2013年12月21日

10-5 The One Where Rachel's Sister Babysits

10-5 レイチェルの妹がベビーシッターする話

 ☆フィービー&マイクのアニバーサリー☆

《セントラルパーク》

Rachel: You know, I'm thinking about letting Emma have her first cookie.
 ねぇ、私、エマに、初めてのクッキーをあげようかと思ってるの。

Joey: Her first cookie? She has cookies all the time.
 初めてのクッキー? いつも食べてるじゃないか。

Rachel: I've never given her a cookie. Have you?
 私クッキーあげたことないわよ。あるの?

Joey: …No! No... and, for the record, I've also never given her a frosting from a can.
 ・・いや! ないよ。それに、言っとくけど、缶のクリームをあげたこともないぞ。

Monica: Hey, Rach, the adoption agency needs letters of recommendation and we were wondering if you would write one for us.
 ねぇ、レイチ、養子縁組の事務所に、推薦状を提出しないといけないんだけど、あなた書いてくれないかしら。

Rachel: Of course, I'd be honored!
 もちろんよ。光栄だわ。

Chandler: Thanks!
 ありがと。

Monica: Thank you!
 ありがとう。

Joey: U-U-Um, I think there's been an oversight.
 あー・・なんか見過ごされてないか?

Chandler: Joey, we would've asked you. We just thought you wouldn't be interested.
 ジョーイ、君に頼みたいと思ったけど、でも、興味ないかと思ってさ。

Monica: Yeah, it's just we don't think of you as really being so much "with the words".
 そうよ。あなたが、文章書くのが好きじゃないかと思って。

Joey: Whoo-weh hey, weh-hey whoo hey!!
 うぉうぉ、おいおい、おい!

Monica: Clearly, we were wrong.
 明らかに、間違ってたようね。

Joey: I gotta a lot of nice stuff to say about you guys, okay? And I know how much you wanna have a baby, you know, and I would love to help you get one.
 君たちについて、いろいろいいこと書きたいよ。それに君らがどんなに赤ちゃんをほしがってるかわかってるし、ぜひそれを手伝いたいよ。

Monica: You know what? Then, Joey, we want you to do it.
 ねぇ、それじゃ、ジョーイ、あなたにお願いするわ。

Joey: Thank you! All right, let me see how I'm gonna start... "Dear Baby Adoption Decider People..."
 ありがと! よし、どういうふうに始めようかな。「親愛なる赤ちゃん養子縁組決める人達へ」

Chandler: … So excited about your letter.
 ・・君の手紙がすごい楽しみだよ。

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey!
 ハーイ!

All: Hey, Phoebe!
 ハーイ、フィービー。

Joey: Hey!
 ヘイ!

Monica: Wow! Don't you look nice?!
 ワオ。おしゃれしてるじゃない?

Phoebe: Yes, I do! Today is Mike and my one-year anniversary.
 ええ、そうなの。今日は、マイクとの1年の記念日なのよ。

Rachel: OH! What's it the anniversary of? Your first date, your first kiss, first time you had sex...
 まぁ。なんの記念日? 初めてのデート? 初めてのキス? 初めてのセックス?

Phoebe: Yeah!
 それよ。

Chandler: So you must be going to somewhere fancy to celebrate?
 それじゃ、どこかおしゃれなところで祝うの?

Phoebe: Uh-huh. Ehm, a Knicks game.
 そうよ。ニックスの試合を見に行くの。

Joey: Uhm... Aren't you a little overdressed?
 あー・・それじゃちょっとおしゃれし過ぎじゃないか?

Phoebe: Hey, you know what, I've never had a one-year anniversary before, so no matter where we go, I'm wearing something fancy pants, and... I'm gonna put on my finest jewelry and we're gonna have sex in a public rest room.
 ねぇ、私はね、1年たった記念なんて初めてなの。だから、どこへ行くにしたって、私はおしゃれなパンツをはいて、そして、一番いいアクセサリーをつけて、そして公衆トイレでセックスするのよ。

Monica: You guys do that? Chandler won't even have sex in our bathroom!
 それするの? チャンドラーは家のバスルームでさえもいやがるのよ。

Chandler: That's where people make number two!!
 だって人が2番目をするとこだぞ。

(one = pee : two = poop)

《ロスの部屋:カウチにロス。奥からチャーリーが来る》

Charlie: Hey!
 ハーイ。

Ross: Hey...
 やぁ。。(キス)

Charlie: So, you know... I have a little time. If you... if you want to...
  ねぇ、ちょっと時間があるんだけど・・もしあなたがその気なら・・

Ross: Oh, oh.. I'd love to, but I really have to grade these papers.
 ああ、うーん、そうしたいけど、でも、このテストの採点しないといけないんだよ。

Charlie: Fine, it's fine... I'll just shower by myself.
 わかったわ。いいの。一人でシャワー浴びてくるわ。

Ross: B, B, B, B, B!
 (次々に書きながら)B、B、B、B、B!

Charlie: Oh, Ross, you gave a B to a Pottery Barn catalogue.
 あら、ロス、あなた、ポッタリーバーンのカタログにBつけたわよ。

Ross: Well, it had some good ideas. Take off your shirt. . . . Damn it!
 うん、いいアイデアが載ってたんだ。君のシャツを脱がせろって。(キス。ノックの音)なんだよもう!

Amy: Rachel, open up!! It's your sister!!
(she knocks on the door again)
I have to talk to you!!
 レイチェル、開けて! 妹よ!(再度ノック)話があるの!

Ross: Hi, Amy!
 (ドアを開けて)やぁ、エイミー!

Amy: You're not Rachel.
 あなたレイチェルじゃない。

Ross: Still sharp as a tack!
 それでも賢いんだよ!

(sharp as a tack = きちんとして、頭がいい、知識に富んで)

Ross: Um... Charlie, this is Rachel's sister, Amy. Amy, this is Charlie.
 ああ、チャーリー、こちらレイチェルの妹のエイミーだよ。エイミー、こちらチャーリー。

Charlie: Hi!
 ハーイ。

Amy: Hi!
 ハーイ。

Charlie: Nice to meet you.
 初めまして。

Amy: Hi! . . And you are...?
 どうも。(ロスに)そしてあなたは?

Ross: Ross? I... I grew up on your block! We had Thanksgiving together last year... I had a baby with your sister!
 ロスだよ。君の近所だった。去年一緒にサンクスギビングしただろ? 君のねえさんとの赤ちゃんが生まれた・・?

Amy: N-no, I. . . Did I buy a falafel from you yesterday?
 いえ、知らない・・昨日私、あなたからコロッケ買った?

(falafel = マメ類などから作る中東のコロッケ)

Ross: …… Yes. Yes, you did.
 ・・・そうだ。ああ、そうだよ。

《ジョーイ達の部屋:ロスがエイミーを連れてくる》

Ross: Hi, Rachel! Here's your sister, Amy! She thinks I need pec implants!
 やぁ、レイチェル。君の妹のエイミーだよ! 胸筋のインプラントを勧められたよ。

スクリーンショット 2013-12-19 2.58.19.png
(pec implants)

Rachel: Amy! Hi! Oh! Wow! You remember Joey?
 エイミー! ハーイ!(ハグ)まぁ! ジョーイは覚えてる?

Amy: Yeah! Hey, sure! The "Days of Our Lives" guy!
 ええ! 覚えてるわよ。「愛の病院日誌」の人よね!

Joey: That's right, yeah.
 そうだよ、うん。

Amy: You're not good.
 うまくないよね。

Joey: Always nice to meet a fan.
 ファンに会うのは嬉しいよ。

Rachel: So now, what are you doing here?
 それで、何かあった?

Amy: Well, I have huge news.
 すごいニュースがあるの。

Rachel: Oh, sorry, hold on. Let me just check on the baby.
 (エマの泣き声が聞こえる)あ、ごめんね、待って。赤ちゃんを見てくるわ。

Amy: Wait, this is important. Can Ella wait?
 待って。大事な話なの。エラは待てるでしょ?(呆れて立ち去るレイチェル)

Ross: Eh... Her name is Emma.
 ちょっと、あの子の名前はエマだよ。

Amy: Why did you change it? Ella was so much prettier!
 どうして変えたの? エラの方がずっと可愛いのに!

Ross: What do I know? I just sell Middle Eastern food from a cart.
 僕に何がわかる? 僕は屋台で中東の食べ物を売ってるだけだよ。

Amy: Hey, your English is getting better!!
 あら、あなた英語上手になってきたじゃない!

Ross: Oh, my God!
 (ジョーイに)オーマイゴッド!

Joey: I know, she may be the hottest girl I've ever hated.
 まったくだよ。彼女、俺が嫌いな中で一番ホットな子かもな。

Ross: What... what you working on?
 君、何をしてるの?

Joey: Oh, Monica and Chandler's recommendation. I want it to sound smart but.. I don't know any big words or anything, so...
 (PCに向かっている)ああ、モニカとチャンドラーの推薦状だよ。賢そうなの書きたいんだけど、そういう言葉、全然知らないし。。

Ross: Why don't you use your thesaurus?
 類語辞典を使えばいいじゃないか?

Joey: What did I just say?
 さっき俺、何て言った?

Ross: Watch. . . Here, you highlight the word you want to change. . . Go under Tools and the Thesaurus generates... ‘Gives'... Gives a whole list of choices. You can pick the word that sounds smartest.
 見てて。(PCを操作)ほら、変えたい言葉をハイライトさせて、ツールに入って、類語辞典を起動させる。そうすると・・「与える」がいろんな選択肢を与えてくれる。そこから賢そうな言葉を選べばいい。

Joey: Oh, my God, that's great! I'm smart!! No, no, I'm... "brainy, bright, clever", I love this thing! Look out, ladies, Joey Tribbiani's got the whole package!!
 わぁ、これはすごいな! 俺は賢い! いや、俺は(類語を調べて)「聡明で、利発で、才気がある」。これいいな! 見てろよ、お嬢さん達! ジョーイ・トリビアーニは、完璧になったぞ!

《レイチェルの寝室:エマを見ているレイチェル》

Rachel: God!
 ああ!

Amy: So beautiful.
 本当に美しいわ。

Rachel: Oh, I know, isn't she?
 ええ、この子、本当に。

Amy: No, I was talking about your bedding.
 いえ、私はこのベッドカバーのこと言ってるの。

Rachel: All right. What's your news, Amy?
 もういいわ。ニュースってなに、エイミー?

Amy: Oh! Um... Well... I'm getting married.
 ああ、それがね・・私、結婚するの。

Rachel: What? Oh, my God! To who?
 えっ? まぁ驚いた! 誰と?

Amy: This guy! He has a killer apartment.
 ある人よ。彼すっごい家を持ってるの。

Rachel: A-And??
 ・・それで?

Amy: A-And it's on Fifth. And the elevator opens up right into the living room.
 それでそこは5番街にあるの。エレベータがリビングに直結してるのよ。

Rachel: No, what's he like?
 そうじゃなくて、どんな人なの?

Amy: Oh! He's okay. Do you remember my old boyfriend Mark?
 ああ、彼はまぁまぁ。私の昔のボーイフレンドのマーク覚えてる?

Rachel: Yeah.
 ええ。

Amy: It's his dad.
 彼のお父さんなの。

Rachel: Huh... wow, so he's gotta be...
 はぁ・・それじゃ、その人って・・

Amy: Old? Yeah! But he travels a lot, so he's hardly ever there.
 年寄り? そうよ。でも、旅行ばっかりで、ほとんどいないし。

Rachel: Sweetie, I gotta tell ya... it sounds a little bit like you like the apartment more than you like...
 ねぇ、言わせて。なんか、あなた、その部屋の方が好きみたいじゃない? そのあなたの・・

Amy: Myron. Hmm... I told you he was old!
 マイロン。そうよ。年寄りだって言ったでしょ。

Rachel: Oh... sit down, sit down. Oh, honey, you know, I once also almost married somebody that I didn’t love. Do you remember Barry?
 ああ・・座って、座って。ねぇ、私も一度、愛してもいない人と結婚しようとしたことがあったわ。バリーを覚えてる?

Amy: Hum, remember him? We used to make out all the time after you went to sleep.
 覚えてるかですって? あなたが寝たあといつもエッチしてたわよ。

Rachel: …Sometimes just nodding is okay.. Um, so but anyway, listen, not marrying Barry was the best decision that I ever, ever made. Honey, Amy, you deserve true love. Your soulmate is out there, somewhere. Someone that is your age, that is smart, that is fun and that you care about!
 ・・・ただ頷くだけでいい時もあるのよ。とにかく、バリーと結婚しなかったのは、私にとって一番の選択だったわ。ねぇ、エイミー、あなただって本当の愛に出会えるはずよ。あなたのソウルメイトはどこかにいるわ。あなたにふさわしい年齢で、賢くて楽しくて、あなたが好きになれる人。

Amy: …You’re right, you’re right! I’m gonna do it!
 ・・・そうね。その通りだわ。そうするわ。

Rachel: Okay.
 わかった。

Amy: I’m gonna marry Myron and keep looking for Mr Right.
 私マイロンと結婚して、ソウルメイトを探し続けるわ。

Rachel: Okay, let’s keep talking.
 ちょっと、話を続けましょ。

《マディソン・スクエア・ガーデン:フィービー達が通路を歩く》

Phoebe: Excuse me, anniversary. Excuse me, anniversary. . Uhm, sir, could you move your nachos? They’re in my seat. It's my anniversary. . Here we are! . . I can’t believe it's been a whole year.
 失礼、記念日なの。失礼。記念日よ。すみませんけど、そのナチョスどかしてくれる? そこ私の席なの。今日は記念日なのよ。(着席し、マイクに)ついに来たわね。1年たったなんて信じられない。

Mike: I know. This has been the best year... This has been the best year of my life!!
 だよね。今年って最高の・・(応援の騒音のため、大声で言い直す)今年って人生で最高の年だよ!

Phoebe: Me too! I never thought I could love someone this much!
 (叫ぶ)私もよ! こんなに人を愛するとは思わなかったわ!

Mike: I feel the same way!
 (叫ぶ)僕も同じ気持ちだよ!

Phoebe: You’re so generous and kind, and you're amazing in bed!! . . . It’s our anniversary!
 あなたはすごく寛大で、優しくて、そして(応援がやみ静かになる)ベッドでも最高よ!! ・・・私たちの記念日なの。

Announcer: Knicks fans, please turn your attention to the big screen on the score board. Someone has a special question to ask.
 ニックスのファンの皆様、スコアボード上のビッグ・スクリーンをご注目ください。特別な質問をしたい方がいらっしゃいます。(スクリーンに「ジュリー、結婚してくれる?」と表示され、男性が女性の前でひざまずく姿が映る)

Phoebe: Oh! How lame.. Oh, it’s so tacky, and impersonal.
 まぁ! ダサいわね。ああ、安っぽくて、個性がないわ。

Mike: Really?
 そう?

Phoebe: Oh, it’s the worst way to propose.
 そうよ。プロポーズとして最悪ね。

Mike: Excuse me.
 失礼(席を立つ)

《モニカ達の部屋:ジョーイが来る》

Joey: Hey, I finished my recommendation. . Here. And I think you’ll be very, very happy. It’s the longest I ever spent on a computer without looking at porn.
 おい、推薦状ができたぞ。(チャンドラーに渡す)ほら。きっとすっごい満足だぞ。ポルノも見ずにこんなに長い時間パソコン触ったの初めてだよ。

Chandler: I don’t, uh, understand.
 (呼んで)俺・・これわからんな。

Joey: Some of the words are a little too sophisticated for ya?
 おまえには洗練され過ぎだったか?

Monica: It doesn’t make any sense.
 これ意味が通らないわよ。

Joey: Of course it does. It’s smart! I used the thesaurus!
 ちゃんと通ってるよ。賢いんだ。類語辞典っていうやつ使ったんだ。

Chandler: On every word?
 一語一句?

Joey: Yep!
 そう!

Monica: Alright, what was this sentence originally?
 それじゃ、これ、もとはどういう文章なの?

Joey: Oh, ‘They are warm, nice, people with big hearts’.
 ああ、「彼らは温かく、優しく、大きなハートを持った人達です」。

Chandler: And that became “They are humid, prepossessing Homo Sapiens with full sized aortic pumps”?
 それが、「彼らは、湿潤で魅力のある、十分な大きさの大動脈ポンプを持つホモサピエンスだ」になるのか?

Joey: Yeah, yeah. And hey, I really mean it, dude.
 そうそう。な、本当にそう思ってるからな。

Monica: Hey, Joey, I don’t think we can use this.
 ねぇ、ジョーイ、こんなの使えないわ。

Joey: Why not?
 どうして?

Monica: Well, because you signed it baby kangaroo Tribbiani. . . Hey, why don’t you stop worrying about sounding smart and just be yourself!
 だって、あなた、ベイビー・カンガルー・トリビアーニってサインしてるのよ。ねぇ、賢く見せようなんて思うのやめて、あなた自身でいいのよ。

(joey = 【豪】動物の子、カンガルーの子、幼児)

Chandler: You know what? You don’t need a thesaurus, just write from here, your full sized aortic pump.
 なぁ、類語辞典なんていらないよ。ここから書けばいいんだよ(自分の胸を指差し)おまえの十分大きい大動脈ポンプで。

《ジョーイの部屋をノックするエイミー》

Rachel: Amy, hi!
 エイミー、ハーイ!

Amy: I took your advice, I left Myron.
 あなたのアドバイスに従ったわ。マイロンと別れた。

Rachel: Oh, good for you!
 まぁ、偉いわ!

Amy: I know! I'm Erin Brockovich!
 でしょ! 私は、エリン・ブロコビッチよ!

(Erin Brockovich = 実話を元にした映画)

Rachel: Yes, you are. Oh, I am so proud of you.
 ええ、そうね。ああ、あなたが誇らしいわ。

Amy: Thank you! So, can I stay with you?
 ありがとう! それで、ここに住まわせてよね?

Rachel: But Erin Brockovich had her own house.
 でも、エリン・ブロコビッチには家があったわ。

(モニカの部屋から出て来たジョーイがエイミーに驚く)

Joey: Ah, look who’s back! Why do you have bags? Rach, why does she have bags?
 あっ! 戻って来たな! どうしてバッグなんて持ってるんだ? レイチ、どうしてバッグ持ってるんだ?

Amy: Well, I’m staying with you guys!
 私、あなた達とここに住むからよ!

Joey: What?
 なに?

Amy: We’re gonna be roomies! Come on!
 私たち、ルーミーになるのよ。(指を鳴らし荷物を指差す)ほら。

《ジョーイ達の部屋:レイチェルはリビング、ジョーイが寝室から来る》

Joey: You slept out here?
 君、ここで寝たのか?

Rachel: Yeah. Amy kept kicking me in her sleep yelling ‘Myron, get off!’
 ええ。エイミーが、寝ながら「マイロンやめて」って言って蹴りまくるのよ。

Joey: But we're getting rid of her, right? Rach, please tell me we’re getting rid of her.
 でも、彼女には出てってもらうんだろう? な? レイチ、頼むから出てってもらうって言ってくれ。

Rachel: Joey, I can’t do that!
 ジョーイ、それはできないわ!

Joey: Oh, come on! Last night I was finishing off a pizza and she said, "Uoh Oh, oh, a moment on the lips, forever on the hips!" I don’t need that kind of talk in my house!
 もう、頼むよ! 昨日の夜なんか、俺がピザを平らげてたら「あらあら、今口に入れたものが永遠にお尻に!」だってさ。うちにそんな話はいらない!

Rachel: Joey, um, look, I know that she’s difficult, but I think it’s really good that she’s here.
 ジョーイ、ねぇ、あの子は難しい子だけど、でも、ここにいてよかったと思うの。

Joey: 'Cause we will appreciate it more when she’s gone?
 いないことのありがたみがわかるから?

Rachel: No, it's just... look, you know, when I first moved to the city I was a lot like her! I was spoiled, self-centered. And you guys really took care of me.
 そうじゃなくて・・初めてここへ来た時は、私もあんな感じだったわ。甘やかされて、自分勝手で。でもあなた達が世話をしてくれたわ。

Joey: Yeah, Monica made us!
 ああ、モニカにさせられたんだよ!

Rachel: Well, whatever, I have really appreciated it, 'cause I don’t think I would be the person that I am today if it wasn’t for you guys. See, I wanna help Amy the way you guys helped me. And I know it’s gonna take patience, but that’s okay.
 何にしても、本当にありがたいと思ってるの。あなた達がいなかったら、今の私はなかったわ。ね、あなた達がしてくれたように、私もエイミーを助けたいの。忍耐が必要だと思うけど、それでもいいの。

Amy: Good morning.
 おはよう。

Joey: Yeah.
 ああ。

Rachel: Amy, that’s what I was supposed to wear today. That’s why I hung it on the door.
 エイミー、それ私が着る予定だった服よ。だからドアにかけておいたんだから。

Amy: Oh, sweetie, you can’t pull this off.
 あら、脱がせることはできないわよ。

Rachel: Amy, you know what? I was thinking that maybe now it'd be a good time for us to sit down and, you know, talk about your future.
 エイミー、あなたの今後について、落ち着いて話すいい機会じゃないかと思うの。

Amy: Oh, I can’t, honey. I’m gonna go get my eyebrows shaped. . I am not happy. . . Oh. Sure you wanna eat that?
 いえ、ダメよ。眉のお手入れをしに行かなきゃ(眉を指差し)これじゃイヤよ。(ピザに手を出したジョーイに)本当にそんなもの食べていいの?

Joey: I’m curvy and I like it!
 これは曲線美、自分で気に入ってる!

《モニカ達の部屋:フィービーが来る》

Phoebe: Hi. I just had the worst anniversary ever.
 最悪の記念日になっちゃったわ。

Chandler: I doubt that! Tell her about us last year.
 それはないだろう。(モニカに)去年の俺たちの話してやって。

Monica: Oh, well, I bought Chandler a five hundred dollar watch and he wrote me a rap song.
 ああ、私はチャンドラーに500ドルの時計をあげて、彼は私にラップ・ソングを作ってくれたの。

Ross: Seriously?
 本当に?

Chandler: Word.
 言葉だよ。

Phoebe: Well, mine was worse than that.
 私たちはそれよりひどいわ。

Rachel: Well, what happened?
 何があったの?

Phoebe: We were at the game, and this guy proposed to his girlfriend on the big screen thing...
 試合会場にいたら、ビッグ・スクリーンでガールフレンドにプロポーズした人がいたのよ。

Rachel: Oh, that is so tacky.
 あれは本当にダサいわよ。

Phoebe: Well, that’s what I said, but it turns out, Mike was planning on proposing to me that same way last night!
 私もそう言ったのよ。それが、マイクも昨日、その手でプロポーズするつもりだったのよ!

Monica: Oh, my God, Mike was gonna propose?
 まぁ、すごい、マイクがプロポーズ?

Rachel: Phoebe, that’s huge!
 フィービー、すごいじゃない!

Ross: Well, do you wanna marry him?
 君も結婚したいの?

Phoebe: Yeah, I really do! Yes, but, after I dumped on the way he was gonna propose to me, I don’t think he’s ever gonna ask again! I mean, I said no in Barbados and now this!
 ええ、したいわよ。でも、こんなふうに否定しちゃった後じゃ、もう申し込んでくれないわ。バルバドスでも一度ノーって言ってるのに。

Chandler: She's right! If I were a guy and. . . Did I just say, “If I were a guy”?
 そうだよ。もし俺が男だったら・・・今、「もし俺が男だったら」って言った?

Monica: Maybe you don't need him to propose to you, maybe you could propose to him.
 プロポーズしてもらわなくても、あなたからプロポーズしてもいいんじゃないかしら。

Phoebe: Oh, I don't know, I don't know. Isn't that a little desperate?
 それはどうかなぁ。それちょっと悲壮な感じしない?

Monica: I proposed to Chandler.. All right, moving on...
 私チャンドラーにプロポーズしたわよ。・・・いいわ、話進めて。

Chandler: Oh, I don't think it was desperate, I think it was amazing!
 いや、悲壮だなんて思わなかったよ。すばらしかったよ。

Monica: Thank you.
 ありがと。

Phoebe: Well, do you think I should propose?
 (レイチェルとロスに)私からプロポーズした方がいい?

Rachel: I think it could be kind of great!
 いいかもしれないわね。

Ross: Absolutely! You'll love the feeling. There's nothing like it.
 絶対いいよ! あの感じ君も好きになるよ。ほかにはないよ

Phoebe: Okay, okay. So how should I do it?
 わかった、わかったわよ。どうやればいいの?

Monica: How about at a game, on the big screen?
 試合中はどう? あのビッグ・スクリーンで?

Rachel: Uh!! How about at a Foot Locker?
 (皮肉)ああ! フット・ロッカーでやったら?

(Foot Locker = アパレルチェーン)

Monica: What? what? He obviously thinks that's a nice way to be proposed to. Plus, he'd never suspect it!
 何、なによ? 彼はそこでプロポーズするのがいいと思ったんでしょう。それに、これなら気づかれないわ。

Phoebe: Yeah, that does make sense. Okay, now, would, would you two like that?
 ええ、確かにそうね。それじゃ、あなた達(ロスとチャンドラー)はどう思う?

Chandler: Sounds good to me. But what would a guy think?
 いいと思うけどね。男ならどう思うかな?

(エイミーが子機を持って入ってくる)
Amy: Nana is on the phone.
 おばあちゃんから電話よ(レイチェルに子機を渡す)

Rachel: Wow! That's interesting, since she died seven years ago.
 まぁ。それは興味深いわ。彼女7年前に亡くなったけどね。

Amy: She did? Who got her condo in Boca?
 そうなの? ボウカのマンションは誰がもらったの?

Rachel: Hello? . . It's our nanny! . . . Hi! Oh, God! I hope you feel better. Okay, bye. . .That's Molly, she's sick. Can you watch Emma today?
 もしもし? (エイミーに)シッターさんよ! (電話に戻り)ハーイ、まぁ・・お大事にね。わかったわ。バーイ。(電話を切り、ロスに)モリーよ。具合が悪いって。今日エマみてくれる?

Ross: No, I can't. I have back-to-back classes. Did Molly say what she had? Because my throat's been hurting?
 いや、だめだよ。今日は一日中講義があるんだ。モリーは何の病気か言ってた? 僕も喉が痛いんだけど。

Rachel: Menstrual cramps.
 生理痛。

Ross: I don't think that's what this is.
 僕のはそれじゃないと思う。

Rachel: Can any of you watch Emma?
 (モニカ達に)誰かエマみてくれる人いない?

Monica: No, sorry, sweetie.
 無理だわ、ごめんね。

Phoebe: No, I've got work and then I'm proposing.
 ダメなの。仕事があるし、その後プロポーズしなきゃ。

Rachel: Great, shoot, what are we gonna do?
 最高ね。(ロスに)どうしよう?

Amy: Well, I can do it.
 私が見るわ。

Rachel: Well, actually...
 そうねぇ・・それも・・

Ross: Well, can I talk to you for a sec?
 ちょっと話せる?(部屋の隅へ少し移動)

Rachel: Yeah.
 ええ。

Ross: Um, I do not want her babysitting our child.
 彼女に僕らの子をみてもらいたくないよ。

Rachel: Why not?
 どうして?

Ross: Well, for one thing, she keeps calling her Ella!
 まず第一に、彼女はエラって呼んでる!

Rachel: Wha.. well, Ella's a nice name.
 な・・エラっていい名前よ。

Ross: Fine, we'll call the next one Ella.
 わかったよ。それじゃ次の子はエラにしよう。

Rachel: Wha... the next one?
 なに・・次の子ですって?

Ross: Okay, um... I don't want her watching our baby.
 いや・・僕は彼女にみてもらうのは反対だよ。

Rachel: Ross, I am trying to help her become a better person. This is a huge breakthrough for her! She just offered to do something for another human being!!
 ロス、あの子がもっといい人になるのを手伝おうとしてるのよ。これは大きなきっかけになるわ。あの子が自分以外の人のために何かをしようって言ってるのよ。

Ross: You know, I don't know..
 でもなあ、どうかな・・

Rachel: Ross, I'm telling you, she's giving up getting her eyebrows shaped to do this, all right? Do you understand how important that is in our world?
 ロス、ほんと、彼女が眉のお手入れを諦めて言ってくれてるのよ? これが私たちの世界でどんなに重大なことか、わかってるの?

(エイミーが2人に近づく)
Amy: Um... Listen, I couldn't help but overhear... 'cause I was trying to. Listen, let me do this, all right? I really wanna help you guys out. And plus, Rachel's been so wonderful to me.
 ねぇ、聞こえちゃったわ・・聞こうとしたからだけど。ねぇ、お願いやらせて。本当にあなた達を助けたいの。それに、レイチェルはすごく私によくしてくれたし。

Rachel: Absolutely.
 いいわ。

Amy: Oh! Great! So how much does it pay?
 まぁ、うれしい! それで、いくらくれる?

《セントラルパーク:モニカとチャンドラーが来る》

Chandler: Hey, Joe! How's the second draft of the letter coming?
 やぁ、ジョー! 推薦状の書き直しはどうなった?

Joey: Great, I'm finished! In fact, I just dropped it off at the agency.
 すごいよ、もう終った! もう事務所に届けてきたよ。

Monica: You dropped it off?
 届けた?

Joey: Yeah.
 ああ。

Chandler: Can we read it? Can you print out another copy?
 俺たちにも読ませて? また印刷できるだろ?

Joey: No, can do, amigo. No, I didn't use the computer. Felt more personal to hand-write it.
 ああ、いやダメだよ。パソコン使わなかったんだ。手書きの方が気持ちがこもってると思ってさ。

Monica: You hand-wrote it?
 手書きにしたの?

Joey: Yeah, and don't worry. I didn't try to sound smart at all! See you later!
 ああ。心配するな。賢そうに見せようなんてしなかったから。じゃあまたな!(出て行く)

Monica: Oh, my God. Oh, my God. That letter is gonna go in our file! We're never gonna get a kid. No, we're gonna be one of those old couples that collects orchids or has a lot of birds!
 なんてことなの。なんてことなの。その手紙が私たちのファイルに入るのよ! 私たち絶対子供をもらえないわ。ダメだわ。私たち、蘭や鳥を飼う年取ったカップルになるのよ。

Chandler: It's okay, it's okay. You know what? I'll just call the agency and tell them to throw out the letter.
 大丈夫、大丈夫。俺が電話をして、手紙を捨てるように言うよ。(携帯から電話)

Monica: Okay, good.
 ええ、それがいいわね。

Chandler: Hello, this is Chandler Bing. Somebody just dropped off a handwritten recommendation letter, and… Uh-huh. . Uh-huh. . Okay. . thank you. Good-bye.
 もしもし、チャンドラー・ビングです。手書きの推薦状を届けた者がいるようなんですが・・ええ・・ええ・・わかりました。・・・ありがとう、どうも。(電話を切る)

Monica: Ugh, we're screwed, aren't we? You know what? Just tell me on the way to the bird store.
 ああ、もうダメなのね。もういいわ。鳥屋さんへ向かう途中で話聞く。

Chandler: They loved it.
 みんなに気に入られた。

Monica: What?
 え?

Chandler: They thought it was very smart of us to have a child write the recommendation letter.
 子供に推薦状を書かせるなんて、いい考えだと思ってるらしい。

Monica: They thought Joey was a child?
 ジョーイが子供だと思ってるの?

Chandler: She guessed 8, 9, based on his drawings.
 彼女は、落書きから考えて、8歳か9歳だと思ってる。

(エマを連れたエイミーが来る)
Amy: Hi!
 ハーイ!

Monica: Hey, what did you guys do today?
 ハーイ、今日はどうしてた?

Amy: Ella wanted to go out, so we went shopping and got some sushi.
 エラが外へ出かけたがったから、ショッピングに言って、スシを食べたわ。

Chandler: That sounds like fun.
 楽しそうだね。

Amy: Yeah, not really. Babies are dull.
 あー、そうでもない。赤ちゃんって退屈ね。

(レイチェルが来る)
Rachel: Hey! Hi, how's my girl?
 ハーイ! 私のかわいい子は元気?

Amy: I'm fine! And, I got you a present for letting me stay with you. Ready?
 私は元気よ! それから、一緒に住まわせてくれたお礼のプレゼントがあるの。いい?

Rachel: Yeah!
 ええ!

Amy: Ta-daaa!
 (エマの帽子を取り)ジャジャーン!

Rachel: You pierced her ears!?
 耳にピアスしたの?

Amy: Doesn't it make her nose look smaller?
 これで鼻が小さく見えるでしょう?

《セントラルパーク:続き》

Rachel: You pierced her ears? How could you do this without telling me?
 耳にピアスしちゃうなんて! どうして私に言わずにそんなことできるの?

Amy: Well, if I had told you, then it wouldn't have been surprise, now would it?
 話しちゃったら、サプライズになんないでしょう。違う?

Chandler: I think she looks cute. …But I am wrong!
 可愛いと思うよ。(レイチェルに睨まれ)でも俺は間違ってる!

Rachel: Oh, my God. Oh, my God. Here comes Ross. He's gonna flip out.
 なんてこと、なんてこと! ロスが来たわ。狂っちゃうわよ。

Amy: Why, did something happen to his falafel cart?
 どうして? コロッケの屋台に何かあったの?

Rachel: Ugh.
 もうっ・・(帽子でエマの顔を隠す)

(ロスが来る)
Ross: Hey, guys.
 やぁ、みんな。

Monica and Chandler: Hi, Ross.
 ハーイ、ロス。

Ross: Hi, Emma. Oh, why is she wearing her hat so low? She can barely see.
 やぁ、エマ。どうしてこんなに帽子を深く被らせたの? エマが何も見えないじゃないか。

Rachel: Nah, I don't really want her to see.
 いいのよ。見てほしくないんだもの。

Ross: Why not?
 どうして?

Monica: Because there are so many terrible sights in this world.
 この世はひどいことがいっぱい起きてるからよ。

Chandler: Like war. Or that thing in Joey's refrigerator. Remember? It was in a milk carton but it looked like meat?
 戦争とか。ジョーイの冷蔵庫の中身とか。覚えてる? ミルクのボトルに入ってて、肉みたいに見えてただろ?

Ross: Come here. Come here. . Oh! There she is! Hi.
 ほら、ほら・・(帽子を取る)ああ! ほらいたね!ハーイ!

Ross:What?
 (レイチェル達の不安顔を見て)なに?

Rachel: Nothing.
 なんでもない。

Ross: Hi! . . . What... Please tell me those are clip-ons.
 (エマに)ハーイ! ・・・なに・・・(見たものを信じられずベビーカーを遠ざけてみたりした後で)お願い、これはイヤリングだって言って。

Rachel: Oh, they're real!
 ああ、それはピアスよ。

Ross: Did she do this to her? I told you we shouldn't have left Emma with her!
 (エイミーを指差し)彼女がこんなことをしたのか? エマを彼女に任せちゃダメだって言っただろう!

Rachel: I know, I know, and you were right, Ross. Okay? . . . You are so irresponsible! I am never letting you babysit ever again!
 そうよ、そうなのよ。あなたの言う通りだったわ、ロス、ね?(エイミーに)あなたって本当に無責任ね! 二度とあなたにはシッターさせないわ!

Amy: Hey, you know what, this kid needs me, okay? She needs to have a cool, fun aunt!
 ちょっと、子供達には私が必要なのよ、いい? 彼女には、かっこ良くて楽しい伯母が必要なのよ!

Monica: I'm a cool, fun aunt!
 私が、かっこ良くて楽しい伯母よ!

Amy: Okay!
 あっそ!

Chandler: Hey! Monica can be cool and fun at organized indoor projects.
 おい! モニカはよく整った室内でやることにかけては、かっこ良くて楽しいぞ!

Rachel: I can't believe this. All I wanted to do was help you try to figure out what to do with your life and this is how you repay me?
 信じられないわ。私はただ、あなたがこの先どうしていくか、見つけ出すのを助けようと思っただけなのに、こんなことしてくれるなんて?

Amy: Well, I don't need you to help me. Because I already know what I'm going to do with my life.
 助けてもらわなくてもいいわよ。だって私はもう何をしていくかわかったんだもの。

Rachel: Oh, yeah? Since when?
 あらそう? いつから?

Amy: Since today. I am going to be a baby stylist.
 今日よ。私はベビー・スタイリストになるの。

Rachel: What?
 何ですって?

Ross: That's not a thing!
 そんなものない!

Amy: Well, it should be. I'm gonna help babies learn how to accessorize, what colors to wear, what clothes are slimming...
 あるべきよ。私は赤ちゃん達にアクセサリーのつけ方とか、どんな色を着たらいいかとか、やせて見える着こなしとか・・

Rachel: Babies don't care if they're slim.
 赤ちゃんはやせてるかなんてどうでもいいのよ。

Amy: Enter Amy!
 エイミー登場!

Ross: Amy, I ju... I just... I just wanna...
 エイミー・・僕は・・僕はもう・・僕は・・

Amy: What? What are you gonna do?
 なによ? どうしたいっていうの?

Ross: No more falafel for you!
 もうコロッケ売らない!

《マディソン・スクエア・ガーデン》

Mike: Great game, huh?
 いいゲームだね?

Phoebe: Uh huh, uh huh...
 そうね。ええ(上の空っぽい)

Mike: Why do you keep looking at the screen?
 どうしてスクリーンばかり見てるの?

Phoebe: I'm not. I'm praying. Please let the Knicks win... Thank you, Thor! . . Where... where are you going?
 別に。祈ってるの。お願いニックスを勝たせて。。ありがとう、雷神!(マイクが立ち上がる)どこへ行くの?

(Thor = 〈北欧神話〉トール・雷神)

Mike: Going go to the bathroom.
 トイレに行くんだよ。

Phoebe: Well, I think you should wait.
 もうちょっと待って。

Mike: Why?
 どうして?

Phoebe: Well, if you don't... if you don't hold it in, you don't get all the nutrients.
 だって・・だって我慢しないと、栄養がとれないわよ。

Announcer: Knicks fans, please turn your attention to the big screen on the scoreboard. Someone has a special question to ask.
 ニックスのファンの皆様、スコアボード上のビッグ・スクリーンをご注目ください。特別な質問をしたい人がいます。

(「マイク、結婚してくれる?」という表示の後、フィービー達が映る)

Phoebe: Mike Hannigan... will you marry me?
 マイク、ハニガン、結婚してくれる?

Announcer: Get a load of this. She's proposing to him! Guess we know who wears the pants in that family.
 これは驚いたな。彼女が彼にプロポーズだ! この家でズボンをはくのは誰かな?(観衆の笑いが起きる)

Phoebe: That's not very enlightened! . . . Hey, hey! Boo us? Boo you!
 そんなのおかしいわよ! (回りでブーイングが起きる)ちょっとちょっと、私たちにブーイング? お返ししてやるわよ!

《ジョーイ達の部屋:電話が鳴る》

Joey: Hello? Yeah, this is Joey Tribbiani... Oh, hi! Well, I'm glad you liked my letter... No my mommy and daddy aren't home right now... Okay, bye bye. . She was nice.
 もしもし? ああ、ジョーイ・トリビアーニだよ。・・ああ、どうも! 俺の手紙を気に入ってくれて嬉しいよ。・・ううん、ママとパパは、今ここにいないよ。・・わかった、バイバイ。(電話を切る)いい人だな。

(レイチェルとエイミーが来る)
Rachel: Joey, get Amy's bags. She is moving out!
 ジョーイ、エイミーの荷物持ってきて。彼女出て行くから!

Joey: Whoo-hoo!
 やった!!(レイチェルの寝室へ行く)

Amy: You're kicking me out?
 私を追い出す気?

Rachel: You put holes in my baby's ears!
 あなた私の赤ちゃんの耳に穴をあけたのよ!

Amy: Yeah, well, at least now people will know she is a girl!
 ええ、そうよ。これでみんな、あの子が女の子だってわかるようになったわよ。

Rachel: I can't believe I ever even tried to help you. You are so beyond help.
 あなたを助けようと思ったなんてことが信じられない。手に負えないわ。

Amy: You know what? Ever since I got here, you have been nothing but negative.
 ねぇ? 私がここへ来て以来、あなたってずっと否定的よね。

Rachel: Excuse me?
 なんですって?

Amy: You didn't want me to marry the old guy with the great apartment. Then, I tried to help your daughter to de-emphasize her flaws. . . And suddenly I am the bad guy?
 素敵な部屋を持ってる年寄りと結婚するのも嫌がった。それに、あなたの娘の欠点を(鼻を指差す)目立たないようにしてあげたのに。それなのに私が悪者?

Rachel: Joey, where are those bags?
 ジョーイ、荷物は?!

Joey: She has a lot of crap!
 クソたくさんあるんだよ!

Amy: You know what? When I moved in here I thought, “This is gonna be so great. Just us sisters, back together again like when we were kids.” Except without that stupid Jill... Oh! Who has gotten fat, by the way.
 ねぇ、ここに来た時は思ったのよ、「これはきっと楽しくなるわ。姉妹だけで、子供の頃みたいに・・」って。あのバカなジルは抜きだけど。・・あっ! 太ったの誰だと思う?

Rachel: Seriously?
 マジで?

Amy: Hm-mm... Mom said she gained, like, fifteen pounds.
 そうよ。ママが、15ポンド(6.8キロ)位増えたって言ってたわ。

Rachel: Hips or thighs?
 お尻? もも?

Amy: Ass and face.
 お尻と顔。

Rachel: Oh! Oh, my God! I thought she was on Atkins.
 まぁ! なんてことかしら。彼女、低炭水化物ダイエットしてると思ったわ。

(Atkins = アトキンスダイエット・低炭水化物ダイエット)

Amy: She was. Carbs found her. ……See? This is what I wanted. Two sisters talking about real stuff.
 してた。でも炭水化物に負けたのよ。・・ほらね? こういうのを望んでたのよ。2人の姉妹で、真実を語り合うの。

Rachel: Oh, I can give you that.
 ああ、それならできるわよ。

Amy: You can?
 そう?

Rachel: Yeah. I just, I kept trying to make you a better person, but you're... you're already a pretty perfect version of what you are.
 ええ。私、あなたをもっといい人にしようと頑張ってきたけど、でも、あなた・・あなたはそれなりにもう出来上がっちゃってるのね。

Amy: Thank you. I've got to admit, Emma does look cute.
 ありがとう。認めるわ、エマは可愛い。

Rachel: Did you just say Emma?
 今、エマって言ったわね。

Amy: Oh, I'm sorry... Ella.
 あ、ごめん。エラ。

《レストランのマイクとフィービー》

Phoebe: That woman at the game didn't know what she was talking about. Mike, obviously you have balls.
 あの試合に来てた女の人、何もわかってないわよね。マイク、あなたちゃんとタマあるもんね。

Mike: But please, let's just forget the whole thing.
 頼むよ、もう全部忘れようよ。

(ウェイターがケーキを置いていく)

Phoebe: I would love it. Consider it forgotten.
 そうするわ。もう忘れた。

Mike: Thank you.
 ありがと。

Phoebe: But just so you know. However and whenever you decide to propose, I promise I'll say yes. Whether... whether, you know, it is in a basketball game, or in sky writing, or you know, like some lame guy in a cheesy movie who hides it in the cake. . . It's in the cake, isn't it?
 でも、言っておくけど、いつ、どんなふうにプロポーズされても、私はイエスって答えるわ。たとえ・・バスケットボール中でも、空に書かれていても、それとか、安っぽい映画のダサい人みたいにケーキに隠されていても・・(マイクの表情が凍りつく)ケーキに入ってるのね?

Mike: Where else would lame Mr. No Balls hide it?
 ダサいミスター・タマなしには、それくらいしか隠すとこないだろ?

Phoebe: What's the matter with me? Why do I keep ruining this? I'm sorry, I'm sorry!
 私ったらいったい何なの? どうして私ダメにしちゃうの? ごめんなさい、ごめんなさい!

Mike: No! It's my fault. I keep trying to propose in these stupid ways and all I wanna do is tell you that I love you and I want to spend the rest of my life with you. . . . I'm gonna do this now.
 いや、僕のせいだよ。こんなバカな手を使ってプロポーズしようとしたりして。僕はただ、君に愛してるって、これからずっと君といたいって言いたいだけなのに。。今言うよ。

Phoebe: Oh, my God!
 オーマイゴッド!

Mike: Phoebe, I...
 (ひざまずき)フィービー、僕は・・

Phoebe: Wait! Oh, wait! . . . Oh, no!
 待って! あ、待って!(指輪を外して手を差し出し)あ、ダメ!(指輪を全部外し、手を差し出す)

Mike: Ready?
 いい?

Phoebe: Uh-huh!
 ええ!

Mike: Phoebe, I love you. There's no-one else in the world I would ask to marry me... three times. But I wanna take care of you, have babies with you, and grow old with you. Phoebe Buffay, will you marry me?
 フィービー、愛してるよ。この世に、僕が結婚してって言いたい人は君だけだ。3回もね。でも、君の面倒を見ていきたい。一緒に子供を持ちたい、そして一緒に年を取っていきたい。フィービー・ブフェ、結婚してくれる?

Phoebe: Yes!
 イエス!

Mike: I love you!
 (指輪をつけて)愛してるよ!

Phoebe: I love you more!
 私はもっと愛してるわ!

Mike: Not possible! . . She's gonna be Mrs. No Balls.
 不可能だよ!(キスをして、他の人に向かって)彼女はミセス・タマなしになるんだ。

《セントラルパーク前の道を歩くレイチェルとエイミー》

Rachel: So how is the uhm... baby styling business going?
 それで、ベビー・スタイリストって仕事はうまくいってるの?

Amy: Not that great. It's almost as if people don't want to hear that their babies are ugly.
 あんまり。まるでみんな、赤ちゃんがブサイクだって言われたくないみたいよ。

Rachel: That's shocking!
 オドロキ!

Amy: Oh! It's Ross... Hey, Ross! . . . Hello, Ross! . . . He's rude!
 あ、ロスよ!(コロッケ売りの屋台の中東の男性に)ハーイ、ロス! ・・ねぇ、ロス!(返事がないのでレイチェルに)失礼な人ね。






にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 00:41| Comment(0) | Season 10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。