2013年12月12日

9-20 The One With The Soap Opera Party

9-20 ソープオペラ・パーティの話

 ☆ジョーイのシークレット・パーティ☆

《モニカ達の部屋:ジョーイが来る》

Joey: Hey, you guys, what are you doing tomorrow night?
 なぁ、みんな、明日の夜、予定ある?

Chandler: Well, let me see... I believe I'm... yes, falling asleep in front of the TV.
 (手帳を見て)そうだな・・俺は・・そうだ、テレビの前で眠りこけてるな。

Joey: Look, my agent hooked me up with six tickets to a great play.
 エージェントが、すごくいい演劇のチケットを6枚用意してくれたんだ。

Chandler: I could fall asleep at a play.
 芝居を見ながら眠りこけてもいいな。

Phoebe: What is it?
 なんていう芝居?

Joey: It's a one-woman play called "Why don't you like me: a bitter woman's journey through life".
 女性の一人芝居で、「どうして好きになってくれないの −つらい女の生涯の旅−

Monica: That sounds interesting!
 それはおもしろそうね!

Ross: Yeah, that does sound interesting, I mean, to listen to a woman complain for two hours, I don't think it gets bet...
 ああ、本当におもしろそうだな。女性が2時間文句を言うのを聞くなんて、そんなすごい・・(イビキのマネ)

Phoebe: I know, I know, we can drive, we can vote, we can work, what more do these broads want?
 そうよ、そうよね。ドライブできるし、投票もできるし、働くこともできるし、これ以上まだ何が欲しいっての?

Joey: Well, you guys are gonna have a great time, I promise!
 いや、君たちきっとすごく楽しめるよ、ホント!

Ross: What? How come that you don't have to go!
 何? どうして君はいかなくていいの?

Joey: I wish I could but I just found out that I have to be at work really early the next day, so I can't go, but, you know, take the extra ticket and invite whoever you want.
 行けたらと思うけど、翌日すごく早くから仕事なんだよ。だから行けないんだけど、余ったチケットは誰でも好きな人誘ってよ。

Chandler: Uh, let's see, who do I hate?
 (手帳を見ながら)ああ、そうだなぁ、誰か嫌いなヤツ・・。

(レイチェルがキッチンへ行こうとしてジョーイと通路の譲り合いになる)
Rachel: Oh, sorry... Oops, sorry.
 あ、ごめん・・(同じ方へよける)あらら、失礼・・

Joey: Okay, up we go.
 よし、こうしよう。(腕を掴んで抱き上げすれ違う)

Rachel: Ooh... gosh, okay!
 あら、まぁ。ああ。。

Joey: All right.
 よし。

Rachel: Oh, ah... Can I ask you a question?
 ああ、あー・・(モニカに)ちょっと聞いていい?

Monica: Yeah.
 ええ。

Rachel: Do you think it's possible for two friends to fool around and... and not have it be a big deal?
 2人の友達がいい関係になっちゃって、それで、おおごとにならずに済ませられるかな?

Monica: No, I don't think it ever works. Why?
 いいえ、そんなのうまくいかないわよ。どうして?

Rachel: No reason.
 別に。

Monica: No, no, Rachel?
 ダメよ、ダメ。レイチェル?

Rachel: Yeah.
 なに。

Monica: Who do you wanna fool around with?
 誰とそういうことしたいと思ってるの?

Rachel: Nobody, forget it! . . . . Maybe.
 誰でもないわよ。忘れて!(モニカがジョーイを指差す)かもね。

Monica: You can't!
 ダメよ!

Rachel: Why?
 どうして?

Monica: Because. . .
 だって・・(残りはジェスチャー)

Rachel: Seriously I did not understand a word that you said.
 マジで、あなたの言ったこと何一つわからなかった。

Monica: In the hall.
 じゃ廊下で。

Rachel: Okay.
 わかった。

《廊下に出た2人》

Monica: You wanna fool around with Joey?
 あなた、ジョーイと遊びたいっていうの?

Rachel: Yeah! You know, ever since I had that dream about him, and can't get it out of my head! And what's the big deal, people do it all the time!
 そうよ! 彼の夢を見て以来、忘れられないのよ! たいしたことじゃないでしょ、みんなやってることじゃないの。

Monica: Who? Who do you know that are friends that just fool around?
 誰が? 友達がそんなことするって、誰がそういうことしてるの?

Rachel: Okay, off the top of my head... Don and Janet.
 そうね、まず思い浮かぶのは・・ドンとジャネット。

Monica: Who, who are they?
 その人達、誰?

Rachel: I know them from work.
 会社の人よ。

Monica: Both of them?
 2人とも?

Rachel: No, one of them...
 違う。片方だけ。

Monica: Which one?
 どっちの人?

Rachel: I don't know, what were the names I just said?
 知らないわよ。さっきなんて名前言ったっけ?

Monica: Rachel, things can get incredibly complicated.
 レイチェル、とんでもなくややこしいことになるわよ。

Rachel: All right, all right, you're right, I won't do anything with Joey, I just thought that we . . . Okay, so that would be two cups of tarragon, one pound of baking soda and one red onion?
 わかった、わかったわよ、その通りよ。じゃあジョーイとは何もしないわよ。ただ私達・・(ジョーイが部屋から出てきて通過)それじゃ、タラゴン2カップと、ベーキングパウダー1ポンドと、赤タマネギ1個なのね?(ジョーイは自分の部屋へ)

Monica: What the hell are you cooking!
 いったい何を作る気?

《セントラルパーク:ロスが来る》

Ross: Hey!
 やぁ。

Monica&Chandler: Hey!
 ヘイ!

Ross: Hey, you guys won't believe what I have to do for work today.
 ね、僕が今日仕事関係でやらなきゃいけないこと、君ら、信じられないよ。

Chandler: Yes, but, Ross, you chose a career of talking about dinosaurs.
 ああ、でも、ロス、恐竜について話す仕事を自分で選んだんだぞ。

Ross: There're these two professors who are joining my department and I have to meet them here and show them around campus.
 (チャンドラーを避け、モニカに)うちの学部に2人の教授がくるんだけど、ここで会って、大学の案内をしなきゃならないんだよ。

Monica: What's so bad about that?
 それのどこがいけないの?

Ross: It’s.. I just know they're gonna be a couple of windbags wearing tweed jackets with suede elbow patches.
 だって・・どうせ2人とも、つまらない話ばかりする、スエードの肘あてをつけたツィードジャケットの人に決まってるよ。(ロス自身、肘あてつきツイードを着ている)

Monica: Ross?
 (肘を指差して)ロス?

Ross: What? These aren't suede.
 なに? これはスエードじゃないもん。

(女性(チャーリー)が店に入ってくる)
Charlie: Excuse me, I'm looking for someone. You don't, by any chance, know a Ross Geller?
 (ガンターに)すみません、人を捜してるんですが、ロス・ゲラーという人を知りませんか?

Gunther: No.
 ・・・いいえ。

Ross: Hi, hi, I'm Ross Geller.
 (それを見ていて)ハーイ、どうも、僕がロス・ゲラーです。

Charlie: Oh, hi. I'm professor Wheeler.
 あら、どうも、私はウィーラー教授です。

Ross: Oh, oh, that's, that's, that's nice.
 ああ、それは・・それは・・いいですね。

Charlie: It's a... It's good to meet you! Thank you so much for taking the time out to show me around.
 お会いできてよかったわ! お時間をとって案内していただけるなんて、ありがとうございます。

Ross: Oh, no, it's no big deal, I mean, if I weren't doing this I'd just, you know, be at the gym working out.
 ああ、いえ、たいしたことじゃないですよ。どうせ今頃は、ジムで鍛えてるだけですから。

Monica: Is he gonna introduce us?
 (チャンドラーに)彼、私達を紹介するかな?

Chandler: No, I think we're just blurry shapes to him now.
 いや。今の彼には、俺たちの姿もはっきり見えてないと思うよ。

Charlie: And, by the way, I really enjoyed your paper on the connection between geographic isolation and rapid mutagenesis.
 ところで、地理的隔離と突然変異の関係に関するあなたの論文、おもしろかったですわ。

Ross: Oh, ha, I wrote that in one night.
 ああ、あんなの一晩で書いたんですよ。

Monica: Twenty bucks says they're married within the month.
 (チャンドラーに)1ヶ月で結婚するに20ドル。

Ross: We should probably get going, you know, we got a lot of ground to cover.
 (何気なくモニカの頭にカバンをぶつけながら)もう行きましょうか、行くところはたくさんあるんですよ。

Charlie: Oh, ah, isn't there another professor that is supposed to come with us?
 ああ、でも、もう1人、教授が一緒に来るはずじゃなかったかしら?

Ross: I don't think so.
 そんなことないですよ。

Charlie: I'm pretty sure, professor Spafford from Cornell?
 いえ、間違いないわ。コーネル大学のスパフォード教授よ。

Ross: Oh, well, he's obviously late and the rule in my class is "if you can't come on time, then don't come at all". . An option that many of my students use. . Shall we?
 ああ、そうですね、でも、遅れてるようだし、僕のクラスのルールでは、「遅れたやつは来なくていい」ですからね。・・それを活用する生徒が多いんですが・・行きましょうか?

Charlie: You don't think we should wait for him?
 本当に彼を待たなくていいのかしら?

Ross: You know what, he's a big boy, I'm sure he'll find us, okay?
 彼だって、大人なんですから、見つけられますよ、ね?

Professor Spafford: Professor Geller?
 (入ってきて)ゲラー教授?

Ross: Oh, damn it!
 ああ、クソッ!

《ジョーイの部屋:レイチェルが留守電チェック》

Jan/answering machine: Hi, Joey, it's Jan Rogers, can't wait for your party tonight. Listen, I forgot your address, can you give me a call? Thanks, bye.
 ハーイ、ジョーイ。ジェン・ロジャースよ。今夜のあなたのパーティが待ち遠しいわ。ところであなたのアドレスを忘れてしまったの、電話くれる? じゃあ、バーイ。

(ジョーイが来る)
Joey: Hey!
 やぁ。

Rachel: Hey!
 ハーイ。

Joey: What's happening?
 どうかした?

Rachel: Yeah, it's a real shame you can't make it to that one-woman show tonight.
 ええ、あなたが、女性の一人芝居を見に来られないなんて、本当に残念だわ。

Joey: Oh, I'd love to, but I gotta get up so early the next day and so, you know me, work comes first..
 ああ、ぜひ行きたいんだけどね、翌日が早いって時はね、ほら、俺って、仕事が第一だから・・

Rachel: Oh, yeah, yeah, yeah...
 ああ、そうよね、そうよね、ええ・・(留守電をプレイ)

Message: "Hi Joey, it's Jan Rogers can't wait for your party tonight.”
 ハーイ、ジョーイ。ジェン・ロジャースよ。今夜のあなたのパーティが待ち遠しいわ。

Joey: Stupid Jan Rogers!!
 バカ、ジャン・ロジャース!

Rachel: You are having a party tonight??
 あなた、今夜パーティ開くの?

Joey: Kinda have a... a thing for the Days Of Our Life's people.
 ちょっと・・「愛の病院日誌」の人達を招いてね。

Rachel: And you weren't going to tell us? How did you think you were gonna get away with that?
 そして私達には言わないってことなの? どうしてそんなこと、黙ってできると思うわけ?

Joey: I do it every year.
 毎年やってるよ。

Rachel: You do that every year??
 毎年やってたの?

Joey: I didn't have to tell you that!! I'm stupider than Jan Rogers!!
 これは言わなくてもよかったのに! 俺、ジャン・ロジャースよりバカじゃん!

Rachel: Oh, that's why you got these tickets to that play, to get rid of us??
 ああ、だからあなた、私達を来させないために、その演劇のチケットをくれたの?

Joey: Yeah.
 ああ。

Rachel: And last year is that why you sent us to that Medieval Times restaurant?
 じゃあ去年は、私達を中世風レストランに行かせたのもそうだったのね?

Joey: Yeah.
 ああ。

Rachel: OH! And the year before that, when you set up that nighttime tour of that button factory?
 ああっ! じゃあ、その前の年、ボタン工場の夜のツアーに行かせたのもそれ?!

Joey: I can't believe you guys went for that one!
 あれにも行くなんてビックリしたよ。

Rachel: Joey, why wouldn't you invite us to your parties?
 ジョーイ、どうして私達をパーティに招待してくれないのよ?

Joey: You're fine, okay? But everyone else acts like an idiot around famous people!
 君はいいんだけどね、でも、ほかのみんなが、有名人に会うとバカみたいにはしゃぐだろ!

Rachel: Well, then so you just invite me...!
 それじゃ、私だけ招待してよ・・

Joey: Please, I was trying to be nice, you're the worst one!
 冗談だろ、ああ言ったけど、実際は君が一番ひどいじゃないか!

Rachel: Oh, Joey, come on! Please, please! Let me come, I will behave, I promise! I will behave! Please, please, please...
 ああ、ジョーイ、ねぇ、お願い、お願い! 行かせてよ、いい子にするから。約束する! いい子にするから、お願い、お願い、お願い・・・

Joey: Okay, okay! Fine! You can come, but don't tell anybody else. It's up on the roof at 8.
 わかった、わかったよ! 来ていいよ、だけど、他のみんなには言うなよ。8時に屋上だ。

Rachel: OH, a soap opera roof party!! I'm going to a soap opera roof party!! Oh, my God, oh, my God!! . . . And it's out of my system!
 (飛び跳ねて叫ぶ)きゃーっ! ソープオペラの屋上パーティ! 私ソープオペラの屋上パーティに行くのよ! ああ、どうしよう、どうしよう!! ・・・取り乱しちゃったわよね。

《レストランのロス、チャーリー、スパフォード教授》

Professor Spafford: And then my wife and I went on a cruise to the Galapagos. There was a sea food buffet you wouldn't believe. There were clams, and mussels, and oysters, and cracked crab, and snow crab, and king crab. It's a pity I'm allergic to shellfish.
 (スロートーク)それから、妻と私は、ガラパゴスのクルーズに行きましたのです。そこには、信じられないようなシーフード・ビュッフェがありましてね。アサリ、ムラサキガイ、カキ、それにワタリガニ、ズワイガニ、タラバガニなどありました。残念ながら、私は貝アレルギーなのです。

Ross: So, where did you get your undergraduate degree?
 (チャーリーに)それで、あなたはどこで学位を取られたんです?

Professor Spafford: And that's not all I'm allergic to.
 アレルギーなのは貝だけではありませんでね。

Ross: Oh, it's not over!
 ああ、まだ続きがあったのか!

Professor Spafford: I'm also allergic to peanuts, and cashews, and almonds, and filberts...
 私は他にも、ピーナッツ、カシューナッツ、アーモンド、それにハシバミの実・・

Ross: So basically all nuts?
 じゃあ基本的にナッツ類がダメ?

Professor Spafford: Interestingly, no.
 興味深いことに、違うのです。

Charlie: Kinda playing fast and loose with the word "interesting".
 「興味深い」の言い方がおもしろいみたいな。

(playing fast and loose = 態度がくるくる変わる)

Professor Spafford: If you'll excuse me, I'm going to use the restroom.
 失礼いたしますが、ちょっとバスルームへ行ってきます。(立ち去る)

Charlie: Oh, my God!!
 オーマイゴッド!

Ross: I've lost the will to live.
 生きる気力を失った。

Charlie: Let's ditch him!
 置いて行っちゃいましょ!

Ross: What?
 えっ?

Charlie: Come on, he's still in the bathroom! I'm begging you!
 お願い、彼がまだバスルームにいるうちに! お願いよ!

Ross: Okay, okay, fine. But... ehm... I just have one question for you, ehm. . . When we exit should we walk, or run, or prance, or stroll…?
 わかった、わかった、いいよ。でも・・ひとつ聞きたいんだけど(スパフォード教授のマネ)出てゆくとき、私達、歩きます? それとも、走る? それとも跳ねていく? それともブラブラ?

Charlie: Stop it, stop it! He talks slow, but he might pee fast! Okay, let's move!!
 やめてやめて! 話はゆっくりでも、トイレは早いかもしれないわよ! さぁ、行きましょう!

《モニカ達の部屋:ロスがチャーリーを連れてくる》

Ross: Oh, hey, you guys! This is Charlie! Charlie, this is Phoebe and my sister, Monica.
 やぁ、みんな! こちらチャーリーだよ。チャーリー、こちらフィービーと、僕の妹のモニカ。

Phoebe: Hi!
 ハーイ!

Ross: Yeah, Charlie is gonna be joining my department.
 チャーリーはうちの学部に来ることになったんだ。

Phoebe: Oh, you're a paleontologist, too? . . Oh, okay, now, what do you think of Renyard’s new theory of species variegation in segmented arthropods?
 あら、それじゃあなたも古生物学者なのね? それじゃ、レンヤードの節足動物における種の多様性に関する新しい説をどう思います?

Charlie: Well, I think he's a little out there, but he does have some interesting ideas...
 そうね、彼はちょっと的外れだけど、でも、おもしろい発想だと思うわ・・

Phoebe: Ah, ah.
 なるほど。

Charlie: Oh, I'm sorry. I'll take this. Excuse me.
 (携帯が鳴る)あ、ごめんなさい。これ出なくちゃ。失礼。(離れる)

Ross: Renyard’s theory of species variegation?
 (フィービーに)レンヤードの種の多様性に関する説?

Phoebe: Yeah, I saw the article on your coffee table and I memorized the title to freak you out!
 ええ、あなたのテーブルの上にあった書類を見て、あなたを驚かせようと思ってタイトルを覚えたの!

Monica: So, did you two have fun?
 (ロスに)それで、2人で楽しかった?

Ross: Oh, my God, she's great! I mean, we-we have so much in common and she's just cool, you know? And funny.
 ああ、もう、ほんと、彼女すごいよ! 僕ら共通点がいっぱいだし、彼女はとにかくデキる人だし、それに楽しいんだ。

Monica: And I don't know if you've noticed but she's a hottie!! . . HI!
 気がついてないのか知らないけど、彼女、イケてるわよ!(チャーリーが振り返って見る)ハーイ!

(バスローブ姿のレイチェルが来る)
Rachel: Hey. Hi, you guys! Listen, you know what? I'm not feeling really well. I don’t think I’m not gonna get to go to the play.
 ハーイ。ねぇ、みんな。私ね、なんか調子がよくないの。演劇を見に行けそうにないわ。

Ross: Really? Wh-what's wrong?
 本当に? どうしたの?

Rachel: I don't know! I think it's kind of serious! Um, you know, I was watching this thing on TV this morning about Newcastle disease, and I think I might have it!!
 わからないわ。でも何か本当に悪いみたい。今朝テレビで見たんだけど、ニューカッスル病っていうの、私、あれにかかったんじゃないかしら。

Charlie: Oh, Newcastle disease is a secretion borne virus that only affects chickens and... other poultry.
 あら、ニューカッスルは、分泌物を介して伝染するウィルスで、かかるチキンとかの家禽類だけよ。

Rachel: ... Okay, who is this?
 ちょっと、どなた?

Ross: I'm sorry, Rachel, this is Charlie Wheeler, she's a colleague.
 ごめん、レイチェル、こちらチャーリー・ウィーラー。僕の同僚だよ。

Rachel: Oh, hi! I would shake your hand but... I'm sure you don't want to get my chicken disease!
 あら、どうも! 握手をしたいところだけど、私のチキンの病気もらいたくないでしょう。

Monica: Hey, Rachel, Can-can I see you for a sec?
 ねぇ、レイチェル、ちょっといい?

Rachel: Sure! Oh...
 ええ。(みんなから離れる)はぁ・・

Monica: You're not sick!
 あなた病気じゃないじゃないの!

Rachel: What? Yes, I am!
 なによ? 病気よ!

Monica: Okay, then, why are you... all dressed up??
 あらそう、それじゃあどうして(バスローブの前を開く)おしゃれしてるのよ!

Rachel: When you're sick, you do whatever you can to make yourself feel better!
 病気になった時って、気分がよくなるためなら何だってするでしょう。

Monica: You just wanna stay home so you can make a move on Joey!
 あなた家に残って、ジョーイに迫りたいんでしょう!

Rachel: Oh, no, no! I heard you before, that is so not what this is!
 あら、違う違う! あなたに言われたから。これは全然違うことなの。

Monica: Okay, what is this?
 それじゃあ何なの?

Rachel: Okay! . . Joey is having a secret Days Of Our Lives party up on the roof and he sent you guys to the play to get rid of you!
 わかったわよ! ・・ジョーイは、屋上で「愛の病院日誌」のパーティを秘密でやるために、あなた達を演劇に行かせて追い払ったのよ!

Monica: WHAT?
 なんですって?!

Ross: Wh-what's going on?
 どうしたの?

Monica: Joey is having a secret Days Of Our Lives party up on the roof!
 ジョーイが、私達に内緒で、「愛の病院日誌」のパーティを屋上でやるんですって!

Rachel: And he didn't want you guys to know about it but I came over here to tell you!!
 彼はあなた達に隠したがってたんだけど、私は知らせにきたの!

Charlie: I thought you came to say you were sick.
 あなたは病気だって言いに来たと思ったんだけど。

Rachel: All right, professor or detective?
 なに、あなた教授、それとも探偵?

Phoebe: Joey's having a party and he wasn't gonna invite us?
 ジョーイがパーティを開くのに、私達を招待しないっていうの?

Rachel: Yeah, and he does it every year! That's why he's sending you to that play! That's why he sent us to that medieval restaurant and to that button factory!
 そうよ。毎年やってたのよ! だから私達を演劇に行かせようとしてるの! だから中世風レストランとか、ボタン工場に行かせたりしたのよ!

Phoebe: And that horrible museum tour!
 それにあのひどい博物館ツアーも!

Ross: No, I arranged that.
 違う、あれは僕の企画だよ。

(バスローブ姿のジョーイが来る)
Joey: Hey, you guys, I'm turning in. Have fun.
 やぁ、みんな。俺はもう休むから。楽しんできて。

Phoebe: We know about your party, Joey.
 あなたのパーティのこと知ってるのよ、ジョーイ。

Joey: What party?
 何のパーティ?

Monica: The game's over! Take off your robe!
 もうおしまいよ! ローブを脱ぎなさいよ!

Joey: Okay… I mean...
 いいよ。だけど・・(ローブを開くジョーイの後ろ姿)

Everyone: No!! Cover it up!!
 ヤダ! 隠して!

Joey: Nice to meet ya!
 (チャーリーに)初めまして!

《屋上のパーティ》

Joey: Hey! Hey, all right! Hey, glad you could make it. Thanks for coming.
 (招待客達に)やぁ、やぁ、どうも! 来られてよかった。・・来てくれてありがとう。

Monica: Oh, my God! Kyle Lowder!
 オーマイゴッド! カイル・ローダーよ!

Kyle Lowder: Hi.
 ハーイ。(通り過ぎて行く)

Monica: I love you!
 愛してる!

Joey: Hey, that's why I didn't invite you. You have to calm down, all right? Just go, go get yourself a drink or something.
 おい、だから招待しないっていってるんだ。落ち着いてくれよ、な? いいから、飲み物でもとってきて。

Monica: Oh, yeah, that's what you want - my inhibitions lowered.
 あら、そうしてほしいのね。お酒飲んで、抑制を外せっていうのね。

Phoebe: Hey!
 ハーイ!

Monica: Oh, my God, can you believe we are surrounded by all this? I can barely control myself.
 ああ! ねぇ、こんな人達に囲まれてるなんて、信じられる? 自分をコントロールできないわ。

Phoebe: Monica, you might want to remember that you are married. Where is Chandler anyway?
 モニカ、あなた結婚してるってこと忘れないでね。ところでチャンドラーは?

Monica: Oh, my God! Chandler!
 オーマイゴッド! チャンドラー!

《劇場:最前列で空席の並ぶ真ん中に1人で座っている》

Chandler: Where the hell is everybody?
 いったいみんなどこ行ったんだ?(帰ろうとしたが、1人芝居が始まり帰り損ねる)

Bitter lady: Why don't you like me?! Chapter One: My first period.
 なぜ好きになってくれないの? 第1章:初めての生理。

《屋上のパーティ:レイチェルが番号を書いたナプキンを男性から受け取る》

Monica: Hey! Joey said no autographs! But if she's getting one, then I want one too: “To Monica.” And none of this “best wishes” crap. I want “love.”
 ちょっと! ジョーイがサインしてもらっちゃダメって言ったじゃない! でも彼女がしてもらったんなら、私にもお願い。「モニカへ」って。それと、「幸運を」なんかじゃなくて、「ラブ」ってお願い。

Rachel: Okay, actually Mon, Matthew was just giving me his phone number.
 ねぇ、モン、マシューは、電話番号をくれたのよ。

Monica: Oh, man! If I had known I was coming to this party I never would have gotten married!
 ああ、もう! こんなパーティに来るってわかってたら、結婚しなかったのに!

Matthew Ashford: It was nice to meet you, Rachel.
 会えてよかったよ、レイチェル。

Rachel: Nice to meet you.
 こちらこそ!

Matthew Ashford: Call me.
 電話ちょうだい。

Rachel: Okay.
 わかった。

Monica: We will!! . . Look at you with all the guys!
 電話するわ! (レイチェルに)男性いっぱいね。

Rachel: Yeah!
 そうよね!

Monica: I guess you have forgotten all about Joey?
 ジョーイのことも忘れられたんじゃないの?

Rachel: Yeah, well, I guess I have forgotten about Joey. And clearly, you've forgotten about Chandler!
 ええ、そうね。ジョーイのこと忘れたみたい。それに、どう見ても、あなたもチャンドラーのこと忘れてるわよね。

Monica: Please... Chandler is the love of my life...... Oooh, leather pants! Have mercy!
 冗談でしょ、チャンドラーは私の愛のすべてよ・・(男性を見て)うわぁ、レザーパンツ! 勘弁して!(ついていく)

《会場のロスとチャーリー》

Ross: So, eh... it's probably gonna be hard for you to leave Boston, huh?
 そういえば・・ボストンを離れるのはつらかっただろうね?

Charlie: Actually, I'm kinda happy to be leaving... I just broke up with someone.
 実は、離れられてよかったの。別れたところだったから。

Ross: Ooh... so sad... Still, it can't be easy for you to leave Harvard? Especially after working alongside a Nobel Prize winner like Albert Wintermeyer?
 ああ、それは悲しいね。でも、ハーバードを離れるなんてつらいことだろ? 特に、ノーベル賞を受賞したアルバート・ウィンターメイヤーみたいな人と働いた後なんだから。

Charlie: Actually, Albie is the guy I broke up with.
 実は、アルビーが別れた相手なの。

Ross: You... you dated Albert Wintermeyer?
 君・・君、アルバート・ウィンターメイヤーとつきあっていたの?

Charlie: Yeah...
 ええ。

Ross: ... And you called him Albie!? I mean that's like... like calling Albert Einstein... er... Albie.
 そして君、彼をアルビーって呼ぶの? そんなのまるで・・まるでアルバート・アインシュタインを・・アルビーって呼ぶみたいな。。

Charlie: Yeah, well, he is a brilliant man.
 ええ、まぁ、彼は頭のいい人よ。

Ross: Eh, you think? I mean, you went out with a guy who improved the accuracy of radiocarbon dating by a factor of 10!
 もちろんだよね? 君って、放射性炭素年代測定の精度を10倍にした人とデートしてたんだよ!

Charlie: Yes! And while that is everything one looks for in a boyfriend, he had a lot of issues...
 そうよね。ボーイフレンドに求めるのはそういうことならいいけど、彼にはいろいろ問題もあって。

Ross: Oh! like what?! . . . I'm sorry, I don't mean to pry... it's just that this must be what regular people experience when they watch "Access Hollywood".
 え、例えばどんなこと?!(興味津々)・・ごめん。覗き見趣味じゃないけど・・普通の人達が、「ハリウッドニュース」を見るときって、こんな気分なんだろうね。

Charlie: Okay, you want the dirt? Albie was seriously insecure. I mean, he was really intimidated by the guy I dated before him.
 そう、噂話が聞きたいのね? アルビーは、自信がなくて大変だったの。彼、私が前につきあってた人に脅威を感じちゃって。

Ross: Who is intimidating to a guy who won the Nobel Prize?
 ノーベル賞を受賞した人が誰に脅威を感じるっていうの?

Charlie: A guy who won two.
 2回受賞した人よ。

Ross: Two? Wha...? Don't tell me you dated Benjamin Hobart?
 2回? な・・? まさか、ベンジャミン・ホバートとつきあったんじゃないよね?

Charlie: Yeah. For three years.
 ええ、3年間ね。

Ross: Oh, my God! Have you ever been in a relationship with someone who hasn't won the Nobel Prize?
 まさか! 君、ノーベル賞を受賞したことのない人をつきあったことある?

Charlie: ... No... bu but there was my first boyfriend Billy.
 ・・・いいえ。あ、でも、初めてのボーイフレンドのビリーは違うわね。

Ross: Oh, yeah? No, no Nobel Prizes for him?
 ああ、そう? ノーベル賞なし?

Charlie: No, but he did just win the McArthur genius grant.
 ええ、でも、彼はマッカーサー奨学金を受けたけどね。

Ross: Huh... huh... what a loser! Some more wine?
 ああ、そう・・なんて情けないやつ! ワインもっと飲む?(立ち上がり離れる)

Phoebe: Hey, Ross!
 ハーイ、ロス!

Rachel: How is it going with Charlie?
 チャーリーとはどう?

Ross: Oh, Great! After I finish my wine I'm going to blow my... average-sized brains out.
 ああ、すごいよ! このワインを飲み終わったら、この僕の普通サイズの脳みそぶっ飛ばすよ。

Phoebe: Oh, What's the matter?
 なに、どうかしたの?

Ross: She... she only dates geniuses and Nobel Prize winners. Oh, my God, at the Chinese restaurant earlier today, I put chopsticks in my mouth and pretended to be a woolly mammoth.
 彼女って・・天才とかノーベル賞を受賞したような人としかつきあったことがないんだよ。ああ、どうしよう! 中華レストランでさっき、箸を口にさしてマンモスごっこしちゃったよ。

Rachel: I always loved that!!
 あれ大好き!

Ross: Of course you would, your brains are smaller than mine!! .. Man, I can't compete with the guys she goes out with, they are so out of my league! Oh, my God!
 もちろん君ならね! 君の脳みそなんて僕より小さいじゃん! ああ、彼女がつきあう人達なんて、たちうちできないよ。彼女なんて手の届かない人だよ・・ああっ! 最悪だ!

Phoebe: Worse?
 もっとひどいことした?

Ross: Oh, much, much worse. I did my impression of Joan Rivers as one of the earliest amphibians... "Can we walk"? . . . Oh, you... you like that?
 ああ、もっともっとひどいことしちゃったよ。ジョーン・リバーズのマネで初期の両生類やっちゃったよ「うちら歩ける?」なんて・・(フィービーが笑う)あ、気に入った?

Phoebe: No.
 違う(笑いながらレイチェルを指差す)

Ross: What?
 なに?(レイチェルは口にストローをさしてマンモスのマネをしている)

Rachel: Come on! I think this is funny! Woolly mammoth. It’s good!
 いいじゃん! これおもしろいわよ! マンモスよ。いいでしょ!

《劇場のチャンドラー》

Bitter lady: Well, I bet you are all thinking "Now would be a really great time for an intermission", huh?
 こう思ってるんでしょ、「ああ、ようやく休憩できる」って思ってるんでしょ。

Chandler: Oh, yes, God, yes!!
 (独り言)ああ、そう、本当にそう!

Bitter lady: Well, you're not gonna get one! Because in life there are no intermissions, people. Chapter 7: Divorce is a 4 letter word. How could he leave me?!?!
 そんなのないわよ! 人生に休憩なんてないのよ、みなさん! 第7章:離婚は4文字の言葉。どうして私を捨てたの?!

Chandler: I... I don't know. You seem lovely.
 どうしてかな。君かわいいのにね。

《パーティ会場》

Joey: Hey, Ross, this is one of my co-stars, Dirk. . Dirk, this is my good friend, Ross.
 やぁ、ロス、これは共演者のダーク。ダーク、こちら友達のロスだよ。

Ross: Nice to meet you.
 初めまして。

Dirk: Hey! So what show are you on?
 やぁ! 君は何に出演してるの?

Ross: Oh, I'm no actor, I'm a professor of paleontology.
 いや、僕は俳優じゃないんだ。古生物学者だよ。(ダークはわからない様子)

Joey: That’s science.
 科学だよ。

Dirk: Oh! Hey, well, listen, I play a scientist on "Days". And my character has just won the Nobel prize.
 ああ、そうか。僕も「日誌」では科学者なんだ。俺のキャラクターは、ノーベル賞を受賞したんだよ。

Joey: Hey, Ross, listen, Dirk was wondering about the woman that you brought and if you guys were together, or...
 なぁ、ロス、ダークが、君が連れてきた女性とつきあってるのか聞きたいんだって。

Ross: Oh, well, no, but I mean, she only goes out with really, really smart guys.
 ああ、いや。だけど、彼女は、本当に本当に頭のいい男としかつきあわないんだよ。

Dirk: Hey, I got a 690 on my SATs.
 おお、僕はSATで690点取ったんだぞ。

(SAT = 大学入学適正試験、最高2,400点、最低600点)

Ross: I'd lead with that.
 それは勝てそう。

(一方ではモニカがブラウスを引き上げ、ブラにサインをもらっている)

Monica: That's it, just sign right on the bra.
 そうよ、ブラの上にサインして。

Joey: Monica!
 モニカ!

Monica: Don't worry, Joe, I won't come next year!
 心配しないで、ジョー。来年は来ないから!

(レイチェルの元へ行くジョーイ)

Joey: What have you got there?
 何を持ってるんだ?

Ross: Just some boys gave me their phone numbers.
 何人か、電話番号をもらったのよ。

Joey: Ah, let me see! . . Damn, that's a lot of guys! Are you a little slutty?
 ああ、見せて。ああ、なんだよ、本当にたくさんだな! 君ちょっと尻軽?

Rachel: I think I am.
 そのようね。

Joey: Let me see if I approve any of these clowns. This guy wears a rug. . . This guy's Canadian. . . And this guy is in a cult, okay? It’ll cost you $5,000 to get to level three, and I don't feel any different. . . Pass, pass, oh, pass, double-pass, pass...
 俺がこいつら、見極めてやるよ。こいつはセンスがひどい。こいつはカナダ人。そしてこいつはな、カルト教団に入ってる。レベル3に行くまでに5,000ドル払っても、何もかわりゃしないんだ。パス、パス、ああ、これもパス、パス・・(言いながら次々に番号を捨てる)

Rachel: Why, why, what's wrong with these guys?
 どうして、どうして? この人達は何がいけないの?

Joey: Nothing major. It's just that, you know, they're not really good enough for you, and you deserve the best.
 特に何ってことないけど。ただ、君とつきあうほどの連中じゃないよ。君には最高なやつがふさわしい。

Rachel: Joey, you're so sweet.
 ジョーイ、本当に優しいのね。

Joey: That's true. But you know what, it doesn't matter because I already know who you're gonna go home with tonight.
 本当のことだよ。だけど、関係ないんだよ、君が誰と帰るか、もうわかってるんだからね。

Rachel: Who?
 誰と?

Joey: Me.
 俺。

Rachel: What? Really?
 えっ? 本当?

Joey: Yeah, 'cause we live together. It's a joke! It’s a joke!
 ああ。だって俺たち一緒に暮らしてるじゃん。冗談だよ、冗談!

Rachel: Oh! That’s funny! I get it!
 ああっ! おもしろい、わかったわ!

Joey: Gotcha.
 ひっかかったな。

Rachel: Oh, You’re funny, Joey. . . Oh, my God.
 ああ、あなたおもしろいわ・・ジョーイ・・・オーマイゴッド・・・。

(チャンドラーが来てモニカに話しかける)

Chandler: So, how did you enjoy the play?
 演劇は楽しんだ?

Monica: Oh, my God, honey, I'm so so so so so sorry.
 ああ、もう、あなた、本当に本当に本当に本当にごめんなさい。

Chandler: Well, you should be. You missed the most powerful three hours in the history of the theater.
 残念だよ。君は劇場史上最高にパワフルな3時間を見逃したんだ。

Monica: You really liked it?
 本当に気に入ったの?

Chandler: Oh, yeah! I mean at first I hated it, but why wouldn't I, because as a man I've been trained not to listen! . . But after chapter 16: “Fat, single and ready to mingle", I was uplifted.
 ああ! 最初はつまらなかったけど、それもそうさ、俺は、話を聞かない男ってやつだからな。でも、第16章の「太って独身、男探し」まで見たら、精神が高揚したよ!

Monica: Oh, really!
 まぁ、本当に!

Chandler: Oh, yeah, I had no idea the amazing journey you go through as a woman! Tell me, tell me about your first period!
 ああ、ホント。君たち女性が通り過ぎてきたすばらしい人生について全く知らなかったよ! 教えて、君の初めての生理について話して!

Monica: No!
 イヤよ!

Chandler: Did somebody sign your bra?
 ブラにサインしてもらったのか?

Monica: So I got it when I was 13... Very difficult.
 初めての生理は13歳の時でね、すごく大変でね。

《ロスに話しかけるフィービー》

Phoebe: Hey, Ross! So listen, about you and the dinosaur girl, are you really just gonna let a couple of Nobel prizes scare you off? What is that, come on, a piece of paper?
 ねぇ、ロス! ねぇ、あの恐竜女子のことだけど、本当に、ノーベル賞の人達に負けて引き下がる気? それくらい何? 紙切れじゃないの。

Ross: It's actually a million dollar prize.
 でも100万ドルもらえるんだよ。

Phoebe: Go, Charlie! But my point is, okay, so she dated them but she also broke up with them. Maybe she's looking to, you know, slum it with some average Joe Ph.D.
 行け行けチャーリー! 私の言いたいのはね、そりゃ彼女はその人達とつきあったかもしれないけど、別れたわけでしょ。彼女は、普通の博士クラスをあたってみたいのかもよ。

Ross: Yeah, maybe. And I do have my whole career in front of me. I mean, I can still win a Nobel prize. Although the last two papers I've written were widely discredited.
 ああ、そうかもね。そして僕にはまだ未来がある。僕だって、ノーベル賞を受賞できるかもしれないよ。最近書いた論文は、ひどい評価を受けたけどね。

Phoebe: You're so much more than just brains! You're sweet, and kind, and funny...
 あなたは脳みそだけの人じゃないでしょ! あなたは優しくて、思いやりがあって、楽しくて・・

Ross: And sexy.
 そしてセクシー。

Phoebe: Okay, well, give her a chance to see all of that!
 そうよ、彼女にそういうあなたを全部見せてあげなさいよ。

Ross: Yeah, you're right, thanks, Pheebs, I'm gonna go find her.
 ああ、そうだよね、ありがとう、フィーブス。彼女を探してくるよ。

Phoebe: Good for you! Hey, and I thought your paper on punctuated equilibrium in the Devonian era was top notch!
 いいわね! ねぇ、あなたのデボン紀の断続平衡説に関する論文は最高だったと思うわよ!

Ross: Stop going through my stuff!
 僕のものを覗くな!

《レイチェルとモニカ》

Rachel: Hey!
 ねぇ!

Monica: Hey!
 ハーイ。

Rachel: I just wanted to let you know I've changed my mind. I'm gonna do it, I'm gonna kiss Joey.
 気が変わったって言いにきたの。私行くわ。私、ジョーイにキスする。

Monica: No, you can't! Friends hooking up is a bad idea.
 いえ、ダメよ! 友達がつきあっちゃうのはダメなのよ。

Rachel: Please, what about you and Chandler?
 何よ、あなたとチャンドラーはどうなのよ?

Monica: That's different! I was drunk and stupid!
 あれは違うわよ! 私は酔っ払ってバカやったの!

Rachel: Well, hello?
 あら、もしもし?(酔っ払ってる主張)

Monica: What about all the guys that you've got the phone numbers from? Why don't you just kiss one of them?
 電話番号を貰ったたくさんの人達はどうなのよ? そのうちの誰かにキスすればいいじゃないの?

Rachel: I could, I could but I don't want to! I want to kiss Joey!
 それもあるけど、でも、そうしたくないの! ジョーイにキスしたいのよ!

Monica: All right. I think it's a big mistake but it's your decision.
 いいわよ。それは大間違いだと思うけど、でもあなたの選択よ。

Rachel: . . I'm gonna do it.
 私はやるわ。

Monica: And I can't stop you?
 私には止められないのね?

Rachel: No.
 ええ。

(ジョーイを探して、チャーリーとキスをしているのを目撃し呆然)

Ross: Hey, Rach, have you seen Charlie anywhere?
 ねぇ、レイチ、どこかでチャーリー見なかった?

(呆然として返事をしないレイチェルの視線の先を見て、ジョーイとチャーリーのキスに気づく)

Ross: I'm smarter than him!
 僕は彼よりは賢いぞ!

《劇場:モニカ、フィービーとチャンドラーが最前列にいる》

Phoebe: Hey, thank you so much for these tickets, Chandler.
 ねぇ、チケット、本当にありがとう、チャンドラー。

Chandler: Oh, well, this was a really important experience for me, and I wanted to share it with you.
 いや、これは俺にとって本当にいい経験だったからね。君たちにも知ってもらいたくてさ。

Monica: Oh, you're so wonderful.
 ああ、あなたって本当に素敵な人ね。

Bitter woman: Why don't you like me! Chapter one: my first period.
 なぜ好きになってくれないの? 第1章:初めての生理。

Chandler: Can't believe you guys bought that. Enjoy your slow death.
 本当に来るなんてね。ゆっくり死んで行くのを楽しんで!(逃げて行く)






にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 21:26| Comment(0) | Season 9 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。