2013年12月20日

10-4 The One With the Cake

10-4 ケーキの話

 ☆エマのファースト・バースディ☆

《セントラルパーク:モニカが来る》

Monica: Hey, guys!
 ハーイ、みんな!

Ross, Rachel and Chandler: Hey!
 ハーイ。

Chandler: Honey, I got us that room at the Woodford Inn this weekend.
 ハニー、ウッドフォードのホテル、今週末の予約入れたからね。

Monica: That place in Vermont? You can take a hint!
 バーモントの? 察しがいいじゃん!

Rachel: Wait, you can't go away this weekend! It's Emma's birthday!
 待って、今週末は行っちゃだめよ! エマの誕生日なんだから!

Ross: Yeah!
 そうだよ!

Rachel: We're having a party.
 パーティを開くのよ。

Monica: Well, can't you just have the party when we get back?
 私たちが帰ってからじゃダメ?

Ross: No.
 ダメだよ。

Rachel: No, that day... that won't be her real birthday!
 ダメよ、それじゃあの子の本当の誕生日じゃないもの。

Chandler: Gee, if only she were one and had no idea what the hell a birthday was.
 ああ、彼女が1歳だったら、誕生日なんて意味もわからないだろうにな。

Ross: Come on, you guys, this is really important to us.
 頼むよ、君たち、僕らにとっては大事なことなんだ。

Monica: Well, I'm sorry, but Chandler and I could really use a weekend away. You know, to reconnect, emotionally.
 悪いけど、チャンドラーと私は今週末でかけたいのよ。結びつきを深めるの、気持ち的にね。

Chandler: There's this thing I really want us to do. I read about it in Maxim.
 試してみたいことがあるんだよ。マキシムで読んだんだ。

avril_maxim.jpg(Maxim)

Rachel: Well, can't you just go to Vermont the next day?
 バーモント行きは翌日にできない?

Ross: Yeah, we want everyone to be there. As much as I hate to delay your doing weird sex stuff to my little sister.
 そうだよ。みんなにいてほしいんだ。君が変なセックスを僕の妹にするのを延期させて悪いけどね!

Rachel: And I mean, you know, you guys, this is a big deal. I mean, how can we have her first birthday party without her aunt and her uncle!
 ねぇ、これは大事なことなのよ。初めての誕生日なのに、伯母さん伯父さんがいないなんて!

Monica: All right, we'll stay. We can just drive up after the party.
 わかったわ、いるわよ。パーティの後で車で行くわ。

Chandler: Fine. But if we end up not doing this Maxim thing because of this party...
 わかったよ。でも、もしそのパーティのせいでマキシムに載ってたことができなかったら・・

Monica: Believe me, that is not why we won't be doing that.
 絶対にそんなことしないから!

《ジョーイ達の部屋:パーティ準備をするレイチェル》

Rachel: You know, Pheebs, when I was little, on my birthday, my daddy would hide a present in every room of the house, and then he would draw a treasure map to help me find them all.
 ねぇ、フィーブス、私が子供の頃、パパが家のあちこちの部屋にプレゼントを隠して、宝の地図を書いてくれたのよ。

Phoebe: Oooh, I love family traditions like that. When um... when Ursula and I were kids, on our birthday, our stepdad would sell his blood to buy us food.
 ああ、そういう家族の伝統って大好き。アースラと私が子供の頃の誕生日、義理のとうさんが、私たちに食べ物を買うために血を売ってくれたのよ。

(ロスが来る)
Ross: Hey, guys!
 やぁ!

Rachel and Phoebe: Hi!
 ハーイ!

Ross: Hey, I brought the camera for Emma's video.
 エマのビデオのためにカメラ持ってきたよ。

Rachel: Oh, good, good! We had this idea to make a birthday video for Emma and we'll give it to her when she is 18.
 ああ、よかった。誕生日ビデオを作っておいて、エマが18歳になった時にあげようって決めたのよ。

Phoebe: Oh, cool!! Wow, it's like a time capsule.
 まぁ、素敵ね! まるでタイム・カプセルね。

Ross: Yeah!
 そうなんだよ。

Phoebe: Oh, just think... she's gonna be watching that video on a TV that hasn't even been invented yet with friends who, right now, are just, like, babies. And they'll be living in a floating city that the humans built to escape the ant people!
 考えてみて。まだ今は発明されていないテレビで、友達とそれを見るのよ。その友達も今は赤ちゃんね。みんな、アリ人間を避けて建てた空中都市に住んでるのよね。

Ross: That's the hope. So, is Emma awake yet?
 そうだといいね。それで、エマはもう起きたの?

Rachel: Oh, no, it's still nap time. But she'll be up soon.
 いいえ、まだお昼寝時間なの。すぐ起きると思うわ。

Ross: Ah, and where is Joey?
 ああ、それとジョーイは?

Rachel: I said, it's still nap time.
 まだお昼寝時間って言ったでしょ。

(ジョーイが寝室から来る)
Ross: Hey, there is Uncle Joey!
 (カメラを向けて)やぁ、ジョーイおじさんだよ!

Joey: Hey!
 やぁ!

Ross: Hey, say something to Emma on her 18th birthday!
 ね、18歳の誕生日を迎えたエマに何か言って。

Joey: 18, huh?
 18歳ねぇ。(にやけ顔になる)

Ross: Joey, no!
 ジョーイ、だめだよ!

Joey: What, what? it's for her hot friends!
 何、なんだよ? 彼女のセクシーな友達用だよ。

Ross: When they see this you'll be 52!
 これを見る頃、君は52歳だぞ!

Joey: And starting to think about settling down!
 つまり、そろそろ身を固めようかなって思う頃じゃないか!

Rachel: Hey, Joey, will you please set this up for people to put Emma's presents on?
 ねぇ、ジョーイ、これを組み立ててくれる? エマへのプレゼントを置くの。(テーブルを渡す)

Joey: Love to. Yeah! . . We were supposed to bring presents?
 喜んで、ああ。(フィービーに)俺たち、プレゼントを持ってこなきゃダメなの?

Phoebe: Yeah! I wrote Emma a song.
 そうよ! 私はエマのために歌を作ったの。

Joey: Oh, yeah. How was I supposed to know?
 ああそうか。プレゼントが要るなんて知るわけないよ。

Phoebe: Joey, it's a birthday party.
 ジョーイ、これは誕生日パーティなのよ。

Joey: Yeah, but for a one-year-old. What's the point? The other day she laughed for, like, an hour at a cup. Just a cup with a picture of Elmo on it, dressed as a farmer. And he's standing next to this cow, and the cow says, "El-moo"! . . . Man, that's a funny cup!
 そうだけど、1歳だぞ。なに? この前なんか、あの子、カップを見て1時間くらい笑ってたんだぞ。エルモの絵のカップだぞ。牧場主みたいな格好でさ、牛の隣に立って、「エルもぉぉぉ!」って言ってるんだ。(笑い出す)ああ、本当に面白いカップだよ!

(モニカとチャンドラーが来る)
Monica: Hey!
 ハーイ。

Chandler: Hey! Where's the birthday girl?
 やぁ! 誕生日の子はどこ?

Rachel: Oh, she's still napping.
 まだお昼寝してるの。

Chandler: Oh, sure, she was probably up all night, excited about the party she knows is happening.
 ああ、そうだよな、きっと誕生日パーティだってわかってて、嬉しくて一晩中起きてたんだろうな。

Rachel: Look, I know that you guys really want to get to Vermont and this isn't a really big deal to you, but it really is to us, okay? Emma will never have a first birthday again.
 ねぇ、あなた達バーモントに行きたいってこと、それにパーティなんてって思ってるのはわかってるけど、私たちには大切なの。ね? エマにとって初めての誕生日なんて二度とないんだから。

Monica: All right, you're right. We're sorry. Now let's wake up Emma and get the fun time started!
 わかったわ。そうよね。ごめん。それじゃエマを起こして楽しく始めましょうよ!

Rachel: No, really, she didn't sleep well last night, so we can't wake her up.
 ダメなの、あの子昨日よく眠れなかったから、起こせないわ。

Monica: Are you frigging kidding me, Greene?
 冗談ほざいてんじゃないわよ、グリーン?

(ジャックとジュディが来る)
Jack and Judy: HI!
 ハーイ!

Ross: Hey!
 (カメラを構えて)やぁ!

Monica: So glad you came!
 来てくれて嬉しいわ。

Jack: I can't believe Emma is already one!
 エマがもう1歳だなんてびっくりだよ。

Judy: I remember your first birthday. Ross was jealous of all the attention we were giving you. He pulled on his testicles so hard. We had to take him to the emergency room.
 (モニカに)あなたの初めての誕生日思い出すわ。みんながあなたに注目するからって、ロスがすごくヤキモチをやいて、タマタマをすごく引っ張ったのよ。救急病院に連れてくはめになったわ。

Ross: There's something you didn't know about your dad.
 (カメラを自分に向けて)君が知らなかったパパのことだよ。

Joey: Hey, Mr. and Mrs. Geller! Let me help you with that.
 どうも、ゲラーご夫妻! (プレゼントを受け取り)こちら手伝いましょう。

Jack: Thank you!
 ありがとう。

Joey: Oh, man, this is great, huh? The three of us together again! You know what would be fun? If we gave this present to Emma from all of us!
 ああ、素敵だよね? 俺たち3人がまた集まるなんて。このエマへのプレゼントを俺たち3人からにしたら、楽しいだろうね。

Jack: Which one are you?
 君、誰だっけ?

《時間経過》

Monica: I can't believe Emma is still asleep!
 エマがまだ起きてこないなんてウソみたい。

Chandler: I know, what are we gonna do?
 まったくな。どうしようか?

Monica: I've got a plan. I've got a plan. I'm going to ram this platter really hard into your ribs. You're gonna scream out and that'll wake her up!
 そうだ、いい考えがあるわ。このお皿を、あなたの胸にすごく激しく叩き付けるわ。あなたが叫んで、その声であの子が起きるのよ!

Chandler: I'm not going to Vermont with this Monica!
 このモニカと一緒にバーモントに行きたくない。

Joey: Hey, Pheebs, you know what? I was thinking... since you wrote a song, maybe I could do something for Emma using my talents!
 やぁ、フィーブス、なあ、考えたんだけど、君は歌を作ったから、俺も、俺の才能を使ってエマにプレゼントしようかな。

Phoebe: So you’re gonna... hit on her?
 それじゃあなた・・彼女ひっかけるわけ?

Joey: No, no, no! My talents as an actor!
 違う違う! 役者としての才能だよ。

Phoebe: Oh!
 ああ!

Joey: You know, I could like maybe... I could do a dramatic reading of one of her books!
 たとえば・・彼女の本を感情を込めて読むとかさ。

Phoebe: Or you could stick a fork in an apple!
 そえか、リンゴにフォークを突き刺すとか!

Joey: Hey, I think Emma might like it.
 なぁ、きっとエマは気に入るよ。

Rachel: Oh! Emma might like what?
 え、エマが何を気に入るって?

Joey: Um, my present!
 あ、俺のプレゼントだよ。

Rachel: What did you get her?
 何を用意してくれたの?

Joey: Actually we prepared performances.
 パフォーマンスを見せるんだ。

Phoebe: Separate performances.
 別々にね。

Joey: But equally real.
 でも同じくらい本当だ。

Rachel: Well, this sounds like fun! Well, you know what? Actually? People are getting a little antsy waiting for Emma to wake up from her nap. So would you mind performing them once now?
 まぁ、楽しそうじゃない!ねぇ、あのね、みんなエマが起きてこなくてイライラしてるから、一度そのパフォーマンスしてくれない?

Phoebe: Sure, yeah!
 ええ、いいわよ。

Joey: O-kay.
 わか・・ったよ・・。


Rachel: Okay. All right, let’s get this party started, huh? Joey and Phoebe are gonna perform a little something for us.
 ね。(みんなに)みんな、パーティを初めましょうよ、ね? ジョーイとフィービーが何か演じてくれるわよ。

Ross: Oh, great!
 ああ、いいね!

Phoebe: Are you gonna be embarrassed going up there having nothing prepared?
 何も用意してなくて、恥をかくんじゃないの?

Joey: Hey, I do it every week with three cameras pointed at me and a whole crew waiting!
 毎週、何も用意せずに、3台のカメラと大勢のスタッフの前に立ってるよ。

Rachel: So, Joey, what are you gonna do for us?
 それじゃジョーイ、あなたは何をしてくれるの?

Joey: I will be doing a dramatic reading of one of Emma’s books.
 エマの本を朗読するよ。

Rachel: Oh, okay. Which one?
 ああ、そうなの。どれを?

Joey: Uh, well, it’s uh.. one of her favorites. “Riding the Storm Out. Coping with Postpartum Depression” eesh! . . . “Love you forever”. Love you forever. By Robert Munsch. Published by Firefly books. Printed in Mexico.. A mother held her new baby and very slowly rocked him back and forth, back and forth, back and forth, and while she held him she sang “I’ll love you forever, I’ll like you for always, as long as I'm living, my baby you’ll be”. . . . . And while he rocked her, he sang “I’ll love you forever, I’ll like you for always, as long as I'm living, my baby you’ll be”.
 えーと、そうだな(本を取る)彼女のお気に入りだよ。「嵐を乗り切る − 産後うつとのつきあい方」うわっ! (別の本と交換する)「かしの木子もりうた」だ。・・かしの木子もりうた。ロバート・マンチ作。ファイヤフライブックス出版。(心を込めて)メキシコ印刷。・・おかあさんは、生まれたばかりの赤ちゃんを、ゆっくり揺らしてあげます。前へ、後ろへ、前へ、後ろへ、前へ、後ろへ。そうして抱っこしながら、歌っています。「あなたを永遠に愛するわ。いつもあなたが大好きよ。生きてる限り、あなたは私の赤ちゃんよ」・・・(本の終わりにくる)そして揺らしてあげてる間、彼は歌っています。「君を永遠に愛するよ。いつも君が大好きだよ。生きてる限り、君は僕の赤ちゃんだよ」

(Love you forever ←このサイトで朗読を聞けます。Amazonで「かしの木子もりうた」として予約受付中です)

Rachel: Wow! That was amazing!
 (涙)わぉ! ・・素晴らしかったわ!

Ross: Thank you so much for that gift!
 こんなプレゼント、本当にありがとう。

Chandler: I was not ready for this today!
 (泣きそう)今日こんなのが来るとはな。

Ross: Amazing... amazing.
 素晴らしい。すばらしいよ。

Rachel: Oh, Phoebe, I’m sorry! Phoebe has prepared something as well.
 ああ、フィービー、ごめんね! フィービーも何か用意してくれてたのよね。

Phoebe: That’s right, I've prepared a song for Emma. From my heart to hers. For there’s no greater gift, than the gift of music.
Emma! Your name poses a dilemma. 'Cause not much else rhymes with Emma! Maybe the actor Richard Crenna, he played the commanding officer in Rambo. Happy birthday, Emma!
 その通りよ。私はエマに歌を用意してきたの。彼女へ、心を込めて。歌ほど素敵な贈り物はないのよ。(歌い始める)
エマ! あなたの名前はジレンマみたい。これがエマと一番音が近いから。俳優のリチャード・クレンナでもいいけどね。ランボーの上官を演じた人よ。ハッピー・バースディ、エマ!

Rachel: Is that it?
 それだけ?

Phoebe: No, of course not! I also, you know, prepared a reading. . “Sex and the single mother.” …Finding your G-spot.
 いいえ、もちろん他にもあるわよ。朗読するわよ。「セックスとシングル・マザー・・ Gスポットを見つける」

Everybody: No, no, no, no, no!
 ああ、ダメダメダメダメ!!

《ジョーイ達の部屋:両親にカメラを向けるロス》

Judy: Hello, Emma. Happy eighteenth birthday.
 こんにちは、エマ。18歳の誕生日おめでとう。

Jack: Right now, that seems so far away, seventeen years.
 今から見ると、17年も先って、はるか先に思えるよ。

Judy: Yes, you’ll be all grown up by then. We’ll be... Well, your grandfather and I might not be here.
 そうね、その頃はあなたもすっかり大人ね。私たちは・・そうね、あなたのおじいちゃんと私は、もういないかもね。

Jack: That’s true! This message could becoming to you from beyond the grave, Emma.
 その通りだ! このメッセージは、お墓の向こうから来てるかもだね、エマ。

Judy: After all, my parents died very young.
 私の両親は実際若死にしてるしね。

Jack: And my cholesterol’s off the charts.
 それに私のコレステロール値は飛び抜けてるしね。

Judy: Remember, Emma, heart disease kills women too!
 忘れないで、エマ、女性も心臓病で死ぬのよ。

Ross: Okay, cut! Great. That was... that was just... yeah!
 (録画をやめる)もういい、カット! いいね。今のは・・ただ・・うん!

Rachel: Ross, um, don’t forget to get a shot of Emma’s cake. It’s in a box in the fridge.
 ロス、エマのケーキ撮るの忘れないでね。冷蔵庫に入ってるわよ。

Ross: Okay. Sure.
 ああ、わかったよ。

Rachel: Oh, you're gonna love this cake. I got it from a bakery in New Jersey, Carino’s.
 ああ、あのケーキ気に入るわよ。ニュージャージーのカリーノで買ってきたの。

Monica: Oh, my God, that place has the creamiest frosting! I use to hitchhike there when I was a kid.
 うそ、本当なの? あそこのって、最高にクリーミーなのよね! 子供の頃、あそこまでヒッチハイクしたものよ。

Rachel: … Well, anyway, they make these great novelty cakes, in all different shapes. And if you give them a photo, they’ll copy it in icing!
 ・・・とにかく、いろんな形の特殊なケーキを作ってくれるの。写真を渡せば、アイシングでそれをコピーしてくれるのよ。

Monica: Oh, did you do a picture of Emma?
 まぁ。あなた、エマの写真を渡したの?

Rachel: Yes! On a cake shaped like a bunny.
 そうよ! ウサギの形のケーキの上にね。

Ross: Uh, Rach? Does this bakery by any chance also bake erotic cakes? Say, for bachelorette parties?
 あー・・レイチ? そのケーキ屋さんって、もしかしてエロケーキも作ってる? 女の子の独身さよならパーティ用とか?

Rachel: Ross, what are you talking … oh! Oh, my God! They put my baby’s face on a penis!
 ロス、何を言ってるのよ・・(ケーキを見て)きゃあ! なんてこと! ペニスに私の赤ちゃんの顔が!

Phoebe: Oh! Now it’s a party!
 うわぁ! これでこそパーティよ!

Rachel: Wait, you guys, this isn't funny, all right? If I wanted this cake to be a disaster, I would have baked it myself!
 待ってよ、笑い事じゃないわよ。こんなひどいケーキが欲しいんだったら、私自分で焼いたわよ。

Joey: Uh.. is it okay that I still think it looks delicious?
 ・・・それでもおいしそうに思えても大丈夫かなぁ?

Judy: Jack, look at this.
 ジャック、あれを見て。

Jack: I know what you're thinking, Judy. The resemblance is uncanny!
 君が考えてることわかるよ、ジュディ。こんなに似ていて気味が悪いよね。

Ross: I am this close to tugging on my testicles again.
 (両親に)それ以上言ったら、またタマタマ引っ張るよ。

Rachel: No, no, this is not what I ordered, okay? I went all the way to New Jersey so that I could have the perfect cake for my daughter’s birthday and I need a bunny cake, right now!
 (電話で)いいえ、いいえ。これは私の注文したものじゃないわ。娘の誕生日用に完璧なケーキを頼むためにニュージャージーまで行ったのよ。いますぐ、ウサギちゃんケーキが要るのよ!

Ross: Ask them if it would be faster if we cut the baby’s face off the penis, so we can put it on the bunny. . That is a weird sentence.
 ペニスから赤ちゃんの顔を切り取って、ウサギちゃんの上につけた方が早いんじゃないか聞いてみて。・・・今の文章変。

Rachel: Oh, believe you me. I am going to bring this cake back. I don't even want it in my home. . Joey, don't touch it!!
 (電話)ああ、間違いなく、私はこのケーキ返品するわよ。こんなの家に置いておきたくもないわ。・・ジョーイ、触らないで!

Joey: I'm so confused!
 すっごい混乱するよ!

Rachel: Yes, yes. I still want my daughters picture, but on a bunny cake. Yellow cake, chocolate frosting with nuts!
 (まだ電話中)ええ、ええ。娘の写真のケーキがほしいわよ、でも、ウサギちゃんケーキにね。イエローで、チョコレートクリームとナッツをつけてね。

Chandler: To be fair, this one does have nuts.
 正確には、これナッツがついてるよ。

(nuts = スラングでは = testicle)

《時間経過》

Ross: Hey, Mon, it was really nice of you to loan Rachel your car so she could go and get the cake.
 ねぇ、モン、レイチェルに車を貸してくれて、優しいね。おかげでケーキの交換に行けたよ。

Monica: Oh. So nice of her to pull my hair till I dropped the key.
 ああ。彼女ったら優しいから、私が鍵を落とすまで髪を引っ張ったもんね。

Ross: Well, you know what? While we're waiting, you guys could tape your message to Emma for her 18th birthday, huh? . . Okay.
 ねぇ、待ってる間に、エマの18歳の誕生日用の挨拶を録画させてよ。ね? (カメラを構え)どうぞ。

Chandler: Hi, Emma. It's the year 2020. Are you still enjoying your nap?
 ハーイ、エマ。2020年だね。まだお昼寝中かな?

Monica: We're Aunt Monica and Uncle Chandler, by the way. You may not recognize us, because we haven't spoken to your parents in seventeen years.
 私たちは、モニカおばさんとチャンドラーおじさんよ。私たちのことわからないかもね。あなたの両親とは、もう17年口きいてないから。

Chandler: We used to be married, but then we missed a weekend away together and things kind of unraveled. Because of you. Happy Birthday.
 僕ら、以前は結婚してたんだよ。でも、週末の旅行がダメになったために、ダメになってしまった。君のせいだ。誕生日おめでとう。(録画をやめるロス)

Monica: Ross, Rachel promised it would be over by now. We seriously have to go, if we want to get to Vermont.
 ロス、この時間にはもう終ってるってレイチェルは約束したのよ。私たち、バーモントへ行こうと思ったら本当にもう行かなきゃダメなの。

Chandler: I called them and the last train leaves in a half-hour.
 電話で聞いてみたら、最終電車まであと30分なんだよ。

Phoebe: And you know, I have a massage client soon.
 それから私は、もうすぐマッサージの予約時間なの。

Ross: You guys, just please.. a little bit longer. I promise, Rachel will be back with the cake any minute. Monica, remember the frosting, huh?
 君たち、頼むよ。もう少しいて。約束するよ。レイチェルはケーキを持ってもうすぐ帰ってくるから。モニカ、あのクリーム覚えてるだろ?

Monica: All right, 5 more minutes.
 わかったわよ。あと5分よ。

(電話が鳴る)
Ross: Hello? . . Oh, no! What happened? . . . Okay, okay, where are you?. . . Okay, I'll be right there.
 もしもし?・・ああ、そんな、何があったの? ・・・わかった、わかった。今どこ?(メモする)わかった、すぐ行くよ(電話を切る)

Chandler: Was that Emma? Is she up?
 今のエマ? 起きた?

Ross: No, Rachel got pulled over for speeding. She forgot her license. So now I have to bring it to her.
 いや、レイチェルがスピード違反でとめられた。免許証忘れてったから、僕が届けるよ。

Phoebe: Well, if you're leaving, I'm definitely gonna go.
 あなたが行くんなら、私も絶対もう行くわ。

Monica: No! Wait! If anybody gets to go.. it's us. We've been complaining the longest!
 ダメ! 待ちなさいよ。もし行くなら、私たちよ。一番長く苦情を言ってるんだもん。

Ross: No, wait ! You guys, no, no, you can't leave! Rachel already feels bad that the cake's messed up. How do you think she's gonna feel when she comes back here and all you guys are gone?
 ダメだよ、待って。君たち、行かないでよ。レイチェルはケーキの件でもうガックリきてるんだ。帰ってきて、君らがいなかったら、彼女どう思う?

Chandler: I don't know. You'll tell us on Monday!
 知らないよ。月曜日に教えて。

Ross: Joey! You're in charge, okay? You make sure nobody leaves!
 ジョーイ! 君に任せるよ、いい? みんな帰らないように見張ってて!

Joey: Got it! . . Hey, hey, hey! Where do you think you're going?
 よし!(ロスは出て行く。チャンドラーに)おいおいおい! どこへ行くつもりだ?

Chandler: To the bathroom!
 バスルームだよ!

Joey: All right, well, the rest of you get comfortable, okay, because we're gonna be here for a ... Wait a minute, there is a window in there!
 よし、それじゃ、残ったみんなはゆっくりしていて。いいかい、俺たちはまだしばらくここに・・・ちょっと待てよ。あそこには窓がある!

Phoebe: Oh, no! He's not getting away that easy!
 ダメよ! そんな簡単に逃がすか!(ジョーイと2人バスルームへ駆け込む)

Chandler: What are you doing? Get the hell out of here!
 何をしてるんだ? ここから出て行け!

Joey: Well, that one did not have Emma's face on it.
 (バスルームから戻る)あれにはエマの顔はついてなかったな。

Phoebe: No, it did not.
 うん。なかった。

Joey: No.
 ああ。

Judy: Well, we better get going, it's late. Jack's not allowed to drive at night anymore. He has trouble staying in his lane.
 じゃあ、私たちはもう行くわね。遅いから。ジャックは夜になったらもう運転できないの。車線の中にとどまっていられないのよ。

Jack: Last winter I went up on a church lawn and drove right through a manger scene. The papers thought it was a hate crime.
 去年の冬、教会の芝生にから、厩のシーンに飛び込んじゃったんだ。新聞には反教会主義の仕業とか書かれたよ。

Manger3.jpg(manger scene)

Judy: Anyway, it was lovely seeing you.
 とにかく、会えてよかったわ。

Joey: Okay!
 どうも!(ドアを開ける)

Judy: Bye. Bye, dear.
 バーイ、(モニカに)バーイ。

Joey: Nighty-night!
 おやすみ!

Judy: Nighty-night!
 おやすみ。

Joey: Bye, bye.
 バイバイ。(見送りドアを閉める)

Phoebe: Joey? How could you just let them leave?
 ジョーイ? どうしてあの2人を行かせちゃったのよ?

Joey: Hey, hey, hey! I'm not gonna mess with Jack. He's a great man. He fought for our country.
 おいおい、俺はジャックともめたりしないぞ。彼はいい人だ。国のために戦ったんだし。

Monica: No, he didn’t. He pretended to be a Quaker to get out of Korea.
 いいえ、戦ってないわ。韓国に行かずにすませるために、クウェーカー絶対平和主義者のふりをしたのよ。

Joey: Oh! Well, that's it! He's the last one to go. I'm locking you guys in.
 もう! これまでだ。これ以上は誰も行かせないぞ。鍵をかうからな。

Chandler: You do know, I can just turn them the other way around, right?
 なぁ、その鍵反対に回せば開くだろ?

Joey: Oh, I forgot you used to live here!
 ああ、おまえが以前ここに住んでたこと忘れてたよ。

(電話が鳴る)
Joey: Hello?
 もしもし?

Estelle: Hey! It's Estelle!
 どうも、エステルよ。

Joey: Hey!
 やぁ!

Estelle: So, how did your audition go today?
 今日のオーディションはどうだった?

Joey: What audition?
 何のオーディション?

Estelle: The one I told you about last week?
 先週言ったでしょ?

Joey: What? You never said anything about an audition!
 なにを? オーディションの話なんて聞いてないぞ。

Estelle: … Let me start over. I just got a call about an audition. I think you can still make it. It's down at the Astor Theatre, and you need to have a monologue prepared.
 最初からやり直し。オーディションのお知らせよ。まだ間に合うと思うわ。アスター劇場よ。何か一人芝居を用意して行くのよ。

Joey: A monologue? I don't have. . I got it. . . Aah! so... I'm gonna take off!
 一人芝居? そんなの・・(「かしの木子もりうた」を手に取り)わかった。(電話を切り、みんなに)それじゃ、俺、行くから!

Phoebe: Wh.. what? No, wait, you don't get to leave! I've got a massage client waiting outside my door any minute!
 なんですって? ダメよ、待って。行かせないわよ。私の部屋の前に今にもお客さんが来るっていうのに!

Monica: Yeah, and we've paid for a room, that we're supposed to be in right now!
 ええ、それに私たちもホテルをとってあるのよ。今ごろそこにいるはずなの!

Phoebe: Well, oh, okay, now... Only one of us has to stay with Emma. Okay, and as the person who realized that, I get to go!
 ああ、それじゃ、誰か1人エマのために残ればいいのよ。それに気づいた人、私が行っていいのよ。

Monica: No! no! Let's figure out a fair way to decide who's staying.
 ダメよ、ダメ! 公平に誰が残るか決める方法を考えましょ。

Joey: Oh! I got it! Okay, everyone pick a number from one to ten. All right? Whoever gets the highest number gets to go first.
 ああ、わかった。よし、みんなで1から10までの数字から一つ選ぶんだ。いいな? 一番大きい数字を言った人が一番に行ける。

Monica: Okay, ten.
 わかったわよ、10。

Joey: Okay, Monica picks ten. I call nine. Anyone else?
 よし、モニカは10だな。俺は9。他には?

Phoebe: No, lets just draw straws.
 ダメよ。くじ引きしましょ。

Joey: Or.. we could flip a coin, and multiply the answer..
 それか、コイントスして、その答えをかけて・・

Chandler: I'm begging you stop.
 頼むからもうやめろ。

Joey: Right.
 わかった。

Monica: Okay, how about this? We got wind-up toys for Emma for her birthday. We can make them race, and whoever comes in last, stays!
 それじゃこういうのはどう? エマのおもちゃのぜんまいのおもちゃがあるわ。それを競争させて、ビリでゴールした人が残るのよ!

Phoebe: Yeah!! Let's do that!
 いいわね! それしましょ!

Chandler: That sounds more fun than the thing we were going to do in Vermont!
 それ、バーモントに行ってやることより楽しそうだな!

Monica: Okay, everybody, get your toys!
 オッケー、それじゃみんなおもちゃ選んで!(みんなテーブルへ駆けつける)

Phoebe: Okay! I want the dolphin!
 わかった! 私はイルカよ!

Chandler: Thats a bear.
 それクマだぞ。

Phoebe: I'm too excited!
 私興奮し過ぎ!

Monica: Phoebe, you get the bear. Uh, Joey, you get the robot. And Chandler and I get the dog. Okay, and the race is going to go from here to here. Now the one who comes in last, stays!
 フィービー、あなたはクマね。ジョーイ、あなたはロボット。チャンドラーと私は犬よ。いいわね、競争は(カップを置く)ここからここまでよ。ビリでゴールした人が残る!

Joey: Okay, ladies and gentlemen, wind your toys!
 よし、レディース&ジェントルマン、ねじを巻いて!

Chandler: Okay, on your mark... Get set... GO!!!
 よし、列に並んで・・用意・・・どん!

Phoebe: Go! Go!
 行け! 行け!

Joey: Come on, robot!
 頑張れ、ロボット!

(モニカ達の犬が座りこんで吠えている)

Monica: What are you barking at? . . . How the hell is that gonna help?
 (犬に)なに吠えてんのよ! (バック転する犬)そんなことして何になるのよ?

Chandler: I bought you. How did I forget that that's all you do?
 俺が買ったのに。なんで俺、おまえがそれだけしかしないってこと忘れたんだろう?

(フィービーのクマ、ジョーイのロボットがゴール)

Joey: Way to go, robot!
 よくやった、ロボット!

Phoebe: Good job, Alan!
 偉いわ、アラン!

Joey: Hey, good race, you guys.
 (モニカ達に)な、いいレースだったな。

Phoebe: Yeah, see you later!
 そうよ。じゃあまたね!(2人出て行く)

Monica: No! No, no... wait! We didn't lose. . . The rules clearly stated that the last one to cross the finish line was the loser. Well, our dog never crossed the finish line, so technically...
 ダメよ! ダメ、待って! 私たち負けてないわよ。(チャンドラーに向かって)ルールではっきり、ビリでゴールした人が負けって言ったわよ。私たちの犬はまだゴールしてないから、厳密にいって・・

Chandler: They left.
 もう行ったよ。
(モニカが振り向くともういない)

《ポルシェを運転しながら電話中のレイチェル:ロスは助手席》

Rachel: No, there isn't time to go to the bakery. We're just gonna come home... Everybody left? All right. Well, just tell Emma we're gonna be there as soon as we can. . Bye...
 いいえ。ケーキ屋さんまで行く時間がないわ。もう家に向かってるの。みんな行っちゃった? わかったわ。エマに、私たちできるだけ早く帰るって行っておいて。・・バーイ。

(電話を切り、振り向いて後ろに手を伸ばしたので、車が揺れる)

Ross: Rachel!
 レイチェル!

Rachel: OOH! God! Sorry!
 ああっ! 大変、ごめん。

Ross: I can't believe they gave you a ticket. You're such a good driver.
 君にキップ切るなんて信じられないよ。素晴らしいドライバーなのにね。(シートベルトをしめる)

Rachel: Emma's awake.
 エマが起きたわ。

Ross: Yeah?
 そう?

Rachel: I can't believe this. This is her first birthday. She's awake. We're not even there. Everybody left. We still have this stupid obscene cake.
 信じられない。あの子の初めての誕生日なのに。起きたのよ。私たちがそこにいないなんて。みんないなくなっちゃってのよ。私たちはまだこんな卑猥なケーキ持って。

Ross: Hey, maybe I can fix that. You know, try to turn it into something else.
 ねぇ、もしかしたらこれ直せるかも。ほら、これを何か他の物にするんだよ。

Rachel: Oh, don’t even bother. We’ve already ruined her first birthday... And do you know how important these early experiences are, Ross? Very! According to the back cover of that book that you gave me.
 ああ、もういいわよ。あの子の初めての誕生日はもう台無しよ。幼い頃の経験がどんなに大切か知ってる、ロス? すごく大切なのよ! あなたがくれた本のカバーにそう書いてあったわ。

Ross: Rach, she's not gonna remember this.
 レイチ、あの子は覚えていないよ。

Rachel: I guess... Oh, I just had such an idea of what this day would be like, you know? Emma laughing and everybody gathered around her cake, singing "Happy Birthday". Then we would all go into... Hey, get out of the road, you stupid student driver!!! . . They have to learn!
 かもね。でも、どんな誕生日になるか、イメージを持ってたのよ。エマが笑っていて、みんながケーキを囲んで「ハッピー・バースディ」を歌ってる。それからみんなで・・ちょっと! そこどきなさいよ、このバカ学生ドライバー!!(クラクションを鳴らす)(ロスに)教えてやらなきゃ!

Ross: Hey!
 ほら!(ケーキを指す)

Rachel: What?
 なに?

Ross: This is not bad.
 これ悪くないよ。

Rachel: Oh, my God! Look, you made it into a bunny. How did you do that?
 (ケーキを見て)まぁ、驚いた。あなた、ウサギちゃんにしてくれたのね。どうやったの?

Ross: Well, I just made these two things .. cheeks. And then I split this to make ears.
 うん、この2つのものをほっぺたにしたんだ。それから、これを2つにわけて耳にした。

Rachel: Well, I'm very impressed.
 まぁ、感心したわ。

Ross: Some can sing, some can dance. I apparently can turn phallic cakes into woodland creatures.
 歌える人もいれば、踊れる人もいる。僕はどうやら、男根ケーキを森の動物に作り替えられるんだね。

《ジョーイ達の部屋:エマを抱っこしているモニカ》

Monica: Now another way to organize your stuffed animals is by size.
 その他の、ぬいぐるみを並べる方法は、サイズ順よ。

Chandler: I'm sorry, is this a game for Emma or for Monica?
 悪いけど、その遊びって、エマのため、君のため?

Monica: Game?
 遊びですって?

Chandler: Emma, do you even know it's your birthday today? You're one! One-year-old. That's little.
 エマ、今日が君の誕生日だってこと知ってる? 君は1歳だよ! 1歳だ。そんなに小さいんだね。

(指1本立てて見せると、エマもそれを指すように1本指を立てる)

Chandler: Ooh! That's my girl!
 おお! さすが僕のかわいい子だ!

Monica: That's how old you are.
 それがあなたの年なのよ。

Chandler: Did I teach her that? Did I just.. impart wisdom?
 僕が教えたのか? 僕が知恵を植え付けた?

Monica: Ooh, I want one.
 (エマを抱きしめ)ああ・・私もほしいわ。

Chandler: Me too... There's no-one around. Why don't we just take this one?
 僕もだ。(沈黙の後)誰もいないぞ。この子を連れて逃げようか?

Monica: And head to Canada!
 そしてカナダへ行くのよ!

Chandler: I was kidding.
 俺のは冗談だよ。

Monica: I wasn't. Let's get going!
 私は違うわ。行きましょう!

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey, are Ross and Rachel back?
 ねぇ、ロスとレイチェルは帰ってきた?

Chandler: No, not yet.
 いや、まだだよ。

Phoebe: Oh, good, I didn't miss the party.
 ああ、よかった。じゃあパーティはまだね。

Monica: What about your massage client?
 マッサージのお客さんどうしたの?

Phoebe: I just felt so bad, missing this. So I just slipped him a little something, you know. As long as I'm back in five or six hours, it will be all right.
 ここを抜けて悪いなと思ったのよ。だから、彼にちょっと滑り込ませたの、ほら。5−6時間のうちに帰れば大丈夫。

(ジョーイが息を切らして入ってくる)
Joey: Okay, if Ross and Rachel ask, I've been here the whole time. The whole time!

(ロスとレイチェルが来る)
Joey: I've been here the whole time!
 俺はずーっとここにいたぞ!

Ross: Joey, we just saw you come in. You ran past us on the stairs.
 ジョーイ、君がここに入るのを見たよ。君、僕たちを追い越したじゃないか。

Rachel: I don't care that you left. I'm just glad that you're here. Thanks you guys!
 出てったことなんていいのよ。今いてくれて嬉しいわ。ありがとう!

Chandler: Hey, guys! Come on! You gotta see what Emma just did.
 なぁ、みんな! 来いよ! エマがしたこと見て!

Rachel: What?
 なに?

Chandler: Emma, how old are you? How old are you today?
 エマ、君は何歳? 君は今日何歳になったの?

Emma: Wo-ish.
 うーっしゅ。(指を1本たてる)

Rachel: Oh! Emma, that's right. You're that many!
 まぁ! エマ! そうよ。あなたはそれだけなのよ!

Ross: Oh, my God! Our daughter's a genius! Rach, this means...
 なんてことだ! 僕らの娘は天才だ。レイチ、これって・・

Rachel: No, no science camp!
 だめよ! サイエンス・キャンプには行かせないわ!

Ross: Damn it! I'll put a candle on the cake.
 クソ! ・・ケーキにキャンドルを立てるよ。

Rachel: Oh!... Oh, and Emma, look at your stuffed animals lined up so neatly.
 ああ! それと、エマ、あなたのぬいぐるみ達、きれいに並んでるのね。

Monica: Thanks.
 ありがと。

Ross: Okay, here we go! Emma's first birthday cake... Go ahead, Emma, blow out the candle. Come on, Emma.
 よし、行くよ! エマの初めてのバースディ・ケーキだ。ほら、エマ。キャンドルを吹き消して。ほら、エマ。

All: Let's do it, come on! You can do it.
 やろう。ほら。君ならできるよ。

(レイチェルが涙を拭く)

Ross: What's wrong? Are you okay?
 どうかした? 大丈夫?

Rachel: Oh, yeah, nothing. These are happy tears! This is just what I wanted.
 ううん、何でもないの。これはうれし泣きよ。これ、私の望んだ通りだわ。

Phoebe: Hey, you made it into a bunny.
 まぁ、ウサギの形にしたのね。

Joey: What is wrong with me? It looked more delicious when it was a penis.
 俺おかしいのかな? ペニスだった時の方がおいしそうに見えたよ。

《ジョーイ達の部屋:カメラの前に立つロスとレイチェル》

Rachel: Okay.
 いいわ。

Ross: Okay, you ready?
 よし、準備いい?

Rachel: Yeah.
 ええ。

Ross: A-a-and... record.
 それじゃあ・・録画。

Rachel: Okay. . . Hi, Emma. Well, your first birthday is over, and it was really...
 オーケー・・ハーイ、エマ。あなたの初めての誕生日は終ったわ。本当に・・

(廊下かがわめき声が聞こえてくるので、2人見に行く)

All: Go! Go! Come on!
 行け! 行け! ほらっ!

Phoebe: Go, go, go Alan! Run, you hairy bastard!
 行け! 行け! 行け、アラン! 走れ、この毛むくじゃらのケダモノ!






にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 00:19| Comment(0) | Season 10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。