2013年12月22日

10-6 The One With Ross's Grant

10-6 ロスの助成金の話

 ☆ロス、恋の面接審査☆

《セントラルパーク:フィービーが来る》

Phoebe: Hey.
 ハーイ。

All: Hey!
 ハーイ!

Rachel: Hi!
 ハーイ。

Ross: Pheebs, what's wrong?
 フィーブス、どうかしたの?

Phoebe: Oh, I'm just so exhausted from dragging around this huge engagement ring!
 ああ、私もう疲れちゃって、この(指輪を見せて)大きな婚約指輪をひきずって歩いて!

All: OH!
 まぁ!

Rachel: My God!
 すごいじゃないの!

Joey: Hey!
 おお!

Rachel: Congratulations! Wow!!
 おめでとう! ワオ!

Ross: So, did he get on one knee? Did he have a speech prepared? Or did he cry? . . Yeah, big surprise, I like proposals!
 それで、彼はひざまずいた? セリフは用意してたの? 彼泣いた? (みんなに凝視される)ああ、ビックリだよね、僕はプロポーズが大好き!

Phoebe: Well, it was really sweet, and like the most romantic thing ever.
 もう、本当に素敵で、あんなロマンティックなことなかったわ。

Joey: Well, hey! Well.. Here's to Phoebe, who's found the greatest guy in the world! To Phoebe and... I wanna say “Mike”? . . To Phoebe and Mike!
 よし、なぁ、それじゃ乾杯だ、世界一の相手を見つけたフィービーに! フィービーと・・・「マイク」だっけ? フィービーとマイクに!

All: Whoo!
 フー!!

Phoebe: Thank you! .. Oh, and I have something for you!
 ありがとう! あっ、あなたにプレゼントがあるのよ(レイチェルに)

Rachel: Mmh-mmh!
 うん。

Phoebe: It's, yeah, my little black book. It's got the numbers of all the guys I've dated.
 私の黒い手帳よ。私が今までつきあった人の電話番号が載ってるの。

Rachel: Oh, Phoebe, that's nice, but you know what? I think I'm okay. Why don't you give it to one of your other single girlfriends?
 まぁ、フィービー、優しいのね、でもね、私はいいのよ。誰か、ほかの独身の友達にあげたら?

Phoebe: I would, but you're the last one.
 そうだけど、あなたが最後の一人なの。

Rachel: … Give me the book! “Pablo Diaz, Brady Smith”, huh, "Guy in van"?
 ・・ちょうだい! (受け取って読む)「パブロ・ディアス、ブランディ・スミス」ふーん、「バンの男」?

Phoebe: Oh, my first love.
 ああ、初めての男よ。

Rachel: Oh!
 まぁ!

Monica: What does the red X next to Bob Gremore’s name mean?
 このボブ・グレモアって名前の横の赤いバツは何?

Phoebe: Dead. Oh, it's okay. No, he was old, yeah. And he lived a full life. He was in the first wave at Omaha Beach.
 死んだの。(みんなが驚く)あら、いいのよ。彼は年を取ってたし。十分生きたのよ。彼はオマハ・ビーチの最初のウェーブに乗った人よ。

Chandler: Hey, I'm sorry, I should have given you guys my black book when I got married. Although it wasn't so much a book as a... napkin. With Janice's phone number on it.
 ああ、悪かったな。結婚した時、俺もおまえ達に黒い手帳を渡すべきだったよな。でも、手帳っていうほどじゃなくて、ナプキンだけどな。ジャニスの番号だけで。

Rachel: Phoebe, isn't Jethro Tull a band?
 フィービー、ジェスロ・タルってバンドじゃない?

Phoebe: … Oh, yes, they are.
 ・・ええ、そうよ、その通り。

《モニカ達の部屋:チャンドラーが来る》

Chandler: Hey, honey!
 ハーイ、ハニー!

Joey: Hi, sweetie!
 (冷蔵庫の中を覗いていたが)ハーイ、おかえり!

Chandler: Is Monica not here?
 モニカはいないのか?

Joey: No.
 いないよ。

Chandler: Oh, then I'll tell you. My agency was bidding for a big account and they got it. It's my first national commercial!
 それじゃ、言うよ。うちの会社で大きな仕事に入札してたんだけど、うちが落としたんだ。俺の初めての国際的なコマーシャルだぞ。

Joey: Cool!
 すごいじゃん!

Chandler: Yeah, and I don't wanna brag but a lot of the ideas were mine! … Hell, you weren't there? All the ideas were mine!
 ああ、自慢したくないけど、俺のアイデアがたくさん採用されたんだ! ・・いや、おまえは知らないんだよな? 全部俺のアイデアだ!

Joey: That's great. Hey, can you cast me in it?
 すごいな。なぁ、俺を出演させてくれないか?

Chandler: Oh... I don't know, I really don't think you're right for the part.
 ああ・・それはどうかなぁ、この役はおまえには合わないよ。

Joey: What do you mean? I can do anything, I'm a chameleon! Huh? .. I'm old! I'm tired! Oh, I'm hot. . I'm cold!! Huh?? Come on, what can't I do?
 どういうことだよ? 俺なんでもできるぞ、俺はカメレオンなんだ! (ヒゲがあるふり)年寄りだ!(アクビをして)疲れた!(次々演じて)ああ、暑い! 寒い! どうだ? な、俺にできないことがある?

Chandler: First of all, bravo. Uh, but I really don't think you're right for this. The part calls for a stuffy college professor.
 まず第一に、ブラボー。でも、本当にこれはおまえには合わないよ。この役は大学の堅物教授って感じなんだ。

Joey: I can do that! .. "Hello, I'm your professor. When I'm not busy thinking of important things or... professing, I like to use.." Oh, what's the product?
 できるよ! 「どうも。僕が教授だよ。難しいことを考えたり・・教授したりしてない時は」・・商品は何だ?

Chandler: Software that facilitates inter-business networking e-solutions?
 企業間ネットワークを助ける eーソリューションソフトウェアだよ。

Joey: …… I’m cold!
 ・・・寒い!

《セントラルパーク:チャーリーが待つ。ロスが来る》

Ross: Hey!
 やあ!

Charlie: Hey!
 ハーイ!

Ross: Guess who's a finalist for a huge research grant! I'll give you a hint, he's looking right at you.
 リサーチ助成金を受ける候補に残ったのは誰だ? ヒントをあげるよ、そいつは今、君を見てる!

Charlie: Ah, well, unless it's the creepy guy with his hand up his kilt, I'm gonna say “Congratulations”!
 それが、キルトに手を入れてる気味の悪い人じゃないんだったら、「おめでとう」って言うわ。

Ross: Oh, I'm so excited, I mean, apparently I beat out hundreds of other applicants, included five guys I went to graduate school with. Not that I'm keeping score or anything... five!
 ああ、もうワクワクだよ。僕は他の何百もの候補者に勝ったらしいんだ。その中には、同じ大学院へ行った人が5人いるんだ。別に数えたわけじゃないけど、5人!

Charlie: Wow, that's great! So, tell me about the grant!
 まぁ、すごいじゃない! その助成金のこと説明して。

Ross: Well, okay, it's for 25 thousand dollars. And if I get it, I'll finally be able to complete my field research! And there will be an article about me in the "Paleontology Review"! Yeah! That'll be the first time my name is in there, without people raising serious questions about my work!
 そうだね、25,000ドルの助成金なんだ。もしもらえたら、ついに現地調査を完成できるんだ。それに「古生物学評論」に載ることになる! ああ! 僕の仕事に深刻な疑問を投げらるんじゃなくて名前が載るのは、初めてだよ。

Charlie: Wait. Are you talking about the Dewer Grant?
 待って。あなたが言ってるのって、デュワー助成金のこと?

Ross: Yeah. Why?
 そうだよ。どうして?

Charlie: Benjamin Hobart is administering that grant.
 ベンジャミン・ホバートが管理してるのよ。

Ross: Your ex-boyfriend?
 君の元ボーイフレンドの?

Charlie: Yeah.
 そうよ。

Ross: So, your ex-boyfriend is gonna determine if your new boyfriend gets this grant? Wow, your new boyfriend is screwed!
 それじゃ、君の新しいボーイフレンドが助成金を得られるかどうかは、元ボーイフレンドにかかってるのか? ワオ・・こりゃ新しいボーイフレンドはもうダメだな。

Charlie: No, no, we ended up in great terms. I mean, if anything, I think this could help you. You know what? Why don't we all go out to dinner together, and I can introduce you.
 そんなことないわ。私たちは円満に別れたのよ。逆に助けられるわよ。ねぇ、一緒に食事をしましょうよ。紹介するわ。

Ross: Well, if you think it would help.
 それが助けになると思うなら。

Charlie: Yeah, absolutely. I'll call him.
 ええ、間違いないわ。彼に電話してみる。

Ross: Okay, now, is there anything I can do to, you know, butter him up? Anything he really likes?
 わかったよ。それで、何か彼に気に入られるためにできることあるかな? 彼は何が好き?

Charlie: Mmh... He does have a pretty serious latex fetish.
 うーん・・彼、ゴム製品オタクよ。

Ross: We'll see how dinner goes.
 食事の成り行きを見てみようか。

《フィービーの部屋:モニカが来る》

Phoebe: Hey!
 ハーイ!

Monica: Hey, you wanna go to see a movie?
 ハーイ、映画でも見に行く?

Phoebe: Well, I told you I had to spend all the day clearing out stuff, so Mike could move in.
 私、マイクが越してこられるように、今日はずっと片付けをするって言ったでしょ。

Monica: Oh, right.
 ああ、そうだったわね。

Phoebe: Yeah.
 そうよ。

Monica: Oh, well. Now that I'm here I might as well help you with the cleaning and organizing. Just happen to have my label maker!
 ああ、でもここに来たんだから、掃除したり片付けたり手伝いをするわ。たまたまテプラ持ってきたしね!

Phoebe: Oh, it's so hard to get rid of stuff! Did you and Chandler have to make compromises when you first moved in together?
 物を捨てるのって本当に難しいわ! あなたとチャンドラーが一緒に住み始めた時も、妥協したの?

Monica: Uh, Chandler did! What does he want you to give up?
 ええ、チャンドラーがね。彼はあなたに何を捨ててくれって?

Phoebe: A bunch of stuff. And the worst one, he wants me to get rid of Gladys.
 いろいろよ。中でもつらいのは、グラディスを捨てることよ。

Monica: Who's Gladys? .. Oh! What a tragic loss!
 グラディスって誰?(フィービーが、マネキンが飛び出している絵を見せる)あぅ! つらい別れね。

Phoebe: Yeah. I really hate to give her up. Oh, I know. Oh, you should take her!
 そうなの。本当に手放したくないんだけど。あ、そうだ。あなたにあげるわ!

Monica: Well, I-I-I... I don't know...
 そうね・・どうしようかな・・

Phoebe: Why, you don't like her?
 何、この子好きじゃないの?

Monica: Well, of course I do. What's not to like! I'll take her in a minute! But, you know, I think that you're giving up too easy, honey. I think that you need to fight for her!
 そりゃ、もちろん好きよ。好きに決まってるわ。私ならすぐもらっていくわ。でもね、あなたそんなに簡単に諦めちゃダメよ。彼女のために戦わないと!

Phoebe: Really? You think?
 ほんと? そう思う?

Monica: Absolutely! Yes, you say to him "I'm sorry, Mike, I can't live without her. She means too much to me!"
 もちろんよ! ええ。こう言うのよ「ごめんね、マイク。この子なしでは暮らしていけないわ。私にとって、とても大事な子の!」

Phoebe: Okay, I'll fight for her. Okay! Oh, wait. I just realized, if I do that, that means you don't get her.
 わかった、私戦うわ。ええ! でも待って、今気がついたけど、そうしたら、あなたにあげられないわ。

Monica: Damn it, I did not think this through!
 クソ! そこまで考えてなかった!

《セントラルパーク:チャンドラーが来る》

Chandler: Hey, you guys.
 やぁ、みんな。

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Joey: Oh! Any word on casting yet?
 あ、あの役のことで何か聞いてない?

Chandler: Joe, I told you, you're just not right for the part.
 ジョー、言っただろ、おまえには合わない役だって。

Joey: What do you mean? Rach, don't I seem like a professor you'd buy some kind of e-crap from?
 どういうことだよ? レイチ、eーなんとかっていうのを買いたくなるような教授の役、俺にもできるよな?

Rachel: I'm sorry, this sounds like something I'm never gonna be interested in.
 ごめん、それ私には全然興味なさそうな話だわ。

Joey: Look, come on, please? It's not like I'm asking for some crazy favor. This is what I do for a living. I am a professional actor! . . Oh, man, I'm two hours late for work! .. Look, here's a copy of my reels. It's got all the commercials that I've been in.
 なぁ、頼むよ! おかしな頼み事してるわけじゃないだろ。これは俺の仕事なんだ。プロの役者なんだから!(腕時計を見て)あ、しまった! 仕事に2時間遅れてる!(立ち上がる)ほら、これ、俺の仕事のビデオだ。俺の出たコマーシャルみんな入ってるから。

Chandler: Joe...
 ジョー・・

Joey: Just watch it. And if you don't like it, you don't pass it on to your bosses!
 いいから見てくれ。もし気に入らなかったら、上司に見せなきゃいいだろ!

Chandler: Fine.
 わかったよ。

Joey: Thank you.
 ありがと(座る)

Chandler: Work, Joe.
 仕事、ジョー。

Joey: Damn it!
 クソッ!(出て行く)

Chandler: What am I gonna do now?
 (レイチェルに)俺どうしたらいい?

Joey: Just pass it to your boss.
 上司に渡せばいいじゃないの。

Chandler: He's not right for the part. So if I suggest him, my bosses are gonna think I'm an idiot! And that's something they should learn on their own!
 やつはこの役向きじゃないんだよ。だから彼を推薦したら、上司が俺をバカだと思うよ。そんなの、こっちからわざわざ教えたくないだろ。

Rachel: Just tell Joey that you watched the tape and you liked it, but your bosses didn't. Then that way, you're the good guy and they're the bad guy.
 じゃあジョーイにテープは見て気に入ったけど、上司は気に入らなかったって言えばいいじゃない。そうすれば、あなたはいい人、上司のせい。

Chandler: That's good! I liked it, they didn't. . . Joey, for God's sake, go to work!
 それはいいな! 俺は気に入ったけど上司は気に入らなかった・・(外で女の子に声をかけているジョーイを見て)ジョーイ、頼むから、仕事に行けったら!

《レストラン:ベンジャミンを待つロスとチャーリー》

Ross: I can't believe I'm about to meet Benjamin Hobart. I've always thought of him as one of the people I'd invite to my fantasy dinner party. Do you think there's any chance he'll bring Christie Brinkley or C-3PO?
 もうすぐベンジャミン・ホバートに会うなんて信じられないな。僕の夢のディナーパーティの招待客だよ。彼ひょっとして、クリスティ・ブリンクリーとか、C-3POを連れてこないかな?

(Christie Brinkley = スーパーモデル・女優)
C-3PO-star-wars-8656795-1024-768.jpg(C-3PO = スターウォーズ登場のロボット)


Charlie: Sorry, looks like it's just him.
 (ロスの後ろを見て)残念ね、彼だけみたいよ。

Benjamin: Charlie! My God, you look absolutely stunning!
 チャーリー! ああ、君、本当にきれいだよ!

Ross: Well, I... I am having a good hair day.
 まぁ、僕も今日は髪が決まった。

Benjamin: So good to see you.
 本当に会えて嬉しいよ。

Charlie: Oh, me too.
 ああ、私もよ。(ハグ。いつまでもハグしているのでロスが咳払い)

Ross: I'm okay.
 (2人に見られて)僕は大丈夫。

Charlie: I'm sorry. Ross Geller... Benjamin Hobart.
 ごめんなさい。(紹介)ロス・ゲラー、ベンジャミン・ホバート。

Ross: It's an honor to meet you. I can't tell you how long I've been an admirer of your work, I mean, that Nobel prize, whoooo! I mean, I have to tell you that you're one of the reasons I got into the field.
 お会いできて光栄です。ずっと前から尊敬してきました。ノーベル賞なんて、もうワオ! あなたの影響で僕はこの分野に入ったと言ってもいいくらいです。

Benjamin: Oh, well, likewise. Actually, not likewise. I've never heard of you until this morning. But, it's nice to be nice!
 ああ、いや、お互いさまだよ。いや、それはないよね。今朝初めて君のこと聞いたんだからね。でも、人によくしてあげるのっていいね。

Charlie: Shall we?
 座りましょうか。

Benjamin: Yeah. . Thank you! . . I can't believe that you chose this restaurant! Do you remember the night?
 ああ。(ロスが座ろうと引いた椅子に座って)ありがとう! 君がこのレストランを選ぶなんて信じられないよ。あの夜のこと覚えてる?

Charlie: Oh, my God, I completely forgot! . . Oh, my God! I can't believe they let us back in this place!
 ああ、そうだわ、すっかり忘れてたわ!(笑い出す)ああ、なんてことなの! 私たちよくここに来られたわよね!(2人で笑い続けるのでロスも一緒に笑う)

Benjamin: You weren't there.
 君はいなかったでしょ。

Ross: No, but, it's, you know, it's just a funny image. You know, the two of you in this restaurant, with. . . hmmm.
 ええ、だけど、想像しただけでおかしくて。ほら、君たち2人がこのレストランで。。(笑う)

Charlie: Ross, why don't you tell Benji about your proposal while I go to the ladies’ room?
 ロス、私がお手洗いに行ってる間に、ベンジーにあなたの提案について話したら?(立ち去る)

Benjamin: So, tell me about it.
 それじゃ、聞かせて。

Ross: Okay, well, I would like to do a dig in the Painted Desert.
 はい。ペインテッド・デザートで発掘したいと思います。

painted.jpg(Painted Desert = アリゾナの砂漠地帯)

Benjamin: Hm-huh.
 ふむ。

Ross: See, there are still several areas that haven't been fully excavated.
 まだしっかり発掘されてないところが、いくつかありますよね。

Benjamin: Break up with Charlie.
 チャーリーと別れて。

Ross: What?
 え?

Benjamin: What?
 え?

Ross: Did you just say, “Break up with Charlie”?
 今、「チャーリーと別れて」って言いました?

Benjamin: Well, yes, and now. Yes, I did say it. And no, I didn't not say it.
 まぁ、ハイでありイイエでもある。ハイ、言いました。そしてイイエ言ってません。

Ross: Kind of inappropriate, don't you think?
 そんなこと言っちゃいけませんよね、そう思いません?

Benjamin: Listen, I’m sorry. I just haven't seen her for so long! All these feelings are rushing back. I'm starting to realize how much I missed her, and I'm gonna need you to break up with her.
 いや、悪かった。ただ彼女とはすごく久しぶりでね。あの頃の気持ちが蘇ってきたんだよ。こんなに恋しく思っていたって気づかなかったよ。だから、君には別れてもらわないと。

Ross: Are you serious?
 マジメに言ってます?

Benjamin: If you say, yes, then I'm serious. If you say, no, then I'm joking.
 君の返事がOKなら、マジメ。もし断るなら、冗談だった。

Ross: No.
 いやですよ。

Benjamin: Joking it is.
 冗談ってことで。

《モニカ達の部屋:フィービーがくる》

Phoebe: Hi! Sorry, I'm late.
 遅くなってごめんね。

Monica: Hey, how did it go with Mike, is he gonna let you keep the painting?
 ねぇ、マイクとどうなった? 彼、あの絵を置いといてもいいって?

Phoebe: No, he really hates it. But he's gonna let me keep my box of human hair! So you got to pick your battles. But the good news is, Gladys is yours.
 ううん。彼本当にあれが嫌いなんだって。でも、人間の髪を入れた箱は置かせてくれるの! どっちかを選ばないとね。だけど、喜んで、グラディスはあなたの物よ。

Monica: Wow, what's the bad news!
 ワオ・・喜べないことなんてあるかしら。

Rachel: Who's Gladys?
 グラディスって誰?

Phoebe: Oh, she's that work of art I made. You know, with the woman coming out of the frame.
 私が作ったアートの子よ。ほら、額から女の人が飛び出してるやつ。

Rachel: Oh, and Monica gets to keep her? In her house? I am so jealous.
 ああ、そしてモニカがもらったの? この家に? うらやましいわ!

Phoebe: Oh, I didn't know you wanted her too.
 まぁ、あなたも欲しかったなんて知らなかったわ。

Monica: Huh!
 そう!

Rachel: Well, I mean, sure, of course. But... you already gave that to Monica, so...
 だってほら、そうよ、もちろん。でも、もうモニカにあげたんだから・・。

Monica: You know, I would give her up, for you.
 ねぇ、私あなたに譲るわよ。

Rachel: No, I couldn't let you do that.
 いいのよ、そんなことさせられないわ。

Monica: But I want to.
 でもそうしたいの。

Rachel: But I don't want you to.
 でもそうさせたくないの。

Monica: But I insist.
 でも、どうしても。

Rachel: But I insist harder.
 でも、私の方がどうしても。

Phoebe: Girls, girls, stop, okay? We'll flip a coin. Heads, she's Rachel’s. Tails, she's Monica's. Tails! Monica, she's yours!
 ねぇ2人ともやめて、ね? コイントスよ。表が出たらレイチェルの。裏が出たらモニカのよ。(トス)裏! モニカ、あなたのものよ。

Monica: No, that landed in your food.
 ダメよ、今のはあなたの食べ物に入ったわ。

Rachel: No, no, that's okay. You won fair and square. I'm so sad.
 いえいえ、いいのよ。あなたは正々堂々と勝ったわ。悲しい!

《ジョーイ達の部屋:チャンドラーが来る》

Chandler: Hey, Joe!
 やぁ、ジョー!

Joey: What's up?
 どうかした?

Chandler: Bad news. I watched the tape and passed it along to my bosses and they weren't interested.
 残念な知らせだ。テープを見て上司にも渡したけど、気に入られなかった。

Joey: Oh.
 ああ・・。

Chandler: I'm sorry, man.
 残念だったな。(テープを渡す)

Joey: But, eh... you watched the tape?
 でも、おまえはビデオ見たんだよな?

Chandler: Yeah! I... I... I liked it! But, eh... my bosses didn't go for it. Stupid sons of bitches!
 ああ! 俺は気に入ったよ。でも、上司は気に入らなくてね。あほんだらが!

Joey: You didn't watch the tape.
 おまえビデオ見てないな。

Chandler: What!? Of course I did.
 なに?! もちろん見たぞ。

Joey: Look, it's one thing not to cast me, but to lie to me?
 おい、俺に役をくれなかっただけならまだしも、俺に嘘をつくのか?

Chandler: I'm not lying to you. I watched it.
 嘘なんてついてないぞ。見たんだ。

Joey: Well, you lied again!
 また嘘をつくのか!
(レイチェルが部屋から出てくる)

Chandler: I watched it!
 見たよ!

Joey: Keep going, Pinocchio!
 言ってろ、ピノキオ!

Chandler: I did!
 見たよ!

Joey: No, you didn't!
 いいや、見てない!(部屋へ行く)

Chandler: I'm telling you, I watched the tape.
 本当だ、ビデオは見たんだ。(ドアを閉められる)

Rachel: Did you watch the tape?
 あなたビデオ見たの?

Chandler: No.
 まさか。

《ロス、助成金のための面接》

Benjamin: The selection committee has chosen the three of you as our finalists today. The ultimate decision will be based upon the answers you give to the questions I ask here. I'm gonna start with Dr. Li. Dr. Li, you claim the field is too reliant on the Linnaean taxonomic system. How do you propose to correct this problem?
 選別委員会では、今日、あなた方3人まで絞り込みました。最終的な結論は、これから私がする質問の答えによって決定されます。ドクター・リーから始めましょう。ドクター・リー、あなたは、この分野がリンネ分類法に頼り過ぎているとお考えなんですね。この問題をどう解決しようと言われるんですか?

(Linnaean = カール・フォン・リンネ)

Dr. Li: Well, I believe that the answers lie in the osteological evidence. I plan to begin there.
 はい、その答えは、骨学的考察の中にあると思います。そこから始めたいと思います。

Benjamin: Interesting.
 興味深いね。

Ross: I guess.
 そうかな。

Benjamin: Dr. Biely, your proposal includes some field work. Where might that take place?
 ドクター・ベイリー、あなたの提案は現地調査を含みますね。どこで行うつもりですか?

Dr. Biely: Primarily in the Pierre Shale region of South Dakota.
 主に、サウス・ダコタのピエール・シェール地域で。

Benjamin: Certainly. Very well. And Dr. Geller, when is my birthday?
 わかりました。よろしい。では、ドクター・ゲラー、私の誕生日はいつ?

Ross: What? I.. I..
 えっ? 僕は・・

Benjamin: Care to venture a guess?
 当ててみるとか?

Ross: May 12th?
 5月12日?

Benjamin: That's not even kind of close! Dr. Li, how many graduate students you'd be needing?
 全然違う! ドクター・リー、あなたは大学院生徒何人必要ですか?

Dr. Li: Half a dozen.
 6人で。

Benjamin: I see. And Dr. Biely?
 なるほど。では、ドクター・ベイリーは?

Dr. Biely: Three for excavation and two for analysis.
 発掘に3人、分析に2人ですね。

Benjamin: Certainly. Dr. Geller, which 1965 Shirelles hit was later covered by a popular British Invasion band?
 わかりました。ドクター・ゲラー、1965年のシュレルズのヒット曲で、後にブリティッシュ・インヴェイジョンのバンドがカバーしたのは?

(British Invasion = アメリカポピュラー音楽史の用語の一つ)

Ross: What? I need 6 graduate students.
 えっ? 僕は学院生6人必要ですが。

Benjamin: No, I'm sorry, we were looking for “Baby It's You”. . . “Baby It's You.”
 違う。残念だね、答えは「Baby It’s You」だよ。・・・「Baby It’s You」。



Ross: Wha...? Wait, wait, wait, just a minute. None of my questions have anything to do with Paleontology.
 え? 待って、待って、ちょっと待ってください。僕への質問はひとつも古生物学と関係ないじゃないですか。

Benjamin: You're right, I apologize. Scratch the last question. Spell "Boscodictiasaur".
 そうだね。悪かった。最後の質問行くよ。「ボスコディクティアソー」のスペルを言って。

Ross: Um... I've never heard of a "Boscodictiasaur".
 ・・「ボスコディクティアソー」なんて聞いたこともないですが。

Benjamin: Yeah, I just made it up. Spell it.
 ああ、今作ったからね。スペルを。

Ross: Okay.. B - O - ...
 そうですね、B、O..

Benjamin: No, it starts with a silent M.
 違う。無音のMで始る。

Ross: Oh, come on!!
 そんなバカな!

《ジョーイ達の部屋:続き》

Chandler: I can't believe Joey. I hate being called a liar!
 信じられない。嘘つきって言われるのが大嫌いなのに!

Rachel: But you are a liar.
 でも嘘つきじゃないの。

Chandler: What did I just say?
 今の聞いてなかった?

(ジョーイが部屋から出てくる)
Joey: Are you still here?
 まだいたのか?

Chandler: Yes, and I have to say, I am not just hurt. I am insulted. When I tell somebody I did something...
 ああ。言わせてもらうが、傷ついただけじゃない。侮辱された。俺がしたと言ったからには・・

Joey: Okay, whoah-hey... Let me just stop you right there, okay? First, you lied, right? Then, you lied about lying, okay? Then you lied about lying about lying, okay? So before you lie about lying about lying about lying about... lying. . . Stop lying!
 ちょっと、おいおい、そこでやめろ。まず、おまえは嘘をついた、な? そして嘘をついたことについて嘘をついた、だろ? そしておまえは嘘をついたことについて嘘をついたことについて嘘をついた。 だから、また嘘をついたことについて嘘をついたことについて嘘を・・・(わけわからなくなり)嘘はやめろ!

Chandler: Why are you so sure I didn't watch this tape?
 なんで、俺がビデオ見てないって言い切れるんだ?

Joey: You wanna know why? You wanna know why?
 どうしてか知りたいか? どうしてか知りたいんだな?(部屋へ行く)

Rachel: Well, this is going well.
 これはいいわね。

Joey: Here's how I know you didn't watch the tape, okay? . . . If you had seen what was on this tape, believe me, you would have some comments. All right, now remember, I got paid a lot of money for this and it only aired in Japan.
 (ビデオを持ってきて)これが、おまえが見てないと言い切れる理由だ、いいな? (デッキにセット)もしおまえがこの中の俺を見ていたら、絶対何か言ったはずなんだ。いいな、覚えとけ、これでたくさん稼いだんだから。日本だけでオンエアされたんだ。

(プレイボタンを押すと、コマーシャルが始まり、青いクチビルのジョーイが出てくる)

Joey: “Ichiban”. . . “Lipstick For Men!”. . . “Ichiban, lipstick For Men. . .Saiko.”
 (ビデオの中で)イチバン。リップスティック・フォー・メン! イチバン、リップスティック・フォー・メン。サイコー!

Joey: And that's how I know you didn't watch the tape!
 これが、おまえがビデオを見てないと言い切れる理由だ!(寝室へ行ってしまう)

Chandler: He really is a chameleon.
 (レイチェルに)本当にカメレオンだな。

《モニカ達の部屋:フィービーが額を持ってくる》

Phoebe: Well, Gladys, say hello to your new home!
 はい、グラディス、新しいおうちに挨拶をして!

Monica: Oh, my!
 あら。まぁ。

Rachel: Wow! Oh, she's so nice and big! Oh, Monica, where are you going to display Gladys, oh, so proudly?
 ワオ! 彼女って本当に素敵で、大きいわね。ああ、モニカ、グラディスをどこに飾るの、ああ、誇らしげにね?

Monica: I haven't really settled on a spot yet!
 まだ場所は決めてないわ。

Rachel: Well, hey! How about right above the TV? That way, it will be the first thing that you see when you walk in the door!
 ねぇ! テレビの上はどう? そうすれば、部屋へ入ってきてすぐ目につくわよ。

Phoebe: Yeah, yeah! And you can get rid of that French poster.
 そうね、いいわね! それに、フランスのポスター捨てられるしね。

Monica: I like that poster.
 あのポスター好きなの。

Phoebe: Really? It doesn't have anything coming out of it. Or maybe there is some place for her in your bedroom?
 本当に? 何も飛び出してきてないのに。それか、寝室にかける場所があるかもね?

Rachel: Oh! There's nothing above your bed!
 ああっ! あなたのベッドの上何もかけてないわよね!

Monica: Are you still here?
 あなたまだいたの?

《ロスのオフィス:ベンジャミンが来る》

Ross: Oh, hi! Hello! Uh, have you come to ask me some more paleontology related questions? Um... your grandmother's nickname, perhaps? Ann-Margaret's pants size?
 やぁ、どうも! まだ何か古生物学上の質問をしに来られたんですか? あなたのおばあちゃんのニックネームとか? アン・マーガレットのズボンのサイズ?

Benjamin: I've come here to apologize. I think I may have let my feelings for Charlie interfere with the interview process.
 謝りにきたんだ。チャーリーへの思いが面接の過程に影響したかもしれないと思ってね。

Ross: No. Stop.
 (皮肉)いえ、やめてくださいよ。

Benjamin: Anyway, I've decided to offer you the grant.
 とにかく、君に助成金を認可することにしたよ。

Ross: Really?
 本当に?

Benjamin: Well... there is just one small stipulation...
 ちょっとした条件項目があるが。

Ross: I have to break up with Charlie?
 チャーリーと別れるってことですか?

Benjamin: Hey, you got one right!
 おお、初めて正しい答えだ!

Ross: You're crazy.
 あなた狂ってる。

Benjamin: Crazy, or romantic?
 狂ってるか、ロマンティックか?

Ross: Crazy!
 狂ってる。

Benjamin: Or…?
 それか?

Ross: Get out!
 出てけ!

《ジョーイ達の部屋:レイチェルが帰るとグラディスが飾ってある》

Rachel: O-oh, my God!
 きゃあ! びっくりした!

Joey: What?
 (寝室からきて)どうかした?

Rachel: Joey, what is this thing doing here?
 ジョーイ、どうしてこれここにあるのよ?

Joey: I got it from Monica. She sold it to me for a very reasonable price.
 モニカから買ったんだ。すごく安くしてくれたよ。

Rachel: Joey, we're not keeping this.
 ジョーイ、これここに置かないわよ。

Joey: But it's an original Buffay.
 でも、これはブッフェ作のオリジナルだぞ。

Rachel: All right, fine. You can keep it. As long as you don't mind that she's haunted.
 わかったわ、いいわよ。置いてもいいわ。取り憑かれててもいいんならね。

Joey: Hey? what? what? wey! whoo! what? what!?
 おい? なに? なんだよ? あ? え? なに?

Rachel: Well, legend has it, Joey, that... she comes alive when you're asleep. She climbs out of the frame, and then drags her half-a-body across the floor, just looking for legs to steal. And then with her one good hand, she slowly reaches up and turns your doorknob.
 聞いた話よ、ジョーイ、あなたが寝てると彼女は生き返るのよ。この額縁から出てきて、奪える足を求めて、上半身をひきずって床を横切ってくるの。そして、片方の手で、ゆーっくり手を伸ばして、ドアノブを回すのよ。

Joey: Get that legless witch out of here!
 その足なし魔女をすぐ追い出せ!(寝室へ逃げる)

《グラディスを持ってモニカの部屋へ来るレイチェル》

Monica: Hey! I sold that to Joey.
 ちょっと! それジョーイに売ったのよ。

Rachel: Well, while I told him it's haunted. Two can play at this game.
 ジョーイには、これが取り憑かれてるって言ったわよ。これを闘えるのは私たち2人だけよ。

Monica: No, too late. You can't give it back!
 いいえ、もう遅いわ。返すなんてダメよ!

Rachel: Yes, I can!
 いいえ、返せるわ!

Monica: No, you can't. She's yours!
 いえ、ダメよ! 彼女はあなたのよ!

Rachel: She's yours!
 彼女はあなたのよ!

Monica: She's yours!
 彼女はあなたのよ!

Rachel: She's yours!
 彼女はあなたのよ!

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey!
 ハーイ!

Rachel: She's mine!
 彼女は私のものよ!

Monica: She's mine!
 彼女は私のものよ!

Rachel: She's mine!
 彼女は私のものよ!

Monica: She's mine!
 彼女は私のものよ!

Phoebe: You guys! You guys! You don't have to fight over her anymore. . . Whoever doesn't get Gladys gets Glynnis.
 あなた達! あなた達! 彼女のことで争わなくていいのよ。グラディスがもらえなかった人には、グリニスをあげるわ!(グラディスより怖い絵を見せる)

Rachel: I want Gladys!
 私はグラディスがいい!

Monica: She's mine!
 彼女は私のものよ!

Rachel: She's mine!
 彼女は私のものよ!

Monica: She's mine!
 彼女は私のものよ!

Rachel: She's mine!
 彼女は私のものよ!

《ジョーイ達の部屋:チャンドラーが来る》

Chandler: Look, I'm sorry I didn't give them your tape. And I promise, next time to submit you whether I think you are right for the part or not.
 なぁ、ビデオを上司に渡さなくて悪かったよ。約束する、この次は俺がなんと思おうと、提出するから。

Joey: That's not the point, Chandler. The point is that you lied.
 言いたいのはそれじゃない、チャンドラー。おまえが嘘をついたってことだ。

Chandler: I know. You're right. What's it gonna take for you to forgive me?
 わかってる。おまえの言う通りだ。どうしたら許してくれる?

《セントラルパーク:モニカ・レイチェル・フィービーがカウチに座っている》

Monica: Oh, my God!
 オーマイゴッド!(視線の先にはジョーイと、青いリップを塗ったチャンドラー)

Rachel: Excellent.
 すばらしいわね。

Joey: Now, what do you say?
 さぁ、なんて言うんだ?

Chandler: Lying is wrong!
 嘘をつくのはいけない!

Joey: And?... And?
 それから?・・それから?

Chandler: I'm a pretty little girl.
 ワタシはかわいい小さな女の子。

Phoebe: I knew it.
 やっぱり。

《セントラルパーク:チャーリーがいる。ロスがくる》

Ross: Your ex-boyfriend is insane.
 君の元彼は頭がおかしい。

Charlie: Did you get the grant?
 助成金もらえた?

Ross: No, I didn't, and you want to know why? Because your ex-boyfriend is still in love with you.
 いいや。ダメだった。どうしてか知りたい? 君の元彼が、まだ君を愛してるからだよ。

Charlie: What?
 えっ?

Ross: Yeah. He wouldn't give me the grant, because I wouldn't give you up.
 そう。僕が君と別れないから、彼は助成金をくれないんだって。

Charlie: Benji isn't in love with me. I mean, he broke up with me. And besides, he's a very ethical man.
 ベンジーはもう私を愛してないわよ。彼から別れたんだし。それに、彼はすごく倫理観のある人よ。

Ross: Really? Is it ethical to ask someone in a grant review, “Who was the voice of Underdog?”
 本当に? 助成金の面接で「アンダードッグの声をやったのは誰?」って聞くのが倫理的にどう?

Charlie: I'm sure he was just joking, Ross.
 それはふざけてただけよ、ロス。

Ross: If you don't believe me, let's go talk to him, okay? I'm telling you, he didn't ask me one paleontological question.
 信じないなら、一緒に行って彼と話そうよ、ね? 本当、彼は僕に古生物学に関する質問は何一つしなかったんだから。

Charlie: Seriously?
 本当に?

Ross: Oh, I'm sorry. No, he did ask me one: How do you spell Boscodictiosaur?
 ああ、悪いね。一つだけあったよ。「ボスコティクティソー」のスペルは?

Charlie: Well, if it's like the lake Mbosco in Congo, then M-B-O...
 そうね、今後のボスコからきてるんだとしたら、M、B、O・・

Ross: Damn it!
 くっそー!

《ベンジャミンのオフィス:ロスとチャーリーが来る》

Benjamin: Dr. Geller? Charlie, what are you... what are you doing here?
 ドクター・ゲラー? チャーリー、君たち・・どうしたんだ?

Ross: I want you to tell her everything. About the deal you tried to make with me, about the crazy questions you... Wally Cox! That's the voice of Underdog.
 彼女に何もかも話してください。僕に言ってきた条件のこと、あのおかしな質問のこと・・ワリー・コックス! アンダードッグの声はワリー・コックスだ。

Benjamin: Like I tried to tell you in the interview, Ross, this grant is not based on your knowledge of pretty useless trivia.
 面接の時にも言ったように、ロス、この助成金は、その役に立たないトリビアで決めたりしないからね。

Ross: No, no, no. Don't do that! I want you to look her in the eyes and tell her the truth.
 ダメダメダメ。ダメですよ。彼女の目を見て、本当のことを言ってください。

Charlie: Benji?
 ベンジー?

Benjamin: All right, it's true. I behaved horribly. But it's only because I still love you. And I would do anything to have you back in my life.
 わかったよ。本当だ。僕はひどかった。でも、君を愛してるからだ。君を取り戻すためなら、何でもする。

Ross: Too little, too late, Benji!
 ちょっと、遅いよ、ベンジー!

Charlie: I can't believe this.
 信じられないわ。

Benjamin: I never should have broken up with you. I think about you all the time. I mean, do you ever still think about me?
 君と別れるべきじゃなかった。いつも君のことを考えてるよ。僕のこと今も考える?

Ross: No.
 いいや。

Charlie: Yes.
 ええ。

Ross: What?
 えっ?

Charlie: I don't know what to say, Benji. This is all so.... romantic.
 何て言ったらいいかわからないわ、ベンジー。こんなことって・・すごく・・ロマンティック・・。

Ross: Or?
 それか?

Benjamin: Listen, I know, I may be way out of bounds here, but is there any chance you will take me back?
 聞いて、僕は確かに道を外してるかもしれないが、でも、またやり直すチャンスをくれないか?

Charlie: Maybe.
 いいかも。。

Ross: Sweetie, this conversation is starting to make me a little uncomfortable.
 ねぇ、この会話、僕はちょっと不安になるけど。

Charlie: Oh, God. I am so sorry, but... I mean, it's... there's so much history between us, you know?
 ああ、本当にごめんなさい(ロスの頬に手を当てる)でも・・私たち、いろんなことがあったのよ。。

Benjamin: I'm sorry too... I love you!
 (ロスのもう一方の頬に手を当てて)僕も、ごめん。(ロスの顔から下ろした手と手を取り合って)愛してるよ!

Charlie: I love you too!
 私も愛してるわ!(キス)

Ross: Okay, that's it, we are seeing other people!
 よし、決まり! 僕らは他の人とつき合おう!

《ジョーイの寝室:ジョーイが眠っていると、ドアをひっかく音がして、ドアノブが回る》

Joey: Gladys?
 グラディス?

(ドアが開いて、グラディスの額が現れる。レイチェルが額の向こうから顔を出す)

Rachel: Ha ha ha! For the third time this week. Man, this does not get old.
 ハハハ! 今週もう3回目よ。ああ、毎回驚くのね。

Joey: You're mean!
 意地悪!

Rachel: Oh, don't be such a baby. Please.
 もう、子供みたいなこと言わないで。まったく。

(振り向くとグリニスがいて、悲鳴をあげるレイチェル。額縁の向こうから、顔を出して笑うモニカ)





にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 00:58| Comment(0) | Season 10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。