2013年11月15日

8-17 The One With The Tea Leaves

8-17 紅茶占いの話

 ☆紅茶占いの人☆

《ジョーイの部屋をノックするレイチェル》

Rachel: Joey? Are you in there?
 ジョーイ? いないの?

《モニカ達の部屋:夫妻とジョーイが朝食中》

Joey: Oh, God! That’s Rachel!
 (レイチェルの声を聞いて立ち上がり)あ、まずい! レイチェルだ!

Monica: Joey, you have to talk to her!
 ジョーイ、彼女と話さないと!

Joey: No-no, I can’t! I can’t! Not after the other night, it’s just it’s…too weird, okay? Don’t tell her I’m here! . . . Don’t eat that!
 いや、無理だよ、できないよ! あの夜の後じゃ、気まずくてさ。俺がここにいるって言わないで!(バスルームへ行こうとしてベーグルを落とす)食べるなよ!

(ジョーイがバスルームへ行き、レイチェルが来る)

Rachel: Hey!
 ハーイ!

Chandler: Hey!
 やぁ!

Monica: Hey, Rachel!
 あら、レイチェル!

Rachel: Is Joey here?
 ジョーイいる?

Chandler: I don’t see him. Do you see him?
 見かけないね。(モニカに)やつ見た?

Monica: I don’t see him. Hey! Maybe he’s in the sugar bowl! . . Joey? Nope!
 見かけないわね。あっ、もしかしたらお砂糖入れの中かも!(砂糖入れを覗いて)ジョーイ? いない!(チャンドラーと2人で笑う)

Rachel: Well, at least you make each other laugh.
 少なくとも2人で笑えてよかったわね。

Monica: What’s up?
 どうしたの?

Rachel: Well, I haven’t seen him since that night that he told me how he, you know… I don’t know, I think he’s avoiding me. Why is that bagel on the floor?
 それが、彼が私に・・あのことを言った日から会ってないのよね。わからないけど、彼、私を避けてるのよ。なんで床にベーグルがあるの?

Monica: We were playing a game.
 ・・ゲームしてたのよ。

Rachel: Ew, was Chandler naked? Sort of like a, like a ring toss kind of situation?
 いやだ。チャンドラーが裸で? 輪投げみたいな感じで?

Monica: Sure.
 そうよ。

Chandler: What?! No! No!
 なにっ?! 違う、違うよ!

Rachel: All right, listen, if you see Joey will you just tell him that uh… I miss him.
 いいわ。ねぇ、ジョーイに会ったら、伝えといて。・・寂しいって。

(レイチェルは出て行き、ジョーイが戻る)

Monica: Okay, did you hear that?
 (ジョーイに)今の聞いた?

Joey: Yeah, a naked bagel game? . . Dude, I don’t know. That’s a pretty small hole.
 ああ。裸でベーグル遊び?(ベーグルを拾って)おい、どうだろうな、すっごい小さな穴だぞ。

Monica: Honey, you gotta talk to her.
 ねぇ、あなた、彼女と話さなきゃだめよ。

Joey: I can’t! You know? You guys don’t know what it’s like to put yourself out there like that and just get shot down.
 無理だよ! 君らには、打ち明けて振られるのがどんな気がするか、わからないんだよ。

Chandler: I don’t know what that’s like?! Up until I was 25 I thought the only response to, "I love you," was, "Oh crap!"
 俺がそれをわからないって? 25歳になるまで、俺は、「愛してる」の返事は「ああ、クソっ!」だと思ってたんだぞ。

Monica: Hello? No rejection? I got shot down at fat camp! Boy, kids are mean when they’re hungry.
 もしもし? 拒否されてないとでも? ダイエットキャンプでも振られたのよ! ああ、子供っておなかがすいてると意地が悪いのよね。

Joey: All right, so, so what do I do?
 わかったよ。それじゃ俺はどうすればいいんだ?

Monica: This is Rachel. I mean, what are you gonna do, never going to talk to her again? I mean I know it’s weird, it’s awkward, but you gotta at least try.
 相手はレイチェルなのよ。どうするの、このままずっと話さないの? 気まずいのはわかるけど、でもせめてやってみなきゃ。

Joey: Yeah. Okay. . . Whoa! . . I almost forgot this was on your…
 ああ、わかったよ。(ベーグルを食べようとしてやめる)うわっ! もうちょっとで忘れるとこだったよ、これおまえの・・

Chandler: We didn’t play it!!
 そんなもんで遊んでないからっ!

《セントラルパーク》

Phoebe: Okay, so when you’re done with your tea I’ll look at your leaves and tell you your fortune.
 それじゃ、紅茶を飲み終わったら、私が葉を見て将来を占うからね。

Chandler: I didn’t know you read tea leaves.
 紅茶占いをするとは知らなかったよ。

Phoebe: Oh, yeah, I’ve done it for years. I actually stopped because I was so accurate. You know, and-and you know, one of the great joys of life is it’s-it’s wondrous unpredictability. You know? And also tea tends to give me the trots.
 ええ、何年もやってたのよ。あまりに的確だからやめたの。だってね、人生の一番の喜びって、予測不能なところにあるじゃない? それに、私紅茶で下痢するのよね。

Monica: Okay, I’m done. Read mine.
 はい、飲んだわよ。占って。

Phoebe: Okay. Ooh, I see a ladder. . . Which can mean either a promotion or a violent death.
 わかったわ。ああ、階段が見えるわね。(本で調べる)てことは、昇格するか、非業の死をとげるかどっちかね。

Monica: I-I’m the head chef. I-I can’t get promoted.
 わ・私はヘッド・シェフなんだから、昇格はありえないわよ。

Phoebe: Uh-hmm. Uh-hmm, who’s next?
 ええ、そうね。次は誰?

Rachel: Okay, I’m done. Do mine.
 はい、飲んだわよ。占ってみて。

Phoebe: Okay. Umm, oh! Okay, I see a circle.
 わかった。ああ、うん、輪が見えるわね。

Rachel: Ah.
 ああ。

Phoebe: Oh! Which can either mean you’re having a baby or you’re gonna make a scientific discovery!
 それはね、子供が生まれるか、科学的発見をするかどちらかよ。

Rachel: Well, I have been spending a lot of time in the lab.
 そうね、私ずっと研究所にこもってるもんね。

Chandler: What does yours say, Pheebs?
 君のはどうなんだ、フィーブス?

Phoebe: Umm… Wow, all right. Wow! Yay! Ooh, I’m gonna meet a guy! And really soon! And he’s gonna be the man of my dreams. Probably not the guy I had a dream about last night.
 えーとそうね・・あ、イェーイ! 私は男と巡り会うわ。それもすぐよ。その人は私の夢の人よ。昨日夢に見た人とは違うわよね、きっと。

(ロスが来る)
Ross: Hey! Has anyone seen my shirt? It’s a button down, like a, like a faded salmon?
 やぁ! 誰か僕のシャツみなかった? ボタンダウンで、くすんだサーモン色だけど?

Monica: You mean your pink shirt?
 あのピンクのシャツのこと?

Ross: Faded salmon color.
 くすんだサーモン色。

Monica: No, I-I haven’t seen your pink shirt.
 いえ、あのピンクのシャツは見てないわ。

Ross: Great! Great. Then I must’ve left it at Mona’s. I knew it!
 そうか。そうか・・じゃあ、モナのところに置いてきちゃったんだな。やっぱり。

Chandler: Well, I’m sure you get another one at Ann Taylor’s.
 きっと、アン・テイラーでまた買えるさ。

(Ann Taylor = ニューヨーク拠点の婦人服チェーン店)

Ross: That’s my favorite shirt, okay? I love that shirt!
 あれは僕のお気に入りなんだよ。あのシャツ好きなのに!

Rachel: Well, just ask Mona to give it back!
 それじゃ、モナに返してって頼めばいいじゃない。

Ross: I don’t know. I mean I-I guess I could. It’s just that we didn’t really end things such good terms. And if I go over there I’d be ignoring the one thing she asked me to do when we broke up, jump up my own ass and die.
 どうかなぁ。できないこともないけど。僕ら、いい別れ方をしてないからなぁ。それに、もし行ったら、別れた時に彼女が言ってた、飛び降りて死んでくれっていう最後の望みを無視することになるんだよ。(出て行く)

Phoebe: Oh, wait a second, you guys. For the last couple weeks I’ve been that guy everywhere I go. We take the same bus. We go to the same bookstore, the same dry cleaners; maybe he’s the tea guy.
 あ、ちょっと待って、みんな。この2週間ぐらい、どこへ行ってもあの人を見かけるのよ。同じバスに乗り合わせるし、同じ本屋さん、同じクリーニング屋さんよ。彼が紅茶の人かもね。(その男性が微笑みかけてから出て行く)

Chandler: Phoebe, did you see that?! He totally checked you out! He is so cute! . . Mine has a picture of The Village People, what does that mean?
 フィービー、あれ見た? 彼、完璧にあなたのこと見てたじゃないか! 彼すごくキュート! ・・・俺の紅茶はビレッジ・ピープルの絵だよ、どういう意味?

(The Village People = ゲイ受けを狙ったポップスグループ)

(ジョーイが来る)
Rachel: Hi!
 ハーイ!

Joey: Hey.
 ヘイ・・。

Rachel: Hi.
 ハーイ・・

Joey: Hi.
 やぁ・・

(気まずい沈黙)

Monica: Tea gives Phoebe the trots.
 ・・フィービー、紅茶で下痢するのよ。

《モニカ達の部屋》

Rachel: So I thought Joey and I would be okay, once we hung out, but it’s not even like we know how to be with each other anymore.
 私とジョーイも、一度一緒に過ごせば、大丈夫だと思ったのよ。でももう、どうやって一緒に過ごしたらいいかさえわからないみたい。

Chandler: I know it’s tough now, but things will get better.
 今は大変だと思うけど、きっとよくなっていくよ。

Rachel: How do you know that? What if it just gets worse and worse and worse, to the point where we can’t even be in the same room with each other?!
 どうしてわかる? もっともっともっと悪くなる一方で、同じ部屋にもいられないなんてことになったらどうするの?

Chandler: I’m not great at the advice, can I interest you in a sarcastic comment? Some cheese?
 ・・俺はアドバイスがうまくないんだよ。皮肉なコメントはどう? チーズ食べる?

Monica: Honey, why is the Bruce Springsteen CD in the Cat Stevens case?
 (チャンドラーに)ねぇ、どうしてブルース・スプリングスティーンのCDがキャット・スティーブンスのケースに入ってるの?

Chandler: Let’s just say if I can’t find the right CD case I just put it in the nearest one.
 それのCDケースを見つけられなかったら、手近にあったのに入れるとだけ言っておこうか。

Monica: Okay, where is the Cat Stevens CD?
 そうなの。キャット・スティーブンスのCDはどこにあるの?

Chandler: In the James Taylor case.
 ジェイムス・テイラーのケースの中だよ。

Monica: Where is the James Taylor CD?
 ジェイムス・テイラーのCDはどこなの?

Chandler: Honey, I’m gonna save you some time, 200 CDs, not one of them in the right case.
 ねぇ、時間を節約しようか。200枚のうち、ひとつも正しいケースに入ってるCDはないよ。

Monica: Okay. No need to panic. Deep breathes, everyone. Okay, umm uh, we’re just gonna have to spend some time and put the CDs in the right cases.
 わかったわ。パニックになることはないわよね。深呼吸して、みんな。いいわよ。それじゃ私達、今度時間を作って、正しいケースに入れましょう。

Chandler: Well, if we’re gonna do that we should come up with some kind of order. You know, alphabetically or by genre?
 そうだな、だったら、どういう順序で並べるか決めないと。アルファベット順か、それともジャンル別にする?

Monica: Hmm, I don’t know. We really have to talk this through.
 うーん、どうしようか。よく話し合わないとね。

Rachel: Oh, my God!! You guys have such problems!! I feel so terrible for you!
 オーマイゴッド!! あなた達、大変な問題をかかえてるのね! 本当にかわいそうだわ!

Monica: Okay, I-I’m sorry. You and Joey, your both focusing on this uncomfortable thing, what you need to do is to change the subject. Next time you see him try to get him talking about something else.
 わかった、ごめんね。あなたとジョーイよね。あなた達2人とも、気まずいことに注目しちゃってるのよ。話題を変えることよ。今度彼に会ったら、何か他のことを話してみなさいよ。

Rachel: Oh, yeah. That makes sense.
 ああ、そうね。なるほどだわ。

Monica: Yeah, like I don’t know, maybe you have a work problem that you need his advice on.
 そうよ。例えばそうね・・何か、仕事の悩みで彼にアドバイスをもらうとか。

Rachel: Ooh, I could do that.
 ああ、それはできそうだわ。

Monica: Good. . . Uh honey, the Miami Vice soundtrack? Really?
 よかった。(チャンドラーに)ねぇ、マイアミ・バイスのサウンドトラック? マジで?

Chandler: They were just giving those away at the store. . . In exchange for money.
 それは店でくれたんだよ。・・・お金と交換で。。

(ジョーイが来る)
Joey: Hey!
 やぁ!

Rachel: Hi.
 ハーイ。

Monica: I really don’t know what to tell you, Rach, I really don’t. I mean, maybe Joey can help you out with your, with your big work problem.
 ホント、なんて言ったらいいかわからないわ、レイチ。本当にわからない。もしかしたら、ジョーイが助けてくれるかもしれないわよ、あなたの・・その仕事の大問題。

Rachel: What?
 えっ?

Monica: Yeah, Joey, she’s…Rachel’s got this really big work problem, and it is a head scratcher. Wow! . . You know what, if we’re gonna make dinner, we’re gonna have to leave. Yeah.
 そうなのよ、ジョーイ。レイチェルは仕事で大変な問題を抱えてるの。それが難しいのよ。ほんと!(チャンドラーに)ねぇ、食事を作らないといけないから、もう行かないと、ね。(2人出て行く)

Joey: So you uh, have a big work problem?
 それじゃ、君、何か仕事で悩みがあるの?
 
Rachel: Yeah, it’s umm… Yeah, it’s uh… it’s you know−It’s nothing.
 ええ、それが・・ええ・・それがね、なんでもないの。

Joey: Huh. Okay. . . So uh, I think I’m gonna take off.
 ああ、そうか・・(沈黙)それじゃ、俺もう行くよ。

Rachel: Yeah−No, wait! Joey, no, wait, it is. It’s something. It’s-it’s umm…it’s my boss.
 ええ・・いえ、待って! ジョーイ、待って。あるの。悩みがあるのよ。・・・上司なの。

Joey: Yeah?
 そうか。

Rachel: Yeah, and umm.. And my baby.
 ええ、そして・・私の赤ちゃんと。

Joey: Yeah?
 それで?

Rachel: My boss wants to buy my baby!
 上司が、私の赤ちゃんを買いたいって言うの!

Joey: What?! Oh, my-oh, my God!
 なに?! なんて・・なんてことだ!

Rachel: I know, I told you, it’s a really big problem.
 言ったでしょ、本当に大変な問題なのよ。

Joey: He wants to buy your baby?!
 君の赤ちゃんを買いたがってるっていうのか?!

Rachel: Can you believe that?!
 信じられる?

Joey: That’s crazy!
 そんなのおかしいよ!

Rachel: That’s what I told him!
 私もそう言ったのよ!

Joey: Okay, how did this even happen?
 いったいどうしてそんなことになるんだ?

Rachel: Well, I’ll tell ya! . . See, uh my-my boss and his wife−They-they can’t have children. So umm, and that−we were at the Christmas party, and he got drunk, and he said to me, "Rachel, I want to buy your baby."
 今言うわよ。・・私の上司と奥さんだけど、2人には子供がいないのね。それで・・それで、クリスマス・パーティで会ったとき、彼、酔っ払って私に言ったのよ。「レイチェル、君の赤ちゃんを買いたい」って。

Joey: Man! When you said it was a problem about your boss and the baby I figured it was something about maternity leave.
 なんてことだ。上司と赤ちゃんのことで問題があるって聞いた時は、産休のことかと思ったよ。

Rachel: Ohh! Yeah! . . . Yeah, that-that would’ve been a much simpler problem.
 ああ! そうね!・・・ええ。その方がずっとシンプルな問題だったわね。

《ニューススタンドでフィービーと先ほどの男性》

Phoebe: Oh, hello.
 あら、どうも。

Guy: Oh, it’s you. I see you everywhere. I’m Jim, Jim Nelson.
 ああ、君か。あちこちで会うね。俺はジム、ジム・ネルソン。

Phoebe: Oh, Jim, Jim Nelson I’m Phoebe, Phoebe Buffay. We certainly have been seeing a lot of each other lately.
 あら、ジム、ジム・ネルソン。私は、フィービー、フィービー・ブフェよ。本当に私達、最近、何度も会うわよね。

Jim: We have. Maybe we’ll be seeing each other at dinner tomorrow night, say around 8 o’clock?
 そうだね。明日の夜にでもディナーを一緒にどうかな、8時ぐらいはどう?

Phoebe: Well, maybe we will. . . Oh!
 そうね、いいかもね・・(立ち去ろうとして)あぁ!(戻って情報交換)

《モナの部屋をノックするロス》

Ross: Mona?
 モナ?(返事がないが、ライトの上の鍵を取って熱さに驚いたが、その鍵で部屋に入る)

Ross: Okay, if I were a salmon shirt, where would I be?
 よし・・もし僕がサーモン色のシャツなら、どこにいるか・・?

(ドアが開き、慌ててカウチの背後に隠れるロス。モナと男性が入ってくる。)

Mona: I am so sorry I spilled wine all over your shirt.
 シャツにワインをかけちゃって、本当にごめんなさい。

Mona's Date: Oh, it’s okay.
 いや、いいんだよ。

Mona: No, it’s still wet. You know, let me get it out before it sets. Ooh, I have something you can wear. Here.
 ダメよ、まだ湿ってるわ。染みになっちゃう前に落とすわよ。何か着られるものがあると思うわ。(ロスのシャツを渡す)どうぞ。

Mona's Date: Oh, umm, I-I don’t know if I want to wear a woman’s shirt.
 ああ・・うーん、女の子のシャツは着たくないなぁ。

Mona: No-no, that’s a man’s shirt.
 いえいえ、それは男性用のシャツよ。

Mona's Date: Awfully pink.
 おそろしくピンクだけど。

Ross: It’s not pink!
 (声に出さず)ピンクじゃない!

《モニカ達の部屋:モニカ達がCDの整理》

Chandler: Oh, my God, honey, we are so meant to be together. We both have copies of the Annie soundtrack.
 驚いたな、ねぇ、俺たち、本当に結ばれる運命なんだな。俺たち2人ともアニーのサウンドトラックを持ってるんだ。

Monica: Honey, both yours.
 あら、両方あなたのよ。

(レイチェルが来る)
Rachel: Hey! Great advice on that Joey thing!
 ねぇ! ジョーイとのことで、あのアドバイスすごくよかったわ!

Monica: Yeah? The work problem?
 そう? 仕事の悩み?

Rachel: Oh, it was perfect! I mean it really felt like he was my friend again.
 ええ、完璧よ! 本当、また友達に戻った感じだったわ。

Chandler: What problem did you tell him you had?
 どういう悩みだっていったの?

Rachel: Oh, that’s not important. The point is, I really−I think everything’s gonna be okay.
 あら、それはどうでもいいことよ。要は、本当に・・もう何もかも大丈夫だと思うわ。

《上司ゼルナー氏のオフィス》

Mr. Zelner: May I help you?
 何かご用ですか?

Joey: You think you can just buy my friend’s baby?!
 俺の友達の赤ちゃんを買えると思ってるのか?!

《レストラン:フィービーのデート》

Phoebe: Isn’t it funny how we kept running into each other? It’s as if someone really wants us to be together.
 こんなに何度も出会うなんて、おかしいと思わない? まるで誰かが、私達を会わせたがっているみたいね。

Jim: Someone does. Me.
 だれかがね。俺だよ。

Phoebe: Oh, witty banter. Well done. Good.
 あら、うまい冗談ね。よくできたわ。いいわね。

Jim: So, tell me a little bit about yourself.
 それじゃ、君のことを何か話して。

Phoebe: Oh, okay, well I’m a masseuse, and I used to work at this place…
 ええ、そうね。私はマッサージ師で、以前働いていたのは・・

Jim: Do you like to party?
 パーティは好き?

Phoebe: I-I-I like, I like parties.
 パ・・パーティは好きよ。

Jim: You’re wild, aren’t ya?
 君ってワイルドなんだろ?

Phoebe: Yeah, I guess, a little.
 ええ・・まぁ、そうかも。

Jim: It ain’t no thing, I’m wild too.
 何でもないよ。俺もワイルドなんだぜ。

Phoebe: So! Umm, anyway I’ve lived in New York, somewhat wildly, I guess, for umm. . well, since I was fourteen.
 それで。とにかく私はニューヨークに住んでて、まぁ、ワイルドだったかもね、えーと、14歳の時からよ。

Jim: I’m sorry. I’m staring. It’s just that you have the most beautiful eyes.
 悪いね、見つめちゃって。だって君、素晴らしく美しい目をしてるから。

Phoebe: Oh, stop it.
 あら、やめてよ。

Jim: And your breasts! Hmm!!!
 それに君の胸っ! ううっ!

Phoebe: Okay. Umm look, you’re coming on a little strong. But I’m going to give you the benefit of the doubt, because it seems the universe really wants to be together. So, why don’t we just start over, okay? And you can just tell me about yourself.
 ちょっと。ねぇ、あなたちょっと強烈だわ。それでもいい人だと思いたいわ、だって宇宙が私達を出会わせてくれたんだから。だから、最初からやり直しましょう、ね? だからとにかくあなたのこと話して。

Jim: All right.
 わかったよ。

Phoebe: Okay.
 ええ。

Jim: I write erotic novels, for children.
 俺はエロ本作家なんだ。子供向けのね。

Phoebe: What?!
 なんですって?

Jim: They’re wildly unpopular.
 もうめちゃくちゃ人気ないんだぜ。

Phoebe: Oh, my God!
 もう何なのこれ!

Jim: Oh, also, you might be interested to know that I have a Ph.D.
 それから、君、これ興味持つんじゃないかな。俺、Ph.D.を持ってるんだ。

Phoebe: Wow! You do?
 ワオ! そうなの?

Jim: Yeah, a Pretty Huge…
 ああ!(股間を見て)Pretty Huge…(とてもでかい)

Phoebe: All right.
 もういい。(立ち去る)

《モニカ達の部屋:レイチェルも加わってCDの整理》

Chandler: The sun’ll come out…tomorrow! Bet…your bottom dollar that tomorrow. . . there’ll be sun.
 (高い声でアニーのTomorrowを歌う)朝日が昇れば、トゥモロー! いい日になる、トゥモロー・・(モニカとレイチェルに驚かれ、声を低くして)日が昇る!



(ジョーイが来る)
Joey: Hey!
 やぁ!

Rachel: Hey! Oh, Joey, honey, listen, thank you for talking to me yesterday about that thing with my boss. That really meant a lot.
 あら! ねぇ、ジョーイ、聞いて、昨日はあの上司のこと、聞いてくれてありがとう。本当に嬉しかったわ。

Joey: Not a problem. Oh, and just so you know, that guy’s not gonna be bothering you about that baby thing anymore.
 いいんだよ。それから言っておくけど、あの人はもう君に赤ちゃんのことでとやかく言ってこないよ。

Rachel: What?
 えっ?

Joey: Let’s just say I took care of it.
 俺がちゃんとしておいたとだけいっておこう

Rachel: Whoa-whoa-whoa, let’s say more!
 えっ、なになになに? もうちょっと話しましょうよ!

Joey: Don’t worry! Don’t worry. I just told him, very nicely, "You don’t go buying people’s babies! So back off!!"
 心配ない、心配ないって! 彼には言っておいたからな。優しく「人の赤ん坊を買うもんじゃないぞ。だからもう引き下がれ!」ってな。

Rachel: What?!
 ええっ?

Chandler and Monica: What?!
 ええっ?

Rachel: No! No, no-no-no, Joey, he doesn’t want to buy my baby! I made that up!
 ダメ、ダメダメ、違うの、違うのよ、ジョーイ。彼は私の赤ちゃんを買いたいわけじゃないのよ! 私の作り話よ!

Joey: What?! Why?!
 なに? どうして?

Rachel: So that we would have something to talk about! So it wouldn’t be awkward!
 そうしたら私達何か話すことができるじゃない! そうしたら気まずくないでしょ。

Joey: And you couldn’t think of anything else?!
 それで他には思いつかなかったのか?

Monica: You said your boss wants to buy your baby?!
 あなた、上司があなたの赤ちゃんを買いたがってるって言ったの?!

Rachel: I can’t believe you yelled at my boss! I’m-I’m gonna lose my job! What am I gonna do?!
 私の上司に怒鳴ったなんて、信じられない! 仕事なくしちゃうわ! どうしよう?!

Chandler: You can always sell your baby.
 赤ちゃんならいつでも売れるよ。

Rachel: Oh, Joey, I cannot believe you brought my boss into this! I’m gonna get fired!
 ああ、ジョーイ、上司を巻き込んでしまうなんて信じられない! クビになっちゃう!

Joey: You lied to me!
 ウソをついたのか!

Rachel: Well, she told me to!
 だって・・彼女がそうしろって言ったのよ!(モニカを指差す)

Monica: Chandler has two copies of Annie!
 ・・チャンドラーは2枚もアニーのCD持ってる!

《モナの部屋:キスをしているモナ達のカウチの後ろで雑誌を読んで寛ぐロス・チャンスを見つけて、カーペットを引っ張ってその上のシャツを取ろうとして、モナに気づかれる》

Mona: Oh, my God! Ross!!!
 何なの! ロス!

Ross: Hello!!
 こんにちは!

Mona: Ross, what are you doing?!
 ロス、あなた何してるの?!

Ross: Not touching myself if that makes anyone less uncomfortable.
 自分を触ってたりなんかしてないよ・・って言えば少しは変な感じ和らぐかな。

《上司ゼルナー氏の部屋:レイチェルが来る》

Rachel: Morning. You wanted to see me?
 おはようございます。お呼びになりましたか。

Mr. Zelner: Please, come in. Have a seat.
 どうぞ、入って。かけてください。

Rachel: Okay, look, Mr. Zelner…
 (座って)あの、ゼルナーさん・・

Mr. Zelner: Oh, I think it’s best that I speak first.
 いや、私が先に話した方がいいと思います。

Rachel: Yeah.
 はい。

Mr. Zelner: I’ve asked Lee from human resources to be here as a witness to our conversation.
 人事のリーに、私達の話し合いに立ち会っていただきますので。

Rachel: Oh, God.
 ああ、神様。

Mr. Zelner: If I in any way implied that I wanted to buy your baby…I am sorry. Okay? Last week when I asked you when your due date was uh, I certainly did not mean that I felt that I was “due” your baby. Yeah, I want to be very clear that I understand that its your baby, and it is not mine to purchase.
 どういうことであれ、君の赤ちゃんを買いたいと思わせたのであれば・・申し訳ない。先週、君に予定日を聞きましたが、あれは絶対に、君の赤ちゃんをいただく予定だと思ったわけではありません。そう、あくまでもあなたの赤ちゃんであって、私が買うことのできるものとは思っていないということを、はっきり申し上げておきたいと思います。

Rachel: Well, as long as we are clear about that.
 まぁ、その点をわかっていただければ・・(出て行く)

《通りを歩くフィービーとモニカ》

Phoebe: Oh, there it is.
 ああ、あそこよ。

Monica: That’s not your regular dry cleaners.
 あなたがいつも行くクリーニング屋さんじゃないわよ。

Phoebe: I know, but that creep that I went on that date with goes to there so I have to find a new one. I also have to find a new video store, a new bank, a new adult bookstore, a new grocery store…
 そうなの。でも、デートしたあのいやなヤツが行ってるから、新しいとこを見つけないといけないの。新しいビデオ屋さんや、新しい銀行、それに新しいアダルト本屋さん、新しい食料品店も・・

Monica: What?!
 何ですって?!

Phoebe: A new grocery store. The universe said I was going to meet a nice guy and that’s what they gave me? . . When I get up there I’m going to kick some ass.
 新しい食料品店。宇宙が素敵な人と会わせるって言っておいて、そして与えてくれたものは何?(空を仰ぎ見て)そっちへ行ったらお尻を蹴ってやるから。

Monica: Don’t worry, Phoebe, you’re gonna meet someone. If I can meet a great guy, so can you.
 心配しないで、フィービー。あなたもちゃんと出会えるわよ。私が素敵な人と巡り会えたんだもの、あなただって。

Phoebe: Yeah, we both can. And we both will.
 そうよね。2人ともできるわよね。そして2人ともきっと出会えるわよね。(驚くモニカ)

(2人はクリーニング店に入る)

Phoebe: Oh, you didn’t have to come in with me.
 あら、あなたはついてきてくれなくてもいいのよ。

Monica: Are you kidding? This is where they get out stains! Okay? This is like Disneyland for me. I’m-I’m gonna be over here watching the dance of the clean shirts.
 冗談でしょ? ここで染みを取ったりしてるのよ! でしょ? 私にとってはディズニーランドのようなものよ。私、ここにいてきれいなシャツのダンスを見てるわ。
 
Phoebe: Okay.
 わかった。

(男性(アレック・ボールドウィン)がフィービーに近づく)

Guy: Oh, excuse me! I think you dropped s… Wow!
 ちょっと失礼! あなた落としたんじゃ・・・ワオ!

Phoebe: What?
 なに?

Guy: I’m sorry, it’s just that you’re so incredibly beautiful.
 すみません、あなたが信じられないほど美しいから。

Phoebe: Oh, yeah, well, I’m sorry about that too. But what are you gonna do?
 あら、ええ、それはごめんなさいね。でもどうしようもないでしょ。

Guy: I hope you don’t think I’m crazy but I feel like I was meant to pick this up, do you believe in that kind of thing?
 頭がおかしいと思わないでほしいんだけど、僕はこれを拾う運命だったんじゃないかと思うよ。君は、そういうこと信じる?

Phoebe: A little. . Now you’re talking.
 ちょっと。(空を仰ぎ見て)ちゃんと働いてるわね。

Guy: Would you like to go out and have a cup of coffee?
 店を出て、コーヒーでもどう?

Phoebe: I-I-I’d love to. Let me just tell my friend.
 喜んで。でも、友達に言ってくるわ。

Monica: Ooh, an ink stain! Hey, can I watch how you get this out?
 (クリーニング店の人に)うー。インクの染みね! ねぇ、それ落とすのを見ててもいい?

Phoebe: She must’ve left.
 (見回して)彼女行っちゃったみたい。

《モニカ達の部屋:ジョーイとチャンドラー。レイチェルが来る》

Rachel: Hi.
 ハーイ。

Joey: So? What-what-what happened?
 それで? どうなった?

Rachel: It’s all gonna be okay. They’re just so happy that I’m not suing them that they gave me one extra month paid maternity leave. So long as I understand that the money should not construed as a down payment on this or any other child I should bear.
 大丈夫よ。私が訴えないのが嬉しくって、1ヶ月余分に産休をくれたわ。聞いたところでは、この子の件でも、また妊娠したとしても、お給料が減ることもないらしいわよ。

Chandler: Wow, Ralph Lauren is really going out of there way to show they’re not in the baby buying business.
 ワオ。ラルフローレンは赤ちゃん売買の仕事に関わってないってことを、よほど強調したいんだな。

Rachel: Chandler, can you give us a minute?
 チャンドラー、ちょっと2人にしてくれる?

Chandler: Oh, I’m sorry, you’re kicking me out of my own living room?
 いや、悪い、君、俺のリビングルームから出ていけっていうの?

Rachel: Yeah.
 ええ。

Chandler: I’ll be in there.
 そこにいるから。(寝室に行く)

Rachel: Joey, I’m really sorry that I lied to you. I was just trying to make things…
 ジョーイ、ウソをついて本当にごめんなさい。私ただ、このことをなんとか・・

Joey: I know. I know.
 わかってる、わかってるよ。

Rachel: It kinda worked. I mean you know, I don’t know about you, but I haven’t thought about our thing since all this.
 でも効いたわね。だって、あなたはどうか知らないけど、私はこれのせいで、あのこと考えてないわ。

Joey: Hey, you’re right. Yeah, it’s kinda been like us again a little bit.
 ああ、本当だな。ああ、またちょっと、元の2人に戻った感じだ。

Rachel: Yeah, I know! I miss that.
 ええ、そうよね。寂しかったわ。

Joey: Me too. I mean I…haven’t thought at all about how I put myself out there and said all that stuff and how you didn’t feel the same way about me and-and how it was really awkward.
 俺もだよ。俺も考えてなかったよ。俺が打ち明けて話して、君が同じ気持ちじゃないってわかって、それで本当に気まずくなって・・・(気まずくなる)

Rachel: My gynecologist tried to kill me.
 私の産婦人科の先生が私を殺そうとしてる。

《ロスの部屋:電話で通信販売のオーダーをするロス》

Ross: Item J437-A, color: winterberry. . . Hi, umm, listen, come here, come in. . . I’m so-so sorry about yesterday. I-I’m really really sorry. It’s just that I…
 品番・J437-A、色・ウインターベリー。(電話を切った後、モナが来る)ハーイ・・聞いて、あ、いや、入って。・・昨日は本当にごめん。本当に本当にごめんよ。僕はちょっと・・

Mona: Listen, Ross, you don’t have to apologize. I understand why you were there.
 ねぇ、ロス、あやまらなくていいのよ。あなたが来た理由はわかるわ。

Ross: You do?
 そう?

Mona: Yeah, you still have feelings for me. And-and to be honest, I-I still have feelings for you too. And I wish that we can work it out, Ross, but we can’t. It’s too complicated with you and Rachel and the baby. I-I just… It just wasn’t meant to be.
 ええ、まだ私を思ってるのね。正直言って、私もあなたのことを思ってるわ。私達それでうまくいけばいいと思うけど、ロス、でも無理よ。あなたとレイチェルと赤ちゃんといて、込み入りすぎてるんだもの。これは・・これはもう無理なのよ。

Ross: Oh, God, you’re right.
 (悲しむふり)ああ、そうか・・君の言う通りだね。

Mona: Ross, we…we have to be strong. Okay, I-I’m gonna go.
(She picks up the shirt Ross has just set down.)
Can I? To remember you?
 ロス、私達、強くならなきゃ。ね。私はもう行くわ。(ピンクのシャツを持ち上げ)もらっていい? あなたの思い出として?

Ross: .. No.
 ・・ダメ。





にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:19| Comment(0) | Season 8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。