2013年12月18日

10-2 The One Where Ross Is Fine

10-2 ロスが大丈夫な話

 ☆ダブルデートは楽しい?☆

《10-1の続き。ドアを開けたまま、レイチェル達を呆然と見つめるロス》

Joey: Okay, Ross, I realize that you didn't expect to walk in and see that, but.. Let me explain, okay?
 なぁ、ロス、ここに来てこんなふうに見るとは思ってなかったよな。説明させてくれ、な?

Rachel: We weren't doing anything!
 私たち何もしてないわよ!

Joey: Rach, he just saw us.
 レイチ、彼は今見たんだ。

Rachel: Shhh.
 シーッ!

Joey: But what you saw, that is the extent of it, okay? One kiss.
 でも、今見たこと以上のことはしてないから。な? キス一回だけ。

Rachel: No, come on, that’s a lie. We also kissed in Barbados.
 違うじゃないの、それはウソよ。私たちバルバドスでもキスしたわ。

Joey: Dude, chill! .. Okay, we also kissed in Barbados, but we didn't plan it, okay? And the only reason that that happened was because I saw you kissing Charlie.
 (レイチェルに)おい、落ち着け! (ロスに)ああ、俺たちバルバドスでもキスした。でも、そんなつもりじゃなかったんだ。おまえがチャーリーとキスしてるのを見なかったら起きなかった。

Rachel: Yeah, you started it! I've got to chill.
 そうよ、あなたのせいよ! 私落ち着かなきゃ!

Joey: Look, we probably should have talked to you about this before it ever happened. But..
 なぁ、こんなことする前におまえに話すべきだったよな。でも・・

Rachel: Oh, we feel so terrible about this, Ross.
 ねぇ、本当にあなたに悪いと思ってるわ、ロス。

Joey: Yeah, but it did happen. So. . . Ross?
 ああ。でも、起きてしまったんだ・・だから・・・ロス?(反応なし)

Rachel: Ross?. . . Can we just close the door?
 ロス?(ジョーイに)ドア閉めちゃおうか?

《ジョーイ達の部屋:続き》

Rachel: Ross, say something. Anything.
 ロス、何か言って。何とか言って。

Ross: So you two are..?
 それじゃ君たち2人・・?

Joey and Rachel: Yeah.
 そう。

Ross: And have you had..?
 それで君たちはもう・・?

Joey: No, no, no!
 いやいやいや!

Rachel: No, no, no!
 ないない、ないわよ。

Ross: But if I hadn't walked in here, would you..?
 でももし僕が来なかったら、もしかして?

Joey: Probably. . No, no!
 かもな・・(レイチェルに見られ)いや、いや!

Rachel: Ross, this is not how we wanted you to find out about this. You have every right to go nuts.
 ロス、こんなふうに知られるはずじゃなかったの。怒っちゃっても当然だわ。

Ross: I'm not going nuts. Do you see me go nuts?
 僕は怒らないよ。怒ってるように見える?

Rachel: No, but you know what I mean.
 いいえ、でも、だって、ね。

Ross: Hey, hey, hey... If you two are happy, then I'm happy for you.. I'm fine!
 ちょっとちょっと。。君たち2人が幸せなら、僕も幸せだよ。・・大丈夫だよ!

Joey: Really?
 本当に?

Ross: Absolutely. I'm fine! Totally fine. I don't know why it's coming out all loud and squeaky, 'cause really.. I'm fine. I'm not saying I wasn't a little surprised to see you guys kissing. I mean, at first I was like.. But now that I've had time to absorb it. Loving this.
 もちろんだよ。大丈夫! 全然大丈夫。僕なんでこんな大声できぃきぃ言ってるのかわからないけど、でも本当、(低い声で)大丈夫だから。君たちがキスしてるのを見て驚かなかったとは言わないよ。最初はもう・・(叫び声をあげる)でも、今はもう理解したから。これいいじゃん(両手で2人を指差す)

Joey: Ross..
 ロス。

Ross: It's all working out! Me and Charlie. And you two. You know what we should do?
 これで万事うまくいくじゃん! 僕とチャーリー。そして君たち2人。こうしたらどう?

Rachel: Calm ourselves?
 みんな落ち着く?

Ross: No. We should all have dinner. Yes, we'll do it tomorrow night. I'll cook!!
 違うよ。みんなで食事をするんだよ。うん。明日の夜にしよう。僕料理するよ!

Joey: Look, don't you think that would be a little weird?
 なぁ、そんなのちょっとおかしいと思わないか?

Ross: Weird? What? What's weird? The only thing weird would be if someone didn't like Mexican food, because I'm making fajitas!!
 おかしい? 何が? 何がおかしい? おかしいとしたら、メキシコ料理を好きじゃない人のことだよ。僕、ファヒータ作るからね!(出て行く)

Joey: … I do like fajitas.
 ・・俺ファヒータ好き。

《セントラルパーク:養子のパンフレットを見るモニカ》

Monica: God, this adoption stuff is so overwhelming. There's inter-country adoption, dependency adoption.. There are so many ways to go, and this is, like, the biggest decision of our lives.
 ああ、養子縁組って大変なのね。国内の養子、後進国からの養子・・いろんな方法があるのよ。それに、私たちの人生の大事な決断よ。

Chandler: … There's a hair in my coffee.
 ・・俺のコーヒーに毛が入ってる。

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey, guys!
 ハーイ!

Monica: Hey.
 ハーイ。

Phoebe: Hey, have you seen Frank Jr.? He’s meeting me here with the triplets.
 ねぇ、フランク・ジュニア見なかった? 三つ子連れて、ここにくるはずなの。

Chandler: You know, it's funny. Every time you say "triplets," I immediately think of three hot blonde 19-year-olds.
 おかしいんだよね、君が「三つ子」っていうたびに、俺の頭にはセクシーなブロンドの19歳3人が浮かぶんだよ。

Monica: That's sweet. Drink your hair.
 (にらんで)いいわね。毛でも飲んでて。

Phoebe: Hey, what's all this stuff?
 ねぇ、これ何?

Monica: Oh, they're brochures from different adoption agencies.
 養子縁組みのいろんなエージェンシーのパンフレットよ。

Phoebe: Ooh, babies! Oh, this one is so cute, get this one!
 ああ、赤ちゃんね! ああ、ここ子かわいいわ。この子もらって!

Monica: That's not really how it works.
 そういうふうじゃないのよ。

Phoebe: Oh, how does it work?
 あら、どういうふうなの?

Monica: I don't know!
 わからない!

Phoebe: Well, if you're having a hard time, you should talk to my friends, Bill and Colleen. They adopted a kid. I'm sure they'd help you.
 困ってるんだったら、私の友達のビルとコリーンと話したらいいわ。養子をとったから、きっと助かるわよ。

Monica: Thanks, that would be great. Hey, honey, wouldn't that be great?
 ありがと。それは嬉しいわ。(チャンドラーに)ねぇ、あなた、すごいわよね?(チャンドラーは毛入りのコーヒーを飲んで喉につまった様子)

(フランク・ジュニアが三つ子を連れて店に入る)

Frank Jr.: All right, all right, all right. Remember what we talked about. When we're in a public place, there are certain rules. . .That's not what we talked about!!
 いいか、ちょっと、いいか。話したこと覚えてるな。公共の場ではルールがある。(三つ子が叫びながら店の中に駆け出す)そうじゃないだろ!

Phoebe: Hi, Frank.
 ハーイ、フランク。

Frank Jr.: Hey.
 やぁ。

Phoebe: Good to see you.
 会えて嬉しいわ。

Frank Jr.: Good to see you, too.
 俺もだよ。

Monica: Hi, Frank.
 ハーイ、フランク。

Frank Jr.: Hi, how you doing?
 やぁ、元気?

Monica: Oh, my goodness, they've all gotten so big! Which one is which again?
 ああ、すごいわね、みんな本当に大きくなって! どの子が誰だっけ?

Frank Jr.: Oh, well, that's Frank Jr. Jr. pulling the tampons out of the lady's purse. And that's Chandler climbing on Chandler. And that's Leslie throwing bagels at him.
 ああ、あそこで女の人のカバンからタンポンを引っ張り出してるのがフランク・ジュニア・ジュニア。チャンドラーに登ってるのがチャンドラー。ベーグル投げてるのがレスリー。

Monica: "Willing to adopt triplets?" No!
 「三つ子を引き取る気は?」 ない!

《ロスの部屋の前、ジョーイとレイチェル》

Joey: Ah, can I just say, I know we're doing this for Ross, and that's cool. But if it was up to me, this is not what we'd be doing on our first date.
 これ言わせて、ロスのために行くのはそれでいいんだけど、でも、俺次第だったら、初めてのデートはこうじゃないよ。

Rachel: Well, what would we be doing?
 じゃあ、どんなふうなの?

Joey: I'd take you out for a romantic night. Some champagne, fancy dinner, feel you up on the carriage ride home.
 ロマンティックな夜にするんだ。シャンパンを飲んで、おしゃれなディナーだろ、帰りの車の中で君にタッチ。

Rachel: Feel me up?
 私にタッチ?

Joey: In a carriage! . . . Hey, Charlie!
 車の中で!(チャーリーが来る)やぁ、チャーリー!

Rachel: Hey.
 ハーイ。

Charlie: Hi, hi. So.. dreading this?
 ハーイどうも。これ、怖くない?

Rachel: Oh, you bet.
 ええ、まさにね。

Joey: So, did you bring a little something for Ross?
 ロスに何か持ってきたの?

Charlie: Actually.. it's some stuff you left at my apartment.
 実はこれ、あなたが私の部屋に置いていったものよ。

Joey: Oh. Well, thanks.
 ああ、そうか、ありがと。

Charlie: And you know, you can just give me my stuff whenever you want.
 それに、私のものはいつでもいいわよ。

Joey: Yeah, I didn't throw any of that out..
 ああ、俺、捨てたりしてないよ。

(3人、ロスの部屋に入る)

Ross: I thought I heard voices! Hi, Charlie! Hey, Joey. And.. oh, you're gonna have to introduce me to your new girlfriend. . . I'm just kidding, I know Rachel, I know. Come. Please come in. Come in.
 (ハイテンション)声が聞こえたと思ったよ! ハーイ、チャーリー!(キス)やぁ、ジョーイ。(ハグ)それから・・あ、きみ、新しいガールフレンドを紹介してよ。・・冗談だよ。レイチェルは知ってるよ、うん。(レイチェルの指先を握る)入って、どうぞ、入って入って。

Rachel: Okay. Well, we brought you some wine.
 ええ・・私たち、ワイン持ってきたのよ。

Ross: Oh! That is so thoughtful. . She's a keeper. And what did you bring me, huh?
 ああ! それは気が利くね。(ジョーイに)彼女大事にしろよ。(チャーリーに)それで君は何を持ってきてくれたのかな?

Joey: Uh, actually, that's..
 あ、それは実は・・

Ross: Underwear, a toothbrush, and Van Halen CD. I can use all these things!!
 下着と、歯ブラシと、ヴァン・ヘイレンのCDだ。これ全部使える!!

Charlie: Gosh, Ross, you know, you seem a little...
 ああ、ロス・・ねぇ、あなたちょっと・・

Ross: What? Fine? Because I am! Aren't you? Aren't you? Aren't you? You see? Who else is fine?
 なに? 大丈夫かって? 大丈夫だよ。君もだろ? 君も? 君も? ね? 他に大丈夫な人!
 
Joey: Okay, listen, hey, Ross. Listen. Why don't you try to relax, okay? Maybe have a drink.
 いいよ、なぁ、ロス、聞けよ。なぁ、リラックスして、な? 何か飲んで。

Ross: You know what, that is a very good idea. I'm gonna go make a pitcher of Margaritas.
 それは、すっごくいい考えだねっ! マルガリータ作ってくるよ!(妙に踊って指を鳴らしてキッチンへ行く)

《セントラルパーク:三つ子はカウチで眠っている》

Phoebe: Oh, God. So adorable. Look at them, sleeping there like angels.
 ああ、ほんと、可愛らしいわね。見て、眠っちゃって、天使みたい。

Frank Jr.: Yeah, I really cherish these moments, 'cause before you know it, they're gonna be awake again.
 ああ、この瞬間がとても大事なんだ。だって、いつの間にか、また目を覚ますからな。

Phoebe: Well, they may be a handful, but they're so cute.
 まぁ、大変かもしれないけど、でもとても可愛いわ。

Frank Jr.: Yeah.
 ああ。

Phoebe: Oh, God, the last time I babysat them, they did the funniest thing..
 ああ前回預かった時、みんなすごく面白くて・・

Frank Jr.: I haven't slept in four years!
 もう4年寝てない!

Phoebe: That's a, that's a long time.
 それは・・それは長いわね。

Frank Jr.: You just don't know how hard it is, Phoebe. There's just so many of them. You know, two I can handle. Two's great. You just hold one in each hand. But what do I do when the third one runs at me with his bike helmet on. I've got no more hands to protect my area! There's three of them, Phoebe, three!
 どんなに大変か知らないんだよ、フィービー。とにかく大勢なんだから。2人ならなんとかなる。2人ならいいよ。両手に一人ずつ抱けるだろ。でも、3番目の子がヘルメットかぶって突進してきたらどうなる。俺のあそこらへんを守る3本目の手はないんだ。3人なんだ、フィービー、3人!

Phoebe: Yeah, I know, Frank. I counted them when they were coming out of my area.
 ええ、知ってるわ、フランク。この子達が私のあそこらへんから出てくる時数えたから。

Frank Jr.: Sometimes I think that. . . Oh, no, no, no, I can't say it, it's too horrible. No.
 時々思うんだ・・・ああ、いやいや、そんなこと言えない。ひどすぎる。ダメだ。

Phoebe: What?
 何?

Frank Jr.: No, no, I can't.
 いやいや、言えない。

Phoebe: Oh, my God, Frank. Are you thinking of leaving? Because I didn't have those triplets so you could just run out on them!
 なんてことなの、フランク。手放すこと考えてるの? そんなことさせるために産んだんじゃないわよ。

Frank Jr.: Oh, no! I would never do that. No. I just was thinking that, you know, maybe you could take one.
 違うよ! そんなこと絶対しないよ。違う。ただ、ほら、フィービーに1人どうかなって。

Phoebe: What?! You can't separate them! That's terrible! Which one?
 えっ? この子達を引き離すなんてできないわよ。そんなひどいこと! どの子?

《ビルとコリーンの家に来たモニカとチャンドラー》

Monica: Thank you so much for seeing us. Phoebe has told us such great things about you guys.
 会っていただいて本当にありがとうございます。フィービーからあなた方はいい人達だって聞いてます。

Colleen: Oh, please, we're happy to help.
 あら、いいのよ。助けになれば嬉しいわ。

Bill: We went through the same thing when we were adopting.
 僕らも、養子を迎えるときは同じことを経験してきましたからね。

Chandler: So, a lot of malfunctioning wee-wees and hoo-hoos in this room, huh? . . . I mean, you have a lovely home.
 それじゃ、機能しないアレとかコレがこの部屋に集まったわけだ、ね?(空気がひきつる)つまり、素敵なお宅ですね。

Monica: Well, we appreciate anything you can tell us.
 どんなことでも、教えていただけたら嬉しいです。

Colleen: Well, actually, I think this might help. It's pretty much all the information you need.
 実はね、これが助けになるかと思うの(分厚いバインダーを見せる)ここにすべての情報が入ってるわ。

Monica: Oh, my God!
 なんて素敵なの!

Colleen: Everything is broken down into categories, and then cross-referenced. And then color-coded to correspond with the forms in the back.
 カテゴリーごとに区分して、相互に参照できるの。そして形式ごとに裏で色分けしてあるのよ。

Monica: Thank you. . I think I just had a tiny orgasm.
 ありがとう・・(チャンドラーに)ちょっぴりいっちゃった気がする。

Bill: I know the process is frustrating, but it's so worth it. Adopting Owen was the best thing that ever happened to us.
 この過程は大変ですが、でも、その甲斐はありますよ。オーウェンを迎えたのは、僕らにとって最高のことですからね。

Chandler: That's great. Can I see the book? . . You want me to wash my hands first, don't you?
 それはいいな。ファイルを見ても? ・・・(モニカに)まず手を洗ってこいっていうのか?

Monica: Please. It's just so pretty and white.
 お願い。だってすごくきれいで白いんだもの。

Colleen: Bathroom is down the hall to your left. . . I would have told him to do it too.
 バスルームは廊下を行った左よ。(チャンドラーが出て行った後、モニカに)私でもああ言ったわ。

Monica: Can I adopt you?
 あなた養子にこない?

(廊下でオーウェンに出会うチャンドラー)

Chandler: Hey, you must be Owen.
 やぁ、君、オーウェンだね。

Owen: Yeah.
 うん。

Chandler: I'm Chandler. Hey, I was in the scouts too.
 僕はチャンドラー。ねぇ、僕もボーイスカウトに入ってたんだ。

Owen: You were?
 そうなの?

Chandler: Yeah, in fact my father was a den-mother.
 うん。僕の父親はデンマザー(管理者)だったんだ。

Owen: Huh?
 は?

Chandler: You know how to use a compass?
 コンパスの使い方知ってる?

Owen: I have a badge in it.
 それでバッジもらったんだ。

Chandler: You do? That's fantastic!
 そうなの? すごいじゃん!

Owen: You wanna see it?
 見たい?

Chandler: I'd love to, but I gotta get back to talking to your parents. They're telling us all about how they adopted you.
 ぜひ見たいけど、戻って君のご両親と話さないと。君を養子にした話を教えてもらうんだ。

Owen: What?
 えっ?

Chandler: … What?
 ・・えっ?

Owen: I'm adopted?
 僕養子なの?

Chandler: … I got nothing.
 ・・何も知らない。

《ロスの部屋:マルガリータを飲むロス》

Ross: Well, the first batch of margaritas was not so great, but the second batch is good.
 最初に作ったマルガリータはそんなでもなかったけど、2回目に作ったのは、おいしーい!

Rachel: Well, maybe the next batch, we could all get some.
 次に作ったときは私たちも飲めるかしらね。

Ross: Oh, God, this is fun, isn't it? You know, just the four of us. Just hanging.
 ああ! 楽しいよね? 4人で、くつろいで。

Joey: Dude, are you okay? And when are the fajitas gonna be ready?
 おい、大丈夫か? それに、ファヒータはいつできるんだ?

Ross: I'm fine, okay? I'm great! I'm just.. I'm just proud of us. You know? There's no weirdness, no tension.
 大丈夫だよ。ご機嫌だよ! とにかく・・とにかく僕らが誇らしいよ。変な感じもナシ、緊張もナシ。

Rachel: No awareness.
 自覚もナシ。

Ross: We make a great foursome. We should do more stuff together. Ooh! Let's take a trip. Okay, where do you think we - we can go? . . My fajitas!!
 僕ら、素敵な4人だよ。一緒にもっと何かしよう。おお! 旅行に行こう! そうだ、どこへ行ったらいいと思う?(オーブンのタイマーが鳴る)ファヒータだ!!(キッチンへ行く)

Rachel: Look, Charlie, I just want you to know. Ross is just having a little trouble adjusting to the thought of Joey and me. You know, he normally doesn't drink like this.
 ねぇ、チャーリー、これは言っておきたいんだけど。ロスはジョーイと私がつきあうってことを受け入れられないでいるのよ。普段は彼、こんなに飲まないのよ。

Charlie: Oh, you know what, this is nothing. My father is a raging alcoholic. . . Oh, I'm sorry, have I made this evening uncomfortable?
 ああ、そんな。こんなの何でもないわ。私の父はすごいアルコール中毒なの。(ジョーイとレイチェルは返事に困る)あら、ごめんなさい。私のせいで居心地わるくなった?

(ファフィータのフライパンを素手で持って現れるロス)

Ross: Fajitas! Be careful! Very hot plate! Very hot!!
 ファヒータだよ! 気をつけて、すごい熱いから! すごく熱い!

Rachel: Ross, you don't even have oven mitts on!
 ロス、あなた鍋つかみつけてないわよ!

Ross: This is gonna hurt tomorrow!
 (笑)これは明日痛いぞぉ!

《セントラルパークのフィービーとフランク・ジュニア》

Phoebe: Okay, well, this is crazy. Can't seriously be talking about me taking one of your kids, can we?
 ねぇ、こんなのおかしいわよ。この子達の誰か1人をもらうなんて話、本気なわけないわよね?

Frank Jr.: Oh, no, of course we're not.
 ああ、もちろん、もちろんだよ。

Phoebe: That’s insane.
 そんなのどうかしてるわよ。

Frank Jr.: I know.
 だよな。

Phoebe: Alice would never go for it, right?
 アリスは絶対反対よ。でしょ?

Frank Jr.: Oh, I don't know. She's pretty tired, too. I think we could get her onboard.
 ああ、それはどうかな。彼女もすごく疲れてるから。彼女も賛成すると思うよ。

Phoebe: Well, just, you know, for argument's sake, you know, hypothetically, which one would you be willing to give up?
 そうね、ただ、話の上だけのこととして、仮によ、どの子だったら手放せる?

Frank Jr.: Huh.
 うーん。

Phoebe: Frank Jr.Jr.?
 フランク・ジュニア・ジュニア?

Frank Jr.: Oh, you'd be getting a really good one. I mean, you know, he's really funny. Like, the other day he made up this joke.
 ああ、あの子はすごい子だぞ。あの子は本当に楽しい子なんだ。この前なんかすごいジョークを言ったんだ。

Phoebe: Uh-huh.
 そうなの。

Frank Jr.: What's green and says, “Hey, I'm a frog"? A talking frog! . . Oh, no, you can't have him, he's too funny.
 「緑色で『俺はカエルだよ』って言ってるやつ、なぁんだ?」だってさ。 話すカエルだって!(大笑い)ああ、ダメだよ。あの子はダメ。面白すぎるよ。

Phoebe: Well, all right, that's fine. What about Leslie?
 わかったわ、いいわよ。じゃあレスリーは?

Frank Jr.: Oh, no, no, not Leslie. No. She's, she's the only one that knows how to burp the alphabet.
 ああ、ダメダメ、レスリーはダメ。ゲップでアルファベット言えるのはあの子だけなんだ。

Phoebe: All right, so that leaves Chandler.
 わかったわ。すると残るのはチャンドラーね。

Frank Jr.: Oh, no, no, you can't have Chandler, no. No, no. She's my little genius. I got big hopes for her. She's gonna be a doctor or a realtor..
 ああ、ダメダメ。チャンドラーはダメだよ。ダメダメ。彼女は俺のかわいい天才だぞ。期待してるんだ。彼女は医者か、不動産屋になれるよ。

Phoebe: Wow, Frank. I think we just ran out of kids.
 まあ、フランク。子供がいなくなっちゃったわよ。

Frank Jr.: Oh, I think you're right. Oh, wow. Phoebe, I don't think I can give one of them up. I mean, you know, they drive me crazy, but they're my babies.
 ああ、そうみたいだな。ああ。フィービー、俺だれも手放せないみたい。3人もいて大変だけど、でもみんな俺のかわいい子達だ。

Phoebe: I'm sorry, Frank. I didn't realize things were so bad. You know, I'll help out more. I can - I can babysit any time you want. You name the day, and I'll be there.
 ごめんね、フランク。そんなに大変だって気がつかなかったわ。私もっと手伝うわね。あなたのしてほしい時にベビーシッターするわ。いつでも言って、かけつけるわ。

Frank Jr.: How about tomorrow?
 明日はどう?

Phoebe: Well, that's not good. But you know, I can move some stuff around, and I'll be there. You and Alice just take the whole day together.
 あしたはダメなのよ。でも、いろいろ調整してみるわ。あなたとアリスとで、一日休めるわよ。

Frank Jr.: You'd do that for us?
 そんなことしてくれるの?

Phoebe: Are you kidding? That's what sisters are for.
 何をいってるのよ。そのための姉でしょう。

Frank Jr. : Oh, look at them! Aw. I love you so much. . . Oh, crap, don't wake up, don't wake up!
 ああ、見てよこの子達! ああ、本当に愛してるよ・・(撫でてあげると少し動くレスリー)ああっ、クソッ! 起きるな。起きるなよ!

《ビルとコリーンの家:急いで部屋に戻るチャンドラー》

Chandler: Where are Bill and Colleen?
 ビルとコリーンは?

Monica: They're in the kitchen getting something to eat. Can you believe how nice they are?
 キッチンで何か食べるもの用意してくれてるわ。あんないい人達だなんて、信じられる?

Chandler: We have to leave!!
 逃げよう!

Monica: Why? What did you do in the bathroom?
 どうして? バスルームで何をしたのよ?

Chandler: I didn't get to the bathroom. I bumped into Owen on the way, and he didn't know he was adopted. And there's a slight chance I may have told him.
 バスルームまでも行けなかったんだよ。途中でオーウェンに会ったんだけど、自分が養子だって知らなかったんだよ。それなのに俺が言っちゃったかもしれない。

Monica: Oh, my God, where's my purse? No, you know what? I can replace everything in there. Get that binder, and let's go!
 なんてことなの! 私のバッグはどこ? いえ、もういいわ。なくても何とかなる。バインダーをもらって、行くわよ!

(ビルとコリーンが来る)
Colleen: Hi.
 ハーイ。

Bill: Some little snacks for everybody. Oh, you don't have to eat the sour worms. Those are for Owen.
 みんなにおやつですよ。ああ、グミは食べなくていいですよ。それはオーウェン用です。

sourworms.jpg(sour worms)

Colleen: I'll go get him in a second. By the way, you should know we haven't told him he's adopted yet.
 すぐあの子を呼んでくるわ。ところで、言っておきますが、あの子は養子だってこと、まだ知らないんです。

Chandler: But kids are so intuitive. Don't you think, on some level, he already knows?
 でも、子供って敏感だから。もういくらか知ってるんじゃないかな?

(オーウェンが来る)
Owen: I'm adopted?!
 僕って養子なの?!

Chandler: See? Intuitive!
 ほらね? 敏感だ!

Bill: What? Where did you hear that?
 なに? どこでそんなことを聞いたんだ?

Owen: He told me! And he paid me 50 dollars not to tell.
 彼がそう言ったんだ! そして、黙ってるようにって50ドルくれた!

Chandler: Which, technically, now you should give back!
 これじゃあ君、返してくれなきゃね!

Colleen: You told him he's adopted?
 あなた、この子が養子だって言ったの?

Chandler: I'm so sorry, but you should have a sign out there or something. Or at least whisper it to people when they come in the door. "Owen doesn't know he's adopted, and he also thinks that Santa is real."
 本当にすみません。でも、そう書いといてくださいよ。それかせめて、人が家に来たら囁くとか。「オーウェンは養子だって知らないから。それに、サンタが本当にいると思ってるから」みたいに。

Owen: He isn't?!
 サンタいないの?!

Chandler: We have to get out of here, baby!
 逃げよう、ベイビー!

《ロスの部屋:3人ファヒータを食べている。ロスがキッチンから来る》

Ross: Everyone? I would like to make a toast to Rachel and Joey.
 みんな、レイチェルとジョーイのために乾杯をしたいんだ。

Rachel: Ooy.
 おっとぉ。

Ross: And to love. Ah, love. L-O-V-E, love. L is for “life.” And what is life without love?
 それと、愛のために。ラブ。L-O-V-E、ラブ。Lはライフ。ラブなしのライフなんて何?

Rachel: Oh, my God, are we supposed to answer?
 オーマイゴッド・・私たち返事するの?

Ross: O is for: “Oh, wow!" The V is for this very surprising turn of events, which I'm still fine with by the way. E is for how extremely normal I find it. That you two are together. And now one day you might get married and have children of your own.
 Oは、「おお!ワオ!」。Vは、ベリー・サプライズな出来事。それに関して僕は全然大丈夫。Eは、君たち2人がつきあうってのがどんなにエキストリーム(すごく)普通かってこと。そしていつか、君たちが結婚して、君たちの子供ができる。(初めて悲しそうになる)

Joey: Dude, are you okay?
 おい、大丈夫か?

Ross: Totally.
 完璧。

Rachel: Ross, you don't seem okay.
 ロス、大丈夫に見えないわよ。

Ross: I'm sorry, it must be the pressure of entertaining. I think everyone would feel better if we had some flan.
 ごめんよ。楽しませなきゃていうプレッシャーのせいだよ。フランを持ってくればみんなの気分もよくなるよね。

Charlie: Wait, Ross. Ross. I - I have to take off.
 待って、ロス。ロス。私、もう行かないと。

Ross: No!
 ダメだよ!

Charlie: I'm sorry, I have a really early class in the morning. But this has been lovely.
 ごめんなさい。明日の朝すごく早い講義があるの。でも楽しかったわ。

Ross: Wasn't it? And you thought it would be awkward with Joey and that you never really liked Rachel.
 そうだよね? ジョーイと、それから好きになれないレイチェルと一緒で気まずいと思ってたけどね。

Charlie: You're on fire! I'll call you in the morning, okay?
 あなた、絶好調ね! 明日の朝電話するわ、ね?

Ross: Okay.
 わかったよ。

Charlie: All right. . . God, Rachel, what Ross just said that is just so..
 じゃあ。(ロスはキッチンへ)ああ、レイチェル、今ロスが行ったことだけど。

Rachel: Oh, that's okay. Girls tend not to like me.
 ああ、いいのよ。私女の子には好かれないの。

Charlie: Fine.
 わかったわ(出て行く)

(ロスがフランを持ってキッチンから来る)
Ross: Okay, I guess it's just flan for three! Hey, hey, that rhymed!
 よし、じゃあ3人でフランを食べよう! あれ、今の韻を踏んだよね!(踏んでない)

Rachel: You know what, Ross? I think we're gonna take off too.
 ねぇ、ロス? 私たちももう行くわ。

Ross: Oh, oh. Of course. God, I'm so stupid. You guys are a couple now. I mean, you probably just want to be alone.
 ああ、そうだよね。ああ、僕ったらバカだな。君たちカップルなんだから、きっと2人になりたいよね。

Rachel: No, no, it's just that it's getting late...
 いえ、違うの。ただ、遅くなってきたから・・

Ross: Hey, hey, it's fine. It's totally fine. I’ve got plenty of margaritas. It's all good. . . I don't even know what that's for.
 いやいや、いいんだよ。全然いいから。僕すごくたくさんマルガリータ飲んだでしょ。すごくいいよ。(オーブンタイマーが鳴る)なんで鳴るんだろう?(キッチンへ行く)

Joey: You know what? I think I'm gonna stay here and make sure he's okay.
 (レイチェルに)ねぇ、俺、ここに残って、やつが大丈夫か見てるよ。

Rachel: Yeah, that's probably a good idea.
 ええ、その方がいいみたいね。

Joey: Yeah. I'll see you in the morning.
 ああ。明日の朝会おう。

Rachel: Uh-huh. Okay. . Yeah, you know, Joey, I don't think he's ever gonna be okay with this.
 うん、わかったわ。・・ねぇ、ジョーイ、彼、このこと大丈夫になりそうもないわね。

Joey: It doesn't look good, does it?
 よくなさそうだよな?

《ロスの部屋、翌朝:ロスが目覚める・ジョーイがコーヒーを持ってくる》

Joey: Morning. Here you go.
 おはよ。ほら。(コーヒーを差し出す)

Ross: Thanks. Did you stay here all night?
 ありがと。一晩中いてくれたの?

Joey: Yeah.
 ああ。

Ross: So you took off my pants and shoes?
 それじゃ、君が僕のズボンと靴を脱がせたの?

Joey: No, no, no. You actually did that when you were dancing to the Chicago soundtrack. Look, Ross, about, about Rachel and I. Listen, you don't have to worry about that, okay? Because nothing is gonna happen.
 違う違う。おまえがシカゴのサウンドトラックに合わせて踊りながら脱いだんだよ。なぁ、ロス、レイチェルと俺のことだけど。心配することはないんだ、いいな? 何ともならないから。

51+8T9Xnw2L._SY300__PJautoripBadge,BottomRight,4,-40_OU11__.jpg

Ross: What do you mean?
 どういうこと?

Joey: Well, she and I said from the beginning that we weren't gonna do anything unless you were okay with it. And clearly..
 俺たち最初から、おまえが大丈夫じゃなかったら、何もしないって決めてたんだ。どう見ても・・

Ross: Hey, what are you talking about? I'm fine!
 ちょっと、何を言ってるんだよ? 僕は大丈夫だよ!

Joey: It's okay, Ross. You know, I totally understand. Of course you're not fine. You're.. You're Ross and Rachel.
 いいんだ、ロス。ちゃんとわかってるから。大丈夫じゃなくて当然だ。おまえ達・・ロスとレイチェルなんだから。

Ross: Yeah, except we're not. I mean, we haven't been a couple in, like, six years. Oh, my God, is that right? Has it been that long?
 ああ、でも、違うんだ。僕ら、もう6年もつきあってないんだ。ああ・・そうなんだ。そんなに長いんだな。。

Joey: That's what I hear, yeah.
 俺もそう聞いてるよ、うん。

Ross: This is crazy. I mean, six years, and because of me, you guys aren't gonna be together? Can I ask you something? Really, what is this thing with you and Rachel?
 どうかしてるよ。6年だなんて、それなのに僕のために、君らがつきあえないなんて? 聞いていいか? 本当のところ、君とレイチェルって、どうなんだ?

Joey: Come on, you know me, you know...
 何を言うんだ、俺を知ってるだろ。

Ross: Joey.
 ジョーイ。

Joey: I'm crazy about her.
 彼女に夢中だよ。

Ross: And she feels the same way?
 それで彼女もそう思ってるのか?

Joey: I think so.
 そうだと思うよ。

Ross: Well, then, maybe it's time we all moved on.
 それじゃ、僕ら先へ進むときがきてるんだよ。

Joey: Yeah, but, Ross, I mean, you're not okay with it.
 ああ、でも、ロス、おまえは大丈夫じゃないだろ。

Ross: No, but I wanna be. Hey, I will be. Besides, I'm with Charlie, right? Oh, my God, I'm still with Charlie, aren't I? I mean, she didn't see the dance, did she?
 ああ、でも、大丈夫になりたいよ。そうなるよ。それに、僕にはチャーリーがいる。だろ? ああ。大変だ。僕チャーリーに振られてないよね? 彼女ダンスは見てないよね?

Joey: No, no, no, no, that was - that was just for me. Are you. . You sure about this?
 いやいやいや。あれを見てたのは俺だけ。おまえ、本当にいいのか?

Ross: Yeah, I'm sure.
 ああ、本当だよ。

Joey: And we're okay?
 俺たちも大丈夫か?
(ロスは微笑み、2人ハイタッチをしたが、手の痛みにうめくロス)

《セントラルパーク:三つ子とフィービーがいる。モニカ達が来る》

Monica: Hey, Pheebs
 ハーイ、フィーブス。

Phoebe: Hey.
 ハーイ。

Monica: We just wanna give you a heads up. Bill and Colleen hate us.
 あなたに前もって言っておきたいの。ビルとコリーンに嫌われたわ。

Chandler: Owen didn't know he was adopted, and Monica told him.
 オーウェンは自分が養子だって知らなかったのに、モニカが言っちゃったんだ。

Monica: What?
 なんですって?

Phoebe: Still, he had to find out sometime.
 でも、彼もいつかは知ることよ。

Chandler: Yeah, but how would you like it if someone told the triplets that you gave birth to them? . . . . I'm gonna go tell Emma she was an accident.
 ああ、でも、君だってもし誰かが三つ子に、産んだのは君だって教えちゃったらどうする?(三つ子が驚いて見上げる)・・・俺、エマに、君は間違いでできた子だって言ってくる。(出て行く)





にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 00:45| Comment(0) | Season 10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。