2013年12月07日

9-15 The One With The Mugging

9-15 強盗されるの話

 ☆強盗フィービー☆

《セントラルパーク:チャンドラーが来る》

Chandler: Guys, guys, I've got great news! Guess what…
 やぁ、みんな! すごいニュースなんだよ! 何だと思う?

Joey: Uh, ah, Monica's pregnant?!
 あー・・モニカが妊娠した?

Monica: Really? . . . Let's get past the moment.
 本当?! ・・・ 忘れて。

Phoebe: What's your news?
 ニュースって何?

Chandler: Thank you. I got a job in advertising.
 ありがと。広告業界で仕事を見つけたんだ。

Monica: Oh, honey, that's incredible!
 まぁ、素晴らしいじゃないの(ハグ)

Phoebe: Gosh, what's the pay like? . . Oh, come on, people… come on, now, if I don't know who makes the most, how do I know who I like the most! . . Hey, Joey!
 それで、お給料は? (みんなに見られ)あら、何よ、みんな。一番稼いでるのが誰かわからなきゃ、どうやって誰を好きか知るのよ? ね、ジョーイ♪

Chandler: Actually, it pays nothing. It's an internship.
 実は、無給なんだ。見習いなんだよ。

Joey: Oh, that's cool. We have interns at 'Days Of Our Lives'.
 ああ、いいね。俺たちも「愛の病院日誌」に見習いがいるぞ。

Chandler: Right. So, it'll be the same except… less sex with you.
 そうか。それと同じだ、ただ、おまえとセックスはしないけどな。

Ross: So, uh, what kinda stuff do you think they'll have you do there?
 それで、そこでは、どういうことをすることになるんだ?

Chandler: Well, it's a training program, but at the end, they hire the people they like.
 研修期間を経て、最終的には、気に入られたら雇われるんだ。

Phoebe: That's great.
 いいわね。

Chandler: Yeah, I mean, there's probably gonna be some ground work which will probably stink, you know, grown man getting people coffee is a little humiliating.
 ああ。多分、下働きみたいなこともやらなきゃならないだろうな。いやな仕事で・・ほら、いい年をした男が、人にコーヒーを配るとか、カッコ悪いよな。

(ちょうどそのとき、ガンターがチャンドラーにコーヒーを出す)

Chandler: Humiliating and noble! . . .Thank you.
 カッコ悪いが立派だ。・・(ガンターに)ありがとう。

Ross: You know, if I didn't already have a job, I think, I would have been really good in advertising.
 もし僕が今仕事についてなかったら、僕もすごく広告業でうまくやれると思うな。

Monica: Ross, you did not come up with "got milk?"
 ロス、「ミルク入れた?」ってのはあなたの考えじゃないわよ!

Ross: Yes, I did, I did! . . I should have written it down!
 僕のだよ! 僕のだ! (ジョーイに)書き留めておけばよかったよ!

《モニカ達の部屋:ジョーイが来る》

Joey: Hey!
 やあ!

Monica: Hey!
 ハーイ!

Joey: Where's Chandler? I wanna wish him good luck on his first day. ... And I smelled bacon.
 チャンドラーは? 初出勤だから、頑張ってって言おうと思って来たんだけど・・・それと、ベーコンの匂いがしたから。

Monica: He just left.
 たったいま出かけたわよ。

Joey: Who did?
 誰が?

(レイチェルが来る)
Rachel: Joey! You never gonna believe it: she called.
 ジョーイ! 信じられないわよ、彼女から電話があったの。

Joey: She did?
 本当に?

Rachel: You got it!
 やったわよ!

Joey: I did?
 そうか!

Monica: What is she talking about?
 何の話?

Joey: I don't know, but it sounds great.
 わかんないけど、いい話っぽいじゃん。

Rachel: Your agent called. You got that audition.
 あなたのエージェントから電話だったのよ。オーディション受けられるのよ。

Joey: With Leonard Hayes?
 レオナルド・ヘイズとの?

Rachel: Yes!
 そうよ!

Joey: Oh, my god, that is great! That is for a play on Broadway. And in a real theatre, not that little one underneath the dali like last time.
 オーマイゴッド! すごい! ブロードウェイの芝居なんだぞ。本物の劇場でやるんだ。この前みたいに、デリの地下でやるんじゃないんだぞ。

Monica: Is it a good play?
 いい芝居なの?

Joey: Well, it must be, because I read and I didn't understand a singe word.
 ああ、そうに違いないよ。台本読んでも全然意味わからなかったもん。

Rachel: Yeah, and Leonard Hayes is starring in it…
 それに、レオナルド・ヘイズが出演するんだものね。

Joey: Yeah, yeah, and directing.
 そうそう、それに監督もね。

Monica: He was so good in that movie of MacBeth.
 マクベスでの彼、最高だったわよね。

Rachel: You saw that?
 あなたそれ見たの?

Monica: No, but… I saw the previews. They played it right before Jackass.
 ううん。プレビュー見たもん。「ジャッカス」放送の前にやってたの。

Rachel and Joey: Ah!
 ああ。

Joey: Yeah, he's done some amazing work.
 ああ、彼の演技は素晴らしいんだよ。

Rachel: Oh, yeah. Oh, I loved him in those cell phone commercials.
 そうよね。あの携帯のコマーシャルに出てた彼素敵だったわ。

Joey: I know. When the monkey hits him in the face with that giant rubber phone.
 だよな。サルがあのでっかいゴムの電話機で彼の顔を殴るのな。(みんなで笑う)

Monica: Hey! Maybe the monkey will be at the audition!
 ねぇ、もしかしたらサルもオーディションに来るかもね!

Joey: Don't make me more nervous than I already am!
 これ以上緊張させるなよ!

《チャンドラーの新職場》

Chandler: Good morning, everybody.
 おはよう、みんな。

Intern: Can I get you a cup of coffee, Sir?
 コーヒーお持ちしましょうか?

Chandler: Oh, no, no, I'm an intern, just like you guys… except for the tie, the briefcase… and the fact that I can rent a car.
 あぁ、いやいや、僕もインターンなんだ。君たちと同じだよ。ネクタイしてるしブリーフケースも持ってるし・・車のレンタルもできるけど。

(rent a car − 免許を取れるのは州によって違い、14〜21歳から。レンタルする場合は、保険会社が定める保険に加入する制限などなどのため、たいていは25歳ぐらいらしいです)

Intern: Seriously, you're an intern?
 マジで、あなたが見習い?

Chandler: Yeah, well, I'm kinda heading into a new career direction and, you know, you gotta start at the bottom.
 ああ、新しい分野でキャリアを積もうって思ってね、一からやり直しだよ。

Intern: Dude!
 おやまぁ!

Chandler: Right. Look, I know I'm a little bit older than you guys, but it's not like I'm Bob Hope. . . The comedian? USO?!
 まぁね。でも、君たちよりは年上だけど、でもボブ・ホープってわけじゃないんだからさ。(みんなわからないという顔で見つめる)コメディアンだよ? USO(United Service Organizations)?

(Bob Hope は2003年に100歳で亡くなっている。United Service Organizationsは慰問活動を行っていた)

Intern: Uhm, it's USA, sir.
 あー・・USAですよ。

《ジョーイのオーディション》

Receptionist: This is Joey Tribbiani. Joey, these are the producers and, as you probably already know, this is Leonard Hayes.
 こちらジョーイ・トリビアーニ。ジョーイ、プロデューサーと、それにご存知でしょうけど、レナード・ヘイズよ。

Joey: It is so amazing to meet you. I'm such a big fan of your work.
 お会いできて光栄です。(握手)僕、あなたの作品はみな大好きなんです。

Leonard: Well, I've… I've been blessed with a… a lot of great roles.
 まぁ、たくさんのいい役に恵まれたよ。

Joey: Tell me about it! "Unlimited nights and weekends!"
 まったくですよ! 「夜間と週末は無制限!」ってね。

(Unlimited nights and weekends = 電話会社AT&Tのサービス)

Leonard: Are you making fun of me? Because I am not a sell-out. . I didn't do that for the money, I believe in those phones. I almost lost a cousin because of bad wireless service.
 君は僕をからかってるのか? 僕はあれを、金のためにやったんじゃない、あの電話を信じてのことだ。僕は、電波障害のために危うくいとこを失うところだったんだからな。

Joey: No. No, I-I-I wasn't making fun of you. Honestly, I-I think you were great in those commercials.
 いえいえ。からかってなんかいません。本当です。あのコマーシャルのあなたはすごかった。

Leonard: Really?
 本当に?

Joey: Yeah.
 ええ。

Leonard: Well, I do bring a certain credibility to the role.
 ああ、確かに僕は、あのコマーシャルに真実味を出したよね。

Joey: Are you kiddin'? When they shoot you out of that cannon…
 それどころじゃないですよ。あなたがあのキャノンから飛び出してきたときなんか・・

Leonard: Peeeeeooooooooch! "Hang up that phone!" One take!
 (キャノンから飛び出すマネ)ピューっ! 「その電話を切りたまえ!」ワン・テイクだった。

Joey: Wow!
 ワオ!

Leonard: So, shall we read?
 それじゃ、セリフを読もうか。

Joey: Oh, yeah, sure.
 ああ、はい。

Leonard: Top of act two. This is my entrance. You got it?
 2場面の頭から。僕が入ってくる。わかった?

Joey: Hum mm.
 はい。

Leonard: "What the hell are you still doing here"?
 「おまえ、ここでいったい何をしてるんだ?

Joey: Oh! . . "I think you know".
 (見とれていて我に返り)おっ! ・・「知ってるんじゃないのか」

Leonard: "Bastard"!
 「この野郎!」

Joey: "I am what you made me. You know what? I could go right now."
 「おまえがそうさせたんだ。今すぐにでも行ってしまってもいいんだ。」

Leonard: "Go, go!"
 「行け! 行け!」

Joey: "I can't. Oh, I want to, long pause, but I can't."
 「行けない。ああ、行きたいが、長い間。でも行けない。」

Leonard: So sorry. You're not supposed to say "long pause"
 ちょっと、悪い。「長い間」は言うところじゃないよ。

Joey: Oh, oh, I thought that was your character's name, you know, I thought you were like an Indian or something, you know with a…
 あ、ああ。君の役名かと思ったよ。ほら、インディアンみたいな。ほら、(頭に羽をつけるジェスチャー)

Leonard: No. Thank you so much for coming in. We appreciate it, thank you.
 いや。来てくれてありがとう。感謝するよ。ありがとう。

Joey: Ah, you're sure you don't want me to do it again? I could do it with an accent, you know, Southern! "I could go right now, mon!” Huh?
 あ、もう一度やってみなくてもいいですか? アクセントをつけてやることもできますよ。南部のね! 「今すぐ行ってしまってもいいんでさ、よぉ」どう?

Leonard: My god in heaven.
 ああ、神様。

Producer #1: Joey, hang on for a second. Leonard, can we talk to you for a moment?
 ジョーイ、ちょっと待って。レナード、ちょっと話せる?

Leonard: Yes. . . . You’ve gotta be kidding. See, h-he, he can't act.
 わかった。・・・(彼女は小声で囁く)冗談だろ。ほら、彼は演技もできないんだ。

(プロデューサーがさらに囁く)

Leonard: Hey! I-I-I don't care if he's hot, you know. If you want to sleep with him, do it on your own time. This is a play. No, listen, if you insist on this, I will call my agent so fast on a cell phone that has a connection that is so clear he's gonna think I'm next door.
 おい! 彼がホットかなんて関係ないぞ。彼と寝たいなら、寝たらいいさ。これは演劇だぞ。ダメだ。君がどうしてもっていうなら、僕は、この、隣にいるのかと思うほどクリアな音の携帯電話で、今すぐエージェントに電話をするぞ。

(ジョーイが近づいて声をかける)
Joey: Ah, hi, ah. Thank you so much for whispering for my benefit, but, ah, look, if you just tell me what I did wrong, I'd just love to work on it and come back and try it again for you. And, and also: 'How you doing?' . . . You should, please, just give me another chance. I really wanna get better, please.
 あの・ええ。どうも。僕のために小声で話してくれてありがとう。でも、何がいけなかったから言ってくれたら、それを改めて、また出直してきて、もう一度やってみます。それから、(プロデューサーに)「元気ぃ?」(レナードに)お願いです。もう一度チャンスをください。もっとよくなりたいんです。

Leonard: Really? Well, if you wanna come back at the end of the day today, here are my notes. Ready?
 そうか。よし、今日の最後にまたやり直すというなら、アドバイスはこうだ。いいか?

Joey: Yeah.
 はい。

Leonard: Uhm, you're in your head. You-you're thinking way too much.
 君は頭の中でやっている。考え過ぎなんだ。

Joey: I really doubt that.
 それはないと思います。

Leonard: No, no, no. It's that you're not connected with anything in your body. There's no urgency. The scene is a struggle, it's a race. Also, what you did was horizontal. Don't be afraid to explore the vertical. And don't learn the words. Let the words learn you.
 いやいやいや。君の体とちゃんとつながっていないんだよ。差し迫ったものがないんだ。このシーンはもがいているんだ。せめぎ合いだ。それに、君がやったことは、水平なんだよ。垂直かと思うほどの激しさを恐れるな。言葉に従うんじゃない。言葉が君に従うんだ。

Joey: Couldn't I just sleep with the producer?
 ・・(理解できないので)プロデューサーと寝るってことでどうかな?

《裏通りを歩くロスとフィービー》

Phoebe: Hey, do you wanna go to dinner tonight?
 ねぇ、今日夕食一緒に行く?

Ross: Oh, I can't. I've got a date with that waitress, Katy, yeah, I know we've been only going out like twice, but, I don’t know, I have a really good feeling about her.
 ああ、ダメなんだ。ウェイトレスのケイティとデートなんだよ。まだデートは2回目ぐらいだけど、彼女とは本当にいい感じなんだ。

Phoebe: Oh, I hear divorce bells.
 ああ、離婚のベルが聞こえるわ。

(帽子を深く被った男が近寄る)
Mugger: Alright. Just give me your wallets and there won't be a problem.
 よし、いいか、黙って財布をよこせ。そうすれば何もしない。

Ross: What?
 なに?

Mugger: I have a gun.
 拳銃を持ってるんだぞ。

Ross: O-ok. Just relax, Phoebe, just stay calm. Oh, my god, I can't find my wallet!
 あ、わかった。落ち着いて。フィービー、落ち着くんだよ。ああ、もう! 財布が見つからない!(ようやく見つけて強盗に渡す)

Mugger: Alright, lady, now give me your purse!
 よし、お嬢さん、バッグを寄越せ!

Phoebe: No.
 イヤよ。

Ross: What do you mean "no"? I knew you'd be my death, Phoebe Buffay.
 イヤってどういうことだよ? やっぱり僕は君のせいで死ぬんだ、フィービー・ブフェ。

Phoebe: Lowell, is that you?
 ローウェル、あなたなの?

Lowell: Phoebe? Oh, my God!
 フィービー? オーマイゴッド!

Phoebe: Unbelievable! Oh, my God! . . I'm sorry, Ross, this is my old friend, Lowell, from the streets. Lowell, Ross.
 信じられない! オーマイゴッド!(ハグ)あ、ごめん、ロス。この人は古い友達、ストリート時代のローウェルよ。ローウェル、ロスよ。

Lowell: Ross, nice to meet you.
 ロス、会えて嬉しいよ。

Ross: Yeah, a real pleasure.
 ああ。本当に嬉しいよ。。

Phoebe: Ah, it's been so long, so long.. I can't believe you're still doing this!
 ああ、本当に本当に久しぶりね。(ハグ)まだこんなことしてるなんて!

Lowell: Ough, I know, but I quit smoking!
 ああ・・だよな。でも、タバコはやめたぞ!

Phoebe: Good for you!
 偉いわね!

Lowell: So you look like you're doing really well! I guess you're mugging days are behind you?
 君は順調にいってるようだな! もう強盗なんかしてないんだろうな?

Phoebe: Oh…
 ああ。(頷く)

Ross: Oh, my God. Phoebe, you used to mug people?
 なんてことなんだ。フィービー、君も以前は強盗していたのか?

Phoebe: Excuse me, Ross, old friends catching up.
 悪いけど、ロス。友達と昔話してるの。

《モニカ達の部屋:ジョーイが来る》

Monica: Hey, how did the audition go?
 あら、オーディションはどうだった?

Joey: Well, they wanna see me again this afternoon, but, err, well, Leonard Hayes did not like me.
 ああ・・午後もう一度見てもらうことになったけど、ああ、レナード・ヘイズは俺が気に入らなかったんだよ。

Monica: What happened?
 どうして?

Joey: Well, he said I wasn't urgent enough, you know, and that everything I did was horizontal and I should be more vertical. Oh, and he said that I should think less.
 彼が言うには、俺が十分迫ってないって。俺がしたことは全部(手を縦に振り)水平だから、もっと(手を横に振り)垂直でないとダメだって。それに、俺に考え過ぎるなって。

Monica: So far so good!
 今のところいいじゃん!

Chandler: Honey, I'm old!
 ハニー! 年寄りのお帰り!

(I’m old! − 会社で誰より年寄りだったことを言いたいのと同時にI’m home と同じ[ou]音だからダジャレ。こういう部分の訳は難しいです)

Monica: What's wrong?
 どうかした?

Chandler: I am so much older than these other interns. I can't compete with them.
 俺は、他のインターンよりすごい年上なんだ。あんなやつらと競えないよ。

Monica: So you're a little older. Try to look at the positive. You have all this life experience.
 ちょっと年上だからってなに。ポジティブに考えましょうよ。あなたには経験があるじゃないの。

Chandler: Yes, but I don't think life experience is gonna help me with these.
 ああ。だけど、人生経験なんて、これの役には立たないよ(箱から炎の模様のローラーシューズを出す)

Joey: Wow!! . . It's like they're on fire!
 ワオ! 燃えてるみたいだな!

Monica: What are they?
 それ何?

Chandler: They're these prototype sneakers and I have to come up with ideas on how to sell them. Which I can't do because no self-respecting adult would ever wear these.
 スニーカーの見本で、これをどう売るか考えないといけないんだ。そんなことできないよ。自尊心のある大人はこんなの履かないからな。

Joey: I give you $ 500 for them!
 これ500ドルで売って!

Chandler: What am I supposed to do with these?
 これどうしたらいいんだ?

Monica: Ah, come on, sneakers are easy. You wear sneakers all the time.
 なによ、スニーカーなら簡単じゃない。あなたいつもスニーカー履いてるんだから。

Chandler: Well, first of all, they're not called "sneakers" anymore. Apparently, they're called "kicks" or "skids" and I think I heard somebody say "slorps". . And here, look, they've got these wheels to pop out from the bottom so you can roll around 'cause, apparently, walking is too much exercise. Kids, kids, roll your way to childhood obesity! Would you help me try to sell these?
 いや、まず第一に、もうスニーカーとは言わないらしい。「キックス」とか「スキッズ」とか言うらしい。それに「スロープス」って言ってたような気もするな。(「キックス」を持ち上げ)ほら、裏にローラーが着いてるだろ。だからこれで滑って歩けるんだよ。どうやら、歩くのは大変過ぎるらしい。子供達! 子供時代から肥満時代へまっしぐら! これどうやって売るのか考えてくれる?

Monica: Okay, have you considered using a girl with huge knockers?
 そうね、巨乳の女の子を使うっていう手は考えた?

Chandler: No, I don't think that's the kinda thing they're looking for.
 いや。そういうのを求めてるんじゃないと思うんだ。

Joey: Hey, that'd work on me! Why did I get to buy Mrs. Butterworth’s?
 おい、俺にはそれ効果あるぞ。なんで俺がバターワースっていうシロップを買うかわかってるか?

butterworths.jpg
(Mrs. Butterworth’s)

《セントラルパーク:フィービーとロスが来る》

All: Hey, hey!
 ハーイ。

Ross: Hey, you'll never guess what just happened… Phoebe and I got mugged!
 やぁ。今何が起きたか、絶対想像つかないぞ。フィービーと僕、強盗にあったんだ!

Monica: You okay?!
 大丈夫?

Ross: Yeah, because Phoebe knew the mugger!
 ああ。フィービーが強盗と知り合いだったからね!

Monica: How do you know a mugger?
 どうして強盗なんて知ってるの?

Phoebe: I'm sorry, I have friends outside the six of us.
 ごめんなさいね。私にはこの6人以外にも友達がいるのよ。

Ross: You wanna know how she knew him? Because Phoebe used to mug people.
 どうして彼を知ってるか、知りたい? フィービーも昔は強盗してたからだよ!

Monica: Seriously?
 本当に?

Phoebe: Well, I'm not proud of it, but, you know… sometimes when I was living on the street and I needed money for food and stuff I…
 自慢にならないけど、でも、だって、ストリート暮らしなのよ。食べ物とかのためにお金いるわよ。

Monica: Phoebe, that is awful!
 フィービー、そんなのひどい!

Phoebe: Well, okay, I wasn't rich like you guys, okay? I didn't eat gold and have a flying pony… I had a hard life, my mother was killed by a drug dealer…
 だって、私はあなた達みたいにお金持ちじゃなかったのよ。金を食べてたわけでも空飛ぶポニーを持ってたわけでもないの。大変な人生だったし、母親はヤクの売人に殺されたし。

Monica: You're mother killed herself!
 あなたのおかあさん、自殺じゃないの。

Phoebe: She was a drug dealer!
 彼女がヤクの売人よ!

Ross: Well, anyway, it was a good thing Phoebe knew him, because I was about to do some serious damage!
 とにかく、フィービーが知っててよかったよ。そうでなかったら、あいつをひどい目に遭わせてるところだ。

Phoebe: Okay…
 あらそ。

Monica: Well, this must've brought back some really bad memories for you, Ross.
 ロス、いやなこと思い出しちゃったわね。

Phoebe: Why?
 どうして?

Monica: Well, Ross was mugged as a kid.
 ロスは子供の頃に強奪されたの。

Phoebe: You were?
 あなたが?

Ross: Yeah, it was pretty traumatic. I was outside St. Marc's Comics… you know, I-I-I was just there minding my own business, you know, seeing what kinda trouble spiderman got into that week-
 ああ、ひどいトラウマになったよセント・マークス・コミックから出たところだったんだ。ほら、自分の用でさ、最新号のスパイダーマンはどんな事件かなって・・

Monica: Wonderwoman!
 ワンダーウーマン!

Ross: Anyway, I was heading towards this bakery, you know, to pick up a couple of dozen Linzer tortes for someone… when out of nowhere, this thug with a pipe jumps out and says: "Give me your money, punk!"
 とにかく、パン屋さんへ向かったんだよ。誰かさんに頼まれたリンツァー・トルテを2ダースほど買いにね、その時、突然どこからともなく、鉄パイプを持った暴漢が現れて、「金を出せ、ぼうず!」っていったんだ。

Phoebe: Oh, my God…
 オーマイゴッド・・・

Ross: I know! And-and the worst part was they took my backpack which had all the original artwork I had done for my own comic book, "Science Boy"
 そうなんだよ! 最悪なのは、あの時バックパックを取られたことなんだよ。あの中には、僕のオリジナルのコミックが入ってたんだ。「サイエンス・ボーイ」っていうんだ。

Monica: Oh, yeah! What was his superpower again?
 ああ、そうだったわね。彼の超能力って何だっけ?

Ross: A superhuman thirst for knowledge. . .Well, I-I better get to class. . . Are there any more of your friends I should look out for on my way, Phoebe?
 知識に対する超人的な欲求だよ。(立ち上がり)さぁ、もう講義にいかないと。他に、気をつけなきゃいけない友達はいない、フィービー? 

Phoebe: No, actually, you might wanna stay away from Jane street. That's where Stabby Joe works.
 ううん。あ、でも、ジェーン通りは避けた方がいいかもね。人刺しジョーが仕事してるから。

(ロスは出て行く)

Phoebe: Okay, I think we have a problem here.
 ねぇ、私、大変なことになっちゃった。

Monica: What?
 えっ?

Phoebe: Well, um, back in my mugging days, you know, I, um, I worked St. Marc's Comics.
 強盗してた頃だけど、私、セント・マーク・コミックのところでやってたの。

Monica: Yeah?
 そうなの?

Phoebe: Well, a pipe was my weapon of choice and, um, pre-teen comic book nerds were my meat.
 鉄パイプは私の武器だったのよ。それに、10代前半のマンガオタクが私のターゲットだったの。

Monica: So?
 それで?

Phoebe: Well, there was this one kid who had a sticker on his backpack that said-
 その中には、バッグパックにステッカーを貼った子がいたわ。そのステッカーには・・

Phoebe and Monica: "Geology rocks!"
 「地質学最高!」

Monica: Oh, my god!
 オーマイゴッド・・!

Phoebe: I know… I mugged Ross!
 そうなの・・・私、ロスから強奪しちゃった!

《ジョーイのオーディション:ジョーイが来る》

Receptionist: You're late!
 遅刻よ!

Joey: I know, I'm sorry, but can I just have a quick second to run to the bathroom?
 そうなんだよ。すいません。でも、ちょっとバスルームに行っていい?

Receptionist: No, Leonard doesn't wait!
 ダメよ。レナードはもう待てないわ。

Joey: But I'm bursting with Yoo-hoo!
 でも、もうもれそうなんだよ!

Leonard: Joey! Here we go. Let's go, very quickly!
 ジョーイ! 来たね。さぁ、始めるよ。すぐに!

Joey: Actually, I really need…
 実は、僕本当に・・

Leonard: We must go now, quickly, please.
 今すぐ始めるよ。すぐ、頼むよ。

Joey: Yes… ahahaaa…
 はい・・あああ・・・・。

Leonard: Ready? "What the hell are you still doing here?"
 いいかい?「君、いったいここで何をしているんだ?」

Joey: "I think you know!"
 「知ってるだろう!」

Leonard: "Oh, you sick bastard!"
 「ああ、もうこの最低な野郎め!」

Joey: "I am what you made me! You know what?"
 「こうなったのはおまえのせいだ! わかるか?」

Leonard: "What?"
 「何だ?」

Joey: "I could go right now."
 「今すぐにでも帰れるんだ」

Leonard: "Then go, go!"
 「じゃあ、行け、行け!」

Joey: "I, oh, I can't. I want to, but I can't!"
 「ああ、でもできない。そうしたいが、できないんだ!」

Leonard: Cut! That was good. That was very good. You did everything I asked for.
 カット! 今のはよかったよ。すごくよかった。僕の言った通りにやってきたね。

Joey: I did?
 そうなの?

Leonard: Yes. Plus… what you've got that… I don't know what you've got going… this squirmy quality that you bring into the character that I couldn't've even imagined. Wow, hey, here's what we gonna do. Come back tomorrow for the final callbacks. Do all of this, what you've got going now, but – you know what? – more, more. Can you do that?
 そう。それに、今君がしてたこと・・何だかわからないけど、そのうごめき、このキャラクターに加えたその感じは、考えもしなかったよ。ワオ。じゃあこうしよう。明日また来てくれ、最終審査をしよう。今のをもう一度、だけど、今度は、もっと、もっとだ。できるか?

Joey: Sure, yeah. I don't have time to say thank you because I really gotta go.
 ええ、わかった。ありがとうって言いたいけど、本当にもう行かないと!(出て行く)

Leonard: Look at that! Still in character, I like him. I plant seeds. I can't explain. I don’t know.
 あれを見て! 役に成りきってるよ。気に入ったね。僕はタネを撒いた。説明できないね。こういうものなんだね。

《モニカ達の部屋:モニカとレイチェルが来る》

Monica: Hey!
 ハーイ!

Chandler: Hey!
 やあ。

Monica: What are you doing?
 何してるの?

Chandler: Putting on the sneakers… thought I'd get into a younger mindset, you know, to see if it sparked anything…
 スニーカーを履いてみてるんだよ。若い気持ちになれるかと思ってね、何かひらめかないかと・・

Rachel: Oh, anything yet?
 ああ、何かひらめいた?

Chandler: Yes, how's this? “They're so uncomfortable, it's like getting kicked in the nuts for your feet.”
 ああ、これはどう?「本当に不安定で、大事なとこ蹴っちゃいそうなものをあなたの足に」

(ジョーイが来る)
Joey: Hey!
 やぁ。

All: Hey!
 ハーイ。

Joey: Probably wanna know what I'm doing…?
 (冷蔵庫から飲み物をたくさん取る)何をしてるか知りたいだろうね?

Monica: No, that seems about right.
 ううん。いつもと同じ感じ。

Joey: Yesterday at my audition, I really had to pee, and apparently, having to pee makes me a really good actor. I got a call-back, so I'm drinking everything. Oh, by the way, that egg nog in our fridge was great!
 昨日のオーディションで、本当にオシッコしたかったんだけど、オシッコ我慢してたことで、いい演技ができたらしいんだ。今日再審査だから、何もかも飲んで行くんだ。あ、ところで、うちの冷蔵庫のエッグノッグ、あれ、うまいな!

Rachel: Joey, that was formula.
 ジョーイ、あれはエマのミルクよ。

Joey: We gotta get more of that.
 もっと買っといて。(出て行く)

Chandler: You know what… these aren't half-bad! . . You should suggest something like these to Ralph Lauren.
 なぁ、これ、そう悪くないよ。(レイチェルに)こういうのをラルフローレンでも作るように提案したら。

Rachel: Okay, first of all, that's stupid and second of all, I'm not allowed to talk to Ralph.
 まず第一に、そんなのバカげてる。第二に、私ラルフと口きいちゃダメなのよ。

Chandler: Alright. . . I feel younger already! . . . Yeah, I think I broke my hip.
 よし。(立ち上がる)もう若い気がするぞ!(転ぶ)あ、腰いためた。

《セントラルパーク:ロスが来る》

Phoebe: Hey, you!
 あら、来たわね!

Ross: Hey!
 やぁ。

Phoebe: Hey, how was class?
 ハーイ、講義はどうだった?

Ross: No one ever asked me that, what's wrong?
 そんなこと誰も聞いてくれなかったけど、どうかした?

Phoebe: Nothing, I really wanna know.
 何でもない。本当に聞きたいだけよ。

Ross: Oh… Well, uhm, there was actually a rather lively discussion about the Pleistocene…
 そうか・・そうだな、更新世について、活発な論議がなされてね・・

Phoebe: Alright, nothing is worth this. Uhm, I have a confession to make… um, okay, you know, that girl that mugged you when you were a kid…
 もういい。これはダメだわ。あのね、告白しなきゃならないことがあるの。あなたが子供の時に強奪した女の子だけど・・

Ross: Wh-What are you talking about? It wasn't a girl. It was this huge dude.
 な、何を言ってるんだよ? 女の子じゃないよ。大男だったんだから。

Phoebe: You don't have to lie anymore, Ross, I know that it was a fourteen year-old girl.
 もうウソつかなくていいのよ、ロス。あれは14歳の女の子だったってわかってるの。

Ross: No, it wasn't.
 いや、違うよ。

Phoebe: Yes, it was.
 いいえ、そうなの。

Ross: No, it wasn't. You don't think I would've defended myself against a fourteen year-old…
 いや、違うよ。君、14歳の女の子相手に僕が太刀打ちできないとでも・・

Phoebe: "Gimme your money, punk!"
 (ロスの耳を掴んで)「金を出せ、ぼうず!」

Ross: Oh, my god, it was you! I can't believe it, you… you mugged me?
 オーマイゴッド! 君だったんだ! 信じられない。きみ・・君が強盗だったのか?

Phoebe: Yeah, and I'm so, so sorry, Ross, I'm sorry, but, you know, if you think about it, it's kinda neat. . I mean, well, it's just that I I've always felt kinda like an outsider, you know, the rest of you have these connections that go way back and, you know, now, you and I have… have a great one!
 ええ、本当に本当にごめんなさい、ロス。ごめんなさい。でも、考えてみれば、ちょっといい感じ。だって、私だけいつも仲間はずれな気がしたのよ。あなた達には、昔からのつながりがあって。でも、あなたと私も素敵な思い出があったのよ!

Ross: It's not the best!
 最高ってわけじゃないよね。

Phoebe: I know, I'm sorry, please forgive me. I don't know what to say…
 そうだけど・・ごめんなさい。お願い、許して。何て言っていいかわからないわ。

Ross: There's nothing you can say. That was the most humiliating thing that ever happened to me.
 言えることなんてないよ。あれほど恥ずかしいことはなかったんだから。

Phoebe: Really? Even more humiliating than…
 本当に? もっと恥ずかしいことが・・

Ross: Hey, let's not do this!
 ちょっと! それやめようよ。

《チャンドラーの会社》

Intern: … And then, at the end of the commercial, the girls get out of the hut tub and start making out with each other!
 それから、コマーシャルの最後に、女の子達がバスタブから出てきて、キスし始めるんだ!

Boss: That's interesting! Just one thought. You didn't mention the shoes. Who's next? Chandler.
 興味深いね! 一つ思ったんだけど、靴が一切出てこなかったね。次は? チャンドラー。

Chandler: Okay… You start on the image of a guy putting on the shoes. He's about my age…
 はい(立ち上がる)最初、男がこの靴を履くところから始ります。彼は僕ぐらいの年で・・

Intern: Your age?
 君の年?

Chandler: A-huh. So he's rolling down the street and he starts to lose control, you know… maybe he falls… maybe hurts himself. Just then, a kid comes flying by wearing the shoes. He jumps over the old guy and laughs, and the line reads: "Not suitable for adults!"
 そうだよ。そして彼は通りを滑ってきて、バランスを崩してしまって・・転んだりして・・怪我をしたりする。するとそこで、この靴を履いた子が、飛んでくる。彼は年のいったやつを飛び越えて、笑う。そして、そこで出てくる「大人には向かない」

Boss: Chandler, that's great!
 チャンドラー、それいいね!

Chandler: Oh, thank you, sir… or man-who's-two-years-younger-than-me.
 ああ、ありがとうございます・・私より2歳年下のボス。。

Boss: You see? That has a clear selling point. It appeals to our key demographic, it's…. You did you come up with that?
 見た? これがわかりやすいセールスポイントだよ。これなら僕らのねらう年齢層にアピールするよ。どうやってこれがひらめいた?

Chandler: I don't know, I don' I don' know! I was just trying to get into a young mindset, you know, and it just started to flow.
 なんだろうな。いやいや、なんだろう。若い気持ちになってみようとして、そうしたら、わき上がってきたんだな。

Boss: That is great. Good work!
 それはいいね。よくやった!

Chandler. Thank you.
 ありがとう。

Boss: See all of you tomorrow.
 じゃあみんな、また明日。(出て行く)

(チャンドラーが出て行く時、杖をついている)
Chandler: The cold weather hurts my hip.
 寒いと腰に来る。

《セントラルパーク:フィービーが来る》

Phoebe: Hey, Ross! . . Okay, I know you're still mad at me, but can I just talk to you for a sec?
 ハーイ、ロス! (ロスは新聞に顔を書くしている)ねぇ、まだ怒ってるのはわかってるけど、ちょっと話していい?

Ross: Sure, go ahead. Op, sorry, sure, go ahead.
 いいよ、どうぞ。あ、悪い、(両手を挙げて)いいよ、どうぞ。

Phoebe: I just really wanted to apologize again. And… and also show you something I think you'll find very exciting.
 もう一度本当に謝りたいの。それから、あなたにすごく喜んでもらえそうなものを見せたくて。

(フィービーが “crap from the street” と書かれた箱を出す)

Ross: Oh, my god, crap from the street?
 これはすごいね。ストリートのゴミ?

Phoebe: Look, Ross, in this box are all the things I got from mugging that I thought were too special to sell… or smoke. . Anyway, I was looking through it and I found "Science Boy"
 見て、ロス、この箱には、強奪したもののうち、特別で売れないものとか、燃やせなかったものを入れてあるの。とにかく・・この中を見ていたら、「サイエンス・ボーイ」を見つけたの!(手作りのコミックを見せる)

Ross: Oh, my god. I never thought I'd see this again. It's all here. What made you save it all these years?
 オーマイゴッド! もう二度と見ることはないと思ってたよ。どうして今までこれをとっておいたの?

Phoebe: I guess I just thought it was really good. And maybe would be worth something some day.
 きっと、本当にいいものだと思ったのね。それにいつか、価値がでると思ったのよ。

Ross: You really thought "Science Boy" was worth saving!
 君本当に、「サイエンス・ボーイ」がとっておく価値があると思ったのか!

Phoebe: Yeah. But you should know I also have a jar of Vaseline and a cat skull in here.
 そうよ。でも、ここにはワセリンの瓶とか、猫の頭蓋骨とか入ってるけどね。

Ross: Still, this is amazing. Oh, my God, thank you, Phoebe.
 それでも、これはすごいよ。ああ、本当に、ありがとう、フィービー。

Phoebe: You're welcome. And thank you for "Science Boy". I learned a lot from him.
 いいのよ。「サイエンス・ボーイ」をありがとう。いろいろ学んだわ。

Ross: You're welcome.
 いいんだよ。

《ジョーイのオーディション》

Joey: "I need an answer!"
 「答えが必要なんだ!」

Leonard: "I can't tell you something I don't know."
 「知らないことは言えないさ」

Joey: "You know!"
 「知ってるだろう!」

Leonard: "I don't know!"
 「知らないよ!」

Joey: "I need an answer now!"
 「今すぐ答えが必要なんだよ!」

Leonard: "All right, all right. Here, you want an answer… the answer… is…"
 「わかった、わかった。さぁ、答えがほしいか。答えは・・・」

Joey: Oh!
 (究極に我慢している)ああっ!

Leonard: "She never loved me, she only loved you."
 「彼女は僕を愛してなかった。君だけを愛していたんだ」

Joey: "You knew this all along and you never told me? You never told me? I can never forgive you, I can never forgive myself, I have nothing to live for. – Bang! And scene!"
 「君はそれをずっと知っていて、僕に言わなかったのか? 言ってくれなかった? 絶対に許さないぞ。自分を許せない。もう生きる望みもない。・・バン! シーン終わり」

Leonard: Absolutely amazing! . . The part is yours.
 まったく素晴らしい! この役は君のものだ。

Joey: Oh, thanks, thanks! Now, I really have to get…
 ああ、ありがとう、ありがとう! それじゃ、本当に行かないと・・

Leonard: Wa-wa-wa-wait! Congratulations! You did it! You did it! . . You can relax now. Yeah.
 いやいや、待って! おめでとう! やったね! 君はやったよ! (ハグ)もうリラックスしていいんだよ。(・・・リラックスしてしまったジョーイ・・・)

《モニカ達の部屋:請求書を見るモニカ》

Monica: Wow, that's a big cable bill! Huh, you don't have a job, but you have no problem ordering porn… on a Saturday afternoon?! I was in the house!
 ワオ・・ケーブルテレビ代がすごい! 仕事はないのに、ポルノを見るのに遠慮はないわけね・・・土曜日の午後?! 私も家にいたじゃないの!

Ross: Hey, uh, Phoebe didn't by any chance mention that…
(ロスがドアを開け)やぁ、もしかして、フィービーから聞いたかな、あの・・

Monica: She was the huge guy that mugged you? Yeah.
 彼女があなたから強奪した大男だったって? うん。

Ross: I see. You didn't happen to tell…
 そうか。もしかして、それを話したり・・

Monica: Everybody we know? Yeah.
 知ってる人全員に? うん。

Ross: Great. Thanks!
 そうか。ありがと! (帰る)






にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 00:09| Comment(0) | Season 9 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。