2013年12月05日

9-13 The One Where Monica Sings

9-13 歌うモニカの話

 ☆モニカ 大人気の秘密☆

《モニカ達の部屋:ロスが来る》

Chandler: Hey!
 やぁ!

Ross: Yeah! Yeah! Okay! Sure! Look! Can we...can we talk about what happened here last night?
 ああ! よし、いいか! 昨日の夜起きたことについて、話したいんだけどね!

Chandler: Sure! Just give me a second to get all huffy and weird like you! Do you believe that who ever did something over here last night did what they did or didn't do, I mean, come on!!
 わかったよ! じゃあおまえぐらい不機嫌で変になる時間をくれ! 昨日の夜、誰かが何かをしたかしなかったか知らないけど信じられるか、おい!

Ross: Okay, you really, you don't know what I am talking about?
 そうか、本当に君は、何の事か知らないんだな。

Chandler: No!
 知らん!

Ross: Okay! Last night after the party I saw Rachel kissing that jerk from her office out on your balcony.
 そうか、昨日の夜のパーティの後、レイチェルがあの職場のいやな男とバルコニーでキスしてたんだ。

Chandler: Our balcony? Seriously? That's so funny because I told Monica we should put lights on our balcony. And she said "No, no. It's too cold, nobody will go out there." And I said "Maybe if we put some light out there they will"
 うちのバルコニーで? 本当に? おかしいな、モニカと、あそこにライトをつけるべきじゃあいかって話してたんだ。それで彼女は、「いやいや、寒すぎるから、誰も出て行きたがらないわよ」って言うんで、俺は「ライトをつければ、出ていくかもしれないぞ」って言ったんだよ。

Ross: Right, that's why I came over to talk about. Hum...I saw Rachel kissing some guy on your balcony, even though there were no lights !
 そうか、それについて話にきたんだよ。レイチェルは、君んとこのバルコニーでキスしてたぞ、ライトがないにも関わらずな!!

Chandler: So are you gonna...talk to her?
 それでおまえ、彼女に話すのか?

Ross: Why? Why should I? I mean if she wants to move on, that's fine!
 なんで? なんで僕が? 彼女が先へ進みたいなら、それでいいさ!

Chandler: You know when "That's fine" sounds true when someone yells it and spits!
 「それでいいさ」ってことを、人が本心から言う時って、どなるしツバも飛ぶよな。

Ross: No, I'm serious. I mean, she wants to date people? Fine! I don't care but...at least she could have told me. You know, I...I've been putting my life on hold and just concentrating on Emma but if she wants to go out there kissing guys she barely knows, then so will I ! Very funny! Ross is gay! Ah! Ah!
 いや、本気だ。彼女が誰かとデートしたいっていうわけだろ? いいじゃないか! 構わないさ。でも、せめて僕に言ってくれてもいいじゃないか。僕は自分のことはさておきエマに集中しているっていうのに、彼女が、よく知りもしない男とキスするっていうんなら、僕だってそうするさ! (男とキスする?という目で見られ)すっごいおもしろいよな、ロスはゲイだ、ハハ!

Chandler: No, no, no. Good. So you're moving on? Do you have any idea where you're moving on to?
 いやいやいや、いいさ。それで先へ進みたいっていうんだな? なにかアテはあるのか?

Ross: I don't know. I mean, I have plenty of opportunity. Just now there were some women at the coffee house smiled at me. And then the other day on the subway a woman "accidentally" sat on my hand.
 いいや。チャンスはたくさんあるけどね。さっきもコーヒーハウスで、女性が僕に微笑んできたし。それに、この前も地下鉄で、女性が「うっかり」僕の手に座ったしね。

Chandler: Dude, don't rub my face in your crazy single life!
 おい、おまえのいかれたシングルライフを俺に見せつけてくれるなよ!

Ross: Well, and how about this? There is an anthropologist at school who totally came on to me during the inter-departmental Potluck dinner.
 それから、こんなのはどうだ? 大学の人類学者の子が、部内のポットラック・パーティで、完全に僕に気があるそぶりだったね。

Chandler: Why did I get married?!
 (嫌味)なんで俺結婚しちゃったんだろう?!

《セントラルパーク》

Joey: Hey! Let me ask you guys something. I have a new headshot taken tomorrow, right? and the photographer said she thinks I should have my eyebrows waxed. Is that weird for a guy?
 なぁ、ちょっと聞きたいんだけど。明日、新しくポートレート写真を明日撮るんだけど、カメラマンの子が、眉を剃った方がいいっていうんだ。そんなの男にはおかしくないか?

Phoebe: Well, it depends.
 それは状況によりけりね。

Joey: On...?
 どういう?

Phoebe: On how far along he's in the sex change process!
 どこまで性転換をしてるか。

Monica: No, I totally disagree. No, I think it's fine for a guy to do something like that. Especially an actor. I mean, not that you need to. Your eyebrows are...
 いえ、全然そんなことないわよ。男がそういうことをしてもいいと思うわ。特に役者はね。あなたにそれが必要だって言ってるわけじゃないけど、あなたの眉は・・(見つめる)

Joey: Okay! Stop it, you guys! Stop staring! You're freaking me out!
 ちょっと! やめてくれよ、君たち! 見るなよ! 怖いよ!

Phoebe: Your knuckles are kinda hairy too...
 あなた、手の甲もちょっと毛深い感じね。

Joey: Oh, man! I have to get those done too?!
 えぇ、なんだよ! そこもやらなきゃだめなのか?

Phoebe: Wow! Talking about high maintenance.
 ワオ! 手間がかかるってこういうことね!

Joey: Hey, hey! You dye your hair!
 なんだよ。君だって髪を染めてるじゃないか!

Phoebe: I'm a woman!
 私は女だもん。

Joey: Arghhh! Double standards!
 もうっ! 勝手なんだから!(出て行く)

Phoebe: Oh, before I forget, are you coming to Mike's piano bar tonight?
 あ、忘れる前に聞くけど、今夜、マイクのピアノ・バーにくる?

Monica: Only if I don't have to get up and sing.
 私も歌わなくてもいいならね。

Phoebe: But everybody sings. It's so much fun! Last time this adorable old man got out there, forgot all of the words, flipped out and everyone booed him off the stage. So funny.
 でもみんな歌うのよ。すごく楽しいんだから! この前なんて、可愛らしいおじいちゃんが舞台に上がったんだけど、歌詞を忘れてあせっちゃって、みんなでブーイングして舞台から下ろしちゃったのよ。本当におもしろかったわ。

Monica: It's just, I'm not good at singing.
 とにかく、私は上手に歌えないもの。

Phoebe: Oh! What's the matter? Are you scared? You're afraid I'm a better singer? You're afraid I'm gonna beat you at singing?
 あら、どうしちゃったの? 怖いの? 私の方がうまいのが心配なの? あなたより私の方が上手に歌うのが怖いの?

Monica: No, no, it's not working on me. Wow! I must be growing up!
 ・・いいえ、その手には乗らないわよ。ワオ! 私成長したのね!

Phoebe: Okay, fine! Please come and support Mike. You don't have to sing.
 いいわ、わかったわよ! お願いだから来てマイクを応援してよ。歌わなくていいから。

Monica: So I don't have to sing and I can just sit there and pass judgments on others?
 それじゃ歌わずに、ただ座って人のこと批判してればいいの?

Phoebe: While drinking...
 飲みながらね。

Monica: I'm there!
 行くわ!

Rachel: Hi, you guys! Listen, I really need your help. I think I did something really stupid.
 ハーイ、ねぇ、聞いて、あなた達の助けが要るの。私すごくバカなことしちゃったの。

Phoebe: Well, yes, Rachel, but you got something so beautiful out of it.
 ええ、そうね、レイチェル、だけど、そのおかげで可愛いこが生まれたじゃない。

Rachel: No, not that. I kissed Gavin last night.
 いえ、そのことじゃないのよ。昨日、ギャビンとキスしちゃったの。

Phoebe: Oh, my god.
 あら、まあ!

Monica: You kissed him?
 彼とキスした?

Rachel: Yeah. It was after the party, we were on the balcony and...
 ええ、パーティの後で、バルコニーで・・

Monica: Wait, wait, wait. I was at home the whole time. How did I missed that?
 待って、待って、待って。私ずっと家にいたのに、どうして気がつかなかったのかしら?

Phoebe: Well, it was the end of the party, you were probably ironing wrapping paper.
 パーティが終った後だから・・あなたきっと、包装紙にアイロンかけてたのよ。

Monica: Oh, yeah...So how did you end up kissing?
 ああ、そうだわ。。それで、どうしてそうなっちゃったの?

Rachel: Well, we were all alone and he was being really nice to me and, oh, and he gave me this scarf...
 私達2人っきりで、彼はすごく優しくて、それで、彼このストールをくれたの。

Monica: I thought you hated him?
 彼のこと嫌いなのかと思ったけど?

Rachel: You know honey, there is a thin line between love and hate, and it turns out that line...is a scarf!
 それがね、愛と憎しみの間は紙一重なのよね。この場合、その紙はこのストールだったのよ!

Monica: So are you thinking of starting something up with this guy?
 それじゃあなた、あの人と交際を始めるつもり?

Rachel: I don't know. It's so complicated. I work with this guy, you know, I have the baby, and I have Ross, and I just...I don't know what to do. And I have to be at the office and see Gavin in ten minutes.
 わからないわ。ややこしいんだもの。彼とは同僚でしょ、私には赤ちゃんがいて、ロスがいる。それに・・どうしたらいいかわからないわ。それなのに、10分もしたら会社に行ってギャビンに会わなきゃならないのよ。

Monica: Sounds like you need to think about what you want, talk to Gavin, and you definitely should talk to Ross
 どうしたいのかよく考えて、ギャビンと話して、それに、絶対ロスとも話をしないと。

Rachel: Or...I could call in sick and not deal with it at all...
 それか・・病気だって電話して、全部放置するか。

Phoebe: Wow! Five-month maternity leave, you're back for four days, kiss a co-worker, call in sick, they are lucky to have you!!
 ワオ! 5ヶ月産休をとって、復帰して4日で同僚とキスして、仮病で休む、いい社員を持ってラッキーな会社ね!

《ビューティ・サロン:ジョーイが来る》

Salon girl: Hi
 ハーイ。

Joey: Hey. I'm here for my eyebrow appointment.
 どうも。眉のことで予約したんだけど。

Salon girl: Name?
 お名前は?

Joey: Chandler Bing.
 チャンドラー・ビング。

Salon girl: Okay. Very good. Have a seat right over here, Mr. Bing, and Sonya will be right with you.
 わかりました。そちらにおかけになって、ミスター・ビング。ソニアがすぐ参ります(出て行く)

Joey: Okay. Thanks. . . . I touched the stuff.
 わかった。ありがと。・・・(ワックスジェルを触ってしまう。ソニアが来る)触っちゃった。

Sonya: I'll take care of it.
 拭きますわ。

Joey: Thanks. Do you get a lot of guys in here?
 ありがと。ここには男もよく来るの?

Sonya: Oh, absolutely.
 ええ、もちろんですわ。

Joey: Oh, good...
 ああ、よかった。

Sonya: Are you looking to meet somebody?
 男性と出会いを求めてらっしゃって?

Joey: All right, let's just do this.
 いいから、早くやろう。

Sonya: We'll get to the wax in a minute. First I want to tweeze some of the strays, okay? This may sting just a little bit...
 すぐワックスを始めますが、その前に、余分な眉毛を抜きます。いいですか? ちょっと痛いかもしれませんが。

Joey: Please, I have an extremely high threshold...Holly Mother Of God! My face! My face!! I'm all right! I'm all right! Just a little bit of shock that's all but I'll be fine you can go again. I'm okay. . Dammit! Woman!! No! Hoooow!
 大丈夫だよ、俺は痛みにはとても強いんだから。(抜かれる)うわ、なんてことだ、あああ、顔が! 俺の顔が! ・・・大丈夫、大丈夫・・ちょっと驚いただけだよ。でも大丈夫、続けてくれていいから。大丈夫だから。(抜かれる)クソッ! おまえ! ああっ!! ふぅーーっ!

《セントラルパーク》

Chandler: Hey, it's the most eligible man in NY. How's the moving on going?
 やぁ、ニューヨークで一番結婚にふさわしい男。順調に前進してるか?

Ross: Not well. I went on the subway again and someone did sit on my hand but that person was neither female nor wearing pants.
 いや。また地下鉄に乗ったら、誰が僕の手の上に座ったけど、そいつは女性でもなく、パンツもはいてなかった。

Chandler: Well, maybe you're going about this the wrong way. You know, I mean, think about it. Single white male, divorced three times, two illegitimate children. The personal ad writes itself....
 もしかしたら、方向性が間違っているのかもな。考えてみろよ。独身の白人男性、離婚歴3回、婚外子2人。経歴が物語るよな。

Ross: That's funny...Do you think you'll ever work again?
 おもしろいね。・・君はもう働かないのか?

Chandler: What are you doing? You know, I can only dish it out!
 何を言ってくれるんだよ? 俺はこんなこと言うぐらいしかできないのに!

Ross: I can't believe Rachel just moved on and didn't say anything to me.
 レイチェルが先へ進もうとしていて、それを僕に言わないなんて信じられないんだよ。

Chandler: Maybe she didn't move on, you know? Maybe that kiss was just an impulsive one-time birthday thing.
 もしかしたら、前に進んでなんていないのかもしれないだろ? キスだって、衝動的な一回きりの、パーティのノリだけだったのかも。

Ross: No no, about a month ago she gave her number to some guy in a bar.
 いやいや、1ヶ月ぐらい前、彼女は、バーでどこかの男に電話番号を渡したんだ。

Chandler: Did she go out with him?
 彼女そいつとデートしたのか?

Ross: No. When he called, I...I threw the message away.
 いや。彼が電話してきた時、僕・・メッセージを捨てちゃったから。

Chandler: Ah! The high road...
 ああ! すべきことだよね。

Ross: You know what? Enough! Enough talking! I have to get moving! Hey, check out those two blondes over there! Hey, come with me!
 なあ、もういい、話すのはもういいよ。僕も前に進むんだ。ほら、あそこの2人のブロンドの女性を見ろよ。なぁ、一緒に来て。

Chandler: Are you trying to get everybody divorced?
 おまえ、みんなを離婚の道連れにする気?

Ross: You don't have to do anything. It will just be easier if it is the two of us, like college, remember? You...you break the ice with some kind of jokes so that they know you're the funny one and I swoop in with some interesting conversation, so they'll see that I'm the brilliant, brooding, sexy one...
 何もしなくてもいいんだよ。ただ、2人の方が簡単だろ。大学の頃みたいに、ほら? 君がジョークで最初にほぐして、君は楽しいやつだってわからせてから、僕がさっと出て興味深い話をするんだよ。それで僕が、頭がよくて思いやりがあってセクシーなヤツってことがわかるわけ。

Chandler: I thought I got to make the jokes!
 俺はジョークを言ってるってのにな!

Ross: Don't you have to be at work?
 君、はたらなかくていいのか?

Chandler: Oh, come on! Hello! Hi! My name is Chandler. This is my friend Ross right here. And we were wondering you know, if you're up for it. We only need six more people for a human pyramid...Swoop!! Swoop!!
 なんだよもう!・・・(2人の女性に近づき)こんにちは、どうも。僕はチャンドラー。こっちは友達のロス。僕ら、君らはどうかなと思ってたんだ。僕ら、あと人間ピラミッドのためにあと6人必要なんだ・・(ロスに)さっと出て! 出て!

Ross: Hum...So...hum...Oh, hey, I noticed you were reading the paper. . . Another flood in Europe? Here’s a question: "Would you... would you rather drown or be burnt alive?"
 やぁ・・あー・・あ、君達新聞を読んでたんだね。ヨーロッパでまた洪水があったよね? 質問だけど、
溺れ死ぬのと焼かれて死ぬのとどっちがいい?

Blonde girl: I’m sorry...we’re just leaving
 ごめんなさい、私達、もう行くところなの。

Chandler: Okay. . . We still got it!
 そう。・・俺たち昔のまんまだな!

《ロスの部屋:ノックの音》

Rachel: Who is it?
 どなた?

Gavin: Gavin! I brought you some soup.
 ギャビンだ。スープを持ってきたよ。

Rachel: Why?
 どうして?

Gavin: I heard you were sick...
 君が病気だって聞いたから。

Rachel: Oh! Right! Yeah! Hold on, I'll be just clean up in here a little bit! . . Hello, Gavin
 ああ、そうね! ええ。待って。ちょっとここ片付けるから・・(ティッシュを散らかしてからドアをあけ、鼻声で)こんにちは、ギャビン。

Gavin: I missed you at work today. How are you feeling?
 今日は寂しかったよ。気分はどう?

Rachel: I’m not gonna lie to you, I'm pretty sick
 正直いって、本当に具合悪いわ。

Gavin: Oh! Good. Because I was having a totally paranoid moment when I thought you called in sick to avoid me.
 ああ、よかった。君が病気で休むって聞いた時は、僕を避けているのかと思ってしまったよ。

Rachel: Oh, no, no, no.
 あら、いえいえ、違うわ。

Gavin: So I had fun last night.
 昨日は楽しかったよ。

Rachel: So did I.
 私もよ。

Gavin: Exactly how contagious is this thing you have? I mean is it a cold for standing on the balcony or did a monkey bite you?
 どういった伝染性のあるものなの? バルコニーに立ってたから風邪をひいただけなのか、それとも、サルに噛まれた?

Rachel: It's just a cold.
 ただの風邪よ。

Gavin: Do you have fever? Let me see. Hum...
 熱はあるの? 見せて・・(レイチェルの額に手をあてていたが、妙な顔をする)

Rachel: What? What's the matter?
 なに? どうかした?

Gavin: What's Ross doing to you on that picture?
 その写真だけど、ロスは君に何をしてるの?

Rachel: Oh, he's dusting me with a fossil brush. He thought it would be funny.
 ああ、彼は化石用ブラシで私の誇りを払うふりをしてるのよ。彼はあれがおもしろいと思ってるのね。

Gavin: Right. Right. Ross. So what's the deal with you guys? I don't want to get in the middle of anything
 そうか。そのロスだけど。君たちはどうなっているの? 何かあるなら割り込みたくないからね。

Rachel: Oh, you're not. You're not gonna get in the middle of anything, don't worry about Ross really, really. . . Oh! Hide! That's Ross! Hide! Hide!
 あら、そんなことないわ。割り込んだりなんてことないのよ。ロスのことは心配しないでいいの、本当なのよ・・(鍵をあける音がする)あっ! 隠れて! ロスだわ! 隠れて、隠れて!

Gavin: Yeah! But you said not to worry about...
 (カーテンの向こうに立たされ)ああ、だけど、その心配はいらないって、きみ・・

Rachel: I lied! And I'm not sick either! Just stay behind the curtain!
 ウソよ! 病気でもないの! とにかくカーテンンの後ろにいて!

(モリーが入ってくる)
Molly: Hi!
 ハーイ。

Rachel: Oh! Molly! You're not Ross.
 ああっ! モリー! ロスじゃなかったのね。

Molly: No, I'm here to take Emma to your mother's, remember?
 ええ。エマをあなたのお母様のところに連れて行くために来たのよ、そうでしょ?

Rachel: Right, yes, yes!
 そうね、そうそう。

Molly: Don't panic!
 パニクらないで。

Rachel: What?
 なに?

Molly: There is a man behind your curtain. I have a Mace in my purse.
 カーテンの後ろに男が隠れているわ。バッグにメースを持ってるから。

mace.jpg
(mace = 自己防衛のためのスプレー)

Rachel: No! That's okay! That's Okay! No, no, no, no! This is my business associate, Gavin. He's just being silly. Gavin, come out from behind that curtain!
 違うのよ。いいの。いいのよ。違うの。これは会社の同僚のギャビンなの。彼はちょっとふざけてただけ。ギャビン、カーテンから出てきて!

Gavin: Hi! Gavin! Please to meet you. It was my idea to stand there.
 ハーイ。ギャビンだ。初めまして。ちょっと隠れてみた。

Molly: Hello! I just go and get Emma.
 こんにちは! 私エマを連れてくるわね。

Rachel: Okay.
 わかったわ。

Gavin: So hum...Why did I have to hide?
 それで・・どうして僕隠れなきゃいけなかった?

Rachel: I thought it was Ross.
 ロスだと思ったの。

Gavin: So what if it was? I thought there was nothing going on between you two.
 そうだったらどうなの? 君達2人の間は何もないって思ったんだけど・・。

Rachel: There isn't. There is totally isn't.
 ないの。本当に何もないのよ。

Gavin: You hear a key in the hole and you jump like a young bronco coming out of a chute for the first time. . . I used to be a rodeo clown.
 鍵の音が聞こえた途端、初めてゲートを出た野生の馬みたいに飛び跳ねてたよ。(?という顔をされ)ロデオ・クラウンをしてたことがあってね。

bull-charging-rodeo-clown-escape-horns-cowboy-hat-dirt-reality-show-i-will-try-anything-once-on-air-promo-cablevision-video-photo.jpg
(rodeo clown)

Rachel: All right. Look. Gavin...I...I guess I felt guilty that you were here, which I shouldn't. You know, Ross and I are not in any relationship but...he is the father of my child. And, you know, we do live together. And plus there is just so much history...you know, it's just...I don't know, I'm sorry, I'm just all over the place.
 そうね・・ギャビン、私、あなたとここにいることに罪悪感を感じてたのね。そんな必要ないんだけど。ロスと私は何でもないんだけど、私の子供の父親だし、一緒に暮らしてるし。それに、過去にはいろいろあったから・・何て言うか・・ごめんなさい。考えがまとまらないわ。

Gavin: It's okay. I know it's probably not my place but can I give you a piece of advice?
 いいんだよ。僕が言うべきことじゃないのかもしれないけど、アドバイスしていい?

Rachel: Yes.
 ええ。

Gavin: I think you should talk to Ross about all this.
 それについて、ロスと話すべきだよ。

Rachel: People keep saying that. Oh, I'm sorry, Gavin.
 みんなそう言うのよね。ああ、ごめんなさい、ギャビン。

Gavin: Don't be. It's just bad timing.
 いいんだよ。タイミングが悪かったんだね。

Rachel: So seriously, rodeo clown?
 それで、マジな話、ロデオ・クラウンだったですって?

Gavin: One of the best, ma'am. One of the best.
 優秀だったんだよ、ほんと。優秀だった。

《マイクのピアノ・バー》

Phoebe: "No time for losers, 'cause we are the champions of the world!"
 「負け犬どもの出番はないさ、俺たちがこの世界のチャンピオンだ!」



(歌い終わってマイクの隣に座り、キスをする2人)

Mike: Oh, she's my girlfriend. That's not just how we do it here. I got to get a break and when we come back we've got Kenneth singing "I touch myself"...I'm not here to judge!
 あ、彼女は僕のガールフレンドだからね。みんなにこうするわけじゃないよ。休憩を入れて、その後、ケネスの歌う「アイ・タッチ・マイセルフ」にいきます。・・何を歌おうと批判はしないよ!(2人はモニカのいるテーブルに行く)

Phoebe: Oh, you have got to sing.
 ああ、あなたも歌いなさいよ。

Monica: No, I told you I can't.
 いやよ。歌わないって言ったでしょ。

Phoebe: But you would have so much fun and you have a really nice voice.
 でも、すごく楽しいわよ。それにあなたいい声してるじゃないの。

Monica: When have you heard me sing?
 いつ私が歌うのを聞いた?

Phoebe: All the time when you're cooking.
 お料理してる時いつも歌ってるじゃないの。

Monica: What?
 え?

Phoebe: Yeah, you're always singing, "Yummy, yummy, yummy, I've got love in my tummy"
 ほんと、あなたいつも歌ってるわ。「おいしいおいしい、おいしい、おなかに愛がつまってる」

Monica: Yeah, I do rock that one.
 ああ、私のあの歌は最高よね。

Phoebe: Okay, so isn't there just a little part of you that wants to get up there?
 ねぇ、ちょっとは、あそこに立って歌いたいって思わない?

Monica: Just a little... But, God, it's so scary! I don't even know what I would sing...
 ちょっとだけ・・でも、恐ろしいわよ! 何を歌ったらいいかもわからないし・・。

Mike: Well I've got a book around...
 歌の本があるから・・

Monica: "Delta Dawn"
 「デルタ・ドーン」。

《セントラルパーク:女性に声をかけるロス》

Ross: Hi! I couldn’t help but notice, but that's an unusual necklace.
 やぁ。どうしても気になっちゃうんだけど、君のネックレス、変わってるね。

Woman: You already hit on me an hour ago
 一時間前にもそう言ってきたじゃないの。

Ross: Right, so that's a firm "no". . . I cannot believe this, I just keep striking out.
 そうか。それじゃ、あれは本当に「ノー」だったんだ。(チャンドラーのそばに戻って)信じられないよ。全然ダメだ。

Chandler: I don't get it either. I mean you're obviously desperate. You're asking women how they wanna be killed.
 俺もわからないよ。どう見ても必死だし、どう殺されたいか聞いてるのにな。

Ross: This is great. Rachel's gonna keep kissing guys until she finds the one she wants and I'm gonna die alone.
 最高だね。レイチェルは、これだってやつを見つけるまで男とキスしてるっていうのに、僕は1人で死ぬんだ。

Chandler: By drowning or...?!
 溺れ死ぬのか、それとも・・?

(2人の女性が入ってくる)
Michelle: Why would he break up with me?
 彼に振られちゃうなんて、どうして?(泣く)

Her friend: I don't know, sweetie.
 わからないわよね。。

Michelle: All I ever wanted was just love him and have him love me back. I mean, am I so unlovable?
 私はただ、彼を愛して、彼にも愛してもらいたいだけなおの。私って、そんなに愛されないタイプなの?

Chandler: Wow…
 ・・ワオ・・
Ross: I know!
 だよね!(立ち上がる)

《ピアノ・バー》

Mike: All right, that was Kenneth with his much too literal rendition of "I touch myself". Coming up next we've got Monica singing "Delta Dawn".
 はい、ケネスによる、タイトルの通りに歌ってくれました、「アイ・タッチ・マイセルフ」でした。次は、モニカ、「デルタ・ドーン」を歌ってくれます。

Monica: Wait wait! I can't sing in front of all these people.
 待って待って! こんなに大勢の人の前で歌えないわ。

Phoebe: Just pretend they're not even here! It's okay, Monica, when that spotlight hits you it so bright you won't see anyone anyway.
 みんないないと思うのよ! 大丈夫よ、モニカ、スポットライトが当たるとまぶしくて、誰も見えないから。

Monica: Hi! I'm Monica and I'm gonna be singing "Delta Dawn"
"Delta Dawn, what's that flower you have on? Could it be a faded rose from days gone by? ..."
 (舞台に立つ)ハーイ。私はモニカ。「デルタ・ドーン」を歌います。
「デルタの夜明け、君がつけている花はなに? 過ぎ去る日々にかすむバラだろうか?」

Phoebe: Can you totally see through her shirt?
 (マイクに)彼女のブラウス完全に透けて見えてる?

Mike: Like an X-Ray. Bad day not to wear a bra.
 レントゲンみたいにね。ブラをつけてないとはね。

Monica: "To take you to his mansion in the sky?"
 「空にある彼の家に行くわ」

《モニカ達の部屋:ジョーイがアシュレイ・ジャッドが表紙の雑誌で顔を隠して入ってくる》

Joey: Hey, I need your help.
 なぁ、助けてくれ。

Chandler: Wow, it seems serious. What seems to be the problem, Ashley Judd?
 ワオ。深刻そうだな。どうしちゃったんだ、アシュレイ・ジャッド?

Joey: Look, I'll get new headshot taken, all right, so I want to get my eyebrows shaped.
 俺は新しいポートレート写真を撮るんだよ。それで、眉の形を整えてもらいに行ったんだ。

Chandler: I am sorry, moment to make fun of that, please!
 悪いけど、からかわせてくれないか、頼むよ!

Joey: I may be a sissy but I'll still pound you out on ground. All right, look, it hurts so bad, I could only let her do one eyebrow and now... they don’t match!
 女みたいなことしたかもしれないけど、でもおまえを床に倒せるんだぞ。いいか、それがあんまりにも痛くて、片方の眉しかさせられなかったんだ。だからほら、左右で合わないんだよ!(見せる)

Chandler: It’s like a baby caterpillar chasing its mama!
 けむしの赤ちゃんがママを追いかけてるみたいだな!

Joey: You got to help me out, okay? Look, I have the magic marker, I want you to fill in the skinny one so I don’t look stupid for my pictures.
 助けてくれよ、な? マジックを持ってきたから、バカな写真にならないように、細い方を直してくれよ。

Chandler: Okay. First of all, this is green!
 いいか、まず第一に、これは緑だ!

Joey: What the hell am I supposed to do!
 いったいどうしたらいいんだよ!

Chandler: All right, I will help you out but you have to promise me you will not tell anyone what I am about to tell you.
 わかった、助けてやるから、今から言うことを、絶対誰にも言うなよ。

Joey: What, what.
 なんだよ、なに。

Chandler: Okay, you know how most kids get their allowance from mowing the lawn or taking out the garbage. Well I earned mine by plucking the eyebrows of my father and his “business partners.”
 ほら、子供って、小遣いをもらうために、芝生を刈ったり、ゴミを出したりするだろ。俺の場合は、父親や彼の「ビジネス・パートナー」の眉を抜いてやることで小遣い稼ぎをしてたんだ。

Joey: Oh, my God!
 (笑)オーマイゴッド!

Chandler: Yeah, well, I guess you don’t need my help, Victor Victoria!
 ああ、そうかい。俺の助けはいらないんだな。ビクター・ビクトリア!

Joey: Okay, all right, no, no, no, no, I do, I do, I do, I need your help, but Chandler, I don’t know if I can take anymore plucking. It hurts so bad!
 わかった、ごめん、いやいやいや、おまえの助けが必要なんだよ、だけどチャンドラー、もうあんなふうに抜かれるのは耐えれないんだよ。あれめちゃくちゃ痛いよ!

Chandler: Oh, not with my combination of ice cubes, aloe Vera and my gentle self-loathing touch.
 大丈夫だ、俺は氷とアロエを使うし、自分でも腹が立つほど優しい手法でね。

《ピアノ・バー:モニカが歌っている》

Monica: "Take me to the mansion in the sky". I am sorry, the song is over. Did you see me out there?
 「空にある彼の家に行くわ」 (終ったのを残念がる声)ごめんね、歌はもう終わりよ。(フィービーに)私が歌うの見てた?

Phoebe: Every little bit of you!
 あなたのすべてを見てた!

Monica: I can’t believe I did this. I can’t believe I'm singing for the people, and they liked me! Hey, did you hear that one shouting “look at those tips”! I mean, did I really help you get a lot of tips?
 私がこんなことするなんて! 人前で歌うなんて信じられないわ。でもみんなすごく気に入ってくれたわ! ねえ、「あのチップ(チップ又は先端)を見ろ!」って叫んでるの聞いた? あなたたくさんチップもらえたのね?

Mike: Sure.
 ああ。

Phoebe: Mon, not that you didn’t sound good, but...
 モン、あなたの歌がいいかどうかっていうんじゃないんだけど、

Monica: Good? Didn’t you hear them...I was great! Thank you so much for making me do this. That’s is the best gift ever.
 いいか? あなたみんなの声聞いてなかったの? 私すごかったわ! 歌わせてくれてありがとう。最高のギフトだわ。

Mike: Also a good gift? Underwear.
 いいギフトって言えば、下着もだよね。

《ロスの部屋》

Michelle: Thank you so much for letting me do this. Public bathrooms freak me out, I can't even pee, let alone do anything else.
 貸してくださって本当にありがとう。公共のバスルームって本当に怖いの。オシッコなんてできないわ。それ以外のことはもちろん。

Ross: But, what’s great is that you don’t mind talking about it.
 でも、すばらしいね、それを言うのは平気なんだ。

Michelle: It’s so amazing that I met you the same day that Eric broke up with me, because it’s like you lose a boyfriend, you get a boyfriend.
 エリックと別れたその日にあなたに出会うなんて、素晴らしいわよね。ボーイフレンドを失った途端に、ボーイフレンドを見つけるなんて。

Ross: Uh-ah!
 ああ!

Michelle: No, don’t worry, this is not some rebound thing. I am totally over Eric.
 心配しないでね。エリックを失った悲しみのせいじゃないの。エリックのことは完全に忘れたわ。

Ross: Whew! . . . Good choice, Ross.
 ヒューッ! (彼女はトイレに行く)これでよかったんだ、ロス。

(レイチェルが来る)
Rachel: Oh, hey! Hi, there you are, I’ve been looking for you everywhere!
 あら、ここにいたのね! あなたをあちこち探しまわったわ。

Ross: Oh, yeah, hello, well, now, here I am.
 ああ、うん、ああ、僕はここだよ。

Rachel: Listen, my mum is not bringing the baby back until nine o’clock. So I was hoping you and I could have a chance to kind of talk… somebody here?
 ねぇ、私のママが9時ぐらいにエマを連れてくるわ。それまで、私、話したいことがあるの。(トイレの音)誰かいるの?

Ross: Oh, yeah, yeah, that’s Michelle.
 ああ、うん、うん。ミシェルだ。

Rachel: Who?
 誰?

Ross: Oh, just this woman I’ve been seeing.
 ああ、僕がつきあってる女性だよ。

Rachel: You’ve being seeing someone?
 あなた誰かとつきあってるの?

Ross: Yeah, didn’t I mention that? Yeah, I mean, we haven’t being going out for too long, but there is this amazing connection between us. I mean, in fact just before you came in she called me her boyfriend. I thought it was a little too soon, but it was also, you know, it felt kinda nice.
 ああ、言わなかったっけ? そうだよ。長いつきあいじゃないけどね。でも、僕らの間には素晴らしいつながりがあるんだ。ほんと、君がくるちょっと前に、彼女僕のことボーイフレンドって言ったしね。ちょっと早いんじゃないかと思ったけど、でも、いい感じだよね。

Michelle: What are you taking amoxicillin for?
 (戻ってくる)この抗生物質何に使ってるの?

Ross: How great is this? You are already comfortable enough to look through my stuff. Oh, I am sorry, Michelle, that’s my roommate, Rachel.
 素晴らしくない? 君はもうすっかりなじんで僕の物を見ちゃって。あ、ごめん、ミシェル。こちら僕のルームメイトのレイチェル。

Rachel: Hi, and I am also Emma’s mother.
 ハーイ、それと、私はエマの母親よ。

Michelle: Ah, who is Emma?
 あー・・エマって誰?

Ross: I told you about my daughter.
 僕に娘がいるって言っただろ。

Michelle: This is your daughter? I could be your new mummy!
 この子があなたの娘? 私がママになるかもよ!

《モニカ達の部屋》

Chandler: And done!
 できた!

Joey: Oh, my God! I didn’t feel a thing ! Hey, are you still looking for a job because you can tweeze circles around that sadistic bitch at the saloon!
 わぁ、すごいな! 何も感じなかったぞ! おまえまだ仕事を探してるんだったら、おまえあのサロンのサディスティックな女よりずっと上手に抜く事ができるぞ!

(can do circles around B = Bより上手にできる)

Chandler: Thanks. You wanna see what it looks like?
 ありがと。どんなになったか見たい?

Joey: Yeah, yeah. Hey, they totally match! They look great! They look great! How you doing!
 ああ、うん(鏡を見て)おお! バッチリ合ってるじゃん! いいじゃん、いいじゃん! どうやったんだよ。

Chandler: Yeah, yeah, I think it looks pretty good. I was a little worried I was uncovering a birthmark right about there, but it turned out to be a little piece of chocolate.
 ああ、すごくいいよ。そこのアザが隠せないか心配だったけど、チョコレートのかけらだった。

Joey: Hey, Chandler. Thank you so much.
 チャンドラー、本当にありがとうな。

Chandler: No problem.
 いいんだよ。

Joey: Listen, that’s a pretty girly hour we just spent, we should add some manly make up for it.
 なあ、女っぽいことしちゃったから、埋め合わせに男らしいことしたいな。

Chandler: Yeah.
 ああ。

Joey: Curl my eyelashes.
 睫毛カールして。

《ピアノ・バー》

Monica: Okay, for my next song I think I’ll sing something a little more upbeat. All right? Oh, how about the Pointer Sisters “I’m so excited”? And make it bouncy!
 それじゃ次はね、もうちょっとアップテンポの歌を歌うわ。いい? そうだ、ポインター・シスターズの「アイム・ソー・エキサイテッド」にするわ。跳ねる感じにしてね!

Phoebe: Oh, you’ll probably take care of that on your end.
 ああ、それだったら、あなたの方でできるわよ。
 
Chandler: I am sorry, I am late. You’ll understand when you’ll see Joey.
 遅れてごめんよ。ジョーイに会えば理由がわかるよ。

Monica: Honey, you’re just in time, I’m about to sing another song!
 あなたちょうどいいタイミングよ。私これからまた歌うとこなの!

Chandler: Really? In front of all this people?
 本当に? こんな大勢の前で?

Monica: And they love me!
 みんな私を気に入ってるのよ!

Chandler: Oh, my God!
 それはすごいな!

Phoebe: Yes, she gives the people what they want.
 そうよ。彼女、みんなが欲しがるものを提供してるの。

Monica: All right, watch!. . . “Tonight's the night we're gonna make it happen, tonight we'll put all other things aside. Give in this time and show me some affection…”
 いくわよ、見てて!(舞台にあがり歌う)「今夜こそそのときよ。今夜はほかのことはなし。時間をかけて愛情を見せて・・・」

Chandler: Are those my wife’s nipples?
 あれって、俺の妻の乳首?

Phoebe: Oh? Isn’t that funny? I didn't see that before, I wouldn't have let her go up again.
 あら? おかしいわね? さっきまで気づかなかったわ。もう舞台に上がらせちゃだめね。

Chandler: I gotta stop this.
 止めなきゃ。(モニカの前に立ちふさがる)

Monica: Oh, who cares, they still love me! "I am so excited..."
 (ようやく理由に気づくが)ああ、どうでもいいわよ。みんな私が大好きなのよ! (歌い続ける)「もう超興奮するわ」

Chandler: You, touching yourself, out!
 (モニカの隣で観客を見る)おまえ! 自分を触ってるやつ! 出てけ!

《ロスの部屋:ミシェルは再びトイレ》

Rachel: Wow. She does that a lot!
 ワオ。よく行くわね!

Michelle: Ross, you didn’t tell me you were a doctor!
 ロス、あなたドクターだったなんて聞いてなかったわ。

Rachel: What, what, wait a minute! You haven’t even told her you were a doctor, yet? How long have you known her, like an hour?
 なんですって、ちょっと待って! あなたドクターってこともまだ言ってないの? どれくらいの知り合いなの? 1時間?

Michelle: Actually about an hour and a half.
 実は1時間半くらいよ。

Ross: I told you it wasn’t long, but there is an amazing connection between us.
 長くはないって言っただろ。でも、僕ら、素晴らしいつながりを感じるんだ。

Michelle: You feel that too? Oh, I thought that was just me!
 あなたも感じてたの? ああ、私だけかと思ったわ!

Ross: Are you kidding?
 冗談でしょ?

Michelle: Hey, do you want to go away this weekend?
 ねぇ、今週末、遠出しない?

Ross: We’ll see.
 どうかな。

Rachel: Okay, Ross, what’s going on here? Are we just bringing strange women back to the apartment now?
 ちょっと、ロス、いったいどうなってるの? 私達、知らない女性を部屋に連れてくるようになったわけ?

Ross: I don’t know, are we just kissing guys on balconies?
 知らないよ。バルコニーで男とキスをするようになったんじゃないの?

Rachel: How do you know about that?
 どうしてそれ知ってるのよ?

Ross: Through the magic of sight! I was here, putting our child to sleep...
 透視能力でね! ここにいて、子供を寝かせていたら・・

Michelle: Emma.
 エマよ。

Ross: When I happened to look through the window and I see you kissing a guy you know, for what? A week?
 たまたま窓の外を見たら、君が男とキスをしてるのが見えたんだよ。知り合ってどれくらいだっけ? 1週間?

Rachel: Oh, that’s what this is all about? Did you bring her up here to get back at me?
 ああ、これはそういうことなの? あなた、その仕返しに彼女を連れてきたの?

Michelle: No, actually, see I had to pee, ‘cause I can’t use public bathrooms because the doody parasites.
 違うのよ。本当、私オシッコしたかったの。だって、公共のバスルームはうんちの寄生虫があるから使えなくて・・

Ross: Okay, Michelle, it’s time to go.
 もういい、ミシェル、君はもう帰って。

Michelle: Well, call me!
 ええ、電話ちょうだいね!

Ross: Okay.
 わかった。

Michelle: No, wait, you don’t have my phone number!
 ダメ、待って。あなた私の電話番号知らないでしょう。

Ross: You know what? If it’s meant to be, I’ll guess it. Bye, bye.
 そうだね、でも僕らがそういう運命なら、僕番号当てるから。バイバイ。(ドアを閉める)

Rachel: Score.
 やったわね!

Ross: Oh, I am sorry, did you not like her, because I was hoping that we could come to one of your kissing parties on the balcony.
 ああ、悪かったね、君は彼女が気に入らないのか。僕ら君のバルコニーでキスするパーティに行けるかと思ったけどね。

Rachel: Oh, God, I can’t believe you’re making such a big deal about this. It was one kiss, one guy, one time!
 ああ、もう。こんなことでそんなに大騒ぎするなんて信じられないわ。1回だけのキスじゃない。1人だけ、一回だけのことよ!

Ross: Oh, really!
 ああ、本当かな!

Rachel: Yeah.
 そうよ!

Ross: Oh, really!
 ああ、本当かな!

Rachel: Oh, yeah.
 ええ、そうよ!

Ross: What about the guy from the bar?
 バーの男はどうなんだよ?

Rachel: What? Who?
 なに? 誰?

Ross: The guy you gave your number to.
 君が番号を教えた男だよ。

Rachel: How do you know about that?
 どうしてそれを知ってるのよ?

Ross: Because he called here looking for you. So don’t tell me this...this kissing this guy from work is a one time thing, okay? You’ve been out there in bars and on balconies for over a month now. And you didn’t even have the courtesy to tell me.
 彼が君に電話をかけてきたからだよ。だから、キスした男1人だけだとか言わないでもらいたいね。バーとかバルコニーとかで、もう1ヶ月もそうしてるんだ。それを僕に話すだけの気持ちも持ち合わせてないのか。

Rachel: Why didn’t I get that message?
 どうして私、そのメッセージを受け取ってないのかしら?

Ross: What?
 えっ?

Rachel: From the guy in the bar, why didn’t I get that message?
 バーの男性のことよ。どうしてそのメッセージのこと私に言ってくれないの?

Ross: Because I folded it up and put in my pants pocket. Do you...do you not look there?
 それは、メモをたたんでズボンのポケットに入れたからだよ。君、そこはみないの?

Rachel: Ross?
 ロス?

Ross: I never gave it to you.
 君に渡さなかった。

Rachel: Why?
 どうして?

Ross: I don’t know.
 わからない。

Rachel: Oh, God. You know what? Who you think you are? Who are you to decide what messages I should or should not get?
 ああ、もう。ねぇ、あなた何のつもり? 私がメッセージを受け取るかどうか、あなたに決める権利があると思ってるの?

Ross: Who am I?
 僕が誰か?

Rachel: Yes.
 ええ。

Ross: I am the guy who’s taking care of our baby while you’re out at bars meeting guys!
 僕は、僕らの子供の世話をしてる男だよ、君がバーで男と知り合ってる間ね!

Rachel: Oh, my God, I cannot believe this. You know I actually came in here hoping to have a mature conversation with you about us! But I can’t do that with someone who hides my messages and brings crazy women back to my apartment!
 ああ、もう、こんなの信じられない。私達のことに関して、大人らしい会話をしたいと思ってここに来たのよ。でも、私へのメッセージを隠して、クレイジーな女を連れてくるような人とそんな話できないわ!

Ross: None of the sane ones wanted to come back with me! That’s not the point. Okay? The point is you...you are the one who moved on and didn’t tell anyone!
 まともな女性は誰も一緒にきてくれなかったんだよ! 問題はそこじゃないよ。いい? 問題は・・君は前に進もうとしていて、それを言ってくれないってことだよ!

Rachel: Oh, Ross, this is just so messed up! What’s wrong with us? You know, when people hear about our situation they always ask, “What, you live together but you’re not a couple? And you have a baby, isn’t that weird?” And I say “No. You know what, it’s not, because it works for us!” But you know this doesn’t work. In fact this is the opposite of working!
 ああ、ロス、もうめちゃくちゃだわ! 私達ってどうなってるの? ねぇ、みんな私達のことを知ると、「あなた達一緒に住んでて、それでいてカップルじゃないの? 子供までいて、変じゃない?」って。それで私は言ってたわ、「いいえ、私達はそれでうまくいってるの」でも、うまくいかないわね。うまくいってるの正反対だわ。

Ross: Uh, clearly.
 明らかにね。

Rachel: And you know, we said that we would, we would live together as long as this makes sense. An maybe this, you know, just doesn’t make sense anymore.
 納得できる限り一緒に暮らそうって話したわよね。もうこれじゃ、納得できることじゃないわ。

Ross: Yeah, maybe not. So what you wanna do?
 ああ、そうだね。それで、どうしたい?

《ジョーイの部屋:荷物を持ったレイチェルが来る》

Joey: Hey!
 やあ!

Rachel: Hi. Can Emma and I live here for a while?
 ハーイ。私とエマ、しばらくここに住んでいい?

Joey: God, oh, of course.
 ああ、もちろんだよ。

Rachel: Thank you. . . Your eyebrows look weird.
 ありがとう。(ハグ)あなたの眉、変よ。

《マイクのピアノ・バー:歌うチャンドラー》

Chandler: “Jeremiah was a bullfrog. Was a good friend of mine, never understood a single word he said, but I helped him drink his wine.” So you’ll just touch yourself for anything, then?
 「ジェレミアはウシガエル。いい友達だったんだ。何を言ってるのか全然わからなかったけど、でもワインを飲むのを手伝った」・・それじゃ君は、何を見ていても自分に触ってるんだな?






にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 19:24| Comment(0) | Season 9 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。