2013年11月14日

8-16 The One Where Joey Tells Rachel

8-16 ジョーイがレイチェルに打ち明ける話

 ☆レイチェル? レイチェル? レイチェル?☆

Lisa Kudrow: (voiceover) Previously on Friends
 前回のフレンズは・・

《セントラルパーク》

Joey: There’s this woman, that I like. A lot. Well, it’s complicated. She was with this other guy. For a long time. And I could never do that to the guy, you know? ’Cause we’re really good friends.
 好きな女性がいるんだよ。すごく。でも、ダメなんだよ。込み入ってるんだよ。彼女には他につきあってた男がいるんだ。長いつきあいだ。俺は絶対、彼に対してこんなことはできない。やつとはいい友達なんだ。

Ross: So, uh, this guy, she used to go out with, is he a good guy?
 それじゃ、この彼女が以前つきあってた男だけど、彼はいい人?

Joey: Yeah, he’s the best.
 ああ、最高だよ。

Ross: Then talk to him! He might be fine with it.
 じゃあ話してみろよ。大丈夫かもしれないじゃないか。

Joey: Oh, I don’t know.
 いや、それはどうかな。

Ross: Joey, come on, it’s worth finding out. I mean, if you really like her.
 ジョーイ、試してみる価値はあるだろ。もし本当に彼女を好きならさ。

Joey: I do! So much! I can’t stop thinking about her! I can’t sleep, I−
 好きだよ。すごく! 彼女のこと考えるのをやめられないんだよ。眠れないし・・

Ross: Okay, Joey, you know what? You have to go for it. How often does this happen to you, huh? You owe it to yourself.
 そうか、ジョーイ、いいか? やってみなきゃ。こんなことしょっちゅうあることじゃないだろ? 自分のためだぞ。(立ち去ろうとする)

Joey: It’s Rachel.
 レイチェルなんだ。(止まるロス)

《セントラルパーク:続き》

Ross: Did you um−I’m sorry, did you just say it’s Rachel?
 君・・悪いけど、今、レイチェルって言った?

Joey: Yes.
 うん。

Ross: Um, you…you like Rachel?
 君、レイチェルを好きなのか?

Joey: Yes. I like Rachel.
 ああ。レイチェルが好きだ。

Ross: …Rachel?!
 ・・・レイチェル?

Joey: Yeah, okay but look, buy uh−Hey, you know, you know who else I like? You! And it-it doesn’t get said enough. I like you, Ross.
 (椅子から落ちそうなほど驚く)ああ、いや、だけど、な、ほら、他にも好きな人はいるからさ。それでも足りないなら言うけど好きだよ、ロス。

Ross: But R-R-Rachel-Rachel?!
 でも、あのレイチェルのレイチェル?!

Joey: Yeah, but it’s not a big deal.
 ああ、でも、たいしたことじゃないよ。

Ross: It’s not a big deal? Oh, I’m sorry I just…um, I…what about all the stuff you-you just said? I mean how about, like−you-you can’t stop thinking about her. Like how you can’t sleep?
 たいしたことじゃない? そうか、悪いけど、さっきいろいろ言ってたことはどうなる? たとえば、彼女のことばかり考えるとか? 眠れないとか?

Joey: I’m an actor, you know? As-as a group, we tend to be over dramatic.
 俺は俳優だろ? 俺たちってのは、オーバーになりがちなんだよ。

Ross: Rachel-who’s-carrying-my-baby Rachel?
 僕の子供を妊娠しているレイチェルのレイチェル?!

Joey: Look, I know it’s bad, and I know it’s wrong. Okay? But-but it’s not like anything’s ever gonna happen. You know? These-these are just feelings, they’re gonna go away.
 なぁ、いけないってことはわかってるよ。ダメだってわかってるんだ。な? でも別に何か起きるわけじゃないだろ? これはただの気持ちで、そのうち消える。

Ross: You know what? I-I gotta go.
 とにかく、もう行くよ。

Joey: Oh, come on, Ross! Hey, Ross-Ross, don’t…
 ああ、なんだよ、ロス! なぁ、ロス、ロス・・ちょっと・・

Ross: I just−you know−I-I just have one−Rachel?!
 ただ・・僕はただ・・・。 ・・レイチェル?

(ロスは出て行き、ジョーイが振り返るとガンターが目の前にいる)

Gunther: Rachel?!!
 レイチェル?!

《セントラルパーク》

Rachel: Oh-oh! Okay, she’s kicking!
 あっ! あっ! ほら、彼女が蹴ってるわよ!

Chandler: Oh! . . She’s growing inside you.
 おお! (おなかに手を置く)君の中で育ってるなぁ。

Rachel: Whoa!!
 ウワオ!

Chandler: Oh!
 おっ!(手を引っ込める)

Rachel: Wow, that was a big one.
 ワオ、今のは大きかったわね。

Chandler: I think that’s the youngest girl ever to reject me.
 俺を拒否した一番若い子だな。

(フィービーが来る)
Phoebe: Oh, hey, you guys!
 あら、ハーイ、あなた達!

Chandler: Oh, hey!
 おお、ハーイ。

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Phoebe: Hey, listen, let me ask you, do you believe in soul mates?
 ねぇ、聞きたいんだけど、ソウルメイトって信じる?

Rachel: Oh, yes, I do. I do. I believe that there is one perfect person out there for everyone. And do you know how you find him? You stop looking for him. That’s why I stopped looking for Russell Crowe. He’ll find me.
 ああ、私は信じるわ。私は誰にでも、どこかに完璧な相手がいるんだと思うの。どうやってその人を見つけるか知ってる? 探すのをやめるのよ。だから私はラッセル・クロウを探すのをやめたの。彼が私を見つけてくれるわ。

Phoebe: Uh-huh, and you?
 そう。じゃ、あなたは?

Chandler: No. I mean I believe that uh, certain people are more suited for each other and I believe in falling in love, but soul mates, I don’t think they exist.
 いいや。俺はより相性の合う相手がいるっていうのもわかるし、恋に落ちるっていうのも信じてるけど、でも、ソウルメイトなんていないね。

Phoebe: Okay, good.
 そうなの、よかった。

Chandler: Why?
 なんで?

Phoebe: Well, last night, I met Monica’s.
 昨日ね、モニカのソウルメイトに会ったの。

Chandler: What?
 えっ?

Phoebe: Yeah, I had a date with this guy, and I swear to God, he is her other half.
 そうなの。ある人とデートしたんだけど、神に誓うわ、彼は彼女の片割れよ。

Chandler: Come on, don’t be crazy. . You don’t think there’s someone out there better suited for Monica than me, do you?
 何をバカなことを言ってるんだ。(レイチェルに)君は、俺よりもモニカに合う男がどこかにいるなんて思わないよな?

Rachel: Well, what’s he like?!
 (黙ってチャンドラーを見た後でフィービーに)その人、どんな人?

Phoebe: Well, he’s tall.
 背が高くて。

Rachel: Uh-huh.
 うん。

Phoebe: He has brown hair.
 ブラウンの髪で。

Rachel: Of course, of course.
 もちろんもちろん。

Chandler: A tall guy with hair similar to mine? Oh, unknowable universe!
 背が高くて、髪の色も俺みたい? ああ、計り知れない宇宙よ!

Phoebe: He works with food.
 食品関係の仕事よ。

Rachel: Oh, sure. Older?
 ああ、そうよね。年上?

Phoebe: Obviously, and he’s British.
 そのようよ。それに、彼はイギリス人よ。

Rachel: Oh, I was just gonna ask!
 ああ、それを聞こうと思ってたのよ!

Phoebe: Yeah? And, he’s-he’s so centered and mature and confident.
 ね? そして彼は落ち着いてて、大人で、自信があるのよ。

Rachel: Oh, it’s so sad they never had a chance to meet.
 ああ、出会うチャンスがなかったのがすごく悲しいわね。

Chandler: Luckily, the guy she settled for can’t hear what you’re talking about.
 幸い、彼女の相手が君らの話してることを聞けなくてよかったよね。

Phoebe: Oh, I’m so sorry. Um, and maybe I’m wrong! But−you know, I’m gonna go out with him again, I’ll find out more.
 あぁ、本当にごめんね。私が間違ってるかもしれないわよ。でもね、私またデートするから、もっと確認してくるわ。

Chandler: You believe that this guy is destined for someone else and you’re still gonna date him?
 その男が人のソウルメイトだと思ってるのに、それでもまだデートするのか?

Phoebe: Well, he may not be my soul mate, but a girl’s gotta eat.
 そうね、彼は私のソウルメイトじゃないかもしれないけど、女の子だって食べないとね。

《ロスの部屋:モニカが来る》

Monica: Hey.
 ハーイ。

Ross: Hey.
 やぁ。

Monica: I just talked to Joey, I just−I want to see how you were.
 ジョーイと話したの。それで・・どうしてるかなと思って。

Ross: Oh, you know, I still−I can’t believe it. Joey and Rachel? I mean it’s… It’s like you and me going out, only weirder!
 ああ、いや、まだ信じられないよ。ジョーイとレイチェル? そんなの・・僕と君がデートするみたいな、もっと変だけど。

Monica: I know you’re hurting, and-and I want to be supportive, but don’t say that again.
 つらいのはわかるけど、助けになりたいと思うけど、でも、もう二度とそんなこと言わないで。

Ross: Oh, my God! What if, what if they get married? Then he’d be the stepfather of my child.
 ああ、それにしても! もし、もし、あの2人が結婚したら? そうなったら、彼が僕の子供の義理の父親だぞ。

Monica: Honey, I don’t think that’s something we need to worry about! First of all he’s-he’s never gonna tell her how he feels about her. And even if he did you have no idea how she’d react.
 ねぇ、そんなの心配する必要ないと思うわよ。まず、彼は彼女に気持ちを打ち明ける気もないわ。もしあったとしても、彼女が何て答えるか全然わからないのよ。

Ross: Sure, because women never like Joey. You know, I think he’s a virgin.
 だよな、ジョーイは女の子にもてないよな。彼は童貞だよな。

Monica: Joey…he’s not even thinking about going after Rachel!
 ジョーイは・・彼はレイチェルを思い続けることさえ考えてないのよ。

Ross: He’s not?
 そうなの?

Monica: No! All he’s thinking about is how you’re taking this! I mean, listen, it’s completely freaking him out. He’s talking about moving to Vermont.
 そうよ。彼が考えてるのは、あなたがどう思ってるかってことだけよ。ね、彼はすっかり参っちゃってるのよ。バーモントに引っ越すなんてことまで言い出してるわ。

Ross: Why?
 なんで?

Monica: He says he wants to leave the country. . . He thinks you hate him.
 彼、国を離れたいって言ってるのよ。・・・彼、嫌われたと思ってるの。

Ross: Hate him? I… No, I don’t hate him. . . It’s just, it’s Rachel, you know?
 嫌う? いや、嫌ってなんかいないよ。・・ただ、これはレイチェルの事だよ?

Monica: Honey, I can’t even imagine how hard this must be for you. But, I don’t want you to lose Joey over it. And right now, he just needs to know that you’re still his friend.
 ねぇ、これがどんなにつらいことか、想像もつかないけど、でも、このことでジョーイを失ってほしくないのよ。今彼は、まだあなたの友達と思っていいのか知りたがってるのよ。

Ross: Okay. Okay, I’ll talk to him.
 わかった。わかったよ、彼と話してみるよ。

Monica: All right. Now do it soon, he just asked me how to convert his dollars into Vermont money.
 よかった。じゃあ早くしてね。彼、ドルをバーモントのお金に換えるのはどうしたらいいか聞いてきたから。

《セントラルパーク:フィービーが男性と一緒に来る》

Phoebe: Oh! Hi!
 あら、ハーイ!

Monica: Hi!
 ハーイ!

Phoebe: Umm, Chandler, Monica, this is Don.
 チャンドラー、モニカ、こちらドンよ。

Don: Oh, hello. . . Hello.
 ああ、こんにちは(チャンドラーと握手)こんにちは(モニカと握手)

Phoebe: (mouths to Chandler) Soul mate.
 (声に出さず)ソウルメイトよ。

Chandler: (mouths to Phoebe) What?
 (声に出さず)なに?
 
Phoebe: Soul mate.
 (咳するふりで)ソウルメイト。

Monica: So, what have you guys been doing?
 それで、2人で何をしていたの?

Don: Well, we just had a terrible lunch today at Adriatica. What is with all the sun-dried tomatoes at that place?
 僕たちは、アドリアティカでひどいランチをとってきたところだよ。あそこの干しトマトっていったい何なんだ?

Monica: I know! What is this, 1985?!
 そうなのよ! なにあれ、1985年かっての?

Don: That’s exactly what I said. Phoebe, isn’t that strange.
 僕もまさしくそう言ったんだよ。フィービー、不思議だね。

Monica: Not really.
 別に。

Chandler: What’s wrong with sun-dried tomatoes? . . .On a barbecue chicken pizza? . . No?
 干しトマトの何がいけない? バーベキューチキンピザにのってるやつとか? ダメ?

Monica: So Don, what-what other restaurants do you like?
 それで、ドン、好きなレストランは?

Don: Well, Octavio, 27&7−Oh! And there’s this great little place, Alessandro’s.
 そうだな、オクタヴィオ、27&7。。そうそう、あのすばらしいところがあるよね、アレッサンドロ!

Monica: Oh, my God! That’s my restaurant, I’m the chef there.
 オーマイゴッド! それ私のレストランよ。私、そこのシェフなの。

Don: You’re kidding me!
 ウソだろう!

Monica: No!
 ほんと!

Don: Your food is fantastic! Wow, I really want to talk to you about your menu, once I get some coffees first. Um, anyone want any?
 君の料理は素晴らしいよ! ワオ。あそこのメニューについて、ほんと、一度話したいよ。まずコーヒーを持ってきてからね、誰かなにかほしい?

Monica: Oh, I’d like a latte. Oh, you know what? If you’re gonna talk about me, I’m gonna go with you.
 ああ、私ラテがほしいわ。あ、そうだ。あなたはうちのこと話したいのよね、私が一緒に行くわ。(2人カウンターへ行く)

Chandler: What are you doing?!
 (フィービーに)君、何をしてるんだ?

Phoebe: Nothing! I swear to God I didn’t know you guys would be here! And the good news is you didn’t believe in soul mates. So…
 何も! 誓っていうけど、あなた達がここにいるって知らなかったのよ。それに幸い、あなたはソウルメイトを信じてないからいいわよね。それで・・

Chandler: I believe in tall, handsome strangers who hit on my wife!
 俺は背の高いハンサムな見知らぬ男が、俺の妻に声をかけてると信じるね!

Phoebe: They’re just talking, and you know what? Just because I think they’re soul mates doesn’t mean anything’s gonna happen.
 ただ話してるだけじゃないの。それにね、私が彼らの事ソウルメイトだって信じるからって、何か起きるってことじゃないでしょ。

Monica: Phoebe, good work.
 (戻ってきて)フィービー、よくやったわ!

Phoebe: Yeah?
 でしょ?

Monica: Yeah! Oh, he’s great, I love him.
 ええ! ああ、彼って素敵、愛してるわ!(立ち去る)

Phoebe: Don’t worry, we’ll find you someone else.
 (チャンドラーに)心配しないで、あなたには別の人を捜してあげるから。

《ジョーイの部屋:ロスが来る》

Joey: Hey.
 やぁ。

Ross: Hey.
 ああ。

Joey: Look, I understand if you came by to hit me, I deserve it.
 なぐりに来たって驚かないよ。当然だ。

Ross: No, I don’t want to hit you.
 違うよ。殴りたくなんかない。

Joey: Oh, what then? Kick me?
 じゃあ何? 蹴るの?

Ross: No.
 いや。

Joey: Bite me?
 かみつくの?

Ross: No, no, I don’t want to do anything to you. All right? I just want to tell you that I’m not mad at you and…and that I certainly do not hate you. I just, I just came here to say that.
 いや、違う、何もしたくないよ。ね? 怒っていないって言いたいだけだよ。それに、絶対嫌ってなんかいない。ただそう言いたかっただけだ。(立ち去ろうとする)

Joey: Oh, now−Hey Ross-Ross! Do you wanna-wanna come in for a beer or something?
 あ、いや、なぁ、ロス、ロス! 入ってビールかなにか飲まないか?

Ross: Uh…yeah, sure.
 ああ・・そうだな、うん。(入る)

Joey: Do uh, do you got any beer? All I got is this melon stuff that Rachel left. I don’t…
 (冷蔵庫を見て)おまえ・・ビール持ってる? うちにあるのは、レイチェルが残してったメロンの何かだけなんだ。

Ross: Okay.
 わかったよ。

Joey: Hey, look, Ross, you need to understand something, okay? I uh…I am never gonna act on this Rachel thing, okay? I wouldn’t do anything to jeopardize my friendship with you.
 なぁ、ロス、わかってほしいんだ、な? 俺は絶対レイチェルに告白する気もないんだ。君との友情を壊すようなことは何もしたくないよ。(メロンの何かのグラスを渡す)

Ross: Thank you.
 ありがとう。(飲んで喜ぶが、ジョーイがまずいという顔をするのでまずいふりをする)

Joey: Anyway, it uh…look, it’ll just…take me a while to get over her, that’s all. I’m not even sure how to do that, I mean I’ve never been in love before so…
 ただ、彼女をワスレルにはちょっと時間がかかるだろうけど、それだけだよ。どうしたらいいのかわからないけどな。こんなに愛するなんてことなかったから・・

Ross: What?! You’re in love with her.
 えっ? 君は愛してるっていうのか。

Joey: Yeah, I thought you knew that.
 ああ。知ってるかと思った。

Ross: Umm, no.
 ああ・・いや。

Joey: Wow. Hey, look, if it helps, I don’t want to feel this way. Honest. I just keep thinking, "Ah, I’ll get over this." You know? I just−It just keeps getting harder. I don’t, I don’t know what to do. You know? What do I do?
 そうか。なぁ、気休めかもしれないけど、こんなふうに思いたくないんだ。本当だよ。ずっと思い続けてるんだ「ああ、これを乗り越えるんだ」ってな。ただ、どんどん難しくなる。どうしたらいいかわからないよ。どうしたらいい?

Ross: I think you need to tell her how you feel.
 君、彼女に気持ちを伝えるべきだよ。

Joey: Okay, that’s the green stuff talking.
 なんだ、その緑の飲み物のせいか。

Ross: No, I’m serious. You-you need to find out where she is, because if she’s not where you are, then you can start to move past this.
 いや、真剣だよ。彼女の気持ちを知るべきだ。彼女が君と同じ気持ちじゃなかったら、君も先へ向かえるよ。

Joey: But what if uh−and I’m not saying she will be−But…
 でももし・・いや、彼女がそうだというわけじゃないけど・・

Ross: If she is where you are then uh…then my feeling weird about it shouldn’t stand in the way.
 もし彼女が君と同じ気持ちだったら・・そうしたら僕のこのモヤモヤで邪魔するべきじゃないと思うよ。

Joey: Are you sure?
 本当に?

Ross: Yeah. Look, if she’s gonna end up with somebody else, the truth is she couldn’t find a better guy. So…
 ああ。もし彼女が誰か別の人と落ち着くことになった場合、君なら一番いいと思うよ。だから・・

Joey: Hey, thanks.
 ありがとう。

Ross: So when do you think you’re gonna talk to her?
 それで、いつ話すつもり?

Joey: Oh, my God. I have to tell her. I haven’t even thought about what I will say. What should I say?
 えっ、そんな。話さないといけないのか。何て言ったらいいのか、考えたこともないよ。なんて言えばいい?

Ross: I’m understanding, but let’s not get carried away.
 理解はするけど、そこまで甘えるか。

Joey: I’m so sorry, I’m sorry. What am I gonna say? . . . Oh!
 あ、ごめんよ。ごめん。(独り言)何て言えばいいんだろう?・・(緑の飲み物を飲み)うぅ!

Ross: Yeah, tell me about it.
 ああ、本当にひどい味だな。(隠れて飲む)

《セントラルパーク》

Don: So I’ve been slowly phasing out the wine importing and focusing more on the cheese side of things.
 それで僕は徐々にワイン輸入の仕事を減らして、チーズの方に専念しだしたんだ。

Chandler: Cheese, you say? That’s some pretty smelly work, huh, Don?
 チーズだって? それは匂う仕事だな。ドン?

Don: Excuse me?
 なんだって?

Chandler: Cheese, it’s smelly. You must smell a lot of the time too.
 チーズってのは匂うよな。君もいつも匂うんだろうな。

Don: Uh, not really. But when it comes to cheese, I’m one of the people who thinks the smellier the better.
 いや、別に。でも、チーズというと、僕も臭い方がおいしいと思う方の人間だね。

Monica: Me too! Yeah, Chandler can’t stand it. He won’t even allow me to have blue cheese in the house.
 私もよ! ええ、チャンドラーは我慢できないのよ。彼、ブルーチーズを家に入れることさえ許してくれないのよ。

Don: And you’re still married to him?
 それなのに彼と結婚したの?(モニカと2人大笑い)

Monica: You know what I’d love to do? I would like to go to France and eat nothing but bread and cheese−Not even bread, just cheese. No, I want the bread. Yeah. Ah, and pastries. . And pate. Oh, I’m really not high, it’s just I used to be fat.
 私のやってみたいことはね、フランスへ行って、パンとチーズだけ食べて過ごすの。パンなしで、チーズだけでもいいわ。いえ、やっぱりパンも欲しいわね。ええ。それにパイなんかもいいわねぇ・・それにパテも。(うっとり)あっ、私ハイになってるわけじゃないのよ。私昔は太ってたの。

Don: Well, if you where ever enter the Loire Valley let me know, I’ve got a great little villa you can stay at.
 ロワ・バレーに来ることがあったら知らせて。僕あそこに小さいけど素敵な別荘を持ってるから泊まっていけるよ。

carte-departement-Loire.jpg(Loire Valley)

Chandler: Is it made of cheese?
 それってチーズでできてるの?

Don: No. But God, a house made of cheese, wouldn’t that be incredible?!
 いや。でも、ああ、チーズでできた家。それは素晴らしいだろうね?

Monica: I’d move in tomorrow!
 明日にでも引っ越すわ!

Chandler: Oh, come on! . . . Are you listening to this?
 ああ、勘弁してくれよ・・(フィービーに)聞いてるか?

Phoebe: I’m so sorry.
 本当にごめん。

Chandler: What do we do?
 どうしたらいいんだ?

Phoebe: I don’t know, they both want to live in a house of cheese! I don’t know how you fight that.
 知らないわよ。2人とも、チーズの家に住みたいって言ってるのよ! 手がつけられないわ。

《ロスの部屋に近づくジョーイ》

Joey: Okay. Okay, I can do this. I can tell her how I feel. Just uh, okay, stand up straight. Take a couple deep breaths. Look confident.
 よし、よし。俺にはできる。気持ちを伝えることができる。ただ、うん、しっかり立って。深呼吸して。自信を持って。(レイチェルが出てきてビックリする)

Rachel: Joey? What’s up?
 ジョーイ? どうしたの?

Joey: I uh, I just came by because I-I want to talk to you about something.
 話したいことがあってきたんだ。

Rachel: Okay, what’s up?
 あら、どうしたの?

Joey: Here? In the hall? What are we, animals?
 ここで? 廊下で? 何、俺たち動物?

Rachel: Well, honey, I’m late for a meeting. So can you just make it quick?
 ねぇ、会議に遅れちゃうの。早く済ませられないかな?

Joey: Okay umm, I just came by to tell you that I…want to have dinner with you tonight. That’s all.
 わかった。話したいことっていうのは・・・俺・・今夜ディナーを一緒にどうかな。それだけ。

Rachel: Sure! That sounds great! Just leave me a message and tell me where to meet you. Okay?
 いいわよ! 素敵ね! どこで待ち合わせればいいか、メッセージ残しておいて。ね?(立ち去る)

Joey: Okay. That’s good. Yeah, okay, that give you a couple hours to prepare what you’re gonna say. Good. Yeah. . . Don’t you people ever knock?
 わかった。いいね。ああ、いいさ。これで、2時間ぐらい心の準備の時間ができた。よし、いいぞ。(ジョーイの目の前のドアが開いて驚き)君、ノックしないのかよ?!

《モニカ達の部屋に戻ってくる2人》

Monica: I’d like to have Don and Phoebe over. Wouldn’t that be nice?
 ドンとフィービーにうちに来てもらいたいわ。素敵じゃない?

Chandler: Sure, why don’t you set it up. I’ll just be over here, browsing through the personals.
 そうだな。招待しろよ。俺もここにいて、個人広告のチェックでもするよ。

Monica: Are you okay? You’ve been acting weird all afternoon.
 大丈夫? 今日ずっとおかしいわよ。

Chandler: Yeah, fine. Fine. Not perfect!! But good enough.
 ああ、いいさ。大丈夫だよ。完璧じゃないけどね。元気だよ。

Monica: Jeez! What is with you?
 ジーズ! どうしたのよ?

Chandler: I’m sorry, did you say cheese?
 おや、いまチーズって言った?

Monica: All right, what’s going on?
 なに、どうしたの?

Chandler: Phoebe thinks you and Don are soul mates, and I don’t believe in that kind of stuff. But then you two totally get along. So look, I won’t stand in your way if you want to run off with Don and live in a house of cheese.
 フィービーは、君とドンがソウルメイトだと思ってるんだ。俺はそんなこと信じないんだけどね。でも、君ら2人はすごく気が合ってるじゃないか。だから、君がドンと逃げていってチーズの家に住むなら邪魔はしないよ。

Monica: Chandler, you don’t believe in soul mates?
 チャンドラー、ソウルメイトなんて信じないんでしょう?

Chandler: No. But I’m sure ‘tomatoes’ does.
 信じない。でも、間違いなくあの(ドンの口まね)「トメイトォ」は信じてるよな。

Monica: I don’t believe in soul mates either.
 私もソウルメイトなんて信じないわ。

Chandler: You don’t?
 そう?

Monica: No. I don’t think that you and I were destined to end up together. I think that we fell in love and work hard at our relationship. Some days we work really hard.
 ええ。私とあなたは一緒に鳴る運命じゃなかったと思うわ。私達は恋に落ちて、頑張って関係を築いてきたのよ。すっごく頑張ったりしてね。

Chandler: So you…you don’t want to live with Don in a cheese house?
 それじゃ、君は、ドンと一緒にチーズの家に住みたくないの?

Monica: No, I’ve had second thoughts about that. Do you realize how hard that would be to clean?
 ええ。考えてみたんだけど、どんなに掃除が大変かわかる?

Chandler: I love you.
 愛してるよ。

Monica: I know.
 わかってるわ。

Chandler: You know what? I am going to take you out to dinner tonight. I found this place that makes the greatest mozzarella sticks and jalapeino poppers. . . No? Really? They taste so good.
 なぁ、今夜ディナーに連れて行くよ。モッツァレラ・スティックとハラピーニョ・ポッパーズを出すいいお店を見つけたんだ。(モニカは嬉しくない顔)ダメ? ホント? すごくおいしいよ。

mozzarella-sticks.jpg(mozzarella sticks)
jalapeno-poppers.jpg
(jalapeino poppers = jalapeino peppers というトウガラシの中をくりぬいて挽肉、チーズやスパイスを入れて揚げた料理)


《レストラン:レイチェルとジョーイ》

Rachel: And I know Chandler is kidding but it happens every time he touches my stomach. I mean I’m really worried the baby’s not gonna like him. . . Are you okay?
 チャンドラーは冗談言ってるってわかってるんだけどね、彼がおなかに触るたびに蹴るのよ。赤ちゃんが彼を嫌いになっちゃうのか、本当に心配だわ。(ジョーイはうわの空)あなた大丈夫?

Joey: What? Yeah! Sure! Uh, look at the uh, the reason…−Is it hot in here?
 えっ? ああ、もちろん! いや、その、理由はね・・・ここ暑くない?

Rachel: No. Not-not for me, but why don’t you take off your sweater?
 いいえ。私は平気。でもあなた、セーター脱いだら?

Joey: I would, but this is a nice place and my T-shirt has a picture of Calvin doing Hobbes.
 そうしたいけど、ここおしゃれな店だろ。俺のTシャツには、カルビンがホブスとやってる絵があってさ。

Calvin_and_Hobbes.jpg
(Calvin and Hobbes)

Rachel: Oh, my God! Really?! Can I see it?
 まぁ、ほんと? 見てもいい?

Joey: Yeah. Sure.
 ああ、いいよ(セーターを引っ張っるジョーイ、襟元から覗くレイチェル)

Rachel: Huh. Wow, I wouldn’t think Hobbes would like that so much.
 ふーん、ホブスは喜んではいないようね。

Joey: Uh… How long have we known each other?
 あー・・・俺たち、知り合ってどれくらいになる?

Rachel: Um, seven…eight, eight years. Wow.
 えーっと・・7・・8。8年ね。すごい。

Joey: Uh-huh, long time.
 ああ、長いな。

Rachel: Yeah.
 ええ。

Joey: But over the past few weeks…
 でもこの数週間・・

(ウェイターが来る)
Waiter: Okay! Hah, sorry about the wait, but it is mega-jammed in here! We have a couple specials tonight…
 ハーイ、はぁ、お待たせしちゃって。でも、すっごい混んじゃってて! 今日のスペシャルは2つで・・

Joey: Yeah, could you give us a second?
 ああ、ちょっと後にしてくれないか?

Waiter: Sure. Sure. . Second’s up! . . Not…that kind of table.
 はい。了解。(背中を向け振り向いて)時間切れ! (ジョーイににらまれ)あぁ、そういうテーブルじゃないのね。(立ち去る)

Rachel: So you were saying?
 それで何の話だっけ?

Joey: I’m not quite sure.
 わからないな。

Rachel: Okay, you had asked me how long we had known each other, and I said, "Eight years." And the um, waiter came over and cut his tip in half, and umm…now here we are.
 ええとね、あなたが、私達が知り合ってどれくらいになるか聞いてきて、私が「8年」って答えた。そしてウェイターが来て、チップを半分にしていった。それで、今に至る、よ。

Joey: Yeah, here we are. Uhh… I… I think I’m…falling in love with you.
 ああ、そうだな。ああ・・俺・・思うんだけど・・君を愛してる

Rachel: … What?
 えっ?

Joey: I’m falling in love with you.
 君を愛してるんだ。

Rachel: Who are you talking too? Oh, you’re kidding! Oh, it’s a joke! . . It’s funny. It’s funny. I don’t get it. . . . Oh. . . Okay. Umm… I-I…uh, wow. Are you uh… How did umm… When?
 (見回して)誰に言ってるの? あぁ、あなた冗談言ってるのね! ああ、冗談ね! おもしろいわ。おもしろい。わからないけど。・・・あ・・そうか・・ええと・・ワオ・・・あなた・・どうして・・・いつ?

Joey: Does it really matter?
 それが関係ある?

Rachel: Wow! Wow. Wow, it is hot in here.
 ワオ! ワオ・・・ワオ・・・暑いわねここ。

Joey: Okay, look, Rach, I know this is a lot. You don’t have to say anything. You-you uh, you take as much time as you need. . . Okay, you gotta say something!
 いいかい、ね、レイチ、これはおおごとだってわかってる。何も言わなくていいんだよ。必要なだけ時間をとってくれていいんだ。(沈黙)ああ、何か言ってくれ!

Rachel: Joey, Joey, I love you so much, but I…
 ジョーイ、ジョーイ、私あなたのこと愛してるわよ、でも私・・

Joey: But.
 でも・・か。

Rachel: Joey.
 ジョーイ。

Joey: Yeah-yeah, right. That’s okay. That’s fine. That’s uh, pretty much what I was expecting, you know? So uh, it’s no big deal. All right? I think I’m gonna go.
 ああ、いや、いいんだ。いいんだよ。そうだと思っていたんだよ。うん。いや、たいしたことじゃない。ね? 俺はもう行くよ。(立ち上がる)

Rachel: No! Joey please! Please, don’t! Please don’t leave like this! Now come on, you cannot do this to a pregnant woman!
 ダメよ! ジョーイ、お願い! お願いよ、行かないで。お願いだからこんなふうに行かないで! ねぇ、そんなこと妊婦にしちゃいけないのよ!(泣き出す)

Joey: Don’t start doing that. You can’t do that, Rach, because then you’re gonna make me do that. . . Oh, here we go!
 泣かないでくれよ。それはやめてくれ、レイチ、俺まで泣けてきちゃうだろ(泣き出す)ほらぁ。(座る)

Rachel: Can I?
 (手を広げ)いい?

Joey: Sure!
 ああ!(ハグ)

Rachel: Oh, Joey, honey, I don’t…I don’t want to lose…
 ああ、ジョーイ、ねぇ、このことであなたを失いたく・・

Joey: Hey-hey-hey, hey! You can’t, okay? Ever!
 おいおいおい! それはないよ。ね? 絶対にない。

Rachel: I’m so sorry.
 ああ、ごめんなさい。

Joey: Oh, no-no, Rach, please, don’t be sorry. Okay? Don’t be sorry. . . You know, I was only kidding.
 ああ、ダメだよ、レイチ、頼むから謝らないで。ね? 謝らないでくれ。(ハグ)あれは冗談だったんだよ。

Rachel: Yeah, that was a real good one.
 ええ、すごいおもしろかったわ。

《レストラン:時間経過、まだハグしたままの2人》

Waiter No. 2: Is this your table?
 あれは君担当のテーブル?

Waiter: Yeah.
 そう。

Waiter No. 2: God, you’re gonna be here all night!
 ああ、君は今日帰れないな!

Waiter: I know! I haven’t even read them the specials yet!
 そうだよ! まだスペシャルさえ言ってないんだよ。

Waiter No. 2: What’s the matter with them?
 何があったんだろう?

Waiter: I don’t know. I think maybe one of them is dying. . . I kinda hope it’s the girl. . . The guy is really cute!
 知らない。どっちかが死ぬんじゃないかな・・・女の子の方だといいな・・だってあの彼、本当にキュートじゃない!



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 20:22| Comment(0) | Season 8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。