2013年12月23日

10-7 The One With The Home Study

10-7 家の調査の話

 ☆フィービーのウェディングプラン☆

《セントラルパーク:ジョーイとロスがラケットを持って入ってくる》

Ross: Hey, you guys.
 やぁ、君たち!

Phoebe: Hey.
 ハーイ。

Ross: Hey, what are you doing?
 やぁ。何してるの?

Mike: Oh, figuring out our wedding plans.
 結婚式の計画を立ててるんだよ。

Chandler: That's funny, we were doing the same thing.
 偶然だな。俺たちも同じことをしてたんだよ。

Ross: Yeah.
 そう。

Phoebe: It's really crazy. The hall, the dress, the food... I had no idea how expensive this stuff was.
 本当におかしいじゃん。会場、ドレス、食事・・こんなにお金がかかるなんて知らなかったわ。

Chandler: Yeah, it is really pricey. I mean, I freaked when I first heard the numbers.
 ああ。本当に高いんだよね。俺も初めて聞いた時はビビったよ。

Phoebe: So what did you two do about it?
 それで、あなた達の時はどうしたの?

Chandler: It was pretty simple actually. I came up with a couple of cost-cutting solutions, wrote out a list and Monica told me to go to hell.
 簡単だよ。俺が経費削減案を考えて、リストアップした。そしてモニカに、死ねって言われた。

Ross: There's no way around it, Pheebs. You just gonna have to accept the fact that this is gonna cost you a lot of money.
 どうしようもないんだよ、フィーブス。お金がかかるものだと諦めるしかないんだよ。

Mike: I heard that weddings are, like, a 40 billion dollar a year industry.
 結婚式関連って、400億ドル産業だって聞いたよ。

Ross: Yeah, and I'm responsible for just, like, half of that.
 ああ。その半分ぐらいは、僕から出てるよ。

Phoebe: But really, it does seem like this money could be put to better use.
 でも本当、このお金って、もっといいことに使えるんじゃないかしら。

Mike: Are you serious?
 本気で言ってる?

Phoebe: Yeah. Now, how would you feel if we gave all the wedding money to charity and we just got married at City Hall?
 ええ。この結婚式費用を募金して、私たちは市役所で結婚したらどうかしら?

Mike: I think it would make me wanna marry you even more.
 ますます君と結婚したくなったよ。(キス)

Ross: I've got to say, you guys, that's an incredible gesture.
 それは本当に素晴らしい心がけだね。

Chandler: Maybe you do that next time you get married.
 (ロスに)次に結婚する時、おまえもそうしたら?

Ross: No, no, no. The next time it's gonna be a Hawaii at sunset. . . But maybe the time after that.
 ダメダメ。次回は、ハワイの夕焼けの中でやるんだ。・・でも、その次の時にできるかも。

《モニカ達の部屋:ジョーイが来る》

Joey: Hey.
 やぁ。

Chandler: Hey.
 やぁ。

Joey: What's going on?
 何してるんだ?

Chandler: Our adoption social worker is coming by today, so we are cleaning the apartment.
 養子縁組のソーシャルワーカーが今日来るから、俺たち、掃除してるんだ。

Monica: We?
 俺たち?

Chandler: You know you don't want me to help. You can't have it both ways.
 手伝ってほしくないくせに。文句は言えないぞ。

Joey: Hey, is this person who decides whether or not you get a baby?
 なぁ、その人が、君らが養子をとれるか決めるのか?

Chandler: Kind of. She's coming by to interview us and see where we live.
 まぁな。住んでいるところを見に来て、面談するわけだ。

Monica: And it has to go perfectly, because if she doesn't like something about us she can keep us off every adoption list in the state.
 完璧にしないといけないの。彼女が私たちのことを気に入らなかったら、この州の養父母候補リストに入れてもらえないの。

Joey: Hey, maybe I should stop by. She could be a soap opera fan. It's very impressive when the little people know a celebrity.
 なぁ、俺がきてやろうか。彼女、メロドラマファンかもしれないぞ。小市民がセレブに会うと感動するからな。

Chandler: “Little people”?
 (自分を指差し)小市民か?

Joey: “Celebrity.”
 (自分を指差し)セレブ。

Monica: Okay, so I think I'm just about done here. Unless you have any bad stuff hidden somewhere, like... porn or cigarettes?
 オーケー・・準備できたわ。ただし、あなたがどこかに何か隠してなければね。ポルノとかタバコは?

Chandler: What? No.
 何? 隠してないよ。

Monica: Chandler?
 チャンドラー?

Chandler: I don't, and I'm offended by the insinuation.
 隠してないよ。その言い方、傷つくな。

Monica: Okay, so there's not a magazine under the couch, or a pack of cigarettes taped to the back of the toilet tank, or a filthy video in the VCR?
 わかったわ。それじゃ、カウチの下に雑誌隠してたり、トイレのタンクの裏にタバコをテープでとめたり、デッキにエロビデオが入ってたりしないのね?

Chandler: I'll admit to the cigarettes and the magazine, but that tape is not mine.
 タバコと雑誌は認めてもいいけど、ビデオは俺のじゃない。

Monica: It isn't mine.
 私のじゃないわよ。

Joey: Well, I guess we'll never know whose it is.
 それじゃ、誰のものか不明なわけだ。(ビデオを手に出て行く)

《ニューヨーク児童福祉機関:フィービー達が来る》

Charity guy: May I help you?
 何かご用でしょうか?

Phoebe: Yes. We're here to make a rather sizable donation to the children.
 ええ。子供達のために、かなりの額の寄付をしに来たのよ。

Charity guy: Well, any contribution, large or small, is always appreciated.
 額に関わらず、どんな寄付でもとてもありがたいです。

Phoebe: Well, I think you're gonna appreciate it the crap out of this one.
 あなた、これにはぶったまげるほどありがたいわよ。(小切手を渡す)

Charity guy: Well, this is very generous.
 これはこれは・・気前のいいご寄付ですね。

Phoebe: And we don't want any recognition. This is completely anonymous.
 私たち、知られなくてもいいの。これは完全に匿名よ。

Mike: Completely anonymous. From two kind strangers.
 完全に匿名だ。2人の親切な誰かからということで。

Phoebe: Mr. X and Phoebe Buffay.
 ミスター・エックスと、フィービー・ブフェよ。

Charity guy: Well, if you like, we can include your names in our newsletter.
 よろしければ、ニュースレターにお名前を載せますよ。

Mike: Not necessary.
 必要ないよ。

Phoebe: Buffay is spelled B-U-F-F-A-Y.
 ブフェのスペルは、B-U-F-F-A-Yよ。

Mike: And "X" is spelled uh.. "Mike Hannigan".
 Xのスペルは、「Mike Hannigan」だよ。

Charity guy: All right. Well, on behalf of the children, thank you both very much.
 わかりました。それでは、子供達を代表して、お2人に感謝いたします。

Phoebe: Sure, I so glad we did this. It feels so good.
 ええ、私も嬉しいわ。気分がいいわね。

Mike: It does. It feels really good.
 本当だね。いい気分だよ。

Phoebe: Oh, look. And we get these free t-shirts.
 あら、見て。Tシャツがもらえるのね。(カウンターのTシャツを手に取る)

Charity guy: Oh, actually, that's the shirt I wore to the gym.
 ああ、それは私がジムで着たシャツです。

Phoebe: Mhm... it's moist.
 ああ。しっとり。

《ジョーイ達の部屋:ロスが来る》

Ross: Hi.
 やぁ。

Rachel: Hi. Emma will be up in a minute.
 ハーイ、エマはもうすぐ起きるわ。

Ross: Oh, good.
 よかった。

Rachel: Oh. Hey, Ross, listen, I heard about you and Charlie. I'm really sorry.
 ねぇ、ロス、あなたとチャーリーのこと聞いたわ。残念だったわね。

Ross: Oh, that's okay. I'm sure there are tons of other beautiful paleontologists out there.
 ああ、いいんだよ。他にもたくさんきれいな古生物学者が、きっといるよ。

Rachel: Absolutely.
 そうよ。

Ross: There was one. She's it. All the rest look like they should live under a bridge.
 一人だけだよ。彼女だけだ! あとはみんな、橋の下の方が似合いそうな人ばっかりだ。

Rachel: So, uh.. what are you gonna do today?
 それで・・今日はこれからどうするの?

Ross: Well, I was thinking of taking Emma to the playground.
 うん、エマを公園に連れて行くつもりだよ。

Rachel: Oh, my God. What?
 まぁ、なんてことを!

Ross: … Like I said, I was thinking of taking Emma to the museum of Knives and Fire.
 ・・・今言ったように、ナイフと炎の博物館へ連れていくんだよ。

Rachel: Okay, look, Ross. I do not want Emma going to the playground.
 ねぇ、ロス。エマを公園に連れてってもらいたくないの。

Ross: … Because..?
 ・・どうして?

Rachel: All right, well, if you must know... I had a traumatic.. swing incident.. when I was little.
 どうしても知りたいのね。私は子供の頃、ブランコで、トラウマになるようなひどい目にあったの。

Ross: Seriously?
 本当に?

Rachel: Yes, I was 4 years old, and I was on the swing and then all of a sudden my hair got tangled in the chain. And to get me out my mom had to-had to cut a big chunk of my hair. . And it was uneven for weeks.
 ええ、4歳の時だったわ。ブランコに乗っていたら、急に髪がチェーンにからまったの。それを外すために、ママに髪をバッサリ切られたのよ。(泣く)何週間も髪が不揃いだったのよ。

Ross: And you made it through that? I wonder who's gonna play you in the movie.
 そしてそれを乗り越えたんだ? 映画化では誰が君の役だろうね。

Rachel: Okay, fine. You can make fun of me. I do not want Emma going there. And I was thinking Claire Danes.
 もう、いいわよ。笑えばいいわ。エマは公園に行かせないわよ。それから、クレア・デインズがいいと思うわ。

(Clare Danes = ディカプリオ版ロミオとジュリエットのジュリエット役で知られる俳優)

Ross: Look, I'm sorry to hear about your tragedy, okay? But the swings are perfectly safe, and besides Emma loves them. You know what, you should come with us, and you'll see.
 その悲劇はかわいそうだったと思うよ、ね? でも、ブランコって安全なものだよ。それに、エマは大好きなんだ。君も一緒に来て見てごらんよ。

Rachel: Ross, those things go like 40 miles an hour, okay? And there’s that moment when you are at the top, when you just don't know if you're gonna return back to earth.
 ロス、あれは時速40マイル(64.37キロ)ぐらいなのよ、わかる? 頂上にいった時には、また地球に降りてこられるか、わからないのよ。

Ross: Space is filled with orbiting children. . . Look, please, just come on. You know, when you’ll see the look on Emma’s face, I swear, you won’t regret it.
 宇宙は、軌道に乗っている子供達がいっぱいだよね。・・ねぇ、頼むからおいでよ。エマの顔を見たら、絶対後悔しないって。

Rachel: All right.
 わかったわよ。

Ross: Good. You know, you don’t want to be one of those mothers who pass on their irrational fears on their children, do you?
 よかった。君も、理由もなく怖がるなんてこと、子供に引き継ぎたくないだろ?

Rachel: Irrational, huh? All right, well, I’ll remember that the next time you freak out about a spider in your apartment.
 理由もなく、ね? わかったわよ。今度あなたが、部屋にクモが出たって大騒ぎした時に思い出すわ。

Ross: Oh, yeah, that’s the same, I am sure there are thirty different species of poisonous swings.
 ああ、そうだよ、同じことだよね。世界にはきっと30種類もの毒ブランコがあるよね。

《モニカ達の部屋:ノックの音》

Monica: Oh, my God. The adoption lady is early.
 ああ、大変。養子紹介の人がきたわ。

Chandler: Okay, okay. Here we go.
 よし、よし。行くぞ。

Monica: Okay.
 ええ。

Chandler: Here we go. Stand up straight. Big smile.
 行くぞ。きちんと立って。ニッコリして。(ドアを開ける)

Phoebe: Hello. Is this the Creepy residence?
 こんにちは。こちら、気持ち悪い人の家?

Monica: We’re waiting for the adoption lady. But, hey, I’m glad you’re here. I was cleaning this morning and I found this. . I don’t know if you wanna use it, but…
 私たち、養子紹介所の女性を待ってるの。でも、あなたが来てよかったわ。今朝掃除していて見つけたの。これを使いたいかどうかわからないけど・・(箱からベールを出して見せる)

Phoebe: Awe, this is so sweet of you. Oh.. But you know what? I won’t be needing a veil, I actually won’t be wearing a dress at all.
 ああ、優しいのね。ああ! でもね、ベールはいらないの。実はドレスもいらないのよ。

Monica: I told you. I am not coming to a naked wedding.
 言ったでしょ。裸のウェディングには出席しないわよ。

Phoebe: No, no, no. We’re not having a big reception. We took the money we were gonna spend on a wedding and we donated it to the children’s charity.
 違う、違うの。私たち披露宴しないの。結婚式に使う予定だったお金を、子供達のために寄付したのよ。

Monica: That’s crazy. . I’m sorry. I just can’t imagine giving up my one wedding day like that.
 そんなのどうかしてるわよ!・・ごめん。たった一度の結婚式をあきらめるなんて、私、想像つかなくて。

Phoebe: Well, you know, we’re different. We don’t care about having a huge party. . This is really nice for you, but, oh, please, I put this on? . . And, ow, I just look like. . . Well, radiant.. All right, but who cares? I don’t need a pretty veil and a fancy dress.
 あなたと私は違うのよ。私たちは、大きなパーティはいらないの。これはあなたには似合うけど、私が着けるの?(かぶってみる)そんなの、私・・(トースターに映った自分を見る)輝いてるわ。・・いいわよ。でも、それが何? 私は可愛いベールとかおしゃれなドレスはいらないわ。

Monica: That’s right. You’re making a commitment. And, you know, that’s the same, whether you do it at the Plaza or.. Where are you gonna do it?
 そうよね。あなたは結婚という契約をするんだもんね。同じよね。プラザでやろうと・・あなたはどこであげるの?

Phoebe: City Hall.
 市役所。

Monica: Ow! .. Oh, that sounds nice. I was just there for jury duty. They’ve really spruced that place up.
 まぁ!(チャンドラーに背中を叩かれ)ああ、それは素敵ね。私も裁判員のために行ったのよ。きれいにしてあったわ。

Phoebe: Okay. It’s okay. It’s okay. It’s okay. I made my decision. What I really want is a great big wedding.
 いいのよ。いいの。いいの、いいの。もう決心したんだから。私が本当に望んでいるのは、豪華な結婚式よ。(息を飲む)

Monica: Yay!
 イエーイ!

Chandler: But you already gave all your money to charity.
 でも、もう全部寄付しちゃったんだろ。

Phoebe: Well, I’ll just ask for it back.
 それは、返してって言うわ。

Chandler: I don’t think you can do that.
 それはできないだろう。

Monica: Why not. This is her wedding day. This is way more important than some stupid kids.
 どうしてよ。彼女の結婚式なのよ。どこかのバカな子供達より、うんと大事なことなの。

Chandler: That’s sweet, honey, but save something for the adoption Lady.
 優しいね、ハニー。でも、養子紹介の人にそれ言うなよ。

《公園:ロスがブランコにエマを乗せようとしている》

Rachel: All right. Okay. Be careful.
 大丈夫、いいわね。気をつけて。

Ross: Okay.
 ああ。

Rachel: Careful, watch her hair. Watch her hair!
 気をつけて・・髪に気をつけて。髪に気をつけろっ!

Ross: Rach, she’s got, like, three hairs.
 レイチ、髪ったって、3本くらいだよ。

Rachel: I know. I know, but they’re just so beautiful. Oh, my God, I just pulled one out.
 わかってる、わかってるけど、本当にきれいなんだもの。ああ、大変。1本抜いちゃった。

Ross: I promise you she’s safe, okay? Now watch. Watch how much she loves this.
 本当に、安全だから、ね? 見て。この子がどんなにこれを好きか、見て。

Rachel: Okay.
 わかった。

Ross: Ready, sweetie?
 (エマに)いくよ、いい?

Rachel: Okay.
 ええ。

Ross: Here we go.
 いくよ(ブランコを押す)

Rachel: Okay, careful, Okay. . Oh, she’s smiling. Oh, my God, she does like it.
 ちょっと、気をつけて・・ああ、笑ってるわ。ああ、これが好きなのね。

Ross: See, I told you.
 ほらね、言っただろ。

Rachel: Awe. . Oh, my God. Look at her, she’s a little daredevil. Oh, God. Let me push. Can I push?
 ああ・・(エマが笑う)なんてこと・・見てこの子。怖いもの知らずね。ああ・・押したいわ。押してもいい?

Ross: Oh, absolutely.
 ああ、もちろんだよ。

Rachel: Okay. Oh, God. Okay, get the camera. It’s in the diaper bag.
 オーケー・・ああ。ねぇ、カメラ取って。おむつバッグの中に入ってるわ。

Ross: Okay. . . See? Scared of swings. I bet you feel pretty silly.. Ow!!
 わかった。(カメラを探し出して構える)ほらね? ブランコが怖いなんて。バカみたいな気分だろ・・(写真を撮っていて隣のブランコの子供に蹴られる)痛っ!

《ニューヨーク児童福祉機関:また来たフィービー達》

Mike: We’re seriously asking for the money back?
 本当にお金返してなんて言うの?

Phoebe: It’s for our wedding day. Right, now, is this guy gay or straight, because one of us gonna have to start flirting.
 私たちの結婚式のためよ。それじゃ、あの人ゲイかストレートかよ。あなたか私のどっちかが色仕掛けよ。

Charity guy: Wow. Are you here to make another donation the same day? I don’t think that’s ever happened before.
 ワオ。同じ日にもう一度寄付してくださるんですか? そんなことは初めてです。

Phoebe: Gay. Go.
 ゲイよ。行って。

Mike: Oh, my God, I love your shirt.
 (受付の人に)なんてこと・・君のシャツ素敵だね。

Phoebe: The donation we made earlier? Well, we…, we want it back.
 私たちがさっきした寄付だけど? あれ・・返してほしいの。

Charity guy: Excuse me?
 何ですって?

Phoebe: Yeah. See, okay, that money was for a big wedding, that we thought we didn’t want. But it turns out we do.
 そうなの。結婚式用のお金だったの。しないつもりだったんだけど、でも、やっぱりしたいの。

Charity guy: So you’re asking us to refund your donation to the children?
 それじゃ、子供達のための寄付を返せっていうんですか?

Mike: Yeah. This feels really good.
 ああ。本当にいい気分だよ。

Phoebe: I’m sorry. I am. But this wedding’s just really important to me.
 ごめんなさいね。本当に。でも、この結婚式は私にとって大切なの。

Charity guy: Hey, it’s not my business.. Besides, this is probably a good thing. We’ve really been spoiling the children, all those food, and warm clothing.
 いえ、私には関係ないですよ。それに、きっといいことです。本当に、いろんな食べ物や温かい衣類で、子供達を甘やかしてますからね。(小切手を返す)

Phoebe: That’s not fair. A person’s wedding is important. And especially to me. Okay? I didn’t have a graduation party. And I didn’t go to Prom. And I spent my Sweet Sixteen being chased round a tire yard by an escaped mental patient who, in his own words, wanted to: “Kill me or whatever.” So I deserve a real celebration. And I am not gonna let some sweaty little man make me feel badly about it.
 そんなのないわ。人の結婚式って大事よ。私にとっては特にね。私は卒業パーティなんて出たことがない。プロムにも行ってないわ。そして私はスイート16の時に、脱走した精神病患者に追われて、タイヤ処理場を逃げ回ってたのよ。「殺すなり何なりしてくれ」って言ってる人にね。だから、私には素敵なお祝いが必要なのよ。どこかの汗っかきに罪悪感持たされたくないわよ。(出て行く)

girls-sweet-16_cake.jpg
(Sweet Sixteen = アメリカでは、16歳の誕生日は特別なもので盛大に祝う)

Mike: She could’ve been talking about either one of us.
 彼女の話、僕らのことかもしれないよ。(出て行く)

《モニカ達の部屋:養子紹介の人が来る》

Laura: Hi, I’m Laura, I’m here for your adoption interview.
 こんにちは、ローラといいます。養子の件で面談にきました。

Monica: Hi, I’m Monica. And this is Chandler. Please come in.
 ハーイ、私はモニカよ。彼はチャンドラー。どうぞ入って。

Laura: Thank you.
 ありがとう。

Monica: Would you like something to drink?
 何か飲み物はいかがですか?

Laura: Oh, water would be fine.
 ああ、お水お願いします。

Monica: Okay. Great. We’re so glad that you are here. We’re really excited about getting this process started.
 わかりました。お越しいただいて本当に嬉しいです。この手続きが始まって本当に嬉しく思ってるんです。

Chandler: Oh, because we love kids. Love them to death. Well, not actually to death. That's just a figure of speech. We love kids the appropriate amount.. as allowed by law.
 ええ、僕ら子供が大好きなので。死ぬほど好きなんですよ。いや、死ぬほどってことはないな。これは言葉のアヤですよ。僕ら子供のこと、適度に好きです。法律の範囲内で・・。

Laura: Your place is just lovely.
 ・・素敵なお住まいね。

Monica: Ah, thank you. This building does have a wholesome, family feel to it.
 ああ、ありがとう。ここは、健全な家族向けのビルなんですよ。

Laura: You know, I.. I feel like I've been here before. Are any other couples in the building adopting?
 前にもここに来たことがあるような気がするわ。このビルで他のも養子を取った人いるかしら?

Monica: Is that that couple on the first floor? Because we should get a baby before them. Yeah. That guy tried to sell me drugs.
 1回のカップルのこと? あの人達より私たちの方が先に養子をもらえてもいいと思うわ。あの人達、ドラッグを売ろうとしたことがあるのよ。

Chandler: But other than that, wholesome, wholesome building.
 でも、それ以外は、健全な、健全なビルですよ。

Laura: Oh..
 ああ・・。

Chandler: What?
 何か?

Laura: I just realized why I remember this place.
 このビルをどうして覚えてるのかわかったわ。

Monica: Really? What is it?
 本当に? なんでした?

Laura: Oh, it's nothing. I went on a date with a guy who lived in this building and it didn't end very well.
 何でもないの。ある人とデートしたんだけど、いい終り方じゃなくて。

Monica: Ohh.. That wouldn’t, by any chance, be... Joey Tribbiani?
 ああ・・もしかして、ジョーイ・トリビアーニとか?

Laura: Yes.
 そうよ。

Chandler: Of course it was.
 やっぱりね。

Laura: Yeah, we had a really great night. And in the morning he promised he would call me and he didn't.
 ええ。私たち、とても楽しい夜を過ごしたの。翌朝、彼は電話するって言ったのに、かけてこなかったの。

Chandler: Rat bastard.
 あの卑劣な野郎。

Laura: So you're not friends with him?
 じゃああなた方はお友達なの?

Monica and Chandler: Oh, God,no. Nope, no, no, no. No. No, no. Nope. No, no, no, no, no, no, no, no, no. NO.
 とんでもない、いえいえいえいえ、いいえいいえ、いえいえいえ。。

Monica: No.
 いいえ。

Laura: Well, I'm sorry I brought it up. So, are either one of you planning on staying at home?
 ごめんなさい、こんな話をして。それで、お2人のうちどちらか、おうちで子供の世話をしますか?

(ノックの音)
Joey: Hello? Anybody in there order a celebrity? . . . OW!
 こんちは? 誰か、セレブを呼んだ? (ドアを開けたが、チャンドラーが走って行って追い出す)あぅ!

Laura: What was that?
 あれは何?

Chandler: Oh, it's just some crazy guy who roams the halls here. He's great with kids, though.
 ああ、廊下をうろつくおかしなヤツですよ。子供にはいいヤツなんですけどね。

《公園のロス達》

Rachel: Oh, Ross. Oh, my God, are you okay?
 ああ、ロス。なんてことなの。大丈夫?

Ross: Son of a bitch! .. Oh, relax. I didn't say the F-word.
 クソッタレ! (驚く子供達に)落ち着けって。ひわいなことは言ってない。

Rachel: Ross, see. I told you! Those swings are evil! All right, that is it. That is the last time Emma is getting on one of those things for her entire life.
 ロス、ね、言った通りでしょ! ブランコって恐ろしいのよ。もうたくさんよ。エマは今後一生、二度とこういうのもには乗らないわ。

Ross: No. No, no, no, no, okay, it wasn't the swing's fault. It was my fault. And kind of that kids fault. Who is still laughing. Nice.
 いやいやいやいや。いいかい、こえはブランコのせいじゃない。これは僕のせいだ。そしてあの子のせいでもある。まだ笑ってるよ。まったく。

Rachel: Ross, come on, please. Can we just get out of here, before somebody else gets hurt?
 ロス、お願いよ。とにかくもう行きましょうよ。また誰か怪我する前にね?

Ross: No, wait, okay, okay, I have an idea. I want you to get on the swing, okay? And you'll see that there's nothing to be afraid of.
 ダメだよ、待って。ねぇ、いい考えがあるよ。君がブランコに乗るんだよ、ね? そうしたら何も恐れることないってわかるから。

Rachel: … I know what this is all about. You've always been jealous of my hair.
 ・・どういうことかわかったわ。あなたはいつも、私の髪をねたんでたのよね。

Ross: Look, I just think you're an adult, okay? And you should get over your silly fears.
 いいかい、君もう大人だろ? こんなバカげた恐れは乗り越えないと。

Rachel: All right, fine. I'll do it.
 わかったわよ。やるわよ。

Ross: Good.
 よかった。

Rachel: If you hold a spider.
 もしあなたがクモを持ったらね。

Ross: WHAT? WHERE? WHERE?
 えっ? どこ? どこ?(パニクって首や服を払う)

Rachel: IF you hold a spider!
 もし、あなたがクモを持ったら!

Ross: I know.
 わかってるよ。

《モニカ達の部屋:ジョーイを追い返そうとするチャンドラー》

Joey: Guys, is everything okay? It's me, Joe...
 なあ、大丈夫なのか? 俺だ、ジョー・・

Chandler: AAAAAAAAAAAAAAAAAAAAA......AAAaaa-doption..
 あああああああああー!! ああ、養子縁組。

Laura: What's going on?
 どうなってるの?

Chandler: Oh, it’s just like I said, that crazy... Bert, roaming the halls.
 ああ、さっき言ったように、あのおかしな・・バートが廊下をうろついてるんですよ。 

Joey: Guys?
 (ノック)おい?

Monica: Keep on roaming, Bert! We don't want any crazy today.
 うろついてて、バート! 今日はおかしな話はやめてね。

Joey: What's going on?
 どうしたんだ?

Chandler: We'll talk to you later, Bert. Everything's fine!
 また今度話そう、バート。大丈夫だ!

Joey: Everything doesn't sound fine.
 (廊下で独り言)何も大丈夫そうに聞こえないぞ。

Laura: Is he all right out there by himself?
 彼、一人で大丈夫なの?

Chandler: Oh, yeah. He has a caretaker. His older brother... Ernie.
 ええ。彼には世話をする者がいますから。兄で・・アーニーと言います。

Laura: Bert and Ernie?
 バートとアーニー?

Bert-and-Ernie.jpg

Chandler: You can't make this stuff up.
 でっち上げじゃできない名前だよね。

《セントラルパーク:フィービーとマイクが来る》

Mike: You never told me about that guy on your Sweet Sixteen. Oh, I'm sorry about that.
 スイート16の男の話は、初めて聞いたよ。ああ、かわいそうに。

Phoebe: Oh, it ended okay. One of my friends shot him.
 ああ、最後はよかったの。私の友達が彼を撃ったから。

Mike: Well, hey, at least you're getting a proper wedding. I mean, you really deserve that.
 ねぇ、君はせめてちゃんと結婚式をするべきだよ。君にはそれがふさわしいよ。

Phoebe: Yeah, I really do. You know, I had nothing growing up.. Just like the kids I took the money from.
 ええ、本当にそうよね。私は子供の頃何も持ってなかったわ・・・私がお金を取り上げた子供達と同じ。。

Mike: No. No, no. I see where this is going. Don't make me go back there.
 いや、いやいや。そういうこと言う? またあそこへ行かせないでくれよ。

Phoebe: Look, I can't have a wedding with this money now. It's tainted.
 ねぇ、このお金で結婚式はできないわ。もう意味が変わっちゃったもの。

Mike: All right, fine. We'll give the money back.
 わかったよ。じゃあお金を渡してこよう。

Phoebe: And if that guy at the charity gives us a hard time, my friend hasn't shot anyone in a really long time.
 あの福祉の人が文句を言ったら、いいわよ。私のあの友達、もう随分人を撃ってないんだから。

《モニカ達の部屋:ローラとモニカ達が立って話している》

Laura: Well, I must say, this seems like a lovely environment to raise a child in.
 そうね、ここは子供を育てるのには、とてもいい環境のようだわ。

Monica: Oh, by the way, you are more than welcome to look under any of the furniture, because, believe me, you won't find any porn or cigarettes under there.
 ところで、どの家具でも、下を覗いていいんですよ。本当に、そこにはポルノやタバコはありませんから。

Laura: Oh. Well, actually, before we look around, let me make sure I have everything I need up to here..
 あら。そうね、見せていただく前に、私みんなチェックしたか、見てみるわ(自分の書類を見始める)

(バルコニーに非常階段から上がってくるジョーイの姿。それを見たチャンドラーがモニカに知らせる)

Monica: Why don't I show you the baby's room?
 それじゃ、赤ちゃんのお部屋をお見せするわ。(引っ張って行く)

(ジョーイがバットを持って入ってくる)

Chandler: What the hell are you doing?
 おまえいったい何してるんだ?

Joey: Well, you wouldn't let me in, so I thought you were in trouble.
 おまえが入れてくれないから、おまえが困ってると思ったんだよ。

Chandler: Well, we're not.
 困ってないよ。

Joey: But you called me “Bert.” That's our code word for danger.
 でもおまえ俺を「バート」って呼んだじゃないか。あれは危険という合図だろ。

Chandler: We don't have a code word.
 俺たちそんな合図決めてないぞ。

Joey: We don't? We really should. From now on, “Bert” will be our code word for danger.
 そうか? 決めるべきだよ。これからは、「バート」は危険の合図だ。

(モニカが大声で話しながら赤ちゃん用の部屋から出てくる)

Monica: So that was the baby's room. . What room should we see next?
 ということで、これが赤ちゃんの部屋。(チャンドラーがジョーイをカウチの下に突き倒す)次はどこへ行くべきかしら?

Chandler: Any room that isn't behind this couch.
 このカウチの陰以外ならどこでも。

Monica: Some people don't get him, but I think he's really funny.
 (笑って)彼のジョークわからない人もいるけど、でもすごくおもしろいわ。

(モニカは寝室へローラを連れて行く。ジョーイが立ち上がって怒る)

Joey: I did not care for that.
 こんなことしてもらうつもりはなかったぞ。

Chandler: You have to get out of here. You slept with our social worker and you never called her back. And she is still pissed, so she can't see you.
 ここを出ていくんだ。俺たちのソーシャルワーカー、おまえと寝たことがあって、おまえ電話をしてないから、彼女はまだ怒ってる。だからおまえが会っちゃダメなんだ。

Joey: Okay, okay.
 わかった、わかったよ(出て行く)

Chandler: Okay. . . What?
 よし。(一度出て行ったジョーイがまた来る)なんだ?

Joey: I forgot my bat.
 バットを忘れた。(バットを拾い上げた時ローラが来る)

Laura: Oh, my God.
 なんてことなの。

Chandler: And for the last time, we do not want to be friends with you. And we don't want to buy your bat!
 これが最後だぞ。おまえとは友達になりたくない。それにおまえのバットなんか買わないぞ!

Laura: What are you doing here?
 あなた何をしてるの?

Joey: Bert. Bert. Bert. Bert.
 (チャンドラーに)バート。バート。バート。バート。

Laura: Are you friends with him?
 彼と友達なの?

Chandler: I can explain. . . Joey?
 説明するよ。・・ジョーイ?

Joey: Uhm.. Okay. . . uhm. . . Well, yeah. You have got some nerve coming back here. I can't believe you never called me.
 あー・・いいかい・・。そうさ。君、よくまたここへ来られたな。電話をくれないなんて信じられなかった。

Laura: Excuse me?
 何ですって?

Joey: Oh, yeah. Probably you don't even remember my name. It's Joey, by the way. And don't bother telling me yours, because I totally remember it, lady. Yeah. I waited weeks for you to call me.
 ああそうさ。君は、俺の名前さえ覚えてないのかもな。ジョーイだ。君の名前をわざわざ言わなくてもいいぞ。ちゃんと覚えてるからな・・お嬢さん。ああ。君の電話を何週間も待ってたんだ。

Laura: I gave you my number. You never called me.
 私が電話番号を渡したのよ。あなたが電話をくれなかったの。

Joey: No, no. Don't try to turn this around on me, okay? I'm not some kind of.. social work, okay, that you can just.. do.
 違う違う。俺のせいにしようとするな。俺は君がするような・・ソーシャルワークじゃないんだ。

Laura: Well, I'm pretty sure I gave you my number.
 間違いなく、私が電話番号を渡したのよ。

Joey: Really? Think about it. Come on. You're a beautiful woman, smart, funny, we had a really good time, huh? If I had your number, why wouldn't I call you?
 そうか? 考えてみろ。君は美しい女性だ。賢くておもしろくて、本当に楽しかった。だろ? もし君の電話番号をもらったなら、かけないはずがない。

Laura: I don't know.. Well, maybe I'm wrong. I'm sorry...
 どうかしら・・私の間違いかしら。ごめんなさい。

Joey: No, no, hey, no. Too late for apologies... Okay? You broke my heart. You know how many women I had to sleep with to get over you?
 いやいや、ダメだ。謝ってももう遅い。いいな? 君は俺を傷つけた。君を忘れるために、何人の女と寝たかわからないよな?

Laura: Joey, wait.
 ジョーイ、待って。

Joey: No! I waited a long time! I can't wait anymore.
 いやだ! もう随分待ったんだ。これ以上待てない(出て行く)

Laura: I'm sorry that you had to see that. I'm so embarrassed...
 こんなのお見せしちゃってごめんなさい。恥ずかしいわ。

Chandler: Oh, that's really okay.
 いや、そんなこといいんだ。

Monica: Yeah, that we totally understand. Dating is hard.
 そうよ。気持ちはわかるわ。つき合うのって難しいものよ。

Laura: Boy, you people are nice. And I've got to say.. I think you're going to make excellent parents.
 まぁ、いい人達ね。あなた達はきっといいご両親になるわ。

(チャンドラーとモニカがハグ。ジョーイが来る)

Joey: LAURA!
 (ローラを指差して)ローラ!

《ニューヨーク児童福祉機関》

Phoebe: We're back.
 また来たわよ。

Charity guy: Are you here to take more money? Because, I think what you're looking for is an ATM.
 もっとお金がほしいんですか? あなた達が探しているのは、ATMだと思いますよ。

Mike: No, no, we're here to give the money back.
 いやいや、お金を寄付しに来たんだ。

Phoebe: Yeah, because you know what? It's... it's all about the children. . . Although... it's also about the wedding... Ugh, alright... here. . .No. Oh, God. Oh.
 そうよ。だってね、子供が第一よ。(小切手を出しかけてやめる)でも、結婚式も大事よ。ああっ! いいわ。ほら(また出しかけてやめる)・・いえ、ああ、もう。。

Charity guy: If I haven't said so already, sir, congratulations.
 もし僕まだ言ってなかったら、(マイクに、そんなフィービーを指しながら)おめでとうございます。

Mike: Okay, look. Enough, all right? I'm stepping in and putting my foot down. As your future husband I'm gonna make this decision for us. . . Now, what do you think we should do?
 よし、もういいよ、ね? これは僕が決定するよ。君の未来の夫として、2人のために僕が決める。。どうしたらいい?

Charity guy: You know what? It's not your decision anymore.
 いいですか? もうあなた方に選択肢はありません。

Mike: What?
 え?

Charity guy: On behalf of the children of New York, I reject your money.
 ニューヨークの子供を代表して、僕はお2人の寄付を拒否します。

Phoebe: But.. but we're giving you this.
 でも・・でもこれは寄付するわ。

Charity guy: Yeah. And I'm giving it back to you. Come on. Consider it a contribution.
 ええ。そして僕はこれをあなたに返しますよ。ほら。こちらからの寄付だと思ってください。

Phoebe: Well, this is very generous.
 まぁ、すごい気前のよさね。

Charity guy: Please, take the check, go have a great wedding and a wonderful life together.
 どうぞ、小切手を受け取ってください。素晴らしい結婚式をあげて、お幸せに。

Mike: Well, I mean, it sounds good to me. And that way we can save up, come back in a few years and make an even bigger donation.
 いや、これはいいと思うよ。これでお金を貯めて、また数年後にもっとたくさん寄付すればいいんだよ。

Charity guy: Absolutely. And when you do, make sure you ask for Brian.
 そうですよ。そしてその時は、ブライアンをお尋ねください。

Phoebe: Oh, is that you?
 あら、それがあなた?

Charity guy: No.
 いいえ。

《モニカ達の部屋:電話が鳴る》

Monica: Hello? Oh, hi. . . Oh, my God. Really?. . I can't wait to tell Chandler. . Okay, goodbye.
 もしもし? あら、どうも。・・まぁ! 本当に? ・・早くチャンドラーに知らせたいわ。・・ええ、さようなら。(電話を切る)

Chandler: Wrong number?
 間違い電話?

Monica: That was Laura. She gave us a great report and we are officially on the waiting list.
 ローラよ。彼女が私たちのこといい報告をしてくれて、私たち待機リストに載ったのよ。

Chandler: That's great.
 よかったな!

Monica: Now we just have to wait for a call and... and someone tells us there's a baby waiting for us. Oh...
 これで、私たちはただ電話がかかってきて・・そして誰かが、赤ちゃんがいるって言うのを待つだけなのよ・・ああ・・。

(電話が鳴る)
Chandler: Hello? Have you seen Joey's bat?
 もしもし? (モニカに)ジョーイのバット見なかった?

《公園のロス達:レイチェルが手で何か包んで歩いてくる》

Rachel: Okay. I got a spider. There were two, I picked the bigger one.
 いいわよ。クモを捕まえたわ。2匹いたから、大きい方を持ってきた。

Ross: Okay.
 わかった。

Rachel: Okay.
 オーケー・・(クモを渡す)

Ross: This feels perfectly normal. Okay, get on the swing.
 (無理をして)これは全然普通だよ。よし、それじゃブランコに乗って。

Rachel: Okay... O-kay.. Okay. Okay... wow... Okay... OH.
 わかったわ・・・わかった。(座る)オーケー・・(ゆっくり揺らす)ワオ・・オーケー・・ああ。

Ross: See?
 ね?

Rachel: All right. I can do this.
 ええ、できるわ。

Ross: There you go. Good for you. And you know what, I'm actually getting used to this little guy. I don't really even feel him in here anymore.
 ほらね。よかったね。僕の方は、この小さなやつに慣れてきたよ。持ってる気がしないくらいだよ。

Rachel: That's because he's on your neck.
 だってあなたの首にいるもの。

Ross: Wh... Whaa... aaah... aaahhh...
 な・・なに、あああああ!(クモに気を取られて、レイチェルの前に出て蹴られる)

Rachel: Ahh! Ross! Ross!
 あっ! ロス! ロス!






にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 00:07| Comment(0) | Season 10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。