2013年11月13日

8-15 The One With The Birthing Video

8-15 赤ちゃん誕生のビデオの話

 ☆バレンタインに心乱れて☆

《セントラルパーク:ジョーイとフィービーが来る》

Phoebe: Oh! Hey, Rach!
 あら、ハーイ、レイチ!

Rachel: Hi! Hey, Happy Valentine’s Day!
 ハーイ! ハッピー・バレンタインデー!

Phoebe: Oh, you, too.
 ああ、あなたもね!

Joey: Hey, so, uh, how’s it going living over at Ross’?
 なぁ、それで、ロスのところの暮らしはどう?

Rachel: It’s good. Except he makes us watch the Discovery Channel all day long. Did you know that something really boring happened to someone really ugly in the Middle Ages?. . . Oh, thank you. I’ll see you guys later.
 いいわよ。一日中ディスカバリー・チャンネルを見させられるけどね。中世に、誰だかみにくい人に何か起きたの知ってた? (ウェイトレスからコーヒーを受け取り)あ、ありがとう。じゃあ、またね。(出て行く)

Phoebe: Okay.
 わかった。

Joey: Bye.
 バーイ。

Joey: There’s one lucky to-go cup of coffee.
 ラッキーなテイクアウトコーヒーめ。

Phoebe: Honey, I wish you would get over her. I hate seeing you like this. Is there anything I can do for you? Do you want to look down my top?
 ね、あなたがこれを乗り切ってくれたらと思うわ。こんなあなた見たくない。何かしてあげられることない? 私の胸見る?

Joey: Thanks. But maybe later.
 ありがと。また後でね。

Phoebe: Oh, Gunther, can I get a scone?
 あ、ガンター、スコーンもらえる?

Gunther: You want anything?
 (ジョーイに)君も何かいる?

Joey: You know what I want? I want a lot of things! I want to be with the woman I love on Valentine’s Day! And I want her to love me back! And I want just one moment of relief from the gut-wrenching pain of knowing that that’s never going to happen!
 何が欲しいかわかる? いろんなものが欲しいよ! バレンタインデーに愛する女性と一緒にいたいよ! それに彼女に愛されたいよ! そして、そうはならないってことがわかってるこの苦しみから一瞬でもいいからのがれたいよ!

Gunther: We have red bagels.
 バレンタイン用ベーグルあるよ。

(red bagels = バレンタイン用のハート形、赤やピンク色のベーグルがある)

Joey: Okay.
 それにする。

《モニカ達の部屋》

Phoebe: So, how does Mona feel about you and Rachel living together?
 それで、モナはあなたとレイチェルが一緒に暮らしてること何て言ってるの?

Ross: Oh, I’m actually on my way to tell her right now. Yeah, she’s been away all week visiting her parents, but she’ll be cool. I mean, she’s been so supportive. She-she even got the baby a tiny T-shirt that says, ‘Fossils are my friends.’
 ああ、まだこれから言うとこなんだ。うん、今週は彼女、両親のところへ行ってるんだよ。でも、彼女は大丈夫さ。彼女はすごく応援してくれてるからね。「Fossils are my friends(化石は友達)」って書いた、小さな赤ちゃん用Tシャツを買ってくれたくらいなんだから。

Phoebe: Ugh. Come on, Mona, don’t kiss ass.
 もう。なによ、モナ。媚びちゃって。

Ross: Uh, I’m gonna take off.
 それじゃ僕はもう行くよ。

Phoebe: All right. Oh! Shoot! Oh, shoot! Uh, Rachel wanted to see this tape!
 わかったわ。あっ! しまった、しまった! レイチェルがこのビデオを見たいのよ。

Ross: What is it?
 それ何?

Phoebe: It’s a video of my friend giving birth. Could you just bring it back to your apartment?
 私の友達の出産のビデオなの。これあなたの部屋に持ち帰ってくれる?

Ross: All right. ‘Candy and Cookie?’
 わかった。(タイトルを読む)「キャンディとクッキー」?

Phoebe: Yeah. Candy’s the mother, Cookie’s the daughter. The father’s name is also Cookie. Why am I friends with these people?
 ええ。キャンディがおかあさんで、クッキーが娘よ。おとうさんの名前もクッキーなの。・・・どうして私ってこんな人達と友達なのかしら?

Monica: Phoebe, come here. I want to show you something in the bathroom.
 (寝室から出てきて)フィービー、来て。バスルームであなたに見せたいものがあるの。

Phoebe: Oh, Monica, grow up!
 もう、モニカ、大人になってよ!

Ross: Hey, what do you got behind your back?
 なんだ、後ろに何を持ってるの?

Monica: Nothing. Just something I want to get Phoebe’s opinion on for Valentine’s Day.
 何でもない。ただ、バレンタインデーのことで、フィービーの意見を聞きたいだけなの。

Ross: You don’t want my opinion?
 僕の意見はいらないの?

Monica: Not really.
 いらない。

Ross: Come on, I’m your older brother, ask me!
 なんだよ。僕は兄だぞ。僕に聞けよ!

Monica: Oh, okay, big brother. . . Which of these do you think would make your little sister look hotter, so your best friend would want to do her?
 ああ、わかったわ、にいさん。(背中にもっていた2着のランジェリーを見せ)どっちを着れば、あなたの妹が、よりセクシーに見えて、あなたの親友がやりたくなる?

Ross: …The red one.
 ・・・赤いの。

《ジョーイの部屋:フィービーが来る》

Phoebe: Hey. Look, I know you’ve been really depressed lately, so I brought someone over to cheer you up. Right outside this door is a real, live, furry playmate.
 ねぇ、あのね、最近あなたは落ち込んでるから、私、あなたを元気づけられる子を連れてきたわよ。このドアのすぐ前に、本物の、生きた、毛深い遊び友達がいるのよ。

Joey: No, I’m not sleeping with your friend Jane again. . . Hey, a dog! Hi! Who, you got to admit, looks a lot like Jane.
 いや、俺は君の友達のジェーンとはまた寝たりしないぞ。(フィービーが犬を連れてくる)わぁ! 犬じゃないか! でも認めろよ、ジェーンとそっくりだぞ。

Phoebe: This is the happiest dog in the world. I borrowed him from my friend, Wendy. Now, you can only keep him until he cheers you up. And he will cheer you up!
 この子は世界一ハッピーな犬なのよ。友達のウェンディから借りてきたの。あなたの元気が出るまで借りられるのよ。絶対元気にしてくれるわよ!

Joey: Thanks so much, Pheebs! . . We are gonna have so much fun, yes, we are! . . Oh! Not that kind of fun.
 ほんと、ありがとう、フィーブス!(犬に)うんと楽しいぞ、ああ、ほんと! (犬が頭をジョーイの足の間に入れる)うわ、そういう楽しさじゃないぞ。

《モニカ達の部屋:花束を持ったチャンドラーが来る》

Chandler: Happy Valentine’s!
 ハッピー・バレンタイン!

Monica: Okay! I’ll be right out. I’m slipping into something a little less comfortable, and a little more slutty.
 (寝室から)ハーイ! すぐ行くわ。今、ちょっと着心地悪いけどちょっとエロいものに着替えてるから。

Chandler: ‘Candy and Cookie’. ‘Candy and Cookie?’ Monica got me porn?! Girl-on-girl porn?! She really must love me!!
 (ビデオを見つけ)「キャンディとクッキー」。「キャンディとクッキー」? モニカがポルノを買ってくれたのか? 女の子同士のポルノ? 彼女本当に俺を愛してくれてるんだな!(ビデオを見る)

Man on TV: Yeah, just relax.
 (ビデオの声)はい、リラックスして。

Chandler: I love you, St. Valentine. . . . Woah, woah, that’s not pretty.
 愛してるよ、聖バレンタインさん。(ビデオの女性が苦しむ声)うわっ、うわっ。これはひどい。

Man on TV: Now, push!
 さぁ、力んで!

Woman on TV: Ow! Ow! Ooh! It hurts!
 あぅ! ああっ! ああっ! 痛い!

Chandler: Worst porn ever! Worst porn ever!
 最悪のポルノだよ! 史上最悪ポルノ!(リモコンを取る)

Woman on TV: Ohhh! Make it stop!
 ああっ! 止めて!

Chandler: I am trying!
 止めようとしてる!

《ジョーイの部屋:ジョーイが犬とボール遊び》

Joey: Get the ball, ready? Get the ball, get the ball!
(Joey pretends to throw it, but really doesn’t, and the dog goes running off.)
Well, you’re cute, but you’re not too smart!
 ボールを取ってこい、いいな? ボールを取ってくるんだ! ボール持ってこい!(投げるふりで犬が走り出す) おまえは可愛いけど、そう賢くはないな!

(犬がボールをくわえて帰ってくる)

Joey: … Did I just throw this?
 ・・・俺、これ投げた?

(レイチェルが来る)
Rachel: Hi.
 ハーイ。

Joey: Hi.
 ああ。

Rachel: I accidentally packed these with my stuff. . . Who is this?
 (何か返す)私、間違ってこれを持ってっちゃったわ。この子だれ?

Joey: Oh, that’s, uh, that’s Phoebe’s friend’s dog. I don’t know what his real name is, but I call him Mozzarella.
 ああ、それは、フィービーの友達の犬だよ。本当の名前はしらないけど、俺はモッツァレラって呼んでるんだ。

Rachel: Oh, well, you are so cute! I wish I could play with you more, but I’ve got to go to work! I hope I stop talking like this before my marketing meeting, yes I do. Yes I do. . . Bye-bye, Joey. Oh, I seriously can’t stop it.
 (犬に向かってかわいい声で話しかける)まぁ、あなた本当にかわいいのね! あなたとずっと遊んでいたいけど、仕事に行かなきゃいけないのよね! マーケティング会議までにこの話し方直さなきゃね。バイバイ、ジョーイ。あぁ、本当に直らないわ。(出て行く)

Joey: Come here. Hey. Come here. That’s Rachel. She’s the one who used to live here. Might as well be honest with you−we love her. But we can’t have her. I really miss her. Well, hey, you understand, right? You’re a guy. . . Well, you used to be.
 (犬に)おいで。ほら、おいで。あれはレイチェルだ。以前ここに住んでたんだよ。正直言うと、彼女を愛してるんだ。でも、叶わない。本当に恋しいよ。なぁ、おまえにもわかるよな? 男だろ?(犬のおなかを見て)以前は男だったんだな。

《モニカ達の部屋:呆然とするチャンドラー、モニカが寝室から来る》

Monica: So what do you think?. . . I’ve still got it!
 (赤いランジェリー姿で)どう思う? (チャンドラーは呆然としている。独り言で)まだ私いけるわね!

Chandler: Why did you get me this?
 なんでこんなの買ってくれたんだ?

Monica: What is it?
 それ何?

Chandler: It’s yelling…bleeding…dilating. Oh, the dilating…
 叫んでて、出血していて・・広がっていて。ああ、広がっていた・・

Monica: Is this the video of the baby being born? Sweetie, this is Phoebe’s. Why were you even watching it?
 これ、赤ちゃんが産まれるビデオでしょ? これフィービーのよ。どうしてあなたこれを見たりしたの?

Chandler: I thought…maybe…you got me porn for Valentine’s Day.
 俺・・もしかして、君がバレンタインにポルノを買ってくれたのかと思って。

Monica: Chandler, if you thought I was going to get you porn for Valentine’s Day… you were right! Apparently, it’s about a young girl who moves to the big city, you know, in search of stardom, but ends up having sex with a lot of guys! Yeah, it got four starts! . . Oh, wait a minute. Those aren’t stars. Anyway, you want to take a look?
 チャンドラー、もし、私がバレンタイン用にあなたにポルノを用意したと思うとしたら(ビデオテープを見せ)その通りよ! なんか、若い女の子がスターを夢見て都会に出てきて、結局たくさんの男とセックスするっていう話らしいわ。4つ☆なのよ。・・あら、待って。これ星じゃなかったわ。とにかく、見てみたい?

Chandler: Well, I’m not really in a sexy mood right now.
 いや、今そういう気分になれないよ。

Monica: Honey, what’s going on?
 ねえ、どうしたの?

Chandler: Well, remember the first time we saw Jaws?
 初めてジョーズを見た時のこと覚えてるだろ?

Monica: Mm-hmm.
 ええ。

Chandler: How long it took to go back in the water?
 また水に入れるようになるのにどれくらいかかった?

Monica: Chandler, we can’t let this tape wreck Valentine’s Day!
 チャンドラー、こんなテープにバレンタインデーを台無しにされたくないわよ!

Chandler: You don’t know. You didn’t see it.
 君はわからないんだよ。見てないんだから。

Monica: Child-birth, it’s a natural thing! It’s beautiful.
 子供の誕生よ。自然のことだわ。美しいことよ。

Chandler: Oh, beautiful? Really? Huh, really? You think this is beautiful?
 ああ、美しいって? 本当? 本当に? 君はこれを美しいと言う?(ビデオをプレイ)

Monica: Oh! Oh, my God! No wonder my mother hates me!
 まぁ! なんてことなの! 母が私を嫌うのももっともだわ!

Chandler: See, honey, there’s−
 ほら見ろよ、ね・・(モニカの膝にふれる)

Monica: Don’t touch me!
 触らないで!

《セントラルパーク:モナが来る》

Mona: Hi!
 ハーイ!

Ross: Hey! .. So, how was Atlantic City?
 やぁ! アトランティックシティはどうだった?

Mona: Good.
 よかったわ。

Ross: Yeah?
 そうか。

Mona: I brought you back a present.
 あなたにプレゼント買ってきたわよ。

Ross: Wha−? Oh, come on. You didn’t have to−saltwater taffy?! Thanks! This is interesting. You know, most people think this is made with sea water, but it’s actually made with, uh, salted fresh water. That’s not interesting.
 なに? なんだよ、そんなことしてくれなくても・・・海水タフィー?! ありがとう! これはおもしろいんだよ。たいていの人は、これは海水から作られてると思うけど、でも実は、塩と普通の水でできてるんだ。・・おもしろくなかったね。

Mona: I think it’s interesting.
 おもしろいと思うわ。

Ross: I do too! I missed you!
 僕もだよ! 君がいなくて寂しかったよ!

Mona: I missed you, too! So, how was your week?
 私もよ! それで、一週間どうしてた?

Ross: Oh, it was good! It was good. Actually, the baby started kicking!
 ああ、よかったよ。よかった。赤ちゃんが初めておなかを蹴ったんだよ。

Mona: How exciting!
 それはすごいわね!

Ross: Yeah! Oh! It was amazing. The only sad thing is I wasn’t around when it happened for the first time.
 そうなんだよ! ああ、素晴らしいよ。悲しいのは、その時僕がそばにいなかったことなんだけどね。

Mona: Oh, no.
 あら、まぁ。

Ross: Yeah, I’m missing out on all this other stuff, too. So, Joey suggested Rachel move in with me.
 そうなんだ、ほかにもいろいろ見逃しているんだ。それでジョーイが、レイチェルが僕と一緒に住んだらって提案してきたんだよ。

Mona: Yeah, right!
 (笑って)あら、いいわね!

Ross: What?
 え?

Mona: Joey cracks me up! It’s like, ‘Yeah, why don’t you have your ex-wife move in with you? That wouldn’t be awkward at all!’
 ジョーイったら笑わせるわよね。「そうよ、あなた元妻と一緒に暮らしたら? そんなの全然居心地悪くないわよ」(笑う)

Ross: Huh…uh-huh.
 は・・はは・・。

Mona: Huh, could you imagine? I go away for a few days, and come back, and my boyfriend is living with some woman he got pregnant! . . So, what’d you tell him?
 ね、考えられる? 数日いなくなってて、戻ってみたら、ボーイフレンドが、妊娠させた女と一緒に暮らしてるなんて! (笑う)それであなた、彼になんて言ったの?

(タフィーが口いっぱいでしゃべれないふり)

《セントラルパーク》

Phoebe: How could you not tell Mona that Rachel is living with you?
 どうしてレイチェルと一緒に暮らしてるってモナに言えなかったの?

Ross: I don’t know, she seemed to think it was such a crazy idea! Um, plus, she, uh, she got me taffy.
 わからないけど、彼女は、あり得ないって思うらしいんだよ。それに、彼女がタフィーをくれたし。

Phoebe: Taffy, really? I’ve never had any.
 タフィーって、ほんと? 食べたことないわ。

Ross: Ever?!
 一度も?!

Phoebe: Well, I think my mother was too busy planning her suicide to provide saltwater treats. . . Thank you! So what, you’re just never going to tell her?
 きっと、私の母親は自殺の計画で忙しくて、海水のお菓子なんてくれなかったんだわ。(ロスがひとつ渡す)ありがとう! それじゃ、彼女に話さないつもり?

Ross: Oh, no, no, no, I will! I just want to butter her up, first. You know, I’m going to take her to an amazing Valentine’s dinner. Do all this romantic stuff, and then, just when she thinks I’m the best boyfriend in the world, then I’m going to tell her that my pregnant ex-girlfriend is living with me.
 ああ、いやいやいや、話すよ! まず最初にご機嫌をとっておくんだよ。だから、豪華なバレンタインディナーに連れていくんだ。いろいろロマンティックなことをして、そして彼女が、世界一のボーイフレンドだなと思ったら、そうしたら妊娠した元ガールフレンドが一緒に住んでるって話すんだよ。

Phoebe: If I haven’t said it before, she’s a lucky, lucky lady! So, where are you going to−what the mother of crap is up with this stuff? . . Oh, God. Is it gum, is it food? What’s the deal? . . Oh, it’s nice! May I try a pink one?
 私以前にも言ったかしら、彼女って、本当にラッキーな人よね! それであなたどこに・・・(タフィーを味わって)いったいぜんたい、これって何なのよ?・・・ああ、もう・・これってガムなの、食べるもの? 何なのよ? ・・ああ、おいしいわね! ピンクのもくれる?

《ジョーイの部屋:犬と話すジョーイ》

Joey: So, between her and me being friends, and her history with Ross, it just isn’t going to happen. It would be like you falling in love with a cat.
 俺と彼女は友達だし、それに彼女にはロスとの過去もある。とにかくダメなんだ。これは、君が猫と恋に落ちるようなものなんだ。

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey!
 ハーイ!

Joey: Hey.
 やぁ。

Phoebe: Hey, buddy. How’s my favorite dog, huh? How’s my favorite dog? . . You’re subdued. . . Did you give him a beer?
 ハーイ、わんちゃん。私のお気に入りの子は元気? 私のお気に入りちゃんは元気? (犬は無反応)沈んでるわね。(ジョーイに)ビール飲ませたの?

Joey: No.
 いいや。

Phoebe: Will you excuse us? We need to talk for a moment.
 ちょっと失礼していい? ちょっと2人で話したいの。

Joey: Yeah, sure. … Oh, me, right!
 ああ、いいよ。・・あ、俺か、わかった。

(2人キッチン部分へ移動)
Phoebe: He’s miserable! What happened to him?
 彼ったら哀れな様子だわ! 何があったの?

Joey: Nothing. We just talked about stuff.
 何もないよ。ただ俺たち話してただけだよ。

Phoebe: What stuff?
 何の話?

Joey: Rachel stuff.
 レイチェルの話。

Phoebe: Oh…Joey, you bummed him out! This was the happiest dog in the world. And he spends half a day with you, and look at him!
 まぁ、ジョーイ、あなた彼を凹ませちゃたわ! 世界一幸せな犬だったのに! 半日あなたといただけで、ほら見てよ!

Joey: He’s breathing.
 息はしてるよ。

Phoebe: Okay, I’m gonna take him back to Wendy’s.
 いいわ、もうウェンディのところへ連れて帰るわ。

Joey: No, no, no, no! He’s fine! Look, look, look! . . Here’s your ball! Get your ball! Get your ball! . . Get your ball! Get your ball. . My God, what have I done to you, huh? I broke the dog! Pheebs, I broke the dog!
 ダメダメダメ! 彼大丈夫だから! 見て見て見て! (ボールを持ち犬に)ボールだよ! ボールもってきて、ボール持ってきて!(投げるが犬は動かない)ボール持ってきて! ボール持ってきて・・どうしよう、俺、何しちゃったんだろう? 犬を壊しちゃったよ、フィーブス、犬を壊しちゃったよ!

《ロスの部屋》

Ross: Well, I’m, uh, going to pick up Mona. What have you got going tonight?
 それじゃ、僕はモナを迎えに行くから。君は今夜どうするの?

Rachel: Oh, I’ve got big Valentine’s plans! I’ve got my Chinese food on the way, and the rest of your saltwater taffy!
 ああ、バレンタインのすごいプランがあるのよ! もうすぐ中華料理が届くし、あなたの海水タフィーもあるしね!

Ross: You know, it’s interesting! Most people think that’s made with seawater, when in fact−
 ねぇ、それって、おもしろいんだよ! たいていの人は、海水でできてると思ってるけど、実は・・

Rachel: Ross, we actually watched the documentary together. . . Ooh! My Chinese food! Let me get my cash!
 ロス、私達、そのドキュメンタリー一緒に見たわよ。(ノックの音)あっ! 私の中華料理が来たわ! お金取ってくる!(取りに行く)

Ross: Mona? What are−hi! What are you doing here? I’m, um, supposed to pick you up!
 (ドアを開ける)モナ?! 何を・・やぁ! 何をしてるの? 僕が迎えに行くはずなのに。

Mona: Change of plans, I made you a special Valentine’s dinner! Surprise!
 計画変更よ。バレンタインのお料理を作ってきたの! サプラーイズ!

Ross: Ayyyayyyy!
 イエェェェイ!

Rachel: Oh, hey, Mona!
 あら、ハーイ、モナ!

Mona: Hi! Hi. Hi, Rachel! . . What’s she doing here?
 あら、どうも、ハーイ、レイチェル!(ロスに)彼女ここで何してるの?

Ross: I have no idea!
 全然わかんない!
 
Rachel: I’ll be watching TV if anybody needs me.
 もし何かあったら、私部屋でテレビ見てるから。(寝室へ行く)

Mona: Seriously, what is she doing?
 ほんと、彼女何をしてるの?

Ross: You know, lately, she just likes hanging out here.
 最近、彼女ここにいるのが好きなんだよ。

Mona: Why?
 どうして?

Ross: I think she’s lonely.
 寂しいみたい。

Mona: Okay, but it’s Valentine’s Day!
 そう、でも、今日はバレンタインデーなのよ!

Ross: I know.
 そうだよね。

Mona: Can’t we just ask her to go?
 出てってもらうように頼めない?

Ross: No, no. She’s way too emotional. And by emotional I mean crazy.
 いや、ダメ。彼女、感傷的になりすぎててね。つまりもう、おかしくなっちゃってて。

(ドアベルが鳴りレイチェルが出る)
Rachel: I’m not here! That’s just my Chinese food!
 私の事は気にしないで! これは私の中華料理だから!

Mona: Oh, my God! She has food delivered here?
 なんてことなの! 彼女ここに食べ物を配達させてるの?

Ross: Mm-hmm. She’s−she’s emotional, but, but ballsy.
 うん、彼女は感傷的にはなってるけど、でも度胸はあるんだ。

Rachel: You know what I’m gonna do? I’m gonna get in my sweats, and eat this in bed!
 これからどうするかっていうとね、スウェットに着替えて、これをベッドで食べるの!(寝室へ行く)

Ross: And you thought she was going to be in our way! So, okay, why don’t you, uh, open the champagne, and I’ll be right back. I’ve got a surprise for you.
 彼女が邪魔になるって思ったのかな! それじゃ、シャンパンを開けててくれる? 僕はすぐ戻るからね。君へのサプライズを用意してるからね。

Mona: You got another ex-wife back there?
 ほかにも元妻がそこにいるの?

Ross: Please start drinking!
 先に飲んでて!

(レイチェルが寝室から再び出てくる)
Rachel: I’m just gonna grab the phone.
 電話をとりにきただけよ。

Mona: Oh, Rachel! Wait! Hey, I hope you don’t take this the wrong way, but, but, um… what are you doing?
 あ、レイチェル! 待って、ねぇ、悪く思わないでほしいんだけど、でも・・・あなた何をしてるの?

Rachel: Oh, I’m sorry! Do you need the phone?
 あら、ごめんなさい。電話使う?

Mona: No, no. Listen, Ross is too nice to say anything, but this is his apartment, and, and, we gotta have some boundaries, so why don’t you go back to your place and give us some privacy?
 いえ、違うの。ねぇ、ロスは優しいから言えないけど、でもここは彼の部屋なんだから、限度があるわよ。あなたは自分の部屋へ帰って、私達のプライバシーを尊重してほしいわ。

(ロスがプレゼントを持って戻る)
Rachel: But, Mona, I live here.
 でも、モナ、私ここに住んでるのよ。

Ross: Happy Valentine’s Day! …Or something to remember me by.
 (モナにプレゼントを渡し)ハッピーバレンタインデー! もしくは、お別れの印かな。

《モニカ達の部屋:まだショックから立ち直っていない2人》

Monica: How long has it been this time?
 今度はどれくらいもった?

Chandler: 90 seconds.
 90秒。

Monica: That’s better. 90 seconds is a long time not to think about it…except all I did was think about it.
 少しよくなった。90秒考えてなかったわ。ただ、その間ずっとそれ考えてたけど。

Chandler: You know, it haunts me. Up till now, the worst thing I ever saw, was my father doing tequila shots off the naked houseboy. After this, I would gladly make that my screensaver!
 なぁ、これにとりつかれたよ。これまで、今までに見た最悪なものって、父親が裸の使用人君の体からテキーラを飲んでたことだった。けど、これからは、喜んであれをスクリーンセーバーにするよ。

(body shot = 相手の首などにつけた塩をなめてからショットグラスのテキーラを飲み、相手がくわえたライムを食べる)

Monica: Okay, we have to get past this. Why don’t we get rid of the tape and pretend it never existed?
 ね、これは忘れましょうよ。テープはどっかやっちゃって、なかったことにしましょ。

Chandler: I could do that.
 そうだな。

Monica: Okay.
 ええ。
(チャンドラーがクッションの下にビデオをしまい込む)

Chandler: Okay. Now all we’ve got to do is get rid of this chair.
 よし。あとは、この椅子を捨てるだけだ。

(チャンドラーがモニカにキスをしようとするが、2人とも嫌だという様子。そこでノックの音)

Monica: Oh, thank God!
 ああ、助かった!

Chandler: Oh, I know!
 ああ、ほんと!

Monica: Come in!
 入って!

Rachel: Hi! I’m so sorry to barge in on your Valentine’s, but I had to get away from all the yelling. Mona is dumping Ross.
 ハーイ! バレンタインなのに来ちゃってごめんね。でも、怒鳴ってるから逃げるしかなかったのよ。モナがロスを振ってるとこよ。

Monica: Oh, my God.
 なんてことなの。

Chandler: Poor Ross.
 ロス、かわいそうに。

(モニカとチャンドラーは窓際へ、怒鳴られているロスを見に行く)

Chandler: Oh, great. We have to watch him do yoga in his underwear, but for this he closes the drapes!
 ああ、なんだよ。下着でヨガするのは見せるくせに、こんな時にカーテンしめてるよ!

Monica: Rach, you know that birthing tape you wanted to see? It’s here.
 レイチ、あなたが見たいって言ってた出産のテープだけど、ここにあるわよ。

Chandler: Oh, and we should warn you, before you watch it, don’t watch it.
 ああ、見る前に言っとくけど、見るなよ。

Rachel: Why? You saw it? Is it scary?
 どうして? 見たの? 怖いの?

Chandler: Well, let’s just say it’s ironic how footage of someone being born can make you want to kill yourself.
 そうだな、人が誕生するビデオが、死にたくなるなんて皮肉だなといっておくよ。

Rachel: Well, now, wait. Now I’m all freaked out. Come on, you guys will watch it with me.
 なに、待ってよ。怖くなっちゃったじゃない。ねぇ、2人とも一緒に見てよ。

Monica: No, but I will leave a sweater that smells like me right next to you.
 いやよ。でも、私の匂いのするセーターを隣に置いておくわ。

Rachel: Come on, seriously, you guys, you’re not going to make me watch this alone!
 なによ、本当に、2人とも、これを1人で見させないでよ。

Monica: She’s right…of course not. Honey, get the tape.
 そうよね。もちろんつきあうわ。ね、テープとって。

Chandler: This reminds me of a very specific part of the tape. . . Okay, here we go.
 (クッションの下に手を入れてビデオをとりながら)ビデオのある部分を思い出すな。(デッキにセットして)さぁ、始まるぞ。

Rachel: Okay. . . Ooh, my! . . Woah! Why is that baby torturing that woman?!
 いいわよ・・・おお! なんて・・・うわっ! どうしてあの赤ちゃんあの人をいじめるの?

Chandler: Why have I seen this thing three times?!
 どうして俺こんなの3回も見るんだ?

Monica: It’s still beautiful.
 でも美しいわ。

Rachel: Uh! It’s horrible!
 もう! ひどいわよ!

Monica: I know! I know, I’m so sorry for you!
 そうよね! ほんと、あなたかわいそうに!

Rachel: Oh, my God!
 オーマイゴッド!(モニカと2人、目を覆ってしまう)

Chandler: You guys, you guys, look!
 君たち、君たち、見て!

Rachel: What? Did her ass explode?!
 何? 彼女のお尻が爆発した?

Chandler: No, the baby’s out! Look, look!
 いや、赤ちゃんが産まれてきたよ! 見て! 見て!

Monica: Oh, look at those little fingers and toes!
 ああ、見て、あの手足の小さな指!

Chandler: And look how happy the mom is now.
 それにあのおかあさんの幸せそうな顔見ろよ。

Monica: Oh, Rach!
 ああ、レイチ!

Rachel: Oh, screw you guys, you don’t have to do it!
 もう、何よ、あなた達。あなた達はしなくてもいいのよね。

《セントラルパーク》

Ross: Hey, hey, man!
 やぁ、ジョーイ!

Joey: Hey, what’s up?
 やぁ、どうかした?

Ross: Uh…Mona just dumped me.
 あー・・モナに振られたよ。

Joey: Oh, man, I’m sorry. Why?
 ああ、なんだ。残念だったな。どうして?

Ross: Well, with everything that’s been going on lately, I haven’t exactly been the perfect boyfriend. You know, I, uh, I didn’t tell her I got Rachel pregnant. I gave her a key to my apartment, and then had the locks changed! And then I lied to her about Rachel moving in with me. In a way, I actually judge her for not breaking up with me sooner, you know?
 最近のいろんなこと考えてみても、僕は完璧なボーイフレンドではなかったもんね。レイチェルが妊娠したって言わなかっただろ。鍵をあげて、それから鍵を替えたし。それに、レイチェルが同居することについてもウソついたし。ある意味、もっと早く別れなかったことをどうかと思うよ。

Joey: Still, that really sucks, man. Especially on Valentine’s Day.
 それでもやっぱり、残念だったな。特にバレンタインデーになんてな。

Ross: Yeah. Wait a minute. What are you doing here? Joey Tribbiani without a date on Valentine’s Day? What’s going on, huh? Girl trouble?
 ああ。ちょっと待てよ。君はここで何してるの? ジョーイ・トリビアーニがバレンタインデーに相手がいない? どうしたんだ? 女の子のトラブル?

Joey: Sort of.
 まぁね。

Ross: Really?!
 本当に?

Joey: You don’t have to seem so happy about it.
 そう嬉しそうにしなくてもいいよ。

Ross: Oh, sorry. Well, look, maybe I can help.
 あ、ごめん。ねぇ、何か助けられないかな。

Joey: Oh, I…I d−
 ああ、いや・・

Ross: Hey, whatever it is, I am sure it has happened to me. You know, actually once−once I got dumped during sex. . . Anyway, so, uh, so what is it?
 なぁ、なんであれ、それは僕にも起きてることだからさ。一度、一度だけど、僕、セックスしてる最中に振られたことあるんだから。(そばにいた女性客がびっくりして見つめてくるので離れる)とにかく、どうしたんだ?

Joey: Forget about it. It’s no big deal.
 もういいよ。たいしたことじゃない。

Ross: Come on! Joey! What is it?
 なんだよ! ジョーイ! 何なの?

Joey: It’s nothing.
 何でもないよ。

Ross: Hey, hey, it’s me. Why can’t you tell me?
 おい、なんだよ。君と僕との間じゃないか。なんで言えないんだ?

Joey: Okay, uh…sit down. . . Um… there’s this woman that I like. A lot. But, uh…it can’t happen.
 わかったよ・・じゃ座って・・・えー・・好きな女性がいるんだよ。すごく。でも、ダメなんだよ。

Ross: She’s not a Tribbiani?
 トリビアーニさんなのか?

Joey: No!
 違うよ!

Ross: So, is she someone from work?
 それじゃ、その人仕事関係の人?

Joey: Yes.
 うん。

Ross: Well, uh, does she like you?
 それじゃ、彼女は君を好きなの?

Joey: Sometimes I think maybe she could. But it doesn’t matter, because I can’t do anything about it.
 彼女もそうかもって思うこともあるけど。でも、ダメなんだ。何もできることはないんだから。

Ross: Why not?
 なんで?

Joey: Well, it’s complicated. She was with this other guy. For a long time. Someone from work, too. And I could never do that to the guy, you know, because we’re really good friends.
 いや、込み入ってるんだよ。彼女には他につきあってた男がいるんだ。長いつきあいだ。彼も仕事関係でね。俺は絶対、彼に対してこんなことはできない。やつとはいい友達なんだ。

Ross: Okay, so, this guy, she used to go out with, is, uh… is he still in love with her?
 それじゃ、この彼女が以前つきあってた男だけど、その人は今も彼女を愛してるのか?

Joey: No. I don’t think so.
 いや。違うと思う。

Ross: Okay. Um… is he a good guy?
 そうか。それじゃ、彼はいい人?

Joey: Yeah, he’s the best.
 ああ、最高だよ。

Ross: Then talk to him! He might be fine with it.
 じゃあ話してみろよ。大丈夫かもしれないじゃないか。

Joey: Oh, I don’t know.
 いや、それはどうかな。

Ross: Joey, come on, it’s worth finding out. I mean, if you really like her.
 ジョーイ、試してみる価値はあるだろ。もし本当に彼女を好きならさ。

Joey: I do! So much! I can’t stop thinking about her! I can’t sleep, I−
 好きだよ。すごく! 彼女のこと考えるのをやめられないんだよ。眠れないし・・

Ross: Okay, Joey, you know what? You have to go for it. How often does this happen to you, huh? You owe it to yourself.
 そうか、ジョーイ、いいか? やってみなきゃ。こんなことしょっちゅうあることじゃないだろ? 自分のためだぞ。

Gunther: Here’s your warm milk.
 (ロスの前にカップを置く)温かいミルクだよ。

Ross: I’m gonna, um, put the bourbon in it at home.
 (ジョーイに)これは・・これは家に帰ってバーボンに入れるんだよ。

Joey: Oh, yeah.
 ああ、そうか。

Ross: Anyway… seriously, uh…just…just talk to the guy, okay? And let me know how it goes.
 とにかく、本当に、その彼に話してみるなよ。な? それでどうなったか、また教えて。(立ち去ろうとする)

Joey: It’s Rachel.
 レイチェルなんだ。
 (それを聞いたロスはフリーズする)

《ロスの部屋:レイチェルがビデオを見ようとしている》

Rachel: You’re gonna have a baby, and you need to be prepared. You’re gonna make yourself watch the whole thing. Just do it!
 (心の中)これから子供を産むんだから準備しておかないと。全部を見なきゃダメなのよ。見るのよ!(見始める)

Woman on TV: I came to the big city to become a star! I’ll do anything to make that happen!
 スターになりたくて都会に出てきたの。スターになるためだったら、何でもするわ!

Man on TV: Anything?
 なんでも?

Rachel: Hmm…maybe it starts with how she gets pregnant.
 (心の中)うーん・・もしかして、どうして妊娠したかってところから始まるのかも。




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 23:54| Comment(0) | Season 8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。