2013年12月15日

9-23 The one in Barbados Part 1

9-23 バルバドスの話 Part 1

 ☆運命のカリビアン・ナイト Part 1☆

《セントラルパーク:ジョーイが来る》

Joey: Hey! I'm all packed and ready to go!
 ハーイ!荷物はつめたし、準備万端だぞ!

Ross: Oh, that's right! . . Daddy and uncle Joey are going on a trip today. We're going to a conference in Barbados, right?
 ああ、そうだな!(エマに)ダディとジョーイおじさんは旅行に行くからね。バルバドスで会議があるからね〜。

Joey: Mmh-mmh.
 ああ。

Ross: Can you say Barbados?
 (エマに)バルバドスって言えるかな?

Joey: Barbados.
 バルバドス。

Ross: Okay, I gotta say. I mean, it means so much to me that you guys are coming all the way over there to hear me do my speech! UH! And I have a surprise, uh... I had to pull some strings but I was able to get everyone passes to the entire conference! That's right! .. This babies will get you into all the paleontology lectures and seminars.
 (皆に)ねぇ、聞いて。みんなが遠くまで僕のスピーチを聴きに来てくれるのは、本当に嬉しいよ。ああ、それから、サプライズがあるんだよ。ちょっと手を回して、みんなの分の会議のパスを用意してもらったんだ。そう!(パスを皆に配る)これで、みんな古生物学の講義やセミナーに出席できるんだよ!

Rachel: Do you have anything that will get us out of them?
 何か、それを免れる方法はないの?

Phoebe: I think David would probably wanna hear a few lectures.
 デビッドは講義に少し出席したいだろうと思うわ。

Ross: Oh, right, because he's a scientist!
 ああ、そうだね、彼は科学者だもんね。

Phoebe: No, no, because, you know, he's been in Minsk for eight years. If he gets too much direct sunlight, he'll die.
 いえ、違うの、ほら、彼って8年もミンスクにいたでしょ。直射日光をたくさん浴びたら死んでしまうわ。

《バルバドスのホテル》

Charlie: Wow! This place is beautiful!
 ワオ! 素敵なところね!

Ross: Look at all these paleontologists!!
 あの古生物学者達を見て!

Joey: I know, there are gonna be some pasty folks by the pool tomorrow!
 そうだな。明日プールの回りは、青白いやつばっかだろうな。

(女性が近づいてくる)
Woman: Oh, my God, I can't believe you're here! Doctor Geller, I'm such a huge fan! I can't wait for your keynote speech.
 まぁ、なんてことなの! あなたに会えるなんて! ドクター・ゲラー、私、すごいファンなんです! 早く基調講演を聞きたいです!

Ross: Wow! This is very flattering, uh...
 ワオ! これはうれしいな・・

Woman: I would love your autograph.
 サインしていただけますか。(ノートを渡す)

Ross: Uh, uh... Sure! Uhm... "Dear..."
 ああ、いいよ! えーと・・「親愛なる・・」

Woman: Sarah.
 サラ。

Ross: "... Sarah. I dig you", Uh? "Doctor Ross Geller".
 「・・サラ。君を発掘したよ」ね? 「ドクター・ロス・ゲラー」

Sarah: Thank you so much!
 ありがとうございます!

Ross: Yeah, oh, and Sarah... I'd like to introduce you to my colleague, uh, Professor Wheeler, and this is Joey Tribbiani.
 いいえ。それから、サラ、紹介させて。こちら、ウィーラー教授、こちらはジョーイ・トリビアーニ。

Sarah: Are you a paleontologist?
 (ジョーイに)あなたも古生物学者なの?

Joey: No, God, no! No! No no, I'm an actor. You'd probably recognize me from a little show called "The Days of Our Lives".
 違うよ! やだな、違う違う! 俺は俳優だよ。「愛の病院日誌」できっと見たことがあると思うけど。

Sarah: I'm sorry, I don't own a TV.
 ごめんなさい、私、テレビは持ってないので。

Joey: You don't own a TV? What's all your furniture pointed at??
 テレビないの? それで家具はどこを向けておいてるわけ?

《セントラルパーク》

Monica: All right, I'm gonna go pick up a few things for the trip.
 さぁ、私も、旅行の準備をしてこなくちゃ。

Phoebe: Oh, I should go, too. Oh, now... tomorrow do you guys wanna share a cab to the airport or should Mike and I just meet you there. . . Mike?? Who's Mike?
 ああ、私も行かなくちゃ。ねぇ、明日だけど、空港までタクシー一緒に乗っていくか、それとも、マイクと私はあっちで会う?(皆が驚いて見る)マイク? マイクって誰?

David: Mike is your ex... uh... boyfriend!
 マイクは、君の元・・彼だよね。

Phoebe: That's right! Oh, yeah... Well, I've totally forgotten about him! Ah! That's-That's... a blast from the past!
 そうね! ああ、そうね。ああ、彼のことすっかり忘れてたわ。これは昨日から来た恋人ってやつね!

(Blast from the Past = 1999年の映画)

David: It's Okay. Ho-honest mistake.
 いいんだよ、うっかりしたんだよね。

Phoebe: Really, it doesn't mean anything. I mean, you know, Monica refers to Chandler as Richard all the time!
 本当よ、何も意味はないの。ほら、モニカだって、チャンドラーのこと、いつもリチャードって言ってるのよ!

Chandler: She does?
 彼女が?

Monica: Let's get you out of here!!
 もう行きましょ!(フィービーと外へ)

《セントラルパーク前》

Monica: Well, at least you took me down with you!
 あなたと一緒に引き摺り下ろしてくれたわね。

Phoebe: I'm so sorry!! I just... I keep thinking about Mike! I'm crazy about David, and we're having so much fun together. Why-Why do I miss Mike? That's-that's gonna go away, right?
 ごめんなさい! 私・・ずっとマイクのこと考えちゃうのよ。私、デビッドに夢中なのに、一緒にいてすごく楽しいのに。どうして私マイクが恋しいの? これ、そのうち消えるわよね?

Monica: I guess, in time.
 きっとね、そのうち。

Phoebe: Yeah.
 そうよ。

Monica: I mean, my feelings for Richard are certainly gone.
 私のリチャードに対する気持ちは完全に消えたわ。

Phoebe: You just did it again. Chandler, your feelings for Chandler are certainly gone!
 またやったわよ、あなた。チャンドラーよ。あなたのチャンドラーに対する気持ちは完全に消えたのよ。

《セントラルパーク内のチャンドラーとデビッド》

David: Boy, Phoebe's still pretty hung up on that Mike, huh?
 ああ、フィービーはまだマイクのことすごく気にしてるんですよね?

Chandler: I wouldn't read too much into it.
 僕はそういうの深読みしないから。

David: Still, you know, a girl calls you by your ex-boyfriend's name, that-that's not a good thing, right?
 それでも、ねぇ、彼女に、元彼の名前で呼ばれるってのは、よくないですよね?

Chandler: David, let me stop you there. Because I think I see where this is going. I'm not very good at giving advice. So if you want advice, go to Ross, Monica, or... Joey, if the thing you wanna advice about is pizza toppings or burning sensation when you pee.
 デビッド、ちょっとそこでストップ。その話の先は想像つくけど、僕はアドバイスは苦手なんだ。アドバイスが欲しいなら、ロスとか、モニカ、それか、もしピザのトッピングについてとか、オシッコする時焼けるように痛いときなら、ジョーイに相談するといいよ。

David: Sorry, I just... I wish there was something I could do, you know? Well, you know Phoebe...
 すみません、ただ僕・・何か僕にできることがあればと思うんですけどね? あなたはフィービーをご存知だし・・

Chandler: Seriously, we're gonna do this?
 マジで、これ続けるの?

David: Why did Phoebe and Mike break up?
 どうしてフィービーとマイクは別れたんですか?

Chandler: Oh, because his penis was too big. . . I'm sorry, that's the kind of thing I do. . They broke up because Mike didn't want to get married. Hey, what if you just let Phoebe know you'd be open to marriage?
 ああ、彼のペニスが大き過ぎたからだよ。・・・悪い、俺ってこういうヤツなんだよ。。あの2人は、マイクが結婚したくないって言ったから別れたんだよ。そうだ、君は結婚する気があるってことをフィービーにわからせたらどうかな。

David: That's great! That's great! I-I'll propose to her!
 それはいい! それはいいな! 僕・・彼女にプロポーズしよう!

Chandler: I didn't mean now.
 今そうしろなんて言ってない。

David: Why not? It's brilliant! Goodbye, Mike, we'll see you at the wedding, fella! . . Thank you, Chandler. Sincerely.
 どうして? これは素晴らしい! サヨナラ、マイク、結婚式で会おう! ありがとう、チャンドラー、本当にどうも。

Chandler: Well, you're welcome! Glad to help.
 どういたしまして。助けられて嬉しいよ。

David: How do you think I should propose?
 どうやってプロポーズしたらいいかな?

Chandler: David, I'm pretending to read here!!
 デビッド、本を読むフリしてるんだからさ!

《バルバドスのホテル、部屋にいるジョーイ》

Joey: Yeah! How you doing? Yeah, all right!
 (帽子を被って鏡に向かい)いいね! 元気ぃ? ああ、いいな。

(チャーリーがバスルームから出てくる)

Joey: Hey, hey! You said you're gonna wear a thong, where's the thong?
 なになに? 君、Tバッグをつけるって言ったじゃないか。Tバッグは?

Charlie: I didn't mean a thong... I meant thongs...
 (笑)Tバッグっていう意味じゃないのよ。Tストラップのサンダル。

Joey: You really should have been more clear about that!
 そういうことははっきり言ってくれないと!

(ノックの音。開けるとロス)
Ross: Hey!
 やぁ!

Joey: Hey!
 やぁ!

Ross: You're never going to guess who I just saw downstairs!
 今僕が下で誰を見たか、絶対当てられないよ!

Joey: Oh! ah! eh... Britney Spears!?
 ああっ! えーと・・ブリトニー・スピアーズ?

Ross: Yeah, she never misses these conferences! . . No, I just saw Dr. Kenneth Schwartz!
 ああ、彼女は絶対こういう会議にくるよね! 違うよ、今、ドクター・ケネス・シュワルツを見たんだ!

Charlie: Oh, my God!
 まぁ、すごい!

Ross: I know!
 でしょ!

Charlie: Did you talk to him?
 彼と話した?

Ross: Yeah... what am I gonna say to Kenneth Schwartz?
 ああ、僕がケネス・シュワルツに何を言えっていうの?

Joey: You could say: "Hey, Kenny, how come you're not Britney Spears?"
 こういえばいいじゃん「やぁ、ケニー、なんで君はブリトニー・スピアーズじゃないんだ?」

Ross: You ready to go?
 (チャーリーに)君、もう行ける?

Charlie: Yeah!
 ええ。

Joey: You're gonna go now? I thought we could hang out?
 君、もう行くの? 一緒にゆっくりできるかと思ったんだけど。

Charlie: Oh, I can't... I have seminars all day. And I promised Ross I would look at his speech.
 ああ、ダメなの。一日中セミナーがあるのよ。それに、ロスのスピーチを見るって約束したの。

Ross: Yeah.
 ああ。

Charlie: But maybe we could have dinner later? Out on the balcony? It will be romantic.
 でも、後でディナーは一緒にできるわよね? バルコニーでどう? きっとロマンティックよ。

Joey: Will you wear a thong?
 君、Tバッグつける?

Charlie: I will if you will.
 あなたがつけるならね。

Joey: You got yourself a very weird deal!
 変な条件だな!(見つめ合う2人)

Ross: I'm good, I have dinner plans.
 僕はいいよ。僕は夕食、予定があるから。

Charlie: So you gonna be okay?
 それじゃ、あなた、大丈夫?

Joey: Yeah, yeah. I've got tons of stuff I could do. I'm gonna hit the beach, go swimming...
 ああ、大丈夫。できることはいっぱいあるよ。ビーチに出て、泳いで・・

Ross: Uh, Joe, have you looked outside?
 あー・・ジョー、外見てないの?

Joey: No, why? . . . . Oh, man!
 ああ、なんで?(ロスがカーテンを開けると土砂降り)ああ、何だよ!

《セントラルパークのモニカとチャンドラー》

Monica: Wow! That Mike thing was interesting! I don't know what's gonna happen with Phoebe and David.
 ああ! あのマイクの件は興味深いわよね。フィービーとデビッドはどうなるのか、わからないわ。

Chandler: I do! David is going to propose to Phoebe.
 俺はわかるぞ! デビッドは、フィービーにプロポーズするんだ。

Monica: What? Why?
 えっ? どうして?

Chandler: Because, we were talking about ways that he could beat Mike and I told him that Phoebe wanted to get married.
 どうしてって、マイクに勝つためにはどうしたらいいかって話して、フィービーは結婚したいんだって俺が言ったからだよ。

Monica: Chandler, we have talked about this. You are not supposed to give people advice! Now couldn't you have made some sort of inappropriate joke?
 チャンドラー、前に言ったじゃないの。あなたは人にアドバイスしちゃダメなのよ! 何が非常識なアドバイスとかして逃げられなかったの?

Chandler: I did! A penis one! Look, just so I know, what was so wrong about what I said?
 したよ! ペニスのやつ! ああ、聞いておきたいんだけど、俺の言ったことの何がそんなに悪かった?

Monica: They've only been going out for a few weeks. And Phoebe is completely hung up on Mike! She'll say "No", David's heart will be broken, it will be too hard for them to recover from and then Phoebe will end up alone again.
 あの2人は、まだ数週間しかつきあってないのよ。そしてフィービーは、マイクのことをひきずってる。彼女は断るわよ。デビッドはショックを受けて、2人はそれを乗り越えられない。フィービーはまた一人ぼっちになっちゃうのよ。

Chandler: Man, that's some bad advice!
 ああ、それはひどいアドバイスだな!

《バルバドスのホテル:みんなが到着》

Rachel: Alright, I don't wanna alarm anybody, but Monica's hair is twice as big as it was when we landed!
 ねぇ、みんなを驚かせたくないけど、でもモニカの髪はここに着いた時の2倍になってるわよ。

Monica: Okay. When I go places with high humidity, it gets a little extra body, okay?!
 そうよ、私は湿度の高いところに行くと、髪が膨らむのよ。わかった?

Chandler: That's why our honeymoon photos look like me and Diana Ross!
 だから俺たちのハネムーンの写真は俺とダイアナ・ロスが並んでるみたいなんだよな。

diana_ross.jpg(Diana Ross)

Joey: Come on, I'll show you guys where to check in.
 来いよ、チェックインの受付はこっちだぞ。(男性達が行く)

Monica: Oh, honey, can you make sure we get a King size bed?
 ねぇ、あなた、私達の部屋はキングサイズのベッドにしてよね?

Phoebe: Oh! David, get one for us too! Oh, oh, and see if they have a heart-shaped one! And with mirrors on the ceiling!
 あ、デビッド、私達にも! それと、ハートの形のベッドがないか聞いてね! それと、天井の鏡も!

Monica: And make sure our room isn't next to theirs.
 (チャンドラーに)この人達の隣の部屋にしないでね!

Rachel: Ooh! You guys are so lucky you are here with people. You know, it's just such a romantic place. That's all, I just wish I could share that with a guy.
 ああ! あなた達は、一緒に来る人がいてラッキーね! こんなにロマンティックなところなんだもん。それを、私も分かち合える人がいたらよかったわ・・(ジョーイを見る)

Phoebe: Not Joey.
 ジョーイはだめよ。

Rachel: Not Joey, no, I was just lusting after Chandler.
 ジョーイじゃないわよ、ええ。私はチャンドラーを求めてただけよ。

Monica: Yeah, right!
 あらそう。

《チャンドラーとデビッド》

David: So, I'm proposing to Phoebe tonight.
 僕は、今夜フィービーにプロポーズするんです。(指輪を見せる)

Chandler: Tonight?! Isn't an engagement ring supposed to have a diamond?
 今夜?(指輪を見て)婚約指輪って、ダイヤモンドがついてるもんじゃない?

David: That's one-seventieth of a carat. And the clarity is uh... is quite poor.
 0.1カラットだ。クラリティは・・・かなり低い。

Chandler: Nice! . . . Monica, can I talk to you for a sec?
 いいね!(モニカのところへ行って)モニカ、ちょっと話せる?

Monica: Okay!
 わかった。

Chandler: David is gonna propose to Phoebe tonight!
 デビッドは、今夜フィービーにプロポーズする気だ!

Monica: See what happens when you give people advice? I hope you told him not to?
 ほら、あなたが人にアドバイスするとこういうことになるのよ。やめろって言ったんでしょうね?

Chandler: That would be advice!!
 それアドバイスじゃないか!

Monica: Okay, fine. I'll handle this. . . . Phoebe?
 わかったわ、私が何とかする・・(フィービーのところへ行く)フィービー?

Phoebe: Yeah?
 なに?

Monica: I need to talk to you.
 話があるの。

Phoebe: Are you leaving "The Supremes"?
 スプリームスを脱退するの?

(The Supremes = ダイアナロスのいたグループ)

Monica: Okay, my husband just gave your boyfriend some very bad advice. Look, David is gonna propose to you tonight.
 ねぇ、私の夫が、あなたのボーイフレンドに、ひどいアドバイスをしちゃったの。それでデビッドは今夜あなたにプロポーズする気よ。

Phoebe: Wow, really? That's fantastic!
 ワオ・・本当に? それ素敵じゃない!

Monica: What? Are you serious? You wanna marry him? Wha... What about Mike?
 え? それ本気? あなた彼と結婚したいの? マイクはどうなの?

Phoebe: Oh, Okay, you want me to marry Mike? All right, well, let's just gag him and handcuff him and force him down the aisle, okay? I can just see it: "Mike, do you take Phoebe..."
 ああ、いいわよ、私がマイクと結婚したらいいの? それじゃ、彼にさるぐつわをかませて、手錠をかけて、祭壇までひきずっていくのね? そしてこうなるのね、「マイク、汝はフィービーと・・」(手で自分の口をふさいで「イヤだ! イヤだ!」)

《ホテルのロスの部屋、チャーリーにスピーチを聞かせるロス》

Ross: “− imaging, we can in a very real way, bring the Mesozoic Era into the 21st century.”
 「−これにより、実際に、我々は中生代を21世紀へ運び込むことができるのです。」

Charlie: It's great. You're gonna be the hit of the conference.
 素晴らしいわ。あなたこの会議の目玉になるわね。

Ross: Oh, and you know what, it will be even better tomorrow, because I won't be constantly interrupted by Joey checking to see if they put chocolates on my pillow yet.
 ああ、それに、明日は今日よりよくなると思うよ。だって、枕にチョコレートがあるか、何度もジョーイが確かめにきて、中断させられることもないからね。

(ノックの音。ロスが開けると、ジョーイ、チャンドラー、レイチェルが来る)

Joey: Hey, guys!
 やぁ!

Ross: The chocolates aren't here yet.
 チョコレートはまだ来てないよ。

Joey: Damn it!
 クソッ!

Charlie: Ross just read me his speech. It's fantastic!
 ロスが今スピーチを聞かせてくれたの。素晴らしいのよ!

Chandler: Oh, is it on the computer? Because I'd love to give it a read.
 ああ、それはパソコンに入ってるの? 読ませてもらいたいな。

Ross: If you want to check your email, just ask.
 メールチェックしたいなら、そう言えよ。

Chandler: What? . . May I?
 何が? ・・・見ていい?

Rachel: What's with the rain, Geller? I mean, when I signed up for Dino Week, nobody said anything about it being monsoon season.
 この雨は何よ、ゲラー? ここに予約を入れた時、誰もこんな嵐の時期だなんて言わなかったわよ。

Charlie: Actually the wet season is June to December.
 実際、雨期は6月から12月よ。

Rachel: It's not the time, Charlie.
 そういうことじゃないの、チャーリー。

Chandler: Oh, no, no, no, dear God, no!
 (PCを見て)ああ、ダメダメダメ! やめて、ああ!

Joey: Oh, what, did someone outbid you for the teapot? . . Oh! Secret teapot?
 何だよ、誰かにティーポットを落札されちゃったのか?(睨まれ)秘密のティーポット?

Chandler: Your computer, I don't know what. . . Everything's gone!
 君のパソコンだけど。。何が起きたのか・・全部消えちゃったよ!

Ross: Wha... what do you mean?
 ど・・どういう意味?

Chandler: It must be a virus. I think it erased your hard drive.
 きっとウィルスだ。ハードディスクを消してしまったみたいだ。

Ross: What? Oh, my God. What did you do?
 何だって? なんてことだ。何をしたんだ?

Chandler: Someone I don't know sent me an e-mail and I opened it.
 知らない人からのメールがきていて、それを開けたんだ。

Ross: Why, why would you open it?
 なんで、なんでそんなの開けたんだ?

Chandler: Well, it didn't say "This is a virus"!!
 だって、「これはウィルス」って書いてなかったからだよ。

Ross: What did it say?
 何て書いてあったんだ?

Chandler: “Nude” … “Pictures of Anna Kournikova.” I'm so sorry.
 「ヌード・・」(睨まれ)「アンナ・クルニコワの写真」て書いてあった。ごめんよ。

(Anna Kournikova = 1981年生まれのテニスプレイヤー)

Ross: What... what am I gonna do? My speech is gone, Chandler!
 これ・・どうしたらいいんだ? スピーチが消えてしまったんだぞ、チャンドラー!

Chandler: It's not gone! I mean, I'm sure you printed out a copy. You have a hard copy, right?
 消えてないだろう! だって、印刷しただろう。プリントアウトがあるだろう?

Ross: No, I don't!!
 いや、ないよ!

Chandler: …… Well, you must be pretty mad at yourself right now.
 ・・・それじゃ・・今おまえ、自分にすごく腹が立ってるだろうな。

《時間経過:何をしてもダメと諦めた様子》

Chandler: I just feel awful.
 本当に申し訳ないよ・・。

Ross: Yeah, you should! Nude pictures of Anna Kournikova? I mean, she's never even won a major tournament!
 ああ、本当だよ! アンナ・クルニコワのヌード写真? 大きなトーナメントで優勝したことさえないのに!

Chandler: Well, I tried Billy Jean King, but... you know, you and Monica have the same "I'm gonna kill you" look. I can usually make it go away by kissing her.
 いや、ビリー・ジーン・キングが欲しかったんだけど・・(睨まれ)なぁ、君とモニカって、同じ「殺してやる」っていう目をしてるな。彼女には、キスして許してもらうんだけど。(睨み続けるロスにキスをしようとするフリ)

(Billy Jean King = 1943年生まれのテニスプレイヤー)

Ross: Get out! . . . I can't believe this. I can't believe this is happening. I have to give the keynote speech tomorrow! Okay? I have to stand up in front of all these people. What am I gonna say?
 出てけ!(チャンドラーは出て行く)信じられない。こんなことが起きるなんて信じられない。明日基調講演をしなきゃならないのに! だろ? みんなの前に立たなきゃならないんだ。そして何を言うんだ?

Joey: I could teach you a speech that I memorized for auditions.
 オーディション用に覚えたスピーチを教えようか。

Ross: I don't think that your monologue from Star Wars is gonna help me right now, Joe!
 スター・ウォーズの独白は今役に立たないと思うよ、ジョー!

Charlie: Ross, we can solve this. I just heard your speech. We can recreate it! We've got all night!
 ロス、なんとかできるわよ。あなたのスピーチを聞いたばかりだもの。もう一度作れるわ。一晩あるんだもの。

Ross: What, you really think we can do that?
 え、本当にそんなことができると思う?

Charlie: Oh, wait, Joey and I are supposed to have dinner.
 あ、待って・・ジョーイと私はディナーの予定があったわ。

Joey: Hey, don't worry about that! I mean, Ross needs you! You know, Rachel and I will stay and help any way we can.
 いや、そんなこと心配するなよ。ロスには君が必要だろ。レイチェルと俺も、ここにいて何かできれば手伝うよ。

Rachel: Ugh.
 あぅ。

Ross: All right, okay, let's do it. Uh, well, I know we start by discussing the shortcomings of carbon dating. Um, and then, then I move on to what is clearly the defining moment of the Mesozoic Era, the breakup of Pangaea, hello! And then, there's the... eh... there's the overview of the Triassic.
 よし、わかった・・やろう。最初はまず、炭素年代測定の欠点について論じたんだよね。それから、中生代を確定する時期についての話に移って行く。パンゲア大陸の分裂によってね。そうだよね。それから・・えーと・・三畳紀の概観について述べると・・

Joey: Oh, oh! Any chance any of this happened in a "Galaxy far, far away"?
 あ、そうだ、それって、「遥かな遥かな銀河の彼方」で起きたことじゃない?(睨まれ、レイチェルと出て行く)

《モニカ達のホテルの部屋:チャンドラーが来る》

Monica: Well, I hope you're happy! Phoebe is going to say "Yes" to David. See, that's what happens when you meddle in people's lives!
 あなたは満足かしら。 フィービーはデビッドにイエスって言うつもりよ。人の人生におせっかいすると、こういうことになるのよ。

Chandler: Phoebe is going to say "yes"? That's, that's great!
 フィービーが了承するっていうのか? それ、いいじゃないか。

Monica: No, it's not, because she's still in love with Mike!
 いいえ、よくないわ。だって彼女はまだマイクを愛してるんだもの。

Chandler: And there's not chance that will work?
 それがうまく行くことはなさそうなのか?

Monica: No, I called him. It's not gonna happen.
 いいえ、彼に電話してみたの。ダメだった。

Chandler: Ooh! Meddler! Meddler!
 ああ! おせっかい! おせっかい!

Monica: Well, if you hadn't meddled to start with, then I wouldn't have had to go in there and meddle myself. Now, no matter how much we meddle, we will never be able to un-meddle the thing that you meddled up - in the first place!
 あなたが最初におせっかいしてなければ、私もおせっかいせずに済んだのよ。こうなったら、どれだけおせっかいしたって、あなたが最初の時点でおせっかいしたことの、取り消しにはならないのよ。

Chandler: This vacation sucks!!
 ・・・このバケーション、最悪!

《ホテル内ラウンジ・レイチェルとジョーイ》

Joey: Hey, hey, hey! Don't mind if I do!
 (トレイを持ったウェイターを呼び止め)おいおい、それもらうよ!

Waiter: I'm sorry, sir, these are for the pharmaceutical convention.
 すみませんが、これは、薬剤師の方々の会合用です。

Joey: Hey, Rach, you feel like going to a convention?
 なぁ、レイチ、会合に行く気ない?

Rachel: We can't. We're not pharmacists!
 ダメよ。私達薬剤師じゃないもの。

Joey: I know we're not, but Frank Madaio and Eva Trorro... womba...
 (テーブルへ行って名札を取る)俺たちは違うけど、でもフランク・マデイオと、エヴァ・トロロ・・ウンバ・・

Rachel: Kate Miller?
 (別の名札を取り)ケイト・ミラーは?

Joey: Kate Miller, it is.
 ケイト・ミラー、それだな。(名札をレイチェルの胸に貼り付ける)

Rachel: And... that's the most sex I'm gonna have this weekend.
 これが、この週末唯一のセクシーな事件ね。

Joey: Well, in that case should I make sure it's on real good?
 そうか、それじゃあ、気持ちいいようにしっかりしないとな。(ぺたぺた貼る)

Rachel: Thank you.
 ありがと。

《ロスの部屋:チャーリーはベッドに座り、ロスは歩き回りながらスピーチを考える》

Charlie: And then, and then you said that thing about, about bringing the Mesozoic Era into the 21st century.
 それから、あなたが、中生代を21世紀に運び込むって話に持っていくのよ。

Ross: Yeah, that's it?
 ああ。それだけ?

Charlie: Yeah.
 ええ。

Ross: Oh, my God, we did it! . . This is amazing, thank you, thank you so much. . .That's a pretty necklace.
 ウソみたいだな、やったね! (チャーリーの隣に座る)これはすごいな。ありがとう、本当にありがとう。(近くで目が合い困る)それは・・素敵なネックスレスだね。

Charlie: Thank you.
 ありがとう。

Ross: Hey, what do you say we celebrate? Champagne?
 ねぇ、お祝いをしようよ。シャンパンはどう?

Charlie: Oh, yeah! Oh, this is such a cute picture of Emma. And is this your son?
 ええ、いいわね。・・ああ、このエマの写真、すごくかわいわね。こっちはあなたの息子さん?

Ross: Yeah. That's Ben, my son from my first marriage.
 ああ。それはベン、僕の最初の結婚の時の息子だよ。

Charlie: Your first marriage?
 あなたの最初の結婚?

Ross: Yeah.
 ああ。

Charlie: You're married more than once?
 あなた1回以上結婚してるの?

Ross: No.
 いいや。(乾杯)

《薬剤師の会合にいるレイチェルとジョーイ》

Joey: Well, who knew? Pharmacists are fun.
 知らなかったな? 薬剤師も楽しいな。

Rachel: I know, that old lady at the end was ready to take you home.
 そうよね。あの端の年取った女性、あなたを家に連れて帰るつもりよ。

Joey: Not enough pills in the world, Rach. What about you, you're the single one, seen anybody in there you like?
 世の中に薬が足りないんだな、レイチ。君はどうなんだ。君はシングルだろ。誰か気に入ったやつを見つけなかった?

Rachel: Well, let's see. There was a really big guy that I was talking to, with the really nice breasts.
 ええ、そうねぇ・・。すごく大きな男性と話していたんだけど、本当に素敵な胸なの。

Joey: But what about back home, anything going on there? Anybody you like?
 それじゃ、家の方ではどうなの。何もないの? 誰か好きな人は?

Rachel: …… No.
 ・・・いいえ。

Joey: There is. You like someone. Tell me who it is. Who is it?
 いるんだな。誰か好きなんだな。誰なんだ。誰?

Rachel: No.
 いやよ。

Joey: Tell me who it is.
 誰か言えよ。

Rachel: Joey!
 ジョーイ!(逃げるが追いかけられる)

Joey: Come on, who? Who do you like? Tell me. You're not getting away that easy. Who do you like, who?
 いいじゃないか、誰? 誰が好きなの? 言えよ。簡単には逃がさないぞ。誰を好きなの、誰?

Rachel: Joey, come on! It doesn't matter, you know? It's not like anything's gonna happen.
 ジョーイ、もういいの。いいのよ。何か起きるってわけじゃないんだから。

Joey: What? Why not? Rach, who can you not get?
 なに? どうして? レイチ、君が落とせない人なんているのか?

Rachel: Oh! … Okay. Okay, you really wanna know who it is?
 まぁ・・いいわ、わかった。本当に、誰か知りたいのね?

Joey: Yeah, who is that?
 ああ、誰なんだ?

Rachel: Do ya?
 本当に知りたい?

Joey: Yeah.
 ああ。

(ロスとチャーリーが部屋から出てきて出くわす)
Ross and Charlie: Hey!
 ハーイ!

Charlie: I just left you a message! Ross and I were gonna go grab a bite, but now that you're here, maybe we can go have that dinner.
 (ジョーイに)いまあなたにメッセージを残したところよ。ロスと私は食べにいこうとしてたんだけど、でも、あなたが来たなら、約束の食事をしましょうか。

Joey: Right, of course. Hey, did you guys finish the speech?
 そうだな、もちろん。あ、君たち、スピーチはできたの?

Ross: Yep, we got it, we got it. Thank you so much.
 ああ。できた、できたよ。(チャーリーに)本当にありがとう。

Charlie: I had a great time.
 楽しかったわ。

Ross: Yeah.
 ああ。

Joey: All right, hey, look, and this isn't over, because I really wanna know who...
 (レイチェルに)よし、いいか、まだ終わりじゃないからな。本当に誰か知りたいんだからな・・

Rachel: Later! Later.
 後で! 後で。

Charlie: So, shall we?
 それじゃ、行きましょうか?

Joey: Yeah.
 ああ。(2人立ち去る)

Rachel: Okay. See you, bye.
 それじゃ、またね、バーイ。

Charlie: Bye.
 バーイ。

Ross: Good night.
 おやすみ。

Joey: Night.
 おやすみ。

Ross and Rachel: Okay, good night!
 (取り残された2人、気まずく)それじゃ、おやすみ。

《レストラン:モニカとチャンドラー、フィービーとデビッドが近くのテーブル》

David: Uh, Phoebe, uh, I have something I wanna say. You're an amazing woman, and the time we spent apart was unbearable. Of course the sanitation strikes in Minsk didn't help!
 フィービー、えー・・話したいことがあるんだ。君は素晴らしい女性だ。離れていた時は本当につらかった。当然、ミンスクの衛生設備も助けにならず・・

Phoebe: Sure. Okay, yeah.
 そう、わかった、ええ。

David: But well, now that we're together again, I don't ever want to be apart. So, to that end...
 でも、また僕らは一緒になった。もう二度と離れたくない。だからそれを終らせるために・・

(デビッドが指輪を出すのと同時に、マイクが現れる)

Phoebe: Oh, my God, Mike!
 オーマイゴッド・・マイク!

David: It's David, actually.
 デビッドだよ。ほんと。

Phoebe: No, Mike's here.
 違うの。マイクが来てる。

David: Oh, hi, Mike!
 (振り返って)ああ、どうも、マイク!

Mike: Hi, David. Chandler. Monica...Oh!
 やぁ、デビッド。チャンドラー。モニカうわっ!

Monica: IT'S THE HUMIDITY!
 湿気のせいよ!

Mike: Hi, Phoebe.
 やぁ、フィービー。

Phoebe: What are you, what are you doing here?
 あなた、あなた・・ここで何をしてるの?

Mike: I have a question I need to ask you.
 君に聞きたいことがあるんだ。

David: I have a question I was kinda gonna ask her myself.
 僕も今聞こうとしてたことがあるんだ。

Mike: Yeah, I understand, but before you do, she really needs to hear this.
 ああ、わかるよ。でも、その前に、彼女はこれを知る必要があるんだ。

David: Okay, would you care for my seat as well?
 わかったよ。じゃあ僕の席に座りたい?

Mike: Actually, yeah, that'll be great.
 それは、ああ、それは助かるよ。

David: Well, that's fair, you've had a long trip.
 ああ、それもそうだよね、君、長旅だったしね。(席を譲ってさまよい、モニカ達のところへ行く)

Mike: Phoebe, I love you. I mean, I missed you so much these last few months and I thought we were apart for a good reason, but then I suddenly realized that there was no reason good enough to keep me from spending the rest of my life with you. Now, I don't actually have a ring...
 フィービー、愛してる。この数ヶ月、本当に君が恋しかったよ。僕らは理由があって別れたと思っていたよ。でも、君と今後の人生を一緒に過ごさない理由なんてないってことに、急に気づいたんだ。今は、指輪も持っていないけど・・

David: I have a ring.
 僕は指輪持ってるぞ。

Chandler: I wouldn't brag too much about that thing, big guy.
 あの指輪だったら、そんな自慢しない方がいいぞ、君。

David: Phoebe, will you marry me?
 フィービー、結婚してくれる?

Phoebe: ……No!
 (笑顔)・・・・いいえ。

David: Uhm... Ha ha!
 (覗き込んできて)ハハハ!

Phoebe: I love you. But I never needed a proposal from you. I just needed to know that we were headed somewhere, you know, that we had a future.
 愛してるわ。でも、あなたにプロポーズをしてほしいっていうんじゃないの。私は、私達の関係が、行き着く先があると知りたかったの。私達に将来があるって。

Mike: We can have any future you want.
 君の欲しいものは何でも持てるんだよ。(手を取り見つめ合う)

David: Okay, well, I’m gonna take off.
 それじゃ、僕はもう行くよ。

Phoebe: David, I'm so sorry, I'm sorry.
 デビッド、本当にごめんなさい。ごめんなさい。

David: Just so I know, if I had asked first...
 聞きたいんだけど、もし僕が先に聞いていたら・・

Phoebe: Yeah, I might have said yes, but that would have been wrong.
 ええ、イエスって言ってたかもしれない。でも、それは間違ってるわ。

David: Please, you don't have to explain. I mean, perhaps if I hadn't gone to Minsk things would have worked out for us. And I wouldn't have ruined my career, or lost that toe to frostbite. It was a good trip.
 いいんだ。説明しなくていいんだよ。ミンスクに行ったりなんかしなければ、僕らはうまくいっていたかもしれない。そして僕のキャリアも台無しにならなかっただろう。それに凍傷でつま先なくしたりもしなかった・・・いい旅だったよ。(立ち去る)

Mike: Is it okay if I hug you now?
 (フィービーに)ハグしていい?

Phoebe: Oh, yes!
 ええ!(ハグ・キス)

Monica: Because of our meddling! All right?
 私達のおせっかいのおかげよ! いい?





にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 03:20| Comment(0) | Season 9 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。