2013年12月01日

9-9 The One With Rachel’s Phone Number

9-9 レイチェルの電話番号の話

 ☆モニカの浮気発覚?!☆

《タルサのチャンドラーのオフィス》

Assistant: This kitty is Mittens, this one is Fitzhugh. And this little guy in the cat condo is Jinkies.
 この仔猫がミトゥン、この子がフィッツヒュー。そしてこの猫ハウスにいるちっちゃな子が、ジンキーズなの。

Chandler: Yeah. That’s a lot of cats, Jo Lynn. Single, are you?
 ああ。猫たくさんだね、ジョー・リン。独身だよね?

(電話が鳴る)
Chandler: Chandler Bing.
 (スピーカーフォンで)チャンドラー・ビングです。

Joey: Hey. How come you’re answering your own phone? Where’s your crazy assistant?
 やぁ、なんで自分で電話に出てんの? あのおかしなアシスタントはどこ行ったんだ?

(慌てて受話器を取るチャンドラー。出て行くアシスタント)

Chandler: What’s up, Joe?
 どうした、ジョー?

Joey: Okay. What have we wanted to always do together?
 なぁ、俺たちがいつも一緒にやりたいと思ってることは何だ?

Chandler: Braid each other’s hair and ride horseback on the beach?
 互いに三つ編みをしあって、それから海辺で馬に乗って走る?

Joey: No, no, no. When you get home tomorrow night, you and I are gonna be at the Wizards – Knicks game, courtside!
 違う違う。明日の夜帰ってきたら、おまえと俺とで、ウィザード対ニックス戦を見に行くんだよ。コートサイドだぞ!

Chandler: Courtside? Oh, my God!!
 コートサイド? すごいじゃないか!

Joey: Yeah, maybe Michael Jordan will dive for the ball and break my jaw with his knee!
 ああ。マイケル・ジョーダンがボールをおっかけて飛び込んできて、膝で俺の顎を砕くかもしれないぞ!

Chandler: That is so cool. I’ll let Monica know.
 それはすごいなぁ。モニカに知らせておくよ。

《モニカ達の部屋:電話に出るモニカ》

Monica: Hello?
 もしもし?

Chandler: Joey just called. He’s got courtside Knicks tickets for me and him tomorrow night.
 ジョーイから電話があったんだ。俺たち2人分、明日の夜のニックス戦のコートサイドのチケットを用意してくれたんだ。

Monica: Really? But tomorrow night’s the only one I get off from the restaurant. If you go to the game then we won’t have a night together for a week.
 本当? でも、私がレストランを休めるのは明日の夜だけなのよ。あなたがゲームを見に行くと、一緒に過ごせるのはまた一週間先になっちゃうのよ。

Chandler: But-t it’s courtside! The cheerleaders are gonna be right in …. That’s not the way to convince you.
 でもコートサイドなんだ! チアリーダーが目の前で・・これで君を説得するなんてないよな。

Monica: Look. I don’t want to be one of those wives that says “You can’t go to the game”, “you have to spend time with me”, so, if you just realize it on your own?
 ねぇ、「試合を見に行くなんてダメ」とか、「私と一緒に過ごしてくれなきゃ」とか言うような妻になりたくないのよ。だから、あなた自分でわかってくれない?

Chandler: I…I…I know. You’re right. I wanna see you too. I’ve just got to figure out a way to tell Joey. He’s really looking forward to this.
 そうだよな。その通りだ。俺も君に会いたいよ。ジョーイに何ていうか考えるよ。彼は本当に楽しみにしてるんだ。

Monica: Tell him you haven’t seen your wife in a long time. Tell him that having a long-distance relationship is really difficult. Tell him that…that little time that we have together is precious.
 妻に長い間会ってないって言いなさいよ。遠距離の関係って本当に難しいって言えばいいじゃない。一緒にいられるわずかな時間がとても貴重なんだって言えば。

Chandler: Yeah, yeah. I’ll think of something.
 ああ、そうだな。何か考えるよ。

《ロスの部屋:ロスがエマを見ている。レイチェルが奥から来る》

Ross: Wow! You look…er…hm……I mean, it’s just the…er…that, that dress! Er…
 ワオ! 君・・すごく・・その・・君の・・そのドレス!

Rachel: I hope the ends of these sentences are good!
 いい言葉でしめくくってくれるんでしょうね。

Ross: No, no…they’re good. It’s just been a while since I’ve seen you like this. You clean up good!
 いやいや、それ素敵だよ。君がおしゃれするのを見るのは久しぶりだから。きれいに決まってるね!(見つめる)

Rachel: Ahh. Well, thank you! Ha-ha! . . Okay, stop. Stop looking at me like that. The last time that happened, that happened.
 ああ・・ありがとう。・・ちょっと、やめて。そんなふうに見つめないで。前回そういう目で見たとき、あの子ができたのよ。

Ross: Oh, right! . . So, are you. Ah! Are you excited about your…er…first night away from Emma?
 ああ、そうだね。それじゃ、君、初めてエマを置いて夜、遊びに行くんで楽しみだろうね?
 
Rachel: Yeah! Yeah, Phoebe and I are gonna have so much fun! Thank you for watching the baby, by the way.
 ええ!そうよ。フィービーと私、うんと楽しむわよ。赤ちゃんを見ててくれてありがとう。

Ross: Oh, it’s fine. Actually, I…I invited Mike over
 ああ、いんだよ。実は、僕、マイクを招待したんだ。

Rachel: Phoebe’s Mike?
 フィービーのマイク?

Ross: Yeah.
 ああ。

Rachel: I didn’t know that you guys hung out.
 あなた達が一緒に遊ぶなんて知らなかったわ。

Ross: We don’t. But, I thought that it would be nice to get to know him. You know? We have a little dinner, drinks, conversation.
 初めてだよ。でも、彼を知るのもいいかなと思って。ちょっと食事して、飲んで、おしゃべりして。

Rachel: Awww. That’s so cute! Ross and Mike’s first date! Is that going to be awkward? What are you guys gonna talk about?
 ああ。可愛いわね! ロスとマイクの初めてのデートね! 気まずくない? 何を話すつもり?

Ross: I don’t know. But you know, we have a lot in common, you know, um. . He plays the piano, I played keyboards in college. Ah, he’s been divorced, I have some experience in that area.
 何だろう。でも、僕らいろいろ共通点があるんだよ。彼はピアノを弾くだろ。僕は大学でキーボードを演奏してた。彼は離婚してるし、僕もそのあたりの経験はあるしね。

Rachel: Yeah?
 (ノックの音)はい?

(フィービーとマイクが来る)
Phoebe: Hi!
 ハーイ!

Ross, Rachel: Hi!
 ハーイ!

Phoebe: Ooh. Girl’s night out, indeed!
 (レイチェルを見て)うーぅ! 女の子の夜遊びね!

Rachel: Okay. So now I think Emma is properly down for the night but if you need anything, Ross…
 さぁ、じゃあエマももう寝てると思うし、もし何かあったら、ロス・・

Ross: Rach, Rach, Rach, we’ll be fine. You go have fun.
 レイチ、レイチ、レイチ。大丈夫だから。楽しんできて。

Rachel: Okay. You too. And I hope you score. . . Okay. Bye.
 わかったわ。あなたもね。頑張って。それじゃ、バーイ。(2人は出かける)

Mike: Bye.
 バーイ。

Ross: So, welcome!
 ようこそ!

Mike: I’ve got beer.
 ビール持ってきたよ。

Ross: I’ve got bottled breast milk.
 うちには瓶入り母乳があるよ。

Mike: Ahhh. Why don’t we start with the beer?
 ああ。じゃあビールで始めようか。

Ross: Okay. . So, Phoebe tells me you play the piano?
 わかった。(2人座る)それで・・フィービーから、ピアノ弾くって聞いてるんだけど?

Mike: Yeah?
 ああ。

Ross: You, you know? I used to play the keyboards in college.
 僕もね、大学でキーボード演奏してたんだよ。

Mike: Yah, do you have one here?
 ああ、今、ここにあるの?

Ross: No.
 いいや。

Mike: Okay. . . Ahhh.
 そうか。(ビールを飲んで)ああ・・。(沈黙)

Ross: Erm, you know, I’m divorced. Er, Phoebe says you’ve been divorced.
 あー・・ねぇ、僕離婚してるんだけど。フィービーから聞いたけど、君も離婚してるんだってね。

Mike: Yeah, yeah. I’m sorry. I don’t really like to talk about it.
 ああ、そうなんだ。悪い、その話はしたくないんだ。

Ross: …Yeah, that’s okay. We’ll talk about something else.
 ・・・そうか・・いいんだよ。何か他のことを話せばいいよね。(沈黙)

Mike: So, you’re a paleontologist, right?
 君って、古生物学者なんだってね?

Ross: Yeah.
 ああ。

Mike: My cousin’s a paleontologist.
 僕のいとこが古生物学者なんだ。

Ross: Ah! . . . Well, he and I would probably have a lot to talk about.
 ああ! (沈黙)・・彼と僕となら、話すことはいっぱいあっただろうね。

《モニカ達の部屋:ランジェリー姿で待つモニカ。チャンドラーが来る》

Monica: Hi!
 ハーイ!

Chandler: Hey!
 やぁ!

Monica: Welcome home.
 おかえり!

Chandler: Oh, well, look at you!
 ああ、君、いいね!(ドアの鍵をかける)

Monica: What do you think?
 どう思う?

Chandler: Well, it’s great, well, I’m just wearing the same thing underneath! You see what I mean?
 きれいだよ。俺も下に同じ物来てるんだけどね。意味わかるよね(ハグ)

(ジョーイがドアにぶつかる音)
Joey: Hey, how come you door’s locked?
 おい! なんでドアに鍵かけてるんだよ?

Monica: Just a second.
 ちょっと待って。

Chandler: No, no, no, no, no, no. Joey can’t know that I am here.
 ダメダメダメダメダメ。俺がここにいるってジョーイに知られるわけにいかないんだ。

Monica: Why not?
 どうして?

Chandler: Because I didn’t know how to tell him that I couldn’t go to the Knicks game, so I just told him that I had to stay in Tulsa.
 ニックスのゲームに行けないって、何て言ったらいいかわからなかったんだよ。それで、俺はタルサにとどまるって行ったんだ。

Monica: So you lied to him?
 それじゃ彼にウソついたの?

Chandler: Eh, it is always better to lie than to have the complicated discussion. . . Except with you!
 だって、ややこしいことを言い合うよりも、ウソをついた方がいいんだよ。(モニカが睨む)君とは別だよ!

Joey: Hey! Open the door! What’s going on?
 おい! ドアを開けろよ! どうしたんだ?

(チャンドラーがドアに隠れ、モニカが顔を出す)
Monica: Hi!
 ハーイ。

Joey: Why are you dressed like that?
 なんでそんな格好してるんだ?

Monica: Because ah, well, Chandler’s gonna be home in a couple of days, so I thought that I would just, you know, practice the art of seduction.
 だって・・チャンドラーがもうすぐ帰ってくるから、だから、ほら、彼を誘惑する練習してたのよ。

Joey: I thought I heard a man’s voice before?
 さっき男の声が聞こえたと思うんだけどな?

Monica: No, I was just doing Chandler’s side of the conversation, you know like “Hi, how do I look” . . “Really sexy. Could I be any more turned on?”
 違うわよ、私がチャンドラーの役をしてたの。ほら、「ハーイ、私どう?」(チャンドラーのマネをして)「すごくセクシーだ。これ以上その気になれるかっての?」

Joey: Woah, woah, woah. Why are there two glasses of wine out?
 おいおい、なんでそこにワインが2つあるんだ?

Monica: Because, one of them is for you! . . Cheers! Okay, bye-bye!
 一つはあなた用なのよ! (ワイングラスを一つ渡し)カンパーイ! それじゃ、バイバイ!(ドアを閉める)

Chandler: You know, it’s funny. I’ve been practicing the art of seduction myself! Hya!
 ねぇ、おもしろいな。俺も、君を誘惑する練習をしてたんだよ。(腰を振り)ハイヤ!

Monica: You might wanna keep practicing.
 もっと練習したら。

Chandler: Yeah. . . It’s Joey.
 ああ。(携帯が鳴ったのを見て)ジョーイからだ。

Monica: What?
 えっ?

Chandler: Hey, Joe!
 やぁ、ジョー!

Joey: Dude, come home!
 おい、帰ってこい!

Chandler: What? Why?
 なに? なんで?

Joey: Come home!
 帰って来るんだ!

Chandler: Look, I can’t. What’s going on?
 なぁ、無理だよ。どうしたんだ?

Joey: I don’t know how to tell you this, but I think that Monica’s cheating on ya! I told you that you shouldn’t have married someone much hotter than you! . . Right, look. If you can’t come home and deal with this, then I'm gonna…
 何て言ったらいいかわからないが、でも多分、モニカが浮気してるぞ! だから、おまえよりあんなにホットな女と結婚しちゃダメだって言っただろ!(モニカの部屋に近づく)なぁ、いいか、おまえが帰ってきて対処しないっていうなら、俺が・・

Chandler: No!
 ダメだよ!

Joey: I just heard him!
 やつの声が聞こえたぞ!

Chandler: Can you hear him now?
 (声をひそめて)今も聞こえるか?

Joey: No. All right, I’m going in!
 いいや。よし、俺は入っていくぞ!

Chandler: No! Wait!
 ダメだ! 待て!

Joey: I heard him again!
 またやつの声が聞こえた!

Chandler: Right. Just stay there. I'm coming home.
 わかった。そこにいろ。俺が帰るよ。

Joey: Okay. Great. I’ll see you when you get here. I’m gonna wait out in the hall in case the dude comes out.
 わかった。よし。帰ったら会おう。男が出てくるといけないから、俺は廊下で待つ。

Chandler: Is that really necessary?
 そこまでする必要があるか?

Joey: Absolutely. You’d do it for me! Not that you’d ever have to, because I know how to keep my women completely satisfied.
 もちろんだ。おまえが俺だったらそうしてくれるだろう。そういうことはないだろうけどな。俺はちゃんと満足させるからな。

《ロスの部屋:黙って座る2人》

Ross: Shouldn’t the pizza be here by now? They said 30 minutes or less. How long has it been?
 ・・ピザがもう来てもいい頃じゃないかな? 30分以内って言ってたんだから。何分たった?

Mike: Eleven minutes. . . And now twelve. Do you like the beer?
 11分。・・・そして今は12分。・・ビール好き?

Ross: I do. I do. Although it is actually a lager.
 好き。好きだよ。でも、これはラガーだけどね。

Mike: Oh. What’s the difference between a beer and a lager?
 ああ。ビールとラガーの違いって何?

Ross: I don’t know. We can look it up.
 知らない。調べることもできるけど。

Mike: Things are about to get wild.
 楽しくなってきたぞっ。

《バーのフィービーとレイチェル》

Phoebe: Oh, God. Do you remember the girls’ nights that we used to have? Sitting around, talking about you and Ross?
 ああっ! 以前にも、夜、女の子だけで出かけたわよね。こうして、あなたとロスのこととか話したりして?

Rachel: Oh, God. It seems like forever ago.
 ああ、そうね。もうずいぶん前のことみたい。

Phoebe: I know. So what’s going on with you and Ross?
 ほんとね。・・それで、あなたとロスはどうなってるの?

Rachel: Well, um, I don’t know. I mean, for a long time, nothing. You know, actually, right before you picked me up, Ross and I had a little thing.
 そうね、どうかな。もうずっと、何も起きてないわよ。実は、あなたが迎えにきてくれる直前に、ロスと私にはちょっとしたことが起きたけどね。

Phoebe: Oh, my God! I love things! What happened?
 まぁ! ちょっとしたことって大好き! 何があったの?

Rachel: Well, um, first he told me that he liked how I looked, and then, erm, we had a little, erm, eye contact.
 ええ、最初に彼が私が素敵だって言って、それから、ちょっと・・目が合ったの。

Phoebe: Eye contact?
 目が合った?

Rachel: Uh huh.
 そうよ。

Phoebe: I hope you were using protection.
 ちゃんと避妊したんでしょうね。

(ウェイターが飲み物を持ってくる)
Waiter: Excuse me, um, these are from the two gentlemen at the end of the bar.
 失礼します。これは、あちらのバーの端の紳士お2人からです。(立ち去る)

Phoebe: Should we send them something back? Ooh, let’s do! Let’s send them mashed potatoes!!
 何かお返しを贈る? ああ、そうしましょう! マッシュポテトをあげるのよ!

Rachel: No, wait, don’t do that! It’s gonna make them think that they can come over here!
 ダメよ。待って、そんなことしないの。ここに来てって誘うようなものだわ。

Phoebe: So, what if they do?
 それで? もしそうしたらどうなるの?

Rachel: We’re not here to meet guys. You have a boyfriend. I have a…baby and a Ross.
 私達は男性を探しに来たんじゃないのよ。あなたにはボーイフレンドがいるでしょ。私には、赤ちゃんと、ロスが1人いるわ。

Phoebe: Yeah, but, um, nothing has to happen. We’re just having fun. You know, not everything has to go as far as ‘eye contact’.
 ええ。でも、何もないわよ。私達はただ楽しんでるだけよ。でしょ、何もかもが、目が合うほどまで行くとは限らないのよ。

《モニカ達の部屋》

Monica: Chandler, you have to tell Joey that you are not in Tulsa.
 チャンドラー、あなたタルサにいるんじゃないってジョーイに言わなきゃ。

Chandler: Don’t you think it’s better for him to think that you’re cheating on me than for him to think that I'm cheating on him? . . I heard it!
 君が浮気してると思わせておく方が、俺がやつをだましたと思うよりいいと思わないか? 自分で聞いて変だな。

Monica: I don’t want him to think that I'm having an affair.
 私が浮気してるなんて、彼に思われたくないわ。

Chandler: Alright. I’ve got a plan. I’ll go down the fire escape…
 わかった。考えがある。俺が避難梯子から降りていって・・。

Monica: Yes. Because all good plans start with “I’ll just go down the fire escape…”
 ああ、いつもいい考えってのは、「俺が避難梯子から降りていって」って始まるのよね。

Chandler: Hear me out, woman! I’ll go down the fire escape, then I’ll wait for a while. Then, when I come back up the stairs, it’ll just be like I got back from Tulsa. Then, Joey and I will come in here and see that there is no guy in here.
 聞いてくれよ。避難梯子から降りていって、少し待つ。そして、普通に階段から上がってきて、タルサから戻ったふりをするんだよ。そして、ジョーイと俺とでここに入ってきて、ここに男なんかいないっていうのを見つけるんだよ。

Monica: Aren’t you afraid that Joey’s going to figure all this out? . . I heard it!
 そんなことしてジョーイが気づくとは思わないの? ・・自分で聞いて変だわ。

(チャンドラーがバルコニーに出ようとしてやめて戻る)
Chandler: Just gonna wait for a little while.
 少し待ってからにする。

Monica: Scary pigeon’s back?
 怖い鳩がまた来てた?

Chandler: It’s huge!
 巨大なんだ!

《ロスの部屋:無言の2人。口で変な音をたてるマイク。ただひたすら退屈する2人》

《バー:飲み物を贈ってくれた男性達と話す2人》

Rachel: Oh, my God! I can’t believe you live in that building! My grandmother lives in that building, Ida Green? No sense of personal space? Kinda smells of chicken? Looks like a potato?!?
 まぁ、驚いたわ! 信じられない、あなたがあのビルに住んでたなんて! 私の祖母もあのビルに住んでたのよ。アイダ・グリーンっていうの。パーソナルスペースってものを理解しない人。チキンみたいな匂いがする人。ポテトみたいな人よ?

Bill: “Spuds” is your grandmother?
 「スパッド」さんが君のおばあさんなの?

Rachel: Yeah! That’s my bubbe!
 そうよ! それが私のおばあちゃまよ!

Kevin: So, we’re on our way to a couple of parties. Maybe we can get your numbers and give you a call if we find something fun.
 それじゃ・・僕ら、パーティに行く途中なんだよ。君らが電話番号をくれたら、何か楽しいことあった時に電話するよ。

Phoebe: Yeah, I’m sorry. We weren’t really looking for anything to happen with you guys. I-I have a boyfriend.
 ええ、ごめんなさい。私はそういうこと望んでないの。ボーイフレンドがいるのよ。

Kevin: Alright. That’s no big deal.
 わかったよ。いいんだ。(立ち上がる)

Bill: So, she has a boyfriend. . What is your situation?
 君にはボーイフレンドがいるんだね。(レイチェルに)君はどうなの?

Rachel: Oh, it’s complicated. I don’t actually have a boyfriend, but, erm…
 ああ、私は込み入ってるの。ボーイフレンドはいないけど、でも・・

Bill: Then can I have your number?
 それじゃ電話番号もらえるよね?

Rachel: I’m sorry, no.
 ごめんなさい、ダメなの。

Bill: Okay.
 わかったよ。(立ち去りかける)

Rachel: Oh, sure!
 ええ、いいわ!(メモする)

Phoebe: Oh, my God! You’re giving your real number!
 まぁ、あなたったら、本当の番号を教えるのね!

Bill: Okay, thanks. I’ll give you a call later tonight.
 どうも、ありがとう。後で電話するよ。

Rachel: Great.
 よかった。

Bill: Bye.
 バーイ。(立ち去る)

Rachel, Phoebe: Bye.
 バーイ。

Phoebe: Wow. So that's great. You, Bill, Ross and Emma are going to be so happy together. What were you thinking?
 ワオ・・よかったわね。あなたとビルとロスとエマとで、一緒に楽しめるわね。何考えてるのよ?

Rachel: I don’t know. He was cute and he liked me. It was an impulse.
 何かしら。彼可愛かったし、私を気に入ってたし。その場の気分よ。

Phoebe: But what about Ross? What about your moment? Don’t you want to talk to Ross about it?
 でもロスはどうなるの? あなたの言ってたその瞬間のことは? ロスとそのこと話したくないの?

Rachel: No, no, because I know exactly how the conversation is going to go. “Hey Ross, you know, I think that we had a moment before” “Yeah, um, me too” “Well, but I’m not sure I really wanna do anything about it!” “Yeah, um, me, um, neither.” “Ross, should we just continue to live together and not really tell each other how we’re really feeling?” “Yeah, that works for me, um, um.”
 ううん、いいの。だって、どうなるか見えてるんだもの。(レイチェルとロスのふり交互に)「ねぇ、ロス、あの時、ちょっとした瞬間があったわよね。」「ああ、そうだな」「でも、あの感じ、どうしたらいいかわからないわ」「ああ、僕もだよ」「ロス、私達、このまま一緒に住みながら、本当にどう感じてるか話さなくていいと思う?」「ああ、僕はそれでいいよ」(ロスのふりは咳払いたくさん)

Phoebe: Yeah, I see what you mean. By the way, nice Ross imitation. But your Rachel was not whiney enough.
 ええ、言いたいことはわかるわ。ところで、ロスのマネはよくできたわ。でも、あなたのレイチェルは、すねた感じが足りなかったわ。

Rachel: Well. .Hey!
 な・ちょっとぉ!

Phoebe: Better!
 うまくなった!

Rachel: The point is maybe I should stop waiting around for moments with Ross. You know? I should just move on with my life.
 とにかく、ロスとのそういう瞬間を待つのをやめた方がいいんじゃないかってことなの。私の人生を先へ進めるのよ。

Phoebe: So, really? Are you moving on from Ross?
 本当に? ロスをやめて先へ進むの?

Rachel: I don’t know. Do I have to decide right now?
 どうかなぁ。今決めなきゃダメ?

Phoebe: You kinda just did. That guy’s gonna call you tonight. Ross is gonna pick up the phone. That’s a pretty clear message.
 もう今決めちゃったって感じじゃないの。あの人今夜電話してくるんでしょう。ロスが電話に出れば、ことははっきりするじゃない。

Rachel: Oh, my God! Ross!! Ross is gonna pick up the phone! Ah, I have to get my number back! Oh, my God! He’s gone!
 まぁ、そうだわ! ロス! ロスが電話に出ちゃうわ! あぁ、あの人から番号取り返さなくっちゃ! あ、大変、彼もういないわ!

Phoebe: “Ah, I have to get my number back!”, “Oh, my God! He’s gone!” Dead on!
 (レイチェルのマネ)「ああ、あの人から番号取り返さなくっちゃ!、 あ、大変、彼もういないわ!」
 完璧ね。

《ロスの部屋:退屈な2人》

Mike: You know, I’m gonna take off.
 ねぇ、僕もう帰るよ。

Ross: So soon?
 もう?

Mike: Yeah.
 ああ。

Ross: Okay. Thanks, er, thanks for the beer.
 わかった。ありがとう・・ビール。

Mike: You mean lager.
 ラガーね。

Ross: Ah, yeah, good times.
 あ、うん、楽しかったよ。

Mike: Oh.
 (廊下へ出て)ああ!

Ross: Oh.
 (送り出して)ああ!

(マイクの携帯が鳴る)
Mike: Hello?
 もしもし?

Phoebe: Hey, Mike, it’s me. Listen. Is Ross near you?
 もしもし、マイク、私よ。ねぇ、ロスは近くにいる?

Mike: No, I just left.
 いや、今家を出たとこ。

Phoebe: Well, you have to go back in.
 じゃあ、また戻って。

Mike: What? Go back? To the land where time stands still?
 えっ? 戻るの? あの時間の止まった世界に?

Phoebe: I’m so sorry, honey, but, okay. Rachel gave this guy her number, and, um, she does not want Ross to answer the phone, so you have to intercept all of his calls.
 本当にごめんね。でもね、レイチェルがある男性に番号を渡したんだけど、でも彼女、ロスにその電話に出てもらいたくないのよ。だからあなたに、彼にかかる電話全部出てほしいの。

Mike: I can’t do that.
 そんなことできないよ。

Phoebe: He says that he can’t do that
 (レイチェルに)そんなことできないって。

Rachel: Oh, give me. . . Hi, Mike! Hi, listen, I know this is a lot to ask, but you know what? If you do this, ah, Phoebe will do anything you want. Seriously, I’m talking dirty stuff.
 もう、ちょうだい。(フィービーの電話をとる)ハーイ、マイク、ねぇ、お願い、本当にこんなこと頼んで悪いけど、でもね、もしこれきいてくれたら、フィービーは何でもするわよ。ホント、あんなことやこんなこと、してくれちゃうわよ。

Phoebe: Alright. . . Hello? I'm sorry about her. But actually, she wasn’t wrong about the dirty stuff.
 ちょっと。(電話を取り返す)もしもし、レイチェルのことごめんね。でも、ほんと、なんでもするってのは本当よ。

Mike: Alright, I’ll do it. Really, how much dirtier can it get?
 そうか、じゃあやるよ。だけど、どれくらいまでやってくれるの?

Phoebe: Oh, oh, Mike! Bye.
 もう、マイクったら! バーイ。

《ロスの部屋:マイクが来る》

Mike: Hey, buddy!
 やぁ、友人!

Ross: Hi!
 どうも。

Mike: Can I come back in?
 また入っていい?

Ross: W-Why?
 ど・どうして?

Mike: Well, I was just thinking of how muck more we have to talk about.
 いや、まだたくさん話すことがあると思って。

Ross: But, you left!
 でも帰ったじゃん!

《廊下で待つジョーイ:チャンドラーが来る》

Joey: Wow, that didn’t take long. I thought you said Tulsa was, like, a three-hour flight?
 ワオ。早かったな。タルサって、飛行機で3時間って言ってなかった?

Chandler: Well,… you’re forgetting about the time difference.
 いや・・・おまえ、時差ってものを忘れてるよ。

(考えてから納得するジョーイ。それから2人でモニカの部屋へ入る)

Monica: Huh, Chandler – you’re home!
 あらっ! チャンドラー・・帰ったのね。

Chandler: That’s right. Your husband’s home, so now the sex can stop.
 その通り。君の夫が帰ったぞ。だからセックスはもうおしまいだ!

Monica: What are you saying?
 何を言ってるのよ?

Chandler: Joey said that you’re in here with another man!
 ジョーイから、他の男と一緒にいるって聞いたぞ。

Monica: There's no man in here! How dare you accuse me of that?
 男なんていないわよ! よくもそんなことを言ったわね!(チャンドラーの頬をぶつ)

Joey: Alright, alright. Then maybe you won’t mind if me and my friend takes a look around then. Huh!
 よし、よし、それじゃ、俺たちが見て回ってもいいんだな?(寝室へ行く。叩く音がする)

Chandler: What’s he doing?
 あいつ何をしてるんだ?

Monica: I arranged some pillows on the bed to make it look like a guy.
 枕を置いて人がいるように見せかけたの。

Joey: Bedroom’s clear, although you might need some new pillows.
 (戻ってきて)寝室は誰もいない。でも新しい枕がいるかもな。

Chandler: Alright, well, I’ll check the guest bedroom.
 そうか、それじゃ俺はゲストルームを見てくる。

Joey: Why do I smell men’s cologne?
 (モニカの匂いを嗅いで)なんで男のコロンの匂いがするんだ?

Monica: I think that's you.
 (ジョーイの匂いを嗅いで)これあなたのよ。

Joey: Oh, yeah, I rubbed a magazine on myself earlier.
 ああ、俺さっき、雑誌のをこすりつけたんだよな。

Chandler: Nobody here, Joe.
 (戻り)誰もいないぞ、ジョー。

Joey: I guess not.
 そうらしいな。

Monica: I can’t believe you thought I was cheating. You owe me an apology.
 私が浮気してると思うなんて、信じられない。あやまってちょうだい。

Joey: You’re right, Monica. I’m so sorry.
 そうだな、モニカ。悪かったよ。

Monica: It’s an honest mistake. It can happen to anybody. Alright, see ya.
 ただの勘違いよね。よくあることだわ。いいのよ、じゃあね。(送り出そうとする)

Joey: Wait, wait, wait a minute. If you just got back from Tulsa, how did your suitcase beat you here?
 待て待て、ちょっと待てよ。今タルサから帰ってきたんなら、なんでおまえのスーツケースがここにあるんだ。

Chandler: I climb down the fire escape, and you can’t put that in the closet?
 俺が避難梯子から降りたってのに、君はこれをクローゼットに隠せなかったっていうのか?

《ロスの部屋:マイクが本を読み上げている》

Mike: So, with the exception of the fermentation process, beer and ale are basically the same thing. Fascinating, isn’t it?
 だから、発酵のプロセスの違いを除けば、ビールとエールは基本的に同じものだよ。興味深いよね?

Ross: Maybe you should look up fascinating.
 今度は「興味深い」を調べてみるといいかもね。
 
(ロスの側にある電話が鳴る)
Mike: I’ll get it. . . .Hello? Ross’ place, Mike speaking. . . It’s for you.
 僕が出るよ(ロスを乗り越え電話に出る)もしもし、ロスの部屋です。こちらはマイク。・・(ロスに)君にだよ。

Ross: I don’t understand what just happened here.
 今何が起きたのか理解できない。

《モニカ達の部屋:続き》

Joey: What’s going on?
 どうなってるんだ?

Chandler: I’m sorry. I told you I was in Tulsa because I wanted to spend the night with Monica and I didn’t…didn’t know… I didn’t think you’d understand.
 ごめん。タルサにいるっていったのは、今夜はモニカと一緒にいたかったからで、君に言ってもわかってもらえないと思ったんだ。

Joey: What? You think I’m too dumb to understand a husband needs to be with his wife? Uh? You think I’m like, duhhh!
 なに? 夫が妻と一緒にいたいってこともわからないような間抜けだと思ったのか? え? 俺が、こんなだと思ってるのか、こんなバカ?(バットで自分の頭を叩いて本当に痛い)

Monica: Joey?
 ジョーイ?

Joey: Yeah?
 あ?

Monica: I don’t know what to say. We shouldn’t have lied to you.
 何て言っていいかわからないわ。ウソをつくべきじゃなかった。

Chandler: Yeah, I feel so bad. Is there, is there anything I can do to make it up to you?
 ああ、本当に申し訳ない。なにか、つぐないできることはないかな?

Joey: You could go to the game with me, even though I know you said you couldn’t, but then you lied to me, tricked me and gave me a bump on the head.
 ゲームに一緒に行こう。行けないって言ったのはわかってるけど、でもウソついて、だまして、それにタンコブも作らせたしな。

Chandler: I’m sorry. That’s the one thing I can’t do. I promised that I’d be with Monica.
 悪いけど、それだけはできないよ。モニカと一緒にいるって約束したんだ。

Joey: All right.
 わかったよ。

Monica: You can go.
 行っていいわよ。

Chandler: What?
 え?

Monica: You should go to the game. It’s okay, I want you to.
 見に行かなきゃ。いいのよ。行ってほしいの。

Chandler: Really? Are you going to be okay?
 本当に? 君は大丈夫?

Monica: Yeah, it’ll be fine. You know, maybe I’ll stay here and practice the art of seduction.
 ええ、大丈夫よ。ここにいて、誘惑の練習でもしてたらいいんじゃないかしら。

Chandler: You’re gonna put sweats on and clean, aren’t you?
 スウェットに着替えて掃除するんだろ?

Monica: That’s gonna be so hot!
 すっごく興奮するわ!

Joey: Thanks, here’s your ticket.
 ありがと。(外へ出て)はい、おまえのチケット。

Chandler: Thanks. Listen, I’m never gonna lie to you again, okay? And I want you to know that nobody thinks that you are stupid.
 ありがと。なぁ、もう絶対ウソなんかつかないから、な? それから言っとくけど、誰もおまえのことをバカだなんて思ってないからな。

Joey: Thanks, man. . . Where you going?
 ありがとな。(行きかけたチャンドラーがUターンする)どこ行くんだよ。

Chandler: Game’s tomorrow night, Joe.
 試合は明日の夜だよ、ジョー。(部屋へ帰る)

《ロスの部屋:レイチェル達が戻る》

Rachel, Phoebe: Hi!
 ハーイ!

Ross, Mike: Hi!
 やぁ!

Mike: So glad you’re back.
 帰ってきてくれてほんと嬉しいよ。

Rachel: So, what did you guys do?
 それで、あなた達は何してたの?

Ross: Oh. You know, we just drank some beer. Mike played with the boundaries of normal social conduct.
 ああ、僕らはただビールを飲んでたよ。マイクは社会的常識の境界線で遊んでたね。

Mike: It’s true, I did.
 ああ、それは本当。

Phoebe: Well, goodbye!
 それじゃ、バーイ!

Mike: Okay.
 よし。

Ross, Rachel: Bye!
 バーイ!

Mike: Bye!
 バーイ!

Rachel: Have fun, Pheebs! See you, guys.
 楽しんで、フィーブス! またね。

Ross: Rachel, lock the door, lock the door, seriously.
 レイチェル、鍵かけて。鍵かけて。マジで。

Rachel: Oh, shoot, I forgot to pay Phoebe for the drinks! . . Wait, wait. Sorry. Did he call? Did that guy call?
 あ、いけない。私フィービーにドリンク代払うの忘れてたわ。(出て行く)待って、待って。ねぇ、電話あった? 男の人から電話あった?

Mike: No, just his mom.
 いいや、彼のおかあさんだけだったよ。

Rachel: Oh, around 8:30?
 ああ、8時半頃ね?

Mike: Yeah.
 うん。

Rachel: Then again at 9?
 それからまた9時?

Mike: Uh huh.
 そう。

Rachel: Yeah…
 そうなのよね。

《ロスの部屋の電話が鳴る》

Ross: Hello? Oh, no, she’s not here right now. Can I take a message? Bill from the bar? Okay, Bill from the bar, I’ll make sure she gets your number.
 もしもし。いや、彼女は今ここにいないよ。伝言伝えようか? バーのビル? わかったよ、バーのビル、彼女に番号伝えるよ。(メモする)

Rachel: Ahhh.
 (戻ってきて)ああ。

Ross: So, er, so how was it? You guys, you guys have a good time?
 それで、どうだった? 君たち、楽しかった?

Rachel: Oh, it’s so much fun. It’s so good to be out.
 ああ、本当に楽しかったわ。出かけるのってすごくいいわ。

Ross: Ah, Rach?
 (メモを持って)ねぇ、レイチ?

Rachel: Yeah?
 なに?

Ross: Never mind.
 (メモをポケットに入れる)なんでもない。

《セントラルパーク:フィービーとマイク。ロスが来る》

Ross: Hey, you guys!
 やぁ、君たち。

Phoebe, Mike: Hi!
 ハーイ。

Ross: Ah.
 (隣に座り)ああ。

Phoebe: I’ll be right back. I gotta go to the bathroom.
 すぐ戻るわ。バスルームに行ってくる。

Mike: Stout. That’s a kind of beer.
 (落ち着かない2人)スタウト・・これもビールの一種なんだよね。

(悲しい笑顔で出ていくロス)




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:05| Comment(0) | Season 9 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。