2013年12月29日

10-13 The One Where Joey Speaks French

10-13 フィービーのフランス語の話

 ☆ロスのセックス禁止令☆

《セントラルパーク:フィービーが来る》

Phoebe: Hi
 ハーイ。

All: Hey! Hi!
 ああ! やぁ!

Rachel: How was the honeymoon?
 新婚旅行どうだった?

Phoebe; Oh, incredible! Oh! Champagne, candle-lit dinners, moonlight walks on the beach. It was so romantic!
 素晴らしかったわ! シャンパンや、キャンドルライトのディナーでしょ、月明かりの下で歩くビーチ。すごくロマンティックだったわ。

Rachel: Oh!
 ああ!

Chandler: So, where's Mike?
 マイクは?

Phoebe: Oh, he's at the doctor. He didn't poop the whole time we were there!
 お医者さんに行ってるわ。旅行中ずっとうんち出なかったの。

Joey: Well, anyway, I'm glad you're back. I really need your help.
 帰ってきてくれてよかったよ。助けてほしいんだ。

Phoebe: Oh, why? What's up?
 どうして? 何かあった?

Joey: I have an audition for this play and for some of it I have to speak French. Which, according to my résumé, I'm fluent in.
 オーディションでフランス語が必要になるんだ。経歴書によれば、俺ペラペラなんだよな。

Ross: Joey, you shouldn't lie on your résumé.
 ジョーイ、経歴書に嘘書いちゃダメだよ。

Monica: Yeah, you really shouldn't. . By the way, how was that year-long dig in Cairo?
 本当、そうよ。(ロスに)ところで、カイロで発掘の1年はどうだった?

Ross: It was okay..
 あれはいいんだよ。

Rachel: I did not know you spoke French.
 あなたがフランス語を話せるなんて知らなかったわ。

Phoebe: Oui, bien sur je parle Français! Qu'est-ce que tu penses alors?
 (フランス語できますとも! 知らなかったの?)

Rachel: Oh... you're so sexy!
 うわぁ・・本当にセクシーね!

Joey: Well, so, will you help me? I really wanna be in this play.
 それじゃ、教えてくれる? 本当にこれ受かりたいんだ。

Phoebe: Sure! Tout le plaisir est pour moi, mon ami.
 いいわよ! 友達のためだもの。

Rachel: Seriously, stop it, or I'm gonna jump on ya.
 マジで、やめてよ。襲いかかっちゃいそう。

《モニカ達の部屋》

Chandler: Hey.
 やぁ。

Monica: Hey.
 ハーイ。

Chandler: Why are you wearing my apron?
 何で俺のエプロンつけてるんだ?

Monica: I'm making cookies for Erica. By the way, we have to leave for the airport soon, her plane comes in about an hour.
 エリカにクッキー作ってるのよ。ところで、もう空港いかないと、あの子の便はあと1時間よ。

Chandler: Oh, hey, when she gets here, is it okay, if I introduce you two as "my wife" and "the woman who's carrying my child"? …No? …Divorce?
 なぁ、彼女が来たら、君らのこと、「俺の妻」と「俺の子を産む子」って言っていい? ・・・ダメ? ・・離婚?

(ロスが来る)
Ross: Hey.
 やぁ。

Monica: Hey.
 ハーイ。

Ross: You guys know where Rachel is?
 レイチェル知らない?

Monica: No, we haven't seen her since this morning.
 今朝以来見てないわよ。

Ross: It’s unbelievable. She was supposed to meet me half an hour ago with Emma.
 信じられないな。エマを連れてくるはずなのに、30分も遅れてるよ。(クッキーを食べようとする)

Monica: Hey!
 (手を叩いて)ちょっと!

Ross: Hey!
 痛いな!

Monica: These are for Erica!
 これはエリカのよ!

Ross: What? She's gonna eat all those cookies?
 なんだよ? 彼女これ全部食べるの?

Monica: Well, I want the baby to come out all cute and fat.
 可愛くてぽっちゃりした赤ちゃんが産まれるといいなと思って。

Ross: So, why is Erica coming to visit?
 エリカはどうして来るの?

Monica: Well, because we want to get to know her better. And she's never been to New York, so she wants to see all the tourists' spots. You know, Statue of Liberty, Empire State Building.
 もっと知り合いたいの。それに彼女ニューヨークに着たことがないから、観光スポットを見たいんですって。自由の女神とか、エンパイア・ステート・ビルディングとか。

Chandler: Oh, those places! There's always so many people, they're being corralled like cattle. And, you know, there's always some idiot who goes, "Moo"!
 ああ、ああいうとこね。いつも人だかりで、みんな牛みたいに群れてさ。バカみたいなヤツがいて、モーッ!って言ってるんだよな。

Monica: Well, if it annoys you so much, then why do you do it?
 そんなにイヤなら、やめたら?

(エマを連れたレイチェルが来る)
Ross: Oh, hi! Hi! Thanks for showing you up thirty minutes late!
 おやおや! 30分遅れで来てくれてありがとう!

Rachel: Ross..
 ロス・・

Ross: No, no, no, I'm sure you have a great excuse. What was it, a hair appointment? A mani-pedi? Or was there a sale at Barneys?
 いやいや。きっと立派な言い訳があるんだよね。何だろう、美容院の予約? マニキュアとペディキュア? それともバーニーズのセールだった?

Rachel: My father had an heart attack. . . While I was at Barneys.
 父が心臓発作だって。バーニーズにいたら電話があったの。

Ross: Oh, my God, Rach.
 なんてことだ、レイチ。

Monica: Honey.
 レイチ。

Chandler: I'm so sorry...
 気の毒に。

Ross: Is-is he okay?
 彼、大丈夫?

Rachel: Yeah, they said he's gonna be fine, but he's still heavily sedated.
 ええ、大丈夫ですって。でも安静にしてなきゃいけないのよ。

Ross: Okay, okay. I'm gonna come out to Long Island with you. I mean, you can't be alone right now.
 そうなんだ。ロングアイランドに一緒に行くよ。君を今一人にできないよ。

Rachel: No, come on, I'm totally okay. . I don't need you to come! I can totally handle this on my own.
 いえ、いいのよ。私は大丈夫。(ハグ)来てくれなくてもいいの。私一人でなんとかできるわ。

Ross: Still, still, let me come for me.
 でも、僕がいてあげたいから。

Rachel: Okay. If you really need to.
 そう。あなたがそう言うなら。

Ross: I bet someone could use one of Monica's freshly baked cookies.
 モニカの焼きたてクッキーを食べたらどうかな。

Rachel: Oh, I really could.
 ああ、いただくわ。

Ross: Oh!
 ね!

Rachel: Ohh..
 ああ。。

《セントラルパーク:ジョーイの台本を見るフィービー》

Phoebe: All right, it seems pretty simple. Your first line is "My name is Claude", so, just repeat after me. "Je m'appelle Claude".
 これは簡単ね。あなたの最初のセリフは「僕の名前はクロードです」だから、私の後に続けて。「ジュ・マペル・クロード」

Joey: Je de coup Clow.
 ジュデクー・クロー。

Phoebe: Well, let's try it again.
 えー、もう一回やってみましょ。

Joey: Okay.
 うん。

Phoebe: Je m'appelle Claude.
 ジュ・マペル・クロード。

Joey: Je depli mblue.
 ジュ・デプリ・ブルー。

Phoebe: Uh. It's not... quite what I'm saying.
 ああ・・それ私が言ったのと・・違う。

Joey: Really? Sounds exactly the same to me.
 そう? 全く同じに聞こえたけど。

Phoebe: It does, really?
 あら、そう?

Joey: Yeah.
 ああ。

Phoebe: All right, let just try it again. Really listen.
 いいわ、もう一度やってみましょ。しっかり聞いて。

Joey: Got it.
 わかった。

Phoebe: Je m'appelle Claude.
 ジュ・マペル・クロード。

Joey: Je te flouppe Fli.
 ジュ・テ・フルーピー・フリー。

Phoebe: Oh, mon Dieu!
 ああ、なんてことなの。

Joey: Oh, de fuff!
 ああ、デュ・ファフ!

(モニカ、チャンドラー、エリカが来る)

Monica: Hey, you guys.
 ハーイ。

Phoebe: Hi!
 ハーイ。

Joey: Hey.
 やぁ。

Monica: I want you to meet someone really special. Phoebe, this is Erica. And this is the baby!
 紹介するわ、すごく特別な人よ。フィービー、こちらエリカ。そして(おなかを指して)赤ちゃん!

Phoebe: Oh!
 まぁ!

Monica: Joey. Erica, baby.
 ジョーイ。エリカと、赤ちゃんよ。

Joey: Hi.
 やぁ。

Monica: Everyone. Erica, baby!
 みんな! エリカと、赤ちゃんよ!

Chandler: Monica. Calm, self.
 モニカ、落ち着け。

Erica: Thank you. It's really nice to meet you guys, I can't believe I'm here!
 ありがとう。本当に会えて嬉しいわ。ここに来てるなんて嘘みたい。

Joey: Welcome to New York City! Or should I say "ghe deu flooff New York City"?
 ニューヨークへようこそ! それともこうかな、「ジェ・デュ・フロフ・ニューヨークへ」?

Chandler: Why would you say that?
 なんでそんなこと言うかな?

Phoebe: Okay. What are you gonna be doing today?
 それで、今日は何をするの?

Erica: I wanna see everything! Times Square, Coney Island, Rockefeller Center.
 いろいろ見たいわ! タイムズスクエアでしょ、コニー・アイランド、ロックフェラー・センターとか。

Joey: Oh, you know what you should do? You should walk all the way at the top of Statue of Liberty.
 ああ、これするべきだよ。自由の女神の頂上まで歩いて登るんだ。

Erica: Oh, yeah, let's do that!
 ああ、いいわね。それしましょ!

Chandler: Great! . . This baby'd better be really good.
 いいね!(モニカに)この赤ちゃん元気だろうな。

《グリーン氏の入院先》

Rachel: Hi, uhm, excuse me, I'm here to see my father. My name is Rachel Green.
 (看護師に)ちょっとすみません。父に会いに来たんです。レイチェル・グリーンと言います。

Ross: And I'm Doctor Ross Geller.
 僕はドクター・ロス・ゲラーです。

Rachel: Ross, please, this is a hospital, okay? That actually means something here. . So can we please go in?
 ロス、だめよ。ここは病院なのよ。ドクターって、意味があるのよ。(看護師に)入っていいのかしら?

Nurse: Absolutely.
 大丈夫ですよ。

Ross: Rach, I think I'm gonna wait out here, because my throat is feeling a little scratchy. I don't want to infect him.
 レイチ、僕はここで待ってるよ。喉がかすれた感じだから、風邪をうつしたくない。

Rachel: Ross, please, don't be so scared of him.
 ロス、何を言うの。怖がらないで。

Ross: I'm not scared of him, I'm really sick.
 怖がってるんじゃないよ。本当に病気なんだ。

Nurse: He's under sedation, so he's pretty much out.
 鎮静剤をうたれてますから、意識はないですよ。

Ross: I'm feeling better.
 具合よくなった。

Rachel: Oh! . . Oh! Oh, my God! Ohhh, ohhh, wow, that ear and nose hair trimmer I got him was just money down the drain, huh?
 もう・・(病室に入る)ああ! なんてこと・・ああ・・耳毛鼻毛トリマーをあげたのは無駄だったみたいね。

Nurse: Miss Green, your father's doctor is on the phone if you'd like to speak to him.
 グリーンさん、お父様の担当医から電話ですから、お話いただけますよ。

Rachel: Oh, great, Are you gonna be okay?
 あぁ、よかった。(ロスに)あなた大丈夫?

Ross: He's unconscious, I think we'll be just fine!
 意識ないんだし、大丈夫だと思うよ。

Rachel: Okay.
 わかった。(出て行く)

(ロスがTVをつけると、恐竜が出てきたので、ベッドに足を乗せて楽しみ始める。ゲラー氏が目を覚ます)

Ross: Did the TV wake you?
 TVで起こしちゃいました?

Dr. Green: No. When you put your feet up in my bed, you tugged on my catheter.
 いや。君がベッドに足を乗せたとき、カテーテルを引っ張ったんだ。

Ross: Ouchy.
 アイタ。

Dr. Green: What are you doing here, Geller?
 何をしてるんだ、ゲラー?

Ross: Well, I came with Rachel, who should be back any second! … So, what's new?
 レイチェルと一緒に来たんですよ。彼女すぐ戻ります!・・最近どうですか?

Dr. Green: Ooh, I have a little heart attack.
 ああ、心臓発作を起こしたよ。

Ross: Right. Is it painful?
 そうか。。つらいですか?

Dr. Green: What, the heart attack or sitting here talking to you?
 何が、心臓発作か、それとも君と話してることがか?

Ross: Let's see if we can get that Rachel back in here.
 レイチェルが早くきてくれないかな。(ボタンを押す)

Dr. Green: So what's new with you, huh? Knocked up any more of my daughters lately?
 それで、君は最近どうなんだ? 私の娘をまた妊娠させてないだろうな?

Ross: Nope, just the one. Rach!
 いえ、一回だけです。レイチ!

《ジョーイ達の部屋:フィービーがフランス語を教えている》

Phoebe: Je m'appelle Claude.
 ジュ・マペル・クロード。

Joey: Je do call blue!
 ジュ・ド・コール・ブルー!

Phoebe: Noooo! Okay, maybe if we just break it down. Okay, let's try at one syllable at a time. Okay? So repeat after me. "je".
 違ーう! じゃあ少しずつやりましょ。一言ずつ言うわよ。いい? 私に続いて繰り返して。「ジュ」

Joey: je.
 ジュ。

Phoebe: m'ap
 マ。

Joey: mah
 マー。

Phoebe: pelle
 ペル。

Joey: pel.
 ペル。

Phoebe: Great, okay, faster! "je"
 いいわ。じゃもっと速く。「ジュ」

Joey: je.
 ジュ。

Phoebe: m'ap
 マ。

Joey: mah
 マー。

Phoebe: pelle
 ペル。

Joey: pel.
 ペル。

Phoebe: Je m'appelle!
 ジュ・マペル。

Joey: Me pooh pooh!
 ミ・プープー!

Phoebe: Okay, it's too hard, I can't teach you!
 もう無理だわ。教えられない!(立ち上がる)

Joey: What are you doing?
 何してるの?

Phoebe: I, I have to go before I put your head through a wall.
 あなたの頭壁にぶち込む前に帰るわ。(出て行く)

Joey: No, no! Don't go! I need you! My audition is tomorrow! Shah blue blah! Me lah peeh! Ombrah! . . Pooh.
 (追いかけ)ダメだよ! 行かないで! 助けてくれなきゃ! オーディションは明日なんだ! サー・ブルー・ブラー! ミ・ラー・ピー! オンブラー! ・・・プー。

《実家のレイチェルの部屋》

Ross: Hey!
 やぁ。

Rachel: Hi!
 ハーイ。

Ross: I was gonna make us some dinner but all I found in your dad's fridge was bacon and heavy cream. … I think we solved the mystery of the heart attack.
 何か食事を作ろうと思ったんだけど、君のお父さんの冷蔵庫、ベーコンとクリームしか入ってないよ。どうして心臓発作起こしたかわかったよね。

Rachel: Uh. Did you call your parents?
 ああ。あなたのご両親に電話した?

Ross: Oh, yeah. Emma's doing great.
 うん。エマは元気だよ。

Rachel: Oh, good.
 ああ、よかった。

Ross: Wow.
 ワオ・・

Rachel: What?
 何?

Ross: Just can't believe I'm in Rachel Green's room.
 レイチェル・グリーンの部屋にいるなんて嘘みたい。

Rachel: What do you mean? You've been in my room before!
 どういうこと? 私の部屋に来たことあるじゃない。

Ross: Yeah, sure, right! Like I've ever been in Rachel Green's room.
 ああ、そうだよね!!レイチェル・グリーンの部屋に行ったことあるなんて。

Rachel: Okay, I gotta tell ya, it's really weird when you use my whole name.
 ちょっと、フルネームで呼ばれるなんて変な感じ。

Ross: Sorry. . You okay?
 ごめん。・・君大丈夫?

Rachel: Yeah.
 ええ。

Ross: You had a rough day, huh?
 今日は大変だったね。

Rachel: Yeah. It’s just so weird seeing him like that, you know? I mean, he is a doctor. You don't expect doctors to get sick.
 ええ。父のあんな姿を見るなんて。だってドクターなのに。ドクターが病気になるなんて。

Ross: But we do. … He’s gonna be okay, Rach.
 僕らも病気になるんだよ。・・彼は大丈夫だよ、レイチ。

Rachel: Ow. I don't want him to wake up alone. I should go to the hospital.
 ああ。起きたとき一人だなんていけないわ。病院行かなきゃ。

Ross: What? No, no! Hey, hey, look..
 なに? ダメダメ、ねぇ。

Rachel: What?
 なに?

Ross: They gave him a lot of medication, okay? He wouldn't even know if you were there. Look, we'll go see him first thing in the morning, okay?
 たくさん投薬されてるんだよ、ね? 君がいることも知らないよ。明日の朝一番で会いに行こう、いいね?

Rachel: Really, I shouldn't feel guilty?
 本当、悪いと思わなくていい?

Ross: No, God! Hey, Rach, you've been an amazing daughter, okay? Right now you just need to get some rest.
 悪くないよ! ね、レイチ、君はいい娘だよ。ね? 今は休まないと。

Rachel: Okay, maybe you're right.
 わかった。その通りかもね。

Ross: Good night.
 おやすみ。

Rachel: Wait, wait, wait, wait. Would you stay here with me for a little while?
 待って待って待って待って。もう少しここにいてくれない?

Ross: Sure!
 いいよ。

Rachel: Okay. . . Thank you for coming with me today.
 オーケー・・(ベッドに2人座る)今日は来てくれてありがとう。

Ross: Oh, of course.
 いや、いいんだよ。

Rachel: Rachel Green is very happy you're in her room!
 レイチェル・グリーンはあなたがいてくれて嬉しいわ。

Ross: Me too. Come here.
 僕もだよ。おいで(ハグ)

Rachel: I just don't want to be alone tonight.
 今夜は一人になりたくないの。

Ross: Okay, well, I can maybe grab a sleeping bag, or. . . Oh, oh. . . No, Rach! I'm sorry, I just don't think this, this, this is a good idea.
 そうか、じゃあ寝袋でも持ってこようか。(レイチェルがキスをしようとするが避ける)おっと・・(再びレイチェルがキスをしようとし、ロスが避ける)ダメだよ、レイチ! ごめん、だけど、これはよくないと思うよ。

Rachel: Well, we won't know that until we do it, will we?
 やってみなきゃわからないじゃない?

Ross: No, look, uh. You are upset about your father and you're feeling vulnerable and I just don't feel it would be right. I'd feel like I'd be, you know, taking advantage of you.
 違うよ、ね、君はおとうさんのことで気が動転していて、参ってるんだ。これは間違ってる。そこにつけこみたくないよ。

Rachel: What? Taking advantage? I'm giving you the advantage. Enjoy!
 何が? つけこむって? つけこんでいいのよ。楽しんで!

Ross: Look, I'm sure it would be great, but I-I think one of us has to be thinking clearly. So, I'm gonna go!
 ねぇ、きっと素晴らしいに違いないけど、僕らのうちどちらは、ちゃんと考えないと。だから僕はもう行くよ。

Rachel: Wow. Okay.
 ワオ・・そう。

Ross: I'll see you in the morning.
 また明日の朝ね。(出て行く)

Rachel: Mhm-mh!
 あっそう。

Ross: I haven't had sex in four months. I should get a medal for that!
 (廊下で独り言)何ヶ月もエッチしてないんだ。表彰されたいくらいだよ!

《モニカ達の部屋:モニカ、エリカが帰ってくる》

Erica: Thanks so much for taking me to all those places. I had a great time.
 いろいろ連れてってくれて本当にありがとう。楽しかったわ。

Monica: Oh, I'm glad. Listen, I want to apologize about Chandler, though. I just did not see this coming.
 ああ、よかったわ。でも、チャンドラーのことはごめんなさいね。こんなことになるとは思わなかったわ。

(I love New Yorkと書いたTシャツを着て、自由の女神帽子をかぶったチャンドラーが来る)

Chandler: New York is awesome!
 ニューヨークって最高!

Monica: What is with you?
 あなたどうなってるの?

Chandler: Yeah, I've been to these places before, but I've never really seen them, you know.
 今までにも行ったことあるけど、でも、本当に見たことなかったんだよ。

Monica: Yeah, you miss a lot, when you're mooing.
 あなた、モーモー言ってていろいろ見逃してるわよ。

Erica: Thanks so much for showing me around.
 連れてってくれて、本当にありがとう。

Monica: Oh! It was our pleasure. We are so much enjoying getting to know you.
 あら、いいのよ。あなたをいろいろ知ることができて嬉しいわ。

Erica: Well, if there is anything else you wanna know.
 もっと知りたいことがあればどうぞ。

Chandler: Oh, uh, okay, um. . Do you mind if we ask you some questions about the father?
 ああ、そうか・・赤ちゃんの父親のこと聞いてもいいかな?

Erica: Oh, sure. Yeah. Well, he was my high school boyfriend, captain of the football team, really cute. And he got a scholarship and went off to college.
 ええ、いいわよ。彼は高校のボーイフレンドなの。フットボールのキャプテンで、可愛い人よ。奨学金をもらって大学に行ったの。

Chandler: That's great.
 それはいいね。

Erica: Yeah, it's almost definitely him.
 ええ。多分きっと彼だと思うわ。

Monica: How's that, now?
 どういうこと?

Erica: Well, there is a chance it's another guy. I mean, I have only ever been with two guys, but they sort of overlapped.
 他の人かもしれないの。これまでに2人つきあったことがあるんだけど、ちょっと重なったことがあるの。

Chandler: So, what does the other guy do? Does he go to college too?
 それじゃ、もう一人はどんな人? 彼も大学に行ったの?

Erica: No, he's in prison.
 ううん、彼は刑務所よ。

Monica: Was he falsely accused of something?
 何かの間違いで捕まったの?

Erica: No. He killed his father with a shovel. . But other than that, he's a great guy.
 ううん。彼は、スコップでおとうさんを殺したの。でも、それ以外はいい人よ。

Chandler: I'll bet his dad doesn't think so.
 彼のおとうさんもそう思ってるだろうね。

《モニカ達の寝室:夜、2人がベッドにいる》

Monica: Are you awake?
 起きてる?

Chandler: Of course I'm awake. Assume from now on that I'm always awake.
 もちろん起きてるよ。これから一生起きてるよ。(電気をつける)

Monica: All right, we don't know that it's him. I mean, it could be the football guy.
 ねぇ、彼だとは限らないのよ。フットボールの彼かもしれないでしょ。

Chandler: Honey, it's us. Of course it's the shovel-killer.
 ハニー、俺たちなんだぞ。もちろんスコップキラーの方だよ。

Monica: All right, lets say that it is him, would we not want the baby? No! Would we treat him any differently?
 その人だとして、赤ちゃんはいらないの? そうじゃないわ。扱いを変えるの?

Chandler: I'd keep an eye on him! We have to find out which one the father is.
 気をつけるようになるよ! どっちがお父さんか調べないと。

Monica: How?
 どうやって?

Chandler: I don’t know. Aren't there tests for these things, right?
 知らないけど、調べる方法があるだろ?

Monica: Yeah, but maybe we're just over-reacting.
 ええ、でも、私たち大げさかもしれないわ。

Chandler: Easy for you to say. He's a father killer. He probably loves him mommy. He's probably got a tattoo that says “Mom" on his shovel-wielding arm!
 君はいいよな。彼は父親殺しなんだから。きっと母親を愛してるんだ。スコップを持った手に、「ママ」っていうタトゥーを入れてるかも。

《ジョーイ達の部屋:ジョーイがテープでフランス語勉強中》

Tape: We’ll now count from one to five. Un, deux, trois, quatre, cinq.
 では1から5まで覚えましょう。アン・ドゥ・トロワ、カトル、サン。

Joey: Huh, un, blu, bla, flu, flenk!
 ふん。 アン、ブルー、ブラー、フルー、フレンク!

Tape: Good job.
 よくできました!

Joey: Thank you.
 ありがとう。

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey, Joey.
 ハーイ、ジョーイ。

Joey: Hey!
 やぁ!

Phoebe: Listen, I feel really badly about yesterday and I thought about it a lot and, and I know, I was too impatient. So let’s try it again.
 ねぇ、昨日のこと、本当に悪かったわ。考えたんだけど、私が短気過ぎたわ。またやってみましょ。

Joey: Oh, no, that's okay, I don't need your help. I worked on it myself and I gotta say, I am pretty good.
 いや、いいんだ。助けてくれなくていいよ。自分でやってるんだけど、うまくやれてるよ。

Phoebe: Really, can I hear some of it?
 そう、聞かせてくれる?

Joey: Sure, sure. Okay, "Bleu de la bleu, de la blu bla bleu" . . . See?
 ああ、いいよ。「ブルー・デ・ラ・ブルー・デラブルー・ブラブルー」・・ほらな?

Phoebe: Well, you're not. . You're not... you're not... again, you're not SPEAKING FRENCH!
 いえ・・あなた・・あなたは・・そんなのフランス語じゃないわよ!!!

Joey: Oh, well, I think I am. Yeah, and I think I'm definitely gonna get the part.
 いや、できてるよ。ああ、だから絶対役もらえると思うんだ。

Phoebe: How could you possibly think that?
 どうしてそう思えるの?

Joey: For one thing, the guy on the tape said I was doing a good job!
 まず第一に、テープの人がよくできましたって言ったもん!

《グリーン氏の入院先:レイチェルがコーヒーを注いでいる》

Ross: Hey, Rach, can you grab me a cup of coffee?
 やぁ、レイチ。僕にもコーヒーくれる?

Rachel: Sure.
 ええ。(冷たい表情で渡す)

Ross: You've been quiet all morning. Is everything okay?
 朝からずっと無口だよね。大丈夫?

Rachel: Hmm-hmm.
 ええ。

Ross: You sure you're all right?
 本当に大丈夫?

Rachel: Yep.
 ええ。

Ross: Okay. Well, I'm gonna go grab us some breakfast.
 そうか。それじゃ僕は朝食を食べに行くよ。

Rachel: FYI..
 言っておきますけど・・

Ross: There it is.
 やっぱりね。

Rachel: In the future, when a girl asks for some ill-advised sympathy sex, just do it.
 これからは、女の子が軽率に同情セックスをしたがったら、したらいいのよ。

Ross: Wait, wait. You're mad at me about last night? I was just trying to do the right thing.
 待って、待って。昨日のことで怒ってるの? 正しいことをしようとしただけなのに。

Rachel: Really? Well, it seems to me if you'd done the right thing, I would not have woken up today feeling stupid and embarrassed, I would have woken up feeling comforted and satisfied!
 本当? 正しいことをしたのなら、私バカみたいで恥ずかしい思いで目を覚まさなかったと思うわ。満ち足りて満足してたはずよ。

Ross: Well...
 いやぁ、それは・・

Rachel: Oh, stop that!
 もう、やめてよ!

Ross: I can't believe this. I was just being a good guy. I treated you with respect and understanding.
 信じられないよ。僕はいいヤツだったのに。君に敬意を払って、理解したのに。

Rachel: Oh, that is so hot.
 あらまぁ、セクシーだこと。

Ross: Hey, I was looking out for you.
 おい、君のことを心配してたのに。

Rachel: Oh, really? Well, Ross, you know what? I am a big girl. I don't need someone telling me what is best for me.
 あらそう? ロス、ねぇ、私は大人なのよ。何がいいかなんて教えられなくてもいいわ。

Ross: I gotta say, I have not had sex a lot of times before. This is the worst ever.
 言わせてもらうけど、今までにしたセックスでも昨日は最悪だよ。

Rachel: Oh, really? Really? Well, it wasn't very good for me either.
 あら、そう? 本当に? 私にもよくなかったわ。

Ross: Oh, Okay. Hey, you know what? You know what? To avoid this little thing in the future, let's just say, you and me? Never having sex again.
 ああ、そう。ねぇ、いいかい? 今後こういうことのないように、君と僕は、もう二度とセックスをしないぞ。

Rachel: What?
 え?

Ross: That's right. Sex is off the table. I am never having sex with you again. . . Dr. Green, are you feeling better?
 そうさ。セックスはなしだ。(グリーン氏が後ろに現れる)君とは二度とセックスしない。(グリーン氏の存在に気づく)ドクター・グリーン、調子はよくなりましたか?

《モニカ達の部屋:モニカとエリカが戻る》

Chandler: Hey! How was lunch?
 やぁ! ランチはどうだった?

Erica: We had a good time. By the way, I wanted to ask you something. It would really mean a lot to me, if the baby was a boy, that you name him after my father, Jiminy Billy Bob.
 楽しかったわ。ところで、お願いがあるの。私には大事なことなんだけど、赤ちゃんが男の子だったら、私のお父さんと同じ、ジミニー・ビリー・ボブってつけてもらえないかしら。

(Jiminy Billy Bob = ジミニーはピノキオに登場するジミニー・クリケットのことか?)

Chandler: Oh, really?
 あ・・本当?

Erica: No! . . You we're right, that was fun! I'm gonna go finish packing.
 嘘よ! (モニカに)あなたの言う通りね。おもしろかった。・・荷造りしてくるわ。(立ち去る)

Chandler: O-okay. . . So, is she gonna take the test?
 そうか。・・(モニカに)彼女テスト受けてくれるって?

Monica: No, she doesn't have to. I found out who the father is.
 ううん、必要ないわ。誰がお父さんかわかったの。

Chandler: Oh, God. It's shovely-Joe, isn't it?
 ああ。スコップ野郎だな?

Monica: No, it's not.
 いいえ、違うわ。

Chandler: How do you know?
 どうしてわかる?

Erica: Well, it turns out that Erica didn't pay much attention in Sex Ed class, because the thing she did with that prison guy? It'd be pretty hard to make a baby that way.
 エリカはちゃんと性教育を聞いてなかったようね。刑務所に行った子としたことでは、子供はできないわ。

Chandler: Oh, God! What was it? The thing that we hardly ever do or the thing we never do?
 うわ。何だったの? それって、俺たちがほとんどできなかったことか、全然できなかったこと?

Monica: The thing we never do.
 絶対にやらないこと。

Chandler: Shovely Joe!
 やるな、スコップ野郎!

《ジョーイのオーディション》

Director: Whenever you're ready, Joey.
 用意ができたらどうぞ、ジョーイ。

Joey: Right. Dja bu bu Claude. Uh, c'est la pu les la lu blah bloo.
 はい。デュブブ・クロード。セスト・ラ・プ・レラルブラー・ブー。

Casting assistant: I'm sorry, what's going on?
 すいません、どうなってる?

Joey: Dude, come on! French it up!
 おい、なんだよ。フレンチだよ!

Director: Joey, do you speak French?
 ジョーイ、フランス語はできる?

Joey: Toutes la smore! Bu blu-ay bloo blah ooh! Pfoof!
 トウトラスモア! ブ・ブルーブローブラー・オー! プフー!

Director: You know what? I think this audition is over.
 いいよ、オーディションは以上だ。

Phoebe: Uh, excuse me. Uh, I am Reginé Phalange. I was passing by when I heard this man speaking the regional dialect of my French town of Estée Lauder.
 ちょっと失礼(フランス人っぽい英語で)私はレジーナ・ファランジ。通りかかったら、彼がフランスの地方のエスティーローダーの方言を言ってるのが聞こえて。

Director: You really think this man is speaking French?
 本当に彼がフランス語を話すと思うの?

Joey: Sa-sa-saw!
 ソソソー!

Phoebe: Écoutez, je vais vous dire la vérité. C'est mon petit frère. Il est un peu retardé. Alors, si vous pouviez jouer le jeu avec lui...
(Okay, I’ll tell you the truth. He's my little bother. He's a little retarded. So, would you please just humor him?)
 いいわ、本当のことを言います。彼は弟なんだけど、ちょっと遅れてるの。だから、合わせてやっていただけないかしら?

Director: Good job, little buddy. That was some really good French. But I think we're gonna go with someone else for the part.
 (ジョーイに)よくやったね、僕。上手なフランス語だった。でも、この役は他の人に頼むよ。

Joey: Ah. All right. But my French was good?
 ああ、そうか。でも、フランス語はよかっただろ?

Director: It was great.
 よかったよ。

Joey: Oh-hoh! Ha-hah! See!
 おお! ハハハ! な?

Phoebe: Merci. Au revoir. (Thanks, goodbye.)
 ありがとう。さようなら。

Joey: Yeah-hah. Toute-de-le-fruit.
 ワーイ。トウテ・デr・レ・フルー!

《ジョーイ達の部屋:ロスが奥の部屋から来る》

Ross: Emma's down for the night.
 エマはもう眠ったよ。

Rachel: Oh, good.
 ああ、よかった。

Ross: So uh... I guess I gonna take off.
 それじゃ・・僕はもう帰るよ。

Rachel: Hey, listen, just before you go. I-I again, I just wanna say thank you for coming with me.
 ねぇ、ちょっと帰る前に聞いて。本当に、来てくれてありがとう。

Ross: Oh, no problem.
 ああ、いいんだよ。

Rachel: And also, you know, I uh, I was thinking about what you said, you know, about the whole sex thing and. . Probably not a great idea to go down that road again.
 それに、あなたの言ったこと、セックスのことだけど・・また同じことをするのはよくないかもね。

Ross: Thank you. I'm glad you agree.
 ありがとう。わかってくれて嬉しいよ。

Rachel: It's a shame though. I mean, when we did it, it was pretty good.
 でも残念よね。私たちって、すごくよかったのにね。

Ross: Yeah. Yeah, that's true.
 ああ。ほんと、そうだな。

Rachel: Hey, uh, do you remember that one really great time?
 ねぇ、あのすごくよかった日のこと、覚えてる?

Ross: Oh, yeah!
 ああ、もちろん!

Rachel: You know, it was you're uh.. birthday...
 そうよね。あれは、あなたの誕生日・・

Ross: I was Valentine's day...
 あれはバレンタインデー・・

Both: …… Oh, yeah!
 ! ・・ああ、そうだ!

Rachel: Well, I guess that's all in the past now.
 でも、もう終ったことね。

Ross: Hmm-mm.
 うん。

Rachel: … Not even one more time?
 もうただの一度もね。

Ross: Not even once.
 一回も。

Rachel: No matter how much we want it.
 どんなにその気になっても。

Ross: Even if we want it really bad.
 本当にすごくその気になっても。

Rachel: That's what we decided.
 そう決めたのよね。

Ross: Uhm, right!
 ああ、そうだよ。

Rachel: ...It's kinda hard though!
 ・・ちょっとキツいわよね。

Ross: Yeah.
 ああ。

Rachel: You know, when two people have a connection, you know, that's... just seems like such a... waste.
 ねぇ、2人の人が結ばれたのに、ちょっと、もったいないわよね。

Ross: …I hate waste.
 もったいないのはイヤだな。

Rachel: …Ross?
 ・・ロス?

Ross: Yes?
 はい?

Rachel: Just so you know.. with us. . it's never off the table.
 言っておくけど・・私たち・・なしってことはないわよ。(部屋に行く)

Ross: Damn it. It's never off the table.
 クソッ。なしじゃないのか。(出て行く)

《ジョーイ達の部屋:フィービーがジョーイの経歴書を見ている》

Phoebe: Okay, can you really tap-dance?
 それじゃあなた、本当にタップダンスできる?

Joey: No.
 いいや。

Phoebe: It's off the resumé. . . Archery?
 経歴書から抹消。(ペンで消す) アーチェリーは?

Joey: No.
 できない。

Phoebe: Horseback riding?
 乗馬?

Joey: Would fall off a lot.
 何度も落馬する。

Phoebe: You can drink a gallon of milk in 10 seconds?
 10秒で1ガロンのミルクを飲めるの?

Joey: That I can do.
 それはできるぞ。

Phoebe: Come on, you can drink a gallon of milk in 10 seconds?
 何を言うの、10秒で1ガロンのミルクを飲めるっていうの?

Joey: All right, watch me! . . . Okay, you time me, ready?
 よし、見てろ(冷蔵庫からボトルを出す)測っててよ、いい?

Phoebe: Ready, go!
 レディ、ゴー!

(ボトルのミルクを飲むというか口の上でぶちまけ、空にする)

Phoebe: You did it!
 やったわ!







にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:08| Comment(0) | Season 10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。