2013年12月25日

10-9 The One With the Birth Mother

10-9 産みの母の話

 ☆ウソは真実のはじまり?☆

《セントラルパーク:モニカとチャンドラーが来る》

Chandler: Hi!
 やぁ!

Ross: Hey!
 やあ!

Monica: Hey!
 ヘイ!

Chandler: We're just here to say goodbye. We're off to Ohio.
 出かけるって言いにきただけなんだ。オハイオに行くよ。

Phoebe: Oh, right! Your adoption interview!
 ああ、そうね! 養子の面接ね!

Monica: Yep, we're gonna meet the lady who could be carrying our baby.
 そうよ。私たちの赤ちゃんのお母さんになるかもしれない人に会うの。

Joey: I can't believe it. When you guys come back, you're gonna have a baby! That is so weird.
 信じられないな。おまえ達、帰ってくる時は赤ちゃんがいるなんてな! 変な感じ。

Chandler: And so incorrect.
 間違ってるし。

Monica: She's only a couple of months pregnant. She liked our application but who knows if she's gonna like us.
 まだ妊娠2ヶ月なのよ。書類を見て私たちを気に入ったけど、実際には気に入らないかも。

Ross: Come on, she's gonna love you guys!
 そんなことないよ、きっと気に入られるよ。

Chandler: Uhm, thank you, but we're really trying not to get our hopes up.
 ありがとう。でも、あまり期待しすぎないようにしてるんだ。

Monica: And a lot could still get in our way.
 何があるかわからないもの。

Chandler: Yeah. I mean, this girl could decide against adoption or she could like another couple better..
 そう。養子に出すのをやめるかもしれないし、他のカップルをもっと気に入るかも。

Phoebe: What are you gonna name the baby?
 なんて名前にするつもり?

Chandler: I can develop a condition in which I talk and talk and no one hears a word.
 話しても話しても誰も何も聞いてないっていう状況を作り出せるんだ、俺。

Joey: But just think, okay? What if everything goes right? What if this woman does pick you guys?
 でも考えてみろよ。何もかもうまくいったら? 君らを選んだら?

Monica: Oh, my God. She's gonna pick us!
 ああ、どうしよう。彼女私たちを選ぶ!

Chandler: So we're standing firm on the “not getting our hopes up”?
 「期待し過ぎない」ってのはどうなった?

Monica: You know, I know that things could still go wrong, but if they don't? If this works out, we're gonna have a baby, Chandler. A baby!
 ねぇ、うまくいかないかもしれないけど、でももしそうじゃなかったら? もしうまくいったら、赤ちゃんを持てるのよ、チャンドラー。赤ちゃん!

Chandler: Yes, but...
 ああ、だけど・・

Monica: Oh, my God, it's gonna WORK! We're gonna make it work! I'm gonna be a mummy and you're gonna be a daddy! All right, I'll see you suckers. I'm gonna get me... A BABY!
 ああ、どうしよう、いまくいくわ! 私たちうまくやるのよ! 私はマミーになって、あなたはダディになるのよ! よし、またね、お調子者さん達! 私、赤ちゃんをもらってくるわ!(出て行く)

Chandler: Oh, screw it, I'm gonna be a daddy!!
 ああ、もういいや! 俺はダディになるんだ!

《セントラル:入り口でフィービーが女性と立ち話》

Rachel: Hey, who's Phoebe with?
 (ジョーイに)ねぇ、フィービー、誰と話してるの?

Joey: I'm wanna say “Someone I'm gonna have sex with.”… Hey!
 「俺がセックスする相手だ」って言いたいね。(フィービーに)ヘイ!

Phoebe: Hey.
 ハーイ。

Joey: So... who's your friend?
 あの人誰?

Phoebe: Oh, that's Sarah. No, no. Don't you get any ideas, okay? No, I'm not setting you up with any more of my friends!
 ああ、サラよ。ダメダメ。変な考え起こさないでね。私の友達はもう紹介しないからね!

Joey: OW, why, why, why?
 えっ、なんでなんで、なんで?

Phoebe: Because you'll date her once, sleep with her, and then forget she exists!
 だって一度デートして寝たら、もう存在さえ忘れるのよ!

Joey: Oh, name one friend of yours that I did that with.
 君の友達にそんなことしたか、名前を言ってみろ。

Phoebe: Mandy.
 マンディ。

Joey: Mandy, huh? Uh... really hot blonde, big boobs?
 マンディねぇ? すごいセクシーなブロンドで巨乳の子?

Phoebe: No.
 違う。

Joey: Might be why I don't remember her, huh?
 だから覚えてないんじゃないか?(レイチェルにウィンク)

Rachel: Do you think I'm someone else?
 私のこと誰かと間違えてるの?
 
Joey: Okay, I may not have treated your friends well in the past. But I have grown up a lot, really. Honest, Rach?
 わかったよ、昔はそんなことがあったかもしれない。でも、俺は随分成長したんだ。本当だよ、な、レイチ?

Rachel: Well, believe it or not, it's true. I mean when Joey and I were together, he was wonderful. He was thoughtful and mature. And for the one week that we went out, he didn't sleep with anybody else.
 信じられるかどうか知らないけど、本当よ。私とつきあってた時、彼は素晴らしかったわ。優しくて大人だった。つきあったのは1週間だけど、浮気はしなかったわ。

Joey: Growth!
 (自分を指差して)成長!

Phoebe: Fine, I'll give you her number.
 わかったわよ。彼女の番号あげるわ。

Joey: Okay, thank you. And I promise you I will not forget this one.. Mandy.
 よし、ありがとう。この子のことは忘れないって約束するよ。・・マンディね。

Phoebe: SARAH!
 サラ!!

Joey: Sarah.
 サラ・・。

(ロスが来る)
Ross: Hey!
 やぁ!

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Ross: Hey, you guys, I need some fashion advice.
 なぁ、君たち、ファッションのアドバイスくれよ。

Rachel: Oh!
 ああ!

Ross: How does this look?
 (ベレー帽をかぶり)どう?

Rachel: Well, it's a little low. Pick up a little… A little bit more…A little bit more… There you go! …… Now throw it away.
 かぶり方が深すぎるわ。ちょっと上げて・・もうちょっと・・・もうちょっと(従って上げていくと帽子が宙に浮く)ハイ、捨てて!

Ross: Come on! This looks good.
 なんだよ! これいいだろ。

Rachel: Ross, please, trust me. I buy 30 fashion magazines a month. Now, I don't know who's running for president or who that NATO guy is, but I do know that you have to get as far away as you can from that hat.
 ロス、お願い私を信じて。月に30冊もファッション雑誌を買ってるのよ。大統領が誰か、NATOの理事長が誰か知らないけど、でもその帽子はやめといた方がいいってことはわかってるわ。

Ross: Damn it! I have this date tomorrow night, and I have to look cool!
 くそ! 明日の夜デートなんだ。かっこ良くしていかないと!

Phoebe: Well, you know, if you want fashion help, Rachel and I are going shopping tomorrow. You're more than welcome to come with us, huh?
 そうね、ファッション関係で助けてもらいたいなら、レイチェルと私が明日買い物に行くから、あなたも一緒に来たら?

Ross: Really? That would be great. I mean, I have to do something, she kinda teased me about how I dress.
 本当に? それは嬉しいな。何とかしないといけないんだ。彼女に着てるものをからかわれたことがあってさ。

Joey: I can see why, nice shirt!
 見れば納得だ。いいシャツだ!

Ross: You're wearing the same shirt.
 君、同じシャツ着てるじゃないか。

Joey: Stupid Gap on every corner!
 (見比べて)くそギャップ、店が多すぎるんだよ!

(Gap = アメリカ最大の衣料品小売店)

《養子縁組エージェンシー:モニカ達が案内されてくる》

Agency guy: Please, make yourselves comfortable and I will back in a moment with Erica.
 どうぞ、おくつろぎください。エリカと一緒にすぐ来ます。(立ち去る)

Monica: Okay, thank you.. Well, this is it. Are you Okay?
 わかりました。ありがとう。(チャンドラーに)いよいよね。大丈夫?

Chandler: Yeah. It’s just weird, you know. It's like. "Hi, I'm Chandler. May I have the human growing inside you?"
 ああ。でも変な感じだな。「ハーイ、僕はチャンドラー。君の中で育ってる人間もらってもいい?」みたいな。

Monica: You’re gonna be great.
 きっとあなたは大丈夫よ。

Chandler: You're gonna be great.
 君も大丈夫だよ。

Monica: Well, obviously.
 そりゃそうよ。

(エリカを連れてくる)
Agency guy: Monica, Chandler. I'd like you to meet Erica.
 モニカ、チャンドラー。エリカをご紹介しますよ。

Monica: Hi. It is so, so nice to meet you.
 ハーイ。お会いできて本当に本当にうれしいわ。

Erica: Hi.
 ハーイ。

Chandler: Thank you so much for agreeing to see us.
 僕たちに会ってくださってありがとうございます。

Erica: Hi.
 ハーイ。

Agency guy: I'll let you get acquainted.
 自由にお話しください。(出て行く)

Chandler: Okay.
 わかりました。

Erica: So, it's Monica and Chandler. I only know you as “File CRW33815-D.”
 モニカとチャンドラーなのね。私は「ファイルCRW33815-D」としか知らないけど。

Chandler: That's what our friends call us.
 友達からもそう呼ばれます。

Erica: Gosh, you know, you're just such an amazing couple. It's.. kind of intimidating.
 ああ、あなた方って素晴らしいカップルよね。気後れしちゃうわ。

Monica: I don't know about that.
 それはどうかしら。

Erica: You're kidding me? I mean, it's enough that you are a doctor. But on top of it, you're married to a reverend?
 何を言ってるの? (チャンドラーに)あなたがお医者様だっていうだけでも十分なのに、その上、あなた牧師さんと結婚されたなんて?

Chandler: I don't think that's exactly...
 それは何かが・・

Monica: Let her finish, doctor.
 彼女の話聞きましょう、ドクター。

《セントラルパーク》

Phoebe: Hey!
 ハーイ!

Joey: Hey.
 やぁ。

Phoebe: Oh, my friend Sarah had a great time last night.
 サラが、昨日の夜楽しかったそうよ。

Joey: Yeah..
 ああ。

Phoebe: Yeah, so you're gonna call this one back?
 ええ。あなたまた電話するんでしょう?

Joey: No.
 いいや。

Phoebe: What are you talking about? Sarah's great!
 何を言ってるのよ? サラは素敵な子よ!

Joey: Oh, really? You know what your “great” friend did? We're out to dinner, okay?… We're getting along, having a really nice time. I was thinking she was really cool. And then, out of nowhere...
 そうか? 君の「素敵な」友達が何をしたかわかるか? 俺たちは食事に行った。仲良くなって(デート場面)楽しくやってたんだ。彼女本当にいいなって思ってた。でもその時、突然・・・

(サラがジョーイのフライを取って食べる)

Phoebe: That’s it? That’s why you won’t go out with her again? So, she took some fries, big deal!
 それだけ? それであなたはもう彼女とデートしないっていうの? フライをちょっと取ったからってなによ!

Joey: Hey, hey, look! It’s not about a few fries. It’s about what the fries represent.
 おいおい! フライだけの話じゃないんだ。フライが表すものだよ。

Phoebe: What?
 なによ?

Joey: All food!!
 食べ物全部だ!

Phoebe: I’m sorry, I can’t believe I set you up with such a MONSTER!
 悪かったわね、そんな怪物と会わせちゃったなんて信じられないわ!

Joey: Hey, hey, hey, hey. Look. I take a girl out, she can order whatever she wants! The more, the better! All right? Just don’t order a Garden salad and then eat my food! That’s a good way to lose some fingers!
 おいおい、いいか。女の子達は、俺と出かけたら、何を頼んだっていいんだ。たくさん頼むほどいい! わかる? 野菜サラダだけ頼んでおいて、俺の食べ物を取るなっていうんだ! 指を食われるぞ!

(レイチェルが来る)
Phoebe: Oh!
 あっ!

Rachel: Hi.
 ハーイ!

Phoebe: Thank God you’re here. Listen to this.
 あなたが来てよかったわ。これ聞いて。

Rachel: What?
 なに?

Phoebe: Joey and my friend were out last night and having dinner and she reaches over and takes a few of his fries...
 ジョーイと私の友達が昨日一緒に食事をして、彼女が彼のフライを少し取って・・

Rachel: Oh! Oh, no!
 まぁ、それはダメよ!

Phoebe: What? You know about the plate thing?
 えっ? あなた知ってるの?

Rachel: Oh, yeah, yeah. Joey doesn’t share food. I mean, just last week we were having breakfast and he had a couple of grapes on his plate and ...
 ええ、知ってるわよ。ジョーイは食べ物を人にあげる気はないの。先週なんて、朝食の時、彼のお皿にグレープがあって・・

Phoebe: You wouldn’t let her have a grape?
 (ジョーイに)あなた彼女にグレープをあげなかったの?

Rachel: Oh, no! Not me! Emma!
 いいえ、違うの、私じゃないのよ、エマによ!

Joey: JOEY DOESN’T SHARE FOOD!
 ジョーイは食べ物をあげない!!

Phoebe: Well, I still think that it’s a stupid reason not to call someone again. You are calling her, okay? And if you need to, then just get an extra plate of fries for the table.
 でもやっぱりそんな理由でデートしないなんてバカげてるわ。電話しなさいよね? 必要なら、余分にフライを一皿頼めばいいじゃないの。

Joey: …… I like that! A sharing buffer. Yeah. I’ll order some extra fries. Maybe a plate of onion rings. Yeah. And a shrimp cocktail. And some Buffalo wings. Maybe an individual pizza, huh? And some mozzarella sticks. . . What were we talking about?
 ・・・それはいいな! 分け合いゾーンね。よし。余分にフライを頼むぞ。オニオンリングもいいな。うん。シュリンプ・カクテルも。それから、手羽の唐揚げも。それからめいめいにピザも頼むか。それからモッツァレラスティックも。(嬉しそう)・・何の話だっけ?

《ショッピングに来たロス、レイチェル、フィービー》

Phoebe: This place is awesome!
 ここ素敵ね!

Ross: You know what? We should just go. I’m not gonna find anything here. This stuff is ridiculous.
 ねぇ、僕はもう行くよ。ここにはいいものがないよ。バカみたい。

Rachel: Ah, this place is great!
 (服をたくさんかかえて)ああ、ここって最高ね!

Phoebe: Wow!
 ワオ!

Ross: Rach, come on, I’m not gonna wear any of this. . Nothing silver.
 レイチ、やめろよ。僕、こんなの着ないよ。こんなシルバーなんて。

Rachel: Why?
 どうして?

Ross: Okay? Nothing with hair! And nothing with padlocks on it!
 いいかい? 毛のついたものも! それに錠がついてるものも!

Rachel: Ross, look, I know that some of this stuff is out there, but I mean, come on, look at this, look at this sweater! I mean, this is just beautiful!
 ロス、ねぇ、多少変なのもあるけど、でも、ほら、これ見てよ。このセーターみて。本当にきれい!

Ross: Wow, this is really soft. . . Three hundred and fifty dollars?
 ワオ・・これ本当に柔らかいね・・350ドル?!

Rachel: Yeah, down from seven hundred. You’re saving like, two hundred bucks.
 そうよ。700ドルから値下げよ。200ドルくらいお得なのよ。

Ross: Both logic and math are taking a serious hit today.
 理論的にも数学的にもばっちりだ。

Phoebe: Hey, check this out. It’s totally you!
 (レザージャケットを持ってくる)ねぇ、これ見てよ! あなたらしいわよ!

Ross: Wow!
 ワオ!

Phoebe: Yeah!
 でしょ!

Ross: Wow. Actually this looks like pretty good! Yeah.. “Boys will be boys”?
 (着てみる)ワオ・これはすごくいいね! うん。(鏡に映して背中の文字に気づく)「Boys will be boys」?

Phoebe: What? They will be!
 なに? その通りじゃん。

Ross: All right, that’s it, I’m getting out of here.
 もういいよ。僕はもう帰る。

Rachel: No, no, no, no! Ross, wait! Come on! All right, you know, there’s other stuff here. There’s some nice shirt, look at these nice pants...
 ダメダメダメダメ! ロス、待って。ねぇ、他にもいろいろあるわよ。素敵なシャツとか、このパンツを見てよ。

Ross: Uh, actually these might look pretty good on me.
 ほんと、これは僕によく合いそうだな。

Rachel: Yes, they will! You know what you should do? Just go take a walk, all right? I know your size and I’m... I’m gonna pick up some really good stuff for you.
 そうよ。合うわよ! こうしたらどう? 行って散歩してくるのよ、ね? あなたのサイズ知ってるし、私が何かいいものを選んであげるわ。

Ross: Really?
 本当に?

Rachel: Yes! And I know what looks sexy on guys. Please, just wear what I suggest, and she’s gonna go nuts for you.
 ええ! セクシーに見える物もわかってるし。お願い、私の勧めた通りに着てみて。彼女絶対あなたを気に入るから。

Ross: So, you’re saying, uh, if I wear these pants I might be getting into hers?
 それじゃ、もし僕がこのパンツを履いたら、僕彼女のパンツに入れる?

Rachel: Why do men keep talking to me like this?
 (フィービーに)どうして男ってこういうこと言うの?

《エリカと話すモニカとチャンドラー》

Chandler: So, the fact that I am a doctor, and my wife’s a reverend, that’s important to you?
 それじゃ、僕が医者で妻が牧師だということが、大事なポイントですか?

Erica: Yeah, I read some great applications, but then I thought “Who better than a minister to raise a child?”
 ええ、いろいろな応募資料を見ましたけど、「牧師に育てられるほどいいことがあるかしら?」って思ったんです。

Monica: Amen.
 アーメン。

Erica: Plus, I thought the baby would be in good hands with a doctor!
 それに、お医者さんの手の中なら、赤ちゃんも安心でしょ!

Monica: Uh, good hands. . Healing hands.
 (チャンドラーの手を握り)ああ、いい手ですよ。癒しの手です。

Erica: Reverend, can I ask? Does the bible say anything about adoption?
 牧師さん、聞いてもいい? 聖書では、養子に出すことについて何か言ってる?

Monica: It says, “Do it!” “And behold, she did adopt unto them a baby. And it was good.”
 「せよ!」と書いてあります。「ほら見よ! 彼女は赤子を預けた。よきことであった」

Erica: Wow.
 ワオ。

Chandler: Yeah, wow.
 ええ(モニカに驚きの目を向け)ワオ。

Erica: I was wondering you both have such serious jobs. . Would you have time to take care of a baby and your flock?
 お2人とも重大なお仕事をお持ちですけど、赤ちゃんと教徒の人々のお世話をする時間があるの?

Monica: Oh, no. You know, my flock is good, I mean, yeah. My flock pretty much takes care of themselves at this point. Good flock. Flock, flock, flock.
 ああ、いえ、教徒達はいい人達で、今のところ、自分たちのことは自分たちでできるの。いい教徒達で。教徒、教徒、教徒。

Erica: Being a doctor, that must take up a lot of time.
 お医者さんだなんて、すごく時間をとるでしょう。

Chandler: Not for me it doesn’t.
 僕にはそうでもないですよ。

Agency guy: So, how’s everything going in here?
 (戻ってきて)それで、いかがですか?

Erica: We’re great, I think I may have asked all my questions.
 順調よ。聞きたいことはみんな聞いたわ。

Agency guy: Good. Do you have any question for Erica?
 よかった。エリカに何か質問はありますか?

Chandler: Yeah, actually. So, you read a file that you liked and you gave the agency the serial number and they contacted us?
 ええ、あります。あなたは資料を読んで、気に入った番号をエージェンシーに渡して、それで連絡がうちに来たわけですか?

Agency guy: Yes, our system assures total anonymity. We’re very proud of it.
 そうです。匿名性を大事にしております。大変誇りに思っています。

Chandler: You should be. You’re really on top of stuff.
 そうでしょうね。トップクラスですよ。

Agency guy: Well, then if there’s nothing else, then the two of us should talk.
 (エリカに)それじゃ、他になにもなかったら、2人で話しましょうか。

Erica: Actually, I don’t think we have to.
 いえ、その必要はないと思うわ。

Monica: We don’t?
 そう?

Erica: Yeah, when I read about you two, I was pretty sure I wanted you, but I just thought we should meet face to face.. I've made my decision. I choose them.
 ええ、あなた達の資料を読んだとき、これでいいと思ったけど、一度会ってみたかっただけなの。(エージェントに)決めたわ。この人達にします。

Monica: Oh, my God, this is great! This is so great! .. Did you hear that?
 オーマイゴッド! すごいわ! なんて素敵!(モニカに)あなた聞いた?

Chandler: Yeah, I did.
 ああ、聞いたよ。

Monica: Hey, thank you. Thank you so much. You are so going to Heaven!
 ありがとう。本当にありがとう。あなたは天国へ行くわよ!

《ジョーイ達の部屋:買い物から戻るレイチェルとフィービー》

Rachel: We got some really great stuff!
 本当にいい物買えたわね!

Phoebe: Yeah, yeah, but I am not sure about some of the bras I got.
 ええ、でも、ブラのうちいくつか疑問なのがあるわ。

Rachel: Oh! Really? Do you wanna try some of them on for me?
 あら、そうなの? 私が試してみましょうか?

Phoebe: Oh! okay. Wait, are we in Joey's imagination?
 ああ、ありがとう。待って、私たち、ジョーイの想像の世界にいる?

Rachel: . . Oh, no. I took one of Ross' bags by mistake, and one of mine is missing.
 (バッグの中を見て)ああ、しまった。ロスのバッグを持ってきちゃったわ。私のが一つないし。

Phoebe: Oh, well, Ross probably has it. You can get it from him later.
 ああ、じゃあロスが持ってるのよ。後で交換すればいいわ。

《セントラル:女性向けセーターを来たロスが来る》

Ross: So? What do you think?
 (ジョーイに)これ、どう思う?

Joey: I think we’re not wearing the same shirt anymore.
 俺たちのシャツはもう同じじゃないみたいだな。

Ross: Yeah. Yeah. Rachel picked it out for me. She told me to trust her and you know what? I'm glad I did. I turned quite a few heads on my way over here.
 そう、そうなんだよ。レイチェルが選んでくれたんだ。信じろって言われたけど、信じてよかったよ。ここに来るまで、みんなに振り向かれたよ。

Joey:Dude, I really don't think you should be wearing that.
 おい、そんなの着ちゃダメだぞ。

Ross: Oh, I see. Somebody is afraid of a little competition with the ladies?
 ああ、わかったぞ。女性達を取られそうで恐れてるな?

Joey: Looks like someone is the ladies!!
 誰かさん自身が女性みたいだけどな!

Ross: You're just jealous because you couldn't pull this off. Yeah, now if you'll excuse me, I have a date. . See? All eyes on me!
 こんなの着れないからヤキモチやいてるんだな。じゃ、失礼して(立ち上がり)僕はデートがあるから。(みんなに見られて)ほらな? みんな僕を見てる!

《オハイオのモニカとチャンドラー》

Chandler: We are not signing those papers.
 この書類にサインはできないぞ。

Monica: Why not?
 どうして?

Chandler: It's wrong. They made a mistake. They think we're somebody else.
 間違ってるよ。間違いなんだから。俺たちを別人だと思ってる。

Monica: God works in mysterious ways.
 神様はミステリアスなのよ。

Chandler: You have gotta stop!
 それやめろ!

Monica: But she liked us.
 でも気に入ってくれたのよ。

Chandler: She likes Doctor Chandler and Reverend Monica.
 彼女はドクター・チャンドラーと、モニカ牧師が気に入ったんだよ。

Monica: Well, if you think about it, I am kind of like a Reverend. I mean, as a chef, I serve God, by feeding the hungry and poor.
 考えてみれば、私は牧師みたいなものよ。シェフとして、私はおなかをすかした人や貧しい人に食事を出すことで、神に仕えてるのよ。

Chandler: Your Veal Chop is $34.95!
 君んとこの仔牛肉は34.95ドルじゃないか!

Monica: Come on, Chandler, I just.. I think we have been given an opportunity. I mean, the mistake has already been made. They’re writing up the paper right now.
 ねぇ、チャンドラー、私たちはチャンスを与えられたのよ。もう間違いは起こっちゃったのよ。もうあの人達は書類にサインしてるわ。

Chandler: But we are not the one she chose! How can you feel okay about this?
 でも、俺たちは彼女が選んだ人達じゃない! どうしていいと思えるんだ?

Monica: Because.. We may not be who she thinks we are but no one will ever love that baby more than us.
 だって・・・私たちは彼女が思ってる人とは違うかもしれないけど、私たちほどその赤ちゃんを愛せる人はいないわ。

Chandler: I know..
 わかるよ。。

Monica: I mean, who knows how long it's gonna take for someone else to give us a baby? What if, what if no one ever picks us?
 また他に私たちを選んでくれる人が現れるまで、どれだけかかるかわからないでしょ? もし、誰にも選ばれなかったらどうするの?

Chandler: Oh, honey..
 ああ、ハニー。。

Monica: Please.. please, we are so close.
 お願い、お願い・・もうすぐそこまできてるのに。

Chandler: Monica, I want a baby too. But this woman is giving away her child. She deserves to know who it's going to.
 モニカ、僕も赤ちゃんは欲しいよ。でも、あの人は子供を手放そうとしてるんだぞ。誰に渡すのか知る権利がある。

Monica: Okay, you’re right.
 わかったわ。その通りね。

Chandler: So, we'll tell the truth. And who knows, maybe she'll like us for us.
 それじゃ、本当のことを言うよ。それでも気に入られるかもしれないだろ。

Monica: Maybe she will. Uh! Why couldn't I have been a Reverend?
 そうかもね。ああ、どうして私牧師じゃないの?

Chandler: You're Jewish.
 君、ユダヤ教だろ。

Monica: Technicality!
 細かいこと言って!

《レストラン:ジョーイとサラのデート》

Waiter: A garden salad for the lady.
 野菜サラダでございます。

Joey: Oh, that looks great! Good ordering!
 ああ、おいしそうだね。いい注文だ。

Waiter: Seafood platter for the gentleman and extra fries. Enjoy!
 シーフードの大皿と、もう一皿フライでございます。お楽しみを!

Sarah: Mmm, those fries look delicious.
 んー、フライおいしそうね。

Joey: Oh, I didn't know you liked French fries. Help yourself! What's mine is yours.
 ああ、フレンチフライが好きとは知らなかったよ。どうぞ取って。俺の物は君のものだよ。

Sarah: Oh, wow, are those stuffed clams?
 (フレンチフライを食べた後)ああ、それはスタッフド・クラムね?

Joey: Uh.. yes, they are my stuffed clams. . . How about those fries though, huh?
 ああ、そうだよ。これは俺のスタッフド・クラムだよ。(サラが手を伸ばすので)それより、このフライはどう?

Sarah: They are delicious.
 おいしいわ。(フライを食べたがまた蛤に手を伸ばす)

Joey: You are beautiful, you know that?
 (取られるのを遮って手を取り)君は美しいね、知ってる?

Sarah: Oh, that is so sweet..
 ああ、優しいのね。

Joey: Okay, then. . . Now look what you did!!
 それじゃいいね。(サラに取られまいとしていて、皿ごと落としてしまったジョーイ)ほら見ろ、君のせいだ!

Sarah: What? What is the matter with you?
 え? どうしたのよ?

Joey: I don't like it when people take food off of my plate, okay?
 人が俺の皿から食べ物を取るのは嫌いなんだよ!

Sarah: But you just said, "What's mine is yours"?
 でも、あなたさっき言ったじゃない、「俺のものは君のものだ」って?

Joey: Well, I didn't mean it!
 本気じゃない!

Sarah: Fine. Sorry, I didn't think it was that big a deal.
 わかったわよ。ごめんなさいね、そんなおおごととは思わなかったわ。

Joey: I'm sorry, I'm overreacting. Okay, It's just when it comes to food, I have certain rules, okay? I mean, there are things you do..and you know, things that you don't do.
 ごめんよ、おおげさだったよ。食べ物のことに関しては、ルールがあるんだよ。(落とした料理を拾う)ほら、していいことと、いけないことがあるってことだよ。(拾ったものを食べる)

《デートで建物に入ってきたロスと女性》

Girl: Wow, this place looks great.
 ワオ・・ここ素敵なところね。

Ross: Oh! You are gonna love it! And I'm so glad, we're finally doing this.
 ああ、きっと君、気に入るよ。(上着を脱ぎながら)ついにデートに来られてうれしいよ。

Girl: Me too!
 私もよ(上着を脱ぐ)

Ross: Here. . So this was fun.
 ほら。。(上着を脱ぐ彼女を手伝ったが、その後2人同時に、同じセータを着ていることに気づき、そろって上着をまた着る)楽しかったよ。(左右に分かれて出て行く2人)

《レストランのジョーイとサラ》

Joey: I really am sorry about, you know, before. I just want to make sure you know that I really do like you.
 さっきのこと、本当にごめんよ。ただ、君のこと好きだってわかってほしいよ。

Sarah: Sure, just not as much as clams.
 ええ、まぁハマグリほどではないけどね。

Joey: Well, stuffed clams.
 いや、スタッフド・クラムだよ。

Waiter: Chocolate torte for the lady. Cheesecake for the gentleman.
 (デザートを持ってくる)チョコレート・トルテをお嬢さまに。チーズケーキを紳士に。

Joey: Uh, excuse me, sir. There seems to be some sort of red crap on my cheesecake.
 ちょっと、すいません。何か変なものが、俺のチーズケーキにかかってるんだけど。

Waiter: Yes, that's a raspberry coulis.
 ええ、ラズベリー・ソースでございます。

Joey: I’m so stupid, ordering cheesecake, trying to be healthy.
 俺ったら本当にバカだな。ヘルシーとか思ってチーズケーキなんか頼んで。

Sarah: Oh, my God!
 (デザートを食べ)おいしい!!

Joey: Oh, all right, I'll just have what she's having instead.
 それじゃ、これじゃなくて、俺も彼女と同じのをもらうよ。

Waiter: Oh, I'm sorry, sir. That was our last piece.
 ああ、申し訳ありません。あちらが最後の一つだったんです。

Sarah: Mmmm! Mmm! . . . Oh, no! This is work. I should call in. Can you excuse me?
 (おいしそうに)んー!んーっ!(ポケベルが鳴る)あ、いけない。仕事だわ。電話しないと。ちょっと失礼していい?

Joey: Oh, yeah, sure. No problem.
 ああ、いいよ。うん、どうぞ。(サラのデザートに手を伸ばす)

Sarah: What are you doing? I thought you don't share food.
 何をしてるの? 食べ物は分けないんじゃなかったの?

Joey: Sure I do.. Coulis?
 いや、分けるよ。(チーズケーキを差し出し)ソースは?

Sarah: No. If I can't have your clams, you can't have my dessert. This is a two-way street.
 いらない。あなたのクラムを私がもらえないなら、あなたも私のデザートを食べちゃだめよ。お互い様よ。

Joey: Really?
 本当に?

Sarah: Really. Now this all better be here when I come back.
 本当よ。私が戻った時、減ってないようにしてね。

Joey: Yeah, of course. I can control myself.
 ああ、もちろんだよ。我慢できるよ。

(サラは立ち去る。斜めに座ってトルテを避けるが落ち着かずイライラするジョーイ)

Joey: Stop staring at me! . . . Just a tiny little . . . Oh-oh!
 (トルテに)じっと見るな! ・・・ちょっとぐらいいいか。(一口食べる)おっと!

(時間経過し、サラが戻るとデザートはなくなり、口の回りチョコレートだらけのジョーイ)

Joey: I'm not even sorry.
 悪かったとも思わない。

《オハイオのモニカとチャンドラー》

Erica: Hi!
 ハーイ!

Agency guy: Hey.. So, these are the preliminary forms for an open adoption. There's a lot to go over, but I'll explain everything as we go through it.
 どうも。こちらが養子縁組みのために用意した書類でございます。いろいろたくさんありますが、やっていきながら説明いたしますので。

Monica: I-Is... Is that a picture?
 それ・・それ写真なの?

Erica: Yeah. It's a sonogram they took of the baby last week. I thought you might want to see it.
 ええ。先週撮った超音波の写真よ。あなた方も見たいかと思って。

Monica: Look, doctor!
 見て、ドクター!

Chandler: Look, before we sign anything, we really have to talk.. We're not who you think we are.
 何もサインしないうちに、話をしたいんです。我々は、思われている者じゃありません。

Agency guy: I don't understand.
 どういうことかわかりませんが。

Chandler: The agency must have made some mistake. My wife is not a reverend and I'm not a doctor.
 エージェンシーで何か間違いがあったようです。妻は牧師ではないし、僕はドクターじゃないです。

Erica: What?
 え?

Agency guy: That's impossible.
 そんなはずはない。

Chandler: I could perform an operation on you and prove it if you'd like.
 もしお望みなら手術して証明しますよ

Agency guy: I have to check your file. Excuse me.
 ファイルを確認してきます。失礼(出て行く)

Erica: So who are you?
 それじゃ誰なの?

Chandler: Well, our names really are Monica and Chandler. We're from New York.
 僕らの名前はモニカとチャンドラーで、ニューヨークから来ました。

Monica: Yeah, but the important thing to know about us, is how much we would care for this little baby.
 私たちを知っていただくことで肝心なことは、私たちがすごくこの子を(写真を指して)愛しているかってことです。

Erica: So you lied to me before?
 それじゃさっきは嘘をついたの?

Monica: Well, we... "bore false witness"... See? I could be a reverend.
 そうね、私たち「偽証を立てました」・・ほらね? 私も牧師になれるかも。

(bore false witness = マルコによる福音書14章56節 For many bare false witness against him, but their witness agreed not together.)

Erica: I can't believe this.
 信じられない。

Monica: But we were hoping that since we told you the truth that you still might consider...
 本当のことを言っても、私たちのことを考慮にいれてくれるかもしれないと思って・・

Erica: Giving you my baby? You think I'd give you my child after this?
 私の赤ちゃんを渡すって? こんなことの後でそんなことすると思う?

Monica: Well, you don't have to decide right now, but if you could just look at our file...
 今すぐ決めなくても・・私たちのファイルも見てもらえれば・・

Erica: I don't want to look at your file! This is over.
 あなた達のファイルなんて見たくないわ。もうおしまいよ。(出て行く)

Chandler: Erica, wait!
 (追いかけて)エリカ、待って!

Erica: I have nothing to say to you.
 (廊下を歩いて行きながら)話すことはないわ。

Chandler: You have every reason to be upset. We did lie. But only because we've been waiting and trying to have a baby for so long. And we don't know how long it's gonna be before we can get another chance again.
 怒るのももっともだ。僕らは嘘をついた。でも、僕らはずっと子供を欲しいと思って待っていたからなんだ。また他のチャンスを待ったら、どれだけかかるかわからないんだ。

Erica: Why don't you ask the reverend to pray on it?
 じゃあ牧師さんに祈ってもらえば?

Chandler: Erica, please. Just consider us. Ask them to see our file. Our last name's Bing. My wife's a chef and I'm in advertising.
 エリカ、頼むよ。僕らのこと考えてみて。僕らの資料を頼んでみて。僕らの名字はビング。妻はシェフで、僕は広告業界で働いている。

Erica: Oh, yeah. I actually liked you guys. But it doesn't matter, because what you did was wrong.
 ああ、そう。本当にあなた達のこと気に入ってたのに。でも、関係ないわ。あなた達のしたことは間違ってる。

Chandler: But you did like us. And you should. My wife's an incredible woman. She's loving and devoted and caring. And don't tell her I said this but the woman's always right. I love my wife more than anything in this world. And I.. It kills me that I can't give her a baby. I really want a kid. And when that day finally comes, I'll learn how to be a good dad. But my wife.. she's already there. She's a mother.. without a baby.. Please?
 でも、僕らを気に入ってくれたんだろ。そのはずなんだよ。僕の妻は素晴らしい女性なんだ。愛情深くて一生懸命で優しいんだ。これは彼女に言わないでほしいんだが、彼女はいつも正しい。この世界の何よりも彼女を愛してるんだ。彼女に赤ん坊を与えてあげられなくて、とてもつらいんだ。本当に子供がほしい。その日が来たら、僕もいい父親になるようがんばるよ。でも、妻は、彼女はもう親なんだ。彼女は子供ができる前から母なんだ。頼むよ。。

《モニカのところへ戻るチャンドラー》

Chandler: You still want that baby?
 君まだあの赤ちゃん欲しい?

(喜んでチャンドラーに飛びつきハグ)

Monica: God bless you, Chandler Bing!
 神の祝福を! チャンドラー・ビング!

《セントラルパーク:上着を着たロスが入って来る》

Ross: Turns out this sweater is made for a woman.
 このセータは女性向けだったよ。

Joey: So, why are you still wearing it?
 それで、なんでまだ着てるんだ?

Ross: Because it's soft. Hey, so how was your date?
 柔らかなんだ。なぁ、デートはどうだった?

Joey: Ooh. Not so good.
 ああ、あんまりよくなかったよ。

Ross: Well, looks like it's just the two of us tonight, huh, buddy?
 それじゃ今夜は僕ら2人だけみたいだね?

Joey: Yeah, and you know what? We could do a lot worse.
 そうだな。でも、まだマシな方だよな。

(握手。その後ロスがジョーイのマフィンを取る)

Joey: JOEY DOESN'T SHARE FOOD!
 ジョーイは食べ物を分けない!!(慌てて返すロス)






にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 00:09| Comment(0) | Season 10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。