2013年12月06日

9-14 The One With The Blind Dates

9-14 ブラインド・デートの話

 ☆仕組まれたブラインド・デート☆

《ジョーイの部屋:ジョーイが起きてくる》

Joey: Morning, roomie!
 おはよ、ルーミー!

Rachel: Hey! You remembered to put clothes on this morning.
 あら! 今朝はちゃんと服着てきたわね。

Joey: Fifth day's a charm.
 5日目の正直だよ。

Rachel: Oh, Joey, it's so great to be back here. I gotta tell you, you're making it so easy on me and Emma.
 ああ、ジョーイ、ここに帰ってきてよかったわ。本当、私とエマはとっても居心地よくさせてもらってるわ。

Joey: Hey, it's great having you back. You know, stay as long as you want, and when does she stop crying all night?
 まだ来てくれて嬉しいよ。いたいだけいていいんだからね。それから、いつになったらあの子、一晩中泣かなくなるの?

(ロスが来る)
Ross: Hey, you're not naked! So hey, Rach, when will we expect to see you tonight?
 やぁ、きみ、裸じゃないね! ねぇ、レイチ、今夜は何時になる?

Rachel: Well, I'll probably be back to pick her up around six. But she's in the bedroom all ready to go. But she did actually fall back to sleep, so...
 エマを迎えに行けるのは6時くらいよ。あの子はベッドで、行く準備万端よ。でも、よく寝てるから・・

Joey: She's probably exhausted from all that adorable screaming she did last night.
 きっと、昨日の夜のあの可愛らしい叫び声でヘトヘトなんだよ。

Rachel: Bye!
 バーイ!(出て行く)

Ross: Bye! Hey, I hope Emma isn't making it too hard on you.
 バーイ! (ジョーイに)なぁ、エマがいて君が大変じゃないといいんだけど。

Joey: No, hey, it's been great.
 いや、楽しんでるよ。

Ross: Yeah?
 そう?

Joey: Yeah. And look, I just want you to know that with Rachel staying here and everything, all my feelings from before are totally over, okay? And even if they weren't, when you accidentally walk in on a woman using a breast pump...
 ああ。それからこれは言っときたいんだけど、レイチェルがここにいて、前に言ってた俺の気持ちがどうのっていうのだけど、あれはもう完全に終ったから、な? もし終ってなかったとしても、搾乳器つけてるとこ偶然みたらもう・・。

Ross: Yeah, that'll do it.
 ああ、あれはおしまいだな。

Joey: Wow! So, how are you?
 ほんと! それで、おまえはどう?

Ross: I'm, I'm okay.
 あー、大丈夫だよ。

Joey: Really?
 本当に?

Ross: Sure, I mean, do I wish me and Rachel living together would have worked out? Of course. You know, I'm disappointed, but it's not like it's a divorce.
 ああ。レイチェルと一緒に暮らしてうまくいくことを願ったかっていうと、もちろんそうだけどね。がっかりしたよ。でも、離婚したってわけじゃないしさ。

Joey: Well, actually it...
 いや、これはほとんど・・

Ross: No, it's not a divorce, it is not a divorce! Anyway, I think Rachel and I need to, you know, get on with our lives, maybe, maybe start seeing other people.
 いや、離婚じゃない。離婚ってわけじゃない! とにかく、レイチェルと僕は、それぞれの人生を始めないといけないんだと思うよ。他の人に出会った方がいいんじゃないかな。

Joey: Wow, really?
 ワオ・・本当に?

Ross: Yeah, sure, why not? In fact, if you know anyone that would be good for me...
 ああ、本当だよ。そうだろ? ほんと、もし誰か僕にいい人がいたら・・

Joey: Sure, I know lots of girls.
 ああ、女の子ならいっぱい知ってるぞ。

Ross: Yeah? Any names come to mind?
 そう? 思いつく名前ある?

Joey: Ooh, names?
 あー、名前ねぇ・・?

《ジョーイの部屋:フィービーが来る》

Phoebe: Hey.
 ハーイ!

Joey: Hey. I was just gonna get something to eat. You want something?
 やぁ。何か食べようと思ってたとこなんだよ。何か食べる?

Phoebe: What you got?
 何がある?

Joey: Okay, let's see, we got strained peas, strained carrots... Ooh! Strained plums. We haven't tried that yet.
 (冷蔵庫を見て)そうだなぁ・・漉したマメ、漉したニンジン・・おお! 漉したプラムもあるぞ。これはまだ食べたことないな。

Phoebe: Goodie! Thanks. So, how is it living with Rachel again? I mean, apart from the great food.
 いいわね! ありがと。それで、またレイチェルと暮らしてどう? こういうおいしい食べ物はさておいてさ。

Joey: I'm fine, I'm fine, it's just, it's just weird what's happening with her and Ross. You know, yesterday he asked me to fix him up with somebody.
 大丈夫、大丈夫。ただ、彼女とロスとの間のことが変だよな。昨日なんか、ロスが誰か紹介してくれないかなんて言ったんだ。

Phoebe: Oh, my god, Rachel asked me if I knew anyone for her too.
 まぁ! レイチェルも、私に誰かいないか聞いてきたわよ。

Joey: Why are they doing this?
 どうしてあの2人はこんなことしてるんだ?

Phoebe: I don't know. They're so perfect for each other, it's crazy.
 どうしてかしらね。あの2人は完璧なのに。どうかしてるよ。

Joey: You know what's crazy? These jars. What is it, like, two bites in here?
 何がどうかしてるって、この瓶だよ。2口くらいしか入ってないもんな?

Phoebe: I just wish they'd realize they should be together.
 あの2人は一緒になるべきだってこと気づいてくれたらと思うわ。

Joey: I know, I know. And when they moved back in together, I figured, you know, that's where things were headed.
 ほんと、ほんとだよ。2人が一緒に暮らし始めた時は、そうなるかと思ってたのに。

Phoebe: I know. They should be a family. They should get married and have more children.
 そうよね。あの2人は家族になるべきよ。結婚して、もっと子供を作ればいいのよ。

Joey: Yes, and they should name one of their kids Joey. I may not have kids; someone's gotta carry on the family name.
 だよな。そして子供にジョーイって名前をつけるんだよ。俺は子供を持たないかもしれないだろ、誰か俺の名字をついでくれないとな。

Phoebe: …You know what? Maybe once they start dating, and they see what's out there, they'll realize how good they are for each other.
 ・・ねぇ、あの2人が誰かとデートして、世間はどんなものか知ったら、お互いにどんなに合ってるか気づくかもしれないわね。

Joey: Yeah, because it is slim pickings. I had this date last night. Yuck! But we should probably keep it down, she's still in the bedroom.
 そうだな。本当にいい人に出会うのは難しいんだから。俺の昨日のデート相手なんか・・もうっ! でも、もっと声抑えないとな。彼女まだベッドルームにいるんだ。

Phoebe: So, what are we gonna do? Are we just gonna go ahead and set them up with people?
 それで、私達、どうする? ただ2人に誰かを紹介するの?

Joey: I know. That just pushes them further and further apart.
 そうだな。お互いがよけいに離れてしまうよな。

Phoebe: Yeah. Oh, I know what we can do. We could set Ross and Rachel up on horrible dates, so that they'll realize how good they are together.
 そうよね。あ、どうしたらいいかわかったわ。私たち、ロスとレイチェルに、ひどいデートをさせるのよ。そうしたら互いにどんなにいいか気づくわ。

Joey: Ooh, that's a great plan!
 おお、それはいいアイデアだな!

Phoebe: Yeah, you know what the best part of it is? I get to do my "plan-laugh."
 ええ、一番いいところが何かわかる? 「企み笑い」ができることよ。(ジョーイも加わって2人で企み笑い)

Joey: Shhh! Not so loud, we don't wanna wake up, uh...
 (途中でやめて)シーッ! 声が大きいよ。起きちゃうよ、あの・・・(名前がわからない)

《モニカ達の部屋:レイチェルが来る》

Rachel: Hey!
 ハーイ!

Monica: Hey!
 ハーイ。

Rachel: Hi, you guys aren't doing anything tonight, are you?
 ねぇ、こんやあなた達、特に予定ないわよね?

Chandler: See, now, why would you assume that? Just because we're married? I will have you know that we are very hip, happening people. Now, if you'll excuse me, I have to get back to reading the obituaries.
 なんでそう思うかな? 俺たちが結婚してるから? 俺たちだって、かっこいい最先端の人達なんだぞ。それじゃ失礼して、俺は新聞の死亡記事に戻るから。

(hip = 最新情報に通じている。hip happening = 情報に通じているクールな人でいるという状態を発生させている)

Rachel: I was just asking 'cause I need someone to watch Emma tonight.
 今夜、誰かエマを見ててほしいから聞いてるのよ。

Monica: Sure, we'll do that. What are you up to?
 いいわよ。私達に任せて。今夜何があるの?

Rachel: Well, Phoebe set me up on a date.
 フィービーがデートをセッティングしてくれたの。

Monica: Oh, my god.
 なんてことなの。

Chandler: Wow.
 ワオ・・。

Rachel: Why? What's the big deal?
 どうして? そんなおおごと?

Monica: Just figured, 'cause you and Ross are...
 ただ、あなたとロスが・・

Rachel: What, slept together a year and a half ago? Yeah, I'm all set.
 なに? 1年半前に寝たこと? ええ、もういいわ。

Chandler: Well, I think it's great that you're going on a date, you know? I mean, it sounds healthy. I mean, you have needs. Embrace your womanhood!
 いや、デートに行くってのはいいと思うよ。ヘルシーなことだ。君にはそういうことが必要だからね。君の女性性を大切にしないと!

Monica: You want a job? Turn off "Oprah," and send out a resume!
 仕事が欲しいんでしょ? 「オプラ」はやめて、履歴書送って!

Rachel: So I'll bring her by around seven? Is that okay?
 それじゃ、7時頃連れてくるけど、それでいい?

Monica: T’hat’s perfect.
 いいわよ。

Rachel: Oh, you guys are gonna have so much fun! She's at such a cute age. Oh, a couple things. Now that she's eating solid food, she poops around the clock. And watch out for your hair, 'cause she likes to grab it. And oh, she's also in this phase where if you leave the room, she screams bloody murder, but ah... Thanks, you guys. Have fun!
 ああ、きっと楽しいわよ。彼女はすごく可愛い年頃なの。あ、言っとくことがあるわ。今は固形物を食べるようになったから、しょっちゅううんちをするの。それから、髪には気をつけてね、彼女引っ張るのが大好きだから。あ、それから、今のあの子は、人の姿が見えなくなると、死ぬほど泣き叫ぶからね、でもとにかく、ありがとう、2人とも! 楽しんで!(出て行く)

Chandler: Suddenly I wish I was reading my own name.
 今急に、この記事の中に俺の名前があればなって思っちゃった。

《セントラルパーク》

Phoebe: Ooh, Joey.
 ああ、ジョーイ。

Joey: Hey.
 やぁ。

Phoebe: Hey. I'm so excited. I just set up Rachel with the worst guy tonight.
 ねぇ、すごく楽しみだわ。今夜、レイチェルに、最低の男を会わせるのよ。

Joey: All right! Who is he?
 いいね! それ誰なの?

Phoebe: Well, it's this guy I used to massage. And by massage, I mean hold down so he wouldn't turn over and flash me.
 以前のマッサージのお客さんなんだけど、マッサージって言っても、私が押さえ込まないと、振り返って見せるっていう人だったのよ。

Joey: Okay, okay. Wait till you hear who I got for Ross.
 よしよし。でも俺がロスに会わせる人の話を聞くまでは興奮するのは早いぞ。

Phoebe: Oh, yeah.
 ああ、そうなの。

Joey: She's this really boring woman. She's a teacher!
 彼女、本当に退屈な女なんだ。教師なんだぞ!

Phoebe: A teacher?
 教師?

Joey: Yeah, yeah, she's really into history and foreign movies... And oh, oh, she loves puzzles. Huh? Come on, who loves puzzles?
 うん、そうなんだ。歴史とか、海外の映画に夢中でさ、それに、そうそう、彼女、パズルが大好きなんだぞ。どうだ? まったく、誰がパズルなんか好きなんだっての。

Phoebe: Well, Ross does. What... You're - you're ruining the plan! Joey, you've - you've fixed him up with his perfect woman!
 ロスよ。なによ。それじゃ計画ぶち壊しよ。ジョーイ、あなた、ロスにとって完璧な女性を会わせるんじゃないの!

Joey: Oh, my God, you're right!
 ああ、大変だ! その通りだな。

Phoebe: Yeah.
 そうよ。

Joey: She even reads for pleasure!
 彼女、好きで本を読むんだからな!

Phoebe: How do you even know a woman like that?
 あなたどうやってそんな人と知り合ったの?

Joey: What? I'm not allowed to know smart women?
 何だよ? 俺は賢い女性を知ってちゃいけないか?

Phoebe: Joey.
 ジョーイ。

Joey: I met her at the library. I went in to pee.
 オシッコに行ったとき図書館で会ったんだよ。

Phoebe: So now what do we do?
 それで、どうしよう?

Joey: Well, okay, I'll - I'll just call her and tell her the date's cancelled, and find him somebody else.
 そうだな、彼女に電話してデートはキャンセルって言うよ。そして誰か探さないとな。

Phoebe: What if we don't find him somebody else? We'll just tell her the date's off, but we don't tell Ross, and he goes to the restaurant and gets stood up!
 誰も探さなかったら? ただ彼女にデートはナシっていっておいて、ロスには言わないの。それでロスはレストランに行って待ちぼうけよ!

Joey: Ooh...I hear that's bad.
 うー、それは悪巧みだな。

Phoebe: Ooh, so this is great! Rachel's gonna have a terrible date, Ross gets stood up, and then they'll realize how good they have it together.
 ああ、これはいいわよ! レイチェルはひどいデートをして、ロスは待ちぼうけ。そして2人はお互いがどんなにいいか気づくのよ!

Joey: Ah, yes, The Plan!
 ああ、そうだ。企みだ!(サンタっぽく笑う)

Phoebe: It's not Santa's plan. No, it’s…
 サンタのプランじゃないのよ。そうじゃなくて(企み笑いをする)

Joey: Yeah, you know, it's not that fun.
 (一緒に笑ったが)ああ、もう楽しくなくなったな。

Phoebe: No, I think we killed it.
 うん。もうダメね。

《モニカ達の部屋:エマはベビーベッドの中》

Chandler: Emma? Emma? Look at me! Well, I think I'll go downstairs for a while.
 エマ? エマ? ほら見て! 階段を下りて行くよ。

(カウチの向こうで段々背を低くして、見えなくなり、エマが泣き出す)

Chandler: No, no, no, no! No, no, no, no! It's okay, it's okay. I didn't go. Don't cry, it's just a bit! I'm your uncle Chandler. Funny is all I have!
 いやいやいや! いやいや、大丈夫だから、大丈夫だから。どこへもいかないよ。泣かないで。ちょっとやってみせただけだよ。君のチャンドラーおじさんだよ。楽しいだけのおじさんだよ!

(モニカがカレンダーを持って寝室から来る)

Monica: Okay, just so you know, I'm gonna be ovulating from tomorrow until the sixth, so don't touch yourself in the next 48 hours.
 ねぇ、言っておくわね。明日から6日まで排卵日だから、今後48時間は自分で触らないでね。

Chandler: I don't do that. . . . I'll try to stop. Wait, did you say until the sixth?
 俺、そんなことしないよ。・・・ やめるようにするよ。ちょっと待て、6日って言わなかった?

Monica: Yeah.
 ええ。

Chandler: Today is the sixth.
 今日6日だぞ。

Monica: No, it's not.
 違うわよ。

Chandler: Yes, it's also 2003.
 今年は2003年だぞ。

Monica: Oh, my god. Today's the sixth?! I may be done ovulating! I may have also served some very questionable meat at the restaurant.
 なんてことなの! 今日6日? 私は排卵終ったかも! レストランでちょっとアヤシイお肉出しちゃったかも!

Chandler: It's okay. Go take the test and see if we're okay.
 いいさ。排卵のテストしてきたら。

Monica: Okay.
 わかった。(バスルームへ行く)

Chandler: Tough crib.
 (エマを笑わせることができず)タフな

Monica: Hey, where are all my ovulation-sticks? There's only one here.
 ねぇ、私の排卵テストスティック知らない? 1本しか残ってないわ。

Chandler: I might have checked to see if I was ovulating a couple times.
 俺が排卵してないか、2回くらいチェックしちゃたかも。

Monica: Chandler!
 チャンドラー!

Chandler: I am not working. There's not much to do around here!
 仕事してないんだもん。そんなにすることないんだもん!

《レストランで相手を待つロス》

Ross: Excuse me, is there a woman waiting at the bar? Someone average height, dark hair, perhaps doing a puzzle?
 (ウェイターに)すみません、バーに人を待ってる女性がいませんか? 中背で、黒髪で、パズルしてるかも。

Waiter: Uh, there's a drunk Chinese guy.
 酔っ払った中国人男性しかいませんよ。

Ross: Well, if I'm still here in an hour, buy him a drink on me.
 1時間たっても僕がここにいたら、彼にドリンクをあげて。

Waiter: Can I get you another glass of wine?
 ワインのお代わりはいかがですか?

Ross: Nah, I don't know if I should. I don't wanna be drunk when I go home alone.
 いや、これ以上飲まない方がいいよ。酔っ払っていたくないからね・・1人で帰る時に。。

Waiter: Got stood up, huh?
 待ちぼうけですか?

Ross: Yeah, it's no big deal. It's just a blind date.
 いや、たいしたことじゃないよ。ただのブラインド・デートなんだから。

Waiter: Are you worried your date came, saw you, and left?
 来たけどあなたを見て帰ったって思ってるんですね?

Ross: No!
 違うよ!

《モニカ達の部屋》

Monica: We're okay. I'm still ovulating.
 大丈夫よ。まだ排卵中だったわ。

Chandler: Oh, good, because as of four o'clock this afternoon, I am not.
 ああ、よかった。今日の午後4時の時点で、俺は違ってたからね。

Monica: So, let's do this.
 それじゃ、しましょ。

Chandler: I don't think I can.
 できないと思うよ。

Monica: Come on. I know you're not eighteen anymore, but give it a minute.
 何よ。そりゃあなたもう18歳じゃないけど、少し時間あげれば。

Chandler: Because of Emma.
 エマがいるからだよ。

Monica: Oh, my god, Emma. Oh, sweetie, I forgot you were here. Oh, you're right, we can't do this. We can't leave her alone.
 ああ、そうだったわ、エマ。ああ、あなたがいるってこと忘れてたわ。ああ、そうよね。できないわ。この子を1人にできないわよね。

Chandler: Sorry.
 残念だけどね。

Monica: Unless... Maybe we do it here. I mean, how much can she even be aware of at this age?
 それか・・ここでしたらどうかしら。こんな小っちゃい子に、どこまでわかると思う?

Chandler: Well, she's aware when we leave the room. She may notice if we start... canoodling in it.
 だって、俺たちがいなくなると気がつくんだぞ。俺たちが抱き合ったりしたら気がつくかも。

Monica: Canoodling?
 抱き合う?

Chandler: Well, I can't say "hump" or "screw" in front of the B-A-B-Y.
 だって、「エッチする」とか「性交する」とかBABYの前で言えないだろ。

Monica: I don't know. I mean, I guess having sex in front of a baby isn't so...
 それはどうかしら。赤ちゃんの前でセックスするなんて・・

Chandler: Horrifying? Scarring? Something people go to jail for?
 ひどい? 傷つく? それで刑務所行き?

Monica: I guess you're right.
 そうよね。

Chandler: You guess I'm right? When we stayed at that bed and breakfast, you wouldn't have sex with me because you thought a deer was staring through the window.
 俺が正しいと思う? ホテルに泊まったとき、きみ、窓から鹿が見てるっていって嫌がったくせに。

Monica: But what kind of a sick bastard wants to do it in front of a deer?
 鹿の前でやりたがるなんて、どんな変態野郎だってのよ?

《レイチェルのデート。相手は1-15で登場したレストランのオーナー、スティーブ》

Rachel: Wow, everything looks so good! I think I'm gonna have the chicken.
 (メニューを見て)ワオ・・何もかもおいしそうね。チキンにしようかな。

Steve: I - I just have to say this. You're really beautiful.
 これは言いたいけど。君はほんとに美しい。

Rachel: Oh, well, that's - that's very sweet. Thank you.
 あら、そんな・・優しいのね。ありがとう。

Steve: I'm kind of funny looking.
 俺なんか、見た目が変。

Rachel: What?
 え?

Steve: Oh, come on, you're way out of my league. Everybody in here knows it. Bet that guy over there's probably saying, "ooh, why she out with him? He must be rich!" Well, I'm not!
 ああ、わかってるよ、君なんて俺の手の届かない人だよ。この店のみんなわかってるよ。あそこの男なんかきっと思ってるよ。「ああ、なんで彼女はあの男と一緒なんだ? 彼は金持ちに違いない!」でも、違うんだな!

Rachel: So, what do think you wanna order? I'm really excited about that chicken.
 それで、あなたは何を頼む? 私はチキンがいいと思うんだけど。

Steve: I'm not funny either. So, if you were thinking, “Well, he's not that good-looking, but maybe we'll have some laughs"... That ain't gonna happen.
 俺はおもしろくもないんだ。だから、もし君が、「この人見た目はよくないけど、でも、笑える人かも」って思ってるかもしれないけど、それはないから。

Rachel: Well, come on, Steve, let's not rule out nervous laughter. Hey, now wait a minute. Phoebe told me that - that you owned your own restaurant. That's impressive.
 やだ、スティーブ、苦笑いも笑いのうちってことで。ね、ちょっと待って。フィービーから聞いたけど、あなたはレストランのオーナーなんですってね。それはすごいじゃない。

Steve: I lost it. To drugs. . . I silk-screen t-shirts now.
 あれはもうない。ドラッグでね。今はTシャツのプリントをやってる。

Rachel: Really? What's that like?
 そうなの? それはどうなの?

Steve: It's really fulfilling doing something you hate for no money. That's right. I have no money, I'm not funny, I live in a studio apartment with two other guys, and I'm pretty sure I'm infertile.
 金にもならない嫌いな仕事をするのは本当に満ち足りたことだよ。そう、俺は金もない、おもしろくもない、ワンルームのアパートで男3人で暮らしてる。それに、間違いなく、俺は生殖能力がない。

Rachel: Now, come on, come on, Steve. There must be something that you like about yourself.
 まぁ、そう言わないで、スティーブ。あなたもどこか自分の好きなところあるでしょう。

Steve: I do like my hair.
 髪は好きだな。

Rachel: Really?
 本当?

《セントラルパーク:フィービーの携帯が鳴る》

Phoebe: Hello?
 もしもし?

Rachel: Phoebe, it's me. I'm going to hunt you down and kill you!
 フィービー。私よ。あなたを追いかけてって、殺すわよ!

Phoebe: Hey, Rach!
 あら、レイチ!

Rachel: This is the worst date ever. How could you set me up with this creep?
 こんな最悪なデート初めてよ。よくこんな気味の悪い人と会わせてくれたわね。

Phoebe: You know, you are talking about one of my dear, dear friends.
 そんなこといって、あなた、彼は私の大事な大事な友達なのよ。

Rachel: I don't care! This guy is a nightmare!
 知るもんですか! あんな人、最悪だわ!

Phoebe: Oh, right, so he gets a little crazy when he's stoned.
 ああ、そうね、彼ドラッグやってるとちょっとクレイジーなのよね。

Rachel: He's not stoned.
 ハイになってないわよ。

Phoebe: Did he go out for a cigarette?
 彼タバコ吸いに行ったでしょ?

Rachel: Yeah, four times.
 ええ。4回。

Phoebe: My dear, sweet Rach.
 ああ、かわいそうなレイチ。

(レイチェルが電話を切る)

Phoebe: Well, our plan is working. Rachel is having a miserable time, and Ross is just stood up somewhere at a restaurant all alone.
 (ジョーイに)私達の企み通りよ。レイチェルは惨めなデート中。ロスはどこかのレストランで待ちぼうけよ。

Joey: Oh, great, pretty soon they'll be back together.
 ああ、いいね。すぐにも2人は元通りだぞ。

Phoebe: By the time anyone's figured out what we've done, we'll be in sunny Mexico. . Oh, wait, that's the end of a different plan.
 誰かが私達のしたことに気づいた頃には、私達は太陽サンサンのメキシコよ。あ、待って。それは違う企みの最後だった。

《モニカ達の部屋:エマが眠っているそばの床でおしゃぶりを加えてうたた寝中のチャンドラー》

Monica: She's asleep. Chandler? . . What are you doing?
 エマが寝たわよ。・・チャンドラー? あなた何してるの?

Chandler: Emma was doing it!
 エマがやってたんだよ!

Monica: She's asleep.
 エマが寝たわ。

Chandler: Ooh, she's asleep, that means we can...
 ああ、彼女寝たんだね。ということは俺たち・・

Monica: Yes, but we have to be fast.
 そうよ。でも、早くしないとね。

Chandler: Okay, I'll try. And you can't make any noise.
 (笑)わかった。そう努めるよ。君は声を出すなよ。

Monica: Okay, I'll try.
 (笑)わかった。そう努めるわ。

(2人は寝室へ行く。その後、ジョーイが来る)

Joey: Hello?. . . Emma? Hey! Hi! . . . How are ya? How are ya? Where are your babysitters, huh? Why's the bedroom door closed?
 こんちは?・・・エマ? やぁ、ハーイ!(抱き上げる)元気かい? 元気かい? ベビーシッター達はどこへ言ったんだ? なんで寝室のドアが閉まってるんだ?

(抱いて寝室のそばへ行き、何が行われているかに気づく)

Joey: You can't have S-E-X, when you're taking care of the B-A-B-I-E!
 B-A-B-I-Eの世話をしているときに、S-E-Xしちゃダメだろう(エマの耳を塞ぎながら慌てて出て行く)

(B-A-B-I-E ... 口に出して言いにくい言葉をいうとき、代わりにスペルを言いますが、Friends の場合は、隠すべき言葉とそうでない言葉を間違えるなど、いろいろボケがあります。今回は、隠すべき言葉ではないBABYを、しかもスペルを間違えて言うという二重の間違いですね)

《ロスが待つレストラン》

Waiter: I've got bad news. The Chinese guy left.
 残念なお知らせです。中国人男性が帰られました。

Ross: Eh, if it was meant to be, it's meant to be.
 ああ、そうなるべきしてなったんだよ。

Waiter: Look, you got stood up, who cares? We're gonna show you a good time. Just sit and relax. In fact, let me bring you a crab cake appetizer on the house.
 あなたは待ちぼうけさせらえたんですよね。そんなの構わないですよ。お楽しみいただきたいですから、とにかく、落ち着いてリラックスしてください。クラブケーキを無料でお持ちしますよ。

Ross: Wow, free crab cakes. Well, that's nice. Although I was hoping to have sex tonight.
 ワオ・・無料のクラブケーキね。それはいいな。今夜セックスできた方がよかったけどね。

Waiter: Ooh...
 うー!(興味津々な目で見る)

Ross: Just the crab cakes.
 いいからクラブケーキもってきて。

Waiter #2: What are you doing? Are you trying to get him to stay? Because you can't do that.
 おまえ何してるんだ? 彼に長居させようとしてるのか? それはダメだぞ。

Waiter: Just get out of here, okay?
 いいからどいてよ。

Ross: What's - what's going on?
 なに、どうしたんだ?

Waiter: Eh, okay, the waiters have a little pool going. We have a bet on how long it'll take before you give up and go home.
 いや、実は、ウェイター達でちょっと賭けをしてまして。あなたがあきらめるのにどれだけかかるか、賭けてたんです。

Ross: What? You - you're making money off my misery?
 なに? 君は、僕がミジメなことでもうけてるのか?

Waiter: Well, if you stay till 9:20, I am.
 そうね、もしあなたが9時20分までいたら、もうかっちゃう。

Ross: This is unbelievable. I - I have never been so insulted in my life. Now, if you'll wrap up my free crab cakes, I'll be on my way.
 信じられないな。こんな侮辱されたのは初めてだ。さあ、早く僕にクラブケーキもってきて、そうしたら帰るから。

《モニカ達の部屋:寝室から出てくる2人》

Monica: Well, that was weird. You were loud, and I was fast.
 変だったわね。あなたが声をあげて、私が早かったわ。

Chandler: I think we may have really done it this time.
 今回は本当にやったかもしれないな。

Monica: Oh, I wish I didn't have to wait to take a pregnancy test.
 ああ、妊娠検査がすぐできたらいいのに。

Chandler: You may wanna get some more of those too. . . Where's Emma?
 あれも買ってきた方がいいかも。・・・エマはどこ?

Monica: Oh, my God, where's Emma? Where's Emma?
 なんてことなの! エマはどこ? エマはどこ?

Chandler: Don't ask me, I was in there canoodling you!
 俺に聞くなよ。俺はあそこで君と抱き合ってだだろ!

Monica: Okay, okay, I'm sure that Rachel came home early and picked up Emma. You go look across the hall, and I'll call her cell.
 そうだわ、そうよ。きっとレイチェルが早く来てエマを連れていったのよ。あなたは廊下の向こう見てきて。私はレイチェルの携帯にかけてみる。

Chandler: Okay.
 わかった。

Monica: Hey, you better hope that we're pregnant, because one way or another, we're giving a baby back to Rachel.
 ねぇ、私達妊娠してるように祈った方がいいわよ。もしかしたら、レイチェルに赤ちゃん返さないといけないかもしれないから。

《セントラルパーク前の通り:レイチェルとスティーブ》

Steve: I - I can't believe I’m crying in front of you. You must think I'm so pathetic.
 (泣く)君の前で泣くなんて信じられない。君は俺がめちゃくちゃミジメって思ってるだろうね。

Rachel: No, no, no, I admire a man who can cry.
 いえいえいえ、泣ける男性って素敵よ。

Steve: Really?
 本当に?(レイチェルに手をかける)

Rachel: Don't touch my coat! . . . Oh, sorry, it's my phone. Hello?
 コートに触らないで!(携帯が鳴る)失礼、電話だわ。・・もしもし?

Monica: Hey, Rach, how's it going?
 ハーイ、レイチ、デートはどう?

Rachel: Oh, my God, this is the worst date ever! . . . Look, you know what, I'm sorry, but did you really think that this was going well? . . . What's up?
 ああ、もう、こんなひどいデート初めてよ!(泣き出すスティーブに)ねぇ、ごめんなさいね、でも、あなた本当に、これがうまく行ったって思うの? (モニカに)どうかした?

Monica: Hey, did you stop by here?
 ねぇ、あなたここに来た?

Rachel: No.
 いいえ。

Monica: Oh, my God, then……Oh, thank God! Emma, there you are!
 ああ、大変! それじゃあ・・(ジョーイとチャンドラーがエマを連れてくる)ああ、よかった!エマ、いたのね!

Rachel: What? What do you mean, "there you are"? Where was she?
 えっ?! どういうこと、「いたのね」って? どこにいってたの?

Monica: Oh, we were playing "peek-a-boo." She just – she loves it when I'm dramatic.
 ううん、私達、かくれんぼしてたのよ。あの子、オーバーにやると喜ぶのよ。
(電話を切る)

Monica: Why the hell did you take her?
 どうしてエマを連れてったのよ?

Joey: Because you two were having sex!
 だって君らがセックスしてるからだよ!

Monica: No, we weren't!
 いいえ、そんなことしてないわよ!

Joey: Don't you lie to me! I could tell by Chandler's hair. . . You are so lazy. Can't you get on top for once?
 俺にウソをつくな! チャンドラーの髪を見ればわかるぞ。(チャンドラーに)おまえは本当になまけもんだな。たまには上になれよ。

Chandler: All right, all right, we were. We were trying to make a baby. Monica's ovulating.
 わかった、わかったよ。してたよ。子作りしてたんだよ。モニカが排卵中なんだ。

Joey: Hey! It is unacceptable that you two would have sex with Emma in the next room. I'm gonna have to tell Rachel about this.
 おい! エマが隣の部屋にいるのにセックスするなんて許されないぞ! レイチェルに言うからな!

Chandler: No, no, no.
 ダメダメダメ!

Monica: No, please don't. Please, Joey. She will kill us!
 ダメよ、お願いだから言わないで。お願い、ジョーイ。彼女に殺されるわ。

Joey: Hey, I gotta! Unless...
 いや、言わないと。ただし・・

Monica: Unless what?
 ただし何?

Joey: Unless you name your first-born child Joey.
 ただし、初めての子にジョーイって名前をつけたら黙っててやる。

Chandler: What? Why?
 えっ? どうして?

Joey: Hey, I may never have kids, and somebody's gotta carry on my family name.
 俺は子供を持てないかもしれないんだろ。誰か俺の名字を引き継いでほしいんだ。

Chandler: Your family name is Tribbiani.
 おまえの名字はトリビアーニだぞ。

Joey: …You almost had me.
 (考える)・・・もうちょっとで引っかかるとこだった。(出て行く)

《セントラルパーク前のレイチェルとスティーブ》

Rachel: Well, uh...
 それじゃ・・

Steve: Look, I think I know the answer to this question, but... Would you like to make love to me?
 ねぇ、この質問に対する答えは知ってる気がするけどでも・・俺と愛を交わしてくれる?

Rachel: Really, really not.
 絶対に絶対にイヤ。

Steve: Eh, it's just as well. Doesn't work anyway.
 どうせ同じことだよな。使えないんだから。

Rachel: All right, well, that's good to know. Good night, Steve.
 そう。そう聞いてよかった・・・おやすみ、スティーブ。

(セントラルパークに入り身震いするレイチェル)
Ross: Hey, what's wrong?
 やぁ、どうかした?

Rachel: I just had a rough night.
 大変な夜だったの。

Ross: Oh. Crab cake?
 ああ。クラブケーキ食べる?

Rachel: Eww!
 いらない!

Ross: Well, what happened?
 何があったの?

Rachel: Oh, well, I...It's kind of weird talking to you about this, but...
 ああ、あなたにこんなこと言うの変な感じだけど・・

Ross: Monica told me you had a blind date.
 ブラインド・デートのことはモニカから聞いたよ。

Rachel: Yeah.
 そう。

Ross: I did, too.
 僕もだったんだ。

Rachel: Oh.
 あら。

Ross: But is it technically a date if the other person doesn't show up?
 でも、相手が現れなかったら、デートとは言わないよね?

Rachel: Oh, Oh, no. Do you think she walked in, saw you and left?
 まぁ、ああ、あなた、彼女が来たけどあなたを見て帰ったと思ってるの?

Ross: Why does everyone keep saying that?
 何でみんなそういうことを言うんだよ?

Rachel: Well, if it makes you feel any better, I wish my date hadn't shown up.
 こう言ったら気が楽になるか知らないけど、私のデート相手は来なきゃよかったわよ。

Ross: That bad?
 そんなにひどかったの?

Rachel: Well, he makes t-shirts for a living, and he thought it would be appropriate to give me this.
 彼、Tシャツを作る仕事してるの。そして、平気でこんなものを私にくれたのよ。("FBI - Female Body Inspector" というプリントの黒Tシャツを見せる)

Ross: Female body inspector? What size is that?
 女性の女性ボディー検査官? サイズはいくつ?

《セントラルパーク前:ジョーイとフィービー》

Phoebe: Now, wait a minute. So, they're gonna name their first child Joey?
 ちょっと待って。それで、2人は最初の子にジョーイって名前つけるの?

Joey: Uh-huh.
 そうだよ。

Phoebe: How - how do I get them to name the next one after me?
 どうしたら、次の子に私の名前をつけさせられるかしら?

Joey: It's easy, you just walk in on them having sex.
 簡単だよ。2人がセックスしてる所へ入っていけばいいんだ。

Phoebe: Oh, so they owe me, like, three Phoebes.
 ああ、それなら、もうあの人達、3人ぐらいフィービーって名づけなきゃダメだわ。

(セントラルパーク内のロスとレイチェルに気づく)

Phoebe: Oh, my god! Look, it's Ross and Rachel. Oh, the plan is working. . . Don't, don't do the plan-laugh.
 ああ、ほら! 見て、ロスとレイチェルよ。ああ、企み通りね。(ジョーイが笑う)企み笑いしちゃダメ。

《セントラルパーク内のロスとレイチェル》

Ross: The first date we've had in months, and they were both such disasters.
 僕ら、何ヶ月ぶりかっていうデートだったのに、2人ともひどい目にあうなんて。

Rachel: Oh. Huh. You know, it is weird that Phoebe would set me up on a date that was awful on the same night that Joey set you up on a date that didn't even show.
 ああ、うん・・ねぇ、フィービーがあんなひどい人と会わせた同じ日に、あなたの相手が現れもしないなんて、おかしいわよね。

Ross: Wait a minute. You don't think it was intentional? I mean, that's just stupid.
 ちょっと待てよ。これがわざとだって思うのか? そんなのバカな話だ。

《外のジョーイとフィービー》

Joey: We're geniuses! Yeah, look at them, look at them, they're really bonding.
 俺たち天才だな! ああ、ほら見て。2人を見ろよ。すごく仲良く話してるよ。

Phoebe: Oh, yeah, they're falling in love all over again.
 ああ、ほんと。また恋に落ちてるんだわ。

(中からレイチェルとロスが見る)

Phoebe: Oh, they see us! Oh, they, they look mad. Oh, they figured it out. They're coming this way. Run!
 あっ。2人が私達を見てるわ! あ、怒ってるみたい。ああ、バレたんだわ。こっちへ来る。逃げて!

Joey: Where?
 どこへ?

Phoebe: Mexico!
 メキシコ!(走って逃げる2人、追いかける2人)

《ロスが待ちぼうけしたレストラン:ジョーイとロス》

Joey: Can you believe they're still not here?
 2人ともまだ来ないなんて信じられるか?

Ross: I know. A double blind date, and we both get stood up. What are the chances?
 ホントだよな。ダブル・ブラインド・デートで、2人とも待ちぼうけなんて。そんなことってあるか?

Joey: I know, I'm so bummed. Can we have our free crab cakes now?
 まったくだよな。本当に凹むよ。(ウェイターに)ただのクラブケーキもらえる?

Waiter: What?
 えっ?

Joey: We've been stood up. And we want our free crab cakes.
 僕ら、待ちぼうけをくわされたんだ。ただのクラブケーキほしい。

Waiter: Guys, give it a rest. Nobody's betting on you tonight. Although we do have a pool going to see how long it takes that guy to cry.
 君たち、諦めて。今夜は誰もあなた達に賭けてないから。でも、あの人が泣き出すまでにどれだけかかるかって賭けてるけどね。

Steve: I have such fat hands!
 (自分の手を見つめて泣き出す)俺って本当に太った手!






にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 00:41| Comment(0) | Season 9 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。