2013年12月11日

9-19 The one with Rachel's dream

9-19 レイチェルの夢の話

 ☆シュガー・ハイ・ジャーニー☆

《ジョーイ達の部屋:ジョーイがパイナップル相手にセリフを読む》

Joey: God, you're beautiful...why are we fighting this? You know you want it to happen as much as I do. I want you.I need you. Let me make love to you.
 ああ、君は美しい・・どうしてあらがうんだ? 君だって、僕と同じくらい求めているはずだ。(レイチェルが寝室から出てきて見始める)君がほしい。君が必要なんだ。君と愛を交わしたい。

Rachel: I don't wanna stand in the way of true love or anything, but I think a cantaloupe might hurt less.
 真実の愛の邪魔とかしたくないけど、メロンの方が痛くないと思うわよ。

Joey: No, I’m…I’m rehearsing my lines.They gave me a big romantic story on Days Of Our Lives. It's the first time my character's got one. I'm so nervous, you know, I really want it to be good!
 いや、セリフのけいこをしてるんだよ。「愛の病院日誌」で、俺のキャラクターとしては初めて、すごくロマンティックなシーンがあるんだ。もう緊張しちゃってさ・・うまくやりたいんだよ。

Rachel: Woow!I haven't seen you this worked up since you did that dog food commercial and you thought you were gonna be with a real talking dog!
 ワオ! あなたがそんなに緊張するなんて、ドッグフードのコマーシャルで本当に話せる犬と共演すると思ってたとき以来ね。

Joey: Yeah, that was a disappointment. . . Ooh, hey! You want to come down to the set and tell me if I'm doing ok?
 ああ、あれはガッカリだったよ・・ああ、ねぇ、君、見に来て、俺がどうか見てくれないか?

Rachel: Are you serious?
 それ本気でいってる?

Joey: Yeah! Hey, you just have to promise not to get yourself thrown out again.
 ああ! なぁ、でもまた地を出さないって約束してくれよ。

Rachel: Hey, that was an honest mistake!
 あら、あんなのは悪気のない失敗じゃないの。

Joey: Right! "Oh my God, is this the men's room? Oh, I feel so foolish, have you always known you wanted to be an actor?"
 そうだな。(レイチェルのマネ)「あらまぁ、ここって男子用トイレだった? ああ、私ったら本当にバカみたいね、あなたはずっと俳優になりたかったの?」(言いながら目線を下方へ)

Rachel: Yeah, that was an awesome day!
 ああ、あれは素敵な日だったわ!

《セントラルパーク》

Monica: Hey!
 ハーイ!

Phoebe: Hey!
 ハーイ!

Ross: Hi!
 やぁ。

Monica: So, do you guys wanna come and eat dinner at the restaurant sometime in the next few weeks?
 ねぇ、みんな、近いうちにうちのレストランでお食事したい?

Phoebe: Sure!
 ええ!

Ross: I'd love to!
 行きたいね!

Monica: Well, you can't! We're booked solid for the next month!
 ダメなのよ! 来月まで予約でいっぱいなの!

Phoebe: Well, I can't give you a massage, because my license has been revoked again!
 ああ、私もマッサージしてあげられないのよ。私のライセンスがまた無効になっちゃったの!

Ross: Phoebe, what happened?
 フィービー、どうしたの?

Phoebe: Well, it was an accident...You know, it's a lot of oil and sometimes the hand just slips!
 あれは事故だったのよ。たくさんオイルを塗ってたら、たまには手がすべるわよ!

(チャンドラーが来る)
Chandler: Have I got a surprise for you? Pack your bags!
 (モニカに)君にサプライズだよ! 荷物をまとめろ!

Phoebe: Oh, no! You guys aren't supposed to get divorced for 7 years!
 あら、ウソ! あなたたち、あと7年は離婚しないはずだったのに!

Chandler: What? No, I'm taking Monica to a romantic inn in Vermont!
 は? 違うよ、モニカをバーモントのロマンティックなホテルに連れて行きたいんだよ。

Phoebe: Oh, good! Okay, good for you! Trying to recapture the magic.
 あ、よかった! いいじゃない、また2人の愛を取り戻したいのね。

Chandler: So, what do you say? Can you get out of work?
 (モニカに)それで、どう? 仕事休める?

Monica: Oh, honey! I can't. I was just telling these guys that things are crazy at the restaurant!
 ああ、ダメなのよ! 今もみんなに、レストランがすごく忙しいって話してたとこなの。

Chandler: Are you really that busy?
 本当にそんなに忙しいのか?

Monica: Yeah, I'm sorry. I really am.
 ええ、ごめんなさい。本当にダメなの。

Chandler: Oh, that's okay. I’ll just try and reschedule. . . "Hi, this is Chandler Bing. I made a reservation there and I need to change it. . . Oh, what do you mean, it's not refundable? Can I just come some other time? . . . Oh, can't you make an exception?"
 ああ、いいよ。予約日を変更してみるよ。(電話をかける)もしもし、チャンドラー・ビングといいます。そちらで予約をとったんだけど、日程を変更したいんですよ。・・・え、返金はないってどういうこと? 別の日にとることはできない? ・・ああ、ちょっと特別にやってくれない?

Monica: Tell them I'm a chef in a big New York restaurant!
 私はニューヨークの有名なレストランのシェフだって言って!

Phoebe: And tell them that in 2 weeks I will once again be a masseuse in good standing!
 それに私も2週間でちゃんとマッサージ師に戻れるんだって言って!

Chandler: "Look, this is ridiculous! I'm not paying for that room! Okay? . . . Oh, thank you very much!" . . Yeah, I'm going to Vermont.
 (電話で)そんなバカげてるよ! そんな金は払わないぞ。・・・ああ、ありがとう!(電話を切る)ああ、バーモント行かなきゃ。

Ross: Oh, don't worry about it! Just use your travel insurance.
 ああ、大丈夫だよ。旅行保険を使えばいいんだよ。

Chandler: I don't have travel insurance.
 旅行保険なんて入ってないよ。

Ross: Well, this is what happens when people live on the edge!
 ギリギリで生活してるとそういうことになるよね。

Monica: Why don't you take Ross?
 ロスと行けば?

Ross: Uh, don't you think that would be a little weird? I mean, two guys in a romantic inn...
 そんなの変だと思わないか? 2人の男がロマンティックなホテルなんて・・。

Monica: No, not if their room has two beds!
 ベッドが2つあればいいじゃない。

Ross: I guess...It still seems a little... “Moonlight boat ride”?!
 そうかもしれないけど・・でもちょっと・・(チャンドラーの持ってきたパンフレットを見る)・・「月あかりの中でボート」だって?!

《愛の病院日誌の撮影スタジオ》

Rachel: Hey, Joey, is this the bed where Olivia lost her virginity?
 ねぇ、ジョーイ、これって、オリビアがバージンを失ったベッド?

Joey: I don't know, but one of the extras sure did! .. Hey, listen, Rach. Thanks again for coming down to watch my scenes!
 さぁ。でも、エキストラの1人が失ったのは知ってる。なぁ、レイチ、俺のシーンを見にきてくれてありがとう。

Rachel: Oh, please! Honey, just the fact that you want me here to support you, I'm...Oh, my God!Is that Christian Saunders? He's so gorgeous!
 あら、いいのよ! ねぇ、あなたがここで私に応援してほしいって思ってくれるだけで、私・・きゃあ! あの人、クリスティン・サンダース? 彼本当に素敵ねぇ!

Joey: And also, so gay!
 そして、完全にゲイ!

Rachel: Well, in my head, he's done some pretty "not-gay-stuff"!
 私の頭の中では、全然ゲイじゃないわ!

Joey: Well, at the Christmas party, him and Santa did some definitely gay stuff!
 クリスマス・パーティじゃ、彼とサンタは完全にゲイだったね。

Director: Joey, Joey! We're ready for you!
 ジョーイ、ジョーイ! 準備いいぞ!

Joey: All right, wish me luck!
 (レイチェルに)よし、それじゃ幸運を祈ってくれよ。

Rachel: Okay, not that you need it but good...GOD! Is that Chase Lassiter?He's straight, right?
 わかった。でもそんなのなくてもあなたは十分・・まぁ! あれはチェイス・ラシター? 彼はストレートよね?

Joey: Rach, I gotta say...if you weren't here wondering if these guys were gay I don't know if I could do this!
 レイチ、君がここのみんながゲイかどうかばかり気にしてるんじゃ、俺できないよ!

Rachel: Oh, I'm sorry, you're right. I'm sorry, good luck!
 ああ、ごめんなさい、そうよね。ごめんなさい、頑張って!

Director: On a bell, please! Quietly. . And action!
 ベルが鳴ったら頼むよ! 静かに・・・よし、アクション!

(撮影開始:ウェディングドレスの女性とジョーイ)

Actress/Olivia: Drake! What are you doing in here?
 ドレイク! あなた、何をここでしてるの?

Joey/Drake: Stopping you from marrying the wrong man and making the biggest mistake of your life.
 間違った結婚をして、人生を台無しにしようとしている君を止めにきたんだよ。

Actress/Olivia: Get out!
 出てって!

Joey/Drake: You don't love him!
 君は彼を愛してない!

Actress/Olivia: What do you know about love?
 あなたが愛の何を知ってるのよ?

Joey/Drake: I know what I felt that night when we kissed under the bridge.
 あの橋の下でキスをした時に感じたものが何だったか、僕にはわかっているよ。

Actress/Olivia: That kiss never happened.
 あのキスのことは忘れて。

Joey/Drake: Oh, what about this one.
 それじゃ、これはどう・・(キスしようとして頬をぶたれる)

Rachel: OH!
 (撮影されているドラマをモニターで見ていて)ああっ!

Actress/Olivia: No, I told you...get out!
 言ったでしょ、出てって!

Joey/Drake: Fine. I'll go. But let me ask you one question...
 わかった。行くよ。でも、一つ聞かせてくれ。

Chase Lassiter: You look familiar, have we…?
 (レイチェルに声をかける)君、見覚えがあるな、僕ら前に・・

Rachel: Shh!! He's asking her a question!!
 (モニターに夢中)シーッ! 彼が質問してるでしょ!

Joey/Drake: Can you really live the rest of your life never knowing what we could have been?
 僕らの間の将来を知らないまま、この先を生きていこうっていうのか?

Actress/Olivia: I don't have a choice.
 こうするしかないのよ。

Joey/Drake: Yes, you do. Yes, you do. I'm the one who doesn't have a choice because I...because I can't stop loving you.
 いや、方法はある。あるよ。他に道がないのは僕の方だ。僕には君を愛する以外にないんだ。

Actress/Olivia: Don't say that.
 そんなこと言わないで。

Joey/Drake: Tell me to stop, just...tell me to stop.
 やめろって言って。やめろって・・言って。(キスをしようとする)

Director: CUT!
 (キスの直前)カット!

Rachel: NO! . . Or, cut! You know, that's your call!
 ダメよ! ・・・(我に返り、監督に)それか、カットよね。そうよね。

《モニカのレストラン》

1st Customer: Everything was delicious!
 何もかもおいしかったよ!

Monica: Thank you!
 ありがとうございます!

2nd Customer: It was. The duck in particular was superb.
 本当に。アヒルが特に素晴らしかったよ。

Monica: Thank you! . . . You haven't said anything.
 ありがとうございます!(3人目の人に)あなたは何もおっしゃらないのね。

3rd Customer: Actually I do have one small complaint.
 実は僕はちょっと苦情があるよ。

Monica: Oh! Well, please!I-I welcome criticism.
 あらっ! それじゃ、どうぞ・・批判も歓迎です。

3rd Customer: The musician right outside the restaurant is kind of a mood-killer!
 レストランの外のミュージシャンのおかげで、雰囲気が壊れるよ!

Monica: What musician?
 ミュージシャンですって?

《レストランの前》

Phoebe: And there's a country called Argentina, it's a place I've never seen. But I'm told for fifty pesos you can buy a human spleen. Human spleen. Olè!
 (歌う)アルゼンチンっていう国があるのよ、見たことがないけど。だけど、50ペソでヒトの脾臓を買えるんだって。脾臓を。オーレ!

Monica: What are you doing here!
 何をしてるのよ!

Phoebe: Well, you said that you had customers lined up in the street, so I am here to entertain!
 あなたが、お客さんが店の前に並んでいるって言ってたから、楽しませてあげようと思ってきたの!

Monica: Great!
 いいわね!

Phoebe: Yeah! It really has been great too, you know, some of this people must have seen me play before because they were requesting a bunch of my songs! Yeah, "You suck" and “Shut up and Go home".
 ええ! すごくうまくいってるの。中には私の歌を聴いたことがある人もいて、私の歌をリクエストしてくれたのよ! 「おまえヘタクソ」とか「黙って帰れ」とか。

Monica: Listen, Phoebe...
 ねぇ、フィービー・・

Phoebe: Yeah.
 ええ。

Monica: You know how much I love listening to your music, you know, but...
 あなたの歌を聴くのは大好きよ、だけど・・

Phoebe: But what?
 だけど何?

Monica: This is kind of a classy place.
 ここは上品なところなの。

Phoebe: Okay, say no more.
 わかったわ、それ以上言わないで。

《レストランの前:時間経過。品のあるドレスに着替えて歌うフィービー》

Phoebe: It wasn't just that she was fat, the woman smelled like garbage! Everyone! It wasn't just that she was fat, the woman smelled like garbage! . . . Classy, uh?
 ただ太っているだけじゃなく、その女はゴミみたいな匂いがするんだよ! みんな! ただ太っているだけじゃなく、その女はゴミみたいな匂いがするんだよ! (歌終わり、モニカに)上品でしょ?

《バーモントのホテル》

Chandler: Hi, Chandler Bing, I have a reservation.
 どうも、チャンドラー・ビングだ。予約してある。

Receptionist: Welcome to the Chestnut Inn, Mr. Bing, so where are you joining from?
 チェスナット・インへようこそ、ビング様。どちらからお越しですか?

Chandler: New York.
 ニューヨーク。

Ross: The big apple!
 (はしゃいでいる)ビッグアップルだよ!

Chandler: I'm sorry, he's a little bit wound up, we had to stop at every maple candy stand on the way here.
 悪いね、彼はちょっと疲れていてね、ここに来る途中、メープルキャンディショップ全部寄って買い占めたんだよ。

Ross: Yeah, I ate all my gifts for everybody.
 ああ、みんなへのおみやげ全部食べちゃった。

Receptionist: I am sorry, Mr. Bing, there's no record of your reservation in the computer.
 申し訳ありませんが、ビング様、コンピュータにはお客様の予約がございません。

Chandler: Well, that's impossible, can you check again, please?
 そんなはずはないよ。もう一度確認してくれる?

Ross: Check again, please!
 (はしゃぎ声)もっかい調べてっ!

Receptionist: I'm sorry, it's not here.
 申し訳ありません、記録がございません。

Ross: It’s not there.
 ないんらって。

Chandler: Let me get this straight. I called yesterday trying to cancel my reservation and I was told it was not refundable. Then we drove six hours all the way up here and now you tell me that we don't have a reservation?
 はっきりしよう。昨日、予約をキャンセルしようと思って電話をしたら、返金できないって言われたから、6時間運転してここまできたのに、予約がないっていうのか?

Receptionist: I don't know what to say.
 なんと申し上げてよいか・・。

Ross: She doesn't know what to say!
 なんて言っていいか、わかんないんだって!

Chandler: Just give us the cheapest room you have.
 もうとにかく、一番安い部屋を頼むよ。

Receptionist: Unfortunately the only thing we have available is our deluxe suite, the rate is six hundred dollars.
 残念ながら、デラックス・スイートしかあいておりません。600ドルでございます。

Chandler: That's insane!
 そんなバカな!

Ross: Totally insane. Dude, let's drive home. We'll hit all the maple candy stores on the way back and if...if they're closed maybe we'll tap a tree and make some ourselves.
 本当、おかしいよね。ねぇ、もう帰ろうよ。そしてまた途中でメープルキャンディショップ全部寄ろう。もしもうお店が閉まってたら、木を叩いて、自分たちで作ろうよ。

Chandler: Does that room have a closet I can lock him in? . . We'll take it.
 その部屋、こいつを閉じ込めるクローゼットある? その部屋にするよ。

Receptionist: Great.
 ありがとうございます。

Chandler: What!? They are totally ripping us off!
 (ロスに)なんだよ。ぼったくりだよな!

Ross: Dude, don't worry about it! I know how we can make your money back! This is a nice hotel, you know, plenty of amenities, we just load up on those! Like those apples. Instead of taking one, I'm... I take six!
 心配するなよ! もとを取る方法があるからさ! ここはいいホテルだからさ、いろいろ備品があるだろ、それを持って帰ればいいんだよ! このリンゴとかさ。一つとかじゃなくて、6個もらってくんだ!

Chandler: Great, at a hundred dollars an apple, we're there!
 いいね、一個100ドルのリンゴか、やったね!

Ross: Come on, you get the idea. You know, we'll make our money back in no time!
 な、わかっただろ。すぐに元取れるさ!

Chandler: Dude, you're shaking!
 おい、おまえ震えてるぞ!

Ross: I think it's the sugar, could you hold the apple?
 砂糖のせいだと思うよ。リンゴ持ってくれる?

《ジョーイの部屋》

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Joey: Hey!
 やぁ!

Rachel: Joey, I gotta tell ya, I've been thinking all day about that scene you did, I mean, you were amazing!
 ジョーイ、ねぇ、ほんと、あのシーンのことずっと考えてたんだけど、あなた素晴らしかったわよ!

Joey: Oh, you know, the writing was good, and the director is good, and... and my co-star's good. . But they're not as good as me!
 ああ、あれは脚本がよかったんだよ。監督も、それに共演者もよかったしな。・・でも、俺ほどじゃないけどね!!

Rachel: God, you have to tell me what happens tomorrow!
 ああ、明日どうなるのか絶対教えて!

Joey: Ow, I'm just going over the script now! You wanna read lines with me?
 ああ、ちょうど今脚本を読んでるんだよ。俺と練習する?

Rachel: Me? Oh, I am not an actress.
 私が? 私女優じゃないもの。

Joey: Oh, all right, I can ask Monica.
 いいよ、それじゃモニカに頼むよ。

Rachel: Oh, screw her, that part is mine!
 なによ、彼女なんて。私がやるわよ!

Joey: Right... Okay, so just from the top of the page, right here.
 そうか、よし、じゃこのページの最初、ここからね。

Rachel: Okay. . . “Hello, Drake, I'm surprised to see you here.”
 わかたわ。・・「まぁ、ドレーク、ここであなたに会うなんて」

Joey/Drake: “I can't believe you married him.”
 「やつと結婚するなんて信じられないよ。」

Rachel/actress: “But what choice did I have? He was keeping my sister in a dungeon!”
 「だけど、ほかにどうしたらいいっていうの? 彼は私の妹を人質にとって地下牢に閉じ込めてるのよ!」

Joey/Drake: “So what about us? Everything we feel for each other.”
 「それじゃ僕らはどうなるんだ? 僕らが互いに感じているこの思いは」

Rachel/actress: “It's over! You have to accept that.”
 「もうおしまいよ! それを受け入れて。」

Joey/Drake: “How can I? Knowing I'll never hold you in my arms again, or touch your skin, or feel your lips, knowing I'll never make love to you? How can I accept that... I can never kiss you again when it's all I can do not to kiss you right now.”
 「どうしてそんなことができる? 君をこの腕に抱くことも、君の肌に触れることも、唇に触れることも、愛を交わすことも、もう二度とできないなんて、どうして? 君にまたキスすることができないなんて、そんなことをどうして受け入れられるんだ」

Rachel: … Kiss me.
 ・・・キスして。

Joey: What?
 えっ?

Rachel: Kiss me.
 キスして。

Joey: Ah, Rach, it doesn't say that!
 あ・・レイチ、そんなセリフはないよ。

Rachel: No, I'm saying...
 ううん、私が言ってるの・・

Joey: But, but..
 でも、でも・・。

Rachel: Just... don't talk...
 何も言わないで。。(キス)

《レイチェルの寝室:目覚めるレイチェル》

Rachel: Ehhh, aw! . . . Well, that's new!
 わぁ・・ああ! ・・これは新しいわね!

《チェスナット・ホテルの部屋》

Ross: Hi, this is Ross Geller in suite 206. It seems you forgot a couple of things. Could you have some complimentary toiletries sent up to my room? . . . Thank you! Okay. Toothbrush, toothpaste, razor, mouthwash, deodorant, dental floss, band aids, shaving cream, after shave... and I feel like I am forgetting something... Is there anything else you have that I haven't asked for already? . . Yeah, go ahead, send up some tampons.
 (電話)どうも、こちらスイート206号室のロス・ゲラーですけど、ここに足りないものがいくつかあるんですよね。無料の石鹸類を持ってきてもらえる? ・・ありがとう! まず歯ブラシ、歯磨き、カミソリ、マウスウォッシュ、デオドラント、デンタル・フロス、バンドエイド、シェービング・クリーム、アフター・シェーブ、それから、何か忘れてる木がするんだけど。。何か、まだ僕が言ってないものある? ああ、それだ、タンポンも持ってきて。

(チャンドラーが来る)

Ross: What did you get?
 何を持ってきた?

Chandler: USA Today
 USAトゥデイ!

Ross: Nice, put it with the others.
 ナーイス! ほかのと一緒に置いといて。

Chandler: And I also got... two more apples.
 それから、あと2つリンゴ持ってきた。

Ross: We are four short of a bushel. God, I feel so alive, I love being in the country!
 あと4つあれば、たくさんになるよね。ああ、生き生きした気分だよ。田舎にいるのっていいな!

Chandler: I also got this great salt and pepper shaker from the restaurant.
 それに、この塩入れコショウ入れもレストランから持ってきたよ。

Ross: Oh, that's not cool.
 ああ・・それはクールじゃないね。

Chandlers: Dude, none of this is cool.
 おい、ここの何もかもがクールじゃないよ。

Ross: No, Chandler, you have to find the line between stealing and taking what the hotel owes you. For example: hair drier, no, no, no, but shampoo and conditioners, yes, yes, yes. Now, the salt shaker is off-limits, but the salt
(he opens the salt shaker and pours the salt into his hand)
I wish I'd thought this through.
 いや、チャンドラー、盗むのと、ホテルが提供してくれてるものを持って帰ることの境目を理解しないといけない。例えば、ドライヤーはダメダメダメ、でも、シャンプーとコンディショナーは、OK、OK、OK。塩入れはダメだけど、でも、塩は(てのひらに塩を出すが、あふれる)・・・もっとよく考えてやるべきだった。

Chandler: I think I get what you mean though. Like, the lamp is the hotel's, but the bulbs ...oh, you already got that.
 言ってる意味はわかったよ。たとえば、ランプはホテルのものだけど、でも電球は(手を入れたが既に無い)ああ、もう君取ったんだね。

Ross: Not my first time in a hotel, my friend.
 ホテルに泊まったのは初めてじゃないからね、友よ。

Chandler: Okay, how about this?
 よし、それじゃ、これはどう?(リモコンを持つ)

Ross: No, no, no, you can't take the remote control!
 ダメダメダメ。リモコンを持ってっちゃダメだよ!

Chandler: Yes, but the batteries... Thank you. Thank you very much!
 ああ、だけど、電池は・・。(ロスが拍手)ありがとう。本当にありがとう!!

Ross: Let's celebrate with some maple candy!
 それじゃメープルキャンディでお祝いしようよ!

Chandler: No!
 ダメ!

Ross: At least tell me where you hid it.
 せめて、どこに隠したか教えてよ。

《セントラルパーク》

Rachel: Can I ask you a question?
 ちょっと聞いていい?

Monica: Yeah.
 うん。

Rachel: Have you ever had any weird, romantic dreams?
 なんか変な、ロマンティックな夢見たことある?

Monica: Let me think. Oh, when I was younger I used to dream that I got married to Mayor McCheese, and on our wedding night I ate his head.
 そうねぇ・・ああ、もっと若かった頃、マクチーズ市長と結婚する夢見たものよ。それから結婚式の夜、彼の頭食べちゃうんだけどね。

Rachel: Okay. . Well, this is like that...in no way. I had a...I had a dream last night that I wanted to kiss Joey.
 そう・・私の夢も・・全然そういうのじゃなくて。私・・私、ジョーイにキスする夢を見たの。

Monica: Wow, do you mean like kiss him-kiss him?
 ワオ・・それって、キスするキス?

Rachel: Oh, yeah! I mean, that was pretty intense.
 ええ、そうなのよ。すごく激しいの。

Monica: What do you think brought that on?
 どうしてそんな夢になったと思うの?

Rachel: I don't know! I mean, maybe that's something to do with the fact that I saw him do a love scene yesterday.
 わからないのよ! 昨日、彼のラブシーンを見たせいかもしれないけど。

Monica: A love scene? With who?
 ラブシーン? 誰と?

Rachel: Olivia.
 オリビア。

Monica: Olivia? I thought she was marrying Connor! . . Oh, right, real life more important.
 オリビア? 彼女、コナーと結婚したじゃないの! ・・あ、ごめん、現実世界の方が大事だったわ。

Rachel: So do you think that my dream means anything?
 ね、その夢、何か意味があると思う?

Monica: I don't know. I mean, you saw him do a love scene, so maybe you don't have a thing for Joey, maybe you have a thing for Drake.
 わからないけど、ラブシーンの彼を見たわけでしょ、それじゃもしかしたら、ジョーイに気があるんじゃなくて、ドレイクを好きなんじゃないの。

Rachel: Ah! Well, it was Joey reading Drake's lines in the dream.
 あ! そういえば、夢の中でも、ジョーイはドレークのセリフを言ってたわ。

Monica: Of course it was! Trust me, when it comes to psychology I know what I'm talking about. I took two psych classes in college.
 もちろんそうよ! 私を信じなさい、心理学に関してはわかってるんだから。大学で心理学を2クラス取ったのよ。

Rachel: You took the same class twice.
 2クラスじゃなくて、2回とらなきゃいけなかったんじゃないの。

Monica: It was hard!
 難しかったのよ!

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey!
 ハーイ!

Rachel and Monica: Hi.
 ハーイ。

Phoebe: Here, Monica, look what I got to wear when I play at the restaurant. . Uh, huh, wait! . . Right? I mean, this might even class up the ballad of the uncircumcised man.
 ほら、モニカ、見て、今度レストランで演奏する時、これをかぶることにするわ(山高帽を見せる)ほら! 待って(ツルなしメガネを見せる)ほらね? これで、「割礼してない男のバラード」だって上品に聞こえるわよ。

Monica: Oh...Phoebe? Maybe I wasn't clear before. I really love listening to your music here. But my restaurant is sort of an upscale place.
 ああ・・フィービー? 前回うまく伝えられなかったかもしれないわね。あなたの歌をここで聞くのは好きだけど、でも、あのレストランは上品なお店なのよ。

Phoebe: Right, yeah, okay, I'll ask the butler to fetch my diamonds out of the vault.
 そう、わかったわ、じゃあ、執事に、銀行の保管庫からダイアモンドを持ってこさせるわ。

Monica: Phoebe, it's not what you wear. It's sort of your songs... I just don't think you should play at the restaurant anymore.
 フィービー、あなたが何を身につけてるかじゃないのよ。あなたの歌なんだけど、もうレストランの前で歌ってほしくないの。

Phoebe: Oh, okay. Fine, I'll just, I'll take the hat back.
 ああ、そう、わかったわ。じゃあこの帽子は返品するわよ。(不機嫌に黙り込む)

Rachel: Hey, so you guys, the funniest thing happened, at work...
 ねぇ、あなた達、会社でおかしなことが起きたんだけどね・・

Phoebe: My songs aren't good enough for your restaurant?
 あなたのレストランにふさわしくない曲だっていうの?

Rachel: Okay, we're still on that.
 ああ、まだその話続けるのね。

Monica: I didn't say your songs were not good enough.
 あなたの歌がよくないって言ってるんじゃないのよ。

Phoebe: Then what's wrong with them? Would they not go with your tiny portions of pretentious food?
 じゃあ何がいけないっていうの? あなたの小さな気取った料理に合わないっていうの?

Monica: Tiny portions?
 小さな料理?

Phoebe: Yeah, well, “Excuse me, I ordered the smoked salmon appetizer, but I can't see it, I can't see it"!
 そうよ。「失礼ですけど、スモークサーモンの前菜を頼んだけど、見えないわ、見えないのよ!」

Monica: Phoebe, it's not about quantity.
 フィービー、問題は量じゃないのよ。

Phoebe: Well, it's not about quality.
 でも、質も疑問よね。

Monica: Oh, really, you want to talk about quality? Have you heard of a key? It's what some people sing in.
 ああ、そう、質に関して話したいわけね? あなた、音階って聞いたことある? それに合わせて歌うべきなのよ!

Phoebe: Well, at least all my songs don't taste like garlic. Yeah, there are other ingredients, Monica.
 少なくとも、私の歌はニンニクの味じゃないわよ。モニカ、他にも食材ってあるのよ。

Monica: Okay, so that's what we're doing. You know, when I'm in the coffee house bopping along to one of your songs, I'm wearing ear plugs.
 あぁそう、そういうこというのね。コーヒーハウスにいる時に、あなたの歌のリズムに合わせてみせてたけど、実は耳栓してたのよね。

Phoebe: Ear plugs, or cloves of garlic?
 耳栓、それとも、ニンニクの塊?

Monica: You know what? I take back what I said before. You keep playing at the restaurant, because with your music driving people inside, my bar sales are going up like crazy.
 ねぇ、前に言ったことは撤回するわ。レストラン前で演奏すればいいわ。あなたの歌でみんながお店に逃げ込んできて、バーが大流行りだもの。

Phoebe: What are people having, the garlic Martini?
 バーで何飲んでるの? ニンニクマティーニ?

《バーモントのホテル》

Receptionist: Here's your copy of the bill, we hope you enjoyed your stay.
 こちらが請求書でございます。滞在をお楽しみいただけたでしょうか。

Chandler: Oh, we did, and you still have all your lamps. . . . Oh, I didn't factor in the room tax.
 ああ、楽しんだよ。ランプは一つもなくなってないからね。(ロスに)あ、税金のこと計算に入れてなかったな。

Ross: Oh, dude, don't worry about it, I found an unattended maid's cart. We're way ahead of the game. . . Oh, my god.
 ああ、心配いらないよ。そばに誰もいないメイドさんのカートを見つけたんだ。僕らの方が上をいってるよ。(カウンターを見て)何だこれは。

Chandler: What?
 何?

Ross: There's something new in the bowl.
 ボウルに新しいものが入ってる。(リンゴが入っていたカゴに松ぼっくり)

Chandler: Look, we have enough, just walk away.
 なぁ、もう十分持ってるよ、もう行こう。

Ross: No, but I want...I want the pinecones!
 でも、でも松ぼっくりがほしいよ!

Chandler: There's a forest right outside.
 外には森があるんだぞ。

Ross: It's not the same.
 同じじゃないよ。

Chandler: Okay, go quick!
 わかったよ。早くしろ。

(ロスが松ぼっくりをバッグに入れる)

Ross: Thank you for a delightful stay.
 (受付の女性に)楽しかったよ、ありがとう。

(スーツケースを持ち上げると、フタが開いて、ホテルから持ち去ろうとした物品がこぼれ出てあきれられる)

Ross: Oh, my maple candy!
 ああっ! 僕のメープル・キャンディだ!

《モニカのレストラン前:歌うフィービー》

Phoebe: Food here at 'Javu'..will kill you..the food here at 'Javu' ...will kill you..
 ここジャヴーの料理を食べると死んじゃうよ。ここジャヴーの料理を食べると死んじゃうよ。

(モニカが来る)
Monica: Thank god, it's just you! I thought someone was swinging a bag of cats against the wall.
 ああ、よかった。あなたなのね! 猫をいれた袋を壁にぶつけてるのかと思ったわよ!

Phoebe: You'd better get back in that kitchen, Monica, the garlic is not gonna overuse itself.
 キッチンに戻った方がいいわよ、モニカ。行ってニンニク使い過ぎなきゃダメでしょ。

Monica: Okay, you have to stop playing now.
 もう、歌うのはやめて。

Phoebe: Why? The only person my playing is bothering is you!
 どうして? 私の歌を気にしてるのはあなただけよ!

Monica: Oh, yeah? Okay, let's settle this, come on!
 あらそう? じゃあ決着をつけましょ、来て!(フィービーの腕を掴んで、レストラン内へ)

Phoebe: Get your garlic-peelers off me!
 あなたのそのニンニク剥きを離して!

Monica: Excuse me, excuse me. Hi, I'm Monica Geller. I’m the head chef here. . . Okay, I was actually expecting a little applause there, but whatever. Okay, quick question. By a show of hands, how many of you were bothered by this woman's singing outside?
 (お客さん達に)失礼、すみません。どうも、私はモニカ・ゲラー、ここのシェフです。(沈黙)あらそう、拍手ぐらい期待したんだけど、まぁいいわ。ちょっと質問よ。この女性が外で歌うのが気になる人、手をあげていただけます?(少し手が挙がる)

Phoebe: Okay, okay, how many of you enjoyed the music outside? . . Ha!
 いいわ、いいわ、じゃあ私が外で歌うのを楽しんだ人は?(少し手が挙がる)・・(モニカに)ほらッ!

Monica: Alright, let me ask you this question. How many of you thought the music was fine, but not in keeping with the tone of the restaurant?
 いいわ、また質問させて。音楽はいいけど、でも、レストランの雰囲気に沿わないと思う人は?(少し手が挙がる)

Phoebe: Okay, well, who identified the tone of this restaurant as pretentious comma garlicky?
 それじゃ、このレストランの雰囲気なんて、気取ったニンニクだと思う人は?(少し手が挙がる)

Monica: Okay, who thinks the food is delicious and a little pretension never hurt anyone?
 それじゃ、料理はおいしくて、ちょっとした気取りは問題ないと思う人は?(少し手が挙がる)

Phoebe: Okay, well, alright, who thinks the food is fine, the music was fine, but your evening was ruined by this incessant poll taking?
 オーケー、じゃあ、食べ物はおいしい、歌もいいけど、このうるさいアンケートのせいで夜が台無しだと思う人は?(たくさん手が挙がる)

Monica: Excuse us! . . All right, here's a question. Who was so worried about her restaurant being fancy that she made a big deal about her friend playing her music and feels really bad about it now?
 失礼しました! (フィービーに)ねぇ、質問よ。レストランがおしゃれであることを気にしすぎて、友達が歌うことを大騒ぎして、後味悪いなと思ってる人は?(手を挙げる)

Phoebe: Oh...Who was so stupid and stubborn that she lashed out against her friend's cooking which she actually thinks is pretty great!
 ああ。・・すごくバカで頑固に、友達の料理が実はおいしいのにひどいこと言っちゃったのは?(手を挙げる)

Monica: I'm sorry...
 ごめんね。

Phoebe: I'm sorry too...
 私もごめんね。(ハグ)

Monica: Oh... Hey! Wanna stick around and I'll whip you up some dinner?
 ああ、ねぇ、ここにいて、私料理作るから。

Phoebe: Yeah! As long as it's free! Food here is ridiculously overpr. . . . Who's hoping the hand raising thing is still cute enough that you won't hate me?
 ええ! ただならいいわよ! ここの料理ったら本当にバカ高・・・。手を挙げるのがかわいくて許してもらえると思う人?(手を挙げる)

《ジョーイの部屋:レイチェルが来る》

Rachel: Hey!
 ハーイ!

Joey: Hey!
 やぁ。

Rachel: Joey, do you have peanut butter on the back of your head?
 ジョーイ、あなた、頭の後ろにピーナツバターつけてるんじゃない?

Joey: Oh, man! I thought I got it all!
 (手で触って確認)ああ、クソ。全部取れたと思ったのに。

Rachel: How...how...?
 どうして・・どうして?

Joey: I was making a peanut butter smoothie, right?
 ピーナツバター・スムージーを作ってたんだよ。

Rachel: Uh-huh.
 それで?

Joey: And I couldn't find this little plastic thing that goes on top of the blender...and I thought...well... how important can that be, right...? Turns out, very!
 それであのミキサーのフタについてる小さなやつが見つからなくて、それで、それほど大事なものじゃないだろうと思ったんだよ。でも、すごく大事なもんだったよ。

Rachel: Wow...definitely just Drake...
 ワオ・・やっぱり絶対ドレークね。

Joey: What?
 なに?

Rachel: How is it going with Drake?
 ドレークの方の調子はどう?

Joey: Oh, I don't think it's going very well...
 ああ、あまり順調じゃないよ。

Rachel: What? That scene I saw was so good!
 えっ? 私が見たあのシーンすごくよかったわよ!

Joey: Well, I'm feeling really insecure about the one we are shooting tomorrow...
 いや、明日の撮影のことがとても不安なんだよ。

Rachel: Joey, is this that thing that you do when you say you're bad so I'll give you a compliment?
 ジョーイ、それって、あなた自分で悪いって言って、私が褒めるっていうあのパターン?

Joey: A little. Yeah, no, I really am worried. I mean I have to make it convincing that I'm in love with Olivia.
 ちょっとね。いや、本当に心配なんだ。オリビアを愛しているっていうことを本当らしく見せないと。。

Rachel: So?
 それで?

Joey: So...I've never played that!
 それで・・そんな演技したことないんだよ。

Rachel: Ooh! Honey, it can't be that hard, I mean, you've been in love before?
 ああ! そんなに難しくないはずでしょ。だって、前に愛したことあるでしょ?

Joey: Uh...well, just once...with you.
 ああ、一回だけね・・君を。

Rachel: Okay. . This could be a little awkward. I'm just going to blow past it. . Well, can't you just use that method actor thing where you use your real life memories to help you in your performance?
 あら。これはちょっと気まずいかもしれないわね。それは吹き飛ばしましょ。実体験を演技に生かすっていうやり方をすればいいんじゃないの?

Joey: What the hell are you talking about??
 いったいそれ何の話?

Rachel: All right, look, just uh... just try to remember how you felt when you were in love, and think about that when you're playing the scene.
 あのね、とにかく・・恋をしていた時の気持ちを思い出して、そして撮影のとき、そのことを考えて演じるのよ。

Joey: Oh! okay, yeah, I think I can do that. Yeah, okay. There's this party scene coming up. And Olivia and her husband are there and all Drake wants to do is grab her and kiss her, but he can't... And that makes me think about all those times when I wanted to grab you and kiss you, but you didn't know so I would just pretend everything was cool, but really, it was killing me.
 ああ、そうか、うん。それはできそうだな。ああ、わかる。パーティのシーンがあるんだ。オリビアと彼女の夫がそこにいて、ドレークは彼女をつかまえてキスをしたい、けど、できない。。君をつかまえてキスしたかったけど、君は何も知らなくてできなくて、何でもないフリをした・・本当につらかったのを思い出すよ。

Rachel: Joey, you never..you never talked about that before...
 ジョーイ、あなた・・あなたそんなこと前は一言も言わなかったわね。

Joey: Well.. hey, you know what else I could use? There's a scene where Drake sneaks into Olivia's bedroom, and she doesn't know he's there - which never happened with us! And he knows he shouldn't be there, but he just wants to look at her... you know? And I remember all those mornings before you even put on your make-up, when I would think to myself, my God, she...is... beautiful... and it hurts so much, because I knew I could never tell you. But it was worth it just to be there looking at you. . . . Thanks, dude!!!This is GREAT!!
 ああ、それから、ほかにも使えそうなことがあるよ。ドレークがオリビアの寝室へ忍び込む場面があるんだけど、彼女は彼がきたことをしらない。いや、これは俺たちの間では起きてないことだけどな! 彼は、そこにいるべきじゃないとわかってる。でもとにかく彼は彼女を見たいんだ・・・まだメイクもしてない朝の君を見て、ああ、なんてきれいなんだろうって思った朝を思い出すよ。本当につらかったんだよ、君に言えないってことがわかっていたからね。それでも、ただ君を見ているだけでも、それだけでよかった。。。。。ありがと! ほんと! これは助かったよ!

(自分の部屋へ行くジョーイ。感動したまま取り残されるレイチェル)

《モニカ達の部屋:チャンドラーが来る》

Chandler: I got you something from Vermont!
 バーモントのおみやげ買ってきたよ!

Monica: Besides tampons and salt? Ooh! Oh, my God! Maple candy! That's so sweet of you. That's weird, it's empty!
 タンポンやお塩以外に? あっ! やった! メープル・キャンディじゃないの! 優しいのね!(箱を開けて)何よこれ。空じゃないの!

(ロスが来る)

Ross: Hi, you guys! What's going on? You... you guys wanna hang out...or...? . . Do you...do you guys hear a buzzing?
 やぁ、君たち! なにしてんの? きみたち、一緒に遊んだりとか・?? (回りを見回し)何か・・何かブーンって音しない?(何かを手で振り払う)





にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 22:29| Comment(0) | Season 9 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。