2013年11月26日

9-4 The One With The Sharks

9-4 サメとの話

 ☆“サメフェチ”チャンドラー☆

《セントラルパーク:フィービーが来る》

Phoebe: Oh, Hey, Ross. Oh, I'm so glad someone's here. Could you zip me up?
 あら、ロス。よかった誰かいてくれて。背中のファスナーあげてくれる?

Ross: Sure.
 !・・いいよ。

Phoebe: Thank you. Can you believe no one between my apartment and here offered to do that for me?
 ありがとう。私の部屋からここまでの間に、誰も上げるっていってくれる人がいないなんて、信じられる?

Ross: People. . So why are you so dressed up?
 まったくね。・・それで、おしゃれしてどうしたの?

Phoebe: Oh, Mike's picking me up for a date.
 デートで、マイクがここに迎えに来てくれるの。

Ross: Oh, yeah, now, how is that going? Is it getting serious?
 ああ、そうなんだ。どう? マジメにつきあってるの?

Phoebe: Oh, I don’t know, I don’t know. I mean, I like him. But, you know, am I ready to take my Grade A Loins off the meat market? I am not quite sure.
 うーん、それはどうかな。わからないな。彼は好きよ。でもね、もうこのAクラスのヒップを恋愛市場からひきあげていいの? まだわからないわ。

Ross: You know, I really admire your whole dating attitude. It's so healthy. I'm always, like, “Is this moving too fast? Is this moving too slow? Where's this going?”
 君のつきあいに対する考えには敬服するよ。すごく健康的だよね。僕なんかいつも、「早く進み過ぎてないか? ゆっくり過ぎじゃないか? この先どうなるんだろう?」って。

Phoebe: Yeah. You know, you are a bit of a drama queen.
 そうね。あなたってちょっとしたヒロインよね。

Ross: But you, your so much better off. You just go from guy to guy, having fun, and not worrying that it never turns into anything serious.
 でも君は違う。君はすごく気楽にやってるよね。男から男へ、そして楽しんで、まじめな付き合いになるのかなんて心配をすることも絶対ない。

Phoebe: I wouldn't say never. You know, there's that guy. . Okay, what about . .? Okay, there's gotta be someone.
 絶対とは言わないわよ。そういう人も・・そうね、どうかしら、ええ、誰かいるわよ。
 
Ross: There isn’t! That's what I'm saying.
 いないよ。僕が言いたいのはそれだよ。

Phoebe: Oh, my god, you're right.
 なんてことかしら。あなたの言う通りね。

Ross: I know and yet here you are, all ready for the next date.
 そうだよ、ほらね、もう次のデートの準備万端。

Phoebe: I can't believe I never realized this before. I'm in my thirty’s, and never been in a long-term relationship. Oh, my god, what's wrong with me.
 信じられない。今まで気づかなかったわ。私30にもなるのに、つきあいが長続きしたこともないわ。なんてことかしら。私何かおかしいのかしら。

Ross: No, no, no, there's nothing wrong with you. I mean, you don't strike me as the type of person that wants to get married anyway.
 いやいやいや、何もおかしくないよ。ただ君は、結婚したがるタイプの人には見えないってだけだよ。

Phoebe: I wanna get married!
 私だって結婚したいわよ!(泣いてティッシュを取る)

Ross: Please don't cry because of me. I don't know what I'm talking about, I've been divorced three times.
 頼むよ、僕のせいで泣かないで。僕なんか、何を話してるのかわかってもいないんだよ。3回も離婚してるんだし。

Phoebe: At least you've been married. Oh, my God! I wanna trade lives with Ross?!
 少なくともあなたは結婚してるわ。ああ、なんなの! 私、ロスと人生を交換したいの?

(マイクが来る)
Mike: Phoebe … what's wrong?
 フィービー・・(泣いているのを見て)どうしたの?

Phoebe: Nothing, I'm excited about our date. Mike, this is Ross Geller, this is Mike Haaaaa
 何でもないわ。デートが嬉しいの。マイク、こちらロス・ゲラーよ。こちら、マイク・ハーー(泣き出す)

Ross: I'm sorry. I didn't catch that.
 失礼、聞こえなかったよ。

Mike: It’s Mike Hanigan.
 マイク・ハニガンだよ。

Ross: Oh, Ross Geller.
 ロス・ゲラーです。

Mike: Hey, so are you sure your ready to go?
 ねぇ、本当にもう行ける?

Phoebe: Uh huh. . How do I look?
 ええ。(ロスに)私どう?(化粧が落ちている)

Ross: Do you have a compact in your purse?
 バッグにコンパクト持ってる?

Phoebe: No.
 ううん。

Ross: You look great.
 すごくきれいだよ。

《セントラルパーク:モニカが来る》

Monica: Hey, Joey.
 ハーイ、ジョーイ。

Joey: This girl won't turn around and I can't tell whether she's hot or not, what do you think?
 (モニカを手招き)あの女の子振り返らなくて、ホットな子かどうかわからないんだけど、どう思う?

Monica: Joey, I am not going to objectify woman with you. But if her face is as nice as her ass, woah, mama!
 ジョーイ、私、あなたと一緒になって、女の人をものみたいに判定しないわよ。でも、彼女の顔があのお尻ぐらい素敵なら、ウワオ! ってとこね。

Joey: Alright, thanks. Oh, hey, have you talked to Chandler?
 わかったよ、ありがと。あ、なぁ、チャンドラーと話した?

Monica: Yeah, he has to stay in Tulsa this weekend.
 ええ。彼、この週末タルサで過ごすんですって。

Joey: How come?
 なんで?

Monica: I don’t know. He has to work. There's some big rush on the . . . ah, damn it. One of these days I'm gonna have to start listening when he talks about his job.
 知らないわ。仕事なんだって。何か大急ぎで・・・ああ、もう。そのうち、彼が仕事の話してる時ちゃんと聞いてあげなきゃね。

Joey: Hey, why don't you fly out there and surprise him.
 なぁ、君飛んで行って、驚かせてやったら?

Monica: Maybe I will go. . Yeah, we’ll have a second honeymoon at the Tulsa Ramada.
 それもいいかもね。・・ええ、タルサのラマダホテルで2度目のハネムーンなんていいかもね。

Joey: Oh, and you know, you should bring the black see-through teddy with the attached garters.
 あ、それに、あのガーター付きの黒いシースルーの下着持っていくといいぞ。

Monica: How do you know I have one of those?
 どうして私がそれを持ってるって知ってるのよ?

Joey: Didn't till just now.
 今知った。

(モニカは席を立つ)

Joey: Hot. Not hot. . . Hot!
 ホット。ホットじゃない・・・(女性が席を立って顔が見える)ホット!

Hayley: Excuse me?
 なにか?

Joey: I said that I think you're hot. And… now I'm embarrassed.
 君がホットだなって言ったんだ。それで・・・カッコわるいな。

Hayley: Oh, I thought you said Hi.
 あら、あなた、ハーイって言ったのかと思ったわ。

Joey: That would've been better, I'll try that. Hi, I'm Joey.
 その方がいいな。今度からそうするよ。どうも、俺はジョーイ。

Hayley: I'm Hayley.
 私はヘイリーよ。

Joey: Look, I don't normalky ask out women that I meet in coffeehouses.
 普段は俺、こんなふうにコーヒーハウスで会った女性を誘ったりしないんだ。

Gunther: HA!
 ハッ!

Joey: Gesundheit. But…
 (ガンターに)お大事に! (ヘイリーに)でも・・

Hayley: I would love to go out with you.
 喜んでご一緒するわ。

Joey: Really, great. Did I actually ask you?
 ほんと? うれしいな。俺、誘った?

Hayley: Oh, that's just where you were going. I just figured I'd help you out. You don't seem like the kind of guy that does this a lot.
 いえ、そう言うんだと思って、手助けしたのよ。あなた、しょっちゅうこんなことをする人じゃないように見えるから。

Gunther: HA!
 ハッ!

Joey: Seriously, Gunther, you should see someone about that cold. If it gets much worse, you could die!
 マジで、ガンター、その風邪、診てもらった方がいいぞ。ひどくすると、死ぬぞ!

《フィービーの部屋:ロスが来ている》

Ross: So how'd the date go?
 それで、デートどうだった?

Phoebe: Well, it was awful. Every time I thought about what you said I started crying.
 そりゃひどかったわよ。あなたの言ったことを思い出すたびに私泣き出しちゃって。

Ross: So he hasn't called?
 それじゃ彼から電話ないの?

Phoebe: Would you call this girl? “Thanks for…a lovely…evening”?
 あなたならこんな子に電話する?(泣きながら)「楽しかったわ、ありがとう」

Ross: Now I feel terrible. This is all my fault.
 本当に申し訳ないよ。全部僕のせいだ。

Phoebe: Well, you know what you should feel terrible about? This could have been my serious guy. He was sweet and smart and funny. Do you know how hard it is to meet a guy like that?
 申し訳ないって、何に対してかわかる? もしかしたら、彼は私が真剣につきあう人だったのかもしれないのよ。彼は優しくて、賢くて、楽しい人よ。そんな人に出会うのがどんなに大変かわかる?

Ross: We are a rare breed.
 僕らみたいな人は珍しいからね。

《ヘイリーの部屋:デートから戻る2人》

Hayley: What a great dinner.
 おいしい食事だったわ。

Joey: Yeah, and hey, thanks again for letting me having that last piece of cake at the restaurant.
 ああ、それに、レストランであのケーキの残りくれて本当にありがとう。

Hayley: Your welcome again. I'm gonna make some coffee. Can I get you anything?
 本当にいいのよ。コーヒー作るわね。何か欲しいものある?

Joey: Do you have any cake?
 ケーキある?

(ヘイリーは笑って立ち去る。何がおかしいのかわからないジョーイ)

Joey: So this is going pretty good. Dinner was nice, got a lot in common. . Victoria's secret, huh, we even like the same books. . . Oh, there's a scary painting. Wait a minute. I think I've been scared by that painting before. . You know what? This whole place look familiar. I have definitely been in this apartment. I know I've seen this weird plant before. . . OUCH! It did that the last time. Oh, my God, I've gone out with this girl before. Yeah, we had sex on this couch. And then on that chair and… no. No, we didn't do it here which is weird because it seems like a perfectly good place.
(bends down to see and the cactus pricks him in the ass) OUCH! That's why.
 (心の中)順調だな。ディナーは楽しかったし、共通点もいっぱいだ。(雑誌を見て)ビクトリアズ・シークレットか。本の趣味も同じだな。(壁の絵を見て)うわ。怖い絵だな。ちょっと待てよ。前にもこの絵を怖いと思ったことがあったな。(見回して)なんだか、この部屋全部見覚えがあるな。絶対ここに来たことがあるぞ。この変な植物を見たことがある。(そのサボテンに触る)痛っ! 前にもこれやったよな。オーマイゴッド・・この女の子と前にもデートしたことがあるんだ。ああ、俺たちこのカウチでセックスしたよな。それからあの椅子と・・いや、ここではしてないな、変だけどな、完璧な場所に見えるのにな・・(覗いてサボテンに触り)痛っ! これのせいだった。

《マイクの部屋:ロスが来る》

Ross: Hey, Mike, sorry to just drop by like this, can I come in?
 やぁ、マイク、突然来たりして申し訳ない。入っていい?

Mike: Sure. …Who are you?
 ああ。・・どなた?

Ross: I'm Ross, Phoebe's friend from the coffeehouse.
 ロスだよ。コーヒーハウスで会った、フィービーの友達の。

Mike: Oh.
 ああ。

Ross: Yeah, I really, really need to talk to you about something.
 ええ。本当に本当に、話したいことがあるんだ。

Mike: Okay, unless you're not gonna try to get me to join a cult, are you?
 いいよ。でもカルトに誘い込もうというんじゃないよね?

Ross: No.
 違うよ。

Mike: Oh, it's just, you know, you have that look.
 ああ、いやちょっと・・君、そういう感じに見えるから。

Ross: Damn Supercuts!
 クソ、あのスーパーカットめ!

Mike: What's up? Is Phoebe okay?
 何があった? フィービーは大丈夫?

Ross: Oh, no, yeah, yeah. No, Phoebe is great. But. . . I'm an idiot, okay? Look, right before you guys went out I accidentally got her all upset.
 あ、いやいや、違うよ、フィービーは元気だよ。でも。。僕がバカだったんだ。君達がでかける直前に、僕がつい、彼女を動揺させてしまったんだよ。

Mike: That's why she was weird.
 だから彼女おかしかったのか。

Ross: Yes, yeah, I said something stupid about her never having had a serious relationship. But you should know she is so much fun, a wonderful person. Please don't blow her off.
 そうなんだ。彼女が真剣な付き合いをしたことがないなんてバカなことを言ったんだ。でも、彼女はすごく楽しくて、素晴らしい人だ。頼むから彼女を振らないで。

Mike: I'm not blowing her off. I actually just got off the phone with her. We’re going out tomorrow night. I mean, I hope that's okay with you, stranger from the coffee house.
 僕は振ったりしないよ。実は彼女との電話を終ったところだよ。明日の夜デートするよ。それでかまわないよね、君、コーヒーハウスで会った知らない人。

Ross: Well, then, I didn't need to bother you. You or the four other Mike Hanigan's I bothered.
 そうか、それじゃ僕が邪魔することもないよね。君とか、その他の4人のマイク・ハニガンにね。

Mike: Hey, wait, wait, wait wait! Is that true what you said? Phoebe's never had a serious relationship?
 ちょっと、待って待って待って待って! 君が言ったのは本当? フィービーは一度も真剣な付き合いをしたことがないの?

Ross: Of course she has. If she'd never had a serious relationship I'd go round broadcasting it like some unstoppable moron?
 もちろんあるよ。もし彼女が一度もまじめな交際をしたことがなくて、僕がそれを言いふらして歩いてるなんて、僕は手のつけられないアホなのか?

Mike: But you did say it.
 だけど、君がそう言ったじゃないか。

Ross: Yes. Yes, I did. And I will also say what I'm about to say, vis-à-vis the following. Phoebe has never had a serious relationship since her super-serious relationship…with … Vikram.
 ああ、そう。そういったよ。それにこうも言うよ、これから言うよ、面と向かって次のことをね。フィービーは真剣につき合ったことがない。超真剣な関係が終って以来ね・・・ヴィクラムとのね。

Mike: Vikram?
 ヴィクラム?

Ross: What? That’s a real name!
 なに? それ本当の名前だぞ。

《タルサのチャンドラー:部屋に帰る》

Chandler: Oklahoma where the wind comes sweeping down the plane, STOP IT! Why couldn't they have sent me to Texas? 7 o’clock. Maybe I'll hit the gym. . Who am I kidding pay-per-view porn.
 (歌う)オクラホマ 風が草原を吹き進む♪・・やめろって! なんで俺テキサスに転勤にならなかったんだろう? 7時か。ジムに行けるな。冗談だろ、ペイパービューのポルノだ!

(サプライズで来たモニカが、鍵をつかって部屋に入る)

Chandler: Do not disturb! Do not disturb!
 入らないで! 入らないで!

Monica: Surprise!
 サプラーイズ!

Chandler: Monica?
 モニカ?

Monica: Is everything all right?
 大丈夫?

Chandler: Yeah, everything's great. I was just watching some regular television there. What a pleasant surprise.
 ああ、順調だよ。ただ普通のテレビを見てたんだよ。驚いたな、嬉しいよ。(ハグ。モニカはテレビのサメが泳いでる場面を見て驚く)

Monica: I'm gonna go freshen up, okay?
 手を洗ってくるわね。

Chandler: Okay, honey. . . That was close.
 わかったよ。・・(独り言)危なかった。

《レイチェルに電話がかかる》

Rachel: Hello.
 もしもし。

Monica: Hey, Rach, it’s me. Okay, I just got to the Chandler's room and I caught him molesting himself.
 ハーイ、レイチ、私よ。いま、チャンドラーの部屋に着いたとこなんだけど、自分をいじってるとこに入ってきちゃったの。

Rachel: Oh, that couldn't have been pretty. But you know, guys do that.
 ああ、それは美しくないわね。でも、男ってそういうことするのよ。

Monica: Yeah, well, the weird part is... he was getting off to a shark attack show!
 ええ、問題なのは・・彼、サメが襲う場面でやってたのよ。

Rachel: No!
 ウソ!

Monica: Yes! Chandler watches Shark Porn!
 そうなの! チャンドラーは、サメポルノを見るのよ!

《モニカの部屋》

Rachel: Well, watching sharks? Are you sure that's what he was doing?
 サメを見てたのね? 彼がやってたってのは間違いないの?

Monica: Do you know how many times I've seen him jump up like that? Believe me, I know what he was doing.
 あんなふうに彼が飛び上がるの何回見たか知ってる? 本当よ、彼がやってたのは間違いない。

Rachel: Man! Sharks! I always knew there was something weird about that dude. But you promised to love him no matter what.
 ああ、サメだなんて! あの人なんか変だと思ってたのよね。でもあなたは、何があろうと愛していくって誓ったのよ。

Monica: What means if he gets like a disease or kills someone. Not if he gets his jollies to Jaws!
 何がっていうのは、病気とか人殺しをするとかよ。ジョーズに興奮するなんてことじゃないわ。

Rachel: You know what, honey? Guys are just different. They like things that we can't understand. You know, I once dated this guy who wanted to pretend he was an archeologist, and I was this naughty cave woman who he unfroze from a block of ice.
 ねぇ、男ってのはとにかく私達とは違うのよ。男の好みって、私達にはわからないものなんだわ。私の場合なんて、一度、彼が考古学者のふりをして、私は、氷付けになって彼に掘り出されるイケナイ原始人の役をさせられたのよ。

Monica: Eww, are you talking about my bother?
 やだ。それ私の兄の話?

Rachel: Yeah, I didn't disguise that very well, did I?
 ええ、あんまり上手にごまかしてなかったわよね?

(ジョーイが来る)
Joey: Hey.
 やぁ。

Rachel: Hi.
 ハーイ。

Joey: Listen to this... I went out with this girl last night. Half way through our date I realized I already slept with her.
 なぁ聞いてくれよ。昨日の夜女の子とデートしたんだ。デートの途中で、俺、彼女と寝たことがあるって気がついたんだよ。

Rachel: So basically you've slept with all the woman in New York and now you're just going around again.
 それじゃ、あなたニューヨークの全女性と寝て、今は2ラウンド目に入ったってこと?

Joey: Well, that's not even the weird part. I don't think she remembered sleeping with me.
 問題はそこじゃないんだよ。彼女、俺と寝たことを覚えてないんだよ。

Monica: But you don't remember sleeping with her.
 あなたも彼女と寝たこと覚えてないんでしょ。

Joey: But she should remember sleeping with me. I am very memorable! You guys know.
 でも彼女が忘れるなんておかしいんだよ。俺って心に残る男なんだ。君ら知ってるだろ。

Rachel: What, how do we know, we never slept with you.
 なによ、知るわけないでしょ、私達、あなたと寝てないもの。

Joey: And who's fault is that?
 それ、俺のせいじゃないだろ?

Monica: What's the big deal? You forgot, she forgot. Maybe you were having an off night.
 たいしたことじゃないでしょ? あなたが忘れて、彼女も忘れた。もしかしてあなたその気にならなかったのかもよ。

Joey: HEY! I never have an off night, okay? Although sometimes when I'm a little bloated, I don't feel very sexy. But even then, I’m better than most!
 おい、俺がその気にならないことなんてないんだよ。むくんだりして、セクシーな気分にならないことだってある。でもそんな時でも、人よりは上なんだ。

Monica: Honey, why don't you just let it go and ask her out again.
 ねぇ、いいからそんなこと忘れて、また彼女を誘えばいいじゃない。

Rachel: Yeah, you’re both so slutty, you don't even remember who you've slept with. You're made for each other.
 ええ、あなた達2人ともスケベで、誰と寝たかも覚えてないんでしょ。お似合いじゃないの。

Joey: Interesting. All right, I'll go out with her again and try to get past it. . . No salt! Bloaty!
 興味深い。よし、また彼女を誘ってみて、乗り切るよ。(チップスに手を伸ばし)塩はダメ! むくむ!

Monica: Joey.
 ジョーイ。

Joey: What?
 なに?

Monica: You don't think sharks are sexy, do you?
 サメがセクシーなんて思わないわよね?

Joey: No. … Wait a minute, what was the little mermaid?
 いや。・・待てよ、人魚姫ってサメ?

《フィービーの部屋:ノックの音》

Phoebe: It's open.
 開いてるわよ。

Ross: Hey!
 やぁ!

Phoebe: HEY! Mike called. We’re going out again! Yay! Yay!
 ハーイ! マイクから電話あったわ。またデートするのよ! イエーイ! イエーイ!

Ross: Yay! . . Quick thing, I went to talk to Mike.
 イエーイ! ちょっとだけ。僕、マイクのところに話しに行ったんだ。

Phoebe: What? What did you…? What did you do, Ross?
 なんですって? なにを・・? 何をしたのよ、ロス?

Ross: Oh, boy. You got mad at that part. I went over there, you know, to tell him how great you are. But you know me. Blah, Blah, Blah, And I ended up telling him that.
 ああ、それだけで怒っちゃうんだ。行って、君がどんなに素敵な人かって話をしたんだ。だけど、僕って、こうだろ、ぺちゃくちゃぺちゃくちゃ。。それで、彼に言っちゃったんだ。

Phoebe: What!
 何を!

Ross: Umm. That you had a six year long relationship with a guy named Vikram.
 うーん・・君は6年つきあった、ビクラムっていう人がいたって。

Phoebe: What? Why?
 なんですって? どうして?

Ross: Well, he seemed to bum hard when I told him you'd never been in a serious relationship.
 いや、君が真剣なつきあいをしたことがないって言ったら、すごく驚いたみたいだったから。

Phoebe: If you hadn't just had a baby with my best friend I swear to Lucifer a rabid dog would be feasting on your danglers right now!
 もしあなたに、親友のレイチェルとの間に子供がいなかったら、ルシファーに誓って、狂犬病にかかった犬にあなたのぶらさがってるものを噛みちぎらせてやるわよ。

Ross: Well, Phoebe, I think you'll feel differently when you know a little bit about Vikram. Okay, his a kite designer. And he used to date Oprah.
 フィービー、ビクラムのことを少し知れば、少し考えが変わるかもしれないよ。彼はタコのデザイナーで、以前オプラとつきあってたんだ。

Phoebe: I'm not going along with some lie you made, Ross. No, I'm just gonna be honest with him.
 あなたのウソに合わせたりなんかしないわよ、ロス。いやよ。私は正直に言うわ。

Ross: Good. Yeah, just be honest with him.
 そうだね。うん、正直に言ったほうがいい。

Phoebe: Yeah, I have nothing to be ashamed of. Okay, so I haven't been in a relationship that lasted longer then a month. Okay, I haven't had a real boyfriend. You know, if he can't handle that he can leave. Which he will, And, you know, that's okay. So I'll just be alone forever. You know, all right. It'll be fine. it'll be fine. I'll go on walking tours with widows and lesbians. Oh. .
 そうよ。何も恥ずかしいことはないわ。確かに一ヶ月以上つきあったこともないわよ。本当のボーイフレンドもいないわ。もしそれがダメっていうなら、つきあわなきゃいいのよ。彼はつきあわないわよね。それでいいのよ。そして私は一生1人でいるのよ。いいわ。大丈夫よ。いいのよ。私は未亡人とレズビアンとでパレードするのよ。ああ・・

(ノックの音)
Ross: I'll get it
 僕が出るよ。(ドアを開ける)

Phoebe: Okay.
 ええ。

Mike: You know, I'm trying to think of the last time I opened a door and you weren't there. Phoebe, are you okay?
 (ロスを見て)ドアが開くたびに君がいるんだけど。フィービー、大丈夫?

Phoebe: Uh huh, yeah. There's just umm, there's something you should know. . . Vikram just called.
 ええ、大丈夫。ただ・・あなたに言っておいた方がいいかも・・ヴィクラムから電話があったの。

《ヘイリーの部屋:ジョーイとヘイリー》

Hayley: So it was really a shock after 25 years of marriage my parents, a perfect couple getting divorced. I kinda took it the hardest cause I was the youngest.
 25年もたってから、理想のカップルだと思っていた両親が離婚するなんて、ショックだったわ。私は末っ子で幼かったから、ショックが強かったの。

Joey: Uh huh, sure, yeah. How can you not remember me?
 そうか、そうだな、ああ。なんで俺のこと覚えてないんだ?

Hayley: What?
 えっ?

Joey: How could you not remember that we slept together?
 なんで俺たちが寝たことを覚えてないんだ?

Hayley: What! When?
 えっ? いつ?

Joey: I don’t know!
 知らないわよ!

Hayley: I really, really think I would remember sleeping with you
 私、あなたと寝てれば、絶対絶対忘れないと思うわ。

Joey: Come on, come on, search your brain, all right. It was … a certain amount of time ago. I was here you were here, we had sex here, here, here NOT there. Anything?
 おい、頼むよ、頭の中探ってみろよ、な。あれは・・ちょっと前のことだよ。俺はここに来て君もここにいて、そこ(あちこち指差す)と、ここと、ここでセックスして、あそこではしてない。わからない?

Hayley: No, it's not ringing any bells.
 いいえ。全然わからない。

Joey: My God, woman! How many people do you have to have been with not to remember any of this?
 なんてことだ! その後何人とやったら忘れられるんだ?

(ヘイリーのルームメイトが帰ってくる)
Hayley's roommate: Hey, Hayley. We really gotta fix that doorknob. Joey!
 ハーイ、ヘイリー。本当にこのドアノブ直さないとダメね。・・・ジョーイ!

Joey: Ooh! I slept with you! And you obviously remember me! Hey! I still got it. . . So were good. . . I'll let myself out.
 ああぁ! 君と寝たんだ! どうやら俺のことは覚えてるみたいだな! ああ、よかった。(ヘイリーに)それじゃ俺たち問題なしだ。(睨まれ)自分で出て行くよ。(帰る)

《フィービーの部屋:フィービーとマイク》

Phoebe: And I said, “Okay, Vikram, you can't just call every time you get lonely, you know, you, you gave up that right when you slept with Rachel.”
 それで私は言ったの。「ねぇ、ビクラム、寂しくなるたびに私に電話してくるなんてダメよ。あなた、レイチェルと寝たんだから、そんな権利ないのよ。」

Mike: But Rachel? I thought she just had a baby with Ross
 レイチェル? 彼女ロスとの子供を産んだんだろ。

Phoebe: Yeah, well. . . Yeah, you know, but Emma's birth certificate might say Geller but her eyes say “Mukherjee.”
 ええ、そう。でもね、エマの出生証明にはゲラーとなってるけど、彼女の目は、「ムーカージー」って言ってるわ。

Mike: That is so wrong. And on top of that, he’s a glue sniffer?
 そんなの間違ってるよ。その上、彼は接着剤をかぐんだろ?

Phoebe: I know. But he calls, and my heart goes to him. You know, that bastard is one smooth talking free lance kite designer.
 そうなの。でも、彼が電話をくれると、気になってしまうの。あの男は、口のうまいフリーのタコデザイナーなのよ。

Mike: I just think there's somebody better out there for you. . I mean, I'm not saying me but. . Maybe me.
 僕は、君にはもっといい人がいると思うよ。僕がそうだって言うわけじゃないけど・・・僕かも。

Phoebe: Oh.
 まぁ。

Mike: And you don't have to worry about glue sniffing with me. Although I do smell the occasional magic marker. Yeah. Ah, anyway, I think I can make you happy.
 僕に関しては、接着剤を嗅ぐ心配はいらないよ。時々マジックの匂いは嗅ぐけど。うん・・とにかく、僕は君を幸せにできると思う。

Phoebe: Okay, I can't do this.
 だめ、こんなことできない。

Mike: What's wrong?
 何がダメなの?

Phoebe: Well, there is no Vikram, Ross made him up. Because I really never have been in a long-term relationship. I've never lived with a guy, and I've never even celebrated an anniversary. So. . if that's too weird for you and you wanna leave I totally understand. In fact, I'll close my eye's make it less awkward. . . . You kissed me.
 ビクラムなんて人いないの。ロスの造り話よ。私が長いつきあいをしたことがないから。誰かと暮らしたこともないし、記念日を迎えたことさえない。だから・・そんなの変だと思うなら、帰ってもいいのよ。理解できるわ。気まずくないように、目を閉じてるわ。(マイクがキスをする)あなたキスしたわね。

Mike: Uh huh.
 うん。

Phoebe: So you don't think I'm a total freak.
 それじゃ、私がおかしな女だと思わないのね。

Mike: Well. Look, can I think you’re a little weird and also cool for telling me the truth and also wanna kiss you.
 そうだな、ちょっと変わった人だと思うし、本当のことを言うところが素敵だし、キスしたかった。

Phoebe: I guess so. Can I … can I think it's cool that you kiss me and also wanna kiss you again? . . And umm, be a little concerned about the magic markers?
 そうなのね。あなたがキスしてくれたの素敵だし、またキスしていい? (キス)それから・・マジックの匂いを嗅ぐっていうのちょっと心配。

Mike: Definitely
 もっともだ。

(電話が鳴り、留守電に吹き込む声)
Ross: This is Vikram.
 ビクラムだけど。

《モニカ達の部屋:チャンドラーが帰る》

Chandler: Hi, honey! I'm home!
 ハーイ、ただいま!

Monica: Hi, how was your flight?
 ハーイ、飛行機どうだった?

Chandler: Oh, it was great.
 ああ、よかったよ。

Monica: Why don't you sit down. Get yourself comfortable. Because I have a little surprise for you.
 どうぞ、座って。くつろいで。あなたにちょっとしたサプライズを用意したのよ。

Chandler: Well, well, well. It must be five in Tulsa because it's “sex o’clock” in NYC!
 やぁやぁ。タルサでは5時で、ニューヨークではセックスタイムだな!

Monica: Okay. . This is how much I love you.
 (ビデオをかけて座り)オーケー・・これくらいあなたを愛してるってことよ。

Chandler: Honey, why am I watching a bunch of sharks swimming around?
 ねぇ、なんで俺、サメの群れが泳ぎ回ってるとこを見てるの?

Monica: Is this not the good part? Do you want me to fast-forward to something … toothier.
 ここはいいとこじゃない? 早送りしてもっと歯を剥き出してるとこにする?

Chandler: No, I'm not sure that you got the right movie, that's all.
 いや、この映画じゃどうかなって思うだけだよ。

Monica: Oh, this is the only one they had at our video store. But they did have something called Crocodile Killers. Or does it always have to be sharks?
 だって、いつものビデオ屋さんでは、これしかなかったのよ。「殺し屋ワニ」っていうのもあったけど、サメじゃなきゃダメなの?

Chandler: Does what always have to be sharks?
 何がサメじゃなきゃダメ?

Monica: Honey, look, we can do something else. Do you want me to get into the tub and thrash?
 ねぇ、他のことしてもいいのよ。私がバスタブに入ってのたうち回るとか?

Chandler: What's going on?
 何の話?

Monica: Sweetie, it's okay. I still love you. Let me be a part of this.
 ねぇ、いいのよ。それでも愛してるわ。私も分かち合いたいの。

Chandler: Let me be a part of this!
 俺にも分かち合ってくれ。

Monica: I saw what you were doing in Tulsa. Angry sharks turn you on!
 タルサであなたがしてるの見たのよ。怒ったサメで興奮するんでしょう!

Chandler: No, they don’t.
 いや、しない。

Monica: Then why were you watching them and giving yourself a treat?
 じゃあどうして、サメを見ながら自分をいじってたの?

Chandler: Oh, my God! When you came in I switched the channel. I was just watching regular porn.
 なんなんだ! 君が来たとき、チャンネルを変えたんだよ。俺は普通のポルノを見てたんだよ。

Monica: Really?
 本当に?

Chandler: Yeah, just some good old-fashioned, American, girl on girl action.
 ああ。昔ながらのアメリカの女の子同士のやつだよ。

Monica: I cannot tell you how happy that makes me!
 それ聞いてどんなに嬉しいか言葉にできないわ!

Chandler: You are an amazing wife. No, really you're amazing you were actually gonna do this for me? Where do you find the strength and understanding over something like that?
 君って素晴らしい妻だな。いや、本当に君は素晴らしいよ、こんなことしてくれるなんて。こんなことまでしてくれるなんて、どこでそんな強さと理解力をみつけてくるんだ?

Monica: I'm very, very drunk right now.
 私、いま、すっごくすっごく酔っ払ってるの。

《セントラルパーク:女性客のことをフィービーに話すジョーイ》

Joey: Ordinarily, I would talk to her, but my confidence is shaken. Did I sleep with her? Did I not sleep with her?
 普段なら、彼女に声かけてるけど、もう自信がないんだよ。俺、彼女と寝たのか? 寝てないのか?

Phoebe: You know, maybe this is a wake up call. You know, about your whole dating attitude. You’re in your thirty's and you've never been in a long-term relationship. Here you go from woman to woman, meaningless experience to meaningless experience. Never even worrying that it doesn't turn into something more serious.
 もしかしたら、これが転機かもよ。あなたの女性に関する考え方よ。あなたは30にもなって、まだ長いつきあいをしたこともないわ。女性から女性へ、意味のない経験から意味のない経験へと。真剣なつきあいになるかと考えてみることもないのよ。

Joey: You’re right! I love my life! . . . I actually did sleep with her.
 君の言う通りだ! 俺の人生最高! (立ち上がり女性に近づいてすぐ戻ってくる)あの子とは寝たことあった。



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:06| Comment(0) | Season 9 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。