2013年12月16日

9-24 The one in Barbados Part 2

9-24 バルバドスの話 Part 2

 ☆運命のカリビアン・ナイト Part 2☆

《バルバドスの朝:まだベッドの中のモニカ達》

Chandler: Oh, isn't this nice? It's so quiet, I could just lie here all day.
 ああ、いいねぇ。すごく静かで、一日中寝ていたいよ。

Monica: Oh, I know.
 ええ、そうね。

(レイチェルが部屋に飛び込んでくる)
Rachel: Open your drapes! Open your drapes!
 カーテンを開けて! カーテン開けるのよ!

Chandler: So glad we've got adjoining rooms!
 続き部屋で、本当によかったよ!

Monica: The sun is out!
 晴れてきたのね!

Chandler: Hey! Remember when I had corneas?
 ああ! 角膜がなくなっちゃったよ。

Monica: Okay, listen, you go down to the pool and reserve the chairs, and I'll get the magazines and the lotion.
 ねぇ、あなたはプールへ行って椅子を確保、私は雑誌とローションを持って行くわ。

Chandler: Ladies? Ross's speech is in 45 minutes.
 お嬢様がた? あと45分でロスのスピーチが始るんだよ。

Rachel: No!
 やだ!

Monica: Damn it!
 クソ!

Ross: Walls are pretty thin, guys!
 (声だけ聞こえる)壁が薄いんだよ、君たち!

《ロスのスピーチ中》

Ross: “Then we have to await the data from recent MRI scans and DNA testing…”
 「我々は、MRIとDNA検査のデータを待つほかありません・・」

Rachel: Look at that woman sitting by the pool getting tan. She’s all leathery and wrinkled. I'm so jealous!
 (窓の外を見て)プール脇に座って日焼けしてるあの女の人見てよ。レザーみたいな皮膚になってシワだらけ・・・ああ、私も行きたい!

Ross: “Finally, factoring the profusion of new species recently discovered: Giganotosaurus. Argentinosaurus…”
 「最後に、最近たくさん発見された種類の分析として:ギガノトサウルス、アルゼンチノサウルス・・」

Chandler: Not to mention Coldsaurus.
 (隣の古生物学者に)「コールドザウルス」も言うまでもないよね。(冷たい目で見られる)

Ross: “In much the same way that Homo ergaster is now thought to be a separate species from Homo erectus…”
 「同じように、ホモ・エルガステルも、今では、ホモ・エレクトスとは別の種であるとされています。」

Joey: Erectus?
 (レイチェルが笑うので)エレクトス?

Rachel: Homo.
 (首を振り)ホモ。

Joey: Right.
 だよね。

《時間経過》

Ross: “In a very real way, we can bring the Mesozoic Era into the 21st century.” … Thank you!
 「現実的に、中生代を21世紀に運び込むことができるのです」・・・ありがとう!

(拍手、みんなから絶賛の声)

Ross: Oh, thanks, guys!
 ああ、ありがとう、みんな!

Man with a bow tie: I thought... it was wonderful!
 これは・・すばらしかったですよ!(握手)

Ross: Oh!
 ああ!

Man with a bow tie: Jarvis Oberblau, Cornell. . I mean, the ideas you put forth, and, and from someone so young and...
 コーネル大学のジャービス・オバーブロウです。あなたの提示された考察、そのあなたがこんなに若くて・・(タメイキをつき、うっとり)

Ross: Okay, now we're just holding hands!
 ええ・・今は僕ら手を握り合ってるだけになってますよ。

Rachel: All right! Well, uh... we're gonna hit the beach?
 よかったわ、それじゃ・・(モニカに)ビーチに行かない?

Monica: Yeah!
 ええ!

Rachel: That was really great!
 (ロスに)素晴らしかったわよ!

Ross: Oh, thank you so much!
 ああ、本当にありがとう!

Joey: Yeah, and so funny!
 ああ、それにおもしろかったよ!

Rachel: Oh!
 ああ。

Joey: Take it easy.
 じゃあな。

Ross: Okay, all right. Thanks. Well, excuse me?
 ああ、わかった、ありがと。それじゃ、ちょっと失礼するね。

Phoebe: Yeah.
 ええ。

(チャーリーの側へ行き、声をかける)
Ross: Hey! … Well?
 やぁ・・・どうだった?

Charlie: You were incredible!
 素晴らしかったわ!

Ross: Yeah?
 そう?

Charlie: You blew them away!
 みんな感動してたわよ!

Ross: Oh, I can't tell you how great it was to look at the crowd and see your face! I mean... uh, did you know you were mouthing the words along with me?
 ああ、大勢の人の中で君の顔を見たときどんなに嬉しかったか! 君、自分が僕と一緒に口を動かしてたのに気づいてた?

Charlie: I was not!
 ウソよ!

Ross: No, it's okay! It made me feel like a rock star!
 いや、ホントだよ。ロックスターみたいな気分だったよ。

Charlie: Oh, my God! I'm your groupie!
 あら、やだ! 私あなたのグルーピーみたいね!

Ross: Hey, I’d better not found you naked in my hotel room! . . Look, I took it too far!
 ねぇ、僕の部屋に裸で現れないでね。・・・(チャーリーが引いた)はしゃぎ過ぎたよね。

《モニカ達2人、フィービー達2人が外から戻る》

Monica: I can't believe it's raining again! So what are we gonna do today?
 また雨だなんて、信じられない! 今日はこのあと、どうする?

Mike: They have a game room downstairs! Ping pong and stuff.
 下に、ゲームルームがあったよ。ピンポンとか。

Monica: Ping pong? Honey, they have ping pong! Let's play!
 ピンポン?(チャンドラーに)ねぇ、ピンポンだって! やりましょうよ!

Chandler: I don't think so!
 イヤだよ。

Monica: Why not?
 どうして?

Chandler: Because you know how competitive you get. And while I say it's cute, others disagree, and I'm lying!
 君が熱くなり過ぎるってわかってるからだよ。それでも僕はキュートだって言うけど、みんなは反対するし、第一ウソだし。

Monica: I'm not always that bad!
 いつもそんなにひどいわけじゃないわよ!

Chandler: Oh, yeah? What happened when we played last time?
 あ、そう? 前回やったときどうなった?

Monica: I punched you.
 あなたを殴った。

Chandler: And...?
 それから?

Monica: ... Phoebe...?
 フィービーも。。

Phoebe: ... And...?
 それから?

Monica: I clunked your heads together.
 あなた達2人の頭をぶつけた。

《ジョーイとチャーリーの部屋》
(スノーケルをつけて、一人で遊んでいるジョーイ。チャーリが来る)

Charlie: Hey! There you are!
 ハーイ。ここにいたのね!

Joey: Hey! Listen. As soon as it stops raining we have got to go snorkeling! Some kid told me about the sea turtle. And if you blow bubbles in its face, it chases ya!
 やぁ! 雨がやんだらすぐ、スノーケリングに行こうよ! 聞いたんだけど、ウミガメがいて、その顔に泡を吹きかけると、追いかけてくるんだって!

Charlie: I'm sorry, I can't! I'm running a discussion group all afternoon.
 ごめんなさい、行けないわ。午後ずっと討論会なの。

Joey: Oh... oh, but that's okay, I'll find someone else to do it.
 ああ、そうか。でも、いいよ。誰か探すから。

Charlie: I feel so bad! I haven't seen you this whole trip and especially last night...
 本当に悪いわ! この旅行中あなたとちっとも一緒にいなくて、特に昨日は・・

Joey: Hey! Don't worry about it! It was fine! I ended up having the best time with Rachel! I just felt bad for you, stuck in that room, working on Ross's speech.
 いや、気にするなよ! 大丈夫だから。レイチェルと楽しんだからさ。ただ、君がかわいそうだと思うだけだよ。ロスのスピーチの手伝いで閉じこもってさ。

Charlie: Actually, it turned out to be a lot of fun!
 でも実際、すごく楽しかったの。

Joey: Oh! Oh, well! At least we're both having fun!
 ああ、そうか。それじゃ少なくとも2人とも楽しんだんだな。

Charlie: Yeah. . . Is it weird that it's not with each other?
 ええ。私達一緒にいないなんて、変じゃない?

Joey: Yeah!
 そうだよな。

Charlie: I think we need to talk.
 私達、話し合わないといけないわね。

Joey: Yeah, I think we do. . . About what?
 ああ、そうだな。・・・何を?

《ゲームルーム:モニカ達4人が入ってくる》

Monica: Come on, you guys, it'll be fun!
 ねぇ、やりましょうよ、楽しいわよ!

Phoebe: All right, all right... I'll play if we don't keep score!
 わかった、わかったわよ。点をつけないならやってもいいわよ。

Monica: But then how do we know who wins?
 でもそれでどうやって、誰が勝ったかわかるのよ?

Phoebe: Nobody wins!
 誰も勝たなくていいの!

Monica: So, we're just four losers... Super!
 それじゃ、4人ともが負けってことなの。すっごい!

Mike: I'll play ya!
 僕がプレイするよ。

Monica: Okay!
 やった!

Phoebe: Mike, you don't know what you're doing!
 マイク、あなた、自分が何をしてるか、わかってないのよ。

Chandler: She gets crazy! This scar? That’s from Pictionary!
 彼女、必死になり過ぎるんだぞ! この傷見て(自分の額を指差す)ピクショナリーやった結果がこれだよ!

pictionary.jpg
(Pictionary = ボードゲーム)

Mike: You wanna volley a bit for a serve?
 (モニカに)サーブは軽くいっておこうか?

Monica: Sure, if you want to.
 ええ、そうしたいならどうぞ。

(ピンポン開始。マイクが点を取る)

Monica: Aww!
 ああっ!

Mike: Oh, by the way, I'm awesome!!
 ああ、ところで、俺、最高だから。

Chandler: Oh, dear God, there's two of them!
 ああ、なんてことだ。2人いた。

Mike: Wanna make it more interesting?
 もっと楽しくしようか?

Monica: How much were you thinking?
 いくらにするつもり?

Mike: Ten bucks a game?
 1ゲーム10ドル?

Monica: Make it fifty!
 50ドル!

Mike: I'll make it a hundred!
 100ドルでもいい!

Monica: One thousand...
 1,000ドル!

Chandler: Okay!
 もういい!

Mike: We’ll flip to see who goes first. You got a quarter?
 どっちから始めるか、コインで決めようか。コインある?

Phoebe: Monica, you call it.
 (コインを出し)モニカ、コールして。

Monica: Heads! No, Tails! Heads!
 表! いや、裏! 表!

Phoebe: Tails!
 裏!

Monica: Ow, what are the chances!
 ああ、こんなことってある?

(ゲーム開始:モニカが得点)

Monica: Ha! My point!
 ハッ! 点取ったわ!

Mike: Oh, no! I don't think so! You know, according to standard table tennis rules if at any time a player uses his non racket bearing hand to touch the playing surface he or she forfeits the point.
 あ、いや、ダメだね! 卓球のルールによれば、プレイヤーがラケットを持っていない方の手でテーブル表面に触れた場合、彼もしくは彼女は、ポイント失効だからね。

Phoebe: He was a lawyer!
 彼、弁護士だったのよ!

《レイチェルの部屋:天気予報を見ているレイチェル》

Alexandra Steele: ... All these coasts having beautiful weather. In New York, it's 72 and sunny!
 この海岸沿いはみんないいお天気です。ニューヨークは22度、晴れています。

Rachel: Oh! Weather bitch! . . . It’s open! . Hi, Joe!
 もうっ! このお天気女!(ノックの音)開いてるわよ! あら、ジョー!

Joey: Hey...
 やぁ。

Rachel: What, is everything okay?
 何、どうかした?

Joey: Uh... Charlie and I broke up.
 ああ・・チャーリーと俺、別れたんだ。

Rachel: No, why?
 ウソ・・・どうして?

Joey: Oh, well, she said we have nothing in common.
 ああ、彼女が、俺たちには共通点が何もないって。

Rachel: Oh, that's crazy!
 まぁ、そんなのおかしいわよ!

Joey: No, it's not, we have nothing in common!
 いや、そんなことないよ。俺たちなんにも共通点ないよ。

Rachel: ... Yeah, that’s true.
 ・・ええ、その通りね。

Joey: I mean, she should be with someone like... Ross! You know what I mean, he uses all those big words too! Man, smart people are dull!
 彼女は誰か・・・ロスみたいなやつとつき合うべきなんだよ。わかるだろ。やつも、ああいう難しい言葉使うからな。ああ、頭のいいやつらってつまんないよな!

Rachel: What, hey!
 まぁ、何よ!

Joey:Okay, Rach! . . . I feel so stupid, you know? Why... why do I keep going after the wrong girls?
 はいはい、レイチ。・・・俺、本当にバカみたいだよな。なんで、いつも叶わない相手を好きになっちゃうんだ?

Rachel: W-What are you, what are you talking about?
 何・・何を言ってるの?

Joey: Come on, I mean, there's you, then there's Charlie, and it's like... What the hell is my problem? I just… Oh!
 わかるだろ、君だろ、それからチャーリーだよ。なんだか・・。俺ってどうなってるんだろう? ほんと・・ああ!(ベッドに仰向けになる)

Rachel: Okay... uh... maybe you're not always going after the wrong girl.
 そうかな。。いつも叶わない相手とは限らないかもしれないわよ。

Joey: I'm telling you, Rach, Charlie is not right for me!
 (起き上がる)本当、レイチ、チャーリーはダメだって。

Rachel: Yeah, I'm not talking about her.
 彼女のことを言ってるんじゃないわ。

Joey: Well, then, who? The waitress I went out with last month?
 それじゃ誰のこと? 先月デートしたウェイトレス?

Rachel: You know? Forget it!
 いえ、もういいわ。

Joey: No, no, no, no! Who, who are you talking about?
 いやいやいやいや! なに、誰のことを言ってるんだよ?

Rachel: No, I don't, I actually don't know who I'm talking about! So!
 いいえ、何も言ってないわ。私も誰のことを言ってるのかわからない! ね!

Joey: Okay! All right, well... I'm gonna see if I can get a room for the night and I'll... I'll see you later!
 そうか。わかったよ。じゃあ、今夜の部屋、空いてないか聞いてくるよ。じゃあ、またな。

Rachel: Yeah, sure!
 ええ、わかった。

(部屋を出てから、レイチェルの言葉の意味に気づき、部屋に戻るジョーイ)

Joey: You like me?
 俺を好き?

Rachel: Okay, let's not make a big thing about this.
 ねぇ、たいしたことじゃないのよ。

Joey: It's a huge thing!
 おおごとだよ!

Rachel: Not working with me, Joe! Here's the thing. Lately, I have been having thoughts. Musings, if you will.
 聞いてないわね、ジョー。あのね、最近、ちょっと考えてたのよ。思ってたっていうか。

Joey: Well, for how long?
 いつから?

Rachel: Only like a month!
 まだ1ヶ月ぐらいよ。

Joey: A MONTH??!
 1ヶ月?!

Rachel: What the... Dial it down! . .Listen, Okay, and maybe they're crazy thoughts, but sometimes I do, I have, I've been thinking about... you know, us! . . Okay, dial it up a little!
 なに・・ちょっと落ち着いて! ねえ、いい?おかしな考えかもしれないけど、でも、時々、考えてたのよ・・私達のこと!(ジョーイは落ち着いている)ちょっとは興奮して!

Joey: Oh, you’re right. Okay. I just have one question!
 ああ、そうだな。うん。ただ、一つ聞きたいんだよ。

Rachel: Shoot!
 どうぞ。

Joey: What the hell are you doing??
 いったい何をしてるんだよ?!

Rachel: I don't know, I'm not trying to do anything, it's just, we have such a good time when we're together, you know. I mean, aren't you just a... little curious? What that would be like?
 わからないわよ。何かしようとしてたんじゃないのよ。ただ、私達一緒にいる時、すごく楽しいでしょ。ちょっと、好奇心わかなかった? もしそうなったらって、思ったことない?

Joey: Uh, am I curious? I mean, I am as curious as... as... George!!
 好奇心わかないかって? もちろん、わいたよ・・ジョージぐらい!

Rachel: Who...?
 誰?

Joey: CURIOUS GEORGE! You know, the monkey, and the guy with the yellow hat!
 好奇心いっぱいジョージだよ! あのサルだよ、黄色い帽子の!

curious-george.jpg
(Curious George = おさるのジョージ・ひとまねこざる)

Rachel: Oh, yes, of course, I remember him!
 ああ、うん。もちろん覚えてるわ。

Joey: Yeah, he had a paper route.
 ああ、彼は地図の紙を持ってたよね。

Rachel: Yeah, he did! Oh, see, this is what I'm talking about!
 ええ、そうよね! ああ、ほらね、これよ、私が言ってるのは!

Joey: No, I know, yeah. I know we're great. But, Rach, no, this... this can't happen!
 ああ、わかるよ。俺たち一緒だと楽しいのはわかってる。でも、レイチ、ダメだよ。

Rachel: But can it just happen a little bit?
 でも、ほんのちょっとだけならどう?

Joey: …NO, NO! It can't happen at all!
 (揺らぐが)ダメ! ダメだよ。ちょっとでもダメだよ!

Rachel: But why, why not?
 でもどうして? どうしてダメ?

Joey: Because... look, no one wants this to happen more than me, okay? I have gone over this moment in my head a hundred times and not once did I ever say no! I couldn't do it to Ross!
 どうしてって・・俺ほどこれを望んでたやつはいないんだぞ。頭の中で、この瞬間が100回は経験したけど、ノーとは絶対言ってない! でも、ロスのためにできない!

Rachel: But that wasn't gonna stop you before!
 でも以前はそれ関係なかったじゃない。

Joey: I know, I know! But I've thought about it a lot since then, and it just wouldn't be right... I'm sorry!
 わかってる、そうだよな。でも、あれからたくさん考えたんだよ。よくないんだよ。ごめんよ。

Rachel: I'm sorry, too! . . Oh, God! I shouldn't have said anything!
 私もごめんなさい。ああ、何も言わなきゃよかった!

Joey: NO! No, no, no, no! Hey! Hey, we'll be fine! Li... hey, like you said, no big deal!
 いや! いやいやいや! なぁ、俺たちは大丈夫だよ。君が言ったみたいに、たいしたことじゃない!

Rachel: It's not a big deal!
 たいしたことじゃないわよね!

Joey: NO BIG DEAL!
 たいしたことじゃない!

Rachel: It's so not a big deal!
 全然たいしたことじゃないわよ!

Joey: Yeah! I'll see ya later! All right, hey!
 ああ! じゃあまたな! よし、な!

Rachel: Okay, great.
 ええ、わかったわ。

(部屋を出た後、戻ろうか迷い、ドアにもたれるジョーイ。レイチェルがドアを開ける)

Rachel: Okay…AH!
 ねぇ・・きゃあ!
(もたれていたジョーイが仰向けに倒れ、慌てて立ち去る)

《ピンポン続行のモニカとマイク》

Monica: Ooh! I'm sorry! I think, I THINK, that may have missed the table!
 あらぁ! ごめんなさいね! 私思うんだけど、今のはテーブルを外したわね!

Mike: Oh, do you?
 ああ、そう?

Monica: Ah, yeah!
 ええ、そう!

Mike: Do you?
 ああ、そう?

Monica: Ah, yeaaah!
 ええ、そう!

Mike: DO YOU?
 ああ、そう?

Monica: AH YEAAAAH!
 ええ、そう!!

Chandler: Do you really find this attractive on him?
 (フィービーに)君、本当に彼に魅力を感じるの?

Phoebe: Oh, yeah! Are you telling me you... you're not even... a little turned on by Monica, right now?
 ええ、そうよ! あなた、今のモニカを見て、全然その気にならないっていうの?

(モニカを見ると、腕で顔の汗を拭き、脇の匂いを嗅いでいる)

Chandler: I think this is the first time in our marriage that I've felt like the more attractive one.
 結婚して初めて、俺の方が魅力的だと思うよ。

Phoebe: All right, come on, Mike. You can beat her! Knock that dog off her head!
 よぉし、頑張って、マイク。彼女に勝てるわよ! あの犬蹴飛ばして!

(マイクが得点)

Monica: Oh, damn it!
 ああっ、くそっ!

Phoebe: I sleep with him!
 私彼と寝てるのよ!

Mike: Game, point!
 ゲームポイント!

Monica: Don't get too cocky! Remember I won the last one! Oh, by the way, how did that feel, losing to a girl?
 あんまりいい気にならないでね! さっきは私が勝ったのよ! そういえば、女の子に負けるって、どんな気分?

Mike: You know, you should really look in a mirror before you call yourself that.
 女の子だなんて言う前に、鏡見た方がいいよ。

(やがてマイクが得点)

Monica: NO, NO, NO!
 やだ、やだ、やだ!!

Mike: And that's how it's done!
 ご覧の通り。

Chandler: Okey-dokey. You've each won a game and I've lost what's felt like a year of my life. So everybody goes home a winner.
 はいはい。君たち、一回ずつ勝ったし、俺は1年かと思うほどの時間を失った。みんな勝ちってことで、もう帰ろう。

Monica: Best out of three?
 3回戦で行く?

Mike: That's what I'm thinking.
 僕もそう思ってた。

Chandler: Should I use my invisibility to fight crime or for evil?
 俺って透明人間? 正義のために使うか悪に使うかどうしよう?

Monica: Serve the ball, chump!
 サーブして、チャンプ!

Mike: “Serve the ball, chump.”
 (モニカのマネで)「サーブして、チャンプ!」

Phoebe: Okay, Mike, better comebacks, Mike, better comebacks.
 マイク、言い返せるじゃん、マイク、できてきたわよ。

《ホテルのバー:ロスとジャービス》

Mr. Oberblau: I'm just saying, I have a cabin in the Adirondacks if you ever want to get away from the city, well, that'd be … just nifty!
 本当ですよ、アディロンダック山地に山小屋があるので、もし田舎へ行きたいとかお思いの時は来ていただければ・・きっと素敵!

Ross: Ooh, well. Ah, I’ve kind of got a lot on my plate right now, not that I wouldn't love a weekend in the country with a strange man.
 ああ、いやぁ。今のところ、とても忙しいんですよ。知らない人と山小屋に行くのがいやっていうわけじゃないですけどね。

Woman: Jarvis?
 (近寄ってきて)ジャービス?

Mr. Oberblau: Oh, you're back... This is my wife, Nancy.
 ああ、戻ったのか。こちら、妻のナンシーです。

Ross: Get Out!
 冗談でしょ!

(チャーリーが近づいてくる)
Charlie: Ross, can I talk to you for a minute?
 ロス、ちょっと話せる?

Ross: Yes, please! . . . So, what's going on?
 ああ、助かった! (離れて2人で座る)それで、どうかした?

Charlie: Uh, well... Joey and I broke up.
 ええ、あのね、ジョーイと私、別れたの。

Ross: Oh, my God, wh-what happened?
 えっ? そんな・・何があったの?

Charlie: Joey is a great guy, but we're just... so different! I mean, during your speech he kept laughing at “Homo Erectus”!
 ジョーイは素敵な人よ。でも、私達、違い過ぎるの。だって、あなたのスピーチの間に、彼、「ホモ・エレクトス」って聞いて笑ったのよ!

Ross: I knew that was him!
 やっぱりあいつだったんだな!

Charlie: Anyway I just, um, I think it's for the best.
 とにかく、私、その方がいいと思ったの。

Ross: Hey. Hey, you okay?
 ね、君、大丈夫?

Charlie: I guess. There was um. . . There was another reason that I thought it was time to end it with Joey. I started to realize that I was having feelings for someone else.
 まぁね。実は・・他にも、ジョーイと別れた方がいいって思う理由があるの。私、他に好きな人ができたって、気づいたの。

(他の古生物学者が声をかけてくる)

Paleontologist: Okay, Geller. Last day of the conference, you know what happens to the keynote speaker.
 いいかい、ゲラー。カンファレンスの最終日だ。基調講演者には何が起きるかわかってるよね。

Ross: Oh, professor Clerk, we're kind of in the middle of a conversation, here.
 ああ、クラーク教授、今、話しているところなんですよ。

Charlie: Yeah, can you guys just throw him in the pool later?
 そうなの。プールに投げ込むのは、後にしてもらえないかしら?

Professore Clerk: Or we could throw you both in now!
 それか、今すぐ2人とも投げちゃうかだね!

Ross: Okay, gentlemen! Please! Aren't we a little old for this? I mean, we're scientists, all right? We're academics. And most importantly I... you-you will have to catch us first. . . GO, GO, GO!
 (立ち上がる)いいですか、みなさん! お願いですよ、もういい年なんだから。僕ら、科学者じゃないですか、ね? 学者ですよ。それに何より、捕まえられないでしょ!(走り出し、チャーリーに)走れ走れ走れ!

《ピンポンをしているモニカとマイク:超退屈なチャンドラー達》

Mike: Okay, so it's a tie again, 41 to 41.
 よし、これでまたタイだ。41対41。

Chandler: Okay, look! Enough is enough!
 よし、なぁ! もうたくさんだ!

Monica: No, I just have two more points to beat him!
 ダメよ。あと2点取れば、彼に勝てるのよ!

Chandler: Monica, that was also true an hour ago! I mean, please, look at you! Your hand is blistered, you can barely stand, your hair is inexplicable! Okay, you've already proven you are just as good as he is, now we've missed our dinner reservations, so now let's just go upstairs, order room service, take a shower and shave your head!
 モニカ、1時間前からそうだよ! 頼むよ、自分を見てみろよ。手にはマメができて、立つのもやっと、髪なんか説明不能だ! いいか、君はもう彼と同じくらいうまいってことは証明しただろ。食事の予約もパァだ。もう部屋に戻って、ルームサービスを頼んで、シャワーを浴びて、君の頭剃っちゃおう!

Monica: I can't just walk away! I've put in four hours!
 ここで引き下がれないわよ! 4時間も戦ってきたのよ!

Chandler: But...
 でも・・

Monica: Look! You knew this about me when you married me! You agreed to take me in sickness and in health. Well, this is my sickness!
 ねぇ! 結婚した時からわかってたことでしょ! 病める時も健やかなる時も一緒でしょ。いまは病んでる時よ!

Chandler: What about the obsessive cleaning?
 過剰な掃除はどうなんだ?

Monica: That's just good sense!
 あれは長所よ!

(ゲーム再開。モニカが、テーブルに手をぶつける)

Monica: Aww!
 ああぁ!!

Chandler: You okay?
 大丈夫?

Monica: No, no, no. Honey, I'm Okay. Shake it off! . . . Oh, no! No shaking, no shaking! Ooh! Ooh! Oh, my God! I can't play!
 いえいえ、大丈夫よ。振り払えるわ。(手を振る)ああ、ダメ! 振っちゃダメ、振っちゃダメ! ああ、あああ! ああ、ダメよ、プレイできない!

Mike: So you forfeit?
 それじゃ棄権?

Phoebe: Mike wins?
 マイクの勝ち?

Monica: I can't believe it! I lost!
 信じられない! 負けたわ!

Chandler: No, you didn't.
 いや、負けてないよ。

Monica: What?
 え?

Chandler: Because I'm gonna play for ya.
 俺が君の代わりにプレイするよ。

Phoebe: You can't do that!
 そんなのダメよ!

Mike: Oh, it's okay. I don't care which of them I beat.
 ああ、いいよ。あの2人のうちどっちを負かしたって同じだ。

Phoebe: Okay, we're taking that paddle home, mister.
 オーケー、そのラケット持ち帰りましょうね、あなた。

Monica: Honey, you don't have to do this.
 ねぇ、あなた、そんなことしなくてもいいのよ。

Chandler: Yes, I do. Now, I may not understand why you have to win so badly, but if it's important to you then it's important to me, because I love you.
 いや、する。そこまで勝ちたい気持ちは理解できないかもしれないが、君がそんなに大事だっていうなら、俺にとっても大事だ。君を愛してるからね。

Monica: But … you suck!
 でも・・・あなたヘタじゃん!

Chandler: You're welcome, sweetheart. . . All right, Mike, let's get this over with. Sudden death. Whoever wins this point, wins.
 どういたしまして、スイートハート。(マイクに)よし、マイク、これを終らせよう。サドンデスだ。ポイントを先に取った方の勝ち。

Mike: Okay.
 わかった。

(ゲーム開始)

Monica: Oh, my God! You're good!
 驚いた! あなた上手じゃないの!

Phoebe: It's like watching porn!
 ポルノ見てるみたい。

(チャンドラーが勝つ)

Chandler: And that's how it's done!
 ご覧の通り。

Monica: Oh, my God. Oh, my God. That was so amazing! When did you. . . Hold on! I almost forgot. . . Loser! . . When did you stop sucking?
 なんてことなの、なんてことなの! 素晴らしかったわ! あなたいつ・・ちょっと待って、忘れるとこだったわ(マイクに)負ーけ!(チャンドラーに)いつから上手になったの?

Chandler: I never sucked, I actually didn't want you to know how good I was!
 最初からうまいよ。上手だってことを知られたくなかったんだ。

Monica: Why?
 どうして?

Chandler: I don't know.
 どうしてかな。

Monica: This is so great! Now we can enter into doubles tournaments!
 すごいじゃないの! 私達、ダブルスでトーナメントやれるわよ!

Chandler: That's why!
 それがイヤだからだ!

《逃げている2人:木の陰に隠れているチャーリーにカクテルを持っていくロス》

Charlie: Thanks!
 ありがと!

Ross: Hi.
 ああ。

Charlie: Are they still looking for us?
 まだ探してるのかしら?

Ross: Yeah. The bartender said that they split up into two search parties. The herbivores and the carnivores. Oh, look out.
 ああ。バーテンダーが言うには、2手に別れて探してるそうだ。草食系と肉食系だって。あっ、気をつけて。

(探している学者3人が通り過ぎ、チャーリーをハグして隠れるロス)

Ross: I don't think they saw us.
 見つかってないみたいだな。

Charlie: I don't think they did. . . Um, so, I started to say you something earlier, um. . . There was another reason I realized it was time to end it with Joey. I kind of realized I was starting to have feelings... for someone else.
 見つかってないと思うわ。・・えー、それで・・さっき私が言おうとしてたことだけど・・。他にも、ジョーイと別れた方がいいと思った理由があって、他の人を好きになり始めてたからなの。

Ross: Oh. Can I... can I ask who?
 ああ。僕・・誰か聞いていい?

Charlie: I think you know.
 あなた知ってると思うわ。

Ross: I think I know too, but I've been really wrong about this stuff in the past, so...
 僕もわかったかと思うけど、でも、こういうことですごい間違ったことがあって・・

(チャーリーがキス。途中でとめるロス)

Ross: I'm sorry... we... we can't.
 ごめんよ。できないよ。

Charlie: All right, all right.
 わかった、わかったわ。

Ross: I mean, you just went out with my best friend, you know, and I just think it'd be a really really bad idea. . . . . Or-or not! I mean. .
 君は、僕の親友とつきあったばかりで、だから、これはよくないと思うんだ・・・でもいいかな、やっぱり・・(キスをする)

(ジョーイが通りかかり、2人のキスを目撃。レイチェルの部屋へ戻りノックする)

Rachel: What? . . . Oh..
 (ドアを開けて)なに?(黙ってキスをするジョーイ)まぁ。。





にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.
ついにシーズン9が終わりました!
*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.

posted by らんち at 00:10| Comment(0) | Season 9 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。