あなたともそうするわ。あなたのためにしましょう。

Vince: Uh yeah, I can’t believe I ever went out with somebody who would actually have an open flame in the middle of a wooded area.
 ああ。もう信じられないよ。木のあるところで火を使うような人と僕はデートしてたなんて。(出て行く)

《薬草の導師のところ》

Chandler: Everything’s gonna be all right. Okay, Dick?
 (アヒルをなだめる)なにもかもうまくいくからね、いい? ディック?

Guru Saj: Hello, I am Guru Saj. . . Whoa!! . . That’s supposed to be a duck right? ‘Cause otherwise, this is way out of my league.
 こんにちは、私は導師サージ・・うわっ! あれはアヒルですよね? そうでなかったら、とうてい手に負えませんから。

Joey: Yeah, yeah. He’s got a, he’s got a really bad cough, and our vet, he can’t do anything about it. Is there something you can do?
 そうですよ。この子ひどい咳をするんですよ。うちの獣医は、何もできないっていうんです。何かできることあります?

Guru Saj: Hmm, let me see. Let me see. Do you think you could get him to eat a bat?
 そうね・・どうかな。どうかな。。この子にコウモリを食べさせることできます?

(ダックは羽をバタつかせる)


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村
英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 15:33| Comment(0) | Season3 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。