2013年11月25日

9-3 The One With The Pediatrician

9-3 小児科医の件の話

 ☆ジョーイの怪しいダブル・デート☆

《モニカ達の部屋:ロスとレイチェルが来る》

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Ross: Hey! So what's the big news you had us rush all the way over here for?
 やぁ!すぐに来てくれなんて、何ごとなの?

Chandler: Okay, our news. My company has asked me to head up our office in Tulsa. So as of Monday, I'm being officially relocated.
 ああ、俺たちのことなんだけど。会社で、タルサのオフィスを管理するように言われたんだ。だから、月曜日から正式に転勤なんだ。

All : What?! Oh, my God!
 なに?! なんてこと!

Ross: Monday?!
 月曜日?

Joey: How long do you have to go for?
 いつまで行ってるんだ?

Chandler: They said it could be up to a year.
 1年ぐらいらしい。

Joey: A year?!
 1年?

Rachel: Do you have to go?
 (モニカに)あなたも行かなきゃいけないの?

Monica: I kind of have to, don't I? Because of this stupid thing.
 しかたないって感じじゃない? こんな物(指輪)のせいで。

Chandler: There is nothing like the support of your loving wife, huh?
 愛する妻の支えほど素晴らしいものはないよね。

Joey: Wait a minute, you can't go to Tulsa. Maybe you forgot, but we've got tickets to the Jets game next week.
 ちょっと待てよ、タルサなんて行っちゃダメだぞ。忘れたのかしらないけど、来週のジェッツのチケットがあるだろ。

Chandler: I'm sorry, buddy, but I don't think I'm gonna be able to make it.
 悪いな、でも、それには行けないよ。

Joey: We were gonna go see the Jets!
 ジェッツを見にいくんだよ!

Ross: You can't go, I mean you're the glue that holds this group together!
 行っちゃダメだよ。このみんなをまとめてるのは君なんだぞ。

Chandler: Really?
 ほんと?

Ross: Not you.
 おまえじゃないよ。

Joey: I can't believe you guys are moving.
 君たちが行くなんてありえないよ。

Phoebe: I call their apartment!!!
 私がこの部屋もらう!

Everyone: No!!! Ah!! Ahh!!!
 ダメ! ああ! あああ!

《セントラルパーク》

Joey: Here you go, Rach.
 (コーヒーを渡し)はい、レイチ。

Rachel: Thank you, Joey. You know what? I'm not even sure I can have caffeine.
 ありがと、ジョーイ。ねぇ、私カフェインをとっていいのかわからないわ。

Ross: I went through this with Ben and Carol. One cup of coffee won't affect your milk.
 ベンとキャロルとの時に経験してるよ。一杯のコーヒーぐらいなら母乳に影響はないよ。

Rachel: Yeah. Just to be sure I'm gonna call Dr. Wiener. . .Every time?
 そう。念のためにドクター・ウィナーに電話してみるわ。(ジョーイが笑う)まだ飽きない?

Joey: Uh huh.
 うん。

Ross: Rach, you don't have to call whenever you have a little question, okay? Trust me, I know this.
 レイチ、何かわからないことがあるたびに電話して聞くことないよ。ね? 僕を信じて。知ってるんだから。

Rachel: All right, I trust you.
 わかったわ、信じるわ。(ダイヤル続ける)

Ross: Rachel, I can see you dialing! I don't understand why...
 レイチェル、電話してるじゃないか! わからないな、どうして・・

Rachel: I'm on the phone! . . Dr. Wiener?
 電話中よ! (電話で)ドクター・ウィナー?(ロスとレイチェルは席を離れる)

Phoebe: It's so weird seeing Ross and Rachel with a baby. It's just so grown up.
 ロスとレイチェルと赤ちゃんなんて、変な感じね。本当におとなになったものね。

Joey: I know, yeah. I feel like we're all growing up. Person named Wiener, God that kills me.
 そうだよな。みんなおとなになったって感じ。ウィナーなんて名前の人がいるなんて・・死にそう(笑う)

Phoebe: Look at you all grown up.
 本当に大人ね。

Joey: Actually, you know what? I am. You know, that whole thing with Rachel made me realize that maybe I'm ready for a more serious relationship. You know? Like I'd like to meet a nice mature commitment-minded lady. And looks aren't as important as...Nah, she's gotta be hot.
 なぁ、ホント、俺大人になったよ。レイチェルとのことで、俺は真剣なつきあいをしてもいいと思えるようになったよ。真剣な交際を考えてる大人の女性に出会いたいよ。見た目は大事じゃなくて・・・いや、やっぱりホットでないとな。

Phoebe: You know, I might know somebody. Hey, how about you set me up with someone, and we double date!
 ねぇ、私誰か紹介できるかも。ねぇ、あなたも私に紹介して、ダブルデートなんてどう?

Joey: I can do that, yeah. How is Friday?
 それはいいね、うん。金曜日はどう?

Phoebe: Done. Oh, good, really?
 決まり。いいわね。本当ね?

Joey: Yeah!
 ああ!

Phoebe: Let's see! . . Oh, you know who's great? Sandy Poopack.
 そうねぇ(アドレス帳を開いて)あ、いい子がいるわ。サンディ・プーパックよ。

(poopack − Poop pack = うんち袋)

Joey: Poopack?
 (笑)プーパック?

Phoebe: Yeah. All right, well, that rules out Lana Titwyler
 ああ。それじゃ、ラナ・ティットワイラーもダメね。

(Titwyler − tit = おっぱい)

《モニカ達の部屋:チャンドラーが来る》

Chandler: Hi!
 やぁ。

Monica: Hey!
 ハーイ。

Chandler: I've got good news!
 いいニュースだぞ!

Monica: You got out of the whole Tulsa thing?
 タルサに行かなくていいの?

Chandler: Okay, I have news. You don't have to move to Tulsa. You can stay here and keep your job.
 そうか。ニュースだぞ。君はタルサに行かなくてもいい。君はここにいて、仕事を続けられるんだ。

Monica: It's great! How?
 すごいじゃない! どうやって?

Chandler. Well, my boss and I worked out a deal where I only have to be in Tulsa four days a week, so the other three I can be here with you.
 ボスと話し合って、週に4日だけタルサに行けばいいってことにしたんだ。だから3日間は君といられる。

Monica: So you're gonna be gone four days a week? … No.
 それじゃ、あなたは週に4日はいないの? ・・・ダメよ。

Chandler: I'm sorry, are you just used to saying that?
 なに、それは、そう言い慣れちゃってるから?

Monica: No. I can't be away from you for that long.
 違うわ。そんなにあなたと離れていられない。

Chandler: Really?
 ほんと?

Monica: Yeah, you're my husband. I'm not gonna live in a different state than you for 208 days out of the year.
 ええ。あなたは私の夫よ。一年に208日もあなたと別の州で暮らせないわ。

Chandler: That's fast math! We could use you in Tulsa.
 計算早いな! タルサで使えそうだ。

Monica: Honey, thanks for trying to figure out a way, but if you're going to Tulsa, I wanna go with you.
 ねぇ、考えてくれてありがとう。でも、あなたがタルサに行くなら、私も一緒に行くわ。

Chandler: Hey, you said that without gagging!
 あれ、君、吐き気もせずにそんなこと言えたね!

Monica: I know!
 そうなのよ!(ハイタッチする2人)

《ロスの部屋:夜中》

Rachel: Excuse me? Oh, yeah? Well, up yours too!
 なんですって? あらそう? そっちこそ、くそくらえ!

Ross: Who the hell was that?!
 (寝室から来て)今のはいったい何?

Rachel: Dr. Wiener.
 ドクター・ウィナー。

Ross: Rach, you can't call people at three in the morning.
 レイチ、夜中の3時に人に電話しちゃいけないよ。

Rachel: Oh, you know what, you sound just like his wife!
 ああ、あなたったら、まるで彼の奥さんみたいね!

Ross: Was there anything you did wrong with Emma?
 エマがどうかしちゃったっていうの?

Rachel: Yes, of course there is! Okay? I'm not insane!
 ええ、もちろんよ! 私狂ってなんかないわよ!

Ross: Well, what was it?
 じゃあ、何だったの?

Rachel: Hiccups.
 しゃっくり。

Ross: Rach, I told you, you can't call him every time any little thing comes up.
 レイチ、行っただろ、何か些細なことがあるたびに彼に電話しちゃダメだよ。

Rachel: Yeah, well, not anymore I can't. He fired us! What are we gonna do? We have to find a pediatrician. Wait wait, Monica said that when you guys were growing up, you really liked your doctor. What was his name?
 ええ、もうできないわよ。だって彼にクビにされたんだもの! どうしたらいいの? 小児科医を見つけないと。待って待って、モニカが、あなた達が子供の頃の先生がすごく好きだったって言ってたわ。その人の名前は?

Ross: Dr. Gettleman? Yeah, I know, I don't think that's a good idea. In fact, I think he's dead.
 ドクター・ゲトルマン? ああ、そうだけど、それはよくないよ。ほんと、彼は死んだと思うよ。

Rachel: Argh! Why does everything happen to me?!
 もうっ! なんで私にはこういうことばかり?!

Ross: Rach, I promise first thing tomorrow we'll find another doctor, but I gotta get up early and I'm not feeling all that well.
 レイチ、明日一番で他の医者を探すって約束するよ。明日は早く起きなきゃ。僕なんか調子がよくないんだ。

Rachel: What? What, do you mean you're not feeling well? What do you have? Is it Rubella? Because don't go near Emma, she has not had that shot.
 何ですって? なに、あなた調子悪いの? 何なの? 風疹? エマに近づかないでね、まだワクチン打ってないんだから。

Ross: You know? Come to think of it, it does feel Rubella-like!
 そうだな。考えてみたら、風疹みたいな気分だよ!(寝室へ戻る)

Rachel: Wiener, Wiener, Wiener, Wiener!!!
 (電話をかけて)ウィーナー! ウィーナー! ウィーナー! ウィーナー!

Ross: Rachel!!!
 (戻ってきて)レイチェル!

Rachel: Great! Now he's gonna know it was me!
 (電話を切り)もうっ! あなたのせいで私ってわかっちゃったじゃない!

《ジョーイの部屋:フィービーが来る》

Phoebe: Hey!
 ハーイ!

Joey: Hey!
 ハーイ!

Phoebe: So how is this for our big double date tonight?
 今夜のダブルデートの準備はどう?

Joey: Oh, my God!
 オーマイゴッド!

Phoebe: Ooh, great! Just the reaction I was hoping for.
 あぁ、いいわね。そういうリアクションを望んでたわ。

Joey: Yeah, so you found someone for me. You didn't forget?
 ああ、君は僕に誰か見つけてくれたんだね。忘れなかったんだ。

Phoebe: Of course not! And you're gonna love Mary Ellen. She's really smart and cute and funny, and I can't tell you how I know this, but she' not opposed to threesomes. So tell me some about my guy.
 もちろんよ! あなたマリー・エレンのこと気に入るわよ。彼女本当に賢くて可愛くて面白いの。どうして知ってるかは言えないけど、3Pもオッケーよ。それで、私にはどんな人見つけてくれたの?

Joey: No.
 いえない。

Phoebe: Come on, give me something. What's his name?
 何よ、少しは教えて。名前は?

Joey: Mike.
 マイク。

Phoebe: Mike? Okay! What's his last name?
 マイク? わかったわ。名字は?

Joey: Damn it! Is there no mystery left in romance anymore!?
 なんだよ! ロマンスに神秘は欠かせないんじゃないのか!

Phoebe: All right, we'll see you and Mike at the restaurant in a couple hours.
 わかったうぇあよ。2時間後にレストランであなたとマイクに会うわね。

Joey: All right, great. See you. Bye-bye.
 ああ、そうだな。またな、バイバイ。

Phoebe: All right.
 わかった。(出て行く)

Joey: Why did I have to say Mike? I don't know a Mike! Why couldn't I have said... There's no guy in there!
 なんでマイクなんて言ったんだ? マイクなんて知らないぞ! 他に何か言えば・・(アドレス帳を見て)男なんていない!

《モニカ達の部屋》

Rachel: It's impossible to find a good doctor. I mean, how do you know the good ones from the ones who are gonna push their penis against your knee?
 いいドクターを見つけるなんて不可能なんだわ! ペニスを膝に押し付けてこないドクターといい先生をどやって見分けたらいいのよ?

Monica: Excuse me?
 なんですって?

Chandler: I know what she's talking about.
 俺、彼女の言いたいことかわかるよ。

Rachel: We've got to find a new pediatrician. Ross was getting sick last night, and I think Emma may have caught it.
 私達、新しい小児科医を見つけないといけないの。ロスは昨日調子が悪くなって、エマにうつったんじゃないかと思うの。

Monica: Why don't you go see Dr. Gettleman?
 ドクター・ゲトルマンに診てもらえばいいじゃない?

Rachel: Ross said he died.
 ロスが、彼は死んだって言ったわ。

Monica: He didn't die. I saw his daughter last week. Said he was fine. Her on the other hand, botched Botox.
 死んでないわよ。彼女のお嬢さんに先週あったけど、ドクターも元気って言ってたわ。彼女はボトックス失敗してたけどね。

Rachel: Oh, great! Well, then I'm gonna take Emma to see him. I wonder why Ross said that he died.
 ああ、よかった! それじゃ私エマを診てもらいに行くわ。死んだなんて、どうしてロスは言ったのかしら。

Monica: Oh, maybe he was getting him confused with his childhood therapist.
 ああ、もしかしたら、子供の頃のセラピストと勘違いしたのかもね。

Chandler: He saw a therapist?
 セラピストにみてもらってたのか?

Monica: Yeah, he used to have this recurring nightmare, just really freaked him out.
 ええ。何度も悪夢を見て、本当に怖がってたの。

Rachel: Why? What was it?
 なんで? どういう夢だったの?

Monica: That I was going to eat him.
 私が彼を食べる夢。

《セントラルパーク:ジョーイが来て見回す》

Joey: Mike!!!
 マイク!

Mike: Yeah?
 なに?

Joey: Okay!
 よし!(そばに行って座る)

《レストラン:ダブルデート》

Mike: I gotta tell you, I can't believe I'm doing this with you. Although I did just get out of a nine-year relationship, so I guess I should be open and taking some risks.
 ほんと、君とこんなことしてるなんて信じられないよ。9年も続いた関係が終ったばかりだけど、思いきって冒険した方がいいのかもな。

Joey: Everything is gonna be fine. Just follow my lead, okay? All you have to do is pretend to be Mike.
 大丈夫だって。俺の指示に従ってくれたらいいから、な? ただ、マイクのふりをしてくれたらいいんだから。

Mike: I am Mike.
 僕はマイクだよ。

Joey: Atta boy!
 それだよ!

(フィービーとマリー・エレンが来る)
Joey: Here they come.
 来たよ。

Phoebe: I’m Phoebe.
 私はフィービー。

Mike: Phoebe, Mike. How are you doing?
 フィービー。マイクだ。どうも。

Phoebe: Joey, this is Mary Ellen Jenkins. So, Mike, how do you and Joey know each other anyway?
 ジョーイ、こちらマリー・エレン・ジェンキンズよ。それで、マイク、あなたとジョーイはどうやって知り合ったの?

Mike: How do I and Joey know each other? Wow, if I had a nickel for every time somebody has asked me that.
 僕とジョーイがどうやって知り合ったか? あぁ・・みんなにそれ聞かれるたびに5セントもらってたらね。

Joey: From school.
 学校で一緒だったんだよ。

Mike: Yeah, we met in college. . I mean, high school.
 ああ、僕ら大学であったんだ・・いや、高校で。

Phoebe: Wow, you guys go way back then. So what are you up to these days?
 ワオ。ずいぶん前に知り合ったのね。最近は何をしてるの?

Mike: Well, I'm a lawyer.
 僕は弁護士だよ。

Joey: Mike, attorney at law'!
 マイク、弁護士なんだ!

Mike: Actually, I just gave up my practice.
 実は、弁護士をやめたところなんだ。

Joey: What? That's the kinda thing you usually run by me.
 えっ? それ普通は俺に言うだろう。

Mike: I always wanted to play piano professionally, and I figured if I don't do this now, I never will.
 ずっとプロとしてピアノを弾きたかったんだ。今やらなかったらもうやる時がないと思ってね。

Phoebe: Wow, that's great! I liked that better than the lawyer thing, so...
 ワオ! すごいじゃない! その方が弁護士よりいいわよ。

Joey: Which is why I waited until now to introduce you to Mike.
 だから俺はマイクを紹介するのを今まで待ったんだよ。

Mary Ellen: I thought you thought he was still a lawyer.
 あなた、彼が今も弁護士だと思ってたんじゃないの。

Joey: No, no, that's not what I meant. Let's get you a cocktail.
 いやいや、そういういいじゃないよ。君、カクテル頼もうか。

《モニカ達の部屋:モニカが来る》

Monica: Hey!
 ハーイ。

Chandler: Hey!
 やぁ!

Monica: What are you doing?
 何をしてるの?

Chandler: Looking for restaurant jobs for you in Tulsa.
 タルサでレストランの仕事がないか探してるんだよ。

Monica: That's so sweet. Find anything?
 優しいのね。何かあった?

Chandler: Slim Pickings.
 スリム・ピッキング。(獲得が少ない)

Monica: Nothing, huh?
 何もないのね。

Chandler: No, 'Slim Pickings', it's a barbecue joint. They're looking for a cook. Actually 'cook' may be a bit of a stretch. They're looking for someone to shovel mesquite.
 いや、スリム・ピッキングってバーベキューの店だよ。コックを捜してるんだ。コックっていうのは誇張かもしれないが。メスキートの木を切り出してくれる人を探しているみたいだ。

Monica: 'Slim Pickings'...That is so cheesy.
 スリム・ピキンズ・・すごい安っぽいわね。

Chandler: 'So Cheesy' also has an opening.
 ソー・チージー(すごい安っぽい)ってとこも募集してるぞ。

Monica: Honey, that's okay. I actually know this woman, Nancy, who's a restaurant biz head-hunter. Maybe she'll know of something.
 ねぇ、いいのよ。私の知り合いのナンシーっていう人がレストランのヘッドハンターなの。彼女が何か知ってるかもしれないわ。

Chandler: Can I just say how much I appreciate you coming with me. When we get to Tulsa I'm taking you for a great dinner at 'Slim Pickings'. 'So Cheesy'? 'Whole Hog'? It's going to be tough to keep Kosher in Tulsa.
 君が一緒に来てくれて、どんなに嬉しいか。タルサに行ったら、スリム・ピキンズへ豪華なディナーに行こう。・・ソー・チージー? ホゥル・ホグ?(丸ごと豚)タルサに違法じゃない店あるのかな。(寝室へ)

Monica: Hi, Nancy. Hi, it's Monica Geller. I'm good. Listen, I'm looking for a job in Tulsa. Yeah, my husband has been relocated. . .Because I love him! No, I don't want a job in New York. Javu’s looking? Oh, my God! He asked for me personally? Oh, my God! Oh, wow, this is really, really flattering, but I'm moving to Tulsa. Yeah, so if you would tell Javu 'I'll take it!'
 (電話をかけ)ハーイ、ナンシー。モニカ・ゲラーよ。元気よ。ねぇ、私タルサで仕事を探してるの。ええ。私の夫が転勤になったの。・・愛してるからよ。 いえ、ニューヨークでの仕事は探してないの。ジャヴーが探してる? オーマイゴッド! 私を指名してきた? なんてことなの! まぁ、すごい、それ、本当に本当にうれしいけど、でも、私はタルサに引っ越すのよ。ええ、だから、よかったらジャヴーに行きますって言っといて。

《小児科医にきたレイチェル》

Rachel: Hi, my name is Rachel Greene, I have an appointment for Emma.
 ハーイ、私はレイチェル・グリーで、エマのための予約がしてあるんですけど。

Receptionist: Dr. Gettleman is finishing up with a patient, he should be out shortly.
 ドクター・ゲトルマンは今の患者さんが終るところですから、すぐ診察できますよ。

Dr. Gettleman: I think you just have a cold, it's definitely not strep.
 (患者を見送って出てきながら)ちょっと風邪をひいたようだね。連鎖球菌じゃないからね。

Ross: Thanks, doctor.
 ありがとう。先生。

Dr. Gettleman: Would you like a lollypop?
 ロリポップほしい?

Ross: You even have to ask?! . . He is alive!
 聞くまでもないよ!(ロリポップを取ってからレイチェルと目が合い)彼生きてた!

《ダブルデート中のレストラン》

Phoebe: You know, it's so surprising that you and Joey have known each other for so long and I've never heard about you.
 あなたとジョーイが、そんなに長い間知り合いなのに私が一度も聞いたことがないなんて、驚きだわ。

Joey: Yeah, that's because we had a bit of a falling out. Mike hit my mom with a car.
 ああ、それはちょっと俺たち仲違いしてたからな。マイクが、車で俺のかあさんをひいいたんだよ。

Mike: No, I didn't.
 いや、そんなことしてないよ。

Joey: That's okay, Mike, I have forgiven you. And now we're friends again everything's great!
 いいんだよ、マイク。もう許したんだから。もう俺たちは友達なんだし、何もかも順調だ!

Mary Ellen Wait, is your mom okay?
 待って、あなたのおかあさん大丈夫なの?

Joey: Please, we're trying to have a conversation.
 頼むよ、俺たち話をしてるんだから。(ドリンクを勧める)

Mary Ellen: Wow, you're a lot nicer on 'Days of Our Lives'.
 まぁ、「愛の病院日誌」の時の方がいい人よね。

Mike: 'Days of Our Lives'! That's why you look so familiar!
 「愛の病院日誌」だ! どおりで見たことがあると思ったよ。

Phoebe: What?!
 えっ?

Mike: What?!
 えっ?

Joey: What?!
 えっ?

Phoebe: Do you not know each other?
 あなた達、お互い知らないの?

Joey: Of course we do! Mike is playing a game that we used to play in high school. Yeah, where we pretend we don't know each other. We played all kinds of games. Hey, remember the one where I punch you in the face for not being cool?!
 もちろん知ってるよ! マイクは高校の時のゲームをやってるんだよ。知らない人みたいなふりをするんだよ。俺たちいろんなことして遊んだよな、なぁ、ちゃんとやらないと顔面パンチってゲーム覚えてるか?

Phoebe: Mike, let me ask you something. How many sisters does Joey have?
 マイク、聞きたいんだけど、ジョーイの妹は何人?

Mike: Six!
 (ジョーイが指を6本立てる)6人!

Joey: What are you doing? I said seven! . . Argh!!!
 何言ってるんだよ! 7人って言ってるだろ!(間違いに気づき)ああっ!

Phoebe: Joey, why did you set me up with a stranger?
 ジョーイ、どうして見知らぬ人と会わせたりしたのよ?

Joey: Because I forgot about our date, I'm so sorry.
 デートのこと忘れてたんだよ。本当にごめん。

Mike: I'm sorry too. And just to be clear, I didn't hit his mother with a car.
 僕もごめん。これは言っときたいけど、彼のお母さんをひいてないからね。

Phoebe: You are unbelievable! I spent so much time finding the perfect girl for you, you know. Mary Ellen is really smart and cute and loose.
 (ジョーイに)あなたって人は信じられない! あなたに完璧な子を時間をかけて探したのに。マリー・エレンは本当に賢くて可愛くてだらしないのよ。

Mary Ellen: Hey!
 ちょっと!

Phoebe: Who are you kidding? . . You just find some guy off the street for me? Oh, God! This is humiliating!
 なに、冗談でしょ?(ジョーイに)あなた私に、通りで見つけた男を連れてきたわけ? ああ、もう! 恥ずかしいったらないわ!

Joey: Look, Phoebe, I'm so sorry! Hey, look, if you don't like this guy I can find you a better one. Mike!! Mike!!
 なぁ、フィービー、本当にごめんよ! なぁ、この男が気に入らないなら、もっといいのを見つけるよ。(店を見回して)マイク! マイク!

Phoebe: I'm out of here.
 もう行く。(出て行く)

Mike: It was nice meeting you!
 会えてよかったよ!

Joey: You're leaving too?
 (マリーに)君も帰るの?

Mary Ellen: I'll stay if you can tell me my name.
 もし私の名前を言えたら残るわよ。

Joey: Have a good night!
 いい夜をね。

《モニカ達の部屋》

Chandler: Honey, we're leaving tomorrow you've still got a lot of packing to do.
 なぁ、明日出発なのに、君全然荷造りしてないよ。

Monica: You're right. … Maybe I shouldn't go.
 そうね。・・私行かないかも。

Chandler: What?
 えっ?

Monica: So Nancy told me about this job at this great restaurant, Javu. It's just a little outside of Tulsa.
 ナンシーが、ジャヴーっていう素敵なレストランの仕事があるって言うんだけど、タルサからちょっと離れてるの。

Chandler: How far outside?
 どれくらい?

Monica: Manhattan.
 マンハッタンなの。

Chandler: And you're thinking of taking it? … So before you said being me with me was more important than any job, but I guess now it's old job, me, new job.
 それでその仕事受けるの? それじゃ、俺がどんな仕事よりも大事って言ったけど、でも今は、前の仕事、俺、新しい仕事(段々手を上げる)ってことか。

Monica: I'm gonna miss this hand! Okay, I know it's a lot to ask, but oh, my God, Chandler, this is a once in a lifetime opportunity.
 きっとこの手を恋しく思うわ! ねぇ、大変なお願いだってことはわかってるけど、ああ、だけどチャンドラー、これは一生に一度のチャンスなのよ。

Chandler: What happened to 'you can't live without me four days a week'?
 「週に4日も俺なしでいられない」ってのはどうなったの?

Monica: Well, if you really think about it, I mean four days is not that long. I mean, I see you Monday before you go to work, and I see you Thursday when you get back, and I always work late on Tuesdays, so really if you think about it, it's really just one day. And well, if we can't make it one day, we've got real problems, my friend.
 うん、よく考えてみたらね、4日間ってのはそんなに長くなかったわ。月曜日に仕事に行く前に会えるでしょ、それから木曜日に帰って来たら会えるでしょ。それに私いつも火曜日は遅くまで仕事してるから、本当によく考えてみたら、ただ1日だけなのよ。それに、その1日も耐えられないようだったら、それこそ問題ってことよね。

Chandler: I think you should take the job.
 その仕事受けろよ。

Monica: Really?
 本当?

Chandler: Yeah. I know it must be important to you when you start chattering like a monkey.
 ああ。そんなふうにサルみたいにしゃべり出した時は大事なことだってわかってるよ。

Monica: That's the nicest thing anybody has ever said to me!
 そんな素敵なこと言われたの生まれて初めてよ。

(ロスとレイチェルが来る)
Ross: Hey!
 やぁ。

Monica: How was the pediatrician?
 小児科はどうだった?

Rachel: Oh, I really liked him. Yeah, it was really, really, really good.
 ああ、本当に気に入ったわ。ええ、本当にすごくすごくすごくよかった。

Ross: You promised you wouldn't say anything.
 君、何も言わないって約束しただろ。

Rachel: I know. . . Ross still sees his pediatrician!!! . . I don't care!
 ええ。・・ロスは今も小児科に通ってるのよ! (ロスに)知るもんですか。

Monica: Are you serious? You still see Dr. Gettleman?
 本当の話? まだドクター・ゲトルマンに診てもらってるの?

Ross: He's a brilliant diagnostician!
 彼は聡明な診断医だよ!

Chandler: Diagnostician or boo-boo fixer?
 診断医か、それとも転んだとき助けてくれる人?

(boo boo= へま・擦り傷。fixer = 治す人、仲介人)

Rachel: Ross, seriously! You've gotta go to an appropriate doctor.
 ロス、本当よ、ちゃんとしたドクターを見つけなさいよ。

Ross: Why? Why? I know it's a little weird, but hey, he's a great doctor, okay? He knows my medical history, and every time I go in there, he makes a big deal. 'Ah look, it's my favorite patient!'
 なんで? なんで?! ちょっと変だとは思うけど、でも、彼は素晴らしいドクターだよ。僕の受信歴だってわかってるし、行くといつも、大歓迎してくれるんだ。「ああ、僕のお気に入りの患者さんだ」って。

Chandler: Does he say that before he sticks his thermometer in your tushy?
 それ、おまえのお尻に体温計を入れる前に言ってくれるの?

Ross: Hey, I seem to remember someone bringing his security blanket to college!
 なぁ、思い出したけど、誰かさんは、大学へ安心毛布を持ってきてたよな!

Chandler: That was not a security blanket! That was a wall-hanging!
 あれは安心毛布じゃない! あれは壁掛けだ。

Ross: It didn't spend much time on the wall!!!
 ちっとも壁に掛かってなかったよな!!

《セントラルパーク:フィービーを見つけるマイク》

Mike: Excuse me, hi. I was hoping I would run into you. Can we talk?
 失礼、どうも。君に会えないかと思ってきたんだ。話してもいい?

Phoebe: Sure.
 ええ。

Mike: I'm sorry, really, I'm so embarrassed. Really, I'm a pretty nice guy. Just ask my parole officer...Apparently, I'm not a funny guy.
 ごめんね、本当に、恥ずかしかったよ。僕は本当はいいやつなんだよ。僕の保護監察官に聞いてよ。・・・僕はおもしろいヤツじゃないみたいだね。

Phoebe: Why did you go along with that?
 どうして彼に合わせてたの?

Mike: Because I was told I'd get a free dinner, which I didn't. And that I'd meet a pretty girl. Which I did.
 食事をおごるって言われたからだよ。おごってもらわなかったけど。それと、かわいい女の子に会わせるって言われたから。それは本当だった。

Phoebe: That's true. . Well, is anything you told me about yourself true?
 それはそうね。・・あなたが自分について話したことは本当のこと?

Mike: My name in Mike, and I do play piano.
 僕の名前はマイク。それに、ピアノも弾く。

Phoebe: Oh. Prove it.
 あら、証明して。

Mike: There isn't a piano here.
 ここにはピアノがないよ。

Phoebe: That wouldn't stand in the way of a true pianist.
 本当のピアニストならそんなこと問題じゃないわ。

(マイクはエア・ピアノを演奏)

Phoebe: You are really good! I play a little guitar myself.
 本当に上手なのね! 私はギターを弾くのよ。

Mike: Really?
 本当?

Phoebe: Uh huh.
 ええ。

Mike: That's great. What kind of music do you play?
 すごいな。どんな曲を弾くの?

Phoebe: Well, like acoustic folksy stuff. You know? But right now I'm working on a couple 'Iron Maiden' covers.
 アコースティック・フォークって感じよ。でも今は、アイアン・メイデンのカバーをしてるわ。

Mike: Do you think that maybe, sometime, I could...
 もしかして、よかったら、いつか・・僕・・

Phoebe: It's okay. Go ahead, ask me out.
 いいわよ。ええ、誘って。

Mike: Okay. Do you think maybe sometime I could take you out?
 わかった。いつか、デートしてくれる?

Phoebe: Oh, you just caught me off guard! Yeah, that would be nice.
 まぁ、急に言うからいビックリよ。ええ、それはいいわね。

(ジョーイが入ってきて2人を見る)
Joey: Look at this. My two best friends!
 やぁ! 俺の親友の2人だ!(2人に睨まれ立ち去る)

《小児科医》

Ross: Excuse me, I don't mean to be a jerk, but the baby with the rash came in after me.
 すみません、イヤなやつになりたくないけど、あの発疹の出た赤ちゃん、僕より後に来たのに。

Receptionist: The doctor will be right with you, sir.
 すぐ順番が来ますから。(待合室に戻るロス)

Girl: Mommy, I can't find Waldo.
 マミー、ウォーリーが見つからないわ。

Ross: With the circus? He's behind the elephant.
 サーカスのやつ? 像の後ろにいるよ。

Woman: Wow, so your child is a big fan of the Waldo books too?
 ワオ。あなたのお子さんもウォーリーを探せの大ファンなのね?

Ross: Yeah, that's how I know. I'm Ross, by the way.
 ええ。だから知ってるんですよ。ところで僕はロスです。

Sally: Hi, I'm Sally. So, no ring. Can I assume you are also a single parent?
 ハーイ、私はサリーよ。指輪をしてないところを見ると、あなたもシングルペアレントなのね?

Ross: I am a single parent.
 僕はシングル・ペアレントですよ。

Sally: It's hard, isn't it? There's almost no time for a social life. I mean, where are you gonna meet someone?
 大変よね? 誰かとつきあうような時間なんてないもの。どこで人と出会えるっていうの?って感じよね。

Ross: Well, let's say, I don't know, you met someone in the pediatrician's office.
 そうだな、小児科で出会うんじゃないかな。

Nurse: Rossy, we're ready for you.
 (ロスに)ロッシー、あなたの番ですよ。

Ross: Hmm, yeah. . . Come on, Ross jr. It's time to go in.
 うーん、ええ・・(知らない男の子に)おいで、ロス・ジュニア。君の番だよ。

Boy: Mommy.
 マミー。(怖がってサリーに駆け寄る)

Girl: Mommy, what's wrong with that man?
 マミー、あの人どうしちゃったの?

Ross: Hey, I helped you find Waldo!
 おい、僕がウォーリーを見つけてやったんだぞ!

《モニカ達の部屋:ロスが来る》

Ross: Oh, good, you haven't left yet.
 ああ、よかった。まだ出発してなかったね。

Monica: Where have you been?
 どこ行ってたの?

Ross: I got held up at Dr. Gettleman's office. There was some guy that freaked everybody out.
 ドクター・ゲトルマンのところでつかまっちゃってたんだよ。みんなを怖がらせた変なヤツがいたんだ。

Chandler: Well, you got here just in time. I really have to go, buddy.
 ちょうどいいタイミングだったよ。俺はもう行くよ。

Ross: Oh, man.
 ああ、そうか。

Monica: Promise to call me when you land.
 着いたら必ず電話してね。

Chandler: Of course I will call you. I love you.
 もちろん電話するよ。愛してるよ。

Monica: I love you too.
 私も愛してるわ。(キス)

Rachel: Okay, wow, wow, wow. Watch the tongue, people, we've got a baby over here.
 はい、ちょっとちょっとちょっと。舌には気をつけてね、赤ちゃんがいるんだから。

Phoebe: Bye, Chandler.
 バーイ、チャンドラー。

Chandler: Awww. Bye!
 ああ。(ハグ)バーイ!

Rachel: Bye, honey.
 バーイ。(ハグ)

Chandler: What's the matter, Joe?
 (ジョーイが避けるので)どうしたんだ、ジョー?

Joey: I'm mad at you for leaving! You're nothing but a big leaver. Big leaver with a stupid suitcase.
 行っちゃうから怒ってるんだ! おまえなんか、ただの行っちゃうヤツだ。バカげたスーツケースもった行っちゃうヤツめ!

Chandler: Any chance you are trying to pick a fight to make all this easier?
 ひょっとして、ケンカを売って別れやすくしてるのか?

Joey: Dude, you see right through me!!
 おまえは俺のことお見通しだな!(ハグをしてから、チャンドラーのスーツケースを倒して出て行く)

Chandler: Well, bye, Mon, bye Ross, Rachel, bye, Emma!
 それじゃ、バーイ、モン、バーイ、ロス、レイチェル、バーイ、エマ。

Phoebe: Okay, bye-bye! . . Have a good trip. . . Okay. Oh, my God.
 わかった、バイバイ!(チャンドラーを廊下へ押し出す)いい旅をね!(ドアを閉めて)はいはい、まったく。

Monica: Chandler, wait. It goes: Old job, new job, you. This is just something I have to do.
 (追いかけて廊下に出て)チャンドラー、待って。こうよ。前の仕事、(差し出した手を上げる)新しい仕事、あなた(離れて高く手を上げる)これはどうしてもやりたいことなの。

Chandler: I know.
 わかってるよ。

Monica: I love you so much.
 すっごく愛してるわ。

Chandler: I know that too.
それもわかってるよ。(キス)

(ジョーイが部屋から顔を出し、チャンドラーのスーツケースを部屋に引き入れる)

《空港》

Chandler: Don't worry, I'll be back before you know it. Yes, it will be the same. Because I know, that's how. I promise.
 (携帯で)心配ないって。あっという間に帰ってくるよ。ああ、何も変わらないよ。俺がそう言うからそうなんだよ。本当だよ。

《モニカ達の部屋》

Joey: You double promise? Call me when you land.
 (電話で)二重の約束する? 着いたら電話して。

Monica: Can I talk now?
 もう代わってくれない?

Joey: Okay, bye.
 わかった。バーイ。(電話を切る)

Monica: Joey?
 ジョーイ?!

Joey: He had to board.
 もう飛行機に乗らなくちゃだって。




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 01:12| Comment(0) | Season 9 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。