2013年11月11日

8-13 The One Where Chandler Takes a Bath

8-13 チャンドラーが入浴を楽しむ話

 ☆素敵なバスタイム☆

《ジョーイ達の部屋:ジョーイがコーンフレークを食べている》

Joey: All right. It’s a new day. All that stuff about Rachel, you don’t feel that now. It was crazy! You’re fine. You’re better than fine! You are, as your friend Tony would say, “Grrrreat!” Everything’s normal! She’s just your friend, Rachel! Your friend, Rachel. Your friend! Rachel.
 (心の中)よし。新しい日だぞ。レイチェルのことはなんとも思ってない。あれはおかしかったんだ! おまえは大丈夫。大丈夫以上だ! おまえの友達のトニーが言うように、「グレート!」 何もかもが元通り。彼女はただの友達、レイチェルだ。友達のレイチェル。友達! レイチェルだ。

Frosted-Flakes.jpg
(Tony = コーンフレークのキャラクター。この↓CMの中では子供がマネをして”Great!”と言っています。)


(レイチェルが寝室から出てくる)
Rachel: Hi, sweetie.
 ハーイ、ジョーイ。

Joey: Hey, it’s your girlfriend, Rachel!
 (心の中)ああ、ガールフレンドのレイチェルだ!

《モニカ達の部屋:モニカがバスルームから出てくる》

Monica: Hi.
 ハァイ♪

Chandler: Are you, are you high?
 君...君、ハイになってる?

Monica: I just had the most amazing bath.
 すばらしいお風呂だったわ。

Chandler: Really? I don’t like baths.
 ほんと? 俺お風呂は嫌いだよ。

Monica: Wait, you like them with me.
 待ってよ、あなた私と一緒に入るの好きじゃないの。

Chandler: Honey, it’s not the bath I enjoy, it’s the wet, naked lady.
 ハニー、俺が楽しんでるのはお風呂じゃない、濡れた裸の女性だ。

Monica: Oh, baths are so relaxing!
 ああ、お風呂って本当にリラックスできるわ。

Chandler: Really? What do you do? You just sit in there stewing in your own filth.
 そうか? 何をしてるかっていうと、座って自分の垢にまみれてるんだぞ。

Monica: How dirty do you think I am? I’m telling you, if you had some candles and some bubbles and some music, you would love it! It would take all of your stress away.
 私がどんなに汚いと思ってるの? ほんと、キャンドルを立てて、泡風呂にして、音楽をかけて・・あなた絶対気に入るって! ストレス全部、解消できるわよ。

Chandler: Honey, it’s 2:00 on a Wednesday and I’m watching Road Rules, how stressed do you think I am?
 ねぇ、水曜日の午後2時に、ロード・ルールズを見てるんだぞ。どんなストレスがあるっていうんだ?

(Road Rules = リアリティ・ショー)

(モニカは寝室へ行く・ジョーイが来る)
Joey: Hey, Chandler, you got a minute? I-I really need to talk to you.
 なぁ、チャンドラー、ちょっといいか? 俺、どうしても話したいことがあるんだ。

Chandler: Oh! Uh, yeah! Is this a cold pizza talk or a leftover meatloaf talk?
 ああ! いいよ。冷えたピザの話、それとも残ったミートローフのこと?

Joey: Well, neither.
 どっちでもないよ。

Chandler: Oh, my God, what’s up?!
 えっ、驚いたな、どうしたんだ?

Joey: I don’t know. It’s-it’s just…lately, I’ve been feeling… Okay, here’s what it is. . . . You know what? I feel a lot better, thanks!
 なんていうか・・ただ、最近、感じてるんだけど・・・。こういうことなんだ。・・・ああ、気が楽になったよ、ありがと!(出て行こうとする)

Chandler: Oh, no-no, no, you don’t, just come back.
 ああ、ダメダメダメ。いいから戻ってこい。

Joey: All right. Okay. You and Monica, friends for a long time, and sure, there are rules, but then you went to London. Oh, no, but that’s different. I mean, there are rules there, too! You know what I mean?
 わかったよ。おまえとモニカは、長い間の友達だ。そして間違いなく、ルールがある。でも、ロンドンに行った。ああ、だけどそれは違うよな。だってそこでもルールがあるもんな。わかるだろ?

Chandler: Do you?
 おまえは?

Joey: It was different for you guys! I mean, I mean, you were both in the same place, right?
 おまえ達の場合は違うよな! だってほら、君らは同じ場所にいた、だろ?

Chandler: In London?
 ロンドンでか?

Joey: Yeah.
 ああ。

Chandler: Yes. When Monica and I were in London, we were both in London.
 そうだ。モニカと俺がロンドンにいた時は、俺たち2人ともロンドンにいた。

Joey: You know what? This is a bad idea. Forget it. Forget all about it, and listen, do me a favor, this conversation between you and me.
 なぁ、これはダメだ。忘れてくれ。今のは全部忘れてくれ。それと頼むよ、今の話は誰にも言うなよ。

Chandler: If that.
 話があったか。

《セントラルパーク:レイチェルとフィービーのそばにロスが来る》

Rachel: Hi! Oh, Ross, don’t forget, we have that doctor’s appointment tomorrow!
 あら、ロス、忘れないでね、明日はお医者様の検診よ。

Ross: Right.
 わかった。

Phoebe: Hey, are you going to find out the sex of the baby?
 ねぇ、あなた達、性別教えてもらうの?

Ross: No-no, we talked about it. We don’t want to know. All we care about is that it’s happy and healthy.
 いやいや。その話はしたんだ。知りたくないんだよ。僕らにとっては、赤ちゃんが幸せで健康であればいいんだ。

Rachel: Yep! Happy and healthy! And cute!
 そうよ! 幸せで健康! そして可愛い!

Ross: And smart!
 そして賢い!

Rachel: Popular.
 人気者。

Ross: With an aptitude for science.
 科学の才能がある。

Phoebe: Are you two talking about the same baby? Hey! Have you started off thinking of names yet?
 あなた達、同じ赤ちゃんの話してる? そうだ! あなた達、もう名前を考え始めてる?

Rachel: Oh, yeah! I’ve come up with a bunch of ideas!
 ええ! たくさん思いついたのよ。

Ross: Really? Me too!
 本当? 僕もだよ!

Phoebe: Me too!
 私もよ!

Rachel: Really?!
 本当に?

Phoebe: Uh huh! If it’s a girl, Phoebe, and if it’s a boy, Phoebo.
 ええ。もし女の子なら、フィービー、そして男の子なら、フィーボー。

Ross: Maybe. But it wouldn’t hurt to have a backup, you know? Uh, Rach, Rach, what were you thinking?
 いいかもね。でも、予備を考えておいてもわるくないよね。レイチ、レイチ、君は何て考えてたの?

Rachel: Okay! I was thinking if it’s a girl, how about Sandrine? It’s French.
 そうね、もし女の子だったら、サンドリーンってどう? フランス語よ。

Ross: Huh. That’s a really pretty name for-for an industrial solvent.
 うーん。それは工業溶剤の名前としては可愛いよね。

Rachel: Okay, fine, what do you have?
 いいわ、わかったわよ。あなたのアイデアは?

Ross: Well, okay, it’s for a boy. I know it’s a little out there, but…Darwin.
 うん、そうだな。もし男の子だったらだよ、変わってると思うけど、ダーウィン。

Rachel: Wow, oh, my God, our child will be beaten to death in the schoolyard.
 ワオ、ああ、神様。私達の子供は、校庭で死ぬほど殴られるわ。

Phoebe: Yeah, by Sandrine.
 そうね、サンドリーンにね。

Ross: You’re just saying that 'cause I said no to your name!
 君は僕が君の名前に反対したから、そう言ってるんじゃないか!

Rachel: I’m really, really not.
 本当に本当に違う。

Phoebe: How-how about you each get five vetoes?
 それじゃ、お互いに5回拒否権があるってことでどう?

Rachel: All right.
 いいわ。

Ross: All right. That sounds fair.
 いいね。それなら公平だ。

Rachel: Yeah! I don’t think you’re going to need it though. Okay, check this out. If it’s a girl, Rain.
 そうね。あなたにはいらないと思うけどね。これを聞いて。もし女の子なら、レイン。

Ross: Veto.
 拒否する。

Rachel: Why?
 どうして?

Ross: Rain? “Hi. Hi, my name is Rain. I have my own kiln, and my dress is made out of wheat.”
 レイン? (変わった女の子を演じる)「ハーイ、私の名前はレイン。私自分用の炉を持ってるのよ。そして私のドレスは小麦でできてるの」

(kiln = かま、炉)
(wheat = 小麦)

Phoebe: I know her! I bought homemade soap from her at a Dead show!
 その子知ってるわ! Deadのショーで、彼女から自家製石けんを買ったわよ!

Ross: Okay, how about, for a guy, Thatcher?
 ・・よし、それじゃ、男の子だったら、サッチャーは?

Rachel: Ross, why do you hate our child?
 ロス、どうして私達の子を嫌うの?

Ross: Fine, you go.
 わかったよ。君は?

Rachel: Okay, James.
 わかった。ジェイムズ。

Ross: Huh.
 ふん。。

Rachel: But only if it’s a girl.
 でも女の子だった場合だけよ。

Ross: Oh, veto. How about−Ooh, I like Ruth! What about Ruth?
 ああ、拒否する。それじゃ・・・ああ! 僕はルースが好きなんだよ。ルースではどう?

Rachel: Oh! I’m sorry! Are we having an 89-year-old? How about Dayton?
 あら、ごめんなさい! 私達89歳の子供を持つの? デイトンはどう?

Ross: Veto. Stewart?
 拒否する。ステュアート?

Rachel: Veto. Sawyer?
 拒否よ。ソーヤーは?

Ross: Veto. Helen?
 拒否だ。ヘレン?

Rachel: Veto.
 拒否。

Phoebe: Is it me, or is veto starting to sound really good?
 私だけかしら。ヴィートーってすごくいい気がしてこない?

《モニカ達の部屋:チャンドラーが来る》

Chandler: Hey.
 やぁ。

Monica: Boy, do I have a surprise for you!
 ああ! あなたにサプライズを用意したのよ!

Chandler: Sex on the balcony?
 バルコニーでセックス?

Monica: No, but someone’s really not going to get over that idea, are they?
 違うけど、誰かさんは本当にそれを忘れられないみたいね?

Chandler: What is it?
 なんなの?

Monica: I drew you a bath!
 あなたにお風呂を用意したのよ。

Chandler: Honey, I don’t like baths! Could you draw me a picture of us having sex on the balcony?
 なぁ、お風呂は好きじゃないったら! バルコニーでセックスする絵を描いてくれない?

Monica: Please, could you just try it for me? Come on, I used all my best stuff! I lit some candles. I put on some music. I used bath salts, plus bubble bath! And got you this little plastic Navy ship. So it’s a boy bath!
 お願い、私のために入ってみて? お願い、私のお気に入りを全部使ったのよ。キャンドルいくつか灯して、音楽をかけたの。バスソルトも使ったし、泡風呂よ。それから、この小さなプラスチックの海軍船も用意してあげたわ。だから、男の子のお風呂よ。

Chandler: Well, this does butch it up a bit.
 それで少しは男らしくなるよな。

Monica: I swear, if you try it, you will love it!
 絶対よ、試してみたら、あなた好きになるって!

Chandler: All right, if I do this, can we at least discuss sex on the balcony?
 わかったよ。じゃあそれ試したら、せめて、バルコニーでのセックス検討してくれる?

Monica: Absolutely. . . But I know how that discussion’s going to go.
 もちろんよ。(チャンドラーがお風呂に走る)検討した結果はわかってるけどね。

《入浴中のチャンドラー》

Chandler: All right, this isn’t so bad. I like the flower smell! Which is okay, because I’ve got my boat.
 (心の中)いいな。これは悪くないぞ。花の匂いっていいな! それでもいいんだ、ボートがあるからな。

Monica: So?
 (入ってきて)どう?

Chandler: Oh, my God.
 ああ、これはもう。

Monica: I told you you were a bath person! Hey, when you get out, maybe I can give you a facial!
 やっぱりあなたってお風呂好きなのよ! お風呂から上がったら、エステしてあげようか!

Chandler: I’m gonna need a bigger boat.
 もっと大きい船がいるよ。

《検診にきているレイチェルとロス》

Ross: I don’t think you had an open mind about the name Ruth. I mean, come on, little Ruthie Geller, how-how cute is that?
 ルースっていう名前も検討してくれたっていいんじゃないかな。ほら、かわいいルーシー・ゲラーなんて、すごく可愛いじゃないか?

Rachel: Oh, oh, my God! I can practically hear the mahjong tiles!
 ああ、もうやだ! 麻雀パイの音が聞こえるようだわ。

(麻雀をするのは主に高齢の人だけだから(Mahjongg is a game primarily played by elderly, Jewish-American women. Ruthie Geller is a stereotypical-sounding name. Hence the reference to mahjongg tiles.))

Dr. Long: Okay! All your tests look fine. Now, are you two interested in knowing the sex of the baby?
 はい! 検査の結果はすべて良好よ。ところで、お二人は、赤ちゃんの性別を知りたい?

Ross: Uh, no. No, we’re not.
 あ、いえ。知りたくないです。

Rachel: But you have it right there in that file? You could tell us whether it’s a boy or a girl? Dayton or Sandrine? Phoebe or Phoebo?
 でもそのファイルに載ってるのね? 男の子か女の子か、もう言えるのね? デイトンかサンドリーンか? フィービーかフィーボーか?

Dr. Long: That’s right. But if you don’t want to know…
 その通りよ。でも知りたくないなら・・

Ross: No, no, we want to wait, right?
 ええ、僕ら待ちたいんです。ね?

Rachel: Right. Right.
 そう。そうよ。

Dr. Long: Oh, I’ll be right back. And, uh, I know it’s really not my place, but please don’t name your child Phoebo.
 (ポケベルを見て)あら、すぐ戻ってくるわね。あの・・私が言うことじゃないんだけど、お願いだkら子供にフィーボーなんて名前つけないでね。(出て行く)

Rachel: So, which of these babies do you think is the ugliest?
 (赤ちゃんの写真が並んだ掲示板を見て)その赤ちゃんの中で、どの子が一番ブサイクだと思う?

Ross: What? Rach! Come on, that’s terrible! They’re…uh…they’re babies. They’re-they’re all beautiful.
 なんだって? レイチ! なんてひどいことを! この子達みんな赤ちゃんなのに・・みんな美しいよ。

Rachel: Third one from the left?
 左から3番目の子?

Ross: Yeah, why is it staring at me? I think it knows I’m talking about it. Don’t-don’t you−Wh−Wha−Hey!!
 うん。なんで僕を見つめてくるんだろう? きっと、僕がこの子のこと話してるってわかってるんだよ。ねぇ、君・・(レイチェルがファイルを覗いているのに気づく)な、な、おい!

Rachel: What?!
 なに?

Ross: You’re looking!
 覗いた!

Rachel: I didn’t!
 覗いてない!

Ross: I saw you!
 僕は見たんだぞ。

Rachel: Okay, fine, I did. But I didn’t see anything, I swear.
 いいわ、わかった、覗いたわよ。でも、何も見てないわ、本当よ。

Ross: Shame on you! Ugly baby judges you!
 恥ずかしいことだぞ! ブサイク赤ちゃんが非難してるぞ!

Rachel: Okay, but Ross, just listen to me…
 わかったわよ、でも、ロス、聞いてよ・・

Ross: No, no, no, no! Don’t tell me! I don’t want to know!
 ダメダメダメ! 言わないで! 知りたくないんだから!

Rachel: But I couldn’t even if I wanted to, because I don’t know! I swear, I didn’t see anything, and I don’t want to know! It was just a momentary lapse.
 言いたくても言えないわよ、知らないんだから! 本当よ、何も見てないし、知りたくないのよ! ちょっとした気の迷いよ。
 
Ross: Momentary lapse. Don’t-don’t you have any self-control?
 気の迷い。君、自制心ってものはないの?

Rachel: Okay, a couple months late on the lecture, Ross.
 (おなかに手をあて)そのお教えは数ヶ月遅かったわよ、ロス。

《モニカ達の部屋:モニカが部屋に入ると誰もいない》

Monica: Hello?
 いないの?

Chandler: I’m in the bathroom, can you come in here? I think there’s something wrong.
 バスルームだよ、ちょっとここ来てくれる? 何か変なんだよ。

Monica: You know what? I-I think I’ll wait out here.
 あのね? 私ここで待つわ。

Chandler: I’m in the bathtub.
 入浴中なんだよ。

Monica: Oh. . . What’s wrong?
 ああ。(バスルームへ行く)どうした?

Chandler: I drew my own bath, but I did it wrong! The water’s tepid. The salt didn’t dissolve and is now… lodged places. And the scents I used don’t compliment each other. Eucalyptus and chamomile? −Oh!
 自分でお風呂用意したんだけど、なんか失敗したんだよ。お湯はぬるいし、塩が溶けずに・・あちこちにとどまってる。。それに香りも組み合わせが悪かったみたいでさ。ユーカリとカモミール? ・・・あっ!

Monica: What?
 なに?

Chandler: The bath salts! They’re starting to effervesce! It’s different. . . . It’s interesting.
 バスソルトが! 泡立ってきたぞ! 何かが違う・・・興味深い・・。

(effervesce = 泡立つ)

Monica: Okay, let’s talk about something else.
 じゃ、何か他の話しましょ。

Chandler: Yeah! Sure, sure. So, what was going on with you today? Oh-oh-oh!
 ああ、そうだな。それじゃ、今日はどうだった? ・・(何か感じて)おっ! おお!

Monica: Well, I actually had the weirdest conversation with Joey. He was talking about rules and right and wrong and…
 実はね、ジョーイとすごく変な話したのよね。ルールとか正しいとか間違ってるとか・・・

Chandler: I had the exact same conversation.
 俺もまったく同じ話をしたよ。

Monica: You did? What was he talking about?
 そうなの? 彼、何の話をしてるの?

Chandler: I don’t know! Joey hasn’t had this much trouble getting out words since we saw him in Macbeth!
 わからないんだ。ジョーイがこんなに言葉につまるなんて、マクベスの時以来だよ。

Monica: That was a long night.
 あれは長い夜だったわ。

Chandler: All right, let’s break this down. What exactly did he say to you?
 よし、分析だ。やつは、何をどう言っていた?

Monica: Okay, he was talking about rules. Umm, and looking at people differently.
 そうね、ルールがあるって話してた。それから、人を違う目で見るって。

Chandler: He didn’t say anything about that to me.
 それは聞いてないな。

Monica: What did he tell you?
 あなたには何て言ってた?

Chandler: He was asking all these questions about you, me, and London. And, of course the glue that holds this all together, the rules.
 君と俺、そしてロンドンについて聞いてたな。それからもちろん、全部まとめて共通するのが、ルールってことだ。

Monica: Okay. So you, me and London. Looking at people differently. Maybe he wants to do what you and I did in London with someone.
 そうね。それじゃ、あなたと私と、ロンドン。人を違う目で見る。もしかしたら彼、あなたと私がロンドンでしたことを、誰かとしたいのかも。

Chandler: But what did he mean by rules?
 でもルールってどういうことかな?

Monica: Wait a minute! He stopped talking the minute Phoebe came in!
 待って! 彼、フィービーが来たとたんに話すのやめたわよ!

Chandler: Because he was looking at her differently.
 彼女を違う目で見始めたからだ。

Monica: And Phoebe is his friend, so he thinks that would be breaking the rules!
 そしてフィービーは彼の友達、だからルールを壊すことになると思ってる!

Chandler: My God! He wants to do it with Phoebe in London!
 そうか! やつはフィービーとロンドンでしたいんだ!

Phoebe: You guys?
 (バスルームの外から)あなた達?

Monica: Just a minute! That’s Mrs. Tribbiani!
 ちょっと待って!(チャンドラーに)ミセス・トリビアーニよ!

Chandler: You don’t say anything.
 何も言っちゃダメだぞ。

Monica: Why would I say anything? That two of our best friends could start the greatest love affair of their lives! And they would have me to thank, and we could all start having babies?
 言うもんですか。私達の親友2人が、人生最高の恋を始めるのよ! そして私に感謝するのよ。そしてみんな一斉に子供を持つのよ。

Chandler: I’m not going to let you say anything.
 何も言わせないぞ。

Monica: You just stay here!
 あなたはここにいて!(バスソルトをどっと入れる)

Chandler: Oh, God!
 ああ、ワオ!

(モニカはキッチンへ行く)

Phoebe: Oh, hey, Monica, I brought back your iron.
 あら、ハーイ、モニカ。アイロン返すわね。

Monica: Oh, you had that?
 あら、あなたが持ってたの?

Phoebe: Uh-huh.
 うん。

Monica: I thought I lost it. I got a new one, like, a month ago.
 なくしたと思って、とっくに新しいのを買っちゃったわ。

Phoebe: Oh, just as well, I broke this one.
 あら、ちょうどよかった。私これ壊しちゃったのよね。

Phoebe: What?
 (モニカが笑顔でじっと見るので)なに?

Monica: Nothing.
 なんでもない。

Phoebe: Okay.
 そう。

Monica: I mean, I-I, I really shouldn’t say. I mean, I’m really not supposed to.
 ほんと、言うべきじゃないのよね。本当に言わないことになってるのよね。

Phoebe: Fine.
 いいわよ。

Monica: It’s a humdinger!
 素晴らしいことなのよ!

(humdinger = 素晴らしいこと、人)

Phoebe: Then it’s really too bad that you can’t tell me.
 それじゃ、言えなくて残念ね。

Monica: Somebody likes you!
 あなたを好きな人がいるのよ!

Phoebe: Oh, is it Chandler?
 ああ! チャンドラー?

Monica: No!
 違うわよ!

Phoebe: Well, then tell him to stop staring!
 じゃあ、見つめるのやめてって言っといて。

Monica: It’s Joey!
 ジョーイよ!

Phoebe: Really?! Joey?! You don’t say.
 本当に? ジョーイが? まさか。

Monica: Is it something you’d be interested in?
 これは興味深いことよね?

Phoebe: I don’t know, I don’t know, I don’t know. You know, I mean, on the one hand, “Mother, may I?” But you know, on the other hand… No. No, I can’t. We’re friends. No, oh, no. I don’t want to risk what we have.
 どうかしら、どうかしら、どうかしら。「そうしてもいいかしら?」って気もするけど。でも、一方では・・・ダメ。ダメよ、できない。友達だもの。ダメよ。ああ、ダメ。今あるものを失いたくないわ。

(Mother, may I? = ゲーム。母役・子供達役に別れて、母役に “May I … ?”と聞いて許可をもらって行動し、母の立ち位置に近づいたもの勝ち)


Monica: I guess that makes sense. So, you think you’re going to talk to him?
 それもそうね。それじゃ、彼と話してみる?

Phoebe: Sure, yeah. I mean, it’s Joey. I don’t want him to get hurt. Well, I must say, I am on fire! First Chandler, now Joey!
 ええ、そうね。だってジョーイたもの。傷つけたくないわ。だけど私、モッテモテよね。最初にチャンドラーで、今度はジョーイ!

Monica: Not Chandler, just Joey.
 チャンドラーは違うわ。ジョーイだけ。

Phoebe: Sure.
 はいはい。

《セントラルパーク:レイチェルが来る》

Rachel: Hi.
 ハーイ。

Ross: Hi.
 やぁ。

Rachel: You know what? I’ve been thinking about it. I’m really coming around on the name Ruth. I think I would actually consider naming our child that.
 ねぇ? 考えたんだけど、ルースって名前もいいかなと思えてきたわ。そう名づけてもいいかなと本当に思うわ。

Ross: Rach, I can’t tell you how much that means to me! Ohh… Wait a minute. Wait a minute. You hated the name Ruth! Why-why would you change your mind? Unless, you know we’re never gonna have to use it. You did see the folder. You know it’s a boy!
 レイチ、それが僕にとってどんなにうれしいか! ああ!・・・ちょっと待った、ちょっと待った。君ルースって名前嫌ってたじゃないか! なんで気が変わった? 絶対使わないってわかってるからじゃないのか。君はフォルダを見てた。男の子だって知ってるんだな!

Rachel: I didn’t see anything! I actually changed my mind about the name.
 何も見てないってば! 私は本当に気が変わったのよ。

Ross: I don’t think so! You’re just giving me Ruth so you’ll get to name it when it’s a boy, and that’s when you’ll swoop in and name him Heath or Blaine or Sequoia.
 そうは思えないね! 女の子ならルースでいいって言っておいて、男の子だからって、割り込んできて、ヒースとかブレインとかセコイアって名前をつけるんだろう。

Rachel: I would−Sequoia?
 私は・・・セコイア?

Ross: Veto.
 却下。

Rachel: Fine.
 わかったわよ。

Ross: Unless. . . You anticipated that I would figure all this out and you know that it actually is a girl, and you really do want her to be named Ruth! Well, I’m not falling for that! Okay? Ruth is off the table!
 それとも・・(レイチェルうんざり)僕がこうして気づくってわかってて、本当に赤ちゃんは女の子で、本当にルースって名前をつけたいんだな! その手には乗らないぞ! いいか? ルースはなしだ!

Rachel: But Ross, you want the name Ruth!
 でもロス、あなたがルースってつけたいんでしょ。

Ross: Not like this!
 こんなふうにはイヤ!

《ジョーイ達の部屋:フィービーが来る》

Phoebe: Hey.
 ハーイ。

Joey: Hey. Well, what’s up?
 やぁ、どうかした?

Phoebe: Umm, Joey, I know.
 あの、ジョーイ、私知ってるの。

Joey: What?
 え?

Phoebe: I knooow.
 知ぃぃぃってぇるの。

Joey: Whaaat?
 なぁぁぁにを?

Phoebe: I know about your feelings.
 あなたの気持ちのこと知ってるの。

Joey: Oh, my God. You do?
 ウソだろ。知ってるの?

Phoebe: Yes, and I’m sorry. I-I know things worked out for Chandler and Monica, but that’s very rare.
 そうよ。残念だわ。チャンドラーとモニカはうまくいったけど、あれは稀なことよ。

Joey: I know. I know. And this is so much more complicated than it was for those guys. I mean, it’s Rachel, for God sakes.
 そうだよ。わかってるよ。それに、これはあの2人よりもうんと込み入ってるんだよな。だって、レイチェルなんだ、まったく。

Phoebe: For God sakes, it’s Rachel!
 まったくね、レイチェルよね!

Joey: I know. I know. And she’s not only my friend, she’s my pregnant friend! She’s my pregnant friend who’s Ross’ ex!
 そうなんだよ。そうなんだ。彼女は俺の友達っていうだけじゃない、彼女は妊娠してる友達なんだ! 彼女って、妊娠してるロスの元カノなんだ!

Phoebe: Yeah, that’s Rachel. . . Beat me over the head with it.
 ええ、それがレイチェルよ・・・(独り言)勘弁してよ。

(Beat me over the head with it = 手に負えない)

Joey: What am I going to do? You know, and I keep, I keep trying to get rid of these feelings, you know? I stayed up all last night and made a list of everything I don’t like about her. You want to hear it?
 どうしたらいいんだ? この気持ちを忘れようとしてるんだぞ。昨日一晩中起きてて、彼女のイヤなところをリストアップしたんだ。聞きたい?

Phoebe: Yeah.
 ええ。

Joey: “She made me switch to light Mayo.” That’s it! That’s all I got! And, you know what? It tastes the same and my pants fit better!
 「彼女は低脂肪マヨネーズに変えさせた」。これだけだ! これしか思いつかなかったんだ。そして、味は同じで、ズボンが緩くなってきた!

Phoebe: Joey, I just think you’re getting worked up over nothing. This is probably just a crush.
 ジョーイ、何でもないことに悩み過ぎなのよ。ちょっとのぼせちゃっただけよ。

Joey: You think?
 そう思う?

Phoebe: Absolutely! You know, you get this rush of feelings, but then it goes away.
 間違いないわよ! こういう気持ちの高まりみたいなのあるでしょ、でも消えちゃうのよ。

Joey: Yeah, just a crush! That’s all this is! It’s a crush! I’m Joey. I don’t get deep feelings.
 ああ。ただのぼせてるだけだな! それだけのことだ!のぼせてるだけ! 俺はジョーイ。深い気持ちなんか持ってない。

Phoebe: That’s right, there you go! Crushes happen all the time! I know I’ve had them for all you guys. Well, except for Ross and Chandler. And I’m sure you’ve had them for us.
 その通り、ほらそうなのよ! のぼせるなんてしょっちゅうでしょ。私もあなた達みんなにのぼせたわよ。ロスとチャンドラー以外はね。あなたも私達に対してそうだったでしょ。

Joey: Not really.
 別に。

Phoebe: Mm-hmm. . . Throw me a bone here.
 そうか。(独り言)ちょっとぐらい花持たせろっての。

《セントラルパーク:ロスが来る》

Ross: So, I uh… I called the doctor and now we both know the sex of the baby.
 僕、ドクターに電話してきたよ。これで僕ら2人とも赤ちゃんの性別を知ってるんだ。

Rachel: What?
 えっ?

Ross: That’s right. The student has become the master.
 そうなんだよ。弟子が今や師匠だよ。

Rachel: Ross, I swear, I don’t know.
 ロス、本当に私知らないのよ。

Ross: Oh, come on, you know it’s a girl!
 ああ、何をいってるんだ、女の子だって知ってるくせに!

Rachel: A what?!
 何ですって?

Ross: You really didn’t know?
 本当に知らなかったの?

Rachel: We’re having a girl?
 私達に女の子が生まれるの?

Ross: No.
 いいや。

Rachel: That’s what you just said!
 あなたそう言ったじゃない!

Ross: No.
 いいや。

Rachel: You said girl!
 女の子って言ったわ!

Ross: Yes. I’m… I’m sorry. I’m so sorry.
 うん。ごめんよ。本当にごめん。

Rachel: I’m not! We’re having a girl! Sometimes I can’t believe it’s with you−But still! We’re having a girl!
 いいのよ! 私達に女の子が生まれるのね! まだあなたとの子だってことが信じられなくなったりするけどでも! 私達、女の子ができるのね!

Ross: I know! I know. You know what? I’m putting Ruth back on the table!
 そうなんだ、そうなんだよ。ねぇ、やっぱりルースって提案したいよ。

Rachel: Oh, yes! We’ll have ourselves a little baby Ruth…
 ああ、いいわよ! 私達のリトル・ベイビー・ルース・・・

(Babe Ruth が連想されたんですね)

Ross: Permission to veto.
 拒否権をあげるよ。

Rachel: Yes, please.
 ええ、お願い。

《モニカ達の部屋:チャンドラーが帰る》

Monica: Hey.
 ハーイ。

Chandler: Do I smell essential oils?
 エッセンシャルオイルの匂い?

Monica: Yeah, I’m going to take a bath. I’m just going to get a magazine.
 ええ。私、これからお風呂なの。雑誌を取ってくるところよ。

Chandler: Okay.
 そうか。(モニカが寝室へ行くとすぐバスルームへ走る)

(モニカがバスルームに入ると、チャンドラーがすでに入浴している)

Monica: What do you think you’re doing?
 あなた何をしてるかわかってるの?

Chandler: L-leaving my troubles behind?
 いろいろな悩みを忘れてる。

Monica: I know that you’re new at this, but this is completely unacceptable bath decorum.
 あなたはまだよく知らないんでしょうけど、でも、入浴の礼儀として、こんなの許されないことよ。

(decorum = 礼儀・行儀作法)

Chandler: Oh, it’s so hard to care when you’re this relaxed.
 こんなにリラックスしてる時に、気にしてられないよ。

Monica: Fine, you can have the bath, but I am taking your boat. Now you’re just a girl in a tub!
 わかったわよ! いいわ、お風呂に入りなさい。でも船は取り上げるわよ。これであなたは、ただの入浴中の女の子よ。

(フィービーがバスルームに入ってくる)

Chandler: Hey!
 おいっ!

Phoebe: Hi, Bubbles. Manly. Well, I just thought I would drop by and let you know how it went with Joey.
 あら、バブルちゃん。男らしいわね。ちょっと寄って、ジョーイとどうなったかお知らせしようと思ったのよ。

Chandler: You told her?!
 (モニカに)君、話しちゃったのか?

Monica: She pulled it out of me! She’s like a conversational wizard! How’d it go?
 彼女が聞き出しちゃったのよ! 彼女はまるで会話の魔術師よ! (フィービーに)どうだった?

Phoebe: Well, you were wrong, he doesn’t like me!
 あなたは間違ってたわよ、彼、私を好きじゃなかったわよ!

Monica: What?
 えっ?

Phoebe: Yeah! How would you like it if I sent you to Lee Majors’ house and told you that he liked you, and you went down there and you found out that he didn’t like you? How would you feel?
 そうよ! もし私が、リー・メジャーズがあなたを好きだからって家に行かせておいて、行ってみたら彼は別に好きじゃなかったってわかったら、どんな気持ち? どんな気がする?

(Lee Majors = 1939年生まれの俳優)

Monica: … I don’t think I’d care.
 ・・・別に構わないと思うけど。

Phoebe: Really? Lee Majors is hot!
 ほんと? リー・メジャーズって素敵じゃないの!

Joey: Hello?
 (バスルームの外から)おーい?

Phoebe: We’re in the bathroom!
 みんなバスルームにいるわよ!

Joey: Why?
 なんで?

Chandler: Because it’s a relaxing and enjoyable time!
 リラックスできて楽しい時間だからだよ!

Joey: What are you guys doing in here?
 (入ってくる)みんなで何してるんだ?

Monica: Oh, my God! A friend he’s looking at differently, but it’s wrong. It’s Rachel!
 ああ、なんてことなの! 違う目で見始めた友達、でも違う。じゃあ、レイチェルなのね!

Chandler: You like Rachel?!
 おまえレイチェルを好きなのか?

Joey: Look, it’s no big deal, okay? Phoebe and I talked about it. It’s just a crush! It’s going to go away! . . Dude, you gotta rearrange your bubbles! Oh!
 なぁ、たいしたことじゃないんだ、いいか? フィービーと俺とで話したんだよ。ただのぼせてるだけだよ! すぐ消えるよ。・・(何かに気づき)おい、ちょっと泡を動かせよ、ああ!

Phoebe: Mazel tov.
 (バスタブを覗き、モニカに)おめでとう。

(レイチェルが入ってくる)
Rachel: Hey! Ross and I were looking for you! What are we all doing in here? . . . Oh, my!
 ねぇ! ロスと私あなた達を探してたのよ! ここで何をしてるの? (バスタブを覗き)あらまぁ!

Monica: Honey, cover it up with the boat!
 (ボートを渡す)あなた、ボートで隠して!

Ross: Hello?
 (バスルームの外から)もしもし?

Chandler: Yes, we’re all in here and we would love for you to join us!
 ああ、俺たち全員ここにいるから、おまえもぜひ入ってこいよ!

Ross: Well, hey! What’s going on? Ooh, cool boat−Oh, no. . Hey, did you, did you tell them?
 やぁ! どうしたの? あっ、かっこいボートだね! ・・うわっ。(目をそらし、レイチェルに)みんなに話した?

Rachel: No, I was waiting for you!
 いいえ、あなたを待ってたのよ。

Phoebe: Tell us what?
 何を話すの?

Rachel: We’re having a girl.
 赤ちゃんが女の子なの!

All: Oh, wow! Yay! Wow! Hooray! Oh, man!
 おお、ワオ! イエーイ! ワオー! やった! すごい!

(ハグしてから、みんなチャンドラーを見る)

Chandler: I’ll…I’ll get you later!
 俺は後で。

《ジョーイ達の部屋:ジョーイがココア・パフを食べている》

Joey: All right. It’s a new day, and it’s just a crush, that’s all! Just a little crush! All that worrying I was doing, that was crazy. Crazy! Like my friend here the bird would say, “It was cuckoo!" Everything’s gonna be fine. It’s just a crush.
 (心の中)よし、新しい日だぞ。あれはただのぼせてただけ、それだけ! ちょっとのぼせただけ! あんなに心配したなんて、バカげてる。バカだ! この友達の鳥なら言うよな、「そんなのクックー!」何もかも大丈夫だ。ただのぼせただけ。

CocoaPuffsS_Box.png(Cocoa Puffs)

(レイチェルが寝室から来る)
Rachel: Hi, sweetie.
 ハーイ、ジョーイ。

Joey: I love you.
 (心の中)愛してるよ。

《モニカとチャンドラーが向かい合って入浴中》

Monica: It’s nice to do this together, isn’t it?
 一緒に入るのっていいわよね?

Chandler: Yeah. And what you’re doing feels so good.
 ああ。それに君がしていることがすごく気持ちいいよ。

Monica: I’m not touching you.
 私あなたに触ってないわよ。

Chandler: You’re not?
 違うの?

Monica: It’s the salts.
 バスソルトよ。

Chandler: Oh, sweet Lord. New realms of pleasure!
 ああ、神様。新しい快楽の領域!

Monica: Whatever keeps you off the balcony, big guy!
 (独り言)バルコニーを忘れててくれたら何でもいいわよ、おにいさん!



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:43| Comment(0) | Season 8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。