2013年12月08日

9-16 The One With The Boob Job

9-16 豊胸手術?の話

 ☆すれ違う二人☆

《モニカ達の部屋:書類を見る2人》

Chandler: Did you see our bank statement? Can this be right?
 銀行の残高見た? こんなのあり?

Monica: I know...God. I haven't seen my savings take a hit like this since I was a kid and they came up with double-stuffed Oreos. What happened to all our money?
 そうなのよ。ああ。貯金がこんなに打撃をうけるなんて、クリーム2倍オレオ以来よ。私達のお金どうなっちゃったの?

oreosdoublestuf.jpg
(Double Stuffed Oreo)

Chandler: I'm not sure what they did, but I'm inclined to blame Enron.
 はっきりとはわからないが、エンロンのせいだという気がするよ。

(Enron = 不正経理などで2001年に経営破綻した巨大企業)

Monica: I guess with you doing the internship, we're just spending more than we're bringing in.
 あなたが見習い期間中だから、私達、稼ぐ以上に使っちゃってるのね。

Chandler: Maybe I should quit and get a job that pays.
 もう辞めて、給料のでる仕事を見つけるべきかな。

Monica: Oh, But you're finally doing something that you love! I can't ask you to give that up. Although it'd be nice if the thing that you love was you know... finding gold.
 ああ、でも、あなたがようやく好きな仕事についてるんだもの! それを諦めろなんて言えないわ。でも、あなたの好きなことが、金を見つけることとかならいいと思うけどね。

Chandler: You know what? You know what? I think we're making too big a deal out of this, okay? So we pay our bills a little late this month and maybe next month we cut back on a few things. And maybe we start eating out of Joey's refrigerator for a change. You're chef... what can you make out of backing soda and beer?
 なぁ、俺達、このこと大げさにし過ぎなんだよ、ね? 今月は支払いをちょっと遅らせて、来月は何かを節約すればいいんだ。それに、たまにはジョーイの冷蔵庫から食べたらいいんだよ。君はシェフだろ、ベーキング・パウダーとビールで何が作れる? 

Monica: All right, worse case scenario is...we borrow some money from my parents.
 最悪の場合・・うちの両親にお金を借りればいいのよ。

Chandler: No! We're not borrowing money.
 ダメだ! 金は借りない。

Monica: Why not?
 どうして?

Chandler: Because we don't do that. We are Bings! And if there's one thing my father taught me was... well, to always knock before going into the pool house. But the other thing was never borrow money.
 金は借りないからだ。ビング家だからだ! 父親が教えてくれた。プール・ハウスに入る前にはノックしろ。それと、金は借りるな。

Monica: Wow! I Had no idea you had this much pride.
 ワオ! あなたがそんなにプライドが高いなんて知らなかったわ。

Chandler: That's right! I do! And I'm your man. And I'm going to get us through this situation even if it means you working twice as hard.
 そうだぞ! そうなんだ! 俺は男だ! この状況を、なんとしてもくぐり抜けるぞ、君を2倍働かせてでもな!

《フィービーの部屋:映画を見終わった2人》

Mike: I'm gonna go.
 もう行かないと。

Phoebe: Why??
 どうして?

Mike: I haven't been home in a couple of days and I need to get some more clothes.
 2日ぐらい家に帰ってないだろ。少し服も必要だし。

Phoebe: Oh...you don't have to go, I have something that will fit you.
 そんな・・行かなくてもいいじゃない。あなたが着られるもの持ってるわよ。

Mike: I put that tube top on as a joke.
 あのチューブトップを着たのは、冗談だったんだからね。

Phoebe: I want you to stay.
 ここにいてほしいの。

Mike: I want to stay too but I've gone as bad as much use out of these boxers as I can..
 僕もここにいたいけど、このボクサーはきつくした感がありありで・・

Phoebe: Why don't you turn them inside ou...
 裏返しにしてはいたら・・

Mike: Done it. I'll be back in a couple of hours.
 もうやった。2時間くらいで帰ってくるから。

Phoebe: All right. I’ll miss you.
 わかったわ。寂しいわ。

Mike: Me too. . . . You know what? I just realized something. I don't wanna go home.
 僕もだよ。(出て行き、すぐ戻ってくる)ねぇ、今気づいたんだけど、家に帰りたくない。

Phoebe: Great! Okay, I’ll go get the tube top.
 よかった! それじゃ、チューブトップとってくるわね。

Mike: No, no! What I mean is, I hate going back to my apartment now. And partly because I live above a known crack den but... mostly because when I'm there, It's just, I really miss you. So.. do you want to move in together?
 いや、そうじゃなくて、言いたいのは、僕の部屋に帰りたくないってことなんだ。ちょっと知られたヤク中のたまり場の上に住んでるっていうせいもあるけど、それより、あそこにいると・・とにかく、とにかく君が恋しいんだ。だから・・一緒に住まない?

Phoebe: Wow, Mike Hanigan...You sure know how to make a girl say "Hell, yeah!"
 ワオ・・マイク・ハニガン・・あなたって、「ああ、もちろんよ!」って言わせるの上手ね!

Mike: So we're doing it?
 それじゃ、そうする?

Phoebe: Yeah! Let's do it! Let's live together! . . Oh, God, we're really going to move in together!
 ええ! そうしましょう! 一緒に住むのよ!(ハグ・キス)ああ、私達本当に一緒に住むのね!

Mike: Yeah!
 ああ!

Phoebe: I've always wanted to live with a guy. "Pick up your socks!" "Put down the toilet seat!" "No! We're not having sex anymore!" It's gonna be fun!
 ずっと、男の人と住んでみたかったのよね! 「靴下を拾いなさい!」「トイレシートを下ろして!」「いやよ! もうあなたとセックスしないから!」・・楽しくなりそうだわ。

《ジョーイの部屋:モニカが来る》

Monica: Hey, Joey!
 ジョーイ!

Joey: Hey!
 やぁ。

Monica: Listen...I need to know that what I'm about to ask you, will never get back to Chandler.
 ねぇ、これから頼みたいこと話すけど、それを絶対チャンドラーに言わないでくれる?

Joey: I'd be lying if I said I haven't thought about it myself. Chandler is my best friend, it would be wrong. Good.....But wrong.
 それを考えたことはないというとウソになる。でも、チャンドラーは俺の親友だ。それは間違ってる。いいだろうけど・・・でも間違ってる。

Monica: Okay, first of all, it would be great. But that's not what I'm here to talk to you about. I need to borrow some money.
 オーケー。まず第一に、それは素晴らしいでしょうね。でも、私が言ってるのはそんなことじゃないの。お金を貸してほしいのよ。

Joey: Aww, I don't know, Monica. You know, um... lending friends money is always a mistake.
 ああ、それはどうかな、モニカ。友達に金を貸すっていうのは、間違ってるんだよ。

Monica: But Chandler lent you money!
 でもあなたチャンドラーから借りてるじゃない!

Joey: And I think he would tell you it was a mistake.
 それでやつは君に、それは間違いだったって言っただろう。

Monica: Come on...I just need it for some rent and..and some other bills.
 ねぇ、家賃とか、そのほかの支払いにいるのよ。

Joey: Oh...how much?
 そうか、いくら?

Monica: Two thousand dollars?
 2,000ドル。

Joey: Two thousand dollars!? What do you think I am? I soap opera star!?
 2,000ドルも?! 俺のこと何だと思ってるんだ? 昼ドラのスターか?!

Monica: Yeah.
 ええ。

Joey: That's right, I am!
 その通り!(小切手を書いて渡す)

(レイチェルが来る)
Rachel: Hi, you guys!
 ハーイ、あなた達!

Joey & Monica: Hey!
 ハーイ。

Joey: Oo...what's in the bag?
 なんだ、その袋の中身は何?

Rachel: Oh er... well, you know, Emma started crawling? I realized that this place, is very unsafe for a baby. So I went to the store and got some stuff to baby-proof the apartment.
 これね、ほら、エマがハイハイするようになったじゃない? ここは赤ちゃんにとって危険だと思って。それでお店に行って、赤ちゃんに安全なようにする道具を買ってきたの。

Joey: Oh, baby-proofing... Why is this such a big deal now? You know, when I was a kid it was like.. "Whoops! Joey fell down the stairs!" or er.. "Whoops! Joey electrocuted himself again!" Huh!
 ああ、赤ん坊の安全のため。なんでそんな大騒ぎするんだ? 俺の小さい頃なんて、「おっと! ジョーイが階段から落ちたぞ!」とか、「おっと! ジョーイがまた感電したぞ!」なんてもんだったぞ!

Monica: Anyway, um, are you going to get a handyman to install this stuff?
 ・・それより、あなた、人を雇ってやってもらうの?

Rachel: No. I was just going to do this myself.
 いいえ。私が自分でやるのよ。

Joey: You're gonna do it?
 (大笑い)君が自分でやるだって?

Rachel: Yeah, Why? You don't think a woman can do this?
 そうよ。なに? 女にはできないっていうの?

Joey: Oh, women can. You can't.
 女にだってできるさ。君には無理。

Rachel: Monica, will you please tell Joey that he is a pig?
 モニカ、ちょっと、ジョーイに、イヤなやつって言ってやってくれる?

Monica: You're a pig. And you can't do this.
 (ジョーイに)いやなヤツね。(レイチェルに)そして、あなたにはこれは無理。

Rachel: Wha!? What!? Come on! I found the hardware store all by myself!
 な? なんなの? なによ! ホームセンターだって自分で見つけたわよ!

Joey: The hardware store is right down the street.
 ホームセンターなんて、この通りをちょっと行ったとこにあるじゃないか。

Rachel: There is a hardware store right down the street?
 この通りをちょっと行ったとこにあるの?

《セントラルパーク:フィービーとマイクが来る》

Phoebe: Hey, you guys! Okay, we've got great news.
 ねぇ、みんな! 私達、すごいニュースがあるの。

Mike: Phoebe and I are moving in together.
 フィービーと僕、一緒に暮らすんだ。

Monica, Chandler, Ross: Congratulations!/Good for you!/Great!
 おめでとう! よかったね! すごいな!

Phoebe: I know, it's so exciting! You know, I've never lived with a guy before.
 そうなの、もうワクワクよ! 私、男の人と一緒に暮らすなんて初めてなんだもん。

Monica: Well, you know, it's just like living with a girl. Only they don't steal your makeup. Unless they're playing "This is what my sister would look like"
 女の子と一緒に暮らすのと同じだわ。ただ、お化粧品を盗まれないだけ。その相手が、「僕に妹がいたらこんな感じ」とか言って遊ばない限りね。(チャンドラーを見る)

Chandler: Yeah, she's not so cute.
 ああ、あんまりかわいくなかったよな。

Mike: I'm gonna go to the bathroom.
 バスルームに行ってくるよ。

Phoebe: Okay, well, you put down the toilet seat.
 ちょっと、トイレシートは下ろしてね。

Mike: Yes, dear.
 わかりました。

Monica: Is that a bit you guys do?
 それって2人でふざけてるの?

Phoebe: Uh huh...we're playing you two.
 そうよ。あなた達のマネして遊んでるの。

Monica: We don't do that! Tell her we don't do that!
 私達そんなことしないわよ! (チャンドラーに)そんなことしないって言ってよ!

Chandler: Yes, dear.
 わかりました。

Ross: I can't believe you guys are moving in together. That's, that's great! I mean...I'm happy for you guys..
 2人で暮らすなんて信じられないな。すごいじゃないか! よかったね。

Monica: I hear wedding bells.
 ウェディング・ベルが聞こえる〜。

Phoebe: Monica, slow down! Okay? I'm just excited to be living with him. You know, I mean, I don't know. Can I see someday being married to Mike? Sure! Yeah. You know..I can picture myself walking down the aisle in a wedding dress that highlights my breasts in an obvious yet classy way. But do I want that house in Connecticut, you know, near the good schools where Mike and I can send Sophie and Mike Junior? Oh, my God, I do.
 モニカ、先走らないで、いい? ただ一緒に住むことで嬉しいの。わからないけど・・。いつかマイクと結婚するなんて想像がつく? つくわよ! そうね・・胸を強調した、でも上品にね、そんなウェディング・ドレスを来て祭壇へ向かう自分が想像つくわ・・でも家はコネチカットの、いい学校のそばよね。マイクと私が、ソフィーとマイク・ジュニアを送っていけるの・・オーマイゴッド! そうしたいわ。

Ross: Phoebe, I had no idea you were so conventional.
 フィービー、君がそんなふうに普通のことを願ってるなんて知らなかったよ。

Phoebe: I know! I guess I am! Oh, my God! Load up the Volvo I want to be a soccer mom!
 そうなのよ! 私もそうなのね! ああ! ボルボに乗せて、ああ、サッカーママになりたいっ!

Mike: You ready to go?
 (戻ってきて)もう行ける?

Phoebe: Yeah! You bet, roomie!
 ええ。もちろんよ、ルーミー!

Monica: Don't you mean “groomie” ?
 「グルーミー」じゃないの?

(groom = 花婿(bridegroomの略))

Mike: What are you talking about?
 何を言ってるの?

Phoebe: Oh, please, these guys, we haven't even moved in yet and they have us picking out china patterns.
 ああ、やめてよ、この人達ったら、私達まだ同居を初めてもいないのに、ブライダル食器の模様を考えてるのよ。

(ひきつった笑顔のマイク。出て行きかけて戻るフィービー)

Phoebe: China patterns!!!!!
 (モニカに)ブライダル食器!

《ジョーイの部屋:レイチェルが引き出しをあけて何かしている》

Rachel: This is easy...Can't do this! . . . Oh! Wow! Seriously. Can't do this.
 こんなの簡単よ。できるわよ。・・(袖が引き出しにくっついて離れない)あっ! まぁ、マジで私できないわ。

《セントラルパーク》

Chandler: Hey, Joe!
 やぁ、ジョー!

Joey: Hey!
 やぁ!

Chandler: Listen, I need to ask you a favor but you can't tell Monica anything about it.
 なぁ、ちょっと頼みがあるんだが、モニカには言わないでほしいんだ。

Joey: I thought you didn't have secrets from Monica.
 モニカに秘密は持たないんじゃなかったのか。

Chandler: And that would have made the official party line. Monica and I are having a little financial trouble.
 それは表向きの方針ということにしておこう。モニカと俺、経済的に困ってるんだ。

Joey: Yeah, I know.
 ああ、知ってるよ。

Chandler: What? What do you mean you know?
 なに? どういうことだ、知ってるって?

Joey: Err... I just figured it out! You know, I mean you're not working and the economy is bad.
 あー・・そうだろうと思ったんだよ。おまえは働いてないし、景気は悪いしな。

Chandler: Oh! Right.
 ああ、そういうことか。

Joey: That's the fastest I have ever thought!
 (独り言)こんなに早く考えたの初めて!

Chandler: Anyway, err... I need to borrow some money.
 とにかく・・あー・・少し金を借りたいんだ。

Joey: Oh! Sure! How much? Two thousand dollars?
 ああ、いいよ! いくら? 2,000ドル?

Chandler: Yes! Two thousand dollars exactly! How do you know that!
 そうだよ! 2,000ドルぴったり! なんでわかったんだ?

Joey: Err...Well, I Know how much you used to make and I know how much your rent is.
 あー・・そりゃ、おまえの以前の給料知ってるし、家賃も知ってるしさ。

Chandler: Oh, okay.
 ああ、そうか。

Joey: I am on fire!
 (独り言)俺絶好調!(小切手を書いている)

Chandler: Listen...this is really nice. Do you... Did you write a check to Monica for two thousand dollars? Did Monica borrow money from you?
 (ジョーイに近づいて見ながら)なぁ、本当にありがたいよ。おまえ・・おまえモニカに2,000ドルの小切手きったの? モニカがおまえから金を借りたのか?!

Joey: Err... Kind of.
 あー・・まぁね。

Chandler: I can't believe her! Did she tell you we were having money problems?
 信じれないな! 彼女、うちが金に困ってるって言ったのか?

Joey: Oh, no, no, no, no, no. It wasn't... It wasn't because of your money problems, it was for something for her.
 いや、違うよ、違う違う。それは・・おまえんちの金の問題じゃないよ。何か・・彼女自身のことのためだよ。

Chandler: What?
 なに?

Joey: Something personal, yeah.
 個人的なことだよ、うん。

Chandler: What would she get for herself for two thousand dollars that she wouldn't tell me about?
 個人的なことに2,000ドル使って、そして俺に言わないって、どういうことだ?

Waitress: Excuse me.
 (2人の間に手を出しカップを取る)失礼します。

Joey: Boob job.
 (その胸を見て)豊胸手術だよ。

Monica: I don't want her to get a boob job! That's crazy!
 豊胸手術なんてしてほしくないよ! そんなバカな!

Joey: Well, it's...It's not that crazy, okay? Making them smaller, that would be crazy.
 いや・・それほどでもないだろ? もっと小さくしたいっていうなら、それはバカげてるけどさ。

《フィービーの部屋》

Mike: Well, hey, I wanna ask you about Monica's little "groomie” joke.
 ねぇ、モニカが言ってた「グルーミー」っていう冗談のことだけど。

Phoebe: Oh! Alright. I think the reason people laugh is because it's a play on the word “roomie.”
 ああ、あれね。みんなが笑ったのは、ルーミーって言葉との、ダジャレだからね。

Mike: No. I get the joke. Sophisticated as it was. Now the thing I wanna say is... maybe we should have talked about this before. Us living together, you're not expecting a proposal, right?
 いや、それはわかってるよ。洗練されたジョークだ。僕が言いたいのは・・・これは前に話すべきだったかもしれないけど、僕らが一緒に住むこと、君、プロポーズを期待してないよね?

Phoebe: Oh, no! No! Not at all. We're just moving in right now. See where it goes.
 あら、いいえ! いえいえ、全然! 私達同居を始めようってところよ。後のことはわからないわ。

Mike: Yeah well, that's the thing. For me it's as far as it can ever go.
 ああ、それなんだけど。僕にとっては、ここまでなんだ。

Phoebe: What do you mean?
 どういうこと?

Mike: Look. Phoebe, I-I love you. Very much. But I never want to get married again.
 ね、フィービー、愛してるよ。すごく。でも、もう二度と結婚はしたくないんだ。

Phoebe: Oh. Wow.
 まぁ・・ワオ・・。

Mike: It's just my first marriage was, you know, such a disaster. I kind of lost faith in the whole idea.
 最初の結婚が・・ホントにすごいひどいものだったから。結婚そのものに対して否定的なんだ。
 
Phoebe: Was it really that bad?
 そんなにひどかったの?

Mike: At one point near the end she deliberately defecated.....
 終わり頃なんて、一度、彼女はわざわざ排便を・・

Phoebe: Okay, well, that's bad. But don't you think it might be different with someone else? Perhaps a blonde who always uses a toilet. Except for once in the ocean.
 わかった、それはひどい。でも、他の人とは違うだろうって思わないの? いつもトイレを使うブロンド女性となら? 一度海であったことは別だけど。

Mike: Look, it's not about who I would marry. And I was certain the first time I got married it would last forever. And I was totally wrong!
 ねえ、誰と結婚するかじゃないんだよ。そして僕は、最初に結婚した時、一生続くと思っていた。でも全然間違っていた!

Phoebe: But it's just...
 でもそれは・・

Mike: Look, Phoebe, It's not about you. I just never wanna get married again.
 ね、フィービー、君のせいじゃないんだ。僕はとにかく、二度と結婚はしたくないんだ。

Phoebe: Oh!
 ああ。

Mike: I'm sorry. Are you okay with that? Cause if not...maybe us moving in together isn't the best idea.
 ごめんよ。それでもいい? もしダメなら・・一緒に住むのはよくないかもしれない。

Phoebe: No! I definitely don't wanna get married. No, I just wanted to make sure you didn't want to too. Whew! Coz you know when we move in and you start changing your mind there's gonna be hell to pay, mister!
 いいえ! 私も絶対結婚はしたくないわ。私はただ、あなたも結婚したくないか確かめたかっただけ。ヒューッ! 一緒に暮らすようになって、あなたが気が変わったりしたら大変なことになっちゃうでしょ。

Mike: Trust me, I will never...
 信じていいよ、僕は絶対・・

Phoebe: Yeah, I get that. Yeah.
 ええ、わかったわよ、わかった。

《ジョーイの部屋:安全器具をつけてもらっているレイチェル。モニカが来る》

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Monica: So you gave in and decided to call someone?
 それじゃ諦めて人を呼んだのね?

Rachel: Yeah, I don't know who I was kidding. I can barely use chopsticks.
 ええ。私ったら何言ってたのかしらね。お箸だって満足に使えないのに。

Handyman: You're all set.
 できましたよ。(荷物をまとめる)

Rachel: Oh, thank you so much. . . Oh, oh, wait! You forgot your erm...Your game.
 あ、ありがとうございました。(水平器を見つける)あ、待って! 忘れてるわよ、この・・ゲーム。

Handyman: Thank you.
 ありがとう。(受け取って出て行く)

(チャンドラーが来る)
Chandler: Hey, Rach! There she is…my perfectly proportioned wife.
 やぁ、レイチ! ああ、いたね、僕の完璧なプロポーションの妻。

Rachel: Don't look at me I never get his jokes.
 (モニカに)私に助けを求めてもダメよ、私には彼のジョークわからないんだから。

Monica: Thank you?
 ありがとう・・。

Chandler: Oh, no..don't thank me. Thank you. You know, there's not one thing I would change about you? Not one single thing! And definitely not... two... single things.
 いやいや、俺に感謝じゃないよ。感謝するのはこっちだよ。君の何もかも、変わらないでいてほしいよ。ただの一つもね! 絶対にその2つのもの達ね。

Monica: Okay, you're being weird. Do you want sex, or did you do something bad?
 あなた、変ね。セックスしたいの、それとも、何かやっちゃったの?

Chandler: No, no! I just love the way you look, I am warm, for your form.
 いやいや! 君の見た目が好きってことだよ。君のそのスタイルに熱くなるよ。

Monica: Okay..You know the old classics you know, “You look nice”? They're still okay.
 オーケー・・・ねぇ、昔からある言葉知ってるでしょ、「君素敵だね」? あれまだ使えるのよ。

Chandler: Well, yes, yes... You look nice can mean that your face looks nice. I want to compliment your body. I mean..I wouldn't change it. At all. And more specifically, I wouldn't want anything to get any bigger.
 ああ、そうそう。君素敵だねってのは、顔が素敵だってことだろ。俺は、君の体を褒めたいんだ。変わってほしくない。まったく。そして特に、今以上に大きくなって欲しくない。

Monica: Okay.
 そう。

Chandler: I mean, you wouldn't want any part of me to get any bigger, would you?. . . Don't answer that.
 君だって、僕のどこかが大きくなってほしくないだろ? ・・・返事しないで。(出て行く)

Rachel: Just when you thought that dude couldn't get any weirder.
 あなたいつ、彼がこれ以上おかしくならないだろうって判断したの?

Monica: I know, why do you think he was so worried about me getting bigger?
 本当にね。どうして私が大きくなるとか心配してるのかしら?

Rachel: I don't know! I mean, what brought that on?
 わからないわよ! あれどういうことなの?

Monica: Oh, my God. We're trying to get pregnant so he's probably starting to freak out about the fact that my body is gonna change.
 ああ、わかった! 子供を作ろうとしてるから、私の体が変わって行くことを考えてビビってるのよ。

Rachel: No, you really think that's what it is?
 まさか。ほんとうにそんなことだと思う?

Monica: You heard him! "No bigger!" "You're perfect!" "Just don't get any bigger!" My God, he sounded just like my high school wrestling coach. You know what? I'm gonna have to talk to Chandler.
 彼がそう言ったでしょ! 「大きくなるな」「君は完璧だ」「今以上に大きくなるな!」ああ、彼まるで、高校の時のレスリングのコーチみたいだったわ。ねぇ、私、チャンドラーと話さなきゃ。

Rachel: Yeah! If you don't I will! Of course your body's gonna change. Your breasts are gonna get bigger, your ass is gonna get bigger, you're gonna lose bladder control. . . God! It's just such a magical time!
 そうよ! あなたがしないなら、私が話す! もちろん体が変わってくるわよ。胸は大きくなるし、お尻も大きくなるし、膀胱のコントロールもきかなくなる。(メソメソ)ああ、本当にマジカルだったわ!

《ロスの部屋:フィービーが来る》

Phoebe: Hi
 ハーイ。

Ross: Hey!
 やぁ!

Phoebe: Listen, I wanted to ask you something about marriage.
 ねぇ、結婚について、あなたに聞きたいことがあるの。

Ross: Oh, great. Now you're seeking me out to make jokes? I mean I can see for all hanging out but to come to my home!
 ああ、すごいね。からかうために探してきたの? どこかで一緒にいる時でもいいのに、わざわざ家に来るなんて。

Phoebe: No...I really wanted to know how you feel about it.
 違うの。本当に、あなたがどう思っているか聞きたいの。

Ross: Why?
 どうして?

Phoebe: Mike doesn't ever wanna get married.
 マイクは結婚したくないんだって。

Ross: Never?
 絶対に?

Phoebe: Never.
 絶対に。

Ross: Wow, are you still going to move in with him?
 ワオ・・・それでも彼と一緒に暮らすの?

Phoebe: I want to, but I just want you to tell me that marriage really isn't that big a deal. You know, that I won't, I won't be missing out on anything. That marriage stinks!
 そうしたいわ。ただ、あなたに、結婚なんてたいしたことじゃないって言ってほしいの。私が何か特別なものを見逃しちゃうわけじゃないって。結婚なんて最悪って。

Ross: Yeah, marriage... stinks! I mean if you wanna see a man gain weight and a woman stop shaving? Get them married.
 ああ、結婚なんて・・最悪だよ。ただ太っていく男と、むだ毛処理もしなくなった女を見たかったら、2人を結婚させろってね。

Phoebe: That's not how you really feel is it?
 あなたが本当に感じてることはそうじゃないのね?

Ross: No, I'm sorry. Look, I know it’s not what you wanna hear right now but I can't help it. I love marriage.
 うん。ごめん。君が今聞きたいこととは違うってわかってるけど、ダメだよ。僕は結婚が大好きなんだ。

Phoebe: Seriously? You divorce-o?
 本当に? あなたみたいな離婚屋が?

Ross: If you have to call me name, I prefer "Ross the Divorcer". It's just cooler. Look, I know my marriage isn't exactly work out. But I love to be that committed to another person. And Carol had some good times before she became a lesbian... and once afterward. I'm sorry.
 そういう名前をつけたいなら、「ロス、離婚上手」と言ってほしいな。その方がかっこいいだろ。ねぇ、僕の結婚はうまくいかなかったけど、でも、誰かと誓い合う関係っていうのが好きなんだ。キャロルと僕だって、彼女がレズビアンになる前はとても楽しかった。・・その後にもちょっと。ごめんよ。

Phoebe: It's okay, that's how you feel.
 いいのよ。それがあなたの感じることなんだもんね。

Ross: But come on! I mean living together will be great! I mean you guys have so much fun and you love Mike.
 でも、ほら! 一緒に住むって素敵じゃないか! 君たちきっとすごく楽しいだろうし、君はマイクを愛してるだろ。

Phoebe: I do love Mike.
 本当に彼を愛してるわ。

Ross: Yeah, see? And you are so excited about moving in together before, and you know what? You should be. It's a big deal!
 だろう? 君、一緒に暮らすことをあんなに喜んでたじゃないか。そうするべきだよ。すごいことなんだから!

Phoebe: Yeah, I guess you're right. Yeah, thanks. This helped. Thanks.
 そうね。あなたの言う通りよね。ええ、ありがとう。助かったわ。ありがと。

Ross: The Divorcer, to the rescue!
 離婚上手、救助に走る!

Phoebe: It's not cooler.
 かっこ良くない。

Ross: Yeah, I just heard it.
 うん。自分でもわかった。

《ジョーイが部屋に帰り、引き出しを開けようとするが開かない》

Joey: Rach?! . . Rachel!!!!? . . So I can't do anything I like????
 レイチ?! (返事がない。冷蔵庫へ行くが、開かない)レイチェル!!(バスルームへ行くがフタが開かない)これじゃ俺、何もしたいことできないの?!

《モニカ達の部屋:チャンドラーが来る》

Chandler: Hey, Rach! Ah........ Perfection. . . Wouldn't change a thing. Not a thing.
 やあ、レイチ!(モニカを見て)ああ・・完璧。(キス)何も変えないで。何一つ。

Monica: Honey?
 ねぇ?

Chandler: Yeah?
 なに?

Monica: About that? Um...I'm going to change.
 そのことだけど。・・私、変わるわよ。

Chandler: Yes, but, honey, you don't have to.
 ああ、でもね、そんな必要はないんだよ。

Monica: I'm going to get bigger!
 私は大きくなるわよ!

Chandler: Honey I... I love your breasts the way they are!
 ハニー・・僕はそのままの君の胸が好きだよ!

Rachel: Argh. fascist.
 もうっ! ファシストめ。

Monica: Well, my breasts are going to get bigger weather you like it or not! And you know what? It's not just my breasts. My ass is going to get bigger too.
 あなたがどう思おうと、私の胸は大きくなるわよ。いい? 胸だけじゃないわよ。お尻だって大きくなるんだから!

Chandler: Your ass?!?!?
 お尻も??

Rachel: Man, don't be surprised if her hands and her feet get bigger too!
 ああ、手や足も大きくなったって、驚かないでよ!

Chandler: They...do that?
 そうなるの?

Monica: It's kind of a package deal!
 ひとまとめでそういうものよ!

Chandler: God! Why why would you want to do that to yourself!?
 なんてことだ! だけど、なんで自分でそんなことするんだ?

Monica: I thought I was something that we both wanted!
 私達2人ともが望んだことだと思ったんだけど。

Chandler: Alright look, if it means that much to you, I may be able to get onboard with the big boobs. But the giant ass and the big clown feet?
 いや、いいか、君にとってそんなに大事なことだっていうなら、俺も大きな胸には賛成してもいいかもしれないけど、でも、でっかいお尻や、バカの大足?

Rachel: Oh, my God, Chandler! If you can't handle this, what are you going to be like in the hospital? With the blood and the screaming and the little present that's shooting out of her!?
 なんてこというの、チャンドラー! そんなことも耐えられないようじゃ、病院へ行ったらどうするの? 血は出るし、叫ぶし、彼女からちっちゃなプレゼントが飛び出してくるのよ!

Chandler: What?
 は?

《ジョーイの部屋:レイチェルとモニカとチャンドラーがくる》

Rachel: Joey! Why did you tell Chandler that Monica was getting a boob job?
 ジョーイ! どうしてチャンドラーに、モニカが豊胸手術するなんて言ったの?

Joey: Because she is!
 するからだよ!

Monica: Joey, Chandler knows I borrowed the money.
 ジョーイ、チャンドラーは私がお金を借りたこと知ってるのよ。

Joey: Mmmm hmm! For your boob job!
 そうだよ。豊胸手術のためにね。

Chandler: Joe!
 ジョー!

Rachel: Stop it!
 やめなさいよ!

Monica: It's over.
 もういいのよ。

Joey: Okay, so I'm out four thousand dollars and nobody's boobs are getting any bigger?
 そうかよ、それじゃ俺は4,000ドルも出してるってのに、誰もおっぱいでかくしないのか?

《フィービーの部屋:ロスが引っ越しを手伝う》

Ross: Hey! What do you guys think about this. "Ross, the Divorce-Force".
 ねぇ、これどう思う?「ロス、離婚勇者」

Phoebe: Better.
 よくなった。

Ross: Yeah?
 でしょ?

Mike: Very cool.
 すっごいカッコいい。(離れる)

Ross: Hey, Pheebs, you know I'm really glad you came to talk to me the other day and I hope I was a little helpful.
 ねぇ、フィーブス、この前、話しに来てくれて本当にうれしいよ。助けになればよかったんだけど。

Phoebe: Oh, yeah, you were helpful! Yeah, no, thanks you.
 ああ、助けになったわよ。ええ、ほんと、ありがとう。

Ross: Good, good. Yeah, coz the more I thought about it, the more I realized I don't think marriage is necessarily the right path for you.
 よかった。よかったよ。考えれば考えるほど、結婚は君にとって正しい選択とは言えないって気がしてきてさ。

Phoebe: What do you mean?
 どういうこと?

Ross: Well, I know the other day in the coffeehouse you were caught up in the whole soccer mom thing? But is that really you? I mean, can you honestly picture yourself in a Volvo?
 コーヒーハウスでこの前、君がサッカーママとか言ってただろ? でも、本当にそれが君らしい? 本当にボルボに乗る自分を想像できる?

Phoebe: They are awfully boxy...
 あれは本当に四角いわよね・・

Ross: I don't know you'd be so bored with marriage. I mean it's so... normal.
 君は、結婚に退屈しちゃわないかな。だって、すごく普通なんだよ。

Phoebe: Uh huh. Yeah.
 ええ、そうね。

(チャンドラーとモニカとジョーイとレイチェルがカウチを運んでくる)

Ross: Hey, hey, can I help?
 あ、ねぇ、手伝おうか?

Chandler: Well! We er..climbed up four flights of stairs, maneuvered a narrow hallway, dodged a rabid pit bull... But these last three feet are where it gets really tricky.
 ああ! 狭い廊下を工夫して通って、凶暴なピットブルを避けて、4階のここまであがってきたところだけど、ああ、この最後の1メートルが大変だから助けてほしいよ。

Ross: You know, sometimes your words... they hurt.
 ね、君の言葉って時々・・・傷つく。

Joey: Hey, where do you guys want this?
 なぁ、これどこに置く?

Rachel: Yeah, seriously, coz this is really heavy. . I mean not for me because I’m only pretending to hold it, but for these guys.
 ええ、ほんと。これ本当に重いのよ。・・私は持ってるフリだからいいけど、この人達のために。

Phoebe: Just one last time, um... the marriage thing... there's no wiggle room? None at all?
 (マイクに)もう一度だけ聞くけど、結婚のこと・・考える余地は? 全くないの?

Mike: No, but... You don't want to get married either, right?
 いや。でも・・。君も結婚したくないんだよね?

Phoebe: Right. Except that I do want to get married.
 そうよ。でも、結婚したいの。

Joey: Couldn't have this conversation down at the truck, huh?
 運んでくる前に話せなかったかな?

Mike: You wanna get married?
 君、結婚したいの?

Phoebe: Someday.
 いつかはね。

Chandler: Aaaaand....... hernia.
 (まだカウチを持っている3人)これで・・・ヘルニアだ。

Phoebe: I haven't exactly had a normal life. And I never really felt I was missing out on anything. But it just feels that now it's my turn to have some of the regular stuff.
 私、普通の生活を送ってこなかったわ。それでも別に、何かが足りないとは思わなかった。でも、私ももう普通のことを経験してもいいんじゃないかって思うの。

Mike: But if you wanna get married why didn't you say something before?
 でも、結婚したいんだったら、どうして前に言わなかったの?

Phoebe: Because I just didn't know how much I wanted it. And I love you, and I wanted to live with you.
 だって、私もどんなに結婚したいかわからなかったの。それにあなたを愛してるし、一緒に住みたかった。。

Mike: I want to live with you too! Let's do that!
 僕も君と一緒に住みたいよ! 一緒に住もう!

Phoebe: But I don't think I can! It was okay to move in when I didn't know what was gonna happen, but I can't move in knowing that nothing is ever gonna happen.
 でも、できないわ! 何が起きるかわからない間は、同居してもいいと思ったけど、絶対に起きないってわかっていて、一緒に暮らせないわ。

Mike: Can we at least try living together? You might change your mind about marriage.
 一緒に暮らしてみることさえできない? 君も結婚に関して気持ちが変わるかもしれないだろ。

Phoebe: Are you gonna change yours?
 あなたは変わるの?

Mike: No.
 いいや。

Phoebe: Me neither. I think I need to be with someone who wants what I want.
 私もよ。私、私と同じものを求めている人といるべきだと思うわ。

Mike: But I don't want this to end.
 でも、僕らこれで終わりにしたくないよ。

Phoebe: No, I don't want it to end either.
 私も終わりにしたくはないわ。

Mike: I can't believe this is gonna end. I guess I'll have my stuff picked up.
 終ってしまうなんて信じられない。荷物はまた引き取りに来るよ。

Phoebe: Yeah. Okay.
 ええ、わかった。

Mike: Okay, so … Goodbye.
 わかった・それじゃ・・・(ハグ)さよなら。(出て行く)

Joey: Take it easy, Mike!
 気をつけてな、マイク!

Chandler: Good luck!
 頑張って!

Monica: Bye mike!
 バーイ、マイク!

Rachel: Bye bye now!
 それじゃぁね!

Rachel: I'm so sorry, Pheebs.
 残念だったわね、フィーブス。

Monica: We're all sorry...
 本当に、残念よ。(グループハグ)

Chandler: Ah, look on the bright side, I mean you won't have to live with this ugly chair! That was here already, huh? I love you.
 でも、いいこともあるだろ。ほら、あのひどい椅子を置いておかなくても済むんだ! ・・・あれはもともと君の?・・愛してるよ。

《ジョーイの部屋:力ずくで冷蔵庫をあけたジョーイ》

Joey: Ah hah! I did it! I did it! Ha ha! All right... Better take all I can carry. Who knows when I’ll be able to get in here again!
 ハッハー! やったぞ、やったぞ! ハハハ! よし。・・・運べるだけ持っていった方がいいな。今度いつ開けられるか、わからないからな!






にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 00:03| Comment(0) | Season 9 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。