2013年11月22日

8-24 The One Where Rachel Has A Baby Part 2

8-24 レイチェルに赤ちゃんが生まれる話 Part 2

 ☆ママにプロポーズを − Part 2☆

Phoebe: Previously on friends.
 全体までのフレンズ。

Rachel: For seventeen hours I’ve been at this. How many centimeters am I dilated?
 もう17時間もこうしてるのよ! 何センチ開いてるんですか?

Dr. Long: Three.
 3センチよ。

Ross: Just three?! I’m dilated three!
 たった3センチ? 僕だって3センチ開いてるよ!

(子供を持とうと話すモニカ夫妻)
Chandler: We talk about having babies someday.
 いつか子供を持つってことを話してきたじゃないか。

Monica: So we’re gonna try?
 それじゃ、やってみる?

Chandler: Right here?
 ここで?

Monica: No, not here. . Maybe here.
 いえ、ここでじゃないけど。・・ここでもいいかも。

(ロスに指輪を渡すゲラー母)
Mrs. Geller: This is your grandmother’s engagement ring, I want you to give it to Rachel.
 これはおばあちゃんの婚約指輪よ。これをレイチェルに渡して。

Ross: Mom, no.
 かあさん、ダメだよ。

Mrs. Geller: This isn’t some girl you picked up in a bar and humped.
 本当に! ロス、彼女はどこかのバーで拾ってやっちゃった子と違うのよ。

(エレベーターに乗り込む男性がフィービーに)
Man: I take it you’re just visiting someone?
 君は誰かをお見舞いに来たんだよね。

Phoebe: Uh huh, yeah.
 ええ、そうよ。

Man: Wanna visit someone else?
 誰か他の人も見舞ってみない?

Phoebe: Yeah, I would like that.
 そうね! それはいいわね。

Phoebe: That’s him.
(男性の部屋を見つけて)彼だわ。

Joey: Great. Go get him.
 よかったな。行ってこいよ。

Phoebe: Or maybe you could go in first.
 まずあなたが行って。

Joey: I’m Dr. Drake Ramoray. I have a few routine questions. Do you sleep with woman and never call them again?
 (男性の病室で)僕はドクター・ドレイク・ラモーレ。きまりの質問をしに来たんだ。君は女性と寝て、二度と電話しない人か?

(レイチェルと相部屋になったジャニス)
Janice: Oh, my God!
 オーマイゴッド!

《病院内の他の空室》

Chandler: Should we tell Rachel there’s an empty private room right next door to hers?
 俺たち、レイチェルに、隣の個室が空いてるよって教えるべきじゃないかな?

Monica: We could, or we could have sex in it.
 そうね。それか、そこでセックスしてもいいわね。

Chandler: Well, let me think about that, while I remove my pants!
 そうだな、パンツを脱ぐ間にそれ考えるよ。

Monica: Okay, mister! Fertilize me!
 (ベッドに横になり)いいわ、あなた! 受胎させて!

(突然隣からジャニスの笑い声が鳴り響く)

Monica: Does that sound like Janice?
 あれジャニスの声みたいじゃなかった?

Chandler: If it’s not, then there’s two of them. And that would mean it’s the end of the world!
 もしそうじゃなかったら、2人いるってことだ。つまりそれは世界の終わりだ。

《レイチェルの部屋》

Monica: Hey!
 ハーイ!

Ross: Hey!
 やぁ。

Chandler: Hi.
 やぁ。

Rachel: Oh, hi.
 あら、ハーイ。

Monica: I can’t believe this is taking so long. How are you doing?
 こんなに長引くなんて信じられないわね。具合はどう?

Rachel: Oh, not bad. Do you know that feeling when you’re trying to blow a Saint Bernard out your ass?
 悪くないわ。お尻からセントバーナード出そうとするってどんなか知ってる?

Chandler: Weirdest thing. Did I hear−Mother of God, it’s true!
 おかしなことなんだけどな、俺、聞こえたような・・(看護師がカーテンをあけジャニスが見える)ああ、神様、本当だったんだな!

Janice: Chandler Bing!
 チャンドラー・ビング!

Chandler: Ja-Janice!
 ジャ・ジャニス!

Ross: Not just Janice, Janice in labor, contracting and everything.
 ただのジャニスじゃないよ。お産しようとしてるジャニスだ。陣痛とかもあるんだ。

Janice: Oh, this should be easy. I have a very wide pelvis. You remember Chandler.
 あら、それは簡単なはずよ。私骨盤が大きいから。知ってるでしょ、チャンドラー。

Chandler: Janice, I didn’t even know you were pregnant! Who’s the unwitting human who’s essence you’ve stolen?
 ジャニス、君が妊娠してるなんて知らなかったよ。何も知らずに君に精力を吸い尽くされてる男は誰?

Janice: It’s you. This is yours.
 あなたよ。これはあなたの子よ。

Chandler: What?!
 なにっ?

Janice: Look how nervous he gets! We haven’t slept together in years!
 この怯えた顔見て! もう何年も寝てないのに! (笑う)

Chandler: That’s funny. Does it-does it hurt? Does the labor hurt?
 おもしろいね。それ痛い? 陣痛、痛い?

《816号室》

Phoebe: Okay, I’ve got one for you, if you had to which one would you rather eat, a seeing eye dog or a talking gorilla?
 ひとつ思いついたわ。どうしても食べなきゃならないってことになったら、盲導犬か、話せるゴリラか、どっちにする?

Cliff: I’d have to say…the talking gorilla, because at least I can explain to him that you’re making me eat him.
 そうだな・・話せるゴリラだ。少なくとも、君に無理強いさせられてると説明できるからね。

Phoebe: Somebody went to college. Wow. . . What is it? I’m sorry.
 さすが大学出ね。ワオ! (クリフの表情が変わる)どうしたの? ごめん。(もたれていたので離れる)

Cliff: No, I’m sorry. It’s just my foot itches like crazy.
 いや、違うんだ。足がかゆくておかしくなりそうなんだよ。

Phoebe: Oh, I’ll get it.
 ああ、わかったわ。(スプーンで掻いてあげる)

Cliff: Wow! I usually get to know a girl a little better before I let her spoon me.
 ワオ! 普通なら、もっとよく知り合うまでは、スプーンで掻いてもらったりしないんだけどな。

Phoebe: Relax, it’s not like we’re forking.
 リラックスして、フォークで突ついたりしないから。

《レイチェルの部屋》

Rachel: Oh, that’s five, Ross. Five women have had five babies! And I have had no babies! Why doesn’t she want to come out?
 ああ、もう5人よ、ロス。5人もの女性が5人の赤ちゃんを産んじゃったわ。そして私はまだよ! どうしてこの子、出てきてくれないの?

Ross: You know what I think it is? I think you’ve made such a nice home for her over the last nine months that she just doesn’t want to leave.
 思うんだけどね、赤ちゃんはこの9ヶ月、君のおなかの中にいてあまりにも気持ちよかったから、出たくないんじゃないかな。

Rachel: Oh. Look at you making up crap for me. Oh, God!
 ああ、もうそんなバカなこと言ってくれちゃって。ああ、もう!

Dr. Long: Twenty-one hours. You’re a hero.
 21時間ね。あなたはヒーローだわ。

Rachel: Doctor, you gotta do something! I think you gotta give me drugs or you gotta light a fire up in there and just smoke it out.
 先生、何とかしてください! 薬かなにかください。それか、火をたいていぶし出して!

Dr. Long: Actually, I think you’re ready to go to the delivery room.
 あなた、もう分娩室に移れるわよ。

Rachel: What?
 えっ?

Dr. Long: Ten centimeters, you’re about to become a mom.
 10センチ開いてるわよ。あなたももうすぐママよ。

Rachel: My God. Okay. . .Ha-ha-ha, beat ya! Sucker!
 ああ、神様。(他の産婦が入ってくる)ハハハ! 勝ったわよ! ダメね!

《816号室:テレビにドクタ・ドレイクが映る》

Cliff: Oh, my God! That’s the doctor who was in my room before!
 なんだこれは! あのドクター、さっきここに来たぞ!

Phoebe: Huh. Okay, Mr. Percocet.
 あら。痛み止め薬の飲み過ぎね。

(Percocet = 痛み止め薬)

Cliff: I’m telling you! The guy from that show was here in my room, asking me all these weird questions!
 本当だよ! あのドラマのあの人がこの部屋に来たんだ。いろいろ変な質問をしてきたんだよ。

Phoebe: Cliff, do you really believe that a character from a TV show was here in your room?
 クリフ、テレビドラマのキャラクターがこの部屋に来たなんて、本当に思ってるの?

(ジョーイが飛び込んでくる)
Joey: Rachel’s having her baby!!
 レイチェルが出産するぞ!

Cliff: That’s him! You know him?
 彼だよ! この人知ってるの?

Phoebe: Okay. Okay. I−Okay umm…this…I-I sent my friend Joey in here to find out stuff about you. Umm you know, if it helps you came off great. A lot better than I’m coming off right now.
 わかった、わかったわよ。これは・・その・・友達のジョーイに、ここに来てあなたのことがいい人かどうか、探ってもらったの。ずっといい人ってことがわかったわ。今の私よりもね。

Cliff: I don’t believe this. You got him to pretend he was some fake doctor?
 信じられない。君は彼にニセモノドクターのふりをさせたのか?

Joey: Fake? Excuse me? Hello?
 偽物だって? もしもし?(テレビ画面を叩く)

Cliff: And then you tried to make me think that I was crazy?
 それなのに君は、僕がおかしいなんて思わせようとしたのか?

Phoebe: You’re right, that was wrong. I’m sorry. I’m so sorry. It’s just that I liked you so much. Can we just, can we just start over?
 その通りよ。悪かったわ。ごめんなさい。本当にごめんなさい。あなたがとても好きだからなのよ。最初からやり直せないかしら?

Cliff: I don’t think so.
 それはできないな。

Joey: Uh, if I may? Umm-umm look, Cliff, you told me a lot of personal stuff about you, right? And maybe-maybe it would if-if would help if-if you knew some personal stuff about her. Uh, she was married to a gay ice dancer. Uh, she gave birth to her brother’s triplets. Oh! Oh! Her-her twin sister used to do porn!
 あー、ちょっといいかな? なぁ、クリフ、君はいろいろ自分のこと教えてくれたよな。彼女のことをちょっと聞いたらどうかな。彼女はゲイのアイスダンサーと結婚してた。それから、彼女は弟の三つ子を産んだ。あ、そうそう、それから彼女の双子の姉はポルノに出たことがある!

Phoebe: Uh Joey, we’re trying to dial down the crazy.
 ジョーイ、おかしなやつに見えないようにしてるのよ。

Joey: Right!
 そうか。

Phoebe: Umm, look, we don’t, we don’t really know each other so it would be really easy to just forget about this, but there seems to be something between us. And I don’t know about you but that doesn’t happen to me a lot.
 ねぇ、私達、お互いのことほとんど知らないんだから、忘れるのは簡単なことよ。でも、私達の間には何かある気がするの。あなたはどうか知らないけど、私にはそんなにあることじゃないの。

Cliff: It doesn’t happen to me either.
 僕にもそうないよ。

Joey: Me, neither.
 俺もだよ。

《分娩室のレイチェル》

Dr. Long: Push. Push. Come on, push for five seconds. 5…4…
 頑張って、頑張って、ほら、5秒力むのよ。 5…4…

Rachel: 3-2-1, oh!!
 (早口で3、2、1! ああ!

Dr. Long: Okay, the next contraction should be in about twenty seconds.
 次の陣痛はきっと20秒で来るわよ。

Rachel: I can’t. I can’t push anymore, I can’t.
 無理よ。もうこれ以上力めない、無理よ。

Ross: Sweetie, you’re doing great.
 レイチェル、君はすごくよく頑張ってるよ。

Rachel: Oh, God, twenty seconds, my ass!!
 ああ、20秒ですって。私のお尻が!

Dr. Long: Here we go! Okay, keep pushing! Wait! I see something.
 行くわよ! いいわね、力み続けるのよ! 待って! 見えてきたわ。

Ross: What? You do? You do? . . Oh, my God!
 えっ? 見える? 見える?(見に行く)オーマイゴッド!

Rachel: Don’t say, "Oh, my God!" Oh, my God, what?
 オーマイゴッドなんて言わないで。オーマイゴッドなに?

Ross: What is that?
 それ何?

Dr. Long: It’s the baby’s buttock, she’s breech.
 これは赤ちゃんのお尻よ。逆子だわ。

Ross: Oh, thank God, I thought she had two heads.
 ああ、神様! 頭が2つあるかと思ったよ。

Rachel: Oh, God. Is she gonna be okay?
 ああ! 彼女は大丈夫?

Dr. Long: She’s gonna be fine. Okay, she’s in a more difficult position so you’re gonna have to push even harder now. Go! Push!
 大丈夫よ。でもよけい難しいから、あなたもっと強く力まないとダメよ。ハイ! 力んで!

Ross: Go!
 頑張れ!

Dr. Long: Rachel, you’re gonna have to push even harder, nothing’s happening!
 レイチェル、もっと強く力まないとだめよ。全然変わらないわよ!

Rachel: I’m sorry, I can’t!
 ごめんなさい、無理よ!

Ross: Yes, you can!
 いや、できるよ!

Rachel: I can’t!
 無理よ!

Ross: Hey! Hey! Come on! You can! I know you can do this! Let’s go!
 ねぇ! ほら、頑張って! できるよ! 君ならできるよ。ほら!

Rachel: I can’t. Please, you do it for me.
 無理よ。お願い、あなたがやって。

Ross: No! Let’s go. One more time! One final push! Ready? 1…2…3!
 ダメだよ。頑張るんだ。もう一回! 最後にもう一回! いいかい? 1…2…3!(力んだ際、ロスが頭突きをされ倒れる)

Dr. Long: Good!
 いいわよ!

Ross: Keep pushing!
 (床から)力み続けて!

Rachel: Are you okay?
 だいじょうぶ〜?

Ross: You have no idea how much this hurts. . Keep going! Keep going!
 これがどんなに痛いか想像もつかないよ。(みんなに睨まれ)頑張って、頑張って!

Dr. Long: Here we go!
 産まれてきたわよ!

Ross: Oh! Oh! She’s upside down but she’s coming! She’s coming!
 ああ、ああ! 彼女上下反対だけど、出てきたよ、出てきたよ!

Rachel: Oh, God!
 ああ、神様!

Ross: Oh! Oh, my God oh! Oh, my God she’s here. . . . Oh, she’s…she’s perfect.
 ああ! ああすごい! すごいよ! 彼女が産まれてきたよ!・・完璧な子だよ。

Rachel: Oh, she’s so tiny. Where’d she go?
 ああ、すごく小さいわ。・・どこへ連れてくの?

Ross: Oh, it’s okay. They’re just-they’re just wrapping her up.
 ああ、大丈夫だよ。くるんでくれるだけだよ。

Rachel: Okay. Well, be careful with her, she’s really tiny.
 わかった。気をつけてね、本当に小さいんだから。

Dr. Long: Here she is!
 ほら来ましたよ!(赤ちゃんをレイチェルに抱かせる)

Rachel: Oh, hey, you. Thanks for coming out of me. . I know. Oh. Yeah. Oh, she’s looking at me. Hi! I know you.
 ああ、あなたなのね。私から産まれてくれてありがとう。・・そうよね、ああ、そうね。あ、私を見てるわ。ハーイ、やっと会えたわね。

Dr. Long: Do we have a name yet?
 もう名前は決まってるの?

Rachel: No, not yet.
 いいえ、まだよ。

Dr. Long: That’s fine, for now we’ll just call her Baby Girl Greene.
 いいわ。じゃあ今はベイビーガール・グリーンと呼ぶわね。

Rachel: Oh, no, Baby Girl Geller-Greene.
 いいえ、ベイビーガール・ゲラー=グリーンよ。

(ロスとレイチェルが見つめ合ってキス)

Rachel: Hello, Baby Girl.
 こんにちは、ベイビーガール。

《レイチェルの部屋:みんなが来る》

Phoebe: Can we come in?
 入っていい?

Ross: Oh, come in.
 ああ、入って。

Phoebe: Hi!
 ハーイ!

Joey: There she is!
 ああ、産まれたな!

Phoebe: Oh, she’s so beautiful.
 わぁ、本当にかわいいわね!

Rachel: Here.
 はい(モニカに赤ちゃんを抱かせる)

Monica: Oh, my God! She’s amazing. Oh, oh, I’m so glad you guys got drunk and had sex!
 ああ、すごい! かわいいわね。ああ、あなた達が酔っ払ってセックスして本当によかったわ!

Chandler: It’s incredible, I mean one minute she’s inside you and then 47 hours later here she is.
 素晴らしいな。さっきまで君のおなかのなかにいたのに、47時間後にはここにいる。

Joey: She looks so real! You know what I mean!
 (赤ちゃんを抱いて)すごく人間っぽいな!(みんなに見られ)意味わかるだろ!

Phoebe: Okay, my turn. My turn. . . Oh! You’re so cute! Oh, I could squeeze your little head! … I won’t.
 ねぇ、私の番、私の番よ。(抱いて)ああ、本当に可愛いわね! ああ、この小さな頭をギューって握りしめられそうね。(見られて)しないけど。

Monica: What’s the matter?
 (レイチェルが泣くので)どうしたの?

Rachel: Oh, nothing I… Sorry, I just can’t stop crying.
 何でもないの。ごめん、ただ泣けてしまうの。

Ross: The doctor says it’s completely normal with all the hormones. Plus, you-you’re sleep deprived.
 ドクターが、ホルモンのせいだから普通のことだって。それに、君は睡眠不足だしね。

Rachel: So? You guys are all sleep deprived. I don’t see you weeping because you put your slippers on the wrong feet. Oh, God.
 そう? みんなも睡眠不足でしょ。あなた達、スリッパの右左間違えたからって泣いてないわよ。ああ・・(さらに泣く)

Joey: What’s the matter now?
 どうしたんだ?

Rachel: I was reliving it.
 思い出したの。

Phoebe: Ohhh.
 ああ。(赤ちゃんをレイチェルに返す)

Chandler: So, do you know what you’re gonna call her yet?
 名前はもう決めた?

Phoebe: Oh, wait a minute, it’s not gonna be Baby Girl? I thought that was so original!
 あら、待って、ベイビーガールじゃないの? 個性的でいいと思ったのに。

Ross: Uh actually, we-we’ve narrowed it down to two names.
 実は、2つまで候補を絞り込んだんだ。

Rachel: Yeah, and you know what? I love them both, so why don’t you just pick one and that’ll be it.
 ええ。そのことだけど、両方とも気に入ったから、あなたがどちらか選んで、そちらにしましょ。

Ross: Wow! Umm, okay uh…everyone…this…is Isabella. . . What?
 ワオ! それじゃ・・みんな、この子は、イザベラだ。(レイチェルが泣き出す)なに?

Rachel: That’s not her name! I’m sorry, she just doesn’t feel like an Isabella.
 それこの子の名前じゃないわ! ごめんなさい。イザベラって感じしないの。

Joey: What was the other one?
 他の名前は何だった?

Ross: Umm, Delilah.
 デリラ。

Rachel: Oh, great! At least she sounds like a biblical whore.
 ああ、いいわね。聖書時代の売春婦みたい。

Ross: So I guess we’re back to uh, Baby Girl.
 それじゃ、またベイビーガールに逆戻りだ。

Phoebe: Yay!
 イエーイ!

Rachel: Well, what are we gonna do?
 それじゃ、どうする?

Monica: It’s okay, honey, you’ll find a name.
 大丈夫よ。いい名前が見つかるわよ。

Ross: Ugh, easy for you to say, you already know what your kids names are gonna be.
 ああ、君はそう言えるよね。君は子供の名前もう決めてるんだからな。

Chandler: You do?
 そうなの?

Monica: Yeah, I’ve had them picked out since I was fourteen.
 ええ。14歳の時から決めてあるの。

Chandler: Oh, no, it’s gonna be named after some snack or baked good, isn’t it?
 ああ、ウソだろ。スナックやお菓子の名前じゃないだろうな?

Rachel: Well, tell us! What are they?
 教えてよ。なんていう名前?

Monica: Umm, okay. If it’s a boy, it’s Daniel.
 ええ、いいわ。もし男の子なら、ダニエル。

Rachel: And if it’s a girl?
 もし女の子なら?

Monica: I don’t want to say.
 言いたくない。

Rachel: Oh, just tell us! We’re not gonna want it!
 いいから教えてよ! 欲しがらないから!

Monica: Okay. It’s Emma.
 わかった。エマよ。

Rachel: Emma! . . See? I don’t want it.
 エマ!(泣き出す)ほらね? 欲しがらないわよ。

Monica: Take it.
 使って。

Rachel: What?
 え?

Monica: It’s clearly an Emma.
 その子はエマだわ。

Rachel: Oh, honey, but you love that name.
 ああ、でも、あなたその名前が気に入ってるんでしょう。

Monica: Yeah, but I love you more. Besides you know, nothing goes with Bing. So I’m screwed.
 ええ、でも、あなたがもっと好きよ。それに、どうせビングになるのよ。もうダメよ。

《レイチェルの部屋:レイチェル1人。ジャニスが来る》

Janice: Yoo-hoo! Aaron Litman-Guralnick would like to say hello to his future bride.
 ハァァァイ! アーロン・リットマン=グラニックが未来の花嫁に挨拶にきましたよ。

Rachel: Ohhh! . . Wow! He kinda takes your breath away, doesn’t he?
 わぁ・・(赤ちゃんを見て恐れる)ワオ・・息を飲む感じの子ね。

Janice: He’s a keeper. How are you feeling?
 素敵な子でしょ。気分はどう?

Rachel: Oh, I’m fine.
 ああ、大丈夫よ。(つらそうに座る)

Janice: Can I just say, I really admire what you’re doing. Just raising her all alone.
 あなたのしてること、尊敬しちゃうわ。1人で育てるなんて。

Rachel: Oh, I’m not doing it alone. I have Ross.
 1人で育てるんじゃないわよ。ロスがいるもの。

Janice: Oh, sure. Now. But what happens when he meets somebody else and gets married?
 ああ、そうよね、今はね。だけど、彼が他の人に出会って、そして結婚したらどうなる?

Rachel: Well, then he gets a divorce, it’s Ross!
 そうしたら離婚するわよ。ロスだもの!

Janice: I’m telling you, Rachel, listen to Janice. They all say they’re gonna be there until they start their real family.
 レイチェル、本当の話、ジャニスの言うこと聞きなさい。そばにいるなんて言うけど、それは本当の家族ができるまでのことよ。

Rachel: Well, I−That’s never gonna happen with Ross.
 それは・・ロスにはそれはないわ。

Janice: Oh, well, that’s what I thought about my first husband, now I’m lucky if my kid gets to spend the weekend with her father and the twins and little Ms. New Boobs.
 私も最初の夫の時そう思ったわ。でも、今では、私の子供が、週末を父親と双子の兄弟と新しいおっぱい女と過ごせればラッキーってとこよ。

Rachel: Really?
 本当?

Janice: I hate to be the one to say it, but honey, you two are on your own.
 言いたくないけど、でも、あなた達は2人きりなのよ。

Rachel: Well… That’s…you know−That’s−We’ve been alone for the last twenty minutes we’re doing okay. Besides you know what? I-I−Maybe we won’t be alone, ‘cause lately I-I−things have been happening between me and Ross, you know? Right before I went into labor, we-we had this kiss. You know? So it might be the…the beginning of something.
 まぁ・・それは・・でも私達この20分間2人っきりだけど大丈夫よ。それにね、私1人じゃないかも。最近、私とロスとの間に何か起きてるのよ。陣痛が始まる前に、キスしたし。何か始まるのかもしれないわ。

(ロスが来る)
Ross: Hey, Janice!
 やぁ、ジャニス。

Janice: Oh, hi!
 あら、どうも!

Ross: Who’s this little guy?
 このちっちゃな子は誰?(見て息を飲む)

Janice: Say hello to Aaron, your future son-in-law.
 アーロンに挨拶して。未来の義理の息子よ。

Ross: No-no. No.
 いやいや、いいや。

Janice: I’m gonna leave the three of you alone.
 3人にしてあげるわね。

Ross: Okay.
 ああ。

Janice: Bye.
 バーイ(出て行く)

Ross: Man! Did you see the kid on that nose?
 ああ! あの子の鼻見た?

Rachel: Uh-huh. . . You know what I was, I was thinking about?
 うん。(ロスはコートを椅子に置く)私が何考えてたと思う?

Ross: Huh?
 ん?

Rachel: Umm…that kiss before we left the apartment. That was some-something, huh?
 あのキスよ。部屋を出る前のあのキス。あれには何かあったわよね?

Ross: Yeah. Yeah, it really was. But we…we gotta be careful. We…we can’t let that happen again, you know?
 ああ、ほんと、そうだよね。でも、僕ら気をつけなくちゃ。またあんなことしないようにしなくちゃ、ね?

Rachel: … Right.
 ・・そうね。

Ross: I mean we don’t want to go down that road do we?
 またあんなことになるのイヤだろう?

Rachel: No! No, of course not. No. That’s why I brought it up. . They didn’t have any sodas?
 そうよ。もちろんそうよ。ええ。だからこの話をしたのよ。・・ソーダなかったの?

Ross: Oh, my God! I’m sorry, I was talking to this nurse, completely forgot.
 あ、しまった! ごめんよ。看護婦さんと話していて、完全に忘れてたよ。

Rachel: That’s all right. . . And so it begins.
 いいのよ。(ロスは出て行く)もう始まってる。

《育児室のエマを見るロス・フィービー》

Phoebe: Is she in there?
 彼女ここにいるの?

Ross: Yeah. She’s putting her down now, that’s her.
 ああ、彼女が今寝かせようとしてるんだ。あの子がそう。

Phoebe: Oh!
 ああ。

Ross: Look at Emma!
 エマを見て!

Phoebe: I just can’t decide who she looks more alike, you or Rachel?
 わからないわ、あなたとレイチェルのどちらに似てるのかしら?

Ross: Oh, what are you kidding? She’s gorgeous, it’s all Rachel.
 なに、冗談だろ? 彼女あんなに美しいんだよ。レイチェル似だよ。

Phoebe: I’m sorry, for the last time, why aren’t you two together again? … No, I know. I know, because you’re not in that place. Which would be fine, except you totally are.
 悪いけど、最後にもう一度。どうしてあなた達結婚しないの? (沈黙)いえ、わかってる、わかってるわ、あなた達はそういう気持ちじゃないのね。それでもいいけど、でもあなたはそういう気持ちじゃないの。

Ross: It’s…it’s complicated, okay?
 複雑なんだよ。

Phoebe: Yeah, that’s true. Yeah, you love her. You always have. You have a child together. There is no right answer.
 ええ、それはそうだけど。あなたは彼女を愛してる。ずっと愛してるわ。そして一緒に子供を持って。正解なんてないのよね。

Ross: Look, we’ve been together. Okay? And then apart, and then together, and then apart, and now we have a baby. … It’s just if-if we got together again and it didn’t work out…I could never do that to Emma. I mean, she-she came into this world thinking everything−. . Oh, that’s…now me. What do they put something in the water in this place? Since Rachel and I, we’re doing really well, right now.
 ね、僕らはつきあった、ね? そして別れた。それからまたつきあって、そして別れた。今度は赤ちゃんができた。もしまた一緒になって、またうまくいかなかったら・・エマにそんなことできないよ。彼女はこの世に生まれてきて・・何もかもが・・(泣き出す)ああ、今度は僕だよ。何だよ、ここの水には何か入ってるんじゃないの? レイチェルと僕は、今うまくいってるから・・。

Phoebe: I know. I know. I know. I know, and if you try to make it more you might wreck it.
 そうね。そうね。わかるわ。でも、もし一緒にやっていこうとしたら壊してしまうかもしれないっていうのね。

Ross: Yeah, exactly.
 ああ、その通りなんだよ。

Phoebe: Right. . . Or you might get everything you’ve wanted since you were fifteen.
 そうね。・・・それか、あなたが14歳の時からほしかったものを手に入れらえるかもしれないのよ。

《レイチェルの部屋:ジョーイが来る》

Joey: Hey. I just saw a woman breast feeding both of her twins at the same time; it is like a freak show up here. . . What’s the matter?
 やぁ。今、双子に両方のおっぱいでお乳やってるとこ見ちゃった。変なショーみたいだったよ。(レイチェルが涙を拭いているので)どうしたんだ?

Rachel: Nothing.
 なんでもない。

Joey: What is it? Hey!
 どうしたんだよ? え?

Rachel: Really it’s nothing. I’m just…
 本当に何でもないの。ただ・・

Joey: Rach, come on, what?
 レイチ、どうしたんだ、何?

Rachel: I’ve just been thinking about how my baby and I are gonna be all alone.
 私と赤ちゃんが2人っきりだなって考えていたの。

Joey: What are you talking about alone? What about Ross?
 2人っきりなんて、何を言ってるんだよ? ロスがいるだろ?

Rachel: Oh, please, he’ll be with his real family, the twins and little Miss New Boobs.
 ああ、だめよ、彼は本当の家族を見つけるわ。双子と新しいおっぱい女よ。

Joey: Okay, how long was I watching that woman?
 え、俺そんなに長い間あの女の人見てた?

Rachel: I’m just saying that, you know, someday Ross is gonna meet somebody and…he’s gonna have his own life. Right?
 私が言ってるのは、ロスも誰かと出会って、そして彼自身の人生を始めるってこと。そうでしょ?

Joey: Yeah, I guess so.
 ああ、そうかもな。

Rachel: I just never thought I would raise this baby all by myself. Pretty dumb, huh?
 自分1人で育てるなんて考えてなかったのよ。本当にバカよね?

Joey: Hey, listen to me, listen to me…you are never ever gonna be alone. Okay? I promise I won’t let that happen.
 おい、聞いて、聞いてくれよ。絶対に1人ぼっちになんかならないよ。ね? 俺がそんなことにならないって約束するよ。

Rachel: Joey. Honey, what would I do without you?
 ジョーイ、ああ、あなたがいなかったらどうしたらいいかわからないわ。(ハグ)

Joey: You don’t have to worry about that, okay?
 そんなこと心配しなくていいんだ、ね?

Rachel: Oh, hon, can you grab me my other box of tissues? They’re right on that chair under Ross’s coat.
 ああ・・ねぇ、そこのティッシュ取ってくれる? その椅子の上、ロスのコートの下にあるわ。

Joey: Sure.
 わかった。

Rachel: Okay.
 お願い。

(ロスのコートを持ち上げると指輪の箱が落ちる。それを拾って開けて見て驚くジョーイ)

Joey: Oh, my God.
 なんてことだ・・

Rachel: Joey?
 ジョーイ?

(ジョーイが振り向くが、たまたま片膝をついていて、手には指輪を持っている)

Rachel: Oh, my God. …… Okay.
 まぁ・・なんてことなの・・・いいわ。

(一方、ロスは、花束を持ってレイチェルの部屋に向かっている)

《掃除道具庫から出てくるモニカとチャンドラー》

Chandler: That was amazing.
 素晴らしかったな。

Monica: I know. Hey, do you realize we may have just changed our lives forever? We may have just started a family. Nine months from now we can be here, having our own baby.
 ほんとね。ねぇ、もしかしたら、私達の人生はこれで変わっちゃったのかもしれないわよね? 私達家族を作ったのかも。今日から9ヶ月後には、私達自身の子供をここで産んでるかもしれないわ。

Chandler: And if not, we got to do it on a bucket.
 もしできてなかったら、またバケツの上でやらなきゃ。




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 02:48| Comment(0) | Season 8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。