2013年11月24日

9-2 The One Where Emma Cries

9-2 エマが泣く話

 ☆ホントに泣きたいのは誰?!☆

《レイチェルの部屋:前回の続き》

Ross: You said you’d marry Joey?
 君、ジョーイと結婚するって言ったの?

Rachel: Okay, you have to realize, I was exhausted, I was emotional, I would have said yes to anybody. Like that time you and I got married! … I’m not helping.
 考えてもみて、私は疲れきってたのよ。感傷的になってたし、誰にだってイエスって言ったわ。私達が結婚した時と同じよ! ・・・助けになってないわね。

Ross: So you said yes to him, and you just had our baby?
 それで君は彼にイエスって答えたんだ、僕らの子供を産んでいて。

Rachel: That is right and traditionally the daddy is supposed to give the mummy a present but I am prepared to let that go.
 その通りだけど、伝統的におとうさんって、お母さんにプレゼントを渡すものだけど、それは忘れてあげてもいいと思ってる。

Ross: So when I came in here to see if you wanted to maybe start things up again, you were engaged to my best friend.
 それじゃ、僕たちやり直せないかなって話をしに来たときに、君は僕の親友と婚約してたんだ。

Rachel: Well−Really? I thought Chandler was your best friend.
 え、ほんと? 私、チャンドラーがあなたの親友かと思ってたわ。

Ross: Well, Chandler’s my oldest friend, but Joey’s my−No! Ah!
 いや、チャンドラーは一番古い友達で、ジョーイは・・・いや、おっと!(レイチェルを指差す)

(ジョーイが来る)
Joey: Hey, you guys, I’m gonna take off. I just wanted to let you guys know, say goodbye.
 君たち、俺はもう帰るよ。それ言いに来たんだ。じゃあな。

Ross: Rachel said she’d marry you?!
 レイチェルは君と結婚するって言ったのか?

Joey: This isn’t the right room, sorry folks.
 部屋間違えたかな。失礼。(出て行く)

《ロスの部屋:ロスとレイチェルを待つ4人》

Monica: Okay, I don’t wanna be negative so I’ll say that most of the signs you bought are good.
 (お迎えポスターに “It’s a boy”と書いてあるので)ネガティブなこと言いたくないから・・あなたの買って来たサインはほとんどいいわね。

Phoebe: No, they ran out of "It’s a girl" but I can fix this one. . .See?
 ええ、”It’s a girl”が売り切れだったのよ。でも直せるわ。( It’s と a の間にnotと書く)ほらね?

Monica: So sexy. . . Honey.
 (口からしぼんだ風船をぶらさげて眠るチャンドラーを見て)すごくセクシー。(起こす)ねぇ。

Chandler: Yeah.
 ああ。

Monica: Honey, why don’t you go lie down.
 ねぇ、帰って寝たら。

Chandler: No, no, Ross and Rachel will be back soon and then I gotta go to the office. . . Am I producing them?
 いやいや、ロスとレイチェルがもうすぐ来るだろう。そしたら俺オフィスに行くよ。(口から風船が出てくる)俺これ産んでる?

Joey: Why’re you so tired?
 なんでそんなに眠いんだ?

Chandler: Couldn’t sleep last night, you know. Then I started worrying about this big divisional meeting that I have later today, the more I worried about it the more I couldn’t sleep. You know? I was like, if I fall asleep now I’ll get six hours sleep, but if I fall asleep now I’ll get five hours sleep. Not matter what I did I couldn’t fall asleep.
 昨日眠れなかったんだよ。そうしたら今日の大事な会議のことが心配になって、心配になったらよけい眠れなくなったんだ。今寝たら6時間眠れる、今寝たら5時間根売れる・・って。何をしても眠れなかったんだ。

Joey: You know what you should’ve done, you should have told yourself that little story.
 何をしたらいいかっていうと、今の話を自分に聞かせてやればよかったんだよ。

(レイチェルがエマを抱いて入ってくる)
Rachel: Hi!
 ハーイ!

Everyone: Hi, welcome home!
 ハーイ! おかえり!

Monica: Phoebe did the signs!
 フィービーがサイン担当よ!

Rachel: Oh, you guys, thanks for doing this.
 ああ、みんな、こんなことしてくれてありがとう。

Phoebe: Look at all the stuff people sent!
 みんなからの贈り物見て!

Rachel: Oh, Ah! .. Oh, my gosh there’s something every mother needs, a giant stuffed gorilla that takes up the entire apartment! What are people think… Oh, you guys, I love it.
 ああ、わぁ! (大きなゴリラのぬいぐるみを見て)ああ、ほんと、おかあさんはみんな欲しがるわよね、部屋を占拠しちゃう巨大なぬいぐるみのゴリラ! 何を考えて・・・(カードを読んで)ああ、みんな、すごく気に入ったわ!

Joey: Hey, so where’s Ross?
 ねぇ、ロスは?

Rachel: He’s downstairs getting the rest of the stuff out of the cab.
 ロスは、下でタクシーから荷物を降ろしてるわ。

Joey: Is he still mad at us?
 彼まだ俺たちのこと怒ってる?

Rachel: Well, you more then me, but he can’t stay to mad at me. I mean, I just had his baby.
 私よりあなたにね。私には怒ってられないのよ。私は彼の赤ちゃん産んだんだから。

Joey: That’s not fair! I can’t do that.
 卑怯だな。俺にはそれできないじゃないか。

Rachel: Yeah, I’m not so sure you should be here when he comes up.
 ええ、彼が来た時にあなたがいていいかどうかわからないわ。

Joey: See this is what I was afraid of, I didn’t think I should be here either but somebody said he’d be over it by now.
 ほら、俺はこれが怖かったんだよ。俺はこない方がいいと思ったんだけど、でも誰かさんが(チャンドラーを見て)やつももう乗り越えてるだろうって言ったんだ。

Chandler: Hey, what do I know? I wanted to get a bigger gorilla.
 おい、俺に何がわかる? 俺はより大きいゴリラにしたかったんだぞ。

《会議室:居眠りをするチャンドラー》

Ms. McKenna: The numbers we are seeing New York, Chicago, and London are consistently solid, but many of our officers have reported disappointing fields. . .Boston is down, Atlanta is down, Houston is down, I could go on and on but instead of boring you I’ll go straight to my forty two point plan.
 ニューヨーク、シカゴ、そしてロンドンの数字は安定してますが、でもその他の役員は残念な結果を知らせてきています。(ウトウトし続けるチャンドラー)ボストンは下降、アトランタも下降、ヒューストン下降、まだまだ続けられるけど、そえrで退屈させるより、42ポイントプランに行きたいと思います。

(隣の男性にもたれかかったり手を握ったりしてから目を覚ますチャンドラー)
Chandler: Walter.
 ウォルター。

《ロス達の部屋》

Phoebe: She’s just so cute! I just wanna bite her ear off and use it and a sucking candy.
 彼女本当にキュートね! この耳を食いちぎってキャンディにしたいわ。

Monica: Phoebe! But I could take one of those little feet and put it in a pita pocket.
 フィービー! でも、あの小さな足をとって、ピタポケットに入れたいわ。

pita.jpg
(pita pocket = ピタを袋状にしたもの)

Ross: Okay, I put most of the stuff away.
 (寝室から来て)ほとんど片付けたよ。

Rachel: Oh, great, the pacifiers?
 ああ、よかった。おしゃぶりは?

Ross: It’s in the cupboard.
 食器棚だよ。

Rachel: The burping cloths?
 よだれかけは?

Ross: Linen closet.
 クローゼット。

Rachel: The diapers?
 おむつは?

Ross: In the hospital.
 病院だ。

Phoebe: Wow, you guys got a hospital? Fancy!
 まぁ! 病院持ってるの? 素敵ね!

Ross: No, I left the diapers at the hospital! There’s some in the bag but I’ll run out and get some more.
 いや、病院におむつ忘れてきたよ。バッグに少し入ってるけど、もっと買ってくるよ。

Rachel: All right, thanks. Oh, Ross, could you stop by the coffee house and get me a muffin?
 わかったわ、ありがとう。ねぇ、ロス、コーヒーハウスに寄ってマフィン買って来てくれない?

Ross: Sure. What kind?
 いいよ。何味?

Rachel: Umm let me think...What do I want, what do I want...
 そうね・・何にしようかな・・何にしよう・・

Ross: Please take your time, it’s an important decision. Not like, say, I don’t know, deciding to marry someone, this is about a muffin.
 ゆっくり考えて。重要な決断だからね。あれじゃないよね、ほら、誰と結婚するとか。これはマフィンなんだから。

Rachel: …Blueberry.
 ・・ブルーベリー。

Ross: Blueberry, it is.
 ブルーベリーだね。(出て行く)

Rachel: Thanks.
 ありがとう。

Monica: Wow, he’s really not letting this go, is he?
 ワオ・・本当にひきずってるわね。

Rachel: God, how long do you think that’s gonna last?
 ああ! どれくらい続くのかなぁ?

Phoebe: Well, I don’t no. He got over the "We were on a break" thing really quickly.
 どうかしらね。「あれは別れた後だ」の時、すごく早く乗り越えたわよね。

Rachel: You know, I can’t even worry about that right now. Because I got the cutie little baby, oh, I can’t believe how much I love her. I can’t get enough of her. Like, right now, I miss her. I actually miss her.
 もう今はそれどころじゃないわ。だってこの可愛い赤ちゃんがいるんだもの。こんなに愛しちゃうなんて信じられないわ。いくら見ても足りないわ。もう今もこの子が恋しい。ほんと、恋しいわ。

Phoebe: You know, that’s… that’s her.
 ねぇ、この子が彼女よ。

Rachel: Oh, god, look at her sleeping. Oh, I love her so much! Oh, I think I’m gonna wake her up.
 ああ、見て眠ってるわ。すごく愛してる! 私起こしちゃおうかな。

Phoebe: Oh, no, Rach, no no, you know, you’re never supposed to wake a sleeping baby.
 あぁ、ダメよレイチ、ダメダメ。寝てる赤ちゃんは、絶対起こしちゃダメなのよ。

Rachel: Well, I can do whatever I want! I made her! . . Come on, little girl, hi!
 いえ、私はしたいようにしていいのよ。私が作ったんだもの!(抱き上げる)おいて赤ちゃん、ハーイ!(泣き出すエマ)

Phoebe: Well, I would say I told you so but she’s kinda doing that for me.
 だから言ったでしょって言いたいけど、エマが代わりに言ってくれてるわ。

Rachel: Oh, I’m sorry. Oh, mummy’s so sorry. Go back to sleep, go back to sleep. Shh. Shhh! Go back to sleep.
 ああ、ごめんなさい。本当にママが悪かったわ。また眠って、眠ってちょうだい。シーッ。シーッ。もう一度眠って。(泣き止まない)

Monica: Breaks your heart, doesn’t it
 心が痛むわよね。

Phoebe: It really does. . . How long do you think we have to stay?
 本当よね。・・・私達、いつまでいなきゃいけないのかな?

《会議室:まだ居眠り中のチャンドラー》

Ms. McKenna: Okay, if everyone’s on board, it’s settled, Chandler . . . Chandler?
 では、賛成者があれば、決まりです。チャンドラー・・(チャンドラーが眠っているのでウォルターが腕に触って起こしてようやく起きる)・・チャンドラー。

Chandler: Yep.
 はい。

Ms. McKenna: Are you on board?
 賛成ですか?

Chandler: Yes.
 (?)はい。

Ms. McKenna: Then, problem solved. Chandler will be running our office in Tulsa. You’re gonna love Oklahoma.
 それじゃ問題解決ですね。ではチャンドラーに、タルサオフィスの運営をしていただきます。きっとオクラホマを気に入るわよ。

《ロスの部屋:まだ泣いているエマ》

Phoebe: All right, we already tried feeding her, changing her, burping her, oh, try this one! Go back in time and listen to Phoebe!
 もう、ミルクはあげたし、おむつは替えたし、ゲップも出させたわ・・そうだ! これ試していて! 時間をさかのぼって、フィービーのいうことを聞くのよ!

Monica: All right, here’s something, it says to try holding the baby close to your body and then swing her rapidly from side to side.
 ねぇ、これなんかどう。ここに、赤ちゃんを抱いて、左右に早く揺するって書いてあるわ。

Rachel: Okay.
 わかった。(早すぎる揺すり方だが泣き止む)

Monica: It worked!
 効いたわ!

Rachel: Oh, oh, no, just stopped to throw up a little bit. . . Oh, come on, what am I gonna do, its been hours and it won’t stop crying.
 あ、違うわ。ちょっと吐くために泣き止んだだけよ。(泣き出す)ああ、もう、どうしたらいいのよ。もうこれ1時間も泣き止まないわ。

Monica: Umm, she, Rach, not it, she.
 ねぇ、「彼女」よ、レイチ。「これ」じゃないわ、彼女よ。

Rachel: Yeah, I’m not so sure.
 ええ、本当にそうかしら。

Monica: Oh, my god, I am losing my mind.
 ああ、もう、どうかなりそうだわ。

Phoebe: Yeah, no kidding, this just proves no good can come from having sex with Ross!
 ええ、もう笑い事じゃないわ。これはつまり、ロスとセックスするとろくなことがないってことよ!

《セントラルパーク》

Ross: Hey, Gunther, can I get a couple of blueberry muffins to go?
 やぁ、ガンター、ブルーベリーマフィンを2つ持ち帰りで頼むよ。(おむつの袋を置く)

Gunther: Diapers, huh?
 おむつだね?

Ross: Yep.
 ああ。

Gunther: So I guess Rachel had your baby?
 それじゃ、レイチェルは君との赤ちゃんを産んだんだ。

Ross: Yep, can you believe it?
 そうだよ。信じられる?

Gunther: Nope! I still can’t believe she slept with you in the first place.
 いいや! 第一、彼女が君と寝たことが信じられない。

Ross: Huh? Oh, oh, you mean like, a… Huh?
 は? ・・・ああ、それはつまり・・・は?

(ジョーイが来る)
Joey: Hey. . .Ross, I know you’re pissed at me, but we have to talk about this.
 やぁ。・・ロス、おまえが俺に怒ってるのはわかってるけど、話し合わないと。

Ross: Ah, actually we don’t.
 いいや、話し合わなくていい。

Joey: Fine, fine, okay. But I gotta say technically, I didn’t even do anything wrong.
 いいよ、わかったよ。でも、厳密には、俺は何も悪いことはしてないよ。

Ross: What! You didn’t do anything wrong?!
 なに! 何も悪くないっていうのか?

Joey: I said I didn’t technically.
 厳密にはって言っただろ。

Ross: Okay, let’s put aside that you “accidentally” picked up my grandmothers ring and you “accidentally” proposed to Rachel.
 わかったよ、じゃあ君が「偶然」僕の祖母の指輪を拾って、「偶然」レイチェルにプロポーズをしちゃったってことは置いとくとして。

(「」はエアクオート。 air quotes = 指で “ ” を表現する)

Joey: Look, can I just stop you right there for a second? When people do this I don’t really know what that means. …You were saying?
 なぁ、途中で悪いけどいい? みんながこれをするとき(エアクオートを真似る)なんのことかわからないんだけど。・・何の話だった?

Ross: And I can even understand that you couldn’t tell Rachel, but why couldn’t you tell me, huh? You had all day to and you didn’t.
 レイチェルに言えなかったことも、あえて理解するよ。でも、なんで僕に言わなかったんだ。え? 一日時間はあったのに、言わなかったんだ。

Joey: I know I should’ve. "I’m sorry."
 そうするべきだったよ。(エアクオートで)「ごめんよ」

airquotes.jpg
(エアクオート付きは「いわゆる○○」みたいな意味になるので、この場合は「『ごめんよ』みたいな」とか、本気で言っていないことになる)

Ross: Not using it right, Joe.
 使い方が間違ってるよ、ジョー。

Joey: “I’m sorry.”
 「ごめんよ」(エアクオートの手の位置を狭めてみた)

Ross: I’m gonna go.
 もう行くよ。

Joey: No, come on, Ross! . . Look, Ross, we have to get past this.
 いや、待てよ、ロス!(ロスのバッグを掴んで引き留める)なぁ、ロス、これもう終らせたいんだよ。

Ross: Give me the bag.
 バッグを返せ。

Joey: No, look, I don’t know what else to do. I said I’m sorry!
 いやだよ。もうどうしたらいいかわからないよ。ごめんって言ってるじゃないか!

Ross: Joey!
 ジョーイ!

Joey: You should scream at me, or-or-or curse me, or hit me.
 どなってくれたらいいよ。ののしってくれ。それか、殴ってくれ。

Ross: I’m not gonna hit you.
 殴ったりしないよ。

Joey: Why not? You’ll feel better! I’ll feel better, and you know you want to. I can see it in your eyes.
 なんで? 気分がよくなるぞ! 俺も気が楽になる。殴りたいんだろ。目がそう言ってるぞ。

Ross: No, I don’t.
 いいや。殴りたくない。

Joey: A little bit.
 ちょっとだけ。

Ross: No.
 いやだ。

Joey: Little bit.
 ちょっとだけ。

Ross: No!
 いやだ!

Joey: A little bit more.
 もうちょっと。

Ross: Give me the bag.
 バッグを返せ。

Joey: No, hit me
 いやだ、殴れ。

Ross: Give me the bag.
 バッグを返せ。

Joey: Hit me.
 殴れ。

Ross: Joey, give me the bag.
 ジョーイ、バッグを返せ。

Joey: Hit me!
 殴れ!

Ross: Joe, I’m not kidding…
 ジョー、本気で言ってるんだ・・

Joey: Hit me, hit me.
 殴れ、殴れ。

Ross: No!
 イヤだ!

Joey: Hit me! Hit me! Hit me! Hit me!
 殴れ! 殴れ! 殴れ! 殴れ! 殴れ!

(ついにロスは殴ったが、ジョーイはかがんでよけたため、ロスは金属の柱を殴ってしまう)

Ross: You ducked!!
 避けたな!

Joey: I’m sorry! It was a reflex!
 ごめんよ。条件反射だよ!

Ross: Oh, my god, this really hurts!!!
 ああ、もう・・本当に痛いよ!

Joey: I couldn’t help it! When a fist comes at your face, you duck! Look!
 ついかがんでしまったんだよ! 拳が顔に向かってきたら、よけるだろう! ほら!(殴ってロスがよけるところを見るつもりが、ロスはよけず、顔面にジョーイのパンチを受けるロス)

Ross: What is the matter with you?!?
 おまえどうなってるんだよ?!

Joey: You were supposed to duck!!! Why didn’t you duck?
 よけるはずだったんだよ! なんでかがまない?

Ross: Why don’t we talk about this on the way to the hospital?
 それは、病院へ向かいながら話そうか。

Joey: Good, good, yeah, maybe while we’re there, they can check your reflexes. "Oops."
 いいよ、わかった。病院でおまえの反射神経も見てもらった方がいいかもな(ドアを開け、ロスの顔にぶつけてしまう)「おっと」(エアクオート)

《ロスの部屋:まだ泣いているエマ》

Monica: Try feeding her again.
 またおっぱいあげてみたら。

Rachel: I already fed her.
 もうあげたわよ。

Monica: I know, that’s why I said again!
 知ってるわよ。だから、またって言ったでしょ!

Phoebe: Alright, you guys, we can’t turn on each other, Okay? That’s just what she wants.
 ねぇ、あなた達、八つ当たりはやめましょうよ、ね? それが彼女の狙いなんだから。

(チャンドラーが来る)
Chandler: Hey.
 やぁ。

Monica: Hey.
 ハーイ。

Chandler: Monica, can I talk to you outside for a minute?
 モニカ、ちょっと外で話せる?

Rachel: Oh, no, you guys, just stay here. I’m gonna go check her diaper. Pheebs, you wanna come?
 あら、いいのよ、あなた達、ここにいて。私、おむつ見てくるから。フィーブス、あなたも来る?

Phoebe: Oh, I’m kinda part of this.
 いえ、私こっちの話に加わるから。

Chandler: Actually, Pheebs, it’s more of a husband and wife kinda thing
 いや、フィーブス、夫婦の間のことなんだ。

Phoebe: I knew I should have married Chandler.
 やっぱりチャンドラーと結婚しとけばよかった。(レイチェルと一緒に奥へ)

Monica: Okay, what’s up?
 なぁに、どうかした?

Chandler: Umm, you know how we always said that it would be fun to move to Paris for a year? You know, you could study French cooking and I could write and we could picnic along the Seine and go wine tasting in Bordeaux?
 なぁ、1年パリで暮らしたらいいなっていつも話してたよな? 君はフランス料理を学べるし、俺は物書きをしたり、セーヌ川沿いをピクニックしたり、ボルドーでワインの試飲をしたりね。

Monica: Oh, yeah.
 ええ、そうね。

Chandler: Okay, you know how people say that Tulsa is the Paris of Oklahoma?
 いいかい、タルサはオクラホマのパリって言われてるって知ってる?

Monica: What? Who says that?
 え? 誰が言ってるの?

Chandler: People who’ve never ever been to Paris.
 パリに行ったことがない人達だよ。

Monica: What’s going on?
 何がどうしたの?

Chandler: We’re moving to Tulsa!
 俺たちタルサに引っ越すんだ!

Monica: Excuse me?
 なんですって?

Chandler: Okay, Ms. McKenna, she kind of works above my boss, she asked me to move to Tulsa and be the president of our office there, and I was sleeping and apparently, said yes.
 マッケンナさんなんだけどね、彼女俺のボスの上司でさ、彼女に、タルサの所長になれって言われたんだけど、俺は寝ててさ、わかったって言っちゃったみたいなんだ。

Monica: Tulsa, Oklahoma!
 タルサ、オクラホマ?!

Chandler: The Sooner State, whatever that is.
 抜け駆けの州だよ。何だか知らないけど。

Monica: Chandler, I don’t even wanna see the musical Oklahoma!
 チャンドラー、ミュージカルのオクラホマ!だって見たいとも思わないのに!

Chandler: Really? Oh, What A Beautiful Morning! Surrey With A Fringe On Top.
 ホント? 「なんて美しい朝!」とか、 「飾りのついた四輪馬車」だぞ。

(Oh, What A Beautiful Morning! , Surrey With A Fringe On Top = どちらも「オクラホマ!」の曲)

Monica: Are you trying to tell me that we’re moving to Oklahoma, or that you’re gay? All right, not that this matters, but did they at least offer you a huge raise?
 あなた、オクラホマへ引っ越すって話してるのか、それともゲイって言ってるの? いえ、それだからどうってことじゃないけど、せめて昇給はするんでしょうね?

Chandler: No, no, but they are going to lease us a Ford Focus. . . I’ll get out of it.
 いいや。でも、フォード・フォーカスを貸してもらえるよ。(睨まれ)辞退してくるよ。

Monica: Thank you.
 ありがと。

Chandler: What is wrong with Emma?
 (泣き声が聞こえて)エマはどうしたんだ?

Monica: Oh, she misunderstood, she thought she was moving to Tulsa.
 あぁ、彼女勘違いしてるのよ。自分がタルサへ行くのかと思ったんだわ。

《マッケンナのオフィスにくるチャンドラー》

Chandler: Ma’am, do you have a minute? . . I kind of have some bad news. I don’t think I can move to Tulsa.
 すみません、ちょっといいですか? 残念な話なんですけど。私はタルサに行けないんです。

Ms. McKenna: What?
 えっ?

Chandler: It’s a funny story, actually. I kind of fell asleep in the meeting this morning so when I said I’d move to Tulsa, I didn’t really know what I was saying.
 実際、おかしな話なんですよ。今朝の会議中に眠ってしまって、タルサに行くって言ったとき、自分で何を言ってるかわかってなかったんです。

Ms. McKenna: You fell asleep?
 眠ってたですって?

Chandler: But only because I was up all night worried about this meeting. Isn’t that funny? Irony? Not a fan, alright. . . See, here’s the thing. I went home and told my wife about Tulsa and she won’t go. See, me, I love Tulsa! Tulsa is heaven! Tulsa is Italy−Please don’t make me go there!
 その理由ってのが、この会議が心配で一睡もできなかったってことなんですよ。おもしろいでしょ? 皮肉なもんですよね? 楽しくない、そうですか。あのですね、こういうことなんです。家に帰って妻にタルサの件を話したんですが、彼女が行かないっていうんですよ。私はね、タルサを愛してますよ。タルサはイタリアですよ。お願い、行かせないでください。

Ms. McKenna: Chandler, I…
 チャンドラー、私は・・

Chandler: No, no, no! Look, Carol, can I call you Carol? … Wh-why would I when your name is Elaine? Oh, what a great picture of your son, strapping! . . That’s a picture of your daughter, isn’t it. Well, she’s lovely. I like a girl with a strong jaw. I’ll call you from Tulsa.
 いえいえいえ、いいですか、キャロル・・キャロルと呼んでいいですか?呼んでいいわけないですよね、お名前エレーヌなのに。わっ、息子さんの写真素晴らしいですね、がっしりして! ・・・これはお嬢さんの写真ですよね? いや、可愛らしい。しっかりした顎の女の子大好きですよ。・・タルサから電話しますね。(部屋を出る)

《病院の待合室》

Joey: Hey, so how is it?
 やぁ、どうだった?

Ross: I broke my thumb.
 親指の骨が折れたよ。

Joey: Your thumb? . . That’s weird. You sure you’re punching right? Make a fist. . . Maybe later. Ross, I feel terrible.
 親指?(自分で拳を作って)それはおかしいな。正しくパンチしてるか? 拳つくってみろ。(骨折のためできるわけもなく)また後でな。ロス、ホント申し訳ないよ。

Ross: You know what, you can go. I just have to fill out some forms.
 もう君は帰っていいよ。僕はこれ書き込むだけだから。(ペンを持てない)

Joey: You, you want me to help you with that?
 それ手伝おうか?

Ross: Why, does it look like I’m having trouble with my misshapen claw?
 なんで、変形しちゃった手で書けないように見えるか?(用紙を渡す)

Joey: Name? . . I know Ross but what’s it short for? You know, like, like Rossell or Rosstrophor.
 名前は? ロスってわかってはいるけど、何の短縮? ロッセルとか、ロストロファーとか。

Ross: Just Ross!
 ただのロス!

Joey: It’s pretty. Okay, date of birth?
 かわいいな。よし、誕生日は?

Ross: You know my birthday.
 僕の誕生日知ってるだろ。

Joey: Sure, May...tember.
 もちろん。5・・9月。

Ross: October 18th.
 10月18日。

Joey: Occupation? Dinosaurs.
 仕事は? 恐竜。

Ross: Actually I’m a paleon… Dinosaurs is fine. . The drawing is not.
 いや、古生物・・恐竜でいいよ。・・・絵は描くな。

Joey: All right, who do you want as your emergency contact?
 よし・・緊急時の連絡先は?

Ross: Ah, Rachel, I guess.
 ああ、レイチェルだろうな。

Joey: Okay, relationship. Boy, this could take a while.
 よし、関係は。ああ、これは時間かかりそうだな。

Ross: Just ah… just put roommate.
 ただルームメイトって書いといて。

Joey: Come on, you guys are more than that! I mean, you’re gonna get together, right?
 なんだよ、君らはそれだけじゃないだろ! 君ら一緒になるんだろう?

Ross: I don’t think that we are.
 そうは思えないよ。

Joey: But you two were supposed to be together.
 でもおまえ達ふたりは一緒になる運命だよ。

Ross: Well, I thought so too, but then she said she’d marry you.
 僕もそう思ってたよ。でも、彼女は君と結婚するって言ったんだろ。

Joey: Come on, Ross, that didn’t mean anything! She just had the baby, she was all freaked out about doing it alone, she would have said yes to anybody.
 何をいうんだ、ロス。あんなの何の意味もないよ! 彼女は子供を産んだばかりで、1人で育てるのが怖くなっただけだよ。誰にでもイエスって言ったさ。

Ross: Yeah, that’s what she said.
 ああ、彼女もそう言ってた。

Joey: So?
 それで?

Ross: So I don’t wanna be just anybody.
 それで、僕は、誰でもいいんじゃイヤなんだよ。

Joey: Wow.
 ワオ・・。

Ross: You know what, it’s, it’s better this way anyway. I mean I don’t know what I was thinking, going down that road again with us. It’s just much easier if we’re just friends who have a kid.
 このままの方がいいんだよ。自分でも何を考えてたのかわからないよ、また元に戻ろうなんて。このまま友達として子供を持っていた方がいいんだ。

Joey: Really?
 本当に?

Ross: Yeah.
 ああ。

Joey: And you’re okay, with that?
 それでいいのか?

Ross: Yes. I mean, it’s what we always planned. And if you have a plan, you should stick to it. That’s why they call them plans. Hello? … I’m fine.
 うん。僕らそういう予定だったし。予定ってものは、その通りにするもんだろ。だから予定っていうんだ。そうだろ。大丈夫だよ。

Joey: Hey, for what it’s worth, with Rachel I don’t think you’ll ever be just "anybody."
 なぁ、ためになるかどうか知らないけど、レイチェルにとって、おまえは「誰でもいい」(エアクオート)って相手じゃないよ。

Ross: Hey, there you go!
 おぉ、うまく使えたじゃん!

Joey: "Thanks."
 (エアクオートで)ありがと。

《ロスの部屋:エマはまだ泣いている》

Rachel: Oh, my God! How long has she been crying?
 オーマイゴッド! もうどれだけ泣いてる?

Monica: About a week and a half.
 1週間半よ。

Phoebe: Well, looks like you guys have got it under control so I’m just gonna go. . No! Really? Misery really does love company? All right!
 ま、みんな順調なようだから、私はもう行くわね(2人が見つめてくる)ダメ? そう? ミジメな時はみんな一緒? わかったわよ。

Monica: Rach, try holding her a different way.
 レイチ、抱き方を変えてみて。

Rachel: You guys, I’m doing the best I can, anyone else is welcome to try.
 みんな、私できる限り全部やったわ。誰かやってみてよ。

Phoebe: All right, I’ll try, fine! Yes, okay!
 わかったわ。私がやってみるわよ、いいわよ。はい!

Rachel: Here you go.
 はい、どうぞ。

Phoebe: Shh! Nothing works with this child!
 (抱いて)シーッ! 何も効き目ないわよ、この子!(返す)

Rachel: Oh, god, what am I gonna do, you guys? I can’t even comfort my own baby! I’m the worst mother ever!
 ああ、もう! どうしたらいいのよ? 私、自分の子供さえあやせないのよ! 私、最悪な母親だわ!

Monica: You’re just new at this. You’ll get better, think about your first day at work. I mean, that couldn’t have been easy but you figured that out.
 まだ慣れてないだけよ。そのうちできるようになるわ。初出勤の日のことを考えてみて。楽じゃなかったけど、なんとかなったでしょう。

Rachel: Yeah, I don’t think dressing provocatively is going to help me here! Oh, my god, just please take her.
 ええ、いま刺激的な服を着たって何ともならないわよ。ああ、お願い、抱っこしてみて。

Monica: Okay, I’ll take her, here.
 わかったわ、抱っこしてみる。

Rachel: I have to go to the bathroom.
 私バスルーム行ってくる。

Phoebe: I have to go scream into a pillow.
 私は枕にうずめて叫んでくる。

Monica: Bouncy baby, Bouncy baby, Oh, baby, baby, baby. Oh, baby, baby, baby. Oh, baby, baby, baby.
 ピョンピョンベイビー、ピョンピョンベイビー、おお、ベイビーベイビーベイビー♪ おお、ベイビーベイビーベイビー♪ おお、ベイビーベイビーベイビー♪(エマが泣き止み眠る)

Phoebe: Have I gone deaf?
 (部屋から出てきて)私の耳聞こえなくなったの?

Monica: It worked! Oh, baby, baby, baby. Oh, baby, baby, baby.
 おお、ベイビーベイビーベイビー♪ おお、ベイビーベイビーベイビー♪

Phoebe: You must be a fireball in bed.
 あなたベッドでも超やり手なんでしょうね。

Monica: I can’t believe it! She’s asleep! I got her to go to sleep! I have actual magical powers!
 信じられない! 眠ったわ! 私が眠らせたわ! 私本当に魔法の力があるのよ!

Phoebe: I can hear traffic and birds! I can hear the voices in my head again! . . . I’m kidding.
 車の音や鳥の声が聞こえるわ! 頭の中の声がまた聞こえるようになった! (モニカに変な目でみられ)冗談よ。

Rachel: Oh, my God! You got her to stop crying!
 (バスルームから戻り)まぁ、驚いた! あなた泣き止ませてくれたのね!

Monica: Yes, I did. I’m Monica, Super Aunt.
 ええ、やったわ。私はモニカ、スーパーおばさんよ!

Rachel: You are the official baby crier stopper!
 あなたは公式の赤ちゃんあやし屋さんよ!

Monica: Yes, I am!!
 ええ、そうよ!

Rachel: You’re never leaving the apartment!
 あなたはずっとこの部屋にいてね!

Monica: Say what?
 なにって?

Rachel: That’s your new job, day and night, she starts crying I need you here.
 それがあなたの仕事。昼も夜もね。この子が泣き出したら、あなたにいてもらいたいわ。

Monica: Oh, no, no, no, no!
 (返そうと差し出して)ダメダメダメ!

Phoebe: Thankfully you don’t need me at all. . .So, okay, Super aunt, see you later! Rachel, let’s give it six to eight months.
 幸い、私は必要ないようね。それじゃ、スーパーおばさん、またね! レイチェル、6ヶ月か8ヶ月たったらね!(帰る)

Rachel: Okay, so listen, I’m gonna go lay down.
 それじゃ、私、横になってくるから。

Monica: What?
 えっ?

Rachel: You know, the book says that whenever she’s sleeping I should be sleeping so…
 だってね、本に書いてあったの。いつでも赤ちゃんが寝たら、私も寝なきゃだめって。(寝室へ行く)

(チャンドラーが来る)
Chandler: Hey!
 やぁ!

Monica: Shhh! We just got her to go to sleep.
 シーッ! ようやく眠ってくれたのよ。

Chandler: Oh, so there can’t be any yelling.
 ああ、じゃあ、叫んだりできないんだ。

Monica: No.
 ええ。

Chandler: We’re moving to Tulsa.
 タルサに引っ越しだ。

Monica: What!?
 なんですって?

Chandler: Shhhh! Shhhhh! Shhhhh! Shhhhh! . . I can’t, I can’t hear.
 シーッ! シーッ! シーッ! シーッ! (後ずさりして出て行く)何も聞こえないよ。

《ロスの部屋:ロスが戻る》

Ross: Hey.
 やぁ。

Rachel: Hey, where have you been?. . What happened to you?
 あら、どこ行ってたの?(指を見て)何があったの?

Ross: Ah, I had a little thing with Joey. If you think this is bad you should see him.
 ジョーイとちょっとあったんだ。これでひどいと思うなら、ジョーイはこんなもんじゃないから見て。

Rachel: Oh, no, Ross! This is not good, we have to talk about this Joey thing. Please sit. . .All right, you have got to get over this Joey thing, okay? I never really wanted to marry Joey, okay?
 ああ、ダメ、ロス! それはよくないわ。このジョーイのことで話さなきゃ。お願い、座って。ねぇ、このジョーイのことはもう忘れてくれない? ジョーイと本当に結婚したかったわけじゃないわ。ね?

Ross: Okay.
 わかった。

Rachel: You know what I really, really want?
 私が本当に本当にどうしたいか、わかる?

Ross: What, Rach?
 なに、レイチ?

Rachel: I wanna sleep, I wanna eat, I wanna take a shower, I mean before she wakes up and we gotta do this all over again.
 寝たい。食べたい。シャワー浴びたい。あの子が目を覚ます前に、なにもかもまたやらないと。

Ross: Right.
 そうだね。

Rachel: I mean, I got news for you mister, Emma? Not easy.
 あなたにお知らせよ、エマは手強いわよ。

Ross: Well, that’s what I’m here for. . .Want me to get that?
 だから僕がいるだろ。(エマが泣き出す)僕が行こうか?

Rachel: No, its really okay… Monica!
 いえ、いいのよ、ほんと。・・モニカ!

Monica: Got it! Got it! Got it! Got it! Got it! Got it!
 (キッチンから飛び出してくる)任せて! 任せて! 任せて! 任せて! 任せて! 任せて!

《セントラルパーク:ロスとジョーイ》

Joey: You know,I’ve been thinking about this and I gotta tell ya, it’s not my fault. It’s a natural instinct.
 なぁ、俺考えてたんだけどな、あれは俺のせいじゃないよ。あれは本能なんだから。

(チャンドラーが来る)
Chandler: What you guys talking about?
 何の話?

Joey: Hey, okay, great, what would you do if I did this?
 なぁ、そうだ、おい、おまえ、俺がこうしたらどうする?(チャンドラーを殴ろうとする。チャンドラーはかがんでよけたため、そのままロスを殴ってしまう)



(Oh, What A Beautiful Morning!)

(Surrey With A Fringe On Top)




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:18| Comment(0) | Season 9 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。