2013年11月23日

9-1 The One Where No One Proposes

9-1 誰もプロポーズしていなかった話

 ☆プロポーズの行方☆

《前回のフレンズ:レイチェルの部屋》

Rachel: Joey.
 ジョーイ?

(ジョーイは片膝をついたまま指輪を持って振り返る)

Rachel: Oh, my God. …… Okay.
 まぁ・・なんてことなの・・・いいわ。
(一方、ロスは、花束を持ってレイチェルの部屋に向かっている)

《レイチェルの部屋:続き》

Rachel: So…I guess we should…make it official, huh?
 それじゃ・・私達、みんなにも知ってもらわないとね?

Joey: Uh… Look, Rach… Hey, Ross is here! Hey, look! It’s my good friend, Ross. Hey, Ross.
 あぁ・・なぁ、レイチ・・(ロスが入ってくる)あぁ、ロスが来たぞ! ほら、友達のロスだ。やぁ、ロス。

Ross: Hey, Joey. . Hey, you.
 やあ、ジョーイ(レイチェルに)やぁ、君。

Rachel: Hey, you.
 ハーイ、あなた。

Joey: Hey, and look, he brought flowers. Thanks, Ross, but I’m really more of a candy kind of guy.
 それにほら、花を持ってきてるぞ。ありがと、ロス、でも俺はそれよりキャンディがいいけどな。

Ross: You’re weird today. . Listen, I uh, wanted to talk to you about something.
 君今日変だぞ。(レイチェルに)ね、ちょっと話したいことがあるんだ。

Rachel: Uh yeah, actually I kinda need to talk to you too.
 ええ、実は私も話したいことがあるの。

Ross: Uh Joey, can you give us just a minute?
 ジョーイ、ちょっと外してくれる?

Joey: No.
 いや。

Ross: What?
 え?

Joey: Oh, I’m sorry. I meant no.
 あ、ごめん。イヤだよ。

(みんなが入ってくる)
Monica: Hi! Hey, look, who’s here!
 ハーイ、ねぇ、見て、誰だと思う?

Mr. Geller: Where’s my granddaughter? I’ve been practicing my magic tricks.
 私の孫娘はどこなんだい? マジックの練習をしてきたんだぞ。

Chandler: He pulled a quarter out of my ear!
 彼、俺の耳から25セント出してみせたんだぞ!

Ross: Hey, where’s uh, where’s mom?
 ねぇ、かあさんは?

Mr. Geller: She went to pick up Aunt Liddy.
 リディおばさんを迎えに行ったよ。

Monica: Oh, Aunt Liddy’s coming? That means we get five dollars each!
 まぁ、リディおばさんが来るの? じゃあみんなが5ドルもらえるわ!

Mr. Geller: So when do I get to meet Emma and show her this?
 それで、いつエマにこれを見せられるんだい?(袖から花を出して見せる)

Chandler: Okay. Wow.
 ああ、すごい。

Ross: Uh Dad, Emma’s in the nursery. I’ll take you now. If you want, but I really want to talk to you.
 とうさん、エマは育児室にいるよ。よかったら連れていくよ。(レイチェルに)でも本当に話したいんだ。

Rachel: I know, I still need to talk to you.
 ええ、私も話したいわ。

Joey: Oh, hey, but, before you guys do that I need to talk to you, and Ross, I need to talk to you.
 なぁ、でも君らが話す前に、(レイチェルに)君に話したいことがあるんだ。それにロス、君にも話したい。

Phoebe: Oh, and I need to talk to you.
 (モニカに)私もあなたに話しがあるの。

Monica: About what?
 何の話?

Phoebe: To see if know what these guys are talking about.
 この人達が何を話すのかについて話すのよ。

《育児室の外から見るみんな》

Monica: Isn’t she beautiful?
 本当にかわいいじゃない?

Mr. Geller: Look at her, my first grandchild.
 見てご覧よ、私の初めての孫だよ。

Ross: What about Ben?
 ベンはどうなんだよ?

Mr. Geller: Well, of course Ben, I meant my first granddaughter. . .Wow.
 もちろんベンもだよ。初めての孫娘っていう意味だよ。(声を出さずモニカに)ワオ!

Phoebe: Have umm, have you thought anymore about you and Rachel?
 (ロスに)ねぇ、レイチェルとのこと考えてみた?

Ross: Oh, well yeah, actually I was going to talk to her when you guys all came in the room.
 ああ、うん。実は話そうとしてた時に君らが入ってきたんだよ。

Phoebe: Yay! It’s so exciting! Wow, you could’ve done that with us there.
 イエーイ! ワクワクするわね! 私達がいても話せばよかったのに。

Ross: Yeah, right.
 ああ、そう。

Phoebe: Oh, sure, okay, you can touch yourself in front of us but you can’t talk to Rachel.
 あら、何よ。私達の前で自分自身を触ることはできるくせに、レイチェルに話せないっていうの。

Ross: What?! When have I ever touched myself in front of you guys?
 なにっ?! いつ僕が君たちの前で自分に触った?

Phoebe: Oh, please! Just before when you were asleep in the lounge! That Armenian family was watching you instead of the TV. Oh, that reminds me. That Mr. Hazmegian still has my Gameboy.
 何言ってるのよ! ラウンジで寝る直前よ。アルメニアの家族全員、テレビじゃなくてあなたを見てたわよ。あ、そういえば、あのハズミジアンさんにゲームボーイ貸したままだわ(立ち去る)

Joey: Hey, Chandler, can I talk to you for a second?
 なぁ、チャンドラー、ちょっと話したいんだけどいいか?

Chandler: Sure.
 ああ。

Joey: Dude, I just did something terrible.
 なぁ、俺ひどいことしちゃったんだよ。

Chandler: That was you?! I thought it was Jack!
 あれおまえだったのか? ジャックかと思ったよ!

Joey: No! No, that was Jack! Rachel thinks I asked her to marry me!
 違う違うよ。あれはジャックだよ。レイチェルが俺が結婚してくれって言ったと思ってるんだ。

Chandler: What?! Why does she think that?
 なにっ?! どうしてそうなるんだ?

Joey: Because it kinda looked like I did.
 俺がそう言ったみたいになっちゃったんだよ。

Chandler: Again, what?!
 もう一度、なにっ?!

Joey: Okay, well, I was down on one knee with the ring in my hand…
 俺が片膝ついてて、指輪を手に持ってて・・

Chandler: As we all are at some point during the day.
 誰でも一日に一回はそういうことするよな。

Joey: It wasn’t my ring! It fell out of Ross’s jacket! And when I knelt down to pick it up Rachel thought I was proposing!
 俺の指輪じゃないんだよ! ロスのジャケットから落ちたんだよ! ひざまずいてそれを拾ったとき、レイチェルがプロポーズしたと思ったんだよ!

Chandler: Ross had a ring?! And he was gonna propose?
 ロスが指輪を持っていたのか? 彼プロポーズするつもりだったのか?

Joey: I guess.
 そうみたいだな。

Chandler: And you did it first?! This is gonna kill him! You know how much he loves to propose!
 そしておまえが先にやったのか? あいつ死んじゃうぞ! あいつがどんだにプロポーズ好きか知ってるだろう!

Joey: I know! I know, it’s awful.
 そうなんだよ、そうなんだよ。もう最悪だよ。

Chandler: Well, what did she say?
 それで、彼女なんて言ったんだ?

Joey: She said yes.
 イエスって言ってくれたんだ。

Chandler: Does Ross know?
 ロスは知ってるのか?

Joey: Oh, God, what the hell am I going to tell him?
 ああ、どうしよう、ロスに何て言えばいいんだ。

Chandler: Well, maybe you don’t have to tell him anything.
 何も言わない方がいいかもな。

Joey: Oh, I like that. Yeah.
 あ、それいいな。うん。

Chandler: If you clear things up with Rachel then Ross never needs to find out, but you have to do it now before he hears about it and kicks your ass!
 レイチェルの誤解を解けば、ロスは知ることもないんだよ。でも彼がそれを知っておまえのケツを蹴り上げるまえに彼女に話さないと!

Joey: Now let’s not get carried away.
 やつに蹴られるなんてあるわけないだろ(立ち去り、モニカが来る)

Monica: I want a baby.
 (後ろからハグ)赤ちゃんが欲しいわ。

Chandler: Honey, we’ve been over this. I need to be facing the other way.
 わかってるよ。反対側向かないと無理だよ。

Monica: Come on! Come on, if we have sex again it’ll double our chances of getting pregnant. Do you think that closet’s still available?
 ねぇったら! ねぇ、またセックスをしたら、妊娠する可能性も2倍になるでしょ。あの倉庫まだ使えるかな?

Chandler: I’m so tired. . Yeah, okay, but no foreplay.
 もう疲れたよ。(モニカがキス)よし、わかったよ。前戯なしだよ。

Monica: Deal!
 オッケー!

《育児室の前》

Ross: Dad, seriously! You know you really should see someone about that!
 とうさん、マジで! ほんと、一度診てもらったら!

Mr. Geller: Noted.
 覚えとく。

Ross: I wanna go talk to Rachel for a minute, are you gonna be okay alone for a bit?
 ちょっとレイチェルと話があるから行くけど、1人で大丈夫?

Mr. Geller: Are you kidding me, I could stay and look at her forever.
 冗談だろ、いつまでもこの子を見てられるよ。

Ross: Actually umm…
 だけど・・(父の顔をエマの方に向ける)

《レイチェルの部屋:フィービーが来る》

Phoebe: Hey!
 ハーイ!

Rachel: Hi.
 ハーイ!

Phoebe: Are you all right?
 大丈夫?

Rachel: Uhh… I think I just got engaged.
 んー・・私婚約したみたい。

Phoebe: Oh, my God! He did it?
 まぁ、やったわね! 彼申し込んだのね?!

Rachel: What? Did you know he was gonna ask me?
 えっ? あなた彼が申し込むって知ってたの?

Phoebe: Are you kidding? I’m like the one who talked him into it. I like to think of myself as the puppet master of the group.
 何言ってんの、私がそうするように話したのよ。みんな私の操り人形みたいなものだわ。

Rachel: And you really think this is a good idea?
 それであなた本当にこれでいいと思うの?

Phoebe: I just talked him into it, don’t tell me I have to do you too. The puppet master gets tired, people.
 彼にそうするように言ったのに、あなたにも言わなきゃいけないなんて言わないでね。操り師も疲れるわよ、みなさん。

Rachel: Okay. I just don’t know! It just doesn’t feel right.
 でも、わからないわ。それでいいって気がしないのよ。

Phoebe: Why?! You two are so meant to be together, everybody thinks so.
 どうして? あなた達は一緒になる運命よ。みんなそう思ってるわ。

Rachel: Really?! Even Ross?
 本当? ロスも?

Phoebe: Especially Ross!
 特にロスがよ!

(ジョーイが来る)
Joey: Oh, uh, hey, Pheebs. Uh you know what? I’ll-I’ll come back later.
 あっ、やぁ、フィーブス。ああ・・俺また後で来るよ。(出ようとしてロスに出会う)

Ross: Wow! Kind of uh, kind of a full house here. I’ll guess just…I’ll come back.
 うわ! みんなここにいるんだね。僕は・・また来るよ。

Phoebe: There he goes, your fiancé.
 来たわね、あなたのフィアンセが。

Rachel: I guess so.
 そのようね。

Phoebe: Although he does play with himself in his sleep.
 寝ながら自分のこといじってたけどね。

Rachel: I can’t say I’m surprised.
 驚かないわ。

《ジョーイとロスが倉庫の音を聞くゲラー父を見かける》

Ross: Dad, what are you doing?
 とうさん、何をしてるの?

Mr. Geller: I think there are people in there having sex.
 この中でセックスしてる人がいるよ。

Joey: It can’t be me, I’m standing right here.
 (ロスに見られ)俺のわけないだろ。俺ここに立ってるんだから。

Mr. Geller: Wanna peek?
 覗いてみるか?

Ross: No!
 いやだよ!

Mr. Geller: Come on!
 いいじゃないか!

Ross: You know what? I don’t like you without mom. . Come on.
 とうさん、かあさんいないとイヤな人だな。(ジョーイに)行こう。

Joey: We’re not peeking?
 覗かないの?(ロスについて行く)

Mr. Geller: Well, I’m peeking. . . Oh, my God!
 私は覗くぞ。(覗いて)なんてことだ!

Chandler: Hello, sir, you know Monica.
 (倉庫の中から)こんにちは、モニカはご存知ですよね。

《レイチェルの部屋:指輪をつけてみるレイチェル。ジョーイが来る》

Joey: Hey, uh, is it okay to come in?
 やぁ、入っていい?

Rachel: Of course! Oh, Joey, this ring I…it’s beautiful. I love it!
 もちろんよ! ねぇ、ジョーイ、この指輪だけど、すごくきれいね。気に入っちゃった!

Joey: Yeah, uh look, Rach, there’s something I gotta tell ya.
 ああ、なぁ、レイチ、話したいことがあるんだ。

(看護師がエマを抱いて入ってくる)

Rachel: Hey!
 ハーイ!

Nurse: Hey! Are you ready to try nursing again?
 ハーイ、あたオッパイあげてみる?

Rachel: Yeah! Hi, Emma. Hey, why do you think she won’t take my breast?
 ええ! ハーイ、エマ。ねぇ、どうしてこの子、私のおっぱい吸わないのかしら?

Nurse: It’s all right, honey, it takes some babies a while to get it, but don’t worry. It’ll happen.
 大丈夫よ。慣れるのに時間がかかるのよ。心配しないで。そのうち吸うわよ。

Joey: Yowsa!
 うわぁあ!(目を逸らす)

Rachel: Okay, sweetie, you can do it. Just open up and put it in your mouth.
 ねぇ、できるわよ。お口をあけて、オッパイをくわえて。

Joey: Dear Lord.
 ああ、神様。

Rachel: I’m sorry, honey, what were you saying?
 ごめんなさい、何の話だっけ?

Joey: Oh, uh-uh yeah, look, I think that…
 ああ、うん、俺は思うんだけど・・

Rachel: Oh, look, she’s pulling away again! Do you think my nipples are too big for her mouth? She looks scared. Doesn’t she look scared?
 あら、やっぱりこの子吸わないわ! 私の乳首が大きすぎるのかしら? 怖がってるみたい。怖がってるように見えない?

Joey: You know, I don’t really know her.
 俺、その子のことまだよく知らないから。

Nurse: Why don’t we try massaging the breast to stimulate the flow.
 よく出るように、おっぱいをマッサージしてみたら。

Rachel: Okay.
 わかったわ。

Joey: Are you kidding me?!
 (天を仰いで)冗談でしょ?

Rachel: It’s just so frustrating! Why doesn’t she want my breast?!
 もうじれったいわ! どうして私のおっぱいが欲しくないのかしら?

Joey: I don’t know! Maybe she’s crazy!
 知らないよ! 頭がおかしいんじゃないのか!(出て行く)

《病院ロビー:ロスに駆け寄るフィービー》

Phoebe: Oh, hey! Wait up!
 あ、ねぇ、待って!

Ross: Hi!
 やぁ。

Phoebe: Congratulations! I didn’t want to say anything in front of Joey ‘cause I didn’t know if he knew yet.
 おめでとう! ジョーイはまだ知らないかと思って、彼の前では何も言わなかったのよ。

Ross: What, that we had a baby? Now let’s give him a little credit. Although he did eat a piece of plastic fruit earlier.
 なに、僕らに赤ちゃんが生まれたこと? 彼だってそれくらいわかってるよ。さっきプラスチックのフルーツを食べてたけどね。

Phoebe: No! No, that you and Rachel are engaged!
 違うわよ! そうじゃなくて、あなたとレイチェルの婚約のことよ!

Ross: What?
 えっ?

Phoebe: Oh, it’s a secret. Oh, goodie! Yes! We haven’t done the secret thing in a long time.
 あら、秘密なのね。いいじゃない! わかったわ。秘密を持つの久しぶりね。

Ross: Phoebe, there is no secret. Okay? I didn’t propose.
 フィービー、秘密なんてないよ。いい? 僕はプロポーズしてないんだから。

Phoebe: Are you lying? Is this like that time you tried to convince us that you were a doctor?
 ウソをついてるの? あなたがドクターだと思わせようとしたみたいに?

Ross: … I am a doctor! You know what? I’m just gonna go and talk to Rachel myself.
 僕はドクターだよ! ねえ、僕行ってレイチェルと話してくるから。

Phoebe: All right. Well, me too. . . Should we wake her up?
 いいわ。私も行く。(行くとレイチェルが寝ている)起こそうか?

Ross: No! No, come on, let her sleep! She’s so exhausted.
 ダメだよ! 寝かせてやろうよ。すっかり疲れてるんだよ。

Phoebe: And so engaged.
 それに、すっかり婚約済み(指輪を差して)ダンダンダーン!

Ross: Oh, my God! She-she thinks we’re engaged! Why? Why? Why would she think we’re engaged?!
 (かなり驚いてフィービーを手招きして外へ出る)なんてことだ! 彼女婚約したと思ってる! なんで? なんで? なんで僕らが婚約したと思ってるわけ?

Phoebe: Perhaps because you gave her an engagement ring? You know, Ross, doctors are supposed to be smart.
 多分、あなたが婚約指輪をあげたからじゃない? ねぇロス、ドクターって賢いはずよ。

Ross: I didn’t give her that ring!
 僕は指輪をあげてないよ!

Phoebe: Really?
 本当?

Ross: No!
 本当だよ!

Phoebe: So whose ring is it?
 じゃああれは誰の指輪?

Ross: It’s mine.
 僕のだよ。

Phoebe: Is it an engagement ring?
 あれ婚約指輪でしょ?

Ross: Yes!
 そうだよ!

Phoebe: But you didn’t give it to her?
 でもあなたが渡したんじゃないの?

Ross: No!
 違うよ!

Phoebe: But you were going to propose?
 あなたプロポーズするつもり?

Ross: No!!
 違う!

Phoebe: Huh, I might be losing interest in this.
 そう。興味がなくなってきたかも。

Ross: Look. Look, my mom gave me that ring because she wanted me to propose to Rachel, but all I wanted to do is if she maybe…kinda…wanted ah…start…things up again.
 いいかい、僕のかあさんが、レイチェルにプロポーズをしてほしいと思って指輪をくれたんだよ。でも、僕としては、もう一度やり直す気持ちが、彼女にあるかどうか聞きたいだけなんだよ。

Phoebe: Oh, what beautiful lukewarm sentiment.
 まぁ。なんとも美しくて生ぬるい感傷だこと。

Ross: Look, I didn’t want to rush into anything. And it seemed like she didn’t want to either. But I don’t, I don’t understand how any of this happened! What? Did she find the ring in my jacket, assume I was going to propose, throw it on, and-and just start telling people?
 結論を急ぎたくないんだよ。彼女もそうしたくないみたいだし。でも、どうしてこうなったのかわからないよ。なんなんだ? 僕のジャケットに指輪があるのを見つけて、僕がプロポーズすると思って指につけて、そしてみんなにそう言ってるのか?

Phoebe: No! No, she said you actually proposed to her.
 違うわよ! 彼女はあなたがプロポーズしたって言ってたもの。

Ross: Well, I didn’t! I didn’t propose! …… Unless uh …… Did I? I haven’t slept in forty hours and…it does sound like something I would do.
 してないよ。プロポーズなんてしてない! ・・・それとも・・したのかな? ・・40時間も寝てないし・・・なんか僕がしそうなことだよな。

《倉庫:覗かれた後のチャンドラーとモニカ》

Chandler: Look, we can’t stay in here forever.
 なぁ、いつまでもここにいるわけにもいかないよ。

Monica: Oh, I still can’t believe my dad saw us having sex! He didn’t make it to one of piano recitals, but this he sees!
 でもとうさんが私達のセックスしてるのを見るなんて! 私のピアノ発表会でさえ一度も来たことないのに、これは見るのね!

Chandler: This is okay. We’re all adults here; there’s nothing to be ashamed of. Now, let’s put our underwear in our pockets and walk out the door.
 大丈夫だよ。俺たち大人なんだし、別に恥ずかしいことじゃない。下着をポケットに入れて、出て行こう。(出ると目の前にゲラー父がいる)

Monica: Hi, Dad! I can still call you that, right?
 ハーイ、とうさん! まだそう呼んでもいいわよね?

Mr. Geller: Of course. I’ll always be your dad.
 もちろんだよ。私はいつまでもおまえのとうさんだ。

Chandler: I just want you to know that what you witnessed in there, that wasn’t for fun.
 あなたがご覧になったのは、あれは楽しみでやっていたんじゃないんです。

Monica: It wasn’t fun?!
 楽しくなかったの?!

Chandler: Why? Why-why-would you−Wh-why… Look, I just don’t want you to think that we’re animals who do it whenever we want.
 (モニカに)なんで? どうしてそういう・・なんで・・(ゲラー父に)僕ら、動物みたいにいつでもしたい時にしてるわけじゃないんです。

Mr. Geller: Oh, I don’t think that. Before today I never thought of you two having sex at all. It was a simpler time.
 いや、そんなことは考えてないよ。これまで、君らがセックスをしてるとは思わなかったんだ。とてもいい時代だった。

Monica: The truth is, Dad, we’re-we’re trying.
 実をいうと、とうさん、私達トライしてるの。

Mr. Geller: What?
 え?

Monica: Yeah, we’re trying to get pregnant.
 ええ、子供を作ろうとしてるの。

Mr. Geller: Oh, my God! This is so exciting! Well, get back in there! I’ll guard the door!
 ああ、そうだったのか! それはすごいじゃないか! じゃあ戻りなさい。ドアを見はっててやる!

Monica: Well, that’s okay, dad, we-we can wait until later.
 いえ、もういいのよ。とうさん、後でいいから。

Mr. Geller: Whoa-whoa-whoa! I don’t think so! Aren’t you ovulating?
 おいおい、そんなことはないぞ! 排卵してるんだろう?

Monica: Daddy?!
 とうさん!

Mr. Geller: Well, you gotta get at it, princess! When your mother and I were trying to conceive you, whenever she was ovulating, bam, we did it. That’s how I got my bad hip.
 やってみなくちゃ、プリンセス! おまえのかあさんと私がおまえを作ろうとしてた時は、彼女の排卵のたびに、バーン! やってたんだぞ。それで腰をいためたんだ。

Chandler: That’s funny, this conversation’s how I got the bullet hole in my head.
 おもしろい。この会話で僕の頭に風穴があきましたよ。

Mr. Geller: This one time I had my knee up on the sink and your mother, she was…
 一度なんか、私は膝をシンクにかけて、おまえのかあさんは・・

Monica: Daddy! I don’t think we need to hear about the specific positions you and mom had sex.
 とうさん! とうさんとかあさんがセックスした時の具体的な体位を聞かなくてもいいから!

Mr. Geller: You’re right, you’re right. This is about your positions. Now, what I saw in the closet is not the optimum position for conceiving a child, although it might feel good.
 そうだな。そうだ。問題はおまえの体位だからな。あの倉庫の中で私が見たあれでは、子供を作るにはよくないぞ、気持ちはいいかもしれないがな。

Monica: I don’t feel good right now.
 今は気持ちよくないわ。

Mr. Geller: But pleasure is important, and it helps if the woman has an orgasm. You up to the task, sailor?
 でも喜びは大事だぞ。女性がオーガズムを得るのは妊娠の助けになる。(チャンドラーに)頑張ってるか?

Chandler: Seriously, sir, my brains, all over the wall.
 ホント、僕の脳みそ、壁に飛び散ってます。

《レイチェルの部屋:モニカが来る》

Monica: Hey.
 ハーイ。

Rachel: Hey. I need to tell you something.
 ハーイ。話したいことがあるのよ。

Monica: Well, now’s a good time. I’m on my way to have my ears cut off.
 いいタイミングよ。これから耳を切り取りにいくとこだから。

Rachel: Joey asked me marry him.
 ジョーイに結婚を申し込まれたの。

Monica: What?
 なんですって?

Rachel: Joey proposed to me.
 ジョーイがプロポーズしてきたの。

Monica: Is he crazy?! You just had Ross’s baby!
 彼どうかしてるわ! あなたロスの赤ちゃんを産んだばかりじゃないの!

Rachel: Well, I-I said yes.
 でも私イエスって言ったの。

Monica: What?! Are you crazy? You just had Ross’s baby! It’s-it’s so inappropriate. No, it’s worse than that. It’s wrong. It’s… It is bigger than mine!
 なんですって? あなたどうかしてるわ! あなたロスの赤ちゃんを産んだばかりじゃないの! そんなのおかしいわよ! おかしいどころじゃないわ。いけないことよ。・・(指輪を見て)これ私のより大きいじゃないの!

Rachel: I know. Days of Our Lives, thank you very much.
 そうなのよ。「愛の病院日誌」のおかげね。

Monica: You can’t marry him!
 彼と結婚なんてしちゃだめよ!

Rachel: Why not? I don’t want to do this alone! And he’s such a sweet guy and he loves me so much.
 どうして? 1人で子育てしたくないわよ! 彼はすごく優しいし、私のことすごく愛してくれてるわ。

Monica: Well, do you love him?
 あなたは彼を愛してるの?

Rachel: Sure.
 うん。

Monica: Sure?
 うん?

Rachel: Yeah, I mean, whatever.
 ええ、なんでもいいのよ。

Monica: Honey, the question is…do you really want to marry Joey?
 ねぇ、問題は・・あなた本当にジョーイと結婚したいの?

Rachel: No. No, I don’t. Could you be a dear and go tell him?
 ううん。結婚したくないわ。あなた、いい子だから、彼に伝えてくれる?

《廊下:チャンドラーとジョーイ》

Chandler: You still haven’t told Rachel you weren’t really proposing?
 おまえまだレイチェルにプロポーズしてないって話してないのか?

Joey: No! She had the ring on, she seemed so excited, and then she took her breast out.
 うん。彼女指輪をつけてて、喜んでるみたいで、それに、胸を出したもんだから。

Chandler: Joey, you have to tell her what’s going on! And what did it look like?!
 ジョーイ、おまえ、事情を説明しなきゃダメだぞ! それで、見た感じどうだった?

Joey: I didn’t look at it. Stupid baby’s head was blocking most of it.
 見えなかったんだよ。あの赤ん坊の頭で、ほとんど見えなかったんだ。

Chandler: Go and tell Rachel right now before Ross finds out.
 ロスが知る前に、今すぐ言ってレイチェルに話してこい。

Joey: Look, it’s not that easy. She said she wanted to marry me. I don’t want to hurt her.
 それがそう簡単じゃないんだよ。彼女結婚するって言ったんだ。傷つけたくないよ。

Chandler: Okay, look, just do it gently.
 いいか、優しく言うんだよ。

Joey: You’re right. You’re right. I-I’ll go tell her now before Ross finds out and I’ll be gentle. I can do that. I am a gentle person. Oh, by the way. Two people screwing in there if you want to check that out.
 そうだな、そうだ。ロスに知られる前に、優しく話してくるよ。できるよ。俺は優しい人間だ。あ、そういえば、そこで(例の倉庫を指差し)2人がやってるから、よかったら見てみろ。

《レイチェルの部屋:ロスが来る》

Ross: Hey.
 やぁ。

Rachel: Hey.
 ハーイ。

Ross: Listen, I um… I heard about the engagement.
 ねぇ・・僕・・婚約のこと聞いたんだけど。

Rachel: Surprised?
 驚いた?

Ross: And confused. Rach, sweetie, I-I um…I didn’t propose to you.
 それと、混乱してるよ。レイチ、ねぇ、僕は君にプロポーズしてないよ。

Rachel: I know.
 わかってるわよ。

Ross: I don’t think you do.
 わかってないようだよ。

Rachel: You didn’t propose to me. Joey did.
 あなたはプロポーズしてないわよ。ジョーイがしたの。

Ross: Poor baby, you’re so tired. Rach, I didn’t propose to you, Joey didn’t propose to you, and Chandler didn’t propose to you.
 かわいそうに。相当疲れてるんだね。レイチ、僕は君にプロポーズしてない。ジョーイも君にプロポーズしてない。チャンドラーも君にプロポーズしてない。

Rachel: Uh… You didn’t propose to me, Chandler didn’t propose to me, but Joey did.
 あー・・あなたは私にプロポーズしてない。チャンドラーも私にプロポーズしてない。でもジョーイはしたわ。

Ross: Joey proposed to you?
 (ジョーイが来る)ジョーイが君にプロポーズをした?

Joey: I can come back.
 俺、出直してくるよ。

Ross: Hey, wait! Wait-wait-wait! Joey, did you propose to her?
 おい、待って! 待って待って待って! ジョーイ、君、彼女にプロポーズしたのか?

Joey: No.
 いいや。

Rachel: Yes, you did!
 いいえ、したわよ!

Joey: Actually, technically, I didn’t.
 本当には、実際には、してないよ。

Rachel: Well, then why did you give me a ring?
 じゃあ、どうしてあなた指輪をくれたの?

Ross: Wait! Whoa-whoa, you…you gave her the ring?
 待って! おいおい、君が彼女に指輪を渡したのか?

Joey: No! No, and I did not ask her to marry me!
 違うよ! 違うんだ。それに結婚してくれと言ってないんだよ。

Rachel: Yes, you did!
 いいえ、言ったわ!

Joey: No, I didn’t!
 いや、言ってない!

Rachel: Yes, you did!
 いいえ、言ったわ!

Joey: No, I didn’t!
 いや、言ってない!

Rachel: Yes, you did! And don’t you say, "No, I didn’t!"
 いいえ、言ったわ! もう「いや、言ってない」って言わないで!

Joey: Ahhh!
 もう!

Rachel: He was right there. He got down on one knee and proposed.
 彼はそこにいたのよ。片膝を着いて、プロポーズしたわ。

Ross: Whoa! You were down on one knee?
 なに?! 君、片膝を着いたのか?

Joey: Yeah. Yeah, that looks bad. But I didn’t…I didn’t propose!
 うん、あれがいけなかったよ。でも、俺はプロポーズはしてないんだよ。

Ross: Then what did happen?
 じゃあ何があったんだ?

Rachel: Yeah, what did happen?
 そうよ、何があったのよ?

Joey: Okay, the ring fell on the floor and I went down to pick it up and you thought I was proposing.
 いいか、指輪が床に落ちたから、俺が座って拾い上げたから、君は俺がプロポーズしてると思ったんだよ。

Rachel: Yeah, but you said, "Will you marry me?"
 ええ、でもあなた、「結婚してくれ」って言ったじゃない。

Joey: No, I didn’t!
 いや、言ってないよ!

Rachel: Yes, you did!
 いいえ、言ったわ!

Joey: No, I didn’t!
 いや、言ってない!

Rachel: Yes, you did−Oh, my God, you didn’t! Well, then why didn’t you tell me that before?!
 いいえ、言ったわ! ああ、なんてことなの! 言ってないわ! それじゃなんで早く言ってくれないのよ?!

Joey: Well, I tried, but people kept coming in and then you took your breast out!
 言おうとしたけど、みんなが来るし、それに君は胸を出すし!

Ross: Whoa! Hey! Whoa-whoa-whoa, you saw her breast?!
 なんだって! おい! おいおい! 君、彼女の胸を見たのか?!

Joey: I’ll tell you about it later. Be cool.
 (ロスに)後で話すから。落ち着いて。

Rachel: Well then Joey, what the hell were you doing with an engagement ring?!
 じゃあ、ジョーイ、どうして婚約指輪なんて持ってたのよ?

Joey: It wasn’t my ring! It’s Ross’s ring! That’s why I felt so bad, Rach, because he was going to propose.
 俺の指輪じゃないよ!あれは ロスのだよ。だからすごく悪いと思ってさ、レイチ、彼がプロポーズしようとしてたんだよ。

Ross: What?!
 なに?!

Rachel: You were gonna propose to me?
 あなた私にプロポーズしようとしてたの?

Ross: Uhh… No.
 あー・・・いいや。

Joey: Well, this is awkward.
 ・・・これは気まずいな。

Ross: But I-I was going to see if you know, maybe you wanted to start dating again but that−I mean that-that was all, Rach.
 えも、君がまたやり直したいかどうか、それを聞きたいと思って・・それだけなんだよ、レイチ。

Joey: Dude, step up! I proposed.
 おい、のんきだな! 俺はプロポーズしたんだぞ!

Ross: No, you didn’t!
 いや、違うだろ!

Joey: Oh, that’s right. There’s a lot going on here and I think I ate some bad fruit earlier.
 ああ、そうだった。なんかいろんなことが起きて、それに俺さっき変なフルーツ食べちゃったし。

(看護師がエマを連れてくる)

Nurse: Hey, she just woke up! She’s hungry. Why don’t we give this another try?
 ハーイ、目を覚ましたわよ。おなかすかしてるわ。また試してみたら?

Rachel: Okay.
 わかったわ。

Ross: I can’t believe you told her I was gonna propose!
 (ジョーイに)僕がプロポーズしようとしてたって言うなんて信じられないよ。

Joey: I can’t believe you’re not gonna propose!
 プロポースしようとしてなかったなんて信じられないよ。

Ross: Hey, I’m not gonna rush into anything!
 僕は慌てて決めたくないんだよ。

Joey: Oh, yeah, dude, I totally understand. Usually after I have a baby with a woman, I like to slow things down!
 ああ、そうだな、完璧にわかるよ。普通、女性と子供を持ったら、ゆっくり考えたいよな!

Rachel: Oh, my God!
 まぁ、すごいわ!

Ross: What?
 なに?

Rachel: She’s doing it. Look, she’s breast-feeding, look!
 彼女が吸ってる。ほら、この子おっぱい吸ってるわ、見て!

Joey: Ah, it’s beautiful.
 (上を見上げて)美しいな。

Nurse: I’ll come back for her later.
 また後で来るわね。(出て行く)

Rachel: Okay.
 わかったわ。

Ross: Thank you.
 ありがとう。

Rachel: Oh, wow, this feels weird.
 ああ、ワオ・・変な感じよ。

Ross: What, good weird?
 なに、いい変な感じ?

Rachel: Wonderful weird.
 素晴らしく変な感じ。

Joey: You know what, you guys? I’m uh, I’m gonna go too. And uh, I’m sorry about everything.
 なぁ、俺、もう行くよ。いろいろ、悪かったよ。

Rachel: Honey, don’t worry, it was my mistake.
 気にしないで。私が間違えたんだから。

Joey: No, Rach, I should’ve told you sooner. It’s just that…Man! That kid is going to town!
 いや、レイチ、俺がもっと早く言えばよかったんだよ。本当にあれは・・(オッパイをすっているエマを見て)うわっ! その子、やるなぁ!(出て行く)

Rachel: She’s perfect.
 この子、完璧だわ。

Ross: We’re so lucky.
 僕らは幸せだね。

Rachel: We really are.
 本当ね。

Ross: Look, I-I know it’s not a proposal and I don’t know where you are, but with everything that’s been going on and with Emma and…I’ve been feeling…
 ね、プロポーズはしてないし、君がどう思ってるかわからないけど、でもいろいろあって、エマのこともあって・・僕は何かこう・・

Rachel: I know. I know. I’ve been feeling…
 わかる。わかるわ。私もそう思ってるわ。

Ross: Yeah?
 そう?

Rachel: Yeah.
 ええ。

Ross: Okay, well, that… Wow, okay, well, umm…then maybe, at least we can, we can talk about us again.
 そうか、じゃ・・そうか、それじゃ僕ら少なくとも、僕らのことについてまた話し合えるね。

Rachel: Yeah, maybe.
 ええ、そうかもね。

Ross: Well, good, okay. I-I, kind of think you know if we…if… You’re wearing the ring.
 そうか、いいね。じゃあ・・もし・・・。君、指輪をしてるね。

Rachel: …Wh-what’s that?
 ・・・何のこと?

Ross: And you told Phoebe you were engaged.
 それに、君、フィービーに婚約したって言ったんだよね。

Rachel: I’m sorry, what?
 ごめんなさい、なんて?

Ross: When you thought Joey proposed did…did you say yes?
 ジョーイがプロポーズしたと思った時、君、イエスって言ったの?

《倉庫の中に向かって話しかけるゲラー父》

Mr. Geller: Kids, I spoke to a doctor and picked up this pamphlets on how to get pregnant.
 おまえたち、ドクターと話して、妊娠するためのパンフレットを貰ってきたよ。(ドアの下から中に押し込む)

(モニカとチャンドラーが通り過ぎる)
Monica: Hey, dad!
 ハーイ、とうさん。

Chandler: Hey.
 どうも。

Mr. Geller: …Sorry to bother you again, but could you pass my pamphlets back? . . Thank you.
 ・・・(倉庫の中に向かって)また邪魔して悪いけど、そのパンフレットを返してくれる?(押し返される)ありがとう。





にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:09| Comment(0) | Season 9 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。