2013年11月29日

9-7 The One With Ross's Inappropriate Song

9-7 ロスの不適切な歌の話

 ☆フィービーの “ミート・ザ・ペアレンツ”☆

《ロスの部屋:エマの世話をするロス》

Ross: And that's why, no matter what mommy says, we really were on a break. Yes, we were! Yes, we were! . . Come here, gorgeous. . . Oh! Look at you! You are the cutest little baby ever! You're just a little bitty baby, you know that? But you've got, you've got big beautiful eyes. Yes, you do. And and a big, round belly. Big baby butt! I like big butts.
 だからね、ママが何と言おうと、あれは別れた後だったんだからね。そうなんだよ! そうなんだよ!おいで可愛い子。(膝に抱く)ああ、見て! 世界一可愛い赤ちゃんだね! 君は本当にちっちゃな赤ちゃんだ。でも君は大きな美しい目をしてるよね。ああ、ほんと。それから大きな丸いおなかだね。赤ちゃんの大きなお尻! 大きなお尻大好きだよ!

(Baby Got Back を歌い出す)

Ross: I like big butts and I cannot lie / you other brothers can't deny / when a girl walks in with an itty, bitty, waist / and a round thing in your face you get. . . . Oh, my God, Emma... you're laughing! Oh, my God, you've never done that before, have you? You never done that before. Daddy made you laugh, huh? Well, daddy and Sir Mix-A-Lot. What? What? You... you wanna hear some more? Uhm... My anaconda don't want none / unless you’ve got buns, hun…/ . . . I’m a terrible father!
 大きなお尻が好き、ウソはつけないヨ/みんな否定できないよね/細っこいウェストの女の子が歩いてきて/まぁるい物が目の前にあったら・・(エマが笑う)オーマイゴッド! エマが笑った! 驚いたな! 笑ったなんて初めだぞ? 初めて笑ったね。パパが君を笑わせたんだね。パパとサー・ミスター&ア・ロットだね。なに? なに? もっと聞きたい? (歌う)俺のアナコンダ、お尻があれば何もいらない・・(エマが笑う)僕ひどい父親だな!



《セントラルパーク:モニカとチャンドラーが来る》

Chandler: Hi!
 ハーイ!

Joey: Hey... hey listen... What do you guys know about investments?
 やぁ、なぁ、聞いてよ。君ら、投資について何か知ってる?

Chandler: How come?
 なんで?

Joey: Well, I'm starting to make good money on the show and I'm thinking I should probably do something with it.
 ドラマでいい収入を得るようになったからさ、それで何かしようかなと思って。

Monica: What do you do with your money now?
 今はそのお金どうしてるの?

Joey: Well, I just tape it to the back of my toilet tank. . . I didn't say that! It's in a bank guarded by robots!
 トイレタンクの裏にテープで貼り付けてるんだよ。(店内の人に聞かれたことに気づき)そんなことないぞ! ロボットに守られた銀行に預けてある!

Chandler: Do you have any ideas?
 何か考えがあるのか?

Joey: Uh, yeah... This guy at work got me excited about going in on an emu farm. That'd be kinda cool, huh? Pitching in on the weekends, helping to plant the emus.
 ああ、一緒に仕事してるやつが、エミュー牧場に投資するって騒いでたんだよ。それ、いいんじゃないかな? 週末行って、エミューを植えるのを手伝ったりさ。

Monica: Joe, emus are birds. You raise them for meat.
 ジョー、エミューって鳥よ。育てて肉を食べるの。

Joey: Yeah! Right! People eat birds. Bird meat. Now do they just fly into your mouth? Or you go to... you go to a restaurant and you say: "Excuse me, I'll have a bucket of fried bird." . . . Or... or maybe just a wing. Or a…
 (笑う)ああ、そうかよ。人が鳥を食べるってのか。鳥の肉だなんて。鳥が口に飛び込んでくるのか? それとも、レストランに行って、「すみません、鳥のフライを一皿ください」っていうのか。(笑う)それとも、翼か。・・手羽か・・・(気づく)

Monica: Joey, I think you should consider something a little less risky. I mean, I think in this market, real estate is your best investment.The Fed just lowered the rates, and the interest on your mortgage is totally deductible. . That's right. I know some stuff!
 ジョーイ、もっとリスクの少ないものを考えるべきよ。投資するなら、不動産が一番よ。政府がレートを下げたし、担保の利子も控除できるのよ。(チャンドラーに)そうよ、私だって知ってるんだから。

Joey: Real estate, huh? Hmmm...
 不動産ねぇ。。

Monica: Oh, and you know who's selling a great apartment? Richard!
 あ、今素敵な部屋が売りに出されているのよ。リチャードの部屋よ。

Chandler: Oh, and you know whose knowledge of her ex-boyfriend is shocking? Monica!
 おや、元彼のことを知ってるなんてショック、誰のことかわかる? モニカ!

Monica: My dad told me. They play golf together.
 とうさんから聞いたのよ。一緒にゴルフするから。

Chandler: Oh, well... Maybe I'll join them some time. I just hope the club doesn't slip out of my hand and beat the mustache off his face.
 ああ、そう。そのうち俺も一緒に行こうかな。手が滑って、クラブで彼のヒゲを剃り落とさないといいけど。

《モニカ達の部屋:フィービーが来る》

Phoebe: Hi!
 ハーイ!

Rachel and Monica: Hey!
 ハイ!

Phoebe: Listen! You have to help me pick a dress 'cause I'm meeting Mike's parents tonight!
 ねぇ! ドレス選ぶの手伝って。今夜、マイクの両親に会うのよ!

Monica: Wow, the boyfriend's parents! That's a big step.
 ワオ。ボーイフレンドの両親に会うなんて! 大前進ね。

Phoebe: Really? That hadn't occurred to me.
 そう? それは気づかなかったわ。

Monica: They just gonna love you, just be yourself.
 きっと気に入られるわよ。ありのままのあなたでいいのよ。

Phoebe: They live on the Upper East Side on Park Avenue!
 パーク・アヴェニューのアッパー・イースト・サイドに住んでるのよ!

Rachel: Oh, yeah, she can't be herself.
 あら大変。ありのままじゃまずいわ。

Phoebe: Okay, so, all right, which dress?. . . You can say "neither".
 それで、どっちのドレスがいい?(2着見せるが2人とも無言)「どっちもダメ」って言ってもいいのよ。

Rachel and Monica: Oh, God, neither!
 ああ! どっちもダメよ!

Monica: I'm sorry, honey, but we're gonna take you shopping. It's gonna be fine.
 ごめんね、でも、一緒にショッピングに行きましょ。大丈夫よ。

Rachel: Yeah, totally! You are in such good hands. And I'm so good with meeting parents. With the father, you know, you want to flirt a little bit, but not in a gross way. Just kind of like: "Oh, Mr. Pinzer, I can see where Wallace gets his good looks..."
 ええ、そうよ! 私達がついてるわ。両親に気に入られるの得意なのよ。父親に対してはね、ちょっと媚びるの、でもいやらしくなくね。こんな感じ。「まぁ、ミスター・ピンツァー、ウォレスがハンサムなわけがわかったわ」

Monica: You went out with Wallace Pinzer?
 あなたウォレス・ピンツァーとつきあってたの?

Rachel: Uh, he took the SAT's for me.
 彼、私の代わりにSAT受けてくれたのよ。

Monica: I knew you didn't get a 1400!
 やっぱり、あなたが1400点取るわけないわよね!

Rachel: Yeah, well, duh! I mean...
 あたり前じゃん! もう。

Phoebe: So, now, what about with Mike's mom?
 それじゃ、マイクのお母さんに対しては?

Rachel: Oh, with the mother, just... just constantly tell her how amazing her son is. Take it from me, moms love me. Ross's mom one time actually said I am like the daughter that she never had.
 ああ、おかあさんとはね、とにかく彼の息子が素晴らしいって言い続ければいいのよ。私を信じなさい、おかあさんには気に入られるんだから。ロスのおかさんなんて、一度、こんな娘が欲しかったって言ったのよ。

Monica: She said what?
 何て言ったですって?!

Phoebe: That's she's like the daughter she never had. . . Listen!
 こんな娘が欲しかった、よ。ちゃんと聞いてね!

《ロスの部屋:レイチェルが来る》

Rachel: Hi.
 ハーイ。

Ross: Hi.
 やぁ。

Rachel: I just finished getting Phoebe all dressed to meet Mike's parents. She's so nervous, it's so sweet!
 フィービーがマイクの両親に会うっていうから、そのための服を選んであげてたのよ。彼女ったらすごく不安がっちゃって、かわいかったわ。

Ross: Guess what? I made Emma laugh today.
 ねぇ、今日、エマを笑わせたんだよ。

Rachel: You what? And I missed it? Because I was giving a makeover to that stupid hippie?
 何ですって? 私それを見逃しちゃったの? あのバカなヒッピーの衣装選びをしてる間に?

Ross: Yeah, and it was... it was like a real little person laugh too. It was, it was like. . . Only... only not creepy.
 ああ。もうそれは、本当の小さな人が笑ってるって感じだったよ。こういう感じ・・(笑い声を真似る・・)ただこんなに気味悪くなくね。

Rachel: Well, what did you do to make her laugh?
 どうやって笑わせたの?

Ross: I um... Well, I sang. Well, actually I rapped... “Baby Got Back”.
 僕は・・歌ったんだよ。ホント言うとラップをね・・「ベイビー・ゴット・バック」を。

Rachel: You what? You sang to our baby daughter a song about a guy who likes to have sex with women with giant asses?
 何ですって? あなた私達の赤ちゃんに、巨大なお尻の女とセックスしたいって歌ってる男の歌を聞かせたの?

Ross: But you know what, if you think about it, it actually promotes a healthy body image. Because even big butts or uh, “juicy doubles” are..
 でもね、考えてみて、健康的な体のイメージを植え付けるだろ。でかいお尻とか、「瑞々しいおっぱい」とかでも・・

Rachel: Owwwww...
 あぁあ!

Ross: Please don't take her away from me!
 お願いだから僕からエマを奪わないで!

《リチャードの部屋を訪ねるジョーイとチャンドラー》

Catherine: Oh, hi, come on in. I'm Catherine, the listing agent.
 ああ、どうも。お入りください。私は不動産業のキャサリンです。

Joey: Hi, I'm Joey. This is Chandler.
 やぁ、僕はジョーイ。こちらはチャンドラー。

Chandler: So how come Richard's selling the place? Went bankrupt? Medical malpractice? Choked on his own mustache?
 それで、どうしてリチャードはここを売るの? 破産した? 医療過誤? 自分のヒゲで窒息した?

Catherine: Actually, he is buying a much bigger place. It's got a great view of Central Park…
 実は彼、もっと大きな部屋をお買いになったんですよ。セントラルパークを眺められる素敵な・・

Chandler: That's enough out of you!
 もういいよ。

Joey: Is there anything we should know about the apartment?
 この部屋について何か知っておくことってある?

Catherine: All the appliances are included. There is a lot of light, a new kitchen. I think you guys would be very happy here.
 家具はすべてコミでございます。とても明るくて、キッチンは改装済みですし、お2人でとても楽しく暮らしていただけると思いますよ。

Chandler: No, no, no, no, no, NO! No, no... we're not together. We're not a couple. We're definitely not a couple.
 いやいやいやいや、違うよ! 違う、僕らが一緒に住むんじゃないよ。僕らカップルじゃないから。絶対違うから。

Catherine: Oh... Okay, sorry!
 あら、そうでしたか、失礼しました。

Joey: Well, you seem pretty insulted by that. What? I'm not good enough for you?
 なぁ、すごくいやそうだったな。なんだ? 俺じゃダメだっていうのか?

Chandler: We're not gonna have this conversation again. Look at this place. Why am I so intimidated by this guy? Pretentious art, this huge, macho couch. When we know all he does is sit around all day crying about losing Monica to a real man! . .You don't think he's here, do you?
 この話はもうしないって言ってるだろ。この部屋を見ろよ。なんであんな男に恐れをなしてたんだろうな? これ見よがしなアートとか、このでっかい男くさいカウチとか。俺が知ってるあいつは、ここに座って、本物の男にモニカを奪われて泣いてたやつなのに! ・・今ここにいないだろうな?

Joey: You know what it is? It's a nice place but I gotta say, I don't know if I see myself living here. Oh, oh, oh, let me see. . . Yeah, I could see it.
 なぁ、ここはいい部屋だけど、こんなとこに住んでる俺想像つくかなぁ。そうだ、ちょっとほら・・(カウチに座ってみる)・・ああ、アリだな。

Chandler: Look at these videos. You know, I mean, who does he think he is? Magnum Force, Dirty Harry, Cool Hand Luke... Oh, my God!
 このビデオを見ろよ。ほら、何様のつもりなんだよ? ダーティ・ハリー1と2だろ、暴力脱獄・・なんだこれは!

Joey: What?
 なに?

Chandler: There's a tape here with Monica's name on it.
 モニカって書いたテープがある。

Joey: Ooh! A tape with a girls name on it. It's probably a sex tape... Wait a minute. This says “Monica.” . . And this is Richard's apartment.
 ああっ! 彼女の名前が書いてあるテープ・・それは多分セックステープだぞ。・・ちょっと待てよ。これは「モニカ」って書いてある・・そしてここはリチャードの部屋・・。

Chandler: Get there faster!
 早くたどりついてくれよ!!

《マイクの両親宅を訪問するフィービーを迎えるマイク》

Mike: Wow! You look … like my mom.
 ワオ・・君・・僕の母さんみたい。

Phoebe: I'm wearing pantyhose!
 ストッキング履いてるの!

Mike: Great! Come on in!
 すごいね! 入って。(執事が迎えてフィービーのコートを受け取る)

Phoebe: Thank you! Oh... Oh, my God, you're rich!
 ありがとう。まぁ驚いた。あなたってリッチなのね。

Mike: No, my parents are rich.
 いや、僕の両親がリッチなんだよ。

Phoebe: Yeah, so? They gotta die someday. . Hello!
 それが? そのうち死んじゃうのよ。・・(両親が来る)こんにちは!

Mike: Mom, dad, this is Phoebe. Phoebe, these are my parents: Theodore and Bitsy.
 かあさん、とうさん、こちらフィービー。フィービー、こちら僕の両親だ。セオドアとビッツィ。

Phoebe: Theodore... Bitsy... What a delight!
 (気取ったしゃべり方)セオドア、ビッツィ、ごきげんよう。

Bitsy: It's so nice to finally meet you!
 ようやく会えて嬉しいわ。

Phoebe: And you. Your home is lovely.
 こちらこそ。素敵なお宅でございますこと。

Bitsy: Well, thank you, I'll give you a tour later. It's actually three floors.
 まぁ、ありがとう。後ほどご案内しますね。3階建てなんですのよ。

Phoebe: Holy crap!
 そりゃすげー。

Bitsy: Phoebe, why don't you come in the living room and meet our friends?
 フィービー、リビングにいらして、私どもの友人にお会いくださいな。

Phoebe: Oh, try and stop me!
 ああ、でもいいとこでとめてね。

Mike: Hey... Wh... What are you doing?
 (フィービーを呼び止め)ねぇ、何をしてるの?

Phoebe: I'm trying to get your parents to like me.
 あなたのご両親に気に入られようと思って。

Mike: Yeah, I'm sure they will, but you don't have to do this. I want them to get to know Phoebe, not “Phoebe.”
 いや、気に入られるって、そんなことしなくて大丈夫だよ。僕は2人にフィービーを知ってもらいたいんだ。そんな気取ったフィービーじゃなくて。

Phoebe: You’ve got it!
 わかった。

Mike: All right.
 いいね。

Phoebe: It's hard to stop.
 でも直らないわ。

Mike: Well, come on.
 おいで。

Theodore: Phoebe, these are our friends, Tom and Sue Engel.
 フィービー、こちら友人の、トムとスー・エンゲルだよ。

Bitsy: Phoebe, come sit. Tell us a little bit about yourself. So where are you from?
 フィービー、ここに掛けて。あなたのことを聞かせてくださる。出身はどちら?

Phoebe: Uhm... Okay, well, all right. Originally, I'm from upstate, but then my mom killed herself and my stepdad went to prison. So I just moved to the city, where I actually lived in a burned out Buick LeSabre for a while. Which was okay, that was okay. Until I got hepatitis, you know, 'cause this pimp spit in my mouth and. . . But I... I got over it. And, anyway, now I'm a freelance massage therapist, which, you know, isn't always steady money, but at least I don't pay taxes. . . . So where does everyone summer?
 そうね、ええ。もともとは北部で生まれたんだけど、ママが自殺したし義父が刑務所に逆戻りしちゃって、それで私は街に出てきたの。そして、焼けちゃったビュイック・ルセーバーにしばらく住んでたのね、それはそれでよかったんだけど、ぽん引きからキス感染で肝炎になっちゃったのね。それは治ったんだけどね・・とにかく、今はフリーのマッサージ・セラピストで、収入は安定しないけど、おかげで税金は払わずにすんでるわ。(みんなが引いたのを感じてまた気取った口調になる)それでみなさまこの夏はどちらに?

《マイクの両親の家:時間経過》

Phoebe: God! God! This is not going well.
 ああ、どうしよう! 全然だめにしちゃったわ。

Mike: No, no, no, you're doing fine, really. Why don't you go talk to my dad?
 いやいや、大丈夫だよ、本当。言ってとうさんと話してきたら?

Phoebe: Okay, okay, okay, okay... Still sure about me being myself?
 そうね、わかった、わかったわ・・本当に私ありのままでいいの?

Mike: Absolutely! Or maybe just a little less “pimp spit.”
 もちろんだよ! でも、「キス感染」的なのはナシで。

Phoebe: So Theodore... I uh... I can see where Mike gets his good looks from.
 (父に近づき)セオドア・・お会いして、マイクがどうしてハンサムなのかわかったわ。

Theodore: Oh, Well.
 ああ、まぁ・・。

Phoebe: Yeah. And that physique! You must work out all the time.
 ええ、立派なお体ね! いつも鍛えてらっしゃるんでしょうね。

Theodore: Oh, no, not all the time. I do the best I can.
 ああ、いつもっていうわけじゃないが。できる限りね。

Phoebe: Yeah, I bet! Look out!
 そうなんでしょうね! 気をつけて!(腹部をパンチする)

Theodore: OH! OWWWWW!
 ああっ! うううぅぅ!!(痛みで声を上げる)

Phoebe: Oh, my God, are you okay?
 まぁ、大変! 大丈夫?

Theodore: I recently had surgery.
 最近手術をしたばかりなんだ。

Phoebe: I'm so sorry!
 本当にごめんなさい!

Theodore: No, I'll be fine. I just should check the stitches.
 いや、大丈夫だよ。でも縫った後を見てこないと。

Phoebe: I really, really am sorry.
 本当に、本当にごめんなさい。

Theodore: How could you know? Why wouldn't you punch me in the stomach?
 知るわけないよね? 誰だっておなかパンチするさ。(立ち去る。マイクが来る)

Mike: Um... Did you just hit my dad?
 いま、きみ、とうさんを殴った?

Phoebe: Yes. I'm sorry, I've never met a boyfriends parents before.
 ええ。ごめんなさい。私、ボーイフレンドの両親に会ったことがないの。

Mike: But, I mean, you have met humans before, right? Look, why don't you go talk to my mom?
 でも、人間に会ったことはあるだろう? じゃ、かあさんと話してきたら。

Phoebe: Yeah, okay, yeah, your mom, okay. She looks nice, I can talk to her.
 ええ、そうね。そう、あなたのおかあさんね、わかったわ。優しそうだし。話せるわよね。

Mike: Yeah, you do that, and I go check my dad for signs of internal bleeding.
 ああ、そうしたらいいよ。僕は、とうさんが内出血してないか見てくるから(立ち去る)

Phoebe: Yeah. Oh, Bitsy, hi. Um... listen I just wanted to thank you again for having me here tonight.
 ええ・・あぁ、ビッツィ、どうも・本当に今日はお招きいただいて、ありがとうございます。

Bitsy: Well, not at all.
 あら、いいのよ。

Phoebe: Also, I just want you to know what a wonderful man your son is.
 それから、息子さんって、本当に素晴らしい男性だと思います。

Bitsy: Thank you, I think so too.
 ありがとう、私もそう思うわ。

Phoebe: Well, and you know, it really is a testament to how he was raised. Especially to you. Because he's very respectful of women.
 それに、彼がどんなふうに育てられたか、わかります。特にあなたのおかげですよね、彼は女性にきちんと敬意を払いますから。

Bitsy: Is he, really?
 本当に?

Phoebe: Are you kidding. He is so considerate of my feelings and, you know, I think... You'd also like to know that he is a very gentle lover.
 もちろんです。彼は本当に私の気持ちをよく考えてくれて、それに、彼は、恋人として本当に優しく扱ってくれます。

Bitsy: Excuse me?
 どういうこと?

Phoebe: Oh, no, no, no, no, no, no. Don't get me wrong. No, he's not in like a sissy way. No, no, no... when he gets going, he can rattle a headboard like a sailor on leave.
 あ、いえいえいえ、そういうことじゃないの。いえ、彼が女々しいとか言ってるんじゃないのよ。そうじゃないの。彼、やる時はやるのよ。久しぶりに陸に上がった海の男みたいにベッドを揺らすのよ。

Bitsy: That's... my boy.
 それは・・・さすが我が息子・・・。(立ち去る)

Mike: Awesome!
 (後ろで聞いていた)最高だね!

《モニカ達の部屋:チャンドラーがビデオを持って悩んでいる》

Chandler: I'm not gonna watch it. I don't need to watch it. I mean, what good could possibly come from watching? Well, we know, I'm gonna watch it.
 こんなの見ないぞ。見ることない。こんなの見ても、いいことなんかない。だけど、見るに決まってるよな。(ジョーイが来る)

Joey: Hey, dude, what's up?
 やぁ、何してるんだ?

Chandler: Don't judge me, I'm only human!
 批判するな。俺だってただの人間だ!

Joey: Did you take that tape?
 おまえあのテープ持って来たのか?!

Chandler: I had to! Okay, imagine you were married... and you found a tape of your wife in another guys' apartment... Wouldn't you need to know what was on it?
 そうしかないだろ! な、おまえが結婚していたとして、おまえの妻のビデオがほかの男の部屋にあったと思ってみろ。何が写ってるのか知りたくないか?

Joey: I don't know. Whom I'm married to?
 どうかなぁ。俺誰と結婚してるの?

Chandler: Some girl.
 誰か女の子だよ。

Joey: She hot?
 ホットな子?

Chandler: Yeah.
 ああ。

Joey: How did she get me to settle down?
 彼女どうやって俺との結婚まで持ち込んだんだ?

Chandler: All right, I'm gonna watch it. I mean, look, it's probably not even what I think it is. And even if it is, it can't possibly be as bad as what I'm picturing in my head. . Can it?
 いいか、俺はこれを見るぞ。俺が思ってるようなものじゃないかもしれないんだ。もしそうだったとしても、俺が今想像してるほどひどくないかもしれないだろ。・・・違う?

Joey: I don't know. In experience, if a girl says yes to being taped, she doesn't say no to much else, I tell ya...
 どうかなぁ。俺の経験じゃ、女の子がビデオに録ることを了解したら、あとはもうたいていのことオーケーするぞ。

Chandler: Then you're gonna have to watch it for me.
 それじゃ、おまえが俺の代わりに見てくれ。

Joey: What? Whoo... What?
 なに? おいおい、何だって?

Chandler: Just for a few seconds, so I can know what it is. Please?
 数秒でいいんだよ。それだけで、何かわかるだろ。頼むよ。

Joey: All right, fine. But if I enjoy this, you have only yourself to blame.
 わかったよ。でも、もし俺がこれを楽しんじゃっても責める権利はないんだからな。(チャンドラーがテレビに背を向けた状態で、ビデオスタート。歓声が聞こえる)

Chandler: Why am I hearing cheering?
 なんで歓声が聞こえるんだ?

Joey: Well, it's okay, its like... it’s just a football game.
 大丈夫だよ、これは・・ただのフットボールの試合だ。

Chandler: Football? Just football?
 フットボール? ただのフットボール?

Joey: Yeah, see... you were all worried for nothing.
 ああ。ほらな、おまえは無駄に心配してたんだよ。

Chandler: It's football. It's just football! This is great! This is the first time I've ever enjoyed football! It may be customary to get a beer! . . What the . . . What are you doing?
 フットボールだ。ただのフットボール! よかった! 生まれて初めてフットボールを楽しんだよ! これは、ビールを飲むとこだよな! (ビデオが急にうめき声に変わる)何だこれ・・・(ジョーイがジャンプしてチャンドラーに飛びかかり、床に組み伏せる)何をしてるんだ?

Joey: You don't wanna see what I just saw!
 おまえはこれを見ちゃダメだ!

(モニカが帰ってくる)
Monica: What are you guys doing? . . Oh, my God, is that Richard?
 あなた達、何してるの? なに、あれ、リチャード?! (次の瞬間、ジョーイがモニカを引っ張って床に組み伏せ、2人に見せないよう必死)

《ロス達の部屋:レイチェルがエマをあやしている》

Rachel: Okay, aahhh. Please laugh for mommy... Please? Please laugh for mommy. . Not funny, huh? Oh, so, is it... only offensive novelty rap? Or maybe just, you know, rap in general? 'Cause mommy can rap. . . My name is mommy and I'm here to say that all the babies are... Oh, I can't rap... All right, sweetheart. This is only because I love you so much. And I know that you're not gonna tell anybody.
 ああ、お願いだから、ママに笑って見せて、お願い。ママに笑って見せてちょうだい。(おもしろい顔をしたりして)おもしろくないのね? それじゃ、あの女性に対して失敬なラップでなきゃダメなの? それとも、ラップだったらいいの? ママだってラップならできるわよ。・・私はママよ、そして私は言うの、赤ちゃんはみんな・・・ああ、ラップは無理ね。わかったわよ。あなたをすっごく愛してるからこうするのよ。誰にも言わないわよね?

(恐る恐るラップを始めるレイチェル)

Rachel: I like... big butts and I cannot lie... / You other brothers can't deny... / when a girl walks in with an itty bitty waist and a round thing in your face. . . . Yes! Yes! Yes! YES! Oohhhhh! Oh! . . . I like big butts and I cannot lie / You other brothers can't deny... Oh, Emma, you're laughing! Oh, you are, you really do like big butts, don't you. Oh, you beautiful little weirdo.
 大きなお尻が好き、ウソはつけないヨ・・みんな否定できないよね・・細っこいウェストの女の子が歩いてきて/まぁるい物が目の前にあったら♪・・(エマが笑う)そうよ、やったわ、やった! ああぁ!!ああ! (歌う)大きなお尻が好き、ウソはつけないヨ、みんな否定できないよね♪・・ああ、エマが笑ってるわ! ああ、あなたったら、本当に大きなお尻が好きなのね。ああ、あなたったら、かわいくて変な子!

(ロスが来る)
Ross: Hey!
 やぁ!

Rachel: Oh, you missed it. She was laughing. Oh, it was amazing. It was amazing. It was the most beautiful, beautiful sound.
 ああ、あなた見逃しちゃったわ。この子笑ってたのよ。ああ、素晴らしかったわ。本当に素敵。本当に美しい美しい声だった・・。

Ross: Oh, I know, isn't it? Ooh... what'd you do to get her to laugh?
 ああ、そうだよね? ああ・・何をして笑わせたの?

Rachel: Oh! You know, I just... a couple of things I tried. Different. . I just sang a little “The Itsy-Bitsy Spider.”
 ああ、私はただ・・ちょっと試してみたのよ。違うことを・・「ちっちゃなクモ」を歌ったのよ。



Ross: You sang “Baby Got Back,” didn't you?
 君、「ベイビー・ゴット・バック」を歌ったんだね?

Rachel: Nothing else worked. That girl is all about the ass!
 それしか効かなかったのよ。この子ったら、お尻好きなのよ!

《マイクの両親の家:ディナー》

Phoebe: And then it goes back to the chorus. Smelly cat, Smelly cat / It's not your fault… Resolve. And that's the end of the song. I realize that you hadn't ask to hear it, but um, no-one had spoken in seventeen minutes.
 それから、コーラスに戻るの。スメリーキャット、スメリーキャット、あなたのせいじゃないのよ・・♪ そして歌が終っていくのよ。聞きたいとは言われてないのはわかってるけど、でも、この17分間だれも話さないから・・。

Mike: Phoebe writes lots of great songs. What was that one you sang the other night that everybody just loved?
 フィービーはすごい歌をいっぱい作ってるんだ。この前歌って、みんなに気に入られてたあの歌なんだっけ?

Phoebe: Oh, “Pervert Parade”?
 ああ、「変態パレード」?

Mike: No...
 いや・・。

Phoebe: Oh, “Ode To A Pubic Hair”?
 ああ、「陰毛に捧げる歌」?

Mike: Stop!
 ストップ!(料理が出される)

Phoebe: Oh, God! Is that veal?
 ああ、これって、仔牛肉?

Mike: Mom, I thought I told you, Phoebe's a vegetarian.
 かあさん、言ったじゃないか、フィービーはベジタリアンなんだよ。

Bitsy: Oh!
 あら!

Phoebe: Oh, no, no, no, no... That's okay, that's okay... I mean, I'm... I am a vegetarian... except for veal. Yeah, no, veal I love...
 あ、いえいえいえ、いいの。いいのよ。確かに私はベジタリアンだけど・・でも仔牛肉は別よ。ええ、仔牛肉は好き。。

Mike: Phoebe, you don't have to eat...
 フィービー。食べなくてもいいんだよ。

Phoebe: No, no, no, I actually it's any baby animals: kittens, fish babies. You know, especially veal. You know, and this, this nice vein of fat running through it. . . Hmmm... yummy. . . Hmmm...
 いえいえ、いいの。ほんと、動物の赤ちゃんなら何でも好きなの、仔猫でも魚の赤ちゃんも、特に仔牛肉ね。ほら、このかけめぐる脂肪なんてもう・・。(すごく嫌々ながら食べる)うーん、おいしい・・うー!(こみ上げるものがあり駆け出して行く)

Mike: So...? What do you think?
 (両親に)それで? どう思う?

《モニカ達の部屋》

Monica: So you stole that tape from Richard's apartment?
 それじゃあなた、リチャードの部屋からテープを盗ってきたの?

Chandler: Whoho ho... Listen to the judgement from the porn star!
 ハハッハー! ポルノスターの批判を聞けよ。

Monica: That tape was never meant to be seen by. . Joey, I would feel more comfortable if I was having this conversation in private.
 あれは見せるためのものじゃないわよ。・・・ジョーイ、この話は聞かれたくないわ。

Joey: Monica, look, I don't think you and I have any secrets anymore. . . Not ready to joke about it yet? Okay, I see you later.
 モニカ、もう俺たちの間に秘密なんかないじゃないか。・・・まだジョークにするのは早い? それじゃまたな。(出て行く)

Monica: Why in the world would you take this tape and, and why would you watch it?
 いったいどうしてテープを取って来たりなんかして・・それに、なんで見たりするのよ?

Chandler: Because that's who I am, okay? I'm sure a mature man like Richard could see a tape like that and it wouldn't bother him. Just'd be another saucy anecdote for him to share at his men's club over brandy and mustaches.
 それが俺だからだよ。リチャードみたいな大人の男はあんなビデオを見てよくて、気にもならないんだろうけどな。メンズ・クラブでヒゲをはやしたやつらとブランディを飲みながら、話すしゃれたエピソードとしていいんだろうさ。

Monica: Is all this about you not being able to grow a mustache?
 これってみんな、ヒゲを生やす事ができるかどうかってことなの?

Chandler: This is about you and Richard. He's clearly not over you. He keeps a tape so he can look at it whenever he wants.
 これは君とリチャードのことだよ。彼は明らかに、君を忘れていない。君のビデオをとっておいて、いつでも好きな時に見られるんだ。

Monica: Isn't that sad? I mean, can you see how pathetic that is? You shouldn't be jealous. You should feel bad for him.
 それって悲しくない? そんなのミジメだってわからないの? ヤキモチやくことじゃないわ。気の毒に思うことよ。

Chandler: Oh, yeah, well, poor Richard. Y'... I can grow a mustache!
 ああ、そうだな。かわいそうなリチャード。・・・俺だってヒゲはやせるぞ!

Monica: Chandler, this is not our problem. We've got each other. That's all that matters.
 チャンドラー、これは私達の問題じゃないわ。私達にはお互いがいるじゃないの。それが大事なことよ。

Chandler: Yeah, oh, but I just keep picturing you rolling around with him with your cowboy boots in the air.
 ああ、だけど、俺は、カウボーイブーツを履いた足をあげて転げ回ってる姿が目に焼き付いちゃってるんだよ。

Monica: Cowboy boots? I've never worn cowboy boots in my whole life!
 カウボーイ・ブーツ? 私、カウボーイ・ブーツなんて履いたことないわよ!(ビデオをスタートする)

Chandler: Oh, good, good. Play more, 'cause I wanna see how it ends.
 ああ、よかった、よかった。もっと見せて。終わりまで見たいから。

Monica: That's not me!
 これ私じゃないわ!

Chandler: What...? That's not you! Life is good again! Ride 'em cowgirl!
 えっ? 君じゃないのか! いい人生が帰ってきた! やれやれ! カウガール!

Monica: That bastard taped over me!
 あの野郎、私のテープに再録したのね!

Chandler: Is that a problem?
 それが問題か?

Monica: It's just so insulting! Big spring for a new blank tape, Doctor!
 だって失礼じゃないの! 新しいテープがそんなに高いか、ドクター!

《マイクの両親がダイニングで会話》

Theodore: I can't imagine what he sees in her.
 彼女のどこがいいのかわからないね。

Bitsy: She actually makes me miss that pill-popping ex-wife of his. . . Oh, hello, dear...
 あの薬中毒の元妻がよく思えるくらいよ。(マイクが来る)ああ、あなた・・

Mike: Hey, what's going on?
 やぁ・・どうした?

Bitsy: We were just chit-chatting. How's your friend?
 ただおしゃべりしてただけよ。お友達はいかが?

Mike: A little better.
 少しよくなってきたよ。

Bitsy: By the way, do you know who's moving back into town? Tom and Sue's daughter, Jen.
 ところで、今度誰が街へ戻ってくると思う? トムとスーの娘さんのジェンよ。

Theodore: You remember her, Michael. She's lovely and... well-behaved and single.
 覚えてるだろ、マイケル。彼女可愛らしいし、行儀もよくて、独身だ。

Mike: I'm not interested.
 興味ないよ。

Bitsy: Oh, please darling, let's be honest. You can have all the... sailor fun you want with that one, but... let's be real.
 あら、どんなこと言わないで。正直になりましょうよ。あなた、海の男の楽しみみたいなこと、あの子とできるかもしれないけど・・でも、現実的に考えて・・。

Mike: All right, stop! You know, all Phoebe has done tonight is trying to get you to like her. And maybe that hasn't been clear all the time, but she did her best. And yeah... She's a little different than you are.
 もういいよ、やめて。フィービーは今夜、ただ気に入られようとしてただけなんだ。そうは見えなかったかもしれないけど、彼女は精一杯やったんだ。それに・・そうだな、彼女はあなた方とは違うよね。

Bitsy: Michael, a pimp spit in her mouth!
 マイケル、ぽん引きから口移しよ!

(フィービーが部屋に入りかけて声を聞いて立ち止まる)

Mike: So what? I mean if I can get past that, it shouldn't bother you. And you don't have to like her. You just have to accept the fact that I do. I mean, if you can't even be civil to the woman I love...
 それが何だよ? 僕がそれでもいいって言うなら、母さん達もそうであるべきだよ。好きになってくれなくてもいいよ。ただ、僕がそうだっていうことを受け入れてよ。優しくしてあげることぐらいできないかな、その女性を愛してるのに・・

Bitsy: The woman you what?
 その女性をなんですって?

Phoebe: Yeah. The woman you what?
 そうよ、その女性をなんですって?

Mike: The woman I love. . . I love you. Which is probably something I shouldn't say for the first time in front of my parents and Tom and Sue. Who are, by the way, the most sinfully boring I've ever met in my life.
 その女性を愛してる。・・(フィービーに)愛してるよ。こんなこと初めて言うのが、両親や、世界一退屈なトムとスーの前だなんておかしいけど・・

Phoebe: I love you too.
 私も愛してるわ。

Mike: You do?
 本当?

Phoebe: YEAH! How great is this?
 ええ! 素敵なことよね?(キス)

Mike: Wanna get out of here?
 行こうか?

Phoebe: Okay.
 ええ。

Mike: Mom, dad, thanks for dinner.
 かあさん、とうさん、食事ありがとう。

Phoebe: I had a great time. It was really top-drawer. And here's something rich. Thirteen bathrooms in this place, I threw up in the coat closet. Ta ta...
 すごくたのし勝ったわ。本当に上流って感じで。それから、豊かってことだけど、ここにはバスルームが13室もあるけど、私はコートのクローゼットで吐いちゃった。バイバイ!

《ロス達の部屋:ロスとレイチェルがラップ》

Ross: She sweat, wet. got it going like a turbo 'vette.
 彼女は汗で濡れて・・ターボカーみたいに強烈で

Rachel: So fellas
 だからみんな

Ross: Yeah!
 イエー!

Rachel: fellas
 みんな!

Ross: Yeah!
 イエー!

Rachel: has your girlfriend got the butt?
 おまえのガールフレンドもいいお尻?

Ross: Hell, yeah!
 おお、イエーイ!

Rachel: So shake it!
 だからシェイク!

Ross: Shake it!
 シェイク!

Rachel: Shake it!
 シェイク!(他の4人とマイクが来る)

Ross: Shake it!
 シェイク!

Rachel: Shake that nasty butt...
 そのでっかいケツを振れ。

Ross: "Baby Got Back".
 ベイビー・ゴット・バック!(みんなが見ているのに気づきやめる)

Rachel: One more time from the top... I like big butts and I cannot lie, you other br...
 頭からもう一度! 大きなお尻が好き、ウソはつけないヨ、みんな・・(見られていると気づく)

Ross: Rachel, please! That is so inappropriate!
 レイチェル、頼むよ! そんな歌、不適切だよ!




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:59| Comment(0) | Season 9 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。