2013年12月17日

10-1 The One After Joey And Rachel Kiss

10-1 ジョーイとレイチェルのキスの後

 ☆ジョーイとレイチェルのキス・・その後☆

《ホテル、モニカ達の部屋:ピンポンから戻った2人》

Monica: Oh, the way you crushed Mike at ping pong was such a turn-on.You wanna...?
 ピンポンでマイクをやっつけたあなた、めっちゃその気にさせられたわ。どう?

Chandler: You know, I'd love to, but I'm a little tired.
 いや、そうしたいけど、ちょっと疲れたよ。

Monica: I'll put a pillowcase over my head.
 頭に枕カバーかぶるわよ。

Chandler: You're on!
 よし、やろう。

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey!
 ハーイ!

Monica: What's up?
 どうかした?

Phoebe: Well, okay, Mike's taking a shower, which by the way there's no law against. And then we're gonna grab some food, so if you want...
 あのね、マイクがシャワー浴びてるの。それは法律に反してないのよ。後で何か食べに行くけど、もしあなた達も・・

Ross: ... finally...
 (壁の向こうからの声)ついに・・

Phoebe: Is that Ross?
 あれロス?

Monica: Yeah, you can hear everything through these stupid walls.
 ええ、この壁ったら、何もかも聞こえちゃうのよ。

Phoebe: Sounds like he's with someone.
 誰かと一緒にいるみたいね。

Chandler: He could be alone. This morning I heard him do push-ups, and then talk to his triceps.
 1人かもしれないよ。今朝も腕立て伏せをしていた時、三頭筋に話しかけてたからな。

Monica: Wait a minute, I think Phoebe's right. You know I hear someone else in there with him.
 ちょっと待って、フィービーの言う通りじゃないかしら。誰かほかの人の声が聞こえるわ。

(壁に耳をつけて聞く3人、ロスの部屋ではチャーリーとロスがキス)

Charlie: Ooh... Dr. Geller!
 ああ、ドクター・ゲラー!

Ross: God, you're amazing. I didn't even have to ask you to call me that.
 ああ、君って素晴らしいね。頼まなくてもそう呼んでくれるなんて。

Monica: Oh, my God, that's Charlie!
 まぁ!チャーリーじゃないの!

Chandler: She's cheating on Joey with Ross!
 ジョーイを裏切ってロスと浮気!

Phoebe: Oh, that tart! Floozy! Giant!
 まぁ、あの浮気女! 売春婦! 大女!

Monica: I'm not sure about this.
 こんなのいけないわ。

Phoebe: Yeah, you're right. This is none of our business.
 ええ、そうよね。私達には関係ないことだわ。

Monica: No, I'm not sure that it's the best way to hear everything. Someone get me a glass!
 そうじゃなくて、これじゃよく聞こえないわ。誰かコップ持ってきて!

Phoebe: Oh, I'm not gonna do this, okay? I'm not gonna eavesdrop on my friend.
 ああ、私はこんなことできないわよ。友達のこと盗み聞きなんてしないわよ。

Rachel: Ooh... I love Barbados!
 (壁の向こうから)ああ! バルバドス大好き!

(フィービーが、ロス側と反対の壁に耳をつけて聞く)

Joey: Ooh, I can't believe I'm kissing you. I'm kissing Rachel!
 ああ、君とキスしてるなんて信じられないよ。俺がレイチェルとキスしてる!

Rachel: I know. I'm her!
 そうよ! 私がその子よ!(キス)

Phoebe: Rachel and Joey! It's Rachel and Joey!!!
 レイチェルとジョーイよ! こっちはレイチェルとジョーイよ!

Monica: What?
 えっ?

Phoebe: Get over here!
 こっち来て!(チャンドラーとモニカがその壁に走って聞く)

Rachel: Ooh..
 ああ・・

Chandler: Wow!
 ワオ!

Monica: Oh, my God, I love how thin these walls are!
 まぁ驚いた! この薄い壁最高!!

(レイチェル達もロス達もその声を少し気にするが、まぁいいか・・とキスを続ける。モニカは、髪をくわえてさせられている)

Monica: Thank you.
 (チャンドラーに)ありがと。

《レイチェル達》

Rachel: Hey, you know, before you said that nothing could happen between us. What changed?
 ねぇ、さっきは、私たち何もできないって言ってたのに、どうしたの?

Joey: Well, I only said that because of Ross, you know. Then I saw him kissing Charlie...
 あれはロスのことを思って言ったことだろ。でも、彼がチャーリーとキスをするのを見たんだ。

Rachel: What? Ross and Charlie? Wow! She's really making her way through the group, huh? Eh, who am I to talk?
 えっ? ロスとチャーリー? まぁ! 彼女、本当に私達のグループに入り込んでくるわね。・・・やだ、私ったら人のこと言える?

Joey: Yeah.
 ああ。

《モニカ達》

Monica: I can't believe this. Rachel and Joey?
 信じられないわ。レイチェルとジョーイが?

Chandler: How about the dinosaur twins in the other room? No-one is manning that wall!
 あっちの恐竜カップルはどうだよ? 誰もあっちの壁聞いてないぞ!

Monica: I'm on it!
 私が行く!

Chandler: Anything?
 聞こえるか?

Monica: I think I hear curtains closing...
 カーテンを閉める音が聞こえる。

Phoebe: We've got shoes being kicked off over here.
 こっちは、靴を脱ぐ音が聞こえるわ。

Monica: Bedsprings, unmistakable!
 ベッドのきしみよ! 間違いない!

Chandler: You do realize that's your brother?
 それ君の兄だってわかってる?

Monica: Not until you said it. Somebody switch! . . . Wow! Wait a minute. Ross and Charlie, Joey and Rachel, Phoebe and Mike! We're the only people leaving with the same person we came with.
 そういえばそうだった! 誰か代わって! (フィービーと交替する)ワオ! ちょっと待て、ロスとチャーリー、ジョーイとレイチェル、フィービーとマイク! 来たときと同じ相手と一緒に帰るの、私達だけよ。

Chandler: That's not true. I came with Monica. And I'm leaving with Weird Al.
 そんなことないよ。俺はモニカと一緒に来たけど、帰る時は「おかしなアル」と一緒だ。

weird-al-yankovic.jpg
(Weird Al = 1959年生まれの歌手)

Monica: Okay, I've had it with the hair jokes. Tomorrow morning, before we leave, I'm going to the salon.
 もうこの髪のこと言われるのはたくさんよ。明日の朝、帰る前にサロンへ行くわ。

Chandler: Okay, Buckwheat!
 わかったよ、バックウィート!

buck_wheat-202x300.jpg
(Buckwheat = Our Gang というドラマに出演の子役)

Phoebe: You gotta hear this, it's great. It's like free porn!
 こっち聞きなさいよ、すごいわよ。 まるで無料ポルノ!

《ロスとチャーリー》

Ross: Weh...
 あー・・・(キスをやめる)

Charlie: Um... Is everything okay?
 どうかした?

Ross: Yeah, It's just.. I don't think I can do this.
 ああ・・ただ・・。やっぱりこれはできないよ。

Charlie: Oh, Is it because of what might be on the bedspread, because I saw that news report too, with the infrared and the .. I could just.
 ああ、このベッドカバーのせいね、私もあのニュースは見たわ。赤外線とかね、私も・・

Ross: No, No! . . Look, I need to talk to Joey. I mean, you guys just broke up. Before anything more happens between us, I need to know he's okay with it.
 いや、違うよ。ジョーイと話さないと。君たちは別れたばかりだ。これ以上何かある前に、彼に話してみないと。

Charlie: I uh... I completely understand.
 ・・よくわかるわ。

Ross: All right, I'm gonna go find him……… I just need a need a before I can, you know. . Grandma, grandma, grandma. . . Okay, I see you later.
 よし。それじゃ彼を探しに行くよ。(動かない)・・ちょっと・・ちょっと待たないと・・ほら。おばあちゃん、おばあちゃん、おばあちゃん・・よし、じゃあまた。(立ち上がる)

Charlie: Okay.
 わかった。

《まだロスの部屋の音を聞いているモニカ達》

Phoebe: That's the door. He's gone.
 ドアの音よ。彼は出てった。

Chandler: And she's turning on the TV... and watching... Miss Congeniality!
 彼女はテレビをつけたな。見ているのは・・デンジャラス・ビューティだ!

img_359911_10222114_0.png
(Miss Congeniality = サンドラ・ブロック主演の映画)

Monica: Honey, if you know it through a wall, you know it too well!
 ねぇ、壁越しに聞いただけでわかるなんて、おかしいわよ!

(壁に耳をつけたままの3人。ロスが入ってくる)

Ross: …Hey, what are you guys doing?
 ・・・君たち、何してるの?

Phoebe: Oh, we're just, we're sad to go so we're just saying goodbye to the hotel. . I love you, Paradise Hotel Golf resort and Spa.
 いえ、私達ただ・・このホテルを出るのがつらくて、お別れを言ってたの。・・愛してるわ、ゴルフリゾートとスパのパラダイスホテル。

Monica: Yeah, we had a great time, thank you!
 そうよね。楽しかったわ。ありがとう!

Chandler: …Bye.
 ・・バーイ。

Ross: Okay, um... Hey, you guys seen Joey anywhere?
 あっそう。・・ねぇ、ジョーイをどこかで見なかった?

Chandler: He's probably in his room with his current girlfriend, Charlie. That's the situation as we know it.
 やつはきっと、今のガールフレンドのチャーリーと一緒にいるんじゃないか。それが俺たちの知ってる状況だよ。

Ross: Well, if you see him could you please tell him I'm looking for him?
 もし彼を見たら、ボオクが探してるって伝えてくれる?

Chandler: You got it!
 わかったよ。

Ross: Thanks! . . . Thank you.
 ありがと。(壁にはりつき)ありがとう。(出て行く)

Monica: Other wall, people! Other wall!
 こっちの壁! みんな、こっちの壁!(レイチェル側の壁に走る3人)

《レイチェルとジョーイ:ノックの音》

Ross: Rach, you there?
 レイチ、いる?

Joey: Oh, my God, that's Ross. What are we gonna do?
 大変だ、ロスだよ。どうしよう?

Rachel: Okay, ju-ju-just stay calm. Just be calm. For all he knows, we're just hanging out together. All right? Just be nonchalant. . . . That's not nonchalant!
 大丈夫、お、お、落ち着いて。落ち着くのよ。彼にしてみたら、私たちはただ一緒にいるってだけよ。ね? 何気なくしてたらいいのよ。(反り返って立つジョーイ)それ全然何気なくない!

Joey: No idea what it means.
 それどういう意味?

Rachel: Oh... okay, just hide!
 ああ、じゃあ、とにかく隠れて!

Ross: Rach?
 (またノック)レイチ?

Rachel: Coming! Try under the bed, try under the bed!
 今行く! ベッドの下、ベッドの下はどう?

(レイチェルがベッドの下を覗いている間に、チャンドラーが続き部屋のドアを開けてジョーイを引っ張って、ドアを閉める)

Rachel: There's no room under the bed.
 ベッドの下に隙間がないわ!(ジョーイがいなくて驚く)

Ross: Is everything okay?
 大丈夫かい?

Rachel: Yeah.
 ええ。(不思議に思いながらドアを開ける)

Ross: Hey.
 やぁ。

Rachel: Hi...
 ハーイ。

Ross: You know where Joey is?
 ジョーイがどこか知らない?

Rachel: … I really don't.
 (見回しながら)本当にわからないわ。

Ross: Can I talk to you for a minute?
 ちょっと話せるかな?

Rachel: Yeah, sure.
 (部屋の外も見たりする)ええ、いいわよ。

《モニカ達の部屋に引きずり込まれたジョーイ》

Joey: I don't believe this. Have you guys been..?
 信じられない。君たちずっと?

Phoebe: Shhh... This is the listening side of the wall.
 シーッ! こっちは聞く側の壁なのよ。(ジョーイも壁に貼り付く)

《レイチェルとロス》

Ross: And then she told me that she and Joey had broken up, and that part of the reason was that she had feelings for me.
 それで彼女から、ジョーイと別れたって聞いたんだ。それは、僕を好きになったせいでもあるって。

Rachel: Uh-huh, right, yeah.
 ああ、そうなの、そうなの。(まだジョーイを探している)

Ross: And you know I’ve wanted to ask Charlie out since the day I met her.
 初めて彼女に会った時から、チャーリーを誘いたいと思ってたことは知ってるだろ。

Rachel: Oh, I know, I know. It's been really hard for you.
 ええ、そうよね、そう。あなたにはつらかったわよね。

Ross: Anyway, one thing leads to another, and... oh... before you know it, we were kissing. I mean, how angry do you think Joey is gonna be?
 それから、自然な流れっていうか、いつの間にか、僕らキスしてたんだ。ジョーイは怒るかな?

Rachel: That is hard to say, Ross. That is hard to say.
 難しい問題ね、ロス。難しいわよ。

Ross: You know, I gotta go find him. He's gotta be here someplace.
 彼を探さないと。どこかにいるはずなんだから。

Rachel: You would think! . . . . Joey!
 そうよね。(ロスは出て行く)・・ジョーイ!

Joey: Is he gone?
 (隣から声をかける)あいつ行った?

Rachel: How are you doing this?
 どうやってるのよ!

(ジョーイが隣の部屋から戻り、モニカ達も後に続いて入ってくる)
Joey: Pst.
 こっち。

Rachel: How.. what.. Hey! What are you..? What is this? Have you guys been listening this entire time?
 ど・・なに・・ちょっと! あなた達・・? これは何? あなた達、ずっと聞いてたの?

Monica, Chandler and Phoebe: Yeah!
 もちろん!

Phoebe: Now, what is this?
 これ、どういうことなの?

Rachel: Ah, what is this? Well, lets see, we kissed for ten minutes and now we're talking to our friends about it, so I guess this is sixth grade!
 どういうことかって? そうね、私たちが10分くらいキスしていて、今それを友達に話してるんだから、ってことは私たち6年生よね!

Phoebe: No, no. Have you thought about it how complicated this could get? What about Ross?
 そうじゃなくて、あなた、これがどんなにややこやしくなるか、考えた? ロスはどうなるの?

Joey: Well, he's with Charlie now.
 やつは今チャーリーと一緒なんだ。

Monica: Yeah, but he wants to talk to you before anything really happens with her. And as his friend, I mean, don't you think he deserves the same from you?
 ええ、でも、彼は彼女とどうかなる前に、あなたと話したいって言ってたのよ。あなたも友達として、同じことするべきじゃない?

Joey: …… You're a pain in my ass, Geller.
 おまえは本当にうざったいな、ゲラー。

Rachel: All right, look, you guys... Look, we appreciate all the advice, but this is between Joey and me and I think we can handle it.
 ねぇ、あなた達・・。アドバイスはありがたいけど、でも、これはジョーイと私の間のことで、私たちで考えられるわ。

Chandler: Okay, well, we'll go back in there. But will you do one thing for us, the people that care about you?
 そうか、それじゃ部屋に戻るよ。でも、君たちのことを思っている俺たちのために、ひとつ気をつけてくれないか?

Rachel: Sure.
 なに?

Chandler: Enunciate!
 大声で!

Rachel: Get out! . . . Are they right?
 出てって!(みんな出て行く。ジョーイに)みんなの言う通りかしら?

Joey: Probably, yeah... I mean, maybe we should hold off until we talk to Ross.
 多分ね、ああ。俺たち、ロスと話すまでは待たないといけないかな。

Rachel: Yeah. Yeah, we can wait. We don't have to do anything tonight.
 ええ、そうね。待てるわよ。なにも今夜じゃなくても。

Joey: Yeah, I think that'd be best. So, so I'm gonna... I'm gonna take off.
 ああ、それが一番だよ。それじゃ・・俺・・もう行くよ。(ドアへ向かう)

Rachel: Although...
 でも・・
Joey: I like although!
 (Uターン)「でも」って大好き!

Rachel: I mean, you know, Ross and I haven't dated in like.. six years.
 だって、ね、ロスと私はもう6年もデートしてないのよ。

Joey: Six years? Wow. That's almost as long as high school.
 6年? そうか・・高校ぐらい長いな。

(アメリカの高校は、だいたい9年生〜12年生がHigh school)

Rachel: Plus, you know, he is with Charlie now.
 それに、彼はチャーリーとつきあってるのよ。

Joey: Absolutely! He's not thinking about you.
 そうなんだよ! 彼は君のこと思っていない。

Rachel: No.
 そうよ。

Joey: I'm thinking about you.
 俺は君のことを想ってる。

Rachel: Yeah.
 そうね。

Joey: Let's forget about Ross.
 ロスのことは忘れよう。

Rachel: It’s forgotten.
 忘れたわ。(キスをしようとするが、突然引く)

Joey: What's wrong?
 どうかした?

Rachel: Nothing.
 なんでもない。

Joey: Seriously, what is it?
 (レイチェルの目には、ロスの顔)マジで、どうした?

Rachel: Nothing. It's really.. It's nothing. Come here, come here...
 なんでもないの。本当に・・なんでもないわ。来て。来て・・。(再びキスの直前で引く)

Joey: What's wrong?
 (ロスの顔)どうしたの?

Rachel: Sorry, I just um... I can't seem to get Ross out of my head.
 ごめんなさい・・ただ・・ロスを頭から追い払えないみたい。

Joey: Well, maybe I can help.
 俺が追い出してやるよ・・(キスをしたレイチェルの顔がロスに見えて驚く)

Rachel: Ooh, your lips are so soft. Do that again.
 ああ、あなたの唇、柔らかいのね。もう一度・・(ジョーイには、ロスの顔にしか見えない)

Joey: Yeah, we really need to talk to Ross. Yeah.
 ああ、俺たち、本当にロスと話すべきだな。うん。

Rachel: Yeah.
 そうね。

《翌朝、モニカ達の部屋:ロスが来る》

Ross: Hey!
 やぁ!

Chandler: Hey!
 やぁ!

Ross: You guys ready to go?
 もう行ける?

Chandler: Not quite. Monica's still at the salon, and I'm just finishing packing.
 まだだよ。モニカはまだ美容室に行ってて、俺は荷造り中だ。

Ross: Dude! You're not taking your Bible?
 おい! 聖書持っていかないの?

Chandler: You're not supposed to take that. Besides, it's a New Testament. What are you gonna do with it?
 そんなの持ってくもんじゃないぞ。それに、それは新約聖書だぞ。それをどうする気なんだ?

Ross: Learn about Jesus.
 イエスのこと学ぶの。

(チャンドラーはバスルームへ。チャーリーが来る)
Ross: Hey!
 やぁ!

Charlie: So, did you talk to Joey?
 それで、ジョーイとは話せた?

Ross: Uh, no... no. I couldn't find him. I'm just gonna talk to him on the plane.
 ああ・・いや、まだだ。見つからなかったんだ。帰りの機内で話すよ。

Charlie: Okay. Sounds like a good idea, Dr. Geller!
 わかったわ。それがいいわね・・ドクター・ゲラー。

Ross: Stop it.
 やめろよ。

Charlie: Ph.D.
 は・か・せ。

Ross: You're filthy.
 君はいやらしいな。

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey, have you guys seen Monica?
 ねぇ、モニカ見た?

Ross: Um, actually I think she went to the salon.
 いや、彼女は美容室に行ってると思うよ。

Phoebe: Oh, yeah, oh, she went to the salon, all right.
 ええ、そうよ、彼女は美容室に行ったのよ!

コーンロウにした先に貝殻をつけたヘアスタイルのモニカが来る)

Monica: Check it out!
 これ見て!

Phoebe: Who's day just got better? CHANDLER!
 これで誰が喜ぶかしら? チャンドラー!

Chandler: Hey!... Aah!
 (バスルームから出てきて)やぁ・・ああああ!

Monica: What do you think?
 どう思う?

Chandler: I think.... I think I can see your scalp.
 君の頭皮が見えると思うよ。

Monica: Don't you just love it?
 気に入ったでしょ?

Ross: Ye… Yeah. Yeah, you got shellfish in your head.
 ああ、そうだね、君、貝殻頭につけてる。

Charlie: It's so... something... You go, girlfriend!
 それは・・すごいわね。行け行け、ねえちゃん!

Ross: You've never said that in your life, have you?
 (チャーリーに)そんなこと生まれて初めて言ったでしょ?

Charlie: Not once.
 うん。

Ross: I thought so.
 やっぱりね。

Monica: Oh, and listen to this.
 それに、これ聞いて(頭を振ると貝のぶつかる音)

Chandler: What do you know? It's a treat for the eyes and the ears.
 知らなかったよね? 目でも耳でも楽しめる!

《みんな飛行機に乗り、席につくところ》

Joey: Wow, it's um, kinda weird that I'm sitting next to Charlie after we broke up.
 ワオ・・これは・・変だよな、別れたチャーリーの隣に座るなんて。。

Chandler: Yeah, it's almost if Air Barbados doesn't care about your social life.
 ああ、バルバドス航空は、おまえの交友関係について、気配りが足りないな。

Joey: Look, does someone mind switching to sit with Charlie?
 なぁ、誰か、チャーリーの隣の席代わってくれないか?

Ross: Oh, I uh, I mean, I... Dude, I spent the whole conference with Charlie.
 ああ、僕は・・僕はさ、カンファレンス中、チャーリーとずっと一緒だったから。

Joey: I understand.
 わかるよ。

Ross: No, I'll do it.
 いや、代わるよ。(チケットを交換)

Chandler: Wish I could switch with someone. I really don't wanna sit with Allen Iverson over there.
 俺も誰か代わってほしいよ。ほんと、あそこのアレン・アイバーソンの隣に座りたくないよ。

alleniverson.jpg
(Allen Iverson = バスケット選手)

《キスをするフィービーとマイク》

Phoebe: Uhm... You know, once we're in the air and the captain turns off the seatbelt sign, you feel free to roam about my cabin.
 うーん。。離陸して、機長がシートベルト着用サインを消したら、私のコックピット好きにさまよっていいのよ。

Mike: And you should be careful when checking your overhead bins. Because items may shift during...
 そして君は、頭の上の荷物に気をつけた方がいいよ。物が動いちゃって・・

Phoebe: Aah... you're not good at this.
 ああ、あなたこういうトークは苦手ね。

Mike: You don't have to go home tonight, do you?
 今夜君、帰らなくてもいいだろ?

Phoebe: No, I think I can come over. It's Saturday, right?
 ええ、あなたの部屋に行けると思うわ。今日は土曜日よね?

Mike: Oh...
 あ。

Phoebe: What?
 なに?

Mike: Um... I can't do anything tonight.
 今夜は何もできないんだった。

Phoebe: Why not?
 どうして?

Mike: I have a date.
 デートなんだ。

Phoebe: You have a... You have a date? With who?
 あなた・・あなたデートなの? 誰と?

Mike: Oh, it's... my girlfriend.
 あー・・ガールフレンドと。

Phoebe: You have a girlfriend?
 (繋いでいた手を離す)ガールフレンドがいるの?

Mike: Yeah. Well, when you and I broke up I started seeing someone.
 ああ。君と別れた後、つきあい始めたんだ。

Phoebe: Well, for how long?
 もうどれくらい?

Mike: Three months.
 3ヶ月。

Phoebe: Three months? Okay. This is probably none of my business, but how long do you think you're gonna keep seeing her?
 3ヶ月? そう。私には関係ないことか知らないけど、でも、いつまでその子とつき合うつもり?

Mike: I'll tell her that it's over tonight at dinner. I promise.
 今夜の食事の時に、別れるって話をするよ。約束する。

Phoebe: Oh, okay, good. You do that. And then when you get home, maybe there'll be a special delivery package waiting for you.
 ああ、そう、よかった。そうしてね。それから家に帰ったら、あなたには特別なプレゼントが届いているかもよ。

Mike: Maybe I'll sign for it. Tear it open. Pull out the packing material...
 それじゃ、サインをして受け取って、包装を破って、それから梱包材を出して・・

Phoebe: You know what, we're gonna have sex. Let's just leave it there.
 ね、いいから、ただセックスしましょ。もうそれは放っといて。

《チャーリーとロス》

Ross: All right, I'm gonna go talk to Joey. I think this is the right time. He's always in a good mood after the flight attendant says "duty free".
 よし、これからジョーイと話してくるよ。タイミングがいいと思う。彼いつも、フライト・アテンダントさんが「免税(デューティ・フリー)」って言うと、機嫌がよくなるんだ。

(duty = スラングではshit、うんち)

Charlie: Okay. Good luck.
 わかったわ。頑張って。

《レイチェルとジョーイの席》

Rachel: Ross is coming over. I think now would be a really good time to talk to him.
 ロスがこっちへ来るわよ。彼に話すいいチャンスよ。

Joey: I guess so. I'm just… really nervous.
 そうだな。でも本当、不安だなぁ。

Rachel: Okay, well, keep in mind that by the time you're done, they'll probably be serving dinner.
 大丈夫よ、これが終ったら、食事が来るってこと、思い出して。

Joey: Ooh...
 おおお・・

Rachel: Still nervous?
 まだ不安?

Joey: … I’m gonna get the lasagna.
 ・・ラザニアを頼もうかな。

Ross: Hey, Rach...
 ね、レイチ。

Rachel: Yeah?
 なに?

Ross: Do you mind if I sit here for a sec?
 ちょっとここに座っていい?

Rachel: Yeah, yeah, sure! Yeah! . . “Good luck"
 ええ、いいわよ。ええ。(声に出さずジョーイに)「頑張って」

Ross: Hey!
 やぁ。

Joey: Hey!
 おお。

Ross: So, I um... kinda need to talk to you about Charlie.
 チャーリーのことで、話したいことがあるんだ。

Joey: Yeah?
 うん?

Ross: Okay, last night after you guys broke up. . So sorry to hear about that, by the way. Well, Charlie and I were talking, and..., well...
 昨日の夜、君たちが別れた後のことなんだけど・・。そういえば、本当に残念だったね。チャーリーと僕と話していて、それで・・

Joey: You kissed.
 キスしたんだろ。

Ross: Wha... What? What, what would give you that idea?
 えっ、なに? なんで・・なんでそんなこと言うの?

Joey: I saw you.
 見た。

Ross: Yeah, we kissed. But nothing else, nothing else happened, okay?
 ああ、キスしたんだ。でも、それだけだ。あと何も起きてない、ね?

Joey: Ross, Ross, Ross. It's okay.
 ロス、ロス、ロス、いいんだよ。

Ross: What?
 え?

Joey: It's okay. You know, I totally understand, all right? You guys, make way more sense than her and I ever did, you know? And... I want you to be happy.
 いいんだ。わかるよ、な? 君たち2人の方が、俺のときより、ずっとしっくりくるだろ? それに君が幸せでよかったよ。

Ross: Are you serious?
 本当に?

Joey: Yeah. . . Now I have something...
 ああ。・・それで俺からもちょっと・・

Ross: I am speechless. I mean the fact that you would put my happiness first like that. I mean, you're an incredible friend, you know that?
 もう、言葉もないよ。そんなふうに、僕の幸せを第一に考えてくれるなんて。君は素晴らしい友達だよ。わかってる?

Joey: Oh... well, look, before you go..
 ああ、その前にさ・・

Ross: No, I mean it. I mean, you are so loyal, man. And selfless, and generous.
 いや、本当だよ。ほんと、君は本当に誠実なんだな。そして無欲で、寛大で。。

Joey: I am those things, yeah.
 俺はそういうやつだよ、うん。

Ross: You know what? I know Chandler longer, so I always think of him as my best friend, but now... I may have to rethink some stuff.
 ねぇ? チャンドラーとの方がつきあいが長いけど、だから彼を親友だと思ってきたけど、でも、考え直そうかな。

Joey: Dude!
 ロス!

Ross: Hey, if there is ever, anything I can do for you..
 なぁ、もし、何か、僕にできることがあったら言って。

Joey: I can't think of anything.
 何も思いつかないよ。

Ross: Thanks!
 (ハグ)ありがと!

Joey: Yeah.
 ああ。

(ロスが席へ戻る途中、レイチェルと出会う)

Rachel: So hi!
 ハーイ。

Ross: Hi!
 やぁ。

Rachel: So you eh, you talked to Joey?
 それで、ジョーイと話せた?

Ross: Oh, yeah. We had a really good talk.
 うん。すごくうまくいったよ。

Rachel: Oh! That's great!
 まぁ、よかったわ!

Ross: Yeah!
 ああ!

Rachel: Oh, so everything's okay?
 それじゃ、何もかも大丈夫なのね?

Ross: Oh, no, it's great. It's great. He is... He is an amazing guy.
 ああ、大丈夫だよ。最高だ。彼は、素晴らしいやつだよ。

Rachel: Oh. Well, obviously, I think so too.
 ああ、そうよね、私もそう思うわ。

Ross: Well, I'm so excited about this.
 ああ、僕、すごく嬉しいよ。

Rachel: Really? Excited?
 本当? 嬉しい?

Ross: What, are you kidding? I have had some very dirty dreams about this.
 なに、何言ってんの? 僕はこのことでエロい夢まで見たんだからね。

Rachel: Excuse me. . . You didn't tell him, did you?
 ちょっと失礼。(ジョーイの隣に戻りペシッと叩いて)彼に言ってないのね?

Joey: I couldn't. He was saying all these really nice things about me. I didn't want him to get mad and take them all back. I'm on a edge out Chandler.
 言えなかったよ。やつが、いろいろ俺のことすごく褒めてくれてさ、怒らせて取り消しされたくなかったんだよ。チャンドラーの座を奪えそうだよ。

Rachel: Oh, God! All right, fine. You know what, Joey, forget it. When we go back to New York, I will tell him.
 ああ、もう! いいわよ。もういいわ、ジョーイ。ニューヨークに戻ったら、私から言うわ。

Joey: Thank you. Yeah, I appreciate that.
 ありがとう。ああ、助かるよ。

《マイクの部屋に1人でいるフィービー:電話が鳴る》

Phoebe: Hi, Mike's place.
 ハーイ、マイクの家よ。

Mike: Hey, it's Mike.
 やぁ、マイクだ。

Phoebe: Ooh, that was fast.
 ああ、早かったのね。

Mike: Oh, err... no, she's not here yet. You know, I think I'm just gonna take off and break up with her over the phone.
 ああ、いや、違う、彼女はまだだよ。ねぇ、もう帰ろうかな。電話で別れるって言うよ。

Phoebe: Yeah, you can't do that! Oh, come on, Mike, strap on a pair. Why don't you just tell her that we got back together. You know, women appreciate honesty. We also appreciate gentle spanking once in a while. Just F.Y.I.
 それはダメよ。そんなこと言わないで、マイク。根性出して。私たちがよりを戻したって言えばいいのよ。女性って正直さが嬉しいのよ。それに、たまにはお尻を叩いて貰いたいわね、覚えといてね。

(strap on a pair = find some courage)
(FYI = for your information)

Mike: One more thing. There might be a picture of Precious on my coffee table.
 あと一つ。テーブルの上にプレシャスの写真があるはずだから。

Phoebe: Her name is Precious? Is she a pure breed, or did you pick her up at the pound?
 プレシャスっていう名前なの? 彼女、純血種、それとも収容所から連れてきた?

(precious = 高価、かわいいなどの意味、ペットにつけそうな名前)
funny-dog-pictures-name-precious.jpg

Mike: Anyway, I just wanna give you a heads up.
 とにかく、君に知らせておこうと思って。

Phoebe: Okay, oh, and you know, if she gets upset, just scratch her tummy and give her a liver snap.
 わかったわ、それから、もし彼女が怒ったら、おなかを撫でてあげて、レバーのクッキーでもあげたらいいのよ。(電話を切る)

(ノックの音でドアを開けるフィービー)
Precious: Hi, I'm Precious. Who are you?
 ハーイ、私はプレシャスよ。あなたは誰?

Phoebe: I... I'm Phoebe.
 私は・・フィービー。

Precious: Phoebe? Mike's ex-girlfriend, Phoebe? The love of his life? That Phoebe?
 フィービー? マイクの元彼女のフィービー? 彼の最愛の人? あのフィービー?

Phoebe: Enchanté.
 (フランス語で)初めまして(手を差し出す)

《モニカ達の部屋》

Monica: Oh, I can't wait for everyone at work to see these. Ow!
 ああ、職場の皆に早くこの髪を見せたいわ!(頭を振る)ああ!

Chandler: You go back to work tomorrow night, right?
 仕事に行くのは明日の夜だよね?

Monica: Yeah!
 そうよ。

Chandler: So if you want people to see them, then by definition you're not having them taken out, say, at the break of dawn?
 それじゃ、みんなに見せたいってことはつまり、その翌朝まではその髪ってこと?

Monica: Well, if I had them taken out, then I wouldn't be able to do this. . . . You like that, right?
 これを取っちゃったら、こんなことできなくなっちゃうのよ(座らせたチャンドラーの胸を、三つ編みヘアの束でなでる)これ好きでしょ?(ハミングする)

Chandler: What are you singing?
 何歌ってんの?

Monica: It's "Bolero" from "10".
 映画「テン」の「ボレロ」よ。

Chandler: It's "Ride of the Valkyries" from "Apocalypse Now" See, here's the thing. The cornrows were really a solution to your frizzy hair problem. And now that we're home, we don't have that problem anymore, so if you think about it, I hate them!
 それは「地獄の黙示録」の「ワルキューレ」だよ。なぁ、提案。コーンロウは、髪が縮れた時の解決策としてはよかったよ。でも、もう帰ってきたんだから、その問題はない。考えてみてよ、俺それ嫌いなんだよ!

(Apocalypse Now = 1979年製作の映画)



Monica: What? You said you liked them.
 えっ? あなた気に入ったって言ったじゃない。

Chandler: Did I? Let's refresh. I believe what I said was that I could see your scalp.
 言ったか? 思い出してみよう。君の頭皮が見えるって俺は言ったんだ。

Monica: Fine, so you don't like them. Everybody else does.
 いいわよ。あなたは好きじゃなくたって、みんなは気に入ってるわよ。

Chandler: Again, let's journey back. As I recall what Rachel said, was she had never notice the shape of your skull before. And Joey... Well, Joey didn't realize that there was anything different.
 もう一度、振り返ってみよう。思い出してみるに、レイチェルは、君の頭蓋骨の形を初めて知ったと言った。そしてジョーイは・・。ジョーイは何も違いに気づいてない。

Monica: You know what? I don't care. I like it like this, and I'm gonna keep it. You're just jealous because your hair can't do this... OUCH!
 いいこと? 構わないわよ。これが気に入ってるの。このままでいくわ。あなたこういうことができなくておもしろくないのよ。(頭を振る)痛っ!

Chandler: Get yourself in the tooth?
 歯に当たった?

Monica: And the eye!
 目にも!

《ロスの部屋:エマを抱いたレイチェルが来る》

Ross: Hi! There she is. Hi, Emma. Oh, my God, I missed you. Oh, Emma, I missed you so much. Hey. Did you have a good time with grandma Greene? Huh? Did she give you a bottle of anti-depressants again to use as a rattle?
 やぁ、来たね、エマ。ああ、会いたかったよ。ああ、エマ、本当に会いたかったよ。ねぇ、グリーンのおばあちゃんのところで楽しかった? え? また抗うつの薬瓶をガラガラ代わりにされなかった?

Rachel: That was one time, Ross, and they were only, like, five milligrams.
 あれは一度だけのことよ、ロス。それにあんなの5ミリグラムぐらいのものよ。

Ross: Ooh, hey, Emma, Daddy has some presents for you, okay? Okay? I want you to wait right here. Come here, sweetie.
 そうだ、エマ、ダディは君にプレゼントがあるんだよ。いい? いい? ここで待っててね、はい、いい子ちゃん(ベビーベッドに下ろす)

Rachel: Aah... Ross, actually, there's something that I really need to talk to you about.
 あー・・ロス、私ちょっと話したいことがあるのよ。

Ross: Okay, shoot!
 いいよ、何?(旅行カバンを開ける)

Rachel: Okay, um... all right, here's the deal.
 ええ、あのね、言うわよ・・。

Ross: Oh, No!
 なに、うそだろ!

Rachel: What? What is it?
 え? なに?

Ross: Oh, major shampoo explosion!
 シャンプーの大破裂だよ!

Rachel: Uh, look, Ross, this really isn't easy.
 ねぇ、ロス、話すのは簡単じゃないのよ・・

Ross: Oh, it's all over everything. Why? Why me?
 ああ、何もかもシャンプーだらけ。どうして? どうして僕に?

Rachel: Because you took three hundred bottles of shampoo?
 300個もシャンプーとってくるからじゃないの?

Ross: I'm sorry, I'm sorry. You were saying?
 悪かった、ごめん。何の話だった?

Rachel: Well, yeah. Look, it's about me and...
 ええ、あのね、私と・・

Ross: Oh, not another one! Oh, my God.. Oh, and this is moisturizer. It's even harder to clean! Why? Why do bad things happen to good people?
 まだ他にも?! なんてことだ! これはモイスチャライザーじゃないか。よけい落としにくいよ! どうして? どうして、いい人に悪いことが起きるの?

Rachel: Wow! Clearly this is not a good time.
 ああ! どう見てもタイミングが悪いわね。

Ross: Duh, you think?
 そう思う?!(キレながらキッチンへ行く)

《マイクの部屋:フィービーが電話中》

Phoebe: Okay, bye. All right, so Mike's on his way over. See, you thought you guys were meeting here, and he thought you were meeting at the restaurant, so, you know. Doesn't really matter who's right or wrong. The point is... I'm gonna take off.
 わかったわ、バーイ。(電話を切り、プレシャスに)ね、マイクはこっちへ向かってるわ。あなたはここで会うつもりだったし、彼はレストランで待ち合わせだと思ってたってことよ。どっちが間違ってたかなんてどうでもいいわ。要は、私は帰るってこと。

Precious: Wait. I’m not letting you leave until you tell me what's going on here. I mean, are you guys getting back together or something?
 待って。どうなってるのか教えてもらえるまでは、行かせないわよ。あなた達、よりが戻ったっていうことなの?

Phoebe: All right. Susie, can I call you Susie?
 わかったわ。スージー、スージーって呼んでいい?

Precious: My name is Precious.
 私の名前はプレシャスよ。

Phoebe: Yeah, I can't say that. Um.. Susie, I'm gonna be straight with you. Mike and I are back together. And unfortunately that effectively ends your relationship with him. And he's very sorry about that and wishes you the best of luck in all your endeavors.
 ああ、そうは呼べないわ。・・スージー、正直に言うわね。マイクと私はもとに戻ったの。そして残念ながら、その結果、あなたと彼の関係は終わりということよ。彼は、とても申し訳なく思っていて、あなたの今後の人生の幸運を祈っているわ。

Precious: I just can't believe this. Why?
 信じられないわ。どうして?

Phoebe: Well, I don't...
 そうね、私は・・

Precious: Oh, why would he do this? I mean, what's wrong with me?
 ああ、どうしてこんなことするの? 私のどこがいけないの?

Phoebe: Nothing, there's nothing wrong with you.
 何も、あなたは何も悪くないわよ。

Precious: I mean, what the hell am I supposed to do now?
 私はいったい、どうしたらいいの?

Phoebe: Damn it woman, pull yourself together! Have some pride, for the love of God. . . Okay, not a fan of the tough love.
 もう、この人ったら、しっかりしなさいよ! プライドを持って、愛の神にかけて・・(プレシャス泣き出す)ああ、つらい恋は好きじゃないのね。

Precious: I just can't believe that Mike didn't give me any warning.
 マイクは、そんなそぶりは何も見せなかったのよ。

Phoebe: But he didn't really know, you know. He wasn't planning on coming to Barbados and proposing to me.
 彼自身も知らなかったことよ。彼も、バルバドスに来てプロポーズする予定じゃなかったんだから。

Precious: He proposed to you? This is the worst birthday ever.
 あなたにプロポーズ? (さらに泣き出す)人生最悪の誕生日だわ。

Phoebe: Look, Precious.. Mike's not worth this. You're an attractive, intelligent woman and let's face it, Mike's kind of a wang. I mean, he proposed to me while he was still seeing you. He was gonna break-up with you on your birthday? And, I don't like to kiss-and-tell, but he cheated on you a lot this weekend.
 ねぇ、プレシャス・・マイクにはそんな価値ないわよ。あなたは魅力があって、知的な女性よ。正直言って、マイクは最低よ。あなたとつきあってるのに、私にプロポーズしたのよ。それに誕生日に別れようとしてるわけでしょ? それに、いちいち告げるのはどうかと思うんだけど、この週末、あなたをたくさん裏切ったのよ。

Precious: Oh, my God, you know, maybe you're right. Maybe I don't need him. I deserve to be treated with respect.
 ああ、なんてことかしら・・多分、あなたの言う通りよね。彼なんていらないのかも。敬意を払ってくれる人でなきゃ。

(そこへ、マイクが戻ってくる)

Precious: Screw you, Mike. You're a coward and a bastard, and I hope you rot in hell.
 くたばっちゃえ、マイク。あなたは弱虫の最低男よ。地獄で腐っちゃえ。(マイクの頬をぶって出て行く)

Phoebe: You're welcome!
 (マイクに)どういたしまして!

《モニカ達の部屋:チャンドラーがバスルームに声をかける》

Chandler: Honey, you've been in there for a long time... Is everything okay?
 ハニー、君、ずいぶん長くそこにいるけど、大丈夫?

Monica: Not really. . . I have a problem.
 ううん。(チャンドラーがバスルームに入る)困ってる。(三つ編みがカーテンレールに引っかかって取れない)

Chandler: Really? What happened?
 ほんと? 何があった?

Monica: Well, I was dancing around, and singing "No Woman, No Cry" and I got stuck.
 ここで「No Woman, No Cry」歌いながら踊ってたのよ。そしたら引っかかったの。

m_Bob20Marley2C20'No20Woman2C20No20Cry'.jpg
(No Woman, No Cry = レゲエミュージシャン、ボブ・マーリーの歌)

Chandler: You can't move at all?
 全然動けないの?

Monica: Oh, I can move.
 いいえ、動けるわよ。(動くとカーテン開け閉め)

Chandler: If I untangle you, will you please get rid of the cornrows?
 これをほどいてあげるから、頼むから、このコーンロウやめてくれる?

Monica: I guess so.
 そうね。

Chandler: Some of these look a little frayed.
 (ほどこうとしながら)少しすり切れてるとこがあるよ。

Monica: Yeah, I tried to gnaw myself free.
 ええ、ほどこうとして齧ったの。

《ジョーイの部屋:ジョーイが来る》

Joey: Hey!
 やぁ!

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Joey: So, did you err... did you tell Ross?
 それで、ロスには話した?

Rachel: Well, I tried, but then he had a shampoo related emergency. So I guess now it's your turn again.
 ええ、話そうとしたけど、彼、シャンプー関連の緊急事態になっちゃって。だから、またあなたの番ってことね。

Joey: No, no, no, no, no, no, no, no... I think it's better if you tell him, you know. It's easier for a woman. That way, you know, if he gets mad, all you have to do is go, “I didn't mean it. I'm so sorry.”
 ダメダメダメダメダメダメ! 君から話した方がいいと思うよ。女性の方が簡単なんだよ。その方がさ、もしやつが怒っても、これさえすればいいじゃん、「そんなつもりじゃなかったの。ほんとにごめんなさーい」(手で胸の谷間を作ってみせる)

Rachel: Yeah, 'cause that's what we do.
 ええ、私たちそうするわよね。

Joey: All right, all right, okay, um.. How about this, how about this? Tomorrow... tomorrow we'll both go and we'll tell him together.
 わかった、わかったよ。うん、じゃあこういうのはどう? 明日、2人で一緒に彼に話そう。

Rachel: Okay, that sounds fair. It just means that once again we can't...
 ええ、それが公平よね。ただ、そうするとまた、私たち・・

Joey: I know, I know, but that's okay. I mean, we can control ourselves, we're not animals.
 そうだ、そうだよな、でも、大丈夫だよ。俺たちそんなのコントロールできるだろ。ケモノじゃないんだから。

Rachel: No! Of course, we can wait.
 そうよ! もちろん、私たち待てるわよ。

Joey: Yeah.
 ああ。

Rachel: All right, so I guess that means good night then.
 それじゃ、これでおやすみってことよね。

Joey: Yep. Good night!
 だな。おやすみ。(軽くキスをする)

Rachel: Good night!
 おやすみ!

Joey: Good night!
 おやすみ(もう少し長いキス)

Rachel: Seriously, good night!
 マジで、おやすみ!

Joey: Stop saying good night.
 おやすみって言うな。

Rachel: Okay.
 わかった。(本気のキス。その時ドアが開いて、ロスが立っている。キスを見てフリーズ)

Rachel: I'm so sorry.
 ほんとにごめんなさーい。(腕で胸を寄せる)

《モニカ達の部屋:モニカがラスタハットを被って現れる》

Monica: Look what I found in the drawer. And you said I'd never wear this.
 ほら見て。引き出しにあったのよ。絶対使わないって言ってたわよね。

np_hmphat_89_2.jpg
(Rasta hat − ドレッドヘア付きのものまで売ってます)

Chandler: Now that I untangled you, how about you doing a little something for me?
 ほどいてあげたんだから、君も俺のために何かしてくれない?

Monica: Sure, what do you have in mind?
 いいわよ。何をしてほしいの?

Chandler: I think you know.
 知ってるだろ。

Monica: Really? I don't - I don’t really feel like it.
 本当に? 私は・そういう気分じゃないんだけどな。

Chandler: This is what I want to do.
 俺はそうしたいんだよ。

Monica: Okay, I just don't get why you like it so much.
 わかったわよ。でも、どうしてそんなに好きなのかわからないわ。

Chandler: She's an FBI agent, posing as a beauty contestant.
 (デンジャラス・ビューティのDVDを持ち上げ)だって、FBIのエージェントでありながら、美人コンテストでポーズをとるんだぞ!
img_791610_3197771_0.jpg




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 00:52| Comment(0) | Season 10 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。