2013年11月28日

9-6 The One With The Male Nanny (200th episode)

9-6 男子ベビーシッターの話

 ☆キュートなベビーシッター☆

《タルサのチャンドラー:眠っていると電話が鳴る》

Chandler: Hello? . . Hello?
 もしもし(声がかすれたので咳払い)もしもし?

Monica: I love my new job!
 新しい仕事大好き!

Chandler: Honey, you're screaming.
 ねぇ、君、叫んでるよ。

Monica: You bet your ass, I am! I just had the best first day ever! The kitchen: twice as big as Allessandro's.
 もちろんだわよ! こんな素敵な初日って初めてよ! キッチンはアレッサンドロの2倍の広さ!

Chandler: Oh, that's great.
 ああ、それはいいね。

Monica: Yeah, a-a-and clean. Not just health department clean... Monica clean.
 それに、きれいなの。衛生局のきれいさじゃないのよ、モニカレベルなの。

Chandler: Awesome.
 すごいね。

Monica: Oh, and the people are so nice. There's this one guy, Jeffrey, he's the maitre d’, Chandler, you will love him. He is without a doubt, the funniest guy I have ever met.
 それに、みんないい人なの。1人なんて、ジェフリーっていう給仕長なんだけど、チャンドラー、あなたも好きになるわよ。彼は間違いなく、これまでに会った中で一番おもしろい人よ。
(チャンドラーは急に目が覚め起き上がる)

《セントラルパーク:手をつないでいるフィービーとマイク》

Mike: This is nice.
 これはいいね。

Phoebe: I know!
 ほんとよね!(お砂糖の袋を片手で開けられず苦労する)

Mike: You need both hands for that?
 それのために両手がいる?

Phoebe: Yeah, I kinda do. . Well, how's this?
 ええ、そんな感じ。(マイクが手を離す)これでどう?(マイクの手を自分の胸に当て、砂糖を入れ終えてからまた手を繋ぐ)

(ジョーイが入ってくる)
Joey: Aaahhh, look at you two... holding hands, huh? Is this getting serious? Have you not talked about it yet? Am I making you uncomfortable? If you were bigger you'd hit me, huh...? Aaaaaahhhhhh
 ああ!君たち! 手を繋いじゃって。マジな交際になってきた?・・まだそんな話してなかった? 俺のせいで気まずくなってきた?(笑顔がひきつる2人。マイクに)もし俺より大きかったら殴りかかってた? ああハハハ・・(カウンターへ行く)

Phoebe: I'm sorry... I'm sorry. It's obviously way too early for us to be having that conversation.
 ごめんね。ごめんなさい。もちろん、あんな話するのは早すぎるわよね。

Mike: Is it?
 そうかな?

Phoebe: Maybe not, is it?
 そんなことないかもね。

Mike: Okay, when I got divorced, I didn't think I'd feel this way about someone for a really long time... Then again, I didn't think I'd meet someone like you... And this may be crazy soon, but... I want you to have this... No, not... that's gum. . . Ooh, five bucks... I love it when that happens, you know... Think no note's there...
 離婚した時、こんなふうに思うことはないだろうって思ってたんだけど、でも、君みたいな人に会うとは思わなかったから・・。こんなのめちゃくちゃ早すぎるかもしれないけど、でも、君にこれを渡したいんだ・・(ポケットから物を出す)いや、これはガムだ。(さらに探る)おっ、5ドルだ。こういうのって嬉しいよね。お金ないと思ってる時に・・

Phoebe: I know, Mike, why don't you keep digging?
 ねぇ、マイク、早く探してみて。

Mike: Oh, sorry.
 あ、ごめん。(鍵を出して見せる)

Phoebe: Oh, it's a key. To be honest, I think I'd prefer the five dollars.
 あら。鍵ね。正直言って、5ドルの方がいいわ。

Mike: It's to my apartment.
 これは僕の部屋の鍵だ。

Phoebe: Oh, wow, ooh! Ooh, big step for Phoebe and Mike.
 まぁ。ワオ。ああ! フィービーとマイクの大躍進ね。

Mike: Yeah, look, and I don't want you to feel like you have to give me your key just because...
 ああ、ねぇ、無理して君の鍵をくれなくてもいいんだよ。

Phoebe: Oh, no, I want to.
 あ、いえ、渡したいわ。

Mike: Oh, thank God.
 ああ、助かった。

Phoebe: Yeah... ooh... wow... Even started to think I'd never meet someone that, you know, I wanted to do this with. Here you go.
 ええ・・ワオ・・私こんなことする相手には会えないんじゃないかとさえ思い始めてたいのに・・はい、これ。

Mike: This is cool, huh?
 すごいことだよね?

Phoebe: It really is.
 本当に。

Joey: Oh, I know it... It is amazing these little things open doors... huh!
 (近い席に座り)ああ、本当だよな。こんな小さなものでドアが開くなんてな!

《ロスの部屋:レイチェル達がベビーシッター面接中》

Rachel: So I don't go back to work for another four weeks, but we would like our nanny to start right away, so that Emma could get a chance to know her.
 それで、仕事復帰まではあと4週間ぐらいあるんだけど、でも、シッターさんにはすぐ仕事を始めてもらいたいの。そうすれば、エマも慣れるでしょう。

Prospective nanny: I think that's really smart. The easier we can make the transition for her the better.
 それはいい考えですよ。そういう変化が楽な方がいいですからね。

Rachel: That's great, great. So do you have any questions for us?
 よかった。いいわね。それじゃ、何か質問はある?

Prospective nanny: Not really.
 いえ、別に。

Rachel: All right. Well, thank you so much for coming.
 わかったわ。じゃあ、どうも来てくださってありがとう。

Ross: Thank you.
 ありがとう(立ち上がり見送ろうとする2人)

Rachel: Really nice to meet you... and we'll call you.
 本当に会えてよかったわ。電話するから。

Prospective nanny: Oh, you know, wait. I do have one question. Do you guys do random drug testing?
 (廊下に出てから)あ、待って。一つ聞きたいことがあるの。突然ドラッグテストしたりする?

Ross: Boy, we um... hadn't really thought of that.
 うぁ・・それは考えたことがなかったな。

Prospective nanny: That's cool. But... but if you do, I'm gonna need three days notice.
 よかった。でも、もしするなら、3日前に教えてほしいの。

Rachel: Oki doki! . . . Wow! We're never gonna find a nanny.
 了解!(ドアを閉め彼女の応募用紙を丸める)ワオ・・シッターさんなんて見つからないわ。

Ross: Oh, come on, Rach, we will. I promise. We have more interviews. . And worse comes to worse, we can always reconsider the uhm... the first one we met with.
 大丈夫だよ、レイチ、見つかるよ、ホント。まだ面接があるし。それに、最悪の場合、最初に会った人のこともう一度考え直せばいいよ。

Rachel: What, the blonde with no bra?
 なに、あのブロンドのノーブラ?

Ross: She was blonde? . . Just a sec! Okay, okay. This one's name is Sandy. She's got a degree in early childhood education. She worked for her last family for three years.
 ブロンドだっけ?(ノックの音)ちょっと待って! よし、この人はサンディだ。彼女は、幼年教育コースを修了してる。前の家族のところでは3年働いてるよ。

Rachel: Okay.
 わかった。(ロスがドアを開ける)

Sandy: Hi. I'm Sandy.
 ハーイ、僕はサンディ。

Ross: And she's a little mannish...
 それから彼女はちょっと男っぽい。

《フィービーの部屋:デヴィッドが来る》

Phoebe: Oh, my God! David!
 まぁ、驚いた!デヴィッド!

David: Hi! Is this a bad time?
 ハーイ? 今いけなかった?

Phoebe: No! It's a great time, come in! WOW, hi. . . Oh, my gosh! What are you doing here? Are you back from Minsk?
 いいえ、全然いいわよ、入って! ワオ! ハーイ(ハグ)驚いたわ! どうしたの? ミンスクから戻ったの?

David: Well, just for a couple of days, um... I'm here to explain to the people who gave us our grant, why it's a positive thing that we spent all their money and um... accomplished um... nothing.
 いや、2日間だけこっちなんだ。僕らに資金を出してくれた人達に説明をしにきたんだ。確実にお金は使い果たしたのに、何も成し遂げてない理由について・・。

Phoebe: Who cares, it got you here.
 構わないわ、あなたがここにいるんだもの。

David: Well, it got me to New York anyway, and then I got on a cab at the airport, and the guy said where to? and I just... gave him your address I... I... I didn't even think about it.
 ああ、とにかくニューヨークには来てね、空港に行くためにタクシーに乗って、どこへ行くか聞かれて、つい君の住所を言ってしまったんだ。考えもなくね。

Phoebe: Wow. Where is your luggage?
 ワオ・・あなた、荷物は?

David: …Damn it!
 ・・・しまった!

Phoebe: Oh, all right, well... I'll call the cab company.
 あ、いいわ。タクシー会社に電話する。

David: Wa... wa... wait! We can call them later. Can you just... just stand there for a moment? Boy! There's an old Russian expression, uhm... it goes: Schto ya ztez vigul... ui! Roughly translated that means uhm... This thing that I'm looking at: wow!
 ま、待って! 後で電話すればいいよ。ちょっとそこに立ってくれる? ああ! ロシアの古い言葉でこういうのがある(ロシア語)だいたい、「僕が今見ているもの・・ワオ!」っていう意味。

Phoebe: Thank you! God, no! You should see me when... Oh, actually, no, I look pretty good.
 ありがとう! ああ、ダメよ。私こんなふに・・(鏡を見て)あら、私すごくきれい。

David: Are... are you kidding? You know, when you don't see someone for a long time, a-a-and you kind of build them up in your head and you start thinking about: Come on, don't be crazy. Nobody is that beautiful, but... well, you are. . . Well, so, uhm... are you seeing... anyone?
 冗談だろ? しばらく会ってない間に、頭の中でだんだん美化してきて、「それはないだろ、おかしいよ、そんなにきれいな人はいないよ」なんてことがあるけど、君はきれいだ。・・それで、今誰かとつきあってる?

Phoebe: No...
 いいえ。

《モニカの部屋:デヴィッドとのことを話すフィービー》

Phoebe: I'm... I'm just... I'm the worst person ever. How can I not tell David that I'm seeing Mike?
 私、私は最悪な人間だわ。私マイクとつきあってるって、どうしていえないのよ?

Monica: Maybe he didn't give you a chance.
 いうチャンスがなかったんじゃないの。

Phoebe: He said, “Are you seeing someone?” And I said, “No.”
 彼が、「誰かとつきあってる?」って言って、私が「いいえ」って言ったの。

Monica: Oh, well... That would’ve been your window.
 まぁ、それがあなたの売り方ってことで。

Phoebe: Yeah! I mean, I don't know. I was just , I was looking, I was looking in his eyes and I was just thinking: Oh, my God! It's David. David's here. He's just, he's so irresistible.
 そうよ! どうしよう。私はただ・・彼の目を見てただ思ってたのよ・・ああ、なんてことなの、デヴィッドよ! デヴィッドがここにいる。彼って本当に素敵。

Monica: Really? The scientist guy?
 そうかな? あの科学者さんが?

Phoebe: Really? Chandler?
 そうかな? チャンドラーが?

Monica: …Continue.
 ・・続けて。

Phoebe: Oh.Okay, then it gets worse, 'cause then I told him that I would see him tomorrow night.
 ええ・・それからもっどひどいことになったの。明日の夜また会うって言っちゃったの。

Monica: Phoebe!
 フィービー!

Phoebe: I know! Evil! And... and... and... I like Mike so much, you know. It's just going really well. Oh, my God!
 そうなのよ! ひどいわよね。でも・・でも私はマイクがすごく好きなの。すごくうまくいってるのよ。ああ、どうしよう!

Monica: Wow, isn't it ironic that David would show up on the same day that you and Mike exchange keys?
 まぁ・・マイクと鍵を交換したその日にデヴィッドが現れるなんて、皮肉よね?

Phoebe: Uhuh... Yeah...!, you know. And given my life long search for irony, you can imagine how happy I am.
 ええ、そうよね。ずっと皮肉を探してきたんだから、私がどんなに幸せか想像つくでしょ。

Monica: What are you gonna do?
 どうするつもり?

Phoebe: I mean I guess, I just have to... tell David that nothing can happen between us. Unless I don't... You know, complicated moral situation, no right, no wrong...
 多分・・私は・・デヴィッドに、何ともならないって言わなきゃ。それか言わないか・・。これは複雑な倫理の問題よね。正しいか間違ってるかなんてなくて・・

Monica: You have to tell David!
 あなたデヴィッドに言わなきゃ!

Phoebe: Okay, I knew I should have had this conversation with Joey.
 やっぱり、ジョーイに相談すればよかった。

《モニカ達の部屋の外、帰ってきたチャンドラー》

Chandler: Funniest guy she's ever met! . . I'm funny, right? What do you know, you're a door. You just like knock-knock jokes. . . Save it for inside!
 今まで会った中で一番楽しい男だなんて!(ドアに向かって)俺おもしろいよな? 知るわけないよな。おまえはただのノックノック・ジョークしか知らない。・・(自分に言い聞かせる)中に入るまでとっとけ!

Monica: Hey!
 ハーイ!

Chandler: Hey!
 ハーイ!

Phoebe: Hey!
 ハーイ!

Chandler: So... Oklahoma is a crazy place. You know, they call it the Sooner state. Frankly I'd sooner be in any other state. . . And what's with Oklahoma having a panhandle? Can all states have stuff like that? Hey, yeah, I'm from the waistband of Wyoming. But when I was seven, we headed over to the crotch.
 オクラホマってのは、おかしなとこだよな。抜け駆けの州なんて言われてさ。俺なんかほかの州より早いと思うぞ。(意味がわからないモニカとフィービー)それにオクラホマのあのフライパンみたいな形は何? どこの州でもあの取っ手みたいなとこがあればいいのにな? 俺なんかワイオミングのベルトだよ。でも俺7歳の時、股間へ向かっていったけどね。

Oklahhoma.png
(panhandle = Oklahomaのように他州に飛び出た部分のある地域)

Wyoming.png
(Wyoming)

Monica: Was your cabin pressurized?
 飛行機で気圧にやられた?

Chandler: And don't get me started on the way that people from Tulsa talk.
 (フィービーに)タルサの人の話し方なんて冗談じゃないぞ。

Phoebe: Okay.
 オーケー。。(立ち去る)

Chandler: What's with the word “y’all”? You know, just two words just pushed together. Are we all allowed to do that, because if so, I say why stop there? You know, your new poodle could be your noodle. And fried chicken? Could be fricken. Waiter, waiter excuse me, I'll have the fricken? . . See, that's... that's funny with the fricken, right?
 「あんたら」っていうのなんだよ? 2つの言葉をくっつけちゃってさ。みんなそんなことしていいんなら、俺もそうしてやるよ。例えば、ニュー・プードルは、ヌードルでいいじゃん。それに、フライド・チキンは、フリキンにできるよ。ウェイター、ウェイター、ちょっと、フリキンもらえる? フリキンっておもしろいだろ?

Monica: No, it just reminds me of something this guy did today at work. I told you about that funny guy, Jeffrey, right?
 いえ、今日、勤先の人が言った言葉を思い出したの。あのおもしろい人、ジェフリーのこと話したでしょ?

Chandler: Yeah, he came up.
 ああ、出てきたね。

Monica: Well, he did this bit. You probably had to be there, but it was Liza Minnelli locked in our freezer, eating a raw chicken.
 彼がこう言ったのよ。その場にいないと笑えないかもだけど、ライザ・ミネリが冷凍室に閉じ込められて、チキンを生で食べてるって言ったのよ。(フィービー爆笑)

Chandler: Were you there?
 (フィービーに)その場にいた?

Phoebe: No, but it sounds like it was fricken funny.
 いえ、だけど、フリキン的おもしろさって感じ。

《ロスの部屋:サンディの面接》

Sandy: I really do understand how hard it's gotta be to leave your child with another person. I mean, it's like leaving behind a piece of your heart.
 子供を他人に預けて離れてしまうのは、本当につらいっていうの、よくわかります。あなたのハートの一部を置いていくようなものですよね。

Rachel: Sandy, that's exactly what it is.
 サンディ、まさしくその通りよ。

Ross: Are you gay?
 君、ゲイなの?

Rachel: Ross!
 ロス!

Sandy: It's okay. I get that a lot doing what I do. But I am straight. I-I'm engaged actually.
 いいんです。この仕事してるとよく言われるんです。でも、僕はストレートで、実は婚約してるんですよ。

Rachel: Oh!
 まぁ。

Sandy: Her name is Delia.
 彼女の名前はデリアって言います。

Rachel: Oh, that's pretty.
 ああ、かわいいわね。

Ross: So you're just, like, a... guy who's a nanny?
 それじゃ、君は、ただのベビーシッターをする男なわけ?

Sandy: I realize how it's a bit unorthodox for some people, but I really believe, the most satisfying thing you can do with your life, is take care of a child.
 ちょっと変わってると思う人もいるってわかってますが、でも、僕は、人生で最も満足感を得られる仕事というのは、子供の世話をすることだと思うんです。

Ross: Okay.
 そう。

Sandy: Like in my last job, I met Daniel when he was three weeks old. And I got to watch him grow into this awesome person. When I left, I said, “I’ll see you soon.” And he said to me, “Skadandy…” That was his name for me. “I’ll see you every day right in…”
 前の家の時は、生後3週間のダニエルという子だったんですが、すばらしい人に成長するのを見守りました。辞めるとき、僕が、「また会おうね」って言うと、彼は、「スカダンディ・・」彼は僕をこう呼んだんです。「僕ら毎日会えるよね、ここで」(胸を指し、泣き出す)

Ross: Yeah, kids say all kinds of crap.
 ああ、子供ってそういうバカげたこと言うよね。(エマが泣く声がする)

Rachel: Oh, God, she mu... she must need her diaper changed.
 あら、あの子きっと、おむつの交換しないといけないんだわ。

Sandy: Oh, oh, I can do it for her, if you want...
 あ、もしよければ、僕がやりますよ。

Rachel: Oh, that would be great! . . I love him, I love him, I love him...
 ああ、うれしいわ!(サンディは奥へ。ロスに)彼大好き、彼大好き、彼大好き。

Ross: Oh, come on, Rach, he's a guy!
 勘弁してよ、レイチ、彼、男だよ。

Rachel: So what? He's smart, he's qualified. Give me one good reason we shouldn't try him out.
 それがなに? 彼賢くて、資格もあるじゃない。彼にしちゃいけないもっともな理由を言ってみてよ。

Ross: Because it's weird!
 変だからだよ!

Rachel: Why?
 どうして?

Ross: What kind of job is that for a man? A nanny? I mean, It's like if a woman wanted to be...
 男にこんな仕事って何だよ? ベビーシッター? まるで、女性が男がなるものをやるみたいな・・

Rachel: Yes?
 なにを?

Ross: King?
 王?

Sandy: I er... I hope you don't mind. I used some of my home-made lotion on Emma. It's a mixture of calendula and honey cream. It'll dry that rash right up. Plus, it keeps the hands young.
 よかったかな、お手製のローションをエマに使ったんだけど。マリーゴールドとハチミツクリームを混ぜたものなんだ。発疹なんかが治るし、手もきれいになるよ。

Rachel: Please? . . Yes! Sandy, you're hired.
 (ロスに囁く)お願い! (ロスが好きにしてという表情)オッケーよ、サンディ! あなたにするわ!

Sandy: That's great! . . I'm sorry. It's just such an emotional thing when you're welcomed into a new family.
 よかった! (泣きそうになり手で女性っぽく顔を扇ぐ)新しい家族に受け入れられる時って、本当に感傷的になっちゃうんですよね。

Rachel: Oh, God. Come here.
 ああ。来て。(ハグ)

Ross: You gotta be at least bi.
 少なくともバイだよね。

《ジョーイの部屋:チャンドラーが来る》

Chandler: Hey! . . I need you to set me up for a joke. Later, when Monica is around, I need you to ask me about fire trucks.
 やぁ!(ジョーイが雑誌を読み終わるのを待つ)ジョークのネタふりをしてほしいんだ。後で、モニカがそばに来たらさ、消防車のことを聞いてほしいんだ。

Joey: Ooh. I-I don't know, Chan. I'm not so good with remembering lines.
 ああ、どうかなぁ、チャン。そういうセリフ覚えるの苦手なんだよ。

Chandler: Well, thank God, your livelihood doesn't depend on it.
 ああ、よかったな、おまえの仕事ってそういうことじゃなくて。

Joey: I know, right? . . Wh... Wh... Why are we doing this?
 そうなんだよ。でも、なんでそんなことするんだ?

Chandler: Monica says that her Maitre d’ is the funniest guy she's ever met.
 モニカが、職場の給仕長が、今までで一番おもしろいやつだって言うんだよ。

Joey: Seriously? She actually said that?
 マジで? 彼女が本当にそういったのか?

Chandler: Yes! Am I crazy to be this upset?
 そうなんだよ! こんなに動揺するなんておかしいか?

Joey: No! Being funny is your thing!
 いいや! おもしろいってのがおまえの特長なんだからな。

Chandler: Yeah!
 そうなんだよ!

Joey: Without that, you just got "lame with women".
 それがなかったら、おまえはただの「女が苦手なやつ」だよ。

Chandler: Ye....
 そう・・・。

(モニカが来る)
Monica: Hi! There you are.
 ハーイ、ここにいたのね。

Joey: Fire trucks!
 消防車!

《フィービーの部屋:デヴィッドが来る》

David: Wow, you look even more beautiful than you did yesterday.
 ワオ・・君、昨日よりもさらに美しいよ。

Phoebe: Oof...
 うう・・。

David: In fact, um... I going to kiss you now.
 ほんと、キスしたいよ。

Phoebe: Oh, wait, wait!
 あっ、待って、待って!

David: Yeah, I-I don't, I can't get away with stuff like that. I-I-It sounded sexy in my head, so I...
 ああ。そうはいかないよね。頭の中ではセクシーに思えたんだけど。

Phoebe: No, no, it's not that. . Um... Remember when you asked me if I was seeing someone and I said no? Well, um, I am. His ... his name is Mike.
 いえいえ、そうじゃないの。あなたが、つきあってる人がいるか聞いたとき、いないって言ったわよね? 実は、いるの。マイクっていうの。

David: Oh... oh...
 ああ・・・ああ。。

Phoebe: I should have told you.
 言うべきだったわ。

David: No. . Well, yeah.
 いや。・・ああ、うん。

Phoebe: I'm sorry, I'm sorry.
 ごめんなさい。ごめんなさい。

David: Well, it's okay. I-I-I understand... Well, are you happy with this guy?
 いや、いいんだ。わかるよ。その人と幸せなの?

Phoebe: I am happy.
 幸せよ。

David: Damn it! I-I'm sorry. I-I don't mean that. I-I want you to be happy... But only with me. No, um... that's not fair. Uh, who cares, leave him!. Oh, I don't mean that. Yes, I do... I'm sorry. Um, I... I think I should probably um... go...
 クソ! ごめん、本気じゃないんだ。君には幸せでいてほしい。でも、僕と幸せなら・・いや、それはいけない。いや、かまうもんか。彼と別れて! ああ、本気じゃないんだ。いや、本気。ごめんよ。ああ・・僕はもう帰った方がいいな。

Phoebe: Well... but David, just... I just want you to know that... that, you know, telling you this... is one of the hardest things I've ever had to do.
 でもデヴィッド、これだけは言っておきたいんだけど、私・・これほどつらいことないわ。

David: Well, just so you know... hearing it wasn't exactly a Vladnik carnival, either... Can we at least hug goodbye?
 僕も言っておきたいけど・・それを聞くのは実際ヴラドニクのお祭り気分ではなかったよ。・・せめて、さよならのハグをしていい?

Phoebe: Of course, yeah. . . You know, a kiss on the cheek wouldn't be totally inappropriate.
 もちろんよ、ええ。(ハグ)ねぇ、頬にキスするくらいはしても全然いいわよね。

David: No... no...
 ああ、うん。

Phoebe: I mean...
 だって・・。

David: In Minsk...
 (デヴィッドが頬にキス)ミンスクでは・・

Phoebe: Yeah?
 なに?

David: ...it's uhm... i-it's two on each cheek and uhm... and one on the lips.
 えー・・ さよならの挨拶は両頬に2回ずつと、クチビルに一回なんだよ。

Phoebe: Well, if that's what they do in Minsk... In New York... it's...
 ミンスクでそうするなら・・。(その通りのキスをした後で)ニューヨークでは・・(情熱的なキス)

《ロス達の部屋:ロスが帰るとレイチェルとサンディが泣いている》

Rachel: Oh... Oh, boy. . . Hi...
 ああ、ああもう・・(ロスを見て)ハーイ。

Ross: Is everything all right?
 どうかしたの?

Rachel: Oh, yeah, it's fine, it's fine. Sandy was just was just telling me about how he proposed to his fiancée and it was just so beautiful.
 ああ、いいの、なんでもないのよ。ただサンディが、なんてプロポーズしたのかって話を聞いていて、それが本当に美しいの。

Sandy: Well, her favorite flower is the camellia. From the poem...
 彼女の好きな花は椿なんです。詩の中で・・。

Rachel: I can't... I can't hear it again.
 もうダメ。もう一度聞くなんてできないわ。

Sandy: You know, I can't tell it again.
 ええ、僕ももう一度話すのは無理です。

Ross: And I'm fine never having heard it. . . Rach, can I... can I see you for a sec?
 僕は聞かなくてもいいから。レイチ、ちょっといい?

Rachel: Yeah! . . Excuse me.
 ええ。(サンディに)失礼するわね。(ロスと2人キッチンへ)

Ross: Do you realize that man has cried in our apartment three times...? Huh? I haven't cried that many times since I moved in.
 君、彼がうちで既にもう3回も泣いたって、気がついてる? え? 僕はここへ引っ越して来てからだってそんなに泣いてないよ。

Rachel: Look, Ross, he's just... Sandy is just sensitive, that's all.
 ねぇ、ロス、彼は・・サンディはただ繊細なの、それだけよ。

Ross: Okay, okay, see, that... that is the problem. He is too sensitive.
 わかった、わかったよ、でも、それが問題なんだよ。彼は繊細すぎるんだよ。

Rachel: What? Too sensitive to take care of our baby?
 何ですって? 赤ちゃんの世話をするのに繊細すぎるなんてあるの?

Ross: No, I mean, all things that guy... These are amazing!
 (お菓子を食べながら)いや、あの男は・・これすっごいおいしいな!

Rachel: Sandy made Madeleines.
 サンディがマドレーヌを作ったのよ。

Ross: This... this is exactly what I'm talking about. What kind of a guy makes... makes... delicate French cookies, huh? They're not even... butch, manly cookies with... with, you know, with... with chunks.
 これ・・これが僕の言いたいことなんだよ。こんな繊細なフレンチクッキーを作るなんてどんな男なんだよ? これ、男が作るような、ほら、塊もなくて。

Rachel: Well, you know, I don't know what to say. I mean, I never thought of you as a guy who needed his men to be men. You know, 'cause I gotta tell you, Ross, it’s not like you just came in from branding cattle.
 そんな・・なんて言ったらいいかわからないわ。あなたが男らしくないといけないなんて言うって考えてなかったわ。だってロス、あなた、牛に焼き印をする男でもないでしょ。

Ross: Hey... there's sensitive... and there is too sensitive.
 いや、世の中には、繊細と、繊細すぎるってのがあるよ。

Rachel: Okay, what? What is too sensitive?
 いいわよ、でも、どういうのが繊細すぎるっていうの?(サンディの吹く縦笛の音が聞こえてくる。あきれるロス)

《フィービーの部屋:キスする2人》

Phoebe: Hmmm... No, no... No, I can't do this. It's bad.
 うーん・・ダメ。ダメよ。できないわ。これは悪いことよ。

David: But... It's nice... A-a-and... nice is good. A-a-and good is not bad. Ergo, w-w-we should keep kissing.
 でも、素敵だ。そして、素敵なのはいいことだ。そして、いいことは悪いことじゃない。それゆえ、キスしてていいんだ。

Phoebe: No, no. No.
 ダメ、ダメ。ダメよ。

David: But. . Ergo...
 でも・・それゆえ・・。

Phoebe: Look, David, if... if you had never left, then... yeah, we'd probably still be together right now, but... you did leave, and I-I'm with Mike and I really care about him.
 ねぇ、デヴィッド、もしあなたが行ってしまわなければ、私達は今もつき合ってたかもしれないわ。でも、あなたは行っちゃった。そして私は今マイクとつき合っていて、彼を好きなの。

David: Um... Goodbye. Uh. Schto ya ztez vigul... ui...
 ああ・・・さようなら・・えー・・(ロシア語)
(両手でフィービーの首筋から顔を挟むようにしているところへ、マイクが入ってくる)

Mike: Well, hey, the key works.
 ああ、ちゃんと鍵が使えたよ。

Phoebe: And, you, thanks for the face massage. Thank you.
 それから、ありがと、フェイス・マッサージ。どうもありがとう。

《モニカ達の部屋:ロスが来る》

Ross: Did Rachel tell you we hired a male nanny?
 レイチェルから、僕ら男のベビーシッターを雇ったって聞いた?

Monica: Yeah! I think that's great!
 ええ! いいじゃない!

Ross: Oh, really? Did she tell you he plays the recorder, recites poetry and bakes Madeleines?
 そうか? 縦笛吹くって聞いた? 詩の朗読をしたり、マドレーヌを焼いたりするってことも?

Monica: Oh... How are they?
 まぁ。味はどうだった?

Ross: Lighter than air... But that's not the point.
 空気のように軽くて・・言いたいのはそこじゃなくて。

(ジョーイが来る)
Joey: Hey!
 やぁ!

Ross: Hey! Rachel and I hired a male nanny.
 やぁ! レイチェルと僕、男のベビーシッターを雇ったんだ。

Joey: Really? Guys do that? That's... weird.
 本当に? 男がするの? それ・・変だな。

Ross: Thank you!
 ありがと!

Joey: That's like a woman wanting to be a...
 それってまるで女の人が・・

Ross: ...a what? A what? What's the end of that sentence?
 なに? なに? その先のセリフはなんていうの?

Monica: Yes. What is the end of that sentence?
 そうよ。その先なんていうつもり?

Joey: Uhm... A penis model. . Anyway, hey... Did you tell Chandler that some guy from work is the funniest guy you've ever met?
 あー・・・ペニスモデル。それより、なぁ、チャンドラーに、職場の男が今までで一番おもしろいって言ったのか?

Monica: Yeah, so?
 ええ。だから?

Ross: Wow!
 ワオ!

Joey: Really? Do you not know Chandler?
 本当に? おまえチャンドラーしらないの?

Monica: Is that why he's acting so weird? He's jealous? Oh, my God, that is crazy. It's not like I'm attracted to Jeffrey.
 だから彼あんなに変なの? 彼ヤキモチやいてるの? なんてことなの。そんなのおかしいわよ。別にジェフリーを好きっていうわけじゃないのに。

Joey: So what? Being funny is Chandler's thing. You know, like Ross's thing is...
 それがなんだよ? おもしろいってのがチャンドラーの特長なんだぞ。例えばロスだったら・・(何も思い浮かばない)

Ross: Science? Academia? Being a good father?
 科学者? 学者? いい父親?

Joey: ...No.
 ・・・違う・・。

Monica: I can't believe he's that upset about this...
 彼がこんなことで動揺するなんて信じられない。

Joey: Monica, you have to do some damage control here, okay? 'Cause he's feeling like...
 モニカ、君、なんとかしなきゃだめだぞ、いいか? やつはもう・・

(ピザを持ってチャンドラーが来る)
Chandler: Hey!
 やぁ!

Joey: Hey! Hey!
 おお、やぁ!

Chandler: What are you guys talking about?
 みんな何してんの?

Ross: Um... Rachel and I hired a male nanny.
 あー・・レイチェルと僕が男のシッター(ナニー)を雇ったんだよ。

Chandler: You got a man who's a nanny...? You got a “manny”?
 男のナニーを雇ったのか? それって、マニー?

(モニカが爆笑。なぜ笑うか気づいたジョーイとロスも爆笑し始める)

Chandler: You know, I don't mind a... male nanny, but I do draw the line at a male wet nurse.
 男のナニーでも構わないけど、でも、乳母にはしたくないな。

Monica: Ohhh, ooohhh... you are on a roll, mister!
 (さらに爆笑)ああ、ああ! あなたったら絶好調ね!

Chandler: If I'd known you guys were coming over, I would have brought more pizza.
 君らがいるって知ってたら、もっとピザ買ってきたのにな。(さらに笑う3人)

Monica: Okay, okay... Chandler, you... you stop it!
 オーケー、もう、チャンドラー、もうやめて!

Chandler: What is so funny about that?
 今の何がそんなにおもしろいんだ?

Monica: Well, I don't know... I-It's... just the way you say it... I mean, you're funny... You have that funny thing. You're a funny guy!
 いえ、何かしら。あなたの言い方よ。あなたっておもしろくて・・あなたそういう人なのよ。あなたはおもしろい人なの!

Chandler: Did you tell her what we talked about?
 (ジョーイに)おまえ、俺が言った事、彼女に話したのか?

Joey: Yeah....
 (爆笑後)うん。

Chandler: So those were pity laughs? Pity laughs?
 それじゃ、あれは哀れんで笑ったのか? 哀れみ笑い?

Monica: Honey, listen. You have nothing to worry about with Jeffrey.
 ねぇ、聞いて。ジェフリーのことなんて何も心配いらないのよ。

Chandler: Oh, yeah? Is he funnier than me?
 ああ、そうか? 彼は俺より面白いのか?

Monica: Well, you're... you're different funny. I mean, you're... you're more sarcastic. And... well, he does bits, and impressions... and... and limericks...
 それは・・あなたは違うおもしろさなのよ。あなたは、もっと皮肉屋さんだし、彼は芸っていうか、モノマネとか、リメリックとか言うのよ。

Chandler: I do limericks... uh... There once was a man named Chandler, whose wife made him die inside.
 俺だってリメリックできるぞ。かつてチャンドラーという、妻に心を殺された男がいたって話だ。

Monica: Honey, you know I think you're hilarious! Come on, you know that joke you told me last week? The one about Jerry Lewis and the girl with the lazy eye? That slayed me.
 ねぇ、あなたはすごくおもしろいと思うわ! ねぇ、先週あなたが言ったジョークがあるじゃない? フェリー・ルイスとだるい目をした女の子の話。あれには笑い転げたわ。

Ross: Hey... I made up that joke and told it to you!
 あっ、それは僕が思いついて君(チャンドラーを指す)に教えたジョークだろ!

Joey: Not knowing when to shut up...
 いらんことをしゃべる。

Ross: Yep! That's my thing...
 ああ。それが僕の特長だな。

《フィービーの部屋》

Mike: So how many guys have your key?
 それで・・何人の男が君の鍵を持ってるの?

Phoebe: No, no, no, no, no... It's not... it's not... it’s not as bad as it looks. I was just saying goodbye to an old friend.
 いえいえいえ、違うの。そういうことじゃないのよ。見た感じほどひどいことじゃないのよ。私ただ、古い友達にお別れを言っていたの。

Mike: Your lipstick's on his mouth.
 君の口紅が彼の口にちてるけど。

David: Oh, uh... we just uh... happen to wear the same shade.
 ああ、ただ・・僕らは、たまたま同じ色をつけてただけで・・。

Phoebe: No, um... David and I did use to go out. But years ago, and he lives in Minsk. He's only... he's only in town for a couple of days.
 いえ・・デヴィッドと私は以前つきあってたの。でもずっと前のことで、彼は今はミンスクに住んでるの。彼は・・2日くらいこっちに来てるだけなの。

Mike: Did you um...
 君たち・・その・・

Phoebe: No, no.
 いえ、いいえ。

Mike: ...kiss him?
 キスした?

Phoebe: Oh, well, yeah.
 ああ、ええ、うん。

David: Yes, but um... You should know... she really likes you. In fact I don't think you realize just how lucky you are, fella.
 ああ、でも、言っておくけど、彼女は本当に君を好きなんだ。実際君はどんなに自分がラッキーか、わかってないよ。(マイクを指差す)

Mike: Don't point your finger at me.
 僕に指を向けるな。

David: Why? Wh-What are you gonna do about it?
 どうして? 向けたらどうするっていうんだ?

Mike: Well... I'll... just show you what I'm gonna do about it...
 そうだな、僕は・・これからどうするか見せてやる・・(指を剣のようにして戦う(?)2人)

Phoebe: Stop it! Stop it! Before someone gets really hurt! . . Here, David, you should just go.
 やめて! やめて! ケガしちゃう前にやめて! (上着を渡し)はい、デヴィッド、あなたはもう帰って。

David: All right... But if I ever do come back from Minsk... well, you just better watch out.
 わかったよ。・・でも、僕がミンスクから帰ってきたら・・(マイクを指差し)気をつけた方がいいぞ。

Mike: Well, if I ever go to Minsk, you'd better watch out.
 もし僕がミンスクへ行く事があったら、君こそ気をつけろ。

David: Oh, you're going to Minsk?
 ああ、ミンスクに行くつもり?

Mike: Well, I might.
 かもしれないぞ。

David: Really? Well, if you do, come in the spring. It's just lovely there.
 本当に? だったら、春にするといいよ。すごくきれいだから。

Phoebe: Okay, well, guys?
 ねぇ、あなた達?

David: Right... Goodbye, Phoebe.
 わかったよ・・さようなら、フィービー。

Phoebe: Bye.
 バーイ。

(デヴィッドがキスしようと近寄る)
Mike: Hey, what, are you kidding me?
 おい、冗談じゃないぞ。

David: Right-o, right-o... Take good care of her.
 わかった、わかったよ。(マイクに)彼女をよろしく。(出て行く)

Phoebe: I'm sorry, I'm so sorry. If you... If you want your key back, I totally understand.
 ごめんなさい。本当にごめんなさい。鍵を返して欲しいって言われてもわかるわ。

Mike: It's never gonna happen again, right?
 もう二度とないよね?

Phoebe: Right! Never! Never! I swear!
 ないわ!絶対、絶対よ!誓うわ!(キス)

(デヴィッドが戻ってくる)
David: I-I... Oh, I...I just wanna say uhm... if you do ever come to Minsk, that's my number. . . We'll um... we'll party up Vladnik style.
 僕・・あ、ちょっとだけ言いたくて・・もしミンスクにくるなら、これが僕の番号だから・・(名刺を渡す)ヴラドニクスタイルで大騒ぎしよう。

《ロスの部屋から聞こえる縦笛の音。ロスが入るとジョーイも吹いている》

Joey: Yeah! All right! Hey, hey, Ross. Check it out! Sandy taught me “Hot Cross Buns”!
 いいね!よし! やあ、ロス。これ聞いて! サンディが「ホット・クロス・バンズ」を教えてくれたんだ!



Ross: Really? Sounded like “Three Blind Mice.”
 あ、そう? 「スリー・ブラインド・マイス」みたいだったけどね。



Joey: No. “Three Blind Mice” goes like this...
 違うよ。「スリー・ブラインド・マイス」はこうだよ(吹こうとする)

Ross: I swear to God!
 (睨んで指をさし)神に誓うぞ!

Sandy: Who's up for puppets?
 パペット見たい人!

Joey: Me! I'm up for puppets!
 見る! パペット見たい!

Sandy: Well, please welcome... The Snufflebumps! Who wants to be Mr. Wigglemunch and who's gonna be the Grumpus?
 それじゃ、見て、スナッフルバンプス(クンクンドタン)だよ! 誰がミスター・ウィグルマンチ(クネクネモグモグ)になって、誰がグランパス(不機嫌ちゃん)になる?

Ross: Okay, okay. How exactly is a two month old supposed to appreciate puppets?
 ちょっと、ちょっと。2ヶ月の子が、パペットをどれだけわかるっていうの?

Sandy: Actually studies have shown that the movement and colors help their cerebral development. The whimsical characters are just for us.
 実際、研究の結果、この動きや色が脳の発達にいいとわかっているんですよ。このおもしろいキャラクターは僕らのため。(ジョーイ達にウィンク)

Joey: I wanna be Mr. Wigglemunch.
 俺はミスター・ウィグルマンチをやる。

Ross: Oh, my God!
 オーマイゴッド!

Sandy: Well, I guess we know who's gonna be the Grumpus.
 それじゃ、誰がグランパスか、わかるよね。(ロスはキッチンへ立ち去る)

《キッチン・ロスと、追いかけてきたレイチェル》

Rachel: That was kind of rude.
 あれはちょっと失礼よ。

Ross: Oh, I'm sorry. Please apologize to Sandy and the Snufflebumps for me.
 ああ、ごめんね。サンディとスナッフルバンプスに謝っておいて。

Rachel: You know, he was just doing his job.
 ねぇ、彼はただ仕事をしてるだけよ。

Ross: Well, you know what, I-I'm sorry I'm the only one who isn't in love with Gary Poppins out there. But I just, I can’t, I can't go through with this.
 いや、残念ながら、あのゲイリー・ポピンズを気に入らないのは僕だけじゃないみたいだね。でも、とにかく無理、これは僕には無理なんだよ。

Rachel: Oh, come on, Ross...
 そんな、ロス。。

Ross: No! Hey, you know what? I'm sorry. I would never force you to hire someone you were this uncomfortable with.
 いや! ねぇ、ごめんよ。でも、僕は君がこれほどイヤだと思う人を、絶対雇ったりしないよ。

Rachel: Oh, that's true.
 ああ、それはその通りね。

Ross: Thank you!
 ありがとう!

Rachel: Well, you're the one who wants to fire him, so you're gonna have to do it.
 でも、あなたがクビにしたいっていうんだから、あなたが彼に言ってよね。

《リビングのジョーイとサンディ》

Sandy: So you see, Wigglemunch, that's why it's important to share.
 わかるね、ウィグルマンチ、だから分かち合うってことは大切なんだよ。

Joey: I am learning so much from you.
 (感動して)君からはいっぱい学べるよ。

《モニカ達の部屋:チャンドラーがスーツケースを持って寝室からくる》

Chandler: Well, I'm off to Tulsa, so if your Maitre d’ friend has any funny Oklahoma jokes, tell him to e-mail me at www.ha-ha-not-so-much dot com.
 じゃ、タルサへ行くよ。君の給仕長がおもしろいオクラホマジョークを思いついたら、www.ハハ、それほどでも・ドット・コムへメールしてって言っといて。

Monica: Honey, you can relax. Last night at work, Jeffrey told this really sexist joke. After that, not so funny anymore.
 ねぇ、もういいのよ。昨日の夜、ジェフリーは性差別なジョークを言ったの。それ以来、そんなにおもしろくないわ。

Chandler: Really? See, that's the thing. You gotta keep it smart, people!
 ほんと? ほらな、そこなんだよ。賢くやらなきゃね、みんな!

Monica: Okay, don't miss that flight. You know I love you.
 それじゃ、飛行機乗り遅れちゃうといけないわ。愛してるわよ。

Chandler: I love you too. . . And I like you as a friend.
 俺も愛してる。(ジョーイに)それから、友達として好きだ。

Joey: Right. See you later!
 ああ。じゃあな!

Chandler: See ya!
 じゃあな! (出て行く)

Joey: Did that guy really make that joke?
 (モニカに)そいつ、本当にそんなジョーク言ったのか?

Monica: Nah, he still kills me. Last night he had me laughing so hard, I swear a little pee came out.
 ううん、今もすごく笑わせられてるわ。昨日の夜なんて、笑いすぎて、ほんと、ちょっとオシッコでてきちゃった。

《ロスの部屋:サンディが編み物をしている》

Ross: Here goes.
 さぁ、行くぞ。

Rachel: I can't watch. It's like firing Elmo.
 見てられないわ。まるでエルモをクビにするみたい。

Ross: Sandy. Hi, we uh… we kinda need to talk. I'm afraid it's not working out.
 サンディ、やぁ。ちょっと話したいんだ。残念だけど、君にいてもらえない。

Sandy: Oh.
 あぁ・・。

Ross: Yeah, um... I mean, Rachel and I think you are great with Emma. We just feel...
 ええ。レイチェルも僕も、君はエマにすごくよくしてると思ってる。僕ら思うんだけど・・

Rachel: You! You feel!
 (奥から声だけ)あなたよ! あなたが思ってるの。

Ross: I just feel that the... the chemistry isn't right. I'm sorry. We're... we're more than happy to give you good recommendation…
 僕はちょっと・・相性がよくないと思うんだ。悪いね。僕ら・・喜んで推薦状を書くから・・。

Sandy: Oh, no, no, no... That's okay. I got a lot of offers from other families. I just picked you guys because... I liked you the best.
 いえいえ、いんです。他のご家族からも、たくさん仕事がありますから。僕がこちらを選んだんです。あなた達が一番好きだったので。

Rachel: Oh, damn you, Geller!
 (奥から)もう、バカ、ゲラー!

Ross: Anyway, uh. . Well, I'm glad there's no hard feelings.
 とにかく・・イヤな終り方にならなくてよかったよ。

Sandy: No, none at all. You need to be happy with whoever is in your home. Although if you don't mind telling me, what was your problem? Maybe it's something I can work on in the future.
 いえ、全くそんなことはないですよ。家に一緒にいる人とは楽しくやれないと。でも、もしよければ、何がいけなかったのか教えてもらえますか? これから僕が気をつけられるかもしれないから。

Ross: No, you know, it's uh... nothing you did, it's... it's uh… my issue.
 いや、これは、君が何かしたってわけじゃないんだ。僕の問題なんだよ。

Sandy: What is it? . . Please?
 何なんです?(言わないロス)お願い(クビをかしげる)

Ross: You know, I'm just not um... that comfortable with a guy who's as sensitive as you.
  そうだな・・僕はただ・・君みたいに繊細な人を見ていて落ち着かないんだよ。

Sandy: That's fair. Although, can I ask why do you think that is?
 そういうことなんですね。でも、どうしてそうなのか、聞いてもいいですか?

Ross: Why... I... I don't know. . Um... maybe... maybe because of my father?
 どうしてって・・・どうしてかな。そうだな・・父の影響かな?

Sandy: hmm...
 うーん。

Ross: I mean, um... you know, when I was growing up he was kind of a tough guy. You know, and as a kid I wasn't the athlete I am now.
 子供の頃、父はタフガイって感じでね。子供の頃は僕は今みたいなスポーツマンじゃなかったから。

Rachel: Huh ha ha!
 (奥から)ハハハッ!

Ross: I play squash! Anyway, um... I always get the feeling he thought I was too sensitive.
 (奥へ叫ぶ)スカッシュするよ! とにかく・・いつも、僕は繊細すぎるって感じてたんだ。

Sandy: That must have been hard.
 それはつらかったでしょうね。

Ross: It was hard. I remember I was in my bedroom, playing with my dinosaurs. Playing and learning. And my father walks in and says… he says, “What are you doing with those things? What's wrong with you? Why aren't you… why aren't you outside playing like a... like a real boy?”
 つらかったよ。自分の部屋で、恐竜で遊んでたんだ。遊びながら学んでたんだ。すると父が入ってきて、いうんだ、「そんなもので何をしているんだ? おまえはどうしてそうなんだ? なんで、なんで外で遊ばないんだ、本当の男の子みたいに」って。

Sandy: But you are a real boy!
 でも君は本当の男の子だ!

Ross: I know I am! ...And when it's summer, and it's hot, why can't you wear a tank top?
 そうなんだよ!(泣き出す)それに、夏、すごく暑いとき、なんでタンクトップを着ちゃいけない?!

Sandy: It's all right! Crying is good. It lets the boo-hoos out.
 いいんだよ! 泣くっていいことなんだよ。そうやって気持ちを吐き出すんだ。

Ross: Here come some more!
 ほら、もっと出てきた!(泣く)

《ジョーイの部屋:パペットごっこをするジョーイとサンディ》

Sandy/Grumpus: And what's the one kind of boat that can never ever sink?
 絶対、絶対沈まないボートは何だ?

Joey/Wigglemunch: What kind?
 なに?

Sandy/Grumpus: A friend-ship.
 フレンドシップ。

Joey: Wow! You blow my mind!
 ワオ! 君には驚かされるな!

Sandy: Oh, I gotta go.
 あぁ、もう行かなきゃ。

Joey: Aaahh... How much do I owe you?
 ああ・・。いくらになる?

Sandy: Twenty bucks.
 20ドルだよ。

Joey: It's like the cheapest college ever.
 一番安い大学だな。





にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 02:43| Comment(0) | Season 9 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。