2013年12月02日

9-10 The One With Christmas In Tulsa

9-10 タルサで過ごすクリスマスの話

 ☆離ればなれのクリスマス☆

《モニカ達の部屋:フィービーが『サンタクロースがきた』を朗読》

Phoebe: He sprang to his sleigh, to his team gave a whistle; and away they all flew like the down of a thistle; but I heard him exclaim, ere he drove out of sight, "Merry Christmas to all, and to all a goodnight!"
 彼はソリに飛び乗り、みんなに合図の笛を吹く。そしてアザミの綿毛のように飛んでいく。だけど彼がいうのが聞こえたよ、まもなく彼は見えなくなったけど。「みんなにメリークリスマス! そしてみんな、おやすみ!」

(出典"The Night Before Christmas", written in 1822
by Clement Clarke Moore (1779-1863))


Joey: Wow, that was great! You really wrote that?
 ワオ! すごいな! 本当に君が書いたの?

Phoebe: Uh-huh.
 ・・そうよ。

Chandler: Say goodbye, elves, I'm off to Tulsa.
 妖精さんたち、お別れだよ。俺はタルサへ行く。

Monica: I can't believe you're not gonna be here for Christmas.
 クリスマスにあなたがここにいないなんて、信じられないわ。

Ross: You're really not coming back?
 本当に帰ってこないの?

Chandler: Yeah, we have all this paperwork that needs to be filed by the end of the year. If I don't get it done, I'll be fired.
 ああ。今年中に仕上げなきゃいけない書類があるんだ。それを仕上げないと、クビになるんだよ。

Monica: It's so unfair, you don't even like your job.
 そんなのってないわよね。好きでもない仕事のために。

Chandler: So. Who does?
 誰だってそうだろ?

Phoebe: Oh, I like my job.
 あら、私は仕事好きよ。

Joey: I love my job.
 俺も自分の仕事大好きだよ。

Rachel: Yeah, I can't wait to go back to work.
 ええ、私も早く仕事に行きたいわよ。

Ross: I can't get enough dinosaurs.
 僕なんか恐竜に関して全然足りない。

Chandler: I'm sorry I won't be here.
 ・・一緒にいられなくてごめんよ。

Monica: It's just... hard enough not seeing you during the week, but for Christmas... Alright, if this is what you have to do, I understand.
 今週ずっと会えないだけでもつらいのに、クリスマスもだなんて。・・いいわ、あなたがそうしなきゃならないなら、しかたないわね。

Chandler: Thanks. . I'll see you New Year's day.
 ありがとう。(キス)新年に会おう。

Monica: You're not gonna be here New Year's eve?
 あなた、大晦日もいないの?!

Chandler: Did I not mention that?
 俺言わなかったっけ?

Monica: No!
 聞いてない!

Chandler: …And to all a good night!
 ・・・みんな、よい夜を!(走って出て行く)

《タルサでのミーティング》

Chandler: All right, everybody, I know that it's Christmas eve and you'd rather be with your family, but there's no call for writing "Screw you, Mr. Bing!" on the back of my chair! -- By the way, you can all call me Chandler.
 さて、みんな。クリスマスイブだってことはわかってる。みんな家族と一緒にいたいだろう。でも、だからって、(メモを読む)「クソ食らえ、ミスター・ビング」って俺の椅子に貼るなよ。ところで、俺のことはチャンドラーって呼んでくれていいよ。

(ウェンディが段ボールを持って入ってくる)
Wendy: Hey!
 ハーイ!

Others: Hey.
 ハーイ。

Chandler: Hey. Where've you been?
 やぁ。どこ行ってた?

Wendy: I was, uh, checking out that insurance company's Christmas party on three. It was really beautiful, they have all these decorations and this huge tree and I just, uh... to hell with them, we have to work. -- So I stole their ham.
 3階の保険会社のクリスマスパーティを見に行ったんだけど、本当にきれいなの。素敵にデコレーションされてて、大きなツリーがあって・・なのに私達は仕事で頭にきたから、ハム盗ってきた。(段ボールを逆さにすると大きなハムの塊が転がり落ちる)

Chandler: You hear that? You may not be with your families, but at least it's gonna smell like ham in here.
 今の聞いた? 家族とは一緒に過ごせないかもしれないけど、少なくともハムのにおいはするよね。

Claudia: My kid's in a play right now.
 私の子供は今ごろ演劇に出てるわ。

Chandler: You know what? I know what will cheer you guys up! . . I had a little talk with the boys in New York, told 'em about all the hard work you've been doing and that a little Christmas bonus may be in order.
 ね、これで元気が出るんじゃないかな。(封筒をみんなに出す)ニューヨークの連中に、君らが一生懸命働いてるって話したから、ちょっとクリスマス・ボーナスが出ると思うよ。

Nick: "A donation has been made in your name to the New York City Ballet".
 (封筒の中のカードを読む)「あなたのお名前で、ニューヨーク・シティ・バレー団に寄付しました」

Chandler: Well, that's like money in your pocket! - Alright, look, you want me to say it? This sucks. Being here sucks! This work sucks!
 ね、ポケットにお金があるような気分だろ。わかったよ、言えばいいのか? こんなの最低だ。こんなとこにいるなんて最悪だよ。こんな仕事最低だ!

Wendy: Now it feels like Christmas.
 これでクリスマス気分になってきたわ。

Chandler: I'm sorry. Hey, at least you guys get to go home and be with your families tonight. I have to go back to an empty hotel room and lay down on a very questionable bedspread. And then tomorrow morning, you get to have Christmas morning in your own houses, which, by the way, none of you have invited me to.
 悪いな。でも少なくともみんなはこの後、帰って家族と過ごせるだろ。俺なんか誰もいないホテルに帰って、清潔か怪しいベッドで寝るんだぞ。そして明日の朝は、自分の家でクリスマスを迎えられるんだ。俺は誰にも招待されてないけどな。

Nick: You can come to my house!
 うちに来てもいいですよ!

Chandler: Haha, no thanks!
 ハハッ、結構だよ。

Wendy: That was a nice pep-talk.
 激励が上手ね。

Chandler: Oh, thanks! I'm... actually thinking about becoming a motivational speaker.
 ああ、ありがと。実は、やる気を出させる講師になろうかなーなんて思ってるよ。

Wendy: So, if you were home right now, what would you be doing?
 それで、今もし家にいたら、何をしてる?

Chandler: Typical Christmasy stuff, you know? Our holidays are pretty traditional...
 典型的なクリスマスだな。俺たち伝統的にやってるから・・。

【エピソード 4-10 TOW The Girl From Poughkeepsieの思い出】
(セントラルパークにて)
Phoebe: So here is a, a very special holiday song that I wrote for some very important people to me.
 大切な友達のために作ったホリデー・ソングを歌うわよ。

(singing) "Went to the store, sat on Santa's lap. Asked him to bring my friends all kinds of crap.
Said all you need is to write them a song. Now, you haven't heard it yet, so don't try to sing along. No, don't sing along.
Monica, Moncia, have a happy Hanukkah.
Saw Santa Clause, he said hello to Ross.
And please tell Joey, Christmas will be snowy!
And Rachel and Chandler, have err-umm-glander!!"
Happy holidays, everybody!
(歌)お店のサンタの膝に乗って、友達にしょうもないものを贈ってと頼んだの。歌を自分で贈ればいいって。まだ聞いたことないんだから、一緒に歌おうとしてもダメ。一緒に歌わないでね。
モニカ、モニカ、ハッピーハヌカー!
サンタクロースに会ったら、ハロー、ロスだって
ジョーイに伝えて、クリスマスは雪で白い!
そしてレイチェルとチャンドラー、○×※▽井●!!
ハッピー・ホリデー、みんな!

【エピソード 6-10 TOW The Routineの思い出】

Rachel: Okay, Pheebs, you look in the kitchen, I will look in the back closet.
 じゃ、フィーブス、あなたはキッチンを見て。私はクローゼットの奥を見るわ。

Chandler: I can save you time ladies, I'm right here.
 時間を節約してあげよう。僕ならここにいるよ。

Phoebe: Yeah, Chandler, why don't you take a walk? This doesn't concern you.
 チャンドラー、散歩にでも行ってきて。あなたは関係ないから。

Rachel: We are looking for our Christmas presents from Monica.
 モニカからのクリスマスプレゼントを探してるの。

Chandler: What? That’s terrible!
 なんだって? そんなのひどいじゃないか!

Phoebe: No, no, we do it every year!
 いいのいいの、毎年やってるんだから。

Chandler: Oh, well, that makes it not terrible.
 そうか、それならひどくないな。

Phoebe: No, yeah, we never find them! She’s always best at us that wily minx.
 そうよ、いつも見つけられないのよ。いつもあの生意気な小娘に、やられちゃってるの。

Rachel: Don’t worry, we’re just gonna search here for an hour, them we’re gonna go over to Joey’s and search, okay?
 心配しないで。1時間探したら、ジョーイのところへ行って探すから。

Chandler: No, not okay, you can’t look for Monica’s presents.
 いや、よくないよ。モニカのプレゼントを探すなんてダメだよ。

Phoebe: Oh, no. We have to.
 いえいえ、探すのよ。

Chandler: No, you don’t have to. And you can’t, because I live here too.
 いや、ダメだよ。やめてくれ。俺もここに住んでるんだからさ。

Phoebe: Well, then, you should look with us.
 それじゃ、あなたも一緒に探して。

Chandler: Why?
 なんで?

Rachel: Chandler, aren’t you worried about what to get Monica for Christmas?
 チャンドラー、モニカがクリスマスに何をくれるか、心配じゃないの?

Chandler: No, I have a great idea for a present for her.
 いいや。俺は彼女へのプレゼントでいいアイデアがあるから。

Phoebe: Oh, that’s it? A great idea, oh, yeah?
 あら、そうなの? いいアイデアですって?

Rachel: Chandler, that’s not enough. I mean what if she gets you a great present, two medium presents, and a bunch of little presents? And you’ve just gotten her one great present? I mean that’s just gonna make her feel bad. Why would you do that to her Chandler? Why? Why?
 チャンドラー、それじゃ足りないのよ。もし彼女が、素晴らしいプレゼントと、中くらいのプレゼント2つと、ちょっとしたプレゼントたくさんくれたらどうするの? それであなたは素晴らしいプレゼント一つでいいの? それじゃ彼女はガッカリするわよ。それでもいいっていうの? どうして? どうして?

Chandler: If I help, we can find them faster!
 助ければ早く見つけられるな!

Rachel: That’s right!
 その通りよ!

Phoebe: Ooh, ooh, we have a live one!
 あっ、最近のものがあるわよ!

Rachel: Oh, it’s a Macy’s bag!
 ああ、それはメイシーズのバッグね!

Phoebe: Yeah. Ooh, who’s it for?
 ええ。(中から靴が出てくる)それは誰宛?

achel: Dear losers, do you really think I’d hide presents under the couch? P.S. Chandler, I knew they’d break you.
 (メッセージを読む)ダメな人達へ。本当に私がカウチの下になんて隠すと思ったの? 追伸・チャンドラー、やっぱり誘惑に負けたわね。

【エピソード 2-9 TOW Phoebe's Dadの思い出】

Joey: Rach, these are for you.
 レイチ、これは君に。

Rachel: Wiper blades. I don't even have a car.
 車のワイパー! 私車もってないのに。

Joey: No, but with this new car smell, you'll think you do.
 うん。でも、この新しい車用芳香剤で、持ってる気になれるよ。

Chandler: OK, Pheebs, your turn.
 はい、フィーブス、君に。

Phoebe: Ahh, toilet seat covers! Is that what you were doing while I was getting gas?
 まぁ! トイレシート! 私がガソリン入れてる間に買ったの?

Joey: Uh-huh.
 そう。

Phoebe: You guuuyys.
 あなた達ったらぁ!

Joey: And for Ross, Mr. Sweet-tooth.
 それから、ロス、甘いもの好きの君に。

Ross: You got me a cola drink?
 僕にはコーラ?

Chandler: And, a lemon lime.
 それから、レモンライムも。

Ross: Well, this is too much, I feel like I should get you another sweater.
 これはいただき過ぎだね。もう一枚セータープレゼントしないといけない気がする。

Chandler: And last but not least.
 そしてとっておきの最後に。(モニカにコンドームを渡す)

(last but not least = 最後に述べるが決して軽んずべきでない)

Joey: They're ribbed for your pleasure.
 君のためにウネがついてるよ♪

【エピソード 7-10 TOW The Holiday Armadilloの思い出】

Ross: Ooh, hey Ben, what if the Holiday Armadillo told you all about the Festival of Lights?
 ねぇ、ベン、ホリデー・アルマジロが、ハヌカのお祝いの話をしてあげようか?

Ben: Cool!
 いいね!

Ross: Yeah!
 ああ!

Monica: Come on, Ben.
 おいで、ベン。(カウチに座る)

Ross: Years and years ago there were these people called the Maccabees!
 ずーっとずーっと昔のこと、マカビーと言われる人々がいました。

(チャンドラーがサンタの格好で入ってくる)
Chandler: Ho, ho, ho! Merry Christmas!
 ホーホーホー! メリークリスマス!

Ben: Santa!
 サンタ!(走っていきサンタにハグ)

Chandler: Hey!
 ヘイィ!

Ross: What are you doing here, Santa?
 ここで何してるの、サンタ?

Chandler: Well, I'm here to see my old buddy Ben. What are you doing here, weird…turtle-man?
 お友達のベンに会いにきたんだよ。君は何をしにきたのかな、変な・・タートルマン?

Ross: I'm the Holiday Armadillo, your part-Jewish friend. You sent me here to give Ben some presents. Remember?
 僕はホリデー・アルマジロ、ちょっとユダヤの友達じゃないか。ベンへのプレゼントを渡すようにって言っただろ、忘れたの?

Chandler: What?
 ・・・は?

Monica: Okay, Ben, why don't you come open some presents, and Santa, the Armadillo and I have a little talk in the kitchen? There's a sentence I never thought I'd say.
 さあ、ベン、プレゼント開けてみましょうよ。それからサンタとアルマジロと私は、キッチンでお話しましょ。こんなこと言うとは夢にも思わなかった。

Ross: What are you doing?
 (チャンドラーに)何してるんだよ?

Chandler: You called everyone and said you were having trouble finding a Santa costume, so I borrowed one from a guy at work!
 君、みんなに、サンタのコスチュームが見つからないって電話したじゃないか、それでこれ会社の人に借りてきたんだよ。

Ross: Thank you, but, but you gotta leave.
 ありがとう、だけど、もう行ってくれよ。

Chandler: Why?
 なんで?

Ross: Because, I'm finally getting him excited about Hanukkah, and, and you're-you’re wrecking it.
 だって、ようやくベンに、ハヌカに興味を持たせることができたんだ。それが、君が来てめちゃめちゃだよ。

Chandler: But I didn't get to shake my belly like a bowl full of jelly.
 だけど、まだセリーのつまったボウルみたいなこのおなかを揺らしてないよ。

Ross: I'm sorry, Chandler but this, this is really important to me.
 悪いけど、チャンドラー、これ、僕にとってはすごく大切なことなんだよ。

Chandler: Fine, I'll give the suit back.
 わかったよ。これ返してくるよ。
(ロスはベンの元へ)

Monica: Hey, you think, you can keep it another night?
 (チャンドラーに)ねぇ、それ、もう一晩借りられない?

Chandler: Santa? Really?
 サンタ? マジで?

Monica: Yes, is that okay?
 ええ、いい?

Chandler: Did your Dad ever dress up like Santa?
 君のおとうさん、サンタの格好した?

Monica: No.
 ううん。

Chandler: Then it's okay!
 じゃあいいよ!

《タルサの会議室》

Chandler: You know what, everybody? Go home. You should be with your families. It's bad enough that we're working new year's eve. . . Did I not tell anyone about new year's eve? -- Alright, look, go! Go home, okay? Merry Christmas! Go. Good, God's speed, good people! . . You're not gonna go?
 なぁ、みんな。帰っていいよ。家族と一緒にいるべきだ。大晦日も働かなきゃならないってのにな。(みんなが愕然とする)大晦日のこと言ってなかった? ・・いいよ、もう、行ってくれ。帰るんだ。メリークリスマス! 行って! よし、気をつけて、みんな! (ウェンディを見て)君は帰らないの?

(God's speed = “God speed your return” の略。神が無事に帰らせてくれる)

Wendy: Naah... I couldn't leave you alone.
 ええ。あなた1人置いて行けないわよ。

Chandler: Ah. Thanks.
 ああ、ありがとう。

Wendy: Besides, I can't leave until their Christmas party downstairs clears out; there are some pissed off insurance people looking for that ham.
 それに、下のクリスマス・パーティが終っていなくなるまで帰れないわ。保険会社の人達、すごく怒ってハム探してたから。

Chandler: Ah. . . Chandler Bing.
 ああ。(電話が鳴る)チャンドラー・ビング。

Monica: Hi, Honey! We're all here; we just want to wish you a merry Christmas.
 ハーイ、あなた! みんなここにいるのよ。メリークリスマスって言いたくて!

Others: Merry Christmas!
 メリークリスマス!

Phoebe: Ble-blah-blar Blargh!
 うにゃうにゃうにゃー!

Chandler: Ahh, merry Christmas! I miss you guys!
 ああ、メリークリスマス! みんなが恋しいよ。

Monica: So is it horrible? Is everybody working really hard?
 それで、そっちは大変なの? みんな頑張って働いてるの?

Chandler: Ah, well, no, it's just uh, me and Wendy.
 あ、いや。今は俺とウェンディだけだよ。

Monica: Wendy? -- That sounds like a girl's name.
 ウェンディ? それって女の子の名前みたいじゃない。

Chandler: It is. Did I... not tell you about her?
 そうだよ。俺・・彼女のこと言わなかった?

Monica: Umhmm, umhmm, about the time you told me about New Year's eve. Where is everybody else?
 ん。うん。大晦日のことを言ってくれた時みたいな感じね。ほかの人達はどうしたの?

Chandler: I send them home.
 帰らせたよ。

Monica: Ohh, you are such a good boss! Is she pretty?
 まぁ、あなたは本当にいい上司なのね! 彼女可愛い?

Chandler: Uhh, uh...
 あー・・。

Ross: Answer faster, answer faster!
 (囁く)すぐ答えろ、すぐ答えろ!

Chandler: I don't know!
 知らないよ。

Ross: Answer better, answer better!
 (囁く)うまく答えろ、うまく答えろ!

Chandler: I don't think of her that way, you know, she's a, she's a colleague.
 そういう目で見たことないからさ、彼女はただの同僚だよ。

Monica: What does she do there?
 彼女は何をする人?

Chandler: Oh, she's regional Vice President; She's just below me.
 ああ、彼女はこの地域の副所長だよ。僕の下でやってる。

Monica: She did WHAT?
 あなたの下でなんですって?

Chandler: BE-LOW me!
 部下ってことだよ!

Joey: Ahh, wait, is Wendy the runner-up Miss Oklahoma?
 ああ、待てよ、ウェンディって、ミス・オクラホマで2位だった子?

Monica: What??
 ええっ?!

Chandler: Well, she... she didn't win...
 ああ、でも勝たなかったわけだから。

Monica: Alright, well, maybe I should let you and the second prettiest girl in Oklahoma get back to work.
 そう。それじゃ、オクラホマで2番目にかわいい女の子とあなたを仕事に戻らせてあげなきゃね。

Chandler: Well, second prettiest that year; I mean, of all the girls in Oklahoma, she's probably...
 その年2番目にかわいかったってことだから、オクラホマ中の女の子から考えたら、彼女は多分・・

Rachel: Oh, Chandler, stop talking!
 チャンドラー、もうしゃべらないの!

Chandler: Honey, there's really nothing to worry about.
 ねぇ、本当に何も心配することはないからさ。

Monica: Okay.
 わかった。

Chandler: I'm serious!
 本当だってば。

Monica: Okay!
 わかった!

Chandler: Merry Christmas.
 メリークリスマス。

Monica: Merry Christmas.
 メリークリスマス。

Chandler: Merry Christmas, you guys!
 メリークリスマス、みんな!

Others: Yeah, Merry... Christmas.
 ああ・・メリークリスマス・・

Phoebe: Blah blargah, blar-blab.
 ほにゃららほにゃー。

《タルサの会議室》

Chandler: The wife says "Hi!".
 (電話を終え)妻がよろしくって。

Wendy: Ah. Fun conversation?
 ああ、楽しい会話だった?

Chandler: Ah, well, she's got this weird idea, that, uh, you know, just because you and I are alone, something is gonna happen.
 ああ、彼女おかしなこと思いついてね。君と僕2人っきりじゃ、何か起きるんじゃないかって。

Wendy: Huh? Really? -- Hm, that'd be so terrible?
 あら、そうなの? (近寄って)んー、それがそんなにひどいこと?(誘惑する雰囲気)

Chandler: This is probably the wrong thing to be worrying about, but... you're getting ham on my only tie.
 こんなときにこんなこと心配するのも変だと思うけど、ネクタイがハム臭くなるよ。

《タルサの会議室:迫ってくるウェンディ》

Chandler: Whoa-ho, back off, Missy!
 ちょ、ちょっと、下がって、お嬢さん!

Wendy: ...Missy?
 お嬢さん?

Chandler: I don't know; I'm not used to girls making passes at me! ... Wait a minute. Am I sexy in Oklahoma?
 なんだろう、女の子に迫られるのに慣れてないんだよ! ・・ちょっと待て。俺ってオクラホマではセクシー?

Wendy: You are to me.
 私にはね。(密着しようとする)

Chandler: No,... no... NO! . . Look, I'm, I'm married!
 ダメ,ダメ・・・・ダメ!(離れる)いいか、僕は結婚してるんだ。

Wendy: So? I'm married.
 それで? 私も結婚してるわよ。

Chandler: I'm happily married.
 僕は、幸せな結婚をしてるんだ。

Wendy: Oh. What's that like?
 ああ。それってどんなの?

Chandler: Right. So, I'm sorry...
 そうか。悪いけど。。

Wendy: Seriously? Happily married. So that phone call before, that was ... happy?
 本当に? 幸せな結婚ね・・。それであの電話の感じ? あれが幸せ?

Chandler: Well, look, it's not easy to spend this much time apart, you know. She's entitled to be a little paranoid... Or, in this case, right on money! ... You know, she's amazing, and beautiful, and smart, and if she were here right now, ...she'd kick your ass. Look, you're a really nice person, ham stealing and adultery aside. But, what I have with my wife is pretty great, so nothing is ever gonna happen between us.
 いや、離れて暮らしながらやっていくのは簡単じゃないんだよ。彼女が疑い深くなっても無理はないことだ。この場合、当たってたしな! 彼女は素敵で、美しくて、賢くいんだ。もし彼女がここにいたら、君のお尻を蹴っ飛ばしてるよ。君はいい人だ・・ハムを盗んだことと浮気しようとしたことを除けばね。でも、僕の妻との暮らしは素晴らしくて、僕らの間を邪魔できるものはないんだよ。

Wendy: Okay, let me ask you something. If what you and your wife have is so great, then why are you spending Christmas with me?
 そうなの。それじゃ聞くけど、あなたと奥さんがそんなに素敵なら、どうしてあなた、クリスマスを私と過ごしてるの?

【エピソード7-16 TOW The Truth About London の思い出】

Chandler: You were the most beautiful woman in the room tonight!
 君は今夜のあの部屋で一番美しかったよ。

Monica: Really?
 本当?

Chandler: You kidding? You’re the most beautiful woman in most rooms… . . . . . Whoa! Whoa! Whoa! What’s going on? You and I just made out! You and I are making out?
 冗談だろ? 君はほとんどの部屋で一番美しい・・(モニカがキスをする)ウワオ! ウワオ! いったいこれ何? 君と俺が今キスしたぞ! 君と俺がキス?

Monica: Not anymore.
 もうしてないわよ。

Chandler: But we don’t do that.
 でも俺たちはそんなことしないよな。

Monica: I know, I just thought it would be fun.
 そうだけど、楽しいかと思って。

Chandler: How drunk are you?
 どれくらい酔っ払ってるんだ?

Monica: Drunk enough to know that I want to do this. Not so drunk that you should feel guilty about taking advantage.
 こうしたいって思うくらい酔っ払ってるし、それにつけこんだっていってあなたが罪悪感をいだかなきゃならないほどは酔ってないわ。

Chandler: . . That’s the perfect amount!
 それは完璧な酔い方だ!

Monica: Okay!
 オッケー!(2人ベッドに座りキス)

Monica: You know what's weird?
 なんか変じゃない?

Chandler: What?
 何が?

Monica: This doesn’t feel weird!
 変だって感じがしない!

Chandler: I know.
 そうなんだよ!

Monica: You’re a really good kisser.
 あなたキス本当に上手ね。

Chandler: Well, I have kissed over four women. . . Do you wanna get under the covers?
 ま、4人の女性とキスしたことあるから。(キス)ベッドに入る?

Monica: Hm-hmm!
 うん!

Chandler: Okay!
 オッケー!(ベッドに入って裸になる)

Monica: Wow! You are really fast!
 ワオ! あなたすっごい早いのね!

Chandler: It bodes well for me that speed impresses you.
 早いことで褒められるって、いい前兆かな。

(bode = 前兆となる)

Monica: We’re gonna see each other naked.
 私達、互いの裸を見るのね。

Chandler: Yep!
 だな!

Monica: Do you wanna do it at the same time?
 同時に見る?

Chandler: Count of three?
 3つ数えていく?

Monica: One!
 1!

Monica and Chandler: Two! Three!
 2! 3!(2人ふとんをあげて中を覗き、同時に顔を出す)

Chandler: Well, I think it’s safe to say that our friendship is effectively ruined.
 もう言ってもいいと思うけど、これで、俺たちの友情もきっぱりとダメになったな。

Monica: Eh, we weren’t that close anyway!
 やー、もともとそんなに親しくもないし!

Chandler: Eh!
 ああ!

【エピソード5-3 TOW The Triplets の思い出】

Chandler: So, are you really gonna go out with that nurse man?
 それじゃ本当に看護師の男とデートするの?

Monica: Well, you and I are just goofing around, I thought, why not goof around with him.
 だって、あなたと私はただ遊んでるだけでしょ、じゃ彼とも遊ぶわ。

Chandler: You know, I don't know if you've ever looked up the term goofing around in the dictionary… Well, I have, and the technical definition is, two friends who care a lot about each other and have amazing sex and just wanna spend more time together. But if you have this new fangled dictionary that gets you mad at me, then we have to, you know, get you my original dictionary. I am so bad at this.
 ね、君が遊んでるっていうのを辞書で見たことがあるかどうか知らないけど、僕はあるんだ。その意味を正確にいうと、お互いに思い合ってる2人の友人が、素晴らしいセックスをして、もっと一緒にいたいと思ってるってことなんだ。もし君がこの新しい変わった辞書を見たことがなくて、俺に怒ってるんだったら、その辞書を贈るよ。・・俺ってこういうの本当にヘタだな。

Monica: I think you're better than you think you are.
 思ってるほど悪くないわよ。

Chandler: Really? Okay, so…
 そう? そうか、それで・・

Monica: Know when to stop.
 終わり時をわきまえないと。

Chandler: You know, I sensed that I should stop. So we're okay?
 もうやめるべきかなって思ったんだよね。それじゃ、俺たち、大丈夫?

Monica: Yeah. All right, I'm gonna go tell Dan that it's not gonna happen. . . Don't do the dance.
 ええ。。じゃ、ダンにデートはなしって言ってくるわ。(歩きかけて振り向かず)踊るな。

Chandler: Right!
 そっか!

【エピソード5-24 TOI Vegas, Part II の思い出】

Monica: I can't get married until I get something old, something new, something borrowed, and something blue.
 結婚するには、何か古いもの、新しいもの、借りたもの、それから何か青いものがないと。

Chandler: Okay, all right, all right, all right! Okay! Okay, here's something, here's something blue and new.
 よし、いいぞ、いいぞ、いいぞ! よし!(青いセーターを取る)よし、これで、何か青くて新しいものだ。

Monica: You're so efficient. I love you!
 効率いいわね! 愛してるわ!

Chandler: Let's go!
 行こう!

Monica: No-no-no! We need something old!
 ダメダメ! 何か古いものがいるわ。

Chandler: Ohh, great, I have condom in my wallet I've had since I was twelve.
 ああ、いいね。財布に12歳の時から入ってるコンドームがあるよ。

Monica: That'll work!
 それ使えるわ!

Chandler: I don't think so.
 使えるとは思えないよ。

Monica: Okay, now we just need something borrowed!
 さぁ、次は、何か借りたものよ!

Chandler: Here, just…take this.
 ほら、これを持っていくんだ。(セータをこっそり渡す)

Monica: That's stealing!
 泥棒じゃないの!

Chandler: No, we'll-we'll bring it back! Just put it under your dress.
 違うよ。後で返すんだ。ドレスの下に入れて。

Monica: Ohh.
 (ドレスの下に入れて妊婦みたいになる)ああ!

Chandler: Okay, one thing at a time.
 はい。一度にひとつずつ進もうね。

【エピソード7-2 TOW Rachel's Book の思い出】

Monica: Listen umm, I’ve been thinking, it’s not fair for me to ask you to spend all of your money on our wedding. I mean, you work, you work really hard for that.
 ねぇ、考えたんだけど、あなたのお金を全部結婚式につぎ込もうなんて、そんなこと言って悪かったわ。あなた、本当に一生懸命働いてきたんだものね。

Chandler: Ehh.
 いやー。

Monica: Eh, you work for that.
 まぁ、働いてきたんだもんね。

Chandler: Look, I thought about it too, and I’m sorry. I think we should spend all of the money on the wedding.
 なぁ、俺も考えたんだ。悪かったよ。結婚式で全部使っていいよ。

Monica: You do?!
 本当に?

Chandler: Yeah, I’m putting my foot down. Yeah, look, when I proposed I told you that I would do anything to make you happy, and if having the perfect wedding makes you happy then, then that’s what we’re gonna do.
 ああ、これは譲らないぞ。プロポーズした時、俺は君を幸せにするために何でもするって言ったよな。完璧な結婚式で君が幸せになれるなら、そうしよう。

Monica: Oh, you’re so sweet. Oh, but wait, what about our, what about the future and stuff?
 まぁ。本当に優しいのね。でも待って。将来のことっていうのはどうなるの?

Chandler: Eh, forget about the future and stuff! So we only have two kids, you know? We’ll pick our favorite and that one will get to go to college.
 いやそんなの気にしなくていいよ。子供は2人だけにすればいいしさ。お気に入りを1人選んで、その子だけ大学へいけばいいんだ。

Monica: You thought about that?
 そういうこと考えてたの?

Chandler: Yeah.
 うん。

Monica: How many kids were we gonna have?
 子供は何人?

Chandler: Uh, four, a boy, twin girls and another boy.
 4人。男の子、双子の女の子、そしてまた男の子だ。

Monica: What else did you think about?
 それ以外にどんなこと考えた?

Chandler: Well, stuff like where’d we live, you know? Like a small place outside the city, where our kids could learn to ride their bikes and stuff. You know, we could have a cat that had a bell on its collar and we could hear it every time it ran through the little kitty door. Of course, we’d have an apartment over the garage where Joey could grow old.
 そうだな。どこに住むかとかだよ。郊外の小さな家で、子供達が自転車の練習をしたりできてさ。それから、ネコを飼って、首輪に鈴をつけてて、ネコ用ドアを通るたびに鈴が鳴るんだ。もちろん、ガレージの上の部屋ではジョーイが年を重ねてく。

Monica: You know what? I don’t want a big, fancy wedding.
 ねぇ・・私盛大で豪華なウェディングじゃなくてもいいわ。

Chandler: Sure you do.
 いや、そうしたいだろう。

Monica: No, I want everything you just said. I want a marriage.
 ううん。今あなたの言ったことがほしいわ。結婚がいいのよ。

Chandler: You sure?
 本当に?

Monica: Uh-hmm.
 ええ。

Chandler: I love you so much.
 本当に君を愛してるよ。

Monica: I love you.
 愛してる。(キス)

《モニカの部屋:プレゼントを開けるレイチェル》

Rachel: Oohh, I love it!
 (マフラーを見て)ああ! 素敵ね!

Ross: Really? You're not gonna return it?
 本当? 交換に行かない?

Rachel: Well, not this second!
 ええ、今のところはね。

Phoebe: Hey, look, you guys, it's snowing!
 ねぇ、見て、雪が降ってきたわよ!

(みんな窓へ寄って外を見る)

Rachel: Oh, wow, it's so beautiful.
 ああ、本当にきれいね。

Ross: Wow, it really is!
 ワオ・・本当だね!(しばらく黙って雪を見つめる)

Monica: "Wendy" is a fat girl name.
 「ウェンディ」って、太っていそうよね。

Phoebe: Aren't we done with that?
 まだその話?

Monica: Okay, fine. Let's talk about snow. -- Do you think it's snowing in Tulsa, where my husband is having sex on a copying machine?
 わかったわ。雪の話にしましょ・・・私の夫がコピー機の上でセックスしているタルサにも降っていると思う?

(チャンドラーが来る)
Chandler: Hey!
 やぁ!

Ross: Oh, my god...
 驚いたな・・

Joey: Hey-heeyyy - Look at that, it's a Christmas miracle!
 おお、やぁああ! 見ろよ、クリスマスの奇蹟だ!

Monica: What are you doing here?
 あなた、どうしちゃったの?

Chandler: I wanted to be with you. I missed you so much.
 君と一緒にいたかったから。本当に恋しかったんだ。

Joey: Hey, hey, uh, who did you miss the most?
 なぁ、なぁ、誰が一番恋しかった?

Chandler: Monica.
 モニカ。

Joey: Gotcha.
 わかったよ。(本当は自分だとわかってる、と満足)

Chandler: I never want to leave you again!
 もう2度と君と離れたくないよ!

Monica: But I thought if you left, you get fired.
 でも、帰ってきちゃったら、クビになるんじゃないの。

Chandler: Turns out they can't fire me. Because I quit.
 クビにはできないよ。俺が辞めちゃった。

Monica: What?
 えっ?!

Ross: What, you, you really quit your job?
 え、君、本当に仕事を辞めたのか?

Chandler: Yeah! It's a stupid job, and I could not stand leaving you. And why should I be the only one who doesn't get to do what he really wants to do?
 ああ。バカげた仕事だし、君と離れてるのは耐えられない。それに、俺1人だけ、本当にしたいことをしないでいることもないだろう?

Rachel: What do you really want to do?
 本当は何をしたいの?

Chandler: I have not thought this through!
 そこまで考えてなかったよ!

Monica: Oh, my god!
 オーマイゴッド!

Chandler: I know, I, I should have talked to you first about it.
 そうだよな、うん、まず君に話すべきだったよ。

Monica: No, I think that this is what you wanna do, I think it's great!
 いいえ、あなたがそうしたいんなら、素晴らしいと思うわ!

Chandler: Thanks!
 ありがとう!

Phoebe: Chandler, your being here is the best Christmas present I could have ever imagined.
 チャンドラー、あなたがここにいてくれることが、考えられる限り最高のクリスマスプレゼントよ。

Chandler: Ahh...
 ああ・・。

Phoebe: Now give me my real gift.
 それじゃ、プレゼントちょうだい。

Chandler: Yeah.
 よし(封筒を渡す)

Phoebe: Thank you.
 ありがとう。

Chandler: Here, pass these, will ya..
 (モニカにいくつか封筒を渡して)みんなに回してくれる?

Ross: Oh, hey... "A donation has been made in your name to the New York City Ballet." -- How did you know?
 ああ、これ・・(みんな封筒を開ける)・・「あなたのお名前で、ニューヨーク・シティ・バレー団に寄付しました」・・これ欲しかったんだよね。

Rachel: What? Are you kidding? I can't return this.
 どういうこと? 冗談でしょ? これ返品できないわ。

Chandler: I thought it was time we start to thinking about other people. Besides, this gift still says “I love you guys.”
 そろそろ、人のことを考えてもいい頃だよ。それに、これでも「君たちを愛してるよ」ってことは伝わるだろ。

Joey: Mine says, “To Lilian Myers.”
 これ「リリアン・メイヤーズへ」って書いてあるぞ。

Chandler: I don't have a job.
 俺は失業中なんだぞ。

《モニカ達の部屋:チャンドラーは求人広告をチェック中》

Chandler: Actuary... no. Book-keeper... no. Topless dancer. . . . Hey, you know what I just realized? You are the sole wage earner. You are the head of the household. I don't do anything - I'm a kept man!
 保険数理士・・無理。簿記・・無理。トップレス・ダンサー・・(自分を見下ろしてから、広告に印を付ける)(モニカに)ねぇ、今気がついたんだけどさ。君が稼ぎ手だよね。俺はなんにもしてない。俺って、ヒモだ!

Monica: You are. . . Honey, here's twenty bucks. -- Why don't you go buy yourself something pretty while I'm at work tomorrow?
 そうね。(テーブルからお金を取って渡す)ほら、20ドルあげる。明日、私が仕事に言ってる間に、何かかわいいもの買ってきたら?


*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*
【エピソード】の中の "TOW" は "The One With"の略
【エピソード】の中の "TOI" は "The One In"の略です。
訳すと、当ブログでは全部「〜の話」としてますが、
 「〜の巻』などですね。
*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


エピソード9があと14話、エピソード10が全18話です。
計算してみると、お正月まで毎日続けると終ることになります。
今年中に終っちゃって、お正月は別のことに熱中したいかなぁ。
今は、このブログ以外には、じっくり取り組めないでいます。
ほかのことするために、頑張るぞ♪

posted by らんち at 01:00| Comment(0) | Season 9 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。