2013年11月19日

8-21 The One With The Cooking Class

8-21 料理教室の話

 ☆モニカの料理バトル☆

《セントラルパーク:ロスが新聞を大量に持ってくる》

Ross: Hey, you guys. I got some bad news.
 やぁ、みんな。悪いニュースがあるんだ。

Phoebe: Well, that’s no way to sell newspapers. Why don’t you try, "Extra! Extra! Read all about it!"
 新聞売るならそんなんじゃダメよ。こう言ってみて「号外! 号外! 全部読んでみて!」

Ross: No, Monica’s restaurant got a horrible review in the Post. Yeah, I didn’t want her to see it, so I ran around the neighborhood and bought all the copies that I could find.
 いや、ポスト紙に、モニカのレストランのひどいレビューが載ってるんだよ。彼女にこんなの読ませたくないから、近所を回って見つけたの全部買って来たんだ。

Joey: Man, this is bad! And I’ve had my share of bad reviews. I still remember my first good one though. "Everything else in this production of Our Town was simply terrible. Joey Tribbiani was abysmal."
 これはひどいな! 俺もひどいレビューを載せられたことがあるよ。初めていいことを書かれたのは、今も覚えてるよ。「『僕らの街』の何もかもが、とにかくひどい。ジョーイ・トリビアーニは底なしである」

(モニカが来る)
Monica: Hey!
 ハーイ!

Chandler: Hey.
 やぁ!

Monica: Oh, my God! Look at all the newspapers! It must be a good review! Is it great?!
 まぁ! この新聞の山! すごくいいレビューだったのね。いい感じ?

Ross: Umm…
 あー・・。

Monica: Oh, dear God!
 まぁ、ひどい!

Ross: But the good news is, no one in a two-block radius will ever know.
 でも、幸い、この2ブロック以内の人は知らないよ。

Monica: What about the rest of Manhattan?!
 ほかのマンハッタンの人達は?

Ross: Yeah, they all know.
 ああ、みんな読むな。

Monica: Oh, my God, this is horrible!
 ああ、なんてことなの。こんなのひどいわ!

Chandler: I’m so sorry.
 かわいそうに。

Monica: I’m so humiliated!
 こんなの恥だわ。

Rachel: Yeah, but you know what they say, Mon, "There’s no such thing as bad press."
 そうだけど、でも、よく言うでしょ、モン。「世の中に真に悪評というものはない」って。

Monica: You don’t think that umm, "The chef’s Mahi Mahi was awful awful," is bad press?
 あなた、この「シェフのマヒマヒはひどいひどい」っていうのが悪評じゃないっていうの?

Rachel: …I didn’t write it.
 ・・私が書いたんじゃないわ。

Monica: Is he right? Am I really−Am I awful?
 彼が正しいの? 私って・・私ひどいの?

All: No!
 違う!

Joey: Yeah! Yeah, Monica! You listen to me, okay? And I’m not just saying this because I’m your friend, I’m sayin’ it ‘cause it’s the truth. You’re food is abysmal!
 ああ、そうだよ、モニカ! 俺のいうことを聞いて、ね? 友達だから言うんじゃないよ。本当のことを言ってるんだ。君の料理は底なしだよ!

《ロスの部屋:暗い中カウチに座っているレイチェル。ロスが来る》

Rachel: Ross!
 ロス!

Ross: What?! What?
 (驚いて)なにっ? なに?

Rachel: I am freaking out!
 怖くなってきちゃったのよ!

Ross: Are ya?
 君が?

Rachel: My due date is in one week!
 あと一週間で予定日よ!

Ross: What are you doing up?
 起きて何をしてるの?

Rachel: That is seven days!
 それって7日なのよ!

Ross: Okay, look, I had a lot of water before I went to bed. Can we do this after…
 わかった、僕寝る前にたくさん水を飲んだんだよ。これはちょっと後で・・

Rachel: No-no-no-no-no, Ross! Please, come on, we do not have any of the big stuff we need! We do not a changing table! We do not have a crib! We do not have a diaper service!
 いえいえいえ、ロス! ねぇ、私達、必要なもの全然揃えてないのよ! オムツ替え代もないわ! ベビーベッドもないのよ! おむつサービスも頼んでないわ。

Ross: It’s funny you should mention diapers.
 今おむつだなんて、言ってくれるね。

Rachel: I’m serious.
 真剣なのよ。

Ross: Okay, look, there’s nothing to worry about. We have plenty of time. There’s a great baby furniture store on west 10th. Tomorrow, we will go there and we will get you everything that you need. Okay?
 いいか、何も心配することはないよ。まだ時間はたくさんある。西10番街に赤ちゃん用家具のいい店があるんだ。明日行って、必要なものはみんな買ってこよう、いいね?

Rachel: Okay. Thank you. That’s great. Thank you. Wait-wait! Where on west 10th? Because there’s this really cute shoe store that has like this little…
 わかった。ありがとう。いいわね。ありがとう。待って待って! 西10番街に行くの? そこにすごくかわいい靴屋さんがあるのよ。

Ross: Okay. Okay. If uh, if you’re gonna do this, then I’m gonna do that. So…
 わかった、わかった。そういう話なら、僕はもう行かないと。それじゃ・・(バスルームへ向かう)

Rachel: Oh, wait, Ross! I’m sorry, one more thing!
 あぁ、待って、ロス! 悪いけど、もう一つ!

Ross: Yeah!
 ああ!

Rachel: Umm, our situation. You know umm, what we mean to each other. And I mean we-we’re having this baby together, and we live together. Isn’t that, isn’t that weird?
 私達のことだけど。私達ってお互い何なのかしら。一緒に子供を持つんだし、一緒に住んで・・これって変じゃないかしら。

Ross: Well, uh…
 いや・・あー・・。

Rachel: I’m just kidding! You can go pee!
 冗談よ! もうオシッコに行っていいわよ!

《モニカ達の部屋:ジョーイが来る》

Joey: Hey, uh Monica, I can’t remember. Did we say we were gonna meet here or at the movies?
 やぁ、モニカ、忘れちゃったんだけど、待ち合わせって、ここだっけ、それとも映画館?

Monica: We said at the movies, but…
 映画館って言ったけど、でも・・

Joey: Okay, I’ll see you there.
 そうか。じゃあそこで。(出て行こうとする)

Monica: Joey! . . Now that you’re here…
 ジョーイ! あなたここに来たんだから・・。

Joey: Sure, I can hang out till I have to meet ya. . What uh−How come you’re not going?
 そうだな、それじゃ君らに会うまでここにいるか。(チャンドラーに)なんでおまえ行かないの?

Chandler: I have a job interview I have to get ready for.
 俺は仕事の面接があるんだ。

Joey: I thought you already have a job.
 おまえもう仕事あるんだと思ってたよ。

Chandler: And people say you don’t pay attention. No, this is a much better job. It’s vice-president of a company that does data reconfiguration and statistical factoring for other companies.
 人のこと気にしてないよな。いや、もっといい仕事だよ。他の会社のデータ再構築と統計分析をする会社の副社長なんだ。

Joey: Wow! How do you know how to do that?!
 ワオ・・そんなことどうやるのか、おまえわかるのか?

Chandler: That’s what I do now.
 それが今の俺の仕事だ。

Monica: Hey, Joey, come taste this.
 ねぇ、ジョーイ、これ味見してみて。

Joey: What is it?
 これ何?

Monica: Remember that guy that gave me a bad review? Well… I’m getting my revenge!
 私のひどいレビューを書いた人がいたでしょ? ほら・・(料理をジョーイに食べさせる)私、あの人に復讐するの。

Joey: You cooked him?
 彼を料理したのか?

Monica: No. He teaches a course on food criticism at the New School, so before we go to the movies I wanna go by there and make him try my bouillabaisse again. Oh, I cannot wait to read the front page of the Post tomorrow! "Restaurant reviewer admits: I was wrong about Monica."
 違うわよ。ニュー・スクールで、料理評論の講座を教えてるから、映画に行く前に寄って、私のブイヤベースをまた食べてもらうの。ああ、待ちきれないわ。ポスト紙の明日の第一面に「レストランの批評家が認めた:モニカの悪評は間違いだった」って載るのよ。

(New School = ニューヨークの大学)

Chandler: The front page? You really do live in your own little world, don’t you?
 第一面に? 本当に君って、君自身の小さな世界に住んでるんだね。

《赤ちゃん家具の店で支払いをするロス》

Cashier: Do you uh, want these things delivered, Mr. and Mrs. Geller?
 ゲラーご夫妻、商品は配達をご希望ですか?

Rachel: Oh.
 あら。

Ross: Oh.
 ああ。

Rachel: No-no-no! No, no, no, we’re not married.
 いえいえいえ、違うの違うの。私達結婚してないの。

Ross: We are having a baby together, but we’re not involved. . I mean, uh we-we were seeing each other a while ago, but then we were just friends. And then there was one drunken night. . Or, yes, stranger, we’d like this delivered please.
 僕ら一緒に子供を持つけど、つきあってはいないんだ。・・いや、少し前はぼくらつき合ってたんだけど、その後はただの友達なんだ。それからある夜酔っ払って・・。いや、知らない人、ええ、それは配達してください。

Cashier: Why don’t you fill out this address card.
 ではこちらに住所を記入してくださいますか。

Ross: Oh, okay.
 ああ、わかった。

Cashier: I notice you picked out a lot of our dinosaur items.
 たくさん恐竜のものをお選びになりましたね。

Rachel: Oh, yeah! Actually, that’s one of the reasons why we’re not a couple.
 ええ、そうよね。それが私達がつきあってない理由の一つよ。

Ross: I chose those, I’m a paleontologist.
 僕が選んだんだよ、僕は古生物学者なんだ。

Cashier: Really?! That is so cool!
 本当に?! それは素敵ですね!

Rachel: Oh. Oh, yeah, don’t get worked up over it. I mean it-it sounds like he’s a doctor, but he’s not.
 あぁ、それね、それで盛り上がらないで。ドクターみたいに聞こえるけど、違うんだから。

Cashier: Oh, no-no, I’m fascinated by paleontology. Have you read the new Walter Alvarez book?
 あら、いえいえ。私、古生物学って大好きなの。ウォルター・アルヴァレズの本はもう読みました?

Ross: Yeah! I-I teach it in my class.
 ああ! それ講義してるよ。

Rachel: Oh, my God! I’m standing at a cash register, holding a credit card, and I’m bored.
 勘弁して。私レジに立って、クレジットカード持って、そして退屈してるんですけど。

Cashier: Oh, I love your neighborhood. There’s a great gym right around the corner from your building.
 (ロスの住所を見て)まぁ、私この辺り大好き。ここのすぐ近くの角にいいジムがありますよね。

Ross: That’s my gym.
 僕そこへ行ってるよ。

Cashier: I can tell you work out. A paleontologist who works out, you’re like Indiana Jones.
 鍛えてらっしゃるってわかるわ。鍛えてる古生物学者なんて、まるでインディー・ジョーンズみたいね。

Ross: I am like Indiana Jones.
 僕ってインディー・ジョーンズみたいだ。

《セントラルパーク:レイチェルが来る》

Rachel: Hi, Pheebs!
 ハーイ、フィーブス!

Phoebe: Hey! Oh, how did baby shopping go?
 ハーイ! 赤ちゃん用の買い物どうだった?

Rachel: Oh, it was great! We got everything that we needed! Oh, and Ross, almost got something that wasn’t on the list. A whore.
 ああ、よかったわよ。必要なものはみんな揃えたわ。それにロスは、リストにないものまで手に入れそうだったわよ。尻軽女。

Phoebe: What?!
 えっ?

Rachel: Well, we were paying for our stuff and this saleswoman just started flirting with him. Can you believe that?
 お金を支払おうとしてたら、セールスの女性が、彼にちょっかい出してきたのよ。信じられる?

Phoebe: Well, did she know you two weren’t married?
 彼女、あなた達が結婚してないこと知ってたの?

Rachel: Yeah.
 ええ。

Phoebe: Oh, my God! Well, the idea of a woman flirting with a-with a single man, we-we must alert the church elders!
 なんてことなの! 独身男性にちょっかいを出す女性だなんて、教会の長老達に知らせないと!

Rachel: You don’t understand! You didn’t see how brazen she was.
 あなたわかってないのよ! あなた、彼女がどんなに厚かましかったか見てないんだもの。

Phoebe: Sounds like you’re a little jealous.
 なんかヤキモチやいてるみたいに見えるけど。

Rachel: No! I’m not! I-I-I just think it’s wrong! It’s-it’s that I’m−Here I am about to pop and he’s out picking up some shop girl at Sluts ‘R’ Us!
 違うわよ! ただ、こんなの間違ってると思うのよ。だって、私が今にも弾けそうな時に、彼があんなシリガルザラスの女とくっついてるなんて。

Phoebe: Is that a real place? Are they hiring?
 それ本当にあるお店? 人募集してるかな?

(チャンドラーが来る)
Chandler: Hey, Phoebe! . . Fatty!
 やぁ、フィービー!(レイチェルに)おでぶちゃん!

Phoebe: Hey, Chandler, why so fancy?
 あら、チャンドラー、どうしておしゃれしてるの?

Chandler: Well, I got a job interview. It’s kinda a big deal too. Its a lot more money and I’d be doing data reconfiguration and statistical factoring.
 ああ、仕事の面接があるんだ。ちょっと大事なんだよ。収入はあがるし、データ再構築と統計分析の仕事なんだ。

Phoebe: Wait, I think I know someone who does that.
 待って。誰かその仕事してる人を知ってるんだけど。

Chandler: Me! I do that. So… Seriously, do I look okay? I’m little nervous.
 俺! 俺がやってるんだよ。マジで、俺これでいい? ちょっと心配なんだ。

Rachel: Oh, yeah! You really−You look great.
 ああ、いいわよ。ホント、素敵よ。

Phoebe: Yeah, just don’t get your hopes up.
 ええ。でもあんまり期待しないことよ。

Chandler: Why not?
 どうして?

Phoebe: Well, the interview…
 だって面接でしょ。

Chandler: What about it?
 それが何?

Phoebe: You know! You don’t make a very good first impression.
 知ってるでしょ! あなた第一印象がよくないじゃない。

Chandler: What?!
 なんだって?

Phoebe: Oh, you don’t know.
 あら。知らなかったのね。

Chandler: Are you serious?!
 それ本気?

Phoebe: Yes, when I first met you, you were like, "Blah, blah, blah." I was like, shhh!
 ええ。初めてあなたに会ったとき、あなたは「なんたらかんたらー」って、私はもう、シーッ!って感じだったわ。

Chandler: What is it that I do?
 俺が何をしたんだ?

Phoebe: Well, it’s just like you’re trying too hard. Always making jokes, you know, you just−You come off a little needy.
 そうね、あなたはただ、頑張りすぎるのよ。いつも冗談を言って・・。なんか必死って感じに見えちゃうのよ。

Chandler: Did you like me when we first met?
 (レイチェルに)君は初めて俺に会ったとき、気に入らなかった?

Rachel: Chandler, I’m not gonna lie to ya, but I am gonna run away from you.
 チャンドラー、私、あなたにウソはつけないわ。でも、逃げることにする。(出て行く)

《ニュースクールに批評家に会いにきたモニカ》

Monica: Hi! Umm, I’m Monica Geller, I’m the chef at Alessandro’s.
 ハーイ! 私はモニカ・ゲラー。アレッサンドロのシェフよ。

The Food Critic: Still?
 今も?

Monica: I think the things that you said about me are really unfair, and I would like for you to give my bouillabaisse another chance.
 私に関しておっしゃったことは、不当だと思うんです。だから、私のブイヤベースをもう一度食べて貰いたいと思って。

The Food Critic: I don’t see any reason why I would do that to myself again.
 どうしてまたあんなことをしなきゃいけないのか、わからないね。

Joey: Either eat it, or be in it.
 食べるか、中に入るかだぞ。

Monica: Spoon? . . So, what do you think?
 スプーンをどうぞ・・(食べるのを待ち)それで、どう思われます?

The Food Critic: I’m torn, between my integrity and my desire to avoid a beating. But I must be honest, your soap is abysmal.
 引き裂かれる思いだね。誠実であることと、殴られたくないという思いとの間でね。だけど、正直でいたいからね、君のスープは底なしだ。

Joey: Thata girl! Huh? We should get out of here, there’s a new class coming in.
 やったね! さぁ、もう行かないと、次のクラスが始まるよ。(出ようとする)

The Cooking Teacher: Welcome to Introduction to Cooking. Now, before we start, can anyone tell me the difference between a hollandaise sauce and a bearnaise sauce?
 お料理入門クラスにようこそ。では始める前に、どなたか、オランデーズソースベアルネーズソースの違いのわかる方いらっしゃいますか?

Monica: I can.
 わかるわ。

The Cooking Teacher: Okay, go ahead.
 では言ってみて。

Monica: Well, umm, they both have a egg yolk and butter base, but a bearnaise has shallots, chirvel, and most importantly tarragon.
 はい、どちらも卵黄とバターがベースですが、ベアルネーズにはエシャロットやチャービル、それに何より、タラゴンを入れるというところが違います。

The Cooking Teacher: That’s very good, what’s your name?
 正解よ。あなた、お名前は?

Monica: Monica.
 モニカです。

The Cooking Teacher: Monica, you go to the head of the class.
 モニカ、あなたクラスのリーダーになってちょうだい。

Monica: Okay.
 了解。

《ロスの部屋:買ってきたものをセットする2人》

Rachel: All this stuff takes up a lot of room. Hey, how uh, how serious are you about keeping Ben in your life?
 これみんな、すごく場所とるわね。ねぇ、ベンのこと本当にひきとりたいと思うの?

Ross: My son? Pretty serious. . . Oh, hey, Katie! What uh, what are you doing here?
 息子? もちろんだよ。(ノックの音で出るとベビー用品店のケイティ)あ、やぁ、ケイティ! どうしたの?

Katie: Well, the delivery went out to you and I realized they forgot this.
 ええ、配達が出た後で、これが残ってるのに気づいたの。

Ross: Ah, must’ve been fairly obvious since it was the only thing left in your store.
 僕ら店のもの全部買い占めたから、すぐわかっただろうね。

Katie: Listen, to be honest, home deliveries are really a part of my job description.
 本当は、配達は私の仕事じゃないんです。

Ross: Oh.
 ああ。(ポケットに手を入れてチップを出そうとする。後ろの方にレイチェルが恐竜のぬいぐるみを持って現れる)

Katie: Oh, uh…I actually came here to ask you out.
 あ、いえ、実は、あなたを誘いたくてきたの。

Ross: Oh! Wow! Uh, yeah! That sounds great. I’m just gonna put this back in my pocket, pretend that didn’t happen. Uh yeah, actually I’m free now. Do you wanna grab some coffee…?
 え。ワオ・・ああ、そうですか。それはいいな。それじゃこれ(お金)はポケットに戻して、なかったことにして。。いや、今僕時間あいてるんだけど、コーヒーでも飲みにいきます?

Katie: Sure!
 ええ!

Rachel: Horny bitch. . . No! You’re a horny bitch! Noooo! You’re the horny bitch! No! You’re a horny bitch!
 飢えた女・・(2人に見られ、ぬいぐるみのケンカを演じる)いいえ、そっちこそ飢えた女でしょ! 違うわよ、そっちが飢えた女よ! いいえ、そっちが飢えた女よ!

《ロスの部屋》

Rachel: So you guys go, have a really good time.
 それじゃ、2人とも、楽しんできてね。

Ross: Yeah, I’m just gonna grab my coat. And uh, and my whip. . . You know because of the Indiana Jones? Not-not because I’m-I’m into S&M. . . I’m not-I’m not into anything weird. Just-just normal sex. So, I’m gonna grab my coat.
 それじゃ、僕コートを取ってくるよ。それにムチもね・・ほら、インディー・ジョーンズだからね? SMだからっていうんじゃないよ。僕は変な趣味はないからね。普通のセックスだから・・それじゃ、コート取ってくる。(寝室へ行く)

Rachel: So, you had a good day, huh? Big commission; picked up a daddy.
 今日はいい日ね。たくさん売れたし、パパも見つけて。

Katie: Are you okay with this?
 あなたとしては問題ない?

Rachel: Oh, yeah! Yeah please, you guys have fun.
 ええ、いいわよ。どうぞ、楽しんできて。

Katie: Okay. It was nice to see you.
 わかったわ。会えてよかった。

Rachel: Oh, and it was great to see you too. And you look fantastic, although you missed a button.
 ええ、こちらこそ会えてよかったわ。あなた素敵よ。ボタンが外れてるけど。

Katie: Oh, umm, actually I umm…
 ああ、これはその・・

Rachel: Oh, okay, I see what you’re doing there.
 ああ、開けて見せてるわけね。

《モニカ達の部屋:チャンドラーとフィービーが来る》

Chandler: I can’t even believe this! I really come off that badly?
 信じられないよ。俺ってそんなに悪い印象?

Phoebe: Oh! It’s okay, you calm down after a while and then people can see how really sweet and wonderful you really are.
 あら、大丈夫よ。あなたも少したつと落ち着いてきて、あなたが本当は素晴らしい人だっていうのもわかるようになるから。

Chandler: Oh, good. Good, because I’m sure this interview is gonna last a couple of weeks.
 ああ、それはよかった。面接は2週間ぐらいかかるだろうからね。

Phoebe: All right, don’t freak out! Okay? I-I will help you. How long before you have to leave?
 ちょっと、あせらないで! ね? 助けてあげるから。出かけるまでどれくらいあるの?

Chandler: An hour.
 1時間。

Phoebe: I can’t help you.
 助けられない。

Chandler: Phoebe!
 フィービー!

Phoebe: All right, all right, we’ll just do our best. Okay? So let’s say I’m the interviewer and I’m meeting you for the first time. Okay. "Hi! Come on in, I’m uh, Regina Phalange."
 わかったわよ。頑張ってみましょ。ね? 私が面接官で、あなたに初めて会うのよ。いいわね。「ハイ! 入って。私はレジーナ・フィランジよ」

Chandler: Chandler Bing.
 チャンドラー・ビングです。

Phoebe: Bing, what an unusual name.
 ビング。変わった名前ね。

Chandler: Well, you should meet my uncle, Bada. . . I’ll let myself out.
 叔父に会ってみてくださいよ。バーダっていうんですから。・・・自分で出て行きます。

《お料理教室》

Joey: Hi.
 どうも。

The Cooking Teacher: Your Fettuccine Alfredo looks a little dry, did you use all your cheese?
 あなたのフェットチーネ、パサパサしてるみたいだけど、チーズ全部使ったの?

Joey: When you say used, do you mean “eat as a pre-cooking snack”?
 使ったって、「料理前に食べた」っていう意味もある?

The Cooking Teacher: And the cream?
 クリームは?

Joey: Cheese makes me thirsty.
 チーズで喉が渇いたもんだから。

The Cooking Teacher: Okay. Let’s move on.
 そう。じゃあ先へ進みましょ。(立ち去る)

Joey: All right.
 そうだね。

The Cooking Teacher: Oh! Something smells good over at Monica’s station! . . Oh, my God! This is absolutely amazing! You’ve never made this before?
 まぁ、モニカのところではいい匂いがしてるわね! (食べてみる)まぁ! これ本当に素晴らしいわね! これ作るの初めてなの?

Monica: Oh, no! I don’t know anything about cooking. I had to ask someone what it’s called when the, when the water makes those little bubbles.
 ええ! 私料理のことなんて何も知りませんから。お水から泡がたってきても、何なのか人に聞かないとわからないくらいですから。

The Cooking Teacher: Well, hats off to the chef.
 シェフに脱帽だわ。

Monica: I-I-I’m sorry, your-your mouth was full, I didn’t hear what you said. Umm, hats off to who now?
 ごめんなさい。口の中がいっぱいで、よく聞こえなかったわ。誰に対して脱帽ですって?

The Cooking Teacher: The chef!
 シェフよ。

Monica: That’s right.
 その通り。

《モニカ達の部屋:面接練習中》

Chandler: …I think you’ll find if I come to work here, I don’t micro-manage. I don’t shy away from delegating.
 私がここで働くようになればおわかりになると思いますが、細かいことまで言いません。仕事を任せることにこだわりはないんです。

Phoebe: Um-hmm, that’s good to know. But let’s stop focusing on what you don’t do, and start focusing on what you do do.
 安心しました。それでは今度は、していただく業務(do do=うんち)について話しましょうか。

Chandler: What I do do…is manage to uh, create an atmosphere of support for the people working with me.
 業務ですね・・私と一緒に仕事をする人達が働きやすい環境を作るようにしたいですね。

Phoebe: I see. Nice sidestep on the do do thing by the way.
 なるほど。運行についてはうまく回避しましたね。

Chandler: Hardest thing I’ve ever done in my life.
 人生最大の難関でした。

Phoebe: You gotta go!
 あ、もう行かないと!

Chandler: Oh!
 ああ!

Phoebe: Okay, don’t worry. You’re ready.
 心配しないで。あなた大丈夫よ。

Chandler: Really?
 本当?

Phoebe: Absolutely! Just fight all your natural instincts and you’ll be great.
 もちろんよ! あなたの本能と戦えば、大丈夫よ。

Chandler: Okay.
 わかった。

《料理教室:クッキーを焼き終えたモニカ達》

The Cooking Teacher: Ah, Monica, my star student.
 ああ、私の生徒の中のスターね。

Monica: You know, you called me that before so I-I took the liberty of fashioning a star out of aluminum foil. Now, no pressure, you like my cookies, you give me the star.
 さっきそうおっしゃってくださったので、アルミホイルで星を作ってみました。プレッシャーを感じないでほしいんだけど、私のクッキーを気に入ってくれたら、星をください。(星を渡す)

The Cooking Teacher: Oh, yum-yum-yum.
 んー(言葉にならないがおいしいという表情で星を渡す)

Monica: Wow! A star! . . I know you all hate me and-and I’m sorry, but I don’t care.
 ワオ! 星だわ!(他の生徒達に)みんな私を嫌ってるわよね。悪いけど、どうでもいいわ。

The Cooking Teacher: Okay, Joey, you’re up next. . . Oh, my God! This is amazing! You get an A!
 ハイ、それでは、ジョーイ、次はあなたよ。(クッキーを食べて)まあ、驚いた! ウソみたい! あなたはAよ!
 
Joey: I got an A? In-in school? Hey, I’m a dork.
 Aをくれるの? Aを? 学校で?(モニカに)なぁ、俺ダサい。

Monica: Joey! I’m so proud of you!
 ジョーイ! すごいじゃないの!

The Cooking Teacher: I think you should give him your star.
 あなた彼に星をあげるべきじゃないかしら。

Monica: Excuse me? He doesn’t even know what he’s doing!
 なんですって? 彼料理のことなんて何も知らないのよ!

The Cooking Teacher: We’re all beginners here. Nobody knows what they’re doing.
 ここでは、みんな初心者よ。みんなが何も知らないわ。

Monica: I do! I’m a professional chef! . . Oh, relax! It’s not a courtroom drama!
 私は知ってるわよ。私はプロのシェフよ!(みんな驚愕の声)落ち着いて、裁判ドラマじゃないのよ。

The Cooking Teacher: If you’re a professional chef, what are you doing taking Introduction to Cooking?
 プロのシェフだっていうなら、どうして料理入門のクラスにきてるの。

Joey: Yeah!
 そうだよ!

Monica: I’m-I’m sorry, it’s just that umm… Well, I-I cook at this restaurant, Alessandro’s, and umm I just got a really bad review…
 ごめんなさい。ただ・・。私、アレッサンドロっていうレストランで働いて、ひどいレビューを書かれて・・

The Cooking Teacher: Oh, Alessandro’s! I love that place!
 まぁ、アレッサンドロ! あそこ大好きよ。

Monica: You do?
 そうなの?

The Cooking Teacher: Oh, yes! You’re an excellent chef! As a person you’re a little…
 ええ! あなたは素晴らしいシェフよね! 人としてはあなたはちょっと・・

Monica: Oh, I’m totally crazy, but you-you like the food?
 ええ、まったくどうかしてるわよ。でも、料理は好き?

The Cooking Teacher: Very much.
 すっごく。

Monica: Okay, then. I don’t stink. I’m a good chef. Okay.
 ありがとう。それじゃ私ひどくないのね。いいシェフなんだわ。わかった。(立ち去ろうとする)

Joey: Whoa-whoa-whoa-whoa! I don’t want to go. I’m having fun.
 おいおいおい! 俺は帰りたくないよ。楽しんでるのに。

The Cooking Teacher: Well, actually, did either of you pay for this class?
 ねぇ、あなた達、教室の料金払った?

Joey: Hey-hey-hey, if my friend says it’s time to go, it’s time to go.
 おいおい! 友達が帰ろうって言ってるんだ。帰るんだよ。(クッキーを持って出て行く)

《チャンドラーの面接》

Chandler: Also I was the point person on my company’s transition from the KL-5 to GR-6 system.
 それに、今の会社で、KL-5 から GR-6 へのシステム移行も指揮をとってやりました。

The Interviewer: You must’ve had your hands full.
 大変だっただろうね。

Chandler: That I did. That I did.
 大変でした。本当。

The Interviewer: So let’s talk a little bit about your duties.
 では、少し、あなたの任務(デューティ= 排泄物)について話しましょうか。

Chandler: My duties? . . All right.
 任務ですか? (冗談を我慢)わかりました。

The Interviewer: Now you’ll be heading a whole division, so you’ll have a lot of duties.
 この課全体を仕切ってもらうことになるから、任務は多いぞ。

Chandler: I see.
 はい。

The Interviewer: But there’ll be perhaps 30 people under you so you can dump a certain amount on them.
 君の下に30人ぐらいいるから、みんなに大量に下すことになる。

Chandler: Good to know.
 お聞きしておいてよかったです。

The Interviewer: We can go into detail…
 それを詳細に説明しようか。

Chandler: No, don’t, I beg of you!
 いえ、結構です、本当に。

The Interviewer: All right then, we’ll have a definite answer for you on Monday, but I think I can say with some confidence, you’ll fit in well, here.
 わかったよ、それでは、月曜日に返事をするよ。でも、私が思うに、君はここでうまくやれると思うよ。

Chandler: Really?!
 本当ですか?

The Interviewer: Absolutely. . You can relax. You did great.
 間違いない。(ドアまで見送り)もうリラックスしていいよ。よくやった。

Chandler: Yeah, I gotta say thank you, I was really nervous. You know I’ve been told I come on to strong, make to many jokes, and then it was really hard to sidestep that duty thing. . . Duties. . . Duties! . . . Poo.
 ええ、ありがとうございます。本当に不安でした。最初に冗談を言いすぎる印象が強いと言われたんですが、あのデューティって言葉は参りました。(意味が分からないという顔をされ)任務。(まだわからない)デューティ。(わからないので)うんち。

The Interviewer: Poo?
 うんち?

Chandler: Oh, my God. This doesn’t count! Okay? The interview was over, that was the real Chandler Bing in there, this is just some crazy guy out in the hall! Call security! There’s a crazy guy out in the hall!
 うわ。しまった。今のはなしです。ね? 面接は終りました。あれが本当のチャンドラー・ビングでした。これは廊下にいる頭のおかしな男です。警備を呼んで! 廊下におかしな男がいるぞ!

The Interviewer: Poo?!
 うんち?!

Chandler: I’ll look forward to your call.
 お電話お待ちしております。

《ロスの部屋:ロスがデートから帰る》

Ross: Hey.
 やぁ。

Rachel: Hi! You’re back from your date!
 ハーイ! デートから帰ってきたのね!

Ross: How are you?
 調子はどう?

Rachel: I’m fine, but that’s not important. What’s important is how was she?
 元気よ。でもそんなことどうでもいいわ。そんなことより、彼女はどうだった?

Ross: Uhh, it was fun. We, we just had coffee.
 ああ、楽しかったよ。コーヒー飲んできただけだけどね。

Rachel: Oh, uh-huh, uh-huh, coffee, a little rub-rub-rub under the table.
 ああ、そう、そうなんだ。コーヒーね。テーブルの下でナデナデ?

Ross: What’s uh, what’s going on? Do you not, do you not like Katie?
 なに、どうかした? 君、ケイティが嫌いなの?

Rachel: No! No, she’s−She was nice. I mean, she’s a little slutty, but who isn’t?
 いいえ。違うわよ。彼女いい人よ。ただちょっといやらしいけどね。誰でもそうよね。

Ross: I liked her.
 僕は気に入ったけどね。

Rachel: Of course you did, Ross, you would date a gorilla if it called you Indiana Jones!
 そりゃそうよ、ロス。インディー・ジョーンズなんて言ってくれたら、ゴリラとだってデートするでしょ。

Ross: Did you get like a fresh batch of pregnancy hormones today?!
 君、今日、妊娠のせいでホルモンがどっと出てるか何か?

Rachel: No! It’s just that, Kate bothered me.
 違うわよ! そうじゃなくて、ケイトが気に入らないのよ。

Ross: Why? What was wrong with her?
 どうして? 彼女の何がいけないの?

Rachel: There was nothing wrong with her! All right? She was perfectly lovely!
 彼女の何がいけないとかじゃないのよ。ね、彼女は本当にかわいいわ。

Ross: Okay, so what’s the matter?
 そうか、それじゃ何なの?

Rachel: I don’t want you to date her!
 デートしてほしくないのよ!

Ross: Why? What, what are you, jealous?
 どうして? それ何? ヤキモチ?

Rachel: Yes! And not because I want you to go out with me, but because I don’t want you to go out with anybody! Okay? I know it’s a terrible thing to even think this, and it’s completely inappropriate, but I want you to be at my constant back and call 24 hours a day! I’m very sorry, but that is just the way that I feel.
 そうよ! でも私とデートしてほしいからじゃないのよ。誰ともデートしてほしくないのよ。いい? こんなふうに思うなんてひどいわよね。こんなこと言うべきじゃないってわかってるけど、ずっと毎日24時間私のこと見守ってほしいのよ。本当に悪いけど、そう思ってるのよ。

Ross: Okay.
 わかったよ。

Rachel: What?!
 えっ?

Ross: I won’t date. I’ll uh, I’ll be here, with you, all the time.
 デートしないよ。ここにいるよ。いつも、君のそばにいるよ。

Rachel: Really? But I’m being so unreasonable.
 本当に? でも私すごいワガママ言ってるのよ。

Ross: True, but you’re allowed to be unreasonable. You’re having our baby.
 そうだけど、でも、ワガママ言う権利があるよ。僕らの子供を産もうとしてるんだから。

Rachel: Oh, Ross, thank you. Thank you.
 (泣き出し)ああ、ロス、ありがとう。ありがとう(ハグ)

Ross: You feel better?
 気分よくなった?

Rachel: No, not really. You’re pressing the baby into my bladder and now I have to pee. Sorry.
 ううん、ダメ。あなた、私の赤ちゃんを押して膀胱圧迫してるわ。オシッコ行かなきゃ。ごめん(立ち上がる)

Ross: Uh, Rach?
 あー、レイチ?

Rachel: Yeah.
 ええ。

Ross: Just one thing umm…
 ひとつだけ。

Rachel: Uh-huh.
 なに。

Ross: We live together. You’re having our baby. I’m not gonna see anybody else. Are you-are you sure you don’t want something more?
 僕ら一緒に住んでるよね。君は僕らの子供を産もうとしてる。僕は誰ともつきあわない。君、本当にこれ以上を望まない?

Rachel: … Wow! I don’t know, maybe. I’m…
 ・・・ワオ・・・どうかしら・・もしかしたら・・私・・

Ross: Oh-oh, Rach! I was just messin’ around! . . Like you did last night when I had to pee?
 あ、レイチ! からかったんだよ。僕が昨日オシッコに行きたかった時に君がしたのと同じだよ。

Rachel: I knew that! I knew that! I was just messin’ with you too!
 ・・わかってるわよ! わかってる! 私もあなたをからかったのよ!

Ross: … Okay. Okay. Because for a minute you seemed…
 ・・そうか。わかった。でも一瞬君はちょっと・・

Rachel: Oh, no-no-no-no, no!
 あら、違う違う、違うわよ。

Ross: …like you actually…
 君本当に・・

Rachel: No, that’s just−That’s just ‘cause I’m such a good messer!
 違うわよ。ただ・・(笑)私がからかうのが上手だっただけよ。(少し呆然として立つ)

Ross: Rach?
 レイチ?

Rachel: Yeah?
 ん?

Ross: The bathroom?
 トイレは?

Rachel: Right!
 そうか。

《ニュー・スクール:帰ろうとするモニカとジョーイ》

Joey: Well, I had a great time! Learned how to bake, ate great food, that’s the first A I’ve gotten since seventh grade, and I didn’t have to sleep with the teacher this time.
 ああ、楽しかったよ! 焼き方を習ったし、おいしいもの食べたし、7年生以来初めてAをもらったし、しかも今度は先生と寝なくてももらえたんだ。

Monica: Oh, look! Acting for Beginners! Want to feel good about yourself?
 あ、見て! 演技入門教室よ! いい気分を味わってみたい?

Joey: What the hell!
 それはいいな!

Monica: Okay.
 ええ。(クラスに入る2人)

The Acting Teacher: All right, let’s start with some basics. Can anybody tell me what the difference between upstage and downstage is?
 はい、それでは基礎から始めましょう。ステージの上手と下手はわかる人いますか?(誰も答えない)

Joey: Yeah, this was a stupid idea.
 ああ、こんなの見るなんてバカげてる。(立ち去る)




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:42| Comment(0) | Season 8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。