2013年12月31日

10-15 The One Where Estelle Dies

10-15 エステルが亡くなる話

 ☆ジョーイに教えるな☆

《モニカ達の部屋:前回の続き》

Jennifer: Previously on Friends...
 前回のフレンズ・・

Chandler: How did the job stuff go?
 仕事の件はどうだった?

Rachel: He offered me one.
 紹介されたわ。

Ross: You know what? This calls for a bottle of Israel’s finest.
 ねぇ、イスラエルの一番いいシャンパンにしよう。

Rachel: The job is in Paris.
 仕事はパリなの。

(みんなショックを受けて沈黙)

Rachel: Oh, God! Please, somebody say something.
 ああ、お願い、誰か何とか言って。

Ross: So, if you take this job, you'll be moving to Paris?
 それじゃ、その仕事を受けたら、パリへ行っちゃうの?

Chandler: Or facing a bitch of a commute.
 でなきゃとんでもない通勤だ。

Rachel: I know, it's huge, and it's scary, and it's... really far, far away from you guys. But this is such an incredible opportunity for me. And I've already talked to them about our situation with Emma, and they said they'll do whatever we need to make us feel comfortable.
 そうなの。おおごとだわ。怖いし、あなた達から遠く離れちゃうわ。でも、私にとってすごいチャンスなの。エマのことについてはもう話したんだけど、それについては望み通りにしてくれるって。

Ross: Okay.
 そうか。

Rachel: I mean, I'll fly back and forth, they'll fly you out. Anything we want.
 私も帰って来られるし、あなたも来ることができるわ。望み通りよ。

Chandler: My boss said I might be getting a new lamp in my cubicle.
 俺の上司が、俺の小部屋に新しいランプくれるって言った。

Ross: All right. We'll work it out.
 そうか。なんとかなるよね。

Rachel: Oh, thank you! Thank you!
 ああ、ありがとう! ありがとう!

Ross: Yeah, yeah! . . You sure this is what you want?
 ああ、うん! (ハグ)本当にこれでいいんだね?

Rachel: I think it is.
 そう思うわ。

(フィービーとジョーイが来る)
Phoebe: Ooh, what's going on?
 まぁ、何があったの?

Rachel: I got a really incredible job offer.
 すごい仕事のオファーが来たの。

Joey: Hey, great! All right!
 やったじゃないか!

Phoebe: Good for you!
 よかったわね!

Rachel: It's in Paris.
 パリなの。

Joey: What? No, no, no! No, no, no! No, too much is changing, okay? First, Phoebe getting married. Congratulations! . . And then these two move into a stupid house in the stupid suburbs.
 なに? ダメダメダメ! ダメだよ! 変わり過ぎだよ。まずフィービーが結婚して(フィービーに)おめでとう! それにこの2人がバカみたいな郊外のバカみたいな家に引っ越すとか言って。

Monica: Hey, this afternoon you said you'd be supportive.
 さっきは応援するって言ったじゃないの。

Joey: Well, it comes and goes. I wouldn't trust it.
 いろいろ変わるんだよ。俺なら信じない。

Rachel: Look, you guys... this is really, really important to me. And it means a lot if you could try to get on board.
 ねぇ、本当に大事なことなの。あなた達が賛成してくれたらどんなに心強いか。

Phoebe: Of course we can. Congratulations.
 もちろんよ。おめでとう。

Rachel: Thanks.
 ありがとう。

Phoebe: Yay! . . Joey.
 イエーイ!(ハグをし、ジョーイも誘う)ジョーイ。

Joey: No, no, no. No, my hugs are reserved for people staying in America!
 いやいやいや。俺のハグはアメリカにいる人だけのものだ。

Rachel: Joey, it would mean so...
 ジョーイ、あなたがわかって・・

Joey: Hey! No! Get your France-going arms away from me!
 おい! いやだ! フランスへ行くっていう人は近づくな!(出て行く)

Rachel: Joey.
 ジョーイ(ついて出て行く)

Phoebe: You okay with this?
 あなた大丈夫?

Chandler: Well, it makes me feel sad, but...
 まぁ、悲しいけど、でも・・

Phoebe: Talking to Ross.
 ロスに聞いてるの。

Chandler: I see.
 そうか。

Ross: Well, Rachel moving to another country? Not being able to see her every day? How could I be okay with this?
 レイチェルがよその国へ行くことが? 毎日会えなくなるってこと? どうしてそれが大丈夫なんだよ?

Monica: I know, but what are we gonna do? She really needs this job.
 そうよね。でも、どうしようもないでしょ? 彼女にとって必要なことよ。

Ross: Do you think if the Ralph Lauren people offered her her old job back, she would take it?
 ラルフローレンが復帰させたら、彼女戻るかな?

Monica: How is that gonna happen?
 どうしてそんなことになる?

Chandler: Is this the best way to use one of your three magic wishes?
 魔法の3つの願いの一つはそれにするのか?

Ross: I don't know. I could talk to her boss. Yeah! I met him at that Christmas party. We really hit it off.
 どうだろう。彼女の上司に話したら。そうだよ! クリスマス・パーティで会ったことがある。話が合ったんだよ。

Monica: You mean the guy who kept calling you “Ron”?
 あなたのこと「ロン」だと思ってる人と?

Ross: I didn't say we were brothers.
 兄弟だってわけじゃない。

《セントラルパーク:モニカとチャンドラーが来る》

Monica: Hey, Phoebe. Hey, tell me what you think. The house next door to the one that we're buying in Westchester just went on the market. I wanna take a look at it, but Chandler doesn't.
 ハーイ、フィービー。ねぇ、どう思う? 私たちが買おうとしているウェストチェスターの隣の家が売りにだされたの。私は見てみたいけど、チャンドラーは反対なの。

Chandler: We close escrow tomorrow, so seeing another house can only confuse us. We're easily confused. We're not very bright.
 俺たちが買うことは明日決定するんだ。他の家なんか見たら迷うだけだよ。俺達すぐ迷うんだから。俺たちって、賢くないんだ。

Monica: But what if it is better than ours? Should we at least look?
 でも、もしその家の方がよかったら? せめて見るべきじゃない?

Chandler: What do you think, Pheebs?
 どう思う、フィーブス?

Phoebe: Well, I think that shirt makes you look like you should work at a Baskin-Robbins. . Anyway... Hey, isn't Joey's agent Estelle Leonard?
 そうね、あなたのそのシャツ、31アイスクリームの人みたい。ということで。。(新聞を読む)ねぇ、ジョーイのエージェントってエステル・レナード?

Chandler: Yeah.
 そうだよ。

Phoebe: She died.
 亡くなったわ。

Chandler: You're kidding!
 嘘だろ。

Monica: That's terrible!
 気の毒に!

Phoebe: Yeah, last Saturday. Wow! She was the first black man to fly solo across the Atlantic. Oh, wait a minute, I read the wrong one.
 本当よ。先週の土曜日。ワオ・・彼女、初めて大西洋を単独飛行した黒人ですって。・・あ、ちょっと待って。別の欄読んでた。

Chandler: Oh, yeah?
 だよね?

Phoebe: Yeah, she was just an agent.
 ええ、彼女はただのエージェントだった。

Monica: Joey's gonna be so upset.
 ジョーイがショックを受けるわね。

Chandler: I know. He always wanted to be the first black man to cross the Atlantic.
 だよな。やつはいつも大西洋を初めて単独飛行した黒人になりたがってたからな。

Phoebe: Well, we cannot tell Joey about this. He's already flipping out about everything that's changing. This will push him over the edge.
 ジョーイにこれを知らせるわけにはいかないわ。いろいろな変化で参っちゃってるんだもの。こんなこと知ったらキレちゃうわ。

Monica: Seriously, you don't think we should tell him?
 あなた、本気で知らせないつもり?

Phoebe: Well, not for a little while. Let's just give him a few days to get used to everything else.
 しばらくはね。ほかのことに慣れるまで、数日待った方がいいわよ。

Monica: What if he reads it in the paper?
 もし彼が新聞を読んだら?

Chandler: Unless Snoopy says it to Charlie Brown, I think we're okay.
 スヌーピーがチャーリー・ブラウンに言わない限り大丈夫だよ。

《ラルフローレンのゼルナー氏のオフィス:ロスが来る》

Mr. Zelner: May I help you?
 何がご用ですか?

Ross: Yeah, I'm a friend of Rachel Green's. Actually we met at the Christmas party about two years ago.
 ええ。僕はレイチェル・グリーンの友人です。2年ぐらい前のクリスマス・パーティでお会いしてますよね。

Mr. Zelner: Oh, right, uhm, Don?
 ああ、そうか。えー・・ドン?

Ross: Close. Ron.
 おしい。ロンです(握手)

Mr. Zelner: Uh... What can I do for you?
 あー、どういったことですか?

Ross: Well, I'm here to see if you'll give Rachel her job back.
 ええ、レイチェルを復帰させてもらえないか聞きにきました。

Mr. Zelner: Ah, did she ask you to come here and do this?
 ああ、彼女に頼まれたんだね?

Ross: Oh, no. First I have to get you to agree. Then we'll see if she wants to come back.
 いいえ。そうしてくれるってわかったら、彼女にどうするか聞いてみます。

Mr. Zelner: Wow, that is tempting.
 ワオ・・それはいい話だね。

Ross: Look, she loved her job here. And let's face it, you're not gonna find anyone who did it as well as she did it. Isn't that true?
 彼女はここの仕事が好きなんです。認めましょうよ、彼女ほどできる人は見つからないですよ。違いますか?

Mr. Zelner: She is good!
 彼女はできる人だ。

Ross: Huh, I took a shot there.
 ああ。当たった。

Mr. Zelner: But I'm sorry. There's nothing I can do. Ah, it's not true, there is nothing I want to do.
 でも申し訳ないが、何もできません。ああ、それは違うな。何もしたくありません。

Ross: I see. Thanks very much. . Is this your son?
 そうですか。ありがとうございました。(出て行こうとして写真を手にとる)これは息子さんですか?

Mr. Zelner: Yeah, his name is Ross. . . What?
 ええ。ロスといいます。(驚いてフリーズするロスに)何か?

Ross: Oh, nothing, it’s just, it’s close to Ron. Does he.. Does little Ross like dinosaurs, by any chance?
 なんでもないんです。ただ、ロンと似てるなって。彼・・小さいロス君は、もしかして恐竜が好きではないですか?

Mr. Zelner: Yeah, they're all he talks about. Why?
 ええ。その話ばかりしてますよ。どうして?

Ross: How would he like to come with me to the Museum of Natural History after everyone else has left, just the two of us, and he can touch anything he wants. . . I just heard it as you must have heard it, and that’s not good. Let me start again. I’m a paleontologist. You’ll be there with us, and the touching refers only to bones… fossils!
 人がみな帰った後、自然史博物館に僕と一緒に来て、どこでも触っていいって言ったらどうです? ・・・今のは聞くとすごく怪しい。言い直しましょう。僕は古生物学者です。あなたも一緒に来て、触っていっていうのは、骨だけ、化石だけです!

Mr. Zelner: You could really arrange that?
 本当にそんなことが?

Ross: You let Rachel come back, and it’s done.
 レイチェルを復帰させてくれれば。

Mr. Zelner: Well, I guess having Rachel back wouldn’t be the worst thing in the world.
 レイチェルを復帰させてたって世界最悪というわけでもないしね。

Ross: Yeah! Yes! Thank you! This is great. Thank you so much. And I swear, your kid is going to have the time of his life.
 ええ、そうですよ! ありがとう! よかった。本当にありがとう。あなたの息子さんは絶対楽しめますよ。

Mr. Zelner: That’s great. I worry about little Ross. He’s always reading, he's collecting rocks and he’s obsessed with dinosaurs.
 いいね。あの子のことは心配してるんだ。本を読んでばかりで、石を集めたり、恐竜に夢中で。

Ross: He’ll be fine.
 大丈夫ですよ!

《セントラルパーク:ジョーイが来る》

Joey: Hey, Phoebe.
 やぁ、フィービー。

Phoebe: Hey. Everything okay?
 ハーイ。元気?

Joey: I’m just mad at my agent.
 俺のエージェント、腹が立つんだよ。

Phoebe: Estelle? Why?
 エステル? どうして?

Joey: There’s a part in a TV movie that I would be perfect for and I didn’t even be put up for it. She’d better have a good reason.
 テレビ映画で俺にピッタリの役があったのに、話もこなかったんだ。よほどの理由がない限りあり得ないぞ。

Phoebe: I’m guessing she does.
 きっとわけがあるのよ。

Joey: Well, I’m wanna hear it, because she keeps doing this.
 (携帯を取り出す)ぜひ聞きたいね。こんなことばっかりなんだ。

Phoebe: Well, no, no, wait, wait, wait. All right, I gotta go. Just listen. Promise me, that you will wait a minute before you call her.
 ダメダメ。待って待って待って。私もう行くけど、ねぇ、約束して。彼女に電話する前にちょっと待って。

Joey: Well, okay. Why?
 ああ、いいけど、どうして?

Phoebe: Because a promise between friends means never having to give a reason.
 友達の間の約束には、理由なんていらないからよ(出て行く)

Joey: I love that saying!
 その言葉いいね!

(表に出て電話をかけるフィービー。ジョーイの電話が鳴る)

Joey: Hello?
 もしもし?

Phoebe-Estelle: Joey, it’s Estelle.
 (エステルのマネ)ジョーイ、エステルよ。

Joey: I was just gonna call you. That’s weird.
 電話をしようとしてたところだ。奇遇だな。

Phoebe-Estelle: It’s a little coincidental, but believable. . Listen, I’m sure you’re wondering why I didn’t get you an audition for that TV movie.
 奇遇だけど、あり得ることよ。ねぇ、あなたきっとテレビ映画のオーディションがなぜ来なかったかって思ってるでしょうね。

Joey: Yeah, actually I am.
 ああ、そうだよ。

Phoebe-Estelle: I guess I dropped the ball there. Whoopsie!
 大失敗しちゃったよね。おっとっと!

Joey: That’s it? You know, it seems all you do lately is drop the ball.
 それだけ? ここんとこ、失敗続きじゃないか。

Phoebe-Estelle: Don’t take that tone with me. Who you think you are? Alan Lemon, the first black man to fly solo across the Atlantic?
 そんな言い方しないでよ。誰のつもり? 大西洋を初めて単独飛行したアラン・レモン?

Joey: No, no, look. All I’m saying is that you’re my agent, okay? And you’re not getting me into any auditions and I’m tired of it.
 いやいや。君は俺のエージェントだろう。なのにオーディションの話も持ってこなくて、うんざりだよ。

Phoebe-Estelle: What are you saying?
 何を言いたいの?

Joey: I’m saying that. . . This isn't working for me anymore, okay? Estelle, you’re fired. Goodbye.
 言いたいのは・・これじゃもうダメだよ。エステル、君はクビだ。さよなら(電話を切る)

Phoebe: Man, tough week for Estelle!
 まぁ。エステルも今週は大変ね。

《ジョーイ達の部屋:ロスが恐竜のぬいぐるみを持って来る》

Ross: Hi.
 やぁ。

Rachel: Hi.
 ハーイ。

Ross: Emma left her stuffed T. rex at my house. You know she can’t sleep without it.
 エマがTレックスのぬいぐるみを忘れてったよ。あの子、これがないと眠れないだろ。

Rachel: Oh, well, she’s asleep now. Stop forcing that thing on her.
 あの子今寝てるけど。それ押し付けないで。

Ross: Okay.
 わかったよ。

Rachel: Oh, you’re not gonna believe what happened to me today! Ralph Lauren called, and gave me my job back!
 ねぇ、今日起きたこと信じられないわよ! ラルフローレンから電話があって、仕事に復帰してって。

Ross: No!
 嘘!

Rachel: I mean, it was so weirdest thing. They fired me and then out of nowhere they just hire me back! I mean, that place must have been falling apart without me.
 本当におかしな話なのよ。クビにされたのに、いきなり戻ってきてなんて! あの会社私がいなくなって崩壊しちゃってるのかしら。

Ross: So, you’re not going to Paris?
 それじゃパリには行かない?

Rachel: No, I’m still going.
 いいえ、行くわ。

Ross: Wh… wh…what?
 な・・な・なんだって?

Rachel: When the Louis Vuitton people found out that Ralph Lauren wanted me back, the offered me more money! Ross, isn’t that great?
 ラルフローレンが復帰してほしいって言ってるってこと、ルイヴィトンの人が聞いて、お給料をあげてくれたのよ。ロス、これすごくない?

Ross: Yeah!
 ああ!(ハイタッチ)

《新居の隣の家を尋ねたモニカとチャンドラー》

Monica: Hi. We’re buying the house next door. And we were wondering if we could just take a look around.
 どうも。私たち、隣の家を買おうとしてるんですけど、この家見せていただけないかと思って。

Lady: Oh, sure. I’m showing it to someone else right now, but please, look around.
 ああ、いいわよ。今他の人に見せてるところだけど、どうぞ、ご覧ください。

Monica: Thanks.
 ありがと。

Chandler: I feel like we’re cheating on our house. And if we’re gonna cheat, shouldn’t it be with like a hot, younger house, that does stuff that our house won’t do?
 家の浮気してるみたいな気分だよ。浮気するなら、よりセクシーで若くて、俺たちの家ができないことしてくれるような家じゃなきゃな。

Monica: Ours is so much better! This living room is smaller, the dining room looks like a cave! What a hole!
 私たちの家の方がずっといいわ! リビングは小さいし、ダイニングなんて洞穴みたい! ひどい家よ!

Lady: So, what do you think?
 (後ろに現れ)それで、どう思う?

Monica: Love it!
 素敵!

Lady: Well, we already have one offer on it, and I think the lady upstairs is going to make another one.
 買いたいっていう人はもういて、それに今上にいる女性も欲しいっていうと思うわ。

Monica: They could be our neighbors. What are they like?
 私たちのご近所さんになるのかも。どんな人達?

Lady: Oh, the woman upstairs is very nice. She and her husband have two kids, he's on Wall Street, and she…
 2階にいる女性はとてもいい人よ。2人お子さんがいて、ご主人はウォール・ストリートで働いていて、彼女は・・

Janice: Oh, my God!
 (2階から降りてきて)オー・・マイ・・ゴッド!

Chandler: Sure.
 (モニカに)だよな。

《ジョーイ達の部屋:フィービーが来る》

Phoebe: Hey, Joey, want come with me to. . Are you okay?
 ハーイ、ジョーイ。あなたも来ない?・・・どうかした?

Joey: Yeah, I just… I just feel bad about firing Estelle. This is got to be killing her.
 ああ。ちょっと、エステルをクビにして悪かったと思ってさ。彼女死んじゃうよ。

Phoebe: No, that wouldn’t kill her. Ordinary embolism might.
 いえ、それで死んだりしないわよ。普通の塞栓なら死ぬかも。

Joey: I don’t know. She’s got to be taking it hard, I was like her only client. Except for this guy who eats paper. And I’m guessing he eats more money than he makes. Look, I know she’s not a great agent, but she did stick with me for ten years. I’m gonna call her and hire her again.
 どうしよう。きっとつらいだろうな。俺しかクライアントはいないんだ。紙を食べるヤツもいるけど。やつは稼ぐ以上に食べてると思うけどな。彼女は優秀なエージェントではないけど、10年もついてきてくれたんだ。電話してもう一度雇うよ。

Phoebe: No, no, no! Don't call her! You wait for her to call you.
 ダメダメ! 電話しちゃダメよ。彼女からかかってくるのを待つのよ。

Joey: Why?
 どうして?

Phoebe: Because patience is the road to understanding. . . Which is the key to a happy heart.
 忍耐が理解への道だからよ。・・それが幸せな心への鍵よ。

Joey: You blow me away.
 ・・感動だよ。

Phoebe: All right, so promise you're gonna wait for her to call you?
 それじゃ、電話を待つって約束するわね?

Joey: I promise. And that means, never having to give a reason.
 約束するよ。理由はいらないってことだよね。

《新居の隣の家のモニカとチャンドラー》

Janice: What a small world!
 世間は狭いわね!

Chandler: And yet I never run into Beyonce!
 ビヨンセには出くわしたことないのに!

Realtor: You two know each other?
 お知り合いなんですか?

Janice: Oh, we go way back. Before Monica made an honest man out of him, Chandler used to be my little love muffin. So are you guys thinking of getting this house too? Ooh! Are we gonna have a bidding war? I'd better warn you, I'm a toughie.
 ええ、随分前からね。モニカが彼の真実を引き出す前、チャンドラーは私の恋人だったのよ。あなた達もこの家を買うつもりなの? ああ! 落札を競うの? 言っとくけど、私は好敵手よ。(チャンドラーを叩く)

Sassy_Love_Muffin_10479__17318.1341591998.1280.1280.png
(love muffin = 恋人)

Chandler: Don't, don't!
 やめろ、やめろ!

Monica: No, actually, we're buying the house next door.
 いいえ、実は、隣の家を買おうとしてるの。

Chandler: Why!?
 (話したのがショック)なんで?

Monica: I don't know why.
 わからない。

Janice: Ooh, that decides it then. I was on the fence. But knowing that you two would be our neighbors? Ah! now we have to get it! . . . Ellen, we're going to talk numbers.
 まぁ! それじゃ決まりね。私迷ってたけど、あなた達が隣になるの? ああ、それじゃ買わなきゃ。エレン、値段を話し合いましょ。(エレンを引っ張って出て行く)

Chandler: This can not be happening!
 こんなことがあっていいのか!

Monica: Okay, the realtor said another couple made an offer. Maybe the Janices won't get it! Maybe the other couple will.
 でも不動産屋さんは、他のカップルも買うって言ってるって。ジャニス達買えないかも。別のカップルが買うかもしれないわ。

Chandler: The only way that that is going to happen, is if the other couple are the Hitlers!
 他のカップルがヒトラーでもない限りあり得ないよ。

Monica: …… Okay, okay! … All right. What if we got both houses? Huh? We can turn this house into a guest house.
 大丈夫よ、大丈夫・・・そうだわ。私たちが2軒とも買ったら? ね? この家をゲストハウスにするのよ。

Chandler: That is a great idea! And by the way, I don't mean to sound distasteful, but when did you start crapping money!?
 それはいいな! ところで、いやなこと言いたくないけど、いつから偽札作ってる?

Monica: Okay, you come up with an idea.
 それじゃ何かアイデア出して!

Chandler: Alright alright. We still have three hours till escrow closes on our house. We can still get out.
 よし、よし・・。家の売買が確定するまで3時間ある。まだやめられるぞ。

Monica: But we love our house.
 でもあの家が好きなのに。

Chandler: Will we love it so much with her next door? And she's gonna be louder out here too. Just the crickets and "Oh, My God"!
 彼女が隣にいてもそう言えるか? 外でもうるさいぞ。コオロギと「オーマイゴッド!」

Monica: Okay, but if we don't get this house, she's still gonna show up wherever we go! I mean, at least if she's here, it eliminates the element of surprise. I mean, never again will you have to hear the three words that make your balls jump back up inside your body!
 だけど、もしこの家を買わなくても、彼女はどこに行っても現れるわよ! ここにいるってわかってれば、驚かされることはないわ。あの3つの言葉を聞かされて、あなたのタマが体に上がっちゃうこともないわよ。

Chandler: Well, we have to do something. We can't have her living next door. . . Oh, that does it too.
 でも何とかしなきゃ。隣にいてもらうわけにいかない。(ジャニスの笑い声が聞こえる)ああ、あれでも上がる。

《ゼルナー氏のオフィス:ノックの音》

Mr. Zelner: Who is it?
 どなた?

Ross: It's me. Ron. Look, I um, I know Rachel turned you down but I think there is a way you might be able to get her to come back.
 僕です、ロンです。レイチェルは復帰を断りましたよね。でもまだ復帰させる手はあると思うんです。

Mr. Zelner: This may surprise you, but rehiring fired employees, is not my main job.
 意外かもしれないが、クビにした人をもう一度雇うのが私の仕事ではないんだよ。

Ross: Just hear me out. How would you feel about offering her a raise?
 ちょっと聞いてください。彼女に昇給を提案するっていうのはどうです?

Mr. Zelner: Not good, Ron.
 よくないね、ロン。

Ross: Perhaps I can persuade you. What if you can give your son this genuine pterodactyl egg replica.
 これで気が変わるかも。もし、息子さんにあげられるとしたらどうですか、(卵をカバンから出す)翼竜の本物の卵のレプリカを。

Mr. Zelner: Wow, that's pretty cool.
 ワオ・・これはすごいな。

Ross: Huh? So? Do we have a deal?
 でしょ? どうです? これで決まり?

Mr. Zelner: Okay, you got it.
 わかりました。いいですよ。

Ross: Yes! yes!
 やった! やった!

Mr. Zelner: This is gonna make me very popular.
 これで随分気に入られるだろうな。

Ross: Oh. Believe me, the ladies, they love it!
 ええ、そうですよ。女性達はみんな大好きです。

Mr. Zelner: …… I meant with my son.
 ・・・息子にってことだよ。

Ross: Good, because the ladies, not so much.
 よかった。女性達にっていうと、喜ばれないから。

《ジョーイ達の部屋:ジョーイが留守電を再生》

Answering machine: Joey, this is Al Zebooker, the guy who eats paper. I'm sure you've heard that Estelle passed away. . I wanted to let you know there's a memorial for her at the Westside Chapel, tomorrow at ten. Hope you can make it.
 ジョーイ、紙を食べるアル・ジブーカーだよ。君も、エステルが亡くなったことは聞いたよね。ウェストサイド教会で、明日の10時からお別れの会だからね。君も来てくれ。

Joey: Oh, my God. . . Hello?
 なんてことだ・・・(携帯が鳴る)もしもし?

Phoebe: Joey, it's Estelle.
 ジョーイ、エステルよ。

Joey: Estelle?
 (恐怖)エステル?

Phoebe: Yeah, I wanted to call and tell you that there's no hard feelings for firing me.
 ええ。クビにしたこと、何とも思ってないって言いたくて電話したの。

Joey: Okay. I just, I can't believe you're calling me.
 そうか。電話くれるなんて信じられないよ。

Phoebe: Well, I didn't think I should just drop by.
 急にそっちへ行っちゃいけないかと思って。

Joey: No, no, no! Don't drop by, don't drop by!
 ダメダメダメ! 来ないで、来ないで!

Phoebe: Anyway, you did what you had to do. I'm okay.
 とにかく、あなたのしたことはもっともだから。私はいいのよ。

Joey: Can I ask you something? Uhm, what's it like there?
 聞いていい? そっちでどんな?

Phoebe: It's alright. Look, kiddo, I gotta go. Good luck with the career. You're gonna be huge!
 (回りを見回して)別にいいわよ。ねぇ、私もう行かなきゃ。仕事がんばってね。きっと大成するわよ!

Joey: Thanks for everything, Estelle. Bye. . . “Out of area.” Boy, I'll say.
 いろいろありがとう、エステル。バーイ。・・・(携帯の表示を見て)「圏外」。だろうな。

《新居の隣の家:チャンドラー1人。ジャニスが来る》

Janice: Well, I just talked to Sid. We are definitely putting in an offer on the house. And I'll bet we get it!
 シドと話してきたわ。この家は絶対買うわよ。きっと手に入れるわ。

Chandler: The Hitlers will be so disappointed.
 ヒトラーもがっかりだな。

Janice: All right, I gotta run. Tell Monica I say goodbye. And... I'll see you later, neighbor.
 それじゃ、私もう行くわ。モニカにさよならって言っといて。またね、ご近所さん。

Chandler: Wait! I just want you to know that... I'm so happy you're going to be here.
 待って! 言っておきたいんだが、君がここに来てくれて嬉しいよ。

Janice: Oh, me too!
 私もよ!

Chandler: Because... that way... we can pick up where we left off.
 そうしたら、俺たち、以前の続きができるよな。

Janice: Huh?
 は?

Chandler: I never stopped loving you.
 ずっと君を愛してるんだ。

Janice: Oh... my...
 オー・・マイ・・

Chandler: Yeah, yeah, yeah, yeah! I want you. I need you. I must have you, Janice Litman- Goralnik nee Hosenstein.
 はいはい。いいから。君が欲しい。君が必要だ。ジャニス・リットマン・ゴラルニック・ニー・ホーセンステイン。

Janice: Chandler, what are you talking about?
 チャンドラー、何を言ってるの?

Chandler: Now that you live next door, we can be together every day. Sid and Monica never have to know a thing.
 君が隣に住むなら、俺たちもいつも一緒にいられる。シドやモニカには知られずにね。

Janice: I don't know what to say. I mean, you know, obviously we have this... heat between us.
 何て言ったらいいか。確かに私たちの間には愛が燃えてるわよね。

Chandler: …… Obviously.
 ・・・確かに。

Janice: But I love my husband. And I know you love your wife. Now, I don't think we should get this house now.
 でも、夫を愛してるの。あなたも奥さんを愛してるでしょ。これなら私ここを買うべきじゃないわね。

Chandler: Don't say that. Don't tangle the dream and take it away.
 そんなこと言うなよ。俺の夢を取り上げないでくれ。

Janice: Chandler, one of us has got to be strong.
 チャンドラー、私たちのどちらかが強くならなきゃ。

Chandler: I understand.
 わかるよ。

Janice: Although. . Maybe just... one last moment of weakness. . . . Goodbye, Chandler Bing.
 とはいっても・・最後に一度だけ弱くなっても・・(キス)さようなら、チャンドラー・ビング。(出て行く)

Chandler: They're never coming down now.
 もう降りてこない。

《ロスの部屋:エマを抱いたレイチェルが来る》

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Ross: Hi!
 やぁ!

Rachel: You are never going to believe what happened to me today.
 今日起きたこと、絶対信じられないわよ。

Ross: What?
 なに?

Rachel: Ralph Lauren called again, and they offered me more money.
 ラルフローレンからまた電話があったの。もっとお給料をあげてくれるって。

Ross: They did?
 そうなの?

Rachel: Yes! It was the weirdest thing. Zelner called me and he said, “We'll do anything we can to get you back.” And that I should thank some “Ron.” I don't even know what department that guy's in.
 そうなの! おかしな話よね。ゼルナーさんが、言ったのよ。「君を取り戻すためなら何でもする」って。それから「ロン」って人に感謝しろって。どこの部署の人かも知らないのよ。

Ross: So, what are you gonna do?
 それで、どうするの?

Rachel: Well, I took it.
 行くわ。

Ross: That's great! So you're staying in New York!
 よかったね! じゃあニューヨークにいられるんだ!

Both: YAY! WHOO! YAY!
 イエーイ! ワオー! イエーイ!

Ross: You're excited, right?
 嬉しいだろ?

Rachel: Yeah. Yeah! You know, the money's great. It's certainly the easier choice.
 ええ。ええ! お給料はいいし。この方が簡単よね。

Ross: Right!
 だね!

Rachel: But, you know, was I looking forward to going to Paris? Sure. You know, was I excited about working in the fashion capital of the world? Ooh, absolutely. Oh! … Yeah, but you know, this is. . . It's fine. I'm fine going back to a job where I've pretty much gotten everything out of that I possibly can.
 でもね、パリへ行くのを楽しみにしてたか? そうよ。世界のファッション都市で働くのが嬉しいか? もちろんよ。ああ! ・・でもね、これでいいのよ。もうやりつくしたと思った仕事だけど、戻れるわ。

Ross: Uhm, I had no. . I had no idea you were so excited about Paris. Uhm, I mean, you said you were scared.
 ああ・・そんな・・そんなにパリのこと楽しみにしてたとは知らなかったよ。怖いって言ってただろ。

Rachel: Well, yeah. I mean, it was good scared, though, you know? Like, “when I moved to New York” scared. Or uhm, “when I found out I was gonna have Emma” scared. But this is fine. This is gonna be good.
 ええ、そうよ。でも、いい意味でよ。ニューヨークに来た時みたいな怖さよ。それに、エマを妊娠したってわかった時みたいな。でもいいの。これでいいんだわ。

Ross: …… You should go.
 ・・・行くべきだよ。

Rachel: What?
 え?

Ross: It's what you want. You should go.
 君がそうしたいんだろ。行くんだよ。

Rachel: You really think so?
 本当にそう思う?

Ross: I really do.
 本当に思うよ。

Rachel: But I already told Zelner that I would come back.
 でも、ゼルナーさんに戻るって言ったし。

Ross: I'm sure he'll understand.
 (ゼルナーさんへの贈り物をカバンに入れながら)きっとわかってくれるよ。

Rachel: All right. All right! I'm gonna do it. I'm gonna go to Paris.
 わかった、わかったわ! 行くわ。パリへ行くわ。

Ross: Yeah.
 そうだよ。

Rachel: Yeah! I'm going to Paris. Thank you, Ross!
 そうよ! パリに行くわ。ありがとう、ロス。

Ross: Yeah, yeah, oh!
 うん、ああ!

Rachel: Oh! Oh, I'm so happy.
 ああ、本当に嬉しいわ。

Ross: Then I'm happy too.
 それなら僕も嬉しいよ。

《エステルのお別れの会:ジョーイとジブーカー》

Joey: Thank you all for coming. We're here today to pay respects to a wonderful agent and a beautiful woman... Inside. As Estelle's only two clients, we would like to say a few words. . . Dude, where's my speech? . . . That is entertaining. Al Zebooker everybody.
 みなさん、来てくれてありがとう。今日は、お別れのために集まっていただきました。素晴らしいエージェント、美しい・・(写真を見て)心の女性でした。エステルの2人のクライアントから挨拶をします。(メモが見つからず、ジブーカーに)おい、俺のスピーチは?(口の中のものを飲み込むジブーカー)おもしろかったね、みなさん、アル・ジブーカーでした。(何もない口の中を見せるジブーカー)







にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 00:53| Comment(2) | Season 10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ものすごい翻訳ペースでしたね。ただただ敬服いたします。何度も見に来ていて、コメントも残せずでしたが、心の中ではずっと応援していました。
こんな偉業を成し遂げてしまったらんちさん、来年はどうするのですか。
私はkindleの無料英語本にはまってしまい、リーディング三昧です。らんちさんの記事も、ちゃんとkindleに入れてます。
毎日寒いですね。良いお年をお迎えください。
Posted by もなな at 2013年12月31日 07:02
もななさん、
あけましておめでとうございます。

ずっと見守ってくださって、ありがとうございました。
kindle に入れていただいたなんて光栄です。

毎日、時間をかけるものがなくなり、
どうしようかなぁ・・ってぼんやりしています。
また何か頑張ります(^^)

もななさんも、よい年になりますように♪
Posted by らんち at 2014年01月03日 22:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。