2013年12月10日

9-18 The one with the lottery

9-18 宝くじの話

 ☆マネー! マネー! マネー!!

《セントラルパーク:ジョーイが来る》

Joey: Monica, hey, can I borrow the Porsche?
 モニカ、ねぇ、ポルシェ貸してくれる?

Monica: Okay.
 いいわよ。

Joey: All right!
 やった!

Monica: But eh...what is it not?
 でも、しちゃダメなことは?

Joey: A place to entertain my lady friends.
 女友達を楽しませること。

Monica: And what else is it not?
 それ以外には?

Joey: A place to eat spaghetti.
 スパゲティ食べること。

Monica: Very good!
 よろしい!(鍵を渡す)

Joey: Thanks.
 ありがと。

Monica: What do you need it for anyway?
 何に使うの?

Joey: Oh, well, the powerball lottery is up to 300 million and they don't sell tickets here in New York, so...
 パワーボールくじが3億ドルになってるんだけど、ニューヨークでは売ってないから・・

Rachel: Oh! So you're driving up to Connecticut?
 ああ、それでコネチカットに行くのね?

Joey: …Yeah, Connecticut...Not West Virginia.
 ・・ああ・・コネチカットだよ。。ウェスト・ヴァージニアまで行かないよ。

Monica: Hey, maybe I'll drive you up there! I'd like to buy some tickets myself!
 ねぇ、私も一緒に行こうか! 私もくじを買いたいわ!

Joey: Uh!
 ああ!

Monica: Yeah, with Chandler not getting paid, we could really use 300 million dollars.
 ええ、チャンドラーの収入がないから、3億あれば助かるわ。

Chandler: Yeah, because if I was at my old job we'd say 300 million? No, thank you!
 ああ、もし前の仕事を辞めてなかったら、3億なんて、いらないけどな。

Phoebe: Hey, will you get me tickets too?
 ねぇ、私にもくじ買ってきてくれる?

Rachel: Yeah, me too. Oh! I have an idea. Why don't we all pitch in 50 bucks, we'll pool our money together and then if we win, we'll split it!
 あ、私にも。あ、そうだ! みんなで50ドルずつ出して、みんなで買って、もし当たったら分けるのよ!

Everyone except Ross: Yeah, thats a great idea!
 ああ、それはいい!

Ross: No, thanks!
 僕は結構だね!

Phoebe: You don't wanna win the lottery?
 宝くじ当てたくないの?

Ross: Uh...sure I do, and I also wanna be King of my own country and find out what happened to Amelia Earhart.
 ああ、当てたいよ。それに自分の国を持って王様になりたいし、アメリア・イアハートに何が起きたか知りたいね。

(Amelia Earhart = 世界一周飛行中、南太平洋上で行方不明)

Chandler: Still on Amelia Earhart?
 まだアメリア・イアハート?

Ross: The woman just vanished!
 こつ然と消えたんだぞ!

Joey: Seriously, Ross, you don't want in on this?
 マジで、ロス、本当にこの話、のらないのか?

Ross: No! Do you know what your odds are of winning the lottery? I...I mean you have a better chance of being struck by lightning 42 times.
 イヤだよ! 宝くじに当たる確率知ってるのか? 42回雷に打たれるよりも、当たる確率は低いんだぞ。

Chandler: Yes, but there's six of us, so we'd only have to get struck by lightning 7 times.
 ああ、でも6人いるんだから、7回ずつ打たれればいいことになるぞ。

Joey: I like those odds!
 その確率いいね!

Ross: Seriously, you guys, I can't believe you're going to spend 250 dollars on the lottery, I mean that's such a bunch of boo-hockey.
 本当にね、君たち、僕は250ドルも宝くじに使うなんて信じられないよ。そんなの本当におばかさんなことだよ。

(boo-hockey = bullshit)

Chandler: …I’ll ask. Boo-hockey?
 (首を傾げるみんなに)俺から聞くよ。(ロスに)おばかさん?

Ross: Oh, oh, we think Emma is about to start talking so we're trying to be careful about what words we use in front of her.
 ああ、うん、エマがもうすぐ話すんじゃないかと思って、僕らエマの回りでは口のきき方に気をつける事にしたんだ。

Rachel: Yeah, so get ready to hear a lot of boo-hockey, gosh darn it, and brother pucker.
 そうよ。だから、これからは、おばかさんとか、やっちゃったね、とか、いけない子とか言うようになるからね。

Monica: How do you know she's gonna start talking?
 彼女がもうすぐ話しそうってどうしてわかるの?

Rachel: Well, when I talk to her, I almost feel like she understands what I'm saying.
 あの子に話しかけてると、私の話してることをほとんど理解してるって気がするの。

Chandler: Kinda like Joey.
 ジョーイみたいだな。

Joey: What's that now?
 なんだって?

《モニカ達の部屋》

Monica: God! Look at all these tickets! It's so exciting! I haven't won anything since the sixth grade.
 ああ! 見てこの宝くじの山! 楽しみだわ! 6年生の時以来、何も勝ったことないのよね。

Chandler: Pie eating contest?
 パイの大食い競争?

Monica: Oh! You assume because I was heavy that's the only way I could win something?
 まぁ! あなた、私が勝ったっていうと、なんでも私の体重と関係あると思うのよね?

Chandler: No, I saw a picture of you covered in blueberries.
 違うよ、ブルーベリーまみれの君の写真を見たからだよ。

Monica: That was a good day!
 あれはいい日だったわ!

(ロスがとても慌てて入ってくる)
Ross: They're towing your car, they're towing your car!!
 君の車を牽引していく・・君の車、牽引されてくぞ!

Monica: I'm parked in a garage on Morton!
 私の車はモートンのガレージに入れたわよ。

Ross: They're towing a car. And I am seeing...spots.
 誰かの車が牽引されてく・・・目の前に点々が見える・・

Joey: Oh, my God, Ross! You don't have Emma! And Rachel, you don't have Emma! Where's Emma? Who has Emma!?
 あ、大変だ、ロス! おまえエマ連れてないのか! レイチェルもエマを連れてない! エマはどこだ? 誰がエマをみてるんだ?!

Rachel: Joey, relax! My mother picked her up two hours ago. You were there!
 ジョーイ、リラックスして! 私の母が2時間前に連れて行ったじゃない。あなたもいたじゃない!

Joey: I was?
 俺が?

Rachel: Yes, and you talked to her.
 そうよ。あなた、母と話したじゃない。

Joey: I did?
 俺が?

Rachel: She dropped off a casserole?
 キャセロール置いていったでしょ?

(casserole = 蒸し焼き・鍋焼き料理)

Joey: Oh, yeah! The casserole lady.
 ああ、あれか! キャセロールの人ね。

Monica: So, did you come by to watch us win the big bucks?
 (ロスに)それじゃ、私達が大金を当てるところを見にきたの?

Ross: Yeah, uh... and then I figured after you win, we could all go out to the balcony and see a night rainbow with gremlins dancing on top of it!
 ああ、そして君らが勝った後、みんなでバルコニーに出て、夜の虹の上でグレムリンが踊るところを見ようと思ってね。

gremlin.jpg

(電話が鳴り、チャンドラーがバスルームから走ってくる)

Chandler: Don't touch the phone! I'll get it, I'll get it, I'll get it!!
 電話に触るな! 俺が出る! 俺が出る! 俺が出る!

Ross: You think he washed his hands?
 (モニカに)彼、手を洗ってきたかな?

Chandler: Hello? Hey, Charlie, what do you know?
 もしもし? やぁ、チャーリー、何かわかった?

Rachel: What's going on?
 (モニカに)どうかしたの?

Monica: Chandler is supposed to find out if he's getting an assistant job at his ad agency. But out of the 15 interns, they are only hiring three.
 チャンドラーが、広告代理店のアシスタントになれるかどうかがわかるはずなの。でも、15人のインターン中、雇われるのは3人だけなのよ。

Joey: Ooh! Tough odds!
 ああ、それは確率が低いな!

Ross: Yeah, if only it were a sure thing like your 24 state lottery!
 本当だね、もしこれが君らの、24州宝くじぐらいの確率だったらねぇ!

Joey: Yeah, look who's coming around!
 おお、誰かさんもその気になってきたぞ!

Chandler: Damn it. Alright, call me when you know more.
 くそっ。わかった。また何かわかったら電話くれ。

Joey: Did you get it?
 受かったのか?

Chandler: One of the slots got filled.
 枠のうちひとつ埋まった。

Joey: By you!?
 それがおまえ?

Chandler: Sense the tone! No, that kid Nate got it.
 感じでわかるだろ! 違うよ。ネイトっていう若いコだよ。

Monica: Oh! I hate that guy! I mean, come on, kid, pull up your pants!
 ああ! あのコ嫌い! もう、何よ、ズボンをあげろっての!

Rachel: Well, there's two spots left, right?
 でもまだ2人あるんでしょう?

Chandler: Yeah, I want this so much! I mean, I wanna get one, I want my friend Charlie to get one. Except I don't care about Charlie.
 ああ。本当にこの仕事がほしいんだ! 俺と、それに友達のチャーリーも受かるといいな。でも、チャーリーはどっちでもいいや。

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey, you guys! Okay, you're not gonna believe this! I just saw my psychic and she said I was definitely gonna win the lottery tonight!
 ハーイ、みんな! ねぇ、これ信じられないわよ! いつものサイキックの人に会ったんだけど、彼女が、私今夜宝くじ当たるって!

Monica: Hey, that reminds me, I thought we could use some extra luck so I brought a wishbone home from work.
 あ、それで思い出したわ、私、他にも運を引き寄せられたらいいと思って、職場からウィッシュボーンを持ってきたの。

(wishbone= 鳥の胸の叉骨を2人で引っ張って、長い方を取った人の願いが叶う)

Ross: A psychic and a wishbone? Guys! Give someone else a chance!
 サイキックとウィッシュボーン? 君たち! 他の人にもチャンスをあげてよ!

Monica: Alright, who wants to do it?
 さあ、誰がやりたい?

Phoebe: Oh, can I? Vegetarians never get to do the wishbone. It's really not fair either! You know, just because we don't eat the meat doesn't mean we don't like to play with the carcasses!
 あ、私にやっていい? ベジタリアンはウィッシュボーンやれないんだもの。そんなのおかしいわよね! お肉を食べないからって、死体で遊んでいけないわけじゃないわよね。

Monica: All right. Hey, Rach?
 わかった、ねぇ、レイチは?

Rachel: Oh, no, I'm good, I don't wanna get that turkey smell all over my hands.
 あ、私はいいわ。ターキーの匂いが手についちゃうとイヤだもの。

Joey: I'll do it!! It'll get the casserole stink off of mine.
 俺がやる! 俺はキャセロールの匂いを取りたいからな。

Phoebe: I hope I win!
 (2人で持って)私が勝ちますように!

Monica: Well, it doesn't really matter ... you're both wishing for the same thing, right?
 それはどっちでもいいのよ。あなた達は同じことを願っているんだから、でしょ?

Joey: I can't tell you what I'm wishing for, or else, you know, it won't come true!
 俺が何を願ってるかなかいえないよ、言ったら叶わなくなるだろ。

Monica: Right! .. But we know what you're wishing for!
 そうよね! だけど、あなたが何を願ってるのかわかってるわよ。

Joey: Can't really say!
 言えないったら!

Monica: I understand, but you're wishing for what we think you're wishing for, aren't you?
 わかったわ、でも、あなたが願ってることは、私達が願ってることよね?

Joey: I'm not really comfortable with these questions!
 俺本当に、この質問がいやなんだけど!

Rachel: Please!
 いい加減にして!

Chandler: just do it!
 いいからやれ!

Phoebe: Okay. One, two, three!
 わかったわ。1、2、3!(2人引っ張る)

Joey: I won, hey!
 俺の勝ちだ! やった!

Ross: You know what, I'm sure your wish is gonna come true, but, you guys - just in case, maybe a genie will come out if we rub this lamp! . . . Ah!! That thing gets hot!!
 間違いなく君の願いは叶うと思うよ。でも、念のため、このランプをこすって、ジーニーにも頼んでおこうよ。(ランプに触れて)うわっ! すっごい熱い!

Rachel: You know, Ross, just keep making your jokes. How are you gonna feel if we actually do win?
 ねぇ、ロス、冗談言ってばかりいるけど、もし、私達が当たったらどうするの?

Ross: Uh, you're not gonna win.
 当たらないよ。

Rachel: Oh, I know, I know, the odds are against us, but somebody has to win, and it could be us! And then how you gonna feel? You know, we're gonna be all like “Oh, everybody, let's take our helicopters up to the cape" and you're gonna be all like “Oh, I can't guys, I'll meet you guys up there, I gotta gas up the Hyundai"
 そりゃ、確率は低いわよ、だけど、誰かは当たるんだし、それが私達かもしれないのよ。そうしたらあなたどう思う? 私達がみんなで「ああ、みんなで岬までヘリで行きましょうよ」って言ってる時に、あなたこんな感じよ。「ああ、僕はダメだ、むこうで落ち合おう。僕はヒュンダイにガソリン入れてから行くよ」

Ross: Okay, I've heard myself on tape and I sound nothing like that.
 僕は自分の声をテープで聞いたことあるけど、全然似てない。

Chandler: I can see the headline now: "Lottery winners' friend filled with regret eats own arm".
 新聞の見出しが見えるぞ「宝くじ当選者の友達が、悔しさのあまり腕をかじった」ってね。

Ross: Why would I eat my own arm?
 なんで僕が自分の腕をかじるんだよ?

Chandler: Well, you wouldn't, but we own the paper, we can print whatever we want.
 かじらないかもね。でも、新聞社を買うから、なんとでも書けるさ。

Monica: You know what, Ross? I'm gonna throw in 50 bucks for you.
 ねぇ、ロス? あなたのために50ドル出してあげるわ。

Ross: Why?
 どうして?

Monica: Because I know that you think the lottery is "boo-hockey.” But we're all here and gonna watch the numbers and have fun. And you're my brother, and I want you to be a part of this.
 あなたは宝くじなんて「おばかさん」のすることだと思ってるけど、でも、私達全員で結果を見て楽しむんだもの。あなたは兄さんなんだし、一緒に加わってほしいわ。

Ross: You don't have to do that, I'll pay for myself. But just the fact that you want me to have fun with you guys - that's so sweet! Come here.
 そんなことしてくれなくても・・僕が自分の分は払うよ。一緒に楽しんでほしいなんて・・優しいんだね。ほら・・(ハグ・キス)

Phoebe: Get a room!
 ・・部屋でやって。

Chandler: Okay, so now that you're in, what are you gonna do if we win?
 よし、それじゃ、おまえも加わったところで、もし当てたら、何をする?

Ross: I don't know, probably just invest it.
 どうするかな。投資かな。

Chandler: Ooh! Calm down.
 うう! 落ち着けって。

Joey: Seriously, that's your fantasy? To invest it?
 マジで、それが夢だっての? 投資?

Ross: Oh, I'm sorry, did I say "invest it"? I meant “Be cool and piss it all away.”
 ああ、ごめんよ。投資するなんて言った? かっこ良く全部使うっていいたかったんだよ。

Joey: Ooh, ooh, I know! We should pool all own money and buy the Knicks!
 あ、そうだ! わかったぞ! みんなの金で、ニックスを買うんだよ!

Rachel: I don't really care about the Knicks.
 私はニックスに興味ないわ。

Joey: Oh, you will when I pick you as starting forward.
 スタメンに選ばれれば気が変わるぞ。

Rachel: You would do that? I never get picked!
 入れてくれるの? 選ばれるなんて初めて!

Chandler: You know, I'm not sure a sports team is the way to go.
 スポーツチームなんて賛成できないな。

Joey: You're not gonna let me buy the Knicks?? I can't believe you're taking this away from me!
 ニックスを買わせてくれないのか? 俺がやりたいことさせてくれないなんて!

Chandler: You're right, it has been you dream for over 15 seconds.
 そうだな、それって、この15秒間の夢だよな。

Ross: Uh, how long until they announce the numbers, Mommy?
 あと何分で番号発表されるの、マミー?

Chandler: I'll take this one too. Uh ... Mommy?
 (みんなに)これも俺が聞くよ。(ロスに)マミーだって?

Ross: Oh, I've gotten into the habit of calling Rachel "Mommy" when we're around Emma. Which I now realize we are not.
 ああ、エマがそばにいる時は、レイチェルのこと「マミー」って呼ぶことにしてるんだ。それで気がついたけど、今、エマはいないよね。

Rachel: I'm hoping that if she hears it enough it will be her first word.
 いつも聞かせて、エマの最初の言葉がマミーになるといいなと思って。

Ross: Although if we're gonna do that, we should probably call me "Daddy" too.
 でも、それならさ、君も僕をダディって呼んでよ。

Phoebe: Oooh, I like that, "daddy.”
 (セクシーに)あらぁ、それはいいじゃない、ダディ♪

Ross: I ... I was just talking about Rachel.
 レイチェルがっていう話だよ。

Phoebe: Oooh, is daddy getting angry? Is daddy gonna spank me?
 あらあ? ダディ怒っちゃった? ダディにお尻たたかれちゃうのかしらぁ?

Ross: Well, that depends. . . Have you been a bad gi .. No, I can't.
 それは君次第だね・・君は悪いコ・・・無理。できない。

(電話が鳴る)
Chandler: Hello? Hello? Hey, Charlie. Did anybody else hear? ... What? Susan got it?? How? Oh, man, I would have slept with him!! .. Alright, bye.
 もしもし? もしもし? やぁ、チャーリー。他に誰か決まった? えっ? スーザンが? どうして?! ああ! だったら俺だって彼と寝てやるのに! ・・わかったよ、バーイ。

Joey: Dude, I'm sorry. But hey, there's one spot left, right?
 なぁ、残念だったな。でも、まだ1人枠があるんだろ?

Chandler: Well, no, Charlie's gonna get that.
 いや、それはチャーリーが決まるよ。

Monica: Hey, don't say that! You got just as good a chance as anybody else of getting that job!
 そんなこと言わないで! あなただって、みんなと同じチャンスがあるわよ。

Chandler: He's the boss's son.
 彼はボスの息子だ。

Monica: Come on, lottery!!
 当たれ! 宝くじ!

Joey: Yeah!
 イエーイ!

Rachel: Ooh, you guys, it starts in, like, 20 minutes.
 ああ、ねぇ、あと20分くらいで始るわよ。

Monica: Okay, here we go. So we need to sort out the tickets as quickly as possible to see if we've won. So does anybody have any ideas how to organize this? Okay, how about this: We divide them into 6 groups of 40, and the remaining 10 can be read by whoever finishes their pile first.
 それじゃ、ねぇ、くじが当たってるかどうか判断する一番早い方法を決めなきゃ。何かこれを決めるいい考えある? こういうのはどう? 40枚ずつ6つに分けて、10枚は最初に自分の分を調べ終った人が残った10枚をチェックするの。

Rachel: Ooh, I have another idea!
 ああ、私もアイデアがあるわ!

Monica: I'm sorry, idea time is over.
 悪いわね。提案タイムは終わりよ。

Phoebe: Okay, well, are all the tickets in the bowl?
 それじゃ、くじは全部ボウルに入れたわね?

Monica: Yeah.
 ええ。

Chandler: What about the ones you have on the nightstand?
 ナイトスタンドにあるのはどうなの?

Monica: There are no tickets on the nightstand!
 ナイトスタンドになんてないわよ。

Chandler: Yes, there are. I just saw them a few minutes ago.
 いや、あるよ。さっき見たもん。

Monica: Un, no, you didn't! You must be mistaken!
 いえ、そんなはずないわよ。それは間違いだわ。

Chandler: Honey, there are like 20 tickets on the nightstand!
 いや、20枚ぐらいナイトスタンドの上にあったよ。

Monica: Chandler, sense the tone!!
 チャンドラー、感じ取ってよ!

(レイチェルが寝室から持ってくる)
Rachel: Well, well, well, look what mommy found!!
 はいはいはい、マミーが見つけたもの見て!

Monica: Okay, fine!! I bought 20 extra tickets for me and Chandler.
 そうよ、わかったわよ! 私とチャンドラーのために20枚余分に買ったのよ。

Phoebe: Uh! The psychic also said that I would be betrayed.
 ああ! サイキックが、私は裏切られるって言ってたわ。

Ross: I can't believe this. I thought we were all in this together!
 信じられない。一緒に楽しむんだと思ってたのに。

Monica: Hey, you just got in 5 minutes ago!
 なによ、5分前に参加したくせに!

Ross: 3 minutes ago!!! I don't know why that's important.
 3分前だよ! これ大事じゃなかったよね。

Joey: I was with you the whole time we were in Connecticut, when did you even get those?
 コネチカットにいった時、ずっと一緒にいたのに、いつの間に買ったんだよ?

Monica: When you were reading the dirty magazines without taking off the plastic!
 あなたがエロ本をビニールの間から覗いていた時よ。

Joey: I'll show you how.
 (ロスに)やり方は教えるよ。

Rachel: Okay, well, Monica, suppose one of your "special" tickets win? How are you gonna feel when you win the lottery and you lose all your friends?
 ねぇ、モニカ、もしあなたの隠しくじが当たったらどうするの? 宝くじが当たっても、友達は全員失うのよ?

Monica: Please ... if I win the lottery, you guys are not gonna leave me. Someone gave me a basket of mini-muffins last week and I couldn't get rid of you for 3 days!
 何いってんのよ。当たったら、あなた達私から離れないわよ。先週ミニマフィンのカゴを貰った時、なっくなるまで3日間あなた達ずっとくっついてたじゃないの。

Rachel: Chandler, would you just tell her what she did was wrong?
 チャンドラー、こんなの間違ってるって彼女に言ってよ。

Chandler: She's right, you shouldn't have bought tickets just for us.
 そうだな。君、僕らだけのために宝くじ買っちゃダメだよ。

Monica: Ahhh!
 あああ!

Chandler: Let me finish... However, it doesn't look like I'm gonna get this job so I can't afford to have principles, so screw you, the tickets are ours!!
 最後まで聞いて。(みんなに)でも、この仕事も得られそうにないから、そんな主義を持つ資格もないわけ。だから、みんなくそくらえ、宝くじは俺たちのもんだ!

Monica: There's the man I married!!
 それでこそ私の結婚した人よ!

Rachel: All right, believe me. If you win the lottery, it's the last you're gonna hear from us!
 いい? あなた達だけが宝くじ当たったりしたら、私達と会うことはなくなるわよ。

Monica: Fine! Don't be my friends! I'll buy new friends! Yeah, and then I'll pay for their plastic surgery so they'd look just like you!
 わかったわよ! じゃあいいわよ! 新しい友達買うもん! そうよ、そして、整形してあなた達と同じ顔にしてやる!

Rachel: Oh! All right, you know what? That's it! I want my share of the tickets!
 ああ、そうなの、じゃあもういいわ! 私の分のくじちょうだい!

Joey: Yeah, I want my tickets too! . . And I'm buying the Knicks! And Steffi Graf, ah ah!
 そうだよ、俺も自分の分ほしい! そしてニックス買うんだ! それにシュテフィ・グラフもな、ハハッ!

Ross: Cool. Then I want mine, too! . . And if I win I'm gonna put it all into a very low-yield bond.
 いいさ、それじゃ、僕も自分の分を貰うぞ。そしてもし僕のが当たったら、低利社債を買うんだ。

Phoebe: Oh, you guys! We've got to keep all the tickets together.
 (取り合うみんなからボウルを取り上げ)ああ、もうあなた達! くじは一緒にしておかなきゃだめよ!

Monica: No, no! We should divide them up and I should get extra because we used my card to buy them!
 イヤ,ダメよ! これを分けて、私は余分にもらうわ。買うために私のカードを使ったんだから!

Joey: Hey, if anybody gets extra tickets, it should be me! This all thing was my idea!
 いや、誰か余分にもらうんだったら、それは俺のはずだよ! これが俺の考えなんだからな!

Chandler: Oh, yeah! Thanks for inventing the lottery!
 ああ、そうだな。宝くじを発明してくれてありがと!

Rachel: Okay, that's it! Just give them to me! I'll split them up!
 もういい! いいから私にちょうだい! 分けるわよ!
(ジョーイと取り合いになり胸をつねる)

Joey: Oh!
 痛っ!

Phoebe: Oooohhhh!
 もぉおおおお!!!(奪い取る)

Ross: Hey, hey!!
 ちょっとちょっと!(追いかける)

Phoebe: Ooooohhhh! Fine, I can't take it anymore! I'm putting an end to this!
 あーっ!(奇声で追い払う)もういいわよ! もう耐えられない! 私がおしまいにする!(バルコニーに出て行く)

Rachel: Okay, if she jumps, I get her tickets.
 ねぇ、彼女が飛び降りたらくじは私がもらうわ。

Joey: Wait, no, no! Hey!
 待て、ダメダメ! おい!(みんなで追いかけ、5人で窓を埋め尽くす)

Phoebe: If we are not doing it together, we're not doing it at all! So, say goodbye to your tickets!
 みんなで一緒にやらないなら、もうやめるのよ! くじにさよならを言って!(バルコニーの外にボウルを差し出す)

Everyone: No, no, no!!
 ダメ、ダメ、ダメ!

Phoebe: Do not come any closer!
 これ以上近づかないで!

Chandler: Can I come a little bit closer, valuable things are getting squished.
 もうちょっとそっちへ行ってもいいかな、大事なところがつぶれてるんだ。

Phoebe: No, what's more important, your friends or money?
 ダメよ。何が一番大事なの、友達? お金?

Everyone but Monica: Friends!
 友達!

Monica: Money! . . Friends...
 お金!(みんなに見られ)友達。。

Phoebe: Hey, Monica, what about your extra tickets?
 モニカ、あなたが余分に持ってるくじは?

Monica: They're all in there! Even these five that I hid in my bra.
 全部そこにあるわよ! このブラの中に5枚あるけど。

Ross: Monica!
 モニカ!

Phoebe: Okay, good! … You guys were so scared! There was no way I was gonna dump this. . . Oh, God. No! … I think I broke your bowl.
 それじゃ、いいわ! あなた達ったら、怖がっちゃって! 私がこれを本当に落とすわけが・・(鳩が飛んできて驚きボウルを落としてしまう)ああっ! イヤッ! ・・(落ちて割れる音)あなたのボウル割っちゃったみたい。

Ross: Go, go, go!!
 行こう、行こう、行こう!!(みんな駆け出す)

《モニカ達の部屋:外から帰ってくるみんな》

Phoebe: What a beautiful night to be running around the street, looking for tickets. And the wind sure made it fun.
 宝くじを探して走り回るには最高のいい夜だったわね。風が吹いてよけい楽しくなったわ。

Monica: Phoebe, we lost half of them.
 フィービー、半分なくなっちゃったのよ。

Phoebe: So, what? Monica, we have the winning ticket! My psychic said I was gonna win, remember?
 それがどうしたの? モニカ、私達は当たりくじを持ってるのよ! サイキックが、私が当たるって言ったのよ、忘れた?

Ross: Weird.. your psychic didn't mention anything about the scary pigeon...
 変だね、君のサイキックは、恐ろしい鳩のことは言わなかったの?

Phoebe: As a matter of fact she said that's how I am going to die. . So, excuse me for being a little skittish.
 実は、私は鳩のせいで死ぬって言われてるの。だからびびちゃって、悪かったわね。

Chandler: Hey, there's two messages. These could be from work!
 あ、メッセージが2つ入ってるぞ。仕事の件かもしれない!

Monica: Oh, play them!
 ああ、プレイしてみて!

Chandler: Okay, here we go!
 よし。(ボタンを押す)

Message: "Hello. Th-this is the pigeon from the balcony calling to apologize. . I shouldn't have knocked the tickets out of the pretty lady's hand. It was all my fault. Not hers. Bye. Coo."
 (フィービー鳩)「こんにちは。バルコニーにいた鳩です。ごめんなさい。あのかわいい女性の手からくじを落としちゃって。あれは僕のせい。彼女のせいじゃないよ。バーイ。クぅ。」

Phoebe: Well, I bet that was very hard for him to do.
 こんな電話するの、鳩には大変だったでしょうね。

Second message: "Hey Chandler, it's Charlie"
 「やぁ、チャンドラー、チャーリーだよ」

Chandler: This is..shhh!
 これは・・シーッ!

Second Message: "Listen, um, it turns I got the last spot. I'm really sorry man, it was a lot of fun working with you. Give me a call if you want."
 「実は・・最後の枠は僕に決まったよ。気の毒だったな、君と働けて楽しかったよ。よかったら電話くれ」

Monica: Oh, God, I am so sorry, honey...
 まぁ・・残念だったわね、あなた・・・。

All: Oh, so sorry man! Sorry!
 本当に、残念だったな・・かわいそうに!

Rachel: Oh, it is so unfair. It's like that time they promoted Sandra over me at work.
 ああ、本当にひどいわよね。私の会社でも、サンドラが先に昇格しちゃったことがあったわ。

Chandler: Oh, is she related to Ralph Lauren?
 ああ、彼女はラルフ・ローレンの関係者だったの?

Rachel: No, she was just much better at job than me!
 ううん。彼女は私より仕事ができたの!

Phoebe: Guys, the drawing is about to start!
 ねぇ、くじの発表が始るわよ!

Rachel: You know what? We should call my mom's house and say goodnight to Emma before she goes down.
 ねぇ、エマが寝ちゃわないうちに、ママに電話しておやすみって言った方がいいわ。

Ross: Oh, yeah, it's a good idea!
 ああ、そうだな。そうしよう。

Monica: Honey, you've been really strong about this, I know how badly you wanted that job.
 (チャンドラーに)ねぇ、あなたは本当に頑張ったわね。どんなにこの仕事をしたかったかわかってるわ。

Chandler: Yeah, you know, I really thought I deserved it.. But.. let's go win the lottery... I mean, we still have 130 chances to win, right?
 ああ、それに俺、本当にうまくやってたと思ったのに。でもまぁ、宝くじを当てよう。まだ130枚分のチャンスがあるよな?

Monica: 131!
 (隠していた1枚出して)131枚よ!

Ross: Goodnight, sweetheart! I love you. And remember, you're daddy's little girl! . . Phoebe's totally ruined that for me.
 (電話で)おやすみ、エマちゃん、愛してるよ。忘れないで、君はダディのかわいい子だよ。(レイチェルに)フィービーが台無しにしてくれたよな。(レイチェルに電話を渡して離れる)

Rachel: Hi, mom, put her back on!
 ハーイ、ママ、エマを出して!

Joey: Rach, come on! They are announcing the numbers! My God, I can already feel myself changing.
 レイチ、早く来いよ! ナンバーを発表してるぞ! ああ、もう当たった気になってきた!

TV: "Here we are, the official Powerball numbers! We have 53"
 「はい、出ましてた、パワーボールナンバー! 53です!」

Chandler: I got that!
 あるよ!

Ross: Oh, we have one too!!
 こっちにも1枚!

Monica: We are on a roll, people!!
 私達絶好調よね、みんな!

Ross: Come on!!
 (レイチェルに)来なよ!

Rachel: Mom, please! I know you love your new lips, but I can barely understand you! Would you, please, just let me say goodnight to my daughter?
 ママ、ねぇ、新しいクチビルが気に入ってるかしらないけど、何言ってるかほとんどわからないわよ! ねぇ、私の赤ちゃんにおやすみを言わせて、お願い。

TV: "And number 29! Here we go! The Powerball is 7"
 「そして次は29! さぁ、いきますよ! パワーボールナンバーは7!」

Monica: Check your numbers! Make me rich!
 チェックして! 私をお金持ちにして!

(レイチェルが電話を終えてくる)
Rachel: You guys, you're not gonna believe this! I was just saying goodnight to Emma and she said her first words!!
 ねぇ、みんな、信じられないわよ! 私がエマにお休みって言ってたら、エマが初めて言葉を話したの!!

Ross: What?
 ええっ?

All: Wow!
 ワオ!

Joey: And what did she say?
 それで、なんて言ったの?

Rachel: She said “Gleba"!!
 「グリーバ」って言ったの!

(みんな沈黙し、くじチェックに戻る)

Monica: Make me rich!!
 私をお金持ちにして!

Rachel: Isn't that amazing?
 素晴らしくない?

Ross: Oh, yeah, no, no, no...that's great!
 ああ、うん、そうだね、すごいよ。

Rachel: Why-why aren't you more excited?
 ねぇ、どうしてもっと喜ばないの?

Ross: Oh, Rach....."gleba" is not a word.
 あぁ・・レイチ「グリーバ」なんて言葉じゃないよ。

Rachel: Well, of course it is!
 もちろん言葉よ!

Ross: Okay, what does it mean?
 それじゃ、どういう意味?

Rachel: I don't know all the words.
 私、すべての言葉を知ってるわけじゃないわよ。

Ross: I'm just, I'm just glad I didn't miss my daughter's first words.
 僕、初めての言葉を聞き逃さなくてよかったよ。

Ross: Yes, you did, gleba is a word!
 いえ、聞き逃したのよ! グリーバは言葉よ!

Ross: Okay, use it in a sentence.
 それじゃ、文章にしてみてよ。

Rachel: Okay, "Emma just said gleba"!
 いいわよ。「エマが『グリーバ』と言った」!

Ross: It's not a word!
 言葉じゃないよ!

Rachel: Okay, okay, okay, fine, I'm gonna look it up.
 いいわよいいわよ、わかったわよ! 調べてみるから。(辞書を見る)

Ross: Oh, oh, okay, great. You know what, while you're at it she said another word the other day, why don't you, why don't you look up: pbbqqt....
 ああ、そう、それじゃ、この前言ってた他の言葉も調べてみてよ、「ぶぶばああ」。

Rachel: All right, okay, okay, gleba, gleba... Gleba! Ha! Here it is! “The fleshy, spore-bearing inner mass of a certain fungi.”
 いいわよ、いいわよ・・グリーバ・・グリーバ・・グリーバ! ほら! あったわよ! 「ある種の菌類内部にある、胞子をつくる多肉質組織」!

(それを聞いて辞書を見に行くロス)
Ross: She's gonna be a scientist!
 彼女は科学者になるんだ!

Joey: Damn it! Anybody got anything?
 クソッ! 誰か当たった?

Chandler: No.
 いいや。

Phoebe: I'm still looking through mine...
 まだ私のを見てるわ・・

Monica: Just double checking...no, no, no.. No!
 再確認してるの・・・ない、ない、ない・・(靴の中から1枚出して)ダメ!

(電話が鳴る)

Monica: Hello? Hold on. It's your boss.
 もしもし? お待ちください。(チャンドラーに)あなたのボスよ。

Chandler: Ah, the "I'm sorry I rejected you" phone call. I'm not used to getting these from guys. . . Hey, Steve.
 ああ、「断って悪かった」電話だ。男からこういう電話もらうのは初めてだよ。(立ち上がり)どうも、スティーブ。

Steve: Chandler, hi! I'm sure you've heard we filled the three positions. We just felt that with your maturity and experience, you wouldn't be happy being someone's assistant.
 チャンドラー、どうも! 3人のポジションが埋まったっていうのは聞いただろうな。君は大人だし、経験から考えて、誰かのアシスタントではいやだろうと思って・・

Chandler: Oh, no, no, no, no. I'd love to be somebody's assistant! Answering phones, getting coffee, I live for that stuff! And I'm not too mature. Farts, boobies, butt cracks!
 いえいえいえいえ! 喜んでアシスタントになりますよ! 電話に出たり、コーヒーを出したり、喜んでやります! それに、そんなに大人じゃないですよ。おなら、おっぱい、お尻の割れ目!

Steve: Chandler, you were the strongest person in the program. We're offering you the position of junior copywriter.
 チャンドラー、この研修の中で君が一番優秀だったんだよ。君には、ジュニア・コピーライターとして働いてもらいたい。

Chandler: Me, that guy who just said “butt cracks”?
 僕が、この「お尻の割れ目」とか言ったやつが?

Steve: Yes, that's right. We're excited about the level of sophistication you'll be bringing to the job.
 そう、その通り。この会社に君が運び込んでくれる大人のセンスに期待してるよ。

Chandler: Okay. Well, thanks, you won't regret it. I'll see you tomorrow.
 わかりました。いやぁ、ありがとう、後悔はさせませんよ。それじゃまた明日。

(電話を切り、何ごともなかったかのように座って雑誌を見る。みんな沈黙して見つめる)

Chandler: What? … Oh, yeah, I'm gonna be a junior copywriter.
 なに? ・・ああ、そうそう、俺はジュニア・コピーライターになったよ。

Everybody: Oh, my God, congratulations!
 オーマイゴッド! おめでとう!!

Monica: Oh, sweetie, I'm so proud of you!
 ああ、よかった! 本当に自慢の夫よ!

Chandler: Does that mean I get the good loving tonight?
 それって、今夜はラブラブってことかな?

Monica: You bet! No TV or anything!
 そうよ! テレビも何もなし!(キッチンへ行く)

Joey: Hey, that is so great about the job.
 なぁ、よかったなぁ、仕事決まって。

Chandler: Thanks, man.
 ありがと。

Joey: And I like to think I had a little something to do with it.
 俺もそれに一役買ったと思うな。

Chandler: Really? What?
 本当に? どうして?

Joey: Well, before, with the wishbone... I didn't wish we would win the lottery, I wished you'd get the job.
 ほら、さっき、ウィッシュボーンをやった時、俺、宝くじがあたるように祈ったんじゃないんだ。俺は、君が仕事受かるように祈ったんだ。

Chandler: Oh, yeah? . . Listen, don't tell Monica, she'll rip your heart right out.
 そうなのか? (喜ぶ)なぁ、モニカには言うなよ。おまえの心臓引っ張り出されるぞ。

Joey: Oh, yeah.
 ああ、うん。

Rachel: You know what? There is a little part of me that really thought we were gonna win.
 ねぇ、心のどこかで、本当に当たるって気がしてたわ。

Ross: Me too. So much for my dinosaur/Amelia Earhart theme park.
 僕もだよ。恐竜とアメリア・イアハートのテーマパークのこと考えてたよ。

Phoebe: You guys, what was the Powerball number again?
 ねぇ、パワーボールナンバーは何番だった?

Monica and Ross: Seven.
 7だよ。
Phoebe: We won.
 当たったわ!

Rachel: What?
 えっ?

Phoebe: We won!
 当たったのよ!

Monica: Let me see!
 見せて!

Phoebe: Don't tear it.
 破っちゃだめよ。

Ross: Phoebe, you don't have any of the first five numbers.
 フィービー、ほかの5つの番号が当たってないじゃないか。

Phoebe: I know that, but look, we've got the Powerball number, we've won 3 dollars!
 わかってるわよ。でも、パワーボールナンバーよ。3ドル当たったわ!

Chandler: Wow, you'd think we should get that over 20 years or go for the big payout.
 ワオ・・それは20年ためとく、それとも大きな支払いにまわす?

Phoebe: I don't care, I've never won anything before, I can't believe this!
 何ドルでもいいのよ。当たったなんて初めてなんだから。信じられないわ!

Rachel: So Pheebs, what are you going to do with your $3?
 それじゃフィーブス、3ドルを何に使うの?

Phoebe: It's not all mine. We all get 50 cents.
 これ全部が私のじゃないわ。みんなが50セントずつよ。

Monica: You know what? You can have mine.
 ねぇ、私の分はあげるわ。

Chandler: Me too.
 俺も。

Joey: Me too.
 俺も。

Rachel: Me too.
 私もよ。

(ロスに注目が集まる)
Ross: I guess if everybody else is...
 (渋々)みんながそう言うなら・・・

《セントラルパーク》

Joey: Hey, guys, so I just called the Powerball hotline, can you believe it? Nobody won.
 なぁ、今パワーボール・ホットラインに電話かけてみたんだけど、信じられるか? 誰も当たってないんだって。

Phoebe: I beg to differ.
 私は当たったわよ(コーヒーとマフィンを見せる)

Gunther: Maybe nobody won the jackpot, but there was this guy in here earlier, and he found the ticket on the street, right outside, and won $10,000.
 最高額は誰も当たってないかもしれないけど、でも、さっきここに来た人が、このすぐ前の道で拾ったくじで、10,000ドル当たったんだって。(103万円ぐらい)

(5人がフィービーを見る)

Phoebe: Coo, again. Don't blame the pretty lady. It was not her fault. It was me, the pigeon, coo! . . Seriously, stop staring at her.
 (カップで口を隠してしゃべり出す)再びクー・・。かわいい女性を責めないで。彼女のせいじゃないんだから。僕、鳩の僕のせいだから、クー。・・ほんと、彼女を見つめるのやめてあげて。

(キョロキョロするジョーイ)






にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 00:20| Comment(0) | Season 9 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。