2013年11月12日

8-14 The One With The Secret Closet

8-14 秘密のクローゼットの話

 ☆見てはならないモニカの秘密☆

《モニカの部屋をフィービーがノックする》

Monica: Hey, what’s up?
 (バスローブ姿でドアを少しだけ開けるモニカ)ハーイ、どした?

Phoebe: Well, I left my guitar here again.
 またここにギターを忘れちゃったの。

Monica: Oh, okay. No problem.
 ああ、わかったわ。いいわよ。(ドアを閉めて、ギターを取りに行く)

Phoebe: Okay.
 うん。

Monica: Okay. Here you go.
 (ギターを渡す)はい、どうぞ。

Phoebe: Okay.
 ありがと。

Monica: Okay.
 ええ。

Phoebe: Great! Umm…
 よかった! あの・・(モニカがドアを閉めたのでノック)

Monica: What?!
 なに?

Phoebe: So do you want to hang out or something?
 ちょっとのんびりしたりなんかしない?

Monica: Phoebe! You kinda caught me at a bad time.
 フィービー、今は都合が悪いのよ。

Phoebe: Oh, are you and Chandler…
 あ、あなたとチャンドラー・・

Monica: Yes! Exactly.
 そうなの! それよ。

Phoebe: Okay. Do you guys want me to play for you?
 わかった。歌ってあげようか?

Monica: No.
 (笑って)いらない。(ドアを閉める。チャンドラーが帰ってくる)

Chandler: Hey, Pheebs, what’s up?
 やぁ、フィーブス、どうかした?

Phoebe: You ask an intriguing question, Chandler Bing.
 それすごく興味深い質問よ、チャンドラー・ビング。

(チャンドラーがドアを開けフィービーと一緒に部屋に入ると、モニカがマッサージを受けている)

Phoebe: Oh, my God! You’re getting a massage! You never let me massage you!!
 なんてことなの! マッサージしてもらってる! 私にマッサージさせなかったくせに!

Monica: Phoebe, I can explain!
 フィービー、説明させて!

Phoebe: You told me you hate massages!
 マッサージ嫌いって言ってたじゃないの!

Chandler: Buy stamps, pick up dry cleaning…Don’t let Phoebe in.
 (思い出す)切手を買う、クリーニングを取ってくる、フィービーは入れるな。

Phoebe: I can’t believe this! How long as this been going on?
 信じられないわ! いつからこんなことしてたの?

Monica: Well umm, Alexandra has been…
 ああ・・アレクサンドラは・・

Phoebe: Oh, it has a name?
 あら、名前があるのね?

Monica: Phoebe, don’t get upset!
 フィービー、怒らないで!

Phoebe: Okay−Oh! Too late! I’m leaving! Come on, Chandler, let’s go!
 そう・・あっ、手遅れね! もう行くわ! ほら、チャンドラー、行くわよ!

Chandler: Well, Phoebe, I thought I’d−Yeah, what the hell.
 いや、フィービー、俺は・・・ああ、まぁいいか。

《ジョーイが、レイチェルの出産の夢を見ている》

Joey: Oh, okay, okay! One more push! One more push! Come on, honey, we’re almost there! We’re almost there!
 ああ、よし、よし! もう一踏ん張り! もう一踏ん張りだ! ほら、ハニー、もう少しだぞ! もうすぐだ!

Rachel: Oh, Joey, I’m so happy things worked out for us that we’re having this baby together. I love you so much.
 ああ、ジョーイ、私達2人で子供を持てることになって、本当に嬉しいわ。本当にあなたのこと愛してる。

Joey: Oh, I love you too.
 ああ、俺も愛してるよ。

Rachel: And I hope it’s not an inappropriate time to say this, but you’re the best sex I ever had.
 こんなこと、今言うべきじゃないのかもしれないけど、でも、あなたとのセックスは最高だったわ。

Joey: That’s always appropriate! . . Oh, okay. Come on, one more push! One more push!
 それはいつでも言っていいんだよ! さぁ、頑張って、もう一踏ん張りだ、もう一踏ん張り!

(赤ちゃんの泣き声)

Doctor: There you go. Oh, here is your beautiful baby. Congratulations!
 ほら、生まれたわよ。はい、お二人のかわいい赤ちゃんよ。おめでとう!

(ジョーイが赤ちゃんを抱いて、見ると顔がロス)

Ross: I hope you’re a better father than you’re a friend!!
 友達だった時よりは、マシな父親になってくれよな!(恐怖で目覚めるジョーイ)

(レイチェルがノックして部屋に入ってくる)
Rachel: Joey! Joey!
 ジョーイ! ジョーイ!

Joey: What? What’s going on?
 なに? どうしたんだ?

Rachel: Come feel this! Come feel my belly!
 来てこれ触ってみて! 私のおなかに触って!

Joey: Aaaah…
 あー・・。

Rachel: Joey! The baby is kicking for the first time! Will you please come feel this?!
 ジョーイ! 赤ちゃんが初めて蹴ってるのよ! 来て触ってみてよ!

Joey: Really?!
 ほんと?!

Rachel: Yes!
 ええ!

Joey: Oh, you know what? Maybe uh, you…you should come to me. I’m a not, I’m not wearing any bottoms.
 あ、なぁ、君がこっちへ来てくれるかな。俺、下に何も履いてないから。

Rachel: Oh, okay!
 ああ、わかったわ。

Joey: Oh, my, oh, my God!
 (おなかに手をあて)ああ、うわ、すごいなぁ!

Rachel: Aw, it’s unbelievable! Wow! She is kicking so much! Oh, she’s like umm…oh…who’s that kind of annoying girl soccer player?
 ああ、信じられないわ! ワオ! すごく蹴ってるわね! 彼女ってまるで・・あの人誰だっけ、あのうるさいサッカー選手?

Joey: Mia Hamm?
 ミア・ハム

Rachel: Mia Hamm!
 ミア・ハムよ!

Joey: Oh, that’s amazing.
 ああ、すごいなぁ。(カバーを落とす)

Rachel: Oh-oh!! One hand on the sheet, Joe!
 ちょっと! カバーしててよ、ジョー!

Joey: Whoa-hey-oh! Sorry!
 うわっ! ごめん!

《モニカ達の部屋:チャンドラーが来る》

Chandler: Hey, babe.
 やぁ、ベイビー。

Monica: Hi, honey. We just got a wedding gift from Bob and Faye Bing. They don’t like us, do they?
 ハーイ、ハニー。ボブとフェイ・ビングさんから、結婚式のお祝いが届いたわよ。あの人達、私達を好きじゃないのね?(水玉模様のパンチ・ボウルを見せる)

Chandler: Who says you can’t get a nice punch bowl for under six bucks? Maybe we can take it back?
 6ドル以下でも素敵なパンチ・ボウルが買えるってことだよ。返品したら?

Monica: No, it doesn’t say where it came from. Where would we return it?
 どこで売ってたものかわからないのよ。どこへ返品するの?

Chandler: How about to the street, say from the balcony?
 道路は? バルコニーから返すとか?

Monica: Why don’t we just find a place for it?
 これを置く場所を考えましょうよ。

Chandler: Okay. How about in that cabinet?
 そうだな。そこのキャビネットはどう?

Monica: No! That’s where we keep the canned goods. Have you completely forgotten everything you learned at orientation?
 ダメよ。そこは、缶詰を置いておくところよ。オリエンテーションの時に教えたこと、完全に忘れちゃったの?

Chandler: How about the closet by the bathroom?
 バスルームの横のクローゼットはどう?

Monica: Oh, okay. Here, why don’t you let me do it?
 ああ、そうね。じゃあ私が入れておくわ。

Chandler: Oh, no-no-no, I will do it. Honey, you have to learn to sit down and relax and let your husband take care of things once in a while. . . It’s locked, you have to help me. Why is it locked?
 あ、いやいや、俺がやるよ。ハニー、たまには座ってリラックスして、夫に何かさせるってことを覚えてくれよ。(ドアを開けようとする)鍵がかかってる。助けて。なんで鍵かかってるの?

Monica: No reason. I-I keep private things in there.
 別に。ただ個人的なものを入れてるだけよ。

Chandler: Oh, you know, I’ve been living here a while and I’ve never seen what’s inside that closet. What is, what is in there?
 なんだよ、俺もしばらくここに住んでるけど、あのクローゼットの中は見たことがないよ。何が入ってるんだ?

Monica: Feminine stuff.
 女性用のものよ。

Chandler: Don’t try to make me uncomfortable with feminine stuff!
 女性用のものなんて言ってビビらせようとするなよ!

Monica: Chandler, there is nothing in there that concerns you! If you love me you’ll just let it go.
 チャンドラー、あなたには関係ないものばかりよ! 私を愛してるなら、そっとしておいて。

Chandler: Fine.
 わかったよ。

Monica: Thank you!
 ありがとう。(また開けようとしたチャンドラーを睨む)

Chandler: Love you.
 (戻ってきて)愛してるよ。

(フィービーが来る)
Phoebe: Hello, Chandler, lovely day, huh? . . . You!
 ハーイ、チャンドラー、いい天気よね?(モニカに)あなた!

Chandler: Phoebe, if it helps Alexandra has only been massaging Monica for like three years. . . If! I said, "If it helps!"
 フィービー、もしこれで気が楽になるなら言うけど、アレクサンドラがモニカのマッサージをしてるのなんて3年ぐらいなんだ。(フィービーは怒ったまま。モニカに)もし! 言っただろ、「もし楽になるなら!」

Phoebe: Why won’t you let me massage you?
 どうして私にマッサージさせてくれないのよ?

Monica: Well, it’s…I mean I’d just−I’d be self-conscious. You’re my friend, I’d be naked.
 だって・・なんか・・意識しちゃうじゃない。あなたは友達だし、私は裸になるんだし。

Phoebe: Monica! We lived together for years. I’ve seen you naked!
 モニカ! 私達何年も一緒に暮らしてたのよ。あたなの裸も見たことあるわ!

Monica: That’s different, we were roommates! And when?!
 それは違うわよ、ルームメイトだったんだもの! いつ見たのよ?!

Phoebe: I’m curious about the human body.
 私、人体に興味があるのよ。

Monica: Hey, come on, Phoebe, you can understand why this would be weird for me.
 ねぇ、お願いよ、フィービー、私にとって変な感じって、わかってよ。

Phoebe: But I’m a professional! And I’m really good! Look, if you’re uncomfortable we can stop. Just give me a chance, okay. Please?
 でも私はプロなのよ! 本当にうまいんだから! ねぇ、もし居心地が悪かったらやめればいいじゃない。一度試してみてよ、ね、お願い!

Monica: Okay, if it means that much to you…
 わかったわ。そんなにいうなら・・

Phoebe: It does! How would you feel if you couldn’t share your cooking? Or-or imagine how Ross would feel if he couldn’t teach us about dragons.
 言うわよ! あなただって、もしお料理をみんなにあげられなかったらどう? それとか、もしロスが、ドラゴンの話をできなかったらどう感じる?

Monica: Dinosaurs.
 恐竜よ。

Phoebe: Potato, potahto.
 たいして変わらないじゃないの。

《セントラルパーク:ロスが来る》

Ross: Hey!
 やぁ!

Joey: Hey, Ross! The baby’s kicking!
 やぁ、ロス! 赤ちゃんが蹴ったんだぞ!

Ross: What?! It is?!
 なにっ? そうか?!(手袋を外そうとして手を振りまくる)

Rachel: It’s not kicking right now. Although we would love to see you do … that again.
 今はもう蹴ってないわよ。でも、またこれ(手を振りまくるマネ)は見たいけどね。

Ross: Hey, when-when was it kicking? What happened?
 じゃあ、いつ蹴ったの? どうだったの?

Rachel: Last night. I just felt it and I went into Joey’s room and he was sleeping…
 昨日の夜よ。蹴るのがわかったから、ジョーイの部屋に行ったら彼寝てて・・

Joey: A dreamless sleep.
 夢も見ずに寝てた。

Ross: My God, the baby’s kicking. That’s great. Although I…kinda wish I-I would’ve been there to feel the kicking for the first time, you know.
 ああ、赤ちゃんが蹴ったのか。すごいな。だけど、初めて蹴った場にいたかったよ。

Joey: Well, I got stuff going on in here if you wanna feel.
 今ここ騒がしいけど、触ってみるか。(自分のおなかをなでる)

Ross: Look, I-I don’t want to miss anymore baby stuff. So…Here. Here’s my new pager number, okay? Anytime anything pregnancy related happens use it! I’ll be there! Okay? I don’t care if it’s three in the morning and all you want is ice cream.
 ね、もう赤ちゃんに関することを何ものがしたくないから、ほら、これ。これは僕の新しいポケベルの番号なんだ。いつでも何でもいいから、妊娠に関することが起きたら使って。すぐ行くから、ね? 朝3時でもいいし、君がアイスクリームが食べたくなったってだけでもいいから。

Joey: Wow! Can I get a copy of that?
 ワオ! 俺にもその番号教えて。

《フィービーの部屋:モニカがマッサージベッドに横になっている》

Phoebe: Are you under the sheet?
 カバーかけてくれた?

Monica: Yes.
 ええ。

Phoebe: Great, let’s begin. . How’s the pressure?
 いいわ、じゃあ始めるわよ。(マッサージを始める)力加減はいい?

Monica: It’s nice! Wow, Phoebe, you are good!
 いいわ! ああ、フィービー、あなた上手ね!

Phoebe: Stating the obvious, but thank you. And it’s not weird, is it?
 当たり前のことだけど、ありがとう。それに、変じゃないでしょ?

Monica: No. Ooohh…
 ええ。あああ・・

Phoebe: That’s right, you just enjoy.
 そうよ。ただ楽しんでね。

Monica: Oh. Oh, yeah! Ohhhhh! Ohh! Oh, yeah!
 おお。ああ、それよ! おおおお! おお! ああ、いい!

Phoebe: Okay.
 オーケー・・。

Monica: Oh, God, Phoebe!! . . Oh, that’s it! That’s it! Right there! Oh! . . Ooooh-oooh-ooooh…
 ああ、もう、フィービー! (フィービーは耳を手で覆う)ああ、そうよ! そこよ! そこそこ! ああ! ううーっ! ううー! ううーっ!!
(両手で耳を覆いながら肘でマッサージをするフィービー)

《モニカ達の部屋:クローゼットをあけようとするチャンドラー。誰か入ってくる音がする》

Chandler: I wasn’t trying to open your closet! I wasn’t trying to open your closet! I swear!
 クローゼットを開けようとしてたんじゃないよ! 君のクローゼットを開けようとしてたんじゃないよ! ほんと!

Joey: Whoa, Monica runs a pretty tight ship around here, doesn’t she? What are you doing?
 ウワオ・・モニカに相当厳しく管理されてるな。何してるんだ?

(run a tight ship = 厳しく監督する)

Chandler: Monica has a secret closet and she won’t let me see what’s in it.
 モニカが、秘密のクローゼットの中に何が入ってるか見せてくれないんだよ。

Joey: Why not?
 なんで?

Chandler: I don’t know! What could she possibly be hiding in here that I can’t see?!
 わからないよ。俺に見せられないような何を隠してるんだろう?

Joey: I don’t know. Ooh, I bet it’s Richard.
 なんだろうな。ああ! きっとリチャードだ。

Chandler: Why would Monica be keeping Richard in here?
 なんでモニカがここにリチャードを隠してるんだよ?

Joey: Well, off the top of my head uhh, maybe she’s having her cake and eating it too. You being the “cake” and Richard being the “too.” Or!
 そうだな、まず思いつくのは、ケーキを持ってて、それも食べてるのかもな。おまえが「ケーキ」で、リチャードが、「も」だぞ。それか!

Chandler: And here we go…
 ほらきたぞ。

Joey: I saw this movie once where there was a door and no one knew what was behind it, and when they finally got it open millions and millions and millions of bugs came pouring out and they feasted on human flesh. You know, it wouldn’t kill you to respect your wife’s privacy!
 映画で見たことがあるんだけど、何が入ってるのか誰もしらないドアがあって、ついにそれを開けると、たくさんたくさんたくさん、数えきれない虫が飛び出してきて、人の肉を食べるんだ。・・おい、妻のプライブシーを尊重してもバチはあたらないぞ!(ビビって出ていく)

《ジョーイ達の部屋:ジョーイが戻ってくる》

Joey: Stupid closet full of bugs!
 虫でいっぱいのクロゼットなんか!(ドアを閉めて鍵をかける)

Rachel: Joey. Joey, something feels weird and not good weird. I don’t−Whoa!!
 ジョーイ。ジョーイ、何か変な感じがするの。いい感じじゃないの。何か・・うぅっ!

Joey: Oh, hey, whoa-whoa, do not worry. Okay. When my sisters were pregnant they got every weird feeling in the book, it was always nothing.
 ああ、おい、おいおい、心配するなよ。いいか。俺の妹達も、妊娠してた時、いろんな変なことを感じてたけど、なんでもないんだから。

Rachel: Really?
 本当?

Joey: Absolutely. But, we’re gonna stop by the hospital just to be sure, okay? I’ll page Ross on the way. Come on.
 本当だよ。でも、念のために、医者へ行こう、いいな? 行く途中でロスをポケベルで呼ぶよ。行こう。

Rachel: Okay. Oh, God−Ow!−Oo!
 わかったわ。ああ・・あう! ああ!

Joey: Okay, Rach-Rach-Rach, look at me, look at me, everything’s gonna be fine, trust me. Okay. Take my hand. Here we go. . . Oww! Crushing bones! Good thing we’re going to a hospital.
 よし、レイチ、レイチ、レイチ、俺を見て俺を見て、何もかも大丈夫だから、俺を信じろ。いいな。手を取って。(手を取る)行くぞ。あううう! 骨がくだける! 医者へ行くからいいか。

《病院:診察室から出てくるレイチェル》

Joey: Hey! So?
 やぁ! どうだった?

Dr. Long: She’s fine. She’s experiencing Braxton-Hicks contractions, mild discomfort caused by contractions in the uterine wall.
 大丈夫ですよ。ブラクストン・ヒックス収縮といって、子宮壁の収縮によって起きるちょっといやな感じがするものです。

(Braxton-Hicks Contractions = False Labor前駆陣痛のようなもの)

Rachel: Hmm, mild discomfort? So I take it you’ve had one of these Braxton thingies?
 ちょっとイヤな感じ? じゃああなたもそのブラクストン何とかってのを経験したことがあるっていうの?

Joey: So but everything is normal?
 それじゃ、とにかく大丈夫ということ?

Dr. Long: Absolutely.
 大丈夫です。

Joey: And-and there’s no danger to her and the baby?
 それじゃ、彼女にも赤ちゃんにも危険はないんだね?

Dr. Long: No-no. Contractions can be unnerving if you don’t know what they are, but she’s fine.
 いやいや、収縮は、知らないと不安になることかもしれないが、大丈夫だよ。

Rachel: Thank you, doctor. Oh, thank you for being so nice and calm.
 ありがとう、先生。(医師は出て行く。ジョーイに)ありがとう、優しく落ち着いててくれて。

Joey: Calm?! I wasn’t calm! I’ve never been more scared in all my entire life!
 落ち着いて? 落ち着いてなんかいなかったぞ! 人生でこんなに怖かったことはないよ!

Rachel: But wait, you said everything was gonna be okay.
 でも待ってよ、あなた、何もかも大丈夫って言ったじゃない。

Joey: Well, what do I know?! I’m not a doctor!
 俺に何がわかる? 俺は医者じゃないぞ!

Rachel: But I−But everything is okay. I’m fine!
 でも、でも、何もかも大丈夫よ。大丈夫!

Joey: You sure?!
 本当に?

Rachel: Yes! Yes! I got half a mind to contract that doctor’s uterus though. Mild discomfort, what’s he talking about?
 ええ! でもあのドクターの子宮も収縮したらいいのにって思うけど。ちょっとイヤな感じだなんて。まったく何を言ってるのよ?

(ロスが来る)
Joey: Oh, hey-hey!
 あ、おい!

Ross: Is everything okay?
 大丈夫なのか?

Rachel: Yeah, everything’s fine!
 ええ、大丈夫よ。

Ross: Your page said come to the hospital, what? What was it? What happened?
 ポケベルでは病院へ来いっていうことだったけど、何? 何だったの? 何が起きたの?

Joey: Something called Braxton-Hicks contraction.
 ブラクストン・ヒックス収縮だって。

Ross: Oh. Oh. Thank God. That’s no big deal. Most women don’t even feel them.
 ああ。ああ、なんだ。それなら大したことじゃないよ。たいていの女性は感じもしないものなんだ。

Rachel: Okay, no uterus, no opinion.
 ちょっと。子宮のない人に意見は言わせないわよ。

Joey: Hey, uh, what’s with the candy?
 なぁ、そのキャンディは何だ?

Ross: Oh, when you beeped me I was on line at the concession stand at the movie theater.
 ああ、ポケベルが鳴った時、僕は映画館のスナック売り場にいたんだよ。

PGE_Park_concession_stand.jpg
(concession stand = concession は土地使用権・場内売り場)

Rachel: Oh, you went to the movies by yourself?
 まぁ、あなた1人で映画を見に行ってたの?

Ross: No, I−Mona!
 いや、僕は・・モナ!

Rachel: Oh, I gotta go back in there.
 あっ、私ちょっとあそこに戻るわ(診察室へ向かう)

Ross: What? Why? What’s wrong?
 なに? どうして? どうかしたの?

Rachel: No, everything’s fine. I just gotta go back…
 いえ、大丈夫よ。ちょっと戻って・・

Ross: No, really, you tell me what’s up.
 いや、本当に、どうしたのか言ってよ。

Rachel: I-I forgot my underwear.
 ・・下着を忘れたのよ。(診察室へ行く)

Ross: So, thanks so much for bringing her to the hospital.
 (ジョーイに)彼女を病院に連れてきてくれて、本当にありがとう。

Joey: Oh, hey, don’t worry about it, man. Don’t worry about it, no big deal.
 ああ、心配するなよ、そんなこと。心配するな。大したことじゃないよ。

Ross: Yeah, but still, I mean it should’ve been me. I’m the dad.
 ああ。だけどな。僕がするべきなのに。僕が父親なのに。

Dr. Long: Uh, if you have any questions, here’s some information on Braxton-Hicks. . . Oh, and by the way, you did the right thing by bringing her in. You’re gonna make a wonderful father.
 (ジョーイにパンフレットを差し出し)もし何かわからないことがあれば、ここにブラクストン・ヒックスのことが書いてあるから。あ、それから、彼女を連れてきてくれたことはよかったよ。君は素晴らしい父親になるよ。

Joey: Oh, uh, hey. Not as good as this guy! . . He brought Twizzlers!
 ああ、いや、この男ほどじゃないさ!(ロスの肩を抱く)彼はトゥイズラーを買ってきたんだから!

twizzlers.jpg(Twizzlers)

《モニカ達の部屋:クローゼットを開けようとするチャンドラーとジョーイ》

Chandler: There has got to be a way!
 何か方法があるはずだ!

Joey: Easy there, Captain Kirk. Oh, do you have a bobby pin?
 落ち着けよ、カーク船長。そうだ。おまえ、ヘアピン持ってない?

(スター・トレック(The Ultimate Computer)で、カーク船長が “There’s go to be a way of getting to the M-5. There’s go to be a way!” と言う。)

Chandler: Yeah. . . Oh, no, wait, I’m not an nine-year-old girl.
 ああ(髪に手をやり)あっ、待ってくれよ。俺は9歳の女の子じゃないぞ。

Joey: Then why do you throw like one?
 じゃあなんでおまえ女の子みたいな投げ方するんだよ?

スクリーンショット 2013-11-10 23.48.23.png
(throw like a girl − 肘を曲げて投げると女の子っぽい投げ方)

Chandler: Maybe Monica has a bobby pin.
 モニカがヘアピンを持ってるかもな。

Joey: Sure. "Monica."
 はいはい、モニカのね。

Chandler: So, how’s the hideously inappropriate crush on Rachel coming?
 それで、おそろしく不適切な、レイチェルのぼせはどうなった?

Joey: Uh, really good. Really good. Yeah, I should be ready to kill myself any day now. . .Wow, you sure found that quick. . . I just−I wish I didn’t feel this way about Rachel anymore, you know? I wish things could go back to normal. I mean, I love living with her and God, helping out with the baby is just amazing. But now I think…I think Ross feels left out. You know? When I had to take Rachel to the hospital, the doctor thought I was the father. God… You should’ve seen the look on Ross’s face. … By the way, I have no idea what I’m doing here. For all I know I’m just locking it more. Oh, hey, did you try opening it with a credit card?
 すごくいいよ。すごくいい。ああ、いつでも死ねるようにした方がいいかもな。(チャンドラーがヘアピンを持ってきて渡す)わお。本当にすぐ見つけてきたな。(鍵を開けようとする)とにかく・・レイチェルにこんな気持ちを持つのをやめられたらと思うよ。何もかも今まで通りに戻るのに。彼女と一緒に暮らしてるのがすごく気に入ってるし、ああ、ほんと、赤ちゃんのことで支えてやるのって最高だよ。でも、多分、ロスが取り残されたように感じてるみたいなんだ。病院へレイチェルを連れていった時、ドクターが俺が父親かと思っちゃってさ。ああ。あの時のロスの顔見せたかったよ。・・ところで、俺これがどうなってんのか全然わからないんだけど。ますます開かなくなってる気がするぞ。あ、そうだ。クレジットカードで開けてみた?

Chandler: That’s a good idea.
 それはいいな。

Joey: Yeah.
 ああ。

Chandler: Okay. . . So uh, Ross is kinda bummed, huh?
 よし。(チャンドラーがクレジットカードで試す)それじゃ、ロスはへこんでるのか?

Joey: Oh, I just…I feel terrible.
 ああ、ほんと・・俺、悪い気がするよ。

Chandler: Well, it’s not your fault. What are you gonna do? Not take her to the hospital? You know? You’re doing nothing wrong. . Except for harboring an all consuming love for the woman whose carrying his baby. . . Richard? If-if you’re in there, could you pass me my credit card?
 いや、おまえのせいじゃないよ。どうするんだよ、医者に連れていかないってのか? 何も悪いことをしたわけじゃないよ。あいつの子供を妊娠してる女の子を密かに愛してるっていう以外はな。(カードをドアの向こうに落とす)・・リチャード? もしそこにいるなら、クレジットカードこっちにくれる?

《セントラルパーク:モニカが来る》

Monica: Hey.
 ハーイ。

Phoebe: Hey.
 ハーイ。

Monica: I gotta tell you, yesterday was amazing. That massage felt so good!
 ねぇ、ほんと、昨日は素晴らしかったわ。あのマッサージ、本当に気持ちよかった!

Phoebe: No-no, I got that.
 ああ、わかってる。

Monica: So umm, what do you say we make it a weekly appointment?
 それでね、毎週やってもらうってことにしたいんだけど、どう?

Phoebe: Okay. Okay but you should know though, I’ve raised my rates to $200 an hour.
 いいわよ。でも、言っとくけど、1時間200ドルにあげたのよ。

Monica: Okay.
 いいわよ。

Phoebe: I mean $500.
 いえ、500ドルよ。

Monica: What?
 えっ?

Phoebe: 600.
 600。

Monica: What’s going on?
 どうかしたの?

Phoebe: Oh, you make sex noises when you get massaged!
 ああ、あなた、私がマッサージすると、セックスの時の声をあげるんだもの。

Monica: What?
 なに?

Phoebe: Yeah, and it really freaked me out! And after a while I even tried to hurt you and it just spurred you on.
 そうよ。本当に怖くなっちゃったわ! だからしばらく痛いくらいにしてみたんだけど、あなたよけい激しくなっちゃったのよ。

Monica: What?! You’re crazy! There’s nothing sexual about the noises I make!
 なんですって? そんなバカな! 私の出す声がセクシーなんてことないわよ!

Phoebe: Really? There’s nothing sexual about this? Oooh. Oo God! Ohh. Ohhhh. Ohh. . . What are you looking at?! … I mean, hi.
 そうかしら? これ、セクシーでも何でもない? うーっ。ああっ! おおっ! うぅぅ! おお!(モニカのマネ。見つめてきた男性客に)何を見てるのよ。・・っていうか、ハァイ!

Monica: Oh, my−This is so embarrassing. Oh, my God, I’m never gonna get massaged again!
 ああ、やだ・・めちゃくちゃ恥ずかしいじゃないの。ああ、なんてこと。もう二度とマッサージしてもらえないわ!

Phoebe: No, you can’t let this stop you from getting massages! No, look, I have, I have lots of clients that make the same noises you do!
 ダメよ。こんなことで、マッサージをやめるなんてダメよ! ね、私にはたくさん、あなたみたいな声を出すお客さんがいるわよ。

Monica: Really?!
 本当?

Phoebe: Well, not clients, lovers. But let’s just, you know, try it again. Come back and-and we’ll work through it.
 いえ、お客さんじゃなくて、恋人達だけど。でもね、またやってみましょうよ。また来て、そしてやってみましょ。

Monica: Are you sure?
 本当に?

Phoebe: Yes.
 ええ。

Monica: I guess.
 いいけど。

Phoebe: Great! Okay, now, if you’ll just excuse me. . . So, did you hear something you liked?
 よかった! それじゃ、ちょっと失礼していい? ・・・(さっきの男性客に)それで、何かいいもの聞いちゃった?

《ジョーイ達の部屋:ロスが来るとレイチェルがおなかの上に缶を立てている》

Rachel: Hey, Ross! Check it out! I learned a new trick. Huh?
 あら、ロス! これ見て! 新しい芸を覚えたわよ。ほら。

Ross: Hey, uh, I brought you some lunch.
 ああ、ね、君にお昼持ってきたよ。(サンドイッチを渡す)

Rachel: Ohh! That’s so sweet of you! Oh, yum! . . . Did you put pickles on this?
 わぁ! あなた本当に優しいのね! ああ、おいしそう!(食べて)ピクルス入れた?

Ross: Well, yeah!
 ああ!

Rachel: Oh, Ross!!
 もう、ロス!(バスルームへ走って行く)

Ross: What?! What?! Rach, what?!
 何? 何? レイチ、何だよ?

Joey: What’s going on?
 (寝室から出て来て)どうしたんだ?

Ross: I made her favorite, tuna salad with pickles.
 彼女の好きなサンドイッチを作ったんだ。ツナサラダとピクルス。

Joey: Pickle? Pickle makes her sick. Giving her pickle is like giving me salad.
 ピクルス? 彼女、ピクルスで気持ち悪くなるんだよ。彼女にピクルスあげるのは、俺にサラダくれるのと同じだよ。

Ross: I-I’m sorry, Rach, I didn’t know. Are you gonna be okay?
 (バスルームに向かって)ごめんよ、レイチ、しらなかったよ。大丈夫かい?

Rachel: Yeah, I’ll be fine. But could someone please make sure that sandwich is gone when I get out there?
 ええ、大丈夫よ。だけど、私が出て行くまでに、サンドイッチはどっかにやっておいてね。

Joey: I’m on it!
 いまやってる!(食べている)

Ross: I can’t believe this! I shouldn’t be the one making her throw up!
 信じられないよ! 僕が彼女に吐かせてしまうなんて!

Joey: Dude, relax! It could happen to anyone.
 落ち着けって! 誰にでもあることだよ。

Ross: Yeah? Not to you, because you know this stuff. I don’t know any of it and I’m the father. I just. . I wish I’d be more involved, you know.
 そうか? 君ならしないよ。君は知ってるからね。僕は何も知らないんだ。父親なのに。とにかく僕は・・もっと関わっていたいよ。

Rachel: Well, if anyone is keeping score, I no longer eat tuna.
 (バスルームから出てきて)誰か記録してるなら言っとくけど、もうツナも食べないわ。

Joey: Hey, uh, can I talk to you guys for a second?
 なぁ、ちょっと、2人に話したいんだけどいいか?

Ross: Yeah.
 ああ。

Rachel: What’s up?
 どうしたの?

Joey: Sit down. I wanna talk about our situation.
 座って。ちょっとこの状況について話したいんだ。

Rachel: Are you breaking up with us?
 あなた、私達と別れる気?

Joey: The thing is…’cause I live with Rachel I’m here for a lot of the stuff, okay? And Ross…Ross is missing everything. So…
 それが・・俺がレイチェルと一緒に暮らしてるから、いろんなことしてやれるだろ? それでロスは・・ロスはなにもかも見逃してしまってる。それで・・

Rachel: Yeah?
 なに?

Joey: Maybe you two should live together.
 君ら2人で一緒に住むべきじゃないのかな。

Rachel: Are you asking me to move out? Do you not want me here?
 あなた、私に出てってほしいっていうの? ここにいてほしくないの?

Joey: Oh, no-no, no-no, I love living with you. It just seems that…if you’re gonna have a roommate, you know, it might as well be the father.
 あっ、いやいや、いやいや、君と一緒に暮らすのはすごく気に入ってるよ。ただ、君がルームメイトを持つなら、それは父親の方がいいんじゃないかな。

Rachel: But Joey, I don’t think Ross wants me to move into his apartment and disrupt his life like that. I mean−Or he does.
 でもジョーイ、ロスは、私が彼の部屋に移って彼の生活をめちゃめちゃにしてほしくだろうし・・(ロスと目があって)来て欲しいのかも。

Ross: No, I-I-I would love to be around for you and the baby. And we-we can just try it like on a temporary basis.
 いや、君や赤ちゃんのそばにいたいよ。それに、一時的に試すつもりでやってみたらいいんじゃないかな。

Rachel: But Ross, its you and me!
 でも、ロス、あなたと私よ?

Ross: So? Sure! But it-it wouldn’t be anything romantic. And I’m-I’m dating Mona−Damn it, Mona! I was supposed to meet her like an hour ago! What is wrong with me?!
 それで? いいさ。だけど別にロマンティックなことじゃないだろ。それに僕はモナとつきあってるんだし・・・しまった、モナ! もう約束から1時間くらい経っちゃったよ。僕ってどうなってるんだろう?

Joey: All right, now, so? What do you think?
 よし、それで? どう思う?

Rachel: I don’t know. Is it crazy?
 どうしよう。おかしくない?

Ross: No! No, it’s not. Joey, this is a smart idea.
 いいや! そんなことないよ。ジョーイ、これはいい考えだよ。

Joey: Well, I was due.
 当然だろ。

Rachel: Okay, let’s do it. I’ll move in.
 わかったわ、そうしましょ。引っ越すわ。

Ross: Really?
 本当?

Rachel: Yeah.
 ええ。

Ross: Oh, Rach, that’s great. That’s great.
 ああ、レイチ、すごいよ。うれしいよ。

《モニカ達の部屋:チャンドラーがクローゼットドアの蝶番を外している》

Chandler: Not too shabby, I got this all off myself…using my wife’s tools. . . Oh, my God!
 そんなにひどくもないさ、俺1人で外したぞ。妻の道具を使ってな。(ドアを外すと上から下までごちゃっと物が詰まっている)うわ。なんだこれは!

(モニカが入って来て驚愕)
Monica: How did you get in there?!
 どうやって開けたの?!

Chandler: You’re messy.
 君がとっ散らかしてる。

Monica: Oh, no! You weren’t supposed to see this!
 ああ、ダメよ! あなたが見ちゃいけないのに!

Chandler: I married Fred Sanford!
 俺はフレッド・サンフォードと結婚したんだ!

Sanford and Son というドラマの主人公)

Monica: No, Chandler, you don’t understand! . . Okay! Okay! Okay! Fine! Now you know. Okay? I’m, you know…I’m sick.
 違うのよ、チャンドラー、あなたわかってないのよ!(チャンドラーがドラマのテーマソングを歌う)いいわよ、いいわよ、いいわよ、もういい! もうあなたに知られちゃったわ。私・・私って、異常なのよ。



Chandler: No, honey, you’re not sick! Look, I don’t love you because you’re organized, I love you in spite of that.
 違うよ、そんな。異常なんかじゃない! ね、俺は、君が片付け好きだから愛してるんじゃない。俺は、それにもかかわらず、愛してるんだ。

Monica: Really? You promise you won’t tell anyone?
 本当? 誰にも言わないって約束してくれる?

Chandler: Yes! And look, now that I know if I got some extra stuff lying around, can we share the closet?
 ああ! それから、もう俺は知ってるんだから、俺のもので置き場所に困ったら、クローゼット使わせてくれる?

Monica: Well…it’s just umm…I’m afraid you might mess it up.
 でも・・だけど・・めちゃくちゃにされたら困るから。

《ジョーイの部屋:チャンドラーが来る》

Chandler: Hey.
 やぁ。

Joey: Hey.
 (巨大なボトルからジュースを飲んでいる)やぁ。

Chandler: So Rachel’s all moved out, huh? How are you taking it?
 レイチェルは出て行ったんだな? 気分はどうだ?

Joey: Well uh, I wanted to have a few beers, but uh, I got rid of those because Rachel couldn’t stand the smell of them. But I have thrown back a lot of orange juice with calcium though. And uh, it’s a couple weeks past it’s expiration date, so it’s got a bit of a kick.
 そうだな。ビールが欲しかったんだけど、レイチェルがあの匂いに耐えられないからって、置いてなかったんだよな。でも、カルシウム入りのオレンジジュースがたくさん残ったからさ。ただ、これ賞味期限を2週間ぐらい過ぎててるからな、スリリングだよ。

Chandler: Are you okay?
 おまえ、大丈夫か?

Joey: Are you kidding me? I’m great! Yeah, I’m uh, I’m better than great. I am good. And now that she’s gone, I can uh, I can do all this stuff around here that I couldn’t do before, you know? Like umm, I can walk around naked again. You know? I can uh, I can watch porn in the living room. Right? This is uh, this is good for me. You know? I like being on my own, I’m uh, better off this way. I’m uh, a lone wolf. You know? A loner. Alone. All alone. Forever. What’s a wolf gotta do to get a hug around here?!
 冗談だろ? 俺は絶好調だよ! ああ。絶好調以上だよ。いいよ。彼女が行っちゃったから、もう、できなかったことができるだろ。たとえば・・また裸で歩き回れるよ。リビングでポルノ映画も見ることができるしな。俺にはよかったんだよ。な? 俺1人でいるのが好きなんだ。この方がいい。俺は一匹狼だ。1人。一人きり。永遠に。・・ここいらで狼はどうやったらハグしてもらえるんだよ?!(チャンドラーが駆け寄りハグ)

《フィービーの部屋:モニカにマッサージするフィービー》

Monica: Ohhh.
 おおぉ・・。

Phoebe: That’s it. Just relax.
 そうよ。リラックスして。

Monica: Ohh. Oh! Ohh!
 おお! ああ! おおぉ!

Phoebe: Come on, more!
 ほら、もっとよ!

Monica: Oh, God!
 ああ、もう!

Phoebe: Yeah, you like that, don’t you?
 ああ、これが好きなのよね?

Monica: Oh, yeah, right there!
 ああ、そうよ! そこよ!

Phoebe: You want it there? You take it there, baby!
 ここにほしいの? ほらそこよ、ベイビー!

Monica: Uh… Phoebe?
 あー・・フィービー?

Phoebe: Yeah, say my name. Say it! . . . And now I’m going to cover you back up, and I won’t be speaking with you for several weeks.
 そうよ、私の名前を言って。言うのよ!(我に返る)さぁ、カバーかけるわよ。当分あなたと口きかないから。



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

YouWishSBT-c.jpg
これも文化の違いでしょうか。
日本では、女っぽい投げ方とか気にしませんよね?
気にする?
posted by らんち at 00:59| Comment(0) | Season 8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。