2013年12月04日

9-12 The One With Phoebe's Rats

9-12 フィービーのネズミの話

 ☆ベビーシッターを守れ☆

《セントラルパーク:チャンドラーが来る》

Chandler: Hey.
 やぁ。

Joey: Hey. Where's Mon?
 よぉ。モンは?

Chandler: Oh, she's at home, putting up decorations for Rachel's birthday party tonight.
 家で、今夜のレイチェルのバースディ・パーティの飾り付けをしてるよ。

Joey: And you're not helping?
 それでおまえ、手伝わないの?

Chandler: I tried, but apparently singing "I will survive" in a helium voice, not helping.
 手伝おうとしたんだけど、ヘリウム声で「アイ・ウィル・サバイブ」を歌っても助けにならないってさ。



(エマを抱いたレイチェルとロス&女性が来る)
Ross: Hey, you guys!
 やぁ、君たち!

Joey and Chandler: Hey! Happy birthday ...
 おお、(歌い出す)ハッピー・バースディ・・

Rachel: Shhh, don't say that loud, Gunther's gonna want to hug me.
 シーッ! 歌わないで、ガンターがハグしたがるから。

Ross: Uh, good news, everyone, we finally found a nanny. This is Molly. Molly, Chandler, Joey.
 いいニュースがあるんだ。ようやくシッターさん見つけたよ。こちらモリー。モリー、チャンドラーと、ジョーイだ。

Joey and Chandler: Hi.
 ハーイ。

Molly: Hi.
 ハーイ。

Ross: Ooh, somebody's getting a little fussy.
 (エマが泣く)ああ、誰かさんは、ご機嫌斜めかな。

Joey: You’re damn right I am, I've been waiting for a cookie for 7 minutes.
 その通りだよ、まったく。俺もうクッキーを7分も待たされてるんだ。

Rachel: Okay, you know what, I'm just gonna take her outside.
 いいわ、私、エマを外へ連れ出してくるわ。

Molly: No, you stay, I'll do it.
 いいえ、あなたはここにいて。私が行くわ(エマを引き受ける)

Rachel: Okay, thank you.
 ああ、ありがとう。

Molly: Nice to meet you guys.
 (ジョーイ達に)会えてよかったわ。

Joey: Yeah, you too.
 ああ、こっちこそ。(モリーは出て行く)

Rachel: Oh, wow, Molly is just great!
 ああ、モリーはいい子ね!

Ross: Yeah.
 ああ。

Chandler: Yes, Bravo on the hot nanny.
 ああ、ホットなシッター万歳!

Rachel: What? You really think she's hot?
 なに? 彼女がホットだと思うの?

Chandler: Are you kidding? If I wasn't married she'd be rejecting me right now.
 マジで聞いてる? もし俺が結婚してなかったら、今ごろあの子に振られてるよ。

Rachel: Joey?
 ジョーイは?

Joey: How do you think she's doing?
 彼女どうしてるかなぁ。

Rachel: Am I the only one who doesn't think that she's hot? Ross?
 彼女がホットとか思わないの私だけなの? ロス?

Ross: Eh, I mean.. I mean, she's not unattractive, but hot? I ....
 ああ、いや、彼女は魅力的じゃないとはいわないけど、ホットなぁ? 僕は・・

Rachel: Thank you!
 ありがと!(コーヒーを取りに行く)

Chandler: Now that Rachel's gone?
 レイチェルがいなくなったけど?

Rachel: So hot I cried myself to sleep last night.
 あんまりホットで、僕は昨日の夜泣きながら寝たよ。
(拍手するジョーイとチャンドラー)

《フィービーの部屋》

Phoebe: Hey, Mike, what's the capital of Peru?
 ねぇ、マイク、ペルーの首都ってなんていうの?

Mike: Lima.
 リマ。

Phoebe: No. It starts with a "v" and ends with an "x". Hopefully with a "to" in the middle.
 違うわ。「V」で始って、「X」で終るの。できたら真ん中は「TO」がいいんだけど。

Mike: You know, come to think of it, the capital of Peru IS "vtox". . . Oh, god! Oh!
 ああ、考えてみたら、ペルーの首都は「VTOX」だ。(キッチン戸棚を開ける)うわっ! わぁ!

Phoebe: What?
 どうしたの?

Mike: Okay, I don't want to freak you out or anything, but I think I just saw a rat in your cupboard.
 怖がらせたりとかしたくないんだけど、この戸棚にドブネズミがいたよ。

Phoebe: Oh, whew, no, that's Bob.
 ああ、なんだ。それはボブよ。

Mike: What, is he your pet rat?
 なに、君のペットのネズミってこと?

Phoebe: Well, not so much a pet as, you know, an occasional visitor who I put food out for, you know. Kinda like Santa. Except Santa doesn't poop on the plate of cookies.
 ペットっていうほどじゃないけど、たまに来てくれて、食べ物をあげてるの。サンタみたいな感じね。サンタはクッキーのお皿にうんちはしないけど。

Mike: You can't keep a rat in your apartment! They're extremely unsanitary, and they transmit leptospirosis and hantavirus.
 部屋でドブネズミを飼うなんてダメだよ! とんでもなく不衛生だし、レプトスピラとかハンタウィルスとか媒介するんだよ。

Phoebe: What are those?
 それ何?

Mike: I don't know but they don't sound like spa treatments. You have to get rid of it!
 知らないけど、スパのマッサージとはだいぶ違うよ。追い出さなきゃダメだよ。

Phoebe: Okay, fine, if it means that much to you I'll get rid of Bob.
 わかったわ。そんなにいうなら、ボブには出てってもらう。

Mike: Thank you.
 ありがとう。

Phoebe: So weird, you think he's so gross and you're willing to eat his crackers.
 変なの。そんなに不潔だと思うのに、彼のクラッカーを喜んで食べるなんて。(口に入れたクラッカーを吐き出すマイク)

《レイチェルのオフィス:出勤するとギャビンがいる》

Rachel: Hello.
 おはよ。

Gavin: Hello
 おはよ。

Rachel: Gavin, I just wanted to say thank you again for watching Emma yesterday during the presentation. I really owe you an apology.
 ギャビン、昨日はプレゼンテーションの間、エマを見ててくれて本当にありがとう。本当に謝らないとね。

Gavin: For what?
 何を?

Rachel: Well, when we first met, you know, I thought you were pompous and arrogant and obnoxious..
 初めて会ったとき思ったのよ、あなたは気取って傲慢で不愉快で・・

Gavin: Is this your first apology?
 今まで謝ったことないの?

Rachel: No, I just mean that, you know, first impressions don't mean anything. And I-I think you're a really good guy and I'm sorry that I misjudged you.
 いえ、ただ、第一印象はあてにならないって言いたかったの。あなたは本当にいい人だわ。誤解してて、ごめんなさい。

(ヘザーが来る)
Heather: Good morning!
 おはよう。

Rachel: Hello. . But you know what? Hey, new day, new leaf. I am just really really happy ...
(sees Gavin staring at Heather)
I'm sorry, obviously Heather's ass has something more important to say so I'll just wait till it's finished.
 おはよう。(ギャビンに)でもね、また別の日が始ったわけだし、新たな気分で、私、本当に喜んで・・(ギャビンがヘザーに見とれているのに気づき)あら失礼。ヘザーのお尻の方が大事なようだから、気が済むまで待ってるわ。

Gavin: What?
 え?

Rachel: I was giving you an apology and you were totally checking her out!
 私が謝ってたのに、あなたは彼女に夢中に見てるんですもんね。

Gavin: I wasn't checking her out. I'm in fashion, I was looking at her skirt. Or was it pants? I didn't really see what happened below the ass area.
 夢中で見てなんかいないよ。ファッション業界で働いているんだからね、彼女のスカートを見てたんだ。あれ、パンツだったかな? お尻の下周辺がどうなってたか覚えてないよ。

Rachel: Oh, wow, you are really, you're really a creep.
 まぁ、あなたってホント・・あなたって本当にいやな人ね。

Gavin: Why do you even care if I was looking at her? Are you jealous?
 僕が彼女を見てたからって何で気にするんだい? ヤキモチ?

Rachel: Oh, yeah, I'm jealous. "Oh, Gavin, please, please look at my ass". . . Stop looking at my ass! I mean, I just think you are totally inappropriate, okay? This is a work environment, she's your subordinate.
 ええ、そうよ。ヤキモチよ。「ああ、ギャビン、お願い、お願いだから私のお尻を見て」・・(本当に見るギャビン)お尻見ないで! あなたって本当にあり得ない人ね。ここは職場なのよ、彼女は部下なのよ。

Gavin: But it was okay when you slept with your old assistant, Tag.
 でも君がアシスタントのタグと寝たのはオッケーなんだ。

Rachel: That is totally different for two reasons. One: I didn't know that you knew that. And two: I wasn't some creep staring at his ass, we had a deep meaningful relationship.
 あれは、2つの理由で全然違う話よ。まず第一に、あなたが知ってるとは思わなかった。そして第二に、私はいやらしく彼のお尻を見つめてたんじゃないわ。私達は心の深いところで繋がった関係だったのよ。

Gavin: Huh. What's Tag's last name?
 ふぅん。タグの名字は?

Rachel: It was ... Oh, my god. He didn’t .. He didn’t have a last name. It was just "Tag". You know, like Cher, or, you know, Moses.
 それは・・あらっ、わからない。彼は・・彼は名字なかったのよ。ただのタグ。ほら、シェールとか、モーゼとかみたいに。

Gavin: But it was a deep meaningful relationship.
 でも、深いところで繋がった関係だったんだろ。

Rachel: Oh, you know what - my first impression of you was absolutely right. You are arrogant, you are pompous ... Morgan! Morgan! Tag's last name was Morgan! Huh!
 ああもう・・やっぱりあの第一印象は完全に正しかったわ。あなたって傲慢で、気取り屋で・・モーガン! モーガンよ! 彼の名字はモーガンよ! どうよ!

Gavin: It was Jones.
 ジョーンズだよ。

Rachel: Yeah, well, what are you, his boyfriend?
 あら、なによ、あなた彼のボーイフレンド?

《セントラルパーク:エマを抱いたモリーとジョーイ》

Joey: Man, I wish I had a nanny like you.
 ああ、君みたいなシッターさんが俺にもいたらな。

Molly: You mean, when you were a baby.
 小さかった頃にってこと?

Joey: Sure.
 そう!

(チャンドラーもモリーを見つめている)
Monica: Would you stop staring at her?
 ちょっと、あなた彼女を見つめるのやめてくれない?

Chandler: I wasn't staring. I was leering.
 見つめてなんかいないよ。盗み見してたんだ。

Monica: What's the big deal with her? Maybe she's attractive in an obvious kind of way.
 彼女がそんなにすごい? 見た目は魅力的かもしれないけど。

Ross: Yeah, obvious beauty's the worst. You know, when it's right there in your face. Me, I like to have to work to find someone attractive. Makes me feel like I earned it.
 ああ、見た目の美しさなんて最低だよね。顔そんままなんだもんね。僕なんか、人の魅力を探し出したいよ。勝ち取った気になれるよね。

Chandler: Looks like Joey is doing all right with her.
 ジョーイは彼女とうまくやってるみたいだな。

Monica: Yeah. Hey, that was nice of you guys to back off and let Joey get the girl for once.
 そうね。あなた達、たまにはジョーイに彼女を譲ってあげるなんて、優しいのね。

Molly: I'm gonna take her back to the apartment.
 (ロスに)エマを連れてお部屋に戻るわね。

Ross: Okay, I'll be home right after work. Okay, by Emma-Wemma-Demma, I love you - wovyou dovyou ...
 わかった。僕も仕事が終わったらすぐ帰るよ。それじゃ、バーイ、エマちゅあぁあん。愛してるでちゅよ〜。

Molly: Bye.
 バーイ。

Monica: They've elected me to talk to you about the baby talk - it's not so good.
 ベイビー・トークについてあなたに言う役に選ばれたの。それ、いただけないわよ。

Molly: I think it's sweet.
 私は可愛いと思うわ。

Ross, Joey and Chandler: Bye, Emma-Wemma-Demma.
 バーイ、エマちゅあぁあああん!!

Ross: Hey, listen, Joey, about Molly, I really prefer if you didn't go after her.
 なぁ、ジョーイ、モリーのことだけど、彼女に手を出すのはやめてくれないか。

Joey: Why not?
 なんで?

Ross: Because it took us months to find a good nanny and I wouldn't want anything to, you know, drive her away.
 シッターを探すのに何ヶ月もかかったんだよ。だから・・ほら、君と何かあっていなくなられたら困るんだよ。

Joey: So, what, you think I'm just gonna sleep with her and never call her again and things are gonna get uncomfortable? . . Yeah, sounds about right.
 なんだよ、俺が彼女と寝ておいて二度と電話しなくて、居心地悪くなるっていうのか? ・・ああ、俺がやりそうなことだな。

Ross: Come on, there are plenty of other women out there, okay? Just - just forget about her, okay? Just, she's off limits.
 頼むよ、女の子はほかにもいっぱいいるだろ、ね? 彼女のことだけは忘れてくれよ。いいかい?彼女だけはやめてくれ。

Joey: Oh, man! Why did have to go and say that for? Now that you told me I can't have it makes me want her even more!
 なんだよ! なんでそんなこと言うんだよ。ダメって言われたらよけい欲しくなったじゃないか!

Ross: What are you, a child?
 なんだよ君、子供か?

Joey: Yes!
 そうだよ!

Ross: Joey, come on now, for me! Please, just-just try to focus your sexual energy on someone else.
 ジョーイ、頼むよ、僕のため! 頼むよ、君の精力を他へ注いでくれよ。

Joey: Fine.
 わかったよ。(見回し、モニカを見つめる)

Monica: Take me home!
 (チャンドラーに)連れて帰って!

《フィービーの部屋》

Phoebe: Hey, Mikey
 ハーイ、マイキー。

Mike: Hey, Pheeb.
 やぁ、フィーブ。

Phoebe: What are you doing?
 なにしてるの?

Mike: Setting rat traps.
 ネズミ捕りをセットしてる。

Phoebe: To kill Bob??
 ボブを殺すの?

Mike: No, no, to test his neck strength.
 いや、違うよ。彼の首の強度のテストだよ。

Phoebe: No, Mike, I don't want to kill him! I thought we were just gonna capture him and, and you know, set him free in the country side where he can maybe meet a friendly possum and a wisecracking owl.
 ダメよ、マイク。彼を殺したくないわ。私、彼を捕まえて、優しいポッサムとか、賢いフクロウと会えるような感じの田舎に離すつもりだったのよ。

Mike: Okay, okay. I'll throw away the traps.
 わかった、わかったよ。ネズミ捕りは捨てるよ。

Phoebe: I'll find Bob, I'll get him. Bob? . . Bob! Robert! . . Oh, wait, I think I hear him. Oh, - Oh, my god! Bob had babies! Bob's a mom!
 ボブを見つけるわ。私が捕まえるから。ボブ?・・ボブ! ロバート!(シンクの下を覗く)あ、待って、聞こえたわ。あっ、なんてことなの! ボブが赤ちゃんを産んでる! ボブはママだったのよ!

Mike: Better think of a new name for him.
 新しい名前つけてあげないとね。

Phoebe: I don't know, I kinda like Bob for a girl.
 どうかしら、女の子にボブって好きだわ。

Mike: I don't know, I mean I'm not sure that we..
 どうかな、それは僕にも・・(ネズミ捕りの音がする)

Phoebe: Oh, my god, we killed Bob!
 まぁ、大変だわ! ボブを殺しちゃった!

Mike: Maybe it wasn't Bob, maybe it was a mouse.
 ボブじゃないかもしれないよ。ちっちゃなネズミかも。

Phoebe: Susie?
 スージー?!

《モニカ達の部屋》

Ross: Wassap??
 ワザーップ?

(wassap = オリジナルはバドワイザーのCM?)


Chandler: Seriously dude, 3 years ago.
 マジで、おまえ。それ、3年前だから。

Ross: Listen, can you do me a favor? I'm gonna be out today. Can you just keep an eye on Joey, make sure nothing happens between him and Molly?
 なぁ、頼みを聞いてくれないか? 今日出かけなきゃならないんだ。ジョーイがモリーに何かしないように、見ていてくれないか?

Chandler: You don't trust him?
 やつを信じないのか?

Ross: Wh - No. Some woman who sounded a lot like Joey called earlier and asked for her daughter, the "hot nanny".
 や、いや、さっき、ジョーイそっくりの声の女性から電話があって、娘の「ホットなシッター」に代わってくれって言ったんでね。

Chandler: Is this really your long term plan, for me to run interference? Because I could get a job any day now.
 俺がそれを阻止しなきゃならないのって、いつまで続くんだ? 俺だって、今すぐにでも仕事を見つけるぞ。(何もせずのんびり座る)

Ross: You do appear right on the cusp of something. Come on, man, I'm sure he'll lose interest in a week or two, but for now can you please just do this for me?
 ほんと、今にも何かとっかかりを見つけそうだな。頼むよ、1週間か2週間もしたら、興味を失うと思うんだよ。でも今は、頼むから見ててくれないか?

Chandler: All right, fine, but don't blame me if it doesn't work. Because you know as well as I do that once Joey sets his mind on something, more often than not, he's going to have sex with it.
 わかったよ。でも、もしうまくいかなくても俺を責めるなよ。おまえもわかってるだろ、ジョーイが一度ねらったら、たいていはセックスするんだからな。

Ross: Well, we gotta do something, okay? Nannies like her don't grow on trees.
 とにかく、なんとかしなきゃ。シッターの成る木はないんだぞ・・・・・。

Chandler: Picturing that tree?
 ・・その木を想像してる?

Ross: I am, yes.
 うん。

《部屋の前の廊下:部屋を出たジョーイの前に飛び出すチャンドラー》

Chandler: Where you going, Joe?
 どこ行くんだ、ジョー?

Joey: For a walk.
 ・・散歩だよ。

Chandler: Oh. You mind if I join you?
 そうか。俺も一緒に行っていい?

Joey: Actually, that will be long. You know, I really need to organize my thoughts.
 いや、長くかかるから。本当に、いろいろ考えをまとめなきゃならないんだ。

Chandler: Your thoughts? Plural?
 考え? 複数?

Joey: All right, fine, I only have one thought! It's about the hot nanny, I gotta see her!
 いいよ、わかったよ、一つしか考えてない! あのホットなシッターのことだよ。彼女に会うんだ!

Chandler: I'm afraid I can't let you do that, Joe.
 悪いが行かせるわけにはいかない、ジョー。

Joey: Now you're telling me I can't see her?? You guys are killing me! She's forbidden fruit! It's like ... like she's the princess and I'm the stable boy ... Why are you doing this, huh? Did Ross tell you not to let me go over there?
 おまえまで、彼女に会うなって言うのか? もう死にそうだよ! 彼女は禁断の果実だ! これじゃまるで・・彼女はお姫様で、俺は厩番だよ・・なんでこんなことするんだ? 行かせないようにロスに頼まれたのか?

Chandler: Yes, as a matter of fact he did, so I can't let you go.
 そうだよ。実はそうなんだ。だから行かせられない。

Joey: Huh. Interesting. Now there are obstacles. Hot nanny and me against the world. This is the kind of stuff great novels are made of.
 そうか。おもしろくなってきたな。今度は障害までできてきた。ホットなシッターと俺、回りがそれを反対する。これは素晴らしい小説の舞台のようだな。

Chandler: Great novels?
 素晴らしい小説?

Joey: Fine ... mediocre porn
 わかったよ。よくあるポルノ。

《レイチェルのオフィス:電話がなり、ギャビンが応答》

Gavin: Gavin Mitchell's office.
 ギャビン・ミッチェルのオフィスです。

Rachel: Rachel Green's office!! Give me that phone! . . Hello, this is Rachel Green, how can I help you? Uh huh ... okay then ... I'll pass you back to your son.
 レイチェル・グリーンのオフィスよ! 電話ちょうだい!(電話に出る)もしもし、こちらレイチェル・グリーンです。どういったご用件でしょうか? ええ・・わかりました・・それじゃ息子さんに代わります。(電話を渡す)

Gavin: Hey, Mom! No, that's just my secretary.
 やぁ、かあさん! いや、あれは僕の秘書だよ。

Rachel: Um, excuse me, Gavin, I have a question I need to ask you.
 ちょっと、失礼ですけど、ギャビン。あなたに聞かなきゃならないことがあるの。

Gavin: Mom, I'll call you later. Yeah. . . Yes?
 かあさんん、また後でかけるよ。ああ。(電話を切る)ハイ?

Rachel: If you like looking at butts so much why don't you just go look at a mirror?
 あなたが、そんなにお尻が見たいなら、鏡を見ればいいんじゃないの?

Gavin: Thank God, you finally said that, I saw you make a note on your pad three hours ago. . Man, I really bug you, don't I?
 ああ、ようやくそれ言ったね。君がそれメモするの3時間前に見たよ。ああ、本当に君は僕がいやみたいだね?

Rachel: Oh, please, I don't care about you enough to bug me. In fact, from now on, I'm going take the high road. And I'm going be very very nice to you, you "momma's boy", starting right now.
 冗談はやめてよ。いやだと思うほどもあなたのこと気にかけてないわ。ほんと、これからは私、ちゃんとしていくわ。あなたにとてもとても親切にするわよ。「ママの坊や」。・・今から始めるわ。

(モニカが来る)
Monica: Hey, Rach!
 ハーイ、レイチ!

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Monica: Ready for your birthday lunch?
 バースディ・ランチに行くわよ?

Rachel: Yeah, I am, I am! Oh, but first of all, Monica, I would like to introduce you to my very talented colleague and more importantly my wonderful friend, Gavin Mitchell.
 ええ、行けるわよ! でもまず、モニカ、紹介しておくわ。とても才能のある同僚で、何より、素晴らしい友達の、ギャビン・ミッチェルよ。

Gavin: Pleased to meet you.
 お会いできて嬉しいです。

Monica: Pleased to meet you. So you're coming to Rachel's party tonight?
 こちらこそ嬉しいわ。それじゃ、あなたも今夜のレイチェルのパーティに来るの?

Rachel: Oh, no no no no no, Gavin can't, he already has plans, most likely with his mother.
 あ、いえいえいえいえ、ギャビンは来られないの。彼にはもうプランがあってね。きっとお母様とね。

Gavin: Well, I don't mind, I'll cancel. I would never miss my secretary's birthday.
 いえ、構いませんよ。キャンセルします。僕は絶対秘書のバースディはのがさないんですよ。(出て行く)

Rachel: Why did you invite him?? I can't stand that guy!
 どうして彼を招待なんてしたのよ? あの人我慢ならないのに!

Monica: You were just being so nice to him!
 だってあなた彼がすごくいい人って言ってたじゃないの!

Rachel: I was faking it! Can't you tell when I'm being fake?
 ウソよ! 私がウソついてるの見分けつかない?

(男性が廊下を通りかかる)
Rachel: Hey, Mr. Philips, nice suit!
 ハーイ、ミスター・フィリップス。素敵なスーツね!

Monica: Right there! That was so fake!
 それよ! それ完全にウソね!

Rachel: Shh!
 シーッ!!

《レイチェルのバースディ・パーティ》

Rachel: I still can't believe you invited Gavin. I mean, he is the last person I want to see.
 ギャビンを招待するなんてまだ信じられないわ。彼は一番誘いたくない人よ。

Monica: Oh, you're welcome for the party. I'm glad you're having a good time.
 パーティに来てくれてありがとう。楽しんでくれて嬉しいわ。

Rachel: God, I hope he doesn't show up. Of course he's not gonna show up, the guy hates me.
 ああ、彼が来ないといいんだけど。きっと来ないわよね、私を嫌いなんだもの。

Monica: Does he?
 そうかしら?

Rachel: What?
 なに?

Monica: Maybe he's bothering you so much because he likes you. It's like in first grade when Skippy Lange always pushed me on the playground because he secretly had a crush on me?
 彼はあなたを好きだから嫌がらせしてるのかもよ。1年の時、私を好きだったスキッピー・ラングがグランドでいつも私を押してたのと同じよ。

Rachel: Oh, Monica, you think Skippy liked you? Honey, all those boys had a bet to see if he can knock you over.
 ああ、モニカ、スキッピーがあなたを好きだと思ってたの? あの子達みんなで、彼があなたを倒せるかどうか賭けてたのよ。

Molly: She's out, I'm gonna take her home.
 エマが寝ちゃったわ。連れて帰るわね。

Rachel: Oh, okay, thank you. Bye, sweetheart. . . Do you see what all the guys see in her?
 ああ、わかったわ。ありがとう。(エマに)バーイ、エマちゃん。(モリーは帰る。モニカに)みんながあの子のこといいって言うのわかる?

Monica: Wouldn't kick her out of bed. No more Vodka for me!
 ベッドから追い出しはしないわね。・・もうウォッカ飲んじゃダメね!

Joey: Hey, Rach, so can I sing happy birthday to you now?
 なぁ、レイチ、今、ハッピー・バースディ歌っていい?

Rachel: Yeah, sure!
 ええ、いいわよ!

Joey: Oh, ... Happy birth ... See you later.
 ああ・・ハッピー・バース・・(モリーが出て行くのを見て)また後で!(後を追う)

Monica: Hey, Rach, somebody got you shoes!
 ねぇ、レイチ、誰かあなたに靴を贈ったみたいね!(靴の箱を見せる)

Rachel: Oh, give me! Wow. Wow… Oh, my God!
 あ、ちょうだい! ワオ・・ワァオ・・(フタを開けるとネズミ)オーマイゴッド!

Phoebe: Be careful, be careful! These are my rat babies!
 気をつけて、気をつけて! それは私のネズミの赤ちゃん達よ!

Mike: Yeah. We have rat babies now.
 そう。僕らには、いまやネズミの赤ちゃんがいるんだ。

Rachel: Ahhhh, you brought rats to my birthday party?
 あああ・・あなた私のバースディ・パーティにネズミを連れてきたの?

Monica: So this is what a stroke feels like.
 心臓発作ってこういう感じなのね。

Phoebe: I had to bring them! We killed their mother, they're our responsibility now. You know, they require constant care. You should know that, Rachel, you're a mother.
 連れてくるしかなかったのよ! 親ネズミを殺しちゃったの。だから私達の責任なのよ。この子達は絶えず世話を必要としてるわ。それぐらいわかるでしょ、レイチェル、あなた母親なんだから。

Rachel: Are you comparing my daughter to a rat?
 あなた、私の娘とネズミ一匹を比較する気?

Phoebe: No! Seven rats! I think we should take them home, we need feed them.
 違うわよ! ネズミ7匹よ! 連れて帰ってミルクをあげなきゃ。

Rachel: Wh.. wait, you're gonna leave my party to take care of a box of rats?
 待って、あなた、ネズミの世話をするために、パーティから帰っちゃうの?

Phoebe: Well, I'm sorry, Rachel. But I'm not like you, okay? Not everyone can afford help.
 ごめんね、レイチェル。でも私はあなたと違うのよ。誰でもシッターを雇えるわけじゃないのよ。

(バスルームから出てきたロスがチャンドラーに)
Ross: Where the hell are Joey and Molly? I asked you to watch them.
 ジョーイとモリーはいったいどこだ?! 見ててくれって頼んだじゃないか。

Chandler: I'm sorry, I got a little preoccupied.
 (ヘリウム声で)ごめん、ちょっとこっちに夢中になってた。

Ross: We have to stop them before something happens!
 何か起きる前に止めなきゃ!

Chandler: Right behind you, big guy!
 (ヘリウム声で)俺も行くぞ、大将!(2人駆け出して行く)

《ロスの部屋:カウチで話すジョーイとモリー》

Joey: So you see, Molly, what people don't understand is that acting is a discipline. It takes a lot of hard work.
 だからね、モリー、みんなわかってないけど、演技っていうのは、修養なんだ。大変な努力を要するんだよ。

Molly: So where did you study?
 それじゃあなたはどこで学んだの?

Joey: Oh, I didn't go to college.
 僕は大学には行ってないよ。

Molly: No, where did you study acting?
 いえ、どこで演技を学んだの?

Joey: Molly ... people don't study acting ...
 モリー、演技ってのは、学ぶものじゃないんだよ・・。

(ロスとチャンドラーが来る)
Ross: Molly, ah, do you mind giving us just a minute?
 モリー・・ちょっと僕らだけにしてくれる?

Molly: Sure, I'll go check on Emma.
 ええ、エマを見てくるわ。(奥へ行く)

Ross: Thanks.
 ありがとう。

Joey: Will the stable boy never get the princess??
 厩番は絶対お姫様と結ばれないのか?

Ross: What do you think you're gonna do, huh? Have sex with her right here on my couch?
 何をするつもりなんだ? 僕のこのカウチでセックスするのか?

Joey: No ... the leather sticks to my ass. You know, this isn't fair. What makes you think that I'm just gonna sleep with her and then blow her off? Huh? Can't you guys open your minds to the possibility that I actually like her, and might want something real? . . Look, the truth is, I haven't felt this way about anyone since Rachel, okay? I didn't think I could ever love again.
 違うよ。レザーはお尻にくっつくからさ。なぁ、こんなのないだろ。なんで、俺が彼女と寝てすぐ捨てるって思うんだよ? え? 心を開いて、俺が本当に彼女を好きで、本当に求めてるっていう可能性だってあるって考えられないか? なぁ、本当を言うと、レイチェル以来こんなふうに感じたのは初めてなんだよ。もう愛せないかもしれない。

Ross: … Come on!
 ・・・ウソつけ!

Chandler: … Joe!
 (ロスと同時に)ジョー!

Joey: Okay.
 だよな。

(ノックの音。女性が来る)
Woman: Hi, is Molly here?
 ハーイ、モリーはいる?

Ross: Yeah, yeah. Come on in. Molly?
 ああ、いるよ。入って。モリー?(呼ばれて出てくるモリー)

Molly: Hey! Guys, this is Tabitha. . . I'll see you tomorrow.
 ハーイ! みんな、こちらタバサよ。(口にキス)また明日ね。(2人出て行く)

Ross: Okay…… Well, Joey, I guess we have no problem.
 わかった。(長い沈黙)・・ジョーイ、僕ら、問題ないみたいだな。

Joey: It's like my favorite fairy tale come true! The princess, the stable boy and the lesbian!
 俺の大好きな夢が現実になった! お姫様と厩番、そしてレズビアン!

《フィービーの部屋:2人が戻る》

Phoebe: Okay, okay, you start preparing the formula and I start changing the box and then we gotta put them straight to bed.
 えっと、あなたはミルクの用意をしてね、私は箱を替えて、その後、すぐに寝かせましょ。

Mike: Hey, when did we become one of those couples whose lives revolve around their rats?
 ねぇ、いつから僕ら、ネズミを中心に暮らすカップルになったの?

Phoebe: Well, you know what, they're our responsibility now.
 だけど、この子達のことは、私達にかかってるんだもの。

Mike: Okay, fine, these rats are our responsibility. What happens when they mate and there are hundreds of them?
 ああ、わかったよ、この子達は僕らの責任だ。でも、このこの子達が子供を作って何百ってなったらどうする?

Phoebe: Mate? They're all brothers and sisters.
 子供を? この子達、兄弟姉妹なのよ。

Mike: Yeah, not such a problem with rats. No, they're more of a "love the one you're with" kind of animals.
 ネズミにとっては問題じゃないよ。彼らは、「手近なやつを愛する」っていう動物だよ。

Phoebe: No. Really? . . Oh, my − get off your sister! Oh, my god, what are we gonna do? We have 7 rats. So what if each of them has 7 rats? And then each of those have 7 rats? That's like ... That's math I can't even do! What are we gonna do?
 ウソ。本当? (箱を開けてみる)まぁ、何を・・妹から離れなさい! ああ、なんてことなの。どうしたらいいの? ここに7匹いるのよ。それぞれが7匹産んだらどうなる? そしてそれがまた7匹ずつ産んだら? そんなの・・・(計算しようとする)そんなの計算できない! どうしたらいいの?

Mike: Well, I know this is gonna sound crazy, but, we could not let the box of rats ruin our lives.
 おかしく聞こえるだろうと思うけど、でも、このネズミに暮らしを崩壊されないようにしないと。

Phoebe: Yeah, okay. I guess you're right. All right, so we should just give them away. But to nice families, with children, and reduced-fat Wheat Thins. Those were Bob's favorites.
 そうね。わかった。あなたの言う通りなのね。わかったわ。じゃあ手放さなきゃね。でもいい家族によ。子供がいて、低脂肪のクラッカーのあるおうちよ。それがボブのお気に入りなの。

wheat-thins.jpg
(reduced-fat Wheat Thins)

Mike: It's gonna be okay.
 きっと大丈夫だよ。

Phoebe: You must think I'm crazy.
 私がおかしいって思ってるんでしょうね。

Mike: No, I think you're sweet.
 いや、君が優しいんだと思うよ。

Phoebe: Good. It's just so hard, it's hard for me to ... let them go. I guess it just brings back memories, you know, from ... when I gave birth to my brother's triplets and I had to give them up. . . I haven't told you about that yet, have I?
 よかった。本当につらいの。手放すのはつらいことなのよ。きっと、思い出しちゃうからね。私が弟の三つ子を産んで手放した時のこと。。(マイクが驚く)これまだ話してなかったわね?

《モニカ達の部屋のバルコニー:レイチェルとモニカ》

Monica: Hey!
 ハーイ!

Rachel: Hi. Thanks for the party, honey. Should I help you clean up?
 ハーイ。パーティありがとうね。片付け手伝う?

Monica: No way! You had your party, now I have mine! Is everything all right?
 とんでもない! あなたのパーティは終わり。今度は私の番よ! あなた大丈夫?

Rachel: Yeah, I just get a little bummed when my birthday's over.
 ええ。ただ、バースディ・パーティが終ると気分が沈むわよね。

Monica: Well, at least you have one thing to be happy about. That jerk Gavin from your office didn't show up.
 少なくとも一つは嬉しい事があったじゃない。勤め先のイヤなヤツだっていうギャビンがこなかったでしょ。(ギャビンがバルコニーまで来る)

Rachel: Mmm hmm.
 うん。

Gavin: Yeah, I hate him.
 ああ、僕も彼嫌いだよ。(バルコニーに出て来る)

Monica: Oh, we weren't talking about you. No, no way to recover. No, okay.
 あら、私達あなたのこと話してたんじゃないのよ。ダメね。無理だわ。無理。

Rachel: No.
 そうね。(モニカは室内へ)

Gavin: Fun party.
 楽しいパーティだね。

Rachel: Well, it was, and you would have seen it if you didn't showed up at ... 9:30?? God! Oh, this party was lame ...
 ええ、そうね。あなたの来るのがこんな時間じゃなければ・・(時計を見て)9時半? ああ! ホント、このパーティったらつまらなかったのね・・

Monica: Again, you're welcome.
 (室内から)再び、どういたしまして!

Gavin: Look, I'll just give you this and go.
 ね、これを渡しに来ただけなんだ。

Rachel: Oh, you bought me a present! Why?
 ああ、プレゼントをくれるの? どうして?

Gavin: Well, let me explain how birthday parties usually work. There are presents, and a cake, perhaps a fourth or fifth person. Okay, I ... got you the present to make up for being such a jerk to you.
 普通バースディ・パーティっていうのは、プレゼントがあって、ケーキがあって、4人とか5人の人がいたりするものだろ。いや、君に意地悪くしてきたから、プレゼントを持ってきたんだよ。

Rachel: Aww. Well, okay, well, that's very nice. And you wrote a card. "From Gavin"
 ああ、そうなの。それは優しいのね。カードも書いてくれたのね。「ギャビンより」

Gavin: I really mean it.
 本気で書いた。

Rachel: Awww, awww, it's beautiful.
 (プレゼントのマフラーを見て)ああ、あああ、これはきれいね。

Gavin: You don't mind? Let me. . Well, what do you know, it fits!
 ちょっといい? 僕が・・(マフラーを巻いてあげる)ああ、ほら、ぴったりだ。

Rachel: See, Gavin, you're capable of being a nice guy. Why did you give me such a hard time?
 ねぇ、ギャビン、あなたそんないい人になれるのに。どうしていつも私に意地悪するの?

Gavin: I'm not sure.
 どうしてかな。

Rachel: Well, Monica seems to think it's because you have feelings for me.
 モニカは、あなたが私のことを思ってるからって思ってるみたいなんだけど。

Gavin: I do have feelings for you.
 確かに君に対して思いがあるよ。

Rachel: You do?
 そうなの?

Gavin: Yes, I feel that you are a little annoying.
 ああ。君がちょっとうるさいなと思ってるよ。

Rachel: See? Why? Gavin, why? Right when I'm about to change my opinion of you, you go and you ... And you do that ...
 ほらね、どうして? ギャビン、なぜなの? あなたに対する気持ちが変わった途端に、あなたったらそうやって・・(ギャビンがキス)そしてそんなことして(再びキス)

(ロスが部屋からそれを目撃してショックを受けている)

《モニカ達の部屋:リビングにチャンドラー1人》

Chandler: First I was afraid, I was petrified.
 (ヘリウム声でI will survive を歌う)最初は怖かった。呆然としてたわ。

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey.
 ハーイ。

Chandler: Hi.
 やぁ。

Phoebe: Listen, I think I've left something here.
 ねぇ、私、ここに忘れ物したんだけど。

Chandler: Oh, well, someone left this. Is this yours?
 ああ、これ、誰か忘れていったんだよ。これ君の?(ジャケットを見せる)

Phoebe: No, but I like it. No, I think I left one of my rat babies.
 (着る)違うけど、気に入ったわ。違うの。ネズミの赤ちゃんを一匹置いてっちゃったと思うの。

Chandler: Oh, uh, well, no. I haven't seem it but if I do I'll let you know.
 ああそうか。いや、見なかったけど、もし見たら知らせるよ。

Monica: Oh, my God! Rat baby! Rat baby! Rat baby! Rat baby!
 (奥から叫ぶ声)きゃあ!! ネズミの赤ちゃんよ! ネズミの赤ちゃんよ! ネズミの赤ちゃんよ! ネズミの赤ちゃんよぉ!

Phoebe: Ooh, maybe that's him!
 あっ、きっとあの子だわ!




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:17| Comment(0) | Season 9 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。