2013年11月27日

9-5 The One With Phoebe's Birthday Dinner

9-5 フィービーのバースデー・ディナー

 ☆フィービーのハロウィンな誕生日☆

《セントラルパーク:フィービーが来る》

Phoebe: Oh, hey, you guys, I couldn't get a reservation for the night of my birthday, so we have to do dinner Thursday night instead.
 ねぇ、みんな、私の誕生日の夜の予約がとれなかったの。だから、木曜日の夜にディナーよ。

Joey: Thursday? But that's Halloween.
 木曜日? だけどそれハロウィンじゃん。

Phoebe: So?
 だから?

Joey: It's just so spooky, that's all.
 気味悪いじゃん。それだけ。

Ross: So, is Mike coming to dinner?
 マイクも来るの?

Phoebe: No! It's my first birthday with a boyfriend, and he has to work. I’d get mad at him, but I think it's a little too soon to show my true colors.
 こないの。初めてのボーイフレンドがいる誕生日なのに、彼は仕事だっていうの。怒ってやりたいところだけど、まだ本性表すのは早いわよね。

Rachel: Pheebs, I would make a reservation for five, because one of us has to stay home and watch Emma. . Which one of us should go to dinner?
 フィーブス、予約は5人にして。私達のうちどっちか、残ってエマを見てないといけないの。(ロスに)どっちがディナーに行く?

Phoebe: Oh, Rachel!
 レイチェルよ!

Ross: Actually, I was thinking maybe both of us could go.
 実はね、2人とも行けると思うんだよ。

Phoebe: Oh, yay!
 わぁ、イエーイ!

Ross: Thanks, I’ll put a lot of extra thoughts on your gift.
 ありがとう。君へのプレゼントに今の気持ちを注ぎ込むよ。

Phoebe: Alright, great, so we can all go now. That is fun. Hey, you know what? We all haven't been together the six of us in such a long time.
 よかったわ、それじゃみんな行けるのね。楽しみだわ。ねぇ、6人揃うなんてすごく久しぶりよね。

Monica: What are you talking about? We're all together right now.
 何を言ってるのよ? 今もみんな一緒にいるじゃない。

Rachel: Um, Mon, Chandler's not here.
 あー、モン、チャンドラーがいないわよ。

Monica: Oh, dear God!
 あらどうしよう!

《タルサ。会議中》

Chandler: Hello, everyone. It’s nice to see our team together for the first time. Now, before we get started, are there any questions? . . Yes, Ken, is it?
 やぁ、みんな。初めてチーム全員に集まってもらえたね。始める前に、何か質問はある?(1人手を挙げる)はい、ケンだったね?

Ken: That's right. Is it true, that the reason you are here in Tulsa, is that you fell asleep in a meeting and took the job without realizing what you were saying yes to?
 そうです。あなたがタルサに来られた理由っていうのが、会議中に眠ってしまって、何の話か知らないまま了解したっていうのは本当ですか?

Chandler: Well, don't believe everything you hear, Ken. But yeah, that's true. Alright, let's get started, by take a look at last quarter's figures. . Ah, Claudia, aren't you supposed to blow smoke up the bosses' ass?
 聞いたこと全部鵜呑みにしちゃいけないよ、ケン。でも、それは本当の話だ。さて、始めようか。前期の数字を見てみよう。(隣の女性がタバコを吸い始める)あ、クラウディア、君って、上司のご機嫌取りするとこじゃないの?

Claudia: I'm sorry. Does the smoke bother you?
 ごめんなさい、煙が気になります?

Chandler: No, no, no-no-no. I smoked for years, then I quit. Right now, I can't remember why. You're not allowed to smoke in this office, right?
 いやいやいや、俺もずっと喫煙者だったんだけど、やめたんだ。今は、なんでやめたのかわからないよ。(全員に向かって)オフィスでは禁煙じゃないか?

Claudia: Yes, in Oklahoma it's legal to smoke in offices with fifteen people or less. Would you like one?
 ええ、オクラホマでは、15人以下のオフィスではタバコを吸ってもいいんです。(タバコを差し出し)吸いますか?

Chandler: Alright, look. I don't smoke anymore. But if the rest of you want to light up, go ahead, it's fine. . So you all smoke then? That's almost rude, that I'm not smoking.
 いいよ、僕はもう吸わないけど、みんな吸いたかったら吸っていいよ、どうぞ。いいんだ。全員タバコに火をつける)それじゃ全員吸うんだ? それじゃ、吸わない方が失礼ってくらいだな。

Ken: That's not true. If you don't wanna smoke ...
 そんなことないですよ。吸いたくないのであれば・・

Chandler: Ken, please! No, I can't, I can't smoke. If I smoke, my wife would kill me.
 ケン、頼むよ! ・・いや、ダメだ。吸えない。吸ったら妻に殺されるよ。

Ken: I'm sorry, but isn't your wife back in New York?
 すみませんが、奥さんはニューヨークなんですよね?

Chandler: I always liked you, Ken.
 君大好きだよ、ケン。

《モニカ達の部屋:ノックの音》

Phoebe: Trick or treat!
 いい物くれなきゃいたずらするぞ!

Monica: Hey!
 (ドアをあけて)ハーイ!

Phoebe: Ooh, and treat it is. . . Wow, so glad I changed. I almost wore my threadbare robe that can't contain my breasts.
 あら、(モニカの胸を見て)それはいい物ね。ワオ。私着替えてよかった。私、よれよれで胸が収まりきらないローブを着てくるとこだったわ。

Monica: This is not what I'm wearing. I'm ovulating and Chandler's gonna be home any minute, so I thought we would try before dinner.
 これを来て行くつもりじゃないのよ。私排卵日だから、チャンドラーが来たら、ディナーの前にトライしようと思ってるの。

Phoebe: Ohh. Oh, wait, does that…? You guys won't be late for my dinner, will you?
 ああ、でも待って、ねぇ? あなた達、ディナーに遅れるんじゃないの?

Monica: Believe me, Chandler and I have not seen each other in over a week. We'll probably be the first ones there.
 大丈夫。チャンドラーと私、一週間以上会ってないんだもの。きっと一番乗りよ。

Phoebe: Okay, see you there. Happy humping! . . . Hey...hey! Oh, wow, somebody smoked out here? Oh, my god, don't people know, you're not allowed to smoke in public spaces?
 わかったわ。じゃあ後でね。頑張ってエッチしてね! (廊下に出てチャンドラーに出会う)あら、ハーイ。あら?誰かここでタバコ吸った? なんてことなの。公共の場でタバコ吸っちゃいけないって知らないのかしら?

Chandler: Actually, in Oklahoma smoking is legal in all commune areas and offices with fewer than fifteen people.
 実は、オクラホマでは15人以下の場所ではタバコを吸っても違反じゃないんだ。

Phoebe: You smoked!
 あなたタバコ吸ったわね!

Chandler: No! I just happened to know a lot trivia about smoking in different states. For example, in Hawaii cigarettes are called lei-lana-lukus.
 いいや! たまたまいろんな州のタバコに関するトリビアを知ってるだけだよ。例えば、ハワイではタバコのことをレイラナルクっていうんだ。

Phoebe: Chandler, you stink of cigarettes.
 チャンドラー、あなたタバコ臭いわ。

Chandler: Do you think Monica is gonna be able smell it?
 モニカも気がつくと思う?

Phoebe: Are you kidding? The woman has the nose of a bloodhound. ... And the breasts of a Greek goddess.
 ふざけないでしょ。あの人の鼻はブラッドハウンド並みよ。そして胸はギリシャの女神ね・・(ボーッとする)

Chandler: Pheebs?
 フィーブス?

Phoebe: I'm gonna go.
 行かなくちゃ。(立ち去る)

Chandler: Okay, something to cover the smell ... Oven cleaner! . . . Unscented!
 (部屋に入り)よし・・何か匂いを消すもの・・(探して)オーブン・クリーナー!(自分にかけてからラベルを読む)無香料!

Monica: Welcome home. I've missed you. You wanna join me in the bedroom?
 おかえり。寂しかったわ。一緒にベッドに来る?

Chandler: No thanks, I'm good.
 いや、結構だよ。僕はいい。

Monica: Okay, so you wanna play it that way, do you?
 そう、そういうプレイがしたいのね?

Chandler: Right. You know what? Actually I just get off the plane, so I'm feeling kinda gross. Maybe I should just take a shower.
 えーと、実は飛行機から降りたばかりで、なんか汚れてる気がするんだ。シャワーを浴びた方がいいと思うよ。

Monica: You don't need a shower.
 シャワーなんていらないわよ。

Chandler: Alright, the truth is, I soiled myself during some turbulences.
 よし、実は、乱気流でもらしちゃったんだよ。

Monica: What do I smell? I smell smoke. Huh--did you smoke?
 何の匂い? タバコの匂いがする。ハッ・・あなたタバコ吸ったわね?

Chandler: Yes, but I just had one. Two. Two tiny cigarettes. Okay, five. A pack. Two pack...a...a carton. Three big fat cartons in two days. But it's over, I made a decision, I'm not gonna smoke anymore. . .Well, those are for you.
 うん。でも、1本だけだよ。2本。ちっちゃな2本。わかったよ、5本。1箱。2箱かな。1・・1カートンか。2日間でたっぷり2カートンだよ。でももう終わりだ。決心した。もうタバコは吸わない。(モニカがジャケットからタバコを見つける)あー、それは君に。

《ロスの部屋:ロス電話中、レイチェルが来る》

Ross: All right, we'll just see you when you get here. Bye. . .Huh, that was my mom, she's stuck in terrible traffic.
 わかったよ。じゃあまたその時に。バーイ。(電話を切り、レイチェルに)今のはかあさんだよ。渋滞にひっかかってるって。

Rachel: Okay, well, that's now the third sign that I should not leave Emma.
 もうだめ。それで、エマを置いていっちゃいけないっていう3つめのサインよ。

Ross: Oh, what were the other two?
 え、他の2つは何?

Rachel: Well, let's see. The first one is: I don't want to. And second one, I'm not going.
 そうね、最初のは、私が行きたくないってこと。2つめは、私行かないってこと。

Ross: I know, it's the first time, we're leaving the baby and ... hey, I know how hard it is for you, but ... but Emma is gonna be fine. My mom is gonna be with her. She's great with kids.
 エマを置いていくのは初めてだってことはわかってるけどね・・でも、それがどんなにつらいかわかるけど、エマは大丈夫だよ。僕のかあさんが見てくれるんだ。彼女は子供の扱いがうまいんだから。

Rachel: She is?
 そうかしら?

Ross: Yeah.
 ああ。

Rachel: What about Monica.
 モニカはどうなの。

Ross: Hey, you only hear Monica's side of that. That little fatso was a terror.
 君はモニカの話しか聞いてないだろ。あのおデブちゃんは恐ろしかったんだぞ。

Rachel: I just don't think I can do it.
 私にはできそうにないわ。

Ross: Rachel, I know that you can. And you should. Really, it would be good for you. In fact, why don't you, why don't you go ahead to the restaurant and I will wait for my mom and then I'll meet you there.
 レイチェル、できるって。それにそうするべきだよ。君のためにいいんだから。いや、君、君は先にレストランへ行ったら言いよ。僕はかあさんを待って、後で行くから。

Rachel: Oh.
 うーん。

Ross: No, no, really. You should go. Just go! Go! Go out! Really, the world is your oyster. Kick up the heels. Paint the town red.
 いやいや、ほんと。行くべきだって。行くんだ!行って行って! 本当に、世界なんて君次第なんだよ。自由に楽しんでいいんだ。ばか騒ぎをしたらいいんだよ。

(The world is your oyster = 世界はアコヤガイ、剣でこじあけ中身を得ることができる… 出典はシェイクスピア “The Merry Wives of Windsor”)
(Kick up the heels = (仕事などの後で)楽しむ)
(Paint the town red = どんちゃん騒ぎをする)

Rachel: You need to learn some new slang.
 あなた何か新しいスラング知った方がいいわよ。

Ross: I'm serious. Come on, you should go. Here. . . No, uh-uh, just go.
 真剣なんだよ。ねぇ、行くべきだって。ほら。(廊下へ出る)いやいや、行くんだ。

Rachel: Oh!
 あっ!(中を指差す)

Ross: No! No, you know what? . . . You’re not getting back in there! The baby’s fine. Now, scram! Yeah, tell your story walking!
 いやいや、ダメ(ドアを閉める)もう戻っちゃだめ! 赤ちゃんは大丈夫だから。さぁ、行って! もうさっさと行っちゃって!

Rachel: I was just going to say that I left my keys.
 私、鍵を持ってないって言おうとしたのよ。

Ross: Oh. . holy moly are we in a pickle now.
 あっ。こりゃ驚いちゃったね。困っちゃったね。

《レストラン:フィービーとジョーイのみ》

Phoebe: Where is everyone? They're forty minutes late.
 みんなどうしちゃったの? みんな40分遅刻よ。

Joey: I know.
 だよな。

Phoebe: I'm starving. I knew we were coming here tonight, I ate nothing all day.
 おなかペコペコよ。ここへ来るってことがわかってたら、今日一日何も食べてないのよ。

Joey: What about me, huh? I only had one lunch today.
 俺はどうなんだよ? 今日は昼一食しか食べてないんだぞ。

Waiter: So, are we expecting the rest of our party shortly?
 もうすぐパーティの皆様は揃われるのでしょうか?

Phoebe: Yes, they are expected presently. Yeah, yeah um, their arrival is in the offing.
 ええ、もうすぐ来るはずです。ええ、みんなすぐ到着するわよ。

Waiter: Right. We do have a table for two available, perhaps you would be more comfortable.
 そうですか。こちらにお二人用にテーブルがございますので、そちらの方がお寛ぎいただけるかと思いますが。

Joey: No, they're coming. We're waiting right here.
 いいえ、みんな来るから。ここで待つわよ。

Phoebe: Joseph! One needn't worry, they shan't be long.
 ジョセフ! (ウェイターに)心配することなくってよ。すぐ来られましてよ。

Waiter: It's just that we do have some large parties waiting.
 大勢様のパーティが控えておりまして。

Phoebe: Oh, one really does have a stick up one's ass. Doesn't one?
 まぁ、本当に頑固におっしゃいますことね?(ウェイター立ち去る)

《モニカ達の部屋》

Monica: How can you smoke in this day of age? Have you not seen that ad? Where the little kid walks through grandpa? It’s chilling.
 いまどき、どうしたらタバコなんて吸えるのよ? あの広告見てないの? 子供がおじいちゃんを通り過ぎるやつ? あれ怖いわよ。

Chandler: I messed up, it was a meeting, everybody was smoking.
 つい、つられちゃったんだよ。会議でみんなが吸ったからさ。

Monica: So what? Don't you have any will power?
 それが何よ? あなた、意志の力ってものはないの?

Chandler: Will power? I've watch home movies of you eating Ding Dongs without taking the tinfoil off.
 意志の力? 俺は、ホームビデオで、君がディンドンをホイルも剥がさず食べてるのを見たことがあるんだぞ。

dingdongs.jpg
(Ding Dongs)

Monica: You said that was sexy!
 あれセクシーって言ってたじゃないの!

Chandler: Okay, look. Can we just drop this? I'm not gonna smoke again.
 なぁ、とにかくもうやめないか? もう吸わないからさ。

Monica: That's right, because I forbid you to smoke again.
 その通りよ。もうタバコは絶対禁止よ。

Chandler: You forbid me?
 俺に禁止するって言うのか?

Monica: Huh uh.
 そうよ。

Chandler: You know, I flew a long way t see my loving wife? Is she here, by the way?
 なぁ、はるばる愛する妻に会いに飛んできたんだぞ。彼女はどこだ?

Monica: Chandler, don't joke with me, okay? I'm very, very upset right now.
 チャンドラー、ふざけないで。私は、本当に本当に怒ってるのよ。

Chandler: Oh, would you say this was the most upset you could be?
 へぇ、それが一番怒ってるっていう感じ?

Monica: I think so.
 そうよ。

Chandler: Then, I might as well ... do this. Not really sure what to do now.
 それじゃ、こうしようかな・・(タバコを吸う)この後どうしたらいいかわからないけど。

Monica: Well, I'll tell you what we're gonna do. We are already late for Phoebe's birthday dinner. So you’re going to put out that cigarette, we're gonna put this fight on hold, and go have sex.
 これからどうするか言ってあげる。もうフィービーのバースデー・パーティに遅れてちゃってるのよ。だから、すぐそのタバコを消して、ケンカは保留にしてセックスするのよ。

Chandler: Fine. What!?
 わかったよ。なに?

Monica: Sex! This is the last day I'm ovulating. If we don't do it now, we'll have to wait till next month!
 セックスよ! 今日が排卵の最終日なのよ。今しなかったら、来月まで待つしかないんだから!

Chandler: You serious?
 マジで?

Monica: Oh, yeah!
 ええ、そうよ!

Chandler: All right, fine, I'll do it, but no talking.
 いいさ、わかったよ。やってやる。でも口はきかない。

Monica: Huh, and no cuddling.
 ハッ! それにいちゃつくのもなしよ。

Chandler: And no kissing your neck.
 首筋へのキスもなしだ。

Monica: Oh, good, I hate it when you do that.
 あら、うれしい。私あれ大嫌いよ。

Chandler: And lots of kissing your neck!
 首筋にいーっぱいキスしてやる!

《ロスの部屋の前》

Ross: Okay, well, the super’s not home.
 ダメだ、管理人さんが留守だよ。

Rachel: No.
 ああ。

Ross: Oh-oh, wait, my mother is gonna be here any minute. And she has the keys.
 待って、母がもうすぐくるんだから。鍵を持ってるし。

Rachel: I can't, I can't wait that long. You have to do something. Knock that door down!
 待てないわ、そんなに待てないわよ。なんとかしてよ。体当たりでドア開けてよ!

Ross: I would, but I bruise like a peach. Besides, you know, everything is gonna be fine. The baby's sleeping.
 そうしたいけど、僕、桃みたいにアザができやすいんだ。それに、大丈夫だって。エマは眠ってるし。

Rachel: What if she jumped out the basinet?
 もしゆりかごから飛び出したらどうするのよ?

Ross: Can't hold her own head up, but yeah, jumped.
 まだ首も座ってないのに、ジャンプできるんだ。

Rachel: Oh, my God, I left the water running.
 ああ、大変、私お水を出しっ放しだわ。

Ross: Rach, you did not leave the water running. Please, just pull yourself together, okay?
 レイチ、水なんて出しっ放しにしてないよ。頼むから、落ち着いて、ね?

Rachel: Ah, did I leave the stove on?
 レンジの火をつけっ放しにしてなかったかしら?

Ross: You haven’t cooked since 1996.
 君、1996年以来料理してないだろ。

Rachel: Is the window open? Because if there's a window open, a bird could fly in there.
 窓が開けっ放しじゃない? 窓が開いてたら、鳥が飛び込んでくるかもしれないわ。

Ross: Oh, my God, you know what, yeah, I think you're right. I think .. listen, listen!
 オーマイゴッド! そうだね、君の言う通りだ。ほら、聞いて、聞いて!

Rachel: What? What?
 なに、なに?

Ross: A pigeon, a pigeon. No, no, wait, no-no, an eagle flew in. Landed on the stove and caught fire. The baby, seeing this, jumps across the apartment to the mighty bird's aid. The eagle, however, misconstrues as an act of aggression and grabs the baby on its talon. Meanwhile the faucet fills the apartment with water. Baby and bird, still ablaze, are locked in a death grip, swirling around the whirl pool, that fills the apartment.
 鳩だ、鳩だよ。いや、いや、待てよ。鷲が飛び込んできた。レンジに乗って火がついたよ。それを見た赤ちゃんが、部屋をジャンプで横切って鳥を助けに行った。でも、攻撃だと勘違いした鷲は、カギ爪で赤ちゃんを掴んだぞ。その間にも出しっ放しの水で部屋はいっぱいだ。赤ちゃんと燃えさかる鷲は死のつかみのまま、部屋を満たす渦の中に泣き込まれていく。

Rachel: Boy, are you gonna be sorry if that's true.
 ああ、それがもし本当だったら、あなた後悔するわよ。

《レストランのフィービーとジョーイ》

Waiter: Hello.
 こんにちは。

Phoebe & Joey: Hi.
 ハーイ。

Waiter: It's been an hour. The maitre d’ asked if you’d reconsider switching to a smaller table.
 もう1時間になります。給仕長が、小さいテーブルに移動することをもう一度考えていただけないかと申しております。

Joey: Maybe we should just eat now.
 もう食べたらどうかな。

Waiter: You can't order until your entire party has arrived. Restaurant policy.
 パーティのみなさまが揃うまでご注文いただけません。レストランのポリシーでございます。

Joey: Well, how about this? Another table leaves, right? But there's still some food left on their plates, okay? What's the restaurant's policy about people eating that?
 じゃあこれはどう? ほかのテーブルが開くだろ? そこにまだ食べ物が残ってたりするよな? それを食べるってのはレストランのポリシーとしてどう?

Waiter: It’s frowned upon.
 賛成しかねます。

Joey: But it happens? . . I got to go to the bathroom.
 でもあることなんだよな?(ウェイターは立ち去る)バスルーム行ってくる。

Phoebe: No, you can't go. No-no-no, I can't hold this table on my own. If they ask me to move, I cave.
 ダメよ。行っちゃダメ。ダメダメ。私1人じゃこのテーブル守れないわ。移動するように言われたら負けちゃう。

Joey: If you ask me to stay, I'll pee.
 ここに残れっていうなら、ここでオシッコするぞ。(立ち去る)

Maitre D': Good evening, Miss. . Miss?. . Miss? Miss!
 こんばんは、お客様。(顔を背ける)お客様?(背ける)お客様? お客様!

Phoebe: Okay, fine, I'll move. Alright, you don't have to manhandle me. .Where? . . Okay. Thank you. Wow.
 わかったわよ、行くわよ。いいわよ、無理矢理移動させなくなって。どこ? (移動する)わかったわ。ありがとう。ああ。

Joey: Finally you guys made it. . .Pheebs, who the hell--uhuhh!
 (バスルームから元の席へ戻り)ようやくみんな来たな。(見回して知らない人達と気づき隣の人に)フィーブス、いったい誰・・うわっ!

《モニカ達の寝室:服を脱いでいるチャンドラー》

Monica: Spend more time with the tie. That'll make a baby.
 いつまでもネクタイに時間をかけて。それで赤ちゃんできるわね。

Chandler: Look, I can't do this. I can't make love to you while we're fighting this way.
 いいかい、俺はできないよ。こんなふうにケンカしながら愛を交わせないよ。

Monica: Oh sure, now you're Mister Sensitivity. But when you wanted to have sex right after my uncle's funeral.
 あらまぁ、急に感じやすい人になったのね。私の叔父のお葬式の直後にセックスしたがったくせに。

Chandler: That was a celebration of life. Alright, look, I'm not gonna do this. Alright, is this really the way you want a baby to be conceived?
 あれは命への祝福だ! いいか、こんなことしないぞ。なぁ、本当にこんなふうに子供を作っていいのか?

Monica: No, you're right. No, we shouldn't do it like this. Huh. For what it's worth, I'm, I'm sorry. I shouldn't have come down on you so hard about the smoking. So you had a few cigarettes, not the end of the world.
 そうね。その通りだわ。こんなふうにするべきじゃないわ。ああ。今更言ってもどうかわからないけど、ごめんなさい。タバコのことであんなに言うべきじゃなかったわ。タバコ吸ったぐらいで、世界の終わりじゃないわよね。

Chandler: Really?
 本当に?

Monica: Yeah.
 ええ。

Chandler: You are incredible. And listen, I'm not gonna smoke again. And if I do, I promise, I will hide it so much better from you.
 君は素晴らしいな。聞いて、もう二度とタバコ吸わないよ。もし吸ったら、約束するよ、もっと上手に君に隠すよ。

Monica: …Do you want to?
 ・・したくなった?

Chandler: Yeah, let's celebrate life!
 ああ。命を祝福しよう!

Monica: Okay.
 オッケー!

《ゲラー母と一緒に部屋に入るロスとレイチェル》

Rachel: Oh, God. Oh, thank God, you're okay. I'm so sorry we left you. Mom never gonna leave you again. Never ever ever again.
 ああ、よかった、ああ、助かったわ。大丈夫なのね。置いてってごめんね。ママはもう二度とあなたから離れないわ。絶対絶対離れないわ。

Ross: Great. So let's get going?
 よかった。それじゃ行こうか?

Rachel: Oh, no. I mean it. After what just happened, I'm never leaving her again.
 いいえ。私本気よ。こんなことが起きた後で、私絶対この子から離れられない。

Ms. Geller: I understand, separation is hard. One time I was about to leave Ross to go to the beauty parlor and he got so upset, he took off all his clothes, tucked his willy between his legs and cried out, "Mommy, I'm a girl. Take me with you."
 わかるわ。離れるのってつらいものよ。一度なんか、美容院へ行くためにロスを置いて出かけようとしたら、ロスはすごく嫌がって、服を全部脱いじゃって、おちんちんを足の間に挟んで、「マミー、僕は女の子だよ。一緒に連れてって」って叫んだのよ。

Ross: Somehow, over time, it got easier to be apart from you.
 なんか、親離れが簡単になったみたい。

《モニカ達の寝室》

Chandler: Uhh. You are welcome.
 ああ。どういたしまして。

Monica: You know what? Let's not talk.
 ねぇ、口きくのやめましょ。

Chandler: What?
 えっ?

Monica: I am still so mad at you for smoking.
 あなたがタバコ吸ったことまだ怒ってるのよ!

Chandler: But you said you forgave me. It was just a couple of cigarettes--no big deal.
 だけど許すって言ったじゃないか。タバコ2本ぐらい・・たいしたことないじゃないか。

Monica: Oh, blah, blah, blah, blah! I just said that because I was ovulating and you said you wouldn't have sex with me if we were fighting.
 ああ、ぺらぺらぺらぺら〜〜! 排卵してるのに、ケンカしててセックスしないっていうから、ああ言っただけよ。

Chandler: You tricked me to get me into bed?
 ベッドに誘うためにだましたのか?

Monica: That's right, I got mine.
 その通りよ。いただきよ。

Chandler: I feel so used.
 利用された気分。

《レストランのフィービーとジョーイ》

Phoebe: Well, I guess they're not coming. You wanna just order?
 もうきっとみんな来ないのよ。注文する?

Joey: Thank you!! Waiter! All right, this is gonna be fast, so try to keep up. Risotto with the shaved truffels and the roasted rib steak with the golden Chanterelles and a Bordelaise sauce unless that any that stuff I just said means “snails.”
 ありがと!(立ち上がってフィービーにキスする)ウェイター! よし、早く言うからちゃんと聞けよ。トリュフ添えリゾット、ローストリブステーキの杏茸添え赤ワインソース。今言ったものの中にカタツムリは入ってないよな。

Waiter: It does not.
 入ってないです。

Phoebe: Tomato tart and which of the pastas would you recommend?
 トマトタルト、それから、どっちのパスタがお勧め?

Waiter: Oh, well, they're both exquisite…
 そうですね、どちらも絶妙な・・

Phoebe: Both it is, thank you.
 じゃあ両方ね、ありがと。

Joey: Oh, uh, again. Can I make a special request? Can you bring everything as soon as it's ready? Appetizers, entrees, we don't care. We…
 そえから、特別に頼んでいい? でき次第何でも運んできてくれる? 前菜でも、アントレでもなんでもいいから。俺たち・・

(ロスとレイチェルが来る)
Ross & Rachel: Hey, hi, hi!
 ヘイ! ハーイ!

Waiter: I'll just wait to put your order in.
 それでは、ご注文をお待ちします。

Phoebe: You guys are over an hour late. What happened to you two?
 あなた達、1時間以上の遅刻よ。何をしてたの?

Ross: I'm so sorry ...
 本当にごめんよ。

Rachel: We got locked out of the apartment, we ...
 鍵を持たずに部屋から締め出されちゃったのよ。私達・・

Joey: That's a great story--can I eat it?
 それはいい話だな、それ食べていい?

Ross: And then Rachel wasn't sure she could leave the baby.
 レイチェルが赤ちゃんを置いて行けないって言ってね。

Rachel: It wasn't easy, but it's your birthday and I did what I got to do.
 つらいのよ。でもあなたの誕生日だから、私ここに来たの。

Phoebe: And that's Judy over there at the bar with Emma?
 だからバーにエマを連れたジュディが来てるってことね?

Rachel: Oh, honey, this is for the best, this way I'm not distracted, worrying about Emma, how she's doing at home and I'm gonna be completely here with you and, oh, she spit up!
 ええ、これが一番いいのよ。これなら私も、エマが家でどうしてるかなんて心配して気が散ることもないし、こうしてあなたのことに集中していられるから・・あっ、エマが吐いたわ!

Ross: What?
 なに?

Rachel: She spit up. Judy! She spi...Judy! Look alive, Judy! . . Thank you.
 エマが吐いたわよ。ジュディ! あの子が・・ジュディ! しっかりして、ジュディ! (気がつくゲラー母)ありがとう。

Ross: Thanks. Oh.
 ありがと。(メニューを受け取り、見て)おお!

Rachel: Oh, everything looks delicious. What should I have? What should I have?
 わぁ、どれもおいしそうね。何を頼もうかな? 何を頼もうかな?

Joey: Never hit a woman. Never hit a woman.
 (独り言)女性を殴ってはいけない。女性を殴ってはいけない。

Ross: I know what you mean, this menu’s incredible.
 (レイチェルに)ほんとうだね。このメニューすごいな。

Joey: Ross bruises like a peach. He bruises like a peach.
 (独り言)ロスは桃みたいにアザになりやすい。やつは桃ぐらいアザになりやすい。

Ross: Okay, I’ll have the fig salad and the duck.
 よし、僕はイチジクサラダと、アヒル料理で。

Rachel: And I’ll have the soup and the salmon.
 私はスープとサーモンにするわ。

Joey: And remember, whatever comes up first, okay? And Hurry..
 それから、いいね、できたものから早く、ね? 急いでよ・・

(モニカとチャンドラーが来る)
Monica: Happy birthday!
 ハッピーバースデー!

Joey: Son of a bitch!
 このクソったれ!

Phoebe: Where have you been?
 どこ行ってたのよ?

Monica: Well, we had a little fight.
 ちょっと、私達ケンカして。

Chandler: I would never like to get someone into bed.
 俺は絶対にだまして寝たりしない。

Monica: You used to tell girls you were a Kennedy. Thanks. Wow. A little tight, isn’t it? Why didn’t you get a bigger table? . . . You had a big table but they made you move. Shut up, Monica. Oh, well, I suppose that Chandler will have the smoked duck.
 あなた以前女の子にケネディだって言ってたじゃないの。(席につき)ありがとう。ワオ。ちょっと狭いわよね。どうしてもっと大きなテーブルにつかなかったの?・・・大きなテーブルについてたんだけど、移動させられたのよね。黙れ、モニカ。・・そうね、チャンドラーは煙でいぶしたアヒルね。

Chandler: And I suppose that Monica will have the manipulative shrew.
 それじゃモニカは小細工ガミガミ肉で。

Waiter: I’ll give you another minute.
 後ほど来ます。

Joey: What, where you going? He said she wanted the shrew!
 なに、どこへ行くんだ? やつは、ガミガミ肉って言ったじゃないか!

Ross: Rach, come on, Emma is fine. You're turning into an obsessive mother. Okay, you need to stop.
 (レイチェルがエマばかり見ているので)レイチ、ねぇ、エマは大丈夫だって。君、子供にとらわれ過ぎだよ。いいね、やめないと。

Rachel: You guys ever hear the story about when Ross’ mom went to the beauty salon?
 みんな、ロスのおかあさんが美容室に行った時の話聞いたことある?

Chandler: You mean the willy story?
 おちんちんのこと?

Ross: Huh-huh, they already know it.
 ハッハー! みんなもう知ってた!

Phoebe: You guys, we've been waiting for you for a long time, maybe you should order.
 (モニカに)ねぇ、あなた達のこと随分待ってたのよ。もう注文した方がいいわ。

Joey: No, no, it's okay, I already told the waiter what they want.
 (戻ってきて)いやいや、いいよ。何にするか、ウェイターにもう言ってきたから。

Monica: Why would you do that?
 どうしてそんなことするのよ。

Joey: Chandler, control your woman!
 チャンドラー、おまえの女なんとかしろ!

Rachel: Okay, as everybody has ordered, I would like to start the celebration and make a toast ... to Phoebe. She dropped her sock.
 それじゃ、みんな注文したところで、お祝いの乾杯をするわよ。フィービーに! あの子が靴下を落としたわ。

Phoebe: Aw ... what?
 (喜んで)ああ・・は?

Rachel: No, no, Emma dropped her sock.
 いえ、いえ、エマが靴下を落としたのよ。

Monica: Mom's here? I wanted to have lunch with her today, she told me she was out of town.
 かあさんがここにいる? 今日お昼一緒にって誘ったのら、でかけるからって言ったくせに。

Rachel: Ross, she still has not noticed that the baby's sock is on the ground.
 ロス、まだエマの靴下が落ちたのに気づかないわよ。

Phoebe: It’s a good toast.
 いい乾杯だこと。

Rachel: Could you please get her attention?
 (ロスに)ねぇ、おかあさんに言ってくれない?

Ross: W-oa ... Mommy!
 ああ・・・マミー!(意味を理解しないゲラー母)

Phoebe: Oh, for god's sake, Judy, pick up the sock! Pick up the sock! Pick up the sock! . . I’m sorry, was that rude? Di-did my, my li-little outburst blunt the hideousness that is this evening? Look, I know, you all have a lot going on, but all I wanted to do was have dinner with my friends on my birthday. And you are all so late and you didn't even have the courtesy to call. . . Well, it's too late now.
 もう、お願いだからちょっと! ジュディ! 靴下を拾って! 靴下を拾って! 靴下を拾うのよ!!! ・・・あらごめんなさい、失礼だった? 私のちょっとした爆発が、このひどい夜をダメにした? ねぇ、みんないろいろあるのはわかるけど、私はただ、誕生日を友達みんなと食事して過ごしたいだけなのよ。それなのに、みんな遅れてきて、しかも電話さえしてきてくれないなんて。(フィービーの携帯が鳴る)・・今ごろ遅いわよ。

Ross: Well, I don’t think that's us?
 いや、それ僕らからじゃないよ。

Phoebe: Oh, well, this is, this is, this is not over! . . Hello?
 ああ・・でも、この件は、まだ終わりじゃないからね! (電話で)もしもし?

Joey: Well, what is going on with you two?
 (モニカ達に)君ら、何があったんだよ。

Monica: Oh, you see, I'm ovulating.
 ほら、私が排卵なのよ。

Chandler: Oh, yeah, that's what she says. But maybe you're not ovulating at all, maybe it's just a clever ruse to get me into bed.
 そう、彼女はそう言ってるよ。でも本当は排卵なんてしてなくて、ベッドに誘い込むための計略かもしれない。

Monica: Yeah, smokey, that is what it was. I just can't get enough.
 そうよね、スモーキー、そういうことよ。いくらでもほしいのよ。

Chandler: You not gonna believe this. She lied! She tricked me into having sex with her.
 (ジョーイに)信じられないぞ。ウソをついたんだ! 彼女は、だましてセックスしたんだ。

Joey: So? You got to have sex, right?
 それで? おまえセックスしたんだろ?

Chandler: What's the matter with me? Why am I such a girl?
 俺どうなってるんだ? なんで俺、女の子みたいなこと言ってるんだろ?

Phoebe: Okay, that was Mike.
 (電話を終え戻ってくる)今のはマイクだったわ。

Rachel: Phoebe, hi, we're so sorry. You're totally right. We are here one hundred percent and we love you and we are ready to start your birthday celebration.
 フィービー、ねぇ、ごめんね。あなたの言う通りだわ。私達、100%ここに集中するわ。愛してるわよ。お誕生日のお祝いをしましょう。

Phoebe: You guys, that means the world to me. Huh, okay, I'm gonna take off.
 ねぇ、それ本当に嬉しいわ。それじゃ、私、もう行くわね。

Rachel: What?
 え?

Phoebe: Oh, I love you guys too, but Mike got off work early. Wait. Wait, I'm not t--not that kind of girl that just ditches her friends to be with her boyfriend. You know what? I am. Bye, guys! . . Judy! Bye.
 ああ、私もみんな愛してるわ。でも、マイクが仕事早く終ったっていうの。待って。ダメよね、私、ボーイフレンドのために友達を見捨てるような子じゃないわよ。・・でもそうよ。バーイ、みんな! ジュディー!バーイ!

Rachel: Oh, thank god, if Phoebe's gone, can we please take Emma home?
 ああ、助かったわ、フィービーが帰ったんだから、私達もエマと帰りましょう?

Ross: You know, I think that's a good idea. Our babysitter just pounded in another Chardonnay. Bye, you guys.
 そうだな、それがいいよ。うちのベビーシッターはまたシャルドネを頼んでるよ。バーイ、みんな。

Monica: Bye.
 バーイ。

Joey: See ya. Well, this is just us.
 じゃあな。それじゃ俺たちだけだな。

Monica: So, I'm, I'm probably still ovulating. Do you want to give it another try?
 ねぇ、まだ排卵中かもしれないわ。もう一度試してみる?

Chandler: So you never had sex with a Kennedy, have you?
 それじゃ、君はケネディとセックスしたことないんだな?

Joey: You’re gonna do it now?
 今からするのか?

Monica: We don't have much time. Once the egg descends into fallopian tube..
 あんまり時間がないのよ。一度卵子が卵管に降りてきたら・・

Joey: No, ohoh. Get out of here.
 うわ。やめろよ。もう行けよ。

Maitre D': I sincerely hope the rest of your party is returning.
 パーティのみなさま、お戻りでらっしゃるんでしょうね。

Joey: Nah, just me. All alone. . . Dinner for six for one. Well, you boys are about to see something really special.
 いいや。俺だけだ。1人だけ。(食事が運ばれてくる)1人で6人分の食事か。君ら、本当にすごいものを見ることになるぞ。

《レストラン:時間経過》

Waiter: How was everything, sir?
 いかがでございましたか?

Joey: Excellent. The shrew, in particular, was exquisite.
 すばらしかったよ。とくにガミガミ肉は絶妙だったね。

Waiter: Well, I hope, you got some room left.
 まだお召し上がりいただけるといいのですが。

Waiters: Happy birthday to you, happy birthday to you, happy birthday dear ...
 (バースデーケーキを持ち)ハッピー・バースデー・トゥー・ユー、ハッピー・バースデー・トゥー・ユー、ハッピー・バースデー・・・

Joey: Joey! Joey.
 ジョーイ! ジョーイだよ。

Waiters: ... Joey, happy birthday to you.
 ジョーイ、ハッピー・バースデー・トゥー・ユー。

Joey: This is the best birthday ever!
 最高の誕生日だよ!






にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 01:08| Comment(0) | Season 9 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。