2013年11月16日

8-18 The One In Massapequa

8-18 マサピクアでの話

 ☆ロスはスピーチ上手☆

《セントラルパーク》

Phoebe: Oh, Ross, Mon, is it okay if I bring someone to your parent’s anniversary party?
 あ、ロス、モン、あなたのご両親の記念日のパーティに、1人連れて行っていい?

Monica: Sure.
 いいわよ。

Ross: Sure. Yeah.
 ああ、いいよ。

Joey: So, who’s the guy?
 それで、そいつ誰なの?

Phoebe: Well, his name is Parker and I met him at the dry cleaners.
 名前はパーカーって言うの。クリーニング屋さんで会ったのよ。

Chandler: Oooh, did he put a little starch in your bloomers? Who said that?
 おお、彼が君のブルーマーを糊づけしたの? ・・今の誰が言った?

Phoebe: Yeah, he’s really great though. He has this incredible zest for life, and he treats me like a queen, except at night when he treats me like the naughty girl I am.
 彼は本当にいい人なのよ。人生にすっごい熱意を持ってる人なの。それに私を女王のように扱ってくれるのよ。夜はちゃんとみだらな女として扱ってくれるけどね。

Monica: Oh, by the way. Would it be okay if I gave the toast to mom and dad this year?
 (ロスに)ねぇ、ところで、今年はかあさんととうさんへの乾杯のスピーチをさせてくれる?

Ross: Uh, yeah, you sure you want to after what happened at their 20th?
 ああ、いいけど、20周年のあのことの後で、本当にやるの?

Monica: Yeah, I’d really like to.
 ええ、本当にさせてほしいの。

Ross: Okay, hopefully this time mom won’t boo you.
 そうか、じゃあ今回は、かあさんがブーイングしないように願うよ。

Monica: Yes! Every year Ross makes the toast, and it’s always really moving, and always makes them cry. Well, this year I’m going to make them cry.
 やった! 毎年ロスが乾杯するんだけど、いつも感動的で、いつもみんなを泣かせるの。今年は私がみんなを泣かせるわよ。

Chandler: And you wonder why Ross is their favorite?
 それでも君はロスが彼らのお気に入りのわけがわからないっての?

Monica: No! Really! Any time Ross makes a toast everyone cries, and hugs him, and pats him on the back. And they all come up to me and say, "God, your brother." Know what they’re gonna say this year? "God, you"
 でも本当にね、ロスがスピーチをするといつもみんな泣いて、彼をハグして、背中を叩くのよ。そして私のところに来て言うの「ああ、あなたのお兄さんったら」。今年はみんな何ていうかわかる? 「ああ、あなたったら」

Joey: Well, I can promise you, at least one person will be crying. I’m an actor, and any actor worth himself can cry on cue.
 そうだな、約束するよ。少なくとも1人は泣くからな。俺は俳優だからな。俳優は誰でも、指示通り泣けてこそだからな。

Monica: Really you can do that?
 本当に泣けるの?

Joey: Are you kidding me? Watch! . . . . Well, I can’t do it with you guys watching me!
 冗談だろ? 見てろ。・・・(泣けず)みんなで見てるから泣けないじゃないか!

《モニカ達の部屋:パーティの準備中》

Chandler: What are you doing?
 何をしてるの?

Monica: Oh, I’m working on my toast for the party, or as I like to call it. Sob fest 2002. Hey, check this out.
 パーティの乾杯スピーチの準備よ。というか私に言わせれば、涙にむせぶフェスタ2002というところね。ほら、これ見て。

Chandler: It’s a dog.
 犬じゃないか。

Monica: It’s a dead dog. That’s Chi-Chi. She died when I was in high school.
 死んだ犬よ。チーチーなの。私が高校の時に死んだのよ。

Chandler: It’s your parents’ anniversary and you’re talking about a dead pet?
 君の両親の記念日に、死んだペットの話をするのか?

Monica: The good stuff, huh?
 いいでしょ?

(ロス、ジョーイ、レイチェルが来る)
Rachel: Hi!
 ハーイ!

Ross&Joey: Hey!
 やぁ!

Monica: Joey? You got a present for my parents? That’s so sweet.
 ジョーイ? 両親のためにプレゼントを用意してくれたの? 優しいのね。

Joey: Yeah, yeah, in honor of their 35th wedding anniversary, I had a star named after them.
 ああ、結婚35周年記念として、2人の名前を星につけたんだ。

Ross: Aww, that is so cool.
 ああ! それはすごいじゃないか。

Joey: And I got them a book on Karma Sutra for the elderly.
 それと、高齢者用カーマスートラの本も買ってきた。

Rachel: Hey, do you guys have any extra ribbon?
 ねぇ、余分にリボンない?

Chandler: Yeah, sure. What do you need? We got lace, satin, sateen, raffia, gingham, felt… and I think my testicles may be in here too.
 ああ、あるよ。何がほしい? レース、サテン、綿繻子、ラフィア椰子、ギンガムチェック、フェルト・・・それから、俺のタマタマもここに入ってるかもしれない・・。

Ross: Aww! Chi-Chi! Oh, I loved this dog! You know, Monica couldn’t get braces because Chi-Chi needed knee surgery.
 (犬の写真を見て)ああ! チーチー! この犬好きだったよ! チーチーの膝の手術のために、モニカは歯列矯正をできなかったんだよね。

Monica: What?!
 なんですって?

Ross: You were the 200-pound 11-year-old who rode her!
 君が11歳の時200ポンドの体であの子に乗っかったんだろう。

(フィービーとパーカーが来る)
Phoebe: Hey!
 ハーイ!

All: Hi!
 ハーイ。

Phoebe: Everybody, this is Parker, Parker, this is…
 みんな、こちらパーカーよ。パーカー、こちらが・・

Parker: No, no, no, wait! Don’t tell me. Let me guess. . . Joey, Monica, Ross, Rachel and, I’m sorry, Phoebe didn’t mention you. . . Chandler, I’m kidding! Already you’re my favorite!
 いやいや、待って! 言わないで。当てるから・・(順に指差し)ジョーイ、モニカ、ロス、レイチェル・・そして、ごめん、フィービーは君のことは言ってなかったな。・・・チャンドラーだな。冗談だよ。君はもう僕のお気に入りだ。

Chandler: Ha!
 ははっ。

Parker: Why don’t all of you tell me a little about yourself?
 みんな自分のことを話してくれないか。

Ross: Ah, actually, I’m sorry we-we probably should get going.
 ああ、でも、悪いけど、もう行かないと。

Parker: Classic Ross. Rachel, Rachel, look, how you glow. May I?
 (笑って)ロスらしいな。レイチェル、レイチェル。君は輝いているね。触ってもいい?(おなかに手を当てる)

Rachel: I, uh, think you already are.
 もう触ってると思うけど。

Parker: Rachel, you have life growing inside you. Is there anything in this world more miraculous than−Oh, a picture of a dog! Whose is this?
 レイチェル、君の中で生命が育っているね。この世に、これ以上の奇跡があるだろ・・ああ、犬の写真だね! これは誰の?

Monica: That’s my old dog. He passed away years ago.
 それはうちで昔飼ってた犬よ。ずっと前に亡くなったの。

Parker: Oh, well, at least you were lucky to have him. Bow-wow, old friend, bow-wow. So where’s the party?
 ああ、彼を飼えて幸せだったね。ワンワン、懐かしい友達、ワンワン。それで、パーティはどこで?

Monica: It’s out on the island. It’s in Massapequa.
 ロングアイランドよ。マサピクアにあるの。

Parker: Massapequa, sounds like a magical place. Tell me about Massapequa, is it steep in Native American history?
 マサピクア。魔法の国みたいな名前だな。マサピクアについて教えて。ネイティブ・アメリカンの歴史に深く関わっているんじゃないか?

(Alec Baldwin はマサピクア出身)

Ross: Well, there is an Arby’s in the shape of a tepee.
 インディアンのテントの形をしたアービーズがあるよ。

(Arby’s = ファストフードのチェーン店)
tepee.jpg
(tepee = インディアンの円錐形のテント)

Monica: Okay, I got my note cards. . . You got the presents?
 さぁ、私はメモのカードを持ったわ。(チャンドラーに)プレゼント持った?

Chandler: Yeah.
 うん。

Monica: And I’ve got the car keys.
 車の鍵は持ったわ。

Parker: We’re driving!?
 車で行くの?

Monica: Yeah.
 ええ。

Parker: Aces!
 素晴らしいっ!!

(ロスとレイチェル以外は出て行く)

Ross: So uh, he seems like a nice guy.
 彼、いい人みたいだね。

Rachel: Yeah, yeah, I like him a lot.
 ええ、ほんと。すごく気に入ったわ。

Ross: Ya wanna hang back and take our own cab?
 ここでゆっくりして別のタクシーで行く?

Rachel: Yeah, otherwise I’m not going.
 ええ。でなきゃ行かない。

《パーティ会場:ロスとレイチェル到着》

Mr. and Mrs. Geller: Hi
 ハーイ。

Ross: Hi! Hey, mom.
 ハーイ! やぁ、かあさん。

Rachel: This is such a great party! 35 years. Very impressive, do you guys have any pearls of wisdom?
 素敵なパーティですね! 35周年なんて、すばらしいわ。何か秘訣はあるのかしら?

Mrs. Geller: Jack?
 ジャック?

Mr. Geller: Why would you serve food on such a sharp stick?
 なんでこんな尖ったスティックで食べ物を出すんだ?

Ross: That’s a good question, dad. That’s a good question…
 それはいい質問だね、とうさん。いい質問だ。

Rachel: Hmmm….
 んー。

Woman: Congratulations you two!
 (ロスとレイチェルに)お二人とも、おめでとう!

Rachel: Thank you…we’re so excited
 ありがとう。すごく楽しみなんです。

Woman: And also, congratulations on your wedding.
 それに、結婚もおめでとう。

Ross: Wha−What?
 え、え?

Mrs. Geller: Can we talk to you for just a moment… It’s just a little thing. Well, we think it’s absolutely marvelous that you’re having this baby out of wedlock, some of our friends are less open-minded. Which is why we’ve told them all that you’re married.
 (ロスとレイチェルに)ちょっと話せるかしら? ちょっとしたことなんだけど。結婚しないで赤ちゃんを産むってことは、本当に素晴らしいことだと思ってるのよ。でも友人の中にはそれほど理解のない人もいてね、だから、あなた達は結婚したって言ってあるの。

Ross and Rachel: What?!
 ええっ?!

Mrs. Geller: Thanks for going along with this.
 話を合わせてくれてありがとう。(立ち去る)

Ross: Dad, so what, we have to pretend that we’re married?
 とうさん、それじゃ僕ら、結婚したふりをしろっていうの?

Mr. Geller: Son, I had to shave my ears for tonight. You can do this.
 なぁ、今夜のために私は耳毛を剃ったんだぞ。それくらいできるだろ。(立ち去る)

Ross: Can you believe that?
 信じられるか?
 
Rachel: Yeah, I know. If you’re going to do the ears, you might as well take a pass at the nasal area.
 そうね、ほんと。耳の手入れをするんだったら、鼻のあたりもしたっていいのにね。

Ross: No, the lie about us being married.
 違うよ。結婚してるっていうウソのことだよ。

Rachel: No, I know I don’t either, but you know what, it’s their party, and it’s just one night. And we don’t even have to lie. We just won’t say anything. If it comes up again, we’ll just…smile. We’ll nod along.
 ああ、それは私も信じられないけど、でも、2人のパーティなんだし、今夜だけのことでしょ。それに、ウソをつかなくてもいいし。ただ、何も言わなければいいのよ。またその話題になったら、ただ、ニッコリすればいいのよ。黙って頷いておくの。

Woman: Ross!
 ロス!

Man: Rachel!
 レイチェル!

Ross: Hi, Aunt Lisa, Uncle Dan.
 どうも、リサおばさん、ダンおじさん。

Aunt Lisa: Congratulations on the baby, and on the wedding
 赤ちゃんおめでとう、それに結婚も。

Ross and Rachel: Hmmmm….
 ええ。

Uncle Dan: Here’s a little something to get you started.
 これを何かの足しにしてくれ。(小切手を渡す)

Rachel: Oh…
 まぁ。

Aunt Lisa: So, how’s married life treating you?
 結婚生活はどう?

Rachel: Unbelievable!
 (小切手を見て)信じられないくらい!

Ross: We love marriage!
 結婚って最高!

Aunt Lisa: Great!
 よかった!

(他のメンバーが来る)

Ross: Hey.
 やぁ。

Phoebe: Hey!
 ハーイ!

Parker: What a beautiful place. What a great night! I have to tell you, being here with all of you in Event Room C…I feel so lucky. I think of all the good times that have happened here. The birthdays, the proms, the mitzvahs, both bar and bat. None of them will compare with tonight! My God, I don’t want to forget this moment! It’s like I want to take a mental picture of you all! Click!
 なんて素晴らしいところなんだ。なんて素晴らしい夜なんだ! 言わせてくれ。君たちみんなと一緒に、イベントルームCにいられて、本当にラッキーだ。これまでにここで起きたすべてのいいことに思いを馳せるよ。誕生日や、プロム、バル・ミツバーにバト・ミツバー。でもそのどれも、今夜ほどではないね! ああ、この一瞬を忘れたくないよ。心の写真を撮っておきたいよ。(カメラを持つジェスチャーで)クリック!

Chandler: I don’t think the flash went off.
 フラッシュが光らなかったような。

Parker: Dahaaa! . . I’m going to find the men’s room, be right back.
  ダハハハー! (チャンドラーをパンチ)手洗いに行ってくるよ。すぐ戻る。

Phoebe: I’ll go with you.
 私も一緒に行く。

Parker: Come on!
 おいで!

Chandler: Somewhere there is someone with a tranquilizer gun and a huge butterfly net looking for that man.
 どこかに、誰かトランキライザーガンとでっかい虫取り網を持った人が、彼を探してるぞ。

Joey: I have to go to the bathroom too, but I don’t want him complimenting my thing.
 俺もバスルームに行きたいけど、でもあの人に俺のを褒められたくないよ。

Ross: I’m so glad we weren’t in the car! Did he ever let up?
 僕ら一緒に来なくてよかったよ! 彼少しでも静まった?

Monica: He called the Long Island Expressway a “concrete miracle.”
 ロングアイランドの高速のこと、「コンクリート・ミラクル」って言ってたわよ。

Ross: This room! This night! That waiter! His shoes! I must take a mental picture! . . . Ooh, sorry..
 (パーカーのマネ)この部屋! この夜! あのウェイター! 彼の靴! 心の写真を撮らないと!(後ろにフィービーがいた)あぁ・・ごめん。

Phoebe: Were you guys making fun of Parker?
 あなた達、パーカーのことからかってたの?

Ross: That depends, how much did you hear?
 それは・・君がどこまで聞いてたかによるよ。

Phoebe: So, he’s a little enthusiastic, what’s wrong with that?
 そうよ、彼はちょっと熱烈な人だけど、それのどこがいけないの?

Monica: It’s just that, it’s so much.
 ただちょっと、熱烈すぎるのよ。

Phoebe: Well, so what? I like him! Do I make fun of the people you’ve dated? Tag, Janice, Mona? No, because friends don’t do that. But, do you want my opinion? Do you want it? ‘Cause in my opinion, your collective dating record reads like the who’s who of human crap.
 それが何? 私は好きなのよ! 私、あなた達がつきあった人を笑い者にしたことがある? タグ、ジャニス、モナのこと? ないわよね、だって友達ならそんなことしないもの。でも、私の意見を聞く? 聞きたい? 私の考えでは、あなた達のつきあった相手みんなまとめて、クソ人間名簿よ!(立ち去る)

Monica: I feel terrible.
 いやな気分だわ。

Joey: I know.
 だよな。

Ross: What was wrong with Mona?
 モナのどこがいけないんだ?

《プレゼントを貰ったロスとレイチェル》

Rachel: Open it! Open it! Open it!
 開けて、開けて、開けて!

Ross: Yeah, baby!
 ああ、ベイビー!

Man: So we never got to hear about your wedding!
 君たちが結婚したなんて知らなかったよ!

Woman: We were surprise that we weren’t invited.
 招待されなかったなんて驚きだわ。

Ross: No, no, it was just our parents and 1 or 2 friends. It was a small wedding.
 いやいや、両親と2人ぐらいの友人だけだったんです。ささやかな結婚式だったんですよ。

Rachel: But it was beautiful. I mean it was small, but kind of spectacular.
 でも素晴らしかったわ。ささやかながら、華々しいというか。

Man: Where did you have it?
 どこでやったの?

Rachel: On a cliff in Barbados, at sunset, and Stevie Wonder sang Isn’t She Lovely as I walked down the aisle.
 バルバドスの崖の上で、夕焼けの中、私が祭壇へ向かって歩く間、スティーブ・ワンダーが「可愛いアイシャ」を歌ってくれたの。

(Isn’t She Lovely)


Woman: Really?
 本当?

Rachel: Yeah, Stevie’s an old family friend.
 ええ、スティービーとは昔から家族ぐるみのつきあいよ。

Woman: Oh, my God. That sounds amazing. I would love to see pictures.
 まぁ、すごいわね。素晴らしいじゃない。ぜひ写真を見たいわ。

Rachel: So would I. You wouldn’t think that Annie Liebowitz would forget to put film in the camera.
 私もよ。まさか、アニー・リーボヴィッツがフィルムを入れ忘れるなんて思わないわよね。

(Annie Leibowitz = アメリカの写真家)

Ross: Would you excuse us for a second? . . Umm…. what are you doing?
 ちょっと失礼しますね?(レイチェルと2人になってから)何をしてるんだ?

Rachel: What? I’m not you. This may be the only wedding I ever have. I want it to be amazing.
 何よ? 私はあなたじゃないんだから、私にはこれが最後の結婚式かもしれないのよ。素敵にしたいじゃない。

Ross: Okay, okay. Ooooh, ooh, maybe I rode in on a Harley.
 わかった、わかったよ。ああ、そうだ、ハーレーで登場なんてどうかな。

Rachel: Okay, Ross, it has to be realistic.
 ちょっと、ロス、ありそうなことにしなくちゃダメよ。

《フィービーとパーカー》

Parker: Say, are you okay? You seem kind of quiet.
 ねぇ、君大丈夫? なんか静かだね。

Phoebe: No, I’m fine. I’m great. I’m with you.
 いいえ、大丈夫よ。いい気分よ。あなたと一緒だもん。

Parker: And I’m with you! What a great time to be alive! Look at this plate-bouncy thing. What an inspired solution to man’s plate dispensing problems.
 僕も君と一緒だ! 生きててよかったよ! このお皿がはねるのを見て!( ディスペンサー上のお皿をつつく)お皿を提供する問題を、なんと素晴らしく解決していることか!

platedispenser.jpg(plate dispenser)

Phoebe: Hm huh, yeah.
 ええ、ほんと、そうね。

Parker: Ah! Oysters! Let me feed you one.
 ああ! カキだ! 君に食べさせてあげよう。

Phoebe: No, that’s not necessary.
 いいえ、そんなこといいのよ。

Parker: Please.
 お願いだよ。

Phoebe: No, actually I don’t eat…
 いえ、私本当に食べないから・・

Parker: I won’t quit until you try.
 君が食べるまでやめないよ。

Phoebe: Okay, fine! Fine! . . Mmm…hmmmmm….
 わかった、わかったわよ!(受け取って背後に捨てる)んーー。

Parker: What are they like? I’ve never had one.
 そんな味? 食べたことないんだ。

Phoebe: Why don’t you just try one?
 あなたも食べてみたら?

Parker: No, they look too weird.
 いや。それ本当に気味悪いから。

《モニカとチャンドラー》

Chandler: What are you doing?
 何してるんだ?

Monica: Just going over my toast. Those two will never know what hit them. I can’t wait. They’ll be crying so hard. They’ll be fighting for breath.
 乾杯のスピーチに行くのよ。あの2人、どんな目にあうか、全然知らないのよね。待ちきれないわ。すごく泣くわよ。きっと息もできないくらいよ。

Chandler: You know if you want to, I can just hold them down and you could. .
 君が望むんなら、俺が2人を押さえつけてるから、君は(なぐるジェスチャー)

《レイチェルとロス》

Rachel: And my veil was lace, made by blind, Belgium nuns.
 そして私のレースは、ベルギーの目の見えない尼僧の作品なの。

Woman: Blind?
 目が見えないの?

Rachel: Well, not at first, but it was very intricate work and they said even though they lost their sight, it was all worth it.
 最初は違ったわ。でも、とても複雑な模様を編んだ後は視力を失ってしまったの。それでも、それだけの価値があったと言われたわ。

Aunt Lisa: I’ll bet you looked beautiful…
 あなたは美しかったでしょうね。

Rachel: Oh, well, I don’t know about that, but some said that I looked like a floating angel.
 まぁ、それは知らないけどでも、天使が浮かんでるようだと言った人もいたわ。

Woman: So, how did you propose?
 (ロスに)なんて言ってプロポーズしたの?

Rachel: Oh, yeah. That’s a great story.
 ああ、それね、素晴らしい話なのよ。

Ross: Well, um, actually, I-I took her to the planetarium. That’s-that’s where we had our first date. Um, she walked in and I had the room filled with lilies, her favorite flower…
 ああ、実は、彼女をプラネタリウムに連れて行ったんですよ。初めてデートした場所でね。彼女が入ってくると、部屋はお気に入りの百合の花が敷き詰められていて・・

Aunt Lisa: Oh, that is so sweet!
 まぁ、それは素敵ね!

Rachel: Shhh! I wanna hear the rest!
 シーッ! 続きを聞きたいわ!

Ross: Then, Fred Astaire singing The Way You Look Tonight came on the sound system, and the lights came down. And I got down on one knee and written across the dome in the stars were the words "Will you marry me?"
 それから、フレッド・アステアの歌「今宵の君は」が流れてきて、明かりが落ちる。そして僕は膝をつくと、星で「Wii you marry me?」って書かれている。

(Fred Astaire)


(みんなの歓声があがる)

Rachel: And the ring, was the size of my fist!
 そして、指輪は、握りこぶし大よ!

《フィービーとジョーイ》

Joey: Yeah uh, Phoebe! Look umm, I wanna apologize about before, okay? We were being jerks. Parker’s a nice guy and I’d like to get to know him.
 なぁ、フィービー! ね、さっきのことあやまりたいんだよ。俺たち最悪だったよな。パーカーはいい人だし、俺はもっと彼を知りたいと思うよ。

Phoebe: Then you better do it now.
 じゃあ早くした方がいいわよ。

Joey: Why?
 なんで?

Phoebe: Because I’m gonna kill him
 だって私が殺しちゃうから。

Joey: What-what?
 えっ?

Phoebe: You guys were right. He’s just too excited about everything. I mean I’m all for living life, but this is the Geller’s 35th anniversary, okay? Let’s call a spade a spade. This party stinks.
 あなた達の言う通りよ。彼なんにでも大喜びし過ぎなのよ。私も楽しく生きるのはいいと思うけど、でも、これはゲラー夫妻35周年記念日よ。はっきり言いましょうよ、こんなパーティ最低よ。

Joey: I know. I’m having the worst time. There was a 15-minute line for the buffet, and when I finally got up to the plates, I slipped on a giant booger!
 ほんと。俺もひどい目にあったよ。ビュッフェは15分も並ばされて、それでようやく食べ物にありついたと思ったら、でっかい鼻くそで滑って転んだんだ!

Phoebe: Are you sure it wasn’t an oyster?
 それって、カキじゃなかった?

Joey: I guess it could’ve been, I didn’t really look at it. You know, I just wiped it on Chandler’s coat and got the hell out of there.
 そうかもしれないかど、よく見なかったよ。すぐにチャンドラーのコートで拭き取ったんだ。

Phoebe: I thought he was such a great guy. I was so excited about him.
 彼ってとってもいい人だと思ったのよ。私すごく喜んじゃってたのに。

Joey: Oh, hey, you should be excited about him. There’s nothing wrong with him. He’s a good guy.
 いや、喜んでいいんだよ。彼に悪いことなんかないよ。彼いい人じゃないか。

Phoebe: You think?
 そう思う?

Joey: Yeah. You know what I think? I think we were all just being too negative.
 ああ。どうかな? 俺たち、ちょっとネガティブ過ぎるんじゃないか。

Phoebe: You’re right. You’re right, he’s just embracing life. We could all stand to be a little more like Parker. You know what? I am like him! I’m a sunny, positive person.
 そうよね。あなたの言う通りだわ。彼は人生を楽しんでいるのよ。私達、もっとパーカーみたいになっていいんじゃないのかしら? ねぇ、私も彼みたいよね。私も明るくて、前向きだもの。

Joey: Actually, you have a little bit of an edge.
 でも本当は君はちょっとピリピリしてるよね。

Phoebe: What’s that now? . . Oh, look, it’s Parker!
 それどういう意味よ?(パーカーが来る)あら、見て、パーカーよ!

Parker: Look! It’s the bunny hop!
 見てごらん! バニーホップしてるよ!

Phoebe: Oooh, I love it!
 まぁ! あれ大好き!

Parker: You do?!
 そう?

Phoebe: Are you kidding? People acting like animals to music. Come on!
 当たり前でしょ? みんなが音楽に合わせて動物みたいにしてるのよ。行きましょ!

《スピーチを始めるモニカ》

Monica: Okay, it’s time for the toast! I know that normally Ross gives the toast, but this year I’m gonna do it.
 はい、乾杯の時間です! いつもはロスが乾杯のスピーチをしますが、今年は私がやります。

(みんなががっかり声を出す)

Monica: No, no it’s gonna be great. Really! Okay. Mom, Dad, when I got married, one of the things that made me sure that I could do it was the amazing example the two of you set for me. For that and so many other things I want to say thank you. I know I probably don’t say it enough, but I love you. . . .
 いいえ、これは素敵なものになるわよ。本当よ。かあさん、とうさん、私、結婚する時、私には素晴らしいお手本があるってことは間違いないと思っていました。そのことと、それからほかにもたくさんのいろんなこと、本当にありがとう。どれだけ言っても言い足りないけど・・愛してるわ。

(泣きまねするが誰も釣られてくれない)

Monica: When I look around this room, I’m-I’m saddened by the thought of those who could not be here with us. Nana, my beloved grandmother who would so want to be here, but she can’t because she’s dead. As is our dog Chi-Chi. I mean, look how cute she is. . Was. Do me a favor and pass this to my parents. Remember she’s dead. Okay, her and Nana, gone.
 見回してみると、いてほしい人にいてもらえないことに悲しくなります。おばあちゃん、私の大好きな祖母も、ここにいたかったことと思いますが、それは叶いません。死んじゃったから。私達の犬のチーチーもそうです。ほら、こんなに可愛いの、見て。(写真を見せる)可愛かった。お願い、これを両親まで回してください(写真を近くの人に渡す)忘れないで、彼女は死んでるの。いい、彼女も、おばあちゃんも、逝っちゃった。

(誰も泣いてくれない)

Monica: Wow! Hey, does anybody remember when Debra Winger had to say goodbye to her children in Terms of Endearment? .. Didn’t see that? No movie fans?! You want to hear something sad? The other day I was watching 60 Minutes piece on orphans in Romania, who have been so neglected, they were incapable of love. . .You people are made of stone! Here’s to mom and dad! Whatever!
 ワオ! ねぇ、誰か、デブラ・ウィンガーが「愛と追憶の日々」の中で子供達にお別れを言わなきゃならなかったの覚えてない? 見てないの? 映画ファンはいないの? 何か悲しいこと聞きたくない? この前、「60ミニッツ」でルーマニアの孤児たちを見たわよ。親から無視されて、人を愛することもできないのよ。(誰も泣かないので)みんな石でできてるのよ! かあさんととうさんに! なんでもいいけど。

(60 Minutes = ドキュメンタリー番組)

Mrs. Geller: Thank you, Monica, that was uh, interesting. Wasn’t it interesting, Jack?
 ありがとう、モニカ、えー・・興味深かったわ。ねぇ、ジャック?

Mr. Geller: Why don’t I remember this dog?
 (写真を見ながら)私はなんでこの犬覚えてないんだろう?

Mrs. Geller: Ross, why don’t you give us your toast now?
 ロス、あなたもスピーチをしてくれない?

Ross: Oh, no, Mom, it’s just Monica this year.
 あ、いや、かあさん、今年はモニカだけだよ。

Mrs. Geller: You’re not gonna say anything? On our 35th wedding anniversary.
 あなた、何も言ってくれないの? 私達の35周年記念日なのに。

Ross: No, of course, Um… Um, everybody? Um, I-I just wanted to say…on behalf of my new bride, Rachel, and myself. Umm, that if…if in 35 years, we’re half as happy as you guys are, we’ll count ourselves the luckiest people in the world.
 あ、いや、もちろん。(立ち上がる)えー・・みなさん? 僕の新しい妻、レイチェルと僕から、一言言わせてください。もし35年の間に、両親の半分でも幸せになれれば、僕らは世界一幸せだと言えると思います。

Mrs. Geller: Oh, Ross…
 まぁ、ロス・・(涙)

Mr. Geller: I just wish Nana were alive to hear Ross’s toast.
 (泣きそう)おばあちゃんも生きてロスのスピーチを聞いてくれたらと思うよ。

《フィービーの部屋:フィービーとパーカーが来る》

Parker: My God, what a fantastically well-lit hallway!
 ああ、なんて素敵な照明の廊下なんだ!

Phoebe: Can I get you something to drink? Like a water and Valium?
 何か飲む? 水か、それとも精神安定剤とか?

Parker: I must say, you know, this apartment, its, its. . There are no words…
 言わせてくれ、この部屋は・この部屋を表現する言葉は・・・

Phoebe: Oh, thank God.
 ああ、もう神様。

Parker: It’s a haven. A third-floor paradise. A modern-day Eden in the midst…
 ここは安息所だ。天国の3階だ。現代のエデンの園だ・・

Phoebe: Yeah? I know! I know! Uh huh? Listen, why don’t we just um, sit and relax? You know, just be with each other. Quietly!
 そう? そう、そうよね! ねぇ、一緒に座ってリラックスしましょうよ。2人っきりで、静かに!

Parker: That sounds great. My God, this is the most comfortable couch I’ve ever sat on in my entire life.
 それはいいね! (座る)うわぁ! こんなに気持ちのいいカウチは生まれて初めてだよ!(クッションの上で跳ねる)

Phoebe: Let’s try something else, let’s play a game.
 何かほかのことやってみましょ、ゲームしましょ。

Parker: I love games!
 ゲーム大好きだよ!

Phoebe: Shocking! Let’s play the game of who can stay quiet the longest.
 オドロキ! どっちが長い間黙ってられるか競争するのよ。

Parker: Or…Jenga.
 それか、ジェンガ!

Phoebe: But, let’s play this one first. And remember, whoever talks first loses!
 でも、こっちを先にしましょう。忘れないで、先に話した方が負けだからね!

Parker: …I lose, now Jenga.
 ・・・僕の負けだ。さぁ、ジェンガしよう。

Phoebe: Oh, my God! Oh, my God!
 ああもう、なによ! もうっ!

Parker: Is something wrong?
 何かいけなかった?

Phoebe: Wrong? Really? You know the word wrong? Everything isn’t perfect? Everything isn’t magical? Everything isn’t aglow with the light of a million fairies? They were just brake lights, Parker!
 いけなかったかって? 本当? いけないって言葉知ってるの? 何もかも完璧? 何もかもマジカル? 何もかもが百万もの妖精の光で輝いている? あれはただのブレーキランプよ、パーカー!

Parker: Well, excuse me for putting a good spin on a traffic jam!
 渋滞にいい解釈をして悪かったね!

Phoebe: You don’t have to put a good spin on everything.
 何もかもにいい解釈をしなくたっていいのよ。

Parker: I’m sorry. that’s who I am. I’m a positive person.
 悪いね。それが僕なんだよ。僕はポジティブな人間なんだ。

Phoebe: No! I am a positive person. You are like Santa Clause on Prozac, at Disneyland, getting laid!
 違うわよ! 私がポジティブなのよ。あなたは抗うつ剤を飲んでセックスしようとしてるサンタクロースみたいよ!

Parker: So what do you want me to do, you want me to be more negative? You want me to be less happy?
 それじゃ、どうしてほしいって言うの、君、もっとネガティブになれっていうの? 幸せじゃなくなれとでもいうの?

Phoebe: Much less happy!
 うんと幸せじゃなくなって!

Parker: Fine! Well, then to quote Ross, "I’d better be going."
 いいよ! それじゃ、ロスの言葉を引用させてもらうよ「僕はもう行った方がいい」

Phoebe: So long! Hey! Don’t let the best door in the world hit you in the ass on your way out!
 さようなら! ねぇ! 出て行く時に、世界一のドアお尻にぶつけられないでね!

(ドアを閉める。ノックの音がして、開けるとパーカー)

Parker: Isn’t this the most incredible fight you’ve ever had in your entire life?
 こんな素晴らしいケンカ、生まれて初めてじゃない?

Phoebe: Uh huh.
 ハイハイ。(ドアを閉める)

《ロスの部屋:パーティから戻るロスとレイチェル》

Ross: And then, we could’ve gone from the ceremony to the reception with you in the sidecar!
 それから、結婚式場から、披露宴まで、君はサイドカーで行くんだよ。

Rachel: Ross, it just wouldn’t have been feasible.
 ロス、現実味のあることでなきゃだめよ。

Ross: But having a dove place the ring on your finger would’ve been no problem?
 だけど、鳩が君の指に指輪を置いたっていうのはいいの?

Rachel: It was really fun being married to you tonight.
 あなたと結婚してるっていうのは、本当に楽しかったわ。

Ross: Yeah! And! And, it was the easiest 400 bucks I’ve ever made.
 そうだな! それに、こんなに簡単に400ドル手に入れたの初めてだよ。

Rachel: Okay, Ross, can I uh, can I ask you something?
 ねぇ、ロス、ちょっと聞いていい?

Ross: Yeah.
 なに。

Rachel: That proposal at the planetarium…
 あのプラネタリウムでのプロポーズだけど。

Ross: I know, I know. It was stupid.
 わかってる。わかってるよ。バカげてるよね。

Rachel: Are you kidding?! With the, with the lilies, and-and the song, and the stars! It was…really wonderful! Did you just make that up?
 ウソでしょ?! 百合とか、歌とか・・それに、星! あれは本当に素敵だったわ。あれはあの時の思いつき?

Ross: No, actually I thought about it when, when we were going out. It’s how I imagined I uh, I would ask you to marry me.
 違うよ。あれは実際に、僕らがつき合ってたころに考えたことだよ。君に結婚を申し込むときのことを想像していたんだ。

Rachel: Well, that would’ve been very hard to say no to.
 あれだったら、絶対断れないわよ。

Ross: It’s a good thing I didn’t do it, because it sounds like it would’ve been a very expensive wedding. Okay, good night
 じゃあ申し込まなくてよかったよ。だって、すっごいお金のかかる結婚式になるみたいだからね。・・それじゃ、おやすみ。

Rachel: Good night
 おやすみ。

Ross: Even if the sidecar had a windscreen so your hair wouldn’t get messed up?
 サイドカーに風よけをつけて、君の髪が乱れないようにしてもダメ?

Rachel: I will think about it.
 考えてみるわ。

Ross: That’s all I’m asking.
 それが聞きたかったんだ。

《セントラルパーク》

Monica: Okay, that’s it. I give up. At mom and dad’s 40th anniversary, you’re the one giving the speech.
 ああ、もういいわ。かあさんととうさんの40周年の時は、にいさんがスピーチしてね。

Ross: You know I don’t understand why they didn’t cry. It was a beautiful speech.
 どうして2人が泣かなかったのか、わからないよ。あれは素敵なスピーチだったよ。

Monica: Oh, come on.
 もう、やめてよ。

Ross: Hey! All that stuff you said about true love, you were right, I mean, we did learn a lot from Mom and Dad! And that picture of Chi-Chi with her mischievous grin. And what you said about Nana. Ohh, yeah, she really would’ve wanted to be there. And you know what? I think she was.
 いや、本当の愛について話したいろんなこととかさ、君の言う通りだよ。かあさんととうさんからいろいろ学んだだろ。それに、チーチーの写真のあのいたずらっぽい笑顔。それから、おばあちゃんのこと言ってただろ。ああ、本当に彼女もあそこにいたかっただろうな。いや、本当にいたんじゃないかな。

Monica: Oh, good God, Ross! How the hell do you do it?
 ああ、もう! ロス! いったいどうやってこんなことするのよ?(泣き出す)




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 15:44| Comment(0) | Season 8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。