2013年11月21日

8-23 The One Where Rachel Has A Baby Part 1

8-23 レイチェルに赤ちゃんが生まれる話 Part 1

 ☆ママにプロポーズを − Part 1☆

《病院:到着したロスとレイチェル》

Ross: All right! Yes!! From home to the hospital in under seven minutes! We did it!!
 よし!(時計を見て)家から病院まで7分以下で来た! やったぞ!

Rachel: Yes, the hard part is truly over.
 (車椅子)そうね、一番大変な部分は終ったわね。

Ross: No, but come on, we’re off to a great start, aren’t we? I knew I’d get you here fast, but this has got to be some kind of a record!
 違うけど、ねぇ、いいスタートを切っただろ。早く来なきゃと思ってたけど、これはちょっとした記録じゃないかな。

(フィービーとモニカがコーヒーを持って現れる)
Phoebe: Oh, you made it!
 あら、着いたのね。

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Monica: How are you doing?
 調子はどう?

Ross: Wait a minute! How-how the hell did you beat us here?
 ちょっと待てよ! いったいどうやって僕らより先に来たの?

Monica: We took a cab. Did you guys walk?
 タクシーで来たのよ。歩いてきたの?

Ross: N… No! We took a cab too, but I did test runs!
 違うよ! 僕らもタクシーで来たのに。テストランもしたのに!

(チャンドラーとジョーイが飲み物を手に現れる)
Chandler: Hi!
 やぁ!

Joey: Hey! You made it!
 ああ、来たな!

Ross: Okay, is there…some kind of magic tunnel to this hospital?!
 なんだよ、この病院への魔法のトンネルでもあるのか?

Rachel: Ross, you stay here and talk, I’m gonna go have a baby.
 ロス、あなたここで話していて、私は赤ちゃん産んでくるから。

Ross: Okay. Okay. . . Umm hi, this is Rachel Green. I’m Ross Geller. We-we called from the car.
 わかったわかった。(病院受付に)どうも、レイチェル・グリーンですが、僕はロス・ゲラー。さっき車から電話しました。

Nurse: Right! We have a semi-private labor room waiting for you. So in just a minute…
 わかりました。準個室を用意しておりますよ。少しお待ちいただければ・・

Rachel: Whoa-whoa-whoa-whoa! I’m sorry, semi-private? We, we asked for a private room.
 ちょっとちょっとちょっと! すみませんけど、準個室ですって? 個室を頼んだんですよ。

Nurse: Yes, I see that here. Unfortunately we can’t guarantee a private room and currently they’re all unavailable.
 ええ、そのようですね。でも、個室を提供できるとは言い切れなくて、今も空いてないんです。

Chandler: Man, if only you’d gotten here sooner.
 ああ、もうちょっと早く着いてれば。

Nurse: I’m sorry. Semi-private rooms are all we have.
 申し訳ありませんが、今は準個室しかないんです。

Rachel: Okay. Just give us a second. Ross!
 そう。ちょっと待って。ロス!(受付から離れる)

Ross: Yeah?
 何?

Rachel: Give her some money.
 お金渡して。

Ross: I really think they’re out of rooms.
 本当に部屋がないんだと思うよ。

Rachel: They’re not!! Ross, they’re just saving them for the important people!! Okay?! What-what if I was the president?!
 違うわよ! ロス、重要な人のために取ってあるのよ! ね? もし、私が大統領だったらどう?

Ross: Well, then we’d be in a lot of trouble, you don’t know where any countries are. . Okay. . . Uh, say, would you umm… Would you mind checking again to see if any umm, private rooms may have opened up?
 もしそうなら大変だと思うよ。君は国の場所も知らないんだから。わかったよ(レイチェルに睨まれ、受付へ行って)あー、すみません・・もう一度、個室がないか調べて(お金を渡して)いただけませんか?

Nurse: This is a hospital.
 ここは病院ですよ。

Rachel: Okay. You know what? I’d have to say I really don’t care for your tone. And this is not the only hospital in this city and we have no problem to−Whoa! . . . Oh, gosh! Whoa!
 (車椅子から立ち)いいわ、ねぇ、あなたのその言い方なんて気にしないわ。街で病院はここだけじゃないんだし、何も問題は・・うわっ!(おなかを押さえ)ああ、痛、うわ!

Ross: What-what?
 どうした、どうした?

Rachel: Ow! Ow! Contraction. . . Ow-ow! Ow-ow!
 (車椅子に座る)痛っ! 痛っ! 陣痛よ・・痛っ! 痛いっ!

Nurse: Would you like to see a semi-private room?
 準個室ご覧になります?

Rachel: Yeah, it couldn’t hurt to look.
 ええ、見ても悪くはないわね。

《病室でチェックを受けるレイチェル》

Dr. Long: Well, you’re only two centimeters dilated and we need to get to ten. It’ll be a while.
 そうね、2センチ広がってるだけね。10センチまで開かないといけないから、まだしばらくかかるわね。

Rachel: Oh, okay.
 はい、わかりました。

Dr. Long: I’ll be back in an hour to check you again.
 1時間ぐらいしたらまた来るわ。

Ross: Thank you.
 ありがとう。

Rachel: Thank you. . Well, I guess we have some time to kill.
 ありがとう。(ドクター出て行く)しばらく時間つぶさないといけないわね。

Ross: Yeah, guess so. Whew! Check these out! . . . Never done this before.
 ああ、そうだね。うわぁ、これ見て(ベッドに横になり台に足を置く)こんなことしたの初めて。

Rachel: Yeah, well, it looks great!
 あら、ほんと、素敵ね。

(他の夫妻が来る)
Man: Thank you very much.
 (看護師に)ありがとうございます。

Woman: Thanks.
 (看護師に)ありがとう。

Ross: Hi! Hi, I’m Ross. I’m here to ruin this magical day for you.
 やぁ、どうも、ロスです。お二人の大事な日を台無しにしちゃって。

Man: Oh, no-no, not at all.
 ああ、いやいやいや、構いませんよ。

Woman: Don’t worry about it.
 気にしないで。

Man: Marc Horger, this is my wife, Julie.
 マーク・ホガー、こちらは妻のジュリーです。

Ross: Hi, Julie.
 どうも、ジュリー。

Julie: Hi.
 ハーイ。

Ross: This is Rachel.
 こちらレイチェルです。

Rachel: Hi!
 ハーイ。

Marc: Oh, hi, Rachel.
 あぁ、どうも、レイチェル。

Rachel: How are you?
 どうも。

Julie: Hi. Is this your first?
 ハーイ、初めての赤ちゃん?

Rachel: Yeah, it is.
 ええ、そうです。

Julie: Well, little Jamie here is our third. So, if you have any questions or you need anything at all, just holler.
 このジェイミーは私達の3番目の子よ。だから、もし聞きたいこととか何かあったら、何でも聞いて。

Rachel: That’s so sweet.
 ご親切に。

Ross: Yeah.
 ほんと。

Rachel: Oh.
 ああ。

Ross: Umm say, I-I opened this earlier but let me give you guys some privacy.
 (カーテンを閉めようとする)えー・・ここさっき僕が開けたんですけど、プライバシーを尊重しますよ。

Marc: No, nonsense! We’re all in this together.
 いや、そんなこと! みんな一緒に経験しよう。

Julie: Yeah, we are going to share every moment of this with you. And I think we’re gonna have some fun.
 そうよ、この時を全部分かち合いましょう。きっと楽しくなるわよ。

Marc: Yeah.
 そうだよ。

Ross: Oh, okay.
 ああ、そうですか。

Marc: Hey! Smile!
 ヘイ! 笑って!(カメラを構える)

Rachel: Oh, no, I really don’t want any−Oh! Thank you. Oh. Oh, Ross…
 あ、いえ、写真は本当に・・(写真を撮られる)ああ、どうも。・・あ、あ、ロス・・

Ross: What?
 なに?

Rachel: Here comes another contraction.
 また陣痛が来たわ。

Ross: Oh. Okay, just breathe.
 ああ、そうか、深呼吸して。

Julie: Oh, honey, I think I’m having one too!
 ああ、私も陣痛がきたわ。(レイチェルと一緒に深呼吸)

Marc: Look at this! There we go!
 見てごらんよ!(写真を撮る)ほぉら!

《待合室のみんな》

Phoebe: Oh, wow, three hours and still no baby. Ugh, the miracle of birth sure is a snooze-fest.
 ああ、もう3時間たってもまだ産まれないのね。ああ、誕生の奇跡って、本当に居眠り祭りね。

Monica: Hey, you wanna see something?
 ねぇ、おもしろいもの見たくない?

Phoebe: Sure! What?
 見たい! 何?

Monica: Umm, this is going to be fun. Watch me freak out Chandler. Honey?
 これはおもしろいわよ。チャンドラーをビビらせるから見てて。(チャンドラーに)ねぇ?

Chandler: Yeah?
 なに?

Monica: Listen uh, I-I’ve been doing some thinking, and I don’t know whether it’s because we’re here or Rachel’s giving birth but umm, I think we should try to have a baby.
 ねぇ、ちょっと考えてたんだんけど、ここにいるせいか、レイチェルの出産のせいかわからないけど、私達、もう赤ちゃんを作ってもいいんじゃないかと思うの。

Chandler: …Okay.
 ・・いいよ。

Monica: What-what’s that now?!
 な・何それ?

Chandler: Okay. I’ve been thinking about it too, and I, I think we’re ready.
 いいよ。俺も考えたんだけど、もうそろそろいいんじゃないかな。

Monica: What?! Are you kidding me?! You-you-you think we’re ready to have a baby now?!
 なんですって? 冗談でしょ? 私達もう子供を持てるって言うの?

Phoebe: Oh, this is fun.
 ほんとだ。おもしろい。

Joey: You’re ready to have a baby? My boy’s all grown up!
 子供を持つ気になれたのか? おまえも成長したなぁ!

Chandler: But you said you were ready too.
 君ももう持てるって言ったじゃないか。

Monica: Yeah, but I was just screwing with you to try to get your voice all high and weird like mine is now!
 ええ、でも、あなたをビビらせようと思って言っただけよ。そうしたらあなたの声が、今の私みたいにひっくり返っておかしくなると思って。

Chandler: Yes, but haven’t you wanted a kid like forever?
 そうだけど、ずっと子供欲しがってたじゃないか?

Monica: Okay, just back off mister! Whoa. . ‘Cause I am ready to have a baby. I just want Joey to be the father.
 いいわよ、ちょっと黙ってて、君! ワオ・・私は子供を持てると思うけど、ただ、おとうさんはジョーイがいいわ。

Joey: What?! Are you crazy?!
 (声がひっくり返る)なにっ?! 気でも狂ったのか?

Monica: That’s it! Right there! Is all I wanted!
 それよ! それ! それが欲しかったのよ!

《レイチェルの部屋》

Marc: I am so sorry. The doctor insisted on closing the curtain for the exam.
 (カーテンを開ける)本当にごめんね。ドクターが検査をするために、どうしてもカーテンを閉めろっていうから。

Rachel: Oh, that’s very−Really very-very okay.
 あら、そんなこと、すごく、本当に本当にいいんですよ。

Marc: Julie’s cervix is dilated a seven centimeters, that’s about four fingers. The doctor let me feel it myself.
 ジュリーの子宮口は7センチ開いてきたって。指4本分だよ。ドクターが、僕にも触らせてくれたんだ。

Julie: Have you felt Rachel’s cervix, Ross?
 レイチェルの子宮口を触ってみたことある、ロス?

Rachel: No, I don’t think we’ll be doing that.
 いいえ、そんなことしませんし。

Ross: We’re not gonna do that.
 (レイチェルと同時に)そんなことしません。

Julie: Well, if you like, you could feel Rachel’s and then feel mine to compare.
 もしよかったら、レイチェルのを触ってから私のを触って比べてみてもいいのよ。

(ゲラー母が顔を見せる)
Mrs. Geller: Am I interrupting?
 お邪魔だった?

Ross: Uh, yes! Thank you.
 ああ、うん! ありがとう!

Rachel: Oh. Oh, wait, no.
 あ、いえ、待って、ダメよ。

Ross: Later.
 後でね。

Rachel: No-no-don’t! Don’t leave me here with these people.
 ダメ、行かないで! この人達と一緒に置いておかないで。

Ross: Oh, uh, I’m sorry.
 あ、ごめんね(出て行く)

Rachel: No, Ross! Ross! Ross! My child has no father!
 ダメよ、ロス! ロス、ロス! 私の赤ちゃんには父親いないわよ!

《廊下で話すロスと母》

Ross: Hi! I’m so glad you’re here, but it’s gonna be a while. I wished you’d called first.
 やあ、来てくれてうれしいよ。でもちょっと待つことになるんだよ。電話くれたらよかったのに。

Mrs. Geller: Oh, that’s all right, I’m coming back later with your father.
 ああ、いいのよ。あとでおとうさんと一緒に来るから。

Ross: Oh, good.
 ああ、よかった。

Mrs. Geller: I actually needed to talk to you before the birth.
 産まれる前にあなたに話したいことがあったの。

Ross: Okay, what’s up?
 そうか。どうかした?

Mrs. Geller: I brought something that I want to give you, assuming of course that you want it.
 私、あなたにあげたい物を持ってきたのよ。もちろん、あなたこれほしいだろうと思って。

Ross: Ma, you’re asking me to marry you?
 ママ、結婚してって言ってるの?

Mrs. Geller: This is your grandmother’s engagement ring, I want you to give it to Rachel.
 これはおばあちゃんの婚約指輪よ。これをレイチェルに渡して。

Ross: Mom, no, come on! Thank you.
 かあさん、ダメだよ。ありがたいけど。

Mrs. Geller: Just hear me out!
 いいから聞きなさい。

Ross: N-no! Okay? We’ve been through this! We’re not gonna get married just because she’s pregnant, okay?
 ダメだよ! いい? それは僕らもう話したんだ。妊娠したからってだけで、結婚したりしないんだよ。ね?

Mrs. Geller: Honestly! Ross, this isn’t just some girl you picked up in a bar and humped. A child should have a family.
 本当に! ロス、彼女はどこかのバーで拾ってやっちゃった子と違うのよ。赤ちゃんには家族が必要なんだから。

Ross: Mom, you know what? I-I can’t deal with this right now. I’m sorry…
 かあさん、ねぇ、今はその話はできないよ、悪いけど・・

Mrs. Geller: Just…think about it. If you don’t, I’ll talk more about humping.
 いいから・・考えてみて。じゃないと、またやったって話するわよ。

Ross: Give me!
 もらうよ!(受け取りポケットに入れる)

Rachel: Hi!
 (顔を出して)ハーイ。

Mrs. Geller: Oh, hi, dear!
 あら、こんにちは!

Rachel: Oh, thank you so much for coming. Ross, get in here!
 来てくださってありがとうございます。ロス、来てよ!(母立ち去る)

《待合室で、みんなに母のことを話すロス》

Ross: She came and dragged me out of the labor room to ask me why I’m not with Rachel.
 かあさんが来て、病室から引きずり出して、どうしてレイチェルと結婚しないのかっていうんだよ。

Phoebe: Yeah. . . Why aren’t you with Rachel?
 そうか・・・どうしてレイチェルと結婚しないの?

Ross: Are you kidding? Look, we’re not gonna be together just because we’re having a baby. Okay?
 冗談だろ? 赤ちゃんが生まれるからって、それで結婚したりしないよ。

Phoebe: But you know what? It just seems that you two belong together.
 でもね、あなた達2人は一緒になる運命っていう感じがするけど。

Ross: Okay, stop it! I can’t deal with this right now. I have to go have a baby.
 いいから、やめて。今そんなこと考えられないんだから。赤ちゃんが生まれるっていうのに。

Phoebe: Right. And with who again?
 そうか。誰との赤ちゃんだっけ?(ロスは立ち去る)

Joey: God. He’s crazy! Why doesn’t he want to be with Rachel?
 ああ、彼おかしいよ。なんでレイチェルと結婚したがらないんだ?

Phoebe: I know!
 そうなのよ!

Joey: I mean seriously, she’s like the perfect woman. I mean I know she turned me down, but if she hadn’t and wanted to be with me, I would take her in my arms and. . . I haven’t bummed you guys out like this in a while, have I?
 マジな話、彼女、完璧じゃないか。彼女にふられたのはわかってるけど、でも、もしそうじゃなくて、俺が彼女とつきあってるんだったら、彼女を腕に抱いて・・(みんなに見つめられているのに気づき)久しぶりにみんなを滅入らせたよな?

《レイチェルの部屋:ロスが戻ると別のカップルが隣に入っている》

Ross: Hey. Who’s that?
 やぁ、あれは誰?

Rachel: New people.
 新しい人達よ。

Ross: What happened to the Disgustingtons?
 あの気持ち悪いカップルはどうなったの?

Rachel: They’re having their baby! It’s not fair, Ross. We got here first! Right after you left they wheeled her off into delivery. Oh, but not before she gave me a nice, juicy shot of little Jamie, just crowning away.
 出産してるのよ! ひどいわ、ロス。私達の方が先に来たのに! あなたが行ってすぐ、分娩室へ行ったのよ。しかもその前に、ジェイミーの頭が出てくる生々しいところを見せてくれたわ。

Ross: Wow! Sorry. So uh, how are the new people?
 ワオ・・かわいそうに。それで、新しい人達はどう?

Rachel: Well, they have uh, some unusual pet names for each other. Including umm, evil bitch and uh, sick bastard. Oh, God, oh! Contraction!
 そうね、なんか、お互い変わったニックネームで呼び合ってるわよ。くそあばずれとか、変態野郎とか。ああ、来たわ、陣痛よ!

Ross: Yeah? Okay. Okay, just breathe.
 そうか、よし、よし、深呼吸して・・

Rachel: Ooh! Ow!!
 ああ・・痛い!

Evil Bitch: Are you looking at her?!
 あの子を見てんの?

Sick Bastard: No!
 違うよ!

Evil Bitch: Don’t you look at her, you sick bastard!
 見るんじゃないわよ、この変態野郎!

Sick Bastard: Honey, I swear! I wasn’t looking at her!
 本当だよ! 見てないよ!

Evil Bitch: She’s in labor! You like that, you sick son of a bitch?
 陣痛がきてるじゃないよ! あれが好きなのか、このビョーキのくそったれが!

Ross: Umm. Umm, I’m-I’m just gonna−
 あー。ちょっとこれを・・(カーテンを閉める)

Evil Bitch: See? See? It was because you were looking, fat pervert!
 ほら見なさいよ! あんたが見てたからだよ、このデブ変態!

Ross: No-no, I’m…I’m sure no one was looking. Just want some privacy.
 いえいえ、誰も見ていませんよね。ただプライバシーがほしかっただけですよ。

Evil Bitch: You miss your girlfriend?
 おまえのガールフレンドが恋しいか?

Ross: Just ignore them.
 (レイチェルに)無視するんだ。

(「変態野郎」がカーテンの向こうからレイチェルを見つめる)

Rachel: Ross.
 ロス。

Ross: What? What?
 なに? どうした?

Rachel: He’s looking at me.
 彼が私を見てる。

Ross: Hey! You wanna live to see your baby?!
 おい! 生きて赤ちゃんに会いたいんじゃないのか?!

Evil Bitch: Don’t you talk to my husband like that, you stupid bastard!
 私の夫にそんな口をきくんじゃないよ! このバカ野郎!

《育児室の赤ちゃんを見るチャンドラーのそばに来るモニカ》

Monica: Oh, good God! If you want a baby so bad just go steal it!
 ああ、もう! そんなに赤ちゃんがほしいなら、1人盗んだら?

(育児室の看護師さんに睨まれ、離れる2人)

Monica: What is going on with you? Since when are you so crazy about babies?
 あなたどうしたのよ? いつから赤ちゃんに夢中になっちゃったの?

Chandler: I’m not crazy about babies. I’m crazy about us.
 赤ちゃんに夢中なんじゃないよ。俺たち2人に夢中なんだよ。

Monica: What?
 え?

Chandler: Look, we’ve always talked about having babies someday. I’m not saying it has to be right now, but I’m starting to think that we can handle it. We’re good. We’re really good.
 いつか子供を持つってことを話してきたじゃないか。今すぐでなきゃって言うんじゃないけど、でも俺は、もう持てるって思い始めてるんだ。僕らはうまくいってる。本当にうまくいってるじゃないか。

Monica: We are pretty good.
 私達本当にいいカップルよね。

Chandler: But nothing has to happen until your ready.
 でも、君の準備ができるまでは、いいんだよ。

Monica: Well, maybe I’m ready now. I mean, it’s a little scary, but maybe it’s right.
 私ももう準備ができたみたい。ちょっと怖いけど、でも、それでいいんだわ。

Chandler: What?! It’s not right! We’re not ready to have a kid now!!
 なに?! よくないよ! 今すぐ赤ちゃんを持つなんて無理だよ!

Monica: What?!!
 えっ?!

Chandler: I’m kidding. This is going to be fun.
 冗談だよ。これはおもしろいな。

Monica: So we’re gonna try? I mean, are we trying?
 それじゃ、やってみる? 私達、子供を持つのね?

Chandler: We’re trying to get pregnant. . You know, I’m not really comfortable doing this in front of the babies. So, when do you want to start trying?
 子供を作ろう。(キス)ねぇ、赤ちゃん達の前では落ち着かないな。それじゃ、いつから始めたい?

Monica: Okay, hold on a sec.
 そうね、ちょっと待って。

Chandler: Period math?
 排卵日の計算?

Monica: Yeah.
 ええ。

Chandler: Yeah.
 そうか。

Monica: Well, we could start trying. Now.
 ねぇ、今がそうよ。たった今。

Chandler: Right here?
 ここで?

Monica: No, not here. . Maybe here.
 いえ、ここでじゃないけど。・・ここでもいいかも。

Chandler: Wait a minute, it’s perfect. We got a lot of time to kill and we’re in a building that’s full of beds!
 ちょっと待てよ。完璧じゃないか。時間はたっぷりあるし、ベッドがたくさんある建物の中にいるんだし。

Monica: And it’s so clean!!
 それにすごくきれいだし!

《自動販売機を揺さぶるジョーイ、通りかかるフィービー》

Joey: Come on, you stupid machine! Come on!
 ほら、このバカな機械め! おい!

Phoebe: Oh, it ate your money?
 お金取られちゃった?

Joey: No.
 いいや。

Phoebe: All right, I’ll see you downstairs then.
 そう。じゃあまた下でね。

Joey: All right.
 わかった。

Phoebe: All right.
 じゃあね。

Joey: Hey, I got one! I got one!
 おぉ、出たぞ! 出た!

《エレベーター前に来るフィービー:足骨折の男性に出会う》

Man: Hi!
 ハーイ。

Phoebe: Hi.
 ハーイ。

Man: Oh, uh, up or down?
 上、下?

Phoebe: Oh, down please. . . I-I hate to be a ball buster, can I just do it?
 下へお願い。(男性はボタンに届かない)あなたの気持ちをくじきたくはないんだけど、私がやりましょうか?(ボタンを押す)

(ball-buster = 男性の自信を失くさせる過酷な要求をする女性)

Man: Could you press up too, please?
 上のボタンも押してくれる?

Phoebe: Sure! I feel so bad for you; I broke my leg once too.
 いいわよ! お気の毒ね。私も足の骨を折ったことがあるわ。

Man: Oh, yeah? How’d yours happen?
 そうなの? 何をしていて折ったの?

Phoebe: Well, it’s a long story. It’s kind of embarrassing. Let’s just say there was a typographical error with a sex manual. . How about you?
 長い話よ。ちょっとカッコ悪いわね。セックスマニュアルに印刷ミスがあったとだけ言っておくわ。あなたは?

Man: Car accident.
 車の事故だよ。

Phoebe: Oh, let me guess some idiot on a cell phone wasn’t paying attention?
 ああ。きっと、どこかのバカが携帯で話していて、脇見運転してたのね?

Man: Yeah. Me. . . Oh, hey, that’s me. . . Hey, uh, I take it you’re just visiting someone.
 ああ、僕がね。(エレベーターの扉が開く)あ、僕のが来た。(乗り込む)君は誰かをお見舞いに来たんだよね。

Phoebe: Uh-huh, yeah.
 ええ、そうよ。

Man: Well, umm, if you have sometime, you know, and maybe you might want to visit someone else…
 そう。もし時間があったら、誰かほかの人を見舞ってもいいんじゃないかな。

Phoebe: Oh, yeah! I-I would like that.
 ああ、そうね! それはいいわね。

Man: I’m in the middle…
 僕は中央の・・(ドアが閉まる)

Phoebe: Wait! What?! No!! Elevator!! No!
 待って! 待って! ダメ! エレベーター! ダメよ!

Joey: Uh, you gotta press the button.
 あー・・ボタン押さないと。

《レイチェルの部屋:同室の2人はいなくなっている》

Ross: The nurse said they’re bringing in another woman.
 看護師さんが、また他の人が入ってくるって言ってたよ。

Rachel: Ugh, is she pregnant yet? She doesn’t need to be. She’ll still have the baby before I do. Oh, Ross, another contraction!
 ああ、その人も妊娠してるの? しなくてもいいのに。どうせ私より先に赤ちゃん産むのよ。ああ、ロス、また陣痛よ!

Ross: Oh, okay. . That’s it. That’s it.
 ああ、わかった・・よしよし・・

(次のカップルが来る)
Woman: Oooh, that sounded like a bad one.
 うーっ! あれは痛そうね。

Rachel: Yeah, it was.
 ええ、痛いわ。

Woman: Mine haven’t been so bad. Oh! Here comes one now. . . Oh, that was a big one!
 私のはそんなにひどくないわ。あっ! また来たわ。・・・(軽くうめく)ああ、今のは大きかった!

《受付で骨折した男性のことを聞くフィービー》

Phoebe: Excuse me? Could you help me with something? The patient I’m looking for has a broken leg and is in a wheelchair. And umm, he’s like early to mid-thirties, very attractive.
 すみません。ちょっと教えてほしいんですけど。足を骨折して車椅子の人を捜してるの。30代半ばで、とっても魅力的な人。

Nurse: I think I know who you’re talking about.
 誰のことかわかると思うわ。

Phoebe: Oh, yay! Great! Okay, what room number is he in?
 ああ、イエーイ! よかった。あの人何号室?

Nurse: I’m sorry, that information is restricted to hospital staff…
 悪いけど、それは病院職員以外の人にはお知らせできませんよ。

Joey: Uh, she’s with me. Dr. Drake Ramoray.
 (近づいてきて)あ、彼女は僕と一緒に来てるんだ。僕はドクター・ドレイク・ラモーレ。

Nurse: Dr. Drake who?
 ドクター・ドレイク誰ですって?

Joey: Ramoray. It’s Portuguese. We need that information; I’m a doctor.
 ラモーレ。ポルトガル人だよ。彼の情報が必要なんだよ。僕はドクターなんだ。

Nurse: A doctor at this hospital?
 この病院のドクターですか?

Joey: Damn it, woman! We’re losing precious time! Now you want this man’s blood on your head?
 もう、君! 貴重な時間を無駄にしてるよ! その男の血で頭を汚す気か?

Phoebe: Hands.
 (ジョーイに小声で)手。

(have (someone’s) blood on your hands = 人の死の責任がある)

Joey: Hands! It is absolutely essential that you tell me what room the man my assistant described is staying in. He’s a patient of mine, I’ve been treating him for years!
 手っ! 僕のアシスタントが言っている男の部屋を知らなければならないんだ。彼は僕の患者で、ずっと診てきたんだ。

Nurse: He’s in room 816.
 彼は816号室よ。

Joey: 816, thank you!
 816だな、ありがとう。

Phoebe: Thank you.
 ありがとう。

Joey: And what is his name?
 それと彼の名前は?

Phoebe: No!
 ダメよ!(ジョーイを引っ張って行く)

《病院の空室に入るモニカとチャンドラー》

Monica: I think we found a place.
 場所を見つけたみたいね。

Chandler: Okay.
 よし・・(2人横になり、キス)

Monica: Umm, wait! Do you want to set the mood a little?
 あ、待って! ちょっと雰囲気を盛り上げない?

Chandler: Okay. Uh, we’ll dim the lights, dim the lights. . Or turn them out all together. Uh, no scented candles. Okay, here. Here we go.
 そうだな。よし、少し照明を落とそう(スイッチを押すと電気が切れる)それか、まっ暗にしようか。あ、香りのキャンドルはないな。よし、これだ、これでいいぞ。(芳香剤スプレーをかける)

Monica: Okay! Okay! Make me sterile, but okay. . . Okay. Let’s hurry−Oh, wait! Do we have a condom? . . Oh, right!
 ちょっと、もういい。不妊になりそう、でもいいわ。(チャンドラーがベッドに上がる)急ぎましょ。あ、待って! コンドームある? あ、そうか。

(看護師がドアを開け電気をつける)

Chandler: Yes, 98.6. You’re gonna be fine.
 よし、98.6度(摂氏37度)。大丈夫だよ。

《816号室に近づくフィービーとジョーイ》

Phoebe: Ooh, this is it! Oh, that’s him! That’s him!
 あ、ここだわ! ああ、彼よ! あの人よ!

Joey: Great! Go get him.
 よかったな! 行ってこいよ。

Phoebe: Wait a second, or maybe you can go in first.
 ちょっと待って。まずあなたが行って。

Joey: He’s not really my type.
 彼は俺のタイプじゃないよ。

Phoebe: No, not you, Dr. Drake Ramoray. You can ask him questions and see what’s he like. People tell doctors everything.
 いえ、あなたじゃないわよ、ドクター・ドレイク・ラモーレが行くの。いろんな質問をして、どんな人かみるのよ。人はお医者さんには何でも話すじゃない。

Joey: But you said he was this great guy!
 でも、彼は素晴らしい人だって言ったじゃないか。

Phoebe: But lately all the guys I meet seem really nice at first, then they turn out to be the biggest jerks.
 でも最近出会う人ってみんな最初はいい人でも、結局は、最悪なやつらだってことになるんだもん。

Joey: You do attract some stinkers.
 本当に変なやつらを呼び寄せてるよな。

《レイチェルの部屋:ドクターの診察》

Rachel: Dr. Long, I’ve been at this for seventeen hours! Three women have come and gone with their babies, you gotta give me some good news! How many centimeters am I dilated? Eight? Nine?
 ドクター・ロング。もう17時間もこうしてるのよ! 3人の女性が来て産んで行ったわ。何かいい知らせをください。何センチ開いてるんですか? 8? 9?

Dr. Long: Three.
 3センチよ。

Ross: Just three?! I’m dilated three!
 たった3センチ? 僕だって3センチ開いてるよ!

Dr. Long: We are moving along, just slowly. Don’t worry, you’re doing great. I’ll be back soon.
 進んではいるのよ。ゆっくりね。心配しないで。あなたはよくやってるわ。私また来るわね。(出て行く)

Rachel: Hey, you know what? I’m not waiting! I’m gonna push this baby out! I’m doing it! I mean it’s what? Three centimeters? That’s gotta be like this!
 ねぇ、もう待たないわよ! 私この赤ちゃんを押し出すわ! やるのよ! なに? 3センチでしょ? それってこれぐらいでしょ?(指で3センチ以上の幅を見せる)

Ross: Actually it’s more like this.
 いや、これくらいだよ(レイチェルの指を押して幅を狭める)

Rachel: Oh, stupid metric system!
 もうバカげたメートル法!

(また別の産婦が連れられてくる)

Doctor: Oh, my. We’re gonna need to take you straight to the delivery room.
 あ、ダメだ。すぐ分娩室に行かないと。

Rachel: Oh, for the love of God!
 ああ、もう勘弁してよ!

《816号室:ドクター・ドレイクが来る》

Joey: Hi! I’m Dr. Drake Remoray and I have a few routine questions I need to ask you.
 やぁ、僕はドクター・ドレイク・ラモーレ。きまりの質問をしに来たんだ。

Man: Really? I’ve been dealing with Dr. Wells.
 本当に? 僕、ドクター・ウェルズに診てもらってるんだけど。

Joey: I know, but I’m a neurologist. And just to be on the safe side, Dr. Wells wanted a more comprehensive overview of you status so he sent me.
 わかってるよ。でも僕は神経科医でね。ドクター・ウェルズは、念のために、君の状態をもっと包括的にみたかったんだよ。それで彼に頼まれたんだ。

Man: Dr. Wells is a woman.
 ドクター・ウェルズは女性だけど。

Joey: That was a test. Good response. All right, full name.
 今のはテストだよ。いい反応だ。(リストを見ながら)よし、フルネームは。

Man: Clifford Burnett.
 クリフォード・バーネット。

Joey: Date of birth?
 誕生日は?

Cliff: November 16th, 1968.
 1968年11月16日。

Joey: Age?
 年齢は?

Cliff: Can’t you figure that out based on my date of birth?
 誕生日からわかるんじゃないの?

Joey: I’m a doctor, Cliff, not a mathematician.
 僕は医者だよ、クリフ。数学者じゃない。

Cliff: I’m 33.
 33歳。

Joey: Okay. And uh, are you married?
 よし。それから、結婚は?

Cliff: No.
 いいえ。

Joey: Oh, really? So, 33 and single, would you say you have commitment issues?
 そうなのか。33歳でシングルか。君は関係を築くことができないのか?

Cliff: Are all the questions this personal?
 質問ってみんなそんなふうに個人的なこと?

Joey: Yes.
 (リストを見て)そう。

Cliff: Well, uh if you must know I’m a widower.
 どうしてもっていうなら、僕は妻に先立たれたんだよ。

Joey: Oh, that’s terrible. I’m-I’m really sorry.
 ああ、それはひどいな。お気の毒に。

Cliff: Yeah.
 ああ。

Joey: Hmm. Do you sleep with women and never call them again?
 えー・・女性と寝て、二度と電話しない人か?

Cliff: No.
 いいや。

Joey: Excellent! Excellent! And uh, finally, are you into any weird stuff, you know, sexually?
 素晴らしい! 素晴らしいね。それじゃ最後に、君は何か変な趣味があるか? セックス関係でだけど?

Cliff: No!
 いいや!

Joey: Oooh, wrong answer.
 あぁあ! それはいけないな。

《816号室の外でフィービーに説明するジョーイ》

Phoebe: What else? What else?
 それから? それから?

Joey: Uh, he’s 33.
 彼は33。

Phoebe: Oh. Ah-uh.
 あぁ、そうなのね。

Joey: A widower.
 男やもめ。

Phoebe: Oh.
 あら。

Joey: He seemed like a stand up guy. Oh, and he’s not into anything weird sexually.
 彼は堂々としたいい男のようだぞ。それから、セックス方面は正常らしい。

Phoebe: Enter Pheebs!
 フィーブス、入ります!(816号室へ向かう)

《レイチェルの部屋:看護師がまた産婦を連れてくる》

Nurse: This room’s available.
 この部屋が空いてます。

Rachel: Okay! Okay, wait! You listen to me! You listen to me! Since I have been waiting four women, that’s four, one higher than the number of centimeters that I am dilated, have come and gone with their babies! I’m next! It’s my turn! It’s only fair! And if you bring in one woman and she has her baby before me I’m going to sue you! Not this hospital, I’m going to sue you! And my husband he’s a lawyer!
 (看護師に)いえ、いえ、待って! 聞いて、聞いてちょうだい! 私が待ってる間に、4人もの女性が、4って言えば、私が広がってる広さよりも1多い数よ、その4人もの人が来て、出産して出てったのよ。今度は私よ! 私の番よ! それが本当でしょ! またあなたが1人でも連れてきて、またその人が先に出産したら、私、あなたを訴えるわよ! 病院をじゃないわよ、あなたを訴えるわよ! 私の夫は弁護士なのよ!

Ross: Uh, Rach…
 ね、レイチ・・

Rachel: You get back on that case, honey!
 あなた準備してよ!

Nurse: I don’t think the next patient is very far along.
 次の産婦さんはそんなに進んでないと思うわ。

Rachel: Okay, well, then bring her in.
 わかったわ、じゃあ入れてあげて。

(次の女性が連れてこられる)
Woman: OH….MY….GOD!!!
 オーマイゴッド!

《レイチェルの部屋:続き》

Janice: I…can’t…believe this!
 信じられない!

Ross: And yet somehow it’s true!
 それでも真実なんだな!

Janice: I mean this is so great! We’re gonna be baby buddies!
 素晴らしいじゃないの! 私たち、赤ちゃん友達よ!(笑う)

Ross: Squeeze your legs together and cover the baby’s ears!
 (レイチェルに)足を閉じて赤ちゃんの耳をふさいで!

Man: Hi, sweetie!
 (枕を持って入ってきて)ハーイ。

Janice: Hi, sweetheart! This is my husband, Sid, I don’t think you’ve met him. Ross, Rachel, this is Sid. I nabbed him a year ago at the dermatologist’s office. Thank God for adult acne, huh?
 ハーイ! こちら私の夫のシドよ。あなた達は会ったことないわよね。ロス、レイチェル、こちらシドよ。皮膚科に行った時に捕まえたの。大人ニキビありがとうってね。

Sid: I still can’t believe it! I’m the luckiest guy in the world!
 まだ信じられないよ! 僕は世界一幸せな男だ!

Ross: Really?
 ほんと?

Sid: What’d he say?
 (ジャニスに)彼何て?

Janice: Oh, you know what? You have to speak very loudly when you’re talking to Sid, because he’s almost completely deaf.
 ああ、ねぇ、シドに話す時は大声で話してね、彼ほとんど耳が聞こえないの。

Rachel: Oh!
 ああ。

Ross: Oh, there you go!
 なるほどね!

Rachel: I get it!
 わかったわ!

Janice: So? Congratulations you two, I didn’t even know you got married.
 それで? お2人さん、おめでとう、あなた達が結婚したなんて知らなかったわ。

Rachel: Oh, we-we didn’t.
 あ、いえ、違うの。

Ross: No-no. We…
 いや、僕らは・・

Janice: What?!
 何?

Ross: Um uh…We’re-we’re just having this baby together but uh, uh that’s all.
 僕らはこの赤ちゃんを一緒に育てるけど、それだけだよ。

Janice: Why?!
 どうして?

Ross: Uh well, umm…we’re just not in that place, you know? But we’re very excited about this.
 あぁ・・僕らはそういう間柄じゃないんだよ。でもこのことはとても嬉しいけどね。

Janice: Oh. Well, then shut me up.
 あら、そう。じゃあ私は黙っとくわよ。

Rachel: Just tell me how.
 そうしてくれる。

Janice: Uh-oh, I feel another one coming.
 あ、あ、私また陣痛が来たみたい。(とんでもない声)




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 01:17| Comment(0) | Season 8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。