2013年11月18日

8-20 The One With The Baby Shower

8-20 ベビー・シャワーの話

 ☆赤ちゃんが生まれたら?☆

《モニカ達の部屋:レイチェルが来る》

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Monica&Phoebe: Hey!
 ハーイ!

Rachel: So what’s the final head count on my baby shower?
 私のベビー・シャワーには何人ぐらい来ることになったの?

Phoebe: About twenty, a couple people from work who had something else to do.
 20人ぐらいよ。あなたの会社の人2人ぐらいが、用事で来られないそうよ。

Monica: Also both of your sisters called and neither can make it.
 それと、あなたの妹さん達にも電話したけど、来られないって。

Rachel: What?! You mean they’re not coming to a social event where there’s no men and there’s no booze?! That’s shocking! I don’t care, as long as my mom’s here.
 えっ? あの子達が男性もお酒もないパーティに来ないっていうの? 驚き! ママさえ来てくれれば、そんなことはいいわ。

Monica: Oh, my God, your mother!
 オーマイゴッド! あなたのおかあさん!

Rachel: What?! My mom’s not gonna be here?!
 なに? ママが来ないっていうの?

Monica: Well, given that we forgot to invite her it would be an awfully big coincidence if she was.
 呼ぶのを忘れちゃったのにいらっしゃたら、すごい偶然よね。

Rachel: My God!
 なんですって!

Monica: Well, it wasn’t my fault, Phoebe was in charge of the invitations!
 いえ、でも私のせいじゃないのよ。招待するのはフィービーの役目だったのよ。

Phoebe: Well, I don’t, I don’t have a mother so often I forget that other people…
 だって、私には母がいないから、人にお母さんがいるってこと忘れるのよね。

Monica: Oh, give it a rest!
 もうそれ、勘弁してよ。

Rachel: So my mother is not coming to my baby shower?!
 じゃあ私の母親が私のベビー・シャワーに来ないっていうの?

Phoebe: No. Neither is mine.
 そうよ。私の母もね。

Monica: Okay, you know what? Don’t worry, okay? We’ll take care of it. We’ll call her. Just go home and get ready.
 ねぇ、心配しないで、ね? 私達がちゃんとするから。電話するわよ。いいから帰って、準備してきて。

Rachel: Please, make sure she comes. It’s really important to me, I mean, it’s my mom!
 お願い、ちゃんと来てもらってね。私には大切なことよ、ママなんだから!

Phoebe: I know. I know, what’s her number?
 わかった、わかったわ、電話番号は?

Rachel: I don’t know.
 知らないわよ。

Monica: Go! I have it in my book. Go! . . Wait a minute! If you’re in charge of the invitations why am I the one who has to call her. . . Hello Mrs. Green! Hi, it’s Monica Geller.
 行って。私がわかってるから。行って。(レイチェルは帰る。レイチェル母に電話をかけながらフィービーに)ちょっと、待って! あなたが招待担当なのに、どうして私が電話かけなきゃいけないのよ・・もしもし、ミセス・グリーン! どうも、モニカ・ゲラーです。

Mrs. Green: Oh, hello, Monica.
 あら、どうも、モニカ。

Monica: Hi, umm I know this is last minute, but we’ve decided to throw an impromptu baby shower for Rachel today.
 どうも。突然なんですけど、今日、急に、レイチェルのためのベビー・シャワーをすることにしたんです。

Mrs. Green: I know, my daughter’s told me about it when they received their impromptu invitations a month ago.
 知ってるわよ。娘達から、1ヶ月前に、急な招待を受けたって聞いてるから。

Monica: Yeah, I’m sorry. I’m-I’m so sorry.
 ええ、すみません、本当にごめんなさい。

Mrs. Green: For what dear? For not inviting me or lying about it?
 何を謝ってるの? 招待しなかったこと? それともウソをついたこと?

Monica: Oh, my God, my ass is sweating! . . Please! Please! Can you come? It’s today at four.
 (フィービーに)ああもう! お尻に汗かいちゃう! (電話で)お願い、お願いです、来ていただけます? 今日の4時です。

Mrs. Green: Well, all right. I’ll see you at four.
 まぁ、いいわよ。じゃあ4時に。

Monica: Thank you.
 ありがとう。(電話を切る)

Phoebe: Isn’t it at three?
 3時じゃなかった?

Monica: Son of a bitch!
 くそったれ! (再度電話をかける)

《ジョーイの部屋:チャンドラーとロスがくる》

Chandler: Hey, Joe! You wanna shoot some hoops?
 やぁ、ジョー! バスケでシュートしない?

Joey: Oh, no, I can’t go. I’m practicing; I got an audition to be the host of a new game show.
 ああ、ダメなんだ、行けないよ。練習中なんだ。クイズ番組のホストのオーディションがあるんだ。

Ross: Oh, cool!
 ああ、いいね!

Chandler: That’s great.
 すごいじゃないか。

Joey: Yeah-yeah, and if I get it, by day, I’ll be Dr. Drake Ramoray, but by night, I’ll be Joey Trrrribbiani!
 そうなんだよ。もしこれに受かったら、昼間はドレイク・ラモーレで、夜は、「ジョーイ・トリビアーニ!」だよ。

Chandler: You’ll be perfect for this! That’s already your name!
 おまえ完璧じゃないか。もうその名前だもんな!

Joey: But the audition’s in a couple hours and I don’t even understand the game.
 オーディションまで2時間ぐらいなんだけど、このゲーム内容がわからないんだよ。

Ross: Well, do you want some help?
 何か手伝おうか?

Joey: Oh, really? That’d be great! You guys can be the contestants!
 本当に? うれしいよ! 競技者の役をしてよ。

Ross: Awesome!
 いいね!

Chandler: Okay, I guess we can lose to junior high girls some other time.
 そうだな、中学生に負けるのはまた今度にするか。

Joey: All right! Let’s play Bamboozled!
 よぉし! バンブーザルゲーム開始!

(bamboozle = だます・だまして巻き上げる)

Chandler: Bamboozled?
 バンブーザル?

Joey: Yeah, isn’t that a cool name?
 ああ。かっこいい名前だろ?

Ross: Yeah!
 ああ!

Chandler: No!
 (ロスと同時に)全然!

Joey: All right. Uhh, okay. Our first contestant is Ross Geller. Why don’t you tell us a little bit about yourself, Ross?
 いいぞ・・えー・・よし。最初の競技者は、ロス・ゲラー。少し自己紹介をしていただけますか、ロス?

Ross: Well, uh, I-I’m a paleontologist. Umm, I-I live in New York. I have a son, Ben. Uh, hi, Ben! And uh…
 ええ、僕は、古生物学者で、えー・・ニューヨークに住んでいます。ベンという息子がいます。(手を振り)ハーイ、ベン。それから・・

Joey: I said “a little bit,” Ross. Now, how about you, Chandler?
 「少し」って言っただろ、ロス。じゃ、あなたはどうですか、チャンドラー?

Chandler: Well, Joey, I’m a headhunter. I hook up out of work Soviet scientists with rogue Third World nations. Hi, Rasputin!
 ああ、ジョーイ。俺はヘッドハンター。ソビエトで失業中の科学者と後進国の悪者と引き合わせてるんだ。ハーイ、ラスプーチン!

Joey: Excellent! Let’s play Bamboozled! Chandler, you’ll go first. What is the capital of Columbia?
 素晴らしいね! ではバンブーザルを始めましょう! チャンドラー、まずあなたから。コロンビアの首都は?

Chandler: Bogota.
 ボゴタ。

Joey: It’s Ba-go-ta, but close enough. Now, you can either pass your turn to Ross or pick a Wicked Wango card.
 正解はボゴォタ。残念でした。さて、今度はロスの番にしてもいいし、意地悪カードを引いてもいいです。

Chandler: What does a Wicked Wango card do?
 意地悪カードを引くとどうなるの?

Joey: I should know that. Let’s see, just one moment please. Umm, here we are, a Wicked Wango card determines whether you go higher or lower.
 それ知ってないといけないよね。えーと、ちょっとお待ちくださいね。わかった、意地悪カードで、より上か下か決まるわけだ。

Chandler: Higher or lower than what?
 何より上か下?

Joey: This is embarrassing.
 これはカッコ悪いな。

Chandler: Can you believe how lame this is?
 (ロスに)こんなくだらないのってあるか?

Ross: I’m sorry, I don’t believe contestants are allowed to talk to each other.
 悪いけど、競技者同士は話しちゃいけないと思うよ。

《モニカ達の部屋》

Phoebe: Oh, I told the stripper to be here at five. That’s good, right?
 あ、ストリッパーは5時に来るように言ってあるわよ、それでいいわよね?

Monica: You ordered a stripper for the shower?! That is totally inappropriate!
 あなたベビーシャワーにストリッパーを呼んだの? そんなのありえないわよ!

Phoebe: What? He’s gonna be dressed as a baby! . . Oh, hi, Mrs. Green!
 なに? 彼赤ちゃんの格好だってできるわよ! (レイチェル母が来る)あら、ハーイ、ミセス・グリーン!

Monica: Hi!
 ハーイ!

Phoebe: I’m so glad you could make it.
 来てくださって本当にうれしいわ。

Monica: Yes, thank you so much. And again, we’re so sorry. We could not feel worse about it.
 本当に。ありがとうございます。それに、本当にすみませんでした。これ以上お詫びのしようもありません。

Mrs. Green: Try. There’s my little girl.
 やってみて。(レイチェルの方へ行き)私のかわいい子がいたわね。

Monica: She’s still mad.
 彼女まだ怒ってるわ。

Phoebe: Yeah, I know. Isn’t it great? One less person we have to make small talk with.
 ええ、そうね。すごくない? 無理に話さなきゃならない人が1人減ったわ。

Monica: Phoebe, Sandra’s mad at you too. It-it doesn’t bother you?
 フィービー、サンドラはあなたにも怒ってるのよ。あなた気にならないの?

Phoebe: No, look, we’ve apologized twice! I can’t do anymore than that. I know you hate it when people are mad at you but you just have to be okay with it.
 ええ。だって、2回謝ったのよ! それ以上何もできないわよ。人が怒ってるなんて、あなたはイヤだってことはわかるけど、受け入れるしかないわよ。

Monica: Okay. I can do that. . I gotta go powder my ass.
 そうね。できるわよ・・・お尻にパウダーはたいてくる。

《レイチェルと母》

Mrs. Green: Look at that face! Just like when you were in high school! If I didn’t know better, I’d say you were a cheerleader in trouble. Come on, let’s get some tea.
 この顔ったら! 高校の時と同じね。よく知らなかったら、困っちゃってるチアリーダーかと思うわよ。さぁ、お紅茶をいただきましょ。

Rachel: Okay.
 わかった。

Mrs. Green: Oh, my! look at that. Only three weeks to go, now have you picked your nanny yet? Now I don’t want you to use your housekeeper ‘cause it would just split her focus.
 まぁ!(おなかを)見て! あと3週間ね。子守りさんは見つけた? お手伝いさんに見てもらっちゃだめよ。気が散るだけですからね。

Rachel: Oh, well, actually I’m not gonna use a nanny and uh, I don’t even have a housekeeper.
 あら、私は子守りさんは使わないわよ。それに、お手伝いさんだっていないわよ。

Mrs. Green: It’s like you’re a cave person. Rachel, you must get a nanny. You don’t know how overwhelming this is going to be. I mean when you were a baby I had full time help, I had Mrs. K.
 原始人みたいね。レイチェル、子守りさんは雇わなくちゃ。あなた、どんなに大変かわかってないんだわ。あなたが赤ちゃんだった時も、ミセス・ケイにフルタイムで手伝ってもらったものよ。

Rachel: Mrs. K! Oh, yeah, she was sweet. She taught me Spanish. I actually think I remember some of it. Tu madre esta loca. (I think that’s your mother’s crazy.)
 ミセス・ケイ! ああ、あの人優しかったわ。スペイン語を教えてくれたのよ。私、今も少し覚えてるわよ。(スペイン語で)あなたのおかあさんって頭おかしいわね。

Mrs. Green: Such a sweet woman.
 本当にいい人だったわね。

Rachel: Well, however great she was I just can’t afford that.
 彼女はいい人だったけど、私にはそんなお金はないわ。

Mrs. Green: Oh, Rachel!
 あぁ、レイチェル!

Rachel: What?
 何?

Mrs. Green: I just had the greatest idea! I’m gonna come live with you!
 私に素晴らしい考えがあるわ! 私があなたと一緒に住むわよ!

Rachel: Wh-wh-what? What?
 な・なんですって?

Mrs. Green: Oh, I’m so happy I’m gonna do this for my little girl. Aw, look at you. You have tears in your eyes.
 私の可愛い娘のためにそんなことができたらすごく嬉しいわ。あぁ、見てこの子ったら。涙浮かべちゃって。

Rachel: Yes. Yes, I do.
 ええ、ええ、そうよ。

《ジョーイの部屋》

Joey: All right, Ross, you’re in the lead, would you like to take another question or spin the Wheel of Mayhem?
 よし、ロス、君がリードしてるよ。次の質問へ行くか、それとも大混乱ルーレットを回す?

Ross: The wheel has not been my friend tonight, Joey. Uh, I’ll take another question.
 今日はルーレット運がないみたいなんだよ、ジョーイ。次の質問に行くよ。

Joey: Okay, this is gonna be tough. Hold your breath.
 よし、次は厳しいぞ。息を止めて。

Ross: It’s okay, I’m ready.
 大丈夫。準備はいいよ。

Joey: No, dude, you gotta hold your breath until you’re ready to answer the question. It is a part of the game.
 いや、ほんと、質問に答えるまで息を止めないといけないんだよ。

Chandler: This is ridiculous, he’s not gonna hold his…
 そんなのバカげてるよ。そんな息を止めるなんて・・(ロスが息を止める)

Joey: Okay, what do you have a fear of if you suffer from this phobia? Tris…Holy cow, that’s a big word. Trisc… Seriously, look at this thing. Chandler, how do you say that?
 よし、この恐怖症にかかったら、何が怖いか? トリス・・・うわ、なんだこれ? 長い言葉だな。トリスク・・ほんと、見てくれよ、これ。チャンドラー、なんていうんだ、これ?

Chandler: Let me see that.
 見せてみろ。

Joey: This one right here.
 ここのこれだよ。(見せて指差す)

Chandler: Triskaidekaphobia.
 トリスカデカフォビア。

Ross: The fear of Triscuts!
 トリスカッツが怖い!

triscuits.jpg(Triscuts)

Joey: No! No, fear of the number 13.
 違います! これは13っていう数字に対する恐怖だ。

Chandler: Fear of Triscuts?
 トリスカッツが怖いだって?

Ross: It’s possible, they have really sharp edges.
 あるかもよ、すごく尖ってるじゃないか。

Joey: All right, Chandler, you’re up.
 よし、チャンドラー、君の番だ。

Ross: Wait a minute, I-I believe I’m entitled to use my Angel Pass for a free turn?
 ちょっと待って。僕って、答えられるエンジェル・パスの権利があるだろ?

Chandler: This game makes no sense!
 このゲーム全然意味わかんないよ!

Ross: You know, you’re just upset because you’re losing.
 君は負けてるからそんなこと言うんだよ。

Chandler: Oh, come on, Ross, I think we’re all losers here.
 勘弁してくれよ、ロス。俺たち全員負け犬っぽいじゃないか。

Joey: All right. Chandler, you can either spin the wheel or pick a Google card.
 よし、チャンドラー、ルーレットを回すか、グーグル・カードを選ぶかだ。

Chandler: Let me think. Let me think−Oh! I don’t care.
 どうしよう、どうしよう・・・そうだ! どうでもいい!

Joey: You-you must choose, Mr. Bing.
 選ばないと。ミスター・ビング。

Chandler: Either, it makes no difference.
 どっちでも変わらないじゃないか。

Joey: Choose, you jackass!
 選べ、このくそったれ!

Chandler: I’ll take a card.
 カードにする。

Joey: Okay, you picked the Gimme Card! You get all of Ross’s points!
 よし、選ばれたカードはくれくれカードだ! おまえはロスの点を全部もらった!

Ross: What?!
 なんだって?

Chandler: This game is kinda fun.
 このゲーム楽しいな。

Ross: You don’t think it’s a little crazy that you get all my points just ‘cause you…
 君、点数全部もらえちゃってもおかしいなんて思わないのは、自分が・・

Chandler: I don’t think the contestants are supposed to speak to each other.
 競技者同士でしゃべっちゃいけないと思う。

《モニカ達の部屋:モニカ達と話すレイチェル》

Rachel: Why did you invite my mother?!
 どうして私の母を呼んだのよ?!

Monica: What?
 え?

Rachel: She wants to move in with me and Ross to help take care of the baby.
 彼女が私やロスと一緒に暮らして、赤ちゃんの世話をするって言ってるわ。

Phoebe: For how long?
 いつまで?

Rachel: Eight weeks. I mean I love my mother, but my God, a long lunch with her is taxing.
 8週間ですって。母のことは好きだけど、ああ、でも、彼女との長ーいランチは疲れちゃうのよ。

Monica: I personally would be honored if she wanted to live with me.
 私個人としては、彼女に一緒に暮らしたいって言われたら光栄だわ。

Phoebe: She can’t hear you.
 彼女には聞こえてないのよ。

Rachel: What? You guys, come on! What am I gonna do?
 なに? ねぇ、私はどうしたらいいのよ?

Phoebe: Well, if you don’t want your mother to move in with you, just tell her.
 もしおかあさんと一緒に暮らしたくないなら、正直に言えばいいのよ。

Rachel: You’re right. You’re right. I mean I’m about to have a baby, I can tell my mother that I don’t want her to just be sleeping on my couch! Oh, my God! She’s gonna want to sleep in my bed with me. This cannot happen!
 そうよね、そうだわ。私は赤ちゃんを産もうとしてるんだもの、母に私のカウチで寝てほしくないって言えるわよ。ああ、違うわ! 彼女きっと、私のベッドで一緒に寝るっていうわよ。そんなのダメよ!

Monica: That’s right. That is right, you go over there and tell her you do not want her to live with you. Do not take no for an answer!
 そうよ。そうだわ。行って、おかあさんに一緒に住みたくないって言ってくるのよ。わかってもらえるまで言うのよ!

Rachel: Okay.
 わかったわ(母の方へ行く)

Monica: This is great! Now she’s gonna be mad at Rachel! You know what? And I’m just gonna swoop in there and be like the daughter she never had.
 (フィービーに)これはいいわ! これで彼女はレイチェルに腹を立てるでしょ。そうしたら私が入っていって、こんな娘がほしかったって思われるようになるのよ。

Phoebe: I have new respect for Chandler. All right, everybody! It’s time to open the presents!
 チャンドラーのこと尊敬しちゃうわ。はい、みなさん! プレゼントを開ける時間よ!

Monica: Yes! Yes! And I think that the first gift that Rachel opens should be from the grandmother of the baby. Because you’re the most important person in this room. And in the world!
 そう、そうよ! レイチェルは、まず赤ちゃんのおばあちゃんのプレゼントから見るべきよね。だって、この部屋で一番大切な人だもんね。世界一ね!

Mrs. Green: Well, uh, I don’t have a gift because I wasn’t invited until the last minute, but thank you so much for bringing that to everyone’s attention.
 私はプレゼントは持ってきてないのよね。ギリギリまで招待されなかったから。でも、みんなの注目を集めてくれてありがとう。

Phoebe: How about you less important people, let’s open your presents!
 それほど大切じゃないみなさんはどうかしら、みんなのプレゼントを開けましょ!

《レイチェルと母》

Rachel: Mom, that’s okay that you didn’t get you a gift!
 ママ、いいのよプレゼントなんてなくても。

Mrs. Green: Well, I kinda did. Me. Eight weeks of me.
 でもプレゼントはあるわよね。8週間の私よ!

Rachel: Oh, yeah. Okay, see, mom? The truth is, I can do this on my own.
 あぁ、そうよね。ねぇ、ママ? 本当をいうと、私自分でできると思うの。

Mrs. Green: Sweetheart, I know you’re gonna be a terrific mom, I just think you need a little help, especially at the beginning.
 この子ったら。もちろんあなたは素晴らしいママになるわよ。でも、特に最初のうちは助けがいると思うのよ。

Rachel: But mom, I really know what I’m doing. I can handle this.
 でもママ、私、本当にわかってるのよ。自分でできるわ。

Mrs. Green: Really? Remember Twinkles?
 そうかしら? トゥインクルのこと覚えてる?

Rachel: He was a hamster! I am not gonna vacuum up my baby!
 あれはハムスターよ! 私赤ちゃんを掃除機で吸ったりしないわよ!

Phoebe: Okay, come on, Rach. It’s present time! You know, you’re the glue holding this whole party together. It’s kinda falling apart here.
 ハーイ、来て、レイチ。プレゼントの時間よ! ねぇ、あなたがこのパーティをまとめる人なのよ。今のところ、バラバラって感じなんだから。

Mrs. Green: Oh, look.
 あら、見て。

Rachel: Wow!
 ワオ!

Phoebe: Okay, this is from your friends at work.
 これはあなたの会社のお友達からよ。

Rachel: Oh, my gosh! Oh, wow! Oh, I know what this is! . . Wait a minute. That can’t be right. Is that a beer bong for a baby?
 まぁ、驚いた! まぁ! これ何かわかるわよ! ・・ちょっと待って・・そんなはずないわ。これって赤ちゃん用のビール飲み器?
beer_bong_270.jpg

Mrs. Green: Darling, that’s a breast pump!
 あなたったら、これは搾乳器よ

(beast pump)

Rachel: Did I say I was done guessing? Okay, thank you for that. Oh, wow! What’s this?
 まだ当てようとしてたのに。いいわ、とにかくありがとう。まぁ、これは何?

Woman: It’s a Diaper Genie.
 それはおむつ入れよ。

Rachel: Oh, it dispenses clean diapers!
 ああ、きれいなおむつを入れておくのね!

Woman: No! It’s where you put the dirty ones!
 違うわよ。汚れたものを入れておくのよ。

Rachel: Well, that’s gross, why don’t you just take it outside and throw it in a dumpster?
 やだ、気持ち悪いじゃない。どうして外のゴミ箱に捨てにいかないの?

Mrs. Green: Oh, you’re gonna do that ten times a day?
 まぁ、日に10回もそんなことするの?

Rachel: What?! It goes ten times a day! What are we feeding this baby, Indian food?!
 えっ? 10回もうんちするの? 何を食べさせてるの、インディアンの食べ物?

Mrs. Green: No dear, that’s what babies do.
 違うわよ、赤ちゃんってそういうものなのよ。

Monica: Rachel, listen to your mother. She is very smart.
 レイチェル、おかあさまのいうことをよく聞いて。彼女はとても賢いんだから。

Mrs. Green: Plus, what are you planning on doing with the baby while you’re trotting out to the garbage ten times a day?
 それに、あなたが10回もゴミ箱に捨てに行ってる間、赤ちゃんはどうする気?

Rachel: I don’t know, I’d leave it on the changing table? . . . What?! What did I do? What did I do?!
 そうねぇ・・おむつ替えテーブルに寝かせておく?(みんなが息を飲む)えっ? 私なにした? 私なんかした?

Mrs. Green: You can’t leave a baby alone!
 赤ちゃんを1人にするなんてダメよ!

Rachel: Oh, come−Of course I know that. I mean, of course you never leave a baby alone! I mean who would−she wouldn’t be safe. You know, not as she would be with me, the baby dummy. Oh, God, okay. You know what? Opening the presents right now is a little overwhelming right now. So I think umm, I’m just gonna maybe open them all a little bit later. But thank you all for coming. And for these beautiful gifts, and this basket is beautiful.
 あらそんな・・もちろんそれはわかってるわよ。もちろん赤ちゃんを1人にしちゃダメよね! そんなことしたら・・それは安全じゃないわね。私と一緒にいないとね・・全然わかってなくても。ああ、どうしよう・・ねぇ、プレゼントを開けるのでちょっといっぱいになっちゃったわ。だから少し後にするわ。でもみんな、来てくださってありがとう。この素晴らしいプレゼントも・・このバスケットは素敵だわ。

Woman: It’s actually a bassinet.
 それはゆりかごよ。

bsssinet.jpg

Rachel: Okay, mommy, don’t ever leave me.
 ああ、マミー、私を見捨てないで。

《ジョーイの部屋》

Joey: In what John Houston film would you hear this line: "Badges? We don’t need no stinking badges!"
 (チャンドラーに)ジョン・ヒューストンの映画で「バッジ? バッジなんかいるか!」というセリフがあるのは?

Chandler: Treasure of the Sierra Madre!
 トレジャー・オブ・ザ・シエラ・マードレ(「黄金」)!

(Treasure of the Sierra Madre = John Houston監督の映画)

Joey: Correct! There’s a possible backwards bonus!
 正解! 逆さ読みをするとボーナスが出る!

Chandler: Madre Sierra the of Treasure!
 マードレ・シエラ・ザ・オブ・トレジャー!

Joey: Yes!
 よし!

Chandler: I’d like to go up the ladder of chance to the golden mud hut please.
 金の泥小屋チャンスへの梯子を上るよ。

Joey: Wise choice, how many rungs?
 賢い選択だ。何段上がる?

Chandler: Six!
 6段!

Joey: That noise can only mean one thing.
 (サルの声を真似る)この音が意味するものは一つだけだ。

Chandler: Hungry monkey.
 腹ペコモンキーか!(がっかり)

Ross: Hungry monkey! Haaa! I’d like a Wicked Wango card!
 腹ぺこモンキーだな! ハハ! (ジョーイに)ぼくは意地悪カードにして。

Joey: Okay, it’s an audio question, name this television theme song.
 よし、音楽問題だ。テレビのテーマソングを当てて。(可愛い魔女ジニーの歌を歌う)



Ross: Oh. . . Oh! Oh, my God! Okay, I know this, give me-give me a second!
 ああ。。ああっ! なんだ! ああ、これ知ってるぞ。ちょっと待ってちょっと待って!

Chandler: Tell it to the Time Turtle!
 いつまで待たせるんだ!

(Turtle Time = 酔っ払っている時に使ったり、沈黙を破る時にIt’s turtle time! といったりする)

Ross: Shut up! “I Dream of Jeannie”!
 黙れ!「可愛い魔女ジニー」だ!

Joey: Yes! Yes, you’re back in the lead!
 よし! そうだ、君はまだリードし始めた!

Ross: I’d like to spin the wheel!
 ルーレットを回す!

(ジョーイが回す音をゆっくりと続ける)

Chandler: Oh, come on!!
 もう、早く!

Joey: All right! All right! Uh, umm, Super-Speedy Speed round!
 よし! いいぞ! これはスーパー・スピーディ・スピード・ラウンドだ!

Ross: Is there a hopping bonus?
 それってホッピング・ボーナスあり?

Joey: Of course!
 もちろん!

(ロスは片足で飛び跳ね始める)

Joey: Who invented bifocals?
 遠近両用メガネを発明したのは?

Ross: Ben Franklin.
 ベン・フランクリン。

Joey: Correct! Which monarch has ruled Great Britain the longest?
 正解! イギリスを最も長く統治した君主は?

Ross: Queen Victoria.
 ヴィクトリア女王。

Joey: Correct again! But, you forgot to switch legs between questions, so no hopping bonus!
 再び正解! でも、答える間に足を替えるのを忘れたな。ホッピング・ボーナスはなしだ。

Ross: Noooo!!! Every time!!!
 しまったー!! 毎回これだよ!

Joey: Now, over to Chandler.
 よし、チャンドラーの番だ。

Chandler: I’d like a Google Card.
 グーグル・カードをくれ。

Joey: Are you sure?
 本当にいいのか?

Chandler: Yes! … No! … Google!
 ああ!・・・いや! ・・・グーグル!

Joey: Oh, my God! Congratulations, Ross! Because Chandler, you’ve been Bamboozled!
 すごい! おめでとう、ロス! チャンドラー、君はバンブーザルされた!

Chandler: Nooo!!
 ウッソー!!

Ross: Yeah!!
 やったー!

Chandler: This is the best game ever!!!
 これは最高のゲームだ!!

《モニカ達の部屋のパーティ》

Rachel: So umm, you’re gonna stay with me as long as I need you?
 それじゃ、私が必要なだけいてくれる?

Mrs. Green: Of course I am!
 もちろんよ!

Rachel: Oh, mom, I swear I’m not an idiot. I’ve read all kinds of books on pregnancy and giving birth, but I-I just didn’t think to read the part about what to do when the baby comes. And-and then guess what? The baby’s coming and I don’t know what to do. Oh, can I throw up in my diaper genie?
 ああ、ママ、私はバカじゃないわよ。でも妊娠とか出産に関するいろんな種類の本をいっぱい読んだけど、赤ちゃんが生まれたらどうするかっていうところを読んでないみたい。だから、赤ちゃんが生まれても、どうしたらいいかわからないわ。ねぇ、オムツ入れに吐いてもいい?

Mrs. Green: No. Sweetie, you’re gonna be fine.
 まぁ、あなたったら、大丈夫よ。(立ち上がる)

Rachel: Wait-wait where are you going? Where are you going?
 待って待って、どこへ行くの? どこへ行くの?

Mrs. Green: I’m going to the bathroom.
 バスルームへ行くだけよ。

Rachel: Okay.
 わかった。

Mrs. Green: Now don’t worry! Everything’s gonna be okay.
 心配しないで! 大丈夫だから。(レイチェルをハグ)

Monica: It is going to be okay! . . It was worth a shot.
 (後ろからレイチェル母をハグ)大丈夫よ! (レイチェル母は無言でバスルームへ)一応やってみた。

(ロスが息を切らしてくる)
Ross: Hey!
 やぁ!

Phoebe: Hey! Why are you all red and sweaty?
 ハーイ! どうしてそんな赤くなって汗かいてるの?

Ross: I just Bamboozled Chandler! . . . Which is not uh sexual thing. That was a quick shower.
 たったいまチャンドラーをだましとってやった!(変な目で見られ)セクシャルな意味じゃないよ。もうベビーシャワー終ったなんて早いね。

Phoebe: Not if you were here.
 あなたもここにいたらそう思わないわよ。

Ross: Wow! It looks like we got a lot of good stuff.
 ワオ! たくさんいいものもらったみたいだね。

Rachel: Oh, we did, but my mom got us the greatest gift of all.
 ああ、そうなのよ。でも、ママからのプレゼントが一番よ。

Ross: A Play-Doh Barber Shop?
 (喜んで)カラー粘土のバーバーショップ?



Rachel: No. She’s going to live with us for eight weeks.
 違うわよ。8週間一緒に暮らしてくれるのよ。

Ross: Uh, what?
 え、なんだって?

Rachel: Yes! She’s gonna help us take care of the baby! Woo-hoo.
 そうよ! 赤ちゃんのお世話を手伝ってくれるの! やったー!

Ross: What−You’re not serious. I mean she’s a very nice woman, but there is no way we can take eight weeks of her. She’ll drive us totally crazy.
 な・・本気じゃないよね。彼女はとてもいい人だけど、でも、8週間は絶対無理だよ。そんなの絶対どうかなっちゃうよ。

Mrs. Green: Hi, Ross!
 (バスルームから出てきて)ハーイ、ロス!

Ross: Hey, roomie!
 どうも、ルーミー!

《ジョーイのオーディション》

Man: Hey, Joey, hi! I’m Ray. I’m the producer of the show.
 やぁ、ジョーイ、どうも。僕はレイ。ショーのプロデューサーだ。

Joey: It’s a pleasure to meet you, Ray.
 会えてうれしいよ、レイ。

Ray: And this is Duncan and Erin. They’re gonna help us out with the audition. So uh, let’s get the camera rolling.
 こちらダンカンとエリン。オーディションを手伝ってくれてる。それじゃ、撮影始めようか。

Joey: Rightie-O Ray!
 オッケー! レイ!

Ray: Whenever you’re ready.
 準備でき次第頼むよ。

Joey: Hello, I’m Joey Tribbiani! Let’s play Bamboozled! Erin, you get the first question! In hockey, who is known as The Great One?
 こんにちは、僕はジョーイ・トリビアーニ! バンブーザルを始めましょう! エリン、最初の問題です。史上最も優れたホッケー選手と言われているのは?

Erin: Wayne Gretzky.
 ウェイン・グレツキー

Joey: Correct! Now, would you like to pick a Wicked Wango card or spin the Wheel of Mayhem?
 正解! それでは、意地悪カードを引くか、それとも大混乱ルーレットを回しますか?

Ray: Uh Joey, didn’t your agents give you the revised rules? We’ve eliminated all of that. No wheel, no cards.
 あ、ジョーイ、君、エージェントからルール変更のこと聞いてない? そういうのは全部なくしたんだよ。ルーレットも、カードもなしだ。

Joey: What−Why?!
 えっ、どうして?

Ray: Uh well, the game was too complicated and research showed people didn’t follow it.
 いや、リサーチの結果、ゲームが複雑すぎて、みんなわからなかったんだよ。

Joey: Well, what’s complicated? You spin the Wheel of Mayhem to go up the Ladder of Chance. You go past the Mud Hut through the Rainbow Ring to get to the Golden Monkey. You yank his tail and boom! You’re in Paradise Pond!
 いや、どこが複雑? 大混乱ルーレットを回して、チャンスの梯子を上るだろ。泥小屋を過ぎてレインボー・リングからゴールデン・モンキーを目指す。そいつのシッポを引っ張って、バーン! パラダイスの池の中だ!

Ray: Yeah, all that’s gone. It’s basically just a simple question and answer game now.
 ああ、そういうの全部なしなんだ。基本的に問題を出して答える番組なんだ。

Joey: Well, what’s fun about that? You expect me to be the host of a boring game that’s just people standing around answering questions?
 え、それの何がおもしろいの? 人がただ立ってて質問に答えるつまらない番組のホストになれって?

Ray: Well, there’ll be women in bikinis holding up the scores.
 あぁ、ビキニの女性がスコアを持って立つよ。

Joey: Let’s play Bamboozled!
 それではバンブーザルを始めましょう!

《モニカ達の部屋・ロスとレイチェル母》

Mrs. Green: Oh, and all those dinosaur knickknacks you have, Ross, I thought they might be more at home in the garage.
 それから、あなたが持ってる恐竜の装飾品たちだけど、ロス、あれ、家に置くより車庫に置くべきだと思うわ。

Ross: Well, we…we don’t have a garage.
 いや、うちに車庫はありませんよ。

Mrs. Green: Did I say garage? I meant garbage.
 私、車庫って言った? ゴミバコって言いたかったのよ。

Ross: You know what? Mrs. Green, maybe it’s not absolutely vital that you live with us.
 いいですか、ミセス・グリーン、絶対に一緒に暮らしていただかないといけないってこともないかなと。

Mrs. Green: Well, Rachel needs help with the baby.
 でもレイチェルは赤ちゃんの世話で助けが必要よ。

Rachel: I do. I really do. I don’t know anything.
 そうよ。本当に必要よ。何もわからないもの。

Ross: I’m-I’m sure that’s not true.
 絶対そんなことはないですよ。

Rachel: Oh, no? Pheebs? Monica? Do I know anything about babies?
 あら、そう? フィーブス? モニカ? 私赤ちゃんのこと知ってる?

Phoebe: No, not a thing.
 いいえ、何も知らない。

Monica: It’s frightening.
 恐ろしいくらいよ。

Ross: Well, uh, you know what? Even if she doesn’t know anything, I do! I have a son. And his mother and I didn’t live together, and whenever he was with me I took care of him all the time, by myself.
 ええ、でも、もし彼女が何も知らなかったとしても、僕が知ってます! 僕には息子がいます。息子の母親と僕は一緒に暮らしてないので、彼が僕といる時は、僕がいつも自分で世話をしています。

Mrs. Green: That’s true. You do have another child.
 そうだったわね。あなたには他に子供がいるのよね。

Ross: Yeah.
 ええ。

Mrs. Green: With another woman. Have you no control, Ross?
 他の女性との間にね。あなた自制心はないの、ロス?

Ross: That’s a different issue. Uh, the point is, when the baby comes I will be there to…to feed her and bathe her and change her. And more than that I want to do all those things.
 それはまた別の話ですね。言いたいのは、赤ちゃんが生まれてきた時には、僕がいるってことです。ミルクもあげるし、お風呂にもいれてあげるし、おむつも替えます。何より、僕がそうしたいんです。

Mrs. Green: Well, then you really don’t need me to live with you.
 そうね、それじゃ本当に私が一緒に住まなくても大丈夫ね。

Ross: Yes! Yes, you’re gonna be so missed.
 そう! そうなんです。ご一緒したかったけど。

Mrs. Green: You’re gonna be a great father.
 あなたはいい父親になるわね。

Ross: Well, you’re gonna be a wonderful grandma.
 あなたも素晴らしいおばあちゃまになってくれそうだ。

Rachel: Hello?! I still don’t know what the hell I’m doing!
 もしもし? 私どうしたらいいのかわからないんですけど!

Ross: Oh, come on, every first time mother feels that way. You’ll−you’re gonna pick it up. Hey! You will! Uh look, you know when you first came to the city? You were this spoiled helpless little girl who-who still used daddy’s credit card. Do you remember?
 いや、大丈夫だよ。誰でも初めての子を持つおかあさんはそう思うもんだよ。わかっていくもんだよ。ね、ほんとだって! 街へ来たばかりのこと覚えてるだろ? 君は、まだ父親のクレジットカードを使ってる甘やかされた女の子だっただろ。覚えてる?

Rachel: I hope you’re going somewhere with this.
 何かいいところへ話をもっていってよね。

Ross: Look at you! What−You’re-you’re this big executive! You are much more capable than you give yourself credit for. I-I have no doubt you’re gonna be an incredible mother.
 今の君をごらんよ! ね、君はいますごい重役じゃないか! 君は自分で思ってるよりもっともっと有能なんだよ。君が素晴らしいおかあさんになるのは間違いないよ。

Rachel: Really?
 本当?

Ross: I’m telling you.
 本当だよ。

Rachel: Thank you.
 ありがとう。

Mrs. Green: All right, you two, I’m gonna get going.
 いいわ、それじゃ、私はもう帰るわね。

Ross: Oh.
 ああ。(立ち上がる)

Mrs. Green: Oh, no-no-no-no sweetheart, you stay put. I’ll let myself out. It’s like I’m not here, which I almost wasn’t.
 あら、いえいえ、いいのよ。座っていて。自分で帰るから。いないと思って。ほとんどそうだったんだし。

Monica: You’re still so funny. You’re so funny. What do I do?
 とってもおもしろいわ。本当におもしろいこと。(フィービーに)どうしたらいい?

Phoebe: Nothing! You have apologized to her like a million times and she’s been nothing but terrible to you. And don’t forget you just threw her daughter a lovely, albeit slightly boring, shower, and she hasn’t even thanked you for it.
 何もしなくていいわよ! 何度も何度も謝ったのに、彼女はただ意地悪だわ。忘れないで、あなたが彼女の娘にちょっと退屈とはいえ、素敵なベビー・シャワーをやってあげたのに、ありがとうさえないのよ。

Monica: You know what? You’re-you’re right.
 ねぇ、あなたの言う通りよね。

Phoebe: Yeah, I mean if you want to say anything to her, I’d tell her off.
 そうよ。もし何か言いたいなら、叱り飛ばしてやればいいのよ。

Monica: Really?
 本当?

Phoebe: Uh-huh!
 そうよ!

Monica: Okay! I will! Mrs. Green? Mrs. Green! . . . It is rude to leave a party without saying good-bye to the host! Yeah, and-and also when someone apologizes to you the decent thing to do is to accept it! Now what I did to you, it wasn’t on purpose! But what you’re doing to me now is just plain spiteful!
 わかったわ。そうする! ミセス・グリーン? ミセス・グリーン!(無視され、廊下まで出て話す)ホストにお別れも言わずにパーティから帰ろうとするなんて失礼です! それに、人が謝ってるんだもの、それを受け入れるのが普通でしょう! 私が何をしたにしても、わざとじゃないのに。でもあなたのしていることといったら、ただの意地悪よ!

Mrs. Green: Spiteful?!
 意地悪?!

Monica: That’s right! Maybe it’s time you took a good hard look at a mirror, young lady. . Old lady. . .Lady!
 その通りよ! あなたも、よく鏡で自分を見ればいいんじゃないの、お嬢さん。おばあさん。・・おねえさん!

Phoebe: Wrap it up, wrap it up, wrap it up…
 (モニカ)切り上げて、切り上げて、切り上げて。

Monica: So whenever you’re ready to apologize to me, I will forgive you. Good day! . . . I can’t feel my legs!
 だから、謝ってくれるなら、いつでも許すわ。サヨナラ!(部屋に戻ってドアを閉める)足の感覚がない!

Phoebe: You were fantastic! I’m so proud of you!
 あなた最高だったわよ! すごく誇りに思うわよ!

Monica: Yeah? I’m proud of me too.
 そう? 私も誇らしいわ。

Phoebe: You should be!
 そうするべきよ!

Monica: Yeah, could-could-could you get me something to drink?
 ええ。な・何か飲み物もってきてくれる?

Phoebe: You got it!
 いいわよ。

Monica: Okay. . . Mrs. Green! Okay, I’m really sorry!! I’m apologizing for the. . . Okay, I bit my tongue, but I’m still really sorry!
 ええ・・・(すぐ外へ出て追いかける)ミセス・グリーン! 本当にごめんなさい! あやまります、私・・(階段を転げ落ちる)舌をかんじゃった! でも本当にごめんなさい!

《ロスの部屋》

Rachel: Okay! I’m ready.
 (本を閉じて)いいわ! 準備できた。

Ross: You sure?
 いいんだね?

Rachel: Yes, I’ve done my studying and I really know my stuff.
 ええ。勉強して、本当にわかったわ。

Ross: All right then. Rachel Green! Let’s play Bamboozled! How do you test the temperature of the baby’s bath water?
 よし、それじゃ・・レイチェル・グリーン、バンブーザルを始めましょう! 赤ちゃんのお風呂の温度はどうやって確かめる?

Rachel: Uh, put your elbow in it.
 肘をお湯に入れる。

Ross: Excellent! How do you put a baby down for a nap?
 素晴らしい! お昼寝のとき、どうやって赤ちゃんを寝かせる?

Rachel: Full, dry, on its back, and no loose covers.
 おなかいっぱいで、おむつが濡れてなくて、仰向けに、カバーはしっかりと。

Ross: That’s correct! This is an audio question, what do you do when the baby makes this sound?
 正解! 次は音の問題だ。赤ちゃんがこんな声を出したらどうしたらいい?(泣くマネ)

Rachel: Check if it’s wet, check if it’s hungry, burp it!
 オムツの確認、おなかがすいてないか確認、ゲップをさせる!

Ross: Excellent! Excellent, now-now do you want another question or a Wicked Wango card?
 素晴らしい! 素晴らしい! じゃあ、次の質問に行くか、それとも意地悪カードを引く?

Rachel: A card! A card! I pick a card!
 カード! カードよ! カードを選ぶわ!

Ross: Oh, I’m sorry. You’ve been Bamboozled! You’re gonna be a terrible mother! . . I’ve lost sight of why we’re doing this!
 ああ、残念だね。君はだましとられた! 君はひどい母親になる! (レイチェルが睨む)なんのためにこれやってるのか忘れてたよ!




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:35| Comment(0) | Season 8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。